検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 薬学域 > 薬科学部門 > 生命薬学系 > 医薬品機能生化学 >
徳島大学 > 医学部 > 医学科 > 病態情報医学講座 >
徳島大学 > 薬学部 > 薬学科 > 臨床薬学講座 > 医薬品機能生化学 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1804018 宇宙世代にむけたがん予防対策のための機能性食材と治療薬の開発 >
徳島大学 > 薬科学教育部 > 薬学専攻 >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

臨床薬理学 (Clinical Pharmacology)

研究テーマ

生体内活性酸素·活性窒素種の検出と同定 (活性酸素種 (reactive oxygen species), 活性窒素種 (reactive nitrogen species), 電子スピン共鳴 (electron paramagnetic resonance)) (生体内活性酸素種·活 性窒素種の生体内標的部位(分子)を同定できる特異的検出法の開発とこれら反応性 分子種と病態との関連解明および早期診断法や治療法の確立を行っている.)

著書・論文

著書:

1. 桐野 豊, 土屋 浩一郎, 佐藤 陽一, 阿部 真治, 佐藤 智恵美 :
世界薬学探訪記 四国の全薬学部による海外薬学視察団 最新報告: 日本の薬学,薬剤師はどう変わるべきか?,
2019年4月.
2. 香川県TDM委員会, 土屋 浩一郎 :
スタートアップTDM,
株式会社 南山堂, 東京, 2019年2月.
3. 宮本 理人, 土屋 浩一郎 :
土屋浩一郎,生活習慣病治療を指向したエネルギーセンサー分子AMPKの新たな活性調節機構の解明,
2018年10月.
4. 渡辺 和彦, 土屋 浩一郎 :
肥料の夜明け, --- 肥料・ミネラルと人の健康 ---,
化学工業日報社, 東京, 2018年9月.
5. 宮本 理人, 土屋 浩一郎 :
生活習慣病治療を指向したエネルギーセンサー分子AMPKの新たな活性調節機構の解明, 住友電工グループ社会貢献基金研究報告書,
2018年.
6. 宮本 理人, 山根 萌, 冨田 洋輔, 石澤 啓介, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
ヒト腎糸球体内皮細胞における亜硝酸塩によるAMPK-eNOS活性化経路の検討,
株式会社 東京医学社, 2014年10月.
7. 土屋 浩一郎, 石澤 啓介, 中西 智子, 山口 巧 :
臨床思考プロセス 薬物治療学 -最適治療への論理スパイラル-,
京都廣川書店, 東京, 2013年3月.
8. 池田 康将, 田島 壮一郎, 木平 孝高, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
腎とフリーラジカル第11集, --- 脂肪組織肥大進展における鉄キレート剤の効果 ---,
株式会社 東京医学社, 東京, 2013年1月.
9. 櫻田 巧, 石澤 啓介, 今西 正樹, 藤井 聖子, 谷口 順平, 石澤 有紀, 宮本 理人, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 水口 和生, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
腎とフリーラジカル第11集, --- NitrosonifedipineはangiotensinⅡによるマウス血管リモデリングを抑制する ---,
株式会社 東京医学社, 東京, 2013年1月.
10. 土屋 浩一郎, 石澤 啓介, 宮本 理人, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 木平 孝高, 冨田 修平, 玉置 俊晃 :
腎とフリーラジカル第11集, --- 亜硝酸塩による腎保護作用 ---,
株式会社 東京医学社, 東京, 2013年1月.
11. 後藤 了, 小暮 健太朗, 土屋 浩一郎, 尾関 哲也 :
エピソード物理化学,
2011年3月.
12. 田島 壮一郎, 土屋 浩一郎, 濱本 磨以, 久住 祥子, 堀ノ内 裕也, 八木 祐子, 櫻田 巧, 石澤 啓介, 池田 康将, 木平 孝高, 冨田 修平, 玉置 俊晃 :
腎とフリーラジカル第10集, --- アンジオテンシンII刺激による細胞内遊離鉄を介した酸化ストレス増強機構 ---,
株式会社 東京医学社, 東京, 2010年6月.
13. 大西 秀樹, 土屋 浩一郎, 田島 壮一郎, 堀ノ内 裕也, 福原 弥生, 山口 邦久, 石澤 啓介, 冨田 修平, 玉置 俊晃 :
腎とフリーラジカル第9集, --- ハイドロエチジウム蛍光分析法による細胞内スーパーオキシド検出法の評価 ---,
株式会社 東京医学社, 東京, 2008年9月.
14. 石澤 啓介, 三木 恵里加, 石澤 有紀, 大西 秀樹, Narantungalag Dorjsuren, 元林 有紀, 山口 邦久, 土屋 浩一郎, 冨田 修平, 玉置 俊晃 :
腎とフリーラジカル第9集, --- オルメサルタンはPDGFによるメサンギウム細胞遊走を抑制する ---,
株式会社 東京医学社, 東京, 2008年9月.
15. 宮田 政徳, 土屋 浩一郎, 竹内 敏己, 上田 哲史 :
テスト問題·レポート課題作成ハンドブック, --- 徳島大学FD推進ハンドブック ---,
大学開放実践センター, 徳島, 2004年1月.

学術論文(審査論文):

1. Hirofumi Hamano, Yasumasa Ikeda, Mitsuhiro Goda, Keijo Fukushima, Seiji Kishi, Masayuki Chuma, Michiko Yamashita, Takahiro Niimura, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Yuya Horinouchi, Izawa-Ishizawa Yuki, Licht Miyamoto, Ishizawa Keisuke, Hiromichi Fujino, Toshiaki Tamaki, Ken-ichi Aihara and Koichiro Tsuchiya :
Diphenhydramine may be a preventive medicine against cisplatin-induced kidney toxicity,
Kidney International, 2020.
2. Yasumasa Ikeda, Hiroaki Watanabe, Tetsuya Shiuchi, Hirofumi Hamano, Yuya Horinouchi, Masaki Imanishi, Mitsuhiro Goda, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Yuki Izawa-Ishizawa, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Ken-ichi Aihara, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Deletion of H-ferritin in macrophages alleviates obesity and diabetes induced by high-fat diet in mice,
Diabetologia, Vol.63, No.8, 1588-1602, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114409,   DOI: 10.1007/s00125-020-05153-0,   PubMed: 32430665,   Elsevier: Scopus)
3. Masaki Imanishi, Yusuke Yamakawa, Keijo Fukushima, Raiki Ikuto, Akiko Maegawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Yuya Horinouchi, Masateru Kondo, Masatoshi Kishuku, Mitsuhiro Goda, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Hiromichi Fujino, Koichi Tsuneyama and Keisuke Ishizawa :
Fibroblast-specific ERK5 deficiency changes tumor vasculature and exacerbates tumor progression in a mouse model.,
Naunyn-Schmiedeberg's Archives of Pharmacology, Vol.393, No.7, 1239-1250, 2020.
(DOI: 10.1007/s00210-020-01859-5,   PubMed: 32307577)
4. Ali Hanif, Ryouhei Yamashita, Morishige Jun-ichi, Morito Katsuya, Kakiuchi Naoya, Junji Hayashi, Mutsumi Aihara, Ryushi Kawakami, Koichiro Tsuchiya and Tamotsu Tanaka :
Massspectrometric analysis of sphingomyelin with N-alfa-hydroxy fatty acyl residue in mouse tissues,
Lipids, 2020.
(DOI: 10.1002/lipd.12285)
5. Yoshito Zamami, Takahiro Niimura, Toshihiro Koyama, Yuta Shigemi, Yuki Izawa-Ishizawa, Mizuki Morita, Ayako Ohshima, Keisaku Harada, Toru Imai, Hiromi Hagiwara, Naoto Okada, Mitsuhiro Goda, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Yutaka Kondo, Koichiro Tsuchiya, Shiro Hinotsu, R Mitsunobu Kano and Keisuke Ishizawa :
Search for Therapeutic Agents for Cardiac Arrest Using a Drug Discovery Tool and Large-Scale Medical Information Database.,
Frontiers in Pharmacology, Vol.10, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114461,   DOI: 10.3389/fphar.2019.01257,   PubMed: 31780928,   Elsevier: Scopus)
6. Hirofumi Hamano, Takahiro Niimua, Yuya Horinouchi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Mitsuhiro Goda, Masaki Imanishi, Masayuki Chuma, Yuki Izawa-Ishizawa, Licht Miyamoto, Keijo Fukushima, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya, Keisuke Ishizawa, Toshiaki Tamaki and Yasumasa Ikeda :
Proton pump inhibitors block iron absorption through direct regulation of hepcidin via the aryl hydrocarbon receptor-mediated pathway,
Toxicology Letters, Vol.318, 86-91, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113812,   DOI: 10.1016/j.toxlet.2019.10.016,   PubMed: 31669099)
7. Yasumasa Ikeda, Akiho Satoh, Yuya Horinouchi, Hirofumi Hamano, Hiroaki Watanabe, Mizuki Imao, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Yuki Izawa-Ishizawa, Licht Miyamoto, Hirayama Tasuku, Hideko Nagasawa, Keisuke Ishizawa, Ken-ichi Aihara, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Iron accumulation causes impaired myogenesis correlated with MAPK signaling pathway inhibition by oxidative stress,
The FASEB journal, Vol.33, No.8, 9551-9564, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113746,   DOI: 10.1096/fj.201802724RR,   PubMed: 31145863)
8. Masateru Kondo, Masaki Imanishi, Keijo Fukushima, Raiki Ikuto, Yoichi Murai, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Mitsuhiro Goda, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya and Keisuke Ishizawa :
Xanthine Oxidase Inhibition by Febuxostat in Macrophages Suppresses Angiotensin II-induced Aortic Fibrosis.,
American Journal of Hypertension, Vol.32, No.3, 249-256, 2019.
(DOI: 10.1093/ajh/hpy157,   PubMed: 30351343)
9. Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Toya Hiroki, Nagao Tomoko, Marin Morishita, Koichi Tsuneyama, Yuya Horinouchi, Yoshitaka Kihira, Kenshi Takechi, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Masanori Yoshizumi, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Development of a novel aortic dissection mouse model and evaluation of drug efficacy using in-vivo assays and database analyses.,
Journal of Hypertension, Vol.37, No.1, 73-83, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113264,   DOI: 10.1097/HJH.0000000000001898,   PubMed: 30303488)
10. Yu Zhou, Yukio Yamamura, Masatoshi Ogawa, Ryosuke Tsuji, Koichiro Tsuchiya, Jiro Kasahara and Satoshi Goto :
c-Abl inhibition exerts symptomatic antiparkinsonian effects through a striatal postsynaptic mechanism.,
Frontiers in Pharmacology, Vol.9, 1311, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 114097,   DOI: 10.3389/fphar.2018.01311,   PubMed: 30505273)
11. Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, T Sakurada, Y Kohara, Yuya Horinouchi, E Sairyo, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Keijo Fukushima, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, M Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Nitrosonifedipine, a Photodegradation Product of Nifedipine, Suppresses Pharmacologically Induced Aortic Aneurysm Formation.,
Pharmacology, Vol.102, No.5-6, 281-286, 2018.
(DOI: 10.1159/000492577,   PubMed: 30253416,   Elsevier: Scopus)
12. Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Keijo Fukushima, Masaki Imanishi, Hirofumi Hamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Licht Miyamoto, Hiromichi Fujino, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Renoprotective effects of a factor Xa inhibitor: fusion of basic research and a database analysis.,
Scientific Reports, Vol.8, No.1, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112445,   DOI: 10.1038/s41598-018-29008-2,   PubMed: 30022146)
13. Hirofumi Hamano, Yasumasa Ikeda, Hiroaki Watanabe, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
The uremic toxin indoxyl sulfate interferes with iron metabolism by regulating hepcidin in chronic kidney disease,
Nephrology, Dialysis, Transplantation, Vol.33, No.4, 586-597, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 110922,   DOI: 10.1093/ndt/gfx252,   PubMed: 28992067)
14. Tamiko Nagao, Haruyuki Nakayama-Imaohji, Miad Etahi, Ayano Tada, Emika Toyonaga, Hisashi Yamasaki, Katsuichiro Okazaki, Hirokazu Miyoshi, Koichiro Tsuchiya and Tomomi Kuwahara :
L-histidine augments the oxidative damage against Gram-negative bacteria by hydrogen peroxide,
International Journal of Molecular Medicine, Vol.41, No.5, 2847-2854, 2018.
(DOI: 10.3892/ijmm.2018.3473,   PubMed: 29436593)
15. 宮本 理人, 土屋 浩一郎 :
創薬と薬物治療から見た糖尿病治療標的としてのSGLT,
薬学雑誌, Vol.138, No.7, 933-938, 2018年.
(DOI: 10.1248/yakushi.17-00223-1,   PubMed: 29962472,   Elsevier: Scopus)
16. Wenting Xu, Licht Miyamoto, Haruna Aihara, Tomomi Yamaoka, Naonobu Tanaka, Yuki Tsuchihashi, Yasumasa Ikeda, Toshiaki Tamaki, Yoshiki Kashiwada and Koichiro Tsuchiya :
Methanol extraction fraction from Citrus Sudachi peel exerts lipid reducing effects in cultured cells.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.65, No.3.4, 225-230, 2018.
(DOI: 10.2152/jmi.65.225,   PubMed: 30282865)
17. Katsunori Tsuda, Licht Miyamoto, Shuichi Hamano, Yuri Morimoto, Yumi Kangawa, Chika Fukue, Yoko Kagawa, Yuya Horinouchi, Wenting Xu, Yasumasa Ikeda, Toshiaki Tamaki and Koichiro Tsuchiya :
Mechanisms of the pH- and Oxygen-Dependent Oxidation Activities of Artesunate.,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.41, No.4, 555-563, 2018.
