検索:
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 歯科口腔外科 > 口腔外科 >
徳島大学 > 歯学部 > 歯学科 > 口腔疾患系臨床歯学講座 > 口腔外科学 >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Takamitsu Mano, Kazuya Akita, Naoyuki Fukuda, Kumiko Kamada, Naito Kurio, Kunio Ishikawa and Youji Miyamoto :
Histological comparison of three apatitic bone substitutes with different carbonate contents in alveolar bone defects in a beagle mandible with simultaneous implant installation.,
Journal of Biomedical Materials Research. Part B, Applied Biomaterials, Vol.108, No.4, 1450-1459, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 113813,   DOI: 10.1002/jbm.b.34492,   PubMed: 31622016)
2. Kazuya Akita, Naoyuki Fukuda, Kumiko Kamada, Naito Kurio, Keiko Kudoh, Tsuru Kanji, Ishikawa Kunio and Youji Miyamoto :
Fabrication of porous carbonate apatite granules using microfiber and its histological evaluations in rabbit calvarial bone defects,
Journal of Biomedical Materials Research. Part A, Vol.108, No.3, 709-721, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114682,   DOI: 10.1002/jbm.a.36850,   PubMed: 31756282,   Elsevier: Scopus)
3. Naoyuki Fukuda, Kunio Ishikawa, Kazuya Akita, Kumiko Kamada, Naito Kurio, Yoshihide Mori and Youji Miyamoto :
Effects of acidic calcium phosphate concentration on setting reaction and tissue response to β-tricalcium phosphate granular cement.,
Journal of Biomedical Materials Research. Part B, Applied Biomaterials, 2019.
(DOI: 10.1002/jbm.b.34361,   PubMed: 30884116)
4. 宮本 洋二, 秋田 和也, 福田 直之, 鎌田 久美子, 栗尾 奈愛 :
新規骨補填材としての炭酸アパタイトの開発と骨再生医療に向けて,
顎顔面補綴, Vol.41, No.2, 15-19, 2018年.

国際会議:

1. Takamitsu Mano, Naoyuki Fukuda, Kazuya Akita, 鎌田 久美子, Naito Kurio and Youji Miyamoto :
Comparative Study On Tissue Response To Low Crystalline Carbonate Apatite, NEOBONE® And Bio-Oss® In A Dog Model,
24th Congress of the European Association for Cranio Maxillo Facial Surgery, Sep. 2018.
2. Takamitsu Mano, Naoyuki Fukuda, 秋田 和也, 鎌田 久美子, Naito Kurio and Youji Miyamoto :
Comparative Study On Tissue Response To Low Crystalline Carbonate Apatite, NEOBONE® And Bio-Oss® In A Dog Model,
24th Congress of the European Association for Cranio Maxillo Facial Surgery, Sep. 2018.

国内講演発表:

1. 山村 佳子, 眞野 隆充, 栗尾 奈愛, 工藤 隆治, 工藤 景子, 福田 直志, 宮本 洋二 :
ピロカルピン塩酸塩を用いた口腔リンス法の有用性と安全性の検討,
第17回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2020年9月.
2. 工藤 景子, 秋田 和也, 福田 直志, 工藤 隆治, 栗尾 奈愛, 大江 剛, 眞野 隆充, 宮本 洋二 :
新規骨補填材としての炭酸アパタイトの開発と骨再生医療への応用,
徳島県歯科医学大会, 2020年2月.
3. 栗尾 奈愛, 鎌田 久美子, 横田 美保, 山村 佳子, 牛尾 綾, 工藤 保誠, 石丸 直澄, 宮本 洋二 :
上顎歯肉に発生した微小嚢胞性付属器癌の1例,
第38回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会, 2020年1月.
4. 山村 佳子, 大江 剛, 工藤 保誠, 栗尾 奈愛, 鎌田 久美子, 福田 直志, 工藤 景子, 眞野 隆充, 石丸 直澄, 宮本 洋二 :
口腔扁平苔癬からの癌化が疑われた口腔扁平上皮癌の4例,
第38回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会, 2020年1月.
5. 鎌田 久美子, 栗尾 奈愛, 大江 剛, 工藤 景子, 工藤 保誠, 眞野 隆充, 石丸 直澄, 宮本 洋二 :
口底に発生した類基底扁平上皮癌の1例,
第38回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会, 2020年1月.
