検索:
徳島大学大学院医歯薬学研究部医学域共同研究講座先端脳機能研究開発 (researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

専門分野

臨床神経
神経科学 (Neuroscience)

研究テーマ

急性期虚血性脳卒中
脳卒中患者データベースを利用した臨床研究

著書・論文

著書:

1. 鹿草 宏, 溝渕 佳史, 中島 公平, 藤田 浩司, 阿部 考志, 影治 照喜, 里見 淳一郎, 永廣 信治, 山本 伸昭 :
眼科内腫瘍性病変,
2015年7月.
2. 武内 俊明, 宮本 亮介, 大崎 裕亮, 阿部 考志, 山本 伸昭, 藤田 浩司, 梶 龍兒 :
中脳黒質におけるT1強調画像高信号,
株式会社メディカ出版, 大阪市淀川区宮原3-4-30, 2015年6月.
3. 山本 伸昭, 宮城 愛, 藤田 浩司, 阿部 考志, 里見 淳一郎, 梶 龍兒 :
亜急性に経過した基底核・脳幹部病変,
2015年5月.
4. 宮城 愛, 山本 伸昭, 藤田 浩司, 阿部 考志, 寺澤 由佳, 梶 龍兒 :
大脳半球に多発するT2*強調画像の点状低信号,
2015年2月.
5. 山本 伸昭, 宮城 愛, 藤田 浩司, 阿部 考志, 梶 龍兒 :
T1強調画像における基底核高信号,
2014年6月.

学術論文(審査論文):

