検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 薬学域 > 薬科学部門 > 創薬科学系 > 薬品製造化学 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704059 高活性・高選択性を有する新規分子触媒プロセスの開発 >
徳島大学 > 薬科学教育部 > 創薬科学専攻 >
徳島大学 > 薬学部 > 創製薬科学科 > 創薬学講座 > 薬品製造化学 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (重点) > 1802001 有機合成化学を起点とするセンシング技術の開発と応用 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

有機合成化学 (Synthetic Organic Chemistry)

研究テーマ

高反応性活性種の制御に基づく新規分子変換反応の開拓, 活性種の特性を活かした官能基選択的変換反応の開拓, 不斉触媒の分子設計と触媒的不斉合成方の開拓, 生物活性評価を指向した非天然有機化合物の化学合成

著書・論文

学術論文(審査論文):

1.Tsubasa Inokuma, Takuya Sakakibara, Takatoshi Someno, Kana Masui, Akira Shigenaga, Akira Otaka and Ken-ichi Yamada :
Asymmetric Synthesis of α-Amino Phosphonic Acids Using Stable Imino Phosphonate as a Universal Precursor,
Chemistry - A European Journal, Vol.25, 2019.
(DOI: 10.1002/chem.201903572)
2.Kazuma Shimoda, Yousuke Yamaoka, Dongeun Yoo, Ken-ichi Yamada, Hiroshi Takikawa and Kiyosei Takasu :
Total Syntheses of Allelopathic 4-Oxyprotoilludanes, Melleolides, and Echinocidins,
The Journal of Organic Chemistry, Vol.84, No.17, 11014-11024, 2019.
(DOI: 10.1021/acs.joc.9b01589,   PubMed: 31403293)
3.Kiyosei Takasu, Tomohiro Ito, Masaki Tsutsumi, Ken-ichi Yamada, Hiroshi Takikawa and Yousuke Yamaoka :
Synthesis of Functionalized MediumSized transCycloalkenes by 4π Electrocyclic Ring OpeningAlkylation Cascade,
Angewandte Chemie International Edition, Vol.58, No.34, 11836-11840, 2019.
(DOI: 10.1002/anie.201906665)
4.Mogi Yuzo, Inanaga Kazato, Tokuyama Hidetoshi, Ihara Masataka, Yamaoka Yousuke, Ken-ichi Yamada and Takasu Kiyosei :
Rapid Assembly of Protoilludane Skeleton through Tandem Catalysis: Total Synthesis of Paesslerin A and Its Structural Revision.,
Organic Letters, Vol.21, No.11, 3954-3958, 2019.
(DOI: 10.1021/acs.orglett.9b01089,   PubMed: 31117698,   Elsevier: Scopus)
5.Masato Kono, Shingo Harada, Tomoyuki Nozaki, Yoshinori Hashimoto, Shun-ichi Murata, Harald Gröger, Yusuke Kuroda, Ken-ichi Yamada, Kiyosei Takasu, Yasumasa Hamada and Tetsuhiro Nemoto :
Asymmetric Formal Synthesis of (+)-Catharanthine via Desymmetrization of Isoquinuclidine,
Organic Letters, Vol.21, No.10, 3750-3754, 2019.
(DOI: 10.1021/acs.orglett.9b01198,   PubMed: 31021094,   Elsevier: Scopus)
6.Hiroki Kiyama, Tsubasa Inokuma, Yusuke Kuroda, Yousuke Yamaoka, Kiyosei Takasu and Ken-ichi Yamada :
Optical Resolution via Catalytic Generation of Chiral Auxiliary,
Tetrahedron Letters, Vol.60, No.2, 175-177, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113449,   DOI: 10.1016/j.tetlet.2018.12.006,   Elsevier: Scopus)
7.Yasutomo Yamamoto, Yasuo Nakanishi, Ken-ichi Yamada and Kiyoshi Tomioka :
Aminolithiation-Arylation Consecutive Cyclization of N-(2-Fluorophenyl)methyl-aminoalkylstyryls Giving Aryl-substituted Pyrido[1,2-b]isoquinoline.,
Tetrahedron, Vol.74, No.38, 5309-5318, 2018.
(DOI: 10.1016/j.tet.2018.05.085,   Elsevier: Scopus)
8.Takahisa Jichu, Tsubasa Inokuma, Keisuke Aihara, Taiki Kohiki, Kohdai Nishida, Akira Shigenaga, Ken-ichi Yamada and Akira Otaka :
A recyclable hydrophobic anchor-tagged asymmetric amino thiourea catalyst,
ChemCatChem, Vol.10, No.16, 3402-3405, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 111892,   DOI: 10.1002/cctc.201800714)
9.Tsubasa Inokuma, Kohdai Nishida, Akira Shigenaga, Ken-ichi Yamada and Akira Otaka :
Direct enantioselective indolylation of peptidyl imine for the synthesis of indolyl glycine-containing peptides,
Heterocycles, Vol.97, No.2, 1269-1287, 2018.
(DOI: 10.3987/COM-18-S(T)86)
10.Yousuke Yamaoka, Marie Taniguchi, Ken-ichi Yamada and Kiyosei Takasu :
TOTAL SYNTHESIS OF PHENANTHROQUINOLIZIDINE ALKALOID CRYPTOPLEURINE AND PHENANTHROINDOLIZIDINE ALKALOID TYLOPHORINE,
Heterocycles, Vol.97, No.1, 292-305, 2018.
(DOI: 10.3987/COM-18-S(T)19)
11.Yasutomo Yamamoto, Tatsuya Yamaguchi, Atsunori Kaneshige, Aiko Hashimoto, Sachiho Kaibe, Akari Miyawaki, Ken-ichi Yamada and Kiyoshi Tomioka :
Consecutive Aminolithiation Carbolithiation of a Linear Aminoalkene Bearing Terminal Vinyl Sulfide Moiety to Give Hydro indolizine,
Synlett, Vol.28, No.20, 2913-2917, 2017.
