検索:
徳島大学大学院医歯薬学研究部保健学域保健科学部門放射線科学系医用理工学
徳島大学保健科学教育部保健学専攻医用情報科学領域
徳島大学医学部保健学科放射線技術科学専攻医用放射線科学講座
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

放射線生物学,放射線科学

研究テーマ

p53制御によって正常組織への副作用を軽減する新規放射線防護剤の開発

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Akinori Morita, Bing Wang, Kaoru Tanaka, Takanori Katsube, Masahiro Murakami, Takashi Shimokawa, Yuichi Nishiyama, Shintaro Ochi, Hidetoshi Satoh, Mitsuru Nenoi and Shin Aoki :
Protective Effects of p53 Regulatory Agents Against High-LET Radiation-Induced Injury in Mice.,
Frontiers in Public Health, Vol.8, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 115457,   DOI: 10.3389/fpubh.2020.601124,   PubMed: 33344403,   Elsevier: Scopus)
2. Hiroya Asou, Naoyuki Imada, Yuichi Nishiyama, Tomoyasu Sato and Katsuhiro Ichikawa :
Automated determination of cardiac rest period on whole-heart coronary magnetic resonance angiography by extracting high-speed motion of coronary arteries.,
Clinical Imaging, Vol.52, 183-188, 2018.
(DOI: 10.1016/j.clinimag.2018.07.006,   PubMed: 30098491)
3. Yasushi Yamamoto, Yuichi Nishiyama, Masuo Haramoto, Takumi Sota, Masahiro Miyai, Taku Uchibe, Nobuhiro Yada, Yukako Nishiyama and Hajime Kitagaki :
Improvement in the quantification of striatal tracer uptake in single-photon emission computed tomography with 123I-ioflupane using a cadmium-zinc-telluride semiconductor camera.,
Shimane Journal of Medical Science, Vol.34, No.1, 35-40, 2017.
(CiNii: 120006343747)
4. Yuichi Nishiyama, Hidekazu Kanayama, Hiroshi Mori, Keiji Tada, Yasushi Yamamoto, Takashi Katsube, Haruo Takeshita, Kazunori Kawakami and Hajime Kitagaki :
Whole brain analysis of postmortem density changes of grey and white matter on computed tomography by statistical parametric mapping.,
European Radiology, Vol.27, No.6, 2317-2325, 2016.
(DOI: 10.1007/s00330-016-4633-7,   PubMed: 27770229)
5. Yukako Nishiyama, Keiji Tada, Yuichi Nishiyama, Hiroshi Mori, Mitsunari Maruyama, Takashi Katsube, Nobuko Yamamoto, Hidekazu Kanayama, Yasushi Yamamoto and Hajime Kitagaki :
Effect of the forward-projected model-based iterative reconstruction solution algorithm on image quality and radiation dose in pediatric cardiac computed tomography.,
Pediatric Radiology, Vol.46, No.12, 1663-1670, 2016.
(DOI: 10.1007/s00247-016-3676-x,   PubMed: 27531216)
6. Keiko Yamato, Takahiro Kataoka, Yuichi Nishiyama, Yuji Takata, Reo Etani and Kiyonori Yamaoka :
Study on antidepressant-like eff¬ects of radon inhalation on forced swim induced depression in mice.,
Radioisotopes, Vol.65, No.12, 493-506, 2016.
(DOI: 10.3769/radioisotopes.65.493)
7. Yuichi Nishiyama, Takahiro Kataoka, Keiko Yamato, Reo Etani, Tekehito Taguchi and Kiyonori Yamaoka :
Radon inhalation suppresses nephropathy in streptozotocin-induced type-1 diabetic mice,
Journal of Nuclear Science and Technology (Japan), Vol.53, No.6, 909-915, 2016.
(DOI: 10.1080/00223131.2015.1078751,   Elsevier: Scopus)
8. Yuichi Nishiyama, Tadashi Hanafusa, Jun Yamashita, Yoko Yamamoto and Toshiro Ono :
Adsorption and removal of strontium in aqueous solution by synthetic hydroxyapatite.,
Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry, Vol.307, 1279-1285, 2015.
(DOI: 10.1007/s10967-015-4228-9,   PubMed: 26834308)
9. Reo Etani, Takahiro Kataoka, Yuichi Nishiyama, Yuji Yakata and Kiyonori Yamaoka :
Combined effects of radon inhalation and antioxidant vitamin administration on acute alcohol-induced hepatopathy in mice.,
Journal of Nuclear Science and Technology (Japan), Vol.52, No.12, 1512-1518, 2015.
(DOI: 10.1080/00223131.2015.1014875,   Elsevier: Scopus)
10. Takahiro Kataoka, Reo Etani, Yuji Takata, Yuichi Nishiyama, Atsushi Kawabe, Masayuki Kumashiro, Takehito Taguchi and Kiyonori Yamaoka :
Radon inhalation protects against transient global cerebral ischemic injury in gerbils.,
Inflammation, Vol.37, No.5, 1675-1682, 2014.
