検索:
徳島大学大学院医歯薬学研究部薬学域先端薬学教育研究プロジェクト
徳島大学大学院医歯薬学研究部薬学域薬科学部門生命薬学系医薬品機能生化学
徳島大学薬学部薬学科臨床薬学講座医薬品機能生化学
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (登録)2104018 徳島の特産品(藍,スダチ)の,薬用および産業資源としての活用を志向した基礎研究
徳島大学薬学研究科薬学専攻
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

薬理学 (Pharmacology), 循環薬理学 (Cardiovascular Pharmacology), 臨床薬理学 (Clinical Pharmacology), 分子薬理学 (Molecular Pharmacology)

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 今西 正樹 :
テキサス・メディカルセンター最前線「第197回 抗がん剤の副作用ってこわいの?」,
ヒューストン日本商工会, ヒューストン, 2021年5月.
2. 座間味 義人, 岡田 直人, 武智 研志, 今西 正樹, 石澤 啓介 :
あ,検査値が変わった」そのとき,薬のリスクは?(分担執筆),
株式会社じほう, 2017年6月.

学術論文(審査論文):

1. Yoshino Yuki, Masaki Imanishi, Licht Miyamoto, Daisuke Tsuji, Akagi Reiko, Koichiro Tsuchiya, Yoshiki Kashiwada and Naonobu Tanaka :
Dauferulins A-L, daucane-type sesquiterpenes from the roots of Ferula communis: Their structures and biological activities,
Fitoterapia, Vol.174, 105877, 2024.
(DOI: 10.1016/j.fitote.2024.105877)
2. Masaki Imanishi, Takahisa Inoue, Keijo Fukushima, Ryosuke Yamashita, Ryo Nakayama, Masataka Nojima, Kosuke Kondo, Yoshiki Gomi, Honoka Tsunematsu, Kohei Goto, Licht Miyamoto, Masafumi Funamoto, Masaya Denda, Keisuke Ishizawa, Akira Otaka, Hiromichi Fujino, Yasumasa Ikeda and Koichiro Tsuchiya :
CA9 and PRELID2; hypoxia-responsive potential therapeutic targets for pancreatic ductal adenocarcinoma as per bioinformatics analyses.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.153, No.4, 232-242, 2023.
(DOI: 10.1016/j.jphs.2023.10.003,   PubMed: 37973221)
3. Takashi Tsuji, Honoka Tsunematsu, Masaki Imanishi, Masaya Denda, Koichiro Tsuchiya and Akira Otaka :
Enhanced tumor specific drug release by hypoxia sensitive dual-prodrugs based on 2-nitroimidazole,
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, 129484, 2023.
(DOI: 10.1016/j.bmcl.2023.129484,   PubMed: 37716415)
4. H Minh T Nguyen, Masaki Imanishi, Shengyu Li, Khanh Chau, Priyanka Banerjee, Reddy Loka Velatooru, Ae Kyung Ko, K Venkata S Samanthapudi, J Young Gi, Ling-Ling Lee, J Rei Abe, Elena McBeath, Anita Deswal, H Steven Lin, L Nicolas Palaskas, Robert Dantzer, Keigi Fujiwara, K Mae Borchrdt, Berrios Estefani Turcios, A Elizabeth Olmsted-Davis, Sivareddy Kotla, P John Cooke, Guangyu Wang, Jun-Ichi Abe and Nhat-Tu Le :
Endothelial activation and fibrotic changes are impeded by laminar flow-induced CHK1-SENP2 activity through mechanisms distinct from endothelial-to-mesenchymal cell transition.,
Frontiers in Cardiovascular Medicine, Vol.10, 2023.
(DOI: 10.3389/fcvm.2023.1187490,   PubMed: 37711550)
5. Aoi Suenaga, Yasuyuki Seto, Masafumi Funamoto, Masaki Imanishi, Koichiro Tsuchiya and Yasumasa Ikeda :
TJ-17 (Goreisan) mitigates renal fibrosis in a mouse model of folic acid-induced chronic kidney disease.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.153, No.1, 31-37, 2023.
(徳島大学機関リポジトリ: 118452,   DOI: 10.1016/j.jphs.2023.07.001,   PubMed: 37524452)
6. Hannah Savage, Sumedha Pareek, Jonghae Lee, Riccardo Ballarò, Darlan Minussi Conterno, Karma Hayek, Mumina Sadullozoda, S Brooke Lochmann, L Jennifer McQuade, C Emily LaVoy, Enrica Marmonti, Hetal Patel, Guangyu Wang, Masaki Imanishi, Sivareddy Kotla, Jun-Ichi Abe and L Keri Schadler :
Aerobic exercise alters the melanoma microenvironment and modulates ERK5 S496 phosphorylation.,
Cancer Immunology Research, Vol.11, No.9, 1168-1183, 2023.
(DOI: 10.1158/2326-6066.CIR-22-0465,   PubMed: 37307577)
7. Jun-Ichi Abe, Masaki Imanishi, Shengyu Li, Aijun Zhang, Ae Kyung Ko, K Venkata S Samanthapudi, Ling-Ling Lee, Paniagua Angelica Bojorges, Jin Young Gi, P Brian Hobbs, Anita Deswal, Joerg Herrmann, H Steven Lin, N Eduardo Chini, H Ying Shen, L Keri Schadler, Thi-Hong-Minh Nguyen, A Anisha Gupte, Cielito Reyes-Gibby, J Sai-Ching Yeung, J Rei Abe, A Elizabeth Olmsted-Davis, Sunil Krishnan, Robert Dantzer, L Nicolas Palaskas, P John Cooke, J Henry Pownall, Momoko Yoshimoto, Keigi Fujiwara, J Dale Hamilton, K Jared Burks, Guangyu Wang, Nhat-Tu Le and Sivareddy Kotla :
An ERK5-NRF2 Axis Mediates Senescence-Associated Stemness and Atherosclerosis.,
Circulation Research, Vol.133, No.1, 25-44, 2023.
(DOI: 10.1161/CIRCRESAHA.122.322017,   PubMed: 37264926)
8. Yuya Horinouchi, Yuka Murashima, Yuto Yamada, Shun Yoshioka, Keijo Fukushima, Takumi Kure, Naofumi Sasaki, Masaki Imanishi, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya, Kazuaki Shinomiya and Yasumasa Ikeda :
Pemafibrate inhibited renal dysfunction and fibrosis in a mouse model of adenine-induced chronic kidney disease.,
Life Sciences, Vol.321, 121590, 2023.
(DOI: 10.1016/j.lfs.2023.121590,   PubMed: 36940907)
9. Masaki Imanishi, Haizi Cheng, Sivareddy Kotla, Anita Deswal, Nhat-Tu Le, Eduardo Chini, Ae Kyung Ko, K Venkata S Samanthapudi, Ling-Ling Lee, Joerg Herrmann, Xiaolei Xu, Cielito Reyes-Gibby, J Sai-Ching Yeung, L Keri Schadler, Wamique Syed Yusuf, Zhongxing Liao, Roza Nurieva, David El-Ad Amir, K Jared Burks, L Nicolas Palaskas, P John Cooke, H Steven Lin, Michihiro Kobayashi, Momoko Yoshimoto and Jun-Ichi Abe :
Radiation therapy induces immunosenescence mediated by p90RSK.,
Frontiers in Cardiovascular Medicine, Vol.9, 2022.
(DOI: 10.3389/fcvm.2022.988713,   PubMed: 36426217)
10. Yin Wang, Jun-Ichi Abe, M Khanh Chau, Yongxing Wang, Thi Hang Vu, Loka Velatooru Reddy, Fahad Gulraiz, Masaki Imanishi, K Venkata S Samanthapudi, H Minh T Nguyen, Ae Kyung Ko, Ling-Ling Lee, N Tamlyn Thomas, A Elizabeth Olmsted-Davis, Sivareddy Kotla, Keigi Fujiwara, P John Cooke, Di Zhao, E Scott Evans and Nhat-Tu Le :
MAGI1 inhibits interferon signaling to promote influenza A infection.,
Frontiers in Cardiovascular Medicine, Vol.9, 2022.
(DOI: 10.3389/fcvm.2022.791143,   PubMed: 36082118)
11. Yasumasa Ikeda, Masafumi Funamoto, Seiji Kishi, Masaki Imanishi, Ken-ichi Aihara, Yoshiki Kashiwada and Koichiro Tsuchiya :
The novel preventive effect of a Japanese ethical Kampo extract formulation TJ-90 (Seihaito) against cisplatin-induced nephrotoxicity,
Phytomedicine, Vol.103, No.8, 154213, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 117134,   DOI: 10.1016/j.phymed.2022.154213)
12. Loka Reddy Velatooru, Rei J. Abe, Masaki Imanishi, Young Jin Gi, Kyung Ae Ko, Kyung-Sun Heo, Keigi Fujiwara, Nhat-Tu Le and Sivareddy Kotla :
Disturbed flow-induced FAK K152 SUMOylation initiates the formation of pro-inflammation positive feedback loop by inducing reactive oxygen species production in endothelial cells.,
Free Radical Biology and Medicine, Vol.177, 404-418, 2021.
(DOI: 10.1016/j.freeradbiomed.2021.09.023,   PubMed: 34619327)
13. Sivareddy Kotla, Aijun Zhang, Masaki Imanishi, Kyung Ae Ko, Steven H. Lin, Young Jin Gi, Margie Moczygemba, Sevinj Isgandarova, Keri L. Schadler, Caroline Chung, Sarah A. Milgrom, Jose Banchs, Syed Wamique Yusuf, Diana N. Amaya, Huifang Guo, Tamlyn N. Thomas, Ying H. Shen, Anita Deswal, Joerg Herrmann, Eugenie S. Kleinerman, Mark L. Entman, John P. Cooke, Giovanni Schifitto, Sanjay B. Maggirwar, Elena McBeath, Anisha A. Gupte, Sunil Krishnan, Zarana S. Patel, Yisang Yoon, Jared K. Burks, Keigi Fujiwara, Paul S. Brookes, Nhat-Tu Le, Dale J. Hamilton and Jun-Ichi Abe :
Nucleus-mitochondria positive feedback loop formed by ERK5 S496 phosphorylation-mediated poly (ADP-ribose) polymerase activation provokes persistent pro-inflammatory senescent phenotype and accelerates coronary atherosclerosis after chemo-radiation.,
Redox Biology, Vol.47, 102132, 2021.
