検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 歯学域 > 口腔科学部門 > 口腔保健学系 > 口腔機能管理学 >
徳島大学 > 口腔科学教育部 > 口腔保健学専攻 >
徳島大学 > 歯学部 > 口腔保健学科 > 口腔保健支援学講座 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 苔口 進, 渡辺 朱理, 佐藤 法仁 :
第2部 歯科医院に勤める効果的な「院内感染」対策 Ⅳ環境への対策,
2014年10月.
2. 佐藤 法仁, 渡辺 朱理, 苔口 進 :
医療従事者の身だしなみに関する研究-医師・歯科医師の身だしなみに対する不快度調査-,
(株)日本医事新報社, 東京, 2010年7月.
3. 佐藤 法仁, 渡辺 朱理, 苔口 進, 福井 一博 :
歯科臨床実習生における感染制御専門資格および組織に関する認知度調査,
株式会社メディカ出版, 大阪, 2007年6月.

学術論文(審査論文):

1. 中村 吉伸, 松山 美和, 大村 智也, 渡辺 朱理, 東田 武志 :
高齢脳血管疾患患者における摂食嚥下機能と開口力の関係,
日本老年医学会雑誌, Vol.56, No.3, 265-272, 2019年.
(DOI: 10.3143/geriatrics.56.265,   Elsevier: Scopus)
2. Akari Watanabe, Takaku Satoru, Yokota Kenji, Hayashi Shunji, Naofumi Tamaki and Kokeguchi Susumu :
A survey of Lasioderma serricorne (Fabricius) in Japanese Dental Clinics,
Biocontrol Science, Vol.24, No.2, 117-121, 2019.
(DOI: 10.4265/bio.24.117,   PubMed: 31204356,   Elsevier: Scopus)
3. Akari Watanabe, Naofumi Tamaki, Yokota Kenji, Miwa Matsuyama and Kokeguchi Susumu :
Use of ATP bioluminescence to survey the spread of aerosol and splatter during dental treatments,
The Journal of Hospital Infection, Vol.99, 303-305, 2018.
(DOI: 10.1016/j.jhin.2018.03.002,   PubMed: 29551649)
4. 横田 憲治, 渡邉 都貴子, 林 俊治, 渡辺 朱理, 苔口 進, 平井 義一, 松下 治 :
環境汚染菌の消毒剤および除菌洗浄剤含浸ワイプによる拭き取り除去効果,
日本防菌防黴学会誌, Vol.46, No.1, 3-8, 2018年.
5. 松尾 貴央, 松山 美和, 渡辺 朱理, 中谷 謙, 前田 留美子 :
言語聴覚士による4種の嚥下スクリーニングテストの主観的評価,
言語聴覚研究, Vol.14, No.1, 40-46, 2017年.
(徳島大学機関リポジトリ: 112360)
6. 小林 莉子, 松山 美和, 大田 春菜, 渡辺 朱理 :
高齢者の咀嚼・嚥下機能と食品嗜好との関連性,
日本摂食·嚥下リハビリテーション学会雑誌, Vol.20, No.3, 132-139, 2016年.
(徳島大学機関リポジトリ: 112358,   CiNii: 120006532442)
7. Akari Watanabe, Naofumi Tamaki, Kenji Yokota, Miwa Matsuyama and Susumu Kokeguchi :
Monitoring of bacterial contamination of dental unit water lines using adenosine triphosphate bioluminescence,
The Journal of Hospital Infection, Vol.94, No.4, 393-396, 2016.
(DOI: 10.1016/j.jhin.2016.08.001,   PubMed: 27597265)
8. 渡辺 朱理, 高久 悟, 松山 美和, 苔口 進 :
臨床実習用デンタルユニット給水ライン(DUWLs)における細菌生息状況調査,
日本歯科衛生教育学会雑誌, Vol.7, No.1, 58-64, 2016年.
(CiNii: 40020870228)
9. Akari Watanabe, Naofumi Tamaki, Miwa Matsuyama and Susumu Kokeguchi :
Molecular analysis for bacterial contamination in dental unit water lines,
The New Microbiologica, Vol.39, No.2, 143-145, 2016.