(DOI: 10.1055/s-0036-1588522)
12.Naoki Ogawa, Yousuke Yamaoka, Ken-ichi Yamada and Kiyosei Takasu :
Synthesis of π-Extended Fluoranthenes via a KHMDS-promoted Anionic-Radical Reaction Cascade.,
Organic Letters, Vol.19, No.12, 3327-3330, 2017.
(DOI: 10.1021/acs.orglett.7b01538,   PubMed: 28590747)
13.Yousuke Yamaoka, Motoki Ueda, Tohru Yamashita, Kazuki Shimoda, Ken-ichi Yamada and Kiyosei Takasu :
Synthesis of Multi-Substituted Cyclobutenes: Cyclic Strategy for [2+2] Cycloadditon of Ketene Silyl Acetals with Propiolates.,
Tetrahedron Letters, Vol.58, No.30, 2944-2947, 2017.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2017.06.039)
14.Norihito Arichi, Shinichi Fujiwara, Michiyasu Ishizawa, Makoto Makishima, Duy H. Hua, Ken-ichi Yamada, Yousuke Yamaoka and Kiyosei Takasu :
Synthesis and Biological Evaluation of Steroidal Derivatives Bearing a Small Ring as Vitamin D Receptor Agonists.,
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.27, No.15, 3408-3411, 2017.
(DOI: 10.1016/j.bmcl.2017.05.089,   PubMed: 28610979)
15.Bubwoong Kang, Yinli Wang, Satoru Kuwano, Yousuke Yamaoka, Kiyosei Takasu and Ken-ichi Yamada :
Site-selective Benzoin-type Cyclization of Unsymmetrical Dialdoses Catalyzed by N-Heterocyclic Carbenes for Divergent Cyclitol Synthesis.,
Chemical Communications, Vol.53, No.32, 4469-4472, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 113450,   DOI: 10.1039/c7cc01191a,   PubMed: 28379256)
16.Yinli Wang, Raphaël Oriez, Shogun Oh, Yasunori Miyakawa, Yousuke Yamaoka, Kiyosei Takasu and Ken-ichi Yamada :
Phosphine-Promoted Migrative Cyclization of Sulfonylalkynol and Sulfonylalkynamide for the Synthesis of Oxa- and Azacycles.,
Heterocycles, Vol.95, No.SI, 413-421, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 113451,   DOI: 10.3987/COM-16-S(S)22,   Elsevier: Scopus)
17.Yusuke Kuroda, Shingo Harada, Akinori Oonishi, Hiroki Kiyama, Yousuke Yamaoka, Ken-ichi Yamada and Kiyosei Takasu :
Use of a Catalytic Chiral Leaving Group for Asymmetric Substitutions at sp3-Hybridized Carbon Atoms: Kinetic Resolution of beta-Amino Alcohols by p-Methoxybenzylation .,
Angewandte Chemie International Edition, Vol.55, No.42, 13137-13141, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 113023,   DOI: 10.1002/anie.201607208,   PubMed: 27709822,   Elsevier: Scopus)
18.Ken-ichi Yamada, Akinori Oonishi, Yosuke Kuroda, Shingo Harada, Hiroki Kiyama, Yousuke Yamaoka and Kiyosei Takasu :
Desymmetrization of Acid Anhydride with Asymmetric Esterification Catalyzed by Chiral Phosphoric Acid.,
Tetrahedron Letters, Vol.57, No.36, 4098-4100, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 113452,   DOI: 10.1016/j.tetlet.2016.07.093)
19.Ken-ichi Yamada, Yusuke Matsumoto, Shitaro Fujii, Takehito Konishi, Yousuke Yamaoka and Kiyosei Takasu :
Striking Difference between Succinimidomethyl and Phthalimidomethyl Radicals in Conjugate Addition to Alkylidenemalonate Initiated by Dimethylzinc.,
The Journal of Organic Chemistry, Vol.81, No.9, 3809-3817, 2016.
(DOI: 10.1021/acs.joc.6b00485,   PubMed: 27080088)
20.Yinli Wang, Raphaël Oriez, Satoru Kuwano, Yousuke Yamaoka, Kiyosei Takasu and Ken-ichi Yamada :
Oxa- and Azacycle-formation via Migrative Cyclization of Sulfonylalkynol and Sulfonylalkynamide with N-Heterocyclic Carbene.,
The Journal of Organic Chemistry, Vol.81, No.6, 2652-2664, 2016.
(DOI: 10.1021/acs.joc.6b00182,   PubMed: 26930143)
21.Ken-ichi Yamada and Kiyoshi Tomioka :
Exploration of Dimethylzinc-Mediated Radical Reactions.,
Chemical Record, Vol.15, No.5, 854-871, 2015.
(DOI: 10.1002/tcr.201500017,   PubMed: 26201084)
22.Norihito Arichi, Ken-ichi Yamada, Yousuke Yamaoka and Kiyosei Takasu :
An Arylative Ring Expansion Cascade of Fused Cyclobutenes via Short-Lived Intermediates with Planar Chirality.,
Journal of the American Chemical Society, Vol.137, No.30, 9579-9582, 2015.
(DOI: 10.1021/jacs.5b06576,   PubMed: 26190818)
23.Yousuke Yamaoka, Marie Taniguchi, Ken-ichi Yamada and Kiyosei Takasu :
Asymmetric Total Synthesis of Tylophorine via a Formal [2+2] Cycloaddition Followed by Migrative Ring Opening of a Cyclobutane.,
Synthesis, Vol.47, No.18, 2819-2825, 2015.
