検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 保健科学域 > 保健科学部門 > 放射線科学系 > 医用理工学 >
徳島大学 > 保健科学教育部 > 保健学専攻 > 医用情報科学領域 >
徳島大学 > 医学部 > 保健学科 > 放射線技術科学専攻 > 医用放射線科学講座 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704019 放射線研究-放射線の作用並びにラジカルの反応機構解明から放射線検出材・耐性剤・防護剤・増感剤の開発まで- >

研究活動

専門分野

放射線生物学 (Radiation Biology), 放射線腫瘍学 (Radiation Oncology), 分子細胞生物学 (Molecular and Cellular Biology), 生化学 (Biochemistry), ケミカルバイオロジー (Chemical Biology)

研究テーマ

p53制御によって正常組織への副作用を軽減する新規放射線防護剤の開発, 複数の作用メカニズムを同時に発現する革新的抗がん剤の開発

著書・論文

著書:

1.松本 義久 編, 森田 明典, :
人体のメカニズムから学ぶ放射線生物学,
株式会社 メジカルビュー社, 2017年2月.

学術論文(審査論文):

1.Akinori Morita, Ippei Takahashi, Megumi Sasatani, Shin Aoki, Bing Wang, Shinya Ariyasu, Kaoru Tanaka, Tetsuji Yamaguchi, Akiko Sawa, Yurie Nishi, Tatsuro Teraoka, Shohei Ujita, Yosuke Kawate, Chihiro Yanagawa, Keiji Tanimoto, Atsushi Enomoto, Mitsuru Nenoi, Kenji Kamiya, Yasushi Nagata, Yoshio Hosoi and Toshiya Inaba :
A chemical modulator of p53 transactivation that acts as a radioprotective agonist.,
Molecular Cancer Therapeutics, 2017.
(DOI: 10.1158/1535-7163.MCT-16-0554,   PubMed: 28939557)
2.Yukihiro Furusawa, Yuka Yamanouchi, Takashi Iizumi, Qing-Li Zhao, Yohei Mitsuhashi, Akinori Morita, Atushi Enomoto, Yoshiaki Tabuchi and Takashi Kondo :
Checkpoint kinase 2 is dispensable for regulation of the p53 response but is required for G2/M arrest and cell survival in cells with p53 defects under heat stress.,
Apoptosis, 2017.
(DOI: 10.1007/s10495-017-1402-2,   PubMed: 28733865)
3.Atsushi Enomoto, Junko Yamada, Akinori Morita and Kiyoshi Miyagawa :
Bisdemethoxycurcumin enhances X-ray-induced apoptosis possibly through p53/Bcl-2 pathway.,
Mutation Research/Genetic Toxicology and Environmental Mutagenesis, Vol.815, 1-5, 2017.
(DOI: 10.1016/j.mrgentox.2016.12.005,   PubMed: 28283087)
4.Takanori Katsube, Bing Wang, Kaoru Tanaka, Yasuharu Ninomiya, Guillaume Varès, Taiki Kawagoshi, Naoko Shiomi, Yoshihisa Kubota, Qiang Liu, Akinori Morita, Tetsuo Nakajima and Mitsuru Nenoi :
Effects of chronic restraint-induced stress on radiation-induced chromosomal aberrations in mouse splenocytes.,
Mutation Research/Genetic Toxicology and Environmental Mutagenesis, Vol.813, 18-26, 2016.
(DOI: 10.1016/j.mrgentox.2016.11.005,   PubMed: 28010925,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
5.Bing Wang, Kaoru Tanaka, Takanori Katsube, Yasuharu Ninomiya, Guillaume Vares, Qiang Liu, Akinori Morita, Tetsuo Nakajima and Mitsuru Nenoi :
Chronic restraint-induced stress has little modifying effect on radiation hematopoietic toxicity in mice.,
Journal of Radiation Research, Vol.56, No.5, 760-767, 2015.
(DOI: 10.1093/jrr/rrv030,   PubMed: 26045492,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
6.Akinori Morita, Shinya Ariyasu, Bing Wang, Tetsuo Asanuma, Takayoshi Onoda, Akiko Sawa, Kaoru Tanaka, Ippei Takahashi, Shotaro Togami, Mitsuru Nenoi, Toshiya Inaba and Shin Aoki :
AS-2, a novel inhibitor of p53-dependent apoptosis, prevents apoptotic mitochondrial dysfunction in a transcription-independent manner and protects mice from a lethal dose of ionizing radiation.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.450, No.4, 1498-1504, 2014.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2014.07.037,   PubMed: 25026551,   CiNii: 120005596836,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
7.Shinya Ariyasu, Akiko Sawa, Akinori Morita, Kengo Hanaya, Misato Hoshi, Ippei Takahashi, Bing Wang and Shin Aoki :
Design and synthesis of 8-hydroxyquinoline-based radioprotective agents.,
Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.22, No.15, 3891-3905, 2014.
(DOI: 10.1016/j.bmc.2014.06.017,   PubMed: 25002230,   CiNii: 120005597364,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
8.Akinori Morita, Keiji Tanimoto, Tomoki Murakami, Takeshi Morinaga and Yoshio Hosoi :
Mitochondria are required for ATM activation by extranuclear oxidative stress in cultured human hepatoblastoma cell line Hep G2 cells.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.443, No.4, 1286-1290, 2014.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2013.12.139,   PubMed: 24406161,   CiNii: 120005596986,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
9.Akinori Morita, Shinya Ariyasu, Soichiro Ohya, Ippei Takahashi, Bing Wang, Kaoru Tanaka, Takatoshi Uchida, Haruna Okazaki, Kengo Hanaya, Atsushi Enomoto, Mitsuru Nenoi, Masahiko Ikekita, Shin Aoki and Yoshio Hosoi :
Evaluation of Zinc (II) chelators for inhibiting p53-mediated apoptosis.,
Oncotarget, Vol.4, No.12, 2439-2450, 2013.
(DOI: 10.18632/oncotarget.1535,   PubMed: 24280450,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
10.Atsushi Enomoto, Takemichi Fukasawa, Nobuhiko Takamatsu, Michihiko Ito, Akinori Morita, Yoshio Hosoi and Kiyoshi Miyagawa :
The HSP90 inhibitor 17-allylamino-17-demethoxygeldanamycin modulates radiosensitivity by downregulating serine/threonine kinase 38 via Sp1 inhibition.,
European Journal of Cancer, Vol.49, 3547-3558, 2013.
(DOI: 10.1016/j.ejca.2013.06.034,   PubMed: 23886587)
11.Bing Wang, Kaoru Tanaka, Akinori Morita, Yasuharu Ninomiya, Kouichi Maruyama, Kazuko Fujita, Yoshio Hosoi and Mitsuru Nenoi :
Sodium orthovanadate (vanadate), a potent mitigator of radiation-induced damage to the hematopoietic system in mice.,
Journal of Radiation Research, Vol.54, No.4, 620-629, 2013.
(DOI: 10.1093/jrr/rrs140,   PubMed: 23349341,   Thomson Reuters: Web of Science™)
12.Yukihiro Furusawa, Yoshisada Fujiwara, Ali Mariame Hassan, Yoshiaki Tabuchi, Akinori Morita, Atsushi Enomoto and Takashi Kondo :
Inhibition of DNA-dependent protein kinase promotes ultrasound-induced cell death including apoptosis in human leukemia cells.,
Cancer Letters, Vol.322, No.1, 107-112, 2012.
(DOI: 10.1016/j.canlet.2012.02.020,   PubMed: 22366497)
13.Tomohiro Ohgomori, Tomohisa Nanao, Akinori Morita and Masahiko Ikekita :
Asn54-linked glycan is critical for functional folding of intercellular adhesion molecule-5.,
Glycoconjugate Journal, Vol.29, No.1, 47-55, 2011.
(DOI: 10.1007/s10719-011-9363-0,   PubMed: 22187327)
14.Reiko Ikeda, Masaki Kurosawa, Takazumi Okabayashi, Ayako Takei, Masamichi Yoshiwara, Tadashi Kumakura, Norio Sakai, Osamu Funatsu, Akinori Morita, Masahiko Ikekita, Yumi Nakaike and Takeo Konakahara :
3-(3-Phenoxybenzyl)amino--carboline: a novel antitumor drug targeting -tubulin.,
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.21, No.16, 4784-4787, 2011.
(DOI: 10.1016/j.bmcl.2011.06.061,   PubMed: 21752645,   Thomson Reuters: Web of Science™)
15.Azusa Ito, Akinori Morita, Soichiro Ohya, Shinichi Yamamoto, Atsushi Enomoto and Masahiko Ikekita :
Cycloheximide suppresses radiation-induced apoptosis in MOLT-4 cells with Arg72 variant of p53 through translational inhibition of p53 accumulation.,
Journal of Radiation Research, Vol.52, No.3, 342-350, 2011.
(DOI: 10.1269/jrr.10151,   PubMed: 21467739,   CiNii: 10028111380,   Thomson Reuters: Web of Science™)
16.Anlifeire A, Hatori M, Akinori Morita, Shiina I, Nakata K, Tosaki Y, Wang Y.-W., Ikekita M and Li G :
Ridaifen-G induces caspase-independent atypical cell death.,
Chinese Journal of Cell Biology, Vol.33, No.6, 635-644, 2011.
17.Kotaro Suzuki, Tomomi Kobayashi, Osamu Funatsu, Akinori Morita and Masahiko Ikekita :
Activin A induces neuronal differentiation and survival via ALK4 in a SMAD-independent manner in a subpopulation of human neuroblastomas.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.394, No.3, 639-645, 2010.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2010.03.039,   PubMed: 20226172)
18.Ryosuke Ohshima, Masanori Kitamura, Akinori Morita, Motoo Shiro, Yasuyuki Yamada, Masahiko Ikekita, Eiichi Kimura and Shin Aoki :
Design and synthesis of a fluorescent probe for Zn2+, 5,7-bis(N,N-dimethylaminosulfonyl)-8-hydroxyquinoline-pendant 1,4,7,10-tetraazacyclododecane and Zn2+-dependent hydrolytic and Zn2+-independent photochemical reactivation of its benzenesulfonyl-caged derivative.,
