検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 歯学域 > 口腔科学部門 > 臨床歯学系 > 顎機能咬合再建学 >
徳島大学 > 歯学部 > 歯学科 > 機能維持系臨床歯学講座 > 顎機能咬合管理学 >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 歯科 > かみあわせ補綴科(第二補綴科) >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

専門分野

骨ミネラル代謝学 (Bone and Mineral Metabolism)
生体材料学 (Biomaterials)
歯科補綴学 (Prosthodontics)

研究テーマ

抗Dickkopf1 (DKK-1) 抗体による骨分化能への影響と骨粗しょう症に対する骨分化能メカニズムの解明 (抗DKK-1抗体, 骨分化, 骨粗しょう症)
Tumor necrosis factor (TNF)-α処理炭酸アパタイトおよびハイドロキシアパタイトが骨形成におよぼす影響 (炭酸アパタイト, (tumor necrosis factor-α), 骨形成)
全部床義歯作製後の満足度と咀嚼能率の評価 (全部床義歯, 咀嚼能率, 満足度)

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. 松香 芳三, 大島 正充, 大倉 一夫, 細木 眞紀, 鈴木 善貴, 宮城 麻友, 井上 美穂 :
インドネシアの歯学部における学部教育,
日本口腔リハビリテーション学会雑誌, Vol.33, No.1, 53-57, 2020年.
2. H Kawahara, Miho Inoue, Kazuo Okura, Masamitsu Ohshima and Yoshizo Matsuka :
Risk factors for tooth loss in patients undergoing mid long-term maintenance: A retrospective study,
International Journal of Environmental Research and Public Health, Vol.17, No.17, E6258, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 115160,   DOI: 10.3390/ijerph17176258,   PubMed: 32867387)
3. Resmi Raju, Masamitsu Ohshima, Miho Inoue, Tsuyoshi Morita, Yan Huijiao, Arief Waskitho, Otto Baba, Masahisa Inoue and Yoshizo Matsuka :
Three-dimensional periodontal tissue regeneration using a bone-ligament complex cell sheet,
Scientific Reports, Vol.10, No.1, 1656, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114213,   DOI: 10.1038/s41598-020-58222-0,   PubMed: 32015383)
4. Takuma Iwasa, S Afroz, Miho Inoue, Rieko Arakaki, Masamitsu Ohshima, R Raju, Arief Waskitho, Inoue Masahisa, Otto Baba and Yoshizo Matsuka :
IL-10 and CXCL2 in trigeminal ganglia in neuropathic pain,
Neuroscience Letters, Vol.703, 132-138, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113686,   DOI: 10.1016/j.neulet.2019.03.031)
5. Mio Naritani, Miho Inoue, Resmi Raju, Mayu Miyagi, Masamitsu Ohshima and Yoshizo Matsuka :
Analysis of Bone Marrow-derived Mesenchymal Stem Cell Kinetics after Short-term Stimulation with Tumor Necrosis Factor-α (TNF-α),
Journal of Hard Tissue Biology, Vol.28, No.2, 99-108, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113372,   DOI: 10.2485/jhtb.28.99,   Elsevier: Scopus)
6. S Afroz, Rieko Arakaki, Takuma Iwasa, Masamitsu Ohshima, Maki Hosoki, Miho Inoue, Otto Baba, Yoshihiro Okayama and Yoshizo Matsuka :
CGRP induces differential regulation of cytokines from satellite glial cells in trigeminal ganglia and orofacial nociception,
International Journal of Molecular Sciences, Vol.20, No.3, 711-730, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113687,   DOI: 10.3390/ijms20030711,   PubMed: 30736422,   Elsevier: Scopus)
7. Miho Inoue, Mio Naritani, R Raju, Mayu Miyagi, Masamitsu Ohshima, Inoue Masahisa and Yoshizo Matsuka :
Effect of short-term Tumour Necrosis Factor-alpha (TNF-α) -stimulation on the growth and differentiation of MC3T3-E1 osteoblast-like cells,
Journal of Hard Tissue Biology, Vol.27, No.3, 213-218, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113362,   DOI: 10.2485/jhtb.27.213,   Elsevier: Scopus)
8. Keisuke Nishigawa, Rika Hayama, Ktsushi Omoto, Kazuo Okura, Toyoko Tajima, Yoshitaka Suzuki, Maki Hosoki, Mayu Miyagi, Miho Inoue, Omar Maningo Rodis and Yoshizo Matsuka :
Validity of peer evaluation for team-based learning in a dental school in Japan,
Journal of Dental Education, Vol.81, No.12, 1451-1456, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112932,   DOI: 10.21815/JDE.017.106,   PubMed: 29196333,   Elsevier: Scopus)
9. Miho Inoue, Hiroh Kawahara, Kazuo Okura, Omar Maningo Rodis and Yoshizo Matsuka :
Frequency of congenitally missing permanent teeth at a primary dental care clinic in Tokushima, Japan,
The Journal of Japan Association of Oral Rehabilitation, Vol.30, No.1, 67-70, 2017.
(CiNii: 40021481734)