(PubMed: 27196554)
10. 松尾 貴央, 松山 美和, 渡辺 朱理, 中谷 謙 :
嚥下障害のスクリーニングテストの比較研究,
日本摂食·嚥下リハビリテーション学会雑誌, Vol.20, No.1, 3-10, 2016年.
(徳島大学機関リポジトリ: 112355,   CiNii: 120006532440)
11. 長瀬 優里, 苔口 進, 横田 憲治, 松山 美和, 渡辺 朱理 :
歯ブラシへの付着・残存口腔内細菌調査,
四国公衆衛生学会雑誌, Vol.61, No.1, 87-92, 2016年.
12. 大村 智也, 松山 美和, 渡辺 朱理, 小林 莉子, 前田 さおり :
地域在宅高齢者における骨格筋量・骨格筋力と開口力との関連性,
日摂食嚥下リハ会誌, Vol.19, No.3, 214-221, 2015年.
(徳島大学機関リポジトリ: 112354)
13. 渡辺 朱理, 佐藤 法仁, 高久 悟, 苔口 進 :
日米の歯科衛生士養成課程における感染予防教育の比較-質問紙法による認識度と習熟度の検討-,
日本歯科衛生教育学会雑誌, Vol.4, No.1, 41-48, 2013年.
(CiNii: 40019742083)
14. 渡辺 朱理, 佐藤 法仁, 苔口 進 :
歯科衛生士の清潔感に関する患者の意識調査,
全国大学歯科衛生士教育協議会雑誌, No.2, 8-14, 2013年.
(CiNii: 40019652544)
15. 渡辺 朱理, 佐藤 法仁, 苔口 進 :
歯科衛生士学校生における市中感染型メチシリン耐性ブドウ球菌の保菌調査を通しての感染予防対策教育の向上,
日本歯科衛生学会雑誌, Vol.5, No.2, 69-76, 2011年.
(CiNii: 40018725298)
16. 渡辺 朱理 :
歯科臨床における感染予防対策意識と行動についての現状と課題 -某県歯科衛生士会会員に対する意識調査から-,
日本歯科衛生学会雑誌, Vol.4, No.2, 32-42, 2010年.
17. 佐藤 法仁, 渡辺 朱理, 苔口 進, 大原 直也 :
ATP測定法を用いた歯科医師着用の歯科用ゴーグルと眼鏡の清浄度調査,
日本環境感染学会誌, Vol.25, No.2, 79-84, 2010年.
(DOI: 10.4058/jsei.25.79,   CiNii: 10026902188)
18. 佐藤 法仁, 渡辺 朱理, 鳥井 康弘, 苔口 進 :
医療および介護・社会福祉系専門資格の認知度に関する研究―研修歯科医師と非医療系大学生との比較―,
醫學と生物學, Vol.153, No.11, 540-544, 2009年.
19. 佐藤 法仁, 渡辺 朱理, 苔口 進 :
ATP測定法を用いた歯科医療従事者着用滅菌マスクの清浄度調査,
醫學と生物學, Vol.153, No.10, 437-442, 2009年.
20. 佐藤 法仁, 渡辺 朱理, 苔口 進 :
肝炎を中心とした医療関連感染に対する意識調査,
日本環境感染学会, Vol.24, No.1, 53-56, 2009年.
21. 佐藤 法仁, 渡辺 朱理, 苔口 進 :
感染防止と歯科医療受診行動Ⅳ∼「感染予防対策」は患者が歯科医療施設を選択する際に重要なのか∼,
醫學と生物學, Vol.153, No.1, 14-20, 2009年.
22. 渡辺 朱理, 佐藤 法仁, 苔口 進, 福井 一博 :
歯学科学生,歯科衛生士学校生,非医療系大学生における結核に対する意識調査,
日本歯科衛生学会雑誌, Vol.2, No.2, 19-28, 2008年.
23. 佐藤 法仁, 渡辺 朱理, 苔口 進, 福井 一博 :
独立行政法人 大学評価・学位授与機構における「学士(口腔保健学)」の新設について,
日本歯科衛生学会雑誌, Vol.2, No.1, 55-61, 2007年.