Inorganic Chemistry, Vol.49, No.3, 888-899, 2010.
(DOI: 10.1021/ic901279t,   PubMed: 20039701)
19.N Sasano, A Enomoto, Y Hosoi, Y Katsumura, Y Matsumoto, Akinori Morita, K Shiraishi, K Miyagawa, H Igaki and K Nakagawa :
Edaravone, a known free radical scavenger, enhances X-ray-induced apoptosis at low concentrations.,
Cancer Letters, Vol.293, No.1, 52-57, 2010.
(DOI: 10.1016/j.canlet.2009.12.020,   PubMed: 20092938)
20.Akinori Morita, Shinichi Yamamoto, Bing Wang, Kaoru Tanaka, Norio Suzuki, Shin Aoki, Azusa Ito, Tomohisa Nanao, Soichiro Ohya, Minako Yoshino, Jin Zhu, Atsushi Enomoto, Yoshihisa Matsumoto, Osamu Funatsu, Yoshio Hosoi and Masahiko Ikekita :
Sodium orthovanadate inhibits p53-mediated apoptosis.,
Cancer Research, Vol.70, No.1, 257-265, 2010.
(DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-08-3771,   PubMed: 20048077)
21.Tomohiro Ohgomori, Osamu Funatsu, Syu-ichi Nakaya, Akinori Morita and Masahiko Ikekita :
Structural study of the N-glycans of intercellular adhesion molecule-5 (telencephalin).,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1790, No.12, 1611-1623, 2009.
(DOI: 10.1016/j.bbagen.2009.08.012,   PubMed: 19733219)
22.Yasuyuki Yamada, Yumiko Tomiyama, Akinori Morita, Masahiko Ikekita and Shin Aoki :
BODIPY-based fluorescent redox potential sensors that utilize reversible redox properties of flavin.,
ChemBioChem, Vol.9, No.6, 853-856, 2008.
(DOI: 10.1002/cbic.200700718,   PubMed: 18338353)
23.Kouji Kuramochi, Shunsuke Yukizawa, Seiki Ikeda, Takashi Sunoki, Satoshi Arai, Rie Matsui, Akinori Morita, Yoshiyuki Mizushina, Kengo Sakaguchi, Fumio Sugawara, Masahiko Ikekita and Susumu Kobayashi :
Syntheses and applications of fluorescent and biotinylated epolactaene derivatives: Epolactaene and its derivative induce disulfide formation.,
Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.16, No.9, 5039-5049, 2008.
(DOI: 10.1016/j.bmc.2008.03.029,   PubMed: 18375133)
24.A Enomoto, N Kido, M Ito, Akinori Morita, Y Matsumoto, N Takamatsu, Y Hosoi and K Miyagawa :
Negative regulation of MEKK1/2 signaling by serine-threonine kinase 38 (STK38).,
Oncogene, Vol.27, No.13, 1930-1938, 2007.
(DOI: 10.1038/sj.onc.1210828,   PubMed: 17906693)
25.Akinori Morita, J Zhu, N Suzuki, A Enomoto, Y Matsumoto, M Tomita, T Suzuki, K Ohtomo and Y Hosoi :
Sodium orthovanadate suppresses DNA damage-induced caspase activation and apoptosis by inactivating p53.,
Cell Death and Differentiation, Vol.13, No.3, 499-511, 2006.
(DOI: 10.1038/sj.cdd.4401768,   PubMed: 16138109)
26.Zhiping Li, Yoshio Hosoi, Keshong Cai, Yuji Tanno, Yoshihisa Matsumoto, Atsushi Enomoto, Akinori Morita, Keiichi Nakagawa and Kiyoshi Miyagawa :
Src tyrosine kinase inhibitor PP2 suppresses ERK1/2 activation and epidermal growth factor receptor transactivation by X-irradiation.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.341, No.2, 363-368, 2006.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2005.12.193,   PubMed: 16414009,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
27.Shingo Komiyama, Sachiko Taniguchi, Yoshihisa Matsumoto, Eri Tsunoda, Takayo Ohto, Yuka Suzuki, Hong-Lan Yin, Masanori Tomita, Atsushi Enomoto, Akinori Morita, Takahiko Suzuki, Kuni Ohtomo, Yoshio Hosoi and Norio Suzuki :
Potentiality of DNA-dependent protein kinase to phosphorylate Ser46 of human p53.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.323, No.3, 816-822, 2004.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2004.08.161,   PubMed: 15381073)
28.Lan Hong Yin, Yuka Suzuki, Yoshihisa Matsumoto, Masanori Tomita, Yoshiya Furusawa, Atsushi Enomoto, Akinori Morita, Mizuho Aoki, Fumio Yatagai, Takahiko Suzuki, Yoshio Hosoi, Kuni Ohtomo and Norio Suzuki :
Radiosensitization by hyperthermia in the chicken B-lymphocyte cell line DT40 and its derivatives lacking nonhomologous end joining and/or homologous recombination pathways of DNA double-strand break repair.,
Radiation Research, Vol.162, No.4, 433-441, 2004.
(DOI: 10.1667/RR3239,   PubMed: 15447039,   Thomson Reuters: Web of Science™)
29.Yoshio Hosoi, Yoshihisa Matsumoto, Atsushi Enomoto, Akinori Morita, Joseph Green, Keiichi Nakagawa, Kiyoshi Naruse and Norio Suzuki :
Suramin Sensitizes cells to ionizing radiation by inactivating DNA-dependent protein kinase.,
Radiation Research, Vol.162, No.3, 308-314, 2004.
(DOI: 10.1667/RR3217,   PubMed: 15378840)
30.Yoshio Hosoi, Toshiaki Watanabe, Keiichi Nakagawa, Yoshihisa Matsumoto, Atsushi Enomoto, Akinori Morita, Hirokazu Nagawa and Norio Suzuki :
Up-regulation of DNA-dependent protein kinase activity and Sp1 in colorectal cancer.,
International Journal of Oncology, Vol.25, No.2, 461-468, 2004.
(PubMed: 15254745,   Thomson Reuters: Web of Science™)
31.N Umeda, Y Matsumoto, H-L Yin, M Tomita, A Enomoto, Akinori Morita, T Mizukoshi, K Sakai, Y Hosoi and N Suzuki :
Difference in the heat sensitivity of DNA-dependent protein kinase activity among mouse, hamster and human cells.,
International Journal of Radiation Biology, Vol.79, No.8, 671-680, 2003.
(DOI: 10.1080/09553000310001596959,   PubMed: 14555350,   Thomson Reuters: Web of Science™)
32.A Enomoto, N Suzuki, Y Kang, K Hirano, Y Matsumoto, J Zhu, Akinori Morita, Y Hosoi, K Sakai and H Koyama :
Decreased c-Myc expression and its involvement in X-ray-induced apoptotic cell death of human T-cell leukaemia cell line MOLT-4.,
International Journal of Radiation Biology, Vol.79, No.8, 589-600, 2003.
(PubMed: 14555342,   Thomson Reuters: Web of Science™)
33.Atsushi Enomoto, Norio Suzuki, Akinori Morita, Michihiko Ito, Qing Chang Liu, Yoshihisa Matsumoto, Katsuji Yoshioka, Tadayoshi Shiba and Yoshio Hosoi :
Caspase-mediated cleavage of JNK during stress-induced apoptosis.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.306, No.4, 837-842, 2003.
(DOI: 10.1016/S0006-291X(03)01050-7,   PubMed: 12821118)
34.Y Hosoi, Y Matsumoto, M Tomita, A Enomoto, Akinori Morita, K Sakai, N Umeda, H-J Zhao, K Nakagawa, T Ono and N Suzuki :
Phosphorothioate oligonucleotides, suramin and heparin inhibit DNA-dependent protein kinase activity.,
British Journal of Cancer, Vol.86, No.7, 1143-1149, 2002.
(DOI: 10.1038/sj.bjc.6600191,   PubMed: 11953863,   Thomson Reuters: Web of Science™)
35.A Enomoto, N Suzuki, C Liu, Y Kang, J Zhu, S Serizawa, Y Matsumoto, Akinori Morita, M Ito and Y Hosoi :
Involvement of c-Jun NH2-terminal kinase-1 in heat-induced apoptotic cell death of human monoblastic leukaemia U937 cells.,
International Journal of Radiation Biology, Vol.77, No.8, 867-874, 2001.
(DOI: 10.1080/09553000110062512,   PubMed: 11571020)
36.Akinori Morita, N Suzuki, Y Matsumoto, K Hirano, A Enomoto, J Zhu and K Sakai :
p41 as a possible marker for cell death is generated by caspase cleavage of p42/SETbeta in irradiated MOLT-4 cells.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.278, No.3, 627-632, 2000.
(DOI: 10.1006/bbrc.2000.3860,   PubMed: 11095960)
37.A Enomoto, N Suzuki, K Hirano, Y Matsumoto, Akinori Morita, K Sakai and H Koyama :
Involvement of SAPK/JNK pathway in X-ray-induced rapid cell death of human T-cell leukemia cell line MOLT-4.,
Cancer Letters, Vol.155, No.2, 137-144, 2000.
(PubMed: 10822128)
38.Y Matsumoto, N Suzuki, N Namba, N Umeda, J X Ma, Akinori Morita, M Tomita, A Enomoto, S Serizawa, K Hirano, K Sakaia, H Yasuda and Y Hosoi :
Cleavage and phosphorylation of XRCC4 protein induced by X-irradiation.,
FEBS Letters, Vol.478, No.1-2, 67-71, 2000.
(PubMed: 10922471)
39.Y Kang, K Hirano, N Suzuki, A Enomoto, Akinori Morita, T Irimura and K Sakai :
Increased expression after X-irradiation of MUC1 in cultured human colon carcinoma HT-29 cells.,
Gann : Japanese Journal of Cancer Research, Vol.91, No.3, 324-330, 2000.
(PubMed: 10760692)