1. Nobuaki Yamamoto, KURODA Kazutaka, Yuki Yamamoto, Izumi Yamaguchi, Shu Sogabe, Kenji Shimada, Ryoma Morigaki, Yasuhisa Kanematsu, Yuishin Izumi and Yasushi Takagi :
Long-sheath Introducer-assisted Revascularization (L-SHARE) Technique for Treating Large-vessel Occlusion by a Giant Clot,
Internal Medicine, 2022.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.0089-22,   PubMed: 35945008)
2. Izumi Yamaguchi, Yasuhisa Kanematsu, Kenji Shimada, Nobuaki Yamamoto, Kazuhisa Miyake, Takeshi Miyamoto, Shu Sogabe, Eiji Shikata, Manabu Ishihara, 山本 陽子, Kazutaka Kuroda and Yasushi Takagi :
Single-session hematoma removal and transcortical venous approach for coil embolization of an isolated transverse-sigmoid sinus dural arteriovenous fistula in a hybrid operating room: illustrative case,
Journal of Neurosurgery. Case Lessons, Vol.3, No.21, 2022.
(DOI: 10.3171/CASE2267,   PubMed: 35734231)
3. Joji Fujikawa, Ryoma Morigaki, Nobuaki Yamamoto, Teruo Oda, Hiroshi Nakanishi, Yuishin Izumi and Yasushi Takagi :
Therapeutic Devices for Motor Symptoms in Parkinson's Disease: Current Progress and a Systematic Review of Recent Randomized Controlled Trials.,
Frontiers in Aging Neuroscience, Vol.14, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 117340,   DOI: 10.3389/fnagi.2022.807909,   PubMed: 35462692)
4. Yoshiteru Tada, Toshitaka Fujihara, Kenji Shimada, Nobuaki Yamamoto, Hiroki Yamazaki, Yuishin Izumi, Masafumi Harada, Yasuhisa Kanematsu and Yasushi Takagi :
Seizure types associated with negative arterial spin labeling and positive diffusion-weighted imaging on peri-ictal magnetic resonance imaging,
Journal of the Neurological Sciences, Vol.436, 1-8, 2022.
(DOI: 10.1016/j.jns.2022.120223,   PubMed: 35279594,   Elsevier: Scopus)
5. Yuki Yamamoto, Nobuaki Yamamoto, Yasuhisa Kanematsu, Izumi Yamaguchi, Manabu Ishihara, Takeshi Miyamoto, Shu Sogabe, Kenji Shimada, Yasushi Takagi and Yuishin Izumi :
The claw sign predicts first-pass effect in mechanical thrombectomy for cerebral large vessel occlusion in the anterior circulation,
Surgical Neurology International, Vol.13, No.72, 1-7, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 117192,   DOI: 10.25259/SNI_1160_2021,   PubMed: 35242438)
6. Masaaki Korai, Yasuhisa Kanematsu, Izumi Yamaguchi, Tadashi Yamaguchi, Yuki Yamamoto, Nobuaki Yamamoto, Takeshi Miyamoto, Kenji Shimada, Junichiro Satomi, Mami Hanaoka, Kazuhito Matsuzaki, Koichi Satoh and Yasushi Takagi :
Subarachnoid Hemorrhage Due to Rupture of Vertebral Artery Dissecting Aneurysms: Treatments, Outcomes, and Prognostic Factors,
World Neurosurgery, Vol.152, e86-e93, 2021.
(DOI: 10.1016/j.wneu.2021.05.018,   PubMed: 34051365)
7. Ryoma Morigaki, Ryosuke Miyamoto, Taku Matsuda, Kazuhisa Miyake, Nobuaki Yamamoto and Yasushi Takagi :
Dystonia and cerebellum: From bench to bedside,
Life, Vol.11, No.8, 776, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 116560,   DOI: 10.3390/life11080776)
8. Nobuaki Yamamoto, Yuki Yamamoto, Izumi Yamaguchi, Shu Sogabe, Takeshi Miyamoto, Kenji Shimada, Yasuhisa Kanematsu, Ryoma Morigaki, Yuishin Izumi and Yasushi Takagi :
Percutaneous Transluminal Angioplasty and Stenting Using an Aspiration Catheter,
Journal of Neuroendovascular Therapy, Vol.16, No.5, 277-282, 2021.
(DOI: 10.5797/jnet.cr.2021-0030,   CiNii: 1390573593425698304)
9. Manabu Ishihara, Nobuto Nakanishi, Rie Tsutsumi, Kanako Hara, Kyoka Machida, Nobuaki Yamamoto, Yasuhisa Kanematsu, Hiroshi Sakaue, Jun Oto and Yasushi Takagi :
Elevated Urinary Titin and its Associated Clinical Outcomes after Acute Stroke.,
Journal of Stroke & Cerebrovascular Diseases, Vol.30, No.3, 2021.
(DOI: 10.1016/j.jstrokecerebrovasdis.2020.105561,   PubMed: 33360523)
10. Daisy Ma Tabuena, Ryoma Morigaki, Ryosuke Miyamoto, Hideo Mure, Nobuaki Yamamoto, Kazuhisa Miyake, Taku Matsuda, Yuishin Izumi, Yasushi Takagi, P Rollin Tabuena and Toshitaka Kawarai :
Ataxia with vitamin E deficiency in the Philippines: A case report of two siblings.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.68, No.3.4, 400-403, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 116574,   DOI: 10.2152/jmi.68.400,   PubMed: 34759169)
11. Nobuaki Yamamoto, Yuishin Izumi, Yuki Yamamoto, K Kuroda, Izumi Yamaguchi, Shu Sogabe, Takeshi Miyamoto, Kenji Shimada, Yasuhisa Kanematsu, Ryoma Morigaki and Yasushi Takagi :
Factors associated with DWI-ASPECTS score in patients with acute ischemic stroke due to cerebral large vessel occlusion,
Clinical Neurology and Neurosurgery, Vol.199, 106316, 2020.
(DOI: 10.1016/j.clineuro.2020.106316,   PubMed: 33161217)
12. Ryoma Morigaki, Ryosuke Miyamoto, Hideo Mure, Koji Fujita, Taku Matsuda, Yoko Yamamoto, Masahito Nakataki, Tetsuya Okahisa, Yuki Matsumoto, Kazuhisa Miyake, Nobuaki Yamamoto, Ryuji Kaji, Yasushi Takagi and Satoshi Goto :
Can Pallidal Deep Brain Stimulation Rescue Borderline Dystonia? Possible Coexistence of Functional (Psychogenic) and Organic Components.,
Brain Sciences, Vol.10, No.9, 636, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 116502,   DOI: 10.3390/brainsci10090636,   PubMed: 32942724)
13. Yamamoto Yuki, Nobuaki Yamamoto, Koji Fujita, Fukumoto Tatsuya, Murakami Nagahisa, Hideo Mure, Yasuhisa Kanematsu, Yasushi Takagi and Yuishin Izumi :
Cerebral Venous Thrombosis: An Unexpected Complication with Cerebrospinal Fluid Leaks after a Fall in a Patient with Spinocerebellar Ataxia Type 6.,
Internal Medicine, Vol.59, No.14, 1749-1753, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 115918,   DOI: 10.2169/internalmedicine.4388-20,   PubMed: 32238726)
14. Nobuaki Yamamoto, Yuki Yamamoto, Izumi Yamaguchi, Manabu Ishihara, Takeshi Miyamoto, Masaaki Korai, Kenji Shimada, Yasuhisa Kanematsu, Yuishin Izumi and Yasushi Takagi :
Cone beam-computed tomography angiography by intravenous contrast injection is reliable to evaluate patients with large vessel occlusion,
Journal of Clinical Neuroscience, Vol.70, 67-71, 2019.
(DOI: 10.1016/j.jocn.2019.08.078,   PubMed: 31445814,   Elsevier: Scopus)
15. Izumi Yamaguchi, Yasuhisa Kanematsu, Kenji Shimada, Masaaki Korai, Takeshi Miyamoto, Eiji Shikata, Tadashi Yamaguchi, Nobuaki Yamamoto, Yuki Yamamoto, Keiko Kitazato, Yoshihiro Okayama and Yasushi Takagi :
Active Cancer and Elevated D-Dimer Are Risk Factors for In-Hospital Ischemic Stroke,
Cerebrovascular Diseases Extra, Vol.9, No.3, 129-138, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 115057,   DOI: 10.1159/000504163,   PubMed: 31760390,   Elsevier: Scopus)
16. Yamamoto Yuki, Nobuaki Yamamoto, Yasuhisa Kanematsu, Masaaki Korai, Kenji Shimada, Yuishin Izumi and Yasushi Takagi :
The Claw Sign: An angiographic Predictor of Recanalization After Mechanical Thrombectomy for Cerebral Large Vessel Occlusion.,
Journal of Stroke & Cerebrovascular Diseases, Vol.28, No.6, 1555-1560, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114639,   DOI: 10.1016/j.jstrokecerebrovasdis.2019.03.007,   PubMed: 30930237)
17. Nobuaki Yamamoto, Yuki Yamamoto, Masaaki Korai, Kenji Shimada, Yasuhisa Kanematsu, Yuishin Izumi, Junichiro Satomi, Yasushi Takagi and Ryuji Kaji :
Simultaneous approach to tandem occlusion in acute ischemic stroke patients: Percutaneous Transluminal Angioplasty (PTA) using push wire of stent retriever,
Journal of Neuroendovascular Therapy, Vol.13, No.6, 257-261, 2019.
(DOI: 10.5797/jnet.cr.2018-0108,   CiNii: 1390001288147947776)
18. Yuki Yamamoto, Nobuaki Yamamoto, Junichiro Satomi, Idumi Yamaguchi, Masaaki Korai, Yasuhisa Kanematsu, Yasushi Takagi and Ryuji Kaji :
Dural arteriovenous fistula in the superior orbital fissure,
Surgical Neurology International, Vol.9, No.1, 95, 2018.
(DOI: 10.4103/sni.sni_46_18,   PubMed: 29888029)
19. Nobuaki Yamamoto, Junichiro Satomi, Yuki Yamamoto, Kenji Shono, Yasuhisa Kanematsu, Yuishin Izumi, Shinji Nagahiro and Ryuji Kaji :
Risk Factors of Neurological Deterioration in Patients with Cerebral Infarction due to Large Artery Atherosclerosis,
Journal of Stroke & Cerebrovascular Diseases, Vol.26, No.8, 1801-1806, 2017.
(DOI: 10.1016/j.jstrokecerebrovasdis.2017.04.011,   PubMed: 28476508)
20. Yasuhisa Kanematsu, Junichiro Satomi, Kazuyuki Kuwayama, Izumi Yamaguchi, Shotaroh Yoshioka, Tomoya Kinouchi, Yoshiteru Tada, Nobuaki Yamamoto, Shunji Matsubara, Kenji Shono and Shinji Nagahiro :
Treatment Outcome of Carotid Artery Stenting Underwent within 14 Days of Stroke Onset - Consideration of Safety and Efficacy of Urgent Carotid Artery Stenting for Neurologically Progressing Patients,
Neurologia Medico-Chirurgica, Vol.57, No.6, 278-283, 2017.
(DOI: 10.2176/nmc.oa.2016-0236,   PubMed: 28381652)
21. Shu Sogabe, Junichiro Satomi, Yoshiteru Tada, Yasuhisa Kanematsu, Kazuyuki Kuwayama, Kenji Yagi, Shotaroh Yoshioka, Yoshifumi Mizobuchi, Hideo Mure, Izumi Yamaguchi, Takashi Abe, Nobuaki Yamamoto, Keiko Kitazato, Ryuji Kaji, Masafumi Harada and Shinji Nagahiro :
Intra-arterial high signals on arterial spin labeling perfusion images predict the occluded internal carotid artery segment,
Neuroradiology, Vol.59, No.6, 587-595, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111444,   DOI: 10.1007/s00234-017-1828-9,   PubMed: 28397019)
22. Nobuaki Yamamoto, Junichiro Satomi, Yuki Yamamoto, Izumi Yamaguchi, Shinji Nagahiro and Ryuji Kaji :
Usefulness of 3-Tesla magnetic resonance arterial spin-labeled imaging for diagnosis of cranial dural arteriovenous fistula,
Journal of the Neurological Sciences, Vol.372, 428-432, 2017.
(DOI: 10.1016/j.jns.2016.11.011,   PubMed: 27842984)
23. Kenji Shono, Junichiro Satomi, Yoshiteru Tada, Yasuhisa Kanematsu, Nobuaki Yamamoto, Yuishin Izumi, Ryuji Kaji, Masafumi Harada and Shinji Nagahiro :
Optimal Timing of Diffusion-Weighted Imaging to Avoid False-Negative Findings in Patients With Transient Ischemic Attack,
Stroke, Vol.48, No.7, 1990-1992, 2017.
(DOI: 10.1161/STROKEAHA.117.014576,   PubMed: 28536173,   Elsevier: Scopus)
24. Izumi Yamaguchi, Junichiro Satomi, Nobuaki Yamamoto, Shotaroh Yoshioka, Yoshiteru Tada, Kenji Yagi, Yasuhisa Kanematsu and Shinji Nagahiro :
Coexistence of Quasi-moyamoya Disease and POEMS Syndrome in a Patient with Intracranial Hemorrhage: A Case Report and Literature Review,
NMC Case Report Journal, Vol.4, 5-9, 2017.
(DOI: 10.2176/nmccrj.cr.2016-0106,   PubMed: 28664017)
25. 蔭山 彩人, 兼松 康久, 山口 泉, 山本 伸昭, 木内 智也, 多田 恵曜, 西 京子, 里見 淳一郎, 永廣 信治 :
徳島大学病院脳卒中センターにおける院内発症脳卒中の検討,
四国医学雑誌, Vol.72, No.5-6, 195-198, 2016年.
(徳島大学機関リポジトリ: 110402,   CiNii: 1050845762395251200)
26. 布村 俊幸, 兼松 康久, 山上 圭, 西 京子, 山本 雄貴, 山本 伸昭, 安積 麻衣, 西山 徹, 鹿草 宏, 山口 泉, 吉岡 正太郎, 里見 淳一郎, 永廣 信治 :
徳島大学病院脳卒中センターに搬送されたrt-PA静注療法の"Drip and Ship"症例における検討,
四国医学雑誌, Vol.72, No.3-4, 107-112, 2016年.
(徳島大学機関リポジトリ: 110387,   CiNii: 1050001338911988480)
27. Waka Sakai, Naoko Matsui, Mitsuyo Ishida, Takahiro Furukawa, Yoshimichi Miyazaki, Koji Fujita, Ryosuke Miyamoto, Nobuaki Yamamoto, Wataru Sako, Kenta Sato, Kazuya Kondo, Yoshihiko Nishida, Takao Mitsui, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji :
Late-onset myasthenia gravis is predisposed to become generalized in the elderly,
eNeurologicalSci, Vol.2, 17-20, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 110923,   DOI: 10.1016/j.ensci.2016.02.004)
28. 山本 伸昭, 和泉 唯信, 山本 雄貴, 垂髪 祐樹, 梶 龍兒, 里見 淳一郎, 永廣 信治 :
ASL1,
臨床神経学, Vol.56, No.3, 225, 2016年.
29. Nobuaki Yamamoto, Junichiro Satomi, Yamamoto Yuki, Takahiro Furukawa, Yoshiteru Tada, Masafumi Harada, Shinji Nagahiro and Ryuji Kaji :
The susceptibility vessel sign containing two compositions on 3-tesla T2*-weighted image and single corticosubcortical infarct on diffusion-weighted image are associated with cardioembolic stroke,
Journal of the Neurological Sciences, Vol.359, No.1-2, 141-145, 2015.
(DOI: 10.1016/j.jns.2015.10.033,   PubMed: 26671103,   Elsevier: Scopus)
30. Nobuaki Yamamoto, Junichiro Satomi, Yuishin Izumi, Yamamoto Yuki, Shinji Nagahiro and Ryuji Kaji :
Predictors of a favorable outcome after recanalization in patients with cerebral major vessel occlusion,
Journal of Stroke & Cerebrovascular Diseases, Vol.24, No.12, 2793-2799, 2015.
(DOI: 10.1016/j.jstrokecerebrovasdis.2015.08.012,   PubMed: 26387040,   Elsevier: Scopus)
31. Nobuaki Yamamoto, Junichiro Satomi, Masafumi Harada, Yuishin Izumi, Shinji Nagahiro and Ryuji Kaji :
Is the Susceptibility Vessel Sign on 3-Tesla Magnetic Resonance T2*-Weighted Imaging a Useful Tool to Predict Recanalization in Intravenous Tissue Plasminogen Activator?,
Clinical Neuroradiology, 2014.
(DOI: 10.1007/s00062-014-0363-x,   PubMed: 25516146)
32. Nobuaki Yamamoto, Junichiro Satomi, Yoshiteru Tada, Masafumi Harada, Yuishin Izumi, Shinji Nagahiro and Ryuji Kaji :
The two-1 layered susceptibility vessel sign on 3-tesla T2*-weighted imaging is a predictive biomarker of stroke subtype,
Stroke, Vol.46, No.1, 269-271, 2014.
(DOI: 10.1161/STROKEAHA.114.007227,   PubMed: 25477219,   Elsevier: Scopus)
33. 山本 伸昭, 里見 淳一郎, 寺澤 由佳, 曽我部 周, 中島 公平, 佐藤 泰仁, 板東 一彦, 阿川 昌仁, 浅野 登, 本藤 秀樹, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 永廣 信治 :
脳梗塞発症後早期からの抗血小板薬使用が予後に及ぼす影響の検討,
脳卒中, Vol.36, No.6, 419-424, 2014年.
(DOI: 10.3995/jstroke.36.419,   CiNii: 1390282679616796928)
34. 多田 恵曜, 平澤 元浩, 牟礼 英生, 里見 淳一郎, 山本 伸昭, 阿部 考志, 永廣 信治 :
T2強調画像で脊髄内に高信号を呈する病変 圧迫骨折を伴い,両下肢の筋力低下で発症した80歳女性,
脳神経外科速報, Vol.24, No.11, 1208-1211, 2014年.
35. Nobuaki Yamamoto, Yuka Terasawa, Junichiro Satomi, Sakai Waka, Masafumi Harada, Yuishin Izumi, Shinji Nagahiro and Ryuji Kaji :
Predictors of neurologic deterioration in patients with small-vessel occlusion and infarcts in the territory of perforating arteries,
Journal of Stroke & Cerebrovascular Diseases, Vol.23, No.8, 2151-2155, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 106332,   DOI: 10.1016/j.jstrokecerebrovasdis.2014.04.011,   PubMed: 25088163,   Elsevier: Scopus)
36. Yoshiteru Tada, Junichiro Satomi, Takashi Abe, Kazuyuki Kuwayama, Shu Sogabe, Koji Fujita, Nobuaki Yamamoto, Ryuji Kaji, Masafumi Harada and Shinji Nagahiro :
Intra-arterial signal on arterial spin labeling perfusion MRI to identify the presence of acute middle cerebral artery occlusion,
Cerebrovascular Diseases, Vol.38, No.3, 191-196, 2014.
(DOI: 10.1159/000365653,   PubMed: 25300901,   Elsevier: Scopus)
37. Nobuaki Yamamoto, Yuka Terasawa, Junichiro Satomi, Ryoma Morigaki, Koji Fujita, Yuishin Izumi, Shinji Nagahiro and Ryuji Kaji :
Reversibility of ischemic findings on 3-tesla magnetic resonance T2(*)-weighted image after recanalization,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.1,2, 190-196, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 109553,   DOI: 10.2152/jmi.61.190,   PubMed: 24705765,   Elsevier: Scopus)
38. 里見 淳一郎, 多田 恵曜, 八木 謙次, 松下 展久, 山本 伸昭, 兼松 康久, 永廣 信治 :
80歳以上の破裂脳動脈瘤の治療成績,
脳卒中の外科, Vol.42, No.1, 42-46, 2014年.
(DOI: 10.2335/scs.42.42,   CiNii: 1390001204673719808)
39. Yuka Terasawa, Nobuaki Yamamoto, Ryoma Morigaki, Koji Fujita, Yuishin Izumi, Junichiro Satomi, Masafumi Harada, Shinji Nagahiro and Ryuji Kaji :
Brush sign on 3-T t2*-weighted MRI as a potential predictor of hemorrhagic transformation after tissue plasminogen activator therapy,
Stroke, Vol.45, No.1, 274-276, 2014.
(DOI: 10.1161/STROKEAHA.113.002640,   PubMed: 24172577,   Elsevier: Scopus)