(DOI: 10.1248/bpb.b17-00855,   PubMed: 29607928)
18. Takahiro Niimura, Yoshito Zamami, Toshihiro Koyama, Yuki Izawa-Ishizawa, Masashi Miyake, Tadashi Koga, Keisaku Harada, Ayako Ohshima, Toru Imai, Yutaka Kondo, Masaki Imanishi, Kenshi Takechi, Keijo Fukushima, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki, Shiro Hinotsu, R Mitsunobu Kano and Keisuke Ishizawa :
Hydrocortisone administration was associated with improved survival in Japanese patients with cardiac arrest.,
Scientific Reports, Vol.7, No.1, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112397,   DOI: 10.1038/s41598-017-17686-3,   PubMed: 29263333)
19. Yasumasa Ikeda, Yuya Horinouchi, Hamano Hirofumi, Hirayama Tasuku, Seiji Kishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Ken-ichi Aihara, Hideko Nagasawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Dietary iron restriction alleviates renal tubulointerstitial injury induced by protein overload in mice,
Scientific Reports, Vol.7, No.1, 10621, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112368,   DOI: 10.1038/s41598-017-11089-0,   PubMed: 28878231)
20. Keisuke Oshima, Yasumasa Ikeda, Yuya Horinouchi, Hiroaki Watanabe, Hirofumi Hamano, Yoshitaka Kihira, Seiji Kishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Licht Miyamoto, Tasuku Hirayama, Hideko Nagasawa, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Iron suppresses erythropoietin expression via oxidative stress-dependent hypoxia-inducible factor-2 alpha inactivation,
Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.97, No.5, 555-566, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 113749,   DOI: 10.1038/labinvest.2017.11,   PubMed: 28263291)
21. Yutaka Fukunaga, Yuki Izawa-Ishizawa, Yuya Horinouchi, Eriko Sairyo, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Yoshiro Abe, Ichiro Hashimoto and Toshiaki Tamaki :
Topical Application of Nitrosonifedipine, a Novel Radical Scavenger, Ameliorates Ischemic Skin Flap Necrosis in a Mouse Model.,
Wound Repair and Regeneration, Vol.25, No.2, 217-223, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 110118,   DOI: 10.1111/wrr.12510,   PubMed: 28090711)
22. Shinji Abe, Kato Mika Kaneko, Yuki Tsuchihashi, Toshihiro Izumi, Satoshi Ogasawara, Naoto Okada, Chiemi Sato, Makoto Tobiume, Kenji Otsuka, Licht Miyamoto, Koichiro Tsuchiya, Kazuyoshi Kawazoe, Yukinari Kato and Yasuhiko Nishioka :
Antitumor effect of novel anti-podoplanin antibody NZ-12 against malignant pleural mesothelioma in an orthotopic xenograft model.,
Cancer Science, Vol.107, No.9, 1198-1205, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 112378,   DOI: 10.1111/cas.12985,   PubMed: 27294401)
23. Yasumasa Ikeda, Mizuki Imao, Akiho Satoh, Hiroaki Watanabe, Hirofumi Hamano, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Iron-induced skeletal muscle atrophy involves an Akt-forkhead box O3-E3 ubiquitin ligase-dependent pathway,
Journal of Trace Elements in Medicine and Biology, Vol.35, No.5, 66-76, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 113750,   DOI: 10.1016/j.jtemb.2016.01.011,   PubMed: 27049128)
24. Hirokazu Miyoshi, Fumio Kida, Kenji Yamada, Koichiro Tsuchiya and Hase Hitoshi :
Optical property of CR-39 synthesized by doping with methylviologen-encapsulated SiO2 nanocapsules as a solid-state X-ray plate detector,
Optical Materials, Vol.55, 109-114, 2016.
(DOI: 10.1016/j.optmat.2016.02.042)
25. Hirokazu Miyoshi, Fumio Kida, Hitoshi Hase and Koichiro Tsuchiya :
Silica-nanocapsule-doped CR-39 for fluorescence detection of Xrays,
Physics Procedia, Vol.80, 90-93, 2015.
(DOI: 10.1016/j.phpro.2015.11.100)
26. Yasumasa Ikeda, Hirofumi Hamano, Akiho Satoh, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Ken-ichi Aihara, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Bilirubin exerts pro-angiogenic effects through an Akt-eNOS-dependent pathway,
Hypertension Research, Vol.38, No.11, 733-740, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 113751,   DOI: 10.1038/hr.2015.74,   PubMed: 26134126,   Elsevier: Scopus)
27. Soichiro Tajima, Yasumasa Ikeda, Hideaki Enomoto, Mizuki Imao, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Angiotensin II alters the expression of duodenal iron transporters, hepatic hepcidin, and body iron distribution in mice,
European Journal of Nutrition, Vol.54, No.5, 709-719, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 113753,   DOI: 10.1007/s00394-014-0749-1,   PubMed: 25096756,   Elsevier: Scopus)
28. Miku Kita, Jun Yamamoto, Takuya Morisaki, Chiaki Komiya, Tsubasa Inokuma, Licht Miyamoto, Koichiro Tsuchiya, Akira Shigenaga and Akira Otaka :
Design and synthesis of a hydrogen peroxide-responsive amino acid that induces peptide bond cleavage after exposure to hydrogen peroxide,
Tetrahedron Letters, Vol.56, No.28, 4228-4231, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 111909,   DOI: 10.1016/j.tetlet.2015.05.060,   Elsevier: Scopus)
29. Toshitaka Ikehara, Mutsumi Nakahashi, Zehong Su, Masatake Akutagawa, Koichiro Tsuchiya, Mitsuo Kitamura, Akira Takahashi and Yohsuke Kinouchi :
Effects of UV-A LED light irradiation on growth of cultured RAW 264.7 cells,
Toxicological and Environmental Chemistry, Vol.97, No.2, 243-255, 2015.
(DOI: 10.1080/02772248.2015.1039771,   Elsevier: Scopus)
30. Yoshitaka Kihira, Ariunzaya Burentogtokh, Mari Itoh, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Hypoxia decreases glucagon-like peptide-1 secretion from GLUTag cell line,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.38, No.4, 514-521, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 109948,   DOI: 10.1248/bpb.b14-00612,   PubMed: 25832631,   CiNii: 130005062264,   Elsevier: Scopus)
31. Licht Miyamoto, Yuko Yagi, Aya Hatano, Kazuyoshi Kawazoe, Keisuke Ishizawa, Kazuo Minakuchi, Shuhei Tomita and Koichiro Tsuchiya :
Spontaneously hyperactive MEK-Erk pathway mediates paradoxical facilitation of cell proliferation in mild hypoxia,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1850, No.4, 640-646, 2015.
(DOI: 10.1016/j.bbagen.2014.12.006,   PubMed: 25497211,   Elsevier: Scopus)
32. Noriko Yamano, Yasumasa Ikeda, Minoru Sakama, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Licht Miyamoto, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
A Long-Term High-Fat Diet Changes Iron Distribution in Body, Increasing Iron Accumulation Specifically in the Mouse Spleen,
Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.61, No.1, 20-27, 2015.
(DOI: 10.3177/jnsv.61.20,   PubMed: 25994136,   CiNii: 40020377946,   Elsevier: Scopus)
33. Masashi Akaike, Ken-ichi Aihara, Hiroaki Yanagawa, Takashi Iwase, Sumiko Yoshida, Sato Chiho, Saijo Tomoka, Hiroaki Mikasa, Kashiwada Yoshizaki, Yoshihisa Takaishi, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki, Toshio Matsumoto and Masataka Sata :
Efficacy and safety of Citrus sudachi peel in obese adults:A randomized, double-blind, pilot study,
Functional Foods in Health and Disease, Vol.4, No.6, 276-284, 2014.
34. Masaki Imanishi, Shuhei Tomita, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Masaki Ueno, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Smooth muscle cell specific Hif-1 deficiency suppresses angiotensin II-induced vascular remodeling in mice,
Cardiovascular Research, Vol.102, No.3, 460-468, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 106145,   DOI: 10.1093/cvr/cvu061,   PubMed: 24623277,   Elsevier: Scopus)
35. Yuko Imamura, Shuhei Tomita, Masaki Imanishi, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
HIF-2α/ARNT complex regulates hair development via induction of p21Waf1/Cip1 and p27Kip1,
The FASEB journal, Vol.28, No.6, 2517-2524, 2014.
(DOI: 10.1096/fj.13-244079,   PubMed: 24599965,   Elsevier: Scopus)
36. Yoshitaka Kihira, Mariko Miyake, Manami Hirata, Yoji Hoshina, Kana Kato, Hitoshi Shirakawa, Hiroshi Sakaue, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
Deletion of hypoxia-inducible factor-1α in adipocytes enhances glucagon-like peptide-1 secretion and reduces adipose tissue inflammation.,
PLoS ONE, Vol.9, No.4, e93856, 2014.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0093856,   PubMed: 24705496,   Elsevier: Scopus)
37. Yasumasa Ikeda, Iori Ozono, Soichro Tajima, Mizuki Imao, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Iron chelation by deferoxamine prevents renal interstitial fibrosis in mice with unilateral ureteral obstruction,
PLoS ONE, Vol.9, No.2, e89355, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 113752,   DOI: 10.1371/journal.pone.0089355,   PubMed: 24586712,   Elsevier: Scopus)
38. Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Noriko Yamano, Maki Urushihara, Takumi Sakurada, Masaki Imanishi, Shoko Fujii, Asami Nuno, Licht Miyamoto, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shoji Kagami, Hiroyuki Kobori, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitrosonifedipine ameliorates the progression of type 2 diabetic nephropathy by exerting antioxidative effects,
PLoS ONE, Vol.9, No.1, e86335, 2014.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0086335,   PubMed: 24489716,   Elsevier: Scopus)
39. Licht Miyamoto, Masashi Watanabe, Chiaki Taoka, Mai Kono, Yosuke Tomida, Tsuyoshi Matsushita, Masaki Kamiya, Hatsuhiko Hattori, Keisuke Ishizawa, Shinji Abe, Hisao Nemoto and Koichiro Tsuchiya :
A novel prodrug strategy for extremely hydrophobic agents; - Conjugation to symmetrically branched glycerol trimer improves pharmacological and pharmacokinetic properties of fenofibrate,
Molecular Pharmaceutics, Vol.10, No.7, 2723-2729, 2013.
(DOI: 10.1021/mp400133j,   PubMed: 23672178)
40. Yasumasa Ikeda, Hideaki Enomoto, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Dietary iron restriction inhibits progression of diabetic nephropathy in db/db mice.,
American Journal of Physiology, Renal Physiology, Vol.304, No.7, F1028-F1036, 2013.
(DOI: 10.1152/ajprenal.00473.2012,   PubMed: 23389454)
41. Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Bovine milk-derived lactoferrin exerts proangiogenic effects in an Src-Akt-eNOS-dependent manner in response to ischemia,
Journal of Cardiovascular Pharmacology, Vol.61, No.5, 423-429, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 113754,   DOI: 10.1097/FJC.0b013e318287d526,   PubMed: 23364610)
42. Takumi Sakurada, Keisuke Ishizawa, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Shoko Fujii, Erika Tominaga, Teppei Tsuneishi, Yuya Horinouchi, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Ken-ichi Aihara, Kazuo Minakuchi, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitrosonifedipine ameliorates angiotensin II-induced vascular remodeling via antioxidative effects,
Naunyn-Schmiedeberg's Archives of Pharmacology, Vol.386, No.1, 29-39, 2013.
(DOI: 10.1007/s00210-012-0810-7,   PubMed: 23149861,   Elsevier: Scopus)
43. Licht Miyamoto, Masashi Watanabe, Yosuke Tomida, Mai Kono, Shoko Fujii, Tsuyoshi Matsushita, Hatsuhiko Hattori, Keisuke Ishizawa, Hisao Nemoto and Koichiro Tsuchiya :
Acute oral toxicity evaluation of symmetrically branched glycerol trimer in ddY mice,
The Journal of Toxicological Sciences, Vol.37, No.6, 1253-1259, 2012.
(DOI: 10.2131/jts.37.1253,   PubMed: 23208440,   CiNii: 40019524000)
44. Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Takumi Sakurada, Masaki Imanishi, Licht Miyamoto, Shoko Fujii, Hironori Taira, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuichi Hamano, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Angiotensin II receptor blocker improves tumor necrosis factor-α-induced cytotoxicity via antioxidative effect in human glomerular endothelial cells,
Pharmacology, Vol.90, No.5-6, 324-331, 2012.
(DOI: 10.1159/000343244,   PubMed: 23052181,   Elsevier: Scopus)
45. Licht Miyamoto, Masashi Watanabe, Mai Kono, Tsuyoshi Matsushita, Hatsuhiko Hattori, Keisuke Ishizawa, Hisao Nemoto and Koichiro Tsuchiya :
Cytotoxicity evaluation of symmetrically branched glycerol trimer in human hepatocellular carcinoma HepG2 cells,
The Journal of Toxicological Sciences, Vol.37, No.5, 1059-1063, 2012.
(DOI: 10.2131/jts.37.1059,   PubMed: 23038013,   CiNii: 10030876787)
46. Yasumasa Ikeda, Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Takashi Iwase, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya, Masataka Sata, Masashi Akaike, Shigeaki Kato, Toshio Matsumoto and Toshiaki Tamaki :
Heparin cofactor II, a serine protease inhibitor, promotes angiogenesis via activation of the AMP-activated protein kinase-endothelial nitric-oxide synthase signaling pathway,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.287, No.41, 34256-34263, 2012.
(DOI: 10.1074/jbc.M112.353532,   PubMed: 22904320)
47. Hisao Nemoto, Masaki Kamiya, Aki Nakamoto, Tsuyoshi Matsushita, Kosuke Matsumura, Hatsuhiko Hattori, Tomoyuki Kawamura, Chiaki Taoka, Shinji Abe, Keisuke Ishizawa, Licht Miyamoto and Koichiro Tsuchiya :
Synthesis of highly water-soluble fibrate derivatives via BGLation,
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, Vol.22, No.20, 6425-6428, 2012.
(DOI: 10.1016/j.bmcl.2012.08.057,   PubMed: 22975299)
48. Hisao Nemoto, Ayato Katagiri, Masaki Kamiya, Tomoyuki Kawamura, Tsuyoshi Matsushita, Kosuke Matsumura, Tomohiro Itou, Hatsuhiko Hattori, Miho Tamaki, Keisuke Ishizawa, Licht Miyamoto, Shinji Abe and Koichiro Tsuchiya :
Synthesis of paclitaxel-BGL conjugates,
Bioorganic & Medicinal Chemistry, Vol.20, No.18, 5559-5567, 2012.
(DOI: 10.1016/j.bmc.2012.07.031,   PubMed: 22892212)
49. Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Estrogen regulates hepcidin expression via GPR30-BMP6-dependent signaling in hepatocytes,
PLoS ONE, Vol.7, No.7, e40465, 2012.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0040465,   PubMed: 22792339,   Elsevier: Scopus)
50. Akira Shigenaga, Keiji Ogura, Hiroko Hirakawa, Jun Yamamoto, Koji Ebisuno, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Akira Otaka :
Development of a reduction-responsive amino acid that induces peptide bond cleavage in hypoxic cells,
ChemBioChem, Vol.13, 968-971, 2012.
(徳島大学機関リポジトリ: 111913,   DOI: 10.1002/cbic.201200141,   PubMed: 22505188)
51. Soichiro Tajima, Yasumasa Ikeda, Kaori Sawada, Noriko Yamano, Yuya Horinouchi, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Iron reduction by deferoxamine leads to amelioration of adiposity via the regulation of oxidative stress and inflammation in obese and type 2 diabetes KKAy mice.,
American Journal of Physiology, Endocrinology and Metabolism, Vol.302, No.1, E77-86, 2012.