総説・解説:

1.森田 明典, 大谷 聡一郎 :
科学教養講座 バナデート--アポトーシスを抑える新しいタイプの放射線防護剤,
理大科学フォーラム, Vol.27, No.12, 28-33, 2010年12月.
(CiNii: 40017411562)
2.田中 薫, 王 冰, 森田 明典 :
バナデート : p53依存性アポトーシス制御による新しいタイプの放射線防護剤,
放射線科学, Vol.53, No.11, 15-19, 2010年11月.
(CiNii: 40019063787)
3.森田 明典, 山元 真一, 池北 雅彦, 王 冰, 田中 薫 :
バナデート : p53に作用する新しいタイプの放射線防護剤,
Radioisotopes, Vol.59, No.7, 459-462, 2010年7月.
(CiNii: 10026799933)
4.森田 明典, 鈴木 紀夫, 細井 義夫 :
アポトーシスシグナリングと放射線防護,
放射線生物研究, Vol.40, No.4, 360-384, 2005年12月.
(CiNii: 40007088108)

国際会議:

1.Shohei Ujita, Akinori Morita, Shin Aoki, Yurie Nishi, Tatsuro Teraoka, Megumi Sasatani, Bing Wang, Ippei Takahashi, Kaoru Tanaka, Tomoaki Yamakawa, Mitsuru Nenoi, Kenji Kamiya and Toshiya Inaba :
Requirement of the 8-hydroxyl group in the 5-chloro-8-quinolinol for its action as a radioprotective agonist,
The 1st International Symposium of the network-type Joint Usage/ Research Center for Radiation Disaster Medical Science, Hiroshima, Feb. 2017.
2.Akinori Morita, Ippei Takahashi, Shin Aoki, Bing Wang, Shinya Ariyasu, Megumi Sasatani, Kaoru Tanaka, Tetsuji Yamaguchi, Keiji Tanimoto, Mitsuru Nenoi, Kenji Kamiya, Yasushi Nagata, Yoshio Hosoi and Toshiya Inaba :
A chemical modulator of p53 transactivation that acts as a radioprotective agonist,
4th international postgraduate conference on pharmaceutical sciences (iPoPs 2016), Chiba, Feb. 2016.
3.Akinori Morita, Ippei Takahashi, Shin Aoki, Bing Wang, Shinya Ariyasu, Megumi Sasatani, Kaoru Tanaka, Tetsuji Yamaguchi, Keiji Tanimoto, Kenji Kamiya, Yoshio Hosoi, Yasushi Nagata and Toshiya Inaba :
KH-3, a novel chemical modulator of p53, enhances p21 induction and protects mice from gastrointestinal death by abdominal irradiation.,
15th International Congress of Radiation Research, Kyoto, May 2015.
4.Bing Wang, Kaoru Tanaka, Akinori Morita and Mitsuru Nenoi :
A potent mitigator of radiation-induced damage to the hematopoietic system in mice,
The 7th National Congress of Radiation Medicine and Protection and The 20th Anniversary Tournament of The Radiological Hygiene Commission, Chinese Society of Preventive Medicine, Chong Qing, China, Oct. 2014.
5.Bing Wang, Kaoru Tanaka, Akinori Morita and Mitsuru Nenoi :
A potent mitigator of radiation-induced damage to the hematopoietic system in mice,
First China International Symposium of Protective Agents Against Injury Induced by Ionizing Radiation, Tianjin, China, Oct. 2014.
6.Ippei Takahashi, Akinori Morita, Shin Aoki, Bing Wang, Megumi Sasatani, Shinya Ariyasu, Kamiya Kenji, Yoshio Hosoi, Yasushi Nagata and Toshiya Inaba :
KH-3, A Transcriptional Modulator of p53, Protects Mice From Radiation-Induced Gastrointestinal Syndrome,
56th Annual Meeting of American Society for Radiation Oncology, San Francisco, Sep. 2014.
(DOI: 10.1016/j.ijrobp.2014.05.2268)
7.Ippei Takahashi, Akinori Morita, Shin Aoki, Bing Wang, Yoshio Hosoi, Yuko Kaneyasu, Masahiro Kenjo, Tomoki Kimura, Yuji Murakami and Yasushi Nagata :
The Mechanism of A Novel Radioprotector, 8-Quinolinol Derivative KH-3,
55th Annual Meeting of American Society for Radiation Oncology, Atlanta, Sep. 2013.
(DOI: 10.1016/j.ijrobp.2013.06.1690)
8.Yoshio Hosoi, Yuji Tanno, Akinori Morita and Keiji Tanimoto :
Radiation sensitization though regulation of transcriptional factor Sp1.,
14th International Congress of Radiation Research, Warsaw, Aug. 2011.
9.Akinori Morita :
Vanadate: a novel type of radioprotector acts by inhibiting both transcription-dependent and transcription-independent p53 apoptotic pathways.,
5th TUS International Collaboration Workshop, Tokyo, Dec. 2010.
10.Atsushi Enomoto, Akinori Morita, Naoki Kido, Michihiko Ito, Yoshio Hosoi and Kiyoshi Miyagawa :
Negative regulation of MAPKKK in SAPK pathways by a novel protein kinase,
20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress in conjunction with 79th Annual Meeting of the Japanese Biochemical Society and 29th Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan, Kyoto, Jun. 2006.