(DOI: 10.1007/s10753-014-9896-z,   PubMed: 24792782)
11. Takahiro Kataoka, Yuji Takata, Reo Etani, Yuichi Nishiyama, Atsushi Kawabe, Katsumi Hanamoto, Takehito Taguchi and Kiyonori Yamaoka :
Effects of cream containing ultralow volume radionuclides on carrageenan-induced inflammatory paw edema in mice.,
Biochemistry & Physiology, Vol.3, No.2, 133, 2014.
(DOI: 10.4172/2168-9652.1000133)
12. Keiko Yamato, Takahiro Kataoka, Yuichi Nishiyama, Takehito Taguchi and Kiyonori Yamaoka :
Antinociceptive effects of radon inhalation on formalin-induced inflammatory pain in mice.,
Inflammation, Vol.36, No.2, 355-363, 2013.
(DOI: 10.1007/s10753-012-9554-2,   PubMed: 23086656)
13. Yuichi Nishiyama, Takahiro Kataoka, Junichi Teraoka, Akihiro Sakoda, Hiroshi Tanaka, Yuu Ishimori, Takehito Taguchi, Fumihiro Mitsunobu and Kiyonori Yamaoka :
Suppression of streptozotocin-induced type-1 diabetes in mice by radon inhalation.,
Physiological Research / Academia Scientiarum Bohemoslovaca, Vol.62, No.1, 57-66, 2013.
(PubMed: 23173687)
14. Yuichi Nishiyama, Takahiro Kataoka, Keiko Yamato, Takehito Taguchi and Kiyonori Yamaoka :
Suppression of dextran sulfate sodium-induced colitis in mice by radon inhalation.,
Mediators of Inflammation, Vol.2012, 2012.
(DOI: 10.1155/2012/239617,   PubMed: 23365486)
15. Teruaki Toyota, Takahiro Kataoka, Yuichi Nishiyama, Takehito Taguchi and Kiyonori Yamaoka :
Inhibitory effects of pretreatment with radon on acute alcohol-induced hepatopathy in mice.,
Mediators of Inflammation, Vol.2012, 2012.
(DOI: 10.1155/2012/382801,   PubMed: 23213269)
16. Keiko Yamato, Takahiro Kataoka, Yuichi Nishiyama, Takehito Taguchi and Kiyonori Yamaoka :
Preventive and curative effects of radon inhalation on chronic constriction injury-induced neuropathic pain in mice.,
European Journal of Pain : EJP, Vol.17, No.4, 480-492, 2012.
(DOI: 10.1002/j.1532-2149.2012.00210.x,   PubMed: 22949231)
17. Takahiro Kataoka, Yuichi Nishiyama, Keiko Yamato, Junichi Teraoka, Yuji Morii, Akihiro Sakoda, Yuu Ishimori, Takehito Taguchi and Kiyonori Yamaoka :
Comparative study on the inhibitory effects of antioxidant vitamins and radon on carbon tetrachloride-induced hepatopathy.,
Journal of Radiation Research, Vol.53, No.6, 830-839, 2012.
(DOI: 10.1093/jrr/rrs057,   PubMed: 23111757)
18. Takahiro Kataoka, Junichi Teraoka, Akihiro Sakoda, Yuichi Nishiyama, Keiko Yamato, Mayuko Monden, Yuu Ishimori, Takaharu Nomura, Takehito Taguchi and Kiyonori Yamaoka :
Protective effects of radon inhalation on carrageenan-induced inflammatory paw edema in mice.,
Inflammation, Vol.35, No.2, 713-722, 2012.
(DOI: 10.1007/s10753-011-9364-y,   PubMed: 21800149)
19. Yuichi Nishiyama, Takahiro Kataoka, Junichi Teraoka, Akihiro Sakoda, Yuu Ishimori and Kiyonori Yamoka :
Inhibitory effects of pre and post radon inhalation on carbon tetrachloride-induced oxidative damage in mouse organs.,
Radioisotopes, Vol.61, No.5, 231-241, 2012.
(DOI: 10.3769/radioisotopes.61.231)
20. Takahiro Kataoka, Keiko Yamato, Yuichi Nishiyama, Yuji Morii, Reo Etani, Yuji Takata, Katsumi Hanamoto, Atsuishi Kawabe, Akihiro Sakoda, Yuu Ishimori, Takehito Taguchi and Kiyonori Yamaoka :
Comparative study on the inhibitory effects of -tocopherol and radon on carbon tetrachloride-induced renal damage.,
Renal Failure, Vol.34, No.9, 1181-1187, 2012.
(DOI: 10.3109/0886022X.2012.717496,   PubMed: 22978362)
21. Takahiro Kataoka, Yuichi Nishiyama, Teruaki Toyota, Masaaki Yoshimoto, Akihiro Sakoda, Yuu Ishimori, Yutaka Aoyama, Takehito Taguchi and Kiyonori Yamaoka :
Radon inhalation protects mice from carbon-tetrachloride-induced hepatic and renal damage.,
Inflammation, Vol.34, No.6, 559-567, 2011.