24. 渡辺 朱理, 佐藤 法仁, 苔口 進, 福井 一博 :
歯学部学生のメチシリン耐性ブドウ球菌の保菌調査と院内感染に関する意識調査,
日本歯科衛生学会雑誌, Vol.1, No.2, 25-33, 2007年.
25. 佐藤 法仁, 渡辺 朱理, 杉浦 裕子, 苔口 進, 福井 一博 :
口腔衛生における感染制御専門家養成に関する提言∼感染管理歯科衛生士の必要性と可能性について∼,
日本歯科衛生学会雑誌, Vol.1, No.2, 57-63, 2007年.
26. 佐藤 法仁, 渡辺 朱理, 苔口 進, 福井 一博 :
歯科衛生士学校生におけるインフェクションコントロールドクターに対する意識調査∼感染制御教育の重要性について∼,
日本歯科衛生学会雑誌, Vol.1, No.2, 68-73, 2007年.
27. 渡辺 朱理, 佐藤 法仁, 苔口 進, 福井 一博 :
感染防止と歯科医療受診行動Ⅲ ∼歯科学生,歯科衛生士学生,非医療系大学生におけるMRSAに対する意識調査∼,
醫學と生物學, Vol.150, No.9, 336-343, 2006年.
28. 佐藤 法仁, 高橋 佳代, 渡辺 朱理, 苔口 進, 福井 一博 :
感染防止と歯科医療受診行動Ⅰ∼歯科学生,歯科衛生士学生,非医療系大学生における歯科医院選択に対する意識調査∼,
醫學と生物學, Vol.150, No.4, 152-158, 2006年.
29. 佐藤 法仁, 渡辺 朱理, 苔口 進, 福井 一博 :
感染防止と歯科医療受診行動Ⅱ∼歯科学生,歯科衛生士学生,非医療系大学生におけるHIV/AIDSに対する意識調査∼,
醫學と生物學, Vol.150, No.6, 216-228, 2006年.

国際会議:

1. Akari Watanabe, Yokota Kenji, Naofumi Tamaki and Kokeguchi Susumu :
Effects of Oral Cleaning and Mouthwash in the Hospitalized Elderly,
96th General Session & Exhibition of the IADR IADR Pan European Regional Congress, London, Jul. 2018.
2. Akari Watanabe, Naofumi Tamaki, Kenji Yokota, Susumu Kokeguchi and Miwa Matsuyama :
Survey of Dissemination of Aerosol and Splatter during Dental Treatments,
The4th ASEAN plus and TOKUSHIMA Joint International Conference on Challenging and Innovation in Oral Sciences, 28, Bali, Dec. 2017.
3. Mayu Sato, Osamu Matsushita, Akari Watanabe, Kou Miura, Hiroyuki Okada and Kenji Yokota :
The IL10 Response and T Helper2 Immunity are Important in Hericobacter Pylori-Associated Gastric Cancer,
International Union of Microbiological Societies(IUMS2017), shingapore, Jul. 2017.
4. Chihiro Kageyama, Osamu Matsushita, Akari Watanabe, Yasuharu Sato and Kenji Yokota :
Campylobacter Jejuni/Coli Infection is Associated with Tafro Syndrome,
International Union of Microbiological Societies(IUMS2017), singapore, Jul. 2017.
5. Akari Watanabe, Naofumi Tamaki, Kenji Yokota, Miwa Matsuyama and Susumu Kokeguchi :
Survey of Methicillin-Resistant Staphylococci From Hospital Environment in Japan,
International Union of Microbiological Societies(IUMS2017), singapore, Jul. 2017.
6. Akari Watanabe, Naofumi Tamaki and Susumu Kokeguchi :
Bacterial-Contamination Monitoring of Dental Unit Water Lines Using ATP-Bioluminescence Analysis,
94th General Session & Exhibition of the IADR, Vol.2016, 154, Seoul, Jun. 2016.
7. Miwa Matsuyama, Tomoya Omura, Akari Watanabe and Riko Kobayashi :
Relationship between muscle and oral function in Japanese community-dwelling elderly,
39th Annual Conference of the European Prosthodontic Association, 72, Prague, Czech Republic, Sep. 2015.