(DOI: 10.1055/s-0034-1380430)
24.Yusuke Kuroda, Shingo Harada, Akinori Oonishi, Yousuke Yamaoka, Ken-ichi Yamada and Kiyosei Takasu :
Organocatalytic Activation of the Leaving Group in the Intramolecular Asymmetric SN 2' Reaction.,
Angewandte Chemie International Edition, Vol.54, No.28, 8263-8266, 2015.
(DOI: 10.1002/anie.201502831,   PubMed: 26016987)
25.Katsumi Nishimura, Naoshi Fukuyama, Tomohisa Yasuhara, Mitsuaki Yamashita, Takaaki Sumiyoshi, Yasutomo Yamamoto, Ken-ichi Yamada and Kiyoshi Tomioka :
Cyclic Model for the Asymmetric Conjugate Addition of Organolithium with Enoate.,
Synthesis, Vol.47, No.15, 2256-2264, 2015.
(DOI: 10.1055/s-0034-1380702)
26.Katsumi Nishimura, Naoshi Fukuyama, Tomohisa Yasuhara, Mitsuaki Yamashita, Takaaki Sumiyoshi, Yasutomo Yamamoto, Ken-ichi Yamada and Kiyoshi Tomioka :
A Short Synthesis of (+)-β-Lycorane by Asymmetric Conjugate Addition Cascade.,
Tetrahedron, Vol.71, No.39, 7222-7226, 2015.
(DOI: 10.1016/j.tet.2015.03.014)
27.Shinichi Fujiwara, Romain Cadou, Yousuke Yamaoka, Kiyosei Takasu and Ken-ichi Yamada :
Hydrostannylation-Cross-Coupling Strategy for Stereoselective Synthesis of Alkylidenemalonates and Related α,β-Unsaturated Esters.,
European Journal of Organic Chemistry, Vol.2015, No.6, 1264-2172, 2015.
(DOI: 10.1002/ejoc.201403429,   Elsevier: Scopus)
28.Bubwoong Kang, Toshiaki Sutou, Yinli Wang, Satoru Kuwano, Yousuke Yamaoka, Kiyosei Takasu and Ken-ichi Yamada :
N-Heterocyclic Carbene-Catalyzed Benzoin Strategy for Divergent Synthesis of Cyclitol Derivatives from Alditols.,
Advanced Synthesis & Catalysis, Vol.357, No.1, 131-147, 2015.
(DOI: 10.1002/adsc.201400712)
29.Norihito Arichi, Kenji Hata, Yoshiji Takemoto, Ken-ichi Yamada, Yousuke Yamaoka and Kiyosei Takasu :
Synthesis of Steroidal Derivatives Bearing a Small Ring Using a Catalytic [2+2] Cycloaddition and a Ring-Contraction Rearrangement.,
Tetrahedron, Vol.71, No.2, 233-244, 2014.
(DOI: 10.1016/j.tet.2014.11.065)
30.Shintaro Fujii, Mayu Nakano, Yousuke Yamaoka, Kiyosei Takasu, Ken-ichi Yamada and Kiyoshi Tomioka :
Contiguous Radical Pivaloyloxymethylation-Directed C(sp3)-H Iodination of N-Tosyl Cycloalkanecarbaldimine.,
Tetrahedron Letters, Vol.56, No.23, 3086-3089, 2014.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2014.11.105)

国際会議:

1.Ken-ichi Yamada, Yinli Wang, Satoru Kuwano, Tsubasa Inokuma, Yousuke Yamaoka and Kiyosei Takasu :
The Enhancement of Enantio-recognition in Kinetic Resolution of Chiral Secondary Alcohols with Chiral Acyltriazolium by Formation of AlcoholCarboxylate Complexes,
27th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress, Sep. 2019.
2.Ken-ichi Yamada, Yinli Wang, Satoru Kuwano, Tsubasa Inokuma, Yousuke Yamaoka and Kiyosei Takasu :
The Enhanced Enantio-recognition of Chiral Acylazolium in Kinetic Resolution of Chiral Secondary Alcohol by Carboxylate Additive,
The 4th International Symposium on Process Chemistry (ISPC 2019), Jul. 2019.
3.Ken-ichi Yamada, Wang Yinli, Kuwano Satoru, Tsubasa Inokuma, Yamaoka Yousuke and Takasu Kiyosei :
NHC-Carboxylate Dual Catalysis in Kinetic Resolution of α-Hydroxy Thioamide by Acylation,
The 1st International Symposium on Hybrid Catalysis for Enabling Molecular Synthesis on Demand, Tokyo, May 2019.
4.Tomohiro Ito, Masaki Tsutsumi, Hiroshi Takikawa, Ken-ichi Yamada, Yousuke Yamaoka and Kiyosei Takasu :
4π-ElectrocyclizationAlkylation Reaction of Fused Cyclobutenes Giving Medium-sized trans-Cycloalkenes.,
The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-14), Nov. 2018.
5.Tsubasa Inokuma, Nishida Kodai, Akira Shigenaga, Ken-ichi Yamada and Akira Otaka :
Novel methodology for the synthesis of-indolyl-glycine containing peptidevia direct asymmetric FriedelCrafts reactionto peptidyl imine,
35th European Peptide Symposium, Dublin, Ireland, Aug. 2018.
6.Ken-ichi Yamada, Yinli Wang, Satoru Kuwano and Kiyosei Takasu :
The Enhanced Enantio-recognition of Chiral Secondary Alcohols with Chiral Acyltriazolium by Formation of Alcohol-Carboxylate Complexes,
International Congress on Pure & Applied Chemistry 2018, Siem Reap, Cambodia, Mar. 2018.
7.Ken-ichi Yamada :
Kinetic Resolution of alpha-Hydroxy Carboxylic Acid Derivatives by Chiral N-Heterocyclic Carbene-Catalyzed Acylation,
The 3rd Symposium of Drug Development Research Institute, College of Pharmacy, Dongguk University, Seoul, Dec. 2017.
