検索:
徳島大学大学院社会産業理工学研究部生物資源産業学域生物生産系生物資源生産科学分野
徳島大学生物資源産業学部生物資源産業学科生物生産システム講座
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (登録)1804013 GIAHS関連地方大学・自治体によるアフリカの食料安全保障・栄養改善にむけた国際協力イニシアティブ
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

農業経済学 (Agricultural Economics), 農業市場学, 農産物流通論

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 橋本 直史 :
第3章 マサチューセッツ州の都市近郊農場と保全地役権,
筑波書房, 2019年12月.

学術論文(審査論文):

1. 橋本 直史 :
農協販売事業における安全性対応の展開に関する研究 -北海道十勝地域における「十勝型GAP」の取り組みに注目して-,
協同組合奨励研究報告, Vol.41, 171-190, 2016年.
2. 山際 睦子, 今野 聖士, 橋本 直史, 坂爪 浩史 :
大都市学校給食における域内産青果物調達の展開論理 :札幌市を事例として,
農経論叢, Vol.70, 33-42, 2015年.
3. 橋本 直史 :
北海道米における「内部規格」導入の影響に関する考察ーホクレンの集荷・販売対応ー,
農業市場研究, Vol.23, No.4, 1-12, 2015年.
4. 橋本 直史 :
北海道野菜産地におけるGLOBALGAPの取り組み-2農協における取引への影響と問題点を中心に-,
フロンティア農業経済研究, Vol.18, No.1, 19-34, 2015年.
5. 朱 在昌, 今野 聖士, 橋本 直史, 坂爪 浩史 :
韓国外食フランチャイズ企業における青果物調達の現段階的特徴-韓食型外食企業を中心に-,
農経論叢, Vol.69, 87-93, 2014年.
6. 橋本 直史 :
北海道青果物産地におけるGLOBALGAP導入に関する一考察-北ひびき農協蔬菜特別栽培部会を事例に-,
農経論叢, Vol.68, 63-70, 2013年.
7. 橋本 直史 :
国内青果物産地における量販店GAP導入・進展の影響に関する考察-北海道とうや湖農協を事例として-,
農業市場研究, Vol.21, No.2, 9-19, 2012年.
8. 橋本 直史 :
青果物流通変容下における「内部規格」化の進展に関する研究,
北海道大学大学院農学研究院邦文紀要, Vol.32, No.2, 115-194, 2012年.
9. 橋本 直史 :
農産物の規格化の変遷とその意味に関する一考察,
農経論叢, Vol.62, 117-127, 2006年.
10. 橋本 直史, 飯澤 理一郎 :
「新たな規格」化の導入と産地への影響に関する考察-北海道JAきょうわのメロンを対象に-,
流通, Vol.18, 142-149, 2005年.
11. 橋本 直史, 杉村 泰彦, 飯澤 理一郎 :
青果物選果過程における機械化の進展と諸問題,
流通, Vol.17, 158-165, 2004年.
12. 橋本 直史, 飯澤 理一郎 :
北海道における米穀の「規格細分化」導入に関する一考察,
農経論叢, Vol.59, 117-126, 2003年.

学術論文(紀要・その他):

1. 橋本 直史 :
JAとうや湖におけるグローバルGAP取得と将来展望,
農業と経済, Vol.83, No.9, 75-80, 2017年.
(CiNii: 40021409588)

総説・解説:

1. 橋本 直史 :
柑橘類・バナナ輸入自由化・拡大とみかん産地,
DAIRYMAN, Vol.63, No.9, 72, 2013年9月.
2. 橋本 直史 :
でん粉自由化とバレイショ・甘藷でん粉産業-生産は減少の一途,生産農家は苦境に立たされるばかり-,
DAIRYMAN, Vol.63, No.5, 79, 2013年5月.
3. 橋本 直史 :
バレイショの自由化と植物検疫法の変容-輸入企業・カルビーの最新の動きを追う-,
DAIRYMAN, Vol.63, No.4, 74, 2013年4月.

