検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 歯学域 > 口腔科学部門 > 基礎歯学系 > 生体材料工学 >
徳島大学 > 歯学部 > 歯学科 > 基礎口腔科学講座 > 生体材料工学 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Noboru Kajimoto, Emi Takegawa, Kazumitsu Sekine and Kenichi Hamada :
Electrical shear bonding strength reduction of resin-modified glass-ionomer-cement containing ionic-liquid concept and validation of a smart dental cement debonding-on-demand,
Dental Materials Journal, Vol.37, No.5, 768-774, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 111728,   DOI: 10.4012/dmj.2017-361,   PubMed: 29848856,   Elsevier: Scopus)
2. Shihoko Inui, Emi Takegawa and Kenichi Hamada :
Volume magnetic susceptibility design and hardness of Au Ta alloys and Au Nb alloys for MRI-compatible biomedical applications,
Biomedical Physics & Engineering Express, Vol.3, No.1, 015025, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 110121,   DOI: 10.1088/2057-1976/aa5449)
3. 誉田 栄一, 浜田 賢一, 倉林 亨, 武川 恵美, 吉田 みどり :
MRI対応生体内金属の開発,
日本磁気歯科学会雑誌, Vol.22, No.1, 41-48, 2013年.
4. Emi Takegawa, Shihoko Inui, Kenichi Hamada, Eiichi Honda and Kenzo Asaoka :
Magnetic susceptibility and hardness of Au-xPt-yNb alloys for biomedical applications,
Acta Biomaterialia, Vol.9, 8449-8453, 2013.
(DOI: 10.1016/j.actbio.2013.05.028)

総説・解説:

1. 浜田 賢一, 武川 恵美 :
MRIでアーチファクトを生じない生体医療用合金の開発,
バイオマテリアル-生体材料-, Vol.34, No.1, 50-53, 2016年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 112474)

国際会議:

1. Kenichi Hamada, Emi Takegawa and Eiichi Honda :
Effects of Zr addition on properties of Au-Nb-Zr alloys for MRI artefact-free biomedical applications,
Thermec' 2018, Paris, Jul. 2018.
2. Kenichi Hamada, Emi Takegawa and Eiichi Honda :
Effects of aging time and temperature on magnetic susceptibility of Au Nb alloys for biomedical applications,
28th European Conference on Biomaterials (ESB2017), Athens, Sep. 2017.
3. Shihoko Inui, Emi Takegawa, Eiichi Honda and Kenichi Hamada :
Correlation between magnetic susceptibility and phase constitution of Au Nb alloys for MRI artifact-free biomedical applications,
International Dental Materials Congress 2016, Bali, Nov. 2016.
4. Shihoko Inui, Emi Takegawa, Eiichi Honda and Kenichi Hamada :
Effects of aging-temperature on volume-magnetic-susceptibility of Au-12Nb and Au-15Nb alloys.,
94th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, Seoul, Jun. 2016.
5. Kajimoto Noboru, Emi Takegawa, Kazumitsu Sekine and Kenichi Hamada :
Development of an electrically-debondable smart dental cement,
Thermec' 2016, Graz, Jun. 2016.
6. Inui Shihoko, Kenichi Hamada, Emi Takegawa and Eiichi Honda :
Control of magnetic susceptibility of Au-Nb alloys for MRI Artifact-free Biomedical Applications,
Thermec' 2016, Graz, May 2016.
7. Kenichi Hamada, Inui Shihoko, Emi Takegawa and Eiichi Honda :
Effects of Ti addition on properties of Au-Nb-Ti alloys for MRI artifact-free biomedical applications,
Thermec' 2016, Graz, May 2016.
8. Kenichi Hamada, Inui Shihoko, Emi Takegawa and Eiichi Honda :
MRI Artifact-free Au-Nb-Ti alloy of High Hardness for Biomedical Applications,
10th World Biomaterials Congress, Montreal, May 2016.
9. INUI Shihoko, Kenichi Hamada, Emi Takegawa and Eiichi Honda :
Effects of heat treatment on magnetic susceptibility and hardness of Au-Nb alloys for MRI Artifact-free Biomedical Applications,
10th World Biomaterials Congress, Montreal, May 2016.
10. Kenichi Hamada, Shihoko Inui, Emi Takegawa and Eiichi Honda :
Magnetic Susceptibility and Hardness of Alloys of Au and Group V Elements (Nb, Ta) for MRI Artifact-free Biomedical Applications,
27th European Conference on Biomaterials (ESB2015), Cracow, Aug. 2015.
