検索:
徳島大学大学院医歯薬学研究部歯学域口腔科学部門基礎歯学系口腔顎顔面形態学
徳島大学歯学部歯学科基礎口腔科学講座口腔顎顔面形態学
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

専門分野

口腔解剖学 (Oral Anatomy)
口腔解剖学 (Oral Anatomy)
細胞生理学 (Cell Physiology)

研究テーマ

象牙質形成 (象牙質, 象牙質タンパク, 象牙芽細胞, 歯髄)
歯周組織形成・再生 (歯槽骨, 歯根膜, セメント質, 骨芽細胞 (osteoblast), 象牙質タンパク)
糖代謝 (グリコーゲン, 抗体 (antibody), 免疫組織化学)

著書・論文

著書:

1. 馬場 麻人 :
口腔解剖学 第2版, --- 第13章 I 血管 ---,
医歯薬出版 株式会社, 東京, 2018年2月.

学術論文(審査論文):

1. Tsuyoshi Kano, Tsuyoshi Morita, Kaori Sumida, Hiromichi Yumoto and Otto Baba :
Expression of fibroblast growth factor receptor1, -2c, and -3c transcripts in mouse molars after tooth eruption,
Anatomical Science International, 2021.
(DOI: 10.1007/s12565-020-00594-4,   Elsevier: Scopus)
2. Resmi Raju, Masamitsu Ohshima, Miho Inoue, Tsuyoshi Morita, Yan Huijiao, Arief Waskitho, Otto Baba, Masahisa Inoue and Yoshizo Matsuka :
Three-dimensional periodontal tissue regeneration using a bone-ligament complex cell sheet,
Scientific Reports, Vol.10, No.1, 1656, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114213,   DOI: 10.1038/s41598-020-58222-0,   PubMed: 32015383)
3. Takuma Iwasa, S Afroz, Miho Inoue, Rieko Arakaki, Masamitsu Ohshima, R Raju, Arief Waskitho, Inoue Masahisa, Otto Baba and Yoshizo Matsuka :
IL-10 and CXCL2 in trigeminal ganglia in neuropathic pain,
Neuroscience Letters, Vol.703, 132-138, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113686,   DOI: 10.1016/j.neulet.2019.03.031)
4. Elizabeth Haythorne, Maria Rohm, Martijn de Bunt van, F Melissa Brereton, I Andrei Tarasov, S Thomas Blacker, Gregor Sachse, Mariana Dos Santos Silva, Raul Exposito Terron, Simon Davis, Otto Baba, Roman Fischer, R Michael Duchen, Patrik Rorsman, I James MacRae and M Frances Ashcroft :
Diabetes causes marked inhibition of mitochondrial metabolism in pancreatic β-cells.,
Nature Communications, Vol.10, No.1, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 115227,   DOI: 10.1038/s41467-019-10189-x,   PubMed: 31171772)
5. S Afroz, Rieko Arakaki, Takuma Iwasa, Masamitsu Ohshima, Maki Hosoki, Miho Inoue, Otto Baba, Yoshihiro Okayama and Yoshizo Matsuka :
CGRP induces differential regulation of cytokines from satellite glial cells in trigeminal ganglia and orofacial nociception,
International Journal of Molecular Sciences, Vol.20, No.3, 711-730, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113687,   DOI: 10.3390/ijms20030711,   PubMed: 30736422,   Elsevier: Scopus)
6. Furukawa Fumiya, Irachi Shotaro, Koyama Mugen, Otto Baba, Akimoto Hajime, Okumura Sei-ichi, Kagawa Hirohiko and Uchida Katsuhisa :
Changes in glycogen concentration and gene expression levels of glycogen-metabolizing enzymes in muscle and liver of developing masu salmon.,
Comparative Biochemistry and Physiology. Part A: Molecular & Integrative Physiology, Vol.225, 72-84, 2018.
(DOI: 10.1016/j.cbpa.2018.07.003,   PubMed: 30017911)
7. Kaori Sumida, Yoshinori Ando, Shinichiro Seki, Kikuji Yamashita, Akira Fujimura, Otto Baba and Seiichiro Kitamura :
Anatomical status of the human palatopharyngeal sphincter and its functional implications.,
Surgical and Radiologic Anatomy : SRA, Vol.39, No.11, 1191-1201, 2017.
(DOI: 10.1007/s00276-017-1855-6,   PubMed: 28447150)
8. Shinichiro Seki, Kaori Sumida, Kikuji Yamashita, Otto Baba and Seiichiro Kitamura :
Gross anatomical classification of the courses of the human lingual artery.,
Surgical and Radiologic Anatomy : SRA, Vol.39, No.2, 195-203, 2017.
(DOI: 10.1007/s00276-016-1696-8,   PubMed: 27189234,   Elsevier: Scopus)
9. Kikuji Yamashita, Dalkhsuren Shine-Od, Aldartsogt Dolgorsuren, Kaori Sumida, Tsuyoshi Morita and Otto Baba :
Effects of Dietary Cure Containing AFIR (Antioxidant Far-Infrared Energy Radiating) Ceramics on Living Body of Hatchery Sea Bream (Pagrus Major),
International Journal of Innovative Studies in Sciences and Engineering Technology, Vol.2, No.10, 7-16, 2016.
10. Tsuyoshi Morita, Kaoru Fujikawa, Otto Baba and Shibata Shunichi :
An in situ hybridization study of Hyaluronan synthase (Has) mRNA in developing mouse molar and incisor tooth germs,
Gene Expression Patterns, Vol.21, No.1, 28-40, 2016.
(DOI: 10.1016/j.gep.2016.06.002,   PubMed: 27289075)
11. 馬場 麻人 :
グリコーゲンを認識するモノクローナル抗体の作製と免疫組織学的観察.,
口腔病学会雑誌, Vol.60, No.2, 264-287, 1993年.

