検索:
徳島大学 > 大学院社会産業理工学研究部 > 生物資源産業学域 > 生物生産系 > 生物資源生産科学分野 >
徳島大学 > 生物資源産業学部 > 生物資源産業学科 > 生物生産システム講座 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1804009 人工知能を用いた海水養殖支援システムの開発 >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説]

研究活動

専門分野

水産増殖学

研究テーマ

有用海藻の増養殖,機能性成分の探索

著書・論文

著書:

1. 平岡 雅規, 岡 直宏, 永松 和成 :
Ⅲ.藻類培養への利用 4.海藻類の培養,
恒星社厚生閣, 2006年.
2. Masanori Hiraoka and Naohiro Oka :
Mariculture of seaweeds based on the new "germling cluster method" and utilizing deep seawater in Japan.,
University of Malaya Maritime Research Centre, 2004.

学術論文(審査論文):

1. 喜多 郁弥, 團 昭紀, 浜野 龍夫, 齋藤 稔, 岡 直宏 :
藻体抽出液を細断細胞に添加するスジアオノリ種苗生産法,
Algal Resources, Vol.12, 11-20, 2019年.
2. Hirohumi Yamamoto, Yuichi Takagi, Naoto Yamasaki, Tadashi Mitsuyama, Yusuke Kasai, Hiroshi Imagawa, Yutaro Kinoshita, Naohiro Oka and Masanori Hiraoka :
Syntheses of thallusin analogues and their algal morphogenesis-inducing activities,
Tetrahedron, Vol.74, No.50, 7173-7178, 2018.
(DOI: 10.1016/j.tet.2018.10.048,   Elsevier: Scopus)
3. Masanori Hiraoka, Kensuke Ichihara, Wenrong Zhu, Satoshi Shimada, Naohiro Oka, Jianjun Cui, Shuntaro Tsubaki and Peimin He :
Examination of species delimitation of ambiguous DNA-based Ulva (Ulvophyceae, Chlorophyta) clades by culturing and hybridisation,
Phycologia, Vol.56, No.5, 517-532, 2017.
(DOI: 10.2216/16-109.1,   Elsevier: Scopus)
4. 棚田 教生, 團 昭紀, 加藤 慎治, 岡 直宏, 浜野 龍夫 :
鹿児島県産天然ワカメと鳴門産養殖品種の雌雄フリー配偶体正逆交雑による品種改良の効果,
Algal Resources, Vol.8, No.2, 103-112, 2015年.
5. 棚田 教生, 團 昭紀, 日下 啓作, 岡 直宏, 浜野 龍夫 :
1遊走子起源のフリー配偶体を用いたワカメの大規模種苗生産法および養殖への実用化の実証,
Algal Resources, Vol.8, No.1, 23-36, 2015年.
6. Chiasa Uragami, Denise Galzerano, Andrew Gall, Yusuke Shigematsu, Maiwen Meisterhans, Naohiro Oka, Masahiko Iha, Ritsuko Fujii, Bruno Robert and Hideki Hashimoto :
Light-dependent conformational change of neoxanthin in a siphonous green alga, Codium intricatum, revealed by Raman spectroscopy.,
Photosynthesis Research, Vol.121, No.1, 69-77, 2014.
(DOI: 10.1007/s11120-014-0011-y,   PubMed: 24861896,   Elsevier: Scopus)
7. Ritsuko Fujii, Mamiko Kita, Yoshiro Iinuma, Naohiro Oka, Yuki Takaesu, Tomonori Taira, Masahiko Iha, R.J. Cogdell and Hideki Hashimoto :
Isolation and purification of the major photosynthetic antenna, fucoxanthin-Chl a/c protein, from cultured discoid germlings of the brown algae, Cladosiphon okamuranus TOKIDA(Okinawa Mozuku),
Photosynthesis Research, Vol.111, No.1-2, 157-163, 2012.
(DOI: 10.1007/s11120-011-9688-3,   PubMed: 21948618)
8. D. kosumi, R. Fujii, M. Sugisaki, Y. Iinuma, Naohiro Oka, Y. Takaesu, T. Taira, M. Iha, H.A. Frank and H. Hashimoto :
Excitation Energy Transfer Dynamics of Fucoxanthin-Chlorophyll-a/c-Protein,
Carotenoid Science, Vol.17, 41-45, 2012.
9. Naohiro Oka, Toshiyuki Kusumoto, Tomonori Taira, Masahiko Iha, Hironori Shigematsu, Ritsuko Fujii and Hideki Hashimoto :
Novel mass production of siphonaxanthin from a green algae, "Motsure-miru(Codium intricatum)".,
Carotenoid Science, Vol.17, 23-26, 2012.