(DOI: 10.1007/s10753-010-9263-7,   PubMed: 20890648)
22. Takahiro Kataoka, Akihiro Sakoda, Masaaki Yoshimoto, Shinya Nakagawa, Teruaki Toyota, Yuichi Nishiyama, Keiko Yamato, Yuu Ishimori, Atsushi Kawabe, Katsumi Hanamoto, Takehito Taguchi and Kiyonori Yamaoka :
Studies on possibility for alleviation of lifestyle diseases by low-dose irradiation or radon inhalation.,
Radiation Protection Dosimetry, Vol.146, No.1-3, 360-363, 2011.
(DOI: 10.1093/rpd/ncr189,   PubMed: 21543347)
23. Takahiro Kataoka, Akihiro Sakoda, Yuu Ishimori, Teruaki Toyota, Yuichi Nishiyama, Hiroshi Tanaka, Fumihiro Mitsunobu and Kiyonori Yamaoka :
Study of the response of superoxide dismutase in mouse organs to radon using a new large-scale facility for exposing small animals to radon.,
Journal of Radiation Research, Vol.52, No.6, 775-781, 2011.
(PubMed: 22104270)
24. Akihiro Sakoda, Yuichi Nishiyama, Katsumi Hanamoto, Yuu Ishimori, Yuki Yamamoto, Takahiro Kataoka, Atsushi Kawabe and Kiyonori Yamaoka :
Differences of natural radioactivity and radon emanation fraction among constituent minerals of rock or soil.,
Applied Radiation and Isotopes, Vol.68, No.6, 1180-1184, 2010.
(DOI: 10.1016/j.apradiso.2009.12.036,   PubMed: 20117007)

総説・解説:

1. 西山 祐一, 森田 明典 :
p53制御による放射線感受性修飾にもとづく防護剤開発,
放射線生物研究 = Radiation biology research communications : 放射線生物研究会機関誌, Vol.54, No.4, 237-250, 2019年12月.
(CiNii: 40022150181)
2. Shintaroh Ochi, Yuichi Nishiyama and Akinori Morita :
Development of p53-targeting drugs that increase radioresistance in normal tissues.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.66, No.3.4, 219-223, Aug. 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114026,   DOI: 10.2152/jmi.66.219,   PubMed: 31656277)
3. 西山 祐一, 竹下 治男, 北垣 一 :
脳CT画像における死後変化と最近の研究動向,
日本診療放射線技師会雑誌, Vol.65, No.789, 12-15, 2018年.
4. 迫田 晃弘, 片岡 憲昭, 石川 純也, 太田 朗生, 鈴木 龍彦, 西山 祐一, 廣内 淳, 外間 智規 :
第49回研究発表会における企画セッションの印象記,
保健物理, Vol.51, No.3, 181-186, 2016年.
5. 西山 祐一, 片岡 隆浩, 山岡 聖典 :
ラドンの健康影響に関する一考察 ラドン療法の効果と機構に関する最近の研究動向.,
日本原子力学会和文論文誌, Vol.12, No.4, 267-276, 2013年.
(DOI: 10.3327/taesj.J13.004)
6. 大和 恵子, 片岡 隆浩, 西山 祐一, 山岡 聖典 :
ラドン療法に関する最近の研究動向-鎮痛効果に着目して-,
放射線生物研究, Vol.48, No.1, 66-81, 2013年.

国際会議:

1. Takuma Sakai, Akinori Morita, Akinori Kanai, Bing Wang, Atsushi Enomoto, Shohei Ujita, Shin Aoki, Hidetoshi Satoh, Ryoya Kawabata, Masahiro Sakaue, Yuichi Nishiyama and Toshiya Inaba :
A comprehensive analysis of the effects of 5CHQ on the radiation-injured intestinal epithelium,
The 4th International Symposium of the Network-type Joint Usage/Research Center for Radiation Disaster Medical Science, Hiroshima, Feb. 2020.
2. Yuichi Nishiyama, Akinori Morita, Wang Bing, Tanaka Kaoru, Katsube Takanori, Murakami Masahiro, Ochi Shintaro, Teraoka Tatsuro, Dwindling Ramadhani, Shimokawa Takashi, Neon Mitsuru and Aoki Shin :
Protective effects of p53-regulating agents against high-LET radiation-induced injury in mice.,
2nd Technological Competency as Caring in the Health Sciences 2018, Tokushima, Aug. 2018.
3. Yuichi Nishiyama, Hiroshi Mori, Keiji Tada, Hidekazu Kanayama, Yasushi Yamamoto, Kazunori Kawakami, Takashi Katsube, Haruo Takeshita and Hajime Kitagaki :
Characteristic CT value changes in postmortem brain analyzed by statistical parametric mapping,
Radiological Society of North America 2016, Nov. 2016.