総説・解説:

1. 馬場 麻人 :
知れば安心,もっと楽しい! 解剖学的口腔の観かた∼下顎骨を知る 第6回下顎骨の成長・歯の喪失による形態変化,
デンタルハイジーン, Vol.40, No.4, 346-350, 2020年3月.
2. 馬場 麻人 :
知れば安心,もっと楽しい! 解剖学的口腔の観かた∼下顎骨を知る 第5回下顎骨に付着する筋肉と咀嚼・嚥下運動,
デンタルハイジーン, Vol.40, No.3, 236-239, 2020年2月.
3. 馬場 麻人 :
知れば安心,もっと楽しい! 解剖学的口腔の観かた∼下顎骨を知る 第4回口腔壁を構成する下顎に付着する筋,
デンタルハイジーン, Vol.40, No.2, 122-125, 2020年1月.
4. 馬場 麻人 :
知れば安心,もっと楽しい! 解剖学的口腔の観かた∼下顎骨を知る 第3回下顎骨の基本構造③(下顎孔と下顎管と関節突起について),
デンタルハイジーン, Vol.40, No.1, 12-15, 2019年12月.
5. 馬場 麻人 :
知れば安心,もっと楽しい! 解剖学的口腔の観かた∼下顎骨を知る 第2回 下顎骨の基本構造②(下顎枝について),
デンタルハイジーン, Vol.39, No.12, 1240-1242, 2019年11月.
6. 馬場 麻人 :
知れば安心,もっと楽しい! 解剖学的口腔の観かた∼下顎骨を知る 第1回 下顎骨の基本構造①(概要と下顎体について),
デンタルハイジーン, Vol.39, No.11, 1127-1129, 2019年10月.
7. 馬場 麻人 :
教授就任総説 歯根象牙質形成を再考する,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.29, No.1, 1-6, 2016年6月.
(徳島大学機関リポジトリ: 109874,   CiNii: 120005823529)

国際会議:

1. S Afroz, Rieko Arakaki, Takuma Iwasa, Masamitsu Ohshima, Maki Hosoki, Miho Inoue, Otto Baba, Yoshihiro Okayama and Yoshizo Matsuka :
CGRP induced glial-cytokine expression, NFkB signaling and orofacial nociception,
International Association for Dental Research, Washington, D.C., Mar. 2020.
2. Otto Baba :
Regulation of Odontoblasts in Various Phases of Dentin Formation,
DENTISPHERE 4 (International Scientific Meeting 5th Asean Plus & Tokushima Joint International Conference), Surabaya, Indonesia, Nov. 2019.
3. R Raju, Masamitsu Ohshima, Tsuyoshi Morita, Huijiao Yan, Miho Inoue, Otto Baba, Masahisa Inoue and Yoshizo Matsuka :
A double-layered complex cell sheet can regenerate the periodontal tissue in a mice model,
Dentisphere, Surabayai, Nov. 2019.
4. S Afroz, Rieko Arakaki, Takuma Iwasa, Masamitsu Ohshima, Otto Baba, Y Okayama and Yoshizo Matsuka :
Orofacial pain due to glial expressed cytokines in trigeminal ganglion,
Dentisphere, Surabayai, Nov. 2019.
5. Arief Waskitho, Yumiko Yamamoto, Tsuyoshi Morita, Huijiao Yan, R Raju, Masamitsu Ohshima, Junhel Dalanon, Otto Baba and Yoshizo Matsuka :
Bilateral effects of unilateral administration of botulinum toxin A in chemotherapy induced neuropathy,
Dentisphere, Surabayai, Nov. 2019.
6. Otto Baba :
Symposium: Perspectives on the Impact of William Butler's Mentoring,
97th General session & exhibition of the IADR, Vancouver, Jun. 2019.
7. S Afroz, Rieko Arakaki, Takuma Iwasa, Masamitsu Ohshima, Maki Hosoki, Miho Inoue, Otto Baba, Yoshihiro Okayama and Yoshizo Matsuka :
Orofacial nociception due to glial expressed cytokines in trigeminal ganglia,
International Association for Dental Research, Vancouver, Jun. 2019.
8. Kazumitsu Sekine, Yoshihito Naitou, Tetsuo Ichikawa, Otto Baba and Kenichi Hamada :
Development of structural and chemical enforcement of neointimal growth as the blood contacting surface for the vascular prosthesis,
45th European Society for Artificial Organs 2018 Congress, Madrid, Sep. 2018.
9. Y Kumei, J Zeredo, R Watahiki, K Kagiyama, K Fukasawa and Otto Baba :
Common marmosets in Martian, Lunar, and zero gravity conditions: posture, behavior and motion sickness.,
The Joint Conference of the 7th International Symposium on Physical Sciences in Space & 25th European Low Gravity Research Association Biennial Symposium and General Assembly, Oct. 2017.
10. R Watahiki, J Zeredo, K Kagiyama, H Hashimoto, N Ishioka, Y Inatomi, Otto Baba, S Aou, K Natsume and Y Kumei :
Postural and behavioral of primates (Common Marmoset) to Martian, Lunar, and Zero gravity conditions.,
American Society for Gravitational and Space Research Annual Meeting, Oct. 2016.

国内講演発表:

1. 角田 佳折, 北村 清一郎, 守田 剛, 神尾 強司, 城 翠, 古田 琴, 濱 義之, 田畑 純, 馬場 麻人 :
コモンリスザルの軟口蓋・咽頭の筋構築に関する肉眼解剖学的研究,
第125回日本解剖学会総会・全国学術集会 講演プログラム・抄録集 山口 2020 誌上開催, 162, 2020年3月.
2. 宮川 結衣, 後藤 匡紀, 畑田 祐佳里, 守田 剛, 神尾 強司, 角田 佳折, 馬場 麻人 :
マダイ稚魚の歯の形成過程に関する組織学的研究,
第125回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2020年3月.
3. 守田 剛, 神尾 強司, 角田 佳折, 馬場 麻人 :
歯・歯周組織の形成機構の解析および再生への応用の検討,
四国歯学会第56回例会, 2020年2月.
4. 松本 晋, 金城 聡一郎, 守田 剛, 角田 佳折, 神尾 強司, 馬場 麻人 :
メダカ咽頭歯における歯および歯周組織の形成遺伝子の発現,
四国歯学会第56回例会, 34, 2020年2月.
5. 岩浅 匠真, Shaista Afroz, 井上 美穂, 新垣 理恵子, 大島 正充, Resmi Raju, Arief Waskitho, 井上 正久, 馬場 麻人, 松香 芳三 :
痛みに対するサイトカイン療法の開発に向けて,
徳島県歯科医学大会, 2020年2月.
6. 神尾 強司, 守田 剛, 角田 佳折, 湯本 浩通, 馬場 麻人 :
萌出後マウス臼歯の歯髄における象牙質形成関連因子の発現解析,
第61回歯科基礎医学会学術大会, 2019年10月.
7. Waskitho Arief, Yamamoto Yumiko, Tsuyoshi Morita, Yan Huijiao, Raju Resmi, Masamitsu Ohshima, Dalanon Junhel, Otto Baba and Yoshizo Matsuka :
Orofacial neuropathic pain rat models induced by chemotherapy drugs,
Tokushima University Bioscience Retreat, Sep. 2019.
8. Raju Resmi, Masamitsu Ohshima, Miho Inoue, Tsuyoshi Morita, Yan Huijiao, Otto Baba, Inoue Masahisa and Yoshizo Matsuka :
Development of a multilayered complex cell sheet to regenerate periodontal tissue,
Tokushima University Bioscience Retreat, Sep. 2019.
9. Resmi Raju, 大島 正充, 井上 美穂, 守田 剛, Huijiao Yan, 馬場 麻人, 井上 正久, 松香 芳三 :
骨芽細胞と歯根膜細胞との立体形成複合細胞シートによる歯周組織再生の確立,
硬組織再生生物学会, 2019年8月.
10. 関根 一光, 馬場 麻人, 浜田 賢一 :
細胞賦活化処理による多孔質性状チタン足場材の生体内癒合性の向上を狙う,
第58回日本生体医工学会大会, 2019年6月.
11. 角田 佳折, 北村 清一郎, 守田 剛, 神尾 強司, 田畑 純, 馬場 麻人 :
ヒト,ウマ,イヌの茎突咽頭筋の走行・停止の比較からヒト茎突咽頭筋の機能を考える,
第124回日本解剖学会総会全国学術集会, 2019年3月.
12. 松本 晋, 金城 聡一郎, 藤田 創詩, 守田 剛, 神尾 強司, 角田 佳折, 杉本 明日菜, 岩本 勉, 馬場 麻人 :
メダカ咽頭歯における分泌性カルシウム結合リンタンパク質(SCPP)遺伝子の発現,
第124回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2019年3月.
13. 関根 一光, 馬場 麻人, 浜田 賢一 :
細胞賦活性を施した多孔質チタン足場材に関する生体内癒合性評価,
第56回日本人工臓器学会大会, 2018年11月.
14. 金城 聡一郎, 松本 晋, 藤田 創詩, 角田 佳折, 守田 剛, 神尾 強司, 馬場 麻人 :
馬蹄腎の一例についての肉眼解剖学的および組織学的観察,
四国歯学会第53回例会・第37回総会, 2018年7月.
15. 関根 一光, 馬場 麻人, 浜田 賢一 :
硬組織代替材料への応用を目的としたチタン表面への細胞賦活効果の検討,
第57回日本生体医工学会大会, 2018年6月.
16. 角田 佳折, 北村 清一郎, 神尾 強司, 守田 剛, 山下 菊治, 馬場 麻人 :
イヌの軟口蓋の筋構築に関する肉眼解剖学的研究,
日本解剖学会総会・第123回全国学術集会,, 2018年3月.
17. 角田 佳折, 北村 清一郎, 守田 剛, 山下 菊治, 馬場 麻人 :
茎突咽頭筋の起始・走行・停止,
日本解剖学会総会・第122回全国学術集会,, 2017年3月.