国際会議:

1. S Afroz, Rieko Arakaki, Takuma Iwasa, Masamitsu Ohshima, Maki Hosoki, Miho Inoue, Otto Baba, Yoshihiro Okayama and Yoshizo Matsuka :
CGRP induced glial-cytokine expression, NFkB signaling and orofacial nociception,
International Association for Dental Research, Washington, D.C., Mar. 2020.
2. R Raju, Masamitsu Ohshima, Tsuyoshi Morita, Huijiao Yan, Miho Inoue, Otto Baba, Masahisa Inoue and Yoshizo Matsuka :
A double-layered complex cell sheet can regenerate the periodontal tissue in a mice model,
Dentisphere, Surabayai, Nov. 2019.
3. S Afroz, Rieko Arakaki, Takuma Iwasa, Masamitsu Ohshima, Maki Hosoki, Miho Inoue, Otto Baba, Yoshihiro Okayama and Yoshizo Matsuka :
Orofacial nociception due to glial expressed cytokines in trigeminal ganglia,
International Association for Dental Research, Vancouver, Jun. 2019.
4. Iwasa Takuma, Rieko Arakaki, Oshima Masamitsu, S Afroz, Miho Inoue, Goto Nami, Naozumi Ishimaru and Yoshizo Matsuka :
Up-regulation of inflammatory cytokines in trigeminal ganglia after infraorbital nerve constriction,
The Journal of Neuroscience, Washington DC, Nov. 2017.

国内講演発表:

1. 大島 正充, Resmi Raju, Huijiao Yan, 井上 美穂, 松香 芳三 :
骨‐歯根膜線維の複合組織立体形成による歯周組織再生技術の開発,
日本再生医療学会, 2021年3月.
2. 細木 眞紀, 大倉 一夫, 大島 正充, 西川 泰史, Resmi Raju, 小澤 彩, 新開 瑞希, Arief Waskitho, Swarna L.Raman, Parimal R.Chavan, 井上 美穂, 鈴木 善貴, 吉原 靖智, 松香 芳三 :
歯科補綴学実習における新型コロナウイルス感染症対策について,
大学教育カンファレンス in 徳島, 2021年1月.
3. 大倉 一夫, 大島 正充, 細木 眞紀, 鈴木 善貴, 井上 美穂, 吉原 靖智, 松香 芳三 :
歯科補綴学授業におけるアクティブラーニングの学修効果―オンライン授業とTBL授業の比較―,
大学教育カンファレンス in 徳島, 2021年1月.
4. 細木 眞紀, 大倉 一夫, 井上 美穂, 鈴木 善貴, 安陪 晋, 河野 文昭, 松香 芳三 :
新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた冠橋義歯学実習の検討,
日本歯科医学教育学会雑誌, 2020年9月.
5. 大倉 一夫, 井上 美穂, 鈴木 善貴, 細木 眞紀, 河野 文昭, 松香 芳三 :
歯科補綴学授業におけるアクティブラーニングの導入とその学習効果 ―通常授業,TBL,反転授業の比較―,
日本歯科医学教育学会雑誌, 2020年9月.
6. 細木 眞紀, Yuehui Zhang, 井上 美穂, 井上 正久, 松香 芳三 :
チタンアレルギーモデルマウスの作製と免疫担当細胞の病理組織学的検討,
日本皮膚免疫アレルギー学会, 2020年8月.
7. 大島 正充, Resmi Raju, 井上 美穂, 宮城 麻友, 松香 芳三 :
骨‐歯根膜線維の複合組織形成による三次元組織再生技術の開発,
公益社団法人日本補綴歯科学会第129回学術大会, 2020年6月.
8. 岩浅 匠真, 井上 美穂, Resmi Raju, 大島 正充, 松香 芳三 :
IL-10は神経障害性疼痛を抑制する,
日本補綴歯科学会雑誌, 2020年6月.
9. 葉山 莉香, 大倉 一夫, 大島 正充, 細木 眞紀, 鈴木 善貴, 宮城 麻友, 井上 美穂, Omar Marianito, 岩浅 匠真, 松香 芳三 :
補綴学授業におけるアクティブラーニングによる学修効果-反転授業とTBLの長期比較-,
徳島県歯科医学大会, 2020年2月.
10. 岩浅 匠真, Shaista Afroz, 井上 美穂, 新垣 理恵子, 大島 正充, Resmi Raju, Arief Waskitho, 井上 正久, 馬場 麻人, 松香 芳三 :
痛みに対するサイトカイン療法の開発に向けて,
徳島県歯科医学大会, 2020年2月.
11. 細木 眞紀, 井上 美穂, 岩浅 匠真, 西川 泰史, 秋月 皆人, 吉原 靖智, 大倉 一夫, Yuehui Zhang, Huijiao Yan, Arief Waskitho, Ofuchi R.S., 大島 正充, 鈴木 善貴, 成谷 美緒, 宮城 麻友, Resmi Raju, 松香 芳三 :
歯科補綴学(Ⅱ)実習における実習書改定後の検討,
大学教育カンファレンスin徳島, 2019年12月.
12. 大倉 一夫, 大島 正充, 細木 眞紀, 鈴木 善貴, 宮城 麻友, 井上 美穂, 岩浅 匠真, 松香 芳三 :
歯科補綴学授業におけるアクティブラーニングの学修効果―反転授業とTBL,通常授業の比較―,
大学教育カンファレンスin徳島, 2019年12月.
13. Raju Resmi, Masamitsu Ohshima, Miho Inoue, Tsuyoshi Morita, Yan Huijiao, Otto Baba, Inoue Masahisa and Yoshizo Matsuka :
Development of a multilayered complex cell sheet to regenerate periodontal tissue,
Tokushima University Bioscience Retreat, Sep. 2019.
14. Yuehui Zhang, 細木 眞紀, 大島 正充, 宮城 麻友, 成谷 美緒, 井上 美穂, 松香 芳三 :
金属アレルギー患者群と健常者群における特異的マイクロRNAの同定,