学術論文(紀要・その他):

1. 桑山 一行, 西 京子, 里見 淳一郎, 山本 伸昭, 永廣 信治 :
徳島大学病院脳卒中センターでの内頚動脈急性閉塞に対する治療戦略,
四国医学雑誌, Vol.70, No.5,6, 167-172, 2014年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109899,   CiNii: 1050564287418449536)
2. 桑山 一行, 西 京子, 里見 淳一郎, 山本 伸昭, 永廣 信治 :
徳島大学病院脳卒中センターでの内頚動脈急性閉塞に対する治療戦略,
第249回徳島医学会学術集会, 2014年.

総説・解説:

1. 藤田 浩司, 山本 雄貴, 山本 伸昭 :
放射線科医が知っておくべき 脳血管障害診療 update】特殊な脳血管障害の診断 CADASIL,CARASIL, 悪性腫瘍に伴う脳梗塞,血管炎,脳アミロイド血管症,
臨床画像, Vol.36, 92-103, 2020年4月.
(DOI: 10.18885/ci.0000000269,   CiNii: 1390572174450972800)
2. 和泉 唯信, 山本 伸昭 :
【健康長寿を目指して】脳卒中,認知症にならないために,
四国医学雑誌, Vol.75, No.1-2, 17-22, 2019年.
(CiNii: 1050845763430357504)

国際会議:

1. Harumi Kadota, Shoma Fujisawa, Masaki Oono, Ryoma Morigaki, Nobuaki Yamamoto, Yasuhisa Kanematsu, Manabu Ishihara and Masami Shishibori :
Development of a 3D visualization system for the cerebral aneurysm coil embolization,
Proceedings Volume 11794, Fifteenth International Conference on Quality Control by Artificial Vision; 117940C (2021), Tokushima, Jul. 2021.
(DOI: 10.1117/12.2589084)
2. Yoshiteru Tada, Toshitaka Fujihara, Kenji Shimada, Nobuaki Yamamoto, Hiroki Yamazaki, Yuishin Izumi, Masafumi Harada, Yasuhisa Kanematsu and Yasushi Takagi :
Peri-ictal normal arterial spin labeling imaging in patients with seizures,
13 回アジア・オセアニアてんかん学会(13th AOEC), Jun. 2021.
3. Yuki Yamamoto, Nobuaki Yamamoto, K Kuroda, Yasuhisa Kanematsu, Masaaki Korai, Kenji Shimada, Yuishin Izumi and Yasushi Takagi :
High White Blood Cell Count is a Risk Factor for Contrast-Induced Nephropathy following Mechanical Thrombectomy,
The 5th European Stroke Organization Conference, ESOC 2019, Milan, May 2019.
4. Nobuaki Yamamoto, Yuki Yamamoto, Masaaki Korai, Kenji Shimada, Yasuhisa Kanematsu, Yuishin Izumi, Yasushi Takagi and Ryuji Kaji :
Hyperintense Signals on Arterial Spin-Labeled Imaging as a predictor for favorable outcome after Late Time Window Thrombectomy,
The 5th European Stroke Organization Conference, ESOC 2019, Milan, May 2019.
5. Masaaki Korai, Yasuhisa Kanematsu, Idumi Yamaguchi, Nobuaki Yamamoto, Yuki Yamamoto, Junichiro Satomi and Yasushi Takagi :
Treatment strategy and outcom of ruptured vertebral artry dissecting aneurysms,
World Live Neurovascular Conference 2018, 神戸市, Apr. 2018.
6. Yuki Yamamoto, Nobuaki Yamamoto, Idumi Yamaguchi, Masaaki Korai, Yasuhisa Kanematsu, Junichiro Satomi, Shinji Nagahiro and Ryuji Kaji :
Crab claw sign predicts successful recanalization in acute mechanical thrombectomy,
14TH CONGRESS OF THE WORLD FEDERATION OF INTERVENTIONAL AND THERAPEUTIC NEURORADIOLOGY, Budapest, Oct. 2017.
7. Masaaki Korai, Yasuhisa Kanematsu, Yoshiteru Tada, Idumi Yamaguchi, Nobuaki Yamamoto, Yuki Yamamoto and Junichiro Satomi :
Treatment strategy and outcome of ruptured vertebral artery dissecting aneurysms,
14TH CONGRESS OF THE WORLD FEDERATION OF INTERVENTIONAL AND THERAPEUTIC NEURORADIOLOGY, Budapest, Oct. 2017.
8. Junichiro Satomi, Yasuhisa Kanematsu, Masaaki Korai, Yuki Yamamoto, Nobuaki Yamamoto, Yoshifumi Mizobuchi, Hideo Mure, Yoshiteru Tada, Kohhei Nakajima, Toshiyuki Okazaki and Toshitaka Fujihara :
Acute stroke management using image sharing on smart phones and tablet devices,
14TH CONGRESS OF THE WORLD FEDERATION OF INTERVENTIONAL AND THERAPEUTIC NEURORADIOLOGY, Budapest, Oct. 2017.
9. Nobuaki Yamamoto, Junichiro Satomi, Yuishin Izumi, Shinji Nagahiro and Ryuji Kaji :
Usefulness of 3-tesla magnetic resonance arterial spin-labeled imaging for diagnosis of cranial dural arteriovenous fistula,
European Stroke Organization Conference, May 2017.
10. Nobuaki Yamamoto, Junichiro Satomi, Yuishin Izumi, Shinji Nagahiro and Ryuji Kaji :
Predictors of a favorable outcome after recanalization In patients with cerebral major vessel occlusion,
International Symposium on Thrombectomy and Acute Stroke Therapy, Oct. 2016.
11. Nobuaki Yamamoto, Junichiro Satomi, Shinji Nagahiro and Ryuji Kaji :
Predictors of a good outcome after successful recanalization using tPA and endovascular treatment in patients with cerebral major vessel occlusion,
25th European Stroke Conference, Venice, Apr. 2016.
12. Nobuaki Yamamoto, Junichiro Satomi, Yuishin Izumi, Shinji Nagahiro and Ryuji Kaji :
Is the susceptibility vessel sign on 3-tesla magnetic resonance T2*-weighted imaging a useful tool to predict recanalization?,
European Stroke Conference 2015, Vienna, Austria, May 2015.
13. Junichiro Satomi, Yoshiteru Tada, Takashi Abe, Kazuyuki Kuwayama, Ryuji Kaji, Nobuaki Yamamoto, Masafumi Harada and Shinji Nagahiro :
Intra-arterial signal on arterial spin labeling perfusion MRI can identify stagnant flow in patients with acute middle cerebral rtery occlusion,
INTERNATIONAL STROKE CONFERENCE 2015, Nashville, USA, Feb. 2015.
14. 永廣 信治, 桑山 一行, 里見 淳一郎, 山本 伸昭, 曽我部 周 :
くも膜下出血で発症した多発脳動脈瘤の1例,
第23回NPO法人日本脳神経血管内治療学会中国四国地方会, Hiroshima, Japan, 2014年9月.
15. Nobuaki Yamamoto, Yuka Terasawa, Junichiro Satomi, Ryoma Morigaki, Koji Fujita, Masafumi Harada, Yuishin Izumi, Shinji Nagahiro and Ryuji Kaji :
Reversibility of ischemic findings on 3-tesla magnetic resonance T2*-weighted image after recanalization,
European Stroke Conference 2014, Nice, France, May 2014.

国内講演発表:

1. 高麗 雅章, 兼松 康久, 島田 健司, 山本 伸昭, 曽我部 周, 石原 学, 山口 泉, 山本 雄貴, 黒田 一駿, 髙木 康志 :
当院での急性期脳底動脈閉塞に対する血管内治療成績,
第38回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術集会, 2022年11月.
2. 曽我部 周, 宮本 健志, 山口 泉, 高麗 雅章, 島田 健司, 兼松 康久, 山本 雄貴, 山本 伸昭, 原田 雅史, 和泉 唯信, 髙木 康志 :
当院での主幹動脈閉塞-低ASPECT症例の拡散強調画像に対するRAPIDを用いた後方視的定量評価,
日本脳神経外科学会第81回学術総会, 2022年9月.
3. 兼松 康久, 山口 泉, 石原 学, 曽我部 周, 高麗 雅章, 多田 恵曜, 島田 健司, 黒田 一駿, 山本 雄貴, 山本 伸昭, 佐藤 健太, 島谷 佳光, 亘 雄也, 田村 哲也, 新野 清人, 髙木 康志 :
徳島県総合メディカルゾーンでの急性期脳卒中診療の取り組み,
日本脳神経外科学会第81回学術総会, 2022年9月.
4. 兼松 康久, 山口 泉, 石原 学, 曽我部 周, 宮本 健志, 高麗 雅章, 島田 健司, 黒田 一駿, 山本 雄貴, 山本 伸昭, 和泉 唯信, 髙木 康志 :
徳島県循環器病推進計画の中での急性期脳卒中診療の取り組み,
徳島医学会学術集会, 2022年7月.
5. 曽我部 周, 兼松 康久, 山口 泉, 四方 英二, 宮本 健志, 島田 健司, 山本 雄貴, 山本 伸昭, 髙木 康志 :
open-cell stentにclosed-cell stentをオーバーラップさせたCASの治療成績,
STROKE2022, 2022年3月.
6. 森垣 龍馬, 藤川 丈自, 松田 拓, 三宅 一央, 牟礼 英生, 小田 輝王, 宮本 亮介, 藤田 浩司, 山本 伸昭, 和泉 唯心, 髙木 康志 :
特発性ジストニア患者の頭蓋骨の歪み,
日本定位・機能神経外科学会機関紙, 2022年1月.
7. 山口 泉, 兼松 康久, 島田 健司, 山本 伸昭, 曽我部 周, 宮本 健志, 石原 学, 山本 雄貴, 髙木 康志 :
開頭下にLabbe静脈を直線穿刺することで治療し得たTSS d-AVFの1例,
近畿脳神経血管内手術法ワークショップ, 2022年1月.
8. 山口 泉, 兼松 康久, 島田 健司, 山本 伸昭, 曽我部 周, 宮本 健志, 石原 学, 山本 雄貴, 髙木 康志 :
開頭下にLabbe静脈の直線穿刺によるTVEを行ったTSS d-AVFの1例,
第92回日本脳神経外科学会中国四国支部会, 2021年12月.
9. 曽我部 周, 兼松 康久, 山口 泉, 四方 英二, 宮本 健志, 島田 健司, 山本 雄貴, 山本 伸昭, 髙木 康志 :
一期的にopen-cell stentにclosed-cell stentを重ねたCASの初期治療成績,
日本脳神経血管内治療学会, 2021年11月.
10. 宮本 健志, 曽我部 周, 兼松 康久, 四方 英二, 山口 泉, 石原 学, 島田 健司, 山本 雄貴, 山本 伸昭, 和泉 唯信, 髙木 康志 :
脳主幹動脈閉塞に対して急性期再開通療法後MRIのRibbon signの特徴,
日本脳神経血管内治療学会, 2021年11月.
11. 石原 学, 兼松 康久, 中西 信人, 森垣 龍馬, 山本 伸昭, 大藤 純, 獅々堀 正幹, 髙木 康志 :
日本ICU患者データベース(JIPAD)による急性期脳卒中症例の検討 機械学習(データマイニング)を用いた解析,
日本脳神経外科学会学術総会, 2021年10月.
12. 森垣 龍馬, 藤川 丈自, 小田 輝王, 中西 浩, 山本 伸昭, 三宅 一央, 松田 拓, 髙木 康志 :
機械学習を用いた脳線条体免疫染色画像の解析,
日本脳神経外科学会学術総会, 2021年10月.
13. 兼松 康久, 金澤 裕樹, 島田 健司, 曽我部 周, 宮本 健志, 石原 学, 四方 英二, 山口 泉, 多田 恵曜, 山本 雄貴, 山本 伸昭, 原田 雅史, 髙木 康志 :
CEST MRIを用いた頚動脈プラーク診断 Chemical exchange saturation transfer MRI for carotid plaque imaging,
NMC Case Report Journal, 2021年10月.
14. 曽我部 周, 兼松 康久, 山口 泉, 宮本 健志, 島田 健司, 山本 雄貴, 山本 伸昭, 髙木 康志 :
当院でのopen-cell stentとclosed-cell stentの2枚重ねでのCASの治療成績,
NMC Case Report Journal, 2021年10月.
15. 山口 泉, 兼松 康久, 島田 健司, 山本 伸昭, 宮本 健志, 曽我部 周, 石原 学, 山本 雄貴, 髙木 康志 :
硬膜動静脈瘻の診断におけるArterial spin-labelingの有用性の検討 Usefulness of Arterial Spin-Labeling for diagnosis of dural arteriovenous fistulae,
日本脳神経外科学会第80回学術総会, 2021年10月.
16. 山本 伸昭, 山本 雄貴, 黒田 一駿, 山口 泉, 曽我部 周, 島田 健司, 兼松 康久, 和泉 唯信, 髙木 康志 :
脳主幹動脈閉塞における有効再開通が得られた患者における予後関連因子,
第23回中国四国脳卒中研究会, 2021年9月.
17. 大崎 裕亮, 島 かさ音, 山本 伸昭, 山﨑 博輝, 佐藤 健太, 和泉 唯信 :
非対称性ニューロパチー様の臨床像で発症した抗Hu抗体陽性脳脊髄炎の一例,
第32回日本末梢神経学会学術集会, 2021年9月.
18. 山本 雄貴, 山本 伸昭, 黒田 一駿, 山口 泉, 宮本 健志, 島田 健司, 髙木 康志, 和泉 唯信 :
血栓回収療法におけるFirst Pass Effect達成を予測する画像因子の探索,
第62回日本神経学会学術大会, 2021年5月.
19. 山本 雄貴, 山本 伸昭, 和泉 唯信 :
血栓回収療法における血栓突出サインはFirst Pass Effect達成と関連する,
第46回日本脳卒中学会学術集会, 2021年3月.
20. 兼松 康久, 島田 健司, 曽我部 周, 宮本 健志, 石原 学, 山口 泉, 山本 雄貴, 山本 伸昭, 髙木 康志 :
当施設における巨大血栓化脳動脈瘤に対する治療成績,
第46回日本脳卒中学会学術集会, 2021年3月.
21. 宮本 健志, 曽我部 周, 兼松 康久, 島田 健司, 山口 泉, 山本 伸昭, 山本 雄貴, 和泉 唯信, 髙木 康志 :
脳梗塞急性期再開通療法後MRIの急性期ribbon signの特徴,
第46回日本脳卒中学会学術集会, 2021年3月.
22. 石原 学, 中西 信人, 兼松 康久, 森垣 龍馬, 山本 伸昭, 髙木 康志, 大藤 純 :
日本ICU患者データベース(JIPAD)による急性期脳卒中症例の検討,
日本集中治療医学会雑誌, 2021年2月.
23. 高原 実香, 山本 伸昭, 宮本 亮介, 藤田 浩司, 和泉 唯信, 住谷 龍平, 中村 信元, 安倍 正博, 島津 秀紀, 西田 善彦 :
意識障害,高アンモニア血症を呈した78歳男性,
四国医学雑誌, Vol.76, No.5-6, 346, 2020年12月.
24. 石原 学, 竹村 星哉, 兼松 康久, 森垣 龍馬, 山本 伸昭, 大藤 純, 大野 将樹, 獅々堀 正幹, 髙木 康志 :
機械的学習を用いた医療データの解析 脳出血症例の検討,
第79回日本脳神経外科学会学術総会, 2020年10月.
25. 高原 実香, 福本 竜也, 垂髪 祐樹, 山本 伸昭, 宮本 亮介, 藤田 浩司, 和泉 唯信 :
長い精神病期と,広範な大脳白質病変を呈した抗NMDA受容体脳炎の35歳男性,
第61回日本神経学会学術大会, 2020年8月.
26. 島 かさ音, 種井 善一, 高原 実香, 村上 永尚, 山本 伸昭, 坂東 良美, 松原 知康, 村山 繁雄, 和泉 唯信 :
腎移植から27年後に発症した延髄原発リンパ増殖性疾患の一例,
第61回日本神経学会学術大会, 2020年8月.
27. 柿原 紋太, 野崎 夏江, 兼本 ひろみ, 津田 恵, 山本 恭代, 山本 雄貴, 山本 伸昭, 石原 学, 島田 健司, 兼松 康久, 西 京子, 加藤 真介, 髙木 康志 :
徳島大学病院脳卒中センター(SCU)における排尿ケアチーム介入後の下部尿路機能障害の現状,
第45回日本脳卒中学会総会(web開催), 2020年8月.
28. 石原 学, 兼松 康久, 山本 伸昭, 曽我部 周, 宮本 健志, 島田 健司, 山本 雄貴, 大藤 純, 髙木 康志 :
NIHSS5点以下軽症脳主幹動脈閉塞症例における転帰,
第25回日本脳神経外科救急学会, 2020年2月.
29. 山本 雄貴, 山本 伸昭, 兼松 康久, 石原 学, 宮本 健志, 高麗 雅章, 島田 健司, 牟礼 英生, 髙木 康志, 和泉 唯信 :
転倒後の脳脊髄液減少症に上矢状静脈洞血栓症を合併し, 血管内治療をおこなった一例,
第35回日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2019年11月.
30. 兼松 康久, 島田 健司, 高麗 雅章, 宮本 健志, 多田 恵曜, 山本 雄貴, 山本 伸昭, 里見 淳一郎, 髙木 康志 :
当院での急性期脳底動脈閉塞に対する血管内治療成績,
第35回日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2019年11月.
31. 山本 雄貴, 山本 伸昭, 福本 竜也, 村上 永久, 宮本 亮介, 藤田 浩司, 牟礼 英生, 兼松 康久, 髙木 康志, 和泉 唯信 :
転倒を契機に脳脊髄液減少症と静脈洞血栓症を合併し,ブラッドパッチにて治療した脊髄小脳変性症6型の1例,
第37回日本神経治療学会学術集会, 2019年11月.
32. 石原 学, 兼松 康久, 山本 伸昭, 宮本 健志, 高麗 雅章, 島田 健司, 山本 雄貴, 大藤 純, 髙木 康志 :
NIHSS 5点以下の軽症脳主幹動脈閉塞症例における予後因子,
日本脳神経外科学会第78回学術集会, 2019年10月.
33. 山口 泉, 兼松 康久, 島田 健司, 高麗 雅章, 宮本 健志, 北里 慶子, 山本 伸昭, 山本 雄貴, 髙木 康志 :
院内発症脳梗塞の転帰不良に関連する因子の検討,
Neurologia Medico-Chirurgica, 2019年10月.
34. 山本 伸昭, 山本 雄貴, 石原 学, 宮本 健志, 島田 健司, 兼松 康久, 和泉 唯信, 髙木 康志 :
血行再建術前における経静脈的造影剤投与によるFlat panel CTAの有用性,
中四国脳卒中研究会, 2019年9月.
35. 山本 伸昭, 黒田 一駿, 山本 雄貴, 石原 学, 高麗 雅章, 島田 健司, 兼松 康久, 和泉 唯信, 髙木 康志 :