(DOI: 10.1016/j.redox.2021.102132,   PubMed: 34619528)
14. Shimon Takahashi, Kenshi Takechi, Natsumi Jozukuri, Takahiro Niimura, Masayuki Chuma, Mitsuhiro Goda, Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Hiroaki Yanagawa and Keisuke Ishizawa :
Examination of the antiepileptic effects of valacyclovir using kindling mice- search for novel antiepileptic agents by drug repositioning using a large medical information database.,
European Journal of Pharmacology, Vol.902, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 116301,   DOI: 10.1016/j.ejphar.2021.174099,   PubMed: 33910036)
15. Hirofumi Hamano, Yasumasa Ikeda, Mitsuhiro Goda, Keijo Fukushima, Seiji Kishi, Masayuki Chuma, Michiko Yamashita, Takahiro Niimura, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Yuya Horinouchi, Izawa-Ishizawa Yuki, Licht Miyamoto, Ishizawa Keisuke, Hiromichi Fujino, Toshiaki Tamaki, Ken-ichi Aihara and Koichiro Tsuchiya :
Diphenhydramine may be a preventive medicine against cisplatin-induced kidney toxicity,
Kidney International, Vol.99, No.4, 885-889, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 115399,   DOI: 10.1016/j.kint.2020.10.041,   PubMed: 33307103)
16. J Rei Abe, Hannah Savage, Masaki Imanishi, Priyanka Banerjee, Sivareddy Kotla, Jesus Paez-Mayorga, Jack Taunton, Keigi Fujiwara, Hak Jong Won, Wamique Syed Yusuf, L Nicolas Palaskas, Jose Banchs, H Steven Lin, L Keri Schadler, Jun-Ichi Abe and Nhat-Tu Le :
p90RSK-MAGI1 Module Controls Endothelial Permeability by Post-translational Modifications of MAGI1 and Hippo Pathway.,
Frontiers in Cardiovascular Medicine, Vol.7, 2020.
(DOI: 10.3389/fcvm.2020.542485,   PubMed: 33304925)
17. Yasumasa Ikeda, Hiroaki Watanabe, Tetsuya Shiuchi, Hirofumi Hamano, Yuya Horinouchi, Masaki Imanishi, Mitsuhiro Goda, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Yuki Izawa-Ishizawa, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Ken-ichi Aihara, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Deletion of H-ferritin in macrophages alleviates obesity and diabetes induced by high-fat diet in mice,
Diabetologia, Vol.63, No.8, 1588-1602, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114409,   DOI: 10.1007/s00125-020-05153-0,   PubMed: 32430665,   Elsevier: Scopus)
18. Masaki Imanishi, Yusuke Yamakawa, Keijo Fukushima, Raiki Ikuto, Akiko Maegawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Yuya Horinouchi, Masateru Kondo, Masatoshi Kishuku, Mitsuhiro Goda, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Hiromichi Fujino, Koichi Tsuneyama and Keisuke Ishizawa :
Fibroblast-specific ERK5 deficiency changes tumor vasculature and exacerbates tumor progression in a mouse model.,
Naunyn-Schmiedeberg's Archives of Pharmacology, Vol.393, No.7, 1239-1250, 2020.
(DOI: 10.1007/s00210-020-01859-5,   PubMed: 32307577)
19. Tatsuya Tsuda, Masaki Imanishi, Mizuho Oogoshi, Mitsuhiro Goda, Yoshitaka Kihira, Yuya Horinouchi, Yoshito Zamami, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Ichiro Hashimoto, Toshiaki Tamaki and Yuki Izawa-Ishizawa :
Rho-associated protein kinase and cyclophilin a are involved in inorganic phosphate-induced calcification signaling in vascular smooth muscle cells.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.142, No.3, 109-115, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 115530,   DOI: 10.1016/j.jphs.2019.12.005,   PubMed: 31882204)
20. Hirofumi Hamano, Takahiro Niimura, Yuya Horinouchi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Mitsuhiro Goda, Masaki Imanishi, Masayuki Chuma, Yuki Izawa-Ishizawa, Licht Miyamoto, Keijo Fukushima, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya, Keisuke Ishizawa, Toshiaki Tamaki and Yasumasa Ikeda :
Proton pump inhibitors block iron absorption through direct regulation of hepcidin via the aryl hydrocarbon receptor-mediated pathway,
Toxicology Letters, Vol.318, 86-91, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 113812,   DOI: 10.1016/j.toxlet.2019.10.016,   PubMed: 31669099)
21. Yasumasa Ikeda, Akiho Satoh, Yuya Horinouchi, Hirofumi Hamano, Hiroaki Watanabe, Mizuki Imao, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Yuki Izawa-Ishizawa, Licht Miyamoto, Hirayama Tasuku, Hideko Nagasawa, Keisuke Ishizawa, Ken-ichi Aihara, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Iron accumulation causes impaired myogenesis correlated with MAPK signaling pathway inhibition by oxidative stress,
The FASEB journal, Vol.33, No.8, 9551-9564, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113746,   DOI: 10.1096/fj.201802724RR,   PubMed: 31145863)
22. Sivareddy Kotla, Thi Hang Vu, Ae Kyung Ko, Yin Wang, Masaki Imanishi, Kyung-Sun Heo, Yuka Fujii, N Tamlyn Thomas, Jin Young Gi, Hira Mazhar, Jesus Paez-Mayorga, Ji-Hyun Shin, Yunting Tao, J Carolyn Giancursio, Lm Jan Medina, Jack Taunton, J Aldos Lusis, P John Cooke, Keigi Fujiwara, Nhat-Tu Le and Jun-Ichi Abe :
Endothelial senescence is induced by phosphorylation and nuclear export of telomeric repeat binding factor 2-interacting protein.,
JCI Insight, Vol.4, No.9, 2019.
(DOI: 10.1172/jci.insight.124867,   PubMed: 31045573)
23. Jun-Ichi Abe, Ae Kyung Ko, Sivareddy Kotla, Yin Wang, Jesus Paez-Mayorga, Jae Ik Shin, Masaki Imanishi, Thi Hang Vu, Yunting Tao, M Miguel Leiva-Juarez, N Tamlyn Thomas, L Jan Medina, Hak Jong Won, Yuka Fujii, J Carolyn Giancursio, Elena McBeath, Ji-Hyun Shin, Liliana Guzman, J Rei Abe, Jack Taunton, Naoki Mochizuki, William Faubion, P John Cooke, Keigi Fujiwara, E Scott Evans and Nhat-Tu Le :
MAGI1 as a link between endothelial activation and ER stress drives atherosclerosis.,
JCI Insight, Vol.4, No.7, 2019.
(DOI: 10.1172/jci.insight.125570,   PubMed: 30944250)
24. Hirofumi Hamano, Marin Mitsui, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Takahiro Nimura, Naoto Okada, Keijo Fukushima, Masaki Imanishi, Masayuki Chuma, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasushi Kirino, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Hiroaki Yanagawa, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Irinotecan-induced neutropenia is reduced by oral alkalization drugs: analysis using retrospective chart reviews and the spontaneous reporting database.,
Supportive Care in Cancer, Vol.27, No.3, 849-856, 2019.
(DOI: 10.1007/s00520-018-4367-y,   PubMed: 30062585)
25. Masateru Kondo, Masaki Imanishi, Keijo Fukushima, Raiki Ikuto, Yoichi Murai, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Mitsuhiro Goda, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya and Keisuke Ishizawa :
Xanthine Oxidase Inhibition by Febuxostat in Macrophages Suppresses Angiotensin II-induced Aortic Fibrosis.,
American Journal of Hypertension, Vol.32, No.3, 249-256, 2019.
(DOI: 10.1093/ajh/hpy157,   PubMed: 30351343)
26. Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Toya Hiroki, Nagao Tomoko, Marin Morishita, Koichi Tsuneyama, Yuya Horinouchi, Yoshitaka Kihira, Kenshi Takechi, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Masanori Yoshizumi, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Development of a novel aortic dissection mouse model and evaluation of drug efficacy using in-vivo assays and database analyses.,
Journal of Hypertension, Vol.37, No.1, 73-83, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113264,   DOI: 10.1097/HJH.0000000000001898,   PubMed: 30303488)
27. Ken Konaka, Takumi Sakurada, Tatsuhiko Saito, Sachiko Mori, Masaki Imanishi, Soji Kakiuchi, Shuji Fushitani and Keisuke Ishizawa :
Study on the Optimal Dose of Irinotecan for Patients with Heterozygous Uridine Diphosphate-Glucuronosyltransferase 1A1 (UGT1A1).,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.42, No.11, 1839-1845, 2019.
(DOI: 10.1248/bpb.b19-00357,   PubMed: 31685767)
28. Naoto Okada, Takahiro Niimura, Yoshito Zamami, Hirofumi Hamano, Shunsuke Ishida, Mitsuhiro Goda, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Masaki Imanishi and Keisuke Ishizawa :
Pharmacovigilance evaluation of the relationship between impaired glucose metabolism and BCR-ABL inhibitor use by using an adverse drug event reporting database.,
Cancer Medicine, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 115037,   DOI: 10.1002/cam4.1920,   PubMed: 30561126)
29. Naoto Okada, Hitoshi Kawazoe, Kenshi Takechi, Yoshihiro Matsudate, Ryo Utsunomiya, Yoshito Zamami, Mitsuhiro Goda, Masaki Imanishi, Masayuki Chuma, Noriaki Hidaka, Koji Sayama, Yoshiaki Kubo, Akihiro Tanaka and Keisuke Ishizawa :
Association Between Immune-Related Adverse Events and Clinical Efficacy in Patients with Melanoma Treated With Nivolumab: A Multicenter Retrospective Study.,
Clinical Therapeutics, Vol.41, No.1, 59-67, 2018.
(DOI: 10.1016/j.clinthera.2018.11.004,   PubMed: 30528047,   Elsevier: Scopus)
30. Yoshito Zamami, Y Kouno, T Niimura, Masayuki Chuma, T Imai, M Mitsui, T Koyama, M Kayano, Naoto Okada, H Hamano, Mitsuhiro Goda, Masaki Imanishi, Kenshi Takechi, Yuya Horinouchi, Y Kondo, Hiroaki Yanagawa, Y Kitamura, T Sendo, Y Ujike and Keisuke Ishizawa :
Relationship between the administration of nicardipine hydrochloride and the development of delirium in patients on mechanical ventilation.,
Die Pharmazie, Vol.73, No.12, 740-743, 2018.
(DOI: 10.1691/ph.2018.8711,   PubMed: 30522561)
31. Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, T Sakurada, Y Kohara, Yuya Horinouchi, E Sairyo, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Keijo Fukushima, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, M Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Nitrosonifedipine, a Photodegradation Product of Nifedipine, Suppresses Pharmacologically Induced Aortic Aneurysm Formation.,
Pharmacology, Vol.102, No.5-6, 281-286, 2018.
(DOI: 10.1159/000492577,   PubMed: 30253416,   Elsevier: Scopus)
32. Shunsuke Ishida, Kenshi Takechi, Hiroshi Bando, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Masayuki Chuma, Hiroaki Yanagawa, Yasushi Kirino, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka and Keisuke Ishizawa :
Development and pharmacist-mediated use of tools for monitoring atypical antipsychotic-induced side effects related to blood glucose levels.,
Pharmacoepidemiology and Drug Safety, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112203,   DOI: 10.1002/pds.4656,   PubMed: 30221424)
33. Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Keijo Fukushima, Masaki Imanishi, Hirofumi Hamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Licht Miyamoto, Hiromichi Fujino, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Renoprotective effects of a factor Xa inhibitor: fusion of basic research and a database analysis.,
Scientific Reports, Vol.8, No.1, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112445,   DOI: 10.1038/s41598-018-29008-2,   PubMed: 30022146)
34. Hirofumi Hamano, Yasumasa Ikeda, Hiroaki Watanabe, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
The uremic toxin indoxyl sulfate interferes with iron metabolism by regulating hepcidin in chronic kidney disease,
Nephrology, Dialysis, Transplantation, Vol.33, No.4, 586-597, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 110922,   DOI: 10.1093/ndt/gfx252,   PubMed: 28992067)
35. Naoto Okada, Momoyo Azuma, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Yasushi Kirino, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Masahiro Abe and Keisuke Ishizawa :
Potential Usefulness of Early Potassium Supplementation for Preventing Severe Hypokalemia Induced by Liposomal Amphotericin B in Hematologic Patients: A Retrospective Study.,
Clinical Therapeutics, Vol.40, No.2, 252-260, 2018.