4. Takahiro Kataoka, Yuichi Nishiyama, Keiko Yamato, Reo Etani, Yuji Takata and Kiyonori Yamaoka :
Our recent studies on activation of antioxidant system by radon inhalation and its applicable possibility for treatment of inflammation and pain,
17th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research International, Mar. 2014.
5. Takahiro Kataoka, Yuichi Nishiyama, Akihiro Sakoda, HIroshi Tanaka, Atsushi Kawabe, Katsumi Hanamoto, Yuu Ishimori, Takehito Taguchi, Fumihiro Mitsunobu and Kiyonori Yamaoka :
Studies on effects of radon inhalation on oxidative damage in mice using a new facility for exposing small animals to radon,
3rd Asian Congress of Radiation Research, May 2013.
6. Takahiro Kataoka, Masaaki Yoshimoto, Yuichi Nishiyama, Junnichi Teraoka, Keiko Yamato, Akihiro Sakoda, Takehito Taguchi and Kiyonori Yamaoka :
Recent studies on possibility for alleviation of oxidative damage and inflammation by low-dose irradiation,
5th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research-Asia, Aug. 2011.
7. Yuichi Nishiyama, Takahiro Kataoka, Junnichi Teraoka, Akihiro Sakoda, Keiko Yamato, Yuu Ishimori and Kiyonori Yamaoka :
A comparative study on effect of prior or post radon inhalation on carbon tetrachloride induced oxidative damage in some organs of mouse,
5th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research-Asia, Aug. 2011.
8. Takahiro Kataoka, Akihiro Sakoda, Masaaki Yoshimoto, Shinya Nakagawa, Teruaki Toyota, Yuichi Nishiyama, Yuu Ishimori, Atsushi Kawabe, Katsumi Hanamoto, Takehito Taguchi and Kiyonori Yamaoka :
Studies on possibility for alleviation of lifestyle diseases by low-dose irradiation or radon inhalation,
The 3rd Asian and Oceanic Congress on Radiation Protection, May 2010.
9. Akihiro Sakoda, Katsumi Hanamoto, Yuu Ishimori, Atsushi Kawabe, Takahiro Kataoka, Yuki Yamamoto, Yuichi Nishiyama and Kiyonori Yamaoka :
Study of fundamental physical properties of mineral grains toward understanding radon emanation phenomenon,
The 3rd Asian and Oceanic Congress on Radiation Protection, May 2010.

国内講演発表:

1. Akinori Morita, Tatsuta Shogo, Sakaue Masahiro, Fujita Ria, Hanaya Kengo, Sugai Takeshi, Yuichi Nishiyama, Ochi Shintaro, Sakai Takuma, Wang Bing and Aoki Shin :
Evaluation of the radioprotective effects of flavonoids.,
The 62th Annual Meeting of the Japan Radiation Research Society, Nov. 2019.
2. Yuichi Nishiyama, Akinori Morita, Sakai Takuma, Ramadhani Dwi, Satoh Hidetoshi, Kawabata Ryoya, Tanaka Kaoru, Sasatani Megumi, Ochi Shintaro, Nenoi Mitsuru and Aoki Shin :
The p53 inhibitor sodium orthovanadate is not effective in relieving acute gastrointestinal syndrome of subtotal-body irradiated mice.,
The 62th Annual Meeting of the Japan Radiation Research Society, Nov. 2019.
3. Sakai Takuma, Akinori Morita, Kanai Akinori, Wang Bing, Enomoto Atsushi, Ujita Shohei, Aoki Shin, Sato HIdetoshi, Kawabata Junya, Sakaue Masahito, Yuichi Nishiyama and Inaba Toshiya :
The radioprotector 5CHQ upregulates gene expression of radioprotective humoral factors in acute radiation-injured murine intestinal epithelium.,
The 62th Annual Meeting of the Japan Radiation Research Society, Nov. 2019.
4. 森田 明典, 王 冰, 田中 薫, 勝部 孝則, 村上 正弘, 西山 祐一, 越智 進太郎, 寺岡 達朗, 佐藤 秀哉, 川端 凌矢, 下川 卓志, 根井 充, 青木 伸 :
p53制御による重粒子放射線防護効果,
第57回日本放射線腫瘍学会生物部会学術大会, 2019年6月.
5. 坂井 卓磨, 西山 祐一, 森田 明典, 王 冰, ラマダニー ドゥウィー, 佐藤 秀哉, 川端 凌矢, 田中 薫, 笹谷 めぐみ, 越智 進太郎, 根井 充, 青木 伸 :
p53阻害剤バナデートは亜全身照射後のマウス腸管障害を促進する,
第57回日本放射線腫瘍学会生物部会学術大会,弘前, 2019年6月.
