検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 薬学域 > 先端薬学教育研究プロジェクト >
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 薬学域 > 薬科学部門 > 生命薬学系 > 生命薬理学 >
徳島大学 > 薬学部 > 薬学科 > 医薬品探索学講座 > 生命薬理学 >
徳島大学 > 薬科学教育部 > 創薬科学専攻 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1804006 薬理学的見地に基づく徳島大学発革新的治療薬の創出-医療ビッグデータを活用したドラッグリポジショニング研究- >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1.Yoshito Zamami, Takahiro Niimura, Naoto Okada, Toshihiro Koyama, Keijo Fukushima, Yuki Izawa-Ishizawa and Keisuke Ishizawa :
Factors Associated With Immune Checkpoint Inhibitor-Related Myocarditis.,
JAMA Oncology, 2019.
(DOI: 10.1001/jamaoncol.2019.3113,   PubMed: 31436802)
2.Naoki Kurata, Natsumi Tokashiki, Keijo Fukushima, Takaya Misao, Nanae Hasuoka, Kana Kitagawa, Masato Mashimo, W John Regan, Toshihiko Murayama and Hiromichi Fujino :
Short chain fatty acid butyrate uptake reduces expressions of prostanoid EP4 receptors and their mediation of cyclooxygenase-2 induction in HCA-7 human colon cancer cells.,
European Journal of Pharmacology, Vol.853, 308-315, 2019.
(DOI: 10.1016/j.ejphar.2019.04.014,   PubMed: 30980797)
3.Hirofumi Hamano, Marin Mitsui, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Takahiro Nimura, Naoto Okada, Keijo Fukushima, Masaki Imanishi, Masayuki Chuma, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasushi Kirino, Toshimi Nakamura, Kazuhiko Teraoka, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Hiroaki Yanagawa, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Irinotecan-induced neutropenia is reduced by oral alkalization drugs: analysis using retrospective chart reviews and the spontaneous reporting database.,
Supportive Care in Cancer, Vol.27, No.3, 849-856, 2019.
(DOI: 10.1007/s00520-018-4367-y,   PubMed: 30062585)
4.Masateru Kondo, Masaki Imanishi, Keijo Fukushima, Raiki Ikuto, Yoichi Murai, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Mitsuhiro Goda, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya and Keisuke Ishizawa :
Xanthine Oxidase Inhibition by Febuxostat in Macrophages Suppresses Angiotensin II-induced Aortic Fibrosis.,
American Journal of Hypertension, Vol.32, No.3, 249-256, 2019.
(DOI: 10.1093/ajh/hpy157,   PubMed: 30351343)
5.Naofumi Seira, Kazuyuki Yamagata, Keijo Fukushima, Yumi Araki, Naoki Kurata, Naoki Yanagisawa, Masato Mashimo, Hiroyuki Nakamura, W John Regan, Toshihiko Murayama and Hiromichi Fujino :
Cellular density-dependent increases in HIF-1α compete with c-Myc to down-regulate human EP4 receptor promoter activity through Sp-1-binding region.,
Pharmacology Research & Perspectives, Vol.6, No.6, 2018.
(DOI: 10.1002/prp2.441,   PubMed: 30455960)
6.Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, T Sakurada, Y Kohara, Yuya Horinouchi, E Sairyo, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Keijo Fukushima, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, M Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Nitrosonifedipine, a Photodegradation Product of Nifedipine, Suppresses Pharmacologically Induced Aortic Aneurysm Formation.,
Pharmacology, Vol.102, No.5-6, 281-286, 2018.
(DOI: 10.1159/000492577,   PubMed: 30253416,   Elsevier: Scopus)
7.Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Keijo Fukushima, Masaki Imanishi, Hirofumi Hamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Licht Miyamoto, Hiromichi Fujino, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Renoprotective effects of a factor Xa inhibitor: fusion of basic research and a database analysis.,
Scientific Reports, Vol.8, No.1, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112445,   DOI: 10.1038/s41598-018-29008-2,   PubMed: 30022146)
8.Takahiro Niimura, Yoshito Zamami, Toshihiro Koyama, Yuki Izawa-Ishizawa, Masashi Miyake, Tadashi Koga, Keisaku Harada, Ayako Ohshima, Toru Imai, Yutaka Kondo, Masaki Imanishi, Kenshi Takechi, Keijo Fukushima, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki, Shiro Hinotsu, R Mitsunobu Kano and Keisuke Ishizawa :
Hydrocortisone administration was associated with improved survival in Japanese patients with cardiac arrest.,
Scientific Reports, Vol.7, No.1, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112397,   DOI: 10.1038/s41598-017-17686-3,   PubMed: 29263333)
9.Araki Yumi, Suganami Akiko, Endo Suzu, Masuda Yuta, Keijo Fukushima, Regan W. John, Murayama Toshihiko, Tamura Yutaka and Hiromichi Fujino :
PGE1 and E3 show lower efficacies than E2 to -catenin-mediated activity as biased ligands of EP4 prostanoid receptors.,
FEBS Letters, Vol.591, No.22, 3771-3780, 2017.
(DOI: 10.1002/1873-3468.12878,   PubMed: 28986997)

