検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 医学域 > 連携研究部門(医学域) > 寄附講座系(医学域) > 地域総合医療学 >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 内科 > 消化器内科 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1703017 健幸社会を支えるIoTを活用した医療機器・健診ヘルスケアシステムの開発 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1804005 ニーズドリブン手法による医療機器開発エコシステムの構築 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 2004016 放電プラズマを用いた新しい炎症性腸疾患治療法の開発 >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

医学 (Medicine)

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 榎本 崇宏, 岡久 稔也, 芥川 正武, 木内 陽介 :
腸音図,
文光堂, 2015年.
2. 武田 英二, 岡久 稔也, 高橋 保子, 国清 紀子, 松村 晃子, 中屋 豊, 西 正晴, 竹谷 豊, 吉本 勝彦, 寺尾 純二, 美馬 福恵, 吉岡 昌美, 山田 静恵, 石澤 啓介, 鈴木 麗子, 藤田 知代, 新井 英一, 桑波田 雅士, 岡田 和子 :
栄養管理のチーム医療,
文光堂, 東京, 2006年4月.
3. 伊東 進, 岡久 稔也 :
薬剤性腸炎,
株式会社 中山書店, 2005年4月.
4. Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Koji Tsujigami, Yoshio Okita, Hiroshige Hayashi, Toshikatsu Taniki, Hiroshi Hukuno, Masahiko Nakasono, Naoki Muguruma, Seisuke Okamura and Susumu Ito :
Ultrasonographic assesment of gastric motility in diabetic gastroparesis befor and after attaining glycemic control.,
Springer-Verlag, New York, Feb. 2005.
5. 清水 一郎, 玉木 克佳, 柴田 啓志, 浦田 真里, 板垣 達三, 大塩 敦郎, 井本 佳孝, 岡本 耕一, 佐藤 康紀, 青木 利佳, 福野 天, 居和城 宏, 村田 昌彦, 筒井 朱美, 六車 直樹, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 伊東 進 :
当科におけるラジオ波焼灼療法を用いた肝腫瘍治療, --- ―preliminary report― ---,
徳島医学会, 徳島, 2003年.
(徳島大学機関リポジトリ: 36161)
6. 岡久 稔也, 曽我部 正弘, 大喜田 義雄, 六車 直樹, 岡村 誠介, 柴田 啓志, 伊東 進 :
消化器ポケットマニュアル,
株式会社 嵯峨野, 京都, 2002年.
7. 森 博愛, 清水 一郎, 長瀬 教夫, 野村 昌弘, 西角 彰良, 井内 新, 伊東 進, 本田 浩仁, 岡村 誠介, 近森 一正, 齋藤 憲, 白神 皞, 中屋 豊, 岡久 稔也, 橋本 俊顕 :
コメディカルのための内科学(第2版),
医学出版社, 東京, 2001年4月.
8. 清水 一郎, 柴田 啓志, 筒井 朱美, 四宮 寛彦, 稲山 久美, 中園 雅彦, 六車 直樹, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 伊東 進 :
肝細胞癌に対する経皮的ラジオ波熱焼灼療法(RFA)の検討,
大道学館, 福岡, 2001年.
9. 加藤 寛正, 野村 昌弘, 越智 由恵, 齋藤 憲, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 :
慢性消化性潰瘍におけるHelivobactor pylori除菌前後の自律神経活動の検討,
四国消化性潰瘍研究会, 2001年.
10. 伊東 進, 岡久 稔也 :
薬剤性腸炎,
株式会社 中山書店, 東京, 2001年.
11. 伊東 進, 岡久 稔也 :
過敏性腸症候群,
文光堂, 東京, 2000年10月.
12. 清水 一郎, 野田 佳子, 筒井 朱美, 多田津 昌也, 六車 直樹, 堀江 貴浩, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 西條 哲也, 佐野 暢哉, 伊東 進 :
良性反復性肝内胆汁うっ滞に胆石を伴わない慢性膵炎を合併した1例,
財団法人 日本消化器病学会, 東京, 1999年.
13. 野村 昌弘, 名田 智美, 近藤 幸, 由岐中 道子, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 齋藤 憲, 伊東 進, 中屋 豊 :
慢性消化性潰瘍形成において自律神経機能異常は必要条件か?心拍変動1/fゆらぎおよびHelicobactor pyloriとの関連性,
四国消化性潰瘍研究会, 松山, 1999年.
14. 清水 一郎, 福田 直子, 相良 安信, 北田 浩三, 斎賀 美恵子, 宮上 盛史, 石井 敏博, 佐々木 春夫, 安田 貢, 堀江 貴浩, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 伊東 進 :
胃集検における追加撮影の意義,
1997年.
15. 岡久 稔也, 清水 一郎, 伊東 進 :
胃潰瘍·十二指腸潰瘍の診断と治療, --- -当科における胃·十二支潰瘍の診断と治療- ---,
真興交易医書出版, 東京, 1997年.
16. 西條 哲也, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 柴田 啓志, 本田 浩仁, 清水 一郎, 折野 俊介, 野村 昌弘, 齋藤 憲, 伊東 進 :
高血圧合併消化性潰瘍の自律神経機能の検討,
ホワイトPR, 1995年.
17. 伊東 進, 岡久 稔也 :
過敏性腸症候群,
文光堂, 東京, 1995年.
18. 清水 一郎, 西條 哲也, 藤川 晴信, 新居 千昌, 日比野 真吾, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 柴田 啓志, 本田 浩仁, 矢野 充保, 伊東 進 :
実験的逆流性食道炎におよぼす防御因子製剤の効果,
ホワイトPR, 東京, 1993年.
19. 清水 一郎, 藤川 晴信, 西條 哲也, 堀北 実, 日比野 真吾, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 林 広茂, 本田 浩仁, 矢野 充保, 和田 哲, 伊東 進 :
下部十二指腸および前胃・腺胃境界部結紮による実験的逆流性食道炎作成法の検討,
ホワイトPR, 東京, 1992年.
20. 清水 一郎, 矢野 充保, 春藤 譲治, 藤川 晴信, 堀北 実, 日比野 真吾, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 林 広茂, 本田 浩仁, 西條 哲也, 和田 哲, 谷木 利勝, 伊東 進, 広瀬 隆則 :
下血を機に発見された空腸迷入膵の1例,
広島, 1991年.

学術論文(審査論文):