6. 坂井 卓磨, 氏田 将平, 榎本 敦, 川手 耀介, 西山 祐一, 寺岡 達朗, 青木 伸, 王 冰, 金井 昭教, 稲葉 俊哉, 森田 明典 :
放射線防護剤5CHQの遺伝子発現調節作用の網羅的解析,
日本放射線影響学会 第61回大会, 2018年11月.
7. 西山 祐一, 國井 大誓, 笹谷 めぐみ, 寺岡 達朗, 坂井 卓磨, 西山 祐一, 神谷 研二, 王 冰, 青木 伸, 森田 明典 :
p53調節剤5CHQの類縁体探索から見出された5QXの放射線防護活性評価,
日本放射線影響学会 第61回大会, 2018年11月.
8. 森田 明典, 王 冰, 田中 薫, 勝部 孝則, 村上 正弘, 西山 祐一, 越智 進太郎, 寺岡 達朗, ラマダニー ドゥウィー, 下川 卓史, 根井 充, 青木 伸 :
p53制御剤による重粒子放射線防護効果,
日本放射線影響学会 第61回大会, 2018年11月.
9. 森田 明典, 王 冰, 田中 薫, 勝部 孝則, 村上 正弘, ラマダニー ドゥウィー, 下川 卓志, 根井 充, 越智 進太郎, 西山 祐一, 寺岡 達朗, 青木 伸 :
細胞死制御剤による重粒子放射線防護効果,
第56回 日本放射線腫瘍学会生物部会学術大会, 2018年7月.
10. 西山 祐一, 西山 由佳子, 多田 圭司, 森 博史, 丸山 光成, 勝部 敬, 山本 伸子, 金山 秀和, 山本 泰司, 北垣 一 :
順投影適用モデルベース逐次近似再構成を用いた小児心臓CT検査における被曝低減の可能性,
日本保健物理学会第50回研究発表会, 2017年6月.
11. 西山 祐一, 金山 秀和, 森 博史, 多田 圭司, 山本 泰司, 勝部 敬, 竹下 治男, 北垣 一 :
頭部Ai-CT画像における死後変化の性差に関する検討,
第12回中四国放射線医療技術フォーラム, 2016年11月.
12. Hiroshi Mori, 西山 祐一, Keiji Tada, Hidekazu Kanayama, Yasushi Yamamoto, Takashi Katsube, Haruo Takeshita, Hajime Kitagaki :
Analyses of postmortem brain CT changes by using statistical parametric mapping,
第75回日本医学放射線学会総会, 2016年4月.
13. Yuichi Nishiyama, Keiji Tada, Hidekazu Kanayama, Yasushi Yamamoto, Takashi Katsube, Haruo Takeshita and Hajime Kiatagaki :
The analysis of postmortem changes in brain computed tomography using statistical parametric mapping,
第72回日本放射線技術学会総会学術大会, Apr. 2016.
14. 西山 祐一, 大和 恵子, 花房 直志, 小野 俊朗 :
ヒドロキシアパタイトによる放射性ストロンチウムの除去法の開発,
日本放射線安全管理学会第13回学術大会, 2014年12月.
15. 片岡 隆浩, 西山 祐一, 迫田 晃弘, 恵谷 玲央, 神崎 訓枝, 田中 裕史, 石森 有, 光延 文裕, 山岡 聖典 :
ラドン含有の吸入と飲泉によるマウス1型糖尿病の抑制効果の比較検討,
日本放射線影響学会第57回大会, 2014年10月.
16. 恵谷 玲央, 片岡 隆浩, 西山 祐一, 迫田 晃弘, 神崎 訓枝, 田中 裕史, 石森 有, 光延 文裕, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
ラドン吸入によるマウス腎障害の抑制効果における抗酸化機能の関与の検討,
日本放射線影響学会第57回大会, 2014年10月.
17. 片岡 隆浩, 高田 裕司, 恵谷 玲央, 西山 祐一, 川辺 睦, 花元 克己, 神崎 訓枝, 中田 哲也, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
極微量放射性物質塗布によるマウス炎症性浮腫の抑制効果,
第67回日本酸化ストレス学会学術集会, 2014年9月.
18. 恵谷 玲央, 片岡 隆浩, 西山 祐一, 迫田 晃弘, 神崎 訓枝, 田中 裕史, 石森 有, 光延 文裕, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
マウス腎臓におけるラドン吸入による抗酸化機能の亢進と関連疾患抑制の検討,
第67回日本酸化ストレス学会学術集会, 2014年9月.
19. 山岡 聖典, 片岡 隆浩, 西山 祐一, 恵谷 玲央, 神崎 訓枝, 光延 文裕, 石森 有, 迫田 晃弘, 田中 裕史 :
ラドン温泉において糖尿病の抑制に吸入と飲泉はどちらが有効か,
第67回日本酸化ストレス学会学術集会, 2014年9月.