日本補綴歯科学会 中国・四国支部学術大会, 2019年9月.
15. 成谷 美緒, 細木 眞紀, 宮城 麻友, 大島 正充, 井上 美穂, 岩浅 匠真, 松香 芳三 :
金属アレルギー患者に対する血管内治療の術前評価,
日本補綴歯科学会 中国・四国支部学術大会, 2019年9月.
16. 細木 眞紀, Zhang Yuehui, 大島 正充, 井上 美穂, 成谷 美緒, 宮城 麻友, 松香 芳三 :
血中マイクロRNAを介した金属アレルギーの感作・発症機序の解明,
歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い, 2019年8月.
17. Resmi Raju, 大島 正充, 井上 美穂, 守田 剛, Huijiao Yan, 馬場 麻人, 井上 正久, 松香 芳三 :
骨芽細胞と歯根膜細胞との立体形成複合細胞シートによる歯周組織再生の確立,
硬組織再生生物学会, 2019年8月.
18. 大倉 一夫, 井上 美穂, 細木 眞紀, 河野 文昭, 松香 芳三 :
卒前専門基礎教育におけるアクティブラーニングの導入とその学習効果―反転授業とTBLの比較―,
日本歯科医学教育学会雑誌, 2019年7月.
19. 井上 美穂, ラジュ レスミ, 岩浅 匠真, 秋山 謙太郎, 大島 正充, 窪木 拓男, 松香 芳三 :
抗Dickkopf1 (DKK-1) 抗体による骨分化能メカニズムの解明,
日本補綴歯科学会雑誌, 2019年5月.
20. 細木 眞紀, 井上 美穂, 岩浅 匠真, 西川 泰史, 秋月 皆人, 吉原 靖智, 大倉 一夫, Zhang Yuehui, Yan Huijiao, Arief Waskitho, Rodrigo Shigeru Ofuchi, 大島 正充, 鈴木 善貴, 成谷 美緒, 宮城 麻友, Resmi Raju, 松香 芳三 :
歯科補綴学(Ⅱ)実習における実習書改定後の検討in徳島,
大学教育カンファレンス, 2018年12月.
21. 大倉 一夫, 大島 正充, 細木 眞紀, 鈴木 善貴, 宮城 麻友, 井上 美穂, 岩浅 匠真, ジュネル ダラノン, 松香 芳三 :
歯科補綴学授業におけるアクティブラーニングの学修効果-反転授業とTBLの比較-,
大学教育カンファレンスin徳島, 2018年12月.
22. 細木 眞紀, 宮城 麻友, 井上 美穂, 大倉 一夫, 大島 正充, Resmi Raju, 岩浅 匠真, 成谷 美緒, ZHANG YUEHUI, 閻 会嬌, Arief Waskitho, Dalanon Junhel Casinillo, 鈴木 善貴, 吉原 靖智, 松香 芳三 :
歯科補綴学実習における実習書の改訂とその効果の検討,
大学教育カンファレンスin徳島, 2018年12月.
23. 川原 博雄, 井上 美穂, 大島 正充, 大倉 一夫, 細木 眞紀, 田島 登誉子, 松香 芳三 :
一般歯科診療所での長期メインテナンス患者における歯の喪失原因の評価,
日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2018年9月.
24. Raju Resmi, Miho Inoue, 宮城 麻友, 秋山 謙太郎, Masamitsu Ohshima, 井上 正久 and Yoshizo Matsuka :
抗Dickkopf1 (DKK-1) 抗体による骨髄細胞の骨分化能への影響,
硬組織再生生物学会, Aug. 2018.
25. 井上 美穂, Resmi Raju, 大島 正充, 梶本 昇, 都留 寛治, 石川 邦夫, 井上 正久, 松香 芳三 :
Tumor necrosis factor (TNF)-α処理炭酸アパタイトおよびハイドロキシアパタイトが骨形成におよぼす影響,
硬組織再生生物学会, 2018年8月.
26. 岩浅 匠真, SHAISTA AFROZ, Casinilo Junhel Dalanon, 大島 正充, 大倉 一夫, 井上 美穂, 松香 芳三 :
三叉神経痛モデルラットにおける炎症性サイトカインの変動解析,
日本顎関節学会・日本口腔顔面痛学会・日本歯科心身医学会, 2018年7月.
27. 鴨居 浩平, 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 宮城 麻友, 井上 美穂, 大島 正充, 清水 裕次, 松香 芳三 :
ナイトガードの咬耗面を3次元画像解析装置にて定量評価した症例,