8. Akari Watanabe, Naofumi Tamaki, Susumu Kokeguchi and Miwa Matsuyama :
A survey of Lasioderma serricorne (FABRICIUS) in Japanese Dental Clinics,
93rd General Session & Exhibition of the IADR, Vol.2015, 147, Boston, Mar. 2015.
9. Miwa Matsuyama, Riko Kobayashi, Saori Maeda and Akari Watanabe :
Relationship between oral function and food preferences among elderly Japanese,
38th Annual Conference of the European Prosthodontic Association, 185-186, Sep. 2014.
10. Akari Watanabe, Naofumi Tamaki, Miwa Matsuyama and Susumu Kokeguchi :
Bacterial Contamination of Dental Units used by Dental Hygiene Students,
International Association for Dental Research-Asia Pacific Region(IADR-APR), Bangkok, Aug. 2013.
11. Akari Watanabe, Naofumi Tamaki, Norito Sato and Susumu Kokeguchi :
Infection Control Awareness among American and Japanese Dental Hygienist Students,
IADR, Seattle, Mar. 2013.
12. Akari Watanabe, Norito Sato, Naofumi Tamaki and Susumu Kokeguchi :
Evaluation of contamination on dental PPE using an ATP-bioluminescence method.,
International Union of Microbiological Societies 2011, Sapporo, Sep. 2011.
13. Norito Sato, KImito Hirai, Akari Watanabe, Hidenobu Senpuku, Susumu Kokeguchi and Naoya Ohara :
Monitoring microbial contamination on namecard-holders to prevent nosocomial infections.,
The 8th East Asian Conference on Infection Control and Prevention, Tokyo, Nov. 2009.
14. Norito Sato, Akari Watanabe, Hidenobu Senpuku, Susumu Kokeguchi and Naoya Ohara :
Investigation of the contamination of dental surgical goggles and dentists spectacles using the ATP bioluminescence method.,
The 8th East Asian Conference on Infection Control and Prevention, Tokyo, Nov. 2009.
15. Norito Sato, Akari Watanabe, Hidenobu Senpuku, Susumu Kokeguchi and Naoya Ohara :
Research investigation of infection control knowledge, practice and perceptions of clinical-training students and post-graduate dental training in educational programs.,
The 8th East Asian Conference on Infection Control and Prevention, Tokyo, Nov. 2009.
16. Norito Sato, Akari Watanabe and Susumu Kokeguchi :
Survey of infection control knowledge, practice and perceptions in post-graduate dental training and sixth-year dentalstudents for educational program,
The Second International Symposium of Medical and Dental Education in Okayama., Okayama, May 2009.
17. Akari Watanabe, Sato Norito, Naofumi Tamaki, Tanimoto Ichiro, Maeda Hiroshi, Takashiba Shogo and Kokeguchi Susumu :
Monitoring microbial contamination on namecard-holders to prevent nosocomial infections.,
87th General Session & Exhibition of the IADR, Miami, Mar. 2009.
18. Akari Watanabe, Naofumi Tamaki, Ichiro Tanimoto, Hiroshi Maeda, Norito Sato, Shogo Takashiba, Susumu Kokeguchi and Kazuhiro Fukui :
Molecular Analysis for Bacterial Contamination in Dental Unit Water Line.,
86th General Session & Exhibition of the IADR, Toronto, Jul. 2008.

国内講演発表:

1. 平井 一行, 平井 義一, 渡辺 朱理, 横田 憲治 :
内視鏡洗浄機の細菌汚染調査,
第34回日本環境感染学会総会・学術集会, 122, 2019年2月.
2. 渡辺 朱理, 横田 憲治, 林 俊治, 苔口 進 :
地域在住高齢者におけるメチシリン耐性ブドウ球菌の保菌状況調査,
第34回日本環境感染学会総会・学術集会, 90, 2019年2月.
3. 渡辺 朱理, 長岡 仁美, 中江 弘美, 吉岡 昌美, 苔口 進, 松山 美和 :
吸い飲みにおける衛生学的検討,
日本歯科衛生学会雑誌, Vol.13, No.1, 138, 2018年9月.