8.Kazuma Shimoda, Yousuke Yamaoka, Hiroshi Takikawa, Ken-ichi Yamada and Kiyosei Takasu :
Total Synthesis of Echinocidin D by Using Lewis Acid Catalyzed [2+2] Cycloaddition,
The 11th International Symposium on Integrated Synthesis(ISONIS-11), Awaji, Nov. 2017.
9.Norihito Arichi, Yousuke Yamaoka, Ken-ichi Yamada and Kiyosei Takasu :
An Arylative Ring Expansion Cascade of Fused Cyclobutenes via Short-lived Cycloalkadienes with Planar Chirality,
26th ISHC Congress, Regensburg, Germany, Sep. 2017.
10.Kazuma Shimoda, Yousuke Yamaoka, Hiroshi Takikawa, Ken-ichi Yamada and Kiyosei Takasu :
Total Synthesis of Echinocidin D by Using Lewis Acid Catalyzed [2+2] Cycloaddition,
26th ISHC Congress, Regensburg, Germany, Sep. 2017.
11.Tomohiro Ito, Ken-ichi Yamada, Yousuke Yamaoka and Kiyosei Takasu :
Synthesis of Medium-sized trans-Cycloalkenes by Domino 4π-ElectrocyclizationAlkylation of Fused Cyclobutenes,
26th ISHC Congress, Regensburg, Germany, Sep. 2017.
12.Naoki Ogawa, Yousuke Yamaoka, Hiroshi Takikawa, Ken-ichi Yamada and Kiyosei Takasu :
Synthesis of π-Extended 9-Hydoroxyfluoranthenes by KHMDS-Promoted Domino Reaction,
26th ISHC Congress, Regensburg, Germany, Sep. 2017.
13.Yinli Wang, Yousuke Yamaoka, Kiyosei Takasu and Ken-ichi Yamada :
Kinetic Resolution of α-Hydroxy Carboxylic Acid Derivatives by Chiral N-Heterocyclic Carbene-Catalyzed Acylation,
SKO Symposium, Osaka, May 2017.
14.Tomohiro Ito, Ken-ichi Yamada, Yousuke Yamaoka and Kiyosei Takasu :
Synthesis of Medium-sized trans-Cycloalkenes by Domino 4p-Electrocyclization-Alkylation of Fused Cyclobutenes,
The Tenth International Symposium on Integrated Synthesis (ISONIS-10), Hyogo Prefecture, Nov. 2016.
15.Norihito Arichi, Tomohiro Ito, Ken-ichi Yamada, Yousuke Yamaoka and Kiyosei Takasu :
Asymmetric Synthesis of Medium-Sized Ring Compounds via Short-Lived Cycloalkadiene Intermediates Based on Memory of Chirality Strategy,
Molecular Chirality Asia 2016, Osaka, Apr. 2016.
16.Shinichi Fujiwara, Yousuke Yamaoka, Kiyosei Takasu and Ken-ichi Yamada :
A New Model for Stereoseletivity with 8-Phenylmenthyl Benzylidenemalonates,
Molecular Chirality Asia 2016, Osaka, Apr. 2016.
17.Yinli Wang, Yasunori Miyakawa, Raphaël Oriez, Yousuke Yamaoka, Kiyosei Takasu and Ken-ichi Yamada :
Oxa- and Azacycle-Formation via Migrative Cyclization of Sulfonylalkynol and Sulfonylalkynamide with N-Heterocyclic Carbene,
Molecular Chirality Asia 2016, Osaka, Apr. 2016.
18.Yusuke Kuroda, Yousuke Yamaoka, Ken-ichi Yamada and Kiyosei Takasu :
Catalytic Chiral Leaving Group Strategy for Asymmetric Substitution Reactions: Kinetic Resolution of Amino Alcohols through p-Methoxybenzylation,
Molecular Chirality Asia 2016, Osaka, Apr. 2016.
19.Ken-ichi Yamada, Yinli Wang, Yoshinori Miyakawa, Raphaël Oriez, Yousuke Yamaoka and Kiyosei Takasu :
Migrative Cyclization of Alkynylsulfones Using N-Heterocyclic Carbenes,
The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem2015), Honolulu, Dec. 2015.
20.Ken-ichi Yamada :
Activation of the leaving group in the chiral phosphoric acid-catalyzed intramolecular asymmetric SN2' reaction,
The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem2015), Honolulu, Dec. 2015.
21.Shinichi Fujiwara, Yousuke Yamaoka, Kiyosei Takasu and Ken-ichi Yamada :
E/Z-selective synthesis of unsymmetric alkylidenemalonates and its applications,
The 9th SKO Symposium, Seoul, Nov. 2015.
22.Yusuke Kuroda, Shingo Harada, Akinori Oonishi, Yousuke Yamaoka, Ken-ichi Yamada and Kiyosei Takasu :
Organocatalytic Activation of the Leaving Group in the Asymmetric Substitution Reaction,
The 13th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-13), Kyoto, Nov. 2015.
23.Mogi Yuzo, Ken-ichi Yamada, Yousuke Yamaoka and Takasu Kiyosei :
Total Synthesis and Structural Revision of Paesslerin A,
International Symposium of the Phytochemical Society of Asia 2015 (ISPSA2015) TOKUSHIMA, Tokushima, Aug. 2015.
24.Yousuke Yamaoka, Nao Takeuchi, Ken-ichi Yamada and Kiyosei Takasu :
Efficient Synthesis of Nitrogen-containing Medium Rings with Ynamides,
The 25th ISHC Congress, Santa Barbara, Aug. 2015.
