検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 歯学域 > 口腔科学部門 > 臨床歯学系 > 顎機能咬合再建学 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 2004003 外耳口から得られる音響データを用いた顎関節症・ブラキシズム診断機器の開発 >
徳島大学 > 歯学部 > 歯学科 > 機能維持系臨床歯学講座 > 顎機能咬合管理学 >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 歯科 > かみあわせ補綴科(第二補綴科) >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1804022 金属アレルギーに対する予防法の開発 >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

歯科補綴学 (Prosthodontics), Prosthodontics
神経科学 (Neuroscience)
組織再生

研究テーマ

Oral Rehabilitation (Oral reconstruction)
神経伝達 (Pain, Mandibular movement, 顎関節症 (temporomandibular joint disorder))

著書・論文

著書:

1. 松香 芳三 :
義歯をいくら調整しても痛みがとれない.義歯以外に原因はないか?,
デンタルダイアモンド, 2020年10月.
2. 鈴木 善貴, 松香 芳三, 大倉 一夫, 安陪 晋, 鴨居 浩平 :
徹底解説 ナイトガード -エビデンスに基づいた睡眠時ブラキシズムの診断・治療-,
医歯薬出版 株式会社, 2020年6月.
3. 松香 芳三 :
顎機能障害患者における固定性補綴,
永末書店, 2019年2月.
4. 松香 芳三 :
医療面接,
永末書店, 2018年7月.
5. 松香 芳三, 小見山 道, 石垣 尚一, 鳥巣 哲朗, 佐藤 仁, 大倉 一夫, 大野 由夏, 島田 明子, 山﨑 陽子, 峯 篤史, 長縄 拓哉, 佐久間 泰司, 佐々木 啓一, 今村 佳樹 :
顎関節症の原因・治療・リハビリテーション,
真興交易医書出版部, 2018年4月.
6. 慢性疼痛治療ガイドライン作成ワーキンググループ, 松香 芳三 :
慢性疼痛治療ガイドライン,
真興交易医書出版部, 東京, 2018年3月.
7. 松香 芳三 :
プロビジョナルレストレーション 既製プラスチッククラウンの応用,
医歯薬出版 株式会社, 2018年3月.
8. 細木 眞紀, 松香 芳三 :
歯科金属・歯科材料アレルギー,
クインテッセンス出版 株式会社, 2017年9月.
9. 宮岡 等, 松香 芳三, 和気 裕之, 髙野 直久, 中沢 勝弘, 田口 望 :
精神歯科との連携,
医歯薬出版 株式会社, 東京, 2017年7月.
10. 天野 修, 荒木 孝二, 小野 和宏, 五島 衣子, 斎藤 隆史, 嶋田 昌彦, 關 奈央子, 中嶋 正博, 平田 創一郎, 前田 健康, 松香 芳三 :
歯学教育モデル・コア・カリキュラム,
文部科学省, 2017年3月.
11. 宮城 麻友, 松香 芳三 :
顎機能障害,
2017年2月.
12. 松香 芳三 :
顎機能障害患者における固定性補綴,
永末書店, 2017年2月.
13. 松香 芳三 :
非歯原性歯痛,全身疾患と口腔顔面痛,
医歯薬出版 株式会社, 東京, 2016年9月.
14. 松香 芳三 :
非歯原性歯痛,
2016年3月.
15. 松香 芳三 :
顎関節症・非歯原性歯痛,
バリューメディカル, 東京, 2015年8月.
16. 松香 芳三 :
顎機能障害患者における固定性補綴,
永末書店, 2015年2月.
17. 松香 芳三 :
術後と術後管理 口腔内試適と装着,
東京, 2014年9月.
18. 松香 芳三, 竹内 久裕 :
顎関節症の診断,治療における診察と検査 医療面接,
東京, 2013年8月.
19. 松香 芳三 :
非歯原性歯痛の診断,
医歯薬出版 株式会社, 東京, 2013年7月.
20. 松香 芳三, 太田 圭二 :
スプリント作製時の技工要点,
ヒョーロンパブリッシャーズ, 2011年.
21. リチャード レマー, 松尾 龍二, 皆木 省吾, 窪木 拓男, 佐々木 朗, 白井 肇, 高柴 正悟, 長塚 仁, 松香 芳三, 山本 敏男, 吉田 登志子, Hara ES, Hassan WA, 有岡 享子, 久富 美紀, 江國 大輔, 大森 一弘, 沖 和弘, 黒坂 寛, 神農 泰生, 寺島 周, 仲井 雪江, 西山 明慶, 藤田 麻里子, 前田 茂, 松村 達志, 丸尾 幸憲, 村上 純, 吉岡 徳枝 :
チェアーサイド歯科英会話 -分かる伝わるコミュニケーション-,
吉備人出版, 岡山, 2010年.
22. 杉崎 正志, 松香 芳三 :
Glossary,
2009年.
23. 松香 芳三, 仲井 雪江 :
食べる機能を育てる ∼咀嚼の発達∼,
2008年.
24. 松香 芳三, 窪木 拓男 :
精神医学的分類,
2008年.
25. 松香 芳三 :
咀嚼システムの機能神経解剖学と生理学,
医歯薬出版 株式会社, 2006年.
26. 松香 芳三 :
Orofacial Pain residentと疼痛伝達に関する基礎研究,
株式会社 はる書房, 2002年.
27. Igor Spigelman, Yoshizo Matsuka, John K Neubert and Nigel T Maidment :
Extracellular sampling techniques,
CRC Press, Boca Raton, 2001.
28. 松香 芳三 :
顎関節症に対する薬物療法とスプリント療法,
1999年.
29. 山下 敦, 松香 芳三 :
タッピング,
1993年.

学術論文(審査論文):

