検索:
徳島大学 > 大学院社会産業理工学研究部 > 社会総合科学域 > 国際教養系 > ヨーロッパ分野 >
徳島大学 > 総合科学部 > 社会総合科学科 > 国際教養コース >
徳島大学 > 総合科学部 > 人間文化学科 > 国際教養コース >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704047 文理に共通する基本的技能としての多面的思考を教育する方法の開発 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

環境倫理学, 政治哲学, 比較倫理学

研究テーマ

自然観の比較文化研究, 徳倫理学的アプローチによるローカルな環境倫理の研究, ナショナリズムにおける他者と自然

著書・論文

著書:

1. 熊坂 元大 :
『未来の環境倫理学』,
勁草書房, 2018年3月.
2. 熊坂 元大 :
「環境を守る」とはどういうことか――環境思想入門,
岩波書店, 2016年11月.
3. 岩佐 茂, 稲生 勝, 片山 善博, 佐山 圭司, 熊坂 元大 :
環境問題と環境思想,
創風社, 東京, 2008年5月.

学術論文(審査論文):

1. 熊坂 元大 :
『動物のいのち』におけるエリザベス・コステロの振る舞いから考える交感と受傷性の倫理,
環境思想・教育研究, No.10, 136-143, 2017年.
2. 熊坂 元大 :
環境徳倫理学研究における環境徳と受傷性<Vulnerability>,
総合人間学, No.10, 171-180, 2016年.
3. 熊坂 元大 :
日本の捕鯨を巡る論争の分析:合意困難の原因を探る,
総合人間学, No.6, 109-120, 2012年.
4. 熊坂 元大 :
環境倫理における相対主義克服のための一試論:目的論的自然観の再考,
環境思想・教育研究, No.2, 53-60, 2008年.
5. 熊坂 元大 :
共通善としての環境保護の追究,
唯物論, No.79, 95-109, 2005年.

学術論文(紀要・その他):

1. Motohiro Kumasaka :
Extension and Obfuscation: Two Contrasting Attitudes to the Moral Boundary,
Hitotsubashi Journal of Social Studies, Vol.2, No.44, 21-33, 2012.
(CiNii: 110009512411)
2. 熊坂 元大 :
環境倫理学における自由の概念とその問題,
一橋社会科学, No.2, 73-107, 2008年.

総説・解説:

1. 熊坂 元大 :
生活と環境を守るための知恵と活動,
環境倫理, No.1, 171-252, 2017年8月.
2. 熊坂 元大 :
書評: 上柿崇英・尾関周二編『環境哲学と人間学の架橋――現代社会における人間の解明』(世織書房,二〇一五年),
唯物論, No.89, 118-120, 2015年11月.

国際会議:

1. Motohiro Kumasaka :
Anthropocentrism and Anthropomorphism in Japanese Environmental /Animal Thought,
International Association of Japanese Philosophy 2017 Conference Globalizing Japanese Philosophy: From East Asia to the World, Jul. 2017.
2. 熊坂 元大 :
人文学の二つの役割: 共感の涵養と社会像の提示,
International Humanities Forum "On the Status and Role of Humanities in the Age of Globalization", 徳島, 2017年2月.
3. Motohiro Kumasaka :
Re-thinking Anthropocentrism in Japanese CUlture: Non-anthropocentric Naturalism and Anthropocentric Communication with Nature,
The 2nd Conference on Contemporary Philosophy in East Asia, Kyoto, Aug. 2014.
4. Motohiro Kumasaka :
Advantages and Limitations of Stewardship in intercultural Aspects: A Comparison with the Natural Thought in Japanese Traditions,
Conservation, Restoration and Sustainability: A Call to Stewardship Conference, Provo, Utah, USA., Nov. 2012.
5. Motohiro Kumasaka :
Representations of Nature in Taiwanese and Japanese Traditional Cultures. Similarity and Difference: Respect for the Natural Order and Respect for Natural Existences,
New York Conference on Asian Studies, NYCAS12, New Paltz, New York, USA, Sep. 2012.
6. Motohiro Kumasaka :
Animal Rights vs. Traditional Japanese Thought?: Two Different Ways of Understanding Life behind the Whaling COntroversy,
Reading Nature Conference, Madrid, Dec. 2011.
7. Motohiro Kumasaka :
How Do Japanese See Nature? Past and Present: Japanese Thought as Environmental Virtue Ethics,
The 12th Asian Bioethics Conference, Taipei, Sep. 2011.

国内講演発表:

1. 熊坂 元大 :
ローカルな環境倫理に関 する新しい研究アプローチ,
応用哲学会第10回年次研究大会, 2018年4月.
2. 熊坂 元大 :
動物倫理を踏み越える『動物のいのち』,
日本倫理学会第67回大会, 2016年10月.
3. 熊坂 元大 :
受傷性から考える:環境徳倫理学あるいは環境倫理学における哲学的道徳心理学,
第22回環境思想・教育研究会基礎例会, 2016年7月.
4. 熊坂 元大 :
受傷性から考える:環境徳倫理学または哲学的道徳心理学の試み,
第23回環境思想・教育研究会研究基礎例会, 2016年7月.
5. 熊坂 元大 :
ナショナリズムを巡る憎悪と侮蔑:「排外主義」批判と「拝外主義」批判,
第37回全国唯物論研究協会研究大会, 2014年10月.
6. 熊坂 元大 :
擬人化による自然理解:共感,代弁,憎悪,
環境思想・教育研究会第2回研究大会, 2014年9月.
7. 熊坂 元大 :
ポスト3.11の環境思想?:環境正義と環境徳,
第34回唯物論研究協会研究大会, 2011年10月.
8. 熊坂 元大 :
人間中心主義と自然の内在的価値:概念分析とその応用,
第9回一橋哲学・社会思想学会, 2011年6月.
9. 熊坂 元大 :
自然の内在的価値と固有の価値:環境倫理学の基本概念の分析とケース・スタディとしての捕鯨,
第6回総合人間学会, 2011年6月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)