4. 佐藤 妃映, 横田 憲治, 渡辺 朱理, 苔口 進, 衛藤 友美, 高阪 翔士 :
尿沈渣標本中に出現する顆粒状物質と尿路感染症細菌との関連について,
第33回日本環境感染学会総会・学術集会, 87, 2018年2月.
5. 渡辺 朱理, 苔口 進, 横田 憲治, 松山 美和 :
歯科予防処置における飛散汚染状況調査ーATP測定法と細菌培養法からの検討ー,
日本歯科衛生学会雑誌, Vol.12, No.1, 145, 2017年9月.
6. 中村 吉伸, 松山 美和, 大村 智也, 渡辺 朱理 :
脳血管疾患患者における摂食嚥下機能と開口力の関係,
第23回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会抄録集, 331, 2017年9月.
7. 中村 吉伸, 松山 美和, 大村 智也, 渡辺 朱理 :
脳血管疾患患者における舌骨上筋群筋力と摂食嚥下機能との関連性について,
第30回一般社団法人日本口腔リハビリテーション学会学術大会, 44, 2016年11月.
8. 横田 憲治, 松下 治, 山本 由弥子, 美間 健彦, 後藤 和義, 渡辺 朱理, 苔口 進 :
岡山大学病院におけるHelicobacter pylori 各薬剤耐性菌の状況,
第69回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 59, 2016年10月.
9. 渡辺 朱理, 横田 憲治, 苔口 進, 松山 美和 :
病院内環境におけるメチシリン耐性ブドウ球菌調査,
日本歯科衛生学会雑誌, Vol.11, No.1, 152, 2016年9月.
10. 藤原 奈津美, 中江 弘美, 吉岡 昌美, 十川 悠香, 高橋 侑子, 田口 侑子, 渡辺 朱理, 土井 登紀子, 尾崎 和美, 日野出 大輔 :
某大学における周術期口腔機能管理の臨床実習の取り組みとその効果,
日本歯科衛生学会 第11回学術大会 2016年9/17日~19日 広島県広島市 広島国際会議場, Vol.11, No.1, 174, 2016年9月.
11. 中江 弘美, 薮内 さつき, 藤原 奈津美, 柳沢 志津子, 吉岡 昌美, 吉田 賀弥, 竹内 祐子, 渡辺 朱理, 土井 登紀子, 松山 美和, 伊賀 弘起, 尾崎 和美, 日野出 大輔, 中野 雅德, 白山 靖彦 :
健口体操ポスターを活用した口腔機能向上の取り組み,
第13回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2016年4月.
12. 苔口 進, 渡辺 朱理, 横田 憲治 :
口腔内におけるメトロニダゾール耐性歯周病細菌の調査,
環境感染誌, Vol.31, 478, 2016年2月.
13. 梶原 美恵子, 松山 美和, 渡辺 朱理, 小林 莉子 :
回復期リハビリテーション病棟入院患者の栄養状態とサルコペニアに関する現状,
第29回日本口腔リハビリテーション学会学術大会, 48, 2015年11月.
14. 小林 莉子, 松山 美和, 梶原 美恵子, 渡辺 朱理 :
高齢者の咀嚼,嚥下機能と食品嗜好との関連性 第2報 外来受診患者とデイサービス利用者の比較,
第29回日本口腔リハビリテーション学会学術大会, 42, 2015年11月.
15. 土田 佳代, 渡辺 朱理, 松山 美和 :
特別支援学校における歯科医療機関との連携体制ーアンケート調査による問題点抽出ー,
日本歯科衛生学会雑誌, Vol.10, No.1, 115, 2015年9月.
16. 渡辺 朱理, 横田 憲治, 松山 美和, 苔口 進 :
口腔清掃と洗口との併用効果の検討ー口腔内細菌数を指標にしてー,
日本歯科衛生学会雑誌, Vol.10, No.1, 120, 2015年9月.
17. 松尾 貴央, 松山 美和, 渡辺 朱理, 中谷 謙 :
日本版Standardized Swallowing Assessment の教則ビデオ有用性の検証,
第21回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会, 2015年9月.