その他・研究会:

1. Raju Resmi, Masamitsu Ohshima, Tsuyoshi Morita, Yan Huijiao, Miho Inoue, Otto Baba, Inoue Masahisa and Yoshizo Matsuka :
Three-dimensional periodontal tissue regeneration using a bone-ligament complex cell sheet,
発生・再生・遺伝クラスター ミニリトリート, Feb. 2020.
2. Waskitho Arief, Yumiko Yamamoto, Tsuyoshi Morita, Yan Huijiao, Raju Resmi, Masamitsu Ohshima, Dalanon Junhel, Laksmi Swarna, Chavan P., Otto Baba and Yoshizo Matsuka :
Botulinum toxin A administration in chemotherapy-induced neuropathic pain rat model,
徳島大学脳科学クラスターミニリトリート, Feb. 2020.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • ヒト高齢者モデルの真猿類マーモセットを用いた顎口腔機能老化と社会行動に関する研究 (研究課題/領域番号: 16K15852 )
  • ヒト乳幼児モデルの真猿類マーモセットにおける成長発育と摂餌、咀嚼、嚥下機能の発達 (研究課題/領域番号: 26463107 )
  • エナメル質成熟化の新パラダイム:エンドサイトーシスに拠らない蛋白脱却機構の証明 (研究課題/領域番号: 24390408 )
  • 象牙質タンパクの発現を手掛かりに、歯槽骨形成細胞の起源を探る (研究課題/領域番号: 18591996 )
  • メダカ咽頭歯器官培養系を用いた歯の再生実験モデルの確立と幹細胞の探索 (研究課題/領域番号: 18390485 )
  • 象芽質由来物質による歯周組織の形成誘導 (研究課題/領域番号: 14370577 )
  • エナメルタンパク質の硬組織再生誘導作用に関する構造生物学的研究 (研究課題/領域番号: 12557151 )
  • 骨、軟骨組織に加齢および外力が与える影響とその機構に関する解析 (研究課題/領域番号: 08771560 )
  • ATDC5細胞を用いたプロテオグリカンの構造変化に関する生化学的、組織学的研究 (研究課題/領域番号: 07671963 )
  • 歯と歯周組織の抗原提示細胞ネットワークに関する免疫組織学的、酵素組織化学的研究 (研究課題/領域番号: 07457426 )
  • 下顎頭軟骨に対するモノクローナル抗体の作製と免疫組織化学的観察 (研究課題/領域番号: 06771574 )
  • 石灰化に伴う各種プロテオグリカンの構造変化に関する生化学的、組織化学的解析 (研究課題/領域番号: 06671806 )
  • 研究者番号(90251545)による検索