(DOI: 10.1152/ajpendo.00033.2011,   PubMed: 21917632)
52. Yoshitaka Kihira, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
Basic fibroblast growth factor regulates glucose metabolism through glucose transporter 1 induced by hypoxia-inducible factor-1α in adipocytes,
The International Journal of Biochemistry & Cell Biology, Vol.43, No.11, 1602-1611, 2011.
(DOI: 10.1016/j.biocel.2011.07.009,   PubMed: 21810481)
53. Shuhei Tomita, Yoshitaka Kihira, Masaki Imanishi, Yayoi Fukuhara, Yuko Imamura, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Pathophysiological Response to Hypoxia From the Molecular Mechanisms of Malady to Drug Discovery: Inflammatory Responses of Hypoxia-Inducible Factor 1 (HIF-1) in T Cells Observed in Development of Vascular Remodeling,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.115, No.4, 433-439, 2011.
(DOI: 10.1254/jphs.10R22FM,   PubMed: 21422726,   Elsevier: Scopus)
54. Keisuke Ishizawa, Masanori Yoshizumi, Yoshichika Kawai, Junji Terao, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Pharmacology in health food: Metabolism of quercetin in vivo and its protective effect against arteriosclerosis,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.115, No.4, 466-470, 2011.
(DOI: 10.1254/jphs.10R38FM,   PubMed: 21436601)
55. Yuya Horinouchi, Koichiro Tsuchiya, Chiaki Taoka, Soichiro Tajima, Yoshitaka Kihira, Yuko Matsuda, Kozo Shishido, Masahiro Yoshida, Shuichi Hamano, Kazuyoshi Kawazoe, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki :
Antioxidant effects of photodegradation product of nifedipine,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.59, No.2, 208-214, 2011.
(DOI: 10.1248/cpb.59.208,   PubMed: 21297301,   Elsevier: Scopus)
56. Yayoi Fukuhara, Koichiro Tsuchiya, Yuya Horinouchi, Soichiro Tajima, Yoshitaka Kihira, Shuichi Hamano, Kazuyoshi Kawazoe, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki :
Protective effect of photodegradation product of nifedipine against tumor necrosis factor alpha-induced oxidative stress in human glomerular endothelial cells,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.58, No.1, 2, 118-126, 2011.
(徳島大学機関リポジトリ: 72667,   DOI: 10.2152/jmi.58.118,   PubMed: 21372496,   CiNii: 130004465233)
57. Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Sumiko Yoshida, Noriko Yamano, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Ken-ichi Aihara, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Deferoxamine promotes angiogenesis via the activation of vascular endothelial cell function.,
Atherosclerosis, Vol.215, No.2, 339-347, 2011.
(DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2011.01.009,   PubMed: 21315355)
58. Hiroaki Yanagawa, Junji Terao, Eiji Takeda, Yoshihisa Takaishi, Yoshiki Kashiwada, Kazuyoshi Kawazoe, Fushitani Shuji, Koichiro Tsuchiya, Aiko Yamauchi, Sato Chiho and Minoru Irahara :
Consultation clinics for complementary and alternative medicine at Japanese university hospitals: An analysis at Tokushima University Hospital,
Experimental and Therapeutic Medicine, Vol.1, No.3, 481-483, 2010.
(DOI: 10.3892/etm_00000075,   PubMed: 22993564)
59. Soichiro Tajima, Koichiro Tsuchiya, Yuya Horinouchi, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira, Masayuki Shono, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki :
Effect of angiotensin II on iron-transporting protein expression and subsequent intracellular labile iron concentration in human glomerular endothelial cells,
Hypertension Research, Vol.33, No.7, 713-721, 2010.
(DOI: 10.1038/hr.2010.63,   PubMed: 20431588,   Elsevier: Scopus)
60. Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Narantungalag Dorjsuren, Erika Miki, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuichi Hamano, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Angiotensin II receptor blocker attenuates PDGF-induced mesangial cell migration in a receptor-independent manner,
Nephrology, Dialysis, Transplantation, Vol.25, No.2, 364-372, 2010.
(DOI: 10.1093/ndt/gfp520,   PubMed: 19812233)
61. Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita, Keisuke Ishizawa, Shinji Abe, Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira and Toshiaki Tamaki :
Dietary nitrite ameliorates renal injury in l-NAME-induced hypertensive rats,
Nitric Oxide: Biology and Chemistry, Vol.22, No.2, 98-103, 2010.
(DOI: 10.1016/j.niox.2009.12.002,   PubMed: 20005970)
62. Keisuke Ishizawa, Narantungalag Dorjsuren, Yuki Izawa-Ishizawa, Rika Sugimoto, Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
Inhibitory effects of adiponectin on platelet-derived growth factor-induced mesangial cell migration,
The Journal of Endocrinology, Vol.202, No.2, 309-316, 2009.
(DOI: 10.1677/JOE-08-0469,   PubMed: 19460854)
63. Yuki Motobayashi, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Sakiko Orino, Kunihisa Yamaguchi, Kazuyoshi Kawazoe, Shuichi Hamano, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki :
Adiponectin inhibits insulin-like growth factor-1-induced cell migration by the suppression of extracellular signal-regulated kinase 1/2 activation, but not Akt in vascular smooth muscle cells,
Hypertension Research, Vol.32, No.3, 188-193, 2009.
(DOI: 10.1038/hr.2008.19,   PubMed: 19262481)
64. Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Sachiyo Ohnishi, Yuki Motobayashi, Kazuyoshi Kawazoe, Shuichi Hamano, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
Quercetin Glucuronide Inhibits Cell Migration and Proliferation by Platelet-Derived Growth Factor in Vascular Smooth Muscle Cells,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.109, No.2, 257-264, 2009.
(DOI: 10.1254/jphs.08236FP,   PubMed: 19202317)
65. Keisuke Ishizawa, Kunihisa Yamaguchi, Yuya Horinouchi, Yayoi Fukuhara, Soichiro Tajima, Shuichi Hamano, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Toward drug discovery for overcoming CKD: Development of drugs on endothelial cell protection for overcoming CKD,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.109, No.1, 14-19, 2009.
(DOI: 10.1254/jphs.08R08FM,   PubMed: 19151535)
66. Hitoshi Kawazoe, kyoko Takaoka, Hirofumi Shibata, Naokatu Arakaki, Tomihiko Higuti, K Negayama, Hitoshi Houchi, Koichiro Tsuchiya and Yoshiharu Takiguchi :
Comparison of antibacterial activity of fluoroquinolones with their sucralfate-complexes against clinically-isolated bacteria,
Journal of Health Science, Vol.55, No.5, 790-795, 2009.
(DOI: 10.1248/jhs.55.790,   CiNii: 130000127968)
67. Sanae Iwana, Tomoya Kawazoe, Hwan Ki Park, Koichiro Tsuchiya, Koji Ono, Kazuko YORITA, Takashi Sakai, Takenori Kusumi and Kiyoshi Fukui :
Chlorpromazine oligomer is a potentially active substance that inhibits human D-amino acid oxidase, product of a susceptibility gene for schizophrenia,
Journal of Enzyme Inhibition and Medicinal Chemistry, Vol.23, No.6, 901-911, 2008.
(DOI: 10.1080/14756360701745478,   PubMed: 18615285)
68. Hideki Ohnishi, Satoshi Iwanaga, Kazuyoshi Kawazoe, Keisuke Ishizawa, Sakiko Orino, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya, Yasuhisa Kanematsu, Nagakatsu Harada, Kazuhiro Mori, Tomoko Tsuchihashi, Yasuko Ishikawa and Toshiaki Tamaki :
Effect of iron-quercetin complex on reduction of nitrite in in vitro and in vivo systems,
Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.56, No.21, 10092-10098, 2008.
(DOI: 10.1021/jf801010j,   PubMed: 18831560)
69. Yasuhisa Kanematsu, Kunihisa Yamaguchi, Hideki Ohnishi, Yuki Motobayashi, Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa, Kazuyoshi Kawazoe, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Dietary doses of nitrite restore circulating nitric oxide level and improve renal injury in L-NAME-induced hypertensive rats,
American Journal of Physiology, Renal Physiology, Vol.295, No.5, F1457-F1462, 2008.
(DOI: 10.1152/ajprenal.00621.2007,   PubMed: 18753302)
70. Masahiro Abe, Yoshiharu Takiguchi, Satoshi Ichimaru, Shinichiro Kaji, Koichiro Tsuchiya and Koichiro Wada :
Different effect of acute treatment with rosiglitazone on rat myocardial ischemia/reperfusion injury by administration method.,
European Journal of Pharmacology, Vol.589, No.1-3, 215-219, 2008.
(DOI: 10.1016/j.ejphar.2008.05.005,   PubMed: 18571644)
71. Masahiro Abe, Yoshiharu Takiguchi, Satoshi Ichimaru, Koichiro Tsuchiya and Koichiro Wada :
Comparison of the protective effect of N-acetylcysteine by different treatments on rat myocardial ischemia-reperfusion injury.,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.106, No.4, 571-577, 2008.
(DOI: 10.1254/jphs.FP0071664,   PubMed: 18385540)
72. Yuki Izawa, Masanori Yoshizumi, Keisuke Ishizawa, Yoshiko Fujita, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Kazuyoshi Kawazoe, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki :
Big mitogen-activated protein kinase 1 (BMK1)/extracellular signal regulated kinase 5 (ERK5) is involved in platelet-derived growth factor (PDGF)-induced vascular smooth muscle cell migration,
Hypertension Research, Vol.30, No.11, 1107-1117, 2007.
(DOI: 10.1291/hypres.30.1107,   PubMed: 18250560)
73. Deliorman Didem Orhan, Fatma Ergun, Erdem Yesilada, Koichiro Tsuchiya, Yoshihisa Takaishi and Kazuyoshi Kawazoe :
Antioxidant activity of two flavonol glycosides from Cirsium hypoleucum DC. through bioassay-guided fractionation,
Turkish Journal of Pharmaceutical Sciences, Vol.4, No.1, 1-14, 2007.
(Elsevier: Scopus)
74. Yoshichika Kawai, Hitomi Kiyokawa, Yuki Kimura, Yoji Kato, Koichiro Tsuchiya and Junji Terao :
Hypochlorous acid-derived modification of phospholipids: characterization of aminophospholipids as regulatory molecules for lipid peroxidation.,
Biochemistry, Vol.45, No.47, 14201-14211, 2006.
(DOI: 10.1021/bi0610909,   PubMed: 17115715)
75. Ali Nermin, Masanori Yoshizumi, Seiji Yano, Saburo Sone, Hideki Ohnishi, Keisuke Ishizawa, Yasuhisa Kanematsu, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
The novel Src kinase inhibitor M475271 inhibits VEGF-induced vascular endothelial-cadherin and β-catenin phosphorylation but increases their association,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.102, No.1, 112-120, 2006.
(DOI: 10.1254/jphs.FP0060357,   PubMed: 16974068)
76. Shinji Abe, Hideki Ohnishi, Koichiro Tsuchiya, Keisuke Ishizawa, Mayumi Torii, Yasuhisa Kanematsu, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi, Masanori Yoshizumi and Toshiaki Tamaki :
Calcium and reactive oxygen species mediated Zn2+-induced apoptosis in PC12 cells,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.102, No.1, 103-111, 2006.
(DOI: 10.1254/jphs.FP0060342,   PubMed: 16990703)
77. Hiroyuki Nakagawa, Yoshihisa Takaishi, Naonobu Tanaka, Koichiro Tsuchiya, Hirofumi Shibata and Tomihiko Higuti :
Chemical Constituents from the Peels of Citrus sudachi,
Journal of Natural Products, Vol.69, No.8, 1177-1179, 2006.
(DOI: 10.1021/np060217s,   PubMed: 16933871)
78. F.A. Ramos, Yoshihisa Takaishi, M. Shirotori, Y. Kawaguchi, Koichiro Tsuchiya, Hirofumi Shibata, Tomihiko Higuti, T. Tadokoro and M. Takeuchi :
Antibacterial and Antioxidant Activities of Quercetin Oxidation Products from Yellow Onion (Alliu cepa) Skin,
Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.54, No.10, 3551-3357, 2006.
(DOI: 10.1021/jf060251c,   PubMed: 19127724)
79. Yasuhisa Kanematsu, Koichiro Tsuchiya, Hideki Onishi, Yuki Motobayashi, Yuki Izawa, Manabu Ishihara, Keisuke Ishizawa, Shinji Abe, Kazuyoshi Kawazoe and Toshiaki Tamaki :
Effects of angiotensin II type 1 receptor blockade on the systemic blood nitric oxide dynamics in Nω-nitro-L-arginine methyl ester-treated rats,
Hypertension Research, Vol.29, No.5, 369-374, 2006.
(DOI: 10.1291/hypres.29.369,   PubMed: 16832158)
80. Yoshiko Fujita, Masanori Yoshizumi, Yuki Izawa, Nermin Ali, Yasuhisa Kanematsu, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Transactivation of fetal liver kinase-1/kinase-insert domain-containing receptor by lysophosphatidylcholine induces vascular endothelial cell proliferation.,
Endocrinology, Vol.147, No.3, 1377-1385, 2006.
(DOI: 10.1210/en.2005-0644,   PubMed: 16322069,   Elsevier: Scopus)
81. Shuji Kondo, Maki Shimizu, Maki Urushihara, Koichiro Tsuchiya, Masanori Yoshizumi, Toshiaki Tamaki, Akira Nishiyama, Hiroshi Kawachi, Fujio Shimizu, Quinn T. Mark, Lambeth J. David and Shoji Kagami :
Addition of the antioxidant probucol to angiotensin II type I receptor antagonist arrests progression mesangioproliferative glomerulonephritis in the rat,
Journal of the American Society of Nephrology, Vol.17, No.3, 783-794, 2006.
(DOI: 10.1681/ASN.2005050519,   PubMed: 16467449)
82. Yoshiko Fujita, Yuki Izawa, Nermin Ali, Koichiro Tsuchiya, Shuichi Hamano, Toshiaki Tamaki and Masanori Yoshizumi :
Pramipexole protects against H2O2-induced PC12 cell death,
Naunyn-Schmiedeberg's Archives of Pharmacology, Vol.372, No.4, 257-266, 2006.
(DOI: 10.1007/s00210-005-0025-2,   PubMed: 16362428,   Elsevier: Scopus)
83. 田島 壮一郎, 土屋 浩一郎, 大西 秀樹, 兼松 康久, 玉置 俊晃, Ronald Mason, 滝口 祥令 :
ラジカル認識抗体を用いた酸化ストレス由来プロテインラジカル検出法,
日本薬理学雑誌, Vol.126, No.4, 246-249, 2005年.
(DOI: 10.1254/fpj.126.246,   PubMed: 16327204)
84. Koichiro Tsuchiya, Kaori Akai, Akira Tokumura, Shinji Abe, Toshiaki Tamaki, Yoshiharu Takiguchi and Kenji Fukuzawa :
Oxygen radical photo-induced by ferric nitrilotriacetate complex,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1725, No.1, 111-119, 2005.