11. INUI Shihoko, Emi Takegawa, Eiichi Honda and Kenichi Hamada :
Magnetic Susceptibility and Hardness of Alloys of Au and Group IV Elements (Ti, Zr) for MRI Artifact-free Biomedical Applications,
27th European Conference on Biomaterials (ESB2015), Cracow, Aug. 2015.
12. Shihoko Inui, Emi Takegawa, Eiichi Honda and Kenichi Hamada :
Magnetic Susceptibility of Au-X (X = Nb, Ta, Ti, Zr) Alloys for MRI Artifact-Free Biomedical Applications,
Gold 2015, Cardiff, Jul. 2015.
13. Kenichi Hamada, Shihoko Inui, Emi Takegawa and Eiichi Honda :
Magnetic Susceptibility and Vickers Hardness of Au-Pd-X Ternary Alloys for MRI Artifact-Free Biomedical Applications,
Gold 2015, Cardiff, Jul. 2015.
14. Kenichi Hamada, Emi Takegawa, INUI Shihoko and Eiichi Honda :
MRI artifact reduction of aneurysm clip made of non-magnetic Au 7Nb 5Pt alloy for biomedical applications,
Materials Today Asia 2014, Hong Kong, Dec. 2014.
15. INUI Shihoko, Emi Takegawa, Eiichi Honda and Kenichi Hamada :
Volume Magnetic Susceptibility of Au-X (X = Nb, Ta, Ti) Alloys for MRI Artifact Free Biomedical Applications,
Materials Today Asia 2014, Hong Kong, Dec. 2014.
16. INUI Shihoko, Emi Takegawa, Eiichi Honda and Kenichi Hamada :
Dynamic Hardness Evaluation of Two Phases of Au xPt 8Nb Alloys for MRI-artifact-free Biomedical Devices,
26th European Conference on Biomaterials (ESB2014), Liverpool, Sep. 2014.
17. Kenichi Hamada, Shihoko Inui, Emi Takegawa and Eiichi Honda :
Magnetic-resonance-imaging Artifact-free Au 7Nb 5Pt Alloy: Mechanical Properties of Wire,
Thermec (International Conference on Processing & Manufacturing of Advanced Materials) 2013, Las Vegas, Dec. 2013.
18. Kenichi Hamada, Emi Takegawa, INUI Shihoko and Eiichi Honda :
Tensile Properties of Au 7Nb 5Pt and Au 8Nb 5Pt Alloy Wire for Use in MRI-Artifact-Free Biomedical Devices,
25th European Conference on Biomaterials (ESB2013), Madrid, Sep. 2013.
19. Emi Takegawa, INUI Shihoko, Kenichi Hamada, Eiichi Honda and Fumiaki Kawano :
MRI-compatible Au-Pd-based Ternary Alloy for Biomedical Applications,
25th European Conference on Biomaterials (ESB2013), Madrid, Sep. 2013.
20. Emi Takegawa, INUI Shihoko, Kenichi Hamada, Eiichi Honda, Kenzo Asaoka and Fumiaki Kawano :
Microstructure of Magnetic-resonance-imaging Compatible Au-xPt-8Nb Alloy,
91st General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, Seattle, Mar. 2013.
21. Kenichi Hamada, INUI Shihoko, Emi Takegawa, Eiichi Honda and Kenzo Asaoka :
Magnetic-resonance-imaging Artifact-free Au 8Nb 5Pt Alloy: Mechanical Properties of Wire,
91st General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, Seattle, Mar. 2013.
22. INUI Shihoko, IDA Yumika, Emi Takegawa, Kenichi Hamada, Eiichi Honda and Kenzo Asaoka :
Properties of Au Pd Alloy for Magnetic-resonance-imaging Compatible Biomedical Devices,
91st General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, Seattle, Mar. 2013.
23. Emi Takegawa, Shihoko Inui, Kenichi Hamada, Eiichi Honda and Kenzo Asaoka :
MRI Compatible Au-Pt-Nb Alloy for Biomedical Applications,
Thermec (International Conference on Processing & Manufacturing of Advanced Materials) 2011, Québec City, Aug. 2011.
24. Kazumitsu Sekine, Kenichi Hamada, Emi Takegawa, Kikuji Yamashita, Fumiaki Kawano and Kenzo Asaoka :
In vitro and consistency evaluation of strontium apatite bone cement.,
3rd International Symposium on Surface and Interface of Biomaterials, Sapporo, Jul. 2011.
25. Kazumitsu Sekine, Kenichi Hamada, Emi Takegawa, Fumiaki Kawano and Kenzo Asaoka :
In vitro and in vivo evaluation of strontium-substituted apatite bone cement,
International Dental Materials Congress 2011, Seoul, May 2011.