10. Ritsuko Fujii, Mamiko Kita, Matsumi Doi, Yoshiro Iinuma, Naohiro Oka, Yuki Takaesu, Tomonori Taira, Masahiko Iha, Tadashi Mizoguti, R.J. Cogdell and Hideki Hashimoto :
The pigment stoichiometry in a chlorophyll a/c type photosynthetic antenna.,
Photosynthesis Research, Vol.111, No.1-2, 165-172, 2011.
(DOI: 10.1007/s11120-011-9698-1,   PubMed: 21997123,   Elsevier: Scopus)
11. Daisuke Kosumi, Toshiyuki Kusumoto, Ritsuko Fujii, Mitsuru Sugisaki, Yoshiro Iinuma, Naohiro Oka, Yuki Takaesu, Tomonori Taira, Masahiko Iha, Harry A. Frank and Hideki Hashimoto :
Ultrafast excited state dynamics of fucoxanthin: excitation energy dependent intramolecular charge transfer dynamics.,
Physical Chemistry Chemical Physics, Vol.13, No.22, 10762-10770, 2011.
(DOI: 10.1039/c0cp02568b,   PubMed: 21552626,   Elsevier: Scopus)
12. Daisuke Kosumi, Toshiyuki Kusumoto, Ritsuko Fujii, Mitsuru Sugisaki, Yoshiro Iinuma, Naohiro Oka, Yuki Takaesu, Tomonori Taira, Masahiko Iha, Harry A. Frank and Hideki Hashimoto :
Ultrafast S1 and ICT state dynamics of a marine carotenoid probed by femtosecond one- and two-photon pump-probe spectroscopy.,
Journal of Luminescence, Vol.131, No.3, 515-518, 2011.
(DOI: 10.1016/j.jlumin.2010.09.018,   Elsevier: Scopus)
13. Daisuke Kosumi, Toshiyuki Kusumoto, Ritsuko Fujii, Mitsuru Sugisaki, Yoshiro Iinuma, Naohiro Oka, Yuuki Takaesu, Tomonori Taira, Masahiko Iha, Harry A. Frank and Hideki Hashimoto :
One- and two-photon pump-probe optical spectroscopic measurements reveal the S1 and intramolecular charge transfer states are distinct in fucoxanthin.,
Chemical Physics Letters, Vol.483, No.1-3, 95-100, 2009.
(DOI: 10.1016/j.cplett.2009.10.077,   Elsevier: Scopus)
14. Yoshirou Iinuma, Naohiro Oka, Tomonori Taira and Masahiko Iha :
Novel mass production of fucoxanthin from a brown algae, "Okinawa-Mozuku (Cladosiphon okamuranus)".,
Carotenoid Science, Vol.14, 1-5, 2009.
15. Naohiro Oka, Takashi Sumida, Masanori Hiraoka and Masao Ohno :
Effects of Fe(II) for tank cultivation of Ulva prolifera in deep seawater.,
Algal Resources, Vol.2, No.1, 63-66, 2008.
16. Masanori Hiraoka and Naohiro Oka :
Tank cultivation of Ulva prolifera in deep seawater using a new "germling cluster" method.,
Journal of Applied Phycology, Vol.20, No.1, 97-102, 2008.
(DOI: 10.1007/s10811-007-9186-3)
17. Naohiro Oka, Masanori Hiraoka and Toshitaka Nishijima :
Growth of abalone fed on Undaria pinnatifida (Alariaceae, Phaeophyceae) cultivated as free living form "germling cluster" in deep seawater.,
Japan Journal of Phycology, Vol.52(supplement), 225-230, 2004.
18. Masanori Hiraoka, Masao Ohno, Akinori Dan and Naohiro Oka :
Utilization of deep seawater for the mariculture of seaweeds in Japan.,
Japan Journal of Phycology, Vol.52(supplement), 215-219, 2004.
19. 川井 唯史, 岡 直宏, 平岡 雅規, 四ツ倉 典滋, 中明 幸広 :
ホソメコンブ配偶体の生長に及ぼす硝酸塩の影響,
水産工学, Vol.41, No.1, 35-38, 2004年.
20. Kanami Mori, Takashi Ooi, Masanori Hiraoka, Naohiro Oka, Hideyuki Hamada, Mitsumasa Tamura and Takenori Kusumi :
Fucoxanthin and Its Metavolites in Edible Brown Algae Cultivated in Deep Seawater.,
Marine Drugs, Vol.2, No.2, 63-72, 2004.