(DOI: 10.1016/j.bbagen.2005.05.001,   PubMed: 15950386)
85. Yuki Izawa, Masanori Yoshizumi, Keisuke Ishizawa, Yoshiko Fujita, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Kazuyoshi Kawazoe, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki :
ERK1/2 activation by angiotensin II inhibits insulin-induced glucose uptake in vascular smooth muscle cells,
Experimental Cell Research, Vol.308, No.2, 291-299, 2005.
(DOI: 10.1016/j.yexcr.2005.04.028,   PubMed: 15921682)
86. Yoshihiko Fujita, Koichiro Tsuchiya, Shinji Abe, Yohiharu Takiguchi, Shin-ichi Kubo and Hiromu Sakurai :
Estimation of the age of human bloodstains by electron paramagnetic resonance spectroscopy: Long-term controlled experiment on the effects of environmental factors,
Forensic Science International, Vol.152, No.1, 39-43, 2005.
(DOI: 10.1016/j.forsciint.2005.02.029,   PubMed: 15939175)
87. Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa, Hiroyuki Ito, Chieko Miki, Kayoko Miyama, Yoshiko Fujita, Yasuhisa Kanematsu, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki, Akira Nishiyama and Masanori Yoshizumi :
Aldosterone stimulates vascular smooth muscle cell proliferation via big mitoten-activated protein kinase 1 activation,
Hypertension, Vol.46, No.4, 1046-1052, 2005.
(DOI: 10.1161/01.HYP.0000172622.51973.f5,   PubMed: 16087789)
88. Ali Nermin, Masanori Yoshizumi, Yoshiko Fujita, Yuki Izawa, Yasuhisa Kanematsu, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Seiji Yano, Saburo Sone and Toshiaki Tamaki :
A Novel Src Kinase Inhibitor, M475271, Inhibits VEGF-Induced Human Umbilical Vein Endothelial Cell Proliferation and Migration,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.98, No.2, 130-141, 2005.
(DOI: 10.1254/jphs.FP0040850,   PubMed: 15937404)
89. Koichiro Tsuchiya, Yasuhisa Kanematsu, Masanori Yoshizumi, Hideki Ohnishi, Kazuyoshi Kirima, Yuki Izawa, Michiyo Shikishima, Tatsuhiro Ishida, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Yoshiharu Takiguchi and Toshiaki Tamaki :
Nitrite is an alternative source of NO in vivo,
American Journal of Physiology, Heart and Circulatory Physiology, Vol.288, No.5, H2163-H2170, 2005.
(DOI: 10.1152/ajpheart.00525.2004,   PubMed: 15626692)
90. 生田 雅子, 会田 真規, 石澤 啓介, 水口 和生, 土屋 浩一郎, 木原 勝, 山内 あい子 :
徳島大学病院におけるTPN処方設計支援ソフトの使用評価と改良,
医療薬学, Vol.31, No.4, 279-286, 2005年.
(DOI: 10.5649/jjphcs.31.279,   CiNii: 110001240344)
91. Masumi Okamoto, Koichiro Tsuchiya, Yasuhisa Kanematsu, Yuki Izawa, Masanori Yoshizumi, Susumu Kagawa and Toshiaki Tamaki :
Nitrite-derived nitric oxide formation following ischemia-reperfusion injyury in kidney.,
American Journal of Physiology, Renal Physiology, Vol.288, No.1, 182-187, 2005.
(DOI: 10.1152/ajprenal.00036.2004,   PubMed: 15367387)
92. Koichiro Tsuchiya, Yoshiharu Takiguchi, Masumi Okamoto, Yuki Izawa, Yasuhisa Kanematsu, Masanori Yoshizumi and Toshiaki Tamaki :
Malfunction of vascular control in lifestyle-related diseases : formation of systemic hemoglobin-nitric oxide Complex(HbNO) From Dietary Nitrite,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.96, No.4, 395-400, 2004.
(DOI: 10.1254/jphs.FMJ04006X3,   PubMed: 15599101)
93. Kaori Akai, Koichiro Tsuchiya, Akira Tokumura, Kentaro Kogure, Satoru Ueno, Akira Shibata, Toshiaki Tamaki and Kenji Fukuzawa :
Ability of ferric nitrilotriacetate complex with three pH-dependent conformations to induce lipid peroxidation.,
Free Radical Research, Vol.38, No.9, 951-962, 2004.
(DOI: 10.1080/1071576042000261945,   PubMed: 15621713)
94. Moe Kyaw, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Yuki Izawa, Yasuhisa Kanematsu, Yoshiko Fujita, Nermin Ali, Keisuke Ishizawa, Aiko Yamauchi and Toshiaki Tamaki :
Antioxidant effects of stereoisomers of N-acetylcysteine (NAC), L-NAC and D-NAC, on angiotensin II-stimulated MAP kinase activation and vascular smooth muscle cell proliferation,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.95, No.4, 483-486, 2004.
(DOI: 10.1254/jphs.SC0040061,   PubMed: 15297771)
95. Moe Kyaw, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Yuki Izawa, Yasuhisa Kanematsu and Toshiaki Tamaki :
Atheroprotective effects of antioxidants through inhibition of mitogen-activated protein kinases,
Acta Pharmacologica Sinica, Vol.25, No.8, 977-985, 2004.
(PubMed: 15301727)
96. Keisuke Ishizawa, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Hitoshi Houchi, Kazuo Minakuchi, Yuki Izawa, Yasuhisa Kanematsu, Shoji Kagami, Masao Hirose and Toshiaki Tamaki :
Dual effects of endothelin-1 (1-31): induction of mesangial cell migration and facilitation of monocyte recruitment through monocyte chemoattractant protein-1 production by mesangial cells,
Hypertension Research, Vol.27, No.6, 433-440, 2004.
(DOI: 10.1291/hypres.27.433,   PubMed: 15253109)
97. Yuki Suzaki, Masanori Yoshizumi, Shoji Kagami, Akira Nishiyama, Yuichi Ozawa, Moe Kyaw, Yuki Izawa, Yasuhisa Kanematsu, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
BMK1 is activated in glomeruli of diabetic rats and in mesangial cells by high glucose conditions,
Kidney International, Vol.65, No.5, 1749-1760, 2004.
(DOI: 10.1111/j.1523-1755.2004.00576.x,   PubMed: 15086914)
98. Moe Kyaw, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Shoji Kagami, Yuki Izawa, Yoshiko Fujita, Nermin Ali, Yasuhisa Kanematsu, Kazunori Toida, Kazunori Ishimura and Toshiaki Tamaki :
Src and Cas are essentially but differentially involved in angiotensin II-stimulated migration of vascular smooth muscle cell via extracellur signal-regulated kinase 1/2 and c-Jun NH2-terminal kinase activation,
Molecular Pharmacology, Vol.65, No.4, 832-841, 2004.
(DOI: 10.1124/mol.65.4.832,   PubMed: 15044612)
99. Masanori Yoshizumi, Yoshiko Fujita, Yuki Izawa, Yuki Suzaki, Moe Kyaw, Nermin Ali, Koichiro Tsuchiya, Shoji Kagami, Seiji Yano, Saburo Sone and Toshiaki Tamaki :
Ebselen inhibits tumor necrosis factor-α-induced c-jun N-terminal kinase activation and adhesion molecule expression in endothelial cells,
Experimental Cell Research, Vol.292, No.1, 1-10, 2004.
(DOI: 10.1016/j.yexcr.2003.08.003,   PubMed: 14720501,   CiNii: 80016399784)
100. Nermin Ali, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Moe Kyaw, Yoshiko Fujita, Yuki Izawa, Shinji Abe, Yasuhisa Kanematsu, Shoji Kagami and Toshiaki Tamaki :
Ebsalen inhibits p38MAP kinase-mediated endothelial cell death by hydrogen peroxide.,
European Journal of Pharmacology, Vol.485, No.1-3, 127-135, 2004.
(DOI: 10.1016/j.ejphar.2003.11.079,   PubMed: 14757132)
101. Shinji Abe, Kazuyoshi Kirima, Koichiro Tsuchiya, Masumi Okamoto, Toyoshi Hasegawa, Hitoshi Houchi, Masanori Yoshizumi and Toshiaki Tamaki :
The reaction rate of edaravone ( 3-methyl-1-phenyl-2-pyrazolin-5-one(MCI-186) with hydroxyl radical.,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.52, No.2, 186-191, 2004.
(DOI: 10.1248/cpb.52.186,   PubMed: 14758002,   CiNii: 110003615531)
102. Toyoshi Hasegawa, Atsushi Bando, Koichiro Tsuchiya, Shinji Abe, Masumi Okamoto, Kazuyoshi Kirima, Satoru Ueno, Masanori Yoshizumi, Hitoshi Houchi and Toshiaki Tamaki :
Enzymatic and non-enzymatic formation of reactive oxygen species from 6-anilino-5,8-quinolineequinone,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1670, No.1, 19-27, 2004.
(DOI: 10.1016/j.bbagen.2003.10.008,   PubMed: 14729138)
103. Mami Azuma, Hitoshi Houchi, Hirotaka Nishisako, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Kazuhiko Teraoka, Toshitaka Ikehara, Takenori Kusumi and Kazuo Minakuchi :
Inhibitory action of novel arginine derivative on catecholamine secretion evoked by acetylcholine from cultured bovine adrenal chromaffin cells,
Journal of Cardiovascular Pharmacology, Vol.42, No.Suppl. 1, S15-S18, 2003.
(DOI: 10.1097/00005344-200312001-00005,   PubMed: 14871022)
104. Koichiro Tsuchiya, Kazuyoshi Kirima, Masanori Yoshizumi and Toshiaki Tamaki :
New methods to evaluate endotherial function: Evaluation of endotherial function by hemoglobin-nitric oxide complex using electron paramagnetic resonance spectroscopy,
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.93, No.4, 417-422, 2003.
(DOI: 10.1254/jphs.93.417,   PubMed: 14737011)
105. Kentaro Kogure, Koichiro Tsuchiya, Kazutoyo Abe, Michinori Akasu, Toshiaki Tamaki, Kenji Fukuzawa and Hiroshi Terada :
Direct radical scavenging by the bisbenzylisoquinoline alkaloid cepharanthine.,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - General Subjects, Vol.1622, No.1, 1-5, 2003.
(DOI: 10.1016/S0304-4165(03)00095-3,   PubMed: 12829254)
106. Masanori Yoshizumi, Abe Jun-ichi, Koichiro Tsuchiya, Bradford C.Berk and Toshiaki Tamaki :
Stress and vascular responses: Atheroprotective effect of laminar fluid shear stress in endothelial cells: Possible role of mitogen-activated protein kinases ( Review ),
Journal of Pharmacological Sciences, Vol.91, No.3, 172-176, 2003.
(DOI: 10.1254/jphs.91.172,   PubMed: 12686737)
107. Yuichi Ozawa, Toyoshi Hasegawa, Koichiro Tsuchiya, Masanori Yoshizumi and Toshiaki Tamaki :
Effect of endothelin-1(1-31) on the renal resistance vessels.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.50, No.1-2, 87-94, 2003.
(徳島大学機関リポジトリ: 110682,   PubMed: 12630573)
108. Kazuyoshi Kirima, Koichiro Tsuchiya, Hiroyoshi Sei, Toyoshi Hasegawa, Michiyo Shikishima, Yuki Motobayashi, Kyoji Morita, Masanori Yoshizumi and Toshiaki Tamaki :
Evaluatin of systemic blood NO dynamics by EPR Spectoscopy: HbNO as an endogenous index of NO,
American Journal of Physiology, Heart and Circulatory Physiology, Vol.285, No.2, H589-H596, 2003.
(DOI: 10.1152/ajpheart.01010.2002,   PubMed: 12663263)
109. Yuki Suzaki, Masanori Yoshizumi, Yukio Yamashita, Shinji Abe, Koichiro Tsuchiya, Yumiko Satoh, Yasuhiro Kuroda, Kazuya Horike, Masashi Kano, Yoshio Fukuta, Takashi Kitaichi, Takaki Hori, Yutaka Masuda, Tetsuya Kitagawa, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
Determination of plasma concentrations of endothelin-1(1-31) and endothelin-1 in healthy subjects and patients with atherosclerosis.,
Journal of Cardiovascular Pharmacology, Vol.41, No.suppl.1, S83-S87, 2003.
(PubMed: 12688403)
110. Koichiro Tsuchiya, Kazuyoshi Kirima, Masanori Yoshizumi, Toshiaki Tamaki and Ronald Mason :
The role of thiol and nitrosothiol compounds in the NO-forming reactions of the iron-MGD complex.,
The Biochemical Journal, Vol.367, No.Pt 3, 771-779, 2002.
(DOI: 10.1042/BJ20020310,   PubMed: 12141947)
111. Masanori Yoshizumi, Toshiaki Kogame, Yuki Suzaki, Yoshiko Fujita, Moe Kyaw, Kazuyoshi Kirima, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Shoji Kagami and Toshiaki Tamaki :
Ebselen attenuates oxidative styress-induced apoptosis via the inhibition of the c jun N-terminal kinase and activator protein-1 signaling pathway in PC12 cells.,
British Journal of Pharmacology, Vol.136, No.7, 1023-1032, 2002.
(DOI: 10.1038/sj.bjp.0704808,   PubMed: 12145102)
112. Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Yuki Suzaki, Kazuyoshi Kirima, Moe Kyaw, Moon Jae-Hak, Junji Terao and Toshiaki Tamaki :
Quercetin Glucronide prevents VSMC hypertrophy by angiotensin II via the inhibition of JNK and AP-1 signaling pathway.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.293, No.5, 1458-1465, 2002.
(DOI: 10.1016/S0006-291X(02)00407-2,   PubMed: 12054679)
113. Yuki Suzaki, Masanori Yoshizumi, Shoji Kagami, Hajime Koyama, Yutaka Taketani, Hitoshi Houchi, Koichiro Tsuchiya, Eiji Takeda and Toshiaki Tamaki :
Hydrogen Peroxide Stimulates c-Src-mediated Big Mitogen-activated Protein Kinase 1(BMK1) and the MEF2C Signaling Pathway in PC12 Cells,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.277, No.11, 9614-9621, 2002.
(DOI: 10.1074/jbc.M111790200,   PubMed: 11782488,   CiNii: 80015264938)
114. Moe Kyaw, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Kasuyoshi Kirima, Yuki Suzaki, Shinji Abe, Toyoshi Hasegawa and Toshiaki Tamaki :
Antioxidants inhibit endothelin-1(1-31)-induced proliferation of vascular smooth muscle cells via the inhibition of mitogen-activated protein (MAP) kinase and activator protein-1 (AP-1).,
Biochemical Pharmacology, Vol.64, No.10, 1521-1531, 2002.