1. 曽我部 正弘, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
映像・照明を用いた視覚刺激によるdistractionの上部消化管内視鏡検査受診者への影響.,
日本消化器がん検診学会雑誌, Vol.58, No.6, 983-995, 2020年.
2. Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Takeshi Kurihara, Masanori Takehara, Kaizoh Kagemoto, Jun Okazaki, Yoshifumi Kida, Akihiro Hirao, Hironori Tanaka, Tetsu Tomonari, Tatsuya Taniguchi, Koichi Okamoto, Masahiro Nakasono and Tetsuji Takayama :
Differences among patients with and without nonalcoholic fatty liver disease having elevated alanine aminotransferase levels at various stages of metabolic syndrome.,
PLoS ONE, Vol.15, No.8, e0238388, 2020.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0238388,   PubMed: 32866186)
3. Toshiya Okahisa, Masahiro Sogabe, Tadahiko Nakagawa, Kumiko Tanaka, Tetsu Tomonari, Tatsuya Taniguchi, Akira Takahashi, Yohsuke Kinouchi, Junji Nishioka, Naoki Igata, Hiroaki Yanagawa, takatoshi Komatsu, Yoshiaki Ohnishi, Masashi Fukuhara, Masashi Ishikawa, Hiroshi Shibata, Hirohiko Shinomiya, Masahiko Nakasono, Fumiko Kishi, Keiko Komai, Yayoi Tatsuki, Toru Murashima, Yoshihiro Deguchi, Hiroshi Aramaki, Hideyuki Fukumitsu and Tetsuji Takayama :
Development of a novel automatic ascites filtration and concentration equipment with multi-ring-type roller pump units for cell-free and concentrated ascites reinfusion therapy.,
Artificial Organs, Vol.44, No.8, 856-872, 2020.
(DOI: 10.1111/aor.13681,   PubMed: 32187379)
4. Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Akira Fukuya, Kaizoh Kagemoto, Yasuyuki Okada, Yuka Adachi, Takeshi Kurihara, Toru Nii, Satoshi Teramae, Hironori Tanaka, Tetsu Tomonari, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Masahiko Nakasono and Tetsuji Takayama :
Effects of audio and visual distraction on patients' vital signs and tolerance during esophagogastroduodenoscopy: a randomized controlled trial.,
BMC Gastroenterology, Vol.20, No.1, 122, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114760,   DOI: 10.1186/s12876-020-01274-3,   PubMed: 32316918)
5. Takaaki Shimohata, Kazuaki Mawatari, Takashi Uebansou, Airi Honjo, Akari Tsunedomi, Sho Hatayama, Yuri Sato, Junko Kido, Risa Nishisaka, Ayumi Yoshimoto, Tomoko Yamashita, Sachie Amano, Miki Maetani-Yasui, Hitomi Iba, Yumi Harada, Mutsumi Nakahashi, Sonoko Yamada, Yasuhiro Hamada, Tadahiko Nakagawa, Masahiro Sogabe, Takahiro Emoto, Masatake Akutagawa, Toshiya Okahisa, Yohsuke Kinouchi and Akira Takahashi :
Bacterial Contamination of Hemodialysis Devices in Hospital Dialysis Wards.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.66, No.1.2, 148-152, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113411,   DOI: 10.2152/jmi.66.148,   PubMed: 31064928)
6. Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Yumi Adachi, Masanori Takehara, Shinichi Hamada, Jun Okazaki, Yasuteru Fujino, akira fukuya, Akihiro Hirao, Kaizoh Kagemoto, Akihiro Hirao, Koichi Okamoto, Masahiko Nakasono and Tetsuji Takayama :
The influence of various distractions prior to upper gastrointestinal endoscopy: a prospective randomized controlled study.,
BMC Gastroenterology, Vol.18, No.1, 132, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 114349,   DOI: 10.1186/s12876-018-0859-y,   PubMed: 30157771,   Elsevier: Scopus)
7. Rie Harada, Masako Kimura, Yasushi Sato, Tatsuya Taniguchi, Tetsu Tomonari, Takahiro Tanaka, Hironori Tanaka, Naoki Muguruma, Hirohiko Shinomiya, Hirohito Honda, Issei Imoto, Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa and Tetsuji Takayama :
APOB codon 4311 polymorphism is associated with hepatitis C virus infection through altered lipid metabolism.,
BMC Gastroenterology, Vol.18, No.1, 24, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 111808,   DOI: 10.1186/s12876-018-0747-5,   PubMed: 29382324,   Elsevier: Scopus)
8. Yasuyuki Okada, Tetsuo Kimura, Tadahiko Nakagawa, Koichi Okamoto, Akira Fukuya, Takahiro Goji, Shota Fujimoto, Masahiro Sogabe, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Yasushi Tsuji, Toshiya Okahisa and Tetsuji Takayama :
EGFR Down-regulation After anti-EGFR Therapy Predicts the Anti-tumor Effect in Colorectal Cancer.,
Molecular Cancer Research : MCR, Vol.15, No.10, 1445-1454, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 110960,   DOI: 10.1158/1541-7786.MCR-16-0383,   PubMed: 28698359)
9. Kohei Sugihara, Masashi Masuda, Mari Nakao, Maerjianghan Abuduli, Yukiko Imi, Naoko Oda, Toshiya Okahisa, Hironori Yamamoto, Eiji Takeda and Yutaka Taketani :
Dietary phosphate exacerbates intestinal inflammation in experimental colitis.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.61, No.2, 91-99, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 110124,   DOI: 10.3164/jcbn.16-117,   PubMed: 28955125)
10. 大井 文香, 中川 忠彦, 岡本 耕一, 高山 哲治, 曽我部 正弘, 岡久 稔也, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 木内 陽介 :
LED光を用いた対外循環照射モデルの構築.,
電子情報通信学会研究技術報告(MEとバイオサイバネティックス), Vol.117, No.165, 17-20, 2017年.
11. Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Masahiko Nakasono, Hiroshi Fukuno, Yoshihiko Miyamoto, Yasuyuki Okada, Jun Okazaki, Jinsei Miyoshi, Tetsu Tomonari, Tatsuya Taniguchi, Takahiro Goji, Shinji Kitamura, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
The differing influence of several factors on the development of fatty liver with elevation of liver enzymes between genders with metabolic syndrome: A cross-sectional study.,
PLoS ONE, Vol.12, No.6, e0177925, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112319,   DOI: 10.1371/journal.pone.0177925,   PubMed: 28574988,   Elsevier: Scopus)
12. Tatsuya Taniguchi, Kazuhiro Kishi, Tadahiko Nakagawa, Hironori Tanaka, Takahiro Tanaka, Tetsu Tomonari, Koichi Okamoto, Masahiro Sogabe, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa, Naoki Muguruma, Mayumi Kajimoto, Ikuko Sagawa and Tetsuji Takayama :
Poly-(ADP-Ribose) Polymerase-1 Promotes Prothrombin Gene Transcription and Produces Des-Gamma-Carboxy Prothrombin in Hepatocellular Carcinoma.,
Digestion, Vol.95, No.3, 242-251, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 110173,   DOI: 10.1159/000470837,   PubMed: 28384634)
13. Takahiro Emoto, Udantha R. Abeyratne, Yuki Gojima, Kazuki Nanba, Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Masatake Akutagawa, Shinsuke Konaka and Yohsuke Kinouchi :
Evaluation of human bowel motility using non-contact microphones,
Biomedical Physics & Engineering Express, Vol.2, No.4, 1-8, 2016.
(DOI: 10.1088/2057-1976/2/4/045012)
14. Toshi Takaoka, Tetsuo Kimura, Rai Shimoyama, Shunji Kawamoto, Kazuki Sakamoto, Fuminori Goda, Hiroshi Miyamoto, Yuji Negoro, Akihito Tsuji, Koji Yoshizaki, Takahiro Goji, Shinji Kitamura, Hiromi Yano, Koichi Okamoto, Masako Kimura, Toshiya Okahisa, Naoki Muguruma, Yoshiro Niitsu and Tetsuji Takayama :
Panitumumab in combination with irinotecan plus S-1 (IRIS) as second-line therapy for metastatic colorectal cancer.,
Cancer Chemotherapy and Pharmacology, Vol.78, No.2, 397-403, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 109985,   DOI: 10.1007/s00280-016-3096-5,   PubMed: 27342247,   Elsevier: Scopus)
15. Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Tetsuo Kimura, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Influence of metabolic syndrome on upper gastrointestinal disease.,
Clinical Journal of Gastroenterology, Vol.9, No.4, 191-202, 2016.
(DOI: 10.1007/s12328-016-0668-1,   PubMed: 27372302,   Elsevier: Scopus)
16. Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Tadahiko Nakagawa, Hiroshi Fukuno, Masahiko Nakasono, Tetsu Tomonari, Takahiro Tanaka, Hironori Tanaka, Tatsuya Taniguchi, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Influence of light alcohol consumption on lifestyle-related diseases: a predictor of fatty liver with liver enzyme elevation in Japanese females with metabolic syndrome.,
BMC Gastroenterology, Vol.16, No.1, 17, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 114348,   DOI: 10.1186/s12876-016-0431-6,   PubMed: 26892109)
17. Jinsei Miyoshi, Hiroshi Miyamoto, Takahiro Goji, Tatsuya Taniguchi, Tetsu Tomonari, Masahiro Sogabe, Tetsuo Kimura, Shinji Kitamura, Koichi Okamoto, Yasuteru Fujino, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa and Tetsuji Takayama :
Serum diamine oxidase activity as a predictor of gastrointestinal toxicity and malnutrition due to anticancer drugs.,
Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.30, No.11, 1582-1590, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 109519,   DOI: 10.1111/jgh.13004,   PubMed: 25968084,   Elsevier: Scopus)
18. Takahiro Goji, Tetsuo Kimura, Hiroshi Miyamoto, Masanori Takehara, kaizo Kagamoto, Yasuyuki Okada, Jun Okazaki, Yoshifumi Takaoka, Yoshihiko Miyamoto, Yasuhiro Mitsui, Tatsunao Sueuchi, Kumiko Tanaka, Yasuteru Fujino, Sayo Matsumoto, Toshi Takaoka, Shinji Kitamura, Koichi Okamoto, Masako Kimura, Masahiro Sogabe, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa, Yasuhiro Sato, Tamotsu Sagawa, Koji Fujikawa, Yasushi Sato, Hitoshi Ikushima and Tetsuji Takayama :
A Phase I/II Study of Fixed-dose-rate Gemcitabine and S-1 with Concurrent Radiotherapy for Locally Advanced Pancreatic Cancer,
Cancer Chemotherapy and Pharmacology, Vol.76, No.3, 615-620, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 110046,   DOI: 10.1007/s00280-015-2835-3,   PubMed: 26220846,   Elsevier: Scopus)
19. Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Masahiko Nakasono, Yasuteru Fujino, Yasuhiro Mitsui, Yoshihumi Takaoka, Tetsuo Kimura, Koichi Okamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Investigation of Gastroduodenal Mucosal Injury in Japanese Asymptomatic Antiplatelet Drug Users,
Medicine, Vol.94, No.26, e1047, 2015.
(DOI: 10.1097/MD.0000000000001047,   PubMed: 26131815,   Elsevier: Scopus)
20. Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Tatsuya Taniguchi, Tetsu Tomonari, Takahiro Tanaka, Hironori Tanaka, Masahiko Nakasono and Tetsuji Takayama :
Light alcohol consumption plays a protective role against non-alcoholic fatty liver disease in Japanese men with metabolic syndrome.,
Liver International, Vol.35, No.6, 1707-1714, 2015.
(DOI: 10.1111/liv.12754,   PubMed: 25438866)
21. Atsushi Inoue, Koichi Okamoto, Yasuteru Fujino, Tadahiko Nakagawa, Naoki Muguruma, Katsutaka Sannomiya, Yasuhiro Mitsui, Toshi Takaoka, Shinji Kitamura, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa, Takahiro Fujimori, Issei Imoto and Tetsuji Takayama :
B-RAF mutation and accumulated gene methylation in aberrant crypt foci (ACF),sessile serrated adenoma/polyp (SSA/P) and cancer in SSA/P.,
British Journal of Cancer, Vol.112, No.2, 403-412, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 106441,   DOI: 10.1038/bjc.2014.545,   PubMed: 25314065,   Elsevier: Scopus)
22. Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Akira Yamanoi and Tetsuji Takayama :
Subtypes of metabolic syndrome and of other risk factors in Japanese women with erosive esophagitis.,
Medicine, Vol.93, No.28, e276, 2014.
(DOI: 10.1097/MD.0000000000000276,   PubMed: 25526458)
23. 新田 佳伯, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 大西 芳明, 木内 陽介, S. Abhijit PANDYA :
体外循環療法中に腎臓で行われる水分の再吸収効率の推定,
医工学治療, Vol.26, No.1, 24-31, 2014年.
24. Momoko Sato, Naoki Muguruma, Nakagawa Tadahiko, Koichi Okamoto, Tetsuo Kimura, Shinji Kitamura, Hiromi Yano, Sannomiya Katsutaka, Takahiro Goji, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa, Hiroaki Mikasa, Wada Satoshi, Iwata Masao and Tetsuji Takayama :
High antitumor activity of pladienolide B and its derivative in gastric cancer,
Cancer Science, Vol.105, No.1, 110-116, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 106055,   DOI: 10.1111/cas.12317,   PubMed: 24635824,   Elsevier: Scopus)
25. Naoki Muguruma, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa and Tetsuji Takayama :
Endoscopic Molecular Imaging: Status and Future Perspective.,
Clinical Endoscopy, Vol.46, No.6, 603-610, 2013.
(DOI: 10.5946/ce.2013.46.6.603,   PubMed: 24340252)
26. Miho Tsuda, Koichi Okamoto, Naoki Muguruma, Katsutaka Sannomiya, Tadahiko Nakagawa, Hiroshi Miyamoto, Shinji Kitamura, Takahiro Goji, Tetsuo Kimura, Toshiya Okahisa, Keisuke Izumi and Tetsuji Takayama :
Suppressive effect of RAS inhibitor manumycin A on aberrant crypt foci formation in the azoxymethane-induced rat colorectal carcinogenesis model.,
Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.28, No.10, 1616-1623, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 105897,   DOI: 10.1111/jgh.12287,   PubMed: 23730936)
27. Koichi Okamoto, Shinji Kitamura, Naoki Muguruma, Toshi Takaoka, Yasuteru Fujino, Yoshiro Kawahara, Toshiya Okahisa and Tetsuji Takayama :
Mucosectom2-short blade for safe and efficient endoscopic submucosal dissection of colorectal tumors.,
Endoscopy, Vol.45, No.11, 928-930, 2013.
(DOI: 10.1055/s-0033-1344644,   PubMed: 24019129)
28. Takahiro Tanaka, Tatsuya Taniguchi, Katsutaka Sannomiya, Hidetaka Takenaka, Tetsu Tomonari, Koichi Okamoto, Shinji Kitamura, Toshiya Okahisa, Katsuyoshi Tamaki, Hiroaki Mikasa, Sadao Suzuki and Tetsuji Takayama :
Novel des-γ-carboxy prothrombin in serum for the diagnosis of hepatocellular carcinoma.,
Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.28, No.8, 1348-1355, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 106139,   DOI: 10.1111/jgh.12166,   PubMed: 23432345)