25.Ken-ichi Yamada, Yusuke Kuroda, Harada Shingo, Yousuke Yamaoka and Kiyosei Takasu :
The asymmetric intramolecular SN2' reaction catalyzed by chiral phosphoric acid,
The 39th Naito Conference The Chemistry of Organocatalysts, 北海道, Jul. 2015.
26.Yuzo Mogi, Kazato Inanaga, Hidetoshi Tokuyama, Masataka Ihara, Yousuke Yamaoka, Ken-ichi Yamada and Kiyosei Takasu :
Total Synthesis of Paesslerin A,
The 39th Naito Conference The Chemistry of Organocatalysts, 北海道, Jul. 2015.

国内講演発表:

1.Tsubasa Inokuma, Kana Masui, Kohdai Nishida, Akira Shigenaga, Akira Otaka and Ken-ichi Yamada :
Development of the direct asymmetric indolylation of imino peptide for synthesis of indolylglycine-containing peptide,
第56回ペプチド討論会, Oct. 2019.
2.猪熊 翼, 増井 香奈, 西田 航大, 重永 章, 大髙 章, 山田 健一 :
ペプチドへの直接的不斉反応による異常アミノ酸含有ペプチド新規合成法の開発,
日本ケミカルバイオロジー学会第14回年会, 2019年6月.
3.高須 清誠, 杉本 和馬, 藤村 駿, 小川 直樹, 宮川 泰典, 山田 健一, 瀧川 紘, 山岡 庸介 :
形式的メタセシス反応を利用した多環芳香族炭化水素の合成,
日本薬学会第139年会, 2019年3月.
4.山田 健一, 木山 大樹, 猪熊 翼, 黒田 悠介, 山岡 庸介, 高須 清誠 :
触媒的不斉補助基形成を基盤とするアルコール類の光学分割,
日本薬学会第139年会, 2019年3月.
5.猪熊 翼, 西田 航大, 重永 章, 大髙 章, 山田 健一 :
ペプチドへの直接的不斉反応によるインドリルグリシン含有ペプチドの合成,
日本薬学会第139年会, 2019年3月.
6.山内 映穂, 王 胤力, 猪熊 翼, 山岡 庸介, 高須 清誠, 山田 健一 :
α-ヒドロキシアミドの速度論的光学分割におけるN-置換基効果,
日本薬学会第139年会, 2019年3月.
7.山田 健一, 木山 大樹, 猪熊 翼, 黒田 悠介, 山岡 庸介, 高須 清誠 :
触媒的ジアステレオマー法によるキラルアルコール類の光学分割,
第11回 有機触媒シンポジウム, 2018年12月.
8.榊原 拓哉, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章, 山田 健一 :
非天然側鎖構造を有するα-アミノリン酸の実用的不斉合成,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2018年11月.
9.岡田 和貴, 猪熊 翼, 山田 健一 :
ホモセリン類含有ペプチドの効率的合成を志向した不斉Mannich 反応の検討,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2018年11月.
10.山岡 庸介, 山崎 大資, 篠崎 麻紀子, 武内 奈央, 山田 健一, 瀧川 紘, 高須 清誠 :
エン-イナミドを用いた含窒素複素環の合成法の開発と応用,
第44回反応と合成の進歩シンポジウム, 2018年11月.
11.猪熊 翼, 岡田 和貴, 西田 航大, 重永 章, 大髙 章, 山田 健一 :
ペプチドイミンに対する不斉1,2-付加を基盤とする非天然アミノ酸含有ペプチドの不斉合成,
第44回反応と合成の進歩シンポジウム, 2018年11月.
12.山岡 庸介, 山崎 大資, 篠崎 麻紀子, 山田 健一, 瀧川 紘, 高須 清誠 :
ブレンステッド酸によるイナミドの分子内スピロ環化反応の開発,
第68回日本薬学会近畿支部総会・大会, 2018年10月.
13.下田 和摩, 山岡 庸介, 瀧川 紘, 山田 健一, 高須 清誠 :
植物の成長を制御するプロトイルダン類の合成,
第60回天然有機化合物討論会, 2018年9月.
14.山岡 庸介, 山崎 大資, 篠崎 麻紀子, 山田 健一, 瀧川 紘, 高須 清誠 :
イナミドとの連続反応によるスピロインドリン骨格の構築,
第38回有機合成若手セミナー, 2018年8月.
15.山田 健一, 王 胤力, 猪熊 翼, 山岡 庸介, 高須 清誠 :
キラルNHC触媒を用いるα-ヒドロキシカルボン酸誘導体の速度論的光学分割,
日本プロセス化学会 2018 サマーシンポジウム, 2018年7月.
16.益田 紗京, 後藤 健吾, 中山 隆盛, 猪熊 翼, 山田 健一 :
構造活性相関研究を志向したPancratistatin誘導体の立体網羅的合成,
創薬懇話会 2018 in 志賀島, 2018年6月.
17.榊原 拓哉, 猪熊 翼, 重永 章, 大髙 章, 山田 健一 :
安定なイミンを用いたα-アミノリン酸の実用的不斉合成,
創薬懇話会 2018 in 志賀島, 2018年6月.
18.伊藤 智裕, 堤 正貴, 瀧川 紘, 山田 健一, 山岡 庸介, 高須 清誠 :
電子環状反応を利用したtrans-シクロアルケンの新規合成法とその応用,
モレキュラーキラリティー2018, 2018年5月.
19.山田 健一, 王 胤力, 鍬野 哲, 猪熊 翼, 山岡 庸介, 高須 清誠 :
キラルNHC触媒を用いるキラル第二級アルコール類の速度論的光学分割とアキラルカルボン酸の添加効果,
モレキュラーキラリティー2018, 2018年5月.