(DOI: 10.1016/j.clinthera.2017.12.006,   PubMed: 29305017)
36. Takahiro Niimura, Yoshito Zamami, Toru Imai, Tsuyoshi Ito, Hidenori Sagara, Hichiya Hiroyuki, Satoru Esumi, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Toshihiro Koyama, Manabu Amano, Naomi Kurata, Yoshihisa Kitamura, Hironori Nakura, Toshiaki Sendo and Keisuke Ishizawa :
Administration of Kampo medicine through a tube at an advanced critical care center.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.65, No.1.2, 32-36, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 111388,   DOI: 10.2152/jmi.65.32,   PubMed: 29593190)
37. Takahiro Niimura, Yoshito Zamami, Toru Imai, Kanako Nagao, Masafumi Kayano, Hidenori Sagara, Mitsuhiro Goda, Naoto Okada, Masayuki Chuma, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Toshihiro Koyama, Tadashi Koga, Hironori Nakura, Toshiaki Sendo and Keisuke Ishizawa :
Evaluation of the Benefits of De-Escalation for Patients with Sepsis in the Emergency Intensive Care Unit.,
Journal of Pharmacy & Pharmaceutical Sciences, Vol.21, No.1, 54-59, 2018.
(DOI: 10.18433/jpps29737,   PubMed: 29455711,   Elsevier: Scopus)
38. Takahiro Niimura, Yoshito Zamami, Toshihiro Koyama, Yuki Izawa-Ishizawa, Masashi Miyake, Tadashi Koga, Keisaku Harada, Ayako Ohshima, Toru Imai, Yutaka Kondo, Masaki Imanishi, Kenshi Takechi, Keijo Fukushima, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki, Shiro Hinotsu, R Mitsunobu Kano and Keisuke Ishizawa :
Hydrocortisone administration was associated with improved survival in Japanese patients with cardiac arrest.,
Scientific Reports, Vol.7, No.1, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112397,   DOI: 10.1038/s41598-017-17686-3,   PubMed: 29263333)
39. Nishimura Yoshiro, Ueki Masaaki, Masaki Imanishi, Shuhei Tomita, Ueno Masaki, Morishita Jun and Nishiyama Takashi :
Reoxygenation With 100% Oxygen Following Hypoxia in Mice Causes Apoptosis,
Shock, Vol.48, No.5, 590-594, 2017.
(DOI: 10.1097/SHK.0000000000000891,   PubMed: 28472013,   Elsevier: Scopus)
40. Yasumasa Ikeda, Yuya Horinouchi, Hamano Hirofumi, Hirayama Tasuku, Seiji Kishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Ken-ichi Aihara, Hideko Nagasawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Dietary iron restriction alleviates renal tubulointerstitial injury induced by protein overload in mice,
Scientific Reports, Vol.7, No.1, 10621, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112368,   DOI: 10.1038/s41598-017-11089-0,   PubMed: 28878231)
41. Ken Konaka, Kota Moriyama, Takumi Sakurada, Naoto Okada, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kazuyoshi Kawazoe, Shuji Fushitani and Keisuke Ishizawa :
Kamishoyosan and Shakuyakukanzoto promote recovery from paclitaxel-induced neurite retraction in PC12 cells,
Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences, Vol.3, 20, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 114522,   DOI: 10.1186/s40780-017-0090-y,   PubMed: 28748102)
42. Koyama Satoshi, Matsunaga Shinji, Masaki Imanishi, Yoichi Maekawa, Kitano Hiroya, Takeuchi Hiromi and Shuhei Tomita :
Tumour blood vessel normalisation by prolyl hydroxylase inhibitor repaired sensitivity to chemotherapy in a tumour mouse model,
Scientific Reports, Vol.7, 45621, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112382,   DOI: 10.1038/srep45621,   PubMed: 28361934,   Elsevier: Scopus)
43. Kenshi Takechi, Yurika Yoshioka, Hitoshi Kawazoe, Mamoru Tanaka, Shingo Takatori, Miwako Kobayashi, Ichiro Matsuoka, Hiroaki Yanagawa, Yoshito Zamami, Masaki Imanishi, Keisuke Ishizawa, Akihiro Tanaka and Hiroaki Araki :
Psychiatric patients with antipsychotic drug-induced hyperprolactinemia and menstruation disorders,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.40, No.10, 1775-1778, 2017.
(DOI: 10.1248/bpb.b17-00053,   PubMed: 28966250,   Elsevier: Scopus)
44. Yoshito Zamami, Toru Imai, Masaki Imanishi, Kenshi Takechi, Naoko Shiraishi, Toshihiro Koyama, Hidenori Sagara, Yasukazu Shiino, Toshiaki Sendo and Keisuke Ishizawa :
Evaluation of pharmaceutical lifesaving skills training oriented pharmaceutical intervention.,
Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences, Vol.2, No.1, 21, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 114521,   DOI: 10.1186/s40780-016-0054-7,   PubMed: 27606071)
45. Masaki Imanishi, Chiba Yoichi, Tomita Noriko, Matsunaga Shinji, Nakagawa Toshitaka, Ueno Masaki, Yamamoto Kazuhiro, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
Hypoxia-Inducible Factor-1α in Smooth Muscle Cells Protects Against Aortic Aneurysms-Brief Report.,
Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology, Vol.36, No.11, 2158-2162, 2016.
(DOI: 10.1161/ATVBAHA.116.307784,   PubMed: 27562915,   Elsevier: Scopus)
46. Masaki Imanishi, Shuhei Tomita, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Masaki Ueno, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Smooth muscle cell specific Hif-1 deficiency suppresses angiotensin II-induced vascular remodeling in mice,
Cardiovascular Research, Vol.102, No.3, 460-468, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 106145,   DOI: 10.1093/cvr/cvu061,   PubMed: 24623277,   Elsevier: Scopus)
47. Yuko Imamura, Shuhei Tomita, Masaki Imanishi, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
HIF-2α/ARNT complex regulates hair development via induction of p21Waf1/Cip1 and p27Kip1,
The FASEB journal, Vol.28, No.6, 2517-2524, 2014.
(DOI: 10.1096/fj.13-244079,   PubMed: 24599965,   Elsevier: Scopus)
48. Atsushi Morimoto, Shuhei Tomita, Masaki Imanishi, Go Shioi, Yoshitaka Kihira, Yuki Izawa-Ishizawa, Mitsuru Takaku, Ichiro Hashimoto, Yasumasa Ikeda, Hideki Nakanishi and Toshiaki Tamaki :
Overexpressed HIF-2α in Endothelial Cells Promotes Vascularization and Improves Random Pattern Skin Flap Survival.,
Plastic and Reconstructive Surgery. Global Open, Vol.2, No.4, e132, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 106138,   DOI: 10.1097/GOX.0000000000000083,   PubMed: 25289325,   Elsevier: Scopus)
49. Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Noriko Yamano, Maki Urushihara, Takumi Sakurada, Masaki Imanishi, Shoko Fujii, Asami Nuno, Licht Miyamoto, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shoji Kagami, Hiroyuki Kobori, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitrosonifedipine ameliorates the progression of type 2 diabetic nephropathy by exerting antioxidative effects,
PLoS ONE, Vol.9, No.1, e86335, 2014.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0086335,   PubMed: 24489716,   Elsevier: Scopus)
50. Takumi Sakurada, Keisuke Ishizawa, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Shoko Fujii, Erika Tominaga, Teppei Tsuneishi, Yuya Horinouchi, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Ken-ichi Aihara, Kazuo Minakuchi, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitrosonifedipine ameliorates angiotensin II-induced vascular remodeling via antioxidative effects,
Naunyn-Schmiedeberg's Archives of Pharmacology, Vol.386, No.1, 29-39, 2013.
(DOI: 10.1007/s00210-012-0810-7,   PubMed: 23149861,   Elsevier: Scopus)
51. Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Takumi Sakurada, Masaki Imanishi, Licht Miyamoto, Shoko Fujii, Hironori Taira, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuichi Hamano, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Angiotensin II receptor blocker improves tumor necrosis factor-α-induced cytotoxicity via antioxidative effect in human glomerular endothelial cells,
Pharmacology, Vol.90, No.5-6, 324-331, 2012.
(DOI: 10.1159/000343244,   PubMed: 23052181,   Elsevier: Scopus)
52. Shuhei Tomita, Yoshitaka Kihira, Masaki Imanishi, Yayoi Fukuhara, Yuko Imamura, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Pathophysiological Response to Hypoxia From the Molecular Mechanisms of Malady to Drug Discovery: Inflammatory Responses of Hypoxia-Inducible Factor 1 (HIF-1) in T Cells Observed in Development of Vascular Remodeling,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.115, No.4, 433-439, 2011.
(DOI: 10.1254/jphs.10R22FM,   PubMed: 21422726,   Elsevier: Scopus)

総説・解説:

1. Masafumi Funamoto, Masaki Imanishi, Koichiro Tsuchiya and Yasumasa Ikeda :
Roles of histone acetylation sites in cardiac hypertrophy and heart failure.,
Frontiers in Cardiovascular Medicine, Vol.10, Mar. 2023.
(DOI: 10.3389/fcvm.2023.1133611,   PubMed: 37008337)
2. Yoshito Zamami, Masaki Imanishi, Kenshi Takechi and Keisuke Ishizawa :
Pharmacological approach for drug repositioning against cardiorenal diseases.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.64, No.3.4, 197-201, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111115,   DOI: 10.2152/jmi.64.197,   PubMed: 28954981)
3. 今西 正樹, 冨田 修平 :
血管リモデリング形成における低酸素誘導因子の機能解析,
血管, Vol.39, No.4, 127-132, 2017年.
4. 座間味 義人, 新村 貴博, 武智 研志, 今西 正樹, T Koyama, 石澤 啓介 :
Drug repositioning research to improve the survival rate after cardiopulmonary arrest - utilizing large scale Medical Claims Database -,
薬学雑誌, Vol.137, No.12, 1439-1442, 2017年.
(DOI: 10.1248/yakushi.17-00139-3,   PubMed: 29199254,   Elsevier: Scopus)
5. 今西 正樹 :
間葉内皮転換が心臓の血管新生に関与する,
ファルマシア, Vol.51, No.7, 2015年.
6. 今西 正樹, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 石澤 有紀, 山野 範子, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
酸化ストレス制御を基盤とする新規心腎血管障害治療薬の開発,
薬学雑誌, Vol.134, No.6, 715-719, 2014年6月.