四国歯学会雑誌, 2018年3月.
28. 大倉 一夫, 西川 啓介, 大島 正充, 細木 眞紀, 鈴木 善貴, 宮城 麻友, 井上 美穂, 岩浅 匠真, 葉山 莉香, 松香 芳三 :
歯科補綴学授業におけるアクティブラーニングの効果 ―反転授業とTBLの比較―,
教育カンファレンスin徳島, 2017年12月.
29. S Afroz, Iwasa Takuma, Masamitsu Ohshima, Rieko Arakaki, Miho Inoue, Naozumi Ishimaru and Yoshizo Matsuka :
Cytokine released by satellite glial cells and pain transmission in sensory ganglions,
Japan Association for Dental Research, Nov. 2017.
30. 川原 博雄, 井上 美穂, 大倉 一夫, 大島 正充, 松香 芳三 :
長期的メインテナンス患者における歯の喪失に関する後ろ向き調査,
日本口腔リハビリテーション学会雑誌, 2017年11月.
31. 岩浅 匠真, SHAISTA AFROZ, 成谷 美緒, 宮城 麻友, 井上 美穂, 大島 正充, 松香 芳三 :
神経障害性痛モデルラットに対するボツリヌス毒素の効果,
日本ボツリヌス治療学会, 2017年9月.
32. RESMI RAJU, 井上 美穂, 成谷 美緒, 宮城 麻友, 織田 英正, 友永 泰弘, 大島 正充, 松香 芳三 :
骨髄由来間葉系細胞におけるTNF-α短期刺激による細胞動態の解析,
日本補綴歯科学会 中国四国支部学術大会, 2017年8月.
33. 井上 美穂, 成谷 美緒, RESMI RAJU, 宮城 麻友, ZHANG YUEHUI, 大島 正充, 井上 正久, 松香 芳三 :
骨髄細胞,骨芽細胞様細胞におけるTNF-α短期間刺激による細胞挙動の解析,
日本硬組織再生生物学会, 2017年8月.
34. 岩浅 匠真, 大島 正充, 大倉 一夫, 井上 美穂, SHAISTA AFROZ, 松香 芳三 :
口腔顎顔面痛モデル三叉神経節におけるサイトカイン動態,
日本口腔顔面痛学会雑誌, 2017年7月.
35. 照屋 大貴, 井上 美穂, 成谷 美緒, RESMI RAJU, 宮城 麻友, 大島 正充, 松香 芳三 :
骨髄細胞,骨芽細胞様細胞におけるTNF-α短期刺激による細胞学的・組織学的検討,
日本補綴歯科学会雑誌, 2017年7月.
36. 照屋 大貴, 井上 美穂, 成谷 美緒, RESMI RAJU, 宮城 麻友, 大島 正充, 松香 芳三 :
TNF-α短期刺激による骨髄細胞の細胞学的検討,
四国歯学会雑誌, 2017年6月.
37. 井上 美穂, 成谷 美緒, RESMI RAJU, 宮城 麻友, 松香 芳三 :
腫瘍壊死因子TNF-αによる歯髄細胞,骨髄細胞の幹細胞化,
徳島大学大学院医歯薬学研究部 発生・再生・遺伝クラスター・ミニリトリート, 2017年3月.
38. 松香 芳三, 岩浅 匠真, SHAISTA AFROZ, 大本 勝弘, 井上 美穂, 成谷 美緒, 宮城 麻友, 大倉 一夫 :
末梢知覚神経節における神経伝達物質による痛み情報伝達,
徳島大学医歯薬学研究部脳科学クラスター・ミニリトリート, 2017年3月.
39. 大倉 一夫, 西川 啓介, 細木 眞紀, 田島 登誉子, 鈴木 善貴, 宮城 麻友, 井上 美穂, 大本 勝弘, 葉山 莉香, 松香 芳三 :
歯科補綴学授業におけるアクティブラーニングの効果 ―反転授業とTBLの比較―,
大学教育再生加速プログラムシンポジウム, 2016年12月.
40. 藤枝 創, 細木 眞紀, 西川 啓介, 井上 美穂, 中川 敬司, 鴨居 浩平, 大塩 恭仁, 宮本 裕司, 松香 芳三 :
ジルコニア切削方法の違いが強度におよぼす影響について,
日本補綴歯科学会 九州,中国・四国支部学術大会, 2016年9月.
41. 宮城 麻友, 井上 美穂, 福本 美緒, 松香 芳三 :
炎症環境による歯髄細胞の幹細胞化―歯髄細胞分化に与える TNF-αの影響―,
日本顎口腔機能学会雑誌, 2016年4月.
42. 松香 芳三, 大本 勝弘, 岩浅 匠真, 井上 美穂, 福本 美緒, 宮城 麻友, 大倉 一夫 :
知覚神経節における神経伝達物質による痛み情報伝達の可能性,
日本顎口腔機能学会雑誌, 2016年4月.