国内講演発表:

1. 橋本 直史 :
えだまめ主要産地における共選・共販体制の導入と成果 ―徳島県外産地における事例の検討―,
地域農林経済学会四国支部会研究会, 2020年2月.
2. 橋本 直史 :
保全地役権制度による農地保全の展開と展望 -アメリカ・マサチューセッツ州を事例に-,
日本農業市場学会, 2019年7月.
3. 橋本 直史 :
「なると金時」産地の国内販売状況と輸出の展望,
農流技研会報, No.316, 8-9, 2018年10月.
4. 橋本 直史 :
規格化からみた 県産農産物のブランド化の課題と展望,
2017年10月.
5. 橋本 直史, 山藤 篤 :
小規模農協における直売所拡大と卸売市場出荷 -徳島県・阿波郡東部農協を事例にー,
日本農業市場学会, 2017年7月.
6. 橋本 直史, 豊成 傑 :
国内かんしょ産地における輸出拡大の制約要因 ―徳島県内農協の集荷・販売対応の検討―,
日本農業経済学会 2017年度千葉大会 個別報告, 2017年3月.
7. 橋本 直史 :
移動スーパーとくし丸について -徳島県内スーパー・キョーエイが果たした役割の検討-,
日本科学者会議 四国地区シンポジウム, 2016年9月.
8. 橋本 直史 :
GLOBALGAPの導入と産地への影響に関する日伊比較,
地域農林経済学会中四国支部例会, 2015年12月.
9. 橋本 直史 :
トレーサビリティと適正農業規範(GAP)の現状,
日本科学者会議徳島支部科学懇話会, 2015年11月.
10. 橋本 直史 :
農産物の安全・安心対策と地産地消 -GLOBALGAPから見えるもの-,
株式会社 キョーエイ 「すきとく市中央会」, 2015年6月.
11. 橋本 直史 :
減農薬米の集荷・販売 と内部規格-北海道・たきかわ農協を事例として-,
日本農業市場学会大会 個別報告, 2014年6月.
12. 橋本 直史 :
北海道良質米産地における品種別の単収・内部規格と農家手取り額-留萌地域・南るもい農協を事例に-,
日本農業経済学会大会個別報告, 2014年3月.
13. 橋本 直史 :
自由流通下における北海道米の規格導入に関する考察 -ホクレンによる「内部規格」導入を対象に-,
日本農業市場学会大会 個別報告, 2013年6月.
14. 橋本 直史 :
北海道野菜産地におけるGLOBALGAPの取り組み,
北海道農業経済学会大会 平成24年度 大会シンポジウム報告, 2012年9月.
15. 橋本 直史 :
国内青果物産地における量販店GAP導入の展開と農協共販-北海道北ひびき農協蔬菜特別栽培部会を対象に-,
日本農業市場学会大会 個別報告, 2012年7月.
16. 橋本 直史 :
生協における無店舗・個配事業の拡大と諸問題-コープさっぽろのトドックを事例に-,
日本農業市場学会大会 個別報告, 2011年7月.
17. 橋本 直史 :
北海道における施設園芸野菜流通の動向と展望-規格化の視点から-,
北海道施設園芸懇話会, 2010年8月.
18. 橋本 直史 :
国内青果物産地におけるGAP 導入が農家に与えた影響-北海道とうや湖農協を事例に-,
日本農業市場学会大会 個別報告, 2010年7月.
19. 橋本 直史 :
北海道野菜産地における「安全性」規格の導入に関する考察―JAとうや湖におけるGAP導入を事例に-,
日本農業市場学会大会 個別報告, 2009年7月.
20. 橋本 直史 :
温州みかん銘柄産地における光センサー導入の影響に関する一考察JAにしうわ日の丸部会を中心に―,
日本農業市場学会大会 個別報告, 2007年7月.
21. 橋本 直史, 宮井 浩志 :
国内鶏肉市場における地鶏の生産・販売対応-徳島県・阿波尾鶏のM社を中心に-,
農業市場研究, Vol.25, No.3, 46, 2006年7月.

報告書:

1. 西村 直樹, 坂下 明彦, 柳村 俊介, 橋本 直史, 他多数 :

農業経営法人化効果測定調査事業委託業務-平成23年度実績報告書-, 2012年3月.
2. 西村 直樹, 坂下 明彦, 柳村 俊介, 橋本 直史, 他多数 :

農業経営法人化効果測定調査事業委託業務-平成22年度実績報告書-, 7-48-65-67, 2011年3月.
3. 坂下 明彦, 西村 直樹, 長谷川 晃生, 橋本 直史, 他多数 :

北海道の農業生産法人と金融問題, 39-49, 2010年12月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • イエとムラの連続性から見た都市近郊農業の再評価 (研究課題/領域番号: 20K06284 )
  • 農産物・食品認証制度による標準化が農業・食品加工業に及ぼす影響 (研究課題/領域番号: 20K06272 )
  • 農村振興策の系譜に関する日中韓比較研究 (研究課題/領域番号: 26292123 )
  • 研究者番号(50649473)による検索