1. Susumu Abe, Miyagi Akane, Kaoru Yoshinaga, Yoshizo Matsuka, Fumihiro Matsumoto, Uyama Emi, Yoshitaka Suzuki, Masamitsu Ohshima, Kazuo Okura and Eiji Tanaka :
Immediate Effect of Masticatory Muscle Activity with Transcutaneous Electrical Nerve Stimulation in Muscle Pain of Temporomandibular Disorders Patients,
Journal of Clinical Medicine, 2020.
2. Junhel Dalanon and Yoshizo Matsuka :
Burnout is associated with amount of work and sleep quality of public-school dentists in the Caraga region,
Acta Medica Philippina, Vol.(in press), 2020.
3. Junhel Dalanon, LM Diano and Yoshizo Matsuka :
Spatio-temporal differences in the Filipinos search trends for toothache and milk tea,
Acta Medica Philippina, Vol.(in press), 2020.
4. Toshinori Okawa, Susumu Abe, Masanori Nakano, Kenji Oka, E Horikawa, Yoshizo Matsuka and Fumiaki Kawano :
Evaluation of the measurement precision and accuracy in the dental CAD/CAM system,
Dental Materials Journal, Vol.(in press), 2020.
(DOI: 10.4012/dmj.2019-157,   PubMed: 32404562)
5. Junhel Dalanon and Yoshizo Matsuka :
Forecasting interest in health professions education based on relative search volume trends from the Philippines,
Health Professions Education, Vol.6, No.3, 368-375, 2020.
6. H Kawahara, Miho Inoue, Kazuo Okura, Masamitsu Ohshima and Yoshizo Matsuka :
Risk factors for tooth loss in patients undergoing mid long-term maintenance: A retrospective study,
International Journal of Environmental Research and Public Health, Vol.17, No.17, E6258, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 115160,   DOI: 10.3390/ijerph17176258,   PubMed: 32867387)
7. S Afroz, Rieko Arakaki, Takuma Iwasa, Arief Waskitho, Masamitsu Ohshima and Yoshizo Matsuka :
Role of CGRP in neuroimmune interaction via NFkB signalling genes in glial cells of trigeminal ganglia,
International Journal of Molecular Sciences, Vol.21, No.17, E6005, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 115116,   DOI: 10.3390/ijms21176005,   PubMed: 32825453,   Elsevier: Scopus)
8. Junhel Dalanon and Yoshizo Matsuka :
A 10-year analysis of internet search trends of the oral health-seeking behavior of Filipinos,
Poverty & Public Policy, Vol.12, No.2, 2020.
(DOI: 10.1002/pop4.280)
9. Junhel Dalanon, RB Ugalde, LD Catibod, JML Macaso, Kazuo Okura and Yoshizo Matsuka :
Comparative analysis of education, awareness, and knowledge of dentists and physical therapists in the treatment of temporomandibular disorders,
Cranio, 1-8, 2020.
(DOI: 10.1080/08869634.2020.1786332,   PubMed: 32597348,   Elsevier: Scopus)
10. Junhel Dalanon and Yoshizo Matsuka :
Global interest for health professions education: A geographic and temporal analyses through web search differences from 2010-2019,
Internet Journal of Allied Health Sciences and Practice, Vol.18, No.3, 1-8, 2020.
11. Junhel Dalanon, R Esguerra, LM Diano and Yoshizo Matsuka :
Analysis of the Filipinos interest in searching online for oral cancer,
Asian Pacific Journal of Cancer Prevention : APJCP, Vol.21, No.4, 1121-1127, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114998,   DOI: 10.31557/APJCP.2020.21.4.1121,   PubMed: 32334480,   Elsevier: Scopus)
12. Junhel Dalanon and Yoshizo Matsuka :
A descriptive study of the regional and time-point changes in the Filipinos' internet search for tooth decay and toothache,
Philippine Journal of Health Research and Development, Vol.24, No.1, 39-45, 2020.
13. Resmi Raju, Masamitsu Ohshima, Miho Inoue, Tsuyoshi Morita, Yan Huijiao, Arief Waskitho, Otto Baba, Masahisa Inoue and Yoshizo Matsuka :
Three-dimensional periodontal tissue regeneration using a bone-ligament complex cell sheet,
Scientific Reports, Vol.10, No.1, 1656, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114213,   DOI: 10.1038/s41598-020-58222-0,   PubMed: 32015383)
14. Haruna Miki, Hajime Minakuchi, Mayu Miyagi, Satoshi Emilio Hara, Shuji Shigemoto, Yoshitaka Suzuki, Kenji Maekawa, Yoshizo Matsuka, GT Clark and Takuo Kuboki :
Association of masticatory muscle activity with sleep arousal and other concomitant movements during sleep,
Journal of Oral Rehabilitation, Vol.47, No.3, 281-288, 2020.
(DOI: 10.1111/joor.12913,   PubMed: 31746005)
15. Yoshizo Matsuka, S Afroz, Junhel Dalanon, Takuma Iwasa, Arief Waskitho and Masamitsu Ohshima :
The role of chemical transmitters in neuron-glia interaction and pain in sensory ganglion,
Neuroscience and Biobehavioral Reviews, Vol.108, 393-399, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114079,   DOI: 10.1016/j.neubiorev.2019.11.019,   PubMed: 31785264,   Elsevier: Scopus)
16. Junhel Dalanon, MA Ibon, JL Bustillo, J Buynay, JD Cabusao, H Sarmiento, SM Tormis, MP Belarmino, R Esguerra, R Docor, Yasutomo Yoshihara and Yoshizo Matsuka :
Infection control in short-term dental missions in Cebu, Philippines,
The Journal of the Philippine Dental Association, Vol.66, No.2, 7-12, 2019.
17. Junhel Dalanon and Yoshizo Matsuka :
The evolution of dental education in the Philippines,
Health Professions Education, Vol.5, No.3, 172-176, 2019.
(DOI: 10.1016/j.hpe.2018.07.001)
18. Ito Takahiro, Shuji Shigemoto, Shigeta Yuko, Yoshizo Matsuka and Ogawa Takumi :
Proposal of functional landmark for determining occlusal plane,
The Journal of Japanese Society of Stomatognathic Function, Vol.26, No.1, 1-7, 2019.
19. Takuma Iwasa, S Afroz, Miho Inoue, Rieko Arakaki, Masamitsu Ohshima, R Raju, Arief Waskitho, Inoue Masahisa, Otto Baba and Yoshizo Matsuka :
IL-10 and CXCL2 in trigeminal ganglia in neuropathic pain,
Neuroscience Letters, Vol.703, 132-138, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113686,   DOI: 10.1016/j.neulet.2019.03.031)
20. M Padilla and Yoshizo Matsuka :
Neuropathic pain: the evidence behind the facts,
Revista iDental, ULACIT-Costa Rica, Vol.11, No.1, 2019.
21. Akiko Shimada, Shoichi Ishigaki, Yoshizo Matsuka, Osamu Komiyama, T Torisu, Yoko Oono, Hitoshi Sato, Takuya Naganawa, Atsushi Mine, Yoko Yamazaki, Kazuo Okura, Yasushi Sakuma and Keiichi Sasaki :
The effects of exercise therapy on painful temporomandibular disorders,
Journal of Oral Rehabilitation, Vol.46, No.5, 475-481, 2019.
(DOI: 10.1111/joor.12770,   PubMed: 30664815,   Elsevier: Scopus)
22. Mio Naritani, Miho Inoue, Resmi Raju, Mayu Miyagi, Masamitsu Ohshima and Yoshizo Matsuka :
Analysis of Bone Marrow-derived Mesenchymal Stem Cell Kinetics after Short-term Stimulation with Tumor Necrosis Factor-α (TNF-α),
Journal of Hard Tissue Biology, Vol.28, No.2, 99-108, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113372,   DOI: 10.2485/jhtb.28.99,   Elsevier: Scopus)
23. 安陪 晋, 桃田 幸弘, 松香 芳三, 大川 敏永, 堀川 恵理子, 葉山 莉香, 大倉 一夫, 河野 文昭 :
一次性および二次性舌痛症患者における睡眠障害の検討—睡眠質問票を用いた調査—,
日本口腔顔面痛学会雑誌, Vol.10, No.1, 9-16, 2019年.
(DOI: 10.11264/jjop.10.9,   CiNii: 130007636380)
24. 檀上 敦, 覚道 健治, 久保田英 朗, 矢谷 博文, 築山 能大, 有馬 太郎, 松香 芳三, 山下 佳雄 :
アンケート調査による顎関節症の病態分類(2013年)の利用状況,
日本顎関節学会雑誌, Vol.31, No.1, 16-23, 2019年.
(徳島大学機関リポジトリ: 114270,   DOI: 10.11246/gakukansetsu.31.16,   CiNii: 130007651461)
25. Rika Hayama, Yukari Kanemitsu, Chisato Goda, Susumu Abe, Kazuo Okura, Shaista Afroz, Nami Goto, Resmi Raju, Junhel Dalanon, Masamitsu Ohshima, Omar Maningo Rodis, Yoshihiro Okayama, Fumiaki Kawano and Yoshizo Matsuka :
Quality of life and job satisfaction among female dentists in Japan,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.31, No.2, 79-86, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113013,   DOI: 10.20738/johb.31.2_79,   CiNii: 130007593280)
26. S Afroz, Rieko Arakaki, Takuma Iwasa, Masamitsu Ohshima, Maki Hosoki, Miho Inoue, Otto Baba, Yoshihiro Okayama and Yoshizo Matsuka :
CGRP induces differential regulation of cytokines from satellite glial cells in trigeminal ganglia and orofacial nociception,
International Journal of Molecular Sciences, Vol.20, No.3, 711-730, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113687,   DOI: 10.3390/ijms20030711,   PubMed: 30736422,   Elsevier: Scopus)
27. Junhel Dalanon, LM Diano, R Esguerra, MP Belarmino, R Docor, Omar Maningo Rodis, Rozzano De Castro Locsin and Yoshizo Matsuka :
The Cebuano mothers willingness to pay for dental healthcare,
The Journal of the Philippine Dental Association, Vol.65, No.2, 33-37, 2019.
28. 細木 眞紀, 西川 啓介, 前田 直樹, 細木 秀彦, 松香 芳三 :
咬合不全を伴った重度変形性顎関節症症例,
日本顎関節学会雑誌, Vol.30, No.3, 261-265, 2018年.
(DOI: 10.11246/gakukansetsu.30.261)
29. 松香 芳三, 西山 暁, 湯浅 秀道, 水口 一, 髙野 直久, 羽毛田 匡, 鈴木 善貴, Dalanon Junhel, 久保田 英朗, 杉崎 正志, 木野 孔司, 古谷野 潔 :
特別養護老人ホーム入所者における顎関節脱臼の実態調査,
日本顎関節学会雑誌, Vol.30, No.3, 249-254, 2018年.
(DOI: 10.11246/gakukansetsu.30.249)
30. Maki Hosoki, Keisuke Nishigawa, Toyoko Tajima, Mayu Miyagi and Yoshizo Matsuka :
Cross-sectional observational study exploring clinical risk of titanium allergy caused by dental implants,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.62, No.4, 426-431, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112948,   DOI: 10.1016/j.jpor.2018.03.003,   PubMed: 29673741,   Elsevier: Scopus)
31. Rika Hayama, Yoshitaka Suzuki, Keisuke Nishigawa, Kazuo Okura, Mayu Miyagi, Susumu Abe and Yoshizo Matsuka :
Investigation of behavioural factors which vary occlusal contact in Japanese dental students,
The Journal of Japanese Society of Stomatognathic Function, Vol.25, No.1, 1-9, 2018.
32. S Afroz, Mio Naritani, Hidehiko Hosoki and Yoshizo Matsuka :
Posterior disc displacement of the temporomandibular joint -a rare case report,
Cranio, Vol.38, No.4, 273-278, 2018.
(DOI: 10.1080/08869634.2018.1509823,   PubMed: 30153093,   Elsevier: Scopus)
33. Huijiao Yan, S Afroz, Junhel Dalanon, Nami Goto, Maki Hosoki and Yoshizo Matsuka :
Metal allergy patient treated by titanium implant denture: A case report with at least 4-year follow-up,
Clinical Case Reports, Vol.6, No.10, 1972-1977, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112947,   DOI: 10.1002/ccr3.1753,   PubMed: 30349710)
34. Shaista Afroz, Mio Naritani, Hidehiko Hosoki, Kenshi Takechi, Yoshihiro Okayama and Yoshizo Matsuka :
Prevalence of posterior disc displacement of the temporomandibular joint in patients with temporomandibular disorders: a systematic review with meta-analysis,
Journal of Oral & Facial Pain and Headache, Vol.32, No.3, 277-286, 2018.
(DOI: 10.11607/ofph.1924,   PubMed: 29697716)
35. Susumu Abe, Naoto Noguchi, Yoshizo Matsuka, Chihiro Shinohara, Tomoko Kimura, Kenji Oka, Kazuo Okura, Omar Maningo Rodis and Fumiaki Kawano :
Educational effects using a robot patient simulation system for development of clinical attitude,
European Journal of Dental Education, Vol.22, No.3, e327-e336, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 111997,   DOI: 10.1111/eje.12298,   PubMed: 29091328,   Elsevier: Scopus)
36. Naoki Maeda, Hidehiko Hosoki, Midori Yoshida, Hideki Suito, Oyunbat Dashpuntsag, Fumihiro Matsumoto, Yoshizo Matsuka, Eiji Tanaka and Eiichi Honda :
Time-course observation of patients with arthrosis of the temporomandibular joint on MRI,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.31, No.1, 25-31, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 111933,   DOI: 10.20738/johb.31.1_25,   CiNii: 130007402939)
37. Miho Inoue, Mio Naritani, R Raju, Mayu Miyagi, Masamitsu Ohshima, Inoue Masahisa and Yoshizo Matsuka :
Effect of short-term Tumour Necrosis Factor-alpha (TNF-α) -stimulation on the growth and differentiation of MC3T3-E1 osteoblast-like cells,
Journal of Hard Tissue Biology, Vol.27, No.3, 213-218, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113362,   DOI: 10.2485/jhtb.27.213,   Elsevier: Scopus)
38. Gantumur Chimeddulam, Keisuke Nishigawa, Yoshihito Naitou, Junhel Dalanon, S Afroz, Rika Hayama, Masamitsu Ohshima, Yoritoki Tomotake, Tetsuo Ichikawa and Yoshizo Matsuka :
Radiographic investigation of the marginal bone loss on dental implants, a retrospective cohort study,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.31, No.1, 13-24, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 111932,   DOI: 10.20738/johb.31.1_13,   CiNii: 130007402937)
39. Junhel Dalanon and Yoshizo Matsuka :
An investigation of the Filipino dental students' personality types,
Philippine Journal of Health Research and Development, Vol.22, No.2, 12-17, 2018.
40. 松香 芳三, 玉置 勝司, 葉山 莉香, 安陪 晋, 宮城 麻友, 堀川 恵理子, 成谷 美緒, 野田 千織, 大島 正充, 河野 文昭 :
咬合違和感の診断と対処法,
日本補綴歯科学会誌, Vol.10, No.2, 129-133, 2018年.
(DOI: 10.2186/ajps.10.129,   CiNii: 130006734013)
41. Junhel Dalanon, AJ Gimena, AC Arreza, JA Jalbuna, L Salinas, M Tumamac, MP Belarmino, R Esguerra, R Docor, Nami Goto and Yoshizo Matsuka :
Organizational dilemma: Dental faculty acquisition in the Philippines,
IOSR Journal of Business and Management, Vol.20, No.3, 65-71, 2018.
42. Junhel Dalanon, JG Gabinete, H NainaJavier, KJ Galang, A Perales, C Sorela, MP Belarmino, R Esguerra, R Docor, S Afroz, Takuma Iwasa, Omar Maningo Rodis, Yoshitaka Suzuki, Kazuo Okura and Yoshizo Matsuka :
Technology acceptance model in the use of a patient management software in a dental school in the Philippines,
IOSR Journal of Dental and Medical Sciences, Vol.17, No.2, 65-69, 2018.
(DOI: 10.9790/0853-1702086569)
43. Junhel Dalanon, LM Diano, MP Belarmino, Rika Hayama, Mayu Miyagi and Yoshizo Matsuka :
A Philippine rural schools organizational climate, teachers performance, and management competencies,
International Journal of Research, Vol.6, No.1, 248-265, 2018.
(DOI: 10.5281/zenodo.1164303)
44. Junhel Dalanon and Yoshizo Matsuka :
Filipino teachers sense of efficacy inclusion classes,
Hand Surgery, Vol.1, No.58, 339-343, 2017.
(DOI: 10.5281/zenodo.1161784)
45. Keisuke Nishigawa, Rika Hayama, Ktsushi Omoto, Kazuo Okura, Toyoko Tajima, Yoshitaka Suzuki, Maki Hosoki, Mayu Miyagi, Miho Inoue, Omar Maningo Rodis and Yoshizo Matsuka :
Validity of peer evaluation for team-based learning in a dental school in Japan,
Journal of Dental Education, Vol.81, No.12, 1451-1456, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112932,   DOI: 10.21815/JDE.017.106,   PubMed: 29196333,   Elsevier: Scopus)
46. Miho Inoue, Hiroh Kawahara, Kazuo Okura, Omar Maningo Rodis and Yoshizo Matsuka :
Frequency of congenitally missing permanent teeth at a primary dental care clinic in Tokushima, Japan,
The Journal of Japan Association of Oral Rehabilitation, Vol.30, No.1, 67-70, 2017.
(CiNii: 40021481734)
47. Yoshitaka Suzuki, Kazuo Okura, Katsuhiro Omoto, Saya Takikawa, Keisuke Nishigawa and Yoshizo Matsuka :
Investigation of effect on physical performance and concentration by custom-made mouthguard use,
The International Journal of Sports Dentistry, Vol.10, No.1, 22-31, 2017.
48. Keisuke Nishigawa, Rika Hayama and Yoshizo Matsuka :
Complications causing patients to discontinue using oral appliances for treatment of obstructive sleep apnea,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.61, No.2, 133-138, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111973,   DOI: 10.1016/j.jpor.2016.08.001,   PubMed: 27561445,   Elsevier: Scopus)
49. Keisuke Nishigawa, K Omoto, Rika Hayama, Gantumur Chimeddulam, Kazuo Okura, Toyoko Tajima, Yoshitaka Suzuki, Maki Hosoki, Shuji Shigemoto, Mayu Miyagi, OMM Rodis and Yoshizo Matsuka :
Comparison between flipped classroom and team-based learning in fixed prosthodontic education Journal of Prosthodontic Research,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.61, No.2, 217-222, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111995,   DOI: 10.1016/j.jpor.2016.04.003)
50. Yoshizo Matsuka, Yoshiyuki Hagiwara, Katsushi Tamaki, Hisahiro Takeuchi, Masanori Fujisawa, Takahiro Ono, Yoshihiro Tsukiyama, Kan Nagao, Kazuhiro Tsuga, Hideki Aita, Hisatomo Kondo, Kenji Fueki, Hiroaki Tsukasaki, Keisuke Nishigawa, Shogo Ozawa, Rika Kuwatsuru, Hajime Minakuchi, Toshimitsu Iinuma, Takashi Matsuura, Kanji Ishibashi, Shigehisa Fujii, Toshihiro Hirai, Keiichi Sasaki, Hirofumi Yatani, Yoshimasa Igarashi, Yuji Sato, Tetsuo Ichikawa, Tetsuo Yamamori, Takuo Kuboki, Kazuyoshi Baba, Kiyoshi Koyano, Hironobu Sato and Matsumura Hideo :
Reliability and validity of the patient disability-oriented diagnostic nomenclature system for prosthetic dentistry,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.61, No.1, 20-33, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111971,   DOI: 10.1016/j.jpor.2016.06.005,   PubMed: 27514568,   Elsevier: Scopus)
51. Kazuo Okura, Shuji Shigemoto, Yoshitaka Suzuki, Naoto Noguchi, Katsuhiro Omoto, Susumu Abe and Yoshizo Matsuka :
Mandibular movement during sleep bruxism associated with current tooth attrition,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.61, No.1, 87-95, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112028,   DOI: 10.1016/j.jpor.2016.06.003,   PubMed: 27354030,   Elsevier: Scopus)
52. Yoshitaka Suzuki, Kazuo Okura, Katsuhiko Omoto, Saya Takikawa, Keisuke Nishigawa and Yoshizo Matsuka :
Investigation of Effect on Physical Performance and Concentration by Custom-made Mouthguard Use,
International Journal of Sports Dentistry, Vol.10, No.1, 1-10, 2017.
53. 松本 文博, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 松香 芳三 :
糖尿病神経障害と診断された舌咽神経痛の一症例,
日本口腔顔面痛学会雑誌, Vol.9, No.1, 81-85, 2016年.
54. Katsuhiro Omoto, Takuma Iwasa, Shaista Afroz, Mayu Miyagi, Kazuo Okura and Yoshizo Matsuka :
Preliminary study of neural excitation with positron emission tomography after tooth mechanical stimulation,
The Journal of Japan Association of Oral Rehabilitation, Vol.29, No.1, 28-34, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 113901,   CiNii: 40021090270)
55. Shinya Hirai, Shuji Shigemoto, Yuko Shigeta, Shu Kamei, Takumi Ogawa, Eriko Ando, Rio Hirabayashi, Tomoko Ikawa and Yoshizo Matsuka :
Relationship between the mandibular movements and deformation of the coronoid process and the condyle,
The Journal of Japan Association of Oral Rehabilitation, Vol.29, No.1, 35-40, 2016.
(CiNii: 40021090289)
56. 大倉 一夫, 鈴木 善貴, 重本 修伺, 大本 勝弘, 葉山 莉香, 岩浅 匠真, 福本 美緒, 井上 美穂, 宮城 麻友, 安陪 晋, 松香 芳三 :
スプリントによる睡眠時ブラキシズムに対する治療効果 : 予備的検討,
日本口腔リハビリテーション学会雑誌, Vol.29, No.1, 21-27, 2016年.
(CiNii: 40021090255)
57. 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
睡眠時ブラキシズムの基礎と最新の捉え方,
睡眠口腔医学, Vol.3, No.1, 10-21, 2016年.
(徳島大学機関リポジトリ: 114150)
58. K Tamaki, S Ishigaki, T Ogawa, H Oguchi, T Kato, T Suganuma, A Shimada, S Sadamori, Y Tsukiyama, Y Nishikawa, S Masumi, T Yamaguchi, H Aita, T Ono, H Kondo, H Tsukasaki, K Fueki, M Fujisawa, Yoshizo Matsuka, K Baba and K Koyano :
Japan Prosthodontic Society position paper on occlusal discomfort syndrome,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.60, No.3, 156-166, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 113900,   DOI: 10.1016/j.jpor.2015.11.002,   PubMed: 26868189,   Elsevier: Scopus)
59. 桃田 幸弘, 細木 眞紀, 二宮 雅美, 高野 栄之, 松香 芳三, 東 雅之 :
口腔ならびに呼吸器症状を呈した歯科用金属によるアレルギーの1例,
日本口腔検査学会雑誌, Vol.8, No.1, 39-44, 2016年.
60. Maki Hosoki, Keisuke Nishigawa, Youji Miyamoto, Go Ohe and Yoshizo Matsuka :
Allergic contact dermatitis caused by titanium screws and dental implants,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.60, No.3, 213-219, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 111970,   DOI: 10.1016/j.jpor.2015.12.004,   PubMed: 26774509,   CiNii: 130005172067,   Elsevier: Scopus)
61. 近藤 尚知, 尾澤 昌悟, 澤瀬 隆, 横山 敦郎, 関根 秀志, 舞田 健夫, 鮎川 保則, 中野 環, 久保 隆靖, 細川 隆司, 友竹 偉則, 城戸 寛史, 越智 守生, 塩田 真, 尾関 雅彦, 西村 正宏, 前田 芳信, 會田 英紀, 玉置 勝司, 笛木 賢治, 塚崎 弘明, 小野 高裕, 松下 恭之, 松香 芳三, 水口 一, 桑鶴 利香, 山下 秀一郎, 飯塚 知明, 馬場 一美, 藤澤 政紀, 古谷野 潔, 矢谷 博文 :
下顎大臼歯欠損に対しインプラント支持固定性補綴装置による治療介入時に付与すべき咬合様式,
日本補綴歯科学会誌, Vol.8, No.1, 1-9, 2016年.
(DOI: 10.2186/ajps.8.1,   CiNii: 130005128732)
62. Minakuchi Hajime, Sogawa Chieko, Miki Haruna, Hara S Emilio, Maekawa Kenji, Sogawa Norio, Kitayama Shigeharu, Yoshizo Matsuka, Clark T Clenn and Kuboki Takuo :
Sleep bruxism frequency and platelet serotonin transporter activities in young adult subjects,
Sleep & Breathing = Schlaf & Atmung, Vol.20, No.1, 271-276, 2015.
(DOI: 10.1007/s11325-015-1281-0,   PubMed: 26527205,   Elsevier: Scopus)
63. 工藤 値英子, 水川 展吉, 中川 沙紀, 柳 文修, 江口 元治, 松香 芳三, 吉岡 裕也, 高柴 正悟 :
根尖性歯周炎に起因した放射線性下顎骨骨髄炎に対して保存的治療を行い良好な経過を得た一症例,
日本歯科保存学会雑誌, Vol.58, No.5, 425-434, 2015年.
(DOI: 10.11471/shikahozon.58.425,   CiNii: 130005107408)
64. Keisuke Nishigawa, Yoshitaka Suzuki and Yoshizo Matsuka :
Masticatory performance alters stress relief effect of gum chewing,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.59, No.4, 262-267, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 111994,   DOI: 10.1016/j.jpor.2015.07.004,   PubMed: 26342527,   Elsevier: Scopus)
65. Katsuhiro Omoto, K Maruhama, R Terayama, Yumiko Yamamoto, Osam Matsushita, Tomosada Sugimoto, Keiji Oguma and Yoshizo Matsuka :
Cross-excitation in peripheral sensory ganglia is associated with pain transmission,
Toxins, Vol.7, No.8, 2906-2917, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 110096,   DOI: 10.3390/toxins7082906,   PubMed: 26248078,   Elsevier: Scopus)
66. Katsuhiro Omoto, Shuji Shigemoto, Yoshitaka Suzuki, Mayumi Nakamura, Kazuo Okura, Keisuke Nishigawa, Nami Goto, Omar Maningo Rodis and Yoshizo Matsuka :
A preliminary investigation of reproducibility of EMG signals during daytime masticatory muscle activity using a portable EMG logging device,
Journal of Electromyography and Kinesiology, Vol.25, No.4, 603-611, 2015.
(DOI: 10.1016/j.jelekin.2015.04.012,   Elsevier: Scopus)
67. K Noda, H Arakawa, A Kimura-Ono, S Yamazaki, ES Hara, W Sonoyama, K Maekawa, Kazuo Okura, A Shintani, Yoshizo Matsuka and T Kuboki :
A longitudinal retrospective study of the analysis of the risk factors of implant failure by the application of generalized estimating equations,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.59, No.3, 178-184, 2015.
(DOI: 10.1016/j.jpor.2015.04.003,   PubMed: 26077377,   Elsevier: Scopus)
68. Shuji Shigemoto, Yuko Shigeta, Jun Nejima, Takumi Ogawa, Yoshizo Matsuka and Glenn T. Clark :
Diagnosis and treatment for obstructive sleep apnea: Fundamental and clinical knowledge in obstructive sleep apnea,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.59, No.3, 161-171, 2015.
(DOI: 10.1016/j.jpor.2015.04.002,   PubMed: 25944119,   Elsevier: Scopus)
69. Hisahiro Takeuchi, K Omoto, Kazuo Okura, Toyoko Tajima, Yoshitaka Suzuki, Maki Hosoki, Motoharu Kori, Shuji Shigemoto, Mayu Miyagi, Keisuke Nishigawa, Omar Maningo Rodis and Yoshizo Matsuka :
Effects of team-based learning on fixed prosthodontic education in Japan,
Journal of Dental Education, Vol.79, No.4, 417-423, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 111968,   PubMed: 25838013)
70. 大本 勝弘, 大倉 一夫, 田島 登誉子, 鈴木 善貴, 細木 眞紀, 郡 元治, 重本 修伺, 宮城 麻友, 西川 啓介, 松香 芳三 :
歯科補綴学授業におけるTeam-Based Learningの導入とその効果,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.27, No.2, 81-87, 2015年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109857,   CiNii: 120005823512)
71. Yoshizo Matsuka, Koichi Iwata, Ryuji Terayama, Yoshiki Imamura, Kotaro Maruhama, Masamichi Shinoda, Yoshiyuki Tsuboi, Masahiro Kondo, Kuniya Honda, Ayano Katagiri and Tomosada Sugimoto :
Basic research and clinical investigations of the neural basis of orofacial pain,
Journal of Oral Biosciences, Vol.57, No.1, 27-36, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 111992,   DOI: 10.1016/j.job.2014.09.001,   Elsevier: Scopus)
72. 重本 修伺, 田島 登誉子, 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 井川 知子, 小川 匠, 松香 芳三 :
摂食・咀嚼・嚥下過程における各種生体情報の記録解析法の開発 ―測定システムの開発―,
日本口腔リハビリテーション学会雑誌, Vol.27, No.1, 29-37, 2014年.
(CiNii: 40020380099)
73. 田島 登誉子, 重本 修伺, 鈴木 善貴, 大倉 一夫, ロディス Maningo オマー, 松香 芳三 :
歯の6自由度運動を視覚的に理解する手法の開発,
日本口腔リハビリテーション学会雑誌, Vol.27, No.1, 16-23, 2014年.
(CiNii: 40020380074)
74. 澁谷 智明, 和気 裕之, 玉置 勝司, 島田 淳, 古谷野 潔, 鱒見 進一, 窪木 拓男, 皆木 省吾, 貞森 紳丞, 矢谷 博文, 藤澤 政紀, 林 勝彦, 玉井 和樹, 成田 紀之, 原 節宏, 馬場 一美, 尾口 仁志, 金村 清孝, 山口 泰彦, 西川 洋二, 塚原 宏泰, 松香 芳三, 葉山 莉香 :
咬合違和感を訴える患者の実態に関する多施設実態調査,
日本顎関節学会誌, Vol.26, No.3, 196-203, 2014年.
75. Omar Maningo Rodis, Edward Barroga, J Patrick Barron, James Hobbs, Jayanetti A. Jayawardena, Ikuo Kageyama, Bukasa Kalubi, Clive Langham, Yoshizo Matsuka, Yoichiro Miyake, Naoko Seki, Hiroko Oka, Martin Peters, Yo Shibata, Roxana Stegaroiu, Kazuyoshi Suzuki, Shigeru Takahashi, Hironori Tsuchiya, Toshiko Yoshida and Katsuhiko Yoshimoto :
A proposed core curriculum for dental English education in Japan.,
BMC Medical Education, Vol.14, 239, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 114762,   DOI: 10.1186/s12909-014-0239-4,   PubMed: 25404383)
76. H Yatani, O Komiyama, Yoshizo Matsuka, K Wajima, W Muraoka, M Ikawa, E Sakamoto, A Laat De and GM Heir :
Systematic review and recommendations for nonodontogenic toothache,
Journal of Oral Rehabilitation, Vol.41, No.11, 843-852, 2014.
(DOI: 10.1111/joor.12208,   PubMed: 25040436,   Elsevier: Scopus)
77. H Minakuchi, C Sogawa, ES Hara, H Miki, K Maekawa, N Sogawa, S Kitayama, Yoshizo Matsuka, GT Clark and T Kuboki :
Comparison of platelet serotonin transporter activity in subjects with severe sleep bruxism and control,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.58, No.4, 217-222, 2014.
(DOI: 10.1016/j.jpor.2014.06.003,   PubMed: 25127373,   Elsevier: Scopus)
78. Shuji Shigemoto, N Bando, Keisuke Nishigawa, Toyoko Tajima, Kazuo Okura and Yoshizo Matsuka :
Effect of an exclusion range of jaw movement data from the intercuspal position on the estimation of the kinematic axis point,
Medical Engineering & Physics, Vol.36, No.9, 1162-1167, 2014.
(DOI: 10.1016/j.medengphy.2014.06.013,   PubMed: 25051899,   Elsevier: Scopus)
79. Keisuke Nishigawa, Masanori Nakano, Teruaki Ishikawa, Eiichi Bando and Yoshizo Matsuka :
Case report of recurrent temporomandibular joint open lock associated with abrupt reduction of displaced articular disk,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.58, No.3, 184-190, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 111991,   DOI: 10.1016/j.jpor.2014.04.001,   PubMed: 24951163,   CiNii: 130004953503,   Elsevier: Scopus)
80. K Fueki, C Ohkubo, M Yatabe, I Arakawa, M Arita, S Ino, T Kanamori, Y Kawai, M Kawara, O Komiyama, T Suzuki, K Nagata, Maki Hosoki, S Masumi, M Yamauchi, H Aita, T Ono, H Kondo, K Tamaki, Yoshizo Matsuka, H Tsukasaki, M Fujisawa, K Baba, K Koyano and H Yatani :
Clinical application of removable partial dentures using thermoplastic resin Part II: Material properties and clinical features of non-metal clasp dentures,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.58, No.2, 71-84, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 110150,   DOI: 10.1016/j.jpor.2014.03.002,   PubMed: 24746524,   CiNii: 130004953491,   Elsevier: Scopus)
81. K Fueki, C Ohkubo, M Yatabe, I Arakawa, M Arita, S Ino, T Kanamori, Y Kawai, M Kawara, O Komiyama, T Suzuki, K Nagata, Maki Hosoki, S Masumi, M Yamauchi, H Aita, T Ono, H Kondo, K Tamaki, Yoshizo Matsuka, H Tsukasaki, M Fujisawa, K Baba, K Koyano and H Yatani :
Clinical application of removable partial dentures using thermoplastic resin-Part I: Definition and indication of non-metal clasp dentures,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.58, No.1, 3-10, 2014.
(DOI: 10.1016/j.jpor.2013.12.002,   PubMed: 24461323,   CiNii: 130004953481,   Elsevier: Scopus)
82. 細木 眞紀, 田島 登誉子, 西川 啓介, 竹内 久裕, 松香 芳三, 久保 宜明 :