26. INUI Shihoko, Emi Takegawa, Kenichi Hamada, Eiichi Honda and Kenzo Asaoka :
Castability of MRI Compatible Au Alloy for Biomedical Application,
International Dental Materials Congress 2011, Seoul, May 2011.
27. Emi Takegawa, Shihoko Inui, Kenichi Hamada, Eiichi Honda and Kenzo Asaoka :
Microstructure of MRI Compatible Au-Pt-8Nb Alloy for Biomedical Application,
International Dental Materials Congress 2011, Seoul, May 2011.
28. Kazumitsu Sekine, Kenichi Hamada, Emi Takegawa, Fumiaki Kawano, Kikuji Yamashita and Kenzo Asaoka :
Biocompatibility Evaluation of Strontium-substituted Apatite Bone Cement,
88th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, Barcelona, Jul. 2010.
29. Emi Takegawa, Kenichi Hamada, Eiichi Honda and Kenzo Asaoka :
Magnetic-susceptibility of Au-Pt-Nb Alloy for Magnetic-resonance-imaging Compatible Biomedical-devices,
88th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, Barcelona, Jul. 2010.
30. Kazumitsu Sekine, Kenichi Hamada, Emi Takegawa, Kikuji Yamashita, Fumiaki Kawano and Kenzo Asaoka :
Biocompatibility evaluation of Strontium-substituted apatite cement,
3rd Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry, Vol.3, No.1, 83, Hiroshima, Nov. 2009.

国内講演発表:

1. 佐藤 博子, 松木 佑太, 梶本 昇, 武川 恵美, 堀内 信也, 関根 一光, 田中 栄二, 浜田 賢一 :
通電するとグラスアイオノマーセメントの接着強度は低下する,
徳島県歯科医学大会, 28, 2020年2月.
2. 藤田 創詩, 佐藤 博子, 武川 恵美, 浜田 賢一 :
水に浸けたグラスアイオノマーセメントの通電特性,
四国歯学会第55回例会, 2019年9月.
3. 武川 恵美, 誉田 栄一, 浜田 賢一 :
Au-Nb合金へのTi,Zr添加による磁化率,硬さへの影響,
第40回日本バイオマテリアル学会大会, 2018年11月.
4. 梶本 昇, 荒平 高章, Maruta Michihito, 武川 恵美, 関根 一光, 浜田 賢一, 都留 寛治 :
スマートに剥離可能な新規歯科用セメントの開発:剥離メカニズムの考察,
第37回日本接着歯学会, 2018年10月.
5. 梶本 昇, 荒平 高章, 丸田 道人, 武川 恵美, 関根 一光, 浜田 賢一, 都留 寛治 :
通電剥離型歯科用セメントの開発 その5:通電がセメントに与える影響,
第72回日本歯科理工学会学術講演会, 2018年10月.
6. 佐野 可奈子, 露口 恵理, 武川 恵美, 浜田 賢一 :
Au-Nb合金にZrを添加したときの硬さへの影響,
四国歯学会第52回例会, 2018年3月.
7. 武川 恵美, 児玉 彩子, 誉田 栄一, 浜田 賢一 :
Au-Nb 合金の熱処理条件が磁化率に与える影響,
第39回日本バイオマテリアル学会大会, 2017年11月.
8. 吉田 幸司, 梶本 昇, 武川 恵美, 関根 一光, 浜田 賢一 :
通電剥離型歯科用セメント(EDDC)の開発 ∼アミノ酸由来イオン液体を用いた検証∼,
四国歯学会第51回例会, 2017年6月.
9. 梶本 昇, 武川 恵美, 関根 一光, 浜田 賢一 :
通電剥離型歯科用セメントの開発 その 4:破壊様式の観察,
第69回日本歯科理工学会学術講演会, 2017年4月.
10. 児玉 彩子, 乾 志帆子, 武川 恵美, 浜田 賢一 :
Au–Nb合金の時効熱処理の順序が磁化率に与える影響,
四国歯学会第50回例会, 2017年3月.
11. 浜田 賢一, 乾 志帆子, 武川 恵美, 誉田 栄一 :
生体医療用Au–Nb合金の時効熱処理条件が磁化率に及ぼす影響,
日本金属学会2017年春季大会, 2017年3月.
12. 梶本 昇, 武川 恵美, 関根 一光, 浜田 賢一 :
任意に除去可能な歯科用セメントの開発,
第5回日本バイオマテリアル学会中四国ブロックシンポジウム, 2017年1月.
13. 梶本 昇, 武川 恵美, 関根 一光, 浜田 賢一 :
通電により剥離可能な歯科用セメントの開発,
第23回日本歯科医学会総会, 2016年10月.