国内講演発表:

1.森田 明典 :
正常組織の耐容線量を高める放射線防護剤の開発(教授就任記念講演),
第255回 徳島医学会学術集会, 2017年8月.
2.森田 明典 :
医療応用を目指した正常組織の放射線防護,
第58回 原子爆弾後障害研究会, 2017年6月.
3.勝部 孝則, 田中 薫, 王 冰, 二宮 康晴, Vares Guillaume, 川越 大輝, 塩見 尚子, 久保田 善久, 劉 強, 森田 明典, 中島 徹夫, 根井 充 :
マウス脾細胞染色体異常における身体拘束ストレスによる放射線影響の修飾,
日本放射線影響学会第59回大会, 2016年10月.
4.重松 真介, 森田 明典, 秦 佑輔, 横川 裕子, 梅谷 七海, 太田 のぞみ, 芝田 夏実, 氏田 将平, 中田 健也, 椎名 勇 :
タモキシフェン類縁体リダイフェンの放射線防護機構解析,
日本放射線影響学会第59回大会, 2016年10月.
5.森田 明典, 高橋 一平, 笹谷 めぐみ, 青木 伸, 王 冰, 有安 真也, 田中 薫, 山口 哲司, 谷本 圭司, 根井 充, 神谷 研二, 永田 靖, 細井 義夫, 稲葉 俊哉 :
p53 標的創薬による放射線防護,
日本放射線影響学会第59回大会, 2016年10月.
6.氏田 将平, 森田 明典, 青木 伸, 西 友里恵, 寺岡 達郎, 王 冰, 笹谷 めぐみ, 田中 薫, 山川 知晃, 根井 充, 神谷 研二, 稲葉 俊哉 :
p53 を標的とする放射線防護剤5-chloro-8-quinolinol の作用機構解析,
日本放射線影響学会第59回大会, 2016年10月.
7.森田 明典, 高橋 一平, 笹谷 めぐみ, 青木 伸, 王 冰, 有安 真也, 田中 薫, 澤 晶子, 西 友里恵, 寺岡 達郎, 氏田 将平, 谷本 圭司, 根井 充, 神谷 研二, 永田 靖, 細井 義夫, 稲葉 俊哉 :
p53標的創薬研究から得られたp53転写調節剤5-クロロ-8-キノリノールの放射線防護作用機構解析,
日本Cell Death学会, 2016年9月.
8.青木 伸, 森田 明典, 王 冰, 有安 真也, 西 友里恵, 寺岡 達朗, 氏田 将平, 福井 大智, 田中 薫, 田中 智博 :
がん放射線治療の副作用低減を目的とするp53標的放射線防護剤の開発,
第9回バイオ関連化学シンポジウム, 2015年9月.
9.森田 明典 :
p53標的創薬による放射線防護剤の開発,
平成26年度環境省・健康調査事業「屋外活動を制限された子供の放射線感受性変化に関する動物モデル研究」に係る講演会(放医研不定期講演会), 2015年2月.
10.勝部 孝則, 田中 薫, 王 冰, 二宮 康靖, Guillaume Vares, 劉 強, 森田 明典, 中島 徹夫, 根井 充 :
FISH法による身体拘束ストレスの放射線感受性修飾作用に関する解析,
日本放射線影響学会第57回大会, 2014年10月.
11.Bing Wang, Kaoru Tanaka, Takanori Katsube, Yasuharu Ninomiya, Guillaume Vares, Qiang Liu, Akinori Morita, Tetsuo Nakajima and Mitsuru Nenoi :
Effects from Total Body X-Irradiation and Psychological Stress on the Hematopoietic System in Mice,
日本放射線影響学会第57回大会, Oct. 2014.
12.横川 裕子, 森田 明典, 秦 佑輔, 植竹 祥子, 水澤 彰人, 中田 健也, 椎名 勇 :
タモキシフェン類縁体リダイフェンの細胞死抑制効果の検討,
日本放射線影響学会第57回大会, 2014年10月.
13.秦 佑輔, 森田 明典, 横川 裕子, 植竹 祥子, 水澤 彰人, 中田 健也, 椎名 勇 :
タモキシフェン類縁体リダイフェンの放射線防護効果と細胞毒性の検討,
日本放射線影響学会第57回大会, 2014年10月.
14.小野田 貴祥, 森田 明典, 浅沼 哲雄, 有安 真也, 澤 晶子, 王 冰, 田中 薫, 根井 充, 青木 伸 :
新規放射線防護剤候補化合物の活性評価,
日本放射線影響学会第57回大会, 2014年10月.
15.浅沼 哲雄, 森田 明典, 小野田 貴祥, 有安 真也, 王 冰, 澤 晶子, 田中 薫, 高橋 一平, 根井 充, 稲葉 俊哉, 青木 伸 :
8-キノリノール誘導体AS-2のp53依存性アポトーシス抑制機構,
日本放射線影響学会第57回大会, 2014年10月.
16.森田 明典, 高橋 一平, 青木 伸, 王 冰, 有安 真也, 笹谷 めぐみ, 田中 薫, 谷本 圭司, 神谷 研二, 細井 義夫, 永田 靖, 稲葉 俊哉 :
新規アポトーシス抑制剤KH-3の放射線防護活性評価,
日本放射線影響学会第57回大会, 2014年10月.
17.森田 明典 :
p53を標的とする新規放射線防護剤の開発,
医療機器安全管理研修会, 2014年2月.
18.森田 明典 :
p53制御による放射線防護,
平成25年度環境省・健康調査事業「屋外活動を制限された子供の放射線感受性変化に関する動物モデル研究」に係る講演会(放医研不定期講演会), 2014年2月.
19.青木 伸, 有安 真也, 森田 明典, 澤 晶子, 高橋 一平, 王 冰, 星 美里, 内田 孝俊, 大谷 聡一郎, 細井 義夫 :
放射線治療の副作用を低減させる薬剤の設計と合成,
第31回 メディシナルケミストリーシンポジウム, 2013年11月.
20.森田 明典, 村上 智樹, 森永 剛司, 谷本 圭司, 細井 義夫 :
酸化ストレスによるATM活性化の細胞内局在の検討,
日本放射線影響学会第56回大会, 2013年10月.
21.高橋 一平, 森田 明典, 青木 伸, 花屋 賢悟, 有安 真也, 王 冰, 田中 薫, 笹谷 めぐみ, 谷本 圭司, 細井 義夫, 永田 靖, 稲葉 俊哉 :
新規アポトーシス抑制剤KH-3の作用機構解析,
日本放射線影響学会第56回大会, 2013年10月.
22.有安 真也, 森田 明典, 高橋 一平, 王 冰, 澤 晶子, 星 美里, 内田 孝俊, 大谷 聡一郎, 細井 義夫, 青木 伸 :
p53を標的とする放射線防護剤の設計と合成,
第7回 バイオ関連化学シンボジウム, 2013年9月.
23.細井 義夫, 森田 明典, 谷本 圭司, 上原 芳彦, 村田 泰彦 :
活性酸素によるATMの核外での活性化,
第51回日本放射線腫瘍学会生物部会学術大会, 2013年7月.
24.有安 真也, 森田 明典, 高橋 一平, 澤 晶子, 葛岡 朋代, 内田 孝俊, 大谷 聡一郎, 細井 義夫, 青木 伸 :
p53を標的とする放射線防護剤の探索と機構解析,
日本化学会第93春季年回, 2013年3月.
25.羽鳥 麻奈美, 山本 卓, 友光 裕子, 椎名 勇, 梅田 絵梨, 戸田 年総, 大篭 友博, 岩本 真知子, 森田 明典, 渡邊 千尋, 植竹 祥子, 矢守 隆夫, 吉見 陽児, 四宮 貴久, 池北 雅彦 :
新規細胞死誘導剤リダイフェンGの作用機構の解析並びに標的分子の同定,
第85回日本生化学会大会, 2012年12月.
26.内田 知紗, 望月 万里, 吉見 陽児, 森田 明典, 羽染 芳宗, 井田 紀子, 船津 修, 菅原 二三男, 池北 雅彦 :
新規抗癌剤候補化合物DDTCT誘導性細胞増殖抑制に関連する遺伝子の解析,
第85回日本生化学会大会, 2012年12月.
27.北川 純子, 吉見 陽児, 望月 万里, 森田 明典, 菅原 二三男, 池北 雅彦 :
カバノアナタケから同定された抗癌剤候補化合物DDTCTの作用機構解析,
第85回日本生化学会大会, 2012年12月.
28.葛岡 朋代, 森田 明典, 大谷 聡一郎, 花屋 賢悟, 有安 真也, 高橋 一平, 王 冰, 池北 雅彦, 細井 義夫, 青木 伸 :
一時的にp53を選択的に阻害する放射線防護剤の設計及び合成,
第56回日本薬学会関東支部大会, 2012年10月.
29.高橋 一平, 森田 明典, 花屋 賢悟, 内田 孝俊, 王 冰, 田中 薫, 池北 雅彦, 永田 靖, 青木 伸, 細井 義夫 :
p53に作用する8‐キノリノール誘導体KH‐3の作用機構解析,
日本放射線影響学会第55回大会, 2012年9月.
30.森田 明典, 花屋 賢悟, 大谷 聡一郎, 高橋 一平, 王 冰, 田中 薫, 池北 雅彦, 永田 靖, 青木 伸, 細井 義夫 :
p53を標的とする新規放射線防護剤の開発,
日本放射線影響学会第55回大会, 2012年9月.
31.森田 明典, 内田 孝俊, 大谷 聡一郎, 花屋 賢悟, 王 冰, 田中 薫, 細井 義夫, 青木 伸, 池北 雅彦 :
p53転写非依存性アポトーシス誘導経路に作用する8-キノリノール誘導体 KH-13 の作用機構解析,
第50回日本放射線腫瘍学会生物部会学術大会, 2012年6月.
32.花屋 賢悟, 内田 孝俊, 森田 明典, 大谷 聡一郎, 葛岡 朋代, 有安 真也, 王 冰, 田中 薫, 細井 義夫, 池北 雅彦, 青木 伸 :
p53の亜鉛イオンをターゲットとする放射線防護剤とそのプロドラッグの開発,
日本薬学会第132年会, 2012年3月.
33.森田 明典 :
放射線の基礎知識と対策について,