(DOI: 10.1248/yakushi.13-00255-4,   PubMed: 24882646)
7. 櫻田 巧, 石澤 啓介, 今西 正樹, 藤井 聖子, 谷口 順平, 石澤 有紀, 宮本 理人, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 水口 和生, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Nitrosonifedipineはangiotensin IIによるマウス血管リモデリングを抑制する,
腎とフリーラジカル, Vol.11, 78-81, 2013年1月.
8. 冨田 修平, 今西 正樹, 櫻田 巧, 山野 範子, 木平 孝高, 池田 康将, 玉置 俊晃 :
生体の低酸素応答と病態 -血管リモデリングにおける転写因子HIFの関与-,
四国医学雑誌, Vol.67, No.1, 2, 3-6, 2011年4月.
(徳島大学機関リポジトリ: 110344,   CiNii: 1050564287418524160)

国際会議:

1. Muramatsu Amiho, Masafumi Funamoto, Ueno Miyako, Masaki Imanishi, Yasumasa Ikeda and Koichiro Tsuchiya :
Kampo medicine, orengedokuto, suppresses Doxorubicin-induced cardiotoxicity,
28th International Society of Cardiovascular Pharmacotherapy Annual Scientific Meeting, Nov. 2023.
2. Nguyen TH Minh, Masaki Imanishi, Li Shengyu, Ko Ae Kyung, Banerjee Priyanka, Velatooru reddy Loka, McBeath Elena, Fujiwara Keigi, Kotla Sivareddy, Chau Khanh, Abe J. Rei, Borchrdt K. Mae, Yeh T.H. Edward, Cooke P. John, Wang Guangyu, Abe Jun-ichi and Le Nhat-Tu :
Checkpoint Kinase 1-associated SENP2 S344 phosphorylation under laminar flow attenuates Endothelial-Mesenchymal Transition and atherogenesis,
AHA Scientific Sessions 2022, Nov. 2022.
3. Li Shengyu, Kotla Sivareddy, Masaki Imanishi, Ko Ae Kyung, Samanthapudi K Venkatasubrahman, Savage Hannah, Schadler L. Keri, Deswal Anita, Lin H. Steven, Reyes-Gibby Cielito, Yeung J. Sai-ching, Pownall J. Henry, Fujiwara Keigi, Le Nhat-Tu, Wang Guangyu and Abe Jun-ichi :
Differentially expressed genes mediated by ERK5 S496 phosphorylation in hypercholesterolemia-induced macrophage reprogramming,
VASCULAR DISCOVERY: From Genes to Medicine Scientific Sessions 2022, May 2022.
4. Kotla Sivareddy, Masaki Imanishi, Zhang Aijun, Ko Ae Kyung, Samanthapudi K Venkatasubrahman, Savage Hannah, Schadler L. Keri, Abe J. Rei, Gupte A. Anisha, Deswal Anita, Lin H. Steven, Reyes-Gibby Cielito, Yeung J. Sai-ching, Pownall J. Henry, Fujiwara Keigi, Hamilton J. Dale, Li Shengyu, Wang Guangyu, Le Nhat-Tu and Abe Jun-ichi :
ERK5 S496 phosphorylation, but not ERK5 kinase or transcriptional activity, is responsible for promoting macrophage inflammation and mitochondrial dysfunction via upregulating novel site of NRF2 K518 SUMOylation,
VASCULAR DISCOVERY: From Genes to Medicine Scientific Sessions 2022, May 2022.
5. Masaki Imanishi, Cheng Haizi, Kotla Sivareddy, Lin H. Steven, Deswal Anita, Ko Ae Kyung, Samanthapudi K Venkatasubrahman, Le Nhat-Tu, Fujiwara Keigi, Liao Zhongxing, Palaskas L. Nicolas, Yusuf Wamique Syed, Nurieva Roza, Reyes-Gibby Cielito, Yeung J. Sai-ching, Gomez-Cabrero Azucena, Amir David El-ad, Burks K. Jared, Kobayashi Michihiro, Yoshimoto Momoko and Abe Jun-ichi :
Multiparameter mass cytometry reveals the unique response of naïve B cell CD27 subset with the increase of T-bet and CD38 expression after radiation therapy in thoracic cancer patients,
VASCULAR DISCOVERY: From Genes to Medicine Scientific Sessions 2022, May 2022.
6. Ko ae Kyung, Abe Jun-ichi, Kotla Sivareddy, GI JIN YOUNG, Masaki Imanishi and Fujiwara Keigi :
Novel Model Of Ionizing Radiation-induced Mouse Coronary Arteriosclerosis, Which Was Attenuated By Precise Time Treatment Of Poly (adp-ribose) Polymerase (parp) Inhibitor,
VASCULAR DISCOVERY: From Genes to Medicine Scientific Sessions 2021, Sep. 2021.
7. Masaki Imanishi, Velatooru Loka, Ko ae Kyung, Heo Kyung-Sun, Thomas Tamlyn, GI JIN YOUNG, Fujiwara Keigi, Le T Nhat, Kotla Sivareddy and Abe Junichi :
The Roles Of Telomeric Repeat Binding Factor 2-interacting Protein (TERF2IP) K240 Sumoylation In Endothelial Cells On Atherogenesis,
VASCULAR DISCOVERY: From Genes to Medicine Scientific Sessions 2021, Sep. 2021.
8. Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Keijo Fukushima, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Hiromichi Fujino, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Utilizing Real-World Big Data in the Search for New Renoprotective Drugs,
Joint Hypertension 2018 Scientific Sessions, Sep. 2018.
9. Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Takahiro Niimura, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Masayuki Chuma, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Keisuke Ishizawa :
Drug repositioning for post cardiopulmonary resuscitation syndrome using large-scale medical claims,
FIP2018, グラスゴー, Sep. 2018.
10. Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Keijo Fukushima, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Hiromichi Fujino, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Renoprotective effects of edoxaban, a factor Xa inhibitor,
18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology, Jul. 2018.
11. Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, kotoko suzuki, Yuya Horinouchi, Kenshi Takechi, Yoshito Zamami, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki, Keisuke Ishizawa and Yasumasa Ikeda :
The effect of quercetin on aortic aneurysms in mice,
WCP2018, Jul. 2018.
12. 濱野 裕章, Yasumasa Ikeda, Yuya Horinouchi, Yoshito Zamami, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Licht Miyamoto, Koichiro Tsuchiya, Keisuke Ishizawa and Toshiaki Tamaki :
Proton Pump Inhibitor Involves Abnormality of Iron Metabolism through Hepcidin Regulation,
18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology, Jul. 2018.
13. Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Keijo Fukushima, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Search for drugs that attenuate the anti tumor effect of bevacizumab using adverse event database,
18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology, Jul. 2018.
14. Ishida Shunsuke, Bando Hiroshi, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Krino Yashishi, Nakamura Toshimi, Teraoka Kazuhiko and Keisuke Ishizawa :
Development and clinical application of management tool to monitor side effects for atypical antipsychotics,
ASHPMidyear2017Clinical Meeting&Exhibition, フロリダ, Dec. 2017.
15. Kenshi Takechi, Yoshito Zamami, Masaki Imanishi, Hiroaki Yanagawa and Keisuke Ishizawa :
Psychiatric patients with antipsychotic drug-induced hyperprolactinemia and menstruation disorders,
ASHPMidyear2017Clinical Meeting&Exhibition, フロリダ, Dec. 2017.
16. Yoshito Zamami, Takahiro Niimura, Yuki Izawa-Ishizawa, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Krino Yashishi, Nakamura Toshimi, Teraoka Kazuhiko and Keisuke Ishizawa :
Drug repositioning research aimed at improving the survival rate of patients with cardiopulmonary arrest using large-scale medical claims database,
ASHPMidyear2017Clinical Meeting&Exhibition, Dec. 2017.
17. Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Hirofumi Hamano, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
The effect of iron on skeletal muscle atrophy in chronic kidney disease.,
Free Radical Biology and Medicine, Vol.112, No.1, 204-205, Dec. 2017.
(DOI: 10.1016/j.freeradbiomed.2017.10.323)
18. hirofumi Hamano, Yasumasa Ikeda, Hiroaki Watanabe, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Indoxyl Sulfate Disturbs Normal Iron Metabolism via Hepcidin Upregulation in Chronic Kidney Disease,
ASN Kidney Week 2017 Annual Meeting, Nov. 2017.
19. Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Direct activated factor X inhibitor attenuates renal fibrosis on unilateral ureteral obstruction-induced nephrotoxicity.,
53rd Congress of the European Societies of Toxicology (eurotox2017), Sep. 2017.
20. Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
FACTOR XA INHIBITOR ATTENUATES RENAL INTERSTITIAL FIBROSIS IN MICE WITH UNILATERAL URETERAL OBSTRUCTION,
THE 13TH CONGRESS OF THE EUROPEAN ASSOCIATION FOR CLINICAL PHARMACOLOGY AND THERAPEUTICS(EACPT2017), Jun. 2017.
21. Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, 田淵 正樹, Masaki Imanishi, Mai Takata, Eriko Sairyo, Yoshito Zamami, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
NITROSONIFEDIPINE, A NOVEL ANTIOXIDANT, AMELIORATES NEUROLOGICALSYMPTOMS AND PROLONGS THE SURVIVAL IN A MALIGNANT STROKE-PRONE SPONTANEOUSLY HYPERTENSIVE RATS,
27th European Meeting on Hypertension and Cardiovascular Protection, Jun. 2017.
22. Masaki Imanishi, Kyohei Tanaka, Raiki Ikutoh, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
THE EFFECTS OF FEBUXOSTAT ON ANGIOTENSIN II-INDUCED VASCULAR REMODELING,
27th European Meeting on Hypertension and Cardiovascular Protection, Jun. 2017.
23. Yoshito Zamami, Mitsui Marin, Moriguchi Hiroshi, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Kawasaki Hiromu, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Search for a preventative therapy for Bevacizumab-induced hypertension using the drug repositioning approach,
7th Scientific Meeting of Asian Society for Vascular Biology, Oct. 2016.
24. Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yuya Horinouchi, Kenshi Takechi, Yoshito Zamami, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
The effects of pitavastatin, a lipid-lowering agent, against aortic dissection model mice induced by L-NAME, a nitric oxide synthase inhibitor.,
The 9th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide/16th Annual Scientific Meeting of the Nitric Oxide Society of Japan., May 2016.
25. 今西 正樹, 井口 道代, 冨田 紀子, Tsounapi Panagiota, 松永 慎司, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
平滑筋由来HIF-1αは薬剤誘導性大動脈瘤形成に対して保護的に作用する,
第1回国際心血管薬物療法学会日本部会, 2015年.
26. Yusaku Maeda, Shuhei Tomita, Masaki Murakami, Hirotsugu Kurobe, Masaki Imanishi, Yasushi Yoshida, Yoichiro Hirata, Yoshitaka Kihira, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Tetsuya Kitagawa, Masataka Sata and Toshiaki Tamaki :
Deficiency of Hypoxia Inducible Factor-1 in SM-22-Expressing Bone Marrow-Derived Cells Alleviates Neointimal Formation Following Wire-induced Vascular Formation,
AHA SCIENTIFIC SESSIONS 2012, 2012.