(DOI: 10.1016/S0006-2952(02)01349-7,   PubMed: 12417265)
115. Keisuke Ishizawa, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Eiko Takishita, Yutaka Nakaya, Kazuhiro Kishi, Yousuke Ebina, Hitoshi Houchi, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
Effects of losartan in combination with or without exercise on insulin resistance in Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty rats.,
European Journal of Pharmacology, Vol.430, No.2-3, 359-367, 2001.
(DOI: 10.1016/S0014-2999(01)01405-4,   PubMed: 11711055,   Elsevier: Scopus)
116. Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Kazuyoshi Kirima, Moe Kyaw, Yuki Suzaki and Toshiaki Tamaki :
Quercetin inhibits Shc- and Phosphatidylinositol 3-kinase-mediated c-Jun N-terminal kinase activation by angiotensin II in cultured rat aortic smooth muscle cells.,
Molecular Pharmacology, Vol.60, No.4, 656-665, 2001.
(PubMed: 11562426)
117. Kazuyoshi Kirima, Koichiro Tsuchiya, Masanori Yoshizumi, Taisuke Kameda, Hitoshi Houchi, Mami Azuma and Toshiaki Tamaki :
Electron paramagnetic resonance study on free radical scavanging and/or generating activity of dopamine-4-0-sulfate.,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.49, 576-580, 2001.
118. Kyaw Moe, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Kazuyoshi Kirima and Toshiaki Tamaki :
Antioxidants inhibit JNK and p38 MAPK activation but not ERK 1/2 activation by angiotensin II in rat aortic smooth muscle cells.,
Hypertension Research, Vol.24, No.3, 251-261, 2001.
(DOI: 10.1291/hypres.24.251,   PubMed: 11409648)
119. Naoko Okishima, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Ping Cui, Hiroko Kitamura, Toshiaki Tamaki and Hiroshi Kido :
Determination of the levels of novel 31-amino acid endothelins and endothelins in human lungs.,
Life Sciences, Vol.68, No.18, 2073-2080, 2001.
120. Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Signal transduction of reactive oxygen species and mitogen-activated protein kinases in cardiovascular disease,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.48, No.1,2, 11-24, 2001.
(徳島大学機関リポジトリ: 29055,   PubMed: 11286012)
121. Daisuke Inui, Masanori Yoshizumi, Yuki Suzaki, Kazuyoshi Kirima, Koichiro Tsuchiya, Hitoshi Houchi, Shoji Kagami and Toshiaki Tamaki :
Effect of Endothelin-1(1-31) on p38 Mitogen-Activated Protein Kinase in Cultured Human Mesangial Cells.,
Life Sciences, Vol.68, No.6, 635-645, 2000.
(DOI: 10.1016/S0024-3205(00)00976-0,   PubMed: 11205878,   Elsevier: Scopus)
122. Erdem Yesilada, Koichiro Tsuchiya, Yoshihisa Takaishi and Kazuyoshi Kawazoe :
Isolation and characterization of free radical scavenging flavonoid glycosides from the flowers of Spartium junceum by activity-guided fractionation,
Journal of Ethnopharmacology, Vol.73, No.3, 471-478, 2000.
(DOI: 10.1016/S0378-8741(00)00327-5,   PubMed: 11091001)
123. Yuichi Ozawa, Hitoshi Houchi, Kazuhiko Teraoka, Mami Azuma, Takehiro Kamimura, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Kazuo Minakuchi :
Long-term regulation of catecholamine formation by ouabain in cultured bovine adrenal cromaffin cells.,
Journal of Cardiovascular Pharmacology, Vol.36, No.suppl.2, S15-S18, 2000.
(DOI: 10.1097/00005344-200000006-00005,   PubMed: 11206714,   Elsevier: Scopus)
124. Masanori Yoshizumi, Shoji Kagami, Yuki Suzaki, Koichiro Tsuchiya, Hitoshi Houchi, Tetsuhiro Hisayama, Hiroyuki Fukui and Toshiaki Tamaki :
Effect of endothelin-1(1-31) on human mesangial cell proliferation,
The Japanese Journal of Pharmacology, Vol.84, No.2, 146-155, 2000.
125. Ozawa Yuichi, Masanori Yoshizumi, Yasushi Fukuta, Daisuke Inui, Koichiro Tsuchiya, Hitoshi Houchi, Toshiaki Tamaki and Kazuo Minakuchi :
Dopamine Clearance During Dopamine Infusion in Infants and Children After Cardiac Surgery,
Journal of Cardiovascular Pharmacology, Vol.34, No.Supplement 4, S85-S89, 1999.
126. Masanori Yoshizumi, Daisuke Inui, Kazuyoshi Kirima, Koichiro Tsuchiya, Hitoshi Houchi, Mami Azuma, Hiroaki Yasuoka, Hiroshi Kido and Toshiaki Tamaki :
Comparison of the effects of endothelin-1,-2 and -3(1-31) on changes in [Ca2+]i in human coronary artery smooth muscle cells.,
The Japanese Journal of Pharmacology, Vol.81, 298-304, 1999.
127. Daisuke Inui, Masanori Yoshizumi, Okishima Naoko, Hitoshi Houchi, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Mechanism of endothelin-1-(1-31)-induced calcium signaling in human coronary artery smooth muscle cells.,
American Journal of Physiology, Endocrinology and Metabolism, Vol.276, No.39, E1067-E1072, 1999.
(DOI: 10.1152/ajpendo.1999.276.6.E1067,   PubMed: 10362619)
128. Kazuhiro Mori, Yasunobu Hayabuchi, Yasuhiro Kuroda, Yutaka Nakaya, Koichiro Tsuchiya and Hiroyuki Morimoto :
Age-related endothelium-dependent vascular relazation in rat thoracic aorta in response to colforsin,
Pediatrics International, Vol.41, No.6, 673-681, 1999.
(DOI: 10.1046/j.1442-200x.1999.01138.x,   PubMed: 10618889,   CiNii: 10009525926)
129. Koichiro Tsuchiya, Jiang Jin-Jie, Masanori Yoshizumi, Toshiaki Tamaki, Hitoshi Houchi, Kazuo Minakuchi, Kenji Fukuzawa and P.Mason Ronald :
Nitric oxide-forming reactions of the water-soluble nitric oxide spin-trapping agent, MGD.,
Free Rad. Biol. Med., Vol.27, 347-355, 1999.
130. Yuichi Ozawa, Masanori Yoshizumi, Daisuke Inui, Koichiro Tsuchiya, Hitoshi Houchi, Toshiaki Tamaki and Kazuo Minakuchi :
Plasma levels of free and sulfoconjugated catecholamines in patients with atherosclerosis.,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.22, 657-659, 1999.
131. Hitoshi Houchi, Masanori Yoshizumi, Koichiro Tsuchiya, Masao Hirose, Tetsuya Kitagawa, Toshihida Kujime, Eiji Shimizu, Yasuharu Niwa, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
Endothelin-1 stimulates sodium-dependent calcium efflux from bovine adrenal chromaffin cells in culture.,
British Journal of Pharmacology, Vol.125, No.1, 55-60, 1998.
132. Masanori Yoshizumi, Daisuke Inui, Naoko Okishima, Hitoshi Houchi, Koichiro Tsuchiya, Hideki Wakabayashi, Hiroshi Kido and Toshiaki Tamaki :
Endothelin-1(1-31), a novel vasoactive peptide, increases [Ca2+]i in humen coronary artery smooth muscle cells.,
European Journal of Pharmacology, Vol.348, No.2-3, 305-309, 1998.
133. Akira Tokumura, Masaaki Okuno, Kenji Fukuzawa, Hitoshi Houchi, Koichiro Tsuchiya and Motoo Oka :
Positive and negative controls by protein kinases of sodium-dependent Ca2+ efflux from cultured bovine adrenal chromaffin cells stimulated by lysophosphatidic acid,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Lipids and Lipid Metabolism, Vol.1389, No.1, 67-75, 1998.
(DOI: 10.1016/S0005-2760(97)00130-6,   PubMed: 9443605)
134. Masanori Yoshizumi, Shokei Kim, Shoji Kagami, Akinori Hamaguchi, Koichiro Tsuchiya, Hitoshi Houchi, Hiroshi Iwao, Hiroshi Kido and Toshiaki Tamaki :
Effect of endothelin-1(1-31)on extracellular signal-regulated kinase and proliferation of human coronary artery smooth muscle cells.,
British Journal of Pharmacology, Vol.125, No.5, 1019-1027, 1998.
135. Masanori Yoshizumi, Tetsuya Kitagawa, Yuichi Ozawa, Kasutoshi Tano, Koichiro Tsuchiya, Hitoshi Houchi, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
Changes in plasma free and sulfoconjugated catecholamines during the perioperative period of cardiac surgery:Effect of continuous infusion of dopamine.,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.21, 787-791, 1998.
136. 森 一博, 松岡 優, 早渕 康信, 黒田 𣳾弘, 中屋 豊, 土屋 浩一郎 :
摘出ブタ大動脈でのアムリノンによる一酸化窒素(NO)産生の測定,
日本小児循環器学会雑誌, Vol.11, No.4, 545-550, 1995年.
137. 松木 洋子, 赤沢 美保, 土屋 浩一郎, 桜井 弘, 際田 弘志, 五郎丸 毅 :
イソニアジドのフリーラジカル中間代謝物に及ぼすアスコルビン酸の影響,
薬学雑誌, Vol.111, No.10, 600-605, 1991年.
(DOI: 10.1248/yakushi1947.111.10_600,   PubMed: 1812280,   Elsevier: Scopus)

学術論文(紀要・その他):

1. Miku Kita, Jun Yamamoto, Koji Ebisuno, Chiaki Komiya, Akira Shigenaga, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Akira Otaka :
Development of hydrogen peroxide-responsive amide bond cleavage device,
Peptide Science 2013, 203-204, 2014.
2. Akira Shigenaga, Keiji Ogura, Hiroko Hirakawa, Jun Yamamoto, Koji Ebisuno, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Akira Otaka :
Design and synthesis of hypoxia-responsive amino acid which causes peptide bond cleavage in hypoxic cells,
Peptide Science 2012, Vol.2012, 135-136, 2013.
(CiNii: 10031161576)
3. 兼松 康久, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
生体内における亜硝酸由来のNO産生と,その循環動態への作用検討,
血管, Vol.28, No.2, 39-45, 2005年.
(CiNii: 10016130791)
4. 吉栖 正典, 土屋 浩一郎, 兼松 康久, 玉置 俊晃 :
Ⅴ.エンドセリン 薬理作用と生理作用 心筋障害作用,
日本臨牀, Vol.62, No.9, 622-625, 2004年.
5. 土屋 浩一郎, 吉栖 正典, 玉置 俊晃 :
亜硝酸と一酸化窒素(NO),
血管, Vol.25, No.2, 63-71, 2002年.
(CiNii: 10012241553)
6. 吉栖 正典, 沖嶋 直子, 乾 大資, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
エンドセリン1(1-31)の腎作用,
腎と透析, Vol.49, No.4, 739-743, 2000年.
7. 乾 大資, 桐間 一嘉, 小澤 祐一, 須崎 友紀, 長谷川 豊司, 土屋 浩一郎, 吉栖 正典, 玉置 俊晃 :
単離ウサギ輸入及び輸出細動脈におけるアデノシン受容体,
四国医学雑誌, Vol.55, No.3, 124-130, 1999年.
(徳島大学機関リポジトリ: 112145)

総説・解説:

1. 滝口 祥令, 佐藤 智恵美, 土屋 浩一郎 :
効果的な実務実習に向けたアクティブ・ラーニングの取り組み,
医薬ジャーナル, Vol.51, No.11, 133-137, 2015年11月.
2. 今西 正樹, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 石澤 有紀, 山野 範子, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
酸化ストレス制御を基盤とする新規心腎血管障害治療薬の開発,
薬学雑誌, Vol.134, No.6, 715-719, 2014年6月.
(DOI: 10.1248/yakushi.13-00255-4,   PubMed: 24882646)
3. 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
抗酸化薬,
腎・高血圧の最新治療, Vol.3, No.2, 93-99, 2014年4月.
4. 今西 正樹, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 石澤 有紀, 山野 範子, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
酸化ストレス制御を基盤とする新規心腎血管障害治療薬の開発,
薬学雑誌, Vol.134, No.6, 715-719, 2014年.
5. 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
糖尿病と食事由来金属元素,
糖尿病, Vol.56, No.12, 919-921, 2013年12月.
(CiNii: 40019952227,   Elsevier: Scopus)
6. 櫻田 巧, 石澤 啓介, 今西 正樹, 藤井 聖子, 谷口 順平, 石澤 有紀, 宮本 理人, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 水口 和生, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Nitrosonifedipineはangiotensin IIによるマウス血管リモデリングを抑制する,
腎とフリーラジカル, Vol.11, 78-81, 2013年1月.
7. 池田 康将, 田島 壮一郎, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Iron metabolism in the progression of adipocyte hypertrophy,
細胞, Vol.44, No.6, 282-286, 2012年6月.
8. 池田 康将, 田島 壮一郎, 山野 範子, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
循環器疾患と糖尿病における生体内鉄の意義,
血管, Vol.34, No.2, 75-85, 2011年7月.
(CiNii: 10029400903)

国際会議:

1. 宮本 理人, 粟飯原 遥奈, 許文 てい, ジン 美娜, 冨田 洋介, 山岡 朋美, 田中 直伸, 池田 康将, 玉置 俊晃, 柏田 良樹, 土屋 浩一郎 :
スダチ果皮からの抗メタボリックシンドローム活性を有する物質の同定,
日本糖尿病学会, 京都,
2. Licht Miyamoto, Riko Suetsugu, Tsubasa Sone and Koichiro Tsuchiya :
Pregnancy in a cramped filed leads to increase in anxiety of offsprings,
第10回武田科学振興財団薬科学シンポジウム, Jan. 2020.
3. Licht Miyamoto, Suguru Nakayama, Honoka Endoh, Mana Hattori, Haruka Inoue and Koichiro Tsuchiya :
Relevance of SGLT2 and glucose metabolism in the regulation of glucagon secretion in murine glucagonoma, alpha-TC cells,
欧州糖尿病学会, Sep. 2019.
4. Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Takahiro Niimura, Mitsuhiro Goda, Naoto Okada, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Keijo Fukushima, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Keisuke Ishizawa :
Development of therapeutic agents using drug discovery tools and large-scale medical information,
FIP2019, Abu Dhabi, Sep. 2019.
5. Niimura Takahiro, Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Mitsuhiro Goda, Kenshi Takechi, Masayuki Chuma, Keijo Fukushima, Yuya Horinouchi, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya and Keisuke Ishizawa :
Nicorandil improve prognosis of cardiac arrest patient: A large-scale medical information analysis,
FIP2019, Abu Dhabi, Sep. 2019.