ニッケル含有ピアスによる金属アレルギー発症の危険性について,
日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会雑誌, Vol.8, No.1, 12-20, 2014年.
(CiNii: 40019971949)
83. Yoshitaka Suzuki, Kazuo Okura, Shuji Shigemoto, Toyoko Tajima, Omar Maningo Rodis and Yoshizo Matsuka :
Mandibular Movement during Sleep Bruxism: Mandibular Position with Peak Masseter Muscle Activity,
The Journal of Japan Association of Oral Rehabilitation, Vol.26, No.1, 35-42, 2013.
(CiNii: 40020028373)
84. 馬場 一美, 塚崎 弘明, 笛木 賢治, 村田 比呂司, 尾澤 昌悟, 松香 芳三, 小野 高裕, 會田 英紀, 近藤 尚知, 玉置 勝司, 藤澤 政紀, 矢谷 博文, 古谷野 潔 :
義歯管理に関する臨床的エビデンス,
日本歯科医師会雑誌, Vol.66, No.8, 763-773, 2013年.
(CiNii: 40019874201)
85. Seiya Yamazaki, Hikaru Arakawa, kenji Maekawa, Emilio S Hara, Kinji Noda, Hajime Minakuchi, Wataru Sonoyama, Yoshizo Matsuka and Takuo Kuboki :
Retrospective investigation of the remaining teeth status of patients with implant-supported fixed partial dentures in unilateral free-end edentulism,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.57, No.4, 262-267, 2013.
(DOI: 10.1016/j.jpor.2013.08.001,   PubMed: 24126107,   Elsevier: Scopus)
86. 笛木 賢治, 大久保 力廣, 谷田部 優, 荒川 一郎, 有田 正博, 井野 智, 金森 敏和, 河相 安彦, 川良 美佐雄, 小見山 道, 鈴木 哲也, 永田 和裕, 細木 真紀, 鱒見 進一, 山内 六男, 會田 英紀, 小野 高裕, 近藤 尚知, 玉置 勝司, 松香 芳三, 塚崎 弘明, 藤澤 政紀, 馬場 一美, 古谷野 潔 :
熱可塑性樹脂を用いた部分床義歯 (ノンメタルクラスプデンチャー)の臨床応用,
日本補綴歯科学会誌, Vol.5, No.4, 387-408, 2013年.
(DOI: 10.2186/ajps.5.387)
87. 玉置 勝司, 石垣 尚一, 小川 匠, 尾口 仁志, 加藤 隆史, 菅沼 岳史, 島田 淳, 貞森 紳丞, 築山 能大, 西川 洋二, 鱒見 進一, 山口 泰彦, 會田 英紀, 小野 高裕, 近藤 尚知, 塚崎 弘明, 笛木 賢治, 藤澤 政紀, 松香 芳三, 馬場 一美, 古谷野 潔 :
咬合違和感症候群,
日本補綴歯科学会誌, Vol.5, No.4, 369-386, 2013年.
(DOI: 10.2186/ajps.5.369,   CiNii: 130004544663)
88. H Yuasa, K Kino, E Kubota, K Kakudo, M Sugisaki, A Nishiyama, Yoshizo Matsuka, N Ogi and Force Evidence-based Clinical Practice Guidelines Task the :
Primary treatment of temporomandibular disorders: The Japanese Society for the temporomandibular joint evidence-based clinical practice guidelines, 2nd edition,
Japanese Dental Science Review, Vol.49, No.3, 89-98, 2013.
(DOI: 10.1016/j.jdsr.2013.05.002,   Elsevier: Scopus)
89. 松香 芳三, 萩原 芳幸, 玉置 勝司, 竹内 久裕, 藤澤 政紀, 小野 高裕, 築山 能大, 永尾 寛, 津賀 一弘, 會田 英紀, 近藤 尚知, 笛木 賢治, 塚崎 弘明, 石橋 寛二, 藤井 重壽, 平井 敏博, 佐々木 啓一, 矢谷 博文, 五十嵐 順正, 佐藤 裕二, 市川 哲雄, 松村 英雄, 山森 徹雄, 窪木 拓男, 馬場 一美, 古谷野 潔 :
補綴歯科治療病名システムの信頼性と妥当性の検討,
日本補綴歯科学会誌, Vol.5, No.3, 281-290, 2013年.
(DOI: 10.2186/ajps.5.281,   CiNii: 130004544647)
90. Seiya Yamazaki, Hikaru Arakawa, kenji Maekawa, Emilio S Hara, Kinji Noda, Hajime Minakuchi, Wataru Sonoyama, Yoshizo Matsuka and Takuo Kuboki :
A retrospective comparative ten-year study of cumulative survival rates of remaining teeth in large edentulism treated with implant-supported fixed partial dentures or removable partial dentures,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.57, No.3, 157-161, 2013.
(DOI: 10.1016/j.jpor.2013.03.003,   PubMed: 23838063,   Elsevier: Scopus)
91. Kinji Noda, Hikaru Arakawa, Kenji Maekawa, Emilio S Hara, Seiya Yamazaki, Aya Kimura-Ono, Wataru Sonoyama, Hajime Minakuchi, Yoshizo Matsuka and Takuo Kuboki :
Identification of risk factors for fracture of veneering materials and screw loosening of implant supported fixed partial dentures in partially edentulous cases,
Journal of Oral Rehabilitation, Vol.40, No.3, 214-220, 2013.
(DOI: 10.1111/joor.12029,   PubMed: 23311869)
92. R Akhter, M Morita, D Ekuni, NM Hassan, M Furuta, R Yamanaka, Yoshizo Matsuka and D Wilson :
Self-reported aural symptoms, headache and temporomandibular disorders in Japanese young adults,
BMC Musculoskeletal Disorders, Vol.14, No.1, 58, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 114767,   DOI: 10.1186/1471-2474-14-58,   PubMed: 23384362)
93. S Yamazaki, H Arakawa, K Maekawa, K Noda, ES Hara, H Minakuchi, W Sonoyama, Yoshizo Matsuka and T Kuboki :
A retrospective comparative 8-year study of cumulative complications in teeth adjacent to both natural and implant-supported fixed partial dentures,
The International Journal of Prosthodontics, Vol.26, No.3, 260-264, 2013.
(DOI: 10.11607/ijp.3120,   PubMed: 23626980,   Elsevier: Scopus)
94. Yoshizo Matsuka, Ryu Nakajima, Haruna Miki, Aya Kimura, Manabu Kanyama, Hajime Minakuchi, Shigehiko Shinkawa, Hiroya Takiuchi, Kumiko Nawachi, Kenji Maekawa, Hikaru Arakawa, Takuo Fujisawa, Wataru Sonoyama, Atsushi Mine, Emilio S Hara, Takeshi Kikutani and Takuo Kuboki :
A Problem-Based Learning Tutorial for Dental Students Regarding Elderly Residents in a Nursing Home in Japan,
Journal of Dental Education, Vol.76, No.12, 1580-1588, 2012.
(PubMed: 23225677,   Elsevier: Scopus)
95. 薩摩 登誉子, 重本 修伺, 石川 輝明, 松香 芳三, 松山 美和, 中野 雅德, 坂東 永一, 藤村 哲也 :
主機能部位でのストッピング嚙みしめ時の顆頭運動,
日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.19, No.1, 19-27, 2012年.
96. Hikaru Arakawa, Junji Uehara, Emilio Satoshi Hara, Wataru Sonoyama, Aya Kimura, Manabu Kanyama, Yoshizo Matsuka and Takuo Kuboki :
Matrix metalloproteinase-8 is the major potential collagenase in active peri-implantitis.,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.56, No.4, 249-255, 2012.
(DOI: 10.1016/j.jpor.2012.07.002,   PubMed: 23083963)
97. 松香 芳三 :
下顎左側大臼歯欠損にインプラント義歯による機能回復を行なった一症例,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.25, No.3, 675-676, 2012年.
98. Yoshizo Matsuka, Teruhiko Yokoyama, Yumiko Yamamoto, Tomonori Suzuki, Nengah Fatmawati Ni Dwi, Atsushi Nishikawa, Tohru Ohyama, Toshihiro Watanabe, Takuo Kuboki, Atsushi Nagai and Keiji Oguma :
Application of Purified Botulinum Type A Neurotoxin to Treat Experimental Trigeminal Neuropathy in Rats and Patients with Urinary Incontinence and Prostatic Hyperplasia.,
Journal of Toxicology, Vol.2012, 2012.
(DOI: 10.1155/2012/648384,   PubMed: 22745637)
99. ES Hara, Yoshizo Matsuka, H Minakuchi, GT Clark and T Kuboki :
Occlusal dysesthesia: a qualitative systematic review of the epidemiology, aetiology and management.,
Journal of Oral Rehabilitation, Vol.39, No.8, 630-638, 2012.
(DOI: 10.1111/j.1365-2842.2012.02300.x,   PubMed: 22506934)
100. Hajime Minakuchi, Chiyomi Sakaguchi, ES Hara, Kenji Maekawa, Yoshizo Matsuka, GT Clark and Takuo Kuboki :
Multiple sleep bruxism data collected using a self-contained EMG detector/analyzer system in asymptomatic healthy subjects.,
Sleep & Breathing = Schlaf & Atmung, Vol.16, No.4, 1069-1072, 2012.
(DOI: 10.1007/s11325-011-0602-1,   PubMed: 22278147)
101. Ai Kumada, Yoshizo Matsuka, Atsushi Mine, Mitsuaki Ono, Junji Uehara, Norihiro Sonoi, Takashi Ito, Shogo Takashiba and Takuo Kuboki :
Influence of resin coating materials on Porphyromonas gingivalis attachment.,
Dental Materials Journal, Vol.31, No.1, 86-91, 2012.
(DOI: 10.4012/dmj.2011-164,   PubMed: 22277610)
102. A Kimura, H Arakawa, K Noda, S Yamazaki, S E Hara, T Mino, Yoshizo Matsuka, R Mulligan and T Kuboki :
Response shift in oral health-related quality of life measurement in patients with partial edentulism.,
Journal of Oral Rehabilitation, Vol.39, No.1, 44-54, 2011.
(DOI: 10.1111/j.1365-2842.2011.02241.x,   PubMed: 21827524)
103. A Kumada, Yoshizo Matsuka, I Spigelman, K Maruhama, Y Yamamoto, K J Neubert, A T Nolan, K Watanabe, K Maekawa, H Kamioka, T Yamashiro, T Kuboki and K Oguma :
Intradermal injection of Botulinum toxin type A alleviates infraorbital nerve constriction-induced thermal hyperalgesia in an operant assay.,
Journal of Oral Rehabilitation, Vol.39, No.1, 63-72, 2011.
(DOI: 10.1111/j.1365-2842.2011.02236.x,   PubMed: 21793870)
104. 松香 芳三, 縄稚 久美子, 木村 彩, 完山 学, 水口 一, 三野 卓哉, 丸濱 功太郎, 前川 賢治, 藤澤 拓生, 園山 亘, 峯 篤史, 菊谷 武, 窪木 拓男 :
施設に入所している要介護高齢者の問題点を抽出するテュートリアル演習の試み,
老年歯科医学, Vol.26, No.1, 36-45, 2011年.
(DOI: 10.11259/jsg.26.36,   CiNii: 10030470727)
105. P Svensson, L Baad-Hansen, M Pigg, T List, E Eliav, D Ettlin, A Michelotti, Y Tsukiyama, Yoshizo Matsuka, K S Jääskeläinen, G Essick, D J Greenspan and M Drangsholt :
Guidelines and recommendations for assessment of somatosensory function in oro-facial pain conditions--a taskforce report.,
Journal of Oral Rehabilitation, Vol.38, No.5, 366-394, 2011.
(DOI: 10.1111/j.1365-2842.2010.02196.x,   PubMed: 21241350)
106. 和嶋 浩一, 矢谷 博文, 井川 雅子, 小見山 道, 坂本 英治, 松香 芳三, 村岡 渡 :
非歯原性歯痛のガイドライン,
日本口腔顔面痛学会雑誌, Vol.4, No.2, 1-88, 2011年.
107. 木野 孔司, 覚道 健治, 杉崎 正志, 星 佳芳, 湯浅 秀道, 松香 芳三, 齋藤 高, 西山 暁 :
顎関節症の診療ガイドライン作成における"Patient Question"収集のための患者ボランティアに対する個別面接調査,
日本顎関節学会雑誌, Vol.22, No.3, 151-157, 2010年.
(DOI: 10.11246/gakukansetsu.22.151,   CiNii: 10027659873)
108. Takayuki Hikasa, Yoshizo Matsuka, Atsushi Mine, Hajime Minakuchi, Satoshi Emilio Hara, Bart Meerbeek Van, Hirofumi Yatani and Takuo Kuboki :
A 15-year clinical comparative study of the cumulative survival rate of cast metal core and resin core restorations luted with adhesive resin cement.,
The International Journal of Prosthodontics, Vol.23, No.5, 397-405, 2010.
(DOI: 10.1016/S0022-3913(11)60030-9,   PubMed: 20859553)
109. 覚道 健治, 木野 孔司, 杉崎 正志, 湯浅 秀道, 松香 芳三, 齋藤 高, 星 佳芳 :
GRADEシステムによる顎関節症初期診療ガイドラインの作成,
日本歯科医学会誌, Vol.29, No.29, 52-56, 2010年.
(CiNii: 10026405887)
110. 皆木 省吾, 築山 能大, 有馬 太郎, 市川 哲雄, 窪木 拓男, 兒玉 直紀, 佐久間 重光, 新谷 明喜, 高津 匡樹, 竹内 哲男, 津賀 一弘, 坪井 明人, 中島 啓一朗, 中野 雅德, 成田 紀之, 波多野 泰夫, 藤澤 政紀, 船登 雅彦, 鱒見 進一, 松香 芳三 :
スプリント療法ガイドラインの確立,
日本歯科医学会誌, Vol.29, No.29, 62-66, 2010年.
(CiNii: 10026405903)
111. Eitoku Inoue, Kenji Maekawa, Hajime Minakuchi, Chiyomi Nagamatsu-Sakaguchi, Tsuyoshi Ono, Yoshizo Matsuka, GT Clark and Takuo Kuboki :
The relationship between temporomandibular joint pathosis and muscle tenderness in the orofacial and neck/shoulder region.,
Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology, and Endodontics, Vol.109, No.1, 86-90, 2010.
(DOI: 10.1016/j.tripleo.2009.07.050,   PubMed: 20123380)
112. 兒玉 直紀, 築山 能大, 有馬 太郎, 市川 哲雄, 窪木 拓男, 佐久間 重光, 新谷 明喜, 高津 匡樹, 津賀 一弘, 坪井 明人, 中野 雅德, 成田 紀之, 波多野 泰夫, 藤澤 政紀, 船登 雅彦, 鱒見 進一, 松香 芳三, 皆木 省吾 :
顎関節症のスプリント治療に関する実態調査 大学病院顎関節症外来および一般開業歯科医院における診療時間の比較,
日本顎関節学会雑誌, Vol.21, No.3, 222-227, 2009年.
(DOI: 10.11246/gakukansetsu.21.222,   CiNii: 10026256451)
113. Shinya Hirai, Takumi Ogawa, Yuko Shigeta, Eriko Ando, Rio Hirabayashi, Tomoko Ikawa, Shintaro Kasama, Shunji Fukushima and Yoshizo Matsuka :
Characteristics of mandibular movements in patients with square mandible.,
Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology, and Endodontics, Vol.108, No.5, e75-81, 2009.
(DOI: 10.1016/j.tripleo.2009.07.008,   PubMed: 19836717)
114. 松香 芳三, 笈田 育尚, 熊田 愛, 縄稚 久美子, 西山 憲行, 菊谷 武, 窪木 拓男 :
家族の介護により経口摂取が可能となり,胃瘻から脱却した症例,
老年歯科医学, Vol.24, No.2, 91-96, 2009年.
(DOI: 10.11259/jsg.24.91,   CiNii: 10026351173)
115. 植松 宏, 戸原 玄, 中島 純子, 菊谷 武, 高橋 浩二, 野原 幹司, 前田 芳信, 小野 高裕, 吉田 光由, 大野 友久, 佐々木 啓一, 高橋 裕, 田中 貴信, 鈴木 哲也, 谷口 尚, 小正 裕, 岡崎 定司, 津賀 一弘, 吉川 峰加, 西恭 宏, 飯沼 利光, 川良 美佐雄, 皆木 省吾, 古屋 純一, 小山 重人, 木本 統, 飯島 守雄, 乙丸 貴史, 隅田 由香, 猪原 健, 中根 綾子, 若杉 葉子, 大内 ゆかり, 都島 千明, 田村 文誉, 尾澤 昌悟, 吉岡 文, 堀 一浩, 城下 尚子, 洲脇 道弘, 難波 謙介, 清水 博史, 津江 文武, 今井崎 太一, 加地 彰人, 長岡 英一, 佐藤 裕二, 高井 良招, 赤川 安正, 井上 農夫男, 服部 正己, 森戸 光彦, 北川 昇, 窪木 拓男, 藤澤 政紀, 玉置 勝司, 築山 能大, 永尾 寛, 萩原 芳幸, 松香 芳三, 宮城 敦, 重枝 昭広, 中村 全宏 :
舌接触補助床(PAP)のガイドライン(案),
老年歯科医学, Vol.24, No.2, 104-116, 2009年.
(CiNii: 10026351226)
116. 松香 芳三, 北村 洋一, 山本 由弥子, 園山 亘, Igor Spigelman, 小熊 恵二, 窪木 拓男 :
三叉神経痛治療のための薬物治療法の開発,
日本歯科医学会誌, Vol.28, No.28, 49-53, 2009年.
(CiNii: 10025692891)
117. Kashyap Devang Thakor, Audrey Lin, Yoshizo Matsuka, M Edward Meyer, Supanigar Ruangsri, Ichiro Nishimura and Igor Spigelman :
Increased peripheral nerve excitability and local NaV1.8 mRNA up-regulation in painful neuropathy.,
Molecular Pain, Vol.5, 14, 2009.
(DOI: 10.1186/1744-8069-5-14,   PubMed: 19320998)
118. Yosuke Okamoto, Wataru Sonoyama, Mitsuaki Ono, Kentaro Akiyama, Takuo Fujisawa, Masamitsu Oshima, Yohei Tsuchimoto, Yoshizo Matsuka, Tatsuji Yasuda, Songtao Shi and Takuo Kuboki :
Simvastatin induces the odontogenic differentiation of human dental pulp stem cells in vitro and in vivo.,
Journal of Endodontics, Vol.35, No.3, 367-372, 2009.
(DOI: 10.1016/j.joen.2008.11.024,   PubMed: 19249597)
119. Y Kitamura, Yoshizo Matsuka, I Spigelman, Y Ishihara, Y Yamamoto, W Sonoyama, H Kamioka, T Yamashiro, T Kuboki and K Oguma :
Botulinum toxin type a (150 kDa) decreases exaggerated neurotransmitter release from trigeminal ganglion neurons and relieves neuropathy behaviors induced by infraorbital nerve constriction.,
Neuroscience, Vol.159, No.4, 1422-1429, 2009.
(DOI: 10.1016/j.neuroscience.2009.01.066,   PubMed: 19409226)
120. 松香 芳三 :
顎機能障害の診断と発症原因を考慮に入れた治療 顎機能障害に対する一般的な治療法,
日本補綴歯科学会誌, Vol.1, No.1, 13-20, 2009年.
(DOI: 10.2186/ajps.1.13,   CiNii: 10029764104)
121. 松香 芳三, 礒兼 衣里, 完山 学, 水口 一, 上原 淳二, 縄稚 久美子, 上枝 麻友, 笈田 育尚, 三野 卓哉, 新川 重彦, 前川 賢治, 荒川 光, 園山 亘, 窪木 拓男 :
歯科PBL教育の効果に対するテュータの経験度の影響,
岡山歯学会雑誌, Vol.28, No.1, 11-17, 2009年.
122. 松香 芳三, 池亀 美華, 吉田 登志子, 有馬 太郎, 皆木 省吾, 山本 敏男, 高柴 正悟, 窪木 拓男, 北山 滋雄, 滝川 正春, 松尾 龍二 :
岡山大学歯学部戦略的計画 求められている今後の対応策,
岡山歯学会雑誌, Vol.28, No.2, 123-130, 2009年.
123. Yoshizo Matsuka, Takeshi Ono, Hirotate Iwase, Somsak Mitrirattanakul, S Kevin Omoto, Ting Cho, N Yan Yan Lam, Bradley Snyder and Igor Spigelman :
Altered ATP release and metabolism in dorsal root ganglia of neuropathic rats.,
Molecular Pain, Vol.4, 66, 2008.
(DOI: 10.1186/1744-8069-4-66,   PubMed: 19108746)
124. 前川 賢治, 前田 あずさ, 内部 健太, 北村 洋一, 暈 貴行, 上原 淳二, 完山 学, 縄稚 久美子, 荒川 光, 藤沢 拓生, 水口 一, 峯 篤史, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
高齢者の歯列欠損補綴治療法に関するチュートリアル学習とその効果,
日本歯科医学教育学会雑誌, Vol.24, No.2, 207-213, 2008年.
125. 松香 芳三, 熊田 愛, 前川 賢治, 水口 一, 窪木 拓男 :
粘膜圧迫により疼痛の軽減がみられた三叉神経に生じた持続性ニューロパシー性疼痛の2例,
日本口腔顔面痛学会雑誌, Vol.1, No.1, 55-59, 2008年.
126. 暈 貴行, 水口 一, 内部 健太, 北村 洋一, 前田 あずさ, 永松[坂口] 千代美, 上原 淳二, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
専用ホームページならびにインターネット掲示板を利用した補綴スキル教育における学生・教官相互コミュニケーション,
岡山歯学会雑誌, Vol.27, No.1, 23-28, 2008年.
127. 松香 芳三, 福岡 敏雄, 完山 学, 前川 賢治, 荒川 光, 水口 一, 園山 亘, 上原 淳二, 縄稚 久美子, 山崎 聖也, 窪木 拓男, 滝川 正春, 松尾 龍二, 田中 紀章 :
EBMワークショップと大学院教育の実質化,
岡山歯学会雑誌, Vol.27, No.1, 43-49, 2008年.
128. 岩瀬 博建, 佐々木 忠昭, 麻野 和宏, 松香 芳三, マイトリラタナクル サムサック, 今井 裕 :
保存療法が有効ではなかった非復位性顎関節円板前方転位症例の臨床所見ならびにMRI所見の検討,
日本顎関節学会雑誌, Vol.19, No.1, 32-35, 2007年.
(DOI: 10.11246/gakukansetsu1989.19.32,   CiNii: 10019489174)
129. Somsak Mitrirattanakul, E Héctor López-Valdés, Jing Liang, Yoshizo Matsuka, Ken Mackie, F Kym Faull and Igor Spigelman :
Bidirectional alterations of hippocampal cannabinoid 1 receptors and their endogenous ligands in a rat model of alcohol withdrawal and dependence.,
Alcoholism, Clinical and Experimental Research, Vol.31, No.5, 855-867, 2007.
(DOI: 10.1111/j.1530-0277.2007.00366.x,   PubMed: 17386072)
130. Koji Suzuki, Kenji Maekawa, Hajime Minakuchi, Hirofumi Yatani, T Glenn Clark, Yoshizo Matsuka and Takuo Kuboki :
Responses of the hypothalamic-pituitary-adrenal axis and pain threshold changes in the orofacial region upon cold pressor stimulation in normal volunteers.,
Archives of Oral Biology, Vol.52, No.8, 797-802, 2007.
(DOI: 10.1016/j.archoralbio.2007.01.008,   PubMed: 17321484)
131. Yoshizo Matsuka, Chiyomi Nagamatsu, Shingo Itoh, Takayuki Tomonari, Ali Makki, Hajime Minakuchi, Kenji Maekawa, Manabu Kanyama and Takuo Kuboki :
Comparison of inter-twin concordance in symptoms of temporomandibular disorders: a preliminary investigation in an adolescent twin population.,
Cranio, Vol.25, No.1, 23-29, 2007.
(PubMed: 17304914)
132. 完山 学, 荒川 光, 園山 亘, 北村 洋一, 木村 彩, 野田 欣志, 川上 彩, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
岡山大学歯学部5年次生に対する口腔インプラント実習の試み,
岡山歯学会雑誌, Vol.26, No.2, 119-124, 2007年.
133. Yoshizo Matsuka, B Edmonds, S Mitrirattanakul, E F Schweizer and I Spigelman :
Two types of neurotransmitter release patterns in isolectin B4-positive and negative trigeminal ganglion neurons.,
Neuroscience, Vol.144, No.2, 665-674, 2006.
(DOI: 10.1016/j.neuroscience.2006.09.053,   PubMed: 17101230)
134. Somsak Mitrirattanakul, Navapoln Ramakul, V Andre Guerrero, Yoshizo Matsuka, Takeshi Ono, Hirotate Iwase, Ken Mackie, F Kym Faull and Igor Spigelman :
Site-specific increases in peripheral cannabinoid receptors and their endogenous ligands in a model of neuropathic pain.,
Pain, Vol.126, No.1-3, 102-114, 2006.
(DOI: 10.1016/j.pain.2006.06.016,   PubMed: 16844297)
135. M W Walwyn, Yoshizo Matsuka, D Arai, C D Bloom, H Lam, C Tran, I Spigelman and T N Maidment :
HSV-1-mediated NGF delivery delays nociceptive deficits in a genetic model of diabetic neuropathy.,
Experimental Neurology, Vol.198, No.1, 260-270, 2006.
(DOI: 10.1016/j.expneurol.2005.12.006,   PubMed: 16427624,   Elsevier: Scopus)
136. 松香 芳三, 池亀 美華, 有馬 太郎, 出口 徹, 志茂 剛, 松尾 龍二, 高柴 正悟, 渡邊 達夫 :
岡山大学歯学部戦略的計画 教育に関する提案 岡山大学歯学部の理想的な将来のために,
岡山歯学会雑誌, Vol.25, No.2, 19-32, 2006年.
137. Hirotate Iwase, Tadaaki Sasaki, Setsuko Asakura, Kazuhiro Asano, Somsak Mitrirattanakul, Yoshizo Matsuka and Yutaka Imai :
Characterization of patients with disc displacement without reduction unresponsive to nonsurgical treatment: a preliminary study.,
Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Vol.63, No.8, 1115-1122, 2005.
(DOI: 10.1016/j.joms.2005.04.005,   PubMed: 16094578)
138. Hiroshi Egusa, E Felix Schweizer, Chia-Chien Wang, Yoshizo Matsuka and Ichiro Nishimura :
Neuronal differentiation of bone marrow-derived stromal stem cells involves suppression of discordant phenotypes through gene silencing.,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.280, No.25, 23691-23697, 2005.
(DOI: 10.1074/jbc.M413796200,   PubMed: 15855172)
139. 松香 芳三 :
全部床義歯による咀嚼障害の改善,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.49, No.2, 326-329, 2005年.
(DOI: 10.2186/jjps.49.326,   PubMed: 15858333,   CiNii: 10015525036)
140. 重田 優子, 小川 匠, 松香 芳三, 安藤 栄里子, 深川 菜穂, 山崎 泰志, 豊田 長隆, 福島 俊士 :
非歯原性歯痛の発症頻度およびその内容,
日本顎関節学会雑誌, Vol.17, No.2, 146-152, 2005年.
(DOI: 10.11246/gakukansetsu1989.17.146)
141. H Minakuchi, T Kuboki, K Maekawa, Yoshizo Matsuka and H Yatani :
Self-reported remission, difficulty, and satisfaction with nonsurgical therapy used to treat anterior disc displacement without reduction.,
Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology, and Endodontics, Vol.98, No.4, 435-440, 2004.
(DOI: 10.1016/j.tripleo.2003.11.013,   PubMed: 15472659)
142. 岩瀬 博建, 佐々木 忠昭, 麻野 和宏, 松香 芳三, マイトリラタナクル サムサック, 今井 裕 :
保存療法が有効ではなかった非復位性顎関節円板前方転位症例の臨床所見ならびにMRI所見の検討,
日本顎関節学会雑誌, Vol.16, No.1, 13-18, 2004年.
(DOI: 10.11246/gakukansetsu1989.16.13,   CiNii: 10012837830)
143. Y Nakazawa, Hirofumi Yatani, Hajime Minakuchi and Yoshizo Matsuka :
Gender differences in neuroselective current perception thresholds of the trigeminal and median nerves,
Prosthodontic Research & Practice, Vol.2, No.1, 72-75, 2003.
(DOI: 10.2186/prp.2.72,   CiNii: 10012436547)
144. Yoshizo Matsuka and Igor Spigelman :
Hyperosmolar solutions selectively block action potentials in rat myelinated sensory fibers: implications for diabetic neuropathy.,
Journal of Neurophysiology, Vol.91, No.1, 48-56, 2003.
(DOI: 10.1152/jn.00689.2003,   PubMed: 13679399)
145. G J C Marvizón, X Wang, Yoshizo Matsuka, K J Neubert and I Spigelman :
Relationship between capsaicin-evoked substance P release and neurokinin 1 receptor internalization in the rat spinal cord.,
Neuroscience, Vol.118, No.2, 535-545, 2003.
(DOI: 10.1016/S0306-4522(02)00977-6,   PubMed: 12699788)
146. K John Neubert, Yoshizo Matsuka, T Nigel Maidment and Igor Spigelman :
Microdialysis in trigeminal ganglia.,
Brain Research. Brain Research Protocols, Vol.10, No.2, 102-108, 2002.
(DOI: 10.1016/S1385-299X(02)00188-5,   PubMed: 12431709)
147. T Ogimoto, T Ogawa, K Sumiyoshi, Yoshizo Matsuka and K Koyano :
Pressure-pain threshold determination in the oral mucosa: validity and reliability.,
Journal of Oral Rehabilitation, Vol.29, No.7, 620-626, 2002.
(DOI: 10.1046/j.1365-2842.2002.00874.x,   PubMed: 12153450)
148. Yoshizo Matsuka, K J Neubert, T N Maidment and I Spigelman :
Concurrent release of ATP and substance P within guinea pig trigeminal ganglia in vivo.,
Brain Research, Vol.915, No.2, 248-255, 2001.
(DOI: 10.1016/S0006-8993(01)02888-8,   PubMed: 11595216,   Elsevier: Scopus)
149. H Minakuchi, T Kuboki, Yoshizo Matsuka, K Maekawa, H Yatani and A Yamashita :
Randomized controlled evaluation of non-surgical treatments for temporomandibular joint anterior disk displacement without reduction.,
Journal of Dental Research, Vol.80, No.3, 924-928, 2001.
(PubMed: 11379897)
150. 西村 真紀, 景山 正登, 松香 芳三, 畑中 乾志, 吉田 栄介, 水口 一, 窪木 拓男, 矢谷 博文 :
一般歯科医院の受診患者における顎関節症の症状と徴候の変動,
日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.14, No.1, 23-31, 2001年.
151. K Miyaura, M Morita, Yoshizo Matsuka, A Yamashita and T Watanabe :
Rehabilitation of biting abilities in patients with different types of dental prostheses.,
Journal of Oral Rehabilitation, Vol.27, No.12, 1073-1076, 2000.
(PubMed: 11251780)
152. K J Neubert, T N Maidment, Yoshizo Matsuka, W D Adelson, L Kruger and I Spigelman :
Inflammation-induced changes in primary afferent-evoked release of substance P within trigeminal ganglia in vivo.,
Brain Research, Vol.871, No.2, 181-191, 2000.
(DOI: 10.1016/S0006-8993(00)02440-9,   PubMed: 10899285,   Elsevier: Scopus)
153. Yoshizo Matsuka, T E Fort and L R Merrill :
Trigeminal neuralgia due to an acoustic neuroma in the cerebellopontine angle.,
Journal of Orofacial Pain, Vol.14, No.2, 147-151, 2000.
(PubMed: 11203749)
154. M Kamisaka, H Yatani, T Kuboki, Yoshizo Matsuka and H Minakuchi :
Four-year longitudinal course of TMD symptoms in an adult population and the estimation of risk factors in relation to symptoms.,
Journal of Orofacial Pain, Vol.14, No.3, 224-232, 2000.
(PubMed: 11203757)
155. K Miyaura, Yoshizo Matsuka, M Morita, A Yamashita and T Watanabe :
Comparison of biting forces in different age and sex groups: a study of biting efficiency with mobile and non-mobile teeth.,
Journal of Oral Rehabilitation, Vol.26, No.3, 223-227, 1999.
(PubMed: 10194731,   Elsevier: Scopus)
156. G M Orsini, T Kuboki, S Terada, Yoshizo Matsuka, H Yatani and A Yamashita :
Clinical predictability of temporomandibular joint disc displacement.,
Journal of Dental Research, Vol.78, No.2, 650-660, 1999.
(PubMed: 10029463)
157. 満木 志おり, 前川 賢治, 水口 一, 窪木 拓男, 松香 芳三, 山下 敦 :
口腔顔面慢性疼痛に対する塩酸アミトリプチリンの鎮痛効果ならびに副作用,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.43, No.3, 451-456, 1999年.
158. 小島 俊司, 窪木 拓男, 古野 勝志, 松香 芳三, 前川 賢治, 助政 安伸, 上原 淳二, 矢谷 博文, 山下 敦 :
顎関節症類似の症状を呈した間代性神経障害性疼痛 血中カルバマゼピン濃度測定,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.43, No.6, 977-982, 1999年.
159. 窪木 拓男, 井上 真実, 古野 勝志, 松香 芳三, 前川 賢治, 矢谷 博文, 山下 敦 :
歯科治療に関連して発症した持続性神経障害性疼痛 非定型性歯痛,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.43, No.6, 970-976, 1999年.
160. 松香 芳三, 木庭 茂治, 矢谷 博文 :
いびきに関する文献的考察,
日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.12, No.1, 19-26, 1999年.
161. G M Orsini, T Kuboki, S Terada, Yoshizo Matsuka, A Yamashita and T G Clark :
Diagnostic value of 4 criteria to interpret temporomandibular joint normal disk position on magnetic resonance images.,
Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology, and Endodontics, Vol.86, No.4, 489-497, 1998.
(PubMed: 9798238)
162. Yoshizo Matsuka, T Iijima, K Suzuki, T Kuboki and A Yamashita :
Macroscopic osseous changes in the temporomandibular joint related to dental attrition in Japanese macaque skull.,
Journal of Oral Rehabilitation, Vol.25, No.9, 687-693, 1998.
(PubMed: 9758399)
163. H Yatani, W Sonoyama, T Kuboki, Yoshizo Matsuka, G M Orsini and A Yamashita :
The validity of clinical examination for diagnosing anterior disk displacement with reduction.,
Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology, and Endodontics, Vol.85, No.6, 647-653, 1998.
(PubMed: 9638696)
164. H Yatani, K Suzuki, T Kuboki, Yoshizo Matsuka, K Maekawa and A Yamashita :
The validity of clinical examination for diagnosing anterior disk displacement without reduction.,
Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology, and Endodontics, Vol.85, No.6, 654-660, 1998.
(PubMed: 9638697)
165. K E Watanabe, H Yatani, T Kuboki, Yoshizo Matsuka, S Terada, G M Orsini and A Yamashita :
The relationship between signs and symptoms of temporomandibular disorders and bilateral occlusal contact patterns during lateral excursions.,
Journal of Oral Rehabilitation, Vol.25, No.6, 409-415, 1998.
(PubMed: 9687112)
166. Yoshizo Matsuka, Y Kitada, Y Mitoh, A Adachi and A Yamashita :
Effects of a bite-raising splint on the duration of the chewing cycle and the EMG activities of masticatory muscles during chewing in freely moving rabbits.,
Journal of Oral Rehabilitation, Vol.25, No.2, 159-165, 1998.
(PubMed: 9576602)
167. 松香 芳三, L. MerrillRobert, Abraham Urbach, 窪木 拓男, 矢谷 博文, 山下 敦 :
顎顔面疼痛患者に対する治療法(第1報) 頭痛の診断,
日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.11, No.1, 11-18, 1998年.
168. 松香 芳三, L. MerrillRobert, 窪木 拓男, 矢谷 博文, 山下 敦 :
顎顔面疼痛患者に対する治療法(第2報) 頭痛の治療,
日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.11, No.1, 19-27, 1998年.
169. H Yatani, H Minakuchi, Yoshizo Matsuka, T Fujisawa and A Yamashita :
The long-term effect of occlusal therapy on self-administered treatment outcomes of TMD.,
Journal of Orofacial Pain, Vol.12, No.1, 75-88, 1998.
(PubMed: 9656902)
170. G M Orsini, S Terada, T Kuboki, Yoshizo Matsuka and A Yamashita :
The influence of observer calibration in temporomandibular joint magnetic resonance imaging diagnosis.,
Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology, and Endodontics, Vol.84, No.1, 82-87, 1997.
(PubMed: 9247957)
171. 水口 一, 矢谷 博文, 山下 敦, 窪木 拓男, 松香 芳三 :
質問表を用いた咬合処置の有効性に関する顎関節内障患者の遠隔予後調査,
日本顎関節学会雑誌, Vol.9, No.2, 397-409, 1997年.
172. 松香 芳三, 伊藤 真午, 水口 一, 窪木 拓男, 山下 敦 :
疫学研究に用いるための顎関節症症状に関する質問表の妥当性,
日本顎関節学会雑誌, Vol.9, No.1, 80-91, 1997年.
173. 水口 一, 窪木 拓男, 松香 芳三, 矢谷 博文, 山下 敦 :
質問表を用いた顎関節症の咬合治療に関する遠隔予後調査(第1報) 顎関節症患者全体における咬合治療の有効性,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.41, No.4, 552-559, 1997年.
174. H Yatani, T Kaneshima, T Kuboki, A Yoshimoto, Yoshizo Matsuka and A Yamashita :
Long-term follow-up study on drop-out TMD patients with self-administered questionnaires.,
Journal of Orofacial Pain, Vol.11, No.3, 258-269, 1997.
(PubMed: 9610316)
175. Yoshizo Matsuka, H Yatani, T Kuboki and A Yamashita :
Temporomandibular disorders in the adult population of Okayama City, Japan.,
Cranio, Vol.14, No.2, 158-162, 1996.
(PubMed: 8949871)
176. 辻清 薫, 山下 敦, 松香 芳三, 窪木 拓男, 矢谷 博文 :
咀嚼筋痛と頭頸背部慢性疼痛との関連に関する疫学調査,
日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.9, No.1, 31-39, 1996年.
177. 窪木 拓男, 山下 敦, 松香 芳三, 満木 志おり :
頭頸部慢性疼痛に対する三環系抗うつ剤の鎮痛効果ならびに副作用,
日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.9, No.1, 11-23, 1996年.
178. 松香 芳三, 矢谷 博文, 山下 敦 :
顎関節症の病型分類による疫学的研究 有症群の解析,
日本顎関節学会雑誌, Vol.6, No.1, 13-24, 1994年.
179. 松香 芳三 :
顎関節症の症型分類による疫学的研究(第1編)臨床的分類による症型別発症頻度,
岡山歯学会雑誌, Vol.11, No.1, 73-89, 1992年.
180. 松香 芳三 :
顎関節症の症型分類による疫学的研究(第2編)臨床的分類による症型別発症要因の予測,
岡山歯学会雑誌, Vol.11, No.1, 91-105, 1992年.
181. 松香 芳三, 矢谷 博文, 近藤 康弘, 窪木 拓男, 天野 洋一, 山下 敦 :
オクルーザルボンディング法に関する実験的研究 ポーセレンアンレーの厚みと支台歯形態が圧縮強度に及ぼす影響,
日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.4, No.1, 15-23, 1991年.
182. 天野 洋一, 矢谷 博文, 窪木 拓男, 松香 芳三, 山下 敦 :
ヒト関節円板の形態学的特徴と関節円板転位の関連に関する肉眼解剖学的研究,
日本顎関節学会雑誌, Vol.3, No.1, 23-34, 1991年.
183. 矢谷 博文, 松香 芳三, 窪木 拓男, 天野 洋一, 山下 敦 :
各種頭蓋顎関節エックス線規格撮影装置により得られた顎関節像の比較,
日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.3, No.1, 57-65, 1990年.
184. 天野 洋一, 矢谷 博文, 窪木 拓男, 松香 芳三, 山下 敦 :
ヒト関節円板の肉眼解剖学的研究,
日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.2, No.1, 25-31, 1989年.