Tandem Occlusion患者に対する血管内治療(Simultaneous Approach),
第44回日本脳卒中学会学術集会, 2019年3月.
36. 山本 雄貴, 山本 伸昭, 黒田 一駿, 高麗 雅章, 岡﨑 敏之, 島田 健司, 兼松 康久, 和泉 唯信, 髙木 康志 :
血栓回収療法後の造影剤腎症は白血球数高値と関連する,
第44回日本脳卒中学会学術集会, 2019年3月.
37. 筑後 桃子, 西 麻希, 菊井 聡子, 松村 晃子, 兼本 ひろみ, 岩野 朝香, 高野 栄之, 佐藤 紀, 加藤 真介, 西 京子, 山本 伸昭, 兼松 康久, 髙木 康志, 濵田 康弘 :
当院脳卒中センター(SCU)入院患者における栄養管理―栄養サポートチーム(NST)の取り組み―,
日本脳卒中学会2019, 2019年3月.
38. 西 京子, 兼松 康久, 高麗 雅章, 岡﨑 敏之, 島田 健司, 山本 伸昭, 高野 栄之, 加藤 真介, 髙木 康志 :
徳島大学病院脳卒中センター (SCU)の 多職種連携による医療人育成,
日本脳卒中学会2019, 2019年3月.
39. 山本 雄貴, 山本 伸昭, 黒田 一駿, 福本 竜也, 石原 学, 高麗 雅章, 島田 健司, 兼松 康久, 和泉 唯信, 髙木 康志 :
治療後に症状増悪した上矢状静脈洞血栓症の一例,
第8回脳血管内治療四国遍路塾, 2019年3月.
40. 山本 雄貴, 黒田 一駿, 山本 伸昭, 鹿草 宏, 高麗 雅章, 島田 健司, 兼松 康久, 和泉 唯信, 髙木 康志 :
頭癌治療中に内頚動脈閉塞を認めた1例,
第21回徳島脳血管障害カンファレンス, 2019年3月.
41. 山本 雄貴, 山本 伸昭, 黒田 一駿, 高麗 雅章, 岡﨑 敏之, 島田 健司, 兼松 康久, 和泉 唯信, 髙木 康志 :
塞栓回収療法後の造影剤腎症についての検討,
第21回徳島脳卒中研究会, 2019年2月.
42. 高麗 雅章, 里見 淳一郎, 山本 雄貴, 山本 伸昭, 岡﨑 敏之, 島田 健司, 兼松 康久, 髙木 康志 :
Borden type 1横・S状静脈洞部硬膜動静脈瘻に対するバルーン支援下選択的経静脈塞栓術,
第34回日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2018年11月.
43. 高麗 雅章, 里見 淳一郎, 山本 雄貴, 山口 泉, 山本 伸昭 :
Borden type 1 横・S状静脈胴部硬膜動静脈瘻に対するバルーン支援下選択的経静脈塞栓術,
第34回日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2018年11月.
44. 高麗 雅章, 羽星 辰哉, 山本 雄貴, 山本 伸昭, 岡﨑 敏之, 島田 健司, 兼松 康久, 髙木 康志 :
脳腫瘍との鑑別を要した海綿静脈胴部硬膜動静脈瘻の一例,
脳血管内治療ブラッシュアップセミナー2018, 2018年9月.
45. 高麗 雅章, 山口 泉, 多田 恵曜, 兼松 康久, 里見 淳一郎, 山本 伸昭, 山本 雄貴, 髙木 康志 :
地方国立大学病院における院内発症脳卒中症例の特徴,
第43回日本脳卒中学会学術集会, 2018年3月.
46. 高麗 雅章, 里見 淳一郎, 山口 泉, 兼松 康久, 山本 伸昭, 山本 雄貴, 髙木 康志 :
病型別にみた急性期脳主幹動脈閉塞に対する再開通療法,
第47回日本脳卒中の外科学会学術集会, 2018年3月.
47. 庄野 健児, 里見 淳一郎, 多田 恵曜, 兼松 康久, 山本 伸昭, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 原田 雅史, 永廣 信治, 髙木 康志 :
Optimal timing of DWI to avoid false-negative findings in patients with TIA,
第41回日本脳神経CI学会総会, 2018年3月.
48. 青井 駿, 梅原 英裕, 黒田 一駿, 山本 伸昭, 大森 哲郎 :
幻覚妄想状態の治療後に前頭葉機能低下が残存したパーキンソン病の一例,
第58回中国・四国精神神経学会, 2017年11月.
49. 高麗 雅章, 山本 雄貴, 山口 泉, 山本 伸昭, 兼松 康久, 髙木 康志 :
当院の急性期主幹動脈閉塞に対する再開通療法の治療成績 -病型分類別にみた特徴-,
第33回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2017年11月.
50. 高麗 雅章, 里見 淳一郎, 木内 智也, 山本 雄貴, 山口 泉, 山本 伸昭, 兼松 康久, 髙木 康志 :
病型別にみた急性期脳動脈閉塞に対する再開通療法の治療成績,
日本脳神経外科学会第76回学術総会, 2017年10月.
51. 山本 伸昭, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 里見 淳一郎, 永廣 信治 :
硬膜動静脈瘻ASLの有用性,
日本脳卒中学会学術集会, 2017年3月.
52. 里見 淳一郎, 多田 恵曜, 山本 伸昭, 梶 龍兒, 原田 雅史, 永廣 信治 :
超急性期脳梗塞に必要な画像診断:Stroke MRI用,
第42回日本脳卒中学会学術集会, 2017年3月.
53. 多田 恵曜, 山本 伸昭, 梶 龍兒, 原田 雅史, 永廣 信治 :
超急性期脳梗塞に必要な画像診断:Stroke MRI,
第42回日本脳卒中学会学術集会, 2017年2月.
54. 兼松 康久, 里見 淳一郎, 山口 泉, 木内 智也, 多田 恵曜, 山本 伸昭, 山本 伸昭, 松原 俊二, 佐藤 浩一, 永廣 信治 :
神経症状の改善および安定化を目的として行ったUrgent CASの有効性および安全性の検討,
第32回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2016年11月.
55. 山口 泉, 里見 淳一郎, 山本 雄貴, 山本 伸昭, 吉岡 正太郎, 木内 智也, 兼松 康久, 永廣 信治 :
Tandem occlusion症例に対する血管内血行再建術の当院での治療成績,
第32回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2016年11月.
56. 木内 智也, 山本 雄貴, 山口 泉, 山本 伸昭, 吉岡 正太郎, 兼松 康久, 里見 淳一郎, 原田 雅史, 永廣 信治 :
発症から6時間を超えた急性期脳梗塞に対する血管内治療の成績,
第32回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2016年11月.
57. 山本 雄貴, 山本 伸昭, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 山口 泉, 吉岡 正太郎, 木内 智也, 兼松 康久, 里見 淳一郎, 永廣 信治 :
超高齢者に対する急性血行再建治療,
第32回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2016年11月.
58. 山本 伸昭, 山本 雄輝, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 山口 泉, 木内 智也, 兼松 康久, 里見 淳一郎, 永廣 信治 :
ASLのCranial Dural Arteriovenous Fistula 診断における有用性,
第32回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2016年11月.
59. 多田 恵曜, 山本 伸昭, 藤原 敏孝, 中島 公平, 香川 幸太, 片桐 匡弥, 飯田 幸治, 梶 龍兒, 永廣 信治 :
自己免疫性介在性脳炎後の難治性てんかんの1例,
第50回日本てんかん学会学術集会, 2016年10月.
60. 山口 泉, 山本 雄貴, 山本 伸昭, 吉岡 正太郎, 木内 智也, 兼松 康久, 里見 淳一郎, 永廣 信治 :
Tandem occlusion症例に対する急性期血行再建術の当院での治療成績,
日本脳神経外科学会第75回学術総会, 2016年9月.
61. 木内 智也, 兼松 康久, 山本 雄貴, 山本 伸昭, 里見 淳一郎, 原田 雅史, 永廣 信治 :
当院における急性期脳梗塞に対する血管内治療の現状,
日本脳神経外科学会第75回学術総会, 2016年9月.
62. 高橋 拓, 垂髪 祐樹, 山崎 博輝, 古川 貴大, 山本 伸昭, 松井 尚子, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
発作性心房細動,心筋症を合併した抗ミトコンドリア抗体陽性筋炎の一例,
第100回日本神経学会 中国四国地方会, 73, 2016年6月.
63. 高橋 拓, 垂髪 祐樹, 山崎 博輝, 古川 貴大, 山本 伸昭, 松井 尚子, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
発作性心房細動,心筋症を合併した抗ミトコンドリア抗体陽性筋炎の一例,
第100回日本神経学会 中国四国地方会, 73, 2016年6月.
64. 古川 貴大, 松井 尚子, 宮本 亮介, 佐光 亘, 山本 伸昭, 和泉 唯信, 高橋 幸利, 梶 龍兒 :
成人発症の片側大脳萎縮症の臨床像の検討,
第57日本神経学会学術大会, 639, 2016年5月.
65. 牟礼 英生, 大北 真哉, 山本 伸昭 :
変形性脊椎症と特発性正常圧水頭症の合併例の検討,
第17回日本正常圧水頭症学会, 2016年3月.
66. 山口 泉, 吉岡 正太郎, 山本 雄貴, 山本 伸昭, 兼松 康久, 永廣 信治 :
ONYXを用いTAEを行った横-S状静脈洞部硬膜動静脈瘻の1例,
第5回脳血管内治療四国遍路塾, 2016年3月.
67. 布村 俊幸, 西 京子, 兼松 康久, 山本 伸昭, 里見 淳一郎, 永廣 信治 :
徳島大学病院脳卒中センターに搬送されたrt-PA静注療法の"Drip and Ship"症例における検討,
第252回徳島医学学術集会, 2016年2月.
68. 松田 拓, 住吉 学, 山口 泉, 吉岡 正太郎, 多田 恵曜, 八木 謙次, 曽我部 周, 山本 伸昭, 桑山 一行, 里見 淳一郎, 永廣 信治 :
MRI CUBE T1が診断の一助となった前大脳動脈解離による脳梗塞の一例,
第80回(一社)日本脳神経外科学会 中国四国支部学術集会, 2015年12月.
69. 山口 泉, 曽我部 周, 吉岡 正太郎, 多田 恵曜, 桑山 一行, 里見 淳一郎, 山本 伸昭, 永廣 信治 :
椎骨脳底動脈閉塞に対するarterial spin labelingの動脈内高信号の有用性,
第31回NPO法人 日本脳神経血管内治療学会学術総会,, 2015年11月.