18. 薮内 さつき, 中江 弘美, 日野出 大輔, 伊賀 弘起, 尾崎 和美, 白山 靖彦, 松山 美和, 吉岡 昌美, 柳沢 志津子, 藤原 奈津美, 渡辺 朱理, 土井 登紀子, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
歯学部学生の情動知能に対する高齢者交流学習の効果,
第34回日本歯科医学教育学会総会および学術大会 鹿児島市, 2015年7月.
19. 苔口 進, 狩山 玲子, 横田 憲治, 渡辺 朱理 :
細菌必須遺伝子を標的とする阻害リード化合物の口腔細菌に対する効果,
日本環境感染学会総会・学術集会, Vol.30, 438, 2015年2月.
20. 横田 憲治, 渡邉 都貴子, 林 俊治, 渡辺 朱理, 苔口 進 :
環境汚染菌の消毒剤含浸ワイプによる拭き取り効果の検討,
日本環境感染学会総会・学術集会, Vol.30, 206, 2015年2月.
21. 薮内 さつき, 中江 弘美, 日野出 大輔, 竹内 祐子, 伊賀 弘起, 尾崎 和美, 白山 靖彦, 松山 美和, 柳沢 志津子, 吉岡 昌美, 吉田 賀弥, 藤原 奈津美, 渡辺 朱理, 土井 登紀子, 中野 雅德, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
地域育成型歯学教育プログラムの評価(第2報)地域福祉体験学習における教育効果の変化,
平成26年度FD推進プログラム 大学教育カンファレンスin徳島, 62-63, 2014年12月.
22. 小林 莉子, 松山 美和, 大田 春菜, 渡辺 朱理, 前田 さおり, 大村 智也 :
高齢者の咀嚼,嚥下機能と食品嗜好との関連性,
第28回日本口腔リハビリテーション学会学術大会 プログラム・抄録集, 45, 2014年11月.
23. 大村 智也, 小林 莉子, 渡辺 朱理, 前田 さおり, 松山 美和 :
地域在宅高齢者のサルコペニアの実態と口腔機能との関係,
第28回日本口腔リハビリテーション学会学術大会 プログラム・抄録集, 38, 2014年11月.
24. 横田 憲治, 松下 治, 山本 由弥子, 渡辺 朱理, 美間 健彦, 後藤 和義, 苔口 進 :
院内環境より分離したStaphylococcusの分子疫学,
第67回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 43, 2014年10月.
25. 苔口 進, 狩山 玲子, 渡辺 朱理, 横田 憲治 :
細菌必須遺伝子lpxCを標的とする阻害リード化合物の口腔細菌に対する効果,
第67回 日本細菌学会中国・四国支部総会, 40, 2014年10月.
26. 渡辺 朱理, 玉木 直文, 苔口 進(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 口腔微生物学分野), 松山 美和 :
DUWLs水質評価における液体専用清浄度検査ATP測定法の有用性について,
日本歯科衛生学会雑誌, Vol.9, No.1, 109, 2014年9月.
27. 星野 由美, 溝部 潤子, 中道 敦子, 渡辺 朱理, 藤原 奈津美, 尾崎 和美, 日野出 大輔, 伊賀 弘起, 岩城 重次, 菅 武雄 :
口腔ケアシミュレータを応用したリカレント教育の試み -学生実習との比較- ・北九州,
第33回日本歯科医学教育学会, 2014年7月.
28. 薮内 さつき, 中江 弘美, 日野出 大輔, 伊賀 弘起, 尾崎 和美, 白山 靖彦, 松山 美和, 柳沢 志津子, 吉岡 昌美, 星野 由美, 藤原 奈津美, 渡辺 朱理, 河野 文昭, 吉本 勝彦 :
高齢者交流学習後の歯学部生の高齢者イメージの変化 ・北九州,
日本歯科医学教育学会雑誌, 105, 2014年7月.
29. 渡辺 朱理, 高久 悟, 佐藤 法仁, 苔口 進 :
歯科医療環境におけるタバコシバンムシ生息実態調査からの検討,
第29回日本環境感染学会総会・学術集会, Vol.29, 425, 2014年2月.