14. 浜田 賢一, 梶本 昇, 武川 恵美, 関根 一光 :
スマート・デンタル・マテリアル -スマート材料・構造の歯科応用-,
日本セラミックス協会第29回秋季シンポジウム, 2016年9月.
15. 梶本 昇, 武川 恵美, 関根 一光, 浜田 賢一 :
通電剥離型歯科用セメントの開発:通電剥離に関連する因子の考察,
日本歯科理工学会近畿中四国地方会夏期セミナー, 2016年8月.
16. 梶本 昇, 武川 恵美, 関根 一光, 浜田 賢一 :
通電剥離型歯科用セメントの開発 その3:被着体による剥離特性の差異,
第67回日本歯科理工学会学術講演会, 2016年4月.
17. 武川 恵美, 乾 志帆子, 誉田 栄一, 浜田 賢一 :
非磁性Au合金で試作した医用デバイスのMRIアーチファクト,
第4回日本バイオマテリアル学会中四国シンポジウム, 2016年2月.
18. 梶本 昇, 武川 恵美, 関根 一光, 浜田 賢一 :
接着力を制御できる歯科用セメントの開発,
第4回日本バイオマテリアル学会中四国シンポジウム, 2016年2月.
19. 浜田 賢一, 乾 志帆子, 武川 恵美, 誉田 栄一 :
MRI適合生体医療用Au-Nb-Ti合金の開発,
第37回日本バイオマテリアル学会大会, 2015年11月.
20. 乾 志帆子, 武川 恵美, 浜田 賢一 :
生体医療用Au-Nb-Ti 合金の磁化率と硬さ,
第66回日本歯科理工学会学術講演会, 2015年10月.
21. 梶本 昇, 武川 恵美, 関根 一光, 浜田 賢一 :
通電剥離型歯科用セメントの開発 その2: 通電条件の影響,
第66回日本歯科理工学会学術講演会, 2015年10月.
22. 梶本 昇, 武川 恵美, 関根 一光, 浜田 賢一 :
強固に接着し容易に除去できる歯科用スマートセメントの開発,
第31回「歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い」, 2015年9月.
23. 浜田 賢一, 乾 志帆子, 武川 恵美, 誉田 栄一 :
生体医療用Au-Nb-Ti合金の磁化率と硬さに及ぼす時効熱処理の影響,
日本金属学会2015年秋季大会, 2015年9月.
24. 梶本 昇, 武川 恵美, 関根 一光, 浜田 賢一 :
工業用解体性接着技術の歯科分野への応用,
日本歯科理工学会近畿中四国地方会夏期セミナー, 2015年8月.
25. 乾 志帆子, 武川 恵美, 浜田 賢一 :
生体医療用Au-Nb合金の磁化率へのAu2Nb析出の影響,
第65回日本歯科理工学会学術講演会, 2015年4月.
26. 浜田 賢一, 乾 志帆子, 武川 恵美, 誉田 栄一 :
生体医療用非磁性Au-Nb合金の時効析出物が磁化率に及ぼす影響,
日本金属学会2015年春季大会, 2015年3月.
27. 乾 志帆子, 武川 恵美, 浜田 賢一 :
生体医療用非磁性Au-Nb合金の磁化率,
第3回日本バイオマテリアル学会中四国シンポジウム, 2015年1月.
28. 浜田 賢一, 乾 志帆子, 武川 恵美, 誉田 栄一 :
Au–X合金(X = Nb, Ta, Ti, Zr)の磁化率と機械的特性の組成依存性,
第36回日本バイオマテリアル学会大会, 2014年11月.
29. 乾 志帆子, 武川 恵美, 浜田 賢一, 誉田 栄一 :
MRIアーチファクトフリー生体医療用合金の開発 -Au-xPt-8Nb 合金の微細組織と機械的特性-,
第52回日本人工臓器学会大会, 2014年10月.
30. 乾 志帆子, 武川 恵美, 浜田 賢一 :
生体医療用Au2元合金の磁化率の組成依存性,
第64回日本歯科理工学会学術講演会, 2014年10月.
31. 浜田 賢一, 武川 恵美, 乾 志帆子, 誉田 栄一 :
生体医療用Au-X合金の磁化率,
日本金属学会2014年秋季大会, 2014年9月.
32. 武川 恵美, 乾 志帆子, 浜田 賢一 :
Au-xPt-8Nb合金の各相の硬さが合金全体の硬さに及ぼす影響,
第63回日本歯科理工学会学術講演会, 2014年4月.