29. Takahiro Emoto, Koichi Shono, Udantha R. Abeyratne, Toshiya Okahisa, Hiromi Yano, Masatake Akutagawa, Shinsuke Konaka and Yohsuke Kinouchi :
ARMA based spectral bandwidth for evaluation of bowel motility by the analysis of bowel sounds,
Physiological Measurement, Vol.34, No.8, 925-936, 2013.
(DOI: 10.1088/0967-3334/34/8/925,   PubMed: 23893043)
30. Shinji Kitamura, Mitsugi Yasuda, Naoki Muguruma, Koichi Okamoto, Hisashi Takeuchi, Yoshimi Bando, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa, Mitsuyasu Yano, Ryusuke Torisu and Tetsuji Takayama :
Prevalence and characteristics of nodular gastritis in Japanese elderly.,
Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.28, No.7, 1154-1160, 2013.
(DOI: 10.1111/jgh.12180,   PubMed: 23432631)
31. Tetsuo Kimura, Naoki Muguruma, Takahiro Goji, Koichi Okamoto, Shinji Kitamura, Hiromi Yano, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa, Naomi Sakashita and Tetsuji Takayama :
Pedunculated duodenal carcinoid successfully removed by endoscopic resection with endoloop.,
Journal of Digestive Diseases, Vol.14, No.7, 402-404, 2013.
(DOI: 10.1111/1751-2980.12033,   PubMed: 23302224)
32. Koichi Okamoto, Naoki Muguruma, Shinji Kitamura, Y Fujino, Takahiro Goji, Hiromi Yano, Tetsuo Kimura, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa and Tetsuji Takayama :
A new large-diameter overtube for endoscopic submucosal dissection in the colon.,
Endoscopy, Vol.44, No.Suppl 2 UCTN, E395-6, 2012.
(DOI: 10.1055/s-0032-1310249,   PubMed: 23139039)
33. Koichi Okamoto, Seisuke Okamura, Naoki Muguruma, Shinji Kitamura, Tetsuo Kimura, Yoshitaka Imoto, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa and Tetsuji Takayama :
Endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer using a cross-counter technique.,
Surgical Endoscopy, Vol.26, No.12, 3676-3681, 2012.
(DOI: 10.1007/s00464-012-2364-7,   PubMed: 22692462)
34. Tetsuo Kimura, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Masako Kimura, Shinji Kitamura, Hidetaka Takenaka, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa, Eriko Aoyagi, Mayumi Kajimoto, Yasushi Tsuji, Takahiro Kogawa, Akihito Tsuji and Tetsuji Takayama :
Clinical benefit of high-sensitivity KRAS mutation testing in metastatic colorectal cancer treated with anti-EGFR antibody therapy.,
Oncology, Vol.82, No.5, 298-304, 2012.
(DOI: 10.1159/000336792,   PubMed: 22555244)
35. Takeuchi Hisashi, Tetsuo Kimura, Koichi Okamoto, Aoyagi Eriko, Hiroshi Miyamoto, Masako Kaji, Hidetaka Takenaka, Seisuke Okamura, Yasushi Sato, Kato Junji, Toshiya Okahisa and Tetsuji Takayama :
A mechanism for abnormal angiogenesis in human radiation proctitis: analysis of expression profile for angiogenic factors,
Journal of Gastroenterology, Vol.47, No.1, 56-64, 2012.
(DOI: 10.1007/s00535-011-0470-2,   PubMed: 22081051,   CiNii: 10030295720)
36. Naoki Muguruma, Koichi Okamoto, Tetsuo Kimura, Kazuhiro Kishi, Toshiya Okahisa, Seisuke Okamura and Tetsuji Takayama :
Endoscopic ablation therapy for gastrointestinal superficial neoplasia.,
Digestive Endoscopy, Vol.24, No.3, 139-149, 2011.
(DOI: 10.1111/j.1443-1661.2011.01227.x,   PubMed: 22507086)
37. Tetsuji Takayama, Kouzou Yoshikawa, Toshiya Okahisa, Masako Kaji, Nobuhiro Kurita, Masanori Nishioka, Toru Ikegami, Toshiaki Sano, J Inoi and Mitsuo Shimada :
Idiopathic phlebosclerosis: an atypical presentation of ischemic colitis treated by laparoscopic colectomy.,
Surgery, Vol.145, No.6, 682-684, 2009.
(DOI: 10.1016/j.surg.2008.04.015,   PubMed: 19486773)
38. Sogabe Masahiro, Kimura Yoshitaka, Iwaki Hiroshi, Okita Yoshio, Hibino Shingo, Sawda Seizo, Toshiya Okahisa, Okamoto Koichi, Tsujigami Koji, Hayashi Hiroshige, Hukui Yasuo, Nakamura Toshio, Taniki Toshikatsu, Nakasono Masahiko, Naoki Muguruma, Seisuke Okamura and Susumu Ito :
Ultrasonographic comparison of gastric motility between diabetic gastroparesis patients with and without metabolic syndrome.,
Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.23, No.7 Pt 2, e17-22, 2007.
(DOI: 10.1111/j.1440-1746.2007.05055.x,   PubMed: 17645473,   Elsevier: Scopus)
39. Iwaki Hiroshi, Toshiya Okahisa, Murata Masahiro, Miyamoto Hiorshi, Yasuhiro Kuroda, Yoshiaki Ohnishi, Masaji Nishimura, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Susumu Ito :
Influence of Lipid Emulsion for the Hematocrit Value Measured With Continuous Hematocrit Monitor.,
ASAIO Journal, Vol.53, No.4, 474-478, 2007.
(DOI: 10.1097/MAT.0b013e31805c998e,   PubMed: 17667234)
40. Yoshio Okita, Toshiya Okahisa, Masahiro Sogabe, Masao Suzuki, Yoshiaki Ohnishi and Susumu Ito :
Low-volume continuous hemodiafiltration with nafamostat mesilate increases trypsin clearance without decreasing plasma trypsin concentration in severe acute pancreatitis.,
ASAIO Journal, Vol.53, No.2, 207-212, 2007.
(DOI: 10.1097/MAT.0b013e3180310473,   PubMed: 17413562)
41. Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa, Hiroshi Iwaki, Masahiro Murata, Susumu Ito, Yoshinori Nitta, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi, Yoshiaki Ohnishi, Jun Oto and Masaji Nishimura :
Influence of leukocytapheresis therapy for ulcerative colitis on anemia and hemodynamics.,
Therapeutic Apheresis and Dialysis, Vol.11, No.1, 16-21, 2007.
(DOI: 10.1111/j.1744-9987.2007.00451.x,   PubMed: 17309570)
42. Tadashi Motomura, Hisashi Okubo, Takeshi Oda, Daisuke Ogawa, Toshiya Okahisa, Stephan Igo, Toshiyuki Shinohara, Yoshiro Yamamoto, Chikaya Noguchi, Tsukasa Ishizuka, Eiji Okamoto and Yukihiko Nose' :
Ten-year NEDO BVAD development program: moving forward to the clinical arena.,
ASAIO Journal, Vol.52, No.4, 378-385, 2006.
(DOI: 10.1097/01.mat.0000225263.48393.93,   PubMed: 16883116)
43. Daisuke Ogawa, Makoto Yoshizawa, Akira Tanaka, Ken-ichi Abe, Paul Olegario, Tadashi Motomura, Hisashi Okubo, Takeshi Oda, Toshiya Okahisa, SR Igo and Kenya Kusunose :
Indirect flow rate estimation of the NEDO PI Gyro pump for chronic BVAD experiments.,
ASAIO Journal, Vol.52, No.3, 266-271, 2006.
(DOI: 10.1097/01.mat.0000219066.21197.34,   PubMed: 16760714)
44. Toshiya Okahisa, Hisashi Okubo, Erlend Hansen, Takeshi Oda, Tadashi Motomura, Julie Glueck, Hiorshi Miyamoto, Susumu Ito, Yoshiaki Ohnishi, Masahiro Tamura, Katsuyuki Yoshikawa and Yukihiko Nose' :
Development of a clipped single-bag with bicarbonate replacement fluid to ensure proper mixing.,
ASAIO Journal, Vol.52, No.3, 343-348, 2006.
(DOI: 10.1097/01.mat.0000214854.79451.40,   PubMed: 16760726)
45. Yoshio Okita, Toshiya Okahisa, Masahiro Sogabe, Masaharu Suzuki, Yoshiaki Ohnishi and Susumu Ito :
Low Volume Continuous Hemodiafiltration with Nafamostat Mesilate Increases Trypsin,
ASAIO Journal, 1-8, 2006.
46. Masahiko Nakasono, Mitsuyoshi Hirokawa, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa, Seisuke Okamura, Susumu Ito, Hiroshi Miyamoto, Satoshi Wada, Tamotsu Fukuda and Toshiaki Sano :
Colorectal xanthomas with polypoid lesion:report of 25 cases.,
APMIS, Vol.112, No.1, 3-10, 2004.
(DOI: 10.1111/j.1600-0463.2004.apm1120102.x,   PubMed: 14961968)
47. 岡久 稔也, 宮本 弘志, 居和 城宏, 伊東 進, 大西 芳明, 黒田 泰弘, 芥川 正武, 新田 佳伯, 木内 陽介 :
高速フーリエ解析を用いた圧波形解析によるフィルタの目詰まり評価,
ICUとCCU, Vol.28, No.suppl-1, S128-S130, 2004年.
(CiNii: 40006154897)
48. Hiroko Matsunaga, Hirohito Honda, Kenichiro Kubo, Katsutaka Sannomiya, Xuezhi Cui, Yoshio Toyota, Toshifumi Mori, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa, Seisuke Okamura, Ichiro Shimizu and Susumu Ito :
Clinical value of the determination of serum guanase activity in patients with chronic hepatitis type C,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.50, No.1-2, 64-71, 2003.
(徳島大学機関リポジトリ: 110679,   PubMed: 12630570,   CiNii: 110002238060,   Elsevier: Scopus)
49. 野山 晏志, 野村 昌弘, 伊賀 彰子, 上村 英子, 友兼 優子, 蔭山 徳人, 山下 潤司, 近藤 憲保, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 西角 彰良, 矢野 充保, 清水 一郎, 伊東 進 :
消化器内視鏡下総胆管処置中における自律神経活動と心電図変化,
消化管の臨床, Vol.9, 57-62, 2003年.
50. 清水 一郎, 野村 昌弘, 青木 利佳, 福野 天, 居和城 宏, 筒井 朱美, 六車 直樹, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 伊東 進 :
高齢者消化管癌検診時の循環動態モニタリングの重要性,
消化器科, Vol.37, 103-108, 2003年.
51. S Ichikawa, Seisuke Okamura, K Tujigami, Y Kusaka, M Tadatsu, Y Okita, A Tsutsui, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa, Hiroshi Shibata, Ichiro Shimizu, Susumu Ito and K Umino :
Quantitative Analysis of Red Color Sign in the Endoscopic Evaluation of Esophageal Varices,
Endoscopy, Vol.33, No.9, 747-753, 2001.
(DOI: 10.1055/s-2001-16514,   PubMed: 11558027)
52. Hitoshi Miyajima, Masahiro Nomura, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa, Seisuke Okamura, Hirohito Honda, Ichiro Shimizu, Masafumi Harada, Ken Saito, Yutaka Nakaya and Susumu Ito :
Relationship among gastric motility,autonomic activity,and portal hemodynamics in patients with liver cirrhosis,
Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.16, No.6, 647-659, 2001.
(DOI: 10.1046/j.1440-1746.2001.02493.x,   PubMed: 11422618,   Elsevier: Scopus)
53. 佐野 壽昭, 岡久 稔也, 清川 誠治, 片岡 孝一, 若槻 真吾, 鈴木 雅晴, 安友 康二, 漆原 真樹, 伊東 進, 高橋 正倫 :
潰瘍性大腸炎に併発した小児胃癌の1例,
胃と腸, Vol.36, No.4, 580-584, 2001年.
54. 柴田 啓志, 筒井 朱美, 四宮 寛彦, 稲山 久美, 中園 雅彦, 六車 直樹, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 清水 一郎, 伊東 進 :
肝細胞に対する経皮的ラジオ波熱焼灼療法(RFA)の検討,
臨床と研究, Vol.78, No.7, 93-98, 2001年.
55. Masahiro Nomura, Michiko Yukinaka, Hitoshi Miyajima, Tomomi Nada, Yuki Kondo, Toshiya Okahisa, Hiroshi Shibata, Seisuke Okamura, Hirohito Honda, Ichiro Shimizu, Ken Saito, T. Oki, Yutaka Nakaya and Susumu Ito :
Is autonomic dysfunction a necessary condition for chronic peptic ulcer formation ?,
Alimentary Pharmacology & Therapeutics, Vol.14suppl, No.1, 82-86, 2000.
(DOI: 10.1046/j.1365-2036.2000.014s1082.x,   PubMed: 10807408,   Elsevier: Scopus)
56. 野村 昌弘, 宮島 等, 名田 智美, 森下 智文, 木下 桂午, 多田 由恵, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 中屋 豊 :
老年者における上部消化管内視鏡検査中の自律神経活動およびQTc dispersionの変動,
老年消化器病, Vol.12, No.3, 259-264, 2000年.
57. 野村 昌弘, 川口 律子, 由岐中 道子, 近藤 幸, 宮島 等, 名田 智美, 多田 由恵, 齋藤 憲, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 中屋 豊 :
高齢者における食後低血圧の成因, --- 自律神経活動および胃運動との関連性について ---,
日本高齢者消化器医学会議会誌, Vol.1, No.2, 36-41, 1999年.
58. Naoki Muguruma, Seisuke Okamura, Toshiya Okahisa, Hiroshi Shibata, Susumu Ito and Keiko Yagi :
Endoscopic sonography in the diagnosis of xanthogranulomatous cholecystitis,
Journal of Clinical Ultrasound, Vol.27, No.6, 347-350, 1999.
(PubMed: 10395132,   Elsevier: Scopus)
59. Seisuke Okamura, Akemi Tsutsui, Naoki Muguruma, Soichi Ichkawa, Masahiro Sogabe, Yoshio Okita, Tamotsu Fukuda, Shigehito Hayashi, Toshiya Okahisa, Susumu Ito and Toshiaki Sano :
The utility and limitations of an ultrasonic miniprobe in the staging of gastric cancer,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.46, No.1, 49-53, 1999.
(徳島大学機関リポジトリ: 83262,   PubMed: 10408157)
60. Toshiya Okahisa, M Sogabe, S Hayashi, H Shibata and Susumu Ito :
Contrast medium-removing effect of hemofiltration and hemodiafiltration.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.45, No.1-4, 87-93, 1998.
(徳島大学機関リポジトリ: 111620,   PubMed: 9864968)
61. Naoki Muguruma, Seisuke Okamura, Toshiya Okahisa, M Yasuda, S Hayashi, H Shibata and Susumu Ito :
Electrohydraulic lithotripsy treatment for persimmon bezoars.,
Digestive Endoscopy, Vol.30, No.5, S60, 1998.
62. Susumu Ito, Naoki Muguruma, Shigehito Hayashi, Satoko Taoka, Terumi Bando, Kumi Inayama, Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Seisuke Okamura, Hiroshi Shibata, Tatsuro Irimura, Kazuhiro Takesako and Seiichi Shibamura :
Development of agents for reinforcement of fluorescence on near-infrared ray excitation for immunohistological staining,
Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.6, No.5, 613-618, 1998.
63. Susumu Ito, Toshiya Okahisa, Seisuke Okamura, Satoshi Wada, Mikio Yano, Tetsuya Saijo, Hirohito Honda, Hiroshige Hayashi and Ichiro Shimizu :
Endoscopic therapy using monopolar and bipolar snare with a high-frequency current in patients with a pacemaker,
Endoscopy, Vol.26, No.2, 270, 1994.
64. Hirohito Honda, Shingo Hibino, Chiyo Nii, Minoru Horokita, Masako Kamamura, Tomoko Nishikado, Takahiro Horie, Toshiya Okahisa, Hiroshi Shibata, Ichiro Shimizu and Susumu Ito :
Prevalence of HCV-antibodies And HCV-RNA In Donor Blood In Tokushima Prefecture,
The Tokushima Journal of Experimental Medicine, Vol.41, No.1-2, 9-15, 1994.
65. Ichiro Shimizu, Satoshi Wada, Toshiya Okahisa, Masako Kamamura, Mitsuyasu Yano, Tsukasa Kodaira, Katsushi Nishino, Kenji Shima and Susumu Ito :
Radioimmunoreactive plasma bradykinin levels and histological changes during the course of cerulein-induced pancreatitis in rats.,
Pancreas, Vol.8, No.2, 220-225, 1993.
(PubMed: 7681581)
66. Ichiro Shimizu, Satoshi Wada, Harunobu Fujikawa, Minoru Horikita, Shingo Hibino, Toshiya Okahisa, Seisuke Okamura, Hiroshige Hayashi, Hirohito Honda, Tetsuya Saijo, Mikio Yano, Joji Syundo, Susumu Ito and Yoshiaki Sano :
A case of melanosis duodeni in which pigmentation disappeared after the discontinuation of hydralazine administration.,
Digestive Endoscopy, Vol.3, No.4, 574-580, 1991.
67. Susumu Ito, Tomoharu Maeda, Akiharu Iwasaki, Harunobu Fujikawa, Toshiya Okahisa, Tetsuya Saijyou, Kunio Ii, Nobuya Sano, Yoshiko Matsuda and Hitoshi Endo :
HISTOCHEMICAL AND BIOCHEMICAL STUDIES ON GUANASE IN THE HUMAN AND RAT KIDNEY,
Acta Histochemica et Cytochemica, Vol.24, No.6, 591-596, 1991.