27. Masaki Imanishi, Shuhei Tomita, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Hypoxia-inducible Factor-1 in Vascular Smooth Muscle Cells Regulates Angiotensin -induced Vascular Remodeling and AT1 Receptor Expression in Mouse Aortic Media,
AHA SCIENTIFIC SESSIONS 2012, 2012.
28. Fujii Shoko, Keisuke Ishizawa, Takumi Sakurada, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Asami Nuno, Yuta Suzuki, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitrosonifedipine, a Photodegradation Product of Nifedipine, Prevents the Progression of Diabetic Nephropathy in Type II Diabetic Mice,
HIGH BLOOD PRESSURE RESEARCH 2012 SCIENTIFIC SESSIONS, 2012.
29. Masaki Imanishi, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
Hypoxia-inducible factor-1 deficiency in smooth muscle cell attenuates angiotensin II-induced vascular remodeling in mice,
The International Society on Oxygen Transport to Tissue 2012, 2012.
30. Shuhei Tomita, Masaki Imanishi, Yoshitaka Kihira, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Angiotensin II-induced vascular remodeling is mediated by hypoxia-inducible factor-1 signaling pathway in vascular smooth muscle cells,
The 33rd Naito Conference, 2012.
31. Takumi Sakurada, Keisuke Ishizawa, Shoko Fujii, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Asami Nuno, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Effects of nitrosonifedipine, a photodegradation product of nifedipine, on diabetic nephropathy in type II diabetic mice,
Experimental Biology 2012, 2012.
32. Masaki Imanishi :
The effects of angiotensin II on free radical generation in vascular smooth muscle cells: Immuno-spin-trapping investigation,
20th JSPS Core-to-Core Seminar: International Redox Core Symposium, 2012.
33. Masaki Imanishi, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
Smooth Muscle Cell-specific Hypoxia-inducible Factor-1a Deficiency Attenuates Angiotensin II-induced Vascular Remodeling In Mice,
AHA SCIENTIFIC SESSIONS 2011, 2011.
34. Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Sakurada Takumi, Masaki Imanishi, Fujii Shoko, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Angiotensin II-induced Vascular Remodeling Is Improved By Nitrosonifedipine, A Possible New Class Drug,
HIGH BLOOD PRESSURE RESEARCH 2011 SCIENTIFIC SESSIONS, 2011.
35. Masaki Imanishi, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
Hypoxia-inducible Factor-1 Deficiency In Smooth Muscle Cells Suppresses Angiotensin II-induced Vascular Remodeling In Mice,
HIGH BLOOD PRESSURE RESEARCH 2011 SCIENTIFIC SESSIONS, 2011.
36. Keisuke Ishizawa, Takumi Sakurada, Masaki Imanishi, Shoko Fujii, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitorosonifedipine is a new class drug to improve angiotensin II-induced vascular remodeling,
ESC Congress 2011, 2011.
37. Masaki Imanishi, Soichiro Tajima, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Shuhei Tomita, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
INCREMENT INTRACELLULAR LABILE IRON ENHANCES ANGIOTENSIN II-INDUCED INTRACELLULAR ADHESION MOLECULE-1 (ICAM-1) EXPRESSION IN HUMAN GLOMERULAR ENDOTHELIAL CELLS,
World Congress of Nephrology 2011, 2011.
38. Keisuke Ishizawa, Masaki Imanishi, Yuya Horinouchi, Yayoi Fukuhara, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitroso-nifedipine is a new class drug to protect endothelial function for overcoming organ damage,
International Society of Hypertension 2010, Vancouver, Sep. 2010.
39. Yayoi Fukuhara, Shuhei Tomita, Yuko Imamura, Yuya Horinouchi, Masaki Imanishi, Takumi Sakurada, Tetsuya Kitagawa and Toshiaki Tamaki :
Role of HIF-1b in endothelial cells in monocrotaline-induced pulmonary hypertension in mice,
16th World Congress on Basic and Clinical Pharmacology, Jul. 2010.
40. Junko Sugatani, Makoto Osabe, Satoshi Sadamitsu, Masaki Imanishi, Yasuhiro Yamazaki, Akira Ikari and Masao Miwa :
Comparison of enzymatically synthesized inulin, clofibrate and fluvastatin effects on biomarkers of metabolic disease and drug metabolism in rats fed standard and cafeteria diets,
1st International conference on health and longevity sciences, Yaku-shoku Dogen, Medicine and food, sharing a common origin, University of Shizuoka, Shizuoka, 2008.

国内講演発表:

1. 広瀬 駿次, 船本 雅文, 安田 英紀, 今西 正樹, 池田 康将, 土屋 浩一郎 :
糖尿病合併心不全に対する漢方薬五苓散の抑制効果,
第144回日本薬理学会近畿部会, 2024年3月.
2. 池田 康将, 船本 雅文, 安田 英紀, 今西 正樹, 土屋 浩一郎 :
低重力下における消化管と骨髄における鉄動態の検討,
第144回日本薬理学会近畿部会, 2024年3月.
3. 船本 雅文, 村松 明美穂, 今西 正樹, 土屋 浩一郎, 池田 康将 :
ドキソルビシン誘導性心毒性を抑制する漢方薬と作用機序の解明,
第53回日本心脈管作動物質学会, 2024年2月.
4. 今西 正樹, 井上 貴久, 福島 圭穣, 五味 義輝, 檜垣 良也, 野島 雅孝, 近藤 宏祐, 澤村 貴哉, 山下 竜介, 中山 涼, 常松 保乃加, 後藤 廣平, 宮本 理人, 船本 雅文, 藤野 裕道, 池田 康将, 土屋 浩一郎 :
TCGAがんゲノムビッグデータによる膵がん悪性化因子の網羅的探索と腫瘍血管新生の寄与についての検討,
第53回日本心脈管作動物質学会年会, 2024年2月.
5. 船本 雅文, 村松 明美穂, 今西 正樹, 土屋 浩一郎, 池田 康将 :
ドキソルビシン心毒性を抑制する簡保薬と作用機序の解明,
第33回日本循環薬理学会, 2024年1月.
6. 宮本 理人, 土橋 有希, 阿部 真治, 和泉 俊尋, 秦野 彩, 今西 正樹, 池田 康将, 土屋 浩一郎 :
新規水溶性カンプトテシン誘導体,SN38-BGLによる,ヒト肺がん細胞移植モデルマウスにおける抗腫瘍効果と副作用の解析,
第97回日本薬理学会年会(神戸), 2023年12月.
7. 池田 康将, 末永 あおい, 瀬戸 靖幸, 船本 雅文, 今西 正樹, 土屋 浩一郎 :
慢性腎臓病に対する漢方薬五苓散の効果の検討,
第97回日本薬理学会年会(神戸), 2023年12月.
8. 船本 雅文, 村松 明美穂, 上野 実弥子, 今西 正樹, 土屋 浩一郎, 池田 康将 :
漢方薬のドキソルビシン心毒性に対する効果の検討,
第97回日本薬理学会年会(神戸)2023年12月16日, 2023年12月.
9. 廣瀬 駿次, 船本 雅文, 村松 明美穂, 上野 実弥子, 今西 正樹, 池田 康将, 土屋 浩一郎 :
糖尿病性心筋症におけるエピジェネティック制御機構,
第97回日本薬理学会年会(神戸), 2023年12月.
10. 常松 保乃加, 今西 正樹, 植村 宥香, 檜垣 良也, 福島 圭穣, 森崎 実友, 桂 明里, 宮本 理人, 船本 雅文, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 常山 幸一, 土屋 浩一郎 :
藍含有成分はendothelin-1発現を制御して肺動脈血管リモデリングを形成させる,
次世代を担う若手のための創薬・医療薬理シンポジウム2023, 2023年8月.
11. 澤村 貴哉, 今西 正樹, 福島 圭穣, 山下 竜介, 近藤 宏祐, 中山 涼, 五味 義輝, 常松 保乃加, 井上 貴久, 後藤 廣平, 宮本 理人, 船本 雅文, 藤野 裕道, 池田 康将, 土屋 浩一郎 :
PARP阻害剤は低酸素環境下において生じる5-FU治療効果の減弱を回復させる,
生体機能と創薬シンポジウム2023, 2023年8月.
12. 豊田 菜月, 今西 正樹, 井上 貴久, 常松 保乃加, 後藤 廣平, 宮本 理人, 船本 雅文, 池田 康将, 土屋 浩一郎 :
亜硝酸塩が有するヒドロキシルラジカル消去活性の検討,
生体機能と創薬シンポジウム2023, 2023年8月.
13. 五味 義輝, 今西 正樹, 井上 貴久, 福島 圭穣, 山下 竜介, 中山 涼, 野島 雅孝, 近藤 宏祐, 澤村 貴哉, 常松 保乃加, 後藤 廣平, 宮本 理人, 船本 雅文, 藤野 裕道, 池田 康将, 土屋 浩一郎 :
TCGAがんゲノムビッグデータとGEOトランスクリプトームデータとの統合解析による膵がん治療標的候補遺伝子の探索,
生体機能と創薬シンポジウム2023, 2023年8月.
14. 村松 明美穂, 船本 雅文, 上野 実弥子, 今西 正樹, 池田 康将, 土屋 浩一郎 :
ドキソルビシン心毒性に対する漢方薬効果の検討,
第7回黒潮カンファレンス(宮崎), 2023年7月.
15. 船本 雅文, 今西 正樹, 土屋 浩一郎, 池田 康将 :
病的心肥大と老化におけるマクロファージ鉄ストレスの役割の検討,
,第7回黒潮カンファレンス(宮崎), 2023年7月.
16. 常松 保乃加, 植村 宥香, 檜垣 良也, 森崎 実友, 桂 明里, 宮本 理人, 堀ノ内 裕也, 常山 幸一, 今西 正樹, 土屋 浩一郎 :
藍含有成分による肺動脈血管リモデリング形成作用の検討,
第143回日本薬理学会近畿部会, 2023年6月.
17. 村松 明美穂, 船本 雅文, 上野 実弥子, 今西 正樹, 池田 康将, 土屋 浩一郎 :
黄連解毒湯を用いたcGAS/STING/IRF3経路を介したドキソルビシン誘導性心毒性に対する検討,
第8回日本心血管協会(JCVA)学術集会(大分) 2023年6月10日, 2023年6月.
18. 船本 雅文, 廣瀬 駿次, 村松 明美穂, 今西 正樹, 土屋 浩一郎, 池田 康将 :
糖尿病性心筋症におけるエピジェネティックな老化制御機構の解明,
第8回日本心血管協会(JCVA)学術集会(大分), 2023年6月.
19. 常松 保乃加, 植村 宥香, 檜垣 良也, 森崎 実友, 桂 明里, 宮本 理人, 常山 幸一, 今西 正樹, 土屋 浩一郎 :
肺動脈性肺高血圧症発症に対する藍葉含有成分の役割,
日本薬学会第143年会, 2023年3月.
20. 近藤 宏祐, 今西 正樹, 山下 竜介, 福島 圭穣, 中山 涼, 常松 保乃加, 井上 貴久, 後藤 廣平, 宮本 理人, 船本 雅文, 藤野 裕道, 池田 康将, 土屋 浩一郎 :
5-FUの膵がん細胞増殖抑制効果に対する低酸素―PARP活性化シグナルの役割,
第262回徳島医学会学術集会(徳島), 2023年2月.