70. 山本 伸昭, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 曽我部 周, 吉岡 正太郎, 桑山 一行, 里見 淳一郎, 永廣 信治 :
主幹動脈閉塞患者における急性血行再建成功例における予後規定因子,
第31回NPO法人 日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2015年11月.
71. 桑山 一行, 山口 泉, 曽我部 周, 吉岡 正太郎, 多田 恵曜, 里見 淳一郎, 山本 伸昭, 永廣 信治 :
内頚動脈急性閉塞に対する血管内治療の有効性,
第31回NPO法人 日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2015年11月.
72. 曽我部 周, 里見 淳一郎, 多田 恵曜, 吉岡 正太郎, 山口 泉, 山本 伸昭, 永廣 信治 :
Stent retriever導入後の当院での急性期血行再建術,
第31回NPO法人 日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2015年11月.
73. 吉岡 正太郎, 桑山 一行, 山本 伸昭, 山口 泉, 里見 淳一郎, 永廣 信治 :
急性硬膜外血腫で発症した頭蓋骨内硬膜動静脈瘻に対しNBCAを用いた頸動脈的塞栓術が奏功した1例,
第31回NPO法人 日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2015年11月.
74. 宮﨑 由道, 宮本 亮介, 山本 伸昭, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
パーキンソン病患者における運動/非運動合併症の誘発危険因子の検討,
パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集, 100, 2015年10月.
75. 山本 伸昭, 里見 淳一郎, 原田 雅史, 多田 恵曜, 永廣 信治, 梶 龍兒 :
Is the susceptibility vessel sign on 3-tesla magnetic resonance T2*-weighted imaging a useful tool to predict recanalization?,
第2回日本心血管脳卒中学術総会 2015, 2015年6月.
76. 和泉 唯信, 塚本 愛, 澤村 正典, 山本 伸昭, 織田 雅也, 小川 博久, 瓦井 俊孝, 佐田 政隆, 宇高 不可思, 梶 龍兒 :
たこつぼ型心筋症を合併した筋萎縮性側索硬化症の2例,
第2回日本心血管脳卒中学会学術集会, 2015年6月.
77. 山本 伸昭, 多田 恵曜, 里見 淳一郎, 和泉 唯信, 原田 雅史, 永廣 信治, 梶 龍兒 :
The two-layered susceptibility vessel sign on 3-tesla T2*-weighted imaging is a predictive biomarker of stroke subtype,
2015年心血管脳卒中学術総会, 2015年6月.
78. 多田 恵曜, 里見 淳一郎, 曽我部 周, 桑山 一行, 永廣 信治, 阿部 考志, 原田 雅史, 原田 雅史, 山本 伸昭 :
Arterial spin labelingの動脈内高信号は急性期中大脳動脈閉塞におけるstagnant flowを反映する,
第2回日本心血管脳卒中学会学術集会, 2015年6月.
79. 曽我部 周, 多田 恵曜, 里見 淳一郎, 桑山 一行, 吉岡 正太郎, 山口 泉, 永廣 信治, 山本 伸昭, 山田 博胤, 若槻 哲三, 佐田 政隆 :
当院における院内発症脳卒中症例の検討,
第2回日本心血管脳卒中学会学術集会, 2015年6月.
80. Oki Ryosuke, Kaji Seiji, Osaki Ryosuke, Ryosuke Miyamoto, Nobuaki Yamamoto, Fujita Koji, Toshitaka Kawarai, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji :
Clinical feature of hereditary diffuse leukoencephalopathy with spheroids (HDLS) in Japan.,
The 40th Annual Meeting of the Japan Stroke Society., Mar. 2015.
81. 里見 淳一郎, 多田 恵曜, 桑山 一行, 永廣 信治, 山本 伸昭, 八木 謙次, 曽我部 周, 吉岡 正太郎 :
内頸動脈- 前脈絡叢動脈分岐部動脈瘤に対する治療成績,
第44回日本脳卒中の外科学会, 2015年3月.
82. 山本 伸昭, 寺澤 由佳, 酒井 和香, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 里見 淳一郎, 永廣 信治, 原田 雅史 :
Small vessel occlusion患者の神経症状増悪の予測因子,
第40回日本脳卒中学会総会, 2015年3月.
83. 桑山 一行, 曽我部 周, 多田 恵曜, 里見 淳一郎, 永廣 信治, 山本 伸昭 :
病態別にみた急性期頸動脈ステント留置術(CAS)の成績,
第40回日本脳卒中学会総会, 2015年3月.
84. 西 京子, 山口 真司, 曽我部 周, 桑山 一行, 里見 淳一郎, 永廣 信治, 山本 伸昭 :
徳島大学病院の初期研修における新たな脳卒中研修の取り組み,
第40回日本脳卒中学会総会, 2015年3月.
85. 曽我部 周, 多田 恵曜, 桑山 一行, 里見 淳一郎, 永廣 信治, 山本 伸昭 :
当院でのstent retrieverの初期使用経験,
第40回日本脳卒中学会総会, 2015年3月.
86. 武藤 浩平, 酒井 和香, 松井 尚子, 沖 良祐, 梶 誠兒, 武内 俊明, 丸山 恵子, 大崎 裕亮, 山本 伸昭, 宮城 愛, 野寺 裕之, 樋口 理, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
当初ALSを疑われた高齢発症抗MuSK抗体陽性MGの一例,
第97回日本神経学会 中国・四国地方会, 2014年12月.
87. 山本 伸昭, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 里見 淳一郎, 多田 恵曜, 永廣 信治 :
頸動脈ステント留置後のIn stent plaqueの予測因子,
第30回日本脳神経血管内治療学術総会, 2014年12月.
88. 桑山 一行, 曽我部 周, 里見 淳一郎, 永廣 信治, 山本 伸昭 :
脳梗塞発症後24時間以内に血管内治療を行った症例の検討,
第30回日本脳神経血管内治療学術総会, 2014年12月.
89. 曽我部 周, 多田 恵曜, 桑山 一行, 里見 淳一郎, 永廣 信治, 山本 伸昭, 和泉 唯信 :
小脳萎縮をきたした横静脈洞―S状静脈洞部硬膜動静脈瘻の一例,
第30回日本脳神経血管内治療学術総会, 2014年12月.
90. 山本 伸昭, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 曽我部 周, 多田 恵曜, 桑山 一行, 里見 淳一郎, 永廣 信治 :
The high-intense signal on maximum intensity projection images (MIP) of time-of-flight (TOF) magnetic resonance angiography (MRA) can be a predictor of plaque-in-stent after carotid artery stenting,
2014年 脳血管内治療学会総会, 2014年12月.
91. 竹内 俊明, 宮本 亮介, 大崎 裕亮, 山本 伸昭, 藤田 浩司, 松井 尚子, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
弛緩性麻痺と不随意運動を呈した日本脳炎の一例,
第111回 日本内科学会四国地方会, 2014年11月.
92. 山口 真司, 多田 恵曜, 里見 淳一郎, 桑山 一行, 曽我部 周, 永廣 信治, 山本 伸昭 :
3テスラT2*強調画像のischemic vessel sign はCEA,CAS術後過灌流の予測に有用か,
第26回日本脳循環代謝学会, 2014年11月.
93. 多田 恵曜, 里見 淳一郎, 桑山 一行, 曽我部 周, 永廣 信治, 山本 伸昭 :
CEA,CAS術後過灌流の予測における3テスラT2*強調画像の虚血所見の検討,
第73回日本脳神経外科学会学術総会, 2014年10月.
94. 永廣 信治, 里見 淳一郎, 桑山 一行, 曽我部 周, 山本 伸昭, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
Floating thrombus を認め,進行性の経過を呈した頸動脈高度狭窄の1例,
第16回中国四国脳卒中研究会, 2014年9月.
95. 多田 恵曜, 里見 淳一郎, 曽我部 周, 桑山 一行, 永廣 信治, 阿部 考志, 原田 雅史, 山本 伸昭 :
中大脳動脈閉塞例におけるarterial spin labelingの動脈内高信号の検討,
第1回日本心血管脳卒中学会学術集会, 2014年6月.
96. 山本 伸昭, 寺澤 由佳, 藤田 浩司, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 森垣 龍馬, 多田 恵曜, 里見 淳一郎, 永廣 信治 :
急性期虚血性脳卒中患者のT2*強調画像所見とその変化,
2014年脳卒中学会総会, 2014年3月.
97. 山本 伸昭, 里見 淳一郎, 寺澤 由佳, 曽我部 周, 中島 公平, 佐藤 泰仁, 坂東 一彦, 阿川 昌仁, 浅野 登, 本藤 秀樹, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 永廣 信治 :
脳梗塞発症後早期からの抗血小板薬使用が予後に及ぼす影響の検討,
2014年脳卒中学会総会, 2014年3月.
98. 宮﨑 由道, 宮城 愛, 山本 伸昭, 佐藤 健太, 寺澤 由佳, 松井 尚子, 浅沼 光太郎, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
t-PA治療が奏功した超高齢発症脳梗塞の2例,
日本老年医学会雑誌, Vol.48, No.4, 418, 2011年.
99. 宮﨑 由道, 山本 伸昭, 藤田 浩司, 中村 和己, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
脳小血管病変(SVD)はパーキンソン症状を悪化させる,
臨床神経学, Vol.50, No.12, 1248, 2010年.