20. 恵谷 玲央, 片岡 隆浩, 西山 祐一, 高田 裕司, 山岡 聖典 :
ラドン吸入と抗酸化ビタミン投与の併用によるアルコール性マウス肝障害の抑制効果に関する検討,
日本原子力学会 中国・四国支部 第8回研究発表会, 2014年9月.
21. 恵谷 玲央, 片岡 隆浩, 高田 裕司, 西山 祐一, 迫田 晃弘, 石森 有, 光延 文裕, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
ラドン吸入によるマウス腎障害の抑制効果とその医療応用の可能性,
第51回アイソトープ・放射線研究発表会, 2014年7月.
22. 片岡 隆浩, 西山 祐一, 迫田 晃弘, 恵谷 玲央, 神崎 訓枝, 田中 裕史, 石森 有, 光延 文裕, 山岡 聖典 :
ラドン含有の吸入または飲泉がマウス糖尿病に及ぼす効果,
平成26年度 京都大学原子炉実験所専門研究会, 2014年7月.
23. 片岡 隆浩, 恵谷 玲央, 西山 祐一, 高田 裕司, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
低線量放射線の健康影響研究:ラドン吸入による一過性脳虚血に伴う細胞障害の抑制効果,
日本原子力学会2014年春の年会, 2014年3月.
24. 片岡 隆浩, 西山 祐一, 恵谷 玲央, 高田 裕司, 迫田 晃弘, 石森 有, 光延 文裕, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
ラドン吸入によるマウス肝障害の抑制効果とその医療応用の可能性,
日本放射線影響学会第56回大会, 2013年10月.
25. 西山 祐一, 片岡 隆浩, 恵谷 玲央, 大和 恵子, 高田 裕司, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
ラドン吸入によるマウス炎症性腸疾患の症状緩和に関する検討,
日本放射線影響学会第56回大会, 2013年10月.
26. 迫田 晃弘, 石森 有, 田中 裕史, 山岡 聖典, 片岡 隆浩, 西山 祐一, 光延 文裕 :
ラドン雰囲気におけるマウスの臓器吸収線量の系統的検討,
日本放射線影響学会第56回大会, 2013年10月.
27. 片岡 隆浩, 西山 祐一, 恵谷 玲央, 高田 裕司, 迫田 晃弘, 石森 有, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
マウスへのラドン吸入と抗酸化ビタミン投与による抗酸化作用の比較検討,
日本原子力学会中国・四国支部第7回研究発表会, 2013年9月.
28. 西山 祐一, 片岡 隆浩, 大和 恵子, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
ラドン吸入によるマウス大腸炎の抑制効果に関する検討,
第50回アイソトープ・放射線研究発表会, 2013年7月.
29. 恵谷 玲央, 片岡 隆浩, 西山 祐一, 大和 恵子, 高田 裕司, 山岡 聖典 :
ラドン吸入と抗酸化ビタミン投与によるマウス肝障害の抑制の相乗効果に関する検討,
第50回アイソトープ・放射線研究発表会, 2013年7月.
30. 高田 裕司, 片岡 隆浩, 恵谷 玲央, 西山 祐一, 大和 恵子, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
極微量放射性クリームがマウス炎症性足浮腫に及ぼす効果に関する検討,
第50回アイソトープ・放射線研究発表会, 2013年7月.
31. 迫田 晃弘, 石森 有, 田中 裕史, 山岡 聖典, 片岡 隆浩, 西山 祐一, 光延 文裕 :
三朝医療センターラドン吸入試験におけるマウスの線量評価,
第46回日本保健物理学会研究発表会, 2013年6月.
32. 西山 祐一, 片岡 隆浩, 大和 恵子, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
ラドン吸入によるマウス炎症性腸疾患の抑制効果に関する検討,
第66回日本酸化ストレス学会学術集会, 2013年6月.
33. 片岡 隆浩, 西山 祐一, 恵谷 玲央, 高田 裕司, 豊田 晃章, 迫田 晃弘, 石森 有, 光延 文裕, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
ラドン吸入によるCCl4誘導マウス肝障害の抑制効果とその医療応用の可能性,
2013年6月.
34. 豊田 晃章, 片岡 隆浩, 西山 祐一, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
ラドン吸入による急性アルコール性マウス肝障害の抑制効果に関する検討,
第66回日本酸化ストレス学会学術集会, 2013年6月.
35. 西山 祐一, 片岡 隆浩, 迫田 晃弘, 大和 恵子, 田中 裕史, 石森 有, 光延 文裕, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
ラドン療法によるⅠ型糖尿病の症状緩和に関する一考察,
日本放射線影響学会第55回大会, 2012年9月.
36. 片岡 隆浩, 西山 祐一, 迫田 晃弘, 大和 恵子, 森井 佑至, 恵谷 玲央, 高田 裕司, 石森 有, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
マウス肝臓・腎臓におけるラドン吸入による抗酸化機能亢進とビタミン作用との比較,
日本放射線影響学会第55回大会, 2012年9月.