平成23年度第5ブロック赤十字救急法等指導員研修会(日本赤十字社広島県支部), 2012年2月.
34.谷本 圭司, 中村 秀明, 河本 健, 加藤 幸夫, 檜山 英三, 檜山 桂子, 西山 正彦, 森田 明典, 細井 義夫 :
DNA修復関連遺伝子の低酸素応答性転写抑制機構,
日本放射線影響学会第54回大会, 2011年11月.
35.森田 明典, 佐藤 元俊, 谷本 圭司, 細井 義夫 :
過酸化水素・放射線によるATMを介したp53 Ser‐15のリン酸化とアポトーシス,
日本放射線影響学会第54回大会, 2011年11月.
36.内田 孝俊, 森田 明典, 大谷 聡一郎, 花屋 堅悟, WANG Bing, 田中 薫, 細井 義夫, 青木 伸, 池北 雅彦 :
p53転写非依存性アポトーシス経路に特異的に作用する亜鉛キレート化剤の作用機構解析,
日本放射線影響学会第54回大会, 2011年11月.
37.大谷 聡一郎, 森田 明典, MOHD Zulkefeli, 伊石 安里, 王 冰, 田中 薫, 岡崎 遥奈, 吉野 美那子, 細井 義夫, 青木 伸, 池北 雅彦 :
p53分子内の亜鉛イオン結合部位を標的とする新規放射線防護剤の開発,
日本放射線影響学会第54回大会, 2011年11月.
38.吉野 美那子, 森田 明典, 小林 新緑, 高畠 香織, 細井 義夫, 池北 雅彦 :
ゼオシンベクターを用いた放射線感受性遺伝子新規探索法の開発,
日本放射線影響学会第54回大会, 2011年11月.
39.羽鳥 麻奈美, 森田 明典, 椎名 勇, 中田 健也, 戸崎 雄太, WANG Yanwen, 戸田 年総, 大篭 友博, 矢守 隆夫, 吉見 陽児, 池北 雅彦 :
新規細胞死誘導剤リダイフェン‐Gの薬物標的分子の同定,
第84回日本生化学会大会合同大会, 2011年9月.
40.七尾 友久, 大篭 友博, 森田 明典, 吉見 陽児, 船津 修, 池北 雅彦 :
細胞接着分子ICAM‐5のAsn54に結合するN‐型糖鎖の機能解析,
第84回日本生化学会大会合同大会, 2011年9月.
41.横山 翔, 袴田 真矢, 森田 明典, 沓村 憲樹, 齋藤 隆夫, 池北 雅彦 :
新規アポトーシス誘導剤RK96の作用機構の解明,
第84回日本生化学会大会合同大会, 2011年9月.
42.北川 純子, 望月 万里, 森田 明典, 村田 寛, 菅原 二三男, 池北 雅彦 :
カバノアナタケから同定された抗癌剤候補化合物DDTCTの作用機構解析,
第84回日本生化学会大会合同大会, 2011年9月.
43.池田 玲子, 黒澤 正樹, 岡林 賞純, 武江 彩子, 吉原 正道, 坂井 教郎, 船津 修, 森田 明典, 池北 雅彦, 小中原 猛雄 :
3‐(3‐フェノキシベンジル)アミノ‐β‐カルボリン:α‐チューブリンを目標にした新しい抗腫瘍薬,
第5回バイオ関連化学シンポジウム, 2011年9月.
44.森田 明典, 大谷 聡一郎, 青木 伸, ZULKEFELI Mohd, 板倉 寿成, 吉野 美那子, 池北 雅彦, 細井 義夫 :
p53分子内の亜鉛イオン結合部位を標的とする新規放射線防護剤の開発,
第36回中国地区放射線影響研究会, 2011年7月.
45.森田 明典 :
p53分子内の亜鉛イオン結合部位を標的とする新規放射線防護剤の開発,
第107回原医研セミナー, 2011年7月.
46.細井 義夫, 森田 明典, 谷本 圭司 :
過酸化水素によるATMを介したp53 Ser-15のリン酸化,
第17回国際癌治療増感研究会, 2011年6月.
47.杉村 尚則, 沓村 憲樹, 森田 明典, 池北 雅彦, 齊藤 隆夫 :
新規アポトーシス物質探索を指向した新規ベンゾチアジアジン誘導体の合成,
日本化学会第91春季年会, 2011年3月.
48.七尾 友久, 大篭 友博, 森田 明典, 船津 修, 池北 雅彦 :
終脳特異的に発現する細胞接着分子ICAM-5に結合したN-型糖鎖の機能,
第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会, 2010年12月.
49.北川 純子, 望月 万里, 森田 明典, 羽染 芳宗, 井田 紀子, 村田 寛, 船津 修, 菅原 二三男, 池北 雅彦 :
カバノアナタケから同定された抗癌剤候補化合物DDTCTの作用機構解析,
第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会, 2010年12月.
50.羽鳥 麻奈美, 森田 明典, 椎名 勇, 中田 健也, 戸崎 雄太, 王 エンブン, 戸田 年総, 大篭 友博, 矢守 隆夫, 池北 雅彦 :
新規アポトーシス誘導剤リダイフェン-Gの薬物標的分子の同定,
第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会, 2010年12月.
51.堤 知彦, 池田 聖樹, 雪澤 俊輔, 森田 明典, 倉持 幸司, 船津 修, 小林 進, 池北 雅彦 :
エポラクタエン1bとその標的分子Peroxiredoxin 1によるアポトーシス誘導機構の解析,
第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会, 2010年12月.
52.船津 修, 三ッ廣 香里, 森田 明典, 池北 雅彦 :
ラミニンはラット膵臓導管由来ARIP細胞のインスリン産生細胞への分化を誘導する,
第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会, 2010年12月.
53.横山 翔, 袴田 真矢, 森田 明典, 沓村 憲樹, 齋藤 隆夫, 池北 雅彦 :
新規アポトーシス誘導剤RK96の作用機構の解明,
第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会, 2010年12月.
54.小林 倫巳, 鈴木 康太郎, 中野 薫, 森田 明典, 船津 修, 池北 雅彦 :
アクチビン Aによるヒト神経芽細胞腫のSMAD非依存的な神経分化・生存機構の解析,
第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会合同大会, 2010年12月.
55.王 冰, 田中 薫, 森田 明典, 尚 奕, VARES Guillaume, 森本 泰子, 藤田 和子, 根井 充 :
オルトバナジン酸ナトリウム(バナデート)は,マウスにおいて全身照射後の障害に対して有効な緩和剤(Mitigator) である,
日本放射線影響学会第53回大会, 2010年10月.
56.内田 孝俊, 森田 明典, 大谷 聡一郎, 青木 伸, 花屋 賢悟, 王 冰, 田中 薫, 岡崎 遥奈, 池北 雅彦, 池北 雅彦 :
p53転写非依存性アポトーシス誘導経路に特異的に作用する亜鉛キレート化剤の作用機構解析,
日本放射線影響学会第53回大会, 2010年10月.
57.大谷 聡一郎, 森田 明典, 青木 伸, モハマド ズルキフリ, 板倉 寿成, 王 冰, 田中 薫, 岡崎 遥奈, 吉野 美那子, 池北 雅彦 :
p53分子内の亜鉛イオン結合部位を標的とする新規阻害剤の開発,
日本放射線影響学会第53回大会, 2010年10月.
58.森田 明典 :
放射線誘発アポトーシスの分子機構とそれを利用した防護剤に関する研究,
日本放射線影響学会第53回大会, 2010年10月.
59.伊藤 あずさ, 森田 明典, 大谷 聡一郎, 山元 真一, 榎本 敦, 池北 雅彦, 細井 義夫 :
タンパク質合成阻害剤シクロヘキシミドを用いたMOLT-4細胞におけるp53依存性放射線誘発アポトーシス経路の解析,
日本放射線影響学会第53回大会, 2010年10月.
60.森田 明典 :
バナデート: p53 転写依存性・非依存性両経路に作用する新しいタイプの放射線防護剤,
放医研研究会講演会, 2010年6月.
61.青木 伸, 中村 有香里, 塚本 雅登, 高澤 涼子, 森田 明典, 北村 正典, 田沼 靖一, 池北 雅彦 :
亜鉛イオン(II)との錯体生成によって活性化されるアポトーシス誘導剤の設計と合成,
日本薬学会第130年会, 2010年3月.
62.森田 明典, 山元 真一, 王 冰, 田中 薫, 伊藤 あずさ, 榎本 敦, 松本 義久, 船津 修, 細井 義夫, 鈴木 紀夫, 池北 雅彦 :
オルトバナジン酸ナトリウムによるp53転写非依存性アポトーシス抑制機構および放射線防護効果,
日本放射線影響学会第52回大会, 2009年11月.
63.望月 万里, 森田 明典, 羽染 芳宗, 井田 紀子, 村田 寛, 船津 修, 菅原 二三男, 池北 雅彦 :
カバノアナタケから同定されたDDTCTの細胞増殖抑制効果,
第82回日本生化学会大会, 2009年10月.
64.七尾 友久, 大篭 友博, 船津 修, 森田 明典, 池北 雅彦 :
終脳特異的に発現する細胞接着分子ICAM-5に結合したN-型糖鎖の機能,
第82回日本生化学会大会, 2009年10月.
65.安藤 大之, 船津 修, 森田 明典, 池北 雅彦 :
ラット肝癌細胞dRLh-84のBrefeldin A耐性株における性状解析,
第82回日本生化学会大会, 2009年10月.
66.鈴木 康太郎, 船津 修, 森田 明典, 池北 雅彦 :
Activin A で誘導されるヒト神経芽細胞腫の神経分化および生存活性メカニズムの解析,