21. 廣瀬 駿次, 船本 雅文, 今西 正樹, 土屋 浩一郎, 池田 康将 :
2型糖尿病による心筋症モデルマウスの検討,
第262回徳島医学会学術集会, 2023年2月.
22. 今西 正樹, 山下 竜介, 福島 圭穣, 近藤 宏祐, 中山 涼, 常松 保乃加, 井上 貴久, 後藤 廣平, 船本 雅文, 藤野 裕道, 池田 康将, 土屋 浩一郎 :
5-FU膵がん細胞増殖抑制効果に対する低酸素-PARPシグナルの役割,
第52回心脈管作動物質学会, 2023年2月.
23. 辻 哲平, 宮本 理人, 中山 涼, 今西 正樹, 土屋 浩一郎 :
身体運動による肝脂質代謝改善効果における交感神経系の関連,
第142回日本薬理学会近畿部会, 2022年11月.
24. 山下 竜介, 今西 正樹, 福島 圭穣, 近藤 宏祐, 中山 涼, 常松 保乃加, 井上 貴久, 後藤 廣平, 船本 雅文, 藤野 裕道, 池田 康将, 土屋 浩一郎 :
低酸素がん微小環境におけるPARP活性化は5-FUによる膵がん細胞増殖抑制効果の減弱に寄与する,
第142回日本薬理学会近畿部会, 2022年11月.
25. 船本 雅文, 今西 正樹, 土屋 浩一郎, 池田 康将 :
ドキソルビシン誘導性心毒性に対するオウゴン成分オウゴニンの効果検討,
第141回日本薬理学会近畿部会, 2022年7月.
26. 山田 佑人, 堀ノ内 裕也, 吉岡 駿, 村嶋 優香, 久禮 匠, 佐々木 尚史, 今西 正樹, 土屋 浩一郎, 四宮 一昭, 池田 康将 :
慢性腎臓病に対するSPPARMαペマフィブラートの腎保護効果,
第141回日本薬理学会近畿部会, 2022年7月.
27. 伊藤 達紀, 船本 雅文, 今西 正樹, 土屋 浩一郎, 池田 康将 :
急性腎障害におけるマクロファージ鉄ストレスの役割の検討,
第141回日本薬理学会近畿部会, 2022年7月.
28. 今西 正樹, Ko Ae Kyung, Le Nhat-Tu, Kotla Sivareddy, Fujiwara Keigi, Amir David El-ad, Burks K. Jared, Abe Jun-ichi :
Multiparameter mass cytometry reveals radiation therapy-induced clonal hematopoiesis driver genes-related profiling subset changes in cancer patient peripheral blood lymphocytes,
第51回心脈管作動物質学会, 2022年7月.
29. 池田 康将, 船本 雅文, 今西 正樹, 土屋 浩一郎 :
漢方薬の新規腎保護作用の検討,
第95回日本薬理学会年会, 2022年3月.
30. Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Niimura Takahiro, Mitsuhiro Goda, Kenta Yagi, Masayuki Chuma, Masaki Imanishi and Keisuke Ishizawa :
New strategy for Cardio-Oncology study; the combination of big data analysis and basic research,
第79回日本癌学会学術集会 シンポジウム8, Oct. 2020.
31. 鈴木 琴子, 石澤 有紀, 合田 光寛, 近藤 正輝, 今西 正樹, 座間味 義人, 堀ノ内 裕也, 武智 研志, 中馬 真幸, 池田 康将, 石澤 啓介 :
ケルセチンによる薬剤誘発性急性大動脈疾患発症抑制効果の検討,
第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2019年11月.
32. 鈴木 琴子, 石澤 有紀, 合田 光寛, 近藤 正輝, 今西 正樹, 座間味 義人, 堀ノ内 裕也, 武智 研志, 中馬 真幸, 池田 康将, 石澤 啓介 :
薬剤誘発性急性大動脈疾患に対するケルセチンの効果,
第135回日本薬理学会近畿部会, 2019年6月.
33. 近藤 正輝, 今西 正樹, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 石澤 有紀, 合田 光寛, 座間味 義人, 武智 研志, 中馬 真幸, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 :
キサンチンオキシダーゼ阻害剤による新規血管線維化抑制機構の検討,
日本薬学会第139年会 大学院生シンポジウムGS03, 2019年3月.
34. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 濱野 裕章, 今西 正樹, 福島 圭穣, 合田 光寛, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎不全関連骨格筋萎縮における鉄代謝異常,
第92回日本薬理学会年会, 2019年3月.
35. 鈴木 琴子, 石澤 有紀, 近藤 正輝, 今西 正樹, 座間味 義人, 堀ノ内 裕也, 武智 研志, 合田 光寛, 中馬 真幸, 池田 康将, 石澤 啓介 :
薬物誘発性大動脈瘤または大動脈解離モデルマウスに対するケルセチンの効果,
第92回日本薬理学会年会, 2019年3月.
36. 新村 貴博, 座間味 義人, 川尻 雄大, 合田 光寛, 岡田 直人, 萱野 純史, 小山 敏広, 今西 正樹, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 小林 大介, 島添 隆雄, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニング手法を用いたオキサリプラチン誘発末梢神経障害の予防薬探索,
第92回日本薬理学会年会 学生セッション, 2019年3月.
37. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 渡邉 大晃, 濱野 裕章, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
マクロファージフェリチン欠損は肥満・糖尿病における脂肪炎症を抑制する,
第48回日本心脈管作動物質学会, 2019年2月.
38. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 齊藤 広海, 今西 正樹, 武智 研志, 中馬 真幸, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 :
大規模医療情報データベースおよび遺伝子発現データベースを活用した薬剤性心筋炎に対する予防薬の探索,
第28回日本医療薬学会年会 シンポジウム, 2018年11月.
39. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 濱野 裕章, 今西 正樹, 石澤 有紀, 座間味 義人, 武智 研志, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
リアルワールドビッグデータを活用した新規腎保護薬の探索,
第28回日本医療薬学会年会, 2018年11月.
40. 座間味 義人, 石澤 有紀, 新村 貴博, 今西 正樹, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
救急・集中治療領域において大規模医療情報データベースを活用したトランスレーショナルリサーチ,
第29回霧島神経薬理フォーラム, 2018年11月.
41. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 濱野 裕章, 今西 正樹, 福島 圭穣, 合田 光寛, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎不全関連サルコペニアにおける鉄の関与,
第134回日本薬理学会近畿部会, 2018年11月.
42. 斉家 和仁, 合田 光寛, 伊勢 諒, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 岡田 直人, 武智 研志, 今西 正樹, 池田 康将, 演野 裕章, 堀ノ内 裕也, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 :
シスプラチン誘発腎障害に対する脂質異常症治療薬の影響,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月.
43. 生藤 来希, 今西 正樹, 山川 祐介, 福島 圭穣, 前川 晃子, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 合田 光寛, 座間味 義人, 武智 研志, 中馬 真幸, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎 :
大腸がん増大におけるがん関連線維芽細胞由来ERKSの役割,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月.
44. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 渡邉 大晃, 濱野 裕章, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 座間味 義人, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
マクロファージ鉄の肥満・糖尿病における役割 第42回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会 2018/9/2 石川県 金沢医科大学病院北辰講堂,
第42回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2018年9月.
45. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 合田 光寛, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を活用した新規心肺蘇生後脳症治療薬の探索,
第29回霧島神経薬理フォーラム, 2018年8月.
46. 石澤 有紀, 鍵本 優有, 今西 正樹, 岩田 悠佑, 鈴木 琴子, 堀ノ内 裕也, 武智 研志, 座間味 義人, 池田 康将, 石澤 啓介, 玉置 俊晃 :
第40回徳島医学会賞受賞講演 動脈硬化性疾患発症に対するケルセチンの効果,
第257回 徳島医学会学術集会(平成30年度夏季), 2018年8月.
47. 座間味 義人, 新村 貴博, 石澤 有紀, 武智 研志, 今西 正樹, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 :
医療情報データベースを活用した抗がん剤誘発副作用に対する予防薬の探索研究,
第21回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2018年7月.
48. 今西 正樹, 近藤 正輝, 山川 裕介, 生藤 来希, 村井 陽一, 座間味 義人, 武智 研志, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 福島 圭穣, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 :
Angiotensin II誘発性心臓線維化は線維芽細胞特異的ERK5欠損マウスにおいて亢進される,
第133回日本薬理学会近畿部会, 2018年6月.
49. 座間味 義人, 三井 茉綸, 石澤 有紀, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 福島 圭穣, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを活用したベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
50. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニング手法を用いた心肺蘇生後脳症治療薬の探索,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
51. 櫻田 巧, 今西 正樹, 座間味 義人, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
腎機能がペメトレキセド治療における安全性に影響を与えるか,
日本臨床腫瘍薬学会学術大会2018, 2018年3月.
52. 座間味 義人, 三井 茉綸, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを活用したベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究,
日本臨床腫瘍薬学会学術大会2018, 2018年3月.
53. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 濱野 裕章, 今西 正樹, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
大規模医療情報データベース解析と基礎研究の融合による新規腎保護薬の探索,
第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月.
54. 石澤 有紀, 鍵本 優有, 今西 正樹, 岩田 悠佑, 堀ノ内 裕也, 武智 研志, 座間味 義人, 池田 康将, 石澤 啓介, 玉置 俊晃 :
マウス大動脈瘤形成に対するケルセチンの効果,
第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月.
55. 今西 正樹, 近藤 正輝, 田中 恭平, 生藤 来希, 村井 陽一, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
Febuxostatの尿酸合成抑制作用とは独立した血管線維化抑制機構の解明,
第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月.
56. 武智 研志, 座間味 義人, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 玉置 俊晃, 石澤 啓介, 楊河 宏章 :
てんかん誘発性精神症状の行動学的解析および治療薬の探索と作用機序の解明,
第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月.
57. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を活用した心肺停止患者に対するニコランジルの有効性に関する検討,
第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月.
58. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 今西 正樹, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
第Xa因子阻害剤の腎保護効果,
第47回日本心脈管作動物質学会, 2018年2月.
59. 座間味 義人, 近藤 正輝, 阿部 奈都美, 中馬 真幸, 今井 徹, 武智 研志, 今西 正樹, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
集中治療における薬剤師教育,
第45回日本集中治療医学会学術集会 委員会企画4(CP4)「集中治療における薬剤師のポジションを考える」, 2018年2月.
60. 石田 俊介, 坂東 寛, 武智 研志, 座間味 義人, 今西 正樹, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
副作用モニタリング管理ツールの開発と業務効率化,
平成29年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議, 2018年2月.
61. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 今西 正樹, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
第Xa因子阻害薬の腎保護効果,
第10回 心・血管クラスター・ミニリトリート, 2017年.
62. 日野 咲季子, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を活用した薬剤性腎障害に対する予防薬の探索,
西日本医学生学術フォーラム2017, 2017年12月.