6. 秋田 和也, 福田 直志, 鎌田 久美子, 山村 佳子, 工藤 景子, 工藤 隆治, 栗尾 奈愛, 大江 剛, 眞野 隆充, 宮本 洋二 :
ナイロンファイバーをポロゲンとして用いた炭酸アパタイト多孔体の開発と骨再建,
第64回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2019年10月.
7. 工藤 景子, 福田 直志, 秋田 和也, 工藤 隆治, 大江 剛, 栗尾 奈愛, 山村 佳子, 鎌田 久美子, 眞野 隆充, 宮本 洋二 :
ハニカム構造を有する炭酸アパタイト多孔体の開発と下顎骨再建への応用,
第64回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2019年10月.
8. 鎌田 久美子, 栗尾 奈愛, 大江 剛, 工藤 景子, 山村 佳子, 福田 直志, 眞野 隆充, 工藤 保誠, 石丸 直澄, 宮本 洋二 :
上顎歯肉に発生したMicorocystic adnexal carcinoma(MAC)の1例,
第64回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2019年10月.
9. 秋田 和也, 福田 直志, 鎌田 久美子, 山村 佳子, 工藤 景子, 工藤 隆治, 栗尾 奈愛, 大江 剛, 眞野 隆充, 宮本 洋二 :
ナイロンファイバーをポロゲンとして用いた炭酸アパタイト多孔体の開発と骨再建,
第64回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2019年10月.
10. 山村 佳子, 玉谷 哲也, 工藤 景子, 栗尾 奈愛, 鎌田 久美子, 大江 剛, 眞野 隆充, 宮本 洋二 :
チタン上で培養したマウス骨芽細胞様細胞のmirVana miRNA-155-5p発現解析,
第64回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2019年10月.
11. 工藤 景子, 福田 直志, 秋田 和也, 工藤 隆治, 大江 剛, 栗尾 奈愛, 山村 佳子, 鎌田 久美子, 眞野 隆充, 宮本 洋二 :
ハニカム構造を有する炭酸アパタイト多孔体の開発と下顎骨再建への応用,
第64回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2019年10月.
12. 栗尾 奈愛, 鎌田 久美子, 大江 剛, 横田 美保, 山村 佳子, 工藤 景子, 工藤 保誠, 眞野 隆充, 石丸 直澄, 宮本 洋二 :
歯肉腫瘤により白血病化が明らかとなった骨髄異形成症候群の1例,
第67回 日本口腔科学会中国・四国地方部会, 2019年10月.
13. 工藤 隆治, 工藤 景子, 鎌田 久美子, 福田 直志, 山村 佳子, 栗尾 奈愛, 眞野 隆充, 宮本 洋二 :
Radiomicsを用いた舌癌の頸部リンパ節転移の予測,
第67回 日本口腔科学会中国・四国地方部会, 2019年10月.
14. 鎌田 久美子, 栗尾 奈愛, 大江 剛, 山村 佳子, 工藤 景子, 工藤 保誠, 石丸 直澄, 宮本 洋二 :
口底に発生した類基底扁平上皮癌の1例,
第18回中四国口腔癌研究会, 2019年10月.
15. 鎌田 久美子, 栗尾 奈愛, 工藤 景子, 山村 佳子, 福田 直志, 中川 貴之, 大江 剛, 眞野 隆充, 宮本 洋二 :
開口障害を主訴に来院した破傷風の1症例,
第48回(公社)日本口腔外科学会中国四国支部学術集会, 2019年5月.
16. 工藤 景子, 鎌田 久美子, 山村 佳子, 大江 剛, 栗尾 奈愛, 秋田 和也, 工藤 隆治, 高橋 章, 眞野 隆充, 宮本 洋二 :
上顎洞内異物迷入8症例の臨床的検討,
第48回(公社)日本口腔外科学会中国四国支部学術集会, 2019年5月.
17. 栗尾 奈愛, 鎌田 久美子, 山村 佳子, 工藤 景子, 宮本 洋二 :
潰瘍性大腸炎の合併症と考えれらた難治性口腔潰瘍の一例,
第73回日本口腔科学会学術集会, 2019年4月.
18. 栗尾 奈愛, 鎌田 久美子, 山村 佳子, 工藤 景子, 宮本 洋二 :
潰瘍性大腸炎の合併症と考えれらた難治性口腔潰瘍の一例,
第73回日本口腔科学会学術集会, 2019年4月.