第82回日本生化学会大会, 2009年10月.
67.大篭 友博, 船津 修, 中家 修一, 森田 明典, 池北 雅彦 :
終脳特異的に発現する細胞接着分子ICAM-5に結合したN-型糖鎖の構造解析,
第34回日本医用マススペクトル学会年会, 2009年9月.
68.池北 雅彦, 長坂 美歩, 船津 修, 森田 明典, 福田 覚, 山本 禎一 :
中枢神経細胞ならびに杯細胞に存在するシアリル化糖鎖構造を認識するモノクローナル抗体1C8の性状解析,
バイオイメージング, Vol.18, No.2, 98-99, 2009年7月.
(CiNii: 10025110140)
69.望月 万里, 森田 明典, 羽染 芳宗, 井田 紀子, 村田 寛, 船津 修, 菅原 二三男, 池北 雅彦 :
カバノアナタケから同定されたDDTCTの細胞増殖抑制効果,
第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
70.安藤 大之, 船津 修, 森田 明典, 池北 雅彦 :
ラット肝癌細胞dRLh-84のBrefeldin A耐性株における性状解析,
第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
71.鈴木 康太郎, 船津 修, 森田 明典, 池北 雅彦 :
Activin Aで誘導されるヒト神経芽細胞腫の神経分化および生存活性メカニズムの解析,
第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
72.長坂 美歩, 船津 修, 鈴木 康太郎, 森田 明典, 斉藤 慎一, 池北 雅彦 :
合成低分子化合物sk8-78-hyd-2はヒト神経芽細胞腫SK-N-SHの神経突起伸長を増強する,
第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会, 2008年12月.
73.榎本 敦, 木戸 直樹, 森田 明典, 細井 義夫, 宮川 清 :
STK38を介した新しいストレスシグナルネットワーク,
日本放射線影響学会第51回大会, 2008年11月.
74.森田 明典, 山元 真一, 王 冰, 田中 薫, 伊藤 あずさ, 榎本 敦, 松本 義久, 船津 修, 細井 義夫, 鈴木 紀夫, 池北 雅彦 :
オルトバナジン酸ナトリウムによるp53転写非依存性アポトーシス抑制機構,
日本放射線影響学会第51回大会, 2008年11月.
75.中永 博章, 森田 明典, 船津 修, 池北 雅彦 :
オリゴシアル酸を認識するモノクローナル抗体の作製及び抗体認識分子の同定,
第28回日本糖質学会, 2008年8月.
76.大篭 友博, 船津 修, 中家 修一, 森田 明典, 池北 雅彦 :
終脳特異的に発現する細胞接着分子テレンセファリンに結合したN-型糖鎖の構造解析,
第28回日本糖質学会, 2008年8月.
77.榎本 敦, 木戸 直樹, 森田 明典, 細井 義夫, 宮川 清 :
STK38によるストレスシグナル制御,
第17回日本アポトーシス研究会学術集会, 2008年8月.
78.池北 雅彦, 堀江 まどか, 服部 正和, 森田 明典, 船津 修 :
腎症を発症した糖尿病に特異的に発現するアポEタンパク質,
日本薬学会第128年会, 2008年3月.
79.大篭 友博, 船津 修, 中家 修一, 森田 明典, 池北 雅彦 :
細胞接着分子テレンセファリンに結合したN-型糖鎖の構造解析,
日本薬学会第128年会, 2008年3月.
80.猪又 健太郎, 北島 優美, 青山 佳代子, 宮本 知実, 中田 健也, 長原 礼宗, 船津 修, 森田 明典, 峯木 茂, 椎名 勇, 池北 雅彦 :
タモキシフェン誘導体による血管新生メカニズムの解析,
日本薬学会第128年会, 2008年3月.
81.北島 優美, 猪又 健太郎, 青山 佳代子, 宮本 知実, 中田 健也, 長原 礼宗, 船津 修, 森田 明典, 椎名 勇, 池北 雅彦 :
新規タモキシフェン類縁体の合成及び血管新生制御作用の解析,
日本薬学会第128年会, 2008年3月.
82.袴田 真矢, 池北 雅彦, 森田 明典 :
マクロファージの貪食活性化測定法の確立,
第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007年12月.
83.鈴木 康太郎, 船津 修, 森田 明典, 斎藤 慎一, 池北 雅彦 :
SK-N-SH細胞から調製した神経様細胞SK-N-SH-Nを用いた神経分化機構の解析,
第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007年12月.
84.船津 修, 長坂 美歩, 森田 明典, 池北 雅彦 :
昆虫細胞と哺乳動物細胞で交差反応性を有する糖鎖エピトープの性状解析,
第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007年12月.
85.船津 修, 長坂 美歩, 森田 明典, 池北 雅彦 :
ブタ膵臓からのシアル酸結合分子の精製・同定,
第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007年12月.
86.望月 万里, 森田 明典, 羽染 芳宗, 井田 紀子, 村田 寛, 船津 修, 菅原 二三男, 池北 雅彦 :
カバノアナタケから同定された新規アポトーシス誘導物質DDTCTの作用機構,
第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007年12月.
87.池北 雅彦, 堀江 まどか, 服部 正和, 森田 明典, 船津 修 :
糖尿病性腎症に特異的タンパク質の探索と同定,
第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007年12月.
88.三ツ廣 香里, 船津 修, 森田 明典, 池北 雅彦 :
ラット肝癌細胞株dRLh-84から得られたモノクローナル抗体2B12の性状解析,
第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007年12月.
89.大篭 友博, 船津 修, 森田 明典, 池北 雅彦 :
終脳特異的に発現する細胞接着分子テレンセファリンのN型糖鎖の構造解析,
第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007年12月.
90.池田 聖樹, 雪澤 俊輔, 倉持 幸司, 小林 進, 船津 修, 森田 明典, 池北 雅彦 :
エポラクタエン1bのアポトーシス誘導機序の解明,
第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007年12月.
91.森田 明典, 山元 真一, 伊藤 あずさ, 榎本 敦, 松本 義久, 船津 修, 細井 義夫, 鈴木 紀夫, 池北 雅彦 :
オルトバナジン酸ナトリウムによるp53転写非依存性アポトーシス抑制機構,
第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会, 2007年12月.
92.伊藤 あずさ, 森田 明典, 山元 真一, 船津 修, 池北 雅彦 :
放射線高感受性MOLT-4細胞株におけるp53依存性放射線誘発アポトーシス経路の解析,
日本放射線影響学会第50回大会, 2007年11月.
93.山元 真一, 森田 明典, 伊藤 あずさ, 榎本 敦, 松本 義久, 船津 修, 細井 義夫, 鈴木 紀夫, 池北 雅彦 :
オルトバナジン酸ナトリウムによるp53制御メカニズムの解明,
日本放射線影響学会第50回大会, 2007年11月.
94.榎本 敦, 木戸 直樹, 伊藤 道彦, 森田 明典, 細井 義夫, 宮川 清 :
新規MAP3K結合因子の機能解析,
日本放射線影響学会第50回大会, 2007年11月.
95.榎本 敦, 木戸 直樹, 森田 明典, 細井 義夫, 宮川 清 :
新規MAPKKK制御因子の機能解析とそれを標的とした増感,
第16回日本アポトーシス研究会学術集会, 2007年8月.
96.松本 義久, BHOSLE Sushma M, 冨田 雅典, 榎本 敦, 森田 明典, 鈴木 紀夫, 細井 義夫, 宮川 清 :
NHEJ修復酵素群のDNA二重鎖切断部位への動員とリン酸化による制御,
日本放射線影響学会第49回大会, 2006年9月.
97.榎本 敦, 木戸 直樹, 森田 明典, 伊藤 道彦, 松本 義久, 細井 義夫, 宮川 清 :
新規JNKカスケード制御因子の機能解析とそれを標的としたアポトーシス増感,
日本放射線影響学会第49回大会, 2006年9月.
98.榎本 敦, 木戸 直樹, 森田 明典, 伊藤 道彦, 細井 義夫, 宮川 清 :
新規MAPKKK抑制因子によるJNKカスケードの制御,
第15回日本アポトーシス研究会学術集会, 2006年7月.
99.細井 義夫, 丹野 悠司, 松本 義久, 榎本 敦, 森田 明典, 高倉 かほる, 宮川 清 :
転写因子Sp1によるDNA2重鎖切断修復酵素の転写制御と放射線増感,
第65回日本医学放射線学会学術集会, 2006年4月.
100.榎本 敦, 木戸 直樹, 森田 明典, 鈴木 崇彦, 松本 義久, 細井 義夫, 宮川 清 :