学術論文(紀要・その他):

1. 松香 芳三 :
診療ガイドラインの作成と変遷,
日本顎関節学会雑誌, Vol.30, No.supplement, 176-178, 2018年.
2. 松香 芳三 :
第29回日本口腔リハビリテーション学会学術大会,
日本口腔リハビリテーション学会雑誌, Vol.30, No.1, 51-52, 2017年.
3. 細木 眞紀, 田上 直美, 渡邉 恵, 山瀬 勝, 飯田 俊二, 舞田 健夫, 大平 千之, 大久保 力廣, 秋葉 陽介, 服部 正巳, 峯 篤史, 高 永和, 鳥井 克典, 松香 芳三, 志賀 博, 市川 哲雄 :
歯科用金属による金属アレルギーの臨床病態と補綴学的対応に関する多施設調査,
日本歯科医学会誌, Vol.34, 44-48, 2015年.
4. 大倉 一夫, 大川 周治, 藤澤 政紀, 櫻井 薫, 馬場 一美, 小川 匠, 矢谷 博文, 窪木 拓男, 松香 芳三 :
睡眠時ブラキシズムの簡便な診断法の確立と対処法の検討,
日本歯科医学会雑誌, Vol.34, 79-83, 2015年.
5. 村田 比呂司, 志賀 博, 大久保 力廣, 渋谷 友美, 近藤 尚知, 櫻井 薫, 田中 順子, 松香 芳三, 水口 俊介, 鱒見 進一, 大川 周治, 西 恭宏, 越野 寿, 佐々木 啓一, 赤川 安正, 川良 美佐雄, 菊谷 武, 吉田 光由, 古谷野 潔 :
高齢者の栄養障害に義歯装着がもたらす効果と高齢義歯装着者への摂食・栄養指導のガイドラインに関するプロジェクト研究,
日本歯科医学会雑誌, Vol.34, 54-58, 2015年.
6. 松香 芳三 :
非歯原性歯痛の発症機序,診断,治療,
四国歯学会雑誌, Vol.25, No.2, 29-38, 2013年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109826)
7. Ai Kumada, Yoshizo Matsuka, Igor Spigelman, John K Neubert, Todd A Nolan, Yumiko Yamamoto, Keiko Sato, Kazuhiro Watanabe, Takuo Kuboki and Keiji Oguma :
Peripheral administration of botulinum toxin type A neurotoxin reverses trigeminal neuropathic pain symptoms,
http://f1000.com/posters/browse/summary/763, 2011.
8. Ai Kumada, Yoshizo Matsuka, Igor Spigelman, Yoshihito Ishihara, Yumiko Yamamoto, Takayuki Hikasa, Wataru Sonoyama, Hiroshi kamioka, Takashi Yamashiro, Takuo Kuboki and Keiji Oguma :
Peripheral administration of botulinum toxin type A decreases exaggerated neurotransmitter release and reverses neuropathy-induced gene expression changes in trigeminal ganglia,
http://f1000.com/posters/browse/summary/87, 2010.
9. 松香 芳三 :
三叉神経痛において生じている神経節細胞過敏化のメカニズムの解明と治療法開発,
生物学における試験論叢, Vol.23, 31-39, 2008年.
10. 松香 芳三, 飯島 輝明, 鈴木 康司, 窪木 拓男, 矢谷 博文, 山下 敦, 上月 生也, 鈴木 秀典 :
ニホンザル顎関節の形態計測学的研究,
京都大学霊長類研究所年報, Vol.26, 81, 1997年.

学術レター:

1. 湯浅 秀道, 松香 芳三 :
顎関節症に関係したランダム化比較試験データベースについて,
日本顎関節学会雑誌, No.3, 2017年.
2. 細木 眞紀, 松尾 敬志, 永田 俊彦, 市川 哲雄, 松香 芳三, 田中 栄二 :
徳島大学病院,
歯科審美, Vol.25, No.2, 196, 2013年.

総説・解説:

1. 松香 芳三 :
原因不明の歯痛に悩まされていない?,
きょうの健康, 2020年4月.
2. 松香 芳三 :
原因不明の歯痛の診断と治療,
歯界月報, No.824, 2020年4月.
3. 今村 佳樹, 佐々木 啓一, 和嶋 浩一, 矢谷 博文, 松香 芳三, 井川 雅子, 苅部 洋行, 小見山 道, 西須 大徳, 坂本 英治, 佐藤 仁, 土井 充, 鳥巣 哲朗, 野間 昇, 村岡 渡, 飯田 崇, 石垣 尚一, 島田 明子, 長縄 拓哉, 峯 篤史, 山﨑 陽子, 大野 由夏, 大倉 一夫, 安陪 晋 :
非歯原性歯痛の診療ガイドライン 改訂版,
日本口腔顔面痛学会雑誌, Vol.12, No.1, 39-106, 2019年12月.
4. 大倉 一夫, 松香 芳三 :
解剖学的形態,
聞くに聞けない補綴治療100 デンタルダイヤモンド, 17, 2019年9月.
5. 大倉 一夫, 松香 芳三 :
咬合平面の種類,
聞くに聞けない補綴治療100 デンタルダイヤモンド, 16, 2019年9月.
6. 松香 芳三 :
無意識に歯かみしめる人 あごが痛くなる,
毎日新聞 四国健康ナビ, 2019年2月.
7. 松香 芳三, 今村 佳樹, 大久保 昌和, 村岡 渡 :
三叉神経ニューロパチーに対する感覚検査,
補綴臨床, Vol.51, No.6, 626-632, 2018年11月.
8. 松香 芳三 :
成績も上がり,満足度も高いグループで学ぶTBL(Team-based Learning)という手法,
とくtalk, No.173, 18, 2018年10月.
9. 大倉 一夫, 鴨居 浩平, 堀川 恵理子, 鈴木 善貴, 松香 芳三 :
ナイトガードの臨床,
歯界展望, Vol.130, No.6, 1067-1081, 2017年12月.
10. 鈴木 善貴, 安陪 晋, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
睡眠時ブラキシズムの対処法,
歯界展望, Vol.130, No.5, 840-853, 2017年11月.
11. 鈴木 善貴, 宮城 麻友, 板東 伸幸, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
ナイトガードの意義,
歯界展望, Vol.130, No.5, 826-839, 2017年11月.
12. 松香 芳三 :
Book Review 歯科衛生士にも知ってほしいかみあわせの本 ぺリオにもかかわるの?,
歯界展望, Vol.125, No.4, 799, 2015年4月.
13. 松香 芳三 :
医局紹介 研究プロジェクトの精鋭たち 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部顎機能咬合再建学分野 顎機能の解明をめざして,
ザ·クインテッセンス, Vol.34, No.3, 132, 2015年3月.
14. 松香 芳三, 清水 裕次 :
ハイブリッドレジンを使用したCAD/CAM冠の保険適用について,
いきいきらいふ, Vol.46, No.Winter, 2015年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 112700)
15. 松香 芳三 :
歯科用金属アレルギー,
毎日新聞, 8, 2014年12月.
16. 松香 芳三 :
顎関節症,
すこから, 8, 2014年11月.
17. 松香 芳三, 重本 修伺, 大倉 一夫 :
私の研究室から 咬合接触様相と感覚情報伝達の解明に向けて,
日本歯科評論, Vol.74, No.8, 9-11, 2014年8月.
(CiNii: 40020158924)
18. 宮岡 等, 松香 芳三, 中沢 勝弘, 和気 裕之, 髙野 直之, 田口 望 :
精神科との連携,
歯界展望, Vol.123, No.6, 1169-1181, 2014年6月.
19. 松香 芳三 :
補綴歯科治療病名システムの信頼性と妥当性,
医療情報サービスMindsトピックス, Vol.on line, 2014年2月.
20. 細木 眞紀, 松香 芳三 :
金属アレルギーと歯科,
8020推進財団 会誌, No.13, 52-57, 2014年1月.
(CiNii: 40019999327)
21. 竹内 久裕, 松香 芳三 :
いま,顎関節症にどう取り組むべきか 顎関節症はどのような病気か,
日本歯科評論, Vol.74, No.1, 36-42, 2014年1月.
22. 松香 芳三 :
咬合感覚異常,
別冊Quintessence TMD Year Book 2013 アゴの痛みに対処する, 63-73, 2013年10月.
23. 細木 眞紀, 松香 芳三, 西川 啓介 :
歯科と金属アレルギー Up to Date ―チタンもアレルギーを引き起こす!―,
ザ·クインテッセンス, Vol.32, No.8, 126-140, 2013年8月.
24. 松香 芳三 :
心臓性歯痛の発症頻度,病態,臨床症状について,
医療情報サービスMindsトピックス, Vol.on line, 2013年2月.
25. 松香 芳三 :
非歯原性歯痛の診断手順,異所性疼痛メカニズム,
歯界展望, Vol.121, No.2, 344-350, 2013年2月.
26. 大倉 一夫, 鈴木 善貴, 松香 芳三 :
ブラキシズムの生理学,
力を診る -歯列を守る力のマネジメント-, 66-73, 2012年12月.
27. 松香 芳三 :
顎関節症における低レベルレーザー治療の効果:システマティックレビューとメタアナリシス,
TMD Year Book 2012 アゴの痛みに対処する, 186-198, 2012年11月.
28. 岸本 満雄, 松香 芳三 :
当院における顎関節症患者の統計的観察,
日本歯科評論, Vol.71, No.3, 141-146, 2011年3月.
29. 松香 芳三, 窪木 拓男 :
歯垢除去ならびに歯肉の健康における電動歯ブラシの相違,
コクラン・レビューアブストラクト, 2011年.
30. 松香 芳三 :
筋・筋膜疼痛によって生じた関連痛としての歯痛,
非歯原性歯痛へのアプローチ ``原因のわからない痛みに悩む患者さんが来院したら'', 36-37, 2011年.
31. 松香 芳三 :
補綴治療ならびに咬合の問題,
非歯原性歯痛へのアプローチ ``原因のわからない痛みに悩む患者さんが来院したら'', 15-19, 2011年.
32. 松香 芳三, 窪木 拓男 :
顎関節症治療のための歯列矯正治療,
コクラン・レビューアブストラクト, 2011年.
33. 松香 芳三, 森 亨 :
禁煙に対するクロニジン,
コクラン・レビューアブストラクト, 2010年.
34. 南郷 栄秀, 松香 芳三 :
成人における義歯洗浄の介入,
コクラン・レビューアブストラクト, 2010年.
35. 松香 芳三, 湯浅 秀道 :
顎関節症(疼痛機能障害症候群)に対するスタビライゼーションスプリント治療,
コクラン・レビューアブストラクト, 2008年.
36. 松香 芳三, 湯浅 秀道 :
顎矯正手術(外科的矯正治療)における吸収性プレートとチタンプレートの比較,
コクラン・レビューアブストラクト, 2008年.
37. 湯浅 秀道, 松香 芳三 :
口腔内灼熱症候群のための介入,
コクラン・レビューアブストラクト, 2008年.
38. 松香 芳三, 湯浅 秀道 :
顎関節症治療に対するヒアルロン酸治療,
コクラン・レビューアブストラクト, 2008年.
39. 窪木 拓男, 松香 芳三 :
欠損歯を補うための介入:総義歯の咬合面が及ぼす影響について,
コクラン・レビューアブストラクト, 2008年.
40. 松香 芳三, 窪木 拓男 :
【審美歯科・インプラントワードブック】 ベーシック補綴 全身とQOL 精神医学的分類,
補綴臨床, 140-141, 2008年.
41. 塩見 信行, 小川 匠, 大野 毅, 塩見 千尋, 松香 芳三 :
日米歯科事情比較 アメリカにおける歯科専門医制度 南カリフォルニア大学の現状を中心にして,
歯界展望, Vol.107, No.4, 855-862, 2006年.
42. 松香 芳三 :
海外から見たわが国の歯科補綴 アメリカにおける顎関節症治療 University of California Los Angelesで学ぶ,
補綴臨床, Vol.39, No.3, 350-356, 2006年.
43. 齋藤 高, 岩瀬 博建, 勝村 聖子, 重田 優子, 小川 匠, 松香 芳三 :
日米歯科事情比較 アメリカの歯学部における学生教育 歯学部入学規定から歯科医師免許取得まで,
歯界展望, Vol.107, No.2, 413-418, 2006年.
44. 小川 匠, 山根 明, 馬場 一美, 塩見 信行, 松香 芳三 :
日米歯科事情比較 USCSDにおけるPBL教育,
歯界展望, Vol.107, No.3, 625-631, 2006年.
45. 塩見 千尋, 小川 匠, 水口 一, 塩見 信行, 松香 芳三 :
日米歯科事情比較 大学病院のシステムーOrofacial Painの臨床体験からー,
歯界展望, Vol.106, No.6, 1267-1274, 2005年.
46. 小川 匠, 塩見 信行, 松香 芳三, 重田 優子, 鱒見 進一 :
日米歯科事情比較 来て見てわかったアメリカ,
歯界展望, Vol.105, No.6, 1257-1262, 2005年.
47. 水口 一, 小川 匠, 重田 優子, 塩見 信行, 松香 芳三 :
Observation from West Coast 日米歯科事情比較 日米の臨床研究の比較検討から,
歯界展望, Vol.106, No.2, 405-410, 2005年.
48. 杉原 彩子, 岩瀬 博建, 小川 匠, 松香 芳三 :
日米歯科事情比較 一般歯科臨床現場における日米比較 歯科医療保険を中心に,
歯界展望, Vol.106, No.4, 833-839, 2005年.
49. 高山 リサ, 松香 芳三, 水口 一, 小川 匠, 渕端 孟, 浅野 倉栄 :
Observation from West Coast 日米歯科事情比較 歯科衛生士の役割 アメリカの歯科衛生士事情,
歯界展望, Vol.106, No.5, 1055-1060, 2005年.
50. 山下 潤朗, 小川 隆広, 木本 克彦, 松香 芳三 :
バイオロジードリブン・プロソドンティックス これから20年の補綴研究・補綴臨床のエンジニアリング バイオマテリアルとバイオメカにクス(補綴臨床の自由度を高めるWeapons),
補綴臨床, Vol.35, No.4, 396-421, 2002年.
51. 木本 克彦, 小川 隆広, 松香 芳三, 山下 潤朗 :
バイオロジードリブン・プロソドンティックス これから20年の補綴研究・補綴臨床のエンジニアリング エビデンス,補綴臨床試験そして顎口腔機能評価,
補綴臨床, Vol.35, No.3, 314-338, 2002年.
52. 小川 隆広, 木本 克彦, 松香 芳三, 山下 潤朗 :
バイオロジードリブン・プロソドンティックス これから20年の補綴研究・補綴臨床のエンジニアリング バイオテクノロジーと遺伝子治療,
補綴臨床, Vol.35, No.2, 180-203, 2002年.
53. 松香 芳三, 山下 潤朗, 木本 克彦, 小川 隆広 :
バイオロジードリブン・プロソドンティックス これから20年の補綴研究・補綴臨床のエンジニアリング Orofacial Painの解明へ向けての基礎的アプローチ,
補綴臨床, Vol.35, No.5, 496-513, 2002年.
54. 山下 敦, 松香 芳三 :
マンディブラーキネジオグラフK6型 -臨床応用の目的とその限界-,
歯科ジャーナル, Vol.29, No.5, 545-553, 1989年.
55. 山下 敦, 松香 芳三 :
補綴学における診査機器の適応と諸問題 下顎運動描記法 マンディブラーキネジオグラフK6型 臨床応用の目的とその限界,
歯科ジャーナル, Vol.29, No.5, 545-553, 1989年.