学術論文(紀要・その他):

1. T Goji, Seisuke Okamura, H Takeuchi, Tetsuo Kimura, Shinji Kitamura, Katsuyoshi Tamaki, Koichi Okamoto, Masako Kaji, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa, J Shunto and Tetsuji Takayama :
Migrated Endoclip and Stone Formation after Cholecystectomy: A Case Treated by Endoscopic Sphincterotomy,
Internal Medicine, Vol.48, No.23, 2015-2017, 2009.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.48.2634,   PubMed: 19952484)
2. 宮本 弘志, 岡久 稔也, 居和城 宏, 村田 昌彦, 伊東 進, 大西 芳明, 大藤 純, 大田 宗幸, 安部 正, 黒田 泰弘 :
包括評価制度導入後の潰瘍性大腸炎に対する白血球除去療法,
ICUとCCU, Vol.28, No.2, 215-217, 2004年.
(CiNii: 40006154920)
3. 岡久 稔也, 宮本 弘志, 居和城 宏, 伊東 進, 大西 芳明, 大藤 純, 黒田 泰弘 :
包括評価制度導入後の急性血液浄化療法,
ICUとCCU, Vol.28, No.2, 7-10, 2004年.
(CiNii: 40006154856)
4. 清水 一郎, 六車 直樹, 岡村 誠介, 林 重仁, 横井 孝文, 安田 貢, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 伊東 進, 佐野 暢哉, 日比野 真吾, 和田 哲, 林 秀樹 :
内視鏡的粘膜切除を施行した十二指腸腺腫の1例,
消化管の臨床, Vol.2, 67-71, 1996年.
5. 清水 一郎, 柴田 啓志, 横井 孝文, 六車 直樹, 梯 泰昌, 松永 裕子, 福田 保, 林 重仁, 安田 貢, 堀江 貴浩, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 西條 哲也, 伊東 進 :

岡山医誌, Vol.108, No.3-6, 197-198, 1996年.
6. 清水 一郎, 六車 直樹, 岡村 誠介, 岡久 稔也, 梯 泰昌, 林 重仁, 横井 孝文, 安田 貢, 柴田 啓志, 伊東 進, 松森 保道, 梶川 愛一郎, 広瀬 隆則, 林 秀樹 :
大量下血をきたした空腸平滑筋腫の1例,
消化管の臨床, Vol.1, 99-103, 1995年.
7. 清水 一郎, 柴田 啓志, 六車 直樹, 横井 孝文, 堀江 千昌, 堀北 実, 安田 貢, 梯 泰昌, 林 重仁, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 伊東 進, 矢野 勇人, 佐野 暢哉 :
各種画像診断にて肝癌と鑑別困難であった肝内多発結節性病変の1例,
Liver Cancer, Vol.1, No.1, 43-50, 1995年.
8. 清水 一郎, 柴田 啓志, 矢野 充保, 六車 直樹, 本田 浩仁, 岡村 誠介, 岡久 稔也, 西條 哲也 :
UDCA就寝前1回投与による胆石溶解について,
消化器科, Vol.18, No.4, 407-412, 1994年.
9. 清水 一郎, 伊東 進, 藤川 晴信, 西條 哲也, 岡久 稔也, 日比野 真吾, 岡村 誠介, 柴田 啓志, 本田 浩仁, 矢野 充保, 伊井 邦雄 :
十二指腸液逆流にもとづく実験的逆流性食道炎の実験モデル作成法,
日本臨床生理学会雑誌, Vol.23, No.3, 309-311, 1993年.
10. 清水 一郎, 西條 哲也, 藤川 晴信, 堀北 実, 日比野 真吾, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 林 広茂, 本田 浩仁, 和田 哲, 矢野 充保, 伊東 進, 後藤 義明 :
ラット実験的逆流性食道炎モデルの成因について,
Ther Res, Vol.13, No.1, 25-26, 1992年.
11. 清水 一郎, 柴 昌子, 六車 直樹, 岡村 誠介, 岡久 稔也, 矢野 充保, 和田 哲, 春藤 譲治進, 伊東 進 :
食道静脈瘤硬化療法が有効であった巨木型食道静脈瘤(pipeline varix)の1例,
臨床と研究, Vol.69, No.3, 827-830, 1992年.