6. Toshitaka Ikehara, Mutsumi Nakahashi, Takahiro Emoto, Masatake Akutagawa, Koichiro Tsuchiya, Akira Takahashi and Yohsuke Kinouchi :
Effects of reactive oxygen species induced by 405 nm light irradiation on Hela S3 cells,
The Joint Annual Meeting of the Bioelectromagnetics Society and the European BioElectromagnetics Association, Montpellier, Jun. 2019.
7. 保岡 尭, Licht Miyamoto, 土橋 有紀, 曽根 翼, 増田 栞 and Koichiro Tsuchiya :
Disruption of Light-dark Cycle in Late Gestation Does Not Affect Offspring Birth Weight in Mice,
2018AASD, クアラルンプール, Nov. 2018.
8. 土橋 有希, Licht Miyamoto, Masayuki Shono and Koichiro Tsuchiya :
Pressurized culture suppress adipocytes differentiation on 3T3-L1 cells,
2018AASD, クアラルンプール, Nov. 2018.
9. Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Keijo Fukushima, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Hiromichi Fujino, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Utilizing Real-World Big Data in the Search for New Renoprotective Drugs,
Joint Hypertension 2018 Scientific Sessions, Sep. 2018.
10. Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Takahiro Niimura, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Masayuki Chuma, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Keisuke Ishizawa :
Drug repositioning for post cardiopulmonary resuscitation syndrome using large-scale medical claims,
FIP2018, グラスゴー, Sep. 2018.
11. Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Keijo Fukushima, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Hiromichi Fujino, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Renoprotective effects of edoxaban, a factor Xa inhibitor,
18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology, Jul. 2018.
12. Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, kotoko suzuki, Yuya Horinouchi, Kenshi Takechi, Yoshito Zamami, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki, Keisuke Ishizawa and Yasumasa Ikeda :
The effect of quercetin on aortic aneurysms in mice,
WCP2018, Jul. 2018.
13. 濱野 裕章, Yasumasa Ikeda, Yuya Horinouchi, Yoshito Zamami, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Licht Miyamoto, Koichiro Tsuchiya, Keisuke Ishizawa and Toshiaki Tamaki :
Proton Pump Inhibitor Involves Abnormality of Iron Metabolism through Hepcidin Regulation,
18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology, Jul. 2018.
14. Licht Miyamoto, Aihara Haruna, Xu Wenting, Jin Meina, Tomida Yosuke, Yamaoka Tomomi, Tanaka Naonobu, Ikeda Yasumasa, Toshiaki Tamaki, Yoshiki Kashiwada and Koichiro Tsuchiya :
A limonene-derivative purified from peels of Citrus Sudachi ameliorates lipid and glucose metabolism through upregulating sirt1,
World Congress of Pharmacology, Kyoto, Jul. 2018.
15. 中山 卓, Licht Miyamoto and Koichiro Tsuchiya :
Effect of SGLT2 inhibitors on glucagon secretion in pancreatic α cells,
WCP2018 KYOTO, Kyoto, Jul. 2018.
16. 保岡 尭, Licht Miyamoto, 土橋 有希, 曽根 翼, 増田 栞 and Koichiro Tsuchiya :
Circadian disruption during the late gestation period does not affect offspring birth weight,
WCP2018 KYOTO, Kyoto, Jul. 2018.
17. 土橋 有希, Licht Miyamoto, Masayuki Shono and Koichiro Tsuchiya :
Effect of culture gas pressure on 3T3-L1 preadipocytes differentiation,
WCP2018 KYOTO, Kyoto, Jul. 2018.
18. Licht Miyamoto, Tomokawa Goki, Yamane Megumi, Oonishi Reina, Takenokuma Kazuya and Koichiro Tsuchiya :
Hypothalamic pathways mediate physical exercise-induced AMPK activation in skeletal muscles,
Keystone symposia-Bioenergetics, Keystone, Jan. 2018.
19. Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Hirofumi Hamano, Masaki Imanishi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
The effect of iron on skeletal muscle atrophy in chronic kidney disease.,
Free Radical Biology and Medicine, Vol.112, No.1, 204-205, Dec. 2017.
(DOI: 10.1016/j.freeradbiomed.2017.10.323)
20. hirofumi Hamano, Yasumasa Ikeda, Hiroaki Watanabe, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Indoxyl Sulfate Disturbs Normal Iron Metabolism via Hepcidin Upregulation in Chronic Kidney Disease,
ASN Kidney Week 2017 Annual Meeting, Nov. 2017.
21. Kazunori Yamaguchi, Takeyoshi Abe, Toshiki Takeuchi, Masahiro Watanabe, Koichiro Tsuchiya, Kazuro Ikawa, Noriyasu Fukuoka, Masato Kaji, Hiroaki Tanaka, Masato Asakura, Shinji Kosaka and Hitoshi Houchi :
Estimation of the duration to reach peak arbekacin concentration by Monte Carlo simulation,
15th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology, 26-4, Kyoto, Sep. 2017.
22. Takeyoshi Abe, Masahiro Watanabe, Toshiki Takeuchi, Noriyasu Fukuoka, Yasuko Tomono, Akari Katsura, Hiroki Watanabe, Takayuki Kamada, Kazunori Abe, Katsunori Tsuda, Licht Miyamoto and Koichiro Tsuchiya :
Development of an immunoassay-based point-of-care testing(POCT) device for therapeutic drug monitoring of vancomycin,
15th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology, 25-5, Kyoto, Sep. 2017.
23. Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Direct activated factor X inhibitor attenuates renal fibrosis on unilateral ureteral obstruction-induced nephrotoxicity.,
53rd Congress of the European Societies of Toxicology (eurotox2017), Sep. 2017.
24. Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Masaki Imanishi, Yoshito Zamami, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
FACTOR XA INHIBITOR ATTENUATES RENAL INTERSTITIAL FIBROSIS IN MICE WITH UNILATERAL URETERAL OBSTRUCTION,
THE 13TH CONGRESS OF THE EUROPEAN ASSOCIATION FOR CLINICAL PHARMACOLOGY AND THERAPEUTICS(EACPT2017), Jun. 2017.
25. Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, 田淵 正樹, Masaki Imanishi, Mai Takata, Eriko Sairyo, Yoshito Zamami, Yuya Horinouchi, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
NITROSONIFEDIPINE, A NOVEL ANTIOXIDANT, AMELIORATES NEUROLOGICALSYMPTOMS AND PROLONGS THE SURVIVAL IN A MALIGNANT STROKE-PRONE SPONTANEOUSLY HYPERTENSIVE RATS,
27th European Meeting on Hypertension and Cardiovascular Protection, Jun. 2017.
26. Masaki Imanishi, Kyohei Tanaka, Raiki Ikutoh, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
THE EFFECTS OF FEBUXOSTAT ON ANGIOTENSIN II-INDUCED VASCULAR REMODELING,
27th European Meeting on Hypertension and Cardiovascular Protection, Jun. 2017.
27. Licht Miyamoto, Fukuta Keisuke, Takahashi Rie, Umemoto Kana, Okuno Hiroko, Yasumasa Ikeda, Toshiaki Tamaki and Koichiro Tsuchiya :
Fragrance of aromatic oil from peels of Citrus sudachi causes adipose browning and ameliorates glucose and lipid metabolism,
EMBO workshop, Sitges, Spain, May 2017.
28. Licht Miyamoto, Tomokawa Goki, Matsuda Yuki, Yamane Megumi, Hattori Mana, Oonishi Reina and Koichiro Tsuchiya :
Hypothalamic pathways regulate physical exercise-caused AMPK activation in skeletal muscles.,
Sweden, May 2017.
29. Hirofumi Hamano, Yasumasa Ikeda, Hiroaki Watanabe, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Indoxyl Sulfate Involves Abnormality of Iron Metabolism through Hepcidin Regulation,
Experimental Bioogy 2017, Chicago, Apr. 2017.
30. Koichiro Tsuchiya, Aihara Haruna, Xu Wenting, Jin Meina, Tomida Yosuke, Yamaoka Tomomi, Naonobu Tanaka, Yasumasa Ikeda, Akira Shigenaga, Akira Otaka, Toshiaki Tamaki, Yoshiki Kashiwada and Koichiro Tsuchiya :
A limonene-derivative from Sudachi peel activates sirt1 and improves lipid and glucose metabolism in high fat diet-fed mice.,
欧州糖尿病学会, Dec. 2016.
31. Koichiro Tsuchiya, Tomokawa Goki, Matsuda Yuki, Yamane Megumi, Hattori Mana, Oonishi Reina and Koichiro Tsuchiya :
Significance of hypothalamic regulation on AMPK activation in skeletal muscles during physical exercise,
Keystone symposium, Keystone, Nov. 2016.
32. UMEMOTO Kana, Licht Miyamoto, UESHIMA Sayaka, HOSOI Mayu, TOMOKAWA Gouki and Koichiro Tsuchiya :
11th IDF-WPR Congress 2016 & 8th AASD Scientific Meeting2016/10/27-30Taipei International Convention Center( )Poster"Mechanismsofpostprandial suppression of hepatic AMPK activity through insulin - PI 3-kinasepathway",
Taipei, Oct. 2016.
33. TAKAHASHI Rie, Licht Miyamoto, FUKUTA Keisuke and Koichiro Tsuchiya :
PosterInhibition of central GSK3 regulates body weight and glucose metabolism,
11th IDF-WPR Congress 2016 & 8th AASD Scientific Meeting, Taipei, Oct. 2016.
34. Yoshito Zamami, Mitsui Marin, Moriguchi Hiroshi, Kenshi Takechi, Masaki Imanishi, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Kawasaki Hiromu, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Search for a preventative therapy for Bevacizumab-induced hypertension using the drug repositioning approach,
7th Scientific Meeting of Asian Society for Vascular Biology, Oct. 2016.
35. Tsuchihashi Yuki, Licht Miyamoto and Koichiro Tsuchiya :
A hydrophilic derivative of probucol (ProBGL2) improves glucose tolerance andinsulin sensitivity,
Hypertension, Seoul, Sep. 2016.
36. Yutaka Fukunaga, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Ichiro Hashimoto :
Topical Application of Nitrosonifedipine, a Novel Free Radical Scavenger, Ameliorate the Ischemic Skin Flap Necrosis,
Plastic Surgery THE MEETING 2016, Los Angeles, Sep. 2016.
37. Licht Miyamoto and Koichiro Tsuchiya :
Prolonged exposure to hypoxia causes downregulation of p-glycoprotein/MDR1, sensitizing Caco2 cells to anti-cancer drugs.,
Naito conference 2016, Sapporo, Jul. 2016.
38. Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yuya Horinouchi, Kenshi Takechi, Yoshito Zamami, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
The effects of pitavastatin, a lipid-lowering agent, against aortic dissection model mice induced by L-NAME, a nitric oxide synthase inhibitor.,
The 9th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide/16th Annual Scientific Meeting of the Nitric Oxide Society of Japan., May 2016.
39. Koichiro Tsuchiya, Licht Miyamoto, Tomida Yosuke, Yamane Megumi, Tsuda Katsunori, Yasumasa Ikeda and Toshiaki Tamaki :
Dietary nitrite ameliorates glucose tolerance and hyperlipidemia in diet-induced obesity rats.,
The 16th Annual Scientific Meeting of the Nitric Oxide Society of Japan / The 9th Internatinal Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide. (Seindai, Japan) 2016.5, May 2016.
40. Yasumasa Ikeda, Keisuke Oshima, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
The Involvement of Iron Supplementation on Erythropoietin Expression,
Experimental Biology 2016, Apr. 2016.
41. FUKUTA Keisuke, Licht Miyamoto, TAKAHASHI Rie, Toshiaki Tamaki, Yasumasa Ikeda and Koichiro Tsuchiya :
11th IDF-WPR Congress 2016 & 8th AASD Scientific MeetingPosterEessentialoil fromsudachipealimprovesglucoseandlipidmetabolism,
2016.
42. OKUNO Hiroko, Licht Miyamoto, TAKAHASHI Rie and Koichiro Tsuchiya :
PosterElucidatingpharmacological beneficial functions of soybean extract on metabolism,
11th IDF-WPR Congress 2016 & 8th AASD Scientific Meeting, Taipei, 2016.
43. Licht Miyamoto, Tatsuro Egawa, Rieko Oshima, Eriko Kurogi, Koichiro Tsuchiya and Tatsuya Hayashi :
Impact of AMPK activation on the metabolomic alterations in contracting skeletal muscles,
The 6th International Conference on Food Factors, Seoul, Nov. 2015.
44. Licht Miyamoto, Yuki Tsuchihashi, Yosuke Tomida, Megumi Yamane, Kazuya Takenokuma, Yasumasa Ikeda, Toshiaki Tamaki and Koichiro Tsuchiya :
Dietary nitrite ameliorates glucose tolerance and hyperlipidemia in diet-induced obese rats,
The 6th International Conference on Food Factors, Seoul, Nov. 2015.
45. Yasumasa Ikeda, Hamano Hirofumi, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Bilirubin Enhances Ischimia-induced Angiogenesis Through Akt-eNOS-Dependent Signaling Pathway,
American Heart Association Scientific Sessions 2015, Orlando, Nov. 2015.
46. Aya Hatano, Licht Miyamoto, Kazuya Takenokuma, Yuki Tsuchihashi, Tomoaki Yano and Koichiro Tsuchiya :
The efficacy of combination therapy of nateglinide and canagliflozin,
2015.10.19-22 The 10th IAGG Asia / Oceania Congress of Gerontology and Geriatrics 2015, Chiang Mai, Oct. 2015.
47. Wenting Xu, Licht Miyamoto, Haruna Aihara, Tomomi Yamaoka, Keisuke Ishizawa, Toshiaki Tamaki, Yoshiki Kashiwada and Koichiro Tsuchiya :
The Mechanism of Citrus sudachi Peel Extract Exerts Lipid Reducing Effect in Cells,
2015.10.19-22 The 10th IAGG Asia / Oceania Congress of Gerontology and Geriatrics 2015, Chiang Mai, Oct. 2015.
48. Licht Miyamoto, Tatsuro Egawa, Rieko Oshima, Eriko Kurogi, Koichiro Tsuchiya and Tatsuya Hayashi :
AICAR, an AMPK activator, as a metabolomic mimetic of muscle contraction,
The 10th IAGG Asia / Oceania Congress of Gerontology and Geriatrics 2015, Chiang Mai, Oct. 2015.
49. 秦野 彩, 宮本 理人, 竹之熊 和也, 友川 剛己, 松田 裕樹, 服部 真奈, 土屋 浩一郎 :
速効型インスリン分泌促進薬,ナテグリニドとSGLT2 阻害薬,カナグリフロジンの併用による効果の検討,
日本肥満学会,アジアオセアニア糖尿病学会, 名古屋, 2015年10月.