国際会議:

1. Junhel Dalanon, LM Diano, I Fernandez, CM Estalani, MP Te, C Mana-ay, E Lagra, Sachiko Chikahisa, Noriyuki Shimizu, Rozzano De Castro Locsin and Yoshizo Matsuka :
Occupational stress and sleep quality of dentists in the Philippines,
International Association for Human Caring, Bergen, Norway, 2021.
2. Junhel Dalanon, R Docor, Rozzano De Castro Locsin, Kazuo Okura and Yoshizo Matsuka :
Increased dental students acceptance of a sculpting software using a pen mouse during COVID-19,
International Association for Dental Research Southeast Asia and Southeast Asian Association for Dental Education, 2020.
3. Yoshizo Matsuka :
Management of orofacial pain,
Philippine Association of Functional Jaw Orthopedics, Online, Sep. 2020.
4. Junhel Dalanon, Arief Waskitho, P Chavan, Lakshimi Swarna Raman and Yoshizo Matsuka :
Global search trends: geographic and temporal disparities in the relative search volume for orofacial pain types,
International Association for Study of Pain, Online, Aug. 2020.
5. Yoshizo Matsuka :
Sleep disorders: Bruxism and sleep apnea,
Orofacial Pain Association of the Philippines, Online Webinar, Jul. 2020.
6. S Afroz, Rieko Arakaki, Takuma Iwasa, Masamitsu Ohshima, Maki Hosoki, Miho Inoue, Otto Baba, Yoshihiro Okayama and Yoshizo Matsuka :
CGRP induced glial-cytokine expression, NFkB signaling and orofacial nociception,
International Association for Dental Research, Washington, D.C., Mar. 2020.
7. R Raju, Masamitsu Ohshima, Tsuyoshi Morita, Huijiao Yan, Miho Inoue, Otto Baba, Masahisa Inoue and Yoshizo Matsuka :
A double-layered complex cell sheet can regenerate the periodontal tissue in a mice model,
Dentisphere, Surabayai, Nov. 2019.
8. S Afroz, Rieko Arakaki, Takuma Iwasa, Masamitsu Ohshima, Otto Baba, Y Okayama and Yoshizo Matsuka :
Orofacial pain due to glial expressed cytokines in trigeminal ganglion,
Dentisphere, Surabayai, Nov. 2019.
9. Arief Waskitho, Yumiko Yamamoto, Tsuyoshi Morita, Huijiao Yan, R Raju, Masamitsu Ohshima, Junhel Dalanon, Otto Baba and Yoshizo Matsuka :
Bilateral effects of unilateral administration of botulinum toxin A in chemotherapy induced neuropathy,
Dentisphere, Surabayai, Nov. 2019.
10. S Afroz, Rieko Arakaki and Yoshizo Matsuka :
CGRP induced Nuclear factor Kappa B signalling in trigeminal ganglion glial cells,
International Conference on Genomics and Proteomics Pertaining to Biological Sciences, Aligarh, Nov. 2019.
11. Junhel Dalanon, Sachiko Chikahisa, Noriyuki Shimizu, Arief Waskitho, Hiroyoshi Sei and Yoshizo Matsuka :
Orofacial thermal hyperalgesia in predictable chronic mild stress,
Asian Academy of Orofacial Pain and Temporomandibular Disorders, Manila, Oct. 2019.
12. Yoshitaka Suzuki, D Junhel, Kazuo Okura, Susumu Abe, Fumiaki Kawano and Yoshizo Matsuka :
Three-dimensional accuracy of resin block through various measurement methods,
International Association for Dental Research, Vancouver, Jun. 2019.
13. Kazuo Okura, Yoshitaka Suzuki, Susumu Abe, Fumiaki Kawano and Yoshizo Matsuka :
Treatment effect of four different type splints for sleep bruxism,
International Association for Dental Research, Vancouver, Jun. 2019.
14. S Afroz, Rieko Arakaki, Takuma Iwasa, Masamitsu Ohshima, Maki Hosoki, Miho Inoue, Otto Baba, Yoshihiro Okayama and Yoshizo Matsuka :
Orofacial nociception due to glial expressed cytokines in trigeminal ganglia,
International Association for Dental Research, Vancouver, Jun. 2019.
15. Junhel Dalanon, I Fernandez, MP Te, C Mana-ay, E Lagra, Rozzano De Castro Locsin, Omar Maningo Rodis and Yoshizo Matsuka :
Shared vulnerability in the context of removable partial denture provision in short-term dental missions,
International Association for Human Caring, South Carolina, May 2019.
16. MA Perpetua, Junhel Dalanon, LM Diano, R Esguerra, MP Belarmino, R Docor, Omar Maningo Rodis, Rozzano De Castro Locsin and Yoshizo Matsuka :
An exploratory survey on the dental health valuation of Cebuano mothers,
Philippine Dental Association, Manila, May 2019.
17. Junhel Dalanon, Sachiko Chikahisa, S Afroz, Takuma Iwasa, Arief Waskitho, Noriyuki Shimizu, Hiroyoshi Sei and Yoshizo Matsuka :
Chronic mild stress exacerbates sleep quality and pain threshold,
Philippine Dental Association, Manila, May 2019.
18. Yoshizo Matsuka :
Diagnosis and management of occlusal discomfort (occlusal dysesthesia),
Philippine Dental Association, Manila, May 2019.
19. Yoshizo Matsuka :
Basic pain mechanisms and management of orofacial pain and temporomandibular disorders,
Indian Prosthodontic Society, Mangalore, Nov. 2018.
20. Yoshizo Matsuka :
Sleep disorders - bruxism and sleep apnea in Japan,
Asian Academy of Craniomandibular Disorders, Taipei, Oct. 2018.
21. Wajima Koichi, Yoshizo Matsuka, Okubo Masakazu and Muraoka Wataru :
Young Clinician Forum,
Asian Academy of Craniomandibular Disorders, Taipei, Oct. 2018.
22. Dalanon Junhel, Iwasa Takuma and Yoshizo Matsuka :
Gender differences in orofacial pain competence of dentists in a developing country,
International Association for Study of Pain, Boston, Sep. 2018.
23. Junhel Dalanon, Rozzano De Castro Locsin, Tetsuya Tanioka, Omar Maningo Rodis and Yoshizo Matsuka :
Patient-reported experience and oral health-related quality of life (OHRQoL) in edentates with implant-retained overdentures,
International Association for Human Caring, Minneapolis, May 2018.
24. Yoshizo Matsuka, Afroz Shaista, Dalanon Junhel, Iwasa Takuma and Masamitsu Ohshima :
Neurotransmitters in orofacial pain transmission mechanisms,
Philippine Dental Association, Cebu, May 2018.
25. MAG Perpetua, MDJ Batutay, MKI Boholst, PA Corpin, JA Villamor, S Paradiang, MP Belarmino, R Esguerra, R Docor, Yoshizo Matsuka and Junhel Dalanon :
Technology acceptance model analysis on a 3D anatomy software in dental education,
Asia Pacific Dental Congress, Manila, May 2018.
26. Junhel Dalanon, S Afroz, Takuma Iwasa, Rieko Arakaki, Masamitsu Oshima, Naozumi Ishimaru and Yoshizo Matsuka :
Cytokine involvement in orofacial neuralgia: fundamental research,
Asia Pacific Dental Congress, Manila, May 2018.
27. Yoshizo Matsuka, Afroz Shaista, Dalanon Junhel, Iwasa Takuma and Masamitsu Ohshima :
Neurotransmitters in orofacial pain transmission mechanisms,
Asia Pacific Dental Congress, Manila, May 2018.
28. C Jr Idul, J Codilla, R Corpus, C Johnston, YK Pasco, K Carlos, J Tindoy, MP Belarmino, R Esguerra, R Docor, Omar Maningo Rodis, Yoshizo Matsuka and Junhel Dalanon :
Transverse analyses on the dental students personality types and learning preferences of a dental school in the Philippines,
Asia Pacific Dental Congress, Manila, May 2018.
(DOI: 10.13140/RG.2.2.28769.81762)
29. RJ Batirzal, AJ Gimena, AC Arreza, JA Jalbuna, L Salinas, M Tumamac, MP Belarmino, R Esguerra, R Docor, Resmi Raju, Yuehui Zhang, Kazuo Okura, Masamitsu Oshima, Yoshizo Matsuka and Junhel Dalanon :
Challenges in meeting the demands for future dental faculty: a cross sectional survey,
Asia Pacific Dental Congress, Manila, May 2018.
30. PD Reyes, CM Dosdos, C Gabiso, KD Lubandina, MJ Ty, MP Belarmino, R Esguerra, R Docor, Yoshizo Matsuka and Junhel Dalanon :
Infection control procedure adherence in commercial dental laboratories in Cebu city,
Central Visayas Health Research and Innovation Conference, Cebu, May 2018.
(DOI: 10.13140/RG.2.2.14488.70400)
31. R Anoya, MA Chan, G Daan, EJ Dimol, HK Maligayo, ME Postrano, MP Belarmino, R Esguerra, R Docor, Yoshizo Matsuka and Junhel Dalanon :
Factors involved in the choice of dentistry as an occupation,
Central Visayas Health Research and Innovation Conference, Cebu, May 2018.
32. Yuehui Zhang, Rika Hayama, Yukari Kanemitsu, Chisato Goda, Susumu Abe, Kazuo Okura, S Afroz, Nami Goto, Masamitsu Oshima, OMM Rodis, Yoshihiro Okayama, Fumiaki Kawano and Yoshizo Matsuka :
Correlation between satisfaction level and life related factors of Japanese female dentists,
Asean plus and Tokushima Joint International Conference, Bali, Dec. 2017.
33. S Afroz, Miho Naritani, Hidehiko Hosoki, Kenshi Takechi, Yoshihiro Okayama, C Junhel Dalanon, Masamitsu Oshima and Yoshizo Matsuka :
Prevalence of posterior disc displacement of the temporomandibular joint: a systematic review with meta-analysis,
Asean plus and Tokushima Joint International Conference, Bali, Dec. 2017.
34. Iwasa Takuma, Rieko Arakaki, Oshima Masamitsu, S Afroz, Miho Inoue, Goto Nami, Naozumi Ishimaru and Yoshizo Matsuka :
Up-regulation of inflammatory cytokines in trigeminal ganglia after infraorbital nerve constriction,
The Journal of Neuroscience, Washington DC, Nov. 2017.
35. Yoshizo Matsuka :
Botulinum toxin mechanisms for orofacial pain management,
Asian Academy of Craniomandibular Disorders, Jakarta, Oct. 2017.
36. Eriko Horikawa, Susumu Abe, Kazuo Okura, Yoshitaka Suzuki, Toshinori Okawa, Yoshizo Matsuka, Noriko Tachibana and Fumiaki Kawano :
The association between nocturnal trapezius and masseter muscle activity in two female patients with shoulder and neck pain: a case report,
World Sleep, Prague, Oct. 2017.
37. Yoshizo Matsuka :
Hands on training on TMD examination in patient / radiograph reading,
Orthonigma, Aug. 2017.
38. Yoshizo Matsuka :
Diagnosis and treatment for temporomandibular disorders,
Orthonigma (Indonesian Orthodontic Society), Yogyakarta, Aug. 2017.
39. Shaista Afroz, Mio Fukumoto, Hidehiko Hosoki, Keisuke Nishigawa and Yoshizo Matsuka :
Posterior disk displacement of the TMJ: Systematic review of the literature and very rare case report,
World Congress on Pain, Yokohama, Sep. 2016.
40. Omoto Katsuhiro, Maruhama Kotaro, Yamamoto Yumiko, Sugimoto Tomosada, Matsushita Osamu, Neubert K John and Yoshizo Matsuka :
Pain transmission within peripheral sensory ganglia,
The Journal of Neuroscience, Chicago, Oct. 2015.
41. Yoshizo Matsuka :
Neuropathic Pain and Neurotransmitter Release within Sensory Ganglia,
International Association for Dental Research, Boston, Mar. 2015.
42. K Omoto, S Tanaka, Yoshitaka Suzuki, Kazuo Okura, K Maruhama, T Sugimoto and Yoshizo Matsuka :
Relationship between neurotransmitter release within sensory ganglia and pain transmission,
International Association for Dental Research, Boston, Mar. 2015.
43. H. Miki, H Minakuchi, Mayu Miyagi, Shuji Shigemoto, Yoshitaka Suzuki, K Maekawa, Yoshizo Matsuka and T Kuboki :
Validation study of a modified miniature bruxism detection/analyzing device,
International Association for Dental Research, Boston, Mar. 2015.
44. Kazuo Okura, Yoshitaka Suzuki, Shuji Shigemoto, Susumu Abe, Toyoko Tajima and Yoshizo Matsuka :
Relationship between angle of incisal path and characteristics of bruxism,
International Association for Dental Research, Boston, Mar. 2015.
45. S Higashiura, Keisuke Nishigawa, Yoshitaka Suzuki, K Omoto and Yoshizo Matsuka :
Does sleep bruxism enlarge occlusal contact area in adolescents?,
International Association for Dental Research, Boston, Mar. 2015.
46. Yoshitaka Suzuki, Kazuo Okura, Shuji Shigemoto, Susumu Abe, Toyoko Tajima and Yoshizo Matsuka :
Examination of close-open jaw movement trajectories during sleep bruxism,
International Association for Dental Researc, Boston, Mar. 2015.
47. Yoshizo Matsuka :
Basic pain mechanisms and management of orofacial pain,
International Dental Collaboration of the Mekong River Region Congress 2014, Bali, Dec. 2014.
48. K Omoto, Shuji Shigemoto, K Iwata, R Kurogoshi, N Goto, Yoshitaka Suzuki, Kazuo Okura and Yoshizo Matsuka :
Masseter muscle activity during awake / sleep state with all day EMG recording,
The ASEAN Plus and Tokushima Joint International Conference, Makassar, Dec. 2014.
49. K Omoto, K Maruhama, T Sugimoto and Yoshizo Matsuka :
Neural excitation with positron emission tomography after tooth mechanical stimulation,
Society for Neuroscience, Washington DC, Nov. 2014.
50. Yoshizo Matsuka :
Basic mechanisms and management of orofacial pain,
Indian Prosthodontic Society, Chandigarh, Nov. 2014.
51. Maki Hosoki, Toyoko Tajima, Keisuke Nishigawa, Mayu Miyagi and Yoshizo Matsuka :
Clinical investigation of titanium allergy prevalence,
Indonesia Japan Prosthodontic Society Joint Meeting, Bali, Oct. 2014.
52. Keisuke Nishigawa, Yoshitaka Suzuki, Toyoko Tajima, Motoharu Kori and Yoshizo Matsuka :
Stress relief effects of gum chewing and masticatory performance,
Indonesia Japan Prosthodontic Society Joint Meeting, Bali, Oct. 2014.
53. Yoshizo Matsuka :
Clinical research on prosthodontics,
Scientific Joint Meeting of Prosthodontic and Conservative Dentistry, Yogyakarta, May 2014.
54. Yoshizo Matsuka :
Basic mechanisms of botulinum toxin for orofacial pain management,
Korean Academy of Temporomandibular Disorders, Seoul, Nov. 2013.
55. Y Suzuki, Shuji Shigemoto, N Takata and Yoshizo Matsuka :
The analysis of the relationship jaw movements and peak masseter muscle activities of rhythmic masticatory muscle activity bursts during sleep,
International College of Prosthodontics, Torino, Sep. 2013.
56. Shuji Shigemoto, Y Suzuki, N Takata and Yoshizo Matsuka :
Classification of jaw movement patterns during sleep associated bruxism,
International College of Prosthodontics, Torino, Sep. 2013.
57. S Hiagshiura, T Minagi, Keisuke Nishigawa, Y Suzuki and Yoshizo Matsuka :
Effect of gum chewing on physical responses with stress loading,
International Association for Dental Research Asia Pacific Region, Bangkok, Aug. 2013.
58. T Minagi, S Hiagshiura, Keisuke Nishigawa, Y Suzuki and Yoshizo Matsuka :
Physical responses and clenching behavior with experimental stress loading,
International Association for Dental Research Asia Pacific Region, Bangkok, Aug. 2013.
59. Y Suzuki, Kazuo Okura, Shuji Shigemoto, Susumu Abe and Yoshizo Matsuka :
The pattern of jaw movements in rhythmic masticatory muscle activity,
International Association for Dental Research Asia Pacific Region, Bangkok, Aug. 2013.
60. 松香 芳三 :
歯科医は精神科医とどのように連携するか 大学病院の場合,
日本顎関節学会イブニングシンポジウム, 東京, 2013年7月.
61. K Omoto, Y Suzuki, K Maruhama, Y Yamamoto, R Terayama, I Spigelman, H Kamioka, K Maekawa, T Sugimoto, O Matsushita, T Kuboki and Yoshizo Matsuka :
Botulinum toxin endocytosed trigeminal neurons alleviates neuropathic pain,
Asia Academic Congress for Temporomandibular Joint, Beijing, Jun. 2013.
62. Yoshizo Matsuka and H Yatahi :
Examination, diagnosis and management of nonodontogenic toothache: Introduction of clinical practice guideline,
World Endodontic Congress, Tokyo, May 2013.
63. A Kimura-Ono, H Arakawa, ES Hara, Yoshizo Matsuka, K Maekawa and T Kuboki :
Assessment of Oral Health Related Quality of Life Changes after Prosthodontic Treatment in Patients with Partial Edentulism,
2013 Biennial Joint Congress of CPS-JPS-KPS, Jeju, Apr. 2013.
64. K Maruhama, Yoshizo Matsuka, Y Yamamoto, R Terayama, K Komi, M Ono, K Maekawa, H Kamioka, T Yamashiro, T Sugimoto, O Matsushita and T Kuboki :
Botulinum toxin endocytosis into trigeminal neurons alleviates neuropathic pain,
International Association for Dental Research, Seattle, Mar. 2013.
65. Susumu Abe, Kazuo Okura, Yoshitaka Suzuki, Shuji Shigemoto, Naoto Noguchi, Yoshizo Matsuka and Fumiaki Kawano :
The quantitative analysis of the jaw lateral movement during sleep related bruxism,
ASEAN plus and Tokushima Joint International Conference, 61-62, Dec. 2012.
66. Maki Hosoki, Toyoko Satsuma, Keisuke Nishigawa, Hisahiro Takeuchi and Yoshizo Matsuka :
Potential risk of dental metal allergy associated with pierced earrings,
Asean Plus and Tokushima joint international conference, 45-46, Dec. 2012.
67. Keisuke Nishigawa, Shuji Shigemoto, Toyoko Satsuma, Eiichi Bando and Yoshizo Matsuka :
Functional evaluation of dental occlusion with six-degree-of-freedom jaw movement data,
ASEAN plus and Tokushima Joint International Conference, Yogyakarta, Dec. 2012.
68. Maki Hosoki, Toyoko Satsuma, Keisuke Nishigawa, Hisahiro Takeuchi and Yoshizo Matsuka :
Potential risk of earings for dental metal allergy,
ASEAN plus and Tokushima Joint International Conference, Yogyakarta, Dec. 2012.
69. H Takiuchi, A Kimura-Ono, H Arakawa, T Mino, A Masaki, M Ueda, ES Hara, M Kanyama, Yoshizo Matsuka and T Kuboki :
The association between oral health-related quality of life and self-rated presenteeism,
International Society for Quality of Life Research, Budapest, Oct. 2012.
70. 松香 芳三 :
Prosthodontic treatment for periodontal disease,
Den Tech China 2012, Shanghai, 2012年10月.
71. Yoshitaka Suzuki, Kazuo Okura, Shuji Shigemoto and Yoshizo Matsuka :
The analysis of jaw movements associated with rhythmic masticatory muscle activity (RMMA) during sleep,
Asian Academy of Cranio Mandibular Disorders, Taipei, Oct. 2012.
72. Hirofumi Yatani, Osamu Komiyama, Yoshizo Matsuka, Koichi Wajima, Wataru Muraoka, Masako Ikawa and Eiji Sakamoto :
Examination, diagnosis and treatment of nonodontogenic toothache: Japanse clinical practice guideline,
Asian Academy of Cranio Mandibular Disorders, Taipei, Oct. 2012.
73. Y Oida, Mitsuaki Ono, Wataru Sonoyama, Emilio S Hara, K Hirota, Yoshizo Matsuka and Takuo Kuboki :
A novel bone formation-inducing GBR membrane containing E. coli-derived rhBMP-2,
Journal of Dental Research, Iguacu Falls, 2012.
74. Kumiko Nawachi, Yoshizo Matsuka, Ryu Nakajima, Haruna Miki, Aya Kimura, Hajime Minakuchi, Shigehiko Shinkawa, Hiroya takiuchi and Takuo Kuboki :
A problem-based learning on elder patients in Japanese nursing homes,
Journal of Dental Research, Iguacu Falls, 2012.
75. Hajime Minakuchi, Haruna Miki, Chiharu Sogawa, Emilio S Hara, Takuo Fujisawa, Kenji Maekawa, Yoshizo Matsuka, Norio Sogawa, Shigeo Kitayama and Takuo Kuboki :
Sleep bruxism frequency and 5-HT uptake ability of human peripheral serotonin transporter,
Journal of Dental Research, Iguacu Falls, 2012.
76. Kotaro Maruhama, Ai Kumada, Yoshizo Matsuka, Igor Spigelman, John K Neubert, Todd A Nolan, Yumiko Yamamoto, T Suzuki, Kenji Maekawa, Hiroshi Kamioka, Takashi Yamashiro, Takuo Kuboki and Keiji Oguma :
Botulinum nuerotoxin type A neurotoxin endocytosis into trigeminal neurons and its effect on neuropathic pain behavior,
Society for Neuroscience, Washington DC, Nov. 2011.
77. Hajime Minakuchi, Chiharu Sogawa, Emilio S Hara, Haruna Miki, Takuo Fujisawa, Kenji Maekawa, Yoshizo Matsuka, Norio Sogawa, Shigeo Kitayama and Takuo Kuboki :
Sleep bruxism frequency and 5-HT uptake ability of human peripheral serotonin transporter,
Asian Academy of Prsthodontics, Shanghai, Oct. 2011.
78. Keiji Oguma, Yumiko Yamamoto, T Suzuki, T Yokoyama, Yoshizo Matsuka, H Arimitsu and Takuo Kuboki :
Medical application of clostridal toxins; 1) Clostridium botulinum neurotoxin,
International Union of Microbiological Societies 2011 Congress, Sapporo, Sep. 2011.
79. Ai Kumada, Yoshizo Matsuka, Yumiko Yamamoto, T Suzuki, Igor Spigelman, John K Neubert, Todd A Nolan, Kazuhiro Watanabe, Kotaro Maruhama, Kenji Maekawa, Hiroshi Kamioka, Takashi Yamashiro, Takuo Kuboki and Keiji Oguma :
Botulinum toxin type A neurotoxin endocytosis into trigeminal neuron and its effect onto neuropathic pain behavior,
International Union of Microbiological Societies 2011 Congress, Sapporo, Sep. 2011.
80. Hajime Minakuchi, Emilio S Hara, C Sogawa, Haruna Miki, Takuo Fujisawa, Kenji Maekawa, Yoshizo Matsuka, Norio Sogawa, Shigeo Kitayama and Takuo Kuboki :
Relationship between sleep bruxism frequency and uptake ability of human peripheral serotonin transporter,
Associated Professional Sleep Societies, Minneapolis, Jun. 2011.
81. Ai Kumada, Yoshizo Matsuka, Igor Spigelman, John K Neubert, Todd A Nolan, Yumiko Yamamoto, Keiko Sato, K Watanabe, Takuo Kuboki and Keiji Oguma :
Peripheral administration of Botulinum toxin type A neurotoxin reverses trigeminal neuropathic pain symptoms,
Society for Neuroscience, San Diego, Nov. 2010.
82. Ryuta Kuroi, Hajime Minakuchi, Emilio S Hara, Aya Kawakami, Yoshizo Matsuka, H Okada and Takuo Kuboki :
Sequential measurement and factor analysis of pain and swelling in postoperative dental implant surgery,
Asian Academy of Osseointegration, Seoul, Nov. 2010.
83. Seiya Yamazaki, Hikaru Arakawa, Kinji Noda, Emilio S Hara, Yoshizo Matsuka and Takuo Kuboki :
A 10-year follow-up comparative study on the condition of the remaining teeth in patients with large edentulous space who received implant-supported fixed partial dentures or removable partial dentures,
Asian Academy of Osseointegration, Seoul, Nov. 2010.
84. Ai Kumada, Yoshizo Matsuka, Igor Spigelman, John K Neubert, Todd A Nolan, Yumiko Yamamoto, Keiko Sato, K Watanabe, K Yamamoto, K Murakami, Takuo Kuboki and Keiji Oguma :
Peripheral administration of Botulinum toxin type A neurotoxin reverses trigeminal thermal hyperalgesia,
Asian Academy of Craniomandibular Disorders, Hakata, Oct. 2010.
85. A Kimura, H Arakawa, ES Hara, Yoshizo Matsuka, Tetsuo Ichikawa and T Kuboki :
A newly-developed retrospective appraisal method for prosthodontic treatment efficacy,
International Association for Dental Research, Barcelona, Jul. 2010.
86. ES Hara, S Miyawaki, H Minakuchi, T Kataoka, Yoshizo Matsuka, T Yamashiro, T Takano-Yamamoto and T Kuboki :
Association of TMJ-pain headache and bruxism in non-patients young adults,
International Association for Dental Research, Barcelona, Jul. 2010.
87. Kinji Noda, Hikaru Arakawa, Aya Kimura, Seiya Yamazaki, Yoshizo Matsuka and Takuo Kuboki :
Generalized estimating equations analysis on risk factors for dental implant failure,
Asian Academy of Osseointegration, Bali, Nov. 2009.
88. Aya Kimura, Hikaru Arakawa, Kinji Noda, Seiya Yamazaki, Yoshizo Matsuka and Takuo Kuboki :
Oral health related quality of life assessment of patients with bounded-edentulous space,
Asian Academy of Prosthodontics, Seoul, Apr. 2009.
89. Yohei Tsuchimoto, Wataru Sonoyama, Yosuke Okamoto, Masamitsu Oshima, Mayu Ueda, Y Oida, Yoshizo Matsuka and Takuo Kuboki :
Characterization of putative amelogenic cells isolated from human dental follicle,
Asian Academy of Prosthodontics, Seoul, Apr. 2009.
90. Kinji Noda, Hikaru Arakawa, Aya Kimura, Seiya Yamazaki, Yoshizo Matsuka and Takuo Kuboki :
Generalized estimating equations analysis on risk factors for implant failure,
International Association for Dental Research, Miami, Apr. 2009.
91. Ai Kumada, Junji Uehara, Mitsuaki Ono, Yoshizo Matsuka, N Sonoi, Shogo Takashiba and Takuo Kuboki :
Resin coating material influences to gingival fibroblasts and Porphyrmonas gingivalis,
International Association for Dental Research, Miami, Apr. 2009.
92. S Hirai, Takumi Ogawa, Yuko Shigeta, E Ando, Rio Hirabayashi, T Ikawa, S Kasama, Shunji Fukushima, Yoshizo Matsuka and Takuo Kuboki :
Assessment of the topical anesthesia effect for periodontal membrane sensitivity,
International Association for Dental Research, Miami, Apr. 2009.
93. Ryuta Kuroi, Hajime Minakuchi, C Sakaguchi, Aya Kawakami, Yoshizo Matsuka, H Okada and Takuo Kuboki :
Validation of dental pain/anxiety assessment using EMA system,
International Association for Dental Research, Miami, Apr. 2009.
94. Satoru Takiguchi, Kenji Maekawa, Tsuyoshi Ono, N Sasai, M Kaji, Yoshizo Matsuka, Glenn T Clark and Takuo Kuboki :
18F-FDG uptake level was diminished in chronically painful trapezius muscle,
International Association for Dental Research, Miami, Apr. 2009.
95. Yosuke Okamoto, Wataru Sonoyama, Mitsuaki Ono, Kentaro Akiyama, Takuo Fujisawa, Masamitsu Oshima, Yohei Tsuchimoto, Yoshizo Matsuka and Takuo Kuboki :
Simvastatin enhanced differentiation of human dental pulp stem cells,
Japanese Association for Dental Research, Nagoya, Nov. 2008.
96. BJ Snyder, BA Tran, Hirotate Iwase, Yoshizo Matsuka, Takeshi Ono, Somsak Mitrirattanakul and Igor Spigelman :
Altered ATP release and metabolism in neuropathic rat dorsal root ganglia,
Society for Neuroscience, Washington DC, Nov. 2008.
97. Yoichi Kitamura, Yoshizo Matsuka, Igor Spigelman, I Ishihara, Rahena Akther, Yumiko Yamamoto, Wataru Sonoyama, Keiji Oguma and Takuo Kuboki :
Peripheral administration of Botulinum toxin type A blocks neurotransmitter release from somata of trigeminal ganglion neurons and alleviates neuropathy symptoms,
Society for Neuroscience, Washington DC, Nov. 2008.
98. Masamitsu Oshima, Wataru Sonoyama, Mitsuaki Ono, Kengo Shimono, Takayuki Hikasa, Yosuke Okamoto, Y Tsuchimoto, Yoshizo Matsuka and Takuo Kuboki :
Improvement of alveolar bone quality by local bFGF deliverry -Histological and cellular biological analysis in a rabbit model-,
Asian Society for Bone and Mineral Research, Montreal, Sep. 2008.
99. Chiyomi Nagamatsu-Sakaguchi, Hajime Minakuchi, Yoshizo Matsuka, Glenn T Clark and Takuo Kuboki :
Relationship between the frequency of sleep bruxism and the prevalence of signs and symptoms of temporomandibular disorders in an adolescent population,
American Academy of Orofacial Pain, Los Angeles, Apr. 2008.
100. Satoru Takiguchi, Kenji Maekawa, Tsuyoshi Ono, N Sasai, M Kaji, Yoshizo Matsuka, Glenn T Clark and Takuo Kuboki :
Relationship between chronically painful trapezius muscle and its metabolic state analyzed with PET/CT,
International Association for the Study of Pain, Glasgow, 2008.
101. Seiya Yamazaki, Hikaru Arakawa, Kinji Noda, Yoshizo Matsuka and Takuo Kuboki :
Status of remaining teeth of patients with implant-supported fixed partial dentures in unilateral free-end edentulism,
Asian Academy of Osseointegration, Hiroshima, 2008.
102. Masamitsu Oshima, Wataru Sonoyama, Mitsuaki Ono, Kengo Shimono, Takayuki Hikasa, Yosuke Okamoto, Y Tsuchimoto, Yoshizo Matsuka and Takuo Kuboki :
Improvement of alveolar bone quality by local bFGF injection -Histological and cellular biological analysis in a rabbit model-,
Asian Academy of Osseointegration, Hiroshima, 2008.
103. Manabu Kanyama, Kengo Shimono, Mitsuaki Ono, Yoshizo Matsuka and Takuo Kuboki :
Sonic hedgehog signaling regulates odontoblast proliferation and differentiation in vitro,
Journal of Dental Research, Toronto, 2008.
104. Chiyomi Sakaguchi, Hajime Minakuchi, Aya Kawakami, Ryuta Kuroi, Yoshizo Matsuka and Takuo Kuboki :
Does sleep bruxism relate to TMJ click incidence in adolescence?,
Journal of Dental Research, Toronto, 2008.
105. Y Tsuchimoto, Wataru Sonoyama, Yosuke Okamoto, Masamitsu Oshima, Yoshizo Matsuka and Takuo Kuboki :
Characterization of putative amelogenic cells isolated from human dental follicle,
Journal of Dental Research, Toronto, 2008.
106. Y Tsuchimoto, Wataru Sonoyama, Yosuke Okamoto, Masamitsu Oshima, Yoshizo Matsuka and Takuo Kuboki :
Characterization of putative amelogenic cells isolated from human dental follicle,
International Association for Dental Research, 2008.
107. Yosuke Okamoto, Mitsuaki Ono, Wataru Sonoyama, Takuo Fujisawa, Masamitsu Oshima, Y Tsuchimoto, T Yasuda, Yoshizo Matsuka and Takuo Kuboki :
Simvastatin enhanced differentiation of human dental pulp stem cells,
International Society for Stem Cell Research, Philadelphia, 2008.
108. Yoshizo Matsuka, Yoichi Kitamura, Igor Spigelman, Rahena Akther, Yumiko Yamamoto, Wataru Sonoyama, Keiji Oguma and Takuo Kuboki :
The effect of peripheral administration of botulinum toxin type A in neuropathic pain rats,
Toxicon, Vol.51, 7, 2008.
(DOI: 10.1016/j.toxicon.2008.04.020)
109. Yoichi Kitamura, Yoshizo Matsuka, Yoshihito Ishihara, Igor Spigelman, Yumiko Yamamoto, Wataru Sonoyama, Keiji Oguma and Takuo Kuboki :
Botulinum toxin blocks neurotransmitter release from somata of rat neuropathic trigeminal ganglion neurons,
Toxicon, Vol.51, 6, 2008.
(DOI: 10.1016/j.toxicon.2008.04.019)
110. Yoichi Kitamura, Yoshizo Matsuka, Igor Spigelman, Felix E Schweizer, Keiji Oguma and Takuo Kuboki :
Botulinum toxin blocks neurotransmitter release from somata of trigeminal ganglion neurons,
Society for Neuroscience, San Diego, Nov. 2007.
111. Aya Kimura, Hikaru Arakawa, Kinji Noda, Yoshizo Matsuka and Takuo Kuboki :
Response shift in oral health-related quality of life measurement in partial edentulous patients treated with dental implants,
Joint Meeting of the Japan Prosthodontic Society and the Greater New York Academy of Prosthodontics, Tokyo, Oct. 2007.
112. Yoshizo Matsuka, Yoichi Kitamura, T Fukuda, Felix E Schweizer, Igor Spigelman and Takuo Kuboki :
Basic mechanisms of trigeminal neuropathic pain: Neurotransmitter release pattern,
International College of Prosthodontics, Hakata, Sep. 2007.
113. Hirotate Iwase, T Sasaki, S Asakura, K Asano, Yoshizo Matsuka, Somsak Mitrirattanakul and Yutaka Imai :
Clinical and MRI characteristics of patients unresponsive to conservative treatment for TMJ anterior disc displacement without reduction,
International and Japanese Society for the Temporomandibular Joint, Nagoya, Jul. 2006.
114. Chiyomi Nagamatsu, Hajime Minakuchi, Kenji Maekawa, Manabu Kanyama, Yoshizo Matsuka and Takuo Kuboki :
Relationship between severity of sleep bruxism and prevalence of TMD signs and symptoms in an adolescent population,
International and Japanese Society for the Temporomandibular Joint, Nagoya, Jul. 2006.
115. Hajime Minakuchi, Chiyomi Nagamatsu, Kenji Maekawa, Manabu Kanyama, Yoshizo Matsuka and Takuo Kuboki :
Version-up of miniature bruxism detection device and its clinical effectiveness,
International and Japanese Society for the Temporomandibular Joint, Nagoya, Jul. 2006.
116. Takayuki Hikasa, Takeshi Maeda, Mariko Hara, Masuo Takekita, Atsushi Mine, T Miwa, Hikaru Arakawa, Hajime Minakuchi, Yoshizo Matsuka and Takuo Kuboki :
15-year follow -up study on cumulative survival rates of post-and-core build-ups,
Journal of Dental Research, Brisbane, Jun. 2006.
117. Aya Kimura, Hikaru Arakawa, Kinji Noda, Manabu Kanyama, Yoshizo Matsuka and Takuo Kuboki :
QOL assessment of implant-supported fixed restoration patterns with partial edentulism,
American Association for Dental Research, Orlando, Mar. 2006.
118. Chiyomi Nagamatsu, Tsuyoshi Ono, Hajime Minakuchi, Kenji Maekawa, Yoshizo Matsuka, Shoichi Miyawaki, Teruko Yamamoto and Takuo Kuboki :
Test-retest reliability of MRI-based disk position diagnosis of the TMJ,
American Association for Dental Research, Orlando, Mar. 2006.
119. Kumiko Nawachi, A Sakuda, Aya Hirano, Kenji Maekawa, Manabu Kanyama, Yoshizo Matsuka and Takuo Kuboki :
General-health-related QOL in elderly women was associated with their oral health,
Korean-Japan Prosthodontic meeting, Seoul, 2006.
120. Yoshizo Matsuka, Takuo Kuboki, Kenji Maekawa, Manabu Kanyama, Mitsuaki Ono, Felix E Schweizer and Igor Spigelman :
Different neurotransmitter release patterns in trigeminal ganglion neurons,
Japanese Association for Dental Research, Okayama, Nov. 2005.
121. Yoshizo Matsuka, Brian Edmonds, Somsak Mitrirattanakul, Takuo Kuboki, Felix E Schweizer and Igor Spigelman :
Different neurotransmitter release patterns in IB4(+) and (-) trigeminal ganglion neurons,
Journal of Dental Research, Washington DC, Nov. 2005.
122. Igor Spigelman, Somsak Mitrirattanakul, Andre V Guerrero, N Ramakul, Héctor López-Valdés, J Shadi, Yoshizo Matsuka, Jing Liang, Ken Mackie and Kym F Faull :
Bidirectional alterations of hippocampal cannabinoid 1 receptors and their endogenous ligands in a rat model of alcoholism,
Society for Neuroscience, Washington DC, Nov. 2005.
123. Yoshizo Matsuka, Takeshi Ono, Hirotate Iwase, Somsak Mitrirattanakul, Kevin S Omoto and Igor Spigelman :
Altered ATP release and metabolism in neuropathic rat dorsal root ganglia,
International Association for the Study of Pain, Sydney, Aug. 2005.
124. Somsak Mitrirattanakul, Yoshizo Matsuka, Takeshi Ono, Hirotate Iwase, Ken Mackie, Kim F Faul and Igor Spigelman :
Site-specific increases in peripheral cannabinoid receptors and their endogeneous ligands in a model of neuropathic pain,
International Association for the Study of Pain, Sydney, Aug. 2005.
125. Yoshizo Matsuka, Brian Edmonds, Somsak Mitrirattanakul, Felix E Schweizer and Igor Spigelman :
Different vesicular release patterns in two subpopulations of trigeminal neurons,
Journal of Dental Research, Baltimore, Mar. 2005.
126. Igor Spigelman, Yoshizo Matsuka, Takeshi Ono, Hirotate Iwase, Somsak Mitrirattanakul and Kevin S Omoto :
Altered ATP release and metabolism in neuropathic rat dorsal root ganglia,
European Winter Conference, Les Arcs, Mar. 2005.
127. Somsak Mitrirattanakul, Andre V Guerrero, N Ramakul, R Mohan, Yoshizo Matsuka, Jing Liang, Rechard W Olsen, Ken Mackie and Igor Spigelman :
Decreased expression of spinal cannabinoid 1 receptors is consistent with decreased nociceptive withdrawal thresholds in chronic intermittent ethanol (CIE) treated rats,
Society for Neuroscience, San Diego, 2004.
128. Igor Spigelman, Somsak Mitrirattanakul, Andre V Guerrero, N Ramakul, R Mohan, H Lopez-Valdes, Yoshizo Matsuka, Jing Liang, Rechard W Olsen and Ken Mackie :
Downregulation of hippocampal cannabinoid 1 receptors in a rat model of alcohol withdarawal and dependence,
Society for Neuroscience, San Diego, 2004.
129. Yoshizo Matsuka, Takeshi Ono, Hirotate Iwase, Kevin S Omoto, Somsak Mitrirattanakul and Igor Spigelman :
Peripheral neuropathy alters ATP release from sensory ganglia,
Society for Neuroscience, San Diego, 2004.
130. Hirotate Iwase, T Sasaki, S Asakura, K Asano, Yoshizo Matsuka, Somsak Mitrirattanakul and Yutaka Imai :
Factors indicating for non-invasive surgical treatment in TMJ disc displacement without reduction patients treating with conservative treatments,
Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery, Makuhari, 2004.
131. Somsak Mitrirattanakul, Andre V Guerrero, C Moriates, Yoshizo Matsuka, Juan G Carlos Marvison, Ken Mackie and Igor Spigelman :
Robust expression of cannabinoid 1 receptors in rat trigeminal ganglion nociceptors,
Journal of Dental Research, Honolulu, 2003.
132. Takeshi Ono, Hirotate Iwase, Somsak Mitrirattanakul, Yoshizo Matsuka and Igor Spigelman :
Altered ATP release from sensory ganglia in peripheral neuropathy,
Journal of Dental Research, Honolulu, 2003.
133. Hiroshi Egusa, Yoshizo Matsuka, Felix E Schweizer and Ichiro Nishimura :
Selective down-regulation of gene expression in adult stem cell differentiation,
Journal of Dental Research, Honolulu, 2003.
134. Somsak Mitrirattanakul, Andre V Guerrero, Yoshizo Matsuka, B Song, Juan G Carlos Marvison, Ken Mackie and Igor Spigelman :
Expression of cannnabinoid 1 receptors in rat dorsal root ganglia remains unchanged after spinal nerve ligation,
Society for Neuroscience, New Orleans, 2003.
135. Yoshizo Matsuka, Brian Edmonds, Felix E Schweizer and Igor Spigelman :
Two type of neurotransmitter release pattern in IB4-positive and negative trigeminal ganglion neurons,
Society for Neuroscience, New Orleans, 2003.
136. Yoshizo Matsuka and Igor Spigelman :
Hyperosmolality-induced changes in peripheral nerve signal transmission: implication for diabetic neuropathy,
European Winter Conference on Brain Research, 2002.
137. Hirofumi Yatani, K Hatanaka, Yoshizo Matsuka, Hajime Minakuchi and T Tomonari :
Multivariate analysis of risk factors in relation to TMD symptoms,
Journal of Oral Rehabilitation, Vol.29, No.9, 883-884, 2002.
(DOI: 10.1046/j.1365-2842.2002.01026_31.x)
138. X Wang, Yoshizo Matsuka, JK Neubert, B Song, G J C Marvizón and I Spigelman :
Measuring substance P release from rat spinal cord slices: radioimmunoassay, NK1 receptor inernalization and in situ immunoreactivity,
Society for Neuroscience, San Diego, 2001.
139. Hajime Minakuchi, Takuo Kuboki, Yoshizo Matsuka, Kenji Maekawa, Hirofumi Yatani and Atsushi Yamashita :
Randomized controlled clinical trial on efficacy of initial treatments for temporomandibular joint disk displacement without reduction,
Journal of Orofacial Pain, Vol.15, 164, Washington DC, 2001.
140. Somsak Mitrirattanakul, MA Stiles, John K neubert, Yoshizo Matsuka and Igor Spigelman :
The use of complete Fraud's adjuvant in chronic pain model: hindpaw vs. orofacial region,
Journal of Orofacial Pain, Vol.15, 264, 2001.
141. Yoshizo Matsuka, John K Neubert and Igor Spigelman :
Co-release of ATP and substance P within trigeminal ganglia in vivo,
Journal of Dental Research, Vol.80, 772, Makuhari, 2001.
142. M Nishimura, Masato Kageyama, Yoshizo Matsuka, Kanji Hatanaka, Eisuke Yoshida, Hajime Minakuchi, Takuo Kuboki and Hirofumi Yatani :
TMD signs and symptoms fluctuation among recall patients in clinic,
Journal of Dental Research, Vol.80, 685, Makuhari, 2001.
143. Yoshizo Matsuka, John K Neubert and Igor Spigelman :
Co-release of ATP and substance P within guinea pig trigeminal ganglia in vivo,
Society for Neuroscience, Vol.26, 942, New Orleans, 2000.
144. Hajime Minakuchi, Takuo Kuboki, Yoshizo Matsuka, Kenji Maekawa, Hirofumi Yatani and Atsushi Yamashita :
RCT of initial therapy for anterior disc displacement without reduction,
Journal of Dental Research, Vol.79, 587, Washington DC, 2000.
145. Hirofumi Yatani, Manabu Kamisaka, Yoshizo Matsuka, Kanji Hatanaka, Hajime Minakuchi, Eisuke Yoshida and CO Acero :
Four-year longitudinal study on risk factors of TMD symptoms,
Journal of Dental Research, Vol.79, 585, Washington DC, 2000.
146. Igor Spigelman, John K Neubert and Yoshizo Matsuka :
Gating information flow within sensory ganglia: what is the mechanism?,
European Winter Conference on Brain Research, 75, Plagne Lauze, Mar. 1999.
147. John K Neubert, Yoshizo Matsuka, N Patel, J Lim and Igor Spigelman :
Inflammation-induced changes in substance P release within trigeminal ganglia (TRG) of guinea pigs,
Society for Neuroscience, Vol.24, 2088, 1998.
148. Yoshizo Matsuka, John K Neubert and Igor Spigelman :
Substance P released in sensory ganglia gates signal transmission to the CNS,
Society for Neuroscience, Vol.24, 2088, 1998.
149. Maria Gabriela Orsini, Hirofumi Yatani, Shouhei Terada, Takuo Kuboki, Yoshizo Matsuka and Atsushi Yamashita :
Diagnostic value of four criteria to interpret temporomandibular joint normal disc position on magnetic resonance images,
Journal of Orofacial Pain, Vol.12, No.4, 311, 1998.
150. Hajime Minakuchi, Wataru Sonoyama, Manabu kamisaka, H Fukuda, Kenji Maekawa, Yoshizo Matsuka, Takuo Kuboki, Hirofumi Yatani and Atsushi Yamashita :
Comparison of treatment outcomes for TMJ disk displacement without reduction,
Journal of Dental Research, Vol.77, 1004, 1998.
151. Igor Spigelman, John K Neubert, Yoshizo Matsuka, David W Adelson and Zwei Li :
Substance P release in sensory ganglia gate transmission of signals to the central nervous system,
European Winter Conference on Brain Research, 1998.
152. Maria Gabriela Orsini, Shohei Terada, Takuo Kuboki, Yoshizo Matsuka and Atsushi Yamashita :
Diagnostic value of four criteria for temporomandibular joint normal disc position on magnetic resonance images,
International College of Craniomandibular Orthopedics, Osaka, Apr. 1997.
153. Yoshizo Matsuka, Zwei Li and Igor Spigelman :
A possible physiological role for substance P release in sensory ganglia,
Society for Neuroscience, Vol.23, 1530, 1997.
154. Maria Gabriela Orsini, Shouhei Terada, Takuo Kuboki, Yoshizo Matsuka and Atsushi Yamashita :
Observer calibration on temporomandibular joint magnetic resonance imaging diagnosis,
Journal of Dental Research, Vol.76, 130, 1997.
155. Manabu Kamisaka, Atsushi Yamashita, Yoshizo Matsuka, Kenji Maekawa and Takuo Kuboki :
Fluctuation nature of TMD symptoms by a self-administered questionnaire,
Journal of Dental Research, Vol.76, 116, 1997.
156. Koji Suzuki, Hirofumi Yatani, Kenji Maekawa, Wataru Sonoyama, Takuo Kuboki, Yoshizo Matsuka and Atsushi Yamashita :
Validity of clinical examination for diagnosing disc displacement with reduction,
Journal of Dental Research, Vol.76, 116, 1997.
157. Shigo Itoh, Shouhei Terada, Atsushi Yamashita, Takuo Kuboki and Yoshizo Matsuka :
Comparison of inter-twin concordance in signs and symptoms of TMDs,
Journal of Dental Research, Vol.76, 115, 1997.
158. Hajime Minakuchi, Hirofumi Yatani, Takuo Fujisawa, Yoshizo Matsuka, Takuo Kuboki and Atsushi Yamashita :
Effect of occlusal interventions on TMD patient's self-reported treatment outcomes,
Journal of Dental Research, Vol.75, 434, San Francisco, 1996.
159. Takushi Kaneshima, Hirofumi Yatani, A Yoshimoto, Yoshizo Matsuka, Takuo Kuboki and Atsushi Yamashita :
Long-term follow-up study on drop-out TMD patients with self-administered questionnaires,
Journal of Dental Research, Vol.75, 434, San Francisco, 1996.
160. Yoshizo Matsuka, Teruaki IIjima, Koji Suzuki, Takuo Kuboki, Hirofumi Yatani and Atsushi Yamashita :
The influence of attrition on the macaque temporomandibular joint,
Journal of Dental Research, Vol.75, 117, San Francisco, 1996.
161. Teruaki IIjima, Yoshizo Matsuka, Koji Suzuki, Takuo Kuboki, Hirofumi Yatani and Atsushi Yamashita :
Age-related, macroscopic hard tissue change in macaque temporomandibular joint,
Journal of Dental Research, Vol.75, 111, San Francisco, 1996.
162. Kiyoshige Tsuji, Yoshizo Matsuka, Hirofumi Yatani and Atsushi Yamashita :
Comparison of accompanying symptoms between subjects with and without TMD,
Journal of Dental Research, Vol.74, 984, 1995.
163. Kazunari Miyaura, Yoshizo Matsuka, Atsushi Yamashita, Manabu Morita and Tatsuo Watanabe :
Masticatory function of the subjects with mobile teeth,
Journal of Dental Research, Vol.74, 554, 1995.
164. Yoshizo Matsuka, Yasuyuki Kitada, Y Mitoh, Hirofumi Yatani, Akira Adachi and Atsushi Yamashita :
Influence of bite raising appliances on masticatory behavior in rabbits,
Journal of Dental Research, Vol.74, 136, 1995.
165. Yoshizo Matsuka, Yasuyuki Kitada, Noriko Jitsunari, Y Mitoh, Hirofumi Yatani and Atsushi Yamashita :
Influence of occlusal changes on masticatory behavior in rabbits,
Brain and Oral Function, 339-342, Osaka, 1995.
166. Atsushi Yamashita, Hirofumi Yatani, Takuo Kuboki and Yoshizo Matsuka :
The conception of appliance for treatment of craniomandbular disorders and effective application of the newly developed material for the appliances Part 1: the conception of craniomandibular orthopedic (CMO) appliance therapy for craniomandibular disorders,
International College of Craniomandibular Orthopedics, Banff, 1993.
167. Yoshizo Matsuka, Hirofumi Yatani and Atsushi Yamashita :
The epidemiological investigation of the relation of biting force and occlusion contact area to craniomandibular disorder,
International College of Craniomandibular Orthopedics, Banff, 1993.
168. Kazunari Miyaura, Yoshizo Matsuka, Atsushi Yamashita and Tatsuo Watanabe :
The relations of biting force and occlusal contact area to age, sex and the number of teeth,
Fédération Dentaire Internationale, 1993.
169. Takuo Kuboki, Hirofumi Yatani, Yoshizo Matsuka and Atsushi Yamashita :
Prevalence of masticatory muscle and temporomandibular joint disorders in Japan,
Journal of Dental Research, Vol.72, 250, 1993.
170. Yoshizo Matsuka, Hirofumi Yatani, Takuo Kuboki and Atsushi Yamashita :
Prevalence of masticatory muscle and temporomandibular joint disorders in Japan,
Journal of Dental Research, Vol.71, 680, Glasgow, 1992.
171. Hirofumi Yatani, Takuo Kuboki, Yoichi Amano, Yoshizo Matsuka and Atsushi Yamashita :
Temporomandibular joint remodeling following conservative treatment of patients with disk displacement,
Advanced Prosthodontics Worldwide, 406-407, Hiroshima, 1991.
172. Yoshizo Matsuka, Hirofumi Yatani, Takuo Kuboki, Yoichi Amano and Atsushi Yamashita :
Prevalence of craniomandibular dysfunction in adult populations of Okayama City, Japan,
Advanced Prosthodontics Worldwide, 222-223, Hiroshima, 1991.