37. 大和 恵子, 片岡 隆浩, 西山 祐一, 花元 克巳, 川辺 睦, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
ラドン吸入によるマウス神経障害性疼痛の予防と緩和の効果に関する検討,
日本放射線影響学会第55回大会, 2012年9月.
38. 西山 祐一, 片岡 隆浩, 大和 恵子, 迫田 晃弘, 田中 裕史, 石森 有, 光延 文裕, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
ラドン吸入によるⅠ型糖尿病マウスの抑制効果に関する検討,
第49回アイソトープ・放射線研究発表会, 2012年7月.
39. 大和 恵子, 片岡 隆浩, 西山 祐一, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
ラドン吸入による炎症性疼痛と神経障害性疼痛の緩和効果に関する検討,
第49回アイソトープ・放射線研究発表会, 2012年7月.
40. 森井 佑至, 片岡 隆浩, 西山 祐一, 迫田 晃弘, 大和 恵子, 恵谷 玲央, 高田 裕司, 石森 有, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
マウス肝障害に対するラドン吸入とビタミンC・E投与による各抗酸化作用の比較検討,
第49回アイソトープ・放射線研究発表会, 2012年7月.
41. 片岡 隆浩, 西山 祐一, 迫田 晃弘, 大和 恵子, 恵谷 玲央, 高田 裕司, 森井 佑至, 石森 有, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
極微量ウラン子孫核種の吸入による抗酸化機能の亢進に関するビタミン投与との比較による定量化,
第65回日本酸化ストレス学会学術集会, 2012年6月.
42. 西山 祐一, 片岡 隆浩, 迫田 晃弘, 田中 裕史, 石森 有, 田口 勇仁, 光延 文裕, 山岡 聖典 :
ラドン吸入によるストレプトゾトシン誘導マウス1型糖尿病の抑制効果に関する検討,
第65回日本酸化ストレス学会学術集会, 2012年6月.
43. 西山 祐一, 片岡 隆浩, 寺岡 准一, 迫田 晃弘, 大和 恵子, 石森 有, 山岡 聖典 :
四塩化炭素誘導マウス臓器障害に対するラドンの事前と事後吸入の抑制効果の比較検討,
日本放射線影響学会第54回大会, 2011年11月.
44. 片岡 隆浩, 寺岡 准一, 西山 祐一, 迫田 晃弘, 大和 恵子, 石森 有, 野村 崇治, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
ラドン吸入によるカラゲニン誘導マウス炎症性足浮腫の抑制効果に関する検討,
日本放射線影響学会第54回大会, 2011年11月.
45. 大和 恵子, 片岡 隆浩, 西山 祐一, 寺岡 准一, 森井 佑至, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
ラドン吸入によるマウス炎症性疼痛の緩和効果に関する検討,
日本放射線影響学会第54回大会, 2011年11月.
46. 寺岡 准一, 片岡 隆浩, 西山 祐一, 森井 佑至, 大和 恵子, 迫田 晃弘, 石森 有, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
四塩化炭素誘導マウス肝障害に対するラドンとアスコルビン酸の各抗酸化作用の比較検討,
日本放射線影響学会第54回大会, 2011年11月.
47. 片岡 隆浩, 寺岡 准一, 迫田 晃弘, 西山 祐一, 大和 恵子, 野村 崇治, 石森 有, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
ラドン吸入装置の開発とこれを用いたマウスカラゲニン誘導浮腫の抑制効果に関する検討,
第64回日本酸化ストレス学会学術集会, 2011年7月.
48. 片岡 隆浩, 迫田 晃弘, 吉本 雅章, 西山 祐一, 大和 恵子, 寺岡 准一, 豊田 晃章, 石森 有, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
ラドン吸入によるマウスの抗酸化機能亢進と疾患抑制効果に関する最近の研究動向,
第48回アイソトープ・放射線研究発表会, 2011年7月.
49. 西山 祐一, 迫田 晃弘, 石森 有, 片岡 隆浩, 光延 文裕, 山岡 聖典 :
岡山大学病院(三朝)におけるラドン療法用の温泉水中,および周辺空間中ラドン濃度の特性,
日本放射線安全管理学会第9回学術大会, 2010年12月.
50. 片岡 隆浩, 迫田 晃弘, 石森 有, 豊田 晃章, 西山 祐一, 花元 克巳, 川辺 睦, 田中 裕史, 光延 文裕, 山岡 聖典 :
ラドン吸入に対するマウス臓器別感受性に関する検討,
日本放射線影響学会第53回大会, 2010年10月.
51. 西山 祐一, 片岡 隆浩, 迫田 晃弘, 豊田 晃章, 寺岡 准一, 青山 裕, 花元 克巳, 川辺 睦, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
ラドン吸入による四塩化炭素誘導マウス腎障害の抑制に関する検討,
日本放射線影響学会第53回大会, 2010年10月.
