Search:
Tokushima University > Graduate School of Biomedical Sciences > 保健科学域 > Health Science > Nursing Science > Department of Oncological Medical Services >
Tokushima University > Graduate School of Health Sciences > Health Sciences > Nursing Sciences >
Tokushima University > Research Clusters > Research Clusters (Registered) > 1804034 高齢がん患者とのコミュニケーション援助スキル獲得プログラムの開発 >
Tokushima University > Faculty of Medicine > School of Health Sciences > Major in Nursing > Adult and Gerontological Nursing >
Tokushima University > Research Clusters > Research Clusters (Registered) > 1804028 世界的超高齢先進地域における地域創生を志向した地域住民協働型トータルヘルスプロモーションプログラムモデルの開発と検証 >
(CSV files for researchmap) [PDF manual]

Research Activity

Field of Study

Oncology Nursing
急性期看護

Subject of Study

手術療法を受ける食道がん患者のQOL,不安,心理的適応に関する研究
ICU患者のPICS,QOLの実態とリスク要因の検討

Book / Paper

Proceeding of International Conference:

1.水野 道代, Yoshie Imai, 矢ヶ崎 香, 上田 伊佐子, Takae Bando, Aki Takahashi, 浅沼 智恵, 小松 浩子, L Sarna and S. Bialous :
Approaches to Recruiting Japanese Nurses to Build the Skill for Helping Cancer Patients Quit Smoking,
Mar. 2020.
2.水野 道代, Yoshie Imai, 矢ヶ崎 香, 上田 伊佐子, Takae Bando, Aki Takahashi, 小松 浩子, Chiemi Onishi, L. Sarna and S Bialous :
Development of an Online Webcast to Build Tobacco Control Capacity of Nurses in Japanese Clinical Cancer Centers,
ムンバイ, Nov. 2019.
3.Aki Takahashi, Takahiro Yoshida, Takae Bando, Yoshie Imai, Takeshi Nishino, Seiya Inoue, Akira Tangoku and Kazuya Kondo :
Quality of Life and Psycholugical Status ofPatients with Esophageal Cancer Who Underwent Minimal Invasive Surgery,
2nd Technological Competrncy as Caring inthe Health Sciences 2018, 111, Aug. 2008.

Proceeding of Domestic Conference:

1.森 美樹, Yoshie Imai, Takae Bando, Aki Takahashi and 出口 憲市 :
在宅で緩和ケアが必要ながん患者を支援する訪問看護師の困難感,
第34回日本がん看護学会学術集会, Feb. 2020.
2.Yoshie Imai, 上田 伊佐子, Takae Bando, Aki Takahashi, 水野 道代, 矢ヶ崎 香 and 小松 浩子 :
がん患者の禁煙を支援する看護師教育オンラインセミナーの教材開発と調査プロトコルの妥当性,
第34回日本がん看護学会学術集会, Feb. 2020.
3.木村 有里, Yoshie Imai, Chiemi Onishi, Takae Bando and Aki Takahashi :
再発・転移後の治療を受けている肺癌患者が持っている見通し,
第34回日本がん看護学会学術集会, Feb. 2020.
4.森本 樹里, Yoshie Imai, Chiemi Onishi, 高開 登茂子, Takae Bando and Aki Takahashi :
治療を中止したがん患者の回復への希望に対してジレンマを抱えた看護師の体験,
第34回日本がん看護学会学術集会, Feb. 2020.
5.川端 康枝, 坂本 充司, Chiemi Onishi, Yoshie Imai, Takae Bando and Aki Takahashi :
EGFR阻害薬治療を受ける高齢肺がん患者の皮膚障害に対する セルフケア行動の実態,
日本がん看護学会学術集会講演集, Vol.33, Feb. 2019.
6.Takae Bando, Yoshie Imai, Chiemi Onishi and Aki Takahashi :
初めてがん患者を受け持った看護学生が臨地実習中に直面したコミニュケーション場面での困惑と対処,
日本がん看護学会学術集会講演集, Vol.33, 193, Feb. 2019.
7.川端 泰枝, Chiemi Onishi, 坂本 充司, Yoshie Imai, Takae Bando and Aki Takahashi :
EGFR阻害薬治療を受ける高齢肺がん患者の皮膚障害に対するセルフケア行動の実態,
日本がん看護学会学術集会講演集, Vol.33, 257, Feb. 2018.
8.松本 充鈴, 田岡 志津佳, Takae Bando, Kazuya Kondo, Koichiro Kajiura, Hiromitsu Takizawa, Yoshie Imai, Aki Takahashi and Chiemi Onishi :
治療過程にある再発・転移肺がん患者の心理的適応,
第58回日本肺癌学会学術集会, Vol.57, No.5, 437, Oct. 2017.
9.Yukie Iwasa and Aki Takahashi :
学習過程におけるポートフォリオの効果-中間評価と最終評価からの分析-,
第48回日本看護学会-看護教育-学術集会抄録集, 141, Aug. 2017.
10.Yukie Iwasa and Aki Takahashi :
フィジカルアセスメント技術習得過程におけるポートフォリオの効果,
Journal of Japanese Society of Nursing Research, Vol.40, No.3, 222, Aug. 2017.
11.Aki Takahashi and Yukie Iwasa :
臨床看護師のリフレクション能力と専門職的発達に関する研究,
Journal of Japan Academy of Nursing Education, Vol.27, 147, Aug. 2017.
12.Aki Takahashi, Yukie Iwasa and 川原 みゆき :
臨床看護師のリフレクション能力と関連要因に関する研究,
日本看護研究学会中国・四国地方会第30回学術集会抄録集, Vol.30, 141, Mar. 2017.
13.Miyuki Kawahara, Aki Takahashi and Yukie Iwasa :
看護師の交代勤務型概日リズム睡眠障害の実態と生体リズムを維持するための対処行動,
日本看護科学学会学術集会講演集, Vol.36, 262, Nov. 2016.

Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • Hopeを強化した手術を受ける肺がん患者リハビリテーション看護ケアモデルの構築 (Project/Area Number: 18K10348 )
  • 治療過程にある高齢がん患者の納得を支援する看護介入プログラムの開発 (Project/Area Number: 15K11624 )
  • Search by Researcher Number (70799874)