30. 星野 由美, 中道 敦子, 管 武雄, 渡辺 朱理, 藤原 奈津美, 松山 美和, 尾崎 和美, 岩城 重次, 日野出 大輔, 伊賀 弘起 :
歯科衛生士学生を対象とした新しい口腔ケア教育の取り組み-口腔ケアシミュレータを応用したケア実習の効果-,
日本歯科衛生教育学会雑誌, Vol.14, No.2, 109, 2013年12月.
31. 渡辺 朱理, 高久 悟, 佐藤 法仁, 苔口 進 :
歯科医院におけるタバコシバンムシの生息状況調査,
日本歯科衛生学会雑誌, Vol.8, No.1, 224, 2013年9月.
32. 渡辺 朱理, 高久 悟, 佐藤 法仁, 苔口 進 :
歯科臨床実習用デンタルユニット給水系における細菌生息状況調査,
日本歯科衛生学会雑誌, Vol.7, No.1, 212, 2012年9月.
33. 渡辺 朱理, 佐藤 法仁, 苔口 進 :
歯科衛生士の身だしなみに 対する不快度調査,
第27回日本環境感染学会総会・総会, Vol.27, 72, 2012年2月.
34. 渡辺 朱理, 佐藤 法仁, 苔口 進 :
日本と米国の歯科衛生士学校生における感染予防対策教育に関する知識と認識についての比較調査,
日本歯科衛生学会雑誌, Vol.6, No.1, 171, 2011年9月.
35. 佐藤 法仁, 渡辺 朱理, 苔口 進 :
ATP測定法を用いたブラッシング時の眼部への飛散汚染度調査,
第26回日本環境感染学会総会, Vol.26, 102, 2011年2月.
36. 佐藤 法仁, 渡辺 朱理, 苔口 進 :
無意識行動における術前手洗い後の不潔域への接触と対策の模索,
第26回日本環境感染学会総会, Vol.26, 92, 2011年2月.
37. 渡辺 朱理, 佐藤 法仁, 苔口 進 :
歯科衛生士学校生における市中感染型メチシリン耐性ブドウ球菌の保菌調査 -感染予防対策教育に向けて-,
第26回日本環境感染学会総会, Vol.26, 74, 2011年2月.
38. 渡辺 朱理, 佐藤 法仁, 苔口 進 :
歯科臨床における感染予防対策の認識と課題,
第1回日本歯科衛生教育学会歯科衛生士専任教員秋期学術研修会, 18-19, 2010年12月.
39. 渡辺 朱理, 佐藤 法仁, 苔口 進 :
ATP測定法を利用した歯科衛生士着用のサージカルマスクの汚染度調査,
日本歯科衛生学会雑誌, Vol.5, No.1, 136, 2010年9月.
40. 佐藤 法仁, 渡辺 朱理, 苔口 進 :
ATP測定法を利用した歯科医療従事者着用の歯科用ゴーグルと個人使用眼鏡の汚染度比較調査,
日本歯科衛生学会雑誌, Vol.5, No.1, 137, 2010年9月.
41. 苔口 進, 佐藤 法仁, 渡辺 朱理 :
ATPふき取り検査を用いた歯科医療環境の清浄度調査 -歯科医療における院内感染対策への活用に向けて-,
歯科医療における院内感染対策シンポジウム, 2010年6月.
42. 佐藤 法仁, 渡辺 朱理, 平井 公人, 苔口 進, 大原 直也 :
ATP測定法によるデンタルチェアユニット水の簡易清浄度評価の可能性について,
第25回日本環境感染学会総会, Vol.25, 2010年2月.
43. 佐藤 法仁, 渡辺 朱理, 平井 公人, 苔口 進, 大原 直也 :
ATP測定法による歯科医療従事者着用の滅菌サージカルマスクの清浄度調査,
第25回日本環境感染学会総会, Vol.25, 2010年2月.
44. 佐藤 法仁, 渡辺 朱理, 苔口 進 :
歯科診療における感染予防対策意識と行動についての現状と課題 第1報岡山県歯科衛生士会会員に対する意識調査,
日本歯科衛生学会雑誌, Vol.4, No.1, 180, 2009年9月.