総説・解説:

1. 上野 淳二, 髙尾 正一郎, 岡久 稔也, 久保 満, 仁木 登 :
stool tagging法を用いたCT colonography,
Early Colorectal Cancer, Vol.12, No.2, 155-159, 2008年3月.
2. 井上 和俊, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介, 岡久 稔也 :
血圧情報を統合したCRIT-LINE情報システムの開発,
ICUとCCU, Vol.27, S89-S90, 2003年3月.
3. 清水 一郎, 糸永 美奈, Guangming Lu, Xuezhi Cui, 豊田 敬生, 久保 謙一郎, 四宮 寛彦, 筒井 朱美, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 本田 浩仁, 伊東 進 :
C型肝炎ウイルス持続感染患者の肝線維化における女性ホルモンの役割,
四国医学雑誌, Vol.58, No.1-2, 22-34, 2002年4月.
(徳島大学機関リポジトリ: 110522)

国際会議:

1. Sakamaki Sho, Tateishi Yoshinori, Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura and Toshiya Okahisa :
Dielectric barrier discharge plasma treatment of porcine whole blood,
The Joint Conference of XXXIV International Conference on Phenomena in Ionized Gases and the 10th International Conference on Reactive Plasmas, Jul. 2019.
2. Naoki Igata, J nishioka, T Komatsu, S Kobayashi, Y Ohnishi, M Fukuhara, Hironori Tanaka, Tetsu Tomonari, Tetsuji Takayama, Masahiro Sogabe and Toshiya Okahisa :
Drainage with Normal Saline in Two Directions for Washing of the Clogging Filter During Cell-free and Concentrated Ascites Reinfusion Therapy.,
The 65th Annual Conference of American Society for Artificial Internal Organs (ASAIO), San Francisco, Jun. 2019.
3. junji nishioka, T Komatsu, S Kobayashi, Y Ohnishi, M Fukuhara, Hironori Tanaka, Tetsu Tomonari, Tetsuji Takayama, Masahiro Sogabe and Toshiya Okahisa :
Development of Multiple Point Bowel-sound Analysis System (MPBAS) for the Optimization of the Bowel Sound Measurement Position.,
The 65th Annual Conference of American Society for Artificial Internal Organs (ASAIO), San Francisco, Jun. 2019.
4. Toshiya Okahisa, Masahiro Sogabe, Mayu Uyama, Tadahiko Nakagawa, Tetsu Tomonari, Tatsuya Taniguchi, Koichi Okamoto, Tetsuji Takayama, Takaaki Shimohata, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari, Akira Takahashi, Takahiro Emoto, Masatake Akutagawa, M Yamada and M Fukuhara :
Development Of A Multi-Ring Type Roller Pump Unit Equipped To A Compact And Convenient Ascites Purification Machine For Cell-Free And Concentrated Ascites Reinfusion Therapy (CART).,
ASAIO 64th Annual Conference, Washington, D.C., Jun. 2018.
5. Kaizo Kagemoto, Koichi Okamoto, Tohshi Takaoka, Yasuyuki Okada, Kumiko Tanaka, Akihiro Hirao, Shinji Kitamura, Tetsuo Kimura, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa, Koichi Tsuneyama and Tetsuji Takayama :
Detection of Aberrant Crypt Foci Using Image-Enhanced Endoscopy.,
Digestive Disease Week2017, Chicago, May 2017.
6. Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Tadahiko Nakagawa, Noriaki Murayama, Masanori Takehara, Kaizo Kagemoto, Yoshifumi Takaoka, Tetsu Tomonari, Tatsuya Taniguchi, Tetsuo Kimura, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Influence of Lifestyle and Lifestyle-Related Disease on Nonalcoholic Fatty Liver Disease in Japanese With Metabolic Syndrome,
Digestive Disease Week2016, San Diego, May 2016.
7. Yoshihiko Miyamoto, Naoki Muguruma, Shota Fujimoto, Tadahiko Nakagawa, Shinji Kitamura, Tetsuo Kimura, Koichi Okamoto, Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa and Tetsuji Takayama :
Molecular Imaging Targeting Epidermal Growth Factor Receptor in Detection and Evaluation of Therapeutic Efficacy for Colorectal Cancer,
Digestive Disease Week2016, San Diego, May 2016.
8. Tadahiko Nakagawa, Yoshifumi Takaoka, Hironori Tanaka, Kumiko Tanaka, Tetsuji Takayama, Takaaki Shimohata, Takashi Uebansou, Kazuaki Mawatari, Akira Takahashi, Masatake Akutagawa, Takahiro Emoto, Yohsuke Kinouchi, Toru Murashima, Satoru Yamaji, Zenji Tanaka, Masahiro Sogabe and Toshiya Okahisa :
Roller Pump Circulation System For Preventing Filter Clogging During Cell-free and Concentrated Ascites Reinfusion Therapy (cart).,
The 61th Annual Conference of American Society for Artificial Internal Organs(ASAIO), Chicago, Jun. 2015.
9. Tatsuya Taniguchi, Tetsu Tomonari, Hironori Tanaka, Takahiro Tanaka, Kazuhiro Kishi, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Tadahiko Nakagawa and Tetsuji Takayama :
Des-G-Carboxy Prothrombin (DCP) Is Induced by PARP-1 in Hepatocellular Carcinoma,
Digestive Disease Week 2015, Washington, D.C., May 2015.
10. Kaizo Kagemoto, Atsushi Inoue, Koichi Okamoto, Yasuyuki Okada, Jun Okazaki, Yoshifumi Takaoka, Yoshihiko Miyamoto, Yasuhiro Mitsui, Jinsei Miyoshi, Kumiko Tanaka, Yasuteru Fujino, Shinji Kitamura, Tetsuo Kimura, Masahiro Sogabe, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa and Tetsuji Takayama :
Proximal Aberrant Crypt Foci As Precursor Lesions of SSA/P-Cancer Sequence.,
Digestive Disease Week 2015, Washington, D.C., May 2015.
11. Kagawa Miwako, Toshiya Okahisa, Takaoka yoshifumi, Yasuteru Fujino, Jinsei Miyoshi, Takaoka Toshi, Tetsu Tomonari, Shinji Kitamura, Okada Yasuyuki, Kagemoto Kaizo, Takehara Masanori, Kumiko Tanaka, Matsumoto Sayo, Teramae Tomofumi, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, Tetsuji Takayama and Takaoka Toshi :
Angiogenesis-Related Factors At the Residual Inflammation in Patients With Ulcerative Colitis in Clinical Remission Stage,
Digestive Disease Week2014, Chicago, May 2014.
12. Akina Nakanishi, Toshiya Okahisa, Emi Umezu, Tadahiko Nakagawa, Miwako Kagawa, Toshi Takaoka, Takahiro Goji, Hiromi Yano, Shinji Kitamura, Takahiro Goji, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma and Tetsuji Takayama :
Expression of Thymidline EMT via ERK 1/2 Signal Patway in Ulcerative Colitis,
DDW2013,Orland, Orange County Convention Center, Orlando, May 2013.
13. Yasuteru Fujino, Koichi Okamoto, Naoki Muguruma, Jun Okazaki, Yasuyuki Okada, Hironori Tanaka, Jinsei Miyoshi, Toshi Takaoka, Shinji Kitamura, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa and Tetsuji Takayama :
Usefulness of a new sphincterotome for the endoscopic submucosal dissection of colorectal neoplasms,
DDW2013, Orlando, May 2013.
14. Koichi Shono, Takahiro Emoto, Toshiya Okahisa, Udantha R. Abeyratne, Hiromi Yano, Masatake Akutagawa, Shinsuke Konaka and Yohsuke Kinouchi :
Automatic Evaluation of Gastrointestinal Motor Activity through the Analysis of Bowel Sounds,
Proceedings of the 10th IASTED International Conference on biomedical engineering(biomed 2013), 136-140, Austria, Feb. 2013.
15. Atsushi Inoue, Koichi Okamoto, Yasuteru Fujino, Jinsei Miyoshi, Takahiro Tanaka, Tetsuo Kimura, Masako Kaji, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa, Seisuke Okamura and Tetsuji Takayama :
Aberrant Crypt Foci in Patients With Sessile Serrated Adenomas,
Digestive Disease Week2011, Chicago, May 2011.
16. Hidetaka Takenaka, Katsuyoshi Tamaki, Tatsuya Taniguchi, Tetsu Tomonari, Rie Harada, Katsutaka Sannomiya, Momoko Sato, Toshiya Okahisa, Seisuke Okamura and Tetsuji Takayama :
Radiofrequency ablation using a balloon catheter for hepatocellular carcinoma adjacent to the gastrointestinal tract:Experimental and Clinical Study,
Digestive Disease Week 2011, Chicago, Chicago, May 2011.
17. Masako Kaji, Tetsu Tomonari, Kagawa Miwako, Saito Azusa, Tsuda Miho, Harada Rie, Tetsuo Kimura, Shinji Kitamura, Hiromi Yano, Koichi Okamoto, Niki Miyako, Toshiya Okahisa, Seisuke Okamura and Tetsuji Takayama :
Usefulness of electrocolonography for evaluation of colonic motility,
Digestive Disease Week 2010, New Orleans, May 2010.
18. Toshiya Okahisa, Tsuda Miho, Tetsu Tomonari, Inoue Atsushi, Tetsuo Kimura, Shinji Kitamura, Hiromi Yano, Takeuchi Hisashi, Koichi Okamoto, Niki Miyako, Masako Kaji, Seisuke Okamura, Kanno Ryota, Shinsuke Konaka, Takahiro Emoto, Masatake Akutagawa and Tetsuji Takayama :
Vascular patterns assessed by vascular analysis software are predictive of relapse in patients with inactive ulcerative colitis,
Digestive Disease Week 2010, New Orleans, May 2010.
19. Yoshinori Nitta, Masatake Akutagawa, Takahiro Emoto, Toshiya Okahisa, Hiroshi Miyamoto, Yoshiaki Ohnishi, Shunya Nakane, Ryuji Kaji, Masaji Nishimura and Yohsuke Kinouchi :
The possibility of the classification about Ht values using the AR model,
Proceedings of 2009 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Vol.25, No.7, 525-528, Munich, Sep. 2009.
20. Yoshinori Nitta, Masatake Akutagawa, Takahiro Emoto, Toshiya Okahisa, Hiroshi Miyamoto, Yoshiaki Ohnishi, Masaji Nishimura, Shunya Nakane, Ryuji Kaji and Yohsuke Kinouchi :
Investigation of a Classification about Time Series Signal Using SOM,
The 13th International Conference on Biomedical Engineering, 598-601, Singapore, Dec. 2008.
21. Yoshinori Nitta, Masatake Akutagawa, Toshiya Okahisa, Hiroshi Miyamoto, Yoshiaki Ohnishi, Shunya Nakane, Ryuji Kaji, Abhijit S. Pandya and Yohsuke Kinouchi :
Analysis of hematocrit value during the plasma exchange,
Proceedings of the Intenational Symposium on Biological and Physiological Engineering /The 22nd SICE Symposium on Biological and Physiological Engineering, 278-279, Harbin, Jan. 2008.
22. Igo Stephen, Sugita Yoichi, Motomura Tadashi, Toshiya Okahisa, Glueck Julia and Nosé Yukihiko :
Long-Term Endurance and Performance Tests of Gyro Centrifugal Blood Pump,
ASAIO J., Vol.55, No.2, 47A, Chicago, Jun. 2007.
23. Sugita Yoichi, Motomura Tadashi, Toshiya Okahisa, Igo Steve, Glueck Julia and Nosé Yukihiko :
Ion-Beam Surface Modification for Implantable Biomaterial,
ASAIO J., Vol.55, No.2, 9A, Chicago, Jun. 2007.
24. Won Y Chung, Toshiya Okahisa, Sugita Yoichi, Motomura Tadashi, Igo Steve, Glueck Julia and Nosé Yukihiko :
Particle size changes in plasma due to temperature conrol.,
ASAIO J., Vol.55, No.2, 63A, Chicago, Jun. 2007.
25. Toshiya Okahisa, Sugita Yoichi, Yuji Matsuda, Won Y Chung, Motomura1 Tadashi, Igo Steve, Glueck Julia, Teruya Jun, Torre-Amione Guillermo and Nosé Yukihiko :
Pressure and temperature controlled apheresis therapy (pat cat) system,
ASAIO J., Vol.55, No.2, 64A, Chicago, Jun. 2007.
26. Toshiya Okahisa, Sugita Yoichi, Won Y Chung, Yuji Matsuda, Motomura Tadashi, Igo Stephan, Glueck Julia, Teruya Jun, G Torre-Amione and Nosé Yukihiko :
Pressure and temperature controlled apheresis therapy system for the therapy of dilated cardiomyopathy.,
Ther Apher Dial., Vol.11, No.4, A60, Yokohama, Mar. 2007.
27. Yoshinori Nitta, Masatake Akutagawa, Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa, Yoshiaki Ohnishi, Masaji Nishimura, Shunya Nakane, Ryuji Kaji and Yohsuke Kinouchi :
Possibility of predicting Ht values during a plasma exchange therapy using back propagation neural network,
Proceedings of 2006 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering, Seoul, Korea, August 27-September 1, 2006, Vol.1, 1041-1044, Seoul, Aug. 2006.
28. Hansen Erlemd, Igo Stephan, Toshiya Okahisa, Yuji Matsuda, Motomura Tadashi, Glueck Julia and Nosé Yukihiko :
In vitro endurance and performance verification of the gyro centrifugal blood pump system.,
UMEÅ, Vol.Sweden, Sweden, Jun. 2006.
29. Okita Yoshio, Toshiya Okahisa, Sogabe Masahiro, Suzuki Masaharu, Hiroshi Miyamoto, Iwaki Hiroshi, Murata Masahiro and Susumu Ito :
Trypsin removal by continuous hemodiafiltration.,
ASAIO J., Vol.52, No.2, 77A, Chicago, Jun. 2006.
30. Igo Stephan, Motomura Tadashi, Toshiya Okahisa, Yuji Matsuda, Hansen Erlemd, Glueck Julia and Nosé Yukihiko :
Long-term endurance of gyro centrifugal blood pump system.,
ASAIO J., Vol.52, No.2, 59A, Chicago, Jun. 2006.
31. Hansen Erlemd, Motomura Tadashi, Toshiya Okahisa, Yuji Matsuda, Igo Stephan, Glueck Julia and Nosé Yukihiko :
Miniaturized all-in-one rpm-controllable actuator for gyro centrifugal blood pump.,
ASAIO J., Vol.52, No.2, 37A, Chicago, Jun. 2006.
32. Yuji Matsuda, Motomura Tadashi, Toshiya Okahisa, Igo Stephan, Hansen Erlemd, Glueck Julia and Nosé Yukihiko :
In vivo evaluation of the fixed rpm flow control with the implantable centrifugal blood pump.,
ASAIO J., Vol.52, No.2, 45A, Chicago, Jun. 2006.
33. Yuji Matsuda, Motomura Tadashi Tadashi, Toshiya Okahisa, Igo Stephan, Hansen Erlemd, Glueck Julia and Nosé Yukihiko :
Over three-month in vivo ventricular assist Device study with the implantable centrifugal Blood Pump.,
ASAIO J., Vol.52, No.2, 40A, Chicago, Jun. 2006.
34. Toshiya Okahisa, Yuji Matsuda, Hansen Erlemd, Motomura Tadashi, Glueck Julia and Nosé Yukihiko :
Safety system using a new attachment to ensure proper mixing of double-bag bicarbonate replacement fluid sets.,
ASAIO J., Vol.52, No.2, 75A, Chicago, Jun. 2006.
35. Toshiya Okahisa, Yuji Matsuda, Hansen Erlemd, Motomura Tadashi, Glueck Julia and Nosé Yukihiko :
Is it possible to use the plasma separator as a cryofilter?,
ASAIO J., Vol.52, No.2, 75A, Chicago, Jun. 2006.
36. Igo Stephan, Motomura Tadashi, Oda Takeshi, Toshiya Okahisa and Nosé Yukihiko :
Endurance testing of Gyro centrifugal blood pump.,
Artificial Organs., Vol.30, No.2, A22, Tokyo, Sep. 2005.
37. Toshiya Okahisa, Hansen Erlemd, Oda Takeshi, Motomura Tadashi, Igo Stephan, Glueck Julia and Nosé Yukihiko :
Is it possible to monitor the stenosis by analyzing the flow waveform using Fast Fourier Transform?,
Artificial Organs., Vol.30, No.2, A21, Tokyo, Sep. 2005.
38. Motomura Tadashi, Oda Takeshi, Yuriko Kose, Toshiya Okahisa, Igo Stephan, Glueck Julia and Nosé Yukihiko :
Centrifugal pump hemolysis and clinical requirement.,
Artificial Organs., Vol.30, No.2, A18, Tokyo, Sep. 2005.
39. Hansen Erlemd, Toshiya Okahisa, Oda Takeshi, Motomura Tadashi, Igo Stephan, Glueck Julia and Nosé Yukihiko :
Is it possible to detect the difference of VAD inlet or outlet stenosis by analyzing the pressure waveform?,
Artificial Organs., Vol.30, No.2, A17, Tokyo, Sep. 2005.
40. Oda Takeshi, Motomura Tadashi, Toshiya Okahisa, Igo Stephan, Glueck Julia and Nosé Yukihiko :
SELCAB (Self-Lung Cardiac Bypass) procedure with Gyro centrifugal blood pump.,
Artificial Organs., Vol.30, No.2, A16, Tokyo, Sep. 2005.
41. Motomura Tadashi, Oda Takeshi, Toshiya Okahisa, Igo Stephan, A Brewer, P Ralston, J Meserko, Glueck Julia and Nosé Yukihiko :
Centrifugal BVAD for functional total artificial heart application.,
Artificial Organs., Vol.30, No.2, A12, Tokyo, Sep. 2005.
42. Yoshinori Nitta, Masatake Akutagawa, Toshiya Okahisa, Hiroshi Miyamoto, Yoshiaki Onishi, Kazuo Yoshizaki, Masaji Nishimura and Yohsuke Kinouchi :
Short term prediction of Ht value using BPNN during LCAP,
Proceedings of the 27th Annual Conference of the IEEE-EMBS, Vol.7, 4560-4563, Shanghai, Sep. 2005.
(Elsevier: Scopus)
43. Ogawa Daisuke, Yoshizawa Makoto, Tanaka Akira, Abe Ken-ichi, Motomura Tadashi, Okubo Hisashi, Oda Takeshi, Toshiya Okahisa and Nosé Yukihiko :
Long term evaluation of flow rate estimation in NEDO PI centrifugal pump.,
Control and Information Technology, Okayama, Aug. 2005.
44. Masahiro Sogabe, Toshiya Okahisa, Koji Tsujigami, Yoshio Okita, Hirokazu Hayashi, Toshikatsu Taniki, Hiroshi Hukuno, Masahiko Nakasono, Naoki Muguruma, Seisuke Okamura and Susumu Ito :
Ultrasonographic assessment of gastric motility in diabetic gastroparesis before and after attaining glycemic control.,
Journal of Gastroenterology, Vol.40, No.6, 583-590, Jul. 2005.
(DOI: 10.1007/s00535-005-1592-1,   PubMed: 16007392)
45. Motomura Tadashi, Okubo Hisashi, Oda Takeshi, Ogawa Daisuke, Toshiya Okahisa, T Stephan Igohinohara Stephan, T Ishizuka, E Okamoto and Nosé Yukihiko :
Ten-year NEDO BVAD development program: Moving forward to the clinical arena.,
ASAIO J., Vol.51, No.2, 33A, Washington, D.C., Jun. 2005.
46. Oda Takeshi, Toshiya Okahisa, Motomura Tadashi, Okubo Hisashi, Ogawa Daisuke, Igo Stephan, Glueck Julia and Nosé Yukihiko :
An evaluation of the flow balance between LVAD and RVAD.,
ASAIO J., Vol.51, No.2, 31A, Washington, D.C., Jun. 2005.
47. Yamagishi Hiroto, Toshiya Okahisa, Ogawa Daisuke, Oda Takeshi, Okubo Hisashi, Motomura Tadashi, Igo Stephan, Glueck Julia, Sankai Yoshiyuki and Nosé Yukihiko :
Monitoring of the inlet stenosis of the nonpulsatile ventricular assist pump by analyzing the pressure waveform using fast fourier transform.,
ASAIO J., Vol.51, No.2, 29A, Washington, D.C., Jun. 2005.
48. Okubo Hisashi, Toshiya Okahisa, Oda Takeshi, Motomura Tadashi and Nosé Yukihiko :
Could cryofiltration be applicable to the treatment of dilated cardiomyopathy (DCM)?,
ASAIO J., Vol.51, No.2, 58A, Washington, D.C., Jun. 2005.
49. Toshiya Okahisa, Okubo Hisashi, Oda Takeshi, Motomura Tadashi and Nosé Yukihiko :
Is leukocytapheresis therapy applicable for the treatment of dilated cardiomyopathy (DCM)?,
ASAIO J., Vol.51, No.2, 61A, Washington, D.C., Jun. 2005.
50. Toshiya Okahisa, Hiroshi Miyamoto, Susumu Ito, Yoshiaki Ohnishi and Tamura Masahiro :
Development of new double-bag type bicarbonate substitution fluid set to prevent the non mixture use.,
ASAIO J., Vol.51, No.2, 61A, Washington, D.C., Jun. 2005.
51. Toshiya Okahisa, Okubo Hisashi, Ogawa Daisuke, Oda Takeshi, Motomura Tadashi, Glueck Julia and Nosé Yukihiko :
Fast fourier transform used to analyze clogging in hemofilters: an in vitro study on pressure and flow waveforms.,
ASAIO J., Vol.51, No.2, 60A, Washington, D.C., Jun. 2005.
52. Toshiya Okahisa, Okubo Hisashi, Oda Takeshi, Motomura Tadashi, Igo Stephan, Teruya Jun and Nosé Yukihiko :
Could the combination therapy of cryofiltration and ventricular assistance be applicable for the treatment of dilated cardiomyopathy?,
Ther Apher Dial., Vol.9, A10, Warnemuende, May 2005.
53. Toshiya Okahisa, Okubo Hisashi, Oda Takeshi, Motomura Tadashi, Glueck Julia, Nosé Yukihiko, Hiroshi Miyamoto, Susumu Ito, Yoshiaki Ohnishi and Tamura Masahiro :
New double-bag type bicarbonate substitution fluid set resolve the problem of non mixture use.,
Ther Apher Dial., Vol.9, No.A11, A11, Warnemuende, May 2005.
54. Toshiya Okahisa, Hiroshi Iwaki, Hiroshi Miyamoto, Susumu Ito, Yoshiaki Ohnishi and Masahiro Tamura :
A double-bag system filled with pre-measured bicarbonate substitution fluid reduces preparation time regardless of experience.,
Blood Purif., Vol.24, 266, California, Mar. 2005.
55. Ogawa Daisuke, Yoshizawa Makoto, Tanaka Akira, Abe Ken-ichi, Olegario Paul, Motomura Tadashi, Okubo Hisashi, Oda Takeshi, Toshiya Okahisa and Yukihiko Nose' :
Evaluation of flow rate estimation method for rotary blood pump with chronic animal experiment.,
Conf Proc IEEE Eng Med Biol Soc., No.7, 7616-7619, 2005.
(Elsevier: Scopus)
56. Yoshinori Nitta, Toshiya Okahisa, Masatake Akutagawa, Hiroshi Miyamoto, Ohnishi Yoshiaki, Yohsuke Kinouchi, Masaji Nishimura and Susumu Ito :
Application of BPNN to prediction of hematocrit values during LCAP,
Proceedings of Biomedical Engineering Conference, 125-129, Hong Kong, Sep. 2004.
57. Yoshinori Nitta, Yohsuke Kinouchi, Masatake Akutagawa, Toshiya Okahisa, Hiroshi Miyamoto, Hiroshi Iwaki, Susumu Ito, Yoshiaki Ohnishi, Jun Oto, Yasuhiro Kuroda and Shuzo Oshita :
Prediction of the hematocrit value using an artificial neural network during leukocytapheresis therapy,
Proceedings of 4th World Congress of the International Society for Apheresis, A10, Nashville, TN, USA, Oct. 2003.
58. Toshiya Okahisa, Hiroshi Iwaki, Hiroshi Miyamoto, Masahiro Sogabe, Susumu Ito, Yoshiaki Ohnishi, Jun Oto, Yasuhiro Kuroda, Shuzo Oshita, Yoshinori Nitta, Yohsuke Kinouchi and Masatake Akutagawa :
Monitoring filter clogging by analyzing the conductive condition of the roller pump flow pressure wave,
Proceedings of 4th World Congress of the International Society for Apheresis, A9, Nashville, TN, USA, Oct. 2003.
59. Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa, Hiroshi Iwaki, Masaharu Suzuki, Susumu Ito, Yoshiaki Ohnishi, Jun Oto, Yasuhiro Kuroda, Shuzo Oshita, Yoshinori Nitta, Yohsuke Kinouchi and Masatake Akutagawa :
Variation of the hematocrit value during leukocytapheresis therapy,
Proceedings of 4th World Congress of the International Society for Apheresis, A5, Nashville, TN, USA, Oct. 2003.
60. Hitoshi Miyajima, Masahiro Nomura, Tomomi Nada, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa, Hiroshi Shibata, Seisuke Okamura, Hirohito Honda, Ichiro Shimizu, Susumu Ito and Yutaka Nakaya :
Abnormal gastric motility in liver cirrhosis: Effect of autonomic nervous function and volume of portal blood flow,
The 7th United European Gastroenterology Week, Roma,Italy, 1999.