50. 宮本 理人, 粟飯原 遥奈, Wenting Xu, Meina Jin, 冨田 洋介, 山岡 朋美, 田中 直伸, 池田 康将, 重永 章, 大髙 章, 玉置 俊晃, 柏田 良樹, 土屋 浩一郎 :
リモネン誘導体によるsirt1活性化を介した脂質低下作用,
日本肥満学会,アジアオセアニア糖尿病学会, 名古屋, 2015年10月.
51. Licht Miyamoto, Haruna Aihara, Wenting Xu, Meina Jin, Yosuke Tomida, Tomomi Yamaoka, Naonobu Tanaka, Yasumasa Ikeda, Akira Shigenaga, Akira Otaka, Toshiaki Tamaki, Yoshiki Kashiwada and Koichiro Tsuchiya :
Limonene-derivative Ameliorates Lipid Profiles by Upregulation of Sirt1 Activity and Expression in Cultured Cells and High Fat Diet-Fed Mice,
American diabetes association, Boston, Jun. 2015.
52. Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Toya Hiroki, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Novel aortic dissection model by pharmacologically-induced endothelial dysfunction,
17th International Congress on Atherosclerosis 2015, Amsterdam, May 2015.
53. Yasumasa Ikeda, Yusuke Kanai, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
The Effects of Bilirubin on Angiogenesis in Mice with Hindlimb Ischemia,
Experimental Biology 2015, Boston, Mar. 2015.
54. Yuya Horinouchi, A Fiona Summers, Marilyn Ehrenshaft, Kazuyoshi Kawazoe, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and P Ronald Mason :
Investigating free radical generation in HepG2 cells using immuno-spin trapping.,
Free Radical Biology and Medicine, Vol.75 Suppl 1, Dec. 2014.
(DOI: 10.1016/j.freeradbiomed.2014.10.768,   PubMed: 26461344)
55. Licht Miyamoto, Egawa Tatsuro, Oshima Rieko, Kurogi Eriko, Koichiro Tsuchiya and Hayashi Tatsuya :
AICAR stimulation mimics metabolomic effects of electrical contraction in isolated rat epitrochlearis muscle.,
10th IDF-WPR congress & 6th AASD scientific meeting, Singapore, Nov. 2014.
56. Tsuchihashi Yuki, Licht Miyamoto, Tomida Yosuke, Takenokuma Kazuya, Hattori Hatsuhiko, Hisao Nemoto and Koichiro Tsuchiya :
A Hydrophilic Derivative of Probucol, Ameliorates Glucose Tolerance and Insulin Sensitivity in HFD-fed mice.,
ASMRM 2014, Taipei, Nov. 2014.
57. Hatano Aya, Licht Miyamoto, Yamane Megumi, Takenokuma Kazuya, Kono Mai, Keisuke Ishizawa and Koichiro Tsuchiya :
Dietary nitrite ameliorates glucose tolerance and hyperlipidemia in diet-induced obesity rats.,
ASMRM 2014, Taipei, Nov. 2014.
58. Licht Miyamoto, Egawa Tatsuro, Oshima Rieko, Kurogi Eriko, Koichiro Tsuchiya and Hayashi Tatsuya :
AICAR stimulation mimics metabolomic effects of electrical contraction in isolated rat epitrochlearis muscle.,
ASMRM 2014, Taipei, Nov. 2014.
59. Licht Miyamoto, Egawa Tatsuro, Oshima Rieko, Kurogi Eriko, Koichiro Tsuchiya and Hayashi Tatsuya :
AICAR stimulation metabolome-widely mimics electrical contraction in isolated rat epitrochlearis muscle.,
AMPK meeting 2014, Castelvecchio, Barga, Italy, Sep. 2014.
60. Hirokazu Miyoshi, Fumio Kida, Hitoshi Hase and Koichiro Tsuchiya :
Silica-Nanocapsule-Doped CR-39 Fluorescent Detector for X-rays,
26th International Conference on Nuclear Tracks in Solids(ICNT-26), Kobe, Sep. 2014.
61. Keisuke Ishizawa, Kohara Yusuke, Sakurada Takumi, Toya Hiroki, Iki Yutaka, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitrosonifedipine ameliorates the progression of aortic aneurysms by exerting antioxidative effects,
ESC Congress 2014, Barcelona, Sep. 2014.
62. Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Mizuki Imao, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Ferritin induces IL-1 production through inflammasome activation via NF-B-dependent manner in macrophages,
Experimental Biology 2014, San Diego, Apr. 2014.
63. Licht Miyamoto, Yamane Megumi, Tomida Yosuke, Takenokuma Kazuya, Keisuke Ishizawa, Toshiaki Tamaki and Koichiro Tsuchiya :
Significance of AMPK in renal protective and metabolic actions of nitrite,
international conference of food science, Kyoto, Mar. 2014.
64. Licht Miyamoto, Tomida Y, Takenokuma K, Yamane M, Keisuke Ishizawa, Toshiaki Tamaki and Koichiro Tsuchiya :
Dietary nitrite ameliorates glucose and lipid metabolism in high fat diet-fed rats.,
2014 Keystone Symposia Conference, Jan. 2014.
65. Miku Kita, Jun Yamamoto, Koji Ebisuno, Chiaki Komiya, Akira Shigenaga, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Akira Otaka :
Development of hydrogen peroxide-responsive amide bond cleavage device,
4th Asia-Pacific International Peptide Symposium, 50th Japanese Peptide Symposium, Suita, Nov. 2013.
66. Keisuke Ishizawa, Noriko Yamano, Hiroyuki Kobori, Maki Urushihara, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitrosonifedipine prevents the progression of diabetic nephropathy via attenuating the expression of intrarenal angiotensinogen and oxidative stress,
High Blood Pressure Research 2013 Scientific Sessions, Sep. 2013.
67. Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Sakiko Doi, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Rho-kinase is involved in inorganic phosphate-induced ERK1/2 activation in vascular smooth muscle cells,
World Biotechnology Congress 2013, Jun. 2013.
68. Yasumasa Ikeda, Hideaki Enomoto, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
The effect of dietary iron restriction against diabetic nephropathy in db/db mice,
Experimental Biology 2013, Apr. 2013.
69. Yusaku Maeda, Shuhei Tomita, Masaki Murakami, Hirotsugu Kurobe, Masaki Imanishi, Yasushi Yoshida, Yoichiro Hirata, Yoshitaka Kihira, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Tetsuya Kitagawa, Masataka Sata and Toshiaki Tamaki :
Deficiency of Hypoxia Inducible Factor-1a in SM-22a-Expressing Bone Marrow-Derived Cells Alleviates Neointimal Formation Following Wire-induced Vascular Formation,
American Heart Association Scientific Sessions 2012, Nov. 2012.
70. Yasumasa Ikeda, Hideaki Enomoto, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Iron Restriction Prevents the Progression of Diabetic Nephropathy in db/db Mice,
American Heart Association Scientific Sessions 2012, Nov. 2012.
71. Masaki Imanishi, Shuhei Tomita, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Hypoxia-inducible Factor-1a in Vascular Smooth Muscle Cells Regulates Angiotensin -induced Vascular Remodeling and AT1 Receptor Expression in Mouse Aortic Media,
American Heart Association Scientific Sessions 2012, Nov. 2012.
72. Licht Miyamoto, Kono Mai, Nakagawa Takeo, Hattori Hatsuhiko, Keisuke Ishizawa, Hisao Nemoto and Koichiro Tsuchiya :
A Novel Hydrophilic Derivative of Probucol Ameliorates Glucose Tolerance and Insulin Sensitivity Independently of the Canonical Potency of Probucol.,
48th Annual Meeting of the European Association for the Study of Diabetes, Oct. 2012.
73. Hideaki Enomoto, Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Protective Effects of Iron-Restricted Food against Diabetic Nephropathy in db/db Mice,
American Heart Association High Blood Pressure Research 2012, Sep. 2012.
74. Shoko Fujii, Keisuke Ishizawa, Takumi Sakurada, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Asami Nuno, Yuta Suzuki, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitrosonifedipine, a Photodegradation Product of Nifedipine, Prevents the Progression of Diabetic Nephropathy in Type II Diabetic Mice,
American Heart Association High Blood Pressure Research 2012, Sep. 2012.
75. Masaki Imanishi, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
Hypoxia-inducible factor-1a deficiency in smooth muscle cell attenuates angiotensin -induced vascular remodeling in mice,
ISOTT (International Society on Oxygen Transport to Tissue) 2012, Aug. 2012.
76. Takumi Sakurada, Keisuke Ishizawa, Shoko Fujii, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Asami Nuno, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Effects of nitrosonifedipine, a photodegradation product of nifedipine, on diabetic nephropathy in type II diabetic mice,
Experimental Biology 2012, Apr. 2012.
77. Yasumasa Ikeda, Hideaki Enomoto, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Iron restriction prevents progression of diabetic nephropathy,
KEYSTONE SYMPOSIA 40th ANNIVERSARY 1972-2012 Complications of Diabetes: Mechanisms of Injury and Failure of Repair, Mar. 2012.
78. Licht Miyamoto, Mai Kono, Takeo Nakagawa, Hatsuhiko Hattori, Hisao Nemoto, Keisuke Ishizawa, Yoshiyuki Yoshimura and Koichiro Tsuchiya :
A Hydrophilic Derivative of Probucol, Probucol-(glutaric branched-triglycerol)2 (ProBGL2) Ameliorates Glucose Tolerance and Insulin Sensitivity by Independent Mechanism of the Canonical Potency of Probucol in HFD-fed mice,
Keystone symposiaon Molecular and Cellular Biology, Jan. 2012.
79. Maeda Yusaku, Shuhei Tomita, Murakami Masaki, Hirotsugu Kurobe, Masaki Imanishi, Yoshida Yasushi, Hirata Yoichiro, Yoshitaka Kihira, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Tetsuya Kitagawa, Masataka Sata and Toshiaki Tamaki :
Deficiency of Hypoxia Inducible Factor-1 in SM-22-Expressing Bone Marrow-Derived Cells Alleviates Neointimal Formation Following Wire-induced Vascular Formation,
AHA SCIENTIFIC SESSIONS 2012, 2012.
80. Masaki Imanishi, Shuhei Tomita, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Hypoxia-inducible Factor-1 in Vascular Smooth Muscle Cells Regulates Angiotensin -induced Vascular Remodeling and AT1 Receptor Expression in Mouse Aortic Media,
AHA SCIENTIFIC SESSIONS 2012, 2012.
81. Fujii Shoko, Keisuke Ishizawa, Sakurada Takumi, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Nuno Asami, Suzuki Yuta, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitrosonifedipine, a Photodegradation Product of Nifedipine, Prevents the Progression of Diabetic Nephropathy in Type II Diabetic Mice,
HIGH BLOOD PRESSURE RESEARCH 2012 SCIENTIFIC SESSIONS, 2012.
82. Masaki Imanishi, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
Hypoxia-inducible factor-1 deficiency in smooth muscle cell attenuates angiotensin II-induced vascular remodeling in mice,
The International Society on Oxygen Transport to Tissue 2012, 2012.
83. Shuhei Tomita, Masaki Imanishi, Yoshitaka Kihira, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Angiotensin II-induced vascular remodeling is mediated by hypoxia-inducible factor-1 signaling pathway in vascular smooth muscle cells,
The 33rd Naito Conference, 2012.
84. Sakurada Takumi, Keisuke Ishizawa, Fujii Shoko, Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Nuno Asami, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Effects of nitrosonifedipine, a photodegradation product of nifedipine, on diabetic nephropathy in type II diabetic mice,
Experimental Biology 2012, 2012.
85. Masaki Imanishi, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
Smooth Muscle Cell-Specific Hypoxia-Inducible Factor-1a Deficiency Attenuates Angiotensin II-Induced Vascular Remodeling in Mice,
AHA scientific sessions 2011, Orlando, Nov. 2011.
86. Soichiro Tajima, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Koichiro Tsuchiya, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
Inhibition of Adipocyte Hypertrophy by Deferoxiamine Diabetic KKAy mice,
High Blood Pressure Research Scientific Sessions 2011 Scientific Sessions, Orlando, Sep. 2011.
87. Kazuyuki Yamaguchi, Yoshitaka Kihira, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki :
Glucose Metabolism of Adipocytes is Regulated by Basic Fibroblast Growth Factor via Hypoxia-inducible Factor-1a,
High Blood Pressure Research Scientific Sessions 2011 Scientific Sessions, Orlando, Sep. 2011.
88. Masaki Imanishi, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
Hypoxia-inducible Factor-1a Deficiency in Smooth Muscle Cells Suppresses Angiotensin -induced Vascular Remodeling in Mice,
High Blood Pressure Research Scientific Sessions 2011 Scientific Sessions, Orlando, Sep. 2011.
89. Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Takumi Sakurada, Masaki Imanishi, Shoko Fujii, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Angiotensin -induced Vascular Remodeling is Improved by Nitrosonifedipine, a Possible New Class Drug Against Oxidative Stress,
High Blood Pressure Research Scientific Sessions 2011 Scientific Sessions, Orlando, Sep. 2011.
90. Keisuke Ishizawa, Takumi Sakurada, Masaki Imanishi, Shoko Fujii, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitorosonifedipine is a new class drug to improves angiotensin II-induced vascular remodeling,
European Society of Cardiology Congress 2011, Aug. 2011.
91. Shuhei Tomita, Yoshitaka Kihira, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Characterization on mice lacking HIF1a gene in renal ischemia-reperfusion injury,
ISOTT (International Society on Oxygen Transport to Tissue) 2011, Washington, D.C., Jul. 2011.
92. Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Noriko Yamano, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Estrogen action on iron metabolism,
ENDO 2011: The 93rd Annual Meeting & Expo, Boston, Jun. 2011.
93. Masaki Imanishi, Soichiro Tajima, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Shuhei Tomita, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Increment intracellular labile iron enhances Angiotensin-induced intracellular adhesion molecule-1 (ICAM-1) expression in human glomerular endothelial cells,
World congress of Nephrology 2011, Vancouver, Apr. 2011.
94. Masaki Imanishi, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
Smooth Muscle Cell-specific Hypoxia-inducible Factor-1a Deficiency Attenuates Angiotensin II-induced Vascular Remodeling In Mice,
AHA SCIENTIFIC SESSIONS 2011, 2011.
95. Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Sakurada Takumi, Masaki Imanishi, Fujii Shoko, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Angiotensin II-induced Vascular Remodeling Is Improved By Nitrosonifedipine, A Possible New Class Drug,
HIGH BLOOD PRESSURE RESEARCH 2011 SCIENTIFIC SESSIONS, 2011.
96. Masaki Imanishi, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
Hypoxia-inducible Factor-1 Deficiency In Smooth Muscle Cells Suppresses Angiotensin II-induced Vascular Remodeling In Mice,
HIGH BLOOD PRESSURE RESEARCH 2011 SCIENTIFIC SESSIONS, 2011.