20.山岡 庸介, 山﨑 大資, 篠崎 麻紀子, 山田 健一, 瀧川 紘, 高須 清誠 :
イナミドを用いた新規スピロインドリン合成法の開発,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
21.下田 和摩, 山岡 庸介, 山田 健一, 瀧川 紘, 高須 清誠 :
Echinocidin Dの全合成,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
22.橋本 健太郎, 王 胤力, 鍬野 哲, 高須 清誠, 猪熊 翼, 山田 健一 :
不斉ベンゾイン反応におけるキラルNHC触媒の遠隔位電子効果,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
23.山内 映穂, 宮川 泰典, 王 胤力, 高須 清誠, 猪熊 翼, 山田 健一 :
スルホニルアルキノールの転位環化反応の触媒的不斉化,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
24.王 胤力, 山内 映穂, 猪熊 翼, 山岡 庸介, 高須 清誠, 山田 健一 :
基質と共触媒との水素結合複合体形成を基盤とするα-ヒドロキシチオアミドの速度論的光学分割法の開発,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
25.猪熊 翼, 王 胤力, 山岡 庸介, 高須 清誠, 山田 健一 :
キラルNHC触媒を用いたα-ヒドロキシカルボン酸誘導体の速度論的光学分割,
第10回有機触媒シンポジウム, 2017年12月.
26.伊藤 智裕, 山田 健一, 瀧川 紘, 山岡 庸介, 高須 清誠 :
電子環状反応を利用したtrans-シクロアルケンの新規合成法とその応用,
第43回反応と合成の進歩シンポジウム, 2017年11月.
27.王 胤力, 猪熊 翼, 山岡 庸介, 高須 清誠, 山田 健一 :
キラルNHC触媒を用いる不斉アシル化によるα-ヒドロキシカルボン酸誘導体の速度論的光学分割,
第43回反応と合成の進歩シンポジウム, 2017年11月.
28.小川 直希, 山岡 庸介, 瀧川 紘, 山田 健一, 高須 清誠 :
オキサプロペランを利用した多環芳香族炭化水素の合成,
第47回複素環化学討論会, 2017年10月.
29.姜 法雄, 山岡 庸介, 高須 清誠, 山田 健一 :
含窒素複素環カルベン触媒ベンゾイン型環化反応を用いる イノシトール類の立体網羅的合成,
第47回複素環化学討論会, 2017年10月.
30.橋本 健太郎, 王 胤力, 鍬野 哲, 高須 清誠, 猪熊 翼, 山田 健一 :
遠隔位チューニングによるキラルNHC触媒の高性能化,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2017年10月.
31.山内 映穂, 宮川 泰典, 王 胤力, 猪熊 翼, 高須 清誠, 山田 健一 :
スルホニルアルキノールの転位環化反応のキラルカウンターカチオンを用いる触媒的不斉化,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2017年10月.
32.山田 健一 :
遠隔位への置換基導入による触媒の電子的チューニング,
日本プロセス化学会 東四国地区フォーラム 2017年度第2回(24回)セミナー, 2017年10月.
33.下田 和摩, 宮川 泰典, 山岡 庸介, 瀧川 紘, 山田 健一, 高須 清誠 :
植物成長促進作用を有するプロトイルダンechinocidin Dの全合成,
第37回有機合成若手セミナー, 2017年8月.
34.山岡 庸介, 植田 幹, 植田 幹, 下田 和摩, 山田 健一, 高須 清誠 :
ケテンシリルアセタールの触媒的(2+2)環化付加によるシクロブテンの合成,
日本プロセス化学会2017サマーシンポジウム, 2017年8月.
35.下田 和摩, 山岡 庸介, 山田 健一, 高須 清誠 :
植物成長活性を有するmelleolideの合成研究,
創薬懇話会2017 in 加賀, 2017年7月.
36.山内 映穂, 宮川 泰典, 王 胤力, 高須 清誠, 猪熊 翼, 山田 健一 :
スルホニルアルキノールの転位環化反応のキラルカウンターカチオンを用いる触媒的不斉化,
創薬懇話会2017 in 加賀, 2017年7月.
37.下田 和摩, 植田 幹, 山岡 庸介, 山田 健一, 高須 清誠 :
アレロパシー活性を示すmelleolideの合成研究,
第15回次世代を担う有機化学シンポジウム, 2017年5月.
38.高須 清誠, 小川 直希, 山岡 庸介, 山田 健一 :
アズレン環を持つ新奇な多環芳香族炭化水素の合成,
日本薬学会第137年会, 2017年3月.
39.下田 和摩, 山岡 庸介, 山田 健一, 高須 清誠 :
Melleolideの合成研究,
日本薬学会第137年会, 2017年3月.
40.山岡 庸介, 田村 浩一, 古賀 健太, 山田 健一, 高須 清誠 :
(-)-Cinanthrenol Aの合成研究,
日本薬学会第137年会, 2017年3月.
41.伊藤 智裕, 山田 健一, 山岡 庸介, 高須 清誠 :
4pi電子環状反応を活用したtrans-シクロアルケンの合成,
日本薬学会第137年会, 2017年3月.
42.王 胤力, 山岡 庸介, 高須 清誠, 山田 健一 :
キラルNHC 触媒を用いるα-ヒドロキシチオアミドの速度論的光学分割,
日本薬学会第137年会, 2017年3月.
43.高須 清誠, 小川 直希, 山岡 庸介, 山田 健一 :
アズレン環をもつ新奇な多環芳香族炭化水素の合成,
第10回有機pi電子系シンポジウム, 2016年12月.
44.山岡 庸介, 吉田 琢紘, 篠崎 麻紀子, 武内 奈央, 山田 健一, 高須 清誠 :
エン‐イナミドを用いた含窒素複素環の簡便合成法の開発と応用,
第42回反応と合成の進歩シンポジウム, 2016年11月.