国内講演発表:

1. 井形 直紀, 緒方 良輔, 佐藤 翔平, 坂東 直紀, 小松 崇俊, 小林 誠司, 大西 芳明, 田中 克哉, 福原 正史, 中川 忠彦, 田中 久美子, 友成 哲, 高山 哲治, 曽我部 正弘, 岡久 稔也 :
腹水濾過濃縮再静注法施行時の濃縮器の目詰まり対策.,
第58回日本人工臓器学会大会, 2020年11月.
2. 中川 忠彦, 竹内 彩郁薫, 山田 青季, 井形 直紀, 板東 直紀, 緒方 良輔, 佐藤 翔平, 友成 哲, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治, 曽我部 正弘, 岡久 稔也 :
胸腹水の循環式濾過濃縮処理時の物理刺激によるサイトカイン濃度の上昇.,
第58回日本人工臓器学会大会, 2020年11月.
3. 曽我部 正弘, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
腹水濾過濃縮再静注法の展開.,
第58回日本人工臓器学会大会, 2020年11月.
4. 岡久 稔也, 曽我部 正弘, 高山 哲治 :
胸腹水の安全な自動処理を目指した胸腹水濾過濃縮専用装置(M-CART)の開発.,
第58回日本人工臓器学会大会, 2020年11月.
5. 横山 怜子, 中村 文香, 佐藤 康史, 岸 和弘, 和田 浩典, 友成 哲, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
胃癌におけるICI治療の効果予測因子としてのirAEの意義とその後治療への影響.,
第58回日本癌治療学会学術集会, 2020年10月.
6. 原口 雅宣, 北田 貴弘, 永瀬 雅夫, 安井 武史, 木内 陽介, 宮脇 克行, 髙橋 章, 岡久 稔也 :
2019年度におけるLEDライフイノベーション総合プラットフォーム推進事業の取り組み,
LED総合フォーラム2020in徳島, 75-76, 2020年2月.
7. 岡久 稔也, 曽我部 正弘, 高山 哲治 :
腹水濾過濃縮再静注法(CART)に関する全国アンケート調査,
第39回日本アフェレシス学会学術大会, 2019年10月.
8. 立石 義憲, 酒巻 奨, 大山 永治, 寺西 研二, 下村 直行, 岡久 稔也 :
豚の血漿への誘電体バリア放電照射実験,
令和元年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 42, 2019年9月.
9. 末内 辰尚, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
過敏性腸症候群患者に対するアロマ療法施行時の腸蠕動音解析.,
第105回日本消化器病学会総会, 2019年5月.
10. 坂東 紀子, 近藤 真代, 河野 弘, 藤野 泰輝, 岡久 稔也, 豊田 優子, 軒原 浩, 吾妻 雅彦, 後東 久嗣, 高山 哲治, 西岡 安彦 :
潰瘍性大腸炎加療中に発症し,治療に難渋したニューモシスチス肺炎の一例,
第60回日本呼吸器学会中国・四国地方会, 2018年12月.
11. 水谷 太郎, 西岡 潤司, 井形 直紀, 岩佐 一秀, 本多 哲也, 川口 智之, 三井 康裕, 三好 人正, 末内 辰尚, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治, 曽我部 正弘, 岡久 稔也 :
携帯型小型腸音図システムの試作による腸蠕動音測定時間の最適化.,
第56回日本人工臓器学会大会, 2018年11月.
12. 本多 哲也, 岩佐 一秀, 井形 直紀, 水谷 太郎, 西岡 潤司, 野田 和克, 宮城 愛, 山本 加奈子, 新居 徹, 津保 友香, 福家 慧, 武原 正典, 寺前 智史, 藤野 泰輝, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治, 曽我部 正弘, 岡久 稔也 :
潰瘍性大腸炎における内視鏡画像解析による腫瘍の診断.,
第56回日本人工臓器学会大会, 2018年11月.
13. 岩佐 一秀, 井形 直紀, 本多 哲也, 水谷 太郎, 西岡 潤司, 曽我部 正弘, 岡久 稔也, 大櫛 聖子, 高岡 慶史, 岡田 泰行, 宮本 佳彦, 田中 久美子, 中村 文香, 宮城 愛, 香川 美和子, 北村 晋志, 北村 晋志, 岡本 耕一, 高山 哲治 :
潰瘍性大腸炎での内視鏡画像解析による大腸粘膜の炎症評価.,
第56回日本人工臓器学会大会, 2018年11月.
14. 井形 直紀, 岩佐 一秀, 西岡 潤司, 本多 哲也, 野田 和克, 高岡 慶史, 末内 辰尚, 香川 美和子, 友成 哲, 北村 晋志, 六車 直樹, 高山 哲治, 曽我部 正弘, 岡久 稔也 :
腹水濾過濃縮再静注法(CART)の濾過濃縮処理による腹水中物質の濃度変化.,
第56回日本人工臓器学会大会, 2018年11月.
15. 西岡 潤司, 水谷 太郎, 井形 直紀, 岩佐 一秀, 本多 哲也, 野田 和克, 高岡 慶史, 末内 辰尚, 香川 美和子, 友成 哲, 北村 晋志, 六車 直樹, 高山 哲治, 曽我部 正弘, 岡久 稔也 :
Multiple Point Bowel-sound Analysis System(MPBAS)の試作による腸蠕動音測定部位の最適化,
第56回日本人工臓器学会大会, 2018年11月.
16. 岡久 稔也, 曽我部 正弘, 高山 哲治 :
腹水濾過濃縮再静注法(CART)に関する全国アンケート調査.,
第39回日本アフェレシス学会学術大会, 2018年10月.
17. 大井 文香, 原口 雅宣, 木内 陽介, 中川 忠彦, 玉井 瑠人, 岡本 耕一, 高山 哲治, 曽我部 正弘, 岡久 稔也, 芥川 正武, 榎本 崇宏 :
小動物体外循環血液光照射実験法の作成と照射影響の探索,
生体医工学, Vol.annual 56, 171, 2018年6月.
(DOI: 10.11239/jsmbe.Annual56.S171,   CiNii: 130007483769)
18. 末内 辰尚, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
健診時の腸蠕動音解析による過敏性腸症候群の診断.,
第104回日本消化器病学会総会, 2018年4月.
19. 藤野 泰輝, 野田 和克, 村山 典聡, 田中 久美子, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 佐藤 康史, 六車 直樹, 岡久 稔也, 高山 哲治, 久保 宜明, 坂東 良美, 岡村 誠介 :
胃巨大ポリープから出血をきたしたCowden病の一例.,
第4回消化管ポリポーシス研究会(日本消化器病学会関連研究会), 2018年1月.
20. 岡田 泰行, 福家 慧, 郷司 敬洋, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 岡久 稔也, 辻 靖, 高山 哲治 :
大腸癌における抗 EGFR 抗体薬による EGFR の lysosome への誘導と治療効果との関連について.,
第15回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2017年7月.
21. 石村 明美, 石村 ゆかり, 濱田 信一, 増矢 幸子, 谷 洋江, 岡久 玲子, 曽我部 正弘, 岡久 稔也 :
人間ドック受診者のもつストレングスと主観的健康管理能力,生活習慣との関連,
日本医療マネジメント学会雑誌, Vol.18, 291, 2017年7月.
22. 末内 辰尚, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
ストレス負荷時の腸蠕動音解析による過敏性腸症候群の診断,
第103回日本消化器病学会総会, 2017年4月.
23. 宇山 真由, 曽我部 正弘, 平田 光里, 中川 忠彦, 福家 慧, 寺前 智史, 藤本 大策, 田中 宏典, 三井 康裕, 北村 晋志, 岡本 耕一, 高山 哲治, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 片島 るみ, 岡久 稔也 :
模擬腹水による胸腹水濾過濃縮再静注法の教育体制の構築,
第37回日本アフェレシス学会学術大会, 2016年11月.
24. 宇山 真由, 曽我部 正弘, 岡久 稔也, 平田 光里, 中川 忠彦, 村山 典聡, 武原 正典, 松本 友里, 岡崎 潤, 高岡 慶史, 藤野 泰輝, 香川 美和子, 田中 貴大, 友成 哲, 谷口 達哉, 郷司 敬洋, 木村 哲夫, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治 :
胸腹水濾過濃縮再静注法の施行状況と今後の課題,
第37会日本アフェレシス学会学術大会, 2016年11月.
25. 玉井 瑠人, 笠井 嘉人, 田中 大基, 谷 直也, 平田 光里, 中川 忠彦, 友成 哲, 谷口 達哉, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 高山 哲治, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 宇山 真由, 曽我部 正弘, 岡久 稔也 :
胸腹水濾過濃縮再静注法のクロスフロー方式の腹水濾過時の物理的刺激が腹水に及ぼす影響に関する実験的検討.,
第54回日本人工臓器学会大会, 2016年11月.
26. 笠井 嘉人, 玉井 瑠人, 谷 直也, 田中 大基, 末内 辰尚, 高岡 慶史, 香川 美和子, 中川 忠彦, 北村 晋志, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治, 宇山 真由, 曽我部 正弘, 岡久 稔也 :
携帯型腸蠕動音収集解析システムの試作開発.,
第54回日本人工臓器学会大会, 2016年11月.
27. 松本 早代, 岡本 耕一, 六車 直樹, 中川 忠彦, 関 崚太, 武原 正典, 影本 開三, 高岡 慶史, 岡崎 潤, 藤本 大策, 木村 哲夫, 北村 晋志, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
10mm以下の直腸カルチノイド(NET-G1)に対する内視鏡的治療の有用性の検討.,
第54回日本癌治療学会学術集会, 2016年10月.
28. 中川 忠彦, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 曽我部 正弘, 宮本 弘志, 坂東 良美, 六車 直樹, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
ヒストン脱メチル化酵素JMJD2Aは切除不能進行胃癌における新しい治療効果予測因子である.,
第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月.
29. 宇山 真由, 曽我部 正弘, 平田 光里, 中川 忠彦, 高岡 慶史, 谷口 達哉, 高山 哲治, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 岡久 稔也 :
胸腹水濾過濃縮再静注法の手技習得のための輸液製剤を用いた模擬腹水の作成,
第43回日本血液浄化技術学会学術大会, 2016年5月.
30. 松岡 史倫, 榎本 崇宏, Abeyratne R. Udantha, 岡久 稔也, 曽我部 正弘, 芥川 正武, 小中 信典, 木内 陽介 :
Estimating the bowel sound source from bowel sounds acquired by the electronic stethoscopes,
第55回日本生体医工学会大会 2016, 2016年4月.
31. 合嶋 裕樹, 榎本 崇宏, 岡久 稔也, Abeyratne R. Udantha, 曽我部 正弘, 芥川 正武, 小中 信典, 木内 陽介 :
腹鳴 による過敏性腸症候群の腸活動評価,
第55回日本生体医工学会大会 2016, 2016年4月.
32. 原田 路可, 森 玲子, 鈴木 察子, 久米 博子, 木田 菊恵, 宇山 真由, 曽我部 正弘, 岡久 稔也 :
療養環境改善を目指したベッドサイド用伸縮椅子型ベッドの試作開発,
第18回日本医療マネジメント学会学術総会, 2016年4月.
33. 宇山 真由, 曽我部 正弘, 岡久 稔也 :
徳島県における胸腹水濾過濃縮再静注法(CART)の普及に向けた取り組み,
第18回日本医療マネジメント学会学術総会, 2016年4月.
34. 香川 美和子, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
潰瘍性大腸炎におけるThymidine Phosphorylase発現とその特異的阻害剤による抗炎症発癌予防効果,
第102回日本消化器病学会総会, 2016年4月.
35. 末内 辰尚, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
腸蠕動音解析による過敏性腸症候群の診断と病態評価,
第102回日本消化器病学会総会, 2016年4月.
36. 末内 辰尚, 曽我部 正弘, 岡久 稔也, 榎本 崇宏, 高山 哲治 :
計算ストレス負荷試験時の腸蠕動音解析による過敏性腸症候群の診断,
第12回日本消化管学会総会学術集会, 2016年2月.
37. 松本 早代, 岡本 耕一, 六車 直樹, 野口 拓樹, 中川 忠彦, 武原 正典, 影本 開三, 宮本 佳彦, 高岡 慶史, 岡崎 潤, 岡田 泰行, 藤野 泰輝, 田中 久美子, 香川 美和子, 木村 哲夫, 北村 晋志, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
10mm以下の直腸カルチノイド(NET-G1)に対する内視鏡的治療の有用性の検討,
第12回日本消化管学会総会学術集会, 2016年2月.
38. 谷 直也, 田中 大基, 末内 辰尚, 高岡 慶史, 中川 忠彦, 高山 哲治, 河野 正樹, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 宇山 真由, 曽我部 正弘, 岡久 稔也 :
イノベーション対話ツールを活用した腸蠕動音収集解析システムの開発,
第53回日本人工臓器学会大会, 2015年11月.
39. 田中 大基, 谷 直也, 武原 正典, 田中 宏典, 田中 貴大, 友成 哲, 谷口 達哉, 中川 忠彦, 高山 哲治, 河野 正樹, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 宇山 真由, 曽我部 正弘, 岡久 稔也 :
模擬腹水を用いた胸腹水濾過濃縮装置の評価・教育システムの構築,
第53回日本人工臓器学会大会, 2015年11月.
40. 武原 正典, 宮本 弘志, 岡田 泰行, 三井 康裕, 藤野 泰輝, 田中 久美子, 木村 哲夫, 北村 晋志, 岡本 耕一, 仁木 美也子, 木村 雅子, 六車 直樹, 岡久 稔也, 坂東 良美, 高山 哲治 :
化学療法により長期生存が得られた脾臓原発血管肉腫の一例,
第53回日本癌治療学会学術集会, 2015年10月.
41. 中川 忠彦, 曽我部 正弘, 岡崎 潤, 松本 早代, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 岡久 稔也 :
腹水濾過濃縮再静注法の濾過工程の物理刺激が腹水中サイトカイン濃度に及ぼす影響 第2報:培養癌細胞を用いた検討,
第36回日本アフェレシス学会学術総会, 2015年10月.
42. 河野 正樹, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 宇山 真由, 曽我部 正弘, 中川 忠彦, 高山 哲治, 下畑 隆明, 上番増 喬, 馬渡 一諭, 髙橋 章, 村島 徹, 出口 喜宏, 荒巻 広至, 岡久 稔也 :
腹水濾過濃縮法(CART)用装置の現状と今後,
第36回日本アフェレシス学会学術総会, 2015年10月.
43. 駒井 啓子, 曽我部 正弘, 宇山 真由, 岡田 泰行, 宮本 佳彦, 田中 宏典, 田中 久美子, 中川 忠彦, 高山 哲治, 立木 弥生, 田中 善二, 山路 諭, 福光 秀之, 岡久 稔也 :
腹水濾過濃縮再静注法(CART)についての文献報告の推移,
第36回日本アフェレシス学会学術大会, 2015年10月.
44. 宇山 真由, 曽我部 正弘, 岡久 稔也, 中川 忠彦, 武原 正典, 高岡 慶史, 香川 美和子, 田中 貴大, 友成 哲, 谷口 達哉, 木村 哲夫, 高山 哲治 :
徳島県における胸腹水濾過濃縮療法(CART)の現状と課題,
第36回日本アフェレシス学会学術大会, 2015年10月.
45. 中川 忠彦, 北村 晋志, 岡田 泰行, 谷口 達哉, 田中 貴大, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
ヒストン脱メチル化酵素 JMJD2A は切除不能胃癌に対する化学療法の新しい治療効果予測因子である,
第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月.
46. 田中 久美子, 六車 直樹, 岡崎 潤, 岡田 泰行, 高岡 慶史, 田中 宏典, 宮本 佳彦, 松本 早代, 田中 貴大, 藤野 泰輝, 香川 美和子, 友成 哲, 谷口 達哉, 北村 晋志, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 石川 秀樹, 高山 哲治 :
家族性大腸腺腫症における小腸病変の検討 -形態学的,病理組織学的解析を含めて-,
第23回消化器関連学会週間(第57回日本消化器病学会大会), 2015年10月.
47. 岡本 耕一, 藤野 泰輝, 中川 忠彦, 井上 篤, 松本 早代, 田中 久美子, 三宮 勝隆, 北村 晋志, 六車 直樹, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
SSA/P-cancer sequenceにおけるACFの前癌病変としての意義―右側大腸癌のバイオマーカーとしてのACF―,
がん予防学術大会2015さいたま, 2015年6月.
48. 岡崎 潤, 福家 慧, 影本 開三, 高岡 慶史, 宮本 佳彦, 岡田 泰行, 松本 早代, 三井 康裕, 末内 辰尚, 田中 久美子, 藤野 泰輝, 高岡 遠, 北村 晋志, 宮本 弘志, 六車 直樹, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
EUS-FNAで確定診断し得た小型退形成性膵管癌の1例.,
第89回日本消化器内視鏡学会総会, 2015年5月.
49. 友成 哲, 谷口 達哉, 曽我部 正弘, 影本 開三, 岡田 泰行, 田中 宏典, 田中 貴大, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
肝細胞癌に対する球状塞栓物質を用いた肝動脈化学塞栓療法の有用性.,
第51回日本肝臓学会総会, 2015年5月.
50. 高岡 慶史, 岡久 稔也, 岡崎 潤, 岡田 泰行, 松本 早代, 末内 辰尚, 三井 康裕, 藤野 泰輝, 田中 久美子, 藤本 大策, 木村 哲夫, 北村 晋志, 宮本 弘志, 六車 直樹, 河野 正樹, 難波 和樹, 赤田 茂甫規, 榎本 崇宏, 高山 哲治 :
過敏性腸症候群の客観的診断と病態評価のための腸音図システムの開発,
第101回日本消化器病学会総会, 2015年4月.
51. 藤野 泰輝, 松本 早代, 佐藤 勝哉, 藤本 大策, 田中 久美子, 末内 辰尚, 三井 康裕, 木村 哲夫, 北村 晋志, 宮本 弘志, 六車 直樹, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
Serrated polyposis syndromeの前癌病変としての意義―病理所見,発癌,遺伝子異常の解析―,
第101回日本消化器病学会総会, 2015年4月.
52. 藤本 大策, 佐藤 勝哉, 松本 早代, 藤野 泰輝, 末内 辰尚, 三井 康裕, 岡田 泰行, 岡崎 潤, 宮本 佳彦, 高岡 慶史, 田中 宏典, 北村 晋志, 木村 哲夫, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 武石 俊作, 六車 直樹, 高山 哲治 :
Serrated polyposisの前癌病変としての意義,
第11回日本消化管学会総会学術集会, 2015年2月.
53. 曽我部 正弘, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
高齢者メタボリック症候群のNAFLDに対する生活習慣の影響,
第18回日本肝臓学会大会, 2014年10月.
54. 中川 忠彦, 片山 雅仁, 曽我部 正弘, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 木内 陽介, 田中 久美子, 髙岡 遠, 谷口 達哉, 高山 哲治, 荒巻 広至, 山路 諭, 田中 善二, 岡久 稔也 :
腹水濾過濃縮再静注法のローラーポンプとフィルターによる物理的刺激が腹水中サイトカインと補体に及ぼす影響,
第52回日本人工臓器学会大会, 2014年10月.
55. 中川 忠彦, 田中 宏典, 岡崎 潤, 田中 久美子, 田中 貴大, 髙岡 遠, 友成 哲, 谷口 達哉, 宮本 弘志, 高山 哲治, 曽我部 正弘, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 柴田 啓志, 矢野 充保, 岸 史子, 大喜田 義雄, 山路 諭, 田中 善二, 岡久 稔也 :
腹水濾過濃縮再静注法の濾過工程の物理刺激が腹水中サイトカイン濃度に及ぼす影響,
第35回日本アフェレシス学会学術大会, 2014年9月.
56. 河野 正樹, 榎本 崇宏, 岡久 稔也, 曽我部 正弘, 芥川 正武, 小中 信典, 木内 陽介 :
S状結腸の電気的活動シミュレーション,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.14-3, 231, 2014年9月.
57. 北村 晋志, 六車 直樹, 松本 友里, 松本 早代, 岡崎 潤, 髙岡 遠, 村山 典聡, 香川 美和子, 藤野 泰輝, 三好 人正, 中村 文香, 大塚 加奈子, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
内視鏡切除された直腸カルチノイド(NET-G1)の臨床経過に関する検討,
第87回日本消化器内視鏡学会総会, 2014年5月.
58. 宮本 佳彦, 六車 直樹, 北村 晋志, 松本 友里, 松本 早代, 中村 文香, 髙岡 遠, 藤野 泰輝, 三好 人正, 田中 久美子, 郷司 敬洋, 矢野 弘美, 香川 美和子, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
大腸癌に対する内視鏡分子イメージング技術の開発,
第87回日本消化器内視鏡学会総会, 2014年5月.