新規MAPKKK抑制遺伝子によるJNKカスケードの制御,
Tissue culture research communications : the journal of experimental & applied cell culture research = 組織培養研究, Vol.25, No.1, 61, 2006年3月.
(CiNii: 10017439654)
101.榎本 敦, 森田 明典, 伊藤 道彦, 宮川 清, 細井 義夫 :
新規JIP結合キナーゼによるJNKカスケードの制御,
第28回日本分子生物学会年会, 2005年12月.
102.李 智平, 細井 義夫, 蔡 克松, 丹野 悠司, 松本 義久, 榎本 敦, 森田 明典, 宮川 清 :
放射線によるEGFRとERKの活性化に関わる情報伝達経路の検討,
日本放射線影響学会第48回大会, 2005年11月.
103.榎本 敦, 森田 明典, 伊藤 道彦, 松本 義久, 鈴木 紀夫, 細井 義夫 :
新規JNKシグナル制御因子の機能解析,
日本放射線影響学会第48回大会, 2005年11月.
104.松本 義久, 冨田 雅典, 尹 洪蘭, 酒井 一夫, 森田 明典, 榎本 敦, 鈴木 崇彦, 細井 義夫, 鈴木 紀夫 :
DNA-PKのタンパク質リン酸化機能はなぜDNA二重鎖切断修復において重要か?-「真の基質」XRCC4とリン酸化の意義,
日本放射線影響学会第48回大会, 2005年11月.
105.丹野 悠司, 細井 義夫, 李 智平, 蔡 克松, 松本 義久, 榎本 敦, 森田 明典, 高倉 かほる, 酒井 一夫, 冨田 雅典, 宮川 清 :
Sp1によるDNA二重鎖切断修復関連遺伝子の転写制御,
日本放射線影響学会第48回大会, 2005年11月.
106.森田 明典, 榎本 敦, 松本 義久, 鈴木 紀夫, 細井 義夫 :
オルトバナジン酸ナトリウムによるDNA損傷誘導p53依存性アポトーシス抑制機構,
日本放射線影響学会第48回大会, 2005年11月.
107.松本 義久, 冨田 雅典, 森田 明典, 細井 義夫, 鈴木 紀夫 :
DNA‐PKのタンパク質リン酸化機能はなぜDNA二重鎖切断修復において重要か?—「真の基質」XRCC4とリン酸化の意義,
第64回日本癌学会学術総会, 2005年9月.
108.榎本 敦, 森田 明典, 松本 義久, 鈴木 紀夫, 細井 義夫 :
新規JIP結合因子によるJNK cascdeの制御,
第14回日本アポトーシス研究会学術集会, 2005年7月.
109.森田 明典, 榎本 敦, 松本 義久, 細井 義夫 :
オルトバナジン酸ナトリウムによるDNA損傷誘導p53依存性アポトーシス抑制機構,
第14回日本アポトーシス研究会学術集会, 2005年7月.
110.榎本 敦, 森田 明典, 伊藤 道彦, 細井 義夫 :
JNKスカフォールドタンパクJIP1と相互作用する因子の機能解析,
第27回日本分子生物学会年会, 2004年12月.
111.森田 明典, 鈴木 紀夫, 榎本 敦, 松本 義久, 細井 義夫 :
オルトバナジン酸ナトリウムによるDNA損傷誘発アポトーシス抑制機構,
第27回日本分子生物学会年会, 2004年12月.
112.尹 洪蘭, 鈴木 夕佳, 松本 義久, 冨田 雅典, 古澤 佳也, 榎本 敦, 森田 明典, 青木 瑞穂, 鈴木 紀夫 :
温熱による放射線増感の分子メカニズム:DNA二重鎖切断修復機構の関与について,
日本放射線影響学会第47回大会, 2004年11月.
113.榎本 敦, 森田 明典, 伊藤 道彦, 松本 義久, 細井 義夫 :
ストレス応答キナーゼJNK経路における新規JIP結合タンパクの同定と機能解析,
日本放射線影響学会第47回大会, 2004年11月.
114.李 智平, 細井 義夫, 松本 義久, 榎本 敦, 森田 明典 :
放射線によるEGF受容体活性化の機序に関する検討,
日本放射線影響学会第47回大会, 2004年11月.
115.細井 義夫, 松本 義久, 榎本 敦, 森田 明典 :
放射線増感・感受性予測の分子標的としてのDNA依存性プロテインキナーゼ,
日本放射線影響学会第47回大会, 2004年11月.
116.松本 義久, 冨田 雅典, 尹 洪蘭, 森田 明典, 榎本 敦, 鈴木 崇彦, 細井 義夫, 大友 邦, 鈴木 紀夫 :
放射線によるDNA損傷と修復の分子機構 DNA‐PKのタンパク質リン酸化機能はなぜDNA二重鎖切断修復において重要か?‐「真の基質」XRCC4とリン酸化の意義,
日本放射線影響学会第47回大会, 2004年11月.
117.森田 明典, 鈴木 紀夫, 榎本 敦, 松本 義久, 細井 義夫 :
オルトバナジン酸ナトリウムによるDNA損傷誘発アポトーシス抑制機構,
日本放射線影響学会第47回大会, 2004年11月.
118.松本 義久, 冨田 雅典, 森田 明典, 細井 義夫, 鈴木 紀夫 :
DNA‐PKによるXRCC4リン酸化とDNA二重鎖切断修復・ゲノム安定性維持における意義,
第63回日本癌学会学術総会, 2004年9月.
119.森田 明典, 榎本 敦, 松本 義久, 鈴木 紀夫, 細井 義夫 :
オルトバナジン酸ナトリウムによる放射線誘発アポトーシス抑制機構,
第13回日本アポトーシス研究会学術集会, 2004年7月.
120.尹 洪蘭, 鈴木 夕佳, 松本 義久, 冨田 雅典, 古澤 佳也, 榎本 敦, 森田 明典, 青木 瑞穂, 細井 義夫 :
ニワトリBリンパ球DT40細胞と相同組み換え,非相同組み換え欠損細胞の温熱放射線増感作用,
日本放射線影響学会第46回大会, 2003年10月.
121.松本 義久, 梅田 典子, 尹 洪蘭, 冨田 雅典, 榎本 敦, 森田 明典, 水越 てるみ, 酒井 一夫, 鈴木 紀夫 :
温熱のDNA依存性プロテインキナーゼ(DNA‐PK)に対する作用と放射線増感,
日本放射線影響学会第46回大会, 2003年10月.
122.榎本 敦, 森田 明典, 伊藤 道彦, 細井 義夫, 善岡 克次, 鈴木 紀夫 :
アポトーシスにおけるカスパーゼによるJNKの切断,
日本放射線影響学会第46回大会, 2003年10月.
123.森田 明典, 朱 瑾, 鈴木 紀夫, 榎本 敦, 松本 義久, 細井 義夫 :
オルトバナジン酸ナトリウムによるアポトーシス抑制機構,
日本放射線影響学会第46回大会, 2003年10月.
124.浅野 拓行, 細井 義夫, 松本 義久, 榎本 敦, 森田 明典, 小島 周二, 鈴木 紀夫 :
Suraminならびに外来性DNAによるEGF受容体リン酸化量の減少,
第62回日本癌学会学術総会, 2003年9月.
125.松本 義久, 冨田 雅典, 森田 明典, 細井 義夫, 鈴木 紀夫 :
DNA依存性プロテインキナーゼ(DNA‐PK)Kuサブユニットの温熱不安定性と放射線増感,
第62回日本癌学会学術総会, 2003年9月.
126.森田 明典, 朱 瑾, 鈴木 紀夫, 榎本 敦, 松本 義久, 細井 義夫 :
オルトバナジン酸ナトリウムによるアポトーシス抑制機構,
第62回日本癌学会学術総会, 2003年9月.
127.森田 明典, 朱 瑾, 鈴木 紀夫, 榎本 敦, 松本 義久, 細井 義夫 :
オルトバナジン酸ナトリウムによるアポトーシス抑制機構,
第12回日本アポトーシス研究会学術集会, 2003年8月.
128.浅野 拓行, 細井 義夫, 松本 義久, 榎本 敦, 森田 明典, 小島 周二, 鈴木 紀夫 :
SuraminによるEpidermal Growth Factor Receptor(EGFR)の活性化,
第61回日本癌学会学術総会, 2002年10月.
129.細井 義夫, 松本 義久, 榎本 敦, 森田 明典, 鈴木 紀夫 :
Phosphorothioate oligonucleotidesによるDNA依存性プロテインキナーゼ活性の阻害,
第61回日本癌学会学術総会, 2002年10月.
130.榎本 敦, 森田 明典, 伊藤 道彦, 松本 義久, 細井 義夫, 善岡 克次, 鈴木 紀夫 :
アポトーシスの過程で新たに誘導されるJNKタンパクの解析,
日本放射線影響学会第45回大会, 2002年9月.
131.榎本 敦, 康 芸, 平野 和也, 森田 明典, 松本 義久, 細井 義夫, 酒井 一夫, 鈴木 紀夫 :
MOLT-4細胞のX線誘発細胞死におけるc-Mycの関与,
日本放射線影響学会第44回大会, 2001年10月.
132.松本 義久, 南波 直樹, 梅田 典子, 冨田 雅典, 森田 明典, 芹沢 しのぶ, 榎本 敦, 細井 義夫, 鈴木 紀夫 :
X線照射後に見られるXRCC4タンパク質の切断とリン酸化,
第23回日本分子生物学会年会, 2000年11月.
133.森田 明典, 鈴木 紀夫, 榎本 敦, 松本 義久 :
MOLT-4の放射線細胞死におけるp41生成機構,
日本放射線影響学会第43回大会, 2000年8月.
134.森田 明典, 鈴木 紀夫, 榎本 敦, 松本 義久, 平野 和也, 酒井 一夫 :
アポトーシスの過程におけるp42タンパク質の修飾機構,
第57回日本癌学会学術総会, 1998年10月.
135.森田 明典, 鈴木 紀夫, 榎本 敦, 松本 義久, 平野 和也, 酒井 一夫 :
MOLT-4の放射線細胞死におけるp41生成機構,
日本医学放射線学会第37回生物部会学術大会, 1998年4月.

