検索:
徳島大学大学院医歯薬学研究部医学域連携研究部門(医学域)寄附講座系(医学域)地域脳神経医療学
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (指定)2001002 災害対応型自動車の研究開発
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Kenji Shimada, Izumi Yamaguchi, Manabu Ishihara, Takeshi Miyamoto, Shu Sogabe, Kazuhisa Miyake, Yoshiteru Tada, 北里 慶子, Yasuhisa Kanematsu and Yasushi Takagi :
Involvement of Neutrophil Extracellular Traps in Cerebral Arteriovenous Malformations,
World Neurosurgery, E1-E7, 2021.
(DOI: 10.1016/j.wneu.2021.08.118,   PubMed: 34478890,   Elsevier: Scopus)
2. Ryoma Morigaki, Ryosuke Miyamoto, Taku Matsuda, Kazuhisa Miyake, Nobuaki Yamamoto and Yasushi Takagi :
Dystonia and cerebellum: From bench to bedside,
Life, Vol.11, No.8, 776, 2021.
(DOI: 10.3390/life11080776)
3. Ryoma Morigaki, Ryosuke Miyamoto, Hideo Mure, Koji Fujita, Taku Matsuda, Yoko Yamamoto, Masahito Nakataki, Tetsuya Okahisa, Yuki Matsumoto, Kazuhisa Miyake, Nobuaki Yamamoto, Ryuji Kaji, Yasushi Takagi and Satoshi Goto :
Can Pallidal Deep Brain Stimulation Rescue Borderline Dystonia? Possible Coexistence of Functional (Psychogenic) and Organic Components.,
Brain Sciences, Vol.10, No.9, 636, 2020.
(DOI: 10.3390/brainsci10090636,   PubMed: 32942724)
4. Kazuhisa Miyake, Ayuko Sakane, Ikuko Sagawa, Yoko Tomida, Jiro Kasahara and Takuya Sasaki :
Actin Cytoskeletal Reorganization Function of JRAB/MICAL-L2 Is Fine-tuned by Intramolecular Interaction between First LIM Zinc Finger and C-terminal Coiled-coil Domains,
Scientific Reports, Vol.9, No.1, 12794, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114610,   DOI: 10.1038/s41598-019-49232-8,   PubMed: 31488862,   Elsevier: Scopus)
5. Ayuko Sakane, Shin Yoshizawa, Masaomi Nishimura, Yuko Tsuchiya, Natsuki Matsushita, Kazuhisa Miyake, Kazuki Horikawa, Issei Imoto, Chiharu Mizuguchi, Hiroyuki Saito, Takato Ueno, Sachi Matsushita, Hisashi Haga, Shinji Deguchi, Kenji Mizuguchi, Hideo Yokota and Takuya Sasaki :
Conformational plasticity of JRAB/MICAL-L2 provides "law and order" in collective cell migration.,
Molecular Biology of the Cell, Vol.27, No.20, 3095-3108, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 114562,   DOI: 10.1091/mbc.E16-05-0332,   PubMed: 27582384)
6. N Kawai, Kazuhisa Miyake, Y Yamamoto, Y Nishiyama, Y Maeda, Teruyoshi Kageji and T Tamiya :
Use of 11C-methinine positron emission tomography in basal germinoma: assessment of treatment response and residual tumor,
Child's Nervous System, Vol.25, No.7, 845-853, 2009.
(DOI: 10.1007/s00381-009-0841-7,   PubMed: 19296116)

国内講演発表:

1. 松田 拓, 森垣 龍馬, 松元 友暉, 牟礼 英生, 三宅 一央, 中瀧 理仁, 原田 雅史, 髙木 康志 :
全身性ジストニアと強迫性障害の重症度についての検討,
第61回日本定位・機能神経外科学会, 2022年1月.
2. 島田 健司, 三宅 一央, 山口 泉, 宮本 健志, 曽我部 周, 兼松 康久, 髙木 康志 :
AVM摘出術における3D multimodal fusion imageとICG動注による術中videoangiography併用の有用性,
NMC Case Report Journal, 2021年10月.
3. 森垣 龍馬, 四方 英二, 三宅 一央, 松田 拓, 髙木 康志 :
神経刺激装置埋め込み術後の皮下血腫に対し漢方薬が奏功した3例,
第29回日本脳神経外科漢方医学会学術集会, 2021年10月.
4. 森垣 龍馬, 牟礼 英生, 松田 拓, 三宅 一央, 宮本 亮介, 藤田 浩司, 中瀧 理仁, 梶 龍兒, 髙木 康志, 後藤 惠 :
機能ー器質ボーダーラインジストニアに対する脳深部刺激療法,
第60回 日本定位・機能神経外科学会, 2021年1月.
5. 牟礼 英生, 森垣 龍馬, 小山 広士, 三宅 一央, 松田 拓, 宮本 亮介, 藤田 浩司, 和泉 唯信, 後藤 惠, 髙木 康志 :
遅発性ジストニアに対する淡蒼球内節刺激術12例の検討ー適応・長期成績・刺激条件についてー,
第60回 日本定位・機能神経外科学会, 2021年1月.
6. 三宅 一央, 松田 拓, 森垣 龍馬, 牟礼 英生, 髙木 康志, 宮本 亮介 :
ジストニックストームを生じたGNAO1遺伝子変異に対し淡蒼球脳深部刺激療法を行った1例,
第60回 日本定位・機能神経外科学会, 2021年1月.
7. 松田 拓, 松元 友暉, 森垣 龍馬, 牟礼 英生, 三宅 一央, 加藤 真介, 尾藤 良孝, 原田 雅史, 髙木 康志 :
Quantitative parameter mappingを用いた3TMRIでの視床下核の可視化,
第60回 日本定位・機能神経外科学会, 2021年1月.
8. 三宅 一央, 溝渕 佳史, 永廣 信治 :
左片麻痺症状にて発症した片頭痛発作の1例,
第37回徳島脳神経外科談話会, 2012年3月.
9. 三宅 一央, 影治 照喜, 溝渕 佳史, 倉敷 佳孝, 永廣 信治 :
転移性下垂体腫瘍の1例,
第35回徳島脳神経外科談話会, 2011年3月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)