19. 榊原 健人, 中川 貴之, 福田 直志, 栗尾 奈愛, 玉谷 哲也, 眞野 隆充, 大塚 邦紘, 工藤 保誠, 石丸 直澄, 宮本 洋二 :
下顎骨に発生した腺性歯原性嚢胞の1例,
第66回日本口腔科学会中国・四国地方部会, 2018年11月.
20. 髙丸 菜都美, 玉谷 哲也, 鎌田 久美子, 秋田 和也, 栗尾 奈愛, 中川 貴之, 大江 剛, 宮本 洋二 :
舌扁平上皮癌におけるPD-L1とZEB-1の発現と予後との関連について,
2018年11月.
21. 山村 佳子, 玉谷 哲也, 工藤 景子, 鎌田 久美子, 工藤 隆治, 栗尾 奈愛, 大江 剛, 髙丸 菜都美, 宮本 洋二 :
唾液腺の委縮により誘導される遺伝子およびマイクロRNA 発現の変化,
第63回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2018年11月.
22. 横田 美保, 大江 剛, 玉谷 哲也, 秋田 和也, 鎌田 久美子, 髙丸 菜都美, 栗尾 奈愛, 大塚 邦紘, 工藤 保誠, 宮本 洋二 :
当科におけるエナメル上皮腫の臨床統計学的検討,
第47回(公社)日本口腔外科学会 中国四国支部学術集会, 2018年6月.
23. 鎌田 久美子, 栗尾 奈愛, 工藤 景子, 中川 貴之, 大江 剛, 秋田 和也, 福田 直志, 髙丸 菜都美, 玉谷 哲也, 眞野 隆充, 宮本 洋二 :
炭酸アパタイト顆粒(サイトランス○REAグラニュール)の上顎洞底挙上術への応用 -インプラント体同時埋入症例-,
第47回(公社)日本口腔外科学会 中国四国支部学術集会, 2018年6月.
24. 山村 佳子, 玉谷 哲也, 工藤 隆治, 鎌田 久美子, 工藤 景子, 髙丸 菜都美, 大江 剛, 藤澤 健司, 中川 貴之, 栗尾 奈愛, 眞野 隆充, 宮本 洋二 :
放射線治療患者におけるピロカルピン塩酸塩を用いた口腔リンス法の有用性,
第16回中国四国口腔癌研究会, 2017年11月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 多孔質炭酸アパタイト・魚コラーゲン複合体をスキャフォールドとした戦略的骨再生治療 (研究課題/領域番号: 20K10180 )
  • 頸部リンパ節転移の超早期検出への挑戦-転移可視化モデルの樹立と超音波診断法の構築 (研究課題/領域番号: 20K10140 )
  • 一方向連通気孔を持つ炭酸アパタイトによる顎骨再建と骨再生医療への応用 (研究課題/領域番号: 19K10333 )
  • ハイドロキシアパタイトの優れた骨伝導能とバイオインテグレーションの本質を解明する (研究課題/領域番号: 19K10290 )
  • スポンジ状の弾性を有する新規炭酸アパタイト骨補填材の開発 (研究課題/領域番号: 18K09815 )
  • 3種類のサンプリングによるアレイ解析を用いた口腔癌のセツキシマブ耐性化機構の解明 (研究課題/領域番号: 18K09792 )
  • 変形性顎関節症の新規治療法の開発を目指したLubricinの発現調節機構の解明 (研究課題/領域番号: 18K09769 )
  • スタチンの血管新生作用と骨形成作用による薬剤関連顎骨壊死の予防・治療法の開発 (研究課題/領域番号: 18K09746 )
  • 癌幹細胞と口腔癌転移患者血液の2つに着目した転移特異的miRNA同定と診断法確立 (研究課題/領域番号: 18K09745 )
  • 骨置換性炭酸アパタイト多孔体と栄養血管を利用した皮膚と骨の複合的再生療法の開発 (研究課題/領域番号: 18H03002 )
  • 2型糖尿病治療薬メトホルミン塩酸塩の口腔癌における骨浸潤・骨破壊に与える影響 (研究課題/領域番号: 26861721 )
  • 口腔癌顎骨破壊病変におけるSHHを標的とした新規治療法の開発と個別化医療への応用 (研究課題/領域番号: 26293428 )
  • 口腔癌の骨浸潤・骨破壊におけるIGF-1Rの役割 (研究課題/領域番号: 24792216 )
  • 研究者番号(80622141)による検索