国際会議:

1. Masao Ohno, Takashi Sumida, Naohiro Oka and Masanori Hiraoka :
Effect of Fe+ for Enteromorpha tank culture with deep seawater.,
The 5th Asian-Pacific Conference on Algal Biotechnology, 2003.
2. Naohiro Oka, Masanori Hiraoka and Toshitaka Nishijima :
Growth of abalone fed on Undaria pinnatifida cultivated as free living form "germling aggregation" in deep seawater.,
Algae 2002, 2002.

国内講演発表:

1. 岡 直宏, 梅原 大智, 佐藤 陽一, 浜野 龍夫 :
紅藻Agaldhiella subulataの生長に対する水温の影響,
日本藻類学会第44回大会, 2020年3月.
2. 佐藤 陽一, 及川 浩生, 最上川 美穂, 兼松 宏一, 中 裕之, 岡 直宏 :
紅藻Agardhiella subulataの培養条件による形態および色調変化,
日本植物学会第83回大会, 2019年9月.
3. 岡 直宏, 小川 颯太, 岡本 裕太, 齋藤 稔, 浜野 龍夫, 團 昭紀 :
異なる塩分濃度下でのスジアオノリの生長,
日本応用藻類学会第18回大会, 2019年5月.
4. 岡 直宏, 渡邉 立哉, 梅原 大智, 浜野 龍夫 :
海藻付着基としての繊維素材の評価,
日本応用藻類学会第18回大会, 2019年5月.
5. 岡 直宏, 岡本 裕太, 小川 颯太, 齋藤 稔, 浜野 龍夫, 團 昭紀 :
スジアオノリの生長に対する日長の影響,
日本応用藻類学会第18回大会, 2019年5月.
6. 岡 直宏, 山室 達也, 村瀬 昇, 浜野 龍夫 :
ワカメ幼胞子体の生長及び付着器形成に対する光波長の影響,
日本応用藻類学会第18回大会, 2019年5月.
7. 岡 直宏, 佐藤 陽一, 中西 達也, 團 昭紀, 齋藤 稔, 浜野 龍夫 :
紅藻Agardhiella subulataの陸上養殖技術の開発,
日本藻類学会第42回大会, 2018年3月.
8. 木下 優太郎, 佐藤 陽一, 岡 直宏, 平岡 雅規 :
有用海藻3種の栄養塩吸収特性,
日本藻類学会第42回大会, 2018年3月.
9. 齋藤 稔(徳島大学技術補佐員), 岡 直宏, 浜野 龍夫 :
徳島県日和佐川におけるテナガエビ類による河床型の利用様式の比較,
日本甲殻類学会第55回大会, 2017年10月.
10. 岡 直宏, 齋藤 稔, 團 昭紀, 佐藤 陽一, 中西 達也, 浜野 龍夫 :
有用海藻Agardhiella subulataの生長性とその利用について,
日本応用藻類学会第16回大会, 2017年5月.
11. 岡 直宏, 今井 洋斗, 齋藤 稔(技術補佐員), 團 昭紀, 棚田 教生, 浜野 龍夫 :
ワカメ配偶体のフコキサンチン産生に対する水温の影響,
日本応用藻類学会第16回大会, 2017年5月.
12. 喜多 郁弥, 團 昭紀, 岡 直宏, 齋藤 稔(技術補佐員), 浜野 龍夫 :
スジアオノリ陸上養殖のための組織培養を用いた種苗生産,
日本応用藻類学会第16回大会, 2017年5月.
13. 岡 直宏, 篠本 聖太, 小川 純司, 團 昭紀, 齋藤 稔(技術補佐員), 浜野 龍夫 :
地下海水を用いた紅藻Agardhiella subulataおよび藻食性巻貝トコブシの複合養殖,
日本藻類学会第41回大会 高知2017, 2017年3月.
14. 喜多 郁弥, 團 昭紀, 岡 直宏, 浜野 龍夫 :
スジアオノリ陸上養殖のための組織培養を用いた種苗生産法の確立,
第3回 日本生物工学会西日本支部 講演会, 2016年12月.
15. 岡 直宏, 阪本 鷹行, 櫻谷 英治, 團 昭紀, 浜野 龍夫 :
有用海藻Agardhiella subulataの脂肪酸分析について,
第3回 日本生物工学会西日本支部 講演会, 2016年12月.
16. 今井 洋斗, 倭 遼志, 小林 大紀, 喜多 郁弥, 岡 直宏, 團 昭紀, 齋藤 稔, 松田 春菜, 棚田 教生, 岡崎 孝博, 浜野 龍夫 :