45.村田 峻一, 原田 慎吾, 野崎 智之, 黒田 悠介, 山田 健一, 高須 清誠, 濱田 康正, 根本 哲宏 :
ロジウムカルベノイドのアミド挿入反応によるイソキヌクリジン環の構築とその非対称化を利用したイボガアルカロイドの不斉全合成研究,
第42回反応と合成の進歩シンポジウム, 2016年11月.
46.早阪 茉奈美, 山岡 庸介, 山田 健一, 高須 清誠 :
フェナントレン環を含むアルカロイドおよび類縁体の合成研究,
第66回日本薬学会近畿支部総会・大会, 2016年10月.
47.高須 清誠, 伊藤 智裕, 山岡 庸介, 山田 健一 :
縮環シクロブテンを経由する中員環 trans-シクロアルケン合成法の開発,
第66回日本薬学会近畿支部総会・大会, 2016年10月.
48.高須 清誠, 小川 直希, 山岡 庸介, 山田 健一 :
新奇フルオランテン骨格形成反応の開発とその反応機構,
第66回日本薬学会近畿支部総会・大会, 2016年10月.
49.山岡 庸介, 篠崎 麻紀子, 山田 健一, 高須 清誠 :
エン-イナミドを用いたスピロインドール合成法の開発,
第66回日本薬学会近畿支部総会・大会, 2016年10月.
50.王 胤力, 宮川 泰典, Oriez Raphaël, 山岡 庸介, 高須 清誠, 山田 健一 :
スルホニルアルキノールとスルホニルアルキンアミドのスルホニル基転位を伴う環化反応,
第46回複素環化学討論会, 2016年9月.
51.山岡 庸介, 植田 幹, 山下 徹, 下田 和摩, 山田 健一, 高須 清誠 :
ケテンシリルアセタールとプロピオール酸エステルの触媒的[2+2]環化付加反応の開発,
第46回複素環化学討論会, 2016年9月.
52.山岡 庸介, 谷口 麻理枝, 早阪 茉奈美, 山田 健一, 高須 清誠 :
シクロブタノールの新奇反応を活用したチロホリン類の合成,
第58回天然有機化合物討論会, 2016年9月.
53.高須 清誠, 小川 直希, 山岡 庸介, 山田 健一 :
シクロブタンの新奇反応を利用したジベンゾ[j,l]フルオランテンの合成,
第27回基礎有機化学討論会, 2016年9月.
54.下田 和摩, 茂木 雄三, 山田 健一, 山岡 庸介, 高須 清誠 :
プロトイルダン型セスキテルペンの合成研究,
新学術領域「中分子戦略」第2回若手シンポジウム, 2016年8月.
55.山田 健一, 坪井 裕基, 山岡 庸介, 高須 清誠 :
新規キラルグアニジン触媒を用いる不斉共役付加反応,
第36回有機合成若手セミナー, 2016年8月.
56.藤井 晋太郎, 山岡 庸介, 高須 清誠, 山田 健一 :
o–アルキニルベンズアルジミンへの連続ラジカル付加反応,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
57.王 胤力, 山岡 庸介, 高須 清誠, 山田 健一 :
キラルNHC 触媒を用いるα-ヒドロキシアミドの速度論的光学分割,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
58.黒田 悠介, 原田 慎吾, 木山 大樹, 大西 亨典, 山岡 庸介, 高須 清誠, 山田 健一 :
キラルリン酸による触媒的求核置換反応を用いるアミノアルコールの速度論的光学分割,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
59.山田 健一, 坪井 裕基, 山岡 庸介, 高須 清誠 :
新規キラルグアニジン触媒を用いる不斉共役付加反応,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
60.山岡 庸介, 伊藤 智裕, 山田 健一, 高須 清誠 :
電子環状反応によるtrans-シクロノネンの合成と反応性,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
61.山岡 庸介, 下田 和摩, 植田 幹, 山田 健一, 高須 清誠 :
ケテンシリルアセタールとプロピオール酸エステルの触媒的[2+2]環化付加の開発,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
62.山田 健一, 松本 祐亮, 藤井 晋太郎, 山岡 庸介, 高須 清誠 :
ジメチル亜鉛を用いるイミドメチルラジカルのアルキリデンマロネートへの付加反応,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
63.山田 健一, 木山 大樹, 黒田 悠介, 山岡 庸介, 高須 清誠 :
キラル第二級アルコールの不斉アミナール化による触媒的光学分割,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
64.山岡 庸介, 武内 菜央, 山田 健一, 高須 清誠 :
イナミドを用いた効率的複素中員環合成法の開発,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
65.村田 峻一, 原田 慎吾, 野崎 智之, 黒田 悠介, 山田 健一, 高須 清誠, 濱田 康正, 根本 哲宏 :
アミド挿入反応による架橋型分子の構築とその非対称化を鍵工程とするカタランチンの不斉全合成研究,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
66.藤原 慎一, 山岡 庸介, 山田 健一, 高須 清誠 :
8-フェニルメンチル基による立体選択性発現にpi-stacking は本当に重要なのか?,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
67.有地 法人, 伊藤 智裕, 山田 健一, 山岡 庸介, 高須 清誠 :
不斉記憶型4pi電子環状反応による光学活性中員環の合成,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
68.原田 慎吾, 村田 峻一, 野崎 智之, 黒田 悠介, 山田 健一, 高須 清誠, 濱田 康正, 根本 哲宏 :
キラルブレンステッド酸触媒による非対称化を利用したカタランチンの不斉全合成研究,
「有機分子触媒による未来型分子変換」第6回公開シンポジウム, 2016年1月.
69.茂木 雄三, 下田 和摩, 山田 健一, 山岡 庸介, 高須 清誠 :
パエスレリンAの全合成,
第41回反応と合成の進歩シンポジウム, 2015年10月.