63. 石澤 有紀, 鍵本 優有, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 鈴木 琴子, 岩田 悠佑, 座間味 義人, 武智 研志, 池田 康将, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ケルセチンによる動脈硬化性疾患発症に対する予防効果の検討,
第27回日本循環薬理学会, 2017年12月.
64. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を用いて新規心肺蘇生後症候群治療薬の開発を志向したドラッグリポジショニング研究,
第38回日本臨床薬理学会学術総会, 2017年12月.
65. 座間味 義人, 石澤 有紀, 新村 貴博, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
臨床薬理学集中講座修了後の研究活動∼大規模医療情報を活用したドラッグリポジショニング研究を中心に∼,
第38回日本臨床薬理学会学術総会 臨床薬理学集中講座フォローアップ・セミナー, 2017年12月.
66. 渡邉 大晃, 池田 康将, 濱野 裕章, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
肥満・糖尿病におけるマクロファージ鉄制御機構の検討,
第132回日本薬理学会近畿部会, 2017年11月.
67. 石田 俊介, 坂東 寛, 武智 研志, 座間味 義人, 今西 正樹, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
抗精神病薬を対象とする副作用モニタリング管理ツールの開発と臨床評価,
第27回日本医療薬学会年会, 2017年11月.
68. 新村 貴博, 座間味 義人, 小山 敏広, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニングを切り口とした心肺蘇生後症候群治療薬の探索研究,
第27回日本医療薬学会年会, 2017年11月.
69. 座間味 義人, 小山 敏広, 石澤 有紀, 新村 貴博, 今西 正樹, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を活用して心肺停止患者の生存率向上を志向したドラッグリポジショニング研究,
第27回日本医療薬学会年会, 2017年11月.
70. 濱野 裕章, 三井 茉綸, 座間味 義人, 新村 貴博, 武智 研志, 岡田 直人, 今西 正樹, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
アルカリ化剤はイリノテカン誘発性好中球減少症を予防する,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
71. 岡田 直人, 東 桃代, 今西 正樹, 座間味 義人, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 安倍 正博, 石澤 啓介 :
リポソーム化アムホテリシンB製剤による低カリウム血症の発現関連因子の同定,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
72. 柴田 高洋, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
PCR法によるSCCmec タイピングを利用した動向調査から探る来院者とMRSAの院内 伝播の関連性,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
73. 合田 光寛, 高橋 沙矢佳, 長田 武, 今西 正樹, 武智 研志, 座間味 義人, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 大塚 正人, 石澤 啓介 :
シスプラチン誘発腎障害に対するSGLT2阻害薬の影響,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
74. 三井 茉綸, 座間味 義人, 石澤 有紀, 新村 貴博, 武智 研志, 今西 正樹, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを基にしたベバシズマブと相互作用を起こす薬剤の探索研究,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
75. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
心肺停止患者の予後に与えるニコランジルの影響-大規模レセプト情報を用いた検討,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
76. 漆崎 汐里, 座間味 義人, 石澤 有紀, 新村 貴博, 武智 研志, 今西 正樹, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を活用して新規心肺蘇生後症候群治療薬の開発を志向したドラッグリポジショニング研究,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
77. 鍵本 優有, 石澤 有紀, 細岡 真由子, 斎藤 尚子, 鈴木 琴子, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 座間味 義人, 武智 研志, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
急性大動脈解離易発症マウスにおけるquercetinの効果,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
78. 田中 恭平, 今西 正樹, 近藤 正輝, 生藤 来希, 村井 陽一, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
フェブキソスタットの尿酸合成抑制剤作用とは独立した血管線維化抑制作用の検討,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
79. 渡邊 大晃, 池田 康将, 濱野 裕章, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
肥満・糖尿病におけるマクロファージ鉄の役割の検討,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
80. 濱野 裕章, 池田 康将, 渡邉 大晃, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎臓病における尿毒素蓄積によるヘプシジン制御と鉄代謝破綻のメカニズムの解明,
第41回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2017年9月.
81. 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 濱野 裕章, 平山 祐, 岸 誠司, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 啓介, 粟飯原 賢一, 永澤 秀子, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄摂取制限による尿細管間質障害の抑制効果の検討,
第41回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2017年9月.
82. 濱野 裕章, 池田 康将, 渡邊 大晃, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎不全における尿毒素蓄積はヘプシジンを介した鉄代謝恒常性破綻に関与する,
大阪市大フォーラム, 2017年8月.
83. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
心肺蘇生後症候群治療薬の開発を目的としたドラッグリポジショニング研究-大規模医療情報を活用した検討-,
第255回 徳島医学会学術集会, 2017年8月.
84. 座間味 義人, 石澤 有紀, 桐野 靖, 三井 茉綸, 漆崎 汐里, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを切り口としたベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究,
医療薬学フォーラム2017 第25回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2017年7月.
85. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 今西 正樹, 座間味 義人, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
経口FXa阻害剤の腎線維化抑制効果,
医療薬学フォーラム2017 第25回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2017年7月.
86. 坂東 寛, 石田 俊介, 武智 研志, 今西 正樹, 座間味 義人, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
薬剤師がマネジメントする非定型抗精神病薬における副作用モニタリングの効果,
医療薬学フォーラム 2017/第25回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2017年7月.
87. 石田 俊介, 今西 正樹, 座間味 義人, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
医薬品管理モニタリングツールを活用した周術期における医薬品管理業務の効率化,
第20回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2017年7月.
88. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
第Xa因子阻害剤は腎間質線維化を抑制する,
第131回 日本薬理学会近畿部会, 2017年6月.
89. 濱野 裕章, 池田 康将, 渡邊 大晃, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
インドキシル硫酸蓄積はヘプシジン制御を介して鉄代謝恒常性破綻に関与する,
第131回 日本薬理学会近畿部会, 2017年6月.
90. 中本 亜樹, 岡田 直人, 濱野 裕章, 安井 苑子, 西 麻希, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 濵田 康弘, 石澤 啓介 :
頭頸部癌に対する化学放射線療法における CDDP 単独療法及び 52FU+CDDP 療法による副作用発現の比較,
第11回日本緩和医療薬学会年会, 2017年6月.
91. 坂東 左奈子, 櫻田 巧, 岡田 直人, 今西 正樹, 座間味 義人, 寺岡 和彦, 中村 敏己, 石澤 啓介 :
エピルビシン,シクロフォスファミド投与による持続型G-CSF製剤の有効性の検討,
第42回日本外科系連合学会学術集会, 2017年6月.
92. 三井 茉綸, 座間味 義人, 石澤 有紀, 漆崎 汐里, 桐野 靖, 斉家 和仁, 森口 浩史, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを基にしたベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究,
日本薬学会 第137年会, 2017年3月.
93. 生藤 来希, 今西 正樹, 田中 恭平, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
アンジオテンシンII 誘発性血管リモデリングに対するキサンチンオキシダーゼ阻害剤の影響,
日本薬学会 第137年会, 2017年3月.
94. 今西 正樹, 田中 恭平, 生藤 来希, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
フェブキソスタットはアンジオテンシンII誘発性大動脈線維化を抑制する,
第90回日本薬理学会年会, 2017年3月.
95. Masaki Imanishi, 田中 恭平, 生藤 来希, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
フェブキソスタットはアンジオテンシンII誘発性大動脈繊維化を抑制する,
第90回日本薬理学会年会(長崎), Mar. 2017.
96. 石澤 有紀, 細岡 真由子, 齊藤 尚子, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 座間味 義人, 武智 研志, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介, 玉置 俊晃 :
ケルセチンの内皮保護作用を介したマウス大動脈解離発症に対する効果,
第90回日本薬理学会年会, 2017年3月.
97. 座間味 義人, 石澤 有紀, 桐野 靖, 三井 茉綸, 漆崎 汐里, 斉家 和仁, 森口 浩史, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを切り口としたベバシズマブと相互作用を起こす薬剤の探索研究,
第46回日本心脈管作動物質学会年会, 2017年2月.
98. 今西 正樹, 田中 恭平, 生藤 来希, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
Angiotensin II誘発性血管リモデリングに対するfebuxostatの効果,
第46回日本心脈管作動物質学会, 2017年2月.
99. 石澤 有紀, 細岡 真由子, 斎藤 尚子, 鍵本 優有, 今西 正樹, 座間味 義人, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ケルセチンによるマウス大動脈解離発症予防効果の検討,
第46回日本心脈管作動物質学会年会, 2017年2月.
100. 座間味 義人, 近藤 正輝, 阿部 奈都美, 今西 正樹, 武智 研志, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
薬剤師と考える感染症治療 抗MRSA薬による抗菌薬治療,
日本集中治療医学会雑誌, Vol.24, No.Suppl., SS4-1, 2017年2月.
101. 今西 正樹, 松永 慎司, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
大動脈瘤形成における平滑筋由来HIF-1αの役割,
第26回日本循環薬理学会, 2016年12月.
102. 石澤 有紀, 福永 豊, 西良 恵理子, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 橋本 一郎, 玉置 俊晃 :
ニトロソニフェジピンは虚血性皮弁モデルにおいて皮弁壊死を抑制する,
第26回日本循環薬理学会, 2016年12月.
103. 細岡 真由子, 石澤 有紀, 斎藤 尚子, 今西 正樹, 座間味 義人, 宮本 理人, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
Quercetin による血管内皮細胞保護効果の検討,
第130回日本薬理学会近畿部会, 2016年11月.
104. 中本 亜樹, 野裕 章, 岡田 直人, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
DPP-4阻害薬ーDPP-4阻害薬間の切り替えによるLDL-Cの変動,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
105. 木宿 昌俊, 今西 正樹, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介, 中村 敏己 :
消化器外科病棟における専任薬剤師のチーム医療参画に対する評価,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
106. 井上 貴久, 柴田 高洋, 櫻田 巧, 岡田 直人, 座間味 義人, 今西 正樹, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
抗EGFR抗体薬の使用における低Mg血症の発現率の比較検討,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
107. 坂東 左奈子, 岡田 直人, 櫻田 巧, 今西 正樹, 座間味 義人, 寺岡 和彦, 中村 敏己, 石澤 啓介 :
乳がん患者におけるエピルビシン,シクロフォスファミド投薬による持続型G-CSF製剤の有効性の検討,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
108. 桑原 絵美, 岡田 直人, 高瀬 友佳子, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
徳島大学病院におけるニボルマブの適正使用に向けた取り組み,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
109. 石田 俊介, 坂東 寛, 坂本 久美子, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
抗精神病薬を対象にした臨床検査値を指標とする副作用モニタリング管理ツール導入による効果,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
110. 櫻田 巧, 岡田 直人, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
ペメトレキセドによる骨髄抑制のリスク因子解析,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
111. 三井 茉綸, 座間味 義人, 今西 正樹, 武智 研志, 石澤 啓介 :
オーストラリアのがん病棟における薬剤師業務に対する患者満足度調査,
第26回日本医療薬学会年会, 2016年9月.
112. 小中 健, 櫻田 巧, 今西 正樹, 座間味 義人, 石澤 啓介, 伏谷 秀治 :
肺がん患者におけるUGT1A1 遺伝子多型とイリノテカンの投与量に関する検討,
第26回日本医療薬学会年会, 2016年9月.