97. Keisuke Ishizawa, Sakurada Takumi, Masaki Imanishi, Fujii Shoko, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitorosonifedipine is a new class drug to improve angiotensin II-induced vascular remodeling,
ESC Congress 2011, 2011.
98. Masaki Imanishi, Tajima Soichiro, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Shuhei Tomita, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
INCREMENT INTRACELLULAR LABILE IRON ENHANCES ANGIOTENSIN II-INDUCED INTRACELLULAR ADHESION MOLECULE-1 (ICAM-1) EXPRESSION IN HUMAN GLOMERULAR ENDOTHELIAL CELLS,
World Congress of Nephrology 2011, 2011.
99. Ayato Katagiri, Hatsuhiko Hattori, Kohsuke Yoshitoimi, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Hisao Nemoto :
Modification of Medicines by using Branched Oligo-Glycerols (BGL),
Pachifichem 2010, Honolulu, Dec. 2010.
100. Kohsuke Yoshitomi, Hatsuhiko Hattori, Ayato Katagiri, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Hisao Nemoto :
Water-solubilization of Highly Hydrophobic Medicines by using Branched Oligo-Glycerols (BGL),
Pachifichem 2010, Honolulu, Dec. 2010.
101. Toshiaki Tamaki, Kunihisa Yamaguchi, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Shuji Kondo, Shoji Kagami and Shuhei Tomita :
Global gene expression analyses in renal ischemia-reperfusion injury (IRI) from mice lucking Hif-1a gene,
ASN RENAL WEEK 2010 EXHIBIT, Nov. 2010.
102. Koichiro Tsuchiya, Yuya Horinouchi, Soichiro Tajima, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Yoshiyuki Yoshimura, Shuhei Tomita, Shuichi Hamano and Toshiaki Tamaki :
Antioxidant effects of photodegradation product of nifedipine,
17th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM 2010), Nov. 2010.
103. Shuhei Tomita, Masahisa Urata, Yayoi Fukuhara, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Tetsuya Kitagawa and Toshiaki Tamaki :
Endothelial-targeted hypoxia-inducible factor-1b (HIF-1b) loss-of function alleviates the monocrotaline-induced pulmonary hypertension in mice,
American Heart Association Scientific Sessions 2010, Chicago, Nov. 2010.
104. Keisuke Ishizawa, Masaki Imanishi, Yuya Horinouchi, Yayoi Fukuhara, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitroso-nifedipine is a new class drug to protect endothelial function for overcoming organ damage,
International Society of Hypertension 2010, Vancouver, Sep. 2010.
105. Soichiro Tajima, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Koichiro Tsuchiya, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
IRON DERIVATION AMELIORATES GLUCOSE TOLERANCE THROUGH REDUCTION OF OXIDATIVE STRESS AND INFLAMMATION IN DIABETIC KKAY MICE,
2010 American Physiological Society Conference Inflammation, Immunity and Cardiovascular Disease, Aug. 2010.
106. Yoshitaka Kihira, Shuhei Tomita, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Basic fibroblast growth factor upregulates hypoxia inducible factor 1 and glucose transporter 1 in adipose cells,
The 16th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WorldPharma 2010), Copenhagen, Jul. 2010.
107. Soichiro Tajima, Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi, Toshiaki Tamaki and Koichiro Tsuchiya :
Deferoxamine, an iron chelator, promotes angiogenesis after ischemic hind limb through Akt-eNOS-dependent pathway,
The 6th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide, Jun. 2010.
108. Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Toshiaki Tamaki and Koichiro Tsuchiya :
Metabolism of quercetin in vivo and its protective effect against cardiovascular diseases,
2nd International On-Board Symposium: Human Health, Energy and Environment, May 2010.
109. Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Deferoxamine, an iron chelator, promotes angiogenesis after ischemic hind limb through Akt-eNOS-dependent pathway,
XX World Congress ISHR 2010 KYOTO, May 2010.
110. Toshiaki Tamaki, Kunihisa Yamaguchi, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Shuhei Tomita :
Amelioration of acute tubular necrosis in ischemic acute renal failure was impaired in mice lucking hypoxia inducible factor-1 gene,
ISN (International Society of Nephrology) nexus sympojium 2010, Apr. 2010.
111. Souichiro Tajima, Yasumasa Ikeda, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Kazuyoshi Kawazoe, Shuhei Tomita, Kazuo Minakuchi, Toshiaki Tamaki and Koichiro Tsuchiya :
Deferoxamine, an iron chelator, promotes angiogenesis after ischemic hind limb through Akt-eNOS-dependent pathway,
The 6th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide, Kyoto, Apr. 2010.
112. Koichiro Tsuchiya, Soichiro Tajima, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Yoshiyuki Yoshimura, Shuichi Hamano and Toshiaki Tamaki :
Effect of Angiotensin II on the intracellular labile iron concentration in HGECs,
16th Annual Meeting of the Society for Free Radical Biology and Medicine (SFRBM 2009), Nov. 2009.
113. Yoshihisa Takaishi, Yoshiki Kashiwada, Hashida Waka, Mikuchi Kousuke and Koichiro Tsuchiya :
FERULOYL MUCIC ACID DERIVATIVES AS SIRT1 STUMULATOR FROM CITRUS SUDACHI HORT. EX SHIRAI.,
50th Annual Meeting of the American Society of Pharmacognosy, Honolulu, Jun. 2009.
114. 田島 壮一郎, Koichiro Tsuchiya, Yuya Horinouchi, 石澤 啓介, 寺岡 和彦, 冨田 修平, 川添 和義, 芳地 一, Toshiaki Tamaki and 水口 和生 :
ANGIOTENSIN II INCREASED INTRACELLULAR LABILE IRON IN THE PRESENCE OF TRANSFERRIN IN HGEC,
Basic & Clinical Pharmacology & Toxicology, Vol.105, 127, 2009.
115. Kunihisa Yamaguchi, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya, Shuji Kondo, Shoji Kagami and Toshiaki Tamaki :
Hypoxia-Inducible Factor-1α ameliorates ischemic acute renal failure and has a relation with a recovery from acute tubular necrosis,
41th ASN annual meeting, Philadelphia, Nov. 2008.
116. Toshiaki Tamaki, Keisuke Ishizawa, Kunihisa Yamaguchi, Shuji Kondo, Shoji Kagami, Fukuhara Yayoi, Yuya Horinouchi and Koichiro Tsuchiya :
Nitoroso-nifedipine is a new class drug to protect kidney against oxidative stress,
41th ASN annual meeting, Philadelphia, Nov. 2008.
117. Yuya Horinouchi, Koichiro Tsuchiya, 石澤 啓介, 田島 壮一郎, 元林 有紀, 山口 邦久, 川添 和義, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
Endothelial cell protective activity of nitorosonifedipine,
Biomedical Redox Navigation (EPR2008), Fukuoka, Sep. 2008.
118. Koichiro Tsuchiya, Soichiro Tajima, Mai Hamamoto, Hideki Ohnishi, Yuki Motobayashi, Yuya Horinouchi, Kunihisa Yamaguchi, Keisuke Ishizawa, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
Effect of angiotensin II on iron (II) turnover in HGEC,
Biomedical Redox Navigation (EPR2008), Fukuoka, Sep. 2008.
119. Yuya Horinouchi, Koichiro Tsuchiya, Keisuke Ishizawa, Soichiro Tajima, Yuki Motobayashi, Kunihisa Yamaguchi, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
Endotherial cell protective activity of nitrosonifedipine,
Biomedical Redox Navigation (EPR2008), Fukuoka, Sep. 2008.
120. Toshiaki Tamaki, Kunihisa Yamaguchi, Narantungalag Dorjsuren, Yayoi Fukuhara, Yuya Horinouchi, Yuki Motobayashi, Koichiro Tsuchiya and Keisuke Ishizawa :
Olmesartan inhibits the TNF-α-induced cytotoxicity in human glomerular endothelial cells,
ISN Nexus Symposium on Diabetes & the Kidney, Dublin, Jun. 2008.
121. Keisuke Ishizawa, Narantungalag Dorjsuren, Yuki Izawa-Ishizawa, Teppei Tsuneishi, Yuki Motobayashi, Hideki Ohnishi, Kunihisa Yamaguchi, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Inhibitory effects of olmesartan on TNF-α-induced cytotoxicity in human glomerular endothelial cells,
40th ASN annual meeting, San Francisco, Nov. 2007.
122. Koichiro Tsuchiya, Satoshi Iwanaga, Hideki Ohnishi, Yayoi Fukuhara, Chiaki Taoka, Soichiro Tajima, Yuya Horinouchi and Toshiaki Tamaki :
In vivo and in vitro studies on NO formation from iron-quercetin-nitrite complexes,
Second International Role of Nitrite in Physiology, Pathophysiology and Therapeutics Meeting, Bethesda, Maryland, Sep. 2007.
123. Keisuke Ishizawa, Erika Miki, Arisa Hironaga, Koichiro Tsuchiya, Maki Urushihara, Shoji Kagami and Toshiaki Tamaki :
Angiotensin II receptor blocker inhibits PDGF-induced cell migration in rat mesangial cells,
39th ASN annual meeting 2006, San Diego, Nov. 2006.
124. Koichiro Tsuchiya, Yuya Horinouchi, Yasuhisa Kanematsu, Shinji Abe, Hideki Ohnishi, Soichiro Tajima, Keisuke Ishizawa, Toshiaki Tamaki and Yoshiharu Takiguchi :
Production of nitrosonifedipine radical from nifedipine and its antioxidative activity in cultured cells,
13th annual meeting of society of free radical and biology of medicine, Denver, Nov. 2006.
125. Hideki Ohnishi, Koichiro Tsuchiya, Yasuhisa Kanematsu, Shinji Abe, Soichiro Tajima and Toshiaki Tamaki :
Effects of quercetin on NO production from nitrite at physiological conditions,
20th Scientific Meeting of the International Soiciety of Hypertension, Fukuoka, Japan, Oct. 2006.
126. Koichiro Tsuchiya, Yasuhisa Kanematsu, Keisuke Ishizawa, Shinji Abe, Hideki Ohnishi, Soichiro Tajima, Kazuyoshi Kawazoe, Yoshiharu Takiguchi and Toshiaki Tamaki :
Dietary nitrite is an alternative source of NO in vivo,
International Society for Radical Research 13th Biennial Congress, Davos, Switzerland, Aug. 2006.
127. Kenji Fukuzawa, Akira Shibata, Koichiro Tsuchiya, Akira Tokumura, H. Ichikawa and Jansuz M. Gebicki :
Colored complex of ferric-xylenol orange/phosphatidylcholine vesicle in the Fox assay,
XIII the Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, Davos, Aug. 2006.
128. Toshiaki Tamaki, Yasuhisa Kanematsu, Yuki Izawa, Hideki Ohnishi, Yuki Motobayashi, Shoji Kagami and Koichiro Tsuchiya :
Chronic oral administration of nitrite restores circulating NO level and improves renal injury in L-NAME treated rats,
38th ASN annual meeting, Philadelphia, Nov. 2005.
129. Keisuke Ishizawa, Rika Sugimoto, Yuki Izawa, Koichiro Tsuchiya, Kazuo Minakuchi and Toshiaki Tamaki :
The inhibitory effect of adiponectin on migration and proliferation induced by PDGF in rat mesangial cells,
38th ASN annual meeting, Philadelphia, Nov. 2005.
130. Soichiro Tajima, Koichiro Tsuchiya, Hideki Ohnishi, Yasuhisa Kanematsu, Masanori Yoshizumi, Toshiaki Tamaki, Mason P. Ronald and Yoshiharu Takiguchi :
Immunochemical Dection of Thioredoxin-Derived Radicals Formed by Reaction with Hydrogen Peroxide,
EPR 2005, Columbus, OH, Sep. 2005.
131. Koichiro Tsuchiya, Kaori Akai, Akira Tokumura, Shinji Abe, Toshiaki Tamaki, Yoshiharu Takiguchi and Kenji Fukuzawa :
Oxygen Radicals Photo-induced by Ferric Nitrilotriacetate(FE-NTA) Complex,
EPR 2005, Columbus, OH, Sep. 2005.
132. Keisuke Ishizawa, Rika Sugimoto, Yuki Izawa, Kazuo Minakuchi, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Adiponectin inhibits PDGF-induced migration and proliferation in rat mesangial cells,
第10回アディポサイエンス研究会シンポジウム(第10回記念国際シンポジウム), Osaka, Aug. 2005.
133. Toshiaki Tamaki, Masumi Okamoto, Yasuhisa Kanematsu, Yuki Izawa, Shoji Kagami, Shuji Kondo, Masanori Yoshizumi and Koichiro Tsuchiya :
Dietary dose of nitrite attenuates L-NAME-induced renal injury in rats,
3rd World Congress of Nephrology, Singapore, Jun. 2005.
134. Masanori Yoshizumi, Keisuke Ishizawa, Yuki Izawa, Chieko Miki, Yoshiko Fujita, Yasuhisa Kanematsu, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Aldosterone stimulates vascular smooth muscle cell proliferation through big mitogen-activated protein kinase1 activation,
16th scientific meeting of the interamerican society of hypertension, Cancun, Mexico, Apr. 2005.
135. Toshiaki Tamaki, Masumi Okamoto, Yasuhisa Kanematsu, Yuki Izawa, Shoji Kagami, Shuji Kondo, Maki Shimizu, Masanori Yoshizumi and Koichiro Tsuchiya :
Nitrite-derived nitric oxide formation following ischemia-reperfusion injury in rat kidney,
37th ASN annual meeting, St. Louis, MO, Oct. 2004.
136. Shuji Kondo, Maki Shimizu, Koichiro Tsuchiya, Masanori Yoshizumi, Toshiaki Tamaki, Hiroshi Kawachi, Fujio Shimizu, Quinn T Mark, Lambeth J David, Yasuhiro Kuroda and Shoji Kagami :
Add-on the antioxidant, probucol to angiotensin II type I receptor antagonist (ARB) arrests the progressive,
St. Louis, MO, Oct. 2004.
137. Shuji Kondo, M Shimizu, Koichiro Tsuchiya, Masanori Yoshizumi, Toshiaki Tamaki, H Kawachi, F Shimizu, Quinn MT, Lambeth DJ, Yasuhiro Kuroda and Shoji Kagami :
Add-On the antioxidant,probucol to angiotensin 2 Type I receptor antagonist (ARB) arrests the progressive glomerulonephritis (GN) in the rat,
37th Annual meeting of American Society of Nephrology, St. Louis, 2004.
138. M Hattori, Y Kobayashi, H Chikamoto, Koichiro Tsuchiya, S Gao, N Kobayashi, Shoji Kagami, P Mundel and K Ito :
Induction of integrin-linked kinase (ILK) in mouse cultured podocytes after stimulation with plasma from recurrent-focal degmental glomerulosclerosis patients,
36th Annual meeting of American Society of Nephrology, San