その他・研究会:

1. 高麗 雅章, 里見 淳一郎, 山本 雄貴, 山本 伸昭, 兼松 康久, 髙木 康志 :
二期的に治療した海綿静脈胴部硬膜動静脈瘻の1例,
第7回脳血管内治療四国遍路塾, 2018年3月.
2. 高麗 雅章, 里見 淳一郎, 山本 雄貴, 山口 泉, 山本 伸昭, 兼松 康久, 髙木 康志 :
頸動脈ステント留置術後10日目に過灌流による脳出血を来した1例,
第5回徳島脳疾患談話会, 2018年3月.
3. 鹿草 宏, 兼松 康久, 山本 雄貴, 高麗 雅章, 山本 伸昭, 里見 淳一郎, 髙木 康志 :
急性期血行再建術後に腎不全をきたした1例,
第43回徳島脳神経外科談話会, 2017年12月.
4. 山本 雄貴, 山本 伸昭, 和泉 唯信, 山口 泉, 高麗 雅章, 木内 智也, 兼松 康久, 里見 淳一郎, 永廣 信治 :
頭蓋頚椎移行部 Perimedullary AVF の血管内治療例,
第19回徳島脳血管障害カンファレンス, 2017年5月.
5. 高麗 雅章, 木内 智也, 兼松 康久, 山本 雄貴, 山本 伸昭, 里見 淳一郎 :
Blebの塞栓中に破裂した前交通動脈瘤の1例,
第53回近畿脳神経血管内治療法ワークショップ, 2017年1月.
6. 山口 泉, 里見 淳一郎, 曽我部 周, 吉岡 正太郎, 中島 公平, 木内 智也, 兼松 康久, 山本 雄輝, 山本 伸昭, 若槻 哲三, 永廣 信治 :
OCTを用いて塞栓源を同定しえた一例,
第8回徳島Vascular Imaging研究会, 2016年7月.
7. 曽我部 周, 里見 淳一郎, 中島 公平, 山口 泉, 桑山 一行, 吉岡 正太郎, 永廣 信治, 山本 伸昭, 若槻 哲三 :
光干渉断層法を用いて塞栓源を同定しえた脳梗塞の一例,
第24回NPO法人日本脳神経血管内治療学会中国四国地方会, 2015年9月.
8. 山本 伸昭, 梶 龍兒, 里見 淳一郎, 曽我部 周, 桑山 一行, 永廣 信治 :
The 2-layered SVS can predict stroke subtypes,
第34回The Mt. Fuji Workshop on CVD, 2015年8月.
9. 山本 伸昭, 梶 龍兒, 里見 淳一郎, 曽我部 周, 桑山 一行, 永廣 信治 :
The 2-layered SVS can predict stroke subtypes,
第34回The Mt. Fuji Workshop on CVD, 2015年8月.
10. 曽我部 周, 里見 淳一郎, 中島 公平, 山口 泉, 桑山 一行, 吉岡 正太郎, 永廣 信治, 山本 伸昭, 若槻 哲三 :
OCTを用いて塞栓源を同定しえた脳梗塞の1例,
第17回徳島脳血管障害カンファレンス, 2015年5月.
11. 山本 伸昭, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 曽我部 周, 吉岡 正太郎, 多田 恵曜, 桑山 一行, 里見 淳一郎, 永廣 信治 :
急性期再灌流療法施行患者の予後予測因子,
第17回徳島脳血管障害カンファレンス, 2015年5月.
12. 羽星 辰哉, 曽我部 周, 山口 泉, 吉岡 正太郎, 山本 伸昭, 桑山 一行, 里見 淳一郎, 永廣 信治 :
当院脳卒中センターにおけるDrip,Ship & Retrieve症例の検討,
第17回徳島脳卒中研究会, 2015年2月.
13. 山本 伸昭, 藤田 浩司, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 山口 泉, 里見 淳一郎, 永廣 信治, 山田 博胤, 木下 肇, 北川 哲也 :
心内巨大血栓に伴う急性期脳梗塞の1例,
第16回徳島脳血管障害カンファレンス, 2014年4月.
14. 里見 淳一郎, 桑山 一行, 曽我部 周, 永廣 信治, 山本 伸昭 :
くも膜下出血で発症した両側IC-PC分岐部動脈瘤の1例,
第3回脳血管内治療 四国遍路塾, 2014年3月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)