113. 濱野 裕章, 中本 亜樹, 岡田 直人, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
GEM + nabPTX 療法における高ビリルビン血症が副作用発現に与える影響,
第26回日本医療薬学会年会, 2016年9月.
114. 中本 亜樹, 濱野 裕章, 岡田 直人, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
DPP-4 阻害薬服用患者における他のDPP-4 阻害薬への切り替えによるLDL-C 低下作用の検討,
第26回日本医療薬学会年会, 2016年9月.
115. 桑原 絵美, 岡田 直人, 高瀬 友佳子, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
徳島大学病院におけるニボルマブの使用状況と今後の有害事象対策,
第26回日本医療薬学会年会, 2016年9月.
116. 櫻田 巧, 岡田 直人, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
ペメトレキセド投与後の皮疹出現は好中球減少症のリスク因子となる,
第26回日本医療薬学会年会, 2016年9月.
117. 三井 茉綸, 座間味 義人, 漆崎 汐里, 斉家 和仁, 森口 浩史, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 宮本 理人, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニングを切り口としたベバシズマブ誘発高血圧に対する予防薬の探索研究,
第27回霧島神経薬理フォーラム(福岡), 2016年8月.
118. 座間味 義人, 今西 正樹, 武智 研志, 小山 敏広, 大島 礼子, 樋之津 史郎, 狩野 光伸, 石澤 啓介 :
症例データベースを活用して新規心肺蘇生薬の開発を目指したドラッグリポジショニング研究,
第2回日本医薬品安全性学会学術大会( 岐阜), 2016年7月.
119. 今西 正樹, 石澤 有紀, 座間味 義人, 田淵 正樹, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
脳卒中後の神経症状増悪に対するニトロソニフェジピンの効果,
第46回日本神経精神薬理学会年会( ソウル), 2016年7月.
120. 柴田 高洋, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
外来診療棟を主としたMRSAの実態調査,
医療薬学フォーラム2016/第24回クリニカルファーマシーシンポジウム (大津), 2016年6月.
121. 座間味 義人, 今西 正樹, 武智 研志, 小山 敏広, 大島 礼子, 今井 徹, 樋之津 史郎, 狩野 光伸, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニングを切り口とした新規心肺蘇生薬の探索研究-大規模医療情報を活用した検討-,
医療薬学フォーラム2016/第24回クリニカルファーマシーシンポジウム (大津 ), 2016年6月.
122. 石澤 有紀, 細岡 真由子, 斎藤 尚子, 堀ノ内 裕也, 今西 正樹, 座間味 義人, 池田 康将, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ケルセチン代謝産物Q3GAの血管内皮膚細胞に対する短期及び長期効果の検討,
第129回日薬理学会学会近畿部会( 広島), 2016年6月.
123. 石田 俊介, 坂本 久美子, 今西 正樹, 座間味 義人, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 石澤 啓介 :
持参薬管理業務における周術期中止医薬品の管理ツール導入による効果,
第19回日本医薬品情報学会総会・学術大会 (町田市), 2016年6月.
124. 座間味 義人, 今西 正樹, 小山 敏広, 大島 礼子, 樋之津 史郎, 狩野 光伸, 石澤 啓介 :
心肺停止患者における社会復帰率の向上を志向したドラッグリポジショニング研究,
日本薬学会第136年会 シンポジスト( 横浜 ), 2016年3月.
125. 細岡 真由子, 石澤 有紀, 斎藤 尚子, 宮本 理人, 今西 正樹, 座間味 義人, 木平 孝高, 池田 康将, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
ケルセチン生体内代謝産物 quercetin -3-O-β-Dglucuronideによる血管内皮細胞保護効果,
日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月.
126. 鍵本 優有, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
無機リン刺激による血管平滑筋細胞石灰化におけるrho-kinase 及び cyclophilinA の関与,
日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月.
127. 小中 健, 花房 剛志, 田中 恭平, 岡田 直人, 今西 正樹, 座間味 義人, 川添 和義, 石澤 啓介 :
パクリタキセル誘発性神経障害に対する漢方製剤抽出物の影響,
日本薬学会第136 年会( 横浜), 2016年3月.
128. 斎藤 尚子, 石澤 有紀, 細岡 真由子, 木平 孝高, 今西 正樹, 座間味 義人, 池田 康将, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ケルセチン代謝物Q3GAによる血管内皮細胞保護効果の検討,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), 2016年3月.
129. 青木 友里, 石澤 有紀, 高田 真衣, 田渕 正樹, 今西 正樹, 座間味 義人, 福永 豊, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介, 玉置 俊晃 :
神経突起伸長および脳卒中後神経症状に対するニトロソニフェジピンの効果,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), 2016年3月.
130. 今西 正樹, 井口 道代, 冨田 紀子, 松永 慎司, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
Hypoxia-inducible factor-1 in smooth muscle cells protects against aortic aneurysm formation via elastin-fiber formation,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), 2016年3月.
131. Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshitaka Kihira, Licht Miyamoto, Yoshito Zamami, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Development of endothelial dysfunction-induced aortic dissection model and search for a preventive strategy,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), Mar. 2016.
132. 今西 正樹, 石澤 啓介, 小原 佑介, 櫻田 巧, 戸谷 紘基, 長尾 朋子, 壱岐 豊, 細岡 真由子, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ニフェジピン光分解産物による血管リモデリング抑制効果,
第252回 徳島医学会学術集会(平成27年度冬期), 2016年2月.
133. 今西 正樹, 井口 道代, 冨田 紀子, 松永 慎司, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
平滑筋由来HIF-1 αによる弾性繊維構築を介した大動脈瘤形成抑制メカニズムの検討,
第45回日本心脈管作動物質学会, 2016年2月.
134. 今西 正樹, 石澤 啓介, 小原 佑介, 櫻田 巧, 戸谷 紘基, 長尾 朋子, 壱岐 豊, 細岡 真由子, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ニトロソニフェジピンによる抗大動脈瘤機序の検討,
第45回日本心脈管作動物質学会, 2016年2月.
135. 石澤 有紀, 石澤 啓介, 鍵本 優有, 斎藤 尚子, 高田 真衣, 木平 孝高, 今西 正樹, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
高リン刺激は血管平滑筋細胞においてrho-kinase-cyclophilin A経路を活性化させる,
第45回日本心脈管作動物質学会, 2016年2月.
136. 石澤 有紀, 石澤 啓介, 高田 真衣, 田渕 正樹, 今西 正樹, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ニトロソニフェジピンは悪性脳卒中易発性高血圧自然発症ラットの 生命予後を改善する,
第25回日本循環薬理学会, 2015年12月.
137. 斎藤 尚子, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 戸谷 紘基, 今西 正樹, 鍵本 優有, 細岡 真由子, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
大動脈解離発症における内皮障害の関与,
第25回日本循環薬理学会, 2015年12月.
138. 今西 正樹, 井口 道代, 冨田 紀子, Tsounapi Panagiota, 松永 慎司, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
血管リモデリングにおける平滑筋由来HIF-1αの作用,
第12回 がんとハイポキシア研究会, 2014年11月.
139. 長尾 朋子, 石澤 啓介, 戸谷 紘基, 小原 佑介, 今西 正樹, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
HMG-CoA 還元酵素阻害薬の大動脈解離に対する効果,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月.
140. 今西 正樹, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 冨田 修平, 玉置 俊晃 :
AngiotensinⅡ誘発性血管リモデリングは平滑筋特異的HIF-1α遺伝子欠損により抑制される,
第34回日本高血圧学会総会, 2011年10月.
141. 今西 正樹, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 富永 えりか, 堀ノ内 裕也, 谷口 順平, 藤井 聖子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 水口 和生, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Nitrosonifedipineによる血管リモデリング抑制効果の検討,
日本薬学会第131回年会, 2011年3月.
142. 今西 正樹, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
AngiotensinⅡ誘発血管リモデリングにおけるhypoxia-inducible factor-1αの役割,
第40回日本心脈管作動物質学会, 2011年2月.
143. 富永 えりか, 石澤 啓介, 今西 正樹, 櫻田 巧, 谷口 順平, 藤井 聖子, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 阿部 真治, 川添 和義, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 水口 和生 :
アンジオテンシンII による血管リモデリングに対するニトロソニフェジピンの影響,
第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2010年11月.
144. 今西 正樹, 石澤 啓介, 富永 えりか, 櫻田 巧, 堀ノ内 裕也, 谷口 順平, 藤井 聖子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Angiotensin II による血管平滑筋細胞の遊走および増殖に対するnifedipine代謝物の抑制作用とそのメカニズム,
第33回日本高血圧学会, 2010年10月.
145. 藤井 聖子, 石澤 啓介, 今西 正樹, 富永 えりか, 桜田 巧, 谷口 順平, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
AngiotensinⅡ誘発血管リモデリングに対するnitrosonifedipineの抑制効果,
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2010, 2010年9月.
146. 今西 正樹, 石澤 啓介, 富永 えりか, 堀ノ内 裕也, 谷口 順平, 藤井 聖子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Nifedipine代謝物によるangiotensin II 誘発血管平滑筋細胞遊走及び増殖に対する抑制作用,
第117回日本薬理学会近畿部会, 2010年7月.
147. 石澤 啓介, 今西 正樹, Erika Tminaga, 堀ノ内 裕也, Takumi Sakurada, Zyunpei Taniguchi, Seiko Fujii, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
Nifedipine代謝物はangiotensinⅡによる血管平滑筋細胞遊走および増殖を抑制する,
第63回日本酸化ストレス学会, 2010年6月.
148. 冨田 修平, 木平 孝高, 福原 弥生, 桜田 巧, 今西 正樹, 玉置 俊晃 :
病態に観られる低酸素応答の意義-血管リモデリングにおけるT細胞のHIF-1の役割-,
第83回 日本薬理学会年会シンポジウム「病態における低酸素応答機構の解明と治療への応用」, 2010年3月.

その他・研究会:

1. 座間味 義人, 今西 正樹, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 宮本 理人, 石澤 有紀, 池田 康将, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニング手法を用いた新規循環器治療薬の探索研究,
第23回大阪市大フォーラム, 2016年8月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • PARP阻害薬の血行性がん転移予防への適応拡大を志向した基盤研究 (研究課題/領域番号: 22K20711 )
  • 亜硝酸塩の抗酸化活性とその生理的意義の解明 (研究課題/領域番号: 22K06645 )
  • 大動脈周囲線維芽細胞を標的とした弾性線維構築促進による大動脈瘤薬物治療戦略の開発 (研究課題/領域番号: 18K14920 )
  • 医療ビッグデータと既存承認薬を活用した心肺蘇生後脳症治療薬の開発 (研究課題/領域番号: 18K06785 )
  • 医療ビッグデータと新規モデル動物を応用した大動脈解離発症の病態解明と予防法開発 (研究課題/領域番号: 18K06686 )
  • 腎虚血再灌流傷害における活性酸素種産生を介した急性尿細管壊死形成機構の解明 (研究課題/領域番号: 16K18884 )
  • ERK5を介した内皮間葉転換抑制機構の解明と動脈硬化性疾患予防への応用 (研究課題/領域番号: 16K08549 )
  • 研究者番号(00734344)による検索