70.山岡 庸介, 藤村 駿, 谷口 麻里枝, 山田 健一, 高須 清誠 :
形式的[2+2]環化反応を用いた多環芳香族炭化水素の合成とその応用,
第65回日本薬学会近畿支部総会・大会, 2015年10月.
71.高須 清誠, 古賀 健太, 山田 健一, 山岡 庸介 :
海洋ステロイドCinanthrenol A の合成研究,
第65回日本薬学会近畿支部総会・大会, 2015年10月.
72.高須 清誠, 周藤 利明, 山岡 庸介, 山田 健一, 山口 知宏, 加藤 博章 :
Rhodamine類縁体の合成とABCトランスポーター排出活性の評価,
第65回日本薬学会近畿支部総会・大会, 2015年10月.
73.高須 清誠, 千田 真彰, 山岡 庸介, 山田 健一 :
シクロブタノールの環縮小転位を利用したpH 応答性蛍光化合物の合成,
第26回基礎有機化学討論会, 2015年9月.
74.高須 清誠, 大西 亨典, 西野 渉, 山岡 庸介, 山田 健一 :
分子内水素結合を介した配座制御による酸化還元応答型色素分子の開発,
第26回基礎有機化学討論会, 2015年9月.
75.山田 健一 :
含窒素複素環カルベンを用いる合成反応の開発,
第3回柴﨑研究セミナー, 2015年9月.
76.山岡 庸介, 篠﨑 麻紀子, 吉田 琢紘, 山田 健一, 高須 清誠 :
ブレンステッド酸を用いたエン-イナミドの環化反応と天然物合成への応用,
第35回有機合成若手セミナー, 2015年8月.
77.高須 清誠, 大西 亨典, 西野 渉, 山岡 庸介, 山田 健一 :
分子内水素結合による配座制御を利用した酸化還元応答型色素の開発,
第35回有機合成若手セミナー, 2015年8月.
78.有地 法人, 山田 健一, 山岡 庸介, 高須 清誠 :
面性不斉短寿命中間体を経由する縮環シクロブテンの環拡大反応,
Symposium on Molecular Chirality 2015, 2015年6月.
79.黒田 悠介, 原田 慎吾, 大西 亨典, 山岡 庸介, 山田 健一, 高須 清誠 :
求電子種の活性化に基づく触媒的不斉置換反応の開発,
第13回次世代を担う有機化学シンポジウム, 2015年5月.
80.黒田 悠介, 原田 慎吾, 山岡 庸介, 山田 健一, 高須 清誠 :
脱離基の活性化に基づく触媒的分子内不斉SN2'反応の開発,
第8回有機触媒シンポジウム兼「有機分子触媒による未来型分子変換」第5回公開シンポジウム, 2015年5月.

報告書:

1.植野 美彦, 関 陽介, 佐藤 健二, 野間口 雅子, 二川 健, 生島 仁史, 浜田 賢一, 白山 靖彦, 山田 健一, 古部 昭広, 松木 均, 古屋 S. 玲, 上岡 麻衣子 :
平成30年度 徳島大学 総合教育センターアドミッション部門 報告書,
平成30年度 徳島大学 総合教育センターアドミッション部門 報告書, 徳島, 2019年3月.
2.植野 美彦, 澤田 麻衣子, 荒武 達朗, 橋本 一郎, 二川 健, 安井 敏之, 浜田 賢一, 白山 靖彦, 山田 健一, 北條 昌秀, 音井 威重, 古屋 S. 玲, 関 陽介 :
平成29年度 徳島大学 総合教育センターアドミッション部門 報告書,
平成29年度 徳島大学 総合教育センターアドミッション部門 報告書, 2018年3月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • キラリティー伝播と遠隔位電子効果を設計基盤とする有機分子触媒の創生 (研究課題/領域番号: 18K06579 )
  • 有機分子触媒による分子認識の基盤開拓と反応開発 (研究課題/領域番号: 26105732 )
  • キラリティー伝播型不斉配位子の開発と設計基盤開拓 (研究課題/領域番号: 26460005 )
  • 協働型キラルカルベン配位子の創製と触媒的不斉合成反応への応用 (研究課題/領域番号: 24790011 )
  • C1導入を伴うスズフリーラジカルプロセスによる生理活性複素環構築手法の開拓研究課題名 (研究課題/領域番号: 21790013 )
  • 四大原子反応剤の不斉反応の開拓と生理活性有機化合物の不斉合成への展開 (研究課題/領域番号: 20249002 )
  • 有機金属ラジカル開始剤の特徴を活かす新反応の開発と不斉反応への展開 (研究課題/領域番号: 17790012 )
  • 知的分子集合による不斉空間の構築を戦略基盤とする不斉反応の開拓 (研究課題/領域番号: 17659005 )
  • 不飽和カルボニル系を用いる高度連続変換反応の開拓 (研究課題/領域番号: 17065014 )
  • 高反応性活性種の立体制御を基盤とする立体選択的多置換環骨格構築法の開発と応用 (研究課題/領域番号: 17035045 )
  • エーテルラジカルの直接的発生方法と反応 (研究課題/領域番号: 15659002 )
  • 多成分複合反応剤を用いる不斉反応の開拓 (研究課題/領域番号: 15390005 )
  • 有機金属化合物を開始剤とする不斉ラジカル反応の開発 (研究課題/領域番号: 14771241 )
  • タンデム型閉環反応を用いる多元素環状化合物の不斉構築 (研究課題/領域番号: 14044046 )
  • タンデム型閉環反応を用いる多元素環状化合物の不斉構築 (研究課題/領域番号: 13029052 )
  • アルケニルホスホナートを捕捉剤とする炭素及び窒素求核剤の反応開発 (研究課題/領域番号: 11877372 )
  • 活性化機能分子を基盤とする触媒的不斉合成反応の開拓 (研究課題/領域番号: 10470468 )
  • 研究者番号(00335184)による検索