学術レター:

1.Keijo Fukushima, Tadanobu Takahashi, Masahiro Takaguchi, Seigo Ito, Chihiro Suzuki, Takashi Agarikuchi, Yuuki Kurebayashi, Akira Minami and Takashi Suzuki :
A I131V Substitution in the Fusion Glycoprotein of Human Parainfluenza Virus Type 1 Enhances Syncytium Formation and Virus Growth.,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.42, No.5, 827-832, 2019.
(DOI: 10.1248/bpb.b18-00714,   PubMed: 31061326,   Elsevier: Scopus)
2.Seira Naofumi, Yanagisawa Naoki, Suganami Akiko, Takuya Honda, Wasai Makiko, Regan W John, Keijo Fukushima, Yamaguchi Naoto, Tamura Yutaka, Arai Takayoshi, Murayama Toshihiko and Hiromichi Fujino :
Anti-cancer effects of MW-03, a novel indole compound, by inducing 15-hydroxyprostaglandin dehydrogenase and cellular growth inhibition in the LS174T human colon cancer cell line,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.40, No.10, 1806-1812, 2017.
(DOI: 10.1248/bpb.b17-00458,   PubMed: 28966256,   Elsevier: Scopus)

国際会議:

1.Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Keijo Fukushima, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Hiromichi Fujino, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Utilizing Real-World Big Data in the Search for New Renoprotective Drugs,
Joint Hypertension 2018 Scientific Sessions, Sep. 2018.
2.Seira Naofumi, Yamagata Kazuyuki, Keijo Fukushima, Araki Yumi, Kurata Naoki, Yanagisawa Naoki, Mashimo Masato, Nakamura Hiroyuki, Regan W. John, Murayama Toshihiko and Hiromichi Fujino :
Hypoxia inducible factor-1alpha regulates human EP4 receptor expression by binding to specificity protein-1,
The 3rd Chiba University-Mahidol University Joint Symposium on Pharmaceutical Sciences, Aug. 2018.
3.Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Keijo Fukushima, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Hiromichi Fujino, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Renoprotective effects of edoxaban, a factor Xa inhibitor,
18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology, Jul. 2018.
4.Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Keijo Fukushima, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Search for drugs that attenuate the anti tumor effect of bevacizumab using adverse event database,
18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology, Jul. 2018.
5.Hiromichi Fujino, Araki Yumi, Suganami Akiko, Endo Suzu, Takano Harumi, Masuda Yuta, Keijo Fukushima, Regan W. John, Murayama Toshihiko and Tamura Yutaka :
PGE1 and E3 show lower efficacies than E2 to beta-catenin-mediated activity as biased ligands of EP4 prostanoid receptors,
18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology, Jul. 2018.