その他・研究会:

1.森田 明典 :
p53制御による放射線防護,
核化学夏の学校2016, 2016年8月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • p53標的創薬による新規放射線防護剤の開発 (研究課題/領域番号: 16K10396 )
  • p53制御によって正常組織への副作用を軽減する新規放射線防護剤の開発 (研究課題/領域番号: 24689050 )
  • 金属錯体モジュールを利用した新規p53阻害剤の開発 (研究課題/領域番号: 21791218 )
  • 効果的なp53阻害剤の開発 (研究課題/領域番号: 18790876 )
  • オルトバナジン酸ナトリウムによる放射線誘発アポトーシス抑制機講の解明 (研究課題/領域番号: 16790723 )
  • 細胞応答シグナルを利用する新放射線療法の開発 (研究課題/領域番号: 16659325 )
  • 放射線誘発アポトーシスにおけるp41機能の研究 (研究課題/領域番号: 14770447 )
  • 応答特異抗体とDNA arrayによる放射線感受性予測システムの構築 (研究課題/領域番号: 14657211 )
  • U937細胞を用いた温熱応答メカニズムの解析 (研究課題/領域番号: 14370271 )
  • 放射線細胞応答メカニズムと感受性予測 (研究課題/領域番号: 12217029 )
  • 研究者番号(90334234)による検索