59. 北村 晋志, 六車 直樹, 松本 友里, 松本 早代, 岡崎 潤, 髙岡 遠, 香川 美和子, 藤野 泰輝, 三好 人正, 中村 文香, 田中 久美子, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
バレット食道癌における欧米と日本のマネジメントの相違に関する検討,
第87回日本消化器内視鏡学会総会, 2014年5月.
60. 田中 宏典, 谷口 達哉, 高山 哲治, 田中 貴大, 友成 哲, 原田 利枝, 佐藤 桃子, 三宮 勝隆, 宮本 弘志, 六車 直樹, 岡久 稔也 :
高度進行肝細胞癌に対するミリプラチンを用いた放射線併用動注化学療法の有用性,
第100回日本消化器病学会総会, 2014年4月.
61. 藤野 泰輝, 大塚 加奈子, 田中 久美子, 中村 文香, 三好 人正, 香川 美和子, 郷司 敬洋, 髙岡 遠, 矢野 弘美, 北村 晋志, 宮本 弘志, 六車 直樹, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
Sessile serrated adenoma/polyp(SSA/P)の前病変としてのAberrant crypt foci(ACF)の解析,
第10回日本消化管学会総会学術集会, 2014年2月.
62. 大塚 加奈子, 岡久 稔也, 高山 哲治, 香川 美和子, 榎本 崇宏 :
腸蠕動音解析による非侵襲的腸運動機能評価に基づく過敏性腸症候群の診断と治療,
第10回日本消化管学会学術集会, 2014年2月.
63. 松本 早代, 六車 直樹, 松本 友里, 岡崎 潤, 田中 久美子, 中村 文香, 藤野 泰輝, 三好 人正, 香川 美和子, 郷司 敬洋, 髙岡 遠, 村山 典聡, 矢野 弘美, 北村 晋志, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
内視鏡治療された直腸カルチノイド(NET-G1)の臨床経過に関する検討,
第80回大腸癌研究会, 2014年1月.
64. 高岡 遠, 藤野 泰輝, 平尾 章博, 宮本 佳彦, 岡田 泰行, 三井 康裕, 田中 貴大, 高場 梓, 香川 美和子, 友成 哲, 津田 美穂, 谷口 達哉, 郷司 敬洋, 矢野 弘美, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
SSA/PのLASSEREO Blue LASER Imaging併用拡大内視鏡診断,
第21回日本消化器関連学会週間JDDW2013,第86回日本消化器内視鏡学会総会, 2013年10月.
65. 六車 直樹, 宮本 佳彦, 藤野 泰輝, 高岡 遠, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
大腸癌における分子イメージング,
第21回日本消化器関連学会週間JDDW2013,第86回日本消化器内視鏡学会総会, 2013年10月.
66. 香川 美和子, 岡久 稔也, 中川 忠彦, 高場 梓, 郷司 敬洋, 矢野 弘美, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治 :
Thymidine Phosphorylaseを標的とした潰瘍性大腸炎治療薬の開発,
第21回日本消化器関連学会週間JDDW2013,第55回消化器病学会大会, 2013年10月.
67. 赤田 茂甫規, 榎本 崇宏, 岡久 稔也, Abeyratne R. Udantha, 芥川 正武, 小中 信典, 木内 陽介 :
ストレス負荷試験時における腸音解析の基礎検討,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 244, 2013年9月.
68. 難波 和樹, 榎本 崇宏, 岡久 稔也, Abeyratne R. Udantha, 芥川 正武, 小中 信典, 木内 陽介 :
薬剤投与下における腸音解析の基礎的検討,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 248, 2013年9月.
69. 藤野 泰輝, 六車 直樹, 岡本 耕一, 北村 晋志, 矢野 弘美, 高岡 遠, 岡崎 潤, 郷司 敬洋, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 島田 光生, 高山 哲治 :
多発性小腸重積を生じたPeutz-Jeghers syndromeの1例,
第19回日本家族性腫瘍学会学術集会, 2013年7月.
70. 三好 人正, 宮本 弘志, 三井 康裕, 郷司 敬洋, 矢野 弘美, 北村 晋志, 岡本 耕一, 六車 直樹, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
DAO活性による抗癌剤投与時の消化管粘膜障害と栄養の関連,
第110回日本内科学会総会・講演会, 2013年4月.
71. 高岡 遠, 岡久 稔也, 香川 美和子, 岡田 泰行, 宮本 佳彦, 田中 貴大, 津田 美穂, 友成 哲, 郷司 敬洋, 矢野 弘美, 北村 晋志, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 六車 直樹, 高山 哲治, 榎本 崇宏 :
腸蠕動音測定による簡便かつ非侵襲的腸運動機能評価法の確立,
第9回日本消化管学会総会学術集会, 2013年1月.
72. 矢野 弘美, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
腸電図を用いた非侵襲的大腸運動機能評価法の確立,
第20回日本消化器関連学会週間, 2012年10月.
73. 庄野 弘一, 榎本 崇宏, 岡久 稔也, Abeyratne R. Udantha, 芥川 正武, 小中 信典, 木内 陽介 :
フォルマント周波数に基づく腸蠕動音抽出,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 264, 2012年9月.
74. 津田 美穂, 岡本 耕一, 高岡 遠, 北村 晋志, 三宮 勝隆, 青柳 えりこ, 梶本 真弓美, 六車 直樹, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
RAS阻害剤における大腸発癌予防効果の検討,
第71回日本癌学会学術総会, 2012年9月.
75. 三井 康裕, 藤野 泰輝, 三好 人正, 郷司 敬洋, 竹中 英喬, 北村 晋志, 木村 哲夫, 矢野 弘美, 木村 雅子, 仁木 美也子, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
Docetaxe投与により過敏反応を呈した切除不能進行胃癌4症例の検討,
第10回臨床腫瘍学会学術集会,大阪,2012.7.26-28, 2012年7月.
76. 北村 晋志, 岡村 誠介, 木村 哲夫, 木村 哲夫, 宮本 弘志, 六車 直樹, 岡久 稔也, 高山 哲治 :
シュミレーターを用いたESDトレーニングシステムの試み,
第8回日本消化管学会総会学術集会, 2012年2月.
77. 三好 人正, 宮本 弘志, 松本 早代, 藤野 泰輝, 郷司 敬洋, 矢野 弘美, 北村 晋志, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 六車 直樹, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 山口 想太郎, 中屋 豊, 高山 哲治 :
消化管癌化学療法における血清Diamine Oxidase(DAO)活性と栄養障害に関する検討,
第8回日本消化管学会総会学術集会, 2012年2月.
78. 郷司 敬洋, 木村 哲夫, 松本 早代, 藤野 泰輝, 三好 人正, 北村 晋志, 矢野 弘美, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 仁木 美也子, 六車 直樹, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 高山 哲治 :
CPT11+CDDP療法を施行した胃原発神経内分泌癌(NEC)の4例,
第49回日本癌治療学会学術集会, 2011年10月.
79. 北村 晋志, 青柳 えり子, 郷司 敬洋, 木村 哲夫, 矢野 弘美, 宮本 弘志, 六車 直樹, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 高山 哲治 :
DNAマイクロアレイを用いたdocetaxel+cisplatin+S-1併用化学療法の治療効果予測,
第49回日本癌治療学会学術集会, 2011年10月.
80. 小中 信典, 神野 遼太, 岡久 稔也, 芥川 正武, 榎本 崇宏 :
大腸内視鏡血管画像抽出法の改良,
第34回 日本生体医工学会中国四国支部大会 講演抄録, Vol.V (24), 50, 2011年10月.
81. 楠本 悟史, 榎本 崇宏, 岡久 稔也, 庄野 弘一, Abeyratne R. Udantha, 芥川 正武, 小中 信典, 木内 陽介 :
腸蠕動音解析による薬剤服用前後の腸活動の評価,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.14-12, 241, 2011年9月.
82. 庄野 弘一, 榎本 崇宏, 岡久 稔也, Abeyratne R. Udantha, 楠本 悟史, 芥川 正武, 小中 信典, 木内 陽介 :
ARMA モデルを活用した腸蠕動音自動抽出,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.14-11, 240, 2011年9月.
83. 小林 遼平, 小中 信典, 岡久 稔也, 木内 陽介, 芥川 正武, 榎本 崇宏 :
エッジ抽出と方向性膨張処理による血管抽出の検討,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-3, 204, 2011年9月.
84. 近藤 将次, 小中 信典, 岡久 稔也, 木内 陽介, 芥川 正武, 榎本 崇宏 :
Laplacian filterを用いたNBI画像からの血管抽出の検討,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.13-2, 203, 2011年9月.
85. 北村 晋志, 青柳 えりこ, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 木村 雅子, 矢野 弘美, 宮本 弘志, 六車 直樹, 岡久 稔也, 仁木 美也子, 高山 哲治 :
進行胃癌に対するdocetaxel+cisplatin+S-1併用化学療法の効果予測因子の開発,
第9回日本臨床腫瘍学会学術集会, 2011年7月.
86. 岡久 稔也 :
内視鏡血管画像解析による炎症性腸疾患の最適治療,
第97回日本消化器病学会総会, 2011年5月.
87. 岡久 稔也, 梶 雅子, 岡本 耕一, 岡村 誠介, 高山 哲治 :
腸電位測定による簡便かつ非侵襲的大腸運動機能評価法の確立,
第7回日本消化管学会総会 学術集会,京都, 2011年2月.
88. 曽我部 正弘, 山ノ井 昭, 岡久 稔也 :
内臓脂肪からみたメタボリック症候群該当者の特徴について(肝機能を中心に),
第94回日本消化器病学会,四国支部例会, 2010年12月.
89. 岡久 稔也, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 宮本 弘志, 岡村 誠介, 高山 哲治, 神野 涼太, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 小中 信典 :
炎症性腸疾患に対するアフェレシスを支える次世代内視鏡画像解析システムの開発,
第31回アフェレシス学会学術大会, 2010年11月.
90. 竹内 尚, 岡久 稔也, 梶 雅子, 玉木 克佳, 井上 篤, 北村 晋志, 木村 哲夫, 岡本 耕一, 岡村 誠介, 仁木 美也子, 高山 哲治 :
放射線性直腸炎の発生機序の解析,
第48回日本癌治療学会学術集会,京都, 2010年10月.
91. 津田 美穂, 岡久 稔也, 原田 利枝, 友成 哲, 井上 篤, 谷口 達哉, 竹中 英喬, 仁木 美也子, 北村 晋志, 木村 哲夫, 矢野 弘美, 佐藤 桃子, 竹内 尚, 岡本 耕一, 梶 雅子 :
潰瘍性大腸炎の寛解期残存炎症に対する血管新生因子の関与-抗体アレイを用いた解析-,
第52回日本消化器病学会大会,横浜, 2010年10月.
92. 近藤 将次, 小中 信典, 岡久 稔也 :
Laplacian Filterを用いたNBI画像からの血管抽出法の検討,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 152, 2010年9月.
93. 楠本 悟史, 榎本 崇宏, Abeyratne R. Udantha, 庄野 弘一, 芥川 正武, 岡久 稔也, 木内 陽介 :
腸音解析による腸の活動評価,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 204, 2010年9月.
94. 神野 遼太, 小中 信典, 岡久 稔也, 芥川 正武, 榎本 崇宏 :
大腸内視鏡画像における血管抽出ガウス曲線テンプレートの改善,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 196, 2010年9月.
95. Yoshinori Nitta, Masatake Akutagawa, Takahiro Emoto, Toshiya Okahisa, Hiroshi Miyamoto, Shinsuke Konaka, Yoshiaki Ohnishi and Yohsuke Kinouchi :
Modeling and simulation about Ht value during LCAP,
第49回日本生体医工学会大会抄録集, No.48, 288, Jun. 2010.
96. 神野 遼太, 小中 信典, 岡久 稔也, 榎本 崇宏, 芥川 正武 :
潰瘍性大腸炎内視鏡画像からの血管本数抽出の検討,
電子情報通信学会総合大会講演論文集, No.D-7-9, 2010年3月.
97. 新田 佳伯, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 大西 芳明, 西村 匡司, 木内 陽介 :
LCAP施行中における現在と1分後のHt値の解析,
医療の質·安全学会誌, Vol.9, 163, 2009年11月.
98. 神野 遼太, 小中 信典, 岡久 稔也, 榎本 崇宏, 芥川 正武 :
大腸内視鏡画像のマッチングフィルタを用いた血管抽出方法の検討,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, No.14-8, 224, 2009年9月.
99. 新田 佳伯, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 大西 芳明, 西村 匡司, 木内 陽介 :
LCAP施行時におけるHt値の解析,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 222, 2009年9月.
100. 新田 佳伯, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 大西 芳明, 中根 俊也, 梶 龍兒, 西村 匡司, 木内 陽介 :
SOMを使用した血液浄化療法中における患者体内の水分移動の評価,
第31回日本生体医工学会中四国支部大会講演抄録, 32, 2008年10月.
101. 新田 佳伯, 芥川 正武, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 大西 芳明, 西村 匡司, 中根 俊成, 梶 龍兒, 木内 陽介 :
自己組織化を用いたHt 波形のパターン分類の検討,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 257, 2008年9月.
102. 嘉村 友一, 芥川 正武, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 大西 芳明, 西村 匡司, 中根 俊成, 梶 龍兒, 木内 陽介 :
血漿交換療法時におけるヘマトクリット値の固有値解析,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 256, 2008年9月.
103. 新田 佳伯, 芥川 正武, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 大西 芳明, 西村 匡司, 中根 俊成, 梶 龍兒, 木内 陽介 :
ニューラルネットワークを用いたHt値の予測と信号解析,
システム・情報部門学術講演会2007講演論文集, 141-146, 2007年11月.
104. 嘉村 友一, 芥川 正武, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 大西 芳明, 西村 匡司, 中根 俊成, 梶 龍兒, 木内 陽介 :
血漿交換療法時におけるヘマトクリット値の解析,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 226, 2007年9月.
105. 新田 佳伯, 芥川 正武, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 大西 芳明, 西村 匡司, 中根 俊成, 梶 龍兒, 木内 陽介 :
血液浄化療法時における1分後のHt値の解析,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 225, 2007年9月.
106. 新田 佳伯, 芥川 正武, 宮本 弘志, 岡久 稔也, 大西 芳明, 大藤 純, 伊東 進, 西村 匡司, 木内 陽介 :
人工ニューラルネットワークを用いたCHF施行時におけるHt値の予測,
日本集中治療医学会雑誌, Vol.13, 306, 2006年3月.
107. 新田 佳伯, 芥川 正武, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 大西 芳明, 西村 匡司, 木内 陽介 :
移動平均型ニューラルネットワークを用いたCHF施行時におけるHt値の予測,
日本生体医工学会中四国支部大会, 2005年10月.
108. 新田 佳伯, 芥川 正武, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 大西 芳明, 西村 匡司, 木内 陽介 :
血液浄化時におけるHt値予測精度向上, --- BPNN構造の検討 ---,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 224, 2005年9月.
109. 村上 昭継, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 伊東 進, 大西 芳明, 大藤 純, 西村 匡司, 新田 佳伯, 芥川 正武, 木内 陽介 :
高速フーリエ変換を用いた血液浄化フィルタの目詰まり評価システムの開発,
第32回日本集中治療医学会学術集会プログラム・抄録集, Vol.12, 312, 2005年2月.
110. 新田 佳伯, 木内 陽介, 芥川 正武, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 居和 城宏, 大西 芳明, 大藤 純, 西村 匡司 :
白血球除去療法施行中のヘマトクリット値の予測, --- 人工ニューラルネットワークの最適化と予測時点の延長 ---,
第32回日本集中治療医学会学術集会プログラム・抄録集, Vol.12, 309, 2005年2月.
111. 山本 芳郎, 岡本 英治, 牧野 勤, 田中 秀治, 野口 千加哉, 篠原 聡之, 佐藤 耕司郎, 小川 大祐, 山本 丈人, 田中 明, Stephen R. Igo, 尾田 毅, 岡久 稔也, 大久保 尚, 本村 禎, Yukihiko Nosé :
臨床応用に向けた体内埋め込み型人工心臓システムの開発∼経皮的エネルギー伝送システムの開発状況∼,
人工心臓と補助循環懇話会, 2005年1月.
112. 松村 晃子, 橋本 理恵, 宇野 和美, 佐賀 啓子, 国清 紀子, 山田 静恵, 高橋 保子, 岡久 稔也, 吉本 勝彦, 中屋 豊 :
(シンポジウム) NST導入により何がかわったか: NSTによる頭頸部悪性腫瘍患者の栄養管理,
第7回日本病態栄養学会年次学術集会, 2004年1月.
113. 井上 和俊, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介, 居和城 宏, 岡久 稔也, 村田 昌彦, 大西 芳明, 黒田 泰弘, 阿部 正, 大下 修造 :
血圧情報を統合したCRIT-LINE(TM)情報システムの開発,
ICUとCCU, Vol.27, No.Suppl., S89-S90, 2003年3月.
114. 井上 和俊, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介, 居和城 宏, 岡久 稔也, 村田 昌彦, 大西 芳明, 阿部 正, 黒田 泰弘, 大下 修造 :
血圧情報を統合したCRIT-LINE(TM)モニタリングシステムの開発,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 257, 2002年10月.
115. 井上 和俊, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介, 居和城 宏, 岡久 稔也, 大西 芳明, 黒田 泰弘, 阿部 正, 大下 修造 :
連続的ヘマトクリットモニタ情報システムの開発,
日本集中治療医学会雑誌, Vol.9, No.Suppl., 220, 2002年1月.
116. 清水 一郎, 野村 昌弘, 岡久 稔也 :
高齢者消化器がん検診時の循環動態モニタリングの重要性,(パネルディスカッション),
第64回日本消化器内視鏡学会総会, 2002年.
117. 井上 和俊, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介, 居和城 宏, 岡久 稔也, 大西 芳明, 阿部 正, 黒田 泰弘, 大下 修造 :
急性血液浄化における連続的ヘマトクリットモニタ情報の表示システム,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 269, 2001年9月.
118. 伊賀 彰子, 野村 昌弘, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 和田 哲 :
21世紀の高齢化社会に対応する消化器病診断·治療手技,(合同シンポジウム)高齢者における消化器内視鏡検査時の循環動態の検討,
第76回日本消化器病学会四国支部例会, 2001年.