国内講演発表:

1.堀ノ内 裕也, 池田 康将, 濱野 裕章, 今西 正樹, 福島 圭穣, 合田 光寛, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎不全関連骨格筋萎縮における鉄代謝異常,
第92回日本薬理学会年会, 2019年3月.
2.堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 濱野 裕章, 今西 正樹, 石澤 有紀, 座間味 義人, 武智 研志, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
リアルワールドビッグデータを活用した新規腎保護薬の探索,
第28回日本医療薬学会年会, 2018年11月.
3.堀ノ内 裕也, 池田 康将, 濱野 裕章, 今西 正樹, 福島 圭穣, 合田 光寛, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎不全関連サルコペニアにおける鉄の関与,
第134回日本薬理学会近畿部会, 2018年11月.
4.生藤 来希, 今西 正樹, 山川 祐介, 福島 圭穣, 前川 晃子, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 合田 光寛, 座間味 義人, 武智 研志, 中馬 真幸, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎 :
大腸がん増大におけるがん関連線維芽細胞由来ERKSの役割,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月.
5.堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 石澤 有紀, 藤野 裕道, 玉置 俊晃 :
リアルワールドデータを活用した新規腎保護薬の探索,
第48回日本腎臓学会西部学術大会, 2018年9月.
6.座間味 義人, 三井 茉綸, 石澤 有紀, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 福島 圭穣, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを活用したベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
7.新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニング手法を用いた心肺蘇生後脳症治療薬の探索,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
8.渡嘉敷 夏海, 倉田 直希, 三竿 顕也, 荒木 祐美, 清良 尚史, 山際 菜月, 杉山 学, 福島 圭穣, W John REGAN, 村山 俊彦, 藤野 裕道 :
ヒト結腸がんHCA-7 細胞における酪酸によるEP4 受容体発現系への影響,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
9.福島 圭穣, 市川 和哉, 上野 崇宏, 稲垣 孝行, 宮川 泰宏, 千﨑 康司, 藤野 裕道, 山田 清文 :
関節リウマチ治療薬を対象とした有害事象自発報告データベースFAERSを用いた感染症リスクの比較,
第256回徳島医学会学術集会, 2018年2月.
10.堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 濱野 裕章, 今西 正樹, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
大規模医療情報データベース解析と基礎研究の融合による新規腎保護薬の探索,
第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月.
11.新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を活用した心肺停止患者に対するニコランジルの有効性に関する検討,
第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月.
12.堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 今西 正樹, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
第Xa因子阻害剤の腎保護効果,
第47回日本心脈管作動物質学会, 2018年2月.
13.堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 石澤 有紀, 藤野 裕道, 玉置 俊晃 :
医療ビッグデータを活用した腎保護薬の探索,
2017年度 肥満・糖尿病クラスター・ミニリトリート, 2018年2月.
14.堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 今西 正樹, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
第Xa因子阻害薬の腎保護効果,
第10回 心・血管クラスター・ミニリトリート, 2017年.
15.新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を用いて新規心肺蘇生後症候群治療薬の開発を志向したドラッグリポジショニング研究,
第38回日本臨床薬理学会学術総会, 2017年12月.
16.三井 茉綸, 座間味 義人, 石澤 有紀, 新村 貴博, 武智 研志, 今西 正樹, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを基にしたベバシズマブと相互作用を起こす薬剤の探索研究,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
17.新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
心肺停止患者の予後に与えるニコランジルの影響-大規模レセプト情報を用いた検討,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
18.漆崎 汐里, 座間味 義人, 石澤 有紀, 新村 貴博, 武智 研志, 今西 正樹, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を活用して新規心肺蘇生後症候群治療薬の開発を志向したドラッグリポジショニング研究,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
19.荒木 祐美, 菅波 晃子, 遠藤 すず, 水口 博之, 福島 圭穣, W John REGAN, 村山 俊彦, 田村 裕, 藤野 裕道 :
PGE1とPGE3のバイアス性と癌抑制機構の解明,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2017年10月.
20.新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
心肺蘇生後症候群治療薬の開発を目的としたドラッグリポジショニング研究-大規模医療情報を活用した検討-,
第255回 徳島医学会学術集会, 2017年8月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)