徳島県海部沿岸の漁業者が行う海藻の脱水・素干し・粉砕技術の開発,
日本応用藻類学会第15回大会, 2016年5月.
17. 小林 大紀, 岡 直宏, 團 昭紀, 齋藤 稔, 倭 遼志, 今井 洋斗, 喜多 郁弥, 松田 春菜, 棚田 教生, 岡崎 孝博, 浜野 龍夫 :
徳島県美波町における海藻養殖漁業の六次産業化,
日本応用藻類学会第15回大会, 2016年5月.
18. 岡 直宏, 棚田 教生, 團 昭紀, 浜野 龍夫, 小林 大紀, 今井 洋斗 :
徳島県太平洋沿岸におけるワカメ養殖の実用化に向けた品種改良,
日本応用藻類学会第15回大会, 2016年5月.
19. 浦上 千藍砂, Galzerano Dennis, Gall Andrew, 重松 佑典, Meisterhans Maiwen, 岡 直宏, 伊波 匡彦, 藤井 律子, Robert Bruno, 橋本 秀樹 :
二種類の光条件下で培養した深所型緑藻モツレミル糸状体のラマン分光測定,
第27回カロテノイド研究談話会, 2013年10月.
20. 重松 佑典, 藤井 律子, 岡 直宏, 伊波 匡彦, 橋本 秀樹 :
深所型緑藻の光合成アンテナ蛋白質の蛋白と色素の同定,
日本化学会第93春季年会, 2013年3月.
21. 岡 直宏, 平良 寛進, 楠本 利行, 伊波 匡彦, 重松 佑典, 藤井 律子, 橋本 秀樹 :
モツレミル大量培養によるシフォナキサンチンおよびSCPの生産について,
第36回日本藻類学会, 2012年.
22. 岡 直宏, 平良 寛進, 伊波 匡彦, 藤井 律子, 橋本 秀樹 :
亜熱帯性緑藻の培養によるシフォナキサンチンの生産,
第25回カロテノイド研究談話会, 2011年9月.
23. 岡 直宏, 飯沼 喜朗, 伊波 匡彦 :
紅藻マクリ(Digenea simplex)の培養によるカイニン酸の生産について,
2009年6月.
24. 岡 直宏, 平良 寛進, 伊波 匡彦 :
室内培養下におけるオキナワモズク盤状体の成熟特性について,
第33回日本藻類学会, 2009年3月.
25. 内村 真之, E.J. Faye, 岡 直宏, 宮崎 勤, 市原 健介, 嶌田 智 :
南西諸島海域で生育が確認されたミルモドキ属(Pseudocodium)など珍しい緑藻類について,
第33回日本藻類学会, 2009年3月.
26. 岡 直宏, 川畑 知子 :
室戸海洋深層水及び表層水を用いた褐藻類の生長特性の解明,
第9回海洋深層水利用研究会全国大会, 2005年11月.
27. 岡 直宏, 平岡 雅規, 川井 唯史, 四ツ倉 典滋, 中明 幸広 :
海洋深層水によるコンブ類とアワビの陸上タンク養殖システム,
第29回日本藻類学会, 2005年3月.
28. 岡 直宏, 田村 光政, 平岡 雅規, 西島 敏隆, 吉本 典生, 中田 有樹 :
海洋深層水を用いたワカメとアワビの多段養殖,
第28回日本藻類学会, 2004年3月.
29. 刈谷 宣政, 平岡 重道, 平岡 雅規, 岡 直宏, 嶌田 智, 江端 弘樹, 浜田 英之 :
室戸岬ではじまる海洋深層水を利用したアオノリ陸上タンク養殖について,
第28回日本藻類学会, 2004年3月.
30. 江端 弘樹, 嶌田 智, 四ツ倉 典滋, 平岡 雅規, 岡 直宏, 佐藤 義夫 :
地下海水を利用した海藻陸上養殖事業の可能性,
第28回日本藻類学会, 2004年3月.
31. 岡 直宏, 平岡 雅規, 西島 敏隆, 四ツ倉 典滋, 川北 浩久 :
室戸海洋深層水と表層水を用いたホソメコンブ大量培養と藻体成分比較,
第7回海洋深層水利用研究会全国大会, 2003年12月.
32. 川井 唯史, 岡 直宏, 平岡 雅規, 中明 幸広 :
ホソメコンブ配偶体の生長に及ぼす硝酸塩の影響,
平成15年度日本水産工学会学術講演会, 2003年5月.
33. 岡 直宏, 平岡 雅規, 四ツ倉 典滋, 西島 敏隆, 川井 唯史 :
海洋深層水によるコンブ陸上タンク養殖-新しい食材としての利用-,
第27回日本藻類学会, 2003年3月.
34. 平岡 雅規, 岡 直宏 :
室戸海洋深層水による筋アオノリ養殖事業化実証試験,
第6回海洋深層水利用研究会全国大会, 2002年11月.
35. 岡 直宏, 平岡 雅規, 西島 敏隆 :
ワカメの配偶体成熟誘導と室戸海洋深層水を用いた屋外養殖,
第6回海洋深層水利用研究会全国大会, 2002年11月.