45. 渡辺 朱理, 佐藤 法仁, 苔口 進 :
市中感染型メチシリン耐性ブドウ球菌の保菌調査からの感染防止教育の向上,
日本歯科衛生学会雑誌, Vol.4, No.1, 113, 2009年9月.
46. 佐藤 法仁, 渡辺 朱理, 苔口 進 :
感染予防対策と歯科医療受診行動 -歯科医療施設選択に対する患者の意識調査-,
第50回日本歯科医療管理学会総会・学術大会, 2009年7月.
47. 佐藤 法仁, 渡辺 朱理, 苔口 進 :
研修歯科医師と歯科衛生士における感染予防対策に対する意識と行動調査,
第50回日本歯科医療管理学会総会・学術大会, 2009年7月.
48. 渡辺 朱理, 佐藤 法仁, 苔口 進 :
デンタルチェアユニット給水系における細菌生息状況調査,
第50回日本歯科医療管理学会総会・学術大会, 2009年7月.
49. 佐藤 法仁, 渡辺 朱理, 苔口 進 :
歯科臨床におけるポリカーボネート製ネームカードホルダーの汚染状況調査,
第24回日本環境感染学会総会, 2009年2月.
50. 佐藤 法仁, 渡辺 朱理, 苔口 進 :
感染予防対策に対する研修歯科医師の意識と行動調査,
第24回日本環境感染学会総会, 2009年2月.
51. 渡辺 朱理, 佐藤 法仁, 苔口 進 :
ベトナムにおける国際歯科診療ボランティア活動への取り組み,
日本歯科衛生学会雑誌, Vol.3, No.1, 175, 2008年9月.
52. 渡辺 朱理, 佐藤 法仁, 苔口 進 :
歯科衛生士学校生における肝炎に対する認知度調査,
日本歯科衛生学会雑誌, Vol.3, No.1, 150, 2008年9月.
53. 渡辺 朱理, 佐藤 法仁, 苔口 進, 福井 一博 :
歯科診療室の給水系における細菌状況調査,
日本歯科衛生学会雑誌, Vol.2, No.1, 90-91, 2007年11月.
54. 渡辺 朱理, 佐藤 法仁, 小倉 佐智子, 植月 里, 苔口 進, 福井 一博 :
歯科衛生士学生に対する位相差顕微鏡を用いたプラーク観察実習の効果,
日本歯科衛生学会雑誌, Vol.2, No.1, 266-267, 2007年11月.
55. 渡辺 朱理, 佐藤 法仁, 苔口 進, 福井 一博 :
歯科衛生学校生における医療および社会福祉系専門資格に対する意識調査,
日本歯科衛生学会雑誌, Vol.1, No.1, 166-167, 2006年11月.
56. 渡辺 朱理, 佐藤 法仁, 苔口 進, 福井 一博 :
歯科医療における感染防止教育の充実に向けて-歯科衛生士学校生におけるMRSAに対する意識調査-,
日本歯科衛生学会雑誌, Vol.1, No.1, 106-107, 2006年11月.

その他・研究会:

1. 佐藤 法仁, 渡辺 朱理, 恒石 美登里, 松尾 敬子, 泉福 英信, 苔口 進, 大原 直也 :
歯科臨床における感染制御行動科学と組織科学の構築をめざして,
第26回歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い, 2010年1月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 口腔細菌による発がんリスク要因の探索とその対策について (研究課題/領域番号: 19K10087 )
  • ピロリ菌感染による胃癌発症の診断と発症機構の解析 (研究課題/領域番号: 18K07447 )
  • 口腔病原細菌を指標とした在宅歯科医療実施環境への新感染制御管理の確立 (研究課題/領域番号: 17K12008 )
  • 在宅歯科医療における標準的環境感染予防システムの構築 (研究課題/領域番号: 26463163 )
  • 歯科医療環境実態調査に基づく感染予防対策充実に関する研究 (研究課題/領域番号: 23792518 )
  • 研究者番号(80585026)による検索