その他・研究会:

1. Raju Resmi, Masamitsu Ohshima, Tsuyoshi Morita, Yan Huijiao, Miho Inoue, Otto Baba, Inoue Masahisa and Yoshizo Matsuka :
Three-dimensional periodontal tissue regeneration using a bone-ligament complex cell sheet,
発生・再生・遺伝クラスター ミニリトリート, Feb. 2020.
2. Resmi Raju, Miho Inoue, M. Naritani, Mayu Miyagi, Yuehui Zhang, Masamitsu Oshima, Masahisa Inoue and Yoshizo Matsuka :
Cellular kinetics of bone marrow derived mesenchymal cells by short-term TNF-alpha stimulation,
Tokushima University Bioscience Retreat, Sep. 2017.
3. S. Afroz, Iwasa Takuma, Oshima Masamitsu, Rieko Arakaki, Miho Inoue, Naozumi Ishimaru and Yoshizo Matsuka :
Cytokine release from satellite glial cells of trigeminal ganglia,
Tokushima University Bioscience Retreat, Sep. 2017.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 末梢血miRNA発現解析による金属アレルギー疾患の新規診断バイオマーカーの確立 (研究課題/領域番号: 20K10038 )
  • 咬合メカニカルストレスによる歯周組織形成・成熟機構に立脚したバイオ人工歯根の開発 (研究課題/領域番号: 19K10208 )
  • 骨形成作用を有する抗DKK-1抗体の効果メカニズムの解明 (研究課題/領域番号: 17K11753 )
  • 歯髄細胞の幹細胞化を応用した新規治療法の開発 (研究課題/領域番号: 16K11600 )
  • 金属アレルギー;感作と発症間に何があるのか?―特異的遺伝子の同定― (研究課題/領域番号: 16K11599 )
  • 歯髄・象牙質再生を促進する新規生体材料の開発 (研究課題/領域番号: 15H06450 )
  • 分子生物学的アプローチによる口腔内細菌叢の動態調査 (研究課題/領域番号: 10671699 )
  • 新規軟骨由来血管新生因子(CTGF)に対する阻害剤の開発と血管新生病治療への応用 (研究課題/領域番号: 10557165 )
  • 軟骨肉腫由来軟骨成長因子エコジェニン/CTGFのレセプターの分子クローニング (研究課題/領域番号: 09671893 )
  • Helicobacter pyroliの口腔内における生態解析 (研究課題/領域番号: 08672069 )
  • 若年性歯周病原性細菌が産生する白血球毒素蛋白質の機能領域の同定 (研究課題/領域番号: 07771611 )
  • ミュータンス菌のグルカン合成酵素の構造と機能 (研究課題/領域番号: 06671811 )
  • 研究者番号(20271059)による検索