報告書:

1. 棚田 教生, 岡 直宏, 浜野 龍夫 :
徳島県太平洋沿岸由岐地先に適したワカメ養殖種苗の検討,
徳島県水研報, Vol.11, 25-30, 2017年3月.
2. 岡 直宏 :
海洋深層水による褐藻類とアワビの集約的タンク養殖システムに関する研究,
高知大学海洋生物研究報告, Vol.24, 11-57, 2006年.
3. 岡 直宏 :
室戸海洋深層水による海藻とアワビの多段養殖,
高知県海洋深層水研究所報, Vol.7, 18-22, 2006年.
4. 岡 直宏, 川北 浩久 :
室戸海洋深層水による海藻の大量培養とアワビ複合養殖,
高知県海洋深層水研究所報, Vol.6, 80-85, 2004年.
5. 大野 正夫, 矢野 誠, 平岡 雅規, 岡 直宏, 谷口 道子 :
海洋深層水を用いた紅藻トゲキリンサイとトサカノリのタンク養殖,
高知大学海洋生物研究報告, Vol.20, 35-40, 2001年.

特許:

1. 橋本 秀樹, 溝口 律子, 伊波 匡彦, 岡 直宏, 楠本 利行 : 色素結合型タンパク質およびその製造方法, 特許第6142448号 (2017年5月).
2. 伊波 匡彦, 岡 直宏, 平良 寛進 : シフォナキサンチンおよび/またはシフォネインの製造方法, 特許第5804319号 (2015年9月).
3. 伊波 匡彦, 岡 直宏, 飯沼 喜朗 : マクリの培養方法, 特許第5699411号 (2015年2月).
4. 伊波 雅彦, 岡 直宏, 飯沼 喜朗 : カイニン酸の製造方法, 特許第5228233号 (2013年).
5. 伊波 匡彦, 岡 直宏, 平良 寛進 : フコキサンチンおよび/またはフコステロールの製造方法, 特許第4870787号 (2011年).
6. 岡 直宏, 浜野 龍夫 : 紅藻の黄色藻体の製造方法, (2019年4月), (2020年10月), 特許第2019-089434号 (2019年5月).
7. 團 昭紀, 岡 直宏 : アオサ目またはヒビミドロ目に属する緑藻類の種苗生産方法及び当該種苗を利用した緑藻類の養殖方法, (2016年8月), 特許第2016-162119号.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)