国内講演発表:

1. 大島 正充, Resmi Raju, Huijiao Yan, 井上 美穂, 松香 芳三 :
骨‐歯根膜線維の複合組織立体形成による歯周組織再生技術の開発,
日本再生医療学会, 2021年3月.
2. 細木 眞紀, 大倉 一夫, 大島 正充, 西川 泰史, Resmi Raju, 小澤 彩, 新開 瑞希, Arief Waskitho, Swarna L.Raman, Parimal R.Chavan, 井上 美穂, 鈴木 善貴, 吉原 靖智, 松香 芳三 :
歯科補綴学実習における新型コロナウイルス感染症対策について,
大学教育カンファレンス in 徳島, 2021年1月.
3. 大倉 一夫, 大島 正充, 細木 眞紀, 鈴木 善貴, 井上 美穂, 吉原 靖智, 松香 芳三 :
歯科補綴学授業におけるアクティブラーニングの学修効果―オンライン授業とTBL授業の比較―,
大学教育カンファレンス in 徳島, 2021年1月.
4. 松香 芳三 :
歯科医療におけるボトックスは是か非か,
日本抗加齢医学会, 2020年9月.
5. 細木 眞紀, 大倉 一夫, 井上 美穂, 鈴木 善貴, 安陪 晋, 河野 文昭, 松香 芳三 :
新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた冠橋義歯学実習の検討,
日本歯科医学教育学会雑誌, 2020年9月.
6. 大倉 一夫, 井上 美穂, 鈴木 善貴, 細木 眞紀, 河野 文昭, 松香 芳三 :
歯科補綴学授業におけるアクティブラーニングの導入とその学習効果 ―通常授業,TBL,反転授業の比較―,
日本歯科医学教育学会雑誌, 2020年9月.
7. 友竹 偉則, 石田 雄一, 安陪 晋, 渡邉 恵, 富永 賢, 松香 芳三, 宮本 洋二, 市川 哲雄 :
徳島大学病院口腔インプラント診療部門における臨床と研究への取り組み,
日本口腔インプラント学会誌, 2020年9月.
8. 鈴木 善貴, 吉原 靖智, 大川 敏永, 鴨居 浩平, 安陪 晋, 大倉 一夫, 小澤 彩, 新開 瑞希, 清水 俊也, 清水 さとみ, 河野 文昭, 松香 芳三 :
透明色レジン3次元測定のためのスキャナーと表面処理の選択,
日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2020年8月.
9. 細木 眞紀, Yuehui Zhang, 井上 美穂, 井上 正久, 松香 芳三 :
チタンアレルギーモデルマウスの作製と免疫担当細胞の病理組織学的検討,
日本皮膚免疫アレルギー学会, 2020年8月.
10. 加納 史也, LIU YAO, 橋本 登, 松香 芳三, 田中 栄二, 山本 朗仁 :
歯髄幹細胞由来無血清培養上清は坐骨神経結紮モデルマウスの神経障害性疼痛を改善する,
日本炎症・再生医学会, 2020年7月.
11. 伊藤 崇弘, 重本 修伺, 重田 優子, 松香 芳三, 小川 匠 :
咬合平面の定量的決定法の検討,
日本補綴歯科学会雑誌, 2020年6月.
12. 大島 正充, Resmi Raju, 井上 美穂, 宮城 麻友, 松香 芳三 :
骨‐歯根膜線維の複合組織形成による三次元組織再生技術の開発,
公益社団法人日本補綴歯科学会第129回学術大会, 2020年6月.
13. 岩浅 匠真, 井上 美穂, Resmi Raju, 大島 正充, 松香 芳三 :
IL-10は神経障害性疼痛を抑制する,
日本補綴歯科学会雑誌, 2020年6月.
14. 峯 篤史, 大野 彩, 黒崎 陽子, 三野 卓哉, 伴 晋太朗, 腰原 輝純, 細木 眞紀, 原田 章生, 江草 宏, 松香 芳三, 佐藤 亨, 窪木 拓男, 矢谷 博文 :
小臼歯CAD/CAM冠用レジンブロックで作製した大臼歯クラウンの40症例,
日本補綴歯科学会雑誌, 2020年6月.
15. 葉山 莉香, 大倉 一夫, 大島 正充, 細木 眞紀, 鈴木 善貴, 宮城 麻友, 井上 美穂, Omar Marianito, 岩浅 匠真, 松香 芳三 :
補綴学授業におけるアクティブラーニングによる学修効果-反転授業とTBLの長期比較-,
徳島県歯科医学大会, 2020年2月.
16. 岩浅 匠真, Shaista Afroz, 井上 美穂, 新垣 理恵子, 大島 正充, Resmi Raju, Arief Waskitho, 井上 正久, 馬場 麻人, 松香 芳三 :
痛みに対するサイトカイン療法の開発に向けて,
徳島県歯科医学大会, 2020年2月.
17. 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 秋月 皆人, 吉原 靖智, 秋田 和也, 安達 聡, 田岡 計久, 笠原 信治, 森 秀司, 宮本 洋二, 松香 芳三 :
ウェイクボード世界大会2018における徳島大学病院・徳島県歯科医師会の歯科医療活動とマウスガードの使用実態の調査,
徳島県歯科医学大会, 2020年2月.
18. 細木 眞紀, 井上 美穂, 岩浅 匠真, 西川 泰史, 秋月 皆人, 吉原 靖智, 大倉 一夫, Yuehui Zhang, Huijiao Yan, Arief Waskitho, Ofuchi R.S., 大島 正充, 鈴木 善貴, 成谷 美緒, 宮城 麻友, Resmi Raju, 松香 芳三 :
歯科補綴学(Ⅱ)実習における実習書改定後の検討,
大学教育カンファレンスin徳島, 2019年12月.
19. 大倉 一夫, 大島 正充, 細木 眞紀, 鈴木 善貴, 宮城 麻友, 井上 美穂, 岩浅 匠真, 松香 芳三 :
歯科補綴学授業におけるアクティブラーニングの学修効果―反転授業とTBL,通常授業の比較―,
大学教育カンファレンスin徳島, 2019年12月.
20. 細木 眞紀, 久保 宜明, 松香 芳三 :
徳島大学歯科用金属アレルギー外来における長期症例の検討,
日本皮膚免疫アレルギー学会, 2019年11月.
21. 松香 芳三, Arief Waskitho, 鈴木 善貴, 大倉 一夫 :
ボツリヌス毒素の効果メカニズム,
日本顎口腔機能学会雑誌, 2019年10月.
22. 安陪 晋, 桃田 幸弘, 松香 芳三, 堀川 恵理子, 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 河野 文昭 :
舌痛が睡眠に及ぼす影響について睡眠質問表を用いての検討,
臨床睡眠医学会, 2019年10月.
23. Waskitho Arief, Yamamoto Yumiko, Tsuyoshi Morita, Yan Huijiao, Raju Resmi, Masamitsu Ohshima, Dalanon Junhel, Otto Baba and Yoshizo Matsuka :
Orofacial neuropathic pain rat models induced by chemotherapy drugs,
Tokushima University Bioscience Retreat, Sep. 2019.
24. Raju Resmi, Masamitsu Ohshima, Miho Inoue, Tsuyoshi Morita, Yan Huijiao, Otto Baba, Inoue Masahisa and Yoshizo Matsuka :
Development of a multilayered complex cell sheet to regenerate periodontal tissue,
Tokushima University Bioscience Retreat, Sep. 2019.
25. 松田 はるか, 鈴木 善貴, 大川 敏永, 鴨居 浩平, 安陪 晋, 大倉 一夫, 秋月 皆人, 河野 文昭, 松香 芳三 :
非接触式3Dスキャナーによる透明レジン測定精度の検証,
日本補綴歯科学会 中国・四国支部学術大会, 2019年9月.
26. Yuehui Zhang, 細木 眞紀, 大島 正充, 宮城 麻友, 成谷 美緒, 井上 美穂, 松香 芳三 :
金属アレルギー患者群と健常者群における特異的マイクロRNAの同定,
日本補綴歯科学会 中国・四国支部学術大会, 2019年9月.
27. 成谷 美緒, 細木 眞紀, 宮城 麻友, 大島 正充, 井上 美穂, 岩浅 匠真, 松香 芳三 :
金属アレルギー患者に対する血管内治療の術前評価,
日本補綴歯科学会 中国・四国支部学術大会, 2019年9月.
28. 細木 眞紀, Zhang Yuehui, 大島 正充, 井上 美穂, 成谷 美緒, 宮城 麻友, 松香 芳三 :
血中マイクロRNAを介した金属アレルギーの感作・発症機序の解明,
歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い, 2019年8月.
29. Resmi Raju, 大島 正充, 井上 美穂, 守田 剛, Huijiao Yan, 馬場 麻人, 井上 正久, 松香 芳三 :
骨芽細胞と歯根膜細胞との立体形成複合細胞シートによる歯周組織再生の確立,
硬組織再生生物学会, 2019年8月.
30. 多田 航生, 大倉 佳宏, 近藤 啓介, 伊田 百美杏, 成田 美緒, 細木 眞紀, 松香 芳三, 鈴記 好博, 山口 治隆, 谷 憲治 :
問診と口腔内の観察によって診断に至った歯科金属アレルギーによる皮疹の一例,
第259回徳島医学会学術集会, 2019年8月.
31. 成谷 美緒, 細木 眞紀, 池山 鎭夫, 宮城 麻友, 松香 芳三 :
コイル塞栓術予定の金属アレルギー患者にコイル成分分析とパッチテストを行った一例,
徳島医学会, 2019年8月.
32. 松香 芳三 :
高齢者における顎関節脱臼発症頻度調査,
日本顎関節学会シンポジウム, 2019年7月.
33. 小見山 道, 松香 芳三, 原 節宏, 前川 賢治, 有馬 太郎, 石垣 尚一, 大久保 昌和, 村岡 渡, 鳥巣 哲郎, 西山 暁, 飯田 崇, 佐藤 仁 :
DC/TMDの診断法―筋圧痛検査と関節痛誘発試験―,
日本顎関節学会ハンズオンセミナー, 2019年7月.
34. 松本 文博, 細木 秀彦, 前田 直樹, 安陪 晋, 堀川 恵理子, 松香 芳三, 田中 栄二 :
変形性顎関節症に関連した神経障害性疼痛の一症例,
日本顎関節学会雑誌, 2019年7月.
35. 大倉 一夫, 井上 美穂, 細木 眞紀, 河野 文昭, 松香 芳三 :
卒前専門基礎教育におけるアクティブラーニングの導入とその学習効果―反転授業とTBLの比較―,
日本歯科医学教育学会雑誌, 2019年7月.
36. YAO RIU, 橋本 登, 寺町 順平, 松香 芳三, 田中 栄二, 山本 朗仁 :
乳歯歯髄幹細胞培養上清によるマウス坐骨神経結紮モデルにおける神経障害性疼痛の改善.,
第40回日本炎症・再生医学会, 2019年7月.
37. 秋月 皆人, 大倉 一夫, 鈴木 善貴, 安達 聡, 松香 芳三 :
ウェイクボード世界選手権大会2018における徳島大学病院・徳島県歯科医師会の歯科活動,
スポーツ歯科医学会, 2019年6月.
38. 井上 美穂, ラジュ レスミ, 岩浅 匠真, 秋山 謙太郎, 大島 正充, 窪木 拓男, 松香 芳三 :
抗Dickkopf1 (DKK-1) 抗体による骨分化能メカニズムの解明,
日本補綴歯科学会雑誌, 2019年5月.
39. 細木 眞紀, 宮城 麻友, 成谷 美緒, 田島 登誉子, 大倉 一夫, 鈴木 善貴, 後藤 奈美, 吉原 靖智, 松香 芳三 :
10年以上が経過した金属アレルギー患者の口腔内からみえてくるもの,
日本補綴歯科学会雑誌, 2019年5月.
40. 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 秋田 和也, 安達 聡, 田岡 計久, 笠原 信治, 森 秀司, 宮本 洋二, 松香 芳三 :
ウェイクボード世界大会におけるスポーツ歯科活動,
四国歯学会第54回例会, 2019年3月.
41. 細木 眞紀, 井上 美穂, 岩浅 匠真, 西川 泰史, 秋月 皆人, 吉原 靖智, 大倉 一夫, Zhang Yuehui, Yan Huijiao, Arief Waskitho, Rodrigo Shigeru Ofuchi, 大島 正充, 鈴木 善貴, 成谷 美緒, 宮城 麻友, Resmi Raju, 松香 芳三 :
歯科補綴学(Ⅱ)実習における実習書改定後の検討in徳島,
大学教育カンファレンス, 2018年12月.
42. 大倉 一夫, 大島 正充, 細木 眞紀, 鈴木 善貴, 宮城 麻友, 井上 美穂, 岩浅 匠真, ジュネル ダラノン, 松香 芳三 :
歯科補綴学授業におけるアクティブラーニングの学修効果-反転授業とTBLの比較-,
大学教育カンファレンスin徳島, 2018年12月.
43. 細木 眞紀, 宮城 麻友, 井上 美穂, 大倉 一夫, 大島 正充, Resmi Raju, 岩浅 匠真, 成谷 美緒, ZHANG YUEHUI, 閻 会嬌, Arief Waskitho, Dalanon Junhel Casinillo, 鈴木 善貴, 吉原 靖智, 松香 芳三 :
歯科補綴学実習における実習書の改訂とその効果の検討,
大学教育カンファレンスin徳島, 2018年12月.
44. Y. Zhang, 細木 眞紀, 大島 正充, 宮城 麻友, 成谷 美緒, 松香 芳三 :
金属アレルギーに関する特異的遺伝子の検討,
日本補綴歯科学会関西支部学術大会, 2018年12月.
45. ZHANG YUEHUI, 細木 眞紀, 大島 正充, 宮城 麻友, 成谷 美緒, 松香 芳三 :
金属アレルギーに関する特異的遺伝子の検討,
日本補綴歯科学会関西支部学術大会, 2018年12月.
46. 松香 芳三 :
咬合違和感の診断と対処法,
日本全身咬合学会, 2018年11月.
47. 細木 眞紀, 久保 宜明, 松香 芳三 :
チタンアレルギーに関する実態調査,
日本皮膚免疫アレルギー学会, 2018年11月.
48. 吉原 靖智, 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 重本 修伺, 鴨居 浩平, 富永 賢, 松香 芳三 :
睡眠時ブラキシズム中に認められる顎運動様式の検討,
日本歯科技工学会 中国・四国支部総会・学術大会, 2018年10月.
49. 大倉 一夫, 鈴木 善貴, 葉山 莉香, 吉原 靖智, 松香 芳三 :
教育シンポジウム2 PSGの表面筋電図を極める 咬筋表面筋電図の背景にあるもの,
日本臨床睡眠医学会, 2018年10月.
50. 松香 芳三 :
咬み合わせの異常を訴える患者に遭遇したら,
けやき会(明海大学同窓会), 2018年9月.
51. 大川 敏永, 安陪 晋, 中野 雅德, 岡 謙次, 松田 岳, 村上 愛由, 堀川 恵理子, 宮城 栞, 吉﨑 文彦, 鈴木 善貴, 松香 芳三, 河野 文昭 :
CADシステムを用いた前方・側方滑走運動と咀嚼運動の差異に関する研究,
平成30年度日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2018年9月.
52. 松田 はるか, 鈴木 善貴, 鴨居 浩平, 大川 敏永, 吉原 靖智, 大倉 一夫, 大島 正充, 安陪 晋, 池田 隆志, 山内 英嗣, 河野 文昭, 松香 芳三 :
レジンブロックの三次元計測方法の違いによる寸法精度の比較,
日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2018年9月.
53. 川原 博雄, 井上 美穂, 大島 正充, 大倉 一夫, 細木 眞紀, 田島 登誉子, 松香 芳三 :
一般歯科診療所での長期メインテナンス患者における歯の喪失原因の評価,
日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2018年9月.
54. Raju Resmi, Miho Inoue, 宮城 麻友, 秋山 謙太郎, Masamitsu Ohshima, 井上 正久 and Yoshizo Matsuka :
抗Dickkopf1 (DKK-1) 抗体による骨髄細胞の骨分化能への影響,
硬組織再生生物学会, Aug. 2018.
55. 井上 美穂, Resmi Raju, 大島 正充, 梶本 昇, 都留 寛治, 石川 邦夫, 井上 正久, 松香 芳三 :
Tumor necrosis factor (TNF)-α処理炭酸アパタイトおよびハイドロキシアパタイトが骨形成におよぼす影響,
硬組織再生生物学会, 2018年8月.
56. 山本 仁, 菊池 憲一郎, 平塚 浩一, 松香 芳三, 山本 一世 :
恒常的に実施する能動学修(アクティブラーニング)に関する考察,
日本歯科医学教育学会雑誌, 2018年7月.
57. 岩浅 匠真, SHAISTA AFROZ, Casinilo Junhel Dalanon, 大島 正充, 大倉 一夫, 井上 美穂, 松香 芳三 :
三叉神経痛モデルラットにおける炎症性サイトカインの変動解析,
日本顎関節学会・日本口腔顔面痛学会・日本歯科心身医学会, 2018年7月.
58. 和嶋 浩一, 小見山 道, 大久保 昌和, 石垣 尚一, 原 節宏, 松香 芳三, 村岡 渡, 有馬 太郎, 鳥巣 哲朗, 前川 賢治, 佐藤 仁 :
DC/TMDの診断法―筋圧痛検査と関節痛誘発試験―,
日本顎関節学会雑誌, 2018年7月.
59. 松田 はるか, 鈴木 善貴, 鴨居 浩平, 大川 敏永, 吉原 靖智, 安田 想, 大倉 一夫, 大島 正充, 安陪 晋, 富永 賢, 河野 文昭, 松香 芳三 :
レジン片の3次元測定方法による寸法精度の比較,
四国歯学会雑誌, 2018年7月.
60. 松香 芳三 :
アメリカの大学で歯科研修医・教員として働く方法,
日本補綴歯科学会雑誌, 2018年6月.
61. Chimeddulam G, 西川 啓介, 内藤 禎人, Dalanon Junhel Casinillo, Shaista Afroz, 葉山 莉香, 大島 正充, 友竹 偉則, 市川 哲雄, 松香 芳三 :
インプラントシステムの違いによるインプラント周囲骨吸収に関する長期放射線学的検討,
日本補綴歯科学会雑誌, 2018年6月.
62. 吉原 靖智, 鈴木 善貴, 西川 啓介, 宮城 麻友, 大倉 一夫, 安陪 晋, 細木 眞紀, 大島 正充, 河野 文昭, 松香 芳三 :
徳島大学歯学部学生における咬耗に関連した行動因子による咬合接触の変化,
日本補綴歯科学会雑誌, 2018年6月.
63. 松香 芳三 :
顎関節症の各病態に対する(標準的)治療,
日本顎関節学会学術講演会, 2018年5月.
64. 重本 修伺, 伊藤 崇弘, 伊藤 光彦, 木原 琢也, 井川 知子, 平林 里大, 重田 優子, 森山 毅, 坂東 永一, 松香 芳三, 小川 匠 :
顎口腔機能情報を活用する次世代歯科用CAD/CAMシステムの構築 -顎運動測定器の開発と応用-,
日本顎口腔機能学会雑誌, 2018年4月.
65. 冨田 洋介, 鈴木 善貴, 田中 佑人, 長谷川 陽子, 佐藤 美穂, 大竹 正紀, 齋藤 大嗣, 設樂 仁子, 互野 亮, 山田 蘭子, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
不良姿勢,噛みしめ癖と肩こりの関連性の検討,
日本顎口腔機能学会雑誌, 2018年4月.
66. 冨田 洋介, 鈴木 善貴, 田中 佑人, 長谷川 洋子, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
口腔習癖,不良姿勢と肩こりの検討,
日本顎口腔機能学会雑誌, 2018年4月.
67. 鴨居 浩平, 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 宮城 麻友, 井上 美穂, 大島 正充, 清水 裕次, 松香 芳三 :
ナイトガードの咬耗面を3次元画像解析装置にて定量評価した症例,
四国歯学会雑誌, 2018年3月.
68. 吉原 靖智, 鈴木 善貴, 中川 聖子, 岩浅 亮彦, 鴨居 浩平, 大倉 一夫, 細木 眞紀, 田中 栄二, 松香 芳三 :
睡眠衛生指導とパラタルスプリントにより睡眠時ブラキシズムをコントロールした症例,
四国歯学会雑誌, 2018年3月.
69. 藤枝 創, 鈴木 善貴, 西川 啓介, 大倉 一夫, 宮城 麻友, 安陪 晋, 河野 文昭, 松香 芳三 :
咬耗に関連した生活習慣による咬耗の変動,
四国歯学会雑誌, 2018年3月.
70. 大倉 一夫, 西川 啓介, 大島 正充, 細木 眞紀, 鈴木 善貴, 宮城 麻友, 井上 美穂, 岩浅 匠真, 葉山 莉香, 松香 芳三 :
歯科補綴学授業におけるアクティブラーニングの効果 ―反転授業とTBLの比較―,
教育カンファレンスin徳島, 2017年12月.
71. 松香 芳三 :
口腔顔面痛の診断と治療,
2017年度 Nagoya Dental Study Club 年次学術講演会, 2017年12月.
72. 細木 眞紀, 松香 芳三 :
大学生における金属アレルギーの実態調査,
日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会雑誌, 2017年12月.
73. S Afroz, Iwasa Takuma, Masamitsu Ohshima, Rieko Arakaki, Miho Inoue, Naozumi Ishimaru and Yoshizo Matsuka :
Cytokine released by satellite glial cells and pain transmission in sensory ganglions,
Japan Association for Dental Research, Nov. 2017.
74. 川原 博雄, 井上 美穂, 大倉 一夫, 大島 正充, 松香 芳三 :
長期的メインテナンス患者における歯の喪失に関する後ろ向き調査,
日本口腔リハビリテーション学会雑誌, 2017年11月.
75. 安陪 晋, 堀川 恵理子, 大倉 一夫, 鈴木 善貴, 松香 芳三, 河野 文昭 :
因子分析を用いたピッツバーグ睡眠質問票による顎関節症外来患者の睡眠の評価,
日本臨床睡眠医学会, 2017年9月.
76. Ch. Gantumur, Keisuke Nishigawa, R. Hayama, Toyoko Tajima, Yoritoki Tomotake, Yoshihito Naitou, Tetsuo Ichikawa and Yoshizo Matsuka :
Etiological investigation of the marginal bone loss on the peri-implant area: a retrospective cohort study,
Tokushima University Bioscience Retreat, Sep. 2017.
77. 岩浅 匠真, SHAISTA AFROZ, 成谷 美緒, 宮城 麻友, 井上 美穂, 大島 正充, 松香 芳三 :
神経障害性痛モデルラットに対するボツリヌス毒素の効果,
日本ボツリヌス治療学会, 2017年9月.
78. 野田 千織, 葉山 莉香, 安陪 晋, 大倉 一夫, 本田 常晴, 杉尾 隆夫, 河野 文昭, 大島 正充, 松香 芳三 :
女性歯科医師の幸福度調査,
日本補綴歯科学会 中国・四国支部学術大会, 2017年8月.
79. 大川 敏永, 安陪 晋, 中野 雅德, 岡 謙次, 本田 剛, 村上 愛由, 堀川 恵理子, 鈴木 善貴, 鴨居 浩平, 藤本 隆広, 松香 芳三, 河野 文昭 :
CADシステムを用いた咀嚼運動時の咬合接触状態の検討(側方滑走運動との比較),
日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2017年8月.
80. RESMI RAJU, 井上 美穂, 成谷 美緒, 宮城 麻友, 織田 英正, 友永 泰弘, 大島 正充, 松香 芳三 :
骨髄由来間葉系細胞におけるTNF-α短期刺激による細胞動態の解析,
日本補綴歯科学会 中国四国支部学術大会, 2017年8月.
81. 井上 美穂, 成谷 美緒, RESMI RAJU, 宮城 麻友, ZHANG YUEHUI, 大島 正充, 井上 正久, 松香 芳三 :
骨髄細胞,骨芽細胞様細胞におけるTNF-α短期間刺激による細胞挙動の解析,
日本硬組織再生生物学会, 2017年8月.
82. 岩浅 匠真, 大島 正充, 大倉 一夫, 井上 美穂, SHAISTA AFROZ, 松香 芳三 :
口腔顎顔面痛モデル三叉神経節におけるサイトカイン動態,
日本口腔顔面痛学会雑誌, 2017年7月.
83. 和嶋 浩一, 小見山 道, 大久保 昌和, 石垣 尚一, 原 節宏, 松香 芳三, 村岡 渡, 有馬 太郎, 鳥巣 哲朗, 前川 賢治, 佐藤 仁 :
DC/TMDの診断法―筋圧痛検査と関節痛誘発試験―,
日本顎関節学会雑誌, 2017年7月.
84. 松本 文博, 細木 秀彦, 前田 直樹, 安陪 晋, 堀川 恵理子, 葉山 莉香, 松香 芳三, 田中 栄二 :
顎関節注射後に咬合不全および著明な開口障害を呈した一症例,
日本顎関節学会雑誌, 2017年7月.
85. Omar Maningo Rodis, Fumiaki Kawano, Yoshizo Matsuka, Toshiko Yoshida and Hiroko Oka :
Developing a framework for the global dentist initiative program,
The Journal of Japanese Dental Education Association, Jul. 2017.
86. 照屋 大貴, 井上 美穂, 成谷 美緒, RESMI RAJU, 宮城 麻友, 大島 正充, 松香 芳三 :
骨髄細胞,骨芽細胞様細胞におけるTNF-α短期刺激による細胞学的・組織学的検討,
日本補綴歯科学会雑誌, 2017年7月.
87. 松香 芳三 :
咬合違和感の診断と治療,
日本補綴歯科学会雑誌, 2017年7月.
88. 鈴木 善貴, ラヴィーン ジル, 大倉 一夫, 安陪 晋, 松香 芳三 :
睡眠中の律動性咀嚼筋活動に関連した酸素および二酸化炭素濃度の変動,
日本補綴歯科学会雑誌, 2017年7月.
89. 倉沢 幸平, 細木 眞紀, 宮城 麻友, 成谷 美緒, 松香 芳三 :
金属アレルギーに関するアンケート調査,
四国歯学会雑誌, 2017年6月.
90. 照屋 大貴, 井上 美穂, 成谷 美緒, RESMI RAJU, 宮城 麻友, 大島 正充, 松香 芳三 :
TNF-α短期刺激による骨髄細胞の細胞学的検討,
四国歯学会雑誌, 2017年6月.
91. 松香 芳三 :
筋痛・筋膜痛の基礎(関連痛と慢性化のメカニズムを含む),
ICOP2016サテライトミーティング 口腔顔面痛キャンプin 京都, 2017年4月.
92. 大川 敏永, 安陪 晋, 中野 雅德, 大倉 一夫, 岩浅 匠真, 松香 芳三, 河野 文昭 :
咬合面の運動からみた側方滑走運動と咀嚼運動の関係 -CADシステムを用いた評価方法の検討-,
日本顎口腔機能学会第58回学術大会, 2017年4月.
93. 大川 敏永, 安陪 晋, 中野 雅德, 大倉 一夫, 岩浅 匠真, 松香 芳三, 河野 文昭 :
咬合小面と顎運動軌跡の関係性について ―CADシステムを用いた評価方法の検討―,
日本顎口腔機能学会雑誌, 2017年4月.
94. 金光 侑香里, 合田 千里, 葉山 莉香, 安陪 晋, 大倉 一夫, 西川 啓介, 岡山 佳弘, 河野 文昭, 松香 芳三 :
女性歯科医師の生活満足度調査-徳島大学歯学部を卒業した女性歯科医師へのアンケート実態調査-,
四国歯学会雑誌, 2017年3月.
95. 井上 美穂, 成谷 美緒, RESMI RAJU, 宮城 麻友, 松香 芳三 :
腫瘍壊死因子TNF-αによる歯髄細胞,骨髄細胞の幹細胞化,
徳島大学大学院医歯薬学研究部 発生・再生・遺伝クラスター・ミニリトリート, 2017年3月.
96. 松香 芳三, 岩浅 匠真, SHAISTA AFROZ, 大本 勝弘, 井上 美穂, 成谷 美緒, 宮城 麻友, 大倉 一夫 :
末梢知覚神経節における神経伝達物質による痛み情報伝達,
徳島大学医歯薬学研究部脳科学クラスター・ミニリトリート, 2017年3月.
97. 藤枝 創, 細木 眞紀, 西川 啓介, 鴨居 浩平, 裵 志英, 浜田 賢一, 松香 芳三 :
ジルコニア切削方法と切削後の強度・破断面について,
第5回日本バイオマテリアル学会中四国ブロックシンポジウム, 2017年1月.
98. 大倉 一夫, 西川 啓介, 細木 眞紀, 田島 登誉子, 鈴木 善貴, 宮城 麻友, 井上 美穂, 大本 勝弘, 葉山 莉香, 松香 芳三 :
歯科補綴学授業におけるアクティブラーニングの効果 ―反転授業とTBLの比較―,
大学教育再生加速プログラムシンポジウム, 2016年12月.
99. 細木 眞紀, 松香 芳三 :
歯科用インプラントによつて引き起こされる 金属アレルギーとチタンアレルギーのリスクについて,
日本メタルフリー歯科学会, 2016年11月.
100. 細木 眞紀, 田島 登誉子, 久保 宣明, 松香 芳三 :
歯科用金属アレルギー患者の動向,
日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会雑誌, 2016年11月.
101. 重本 修伺, 平井 真也, 井川 知子, 田島 登誉子, 松香 芳三, 小川 匠 :
下顎運動軸の3次元的検討,
日本歯科医学会誌, 2016年10月.
102. 細木 眞紀, 田島 登誉子, 宮城 麻友, 西川 啓介, 成谷 美緒, 松香 芳三 :
歯科用金属アレルギー患者の動向,
日本歯科医学会誌, 2016年10月.
103. 伊藤 崇弘, 重本 修伺, 井川 知子, 伊藤 光彦, 小川 匠, 松香 芳三 :
下顎運動情報を用いた運動論的基準軸の空間的特徴の検討,
日本顎口腔機能学会雑誌, 2016年10月.
104. 松香 芳三 :
顎関節痛を訴える患者の診断とマネージメント,
日本口腔顔面痛学会雑誌, 2016年9月.
105. 安陪 晋, 桃田 幸弘, 葉山 莉香, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
ピッツバーグ睡眠質問票を用いて評価した舌痛症患者の睡眠の質-ケースコントロールスタディ-,
日本口腔顔面痛学会雑誌, 2016年9月.
106. 友竹 偉側, 田島 登誉子, 内藤 禎人, 石田 雄一, 宮城 麻友, 安陪 晋, 松香 芳三, 市川 哲雄 :
インプラント治療前後の口腔関連QOLの評価:形態的困難度の影響,
日本口腔インプラント学会誌, 2016年9月.
107. 大倉 一夫, 岩浅 匠真, 重本 修伺, 鴨居 浩平, 宮城 麻友, 藤本 隆広, 山本 伊一郎, 松香 芳三 :
ARCTICA固定用アダプター使用によるCAD/CAMスキャンニングの検討,
日本補綴歯科学会 九州,中国・四国支部学術大会, 2016年9月.
108. 大川 敏永, 安陪 晋, 重本 修伺, 野口 直人, 山内 英嗣, 岡 謙次, 村上 愛由, 堀川 恵理子, 大倉 一夫, 大本 勝弘, 岩浅 匠真, 松香 芳三, 河野 文昭 :
歯科用CAD/CAMシステムにおける計測精度の検討,
日本補綴歯科学会 九州,中国・四国支部学術大会, 2016年9月.
109. 藤枝 創, 細木 眞紀, 西川 啓介, 井上 美穂, 中川 敬司, 鴨居 浩平, 大塩 恭仁, 宮本 裕司, 松香 芳三 :
ジルコニア切削方法の違いが強度におよぼす影響について,
日本補綴歯科学会 九州,中国・四国支部学術大会, 2016年9月.
110. 成谷 美緒, 細木 秀彦, 前田 直樹, 松香 芳三 :
顎関節円板後方転位 システマティック レビューと症例報告,
日本顎関節学会雑誌, 2016年7月.
111. 安陪 晋, 堀川 恵理子, 田中 栄二, 松本 文博, 大本 勝弘, 葉山 莉香, 宮城 麻友, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
徳島大学病院顎関節症外来に来院した顎関節症患者の臨床統計学的調査,
日本顎関節学会雑誌, 2016年7月.
112. 和嶋 浩一, 小見山 道, 大久保 昌和, 石垣 尚一, 原 節宏, 松香 芳三, 村岡 渡, 有馬 太郎, 鳥巣 哲朗, 前川 賢治, 佐藤 仁 :
DC/TMDの診断法―筋圧痛検査と関節痛誘発試験―,
日本顎関節学会雑誌, 2016年7月.
113. 松香 芳三 :
重複診断結果を治療にどのように活用するか,
日本顎関節学会雑誌, 2016年7月.
114. 福永 温句, 重本 修伺, 大本 勝弘, 田島 登誉子, 宮本 裕司, 皆木 省吾, 松香 芳三 :
咀嚼能力の総合的な解析に向けた生体信号と食塊粒度の同期記録法の検討,
日本補綴歯科学会雑誌, 2016年7月.
115. 葉山 莉香, 大倉 一夫, 重本 修伺, 鈴木 善貴, 野口 直人, 大本 勝弘, 岩浅 匠真, 安陪 晋, 大塩 恭仁, 松香 芳三 :
睡眠中の呼吸と連動する顎運動および開閉口筋活動,
日本補綴歯科学会雑誌, 2016年7月.
116. Gantumur Chimeddulam, 西川 啓介, 葉山 莉香, 田島 登誉子, 友竹 偉則, 内藤 禎人, 市川 哲雄, 松香 芳三 :
歯科インプラント周囲の骨吸収に関する臨床疫学研究,
日本補綴歯科学会雑誌, 2016年7月.
117. 松香 芳三 :
顎関節症の診断と治療コンセプト,
日本疼痛学会, 2016年6月.
118. 葉山 莉香, 宮城 麻友, 菊谷 武, 松香 芳三 :
経口摂取が可能となり,胃瘻から脱却した一症例,
日本老年歯科医学会, 2016年6月.
119. 宮城 麻友, 井上 美穂, 福本 美緒, 松香 芳三 :
炎症環境による歯髄細胞の幹細胞化―歯髄細胞分化に与える TNF-αの影響―,
日本顎口腔機能学会雑誌, 2016年4月.
120. 松香 芳三, 大本 勝弘, 岩浅 匠真, 井上 美穂, 福本 美緒, 宮城 麻友, 大倉 一夫 :
知覚神経節における神経伝達物質による痛み情報伝達の可能性,
日本顎口腔機能学会雑誌, 2016年4月.
121. 松香 芳三 :
新たに改訂された日本顎関節学会による顎関節症の病態分類(2013)と診断基準,
香川県歯科医学会, 2016年2月.
122. 松香 芳三 :
歯科学において口腔顔面痛へのアプローチを通して見えるもの,
岡山大学歯学部同窓会香川県支部, 2016年2月.
123. 西川 啓介, 大倉 一夫, 細木 眞紀, 重本 修伺, 宮城 麻友, 田島 登誉子, 重本 貴穂, 鈴木 善貴, 大本 勝弘, 葉山 莉香, 松香 芳三 :
冠橋義歯学授業において行った反転授業とTBL授業の比較,
大学教育カンファレンスin徳島, 2016年1月.
124. 松香 芳三 :
新たに改訂された日本顎関節学会による顎関節症の病態分類(2013)と診断基準,
高知県歯科医師会, 2015年12月.
125. 松香 芳三 :
非歯原性歯痛の診断と治療 ∼原因不明の歯痛の対処に関して∼,
中野予防歯科研修会, 2015年11月.
126. 細木 眞紀, 久保 宣明, 田島 登誉子, 松香 芳三 :
経皮感作による金属アレルギーモデルマウスの作成について,
日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会雑誌, 2015年11月.
127. 松香 芳三 :
歯科用金属アレルギーの動向,
日本補綴歯科学会 関西支部 生涯学習公開セミナー, 2015年11月.
128. Miki Haruna, Minakuchi Hajime, Mayu Miyagi, Shuji Shigemoto, Maekawa Kenji, Yoshizo Matsuka and Kuboki Takuo :
Sleep arousal-related comorbid motor activities recorded concomitantly with sleep bruxism,
Japanese Association for Dental Research, Oct. 2015.
129. Yoshizo Matsuka :
Clinical features and mechanisms of nonodontogenic toothache,
Japanese Association for Dental Research, Oct. 2015.
130. 松香 芳三 :
咬合違和感に関して知っておくべきこと,
日本補綴歯科学会 東海支部 生涯学習公開セミナー, 2015年10月.
131. 松香 芳三 :
歯科補綴学教育へのアクティブラーニングの導入,
岡山歯学会雑誌, 2015年9月.
132. 田島 登誉子, 内藤 禎人, 松香 芳三, 大倉 一夫, 友竹 偉則 :
自家骨移植による下顎骨再建症例にリーゲル機構を付与した患者可綴式上部構造を用いて咬合機能を回復した 2 症例,
日本口腔インプラント学会誌, 2015年9月.
133. 岩浅 匠真, 大倉 一夫, 鈴木 善貴, 野口 直人, 大本 勝弘, 葉山 莉香, 福本 美緒, 鈴木 温, 清水 俊也, 重本 修伺, 松香 芳三 :
睡眠時ブラキシズムに対するスプリントの 治療効果,
日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2015年9月.
134. 福本 美緒, 細木 眞紀, 井上 美穂, 西川 啓介, 田島 登誉子, 重本 貴穂, 宮城 麻友, 清水 さとみ, 福田 政司, 安村 博, 松香 芳三 :
ニッケルアレルギーモデルマウスの感作特性の検討,
日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2015年9月.
135. 築山 能大, 和嶋 浩一, 小見山 道, 大久保 昌和, 石垣 尚一, 原 節宏, 松香 芳三, 村岡 渡, 有馬 太郎 :
DC/TMDに準拠した咀嚼筋触診の実際,
日本口腔顔面痛学会雑誌, 2015年7月.
136. 平井 真也, 井川 知子, 平林 里大, 安藤 栄里子, 重田 優子, 重本 修伺, 小川 匠, 松香 芳三 :
顎機能異常者における運動論的基準軸の検討,
2015年7月.
137. 細木 眞紀, 西川 啓介, 前田 直樹, 細木 秀彦, 松香 芳三 :
臨床症状を伴わない重度の変形顎関節症の1例,
日本顎関節学会・日本口腔顔面痛学会, 2015年7月.
138. 安陪 晋, 松本 文博, 田中 栄二, 大本 勝弘, 葉山 莉香, 宮城 麻友, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
顎関節症外来患者におけるアンケートを用いた睡眠の質の実態調査,
日本顎関節学会・日本口腔顔面痛学会, 2015年7月.
139. 西川 啓介, 大本 勝弘, 重本 修伺, 葉山 莉香, 細木 眞紀, 松香 芳三 :
骨伝道センサを用いた歯列接触検出装置の開発,
日本顎関節学会・日本口腔顔面痛学会, 2015年7月.
140. 細木 秀彦, 前田 直樹, 松本 文博, 松香 芳三, 田中 栄二 :
MRI検査による顎関節症患者の経時的観察,
日本顎関節学会雑誌, Vol.27, No.Suppl., 111, 2015年7月.
141. 松香 芳三 :
咬合と全身との関連 ―咬合違和感を中心に―,
日本全身咬合学会公開講座, 2015年6月.
142. 細木 眞紀, 西川 啓介, 大本 勝弘, 宮城 麻友, 田島 登誉子, 松香 芳三 :
ニッケルアレルギーモデルマウスの作製と炎症局所のサイトカイン活性について,
日本補綴歯科学会雑誌, 2015年5月.
143. 三木 春奈, 水口 一, 宮城 麻友, 重本 修伺, 鈴木 善貴, 前川 賢治, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
健常者における睡眠時の覚醒反応と随伴運動との関連,
日本補綴歯科学会雑誌, 2015年5月.
144. 葉山 莉香, 大倉 一夫, 重本 修伺, 鈴木 善貴, 野口 直人, 田島 登誉子, 大本 勝弘, 安陪 晋, 松香 芳三 :
睡眠中の呼吸と顎位および開閉口筋の関係,
日本補綴歯科学会雑誌, 2015年5月.
145. 松香 芳三 :
CAD/CAM冠作製のための形成,
徳島歯科技工研修センター 歯科技工研修オープンセミナー, 2015年5月.
146. 桃田 幸弘, 細木 眞紀, 二宮 雅美, 高野 栄之, 松香 芳三, 東 雅之 :
口腔ならびに呼吸器症状を伴った歯科用金属によるアレルギーの1例,
第69回日本口腔科学会学術集会, 2015年5月.
147. 中川 聖子, 高田 喜基, 大本 勝弘, 鈴木 善貴, 重本 修伺, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
終日の咬筋活動と咬耗の関係,
四国歯学会雑誌, 2015年3月.
148. 大倉 一夫, 大本 勝弘, 田島 登誉子, 鈴木 善貴, 細木 眞紀, 郡 元治, 重本 修伺, 宮城 麻友, 西川 啓介, 葉山 莉香, Chimeddulam G., 松香 芳三 :
歯科補綴授業におけるチーム基盤型学習の効果,
四国歯学会雑誌, 2015年3月.
149. 松香 芳三, Kotaro Maruhama, Yumiko Yamamoto, Keiji Oguma, Osamu Matsushita :
Neuropathic pain management with botulinum toxin,
日本細菌学会, 2015年3月.
150. 大本 勝弘, 丸濱 功太郎, 田中 紗友里, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
神経障害性疼痛における神経伝達物質遊離抑制と鎮痛効果,
補綴若手研究会, 2015年3月.
151. 葉山 莉香, 大倉 一夫, 重本 修伺, 鈴木 善貴, 田島 登誉子, 大本 勝弘, 安陪 晋, 松香 芳三 :
睡眠中の呼吸と顎位および開閉口筋の関係,
補綴若手研究会, 2015年3月.
152. 林 邦彦, 平林 里大, 佐々木 圭太, 重田 優子, 小川 匠, 松香 芳三, 木本 克彦, 藤澤 政紀, 大久保 力廣, 玉置 勝司, 矢谷 博文 :
平成26年度日本補綴歯科学会西関東支部ワークショップ報告,
平成26年度日本補綴歯科学会西関東支部学術大会, 2015年1月.
153. 田島 登誉子, 大本 勝弘, 大倉 一夫, 鈴木 善貴, 細木 眞紀, 郡 元治, 重本 修伺, 宮城 麻友, 西川 啓介, 松香 芳三 :
歯科補綴学授業へのチーム基盤型学習法(TBL)の導入とその効果,
大学教育カンファレンス in 徳島, 2014年12月.
154. 西川 啓介, 大倉 一夫, 細木 眞紀, 郡 元治, 田島 登誉子, 鈴木 善貴, 宮城 麻友, 松香 芳三 :
歯科臨床教育への反転授業の導入,
大学教育カンファレンス in 徳島, 2014年12月.
155. 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 重本 修伺, 田島 登誉子, 西川 啓介, 松香 芳三 :
顎運動の観点による睡眠時ブラキシズムと嚥下の関連性の検討,
日本口腔リハビリテーション学会, 2014年11月.
156. 西川 啓介, 鈴木 善貴, 田島 登誉子, 重本 修伺, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
ガム噛みによるストレス回復効果と咀嚼能力,
日本口腔リハビリテーション学会, 2014年11月.
157. 大本 勝弘, 丸濱 功太郎, 田中 紗友里, 大倉 一夫, 杉本 朋貞, 松香 芳三 :
末梢知覚神経節における神経伝達物質遊離抑制による情報伝達の変化,
日本口腔顔面痛学会雑誌, 2014年11月.
158. 鈴木 善貴, 大本 勝弘, 大倉 一夫, 重本 修伺, 田島 登誉子, 中野 雅德, 坂東 永一, 松香 芳三 :
切歯路と睡眠時ブラキシズムの分類との関係,
日本顎口腔機能学会雑誌, 2014年10月.
159. 山本 由弥子, 丸濱 功太郎, 松香 芳三, 美間 健彦, 後藤 和義, 横田 憲治, 松下 治, 小熊 惠二 :
末梢投与されたA型ボツリヌス神経毒素の三叉神経における局在と軸索輸送,
日本細菌学会中国・四国支部総会, 2014年10月.
160. 松香 芳三 :
超高齢社会における補綴歯科診療,
鶴見歯学会共催特別講演会, 2014年9月.
161. 丸濵 功太郎, 松香 芳三, 山本 由弥子, 寺山 隆司, 杉本 朋貞 :
精製A型ボツリヌス毒素の軸索輸送と疼痛抑制効果,
日本神経科学会, 2014年9月.
162. 三木 春奈, 水口 一, 宮城 麻友, 重本 修伺, 鈴木 善貴, 前川 賢治, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
簡易貼付型睡眠時ブラキシズム測定装置の測定精度の検討,
日本補綴歯科学会中国・四国,関西支部合同学術大会, 2014年9月.
163. 田中 紗友里, 大本 勝弘, 丸濱 功太郎, 杉本 朋貞, 松香 芳三 :
末梢知覚神経節における神経伝達物質遊離抑制と鎮痛効果,
日本補綴歯科学会中国・四国,関西支部合同学術大会, 2014年9月.
164. 三浦 茉里子, 西川 啓介, 鈴木 善貴, 大本 勝弘, 藤枝 創, 宮城 麻友, 葉山 莉香, 細木 眞紀, 松香 芳三 :
咬合接触面積に及ぼすブラキシズムの影響について,
日本補綴歯科学会中国・四国,関西支部合同学術大会, 2014年9月.
165. 松香 芳三 :
診療ガイドラインの作成手順と活用法,
日本補綴歯科学会西関東支部専門医研修会, 2014年8月.
166. 宮城 麻友, 藤澤 拓生, 大野 光昭, E.S. Hara, P.T. Hai, 園山 亘, 窪木 拓男, 松香 芳三 :
炎症環境による歯髄細胞の幹細胞化-歯髄細胞分化に与えるTNF-αの影響-,
日本再生歯科医学会, 2014年8月.
167. 松香 芳三 :
非歯原性歯痛の診断と治療 ∼原因不明の歯痛の対処に関して∼,
佐伯市歯科医師会講演会, 2014年8月.
168. 松香 芳三 :
非歯原性歯痛の診断と治療 ∼なかなか治らない歯痛の対処に関して∼,
若歯会講演会, 2014年7月.
169. 松本 文博, 藤澤 健司, 細木 秀彦, 安陪 晋, 松香 芳三, 田中 栄二 :
顎関節症と鑑別を要する疾患あるいは障害に関する調査-紹介により顎関節症外来を受診した患者における検討-,
日本顎関節学会雑誌, Vol.26, No.Supplement, 2014年7月.
170. 大本 勝弘, 重本 修伺, 松香 芳三 :
連続24時間咬筋筋電図記録によるTCH検査法の検討,
日本顎関節学会雑誌, 2014年7月.
171. 三木 春奈, 水口 一, 宮城 麻友, 重本 修伺, 鈴木 善貴, 前川 賢治, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
簡易貼付型睡眠時ブラキシズム測定装置の測定制度の検討,
日本顎関節学会雑誌, 2014年7月.
172. Omar Maningo Rodis, Yoichiro Miyake, Yoshizo Matsuka and Bukasa Kalubi :
Globalization Efforts of the University of Tokushima Faculty of Dentistry,
17th JASMEE Academic Meeting, Jul. 2014.
173. 松香 芳三 :
口腔顔面痛の臨床と基礎研究への展望,
岡山脳研究セミナー, 2014年7月.
174. 松香 芳三, 大倉 一夫, 鈴木 善貴 :
睡眠時の顎機能運動解析,
睡眠歯科医学エキスパート講座, 2014年7月.
175. 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 重本 修伺, 安陪 晋, 大本 勝弘, 松香 芳三 :
咬筋活動・顎運動から分類した睡眠時ブラキシズム,
日本睡眠学会, 2014年7月.
176. 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 高橋 陽光, 大本 勝弘, 松香 芳三 :
スポーツマウスガードの体力テストおよび集中力に対する影響の検討,
日本スポーツ歯科医学会, 2014年6月.
177. 多喜川 紗耶, 鈴木 善貴, 高橋 陽光, 藤枝 創, 大本 勝弘, 宇佐美 英之, 梅宮 秀文, 枝澤 祐馬, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
スポーツマウスガードのパフォーマンスに及ぼす影響の検討,
四国歯学会雑誌, 2014年6月.
178. 大本 勝弘, 重本 修伺, 後藤 奈美, 鈴木 善貴, 宮城 麻友, 髙橋 陽光, 松香 芳三 :
連続 24 時間筋電図記録による覚醒時と睡眠時の咬筋活動の比較,
日本補綴歯科学会雑誌, 2014年5月.
179. 田島 登誉子, 竹内 久裕, 西川 啓介, 大倉 一夫, 大本 勝弘, 鈴木 善貴, 細木 眞紀, 郡 元治, 重本 修伺, 宮城 麻友, 松香 芳三 :
冠橋義歯学授業へのチーム基盤型学習法の導入とその効果,
日本補綴歯科学会雑誌, 2014年5月.
180. 田島 登誉子, 竹内 久裕, 西川 啓介, 大倉 一夫, 大本 勝弘, 鈴木 善貴, 細木 眞紀, 郡 元治, 重本 修伺, 上枝 麻友, 松香 芳三 :
冠橋義歯学授業へのチーム基盤型学習法の導入とその効果,
日本補綴歯科学会雑誌, 2014年5月.
181. 大倉 一夫, 鈴木 善貴, 重本 修伺, 野口 直人, 田島 登誉子, 大本 勝弘, 安陪 晋, 中野 雅德, 坂東 永一, 松香 芳三 :
咬筋活動ならびに顎運動から評価した睡眠時ブラキシズム,
日本補綴歯科学会雑誌, 2014年5月.
182. 大本 勝弘, 重本 修伺, 後藤 奈美, 鈴木 善貴, 上枝 麻友, 髙橋 陽光, 松香 芳三 :
連続 24 時間筋電図記録による覚醒時と睡眠時の咬筋活動の比較,
日本補綴歯科学会雑誌, 2014年5月.
183. 西川 啓介, 鈴木 善貴, 後藤 奈美, 高橋 陽光, 細木 眞紀, 郡 元治, 松香 芳三 :
ガム噛みによるストレス抑制効果と咀嚼能力の関係について,
日本補綴歯科学会雑誌, 2014年5月.
184. 松香 芳三 :
原因のわからない痛み(非歯原性歯痛)の診断と治療,
大阪府保険医協会, 2014年5月.
185. 大本 勝弘, 重本 修伺, 鈴木 善貴, 田島 登誉子, 松香 芳三 :
携帯型筋電計を用いた終日咬筋活動測定,
日本顎口腔機能学会雑誌, 2014年4月.
186. 大本 勝弘, 重本 修伺, 鈴木 善貴, 田島 登誉子, 松香 芳三 :
携帯型筋電計を用いた終日咬筋活動測定,
日本顎口腔機能学会雑誌, 2014年4月.
187. 松香 芳三 :
OFP治療を通して理解されること,
朋来会, 2014年4月.
188. 黒厚子 璃佳, 岩田 こころ, 大本 勝弘, 丸濵 功太郎, 松香 芳三 :
神経障害性疼痛における末梢知覚神経節での神経伝達物質の関与,
四国歯学会雑誌, 2014年3月.
189. 岩田 こころ, 黒厚子 璃佳, 大本 勝弘, 鈴木 善貴, 高田 奈美, 重本 修伺, 松香 芳三 :
携帯型筋電計測定による覚醒時と睡眠時の筋活動比較,
四国歯学会雑誌, 2014年3月.
190. 竹内 久裕, 西川 啓介, 大倉 一夫, 田島 登誉子, 細木 眞紀, 郡 元治, 重本 修伺, 鈴木 善貴, 大本 勝弘, 上枝 麻友, 松香 芳三 :
歯科補綴学(2)講義へのTBL(チーム基盤学習法)導入,
四国歯学会雑誌, 2014年3月.
191. 松香 芳三 :
非歯原性歯痛の診断と治療 ∼なかなか治らない歯痛の対処に関して∼,
徳島大学歯学部同窓会講演会, 2014年2月.
192. 松香 芳三 :
超高齢社会における歯科診療,
近畿,東海・北陸地協歯科医師交流会, 2014年2月.
193. 竹内 久裕, 西川 啓介, 大倉 一夫, 田島 登誉子, 鈴木 善貴, 大本 勝弘, 松香 芳三 :
TBL授業の導入,
大学教育カンファレンスIn徳島, 2013年12月.
194. 田島 登誉子, 重本 修伺, 松香 芳三 :
摂食・咀嚼・嚥下の一連動作における生体情報記録・解析,
日本口腔リハビリテーション学会, 2013年11月.
195. 松香 芳三 :
非歯原性歯痛の診断と治療,
兵庫県歯科医師会, 2013年10月.
196. 田島 登誉子, 重本 修伺, 松香 芳三 :
摂食・咀嚼・嚥下の一連動作における生体情報記録・解析,
日本口腔リハビリテーション学会雑誌 = The journal of Japan Association of Oral Rehabilitation, 2013年10月.
197. 田島 登誉子, 藤村 哲也, 重本 修伺, 松香 芳三, 鈴木 善貴, 大本 勝弘, 中野 雅德, 坂東 永一 :
歯の6自由度運動解析,
日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.20, No.2, 152-153, 2013年10月.
198. 田島 登誉子, 藤村 哲也, 重本 修伺, 松香 芳三, 鈴木 善貴, 大本 勝弘, 中野 雅德, 坂東 永一 :
歯の6自由度運動解析,
2013年10月.
199. 松香 芳三 :
口腔顔面痛の疼痛伝達メカニズムと新規治療法の開発-知覚神経節細胞からの神経伝達物質遊離-,
日本歯科基礎医学会, 2013年9月.
200. 丸濵 功太郎, 松香 芳三, 寺山 隆司, 窪木 拓男, 杉本 朋貞 :
一次求心ニューロンによる精製A 型ボツリヌス毒素の取り込みと軸索輸送,
日本歯科基礎医学会, 2013年9月.
201. 松香 芳三 :
補綴歯科学における口腔顔面痛へのアプローチを通して見えるもの,
日本補綴歯科学会 中国・四国支部学術大会, 2013年9月.
202. 大本 勝弘, 重本 修伺, 高田 奈美, 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 細木 眞紀, 田島 登誉子, 神原 佐知子, 松香 芳三 :
日中の咬筋活動様式,
日本補綴歯科学会 中国・四国・九州支部合同学術大会, 2013年8月.
203. 瀧内 博也, 大野 彩, 荒川 光, 三野 卓哉, 上枝 麻友, 藤原 彩, 新川 重彦, 中川 晋輔, 正木 明日香, 完山 学, 松香 芳三, 前川 賢治, 窪木 拓男 :
残存歯数と体重増加の関連 企業歯科検診受診者を対象とした前向きコホート研究,
日本補綴歯科学会 中国・四国支部学術大会, 2013年8月.
204. 大本 勝弘, 重本 修伺, 高田 奈美, 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 細木 眞紀, 田島 登誉子, 神原 佐知子, 松香 芳三 :
日中の咬筋活動様式,
日本補綴歯科学会 中国・四国支部学術大会, 2013年8月.
205. 高橋 陽光, 西川 啓介, 鈴木 善貴, 郡 元治, 竹内 久裕, 久保 吉廣, 藤枝 創, 倉橋 宏輔, 松香 芳三 :
実験的ストレス負荷時の身体的反応と噛みしめ動作の評価,
日本補綴歯科学会 中国・四国支部学術大会, 2013年8月.
206. 澁谷 智明, 玉置 勝司, 和気 裕之, 島田 淳, 葉山 莉香, 古谷野 潔, 鱒見 進一, 窪木 拓男, 皆木 省吾, 貞森 紳丞, 矢谷 博文, 藤澤 政紀, 杉崎 正志, 成田 紀之, 原 節宏, 馬場 一美, 尾口 仁志, 金村 清孝, 山口 泰彦, 西川 洋二, 塚原 宏泰, 松香 芳三 :