52. 迫田 晃弘, 花元 克巳, 片岡 隆浩, 川辺 睦, 吉本 雅章, 豊田 晃章, 西山 祐一, 寺岡 准一, 深尾 光佑, 山岡 聖典 :
小動物用ラドン吸入装置の開発とその性能評価,
日本放射線影響学会第53回大会, 2010年10月.
53. 迫田 晃弘, 深尾 光佑, 石森 有, 花元 克巳, 川辺 睦, 片岡 隆浩, 西山 祐一, 山岡 聖典 :
ラドン子孫核種の吸入線量評価に向けたマウス肺気道における粒子の沈着効率の解析,
日本放射線影響学会第53回大会, 2010年10月.
54. 片岡 隆浩, 迫田 晃弘, 石森 有, 豊田 晃章, 西山 祐一, 田中 裕史, 光延 文裕, 山岡 聖典 :
ラドン吸入による抗酸化機能亢進のマウス臓器別感受性に関する検討,
第63回日本酸化ストレス学会, 2010年6月.
55. 豊田 晃章, 片岡 隆浩, 西山 祐一, 吉本 雅章, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
低線量X線照射によるマウス慢性アルコール障害の抑制効果の検討,
日本放射線影響学会第52回大会, 2009年11月.
56. 迫田 晃弘, 花元 克巳, 石森 有, 山本 祐紀, 西山 祐一, 山岡 聖典 :
岩石における自然放射能分布の不均一性の検討,
日本放射線影響学会第52回大会, 2009年11月.
57. 花元 克巳, 迫田 晃弘, 山本 祐紀, 西山 祐一, 石森 有, 永松 知洋, 山岡 聖典 :
バドガスタイン産出岩石から分離した鉱石中の放射能特性,
日本放射線影響学会第51回大会, 2008年11月.
58. 片岡 隆浩, 迫田 晃弘, 野村 崇治, 石森 有, 豊田 晃章, 西山 祐一, 吉本 雅章, 光延 文裕, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
ラドン吸入による四塩化炭素誘導マウス肝障害の抑制効果とその最適吸入条件の検討,
日本放射線影響学会第51回大会, 2008年11月.

その他・研究会:

1. 西山 祐一 :
死後脳CT画像における死後変化の全脳解析,
低線量放射線健康影響研究会2017, 2017年9月.
2. 片岡 隆浩, 神﨑 訓枝, 西山 祐一, 大和 恵子, 花元 克巳, 山岡 聖典 :
ラドン吸入による炎症・疼痛の緩和効果に関する我々の研究動向,
低線量放射線健康影響研究会2016, 2016年9月.
3. 片岡 隆浩, 恵谷 玲央, 西山 祐一, 高田 裕司, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
ラドン吸入によるスナネズミ一過性脳虚血に伴う細胞障害の抑制効果に関する検討,
文部科学省復興対策特別人材育成事業「被ばくの瞬間から生涯」を見渡す放射線生物・医学の学際教育 第3回集中講義, 2014年1月.
4. 高田 裕司, 片岡 隆浩, 恵谷 玲央, 西山 祐一, 大和 恵子, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
マウス炎症症状に対する極微量放射性クリームの抑制効果に関する検討,
文部科学省復興対策特別人材育成事業「被ばくの瞬間から生涯」を見渡す放射線生物・医学の学際教育 第3回集中講義, 2014年1月.
5. 恵谷 玲央, 片岡 隆浩, 西山 祐一, 高田 裕司, 山岡 聖典 :
ラドン吸入と抗酸化ビタミン投与の併用による急性アルコール性マウス肝障害の抑制効果に関する検討,
文部科学省復興対策特別人材育成事業「被ばくの瞬間から生涯」を見渡す放射線生物・医学の学際教育 第3回集中講義, 2014年1月.
6. 片岡 隆浩, 西山 祐一, 大和 恵子, 森井 佑至, 恵谷 玲央, 高田 裕司, 迫田 晃弘, 石森 有, 光延 文裕, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
ラドン健康効果に関する最近の我々の研究動向,
平成24年度京都大学原子炉実験所専門研究会, 2012年8月.
7. 西山 祐一, 片岡 隆浩, 迫田 晃弘, 田中 裕史, 石森 有, 光延 文裕, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
ラドン吸入によるマウスⅠ型糖尿病の抑制効果の検討,
2012年8月.
8. 恵谷 玲央, 片岡 隆浩, 森井 佑至, 西山 祐一, 大和 恵子, 高田 裕司, 迫田 晃弘, 石森 有, 田口 勇仁, 山岡 聖典 :
マウス肝障害に対するラドン吸入とビタミンC・E投与による抗酸化作用の比較検討,
平成24年度京都大学原子炉実験所専門研究会, 2012年8月.

報告書:

1. 石森 有, 迫田 晃弘, 田中 裕史, 光延 文裕, 山岡 聖典, 片岡 隆浩, 大和 恵子, 西山 祐一 :
極微量ウラン影響効果試験,
JAEA-Research, Vol.005, 2013年.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)