その他・研究会:

1. 木内 陽介, 原口 雅宣, 髙橋 章, 岡久 稔也 :
徳島大学ライフオプティクス研究プロジェクト,
LED総合フォーラム2020in徳島, 73-74, 2020年2月.
2. 原口 雅宣, 北田 貴弘, 永瀬 雅夫, 安井 武史, 木内 陽介, 宮脇 克行, 髙橋 章, 岡久 稔也 :
LEDライフイノベーション総合プラットフォーム推進事業の取り組み,
LED総合フォーラム2019in徳島, P-2, 2019年2月.
3. 木内 陽介, 原口 雅宣, 髙橋 章, 岡久 稔也 :
徳島大学ライフオプティクス研究プロジェクトの進展,
LED総合フォーラム2019in徳島, P-1, 2019年2月.
4. 原口 雅宣, 北田 貴弘, 永瀬 雅夫, 安井 武史, 木内 陽介, 宮脇 克行, 髙橋 章, 岡久 稔也 :
LEDライフイノベーション総合プラットフォーム推進事業におけるテラヘルツLED応用基盤技術に関する取り組み,
LED総合フォーラム2018in徳島, P-2, 2018年2月.
5. 大井 文香, 中川 忠彦, 岡本 耕一, 高山 哲治, 曽我部 正弘, 岡久 稔也, 芥川 正武, 榎本 崇宏, 木内 陽介 :
LED光を用いた体外循環照射モデルの構築,
電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス), Vol.117, No.165, 17-20, 2017年7月.
6. 原口 雅宣, 木内 陽介, 北田 貴弘, 永瀬 雅夫, 安井 武史, 宮脇 克行, 髙橋 章, 岡久 稔也 :
LEDライフイノベーション総合プラットフォーム推進事業におけるテラヘルツLED応用基盤技術に関する取り組み,
LED総合フォーラム2016in徳島 論文集, 201-202, 2016年12月.
7. 楠本 悟史, 榎本 崇宏, 岡久 稔也, 庄野 弘一, Abeyratne R. Udantha, 芥川 正武, 小中 信典, 木内 陽介 :
腸蠕動音解析による薬剤投与前後の腸活動評価,
電子情報通信学会技術研究報告,MEとバイオサイバネティックス研究会, Vol.111, No.121, 37-39, 2011年7月.
(CiNii: 110008800111)
8. 神野 遼太, 小中 信典, 岡久 稔也, 芥川 正武, 榎本 崇宏 :
大腸内視鏡画像からの血管パラメータ抽出,
電子情報通信学会技術研究報告,MEとバイオサイバネティックス研究会 MBE2010-17, Vol.110, No.120, 7-11, 2010年7月.
9. 神野 遼太, 小中 信典, 岡久 稔也, 榎本 崇宏, 芥川 正武 :
大腸内視鏡画像からの血管抽出の一検討,
電子情報通信学会技術研究報告,MEとバイオサイバネティックス研究会 MBE2009-22, Vol.109, No.123, 17-20, 2009年7月.
10. 新田 佳伯, 芥川 正武, 岡久 稔也, 宮本 弘志, 大西 芳明, 西村 匡司, 木内 陽介 :
ニューラルネットワークを用いた変動するHt値の近未来予測, --- 1分後,3分後,5分後 ---,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.105, No.222, 41-44, 2005年7月.
11. 新田 佳伯, 岡久 稔也, 芥川 正武, 宮本 弘志, 大西 芳明, 木内 陽介, 西村 匡司, 伊東 進 :
BPNNを用いた血液浄化施行時のヘマトクリット値の予測,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.179, 37-40, 2004年7月.
12. Hiroshi Miyamoto, Toshiya Okahisa, Hiroshi Iwaki, Masaharu Suzuki, Susumu Ito, Yoshiaki Ohnishi, Jun Oto, Yasuhiro Kuroda, Shuzo Oshita, Yoshinori Nitta, Yohsuke Kinouchi and Masatake Akutagawa :
Variation of the hematocrit value during leukocytapheresis therapy.,
Ther Apher&Dial(Therapeutic Apheresis and Dialysis), Vol.7, No.5, A5, Oct. 2003.
13. Toshiya Okahisa, Hiroshi Iwaki, Hiroshi Miyamoto, Masahiro Sogabe, Susumu Ito, Yoshiaki Ohnishi, Jun Oto, Yasuhiro Kuroda, Shuzo Oshita, Yoshinori Nitta, Yohsuke Kinouchi and Masatake Akutagawa :
Monitoring filter clogging by analyzing the conductive condition of the roller pump flow pressure wave.,
Ther Apher&Dial(Therapeutic Apheresis and Dialysis), Vol.7, No.5, A9, Oct. 2003.
14. 上村 英子, 野村 昌弘, 澤 優子, 伊賀 彰子, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 矢野 充保 :
上部消化器内視鏡検査における循環動態への影響:脈波伝播速度との関連性,
第65回日本消化器内視鏡学会総会, 2003年5月.
15. 上原 康三, 野村 昌弘, 上村 英子, 澤 優子, 伊賀 彰子, 原田 顕治, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 西角 彰良, 清水 一郎, 伊東 進, 矢野 充保 :
脈波伝播速度と上部内視鏡検査中の循環動態との関連性,
第5回日本高齢消化器医学会, 2003年1月.
16. 井上 和俊, 芥川 正武, 長篠 博文, 木内 陽介, 村田 昌彦, 居和城 宏, 岡久 稔也, 大西 芳明, 阿部 正, 黒田 泰弘, 大下 修造 :
連続的ヘマトクリットモニタ情報システムの開発,
第18回徳島急性血液浄化研究会, 2002年11月.
17. 伊賀 彰子, 野村 昌弘, 和田 哲, 宮本 弘志, 久次米 佐映, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 :
消化器内視鏡下総胆管処置中の循環動態の検討,
第63回日本消化器内視鏡学会総会, 2002年4月.
18. 野村 昌弘, 伊賀 彰子, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 清水 一郎, 伊東 進 :
亜硝酸薬投与による胃運動および自律神経活動の反応:胃電図および血圧·心拍変動スペクトル解析による検討,
日本消化器病学会大会, 2001年10月.
19. 野村 昌弘, 森下 智文, 名田 智美, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 :
エパルレスタットの糖尿病性胃運動機能障害への効果:胃電図および心拍変動解析による評価,
第87回日本消化器病学会総会, 2001年4月.
20. 野村 昌弘, 名田 智美, 加藤 寛正, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 多田 由恵, 矢野 充保 :
上部消化管内視鏡検査により不整脈の発生素地は形成されるか?心電図QTc dispersionによる検討,
第42回日本消化器病学会大会, 2000年10月.
21. 加藤 寛正, 野村 昌弘, 名田 智美, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 :
慢性消化性潰瘍におけるH. pylori除菌前後の自律神経機能の検討,
第42回日本消化器病学会大会, 2000年10月.
22. 野村 昌弘, 宮島 等, 名田 智美, 森下 智文, 木下 桂午, 多田 由恵, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 中屋 豊 :
老年者における上部消化管内視鏡検査中の自律神経活動およびQTc dispersionの変動,
第25回老年消化器病研究討論会, 2000年6月.
23. 宮島 等, 野村 昌弘, 名田 智美, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 :
老年者における上部消化管内視鏡検査中の心電図QT dispersionの推移,
第42回日本老年医学会, 2000年6月.
24. 宮島 等, 野村 昌弘, 名田 智美, 近藤 幸, 多田 由恵, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 原田 雅史, 西谷 弘, 中屋 豊 :
肝硬変症における胃運動機能の検討:食道静脈瘤と門脈血流との関連性について,
第2回国際消化管運動研究会, 2000年4月.
25. 宮島 等, 野村 昌弘, 名田 智美, 多田 由恵, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 :
胃運動は食道静脈瘤の有無により影響をうけるのか?胃電図による検討,
第86回日本消化器病学会総会, 2000年4月.
26. 宮島 等, 野村 昌弘, 近藤 幸, 名田 智美, 多田 由恵, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 山口 康男, 原田 雅史 :
肝硬変症における胃運動機能の検討:自律神経機能および門脈血流量との関連性について,
DDW-Japan 1999, 1999年10月.
27. 川口 律子, 野村 昌弘, 宮島 等, 名田 智美, 多田 由恵, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 :
胃電図および心拍変動解析を用いた高齢者の食後低血圧の検討:若年者との比較,
DDW-Japan 1999, 1999年10月.
28. 多田 由恵, 野村 昌弘, 多田津 昌也, 日下 至弘, 大喜田 義雄, 筒井 朱美, 六車 直樹, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 齋藤 憲, 伊東 進 :
内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査施行時における自律神経活動,
第57回日本消化器内視鏡学会総会, 1999年5月.
29. 名田 智美, 近藤 幸, 野村 昌弘, 矢野 充保, 由岐中 道子, 多田 由恵, 齋藤 憲, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 :
慢性消化性潰瘍における心拍変動1/fゆらぎ解析:自律神経機能異常も潰瘍形成に必要か?,
第57回日本消化器内視鏡学会総会, 1999年5月.
30. 由岐中 道子, 野村 昌弘, 近藤 幸, 名田 智美, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 :
肝硬変症における門脈血流波形および門脈血流量の検討:MR angiography (MRA)による検討,
第85回日本消化器病学会総会, 1999年4月.
31. 近藤 幸, 野村 昌弘, 由岐中 道子, 名田 智美, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 :
上部消化管内視鏡検査中における自律神経活動の検討-血圧変動スペクトル1/fゆらぎの変動,
第56回日本消化器内視鏡学会総会, 1998年11月.
32. 由岐中 道子, 野村 昌弘, 近藤 幸, 名田 智美, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 :
高血圧合併消化性潰瘍に自律神経機能異常は存在するのか?:Helicobacter pylori感染との関連性について,
第56回日本消化器内視鏡学会総会, 1998年11月.
33. 近藤 幸, 野村 昌弘, 由岐中 道子, 名田 智美, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 :
肝硬変症において心臓交感神経機能異常の評価は可能か?,
第40回日本消化器病学会大会, 1998年10月.
34. 由岐中 道子, 野村 昌弘, 近藤 幸, 名田 智美, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 :
インターフェロン療法における心筋障害は123I-BMIPP心筋シンチグラフィーで検出可能か?,
第40回日本消化器病学会大会, 1998年10月.
35. 野村 昌弘, 名田 智美, 近藤 幸, 由岐中 道子, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 齋藤 憲, 伊東 進, 中屋 豊 :
慢性消化性潰瘍形成において自律神経機能異常は必要条件か?心拍変動1/fゆらぎおよびHelicobactor pyroliとの関連性,
第15回四国消化性潰瘍研究会, 1998年5月.
36. 西條 哲也, 野村 昌弘, 齋藤 憲, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 篠原 尚典, 山本 浩史, 折野 俊介 :
心拍変動解析による大腸内視鏡検査時の自律神経機能の検討,
第31回日本臨床生理学会総会, 1994年11月.
37. 西條 哲也, 岡久 稔也, 岡村 誠介, 柴田 啓志, 本田 浩仁, 清水 一郎, 折野 俊介, 野村 昌弘, 齋藤 憲, 伊東 進 :
高血圧合併消化性潰瘍の自律神経機能の検討,
第11回四国消化性潰瘍研究会, 1994年6月.
38. 野村 昌弘, 名田 智美, 近藤 幸, 由岐中 道子, 多田 由恵, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進, 中屋 豊 :
64チャンネル超伝導量子干渉計による胃および小腸活動電流の検出,
第1回日本国際消化管運動研究会, 1994年4月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 口腔内細菌と内臓脂肪評価による新しい観点からの逆流性食道炎発症メカニズムの解明 (研究課題/領域番号: 20K11511 )
  • 腹部聴診音のコンピューター解析による過敏性腸症候群の病態評価システムの構築 (研究課題/領域番号: 19K12824 )
  • メタボリック症候群における新指標を用いた高リスク非アルコール性脂肪性肝疾患の抽出 (研究課題/領域番号: 16K09057 )
  • 体外循環血への青色LED光照射による免疫制御システムの構築 (研究課題/領域番号: 15K12512 )
  • 潰瘍性大腸炎合併腫瘍の発見および治療法選択を支援する内視鏡画像解析システムの構築 (研究課題/領域番号: 15K01333 )
  • 過敏性腸症候群の診断と最適治療のための非侵襲的大腸小腸運動機能評価システムの開発 (研究課題/領域番号: 22659149 )
  • 脳血流の自己調節機構(AR)を非侵襲的に評価できる数理モデルの開発 (研究課題/領域番号: 15659428 )
  • 研究者番号(60304515)による検索