33. 浜田 賢一, 武川 恵美, 乾 志帆子, 誉田 栄一 :
生体用非磁性Au-Pd基合金の特性,
日本金属学会2014年春季大会, 2014年3月.
34. 木村 智子, 尾崎 和美, 湯本 浩通, 村上 圭史, 菅原 千恵子, 篠原 千尋, 武川 恵美, 三宅 洋一郎, 松尾 敬志, 河野 文昭 :
Streptococcus mutans の病原性における scrA 遺伝子の役割,
第6回日本総合歯科学会総会・学術大会, 38, 2013年11月.
35. 乾 志帆子, 武川 恵美, 浜田 賢一, 淺岡 憲三 :
医療用非磁性Au-Pd基合金の開発:Au-Pd合金の磁化率と機械的特性,
第60回日本歯科理工学会学術講演会, 2012年10月.
36. 武川 恵美, 乾 志帆子, 浜田 賢一, 河野 文昭, 淺岡 憲三 :
Au-Pt合金の磁化率への組成,加工および熱処理の影響,
第60回日本歯科理工学会学術講演会, 2012年10月.
37. 武川 恵美, 浜田 賢一, 誉田 栄一, 淺岡 憲三 :
生体用非磁性 AuPtNb 合金への第4元素の添加,
第33回日本バイオマテリアル学会大会, 2011年11月.
38. 浜田 賢一, 武川 恵美, 誉田 栄一, 淺岡 憲三 :
生体用非磁性 AuPtNb 合金を構成する 2 相の特性,
日本金属学会2011年秋季大会, 2011年11月.
39. 武川 恵美, 乾 志帆子, 浜田 賢一, 淺岡 憲三 :
非磁性Au-Pt-8Nb合金の鋳造性評価,
第58回日本歯科理工学会学術講演会, 2011年10月.
40. Kazumitsu Sekine, Kenichi Hamada, Emi Takegawa, Kikuji Yamashita, Fumiaki Kawano and Kenzo Asaoka :
Bone conductivity and regeneration evaluation of Strontium-substituted apatite bone cement.,
第50回日本生体医工学会大会, Apr. 2011.
41. 武川 恵美, 浜田 賢一, 誉田 栄一, 淺岡 憲三 :
生体用非磁性AuPtNb合金の磁化率,
第32回日本バイオマテリアル学会大会, 2010年11月.
42. 関根 一光, 浜田 賢一, 武川 恵美, 河野 文昭, 山下 菊治, 淺岡 憲三 :
ストロンチウム添加型アパタイトセメントの骨置換能評価,
第48回日本人工臓器学会大会, Vol.39, No.2, 131, 2010年11月.
43. 関根 一光, 浜田 賢一, 武川 恵美, 山下 菊治, 河野 文昭, 淺岡 憲三 :
ストロンチウム(Sr)含有型アパタイトセメントのin vitro及びin vivo評価,
第56回日本歯科理工学会学術講演会, Vol.29, No.5, 385, 2010年10月.
44. 武川 恵美, 浜田 賢一, 淺岡 憲三 :
生体用非磁性AuPtNb合金の体積磁化率と機械的特性,
第56回日本歯科理工学会学術講演会, 2010年10月.
45. 浜田 賢一, 武川 恵美, 誉田 栄一, 淺岡 憲三 :
生体用非磁性AuPtNb合金の体積磁化率,
日本金属学会2010年秋季大会, 2010年9月.
46. 浜田 賢一, 武川 恵美, 誉田 栄一, 淺岡 憲三 :
MRIアーチファクトフリー生体用AuPtX合金の特性,
第31回日本バイオマテリアル学会大会, 2009年11月.
47. 武川 恵美, 浜田 賢一, 淺岡 憲三 :
MRIアーチファクトフリー生体用合金の研究(第2報)-AuPt基合金の機械的特性-,
第54回日本歯科理工学会学術講演会, 2009年10月.
48. 浜田 賢一, 武川 恵美, 誉田 栄一, 淺岡 憲三 :
生体用非磁性AuPtX合金の機械的特性,
日本金属学会2009年秋季大会, 2009年9月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • オンデマンドで撤去可能な歯科用スマートセメントのインプラントへの応用 (研究課題/領域番号: 19K19054 )
  • MRIアーチファクトフリーβ型Ti合金の開発 (研究課題/領域番号: 17H06904 )
  • MRIアーチファクトフリーを示す歯科用Au-Pd-Pt-Ti合金の開発 (研究課題/領域番号: 15H06441 )
  • MRI適合Au-Pd-Pt基合金の開発 (研究課題/領域番号: 24800045 )
  • 研究者番号(50633872)による検索