咬合違和感患者の治療予後に関する要因の多施設調査,
日本顎関節学会, 2013年7月.
207. 竹内 久裕, 松本 文博, 大倉 一夫, 安陪 晋, 松香 芳三 :
医科歯科連携のための基礎調査,
第18回 日本口腔顔面痛学会学術大会, 49, 2013年7月.
208. 松香 芳三 :
摂食・咀嚼・嚥下の一連動作における生体情報記録,
日本抗加齢医学会, 2013年6月.
209. 丸濵 功太郎, 松香 芳三, 古味 佳子, 大野 光昭, 前川 賢治, 窪木 拓男 :
神経毒素成分を精製したA型ボツリヌス毒素の三叉神経への効果,
日本補綴歯科学会, 2013年5月.
210. 鈴木 善貴, 重本 修伺, 大倉 一夫, 野口 直人, 安陪 晋, 大本 勝弘, 神原 佐知子, 高田 奈美, 中野 雅德, 坂東 永一, 松香 芳三 :
睡眠時ブラキシズムのクレンチング時における顎位と咬筋活動の検討,
日本補綴歯科学会, 2013年5月.
211. 重本 修伺, 板東 伸幸, 石川 輝明, 薩摩 登誉子, 郡 元治, 西川 啓介, 竹内 久裕, 細木 眞紀, 久保 吉廣, 松香 芳三 :
全運動軸点を利用した水平的下顎位決定法の検討,
日本補綴歯科学会, 2013年5月.
212. 薩摩 登誉子, 石川 輝明, 重本 修伺, 鈴木 善貴, 松香 芳三, 松山 美和, 中野 雅德 :
咀嚼中の下顎頭の運動と咬筋活動,
日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.20, No.1, 62-63, 2013年4月.
213. 竹内 久裕, 石川 輝明, 松本 文博, 田中 栄二, 中野 雅德, 松香 芳三 :
徳島大学病院における顎関節症患者の特徴に関する調査 ―男女比,年齢構成と受診期間―,
補綴若手研究会, 2013年3月.
214. 鈴木 善貴, 重本 修伺, 大倉 一夫, 薩摩 登誉子, 高田 奈美, 松香 芳三 :
睡眠時ブラキシズムの咬筋活動様式と顎運動,
補綴若手研究会, 2013年3月.
215. 松香 芳三 :
口腔顔面痛の疼痛伝達メカニズムと新規治療法の開発 知覚神経節細胞からの神経伝達物質の遊離,
四国歯学会, 2013年3月.
216. 松香 芳三 :
原因不明の疼痛を訴える患者が来院したら,
高知口腔科学会・四国歯学会合同学術講演会, 2013年3月.
217. 重本 修伺, 大倉 一夫, 薩摩 登誉子, 鈴木 善貴, 松香 芳三 :
Digital Dentistry を活用した睡眠ブラキシズム診断システムの開発,
歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い, 2013年1月.
218. 細木 眞紀, 西川 啓介, 薩摩 登誉子, 竹内 久裕, 松香 芳三 :
チタンアレルギ- ―その現状と口腔内環境でのチタン材料の耐食性について―,
歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い, 2013年1月.
219. 松香 芳三, 丸濱 功太郎, 三宅 愛, 山本 由弥子, 前川 賢治, 古味 佳子, 園山 亘, 小熊 惠二, 窪木 拓男 :
神経障害性疼痛へのボツリヌス毒素の効果,
日本歯科医師会雑誌, Vol.65, No.5, 666, 2012年11月.
220. 松香 芳三 :
非歯原性歯痛診療ガイドライン紹介,
日本口腔顔面痛学会, 2012年11月.
221. 丸濵 功太郎, 松香 芳三, 山本 由弥子, 寺山 隆司, 古味 佳子, 大野 充昭, 前川 賢治, 上岡 寛, 山城 隆, 杉本 朋貞, 松下 治, 小熊 恵二, 窪木 拓男 :
神経毒素成分を精製したA型ボツリヌス毒素の三叉神経への取り込みと輸送,
日本口腔顔面痛学会, 2012年11月.
222. 重本 修伺, 石川 輝明, 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 松香 芳三, 松山 美和, 中野 雅德 :
摂食・咀嚼・嚥下過程における各種生体情報の記録解析法の確立 -測定システムの開発-,
日本顎口腔機能学会雑誌, Vol.19, No.2, 202-203, 2012年10月.
223. 大野 充昭, 園山 亘, 木村 彩, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
三次元・多視点観察可能な解剖アトラスの作製,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.25, 276, 2012年9月.
224. 大野 充昭, 園山 亘, 笈田 育尚, 正木 明日香, 新川 重彦, 中島 隆, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
大腸菌由来rhBMP-2を応用した自己骨再生能を持った歯科用GBRメンブレンの開発,
日本補綴歯科学会雑誌, 2012年9月.
225. 西川 啓介, 鈴木 善貴, 中村 真弓, 薩摩 登誉子, 郡 元治, 細木 眞紀, 竹内 久裕, 久保 吉廣, 松香 芳三 :
急性ストレス反応に対するガム咀嚼の効果について,
日本補綴歯科学会雑誌, 2012年9月.
226. 大倉 一夫, 鈴木 善貴, 重本 修伺, 野口 直人, 中村 真弓, 安陪 晋, 大本 勝弘, 武田 裕也, 池田 隆志, 松香 芳三 :
睡眠中の覚醒反応時における顎運動の観察,
日本補綴歯科学会雑誌, 2012年9月.
227. 板東 伸幸, 重本 修伺, 石川 輝明, 神原 佐知子, 高田 奈美, 大塩 恭仁, 上領 哲也, 中野 雅德, 松香 芳三 :
運動論的咬合採得法の検討-咬合接触がない状態の限界運動からの全運動軸の推定-,
日本補綴歯科学会雑誌, 2012年9月.
228. 和嶋 浩一, 矢谷 博文, 井川 雅子, 小見山 道, 坂本 英治, 松香 芳三, 村岡 渡 :
非歯原性歯痛ガイドライン,
歯内療法学会 臨床セミナー, 2012年6月.
229. 松香 芳三 :
口の中からなにかが出てくる患者たち,
日本顎関節学会雑誌, Vol.24, No.1, iv, 2012年5月.
230. 三木 春奈, 水口 一, 十川 千春, 大野 充昭, Hara ES, 藤澤 拓生, 前川 賢治, 十川 紀夫, 松香 芳三, 北山 滋雄, 窪木 拓男 :
睡眠時ブラキシズム頻度とセロトニン神経系との関連性の検討,
補綴若手研究会, 2012年3月.
231. 瀧内 博也, 木村 彩, 荒川 光, 三野 卓哉, 藤原 彩, 正木 明日香, 完山 学, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
プレゼンティーイズムと歯科疾患との関連,
補綴若手研究会, 2012年3月.
232. 縄稚 久美子, 松香 芳三, 中島 隆, 三木 春奈, 木村 彩, 水口 一, 新川 重彦, 瀧内 博也, 窪木 拓男 :
施設に入所している要介護高齢者に関するテュートリアル演習の試み,
日本歯科医師会雑誌, Vol.65, No.5, 671, 2012年.
233. 園山 亘, 大野 充昭, 笈田 育尚, Satoshi HaraEmilio, 新川 重彦, 中島 隆, 正木 明日香, 松香 芳三, 山本 克史, 広田 一男, 洲鎌 和茂, 窪木 拓男 :
大腸菌由来BMP-2を応用した骨再生療法の開発と評価,
日本歯科医師会雑誌, Vol.65, No.5, 678, 2012年.
234. 内田 瑤子, 縄稚 久美子, 松香 芳三, 中島 隆, 三木 春奈, 木村 彩, 水口 一, 新川 重彦, 瀧内 博也, 前川 賢治, 園山 亘, 菊谷 武, 窪木 拓男 :
施設に入所している要介護高齢者の問題点を抽出するテュートリアル演習,
日本歯科教育学会, 2012年.
235. 三野 卓哉, 大野(木村) 彩, 荒川 光, 瀧内 博也, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
歯科治療に対する不安・恐怖を測定する簡易型フェイススケール質問票の開発,
日本補綴歯科学会雑誌, 2012年.
236. 松香 芳三, 縄稚 久美子, 中島 隆, 三木 春奈, 木村 彩, 完山 学, 水口 一, 新川 重彦, 瀧内 博也, 前川 賢治, 荒川 光, 藤澤 拓生, 園山 亘, 峯 篤史, 菊谷 武, 窪木 拓男 :
施設に入所している要介護高齢者の問題点を抽出するテュートリアル演習,
日本補綴歯科学会雑誌, 2012年.
237. 水口 一, 三木 春奈, 十川 千春, Hara ES, 藤澤 拓生, 前川 賢治, 松香 芳三, 十川 紀夫, 北山 滋雄, 窪木 拓男 :
睡眠時ブラキシズム頻度と末梢セロトニントランスポーター輸送能との関連,
日本補綴歯科学会雑誌, 2012年.
238. 瀧内 博也, 木村 彩, 荒川 光, 三野 卓哉, 藤原 彩, 正木 明日香, 完山 学, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
プレゼンティーイズムと口腔との関連,
日本疫学会, 2012年.
239. 松香 芳三 :
下顎左側大臼歯欠損にインプラント義歯による機能回復を行なった一症例,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.25, No.1, 117, 2012年.
240. 中島 隆, 水口 一, 新川 重彦, 瀧内 博也, 正木 明日香, 三野 卓哉, 笈田 育尚, 木村 彩, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
固定性架工義歯学技工手技実習での視覚教材としての動画配信システム,
岡山歯学会雑誌, Vol.30, No.2, 83-84, 2011年12月.
241. 松香 芳三, 築山 能大 :
DFNS-QSTの口腔領域への応用,
日本口腔顔面痛学会 平成23年度セミナー, 2011年11月.
242. 松香 芳三 :
非歯原性歯痛ガイドラインの概要,
日本口腔顔面痛学会シンポジウム, 2011年10月.
243. 三木 春奈, 水口 一, Hara ES, 十川 千春, 大野 充昭, 藤澤 拓生, 前川 賢治, 十川 紀夫, 松香 芳三, 北山 滋雄, 窪木 拓男 :
睡眠時ブラキシズム頻度と末梢セロトニントランスポーターの機能との関連,
日本口腔顔面痛学会, 2011年10月.
244. 渡邊 一博, 松香 芳三, 丸濵 功太郎, 熊田 愛, 前川 賢治, 園山 亘, 窪木 拓男 :
知覚神経節へのボツリヌス毒素投与による神経障害性疼痛モデルラットの疼痛行動変化,
日本補綴歯科学会 中国・四国支部学術大会, 2011年9月.
245. 瀧内 博也, 木村 彩, 荒川 光, 三野 卓哉, 藤原 彩, 正木 明日香, 完山 学, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
抑うつ状態と口腔関連Quality of Lifeの関連,
日本補綴歯科学会 中国・四国支部学術大会, 2011年9月.
246. 大野 充昭, 園山 亘, 笈田 育尚, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
大腸菌由来rhBMP-2を応用した自己骨再生能を持った歯科用GBRメンブレンの開発,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.24, 274, 2011年8月.
247. 中島 隆, 園山 亘, 前川 賢治, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
隠れた動揺を示す隣在歯に囲まれた単独歯欠損にインプラント義歯を適用した一例 口腔インプラント義歯の予後リスクファクターとしての"concealed jiggling効果",
日本口腔インプラント学会誌, Vol.24, 253, 2011年8月.
248. 水口 一, ハラ エミリオ, 三木 春奈, 藤澤 拓生, 前川 賢治, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
睡眠時ブラキシズム発症頻度と末梢セロトニントランスポーター機能,
日本顎関節学会雑誌, Vol.23, No.Suppl., 115, 2011年7月.
249. 三野 卓哉, 木村 彩, 荒川 光, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
質問票を用いた口腔インプラント体埋入手術直前の不安・恐怖の測定,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.24, No.2, 255, 2011年6月.
250. 松香 芳三 :
神経障害ラット後根神経節におけるATP遊離量と代謝の変化(Altered ATP release and metabolism in dorsal root ganglia of neuropathic rats),
岡山歯学会雑誌, Vol.30, No.1, 30, 2011年6月.
251. 熊田 愛, 松香 芳三, 丸濵 功太郎, 前川 賢治, 窪木 拓男 :
三叉神経領域における神経障害性疼痛に対する改良A型ボツリヌス毒素の効果,
日本補綴歯科学会雑誌, 2011年5月.
252. 黒井 隆太, 水口 一, 川上 彩, 松香 芳三, 岡田 宏基, 窪木 拓男 :
口腔インプラント手術後疼痛ならびに腫脹感の経時的変化と関連因子の検討ー携帯電話端末を情報入力原としたEcological Momentary Assessmentの応用ー,
日本補綴歯科学会雑誌, 2011年5月.
253. 山崎 聖也, 荒川 光, 野田 欣志, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
インプラント義歯装着患者の残存歯の予後に関する10年間の後ろ向きコホート研究,
日本補綴歯科学会雑誌, 2011年5月.
254. 瀧内 博也, 三木 春奈, 北村 洋一, 前川 賢治, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
特定歯の疼痛が繰り返し増強される神経障害性疼痛患者の一例,
日本口腔顔面痛学会, 2010年10月.
255. 作田 篤代, 木村 彩, 縄稚 久美子, 今井 誠, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
口腔関連審美に関する多軸診断アンケートを用いた歯学部学生の実態調査,
日本補綴歯科学会 中国・四国支部学術大会, 2010年8月.
256. 松香 芳三, 永尾 寛, 木村 彩, 三野 卓哉, 荒川 光, 藤澤 政紀, 小野 高裕, 玉置 勝司, 津賀 一弘, 築山 能大, 萩原 芳幸, 窪木 拓男 :
ガイドライン作成に向けたペイシェント・クエスチョンの収集 その2 患者インタビュー,
平成22年度(社)日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2010年8月.
257. 木村 彩, 松香 芳三, 三野 卓哉, 荒川 光, 藤澤 政紀, 小野 高裕, 玉置 勝司, 津賀 一弘, 築山 能大, 永尾 寛, 萩原 芳幸, 窪木 拓男 :
ガイドライン作成に向けたペイシェント・クエスチョンの収集 その1 患者アンケート,
平成22年度(社)日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2010年8月.
258. 覚道 健治, 木野 孔司, 杉崎 正志, 湯浅 秀道, 松香 芳三, 齋藤 高, 星 佳芳 :
GRADEシステムによる顎関節症初期診療ガイドラインの作成,
日本顎関節学会教育シンポジウム, 2010年7月.
259. 松香 芳三, 縄稚 久美子, 完山 学, 水口 一, 木村 彩, 三野 卓哉, 丸濵 功太郎, 前川 賢治, 荒川 光, 藤澤 拓生, 園山 亘, 窪木 拓男 :
施設に入所している要介護高齢者に関するテュートリアル演習の試み,
日本歯科医学教育学会雑誌, 2010年7月.
260. 暈 貴行, 松香 芳三, 峯 篤史, 水口 一, Hara ES, 荒川 光, 矢谷 博文, 窪木 拓男 :
接着性レジンセメントを用いた支台築造の予後に関する15年間のコホート研究ー支台築造のトラブルに関するリスク因子の検討ー,
日本補綴歯科学会雑誌, 2010年6月.
261. 松香 芳三 :
顎関節症治療と慢性疼痛制御のための基礎研究,
神経行動薬理若手研究者の集い, 2010年3月.
262. 熊田 愛, 松香 芳三, 北村 洋一, Spigelman I, 山本 由弥子, Nolan TA, Neubert JK, 石原 嘉人, 園山 亘, 上岡 寛, 山城 隆, 小熊 恵二, 窪木 拓男 :
三叉神経障害性疼痛モデルに対する改良A型ボツリヌス毒素の鎮痛効果,
神経行動薬理若手研究者の集い, 2010年3月.
263. 平井 真也, 小川 匠, 松香 芳三, 重田 優子, 安藤 栄里子, 平林 里大, 井川 知子, 笠間 慎太郎, 福島 俊士, Clark GT :
咬合の違和感を訴える患者における歯根膜感覚の客観的評価,
日本補綴歯科学会 西関東支部, 2010年1月.
264. 平井 真也, 小川 匠, 松香 芳三, 重田 優子, 安藤 栄里子, 平林 里大, 井川 知子, 笠間 慎太郎, 窪木 拓男, 福島 俊士, クラーク グレン :
電子痛覚測定装置による歯根膜感覚の客観的評価の検討,
日本顎関節学会雑誌, Vol.22, No.Suppl., 93, 2010年.
265. 三木 春奈, 縄稚 久美子, 峯 篤史, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
全身麻酔中の歯の損傷と手術前後の歯科介入への期待,
日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.23, No.1, 53, 2010年.
266. 山本 道代, 水口 真実, 峯 篤史, 縄稚 久美子, 水口 一, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
中核病院における医療連携の重要性,
日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.23, No.1, 54, 2010年.
267. 黒井 隆太, 水口 一, 川上 彩, 松香 芳三, 岡田 宏基, 窪木 拓男 :
携帯電話を応用したEMAによる口腔インプラント一次手術後急性痛の測定における測定感覚の検討,
日本補綴歯科学会 関西支部・中国四国支部合同学術大会, 2009年11月.
268. 縄稚 久美子, 松香 芳三, 完山 学, 水口 一, 木村 彩, 暈 貴行, 三野 卓哉, 丸濵 功太郎, 前川 賢治, 荒川 光, 藤澤 拓生, 園山 亘, 窪木 拓男 :
要介護高齢者施設におけるチュートリアル演習の試み,
岡山歯学会, 2009年11月.
269. 水口 一, 黒井 隆太, 川上 彩, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
簡易貼付型睡眠時ブラキシズム測定器を用いた補綴科外来ならびに顎関節外来受診患者のブラキシズムレベルに関する記述的研究,
口腔検査学会, Vol.28, No.1, 87, 2009年10月.
270. 北村 洋一, 松香 芳三, 園山 亘, 暈 貴行, 熊田 愛, 小熊 恵二, 窪木 拓男 :
三叉神経領域における実験的神経因性疼痛に対する改良A型ボツリヌス毒素(150kDa)の鎮痛効果,
日本補綴歯科学会雑誌, 2009年6月.
271. 岡本 洋介, 園山 亘, 大野 充昭, 秋山 謙太郎, 藤澤 拓生, 大島 正充, 土本 洋平, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
シンバスタチンによるヒト歯髄幹細胞の増殖抑制と硬組織形成促進,
日本補綴歯科学会雑誌, 2009年6月.
272. 松香 芳三, 笈田 育尚, 熊田 愛, 縄稚 久美子, 徳永 規子, 西山 憲行, 菊谷 武, 窪木 拓男 :
家族の介護により経口摂取が可能となり,胃瘻から脱却した症例,
日本プライマリ・ケア学会 岡山支部学術大会, 2009年5月.
273. 荒川 光, 山崎 聖也, 野田 欣志, 木村 彩, 完山 学, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
口腔インプラント治療を受けた高齢者の長期予後評価,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.22, No.2, 204-205, 2009年.
274. 黒井 隆太, 水口 一, 坂口 千代美, 川上 彩, 松香 芳三, 岡田 宏基, 窪木 拓男 :
携帯電話を用いたEMAシステムの歯科領域への応用の試み,
岡山歯学会雑誌, Vol.28, No.1, 87, 2009年.
275. 礒兼 衣里, 松香 芳三, 完山 学, 水口 一, 上原 淳二, 縄稚 久美子, 上枝 麻友, 笈田 育尚, 三野 卓哉, 新川 重彦, 前川 賢治, 荒川 光, 園山 亘, 窪木 拓男 :
全身疾患を有する患者を対象にした問題発見解決型教育法(チュートリアル教育),
岡山歯学会雑誌, Vol.28, No.1, 87-88, 2009年.
276. 山崎 聖也, 荒川 光, 野田 欣志, 完山 学, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
インプラント義歯を装着した少数歯中間欠損患者の隣在歯の予後調査(第2報) 隣在歯の補綴状態が同等なブリッジ群との比較,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.22, 121, 2009年.
277. 三野 卓哉, 木村 彩, 荒川 光, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
歯科治療に対する不安や恐怖の程度を測定できる簡易型質問票の信頼性・妥当性の検討,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.22, 278, 2009年.
278. 星 佳芳, 安藤 雄一, 佐藤 敏彦, 松香 芳三, 齋藤 高, 西山 暁, 吉見 逸郎, 濱島 ちさと, 石垣 千秋, 緒方 裕光 :
Webアンケート作成システムの活用例 ガイドライン作成・普及時のコンセンサス形成,
日本公衆衛生学会総会抄録集, 157, 2009年.
279. 松香 芳三, 縄稚 久美子, 徳永 規子, 西山 憲行, 菊谷 武, 窪木 拓男 :
家族の介護を受け,経口摂取が可能となることにより,胃瘻から脱却した症例,
日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.22, No.1, 97, 2009年.
280. 北村 洋一, 松香 芳三, 山本 由弥子, 小熊 恵二, 窪木 拓男 :
三叉神経因性疼痛モデルラットにおける神経伝達物質遊離に対する改良A型ボツリヌス毒素の効果 -神経因性疼痛に対する新規治療法の開発-,
先端歯学スクール2008, 2008年10月.
281. 窪木 拓男, 縄稚 久美子, 作田 篤代, 平野 綾, 松香 芳三 :
女性高齢者のQOLは口腔健康と関係がある,
日本プライマリケア学会シンポジウム, 2008年6月.
282. 松香 芳三 :
顎機能障害の診断と発症原因を考慮に入れた治療 顎機能障害に対する一般的な診断と治療法,
日本補綴歯科学会専門医研修会, 2008年6月.
283. 松香 芳三 :
歯科補綴教育における問題解決型教育の実際 学生が患者面接を行い,問題点の抽出と治療計画立案を行なうチュートリアルPBL,
日本補綴歯科学会シンポジウム, 2008年6月.
284. 岡本 洋介, 大野 充昭, 園山 亘, 藤澤 拓生, 吉岡 裕也, 大島 正充, 土本 洋平, 松香 芳三, 保田 立二, 窪木 拓男 :
HMG-CoA還元酵素阻害薬スタチンによるヒト歯髄幹細胞の増殖と分化の抑制,
日本再生医療学会, 2008年3月.
285. 黒井 隆太, 坂口 千代美, 川上 彩, 松香 芳三, 岡田 宏基, 窪木 拓男 :
携帯電話を用いたEMAシステムの歯科領域への応用の試み,
日本補綴歯科学会 九州・中国・四国支部学術大会, 2008年.
286. 熊田 愛, 上原 淳二, 大野 充昭, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
歯周病原性細菌に対する歯科表面滑沢材の影響,
日本補綴歯科学会 九州・中国・四国支部学術大会, 2008年.
287. Rahena Akhter, NMM Hassan, K-U Zaman, Yoshizo Matsuka, Takuo Kuboki, Tatsuo Yamamoto and Manabu Morita :
Self-reported oral parafunctions and temporomandibular disorders in Bangladeshi University students,
Journal of the Japanese Society for the Temporomandibular Joint, 2008.
288. 上枝 麻友, 縄稚 久美子, 作田 篤代, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
女性高齢者のQOLは口腔健康と関係がある,
プライマリケア学会, 2008年.
289. 縄稚 久美子, 住吉 由季子, 三浦 留美, 野口 絢子, 有岡 享子, 石田 瞭, 皆木 省吾, 内藤 稔, 伊野 英男, 坂本 八千代, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
岡山大学病院NST専門療法士研修プログラムにおける口腔ケア実習の試み,
プライマリケア学会, 2008年.
290. 川上 彩, 坂口 千代美, 水口 一, 黒井 隆太, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
若年における咀嚼筋の圧痛に及ぼす睡眠時ブラキシズム頻度の影響,
国際補綴歯科学会2008, 2008年.
291. 下野 賢吾, 完山 学, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
Sclerostinの生物学的骨評価マーカーとしての可能性-骨成熟過程における局在と遺伝子発現-,
国際補綴歯科学会2008, 2008年.
292. 木村 彩, 荒川 光, 野田 欣志, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
レスポンスシフトが少数歯欠損患者の補綴治療効果測定に与える影響,
国際補綴歯科学会2008, 2008年.
293. 松香 芳三 :
顎関節症の診療ガイドラインを考える 顎関節症とエビデンス,
日本顎関節学会雑誌, Vol.20, No.1, 31, 2008年.
294. 水口 一, 坂口 千代美, 川上 彩, 黒井 隆太, 松香 芳三, T. ClarkGlenn, 窪木 拓男 :
小型貼付型ブラキシズム検出装置の歯科臨床への応用,
日本歯科医師会雑誌, Vol.61, No.5, 472, 2008年.
295. 縄稚 久美子, 住吉 由季子, 三浦 留美, 野口 絢子, 有岡 享子, 石田 瞭, 皆木 省吾, 内藤 稔, 坂本 八千代, 伊野 英男, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
岡山大学病院NST専門療法士研修プログラムにおける口腔ケア実習の試み,
日本歯科医師会雑誌, Vol.61, No.5, 500, 2008年.
296. 松香 芳三 :
顎関節症初期治療のガイドライン 診療ガイドライン作成における推奨度判定のための要素,
日本顎関節学会雑誌, Vol.20, No.Suppl., 62, 2008年.
297. 平井 真也, 小川 匠, 松香 芳三, 重田 優子, 安藤 栄里子, 平林 里大, 井川 知子, 窪木 拓男, 福島 俊士 :
表面麻酔薬による歯根膜感覚への影響,
日本顎関節学会雑誌, Vol.20, No.Suppl., 104, 2008年.
298. 野田 欣志, 荒川 光, 山崎 聖也, 木村 彩, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
一般化推定方程式を用いた口腔インプラント治療の失敗に関するリスク因子の検討,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.21, 144, 2008年.
299. 大島 正充, 園山 亘, 大野 充昭, 下野 賢吾, 暈 貴行, 岡本 洋介, 土本 洋平, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
bFGF局所投与における顎骨骨質改善 ウサギモデルにおける組織学的・細胞生物学的検討,
Inflammation and Regeneration, Vol.28, No.4, 335, 2008年.
300. 山崎 聖也, 荒川 光, 野田 欣志, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
インプラント義歯を装着した少数歯中間欠損患者に対する隣在歯の予後調査,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.21, No.3, 497-498, 2008年.
301. 野田 欣志, 荒川 光, 木村 彩, 山崎 聖也, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
加齢が口腔インプラント義歯の予後に及ぼす影響に関する疫学調査,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.21, No.3, 500-501, 2008年.
302. 北村 洋一, 松香 芳三, 石原 嘉人, 園山 亘, 山本 由弥子, 小熊 恵二, 窪木 拓男 :
三叉神経因性疼痛モデルラットにおける改良A型ボツリヌス毒素の効果,
日本口腔顔面痛学会雑誌, Vol.1, No.1, 69, 2008年.
303. 山本 道代, 水口 真実, 縄稚 久美子, 川上 彩, 木村 彩, 水口 一, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
歯科ターミナル・ケアを試みた仮性球麻痺症例,
日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.21, No.1, 66-67, 2008年.
304. 黒井 隆太, 水口 一, 川上 彩, 坂口 千代美, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
大学病院補綴科初診患者ならびに顎関節症外来受診患者のブラキシズムレベルに関する研究,
日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.21, No.1, 70, 2008年.
305. 大島 正充, 園山 亘, 大野 充昭, 下野 賢吾, 暈 貴行, 新川 重彦, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
bFGF局所投与における顎骨骨質改善 ウサギ下顎骨モデルにおける組織学的・細胞生物学的検討,
日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, 202, 2008年.
306. Wataru Sonoyama, Takuo Fujisawa, Junji Uehara, 松香 芳三, Masaharu Takigawa, Takuo Kuboki :
Effects of IL-1β and LPS on CTGF expression in mouse odontoblastic cells, MDPC-23,
日本CCNファミリー研究会, 2007年10月.
307. 小野 剛, 前川 賢治, 瀧口 悟, 松香 芳三, 久保田 聡, 滝川 正春 :
ラット咬筋の持続反射電気刺激はCCN2の遺伝子発現を亢進する,
日本CCNファミリー研究会, 2007年10月.
308. 暈 貴行, 峯 篤史, 松香 芳三, 今井 誠, 藤田 栄伸, 矢谷 博文, 山下 敦, 窪木 拓男 :
接着性レジンセメントを用いた支台築造の臨床予後に関する15年間の前向きコホート調査,
接着歯学, Vol.24, No.4, 235, 2007年.
309. 松香 芳三, 北村 洋一, 福田 朋樹, 完山 学, 前川 賢治, 窪木 拓男 :
生体工学を応用した三叉神経痛治療のための遺伝子導入法の開発,
日本歯科医学会誌, Vol.26, 93, 2007年.
310. 北村 洋一, 松香 芳三, 福田 朋樹, 小熊 惠二, 窪木 拓男 :
三叉神経節細胞の神経伝達物質遊離・取り込みに及ぼす改良A型ボツリヌス毒素の影響,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.51, 190, 2007年.
311. 暈 貴行, 松香 芳三, 水口 一, 峯 篤史, 荒川 光, 前田 健志, 三輪 隆宏, 窪木 拓男 :
接着性レジンセメントを用いたコアに関する15年間の前向きコホート調査,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.51, No.2, 359, 2007年.
312. 松香 芳三, 小川 匠, 重田 優子, 平林 里大, 井川 知子, 安藤 栄里子, 前川 賢治, 水口 一, 藤澤 拓生, 小野 剛, 福島 俊士, T. ClarkGlenn, 窪木 拓男 :
咬合感覚異常症患者における歯根膜メカノレセプターの関与,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.51, No.2, 364, 2007年.
313. 松香 芳三, 北村 洋一, 福田 朋樹, Igor Spigelman, E. SchweizerFelix, 窪木 拓男 :
三叉神経節細胞からの神経伝達物質遊離における2種類のパターン,
岡山歯学会雑誌, Vol.26, No.1, 55, 2007年.
314. 前川 賢治, 前田 あずさ, 内部 健太, 北村 洋一, 木村 彩, 瀧口 悟, 野田 欣志, 暈 貴行, 上原 淳二, 完山 学, 縄稚 久美子, 荒川 光, 藤沢 拓生, 水口 一, 峯 篤史, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
高齢者の歯列欠損回復法に関するチュートリアル教育とその効果,
老年歯科医学, Vol.22, No.2, 198-199, 2007年.
315. 松香 芳三 :
三叉神経因性疼痛の病態および治療法に対する考察,
口腔顔面痛学会シンポジウム, 2006年10月.
316. 松香 芳三 :
睡眠時無呼吸症候群に対するオーラルアプライアンスによる治療 ∼補綴科の立場から∼,
日本病院学会 ワークショップ, 2006年7月.
317. 松香 芳三, 大野 毅, 岩瀬 博建, サムサック マイトリラタナクル, 前川 賢治, 今井 裕, 窪木 拓男 :
慢性神経痛における知覚神経節からのATP遊離と代謝の変化,
日本顎関節学会雑誌, Vol.18, No.1, 74, 2006年.
318. 永松 千代美, 水口 一, 前川 賢治, 完山 学, 松香 芳三, 窪木 拓男, T. ClarkGlenn :
貼付型ブラキシズム測定装置により計測したブラキシズム頻度と頭頸背部の筋痛の関連性,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.50, 152, 2006年.
319. 水口 一, 永松 千代美, 前川 賢治, 完山 学, 松香 芳三, 窪木 拓男, T. ClarkGlenn :
簡易貼付型睡眠時ブラキシズム測定装置のバージョンアップとその効果,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.50, 153, 2006年.
320. 水口 一, 永松 千代美, 前川 賢治, 完山 学, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
簡易貼付型睡眠時ブラキシズム測定装置のバージョンアップとその効果,
日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.19, No.1, 46, 2006年.
321. 蘆田 俊二, 江草 宏, 小林 宗正, 金田 善俊, 松香 芳三, 矢谷 博文, 西村 一郎 :
骨髄由来幹細胞の分化へのDNAメチル化関与の可能性,
日本口腔インプラント学会 中国・四国支部学術大会, 2005年11月.
322. 松香 芳三 :
外から見た我が国の歯科補綴 アメリカにおける顎関節症治療,
日本補綴歯科学会 中国・四国支部 九州支部合同学術大会, 2005年9月.
323. 松香 芳三, 前川 賢治, 窪木 拓男, Igor Spigelman :
高浸透圧脳脊髄液による末梢有髄神経線維の活動電位伝達の部分的遮断,
口腔顔面痛懇談会, 2005年6月.
324. 松香 芳三 :
全部床義歯による咀嚼障害の改善,
日本補綴歯科学会 中国・四国支部, 2004年.
325. 岩瀬 博建, 佐々木 忠昭, 麻野 和宏, 松香 芳三, マイトリラタナクル サムサック, 今井 裕 :
保存療法が有効でなかった非復位性円板前方転位症例の検討,
日本顎関節学会雑誌, Vol.16, No.1, 47, 2004年.
326. 江草 宏, 西村 一郎, 松香 芳三, 矢谷 博文 :
骨髄由来幹細胞は遺伝子群の選択的抑制を介して分化する,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.48, 49, 2004年.
327. 永松 千代美, 松香 芳三, 前川 賢治, 完山 学, 窪木 拓男 :
顎関節症の発症に及ぼす遺伝因子の影響 一卵性双生児と二卵性双生児の比較,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.48, 163, 2004年.
328. 岩瀬 博建, 佐々木 忠昭, 朝倉 節子, 麻野 和宏, サムサック マイトリラタナクル, 松香 芳三, 今井 裕 :
非侵襲外科療法の適応について 保存療法無効例からの検討,
日本口腔外科学会雑誌, Vol.50, No.13, 917, 2004年.
329. 松香 芳三 :
慢性顔面疼痛患者では,三叉神経節内においてアデノシン三リン酸(ATP)が疼痛伝達を増強しており,ブロックすることにより,疼痛が軽減する可能性がある,
日本顎関節学会雑誌, Vol.15, No.1, 117, 2003年.
330. 衣松 史恵, 重田 優子, 小川 匠, 安藤 栄里子, 深川 菜穂, 福島 俊士, 阿部 實, 細井 紀雄, 山崎 泰志, 新井 高, 豊田 長隆, 石橋 克禮, 野口 いづみ, 雨宮 義弘, 松香 芳三 :
本学初診室における非歯原性歯痛についての検討,
鶴見歯学, Vol.29, No.3, 323, 2003年.
331. 西村 真紀, 景山 正登, 松香 芳三, 畑中 乾志, 吉田 栄介, 水口 一, 窪木 拓男, 矢谷 博文 :
一般歯科医院の受診患者における顎関節症の症状と徴候の変動,
日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.15, No.1, 68, 2002年.
332. 水口 一, 窪木 拓男, 矢谷 博文, 園山 亘, 前川 賢治, 松香 芳三, 山下 敦 :
非腹位性関節円板前方転位患者に対する保存療法の短期的治療効果の比較 無作為科比較対照臨床試験による評価,
日本顎関節学会雑誌, Vol.12, No.1, 172, 2000年.
333. 上原 淳二, 小島 俊司, 窪木 拓男, 古野 勝志, 松香 芳三, 前川 賢治, 助政 安伸, 矢谷 博文, 山下 敦 :
顎関節症類似の症状を呈したニューロパシックペインの一例 血中カルバマゼピン濃度測定の応用,
日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.13, No.1, 54, 2000年.
334. 神坂 学, 矢谷 博文, 窪木 拓男, 松香 芳三, 水口 一 :
顎関節症症状の自然経過ならびに症状発現に関連するリスク要因に関する長期予後調査,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.43, 179, 1999年.
335. 水口 一, 園山 亘, 神坂 学, 福田 浩之, 前川 賢治, 松香 芳三, 窪木 拓男, 矢谷 博文, 山下 敦 :
非復位性関節円板前方転位患者における各種初期治療効果の比較 -Randomized controlled clinical trialによる解析-,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.42, 79, 1998年.
336. M.G. Orsini, 寺田 昌平, 松香 芳三, 窪木 拓男, 山下 敦 :
顎関節関節円板前方転位の臨床症状を最も反映するMRI読影クライテリアの検討,
日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.11, No.1, 67-68, 1998年.
337. 友成 隆之, 山下 敦, 伊藤 真午, 松香 芳三, 窪木 拓男, 矢谷 博文 :
顎関節症の発現に及ぼす遺伝因子の影響(一卵性双生児と二卵生双生児の比較),
岡山歯学会雑誌, Vol.16, No.2, 241, 1997年.
338. 篠田 一樹, 山下 敦, 窪木 拓男, 松香 芳三, 水口 一, 前川 賢治 :
定負荷下における最大受動開口量測定の信頼性 第1報 受動的繰り返し開口量測定器の試作,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.40, 98, 1997年.
339. 神坂 学, 前川 賢治, 水口 一, 寺田 昌平, 松香 芳三, 窪木 拓男, 山下 敦 :
顎関節症症状変動に関する疫学調査 -Low-probability sampleを用いた顎関節症状の自然変動-,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.41, 134, 1997年.
340. 神坂 学, 山下 敦, 窪木 拓男, 松香 芳三, 辻 清薫 :
顎関節症症状変動に関する疫学調査,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.41, 187, 1997年.
341. 伊藤 真午, 山下 敦, 松香 芳三, 窪木 拓男 :
顎関節症の発現に及ぼす遺伝因子の影響(一卵性双生児と二卵生双生児の比較),
日本顎関節学会雑誌, Vol.9, No.1, 316, 1997年.
342. 松香 芳三, 山下 敦, 伊藤 真午, 水口 一, 窪木 拓男 :
顎関節症症状に関する質問表の妥当性,
日本顎関節学会雑誌, Vol.9, No.1, 316, 1997年.
343. 寺田 昌平, 山下 敦, G. OrciniMaria, 松香 芳三, 窪木 拓男, 園山 亘 :
顎関節MR画像診断における関節円板前方転位の術者内変動,術者間変動,
日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.10, No.1, 64, 1997年.
344. 窪木 拓男, 山下 敦, 松香 芳三, 寺田 昌平, 篠田 一樹, 前川 賢治, G. OrsiniMaria, 水口 一, 藤沢 拓生, 伊藤 真午 :
顎顔面慢性疼痛疾患としてみた顎関節症の診断と治療,
日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.10, No.1, 70-71, 1997年.
345. 辻清 薫, 山下 敦, 松香 芳三, 窪木 拓男, 矢谷 博文 :
咀嚼筋痛と頭頸背部慢性疼痛との関連に関する疫学調査,
日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.10, No.1, 66, 1997年.
346. 辻清 薫, 松香 芳三, 矢谷 博文, 山下 敦 :
顎機能の正常者群と異常者群における随伴症状のアンケート調査による比較,
日本顎関節学会雑誌, Vol.8, No.1, 66, 1996年.
347. 矢谷 博文, オルシニ マリア G, 松香 芳三, 山下 敦 :
機能的関節円板前方転位と臨床症状の関連,
日本顎関節学会雑誌, Vol.8, No.1, 250-251, 1996年.
348. 矢谷 博文, 前川 賢治, 松香 芳三, 山下 敦 :
復位性顎関節円板前方転位にみられる間欠性ロック発生に及ぼす因子の検討,
日本顎関節学会雑誌, Vol.8, No.1, 250, 1996年.
349. 渡辺 和美 エリゼッテ, 矢谷 博文, 松香 芳三, 寺田 昌平, 山下 敦 :
顎関節症の臨床症状と側方運動における歯の接触パターン,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.40, 188, 1996年.
350. 水口 一, 山下 敦, 藤澤 拓生, 松香 芳三, 窪木 拓男, 矢谷 博文 :
咬合治療の有効性に関する顎関節症患者の遠隔予後調査,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.40, 147, 1996年.
351. 金島 拓史, 吉本 彰夫, 松香 芳三, 窪木 拓男, 矢谷 博文, 山下 敦 :
顎関節症の加療脱落例および無加療症例の予後調査ーPatient Oriented Systemによる加療の必要性の考察,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.40, 146, 1996年.
352. 寺田 昌平, 矢谷 博文, 松香 芳三, 山下 敦 :
顎関節症における顎運動および筋電図診査の有効性,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.39, 37, 1995年.
353. 山下 敦, 松香 芳三, 窪木 拓男, 矢谷 博文 :
咬合はTMDの発症因子か? 文献的考察と私たちの考え方,
日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.8, No.1, 58-59, 1995年.
354. 矢谷 博文, 松香 芳三, 窪木 拓男, 山下 敦 :
咬合治療により下顎位を変更した顎関節症患者の予後調査,
日本顎関節学会雑誌, Vol.7, No.1, 219, 1995年.
355. 矢谷 博文, 松香 芳三, 木尾 正人, 辻 清薫, 野崎 真弘, 廣岡 徹彦, 山下 敦 :
顎関節内障に対するパンピングマニピュレーションの適応と治療成績,
岡山歯学会雑誌, Vol.14, No.1, 123, 1995年.
356. 宮浦 一成, 松香 芳三, 渡邊 達夫, 山下 敦 :
咬合力・咬合接触面積・咬合圧と年齢・性別・現在歯数の関係について,
岡山歯学会雑誌, Vol.13, No.1, 185, 1994年.
357. 松香 芳三, 矢谷 博文, 山下 敦 :
咀嚼筋筋電図の読み方とマイオモニターの効果,
日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.7, No.1, 89-90, 1994年.
358. 松香 芳三, 宮浦 一成, 渡邊 達夫, 山下 敦 :
補綴物装着による咬合力,咬合接触面積,咬合圧への影響,
日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.7, No.1, 83-84, 1994年.
359. 宮浦 一成, 松香 芳三, 渡邊 達夫 :
動揺歯の有無と咬合圧・咬合力・咬合接触面積の関係,
日本歯周病学会会誌, Vol.36, 119, 1994年.
360. 松香 芳三, 矢谷 博文, 窪木 拓男, 山下 敦 :
顎関節症の症型分類による疫学的研究(第3報)適応群の解析,
日本顎関節学会雑誌, Vol.6, No.1, 210-211, 1994年.
361. 矢谷 博文, 窪木 拓男, 天野 洋一, 松香 芳三, 山下 敦 :
顎関節内障の臨床統計的観察 その1.復位を伴わない関節円板前方転位の治療成績,
日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.6, No.1, 82-83, 1993年.
362. 山下 敦, 矢谷 博文, 窪木 拓男, 松香 芳三 :
下顎位CRの変遷と顎関節症加療後の下顎位,
日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.6, No.1, 79, 1993年.
363. 宮浦 一成, 松香 芳三, 山下 敦, 渡邊 達夫 :
補綴物と咬合力,咬合接触面積,咬合圧,
口腔衛生学会雑誌, Vol.43, No.4, 494-495, 1993年.
364. 宮浦 一成, 松香 芳三, 渡邊 達夫 :
歯数と咬合圧,咬合力,咬合接触面積の関係について,
日本歯周病学会会誌, Vol.35, 139, 1993年.
365. 天野 洋一, 矢谷 博文, 窪木 拓男, 松香 芳三, 畑上 雄大, 山下 敦 :
画像重心法を用いた下顎頭位の3次元的把握,
日本顎関節学会雑誌, Vol.5, No.1, 173, 1993年.
366. 辻 清薫, 大森 潤, 松香 芳三, 矢谷 博文, 窪木 拓男, 天野 洋一, 武並 康史, 山下 敦 :
顎口腔系の機能と姿勢との関連 第1報 正常機能者群の直立位における角度分析,
日本顎関節学会雑誌, Vol.4, No.1, 193, 1992年.
367. 松香 芳三, 窪木 拓男, 矢谷 博文, 山下 敦 :
顎関節症の症型分類による疫学的研究(第1報) 臨床的症型分類の発症頻度,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.36, 47, 1992年.
368. 松香 芳三, 矢谷 博文, 山下 敦 :
顎関節症の症型分類による疫学的研究(第2報) 症型別発症要因の予測,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.36, 107, 1992年.
369. 矢谷 博文, 窪木 拓男, 岡 延綱, 天野 洋一, 松香 芳三, 木尾 正人, 山下 敦 :
スプリント療法とそれに続く下顎位修正により治癒をみた顎関節内障の2症例,
日本顎頭蓋機能学会誌, Vol.4, No.1, 56-57, 1991年.
370. 古田 光司, 松香 芳三 :
咬合の解析および顎関節症診査のためのMKG(K6ダイアグノスティックIタイプ),顎関節雑音モニター,およびマイオモニター,T-scanの正しい使い方,
日本顎頭蓋機能学会雑誌, Vol.4, No.1, 62-63, 1991年.
371. 今井 誠, 松香 芳三, 近藤 康弘, 矢谷 博文, 山下 敦 :
繰り返し荷重試験によるポーセレンと接着性レジンの接着強さの検討,
接着歯学, Vol.9, No.2, 127-128, 1991年.
372. 横山 智子, 矢谷 博文, 窪木 拓男, 天野 洋一, 岡 延綱, 松香 芳三, 金田 貴哲, 山下 敦 :
当科における顎関節症の臨床統計的観察,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.35, No.2, 177, 1991年.
373. 木尾 正人, 矢谷 博文, 窪木 拓男, 天野 洋一, 松香 芳三, 山下 敦 :
顎関節内障患者の下顎運動に関する研究,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.35, 114, 1991年.
374. 窪木 拓男, 矢谷 博文, 天野 洋一, 松香 芳三, 山下 敦 :
実験的顎関節部負荷が関節構成体に及ぼす影響,
日本顎関節学会雑誌, Vol.3, No.1, 206, 1991年.
375. 天野 洋一, 矢谷 博文, 窪木 拓男, Jimenez LF, 松香 芳三, 山下 敦 :
ヒト顎関節の肉眼解剖学的研究 下顎窩の形態学的特徴と関節円板異常との関連,
日本顎関節学会雑誌, Vol.3, No.1, 198, 1991年.
376. 古田 光司, 松香 芳三 :
咬合の解析および顎関節症診査のためのMKG,EMGおよびMyo-monitor,T-scanの正しい使い方,
日本顎頭蓋機能学会雑誌, Vol.3, No.1, 198, 1990年.
377. 松香 芳三, 矢谷 博文, 窪木 拓男, 天野 洋一, 岡 延綱, 横山 智子, 金田 貴哲, 山下 敦 :
23歳台における顎関節症状の疫学的研究,
岡山歯学会雑誌, Vol.9, No.2, 359-360, 1990年.
378. 矢谷 博文, 窪木 拓男, 天野 洋一, 岡 延綱, 松香 芳三, 横山 智子, 山下 敦 :
当科における顎関節症の症型分類による臨床統計的観察,
岡山歯学会雑誌, Vol.9, No.1, 276-277, 1990年.
379. 窪木 拓男, 矢谷 博文, 岡 延綱, 徳村 和明, 天野 洋一, 松香 芳三, 山下 敦 :
生物学的近似モデルによる顎関節部負荷に関する研究 その2.片側咀嚼時の左右顎関節部負荷,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.34, 51, 1990年.
380. 窪木 拓男, 矢谷 博文, 天野 洋一, 松香 芳三, 岡 延綱, 横山 智子, 山下 敦 :
生物学的近似モデルによる顎関節部負荷に関する研究 その1.片側噛みしめ時の左右顎関節部負荷,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.33, 113, 1989年.
381. 山下 敦, 松香 芳三 :
簡易型顎関節X線規格写真(Anatomic X-ray Aligner)の規格法と読み方,
日本顎頭蓋機能学会雑誌, Vol.2, No.1, 77-78, 1989年.
382. 松香 芳三, 矢谷 博文, 窪木 拓男, 天野 洋一, 山下 敦 :
顎関節症の終末治療としてのオクルーザルボンディング,
接着歯学, Vol.7, No.2, 147-148, 1989年.
383. 窪木 拓男, 矢谷 博文, 天野 洋一, 松香 芳三, 山下 敦 :
筋作業によって惹起される下顎偏位に関する実験的研究 -その3-,
日本補綴学会雑誌, Vol.32, 114, 1988年.

作品:

1. 松香 芳三, 他 126名 :
日本顎関節学会学術用語集,
1-127, 2017年7月.

その他・研究会:

1. Raju Resmi, Masamitsu Ohshima, Tsuyoshi Morita, Yan Huijiao, Miho Inoue, Otto Baba, Inoue Masahisa and Yoshizo Matsuka :
Three-dimensional periodontal tissue regeneration using a bone-ligament complex cell sheet,
発生・再生・遺伝クラスター ミニリトリート, Feb. 2020.
2. Dalanon Junhel, Sachiko Chikahisa, Noriyuki Shimizu, Waskitho Arief, Chavan Parimal, Lakshmi Swarna, Hiroyoshi Sei, Masamitsu Ohshima and Yoshizo Matsuka :
The effect of predictable chronic mild stress on sleep quality and nociception,
徳島大学脳科学クラスターミニリトリート, Feb. 2020.
3. Waskitho Arief, Yumiko Yamamoto, Tsuyoshi Morita, Yan Huijiao, Raju Resmi, Masamitsu Ohshima, Dalanon Junhel, Laksmi Swarna, Chavan P., Otto Baba and Yoshizo Matsuka :
Botulinum toxin A administration in chemotherapy-induced neuropathic pain rat model,
徳島大学脳科学クラスターミニリトリート, Feb. 2020.
4. 松香 芳三 :
口腔顔面痛に対する新規治療法の開発,
ダイバーシティ推進研究交流会, 2020年1月.
5. Yoshizo Matsuka :
Educatio and research opportunities,
Chettinad Dental College, Apr. 2019.
6. Yoshizo Matsuka :
Management and research in orofacial pain,
Manipal College of Dental Sciences, Apr. 2019.
7. Resmi Raju, Miho Inoue, M. Naritani, Mayu Miyagi, Yuehui Zhang, Masamitsu Oshima, Masahisa Inoue and Yoshizo Matsuka :
Cellular kinetics of bone marrow derived mesenchymal cells by short-term TNF-alpha stimulation,
Tokushima University Bioscience Retreat, Sep. 2017.
8. S. Afroz, Iwasa Takuma, Oshima Masamitsu, Rieko Arakaki, Miho Inoue, Naozumi Ishimaru and Yoshizo Matsuka :
Cytokine release from satellite glial cells of trigeminal ganglia,
Tokushima University Bioscience Retreat, Sep. 2017.
9. Yoshizo Matsuka :
Basic pain mechanisms of orofacial pain,
Mar. 2014.
10. 松香 芳三 :
超高齢社会おける歯科診療,
徳島市歯科医師会学術講演会, 2013年10月.
11. 松香 芳三 :
学会専門医取得と多施設臨床研究,
中野予防歯学研究会講演会, 2013年9月.
12. 松香 芳三 :
非歯原性歯痛の診断と治療,
フォーラム吹田アルファ, 2013年9月.
13. 松香 芳三 :
超高齢社会における歯科診療,
岡山大学歯学部同窓会, 2013年7月.
14. 松香 芳三 :
超高齢社会における補綴診療,
一の会学術講演会, 2013年2月.
15. 松香 芳三 :
スプリントの作製・調整方法,
岡山大学歯学部同窓会 岡山県支部講演会, 2013年2月.
16. 松香 芳三 :
Altered ATP release and metabolism in dorsal root ganglia of neuropathic pain,
岡山歯学会優秀論文賞 受賞講演, 2010年9月.
17. 松香 芳三 :
サンプリングとフォローアップ,変数の測定と解析,
東京歯科大学臨床研究デザインワークショップ, 2009年8月.
18. 松香 芳三 :
子供のむし歯予防,乳児期からの対応,
Asian Pacific Health Care Venture, 2005年4月.
19. 松香 芳三 :
子供のむし歯は予防することができる!,
Asian Pacific Health Care Venture, 2004年11月.
20. 松香 芳三 :
慢性顔面痛と神経節内での神経伝達物質の遊離,
大阪大学歯学部COE講演会, 2004年9月.
21. Yoshizo Matsuka :
Chronic orofacial pain and neurotransmitter release within sensory ganglia,
University of Minnesota School of Dentistry, Jul. 2004.
22. 松香 芳三 :
Orofacial Painの臨床と疼痛メカニズム解明のための基礎研究,
神奈川歯科大学研究懇話会, 2002年6月.
23. 松香 芳三 :
神経節内でのサブスタンスPおよびATPの遊離,
関東近県顎関節懇談会, 2000年11月.
24. 松香 芳三 :
顎関節症の基礎知識,
歯科保健研究会, 1993年2月.

報告書:

1. 松香 芳三, 大倉 一夫, 小見山 道, 石垣 尚一, 鳥巣 哲朗, 大野 由夏, 佐藤 仁, 島田 明子, 山﨑 陽子, 峯 篤史, 長縄 拓哉, 佐久間 泰司, 佐々木 啓一 :
口腔顎顔面痛に対する運動療法,
日本歯科医学会 医療問題関連事業報告書, 2017年.
2. 松香 芳三 :
徳島大学の教育の新展開 歯学部,
とくtalk, No.166, 3, 2017年1月.
3. 松香 芳三 :
巻頭言,
日本顎関節学会雑誌, Vol.29, No.3, 1, 2016年12月.
4. 松香 芳三 :
ハイブリッドレジンを使用したCAD/CAM冠の保険適応,
いきいきらいふ, Vol.46, No.1, 2014年1月.
5. 西川 啓介, 重本 修伺, 薩摩 登誉子, 鈴木 善貴, 松香 芳三 :
咬合可視化装置を用いた顎機能検査法の開発,
連携機能を活用した口腔から QOL向上を目指す研究報告書, 51-52, 2013年3月.
6. 松尾 龍二, 山本 敏男, 皆木 省吾, 高柴 正悟, 佐々木 朗, 窪木 拓男, 永塚 仁, 松香 芳三, 白井 肇, 吉田 登志子 :
国際短期交換留学生ペアリング・システムの創成,
平成21年度岡山大学学長裁量経費(教育研究プロジェクト等)成果報告書, 2010年.
7. 川崎 浩二, 松香 芳三, 永尾 寛, 上田 貴之, 栗山 真理子, 秋元 秀俊, 平田 創一郎 :
(社)日本補綴歯科学会『歯の欠損の補綴歯科診療ガイドライン2008』の患者向けガイドライン作成に向けたペイシェントクエスチョンの収集-患者インタビューによる収集-,
厚生労働省科学研究費補助金(地域医療基盤開発推進事業)分担研究報告書, 2010年.
8. 石井 拓男, 窪木 拓男, 松香 芳三, 木村 彩 :
(社)日本補綴歯科学会『歯の欠損の補綴歯科診療ガイドライン2008』の患者向けガイドライン作成に向けたペイシェントクエスチョンの収集-患者アンケートによる収集-,
厚生労働省科学研究費補助金(地域医療基盤開発推進事業)分担研究報告書, 2010年.
9. 松香 芳三 :
専門医研修会 顎機能障害の診断と発症原因を考慮に入れた治療,
Letter for Members 国際補綴歯科学会名古屋 2008レポート, 12-13, 2008年.
10. 窪木 拓男, 松香 芳三, 小熊 恵一, 北村 洋一 :
ボツリヌス毒素由来のポリペプチドを有効成分として含む鎮痛作用を有する医薬品,
岡山TLO技術シーズ集, 10, 2008年.
11. 松香 芳三 :
研究シーズ,
岡山大学産学官融合センター 研究シーズ集4, 45-46, 2008年.

特許:

1. 皆木 省吾, 西川 啓介, 松香 芳三 : 咬みしめ検知具及び歯ぎしり治療具並びに筋緊張性頭痛治療具, 特願2015-243384 (2015年12月), .
2. 窪木 拓男, 松香 芳三, 小熊 恵二, 北村 洋一 : ボツリヌス毒素由来のポリペプチドを有効成分として含む鎮痛作用を有する医薬組成物, 特願2008-182218 (2008年7月), 特開2009-132672 (2009年6月), .
3. 窪木 拓男, 松香 芳三, 小熊 恵二, 北村 洋一 : ボツリヌス毒素由来のポリペプチドを有効成分として含む鎮痛作用を有する医薬組成物, 特願2008-182218 (2008年7月), 特開2009-132672 (2009年6月), 特許第2009-132672号 (2009年6月).

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • ボツリヌス神経毒素の鎮痛効果発現における直接的作用と間接的作用 (研究課題/領域番号: 20K12648 )
  • 末梢血miRNA発現解析による金属アレルギー疾患の新規診断バイオマーカーの確立 (研究課題/領域番号: 20K10038 )
  • 顎関節円板前方転位に対してスプリント装着が及ぼす治療効果の定量評価の試み (研究課題/領域番号: 19K11323 )
  • 口腔内湿潤度と睡眠中の呼吸および睡眠時ブラキシズムの関係 (研究課題/領域番号: 19K10248 )
  • 咬合メカニカルストレスによる歯周組織形成・成熟機構に立脚したバイオ人工歯根の開発 (研究課題/領域番号: 19K10208 )
  • 加齢による口腔機能低下の予防を目的とした経皮的電気刺激応用の口腔機能管理の確立 (研究課題/領域番号: 18K09701 )
  • 覚醒時ならびに睡眠時ブラキシズムにおける咬筋酸素化動態の検討 (研究課題/領域番号: 18K09700 )
  • 口腔顔面痛治療に向けたニューロン-グリア シグナルプロセッシング解明 (研究課題/領域番号: 18H02992 )
  • 国際的な歯科医師養成を目標とした歯科英語教育早期導入のためのフレームワーク開発 (研究課題/領域番号: 17K12049 )
  • 骨形成作用を有する抗DKK-1抗体の効果メカニズムの解明 (研究課題/領域番号: 17K11753 )
  • 神経障害性疼痛に対するボツリヌス療法の前臨床研究 (研究課題/領域番号: 17K01358 )
  • 次世代歯科用CAD/CAMシステム -顎口腔機能情報の活用- (研究課題/領域番号: 16K11627 )
  • BCS方式による歯列接触モニタの開発と応用 (研究課題/領域番号: 16K11625 )
  • 歯髄細胞の幹細胞化を応用した新規治療法の開発 (研究課題/領域番号: 16K11600 )
  • 金属アレルギー;感作と発症間に何があるのか?―特異的遺伝子の同定― (研究課題/領域番号: 16K11599 )
  • 睡眠時ブラキシズムの顎運動を制御する方法の検討 (研究課題/領域番号: 15K11198 )
  • ボツリヌス毒素の疼痛抑制効果の分子基盤解明と応用的研究 (研究課題/領域番号: 26350499 )
  • 歯への機械的刺激の中枢伝達メカニズム -咬合感覚違和感患者の治療法開発に向けて- (研究課題/領域番号: 26293412 )
  • ボツリヌス毒素を用いた咬合感覚異常に対する治療法の開発 (研究課題/領域番号: 25670821 )
  • チタンアレルギーの解明と予防法の検討 (研究課題/領域番号: 25463003 )
  • 睡眠時ブラキシズム発現時の咬合の可視化 (研究課題/領域番号: 25463001 )
  • サルコペニアによる摂食・嚥下機能低下の予防を目的とした電気的筋肉刺激装置の開発 (研究課題/領域番号: 25463000 )
  • ボツリヌス毒素を応用した神経再生療法の開発 (研究課題/領域番号: 23659897 )
  • ニューロモジュレーターであるセロトニン動態から見た睡眠時ブラキシズム発症機序解明 (研究課題/領域番号: 23390442 )
  • 分子イメージングとバイオマーカー探索による慢性筋痛の局所病態解析 (研究課題/領域番号: 22592151 )
  • 三叉神経損傷による神経因性疼痛発症メカニズムの研究 (研究課題/領域番号: 22592035 )
  • 三叉神経ニューロンの過敏化に対する新規治療法の開発 (研究課題/領域番号: 22390365 )
  • 咬合感覚異常症の病因解明のための慢性的な咬合干渉による中枢性感作の観察 (研究課題/領域番号: 21592479 )
  • モノアミン遺伝子多型よりみた睡眠時ブラキシズムの素因に関する分子遺伝学的研究 (研究課題/領域番号: 20592265 )
  • 口腔インプラントは在宅・介護現場における要介護高齢者の口腔ケアの妨げになる? (研究課題/領域番号: 20592264 )
  • 咬合感覚異常症患者における末梢および中枢知覚神経活動の亢進と治療法開発 (研究課題/領域番号: 19659506 )
  • II型可溶型TNF受容体を用いた重度変形性顎関節症に対する局所抗サイトカイン療法 (研究課題/領域番号: 19592237 )
  • アドレナリンレプターの遺伝子多型からみた慢性筋痛の病態解明と症型分類 (研究課題/領域番号: 18659572 )
  • オゾン照射によるエルビウムヤグレーザー照射象牙質の脆弱層強化 (研究課題/領域番号: 18592123 )
  • 発生過程を再現する象牙質再生技術の開発歯胚や歯髄の不死化細胞株樹立とその応用 (研究課題/領域番号: 18390514 )
  • 三叉神経痛において生じている一次侵害受容神経過敏化のメカニズムの解明と治療法開発 (研究課題/領域番号: 18390512 )
  • 歯面へ析出させた金属イオンによる接着力強化法:予備的検討 (研究課題/領域番号: 10877314 )
  • 多数歯補綴を行った患者におけるプロセス治療の効果に関する研究 (研究課題/領域番号: 10671827 )
  • 変形性顎関節症の発症機序とその治癒機構 (研究課題/領域番号: 07672110 )
  • 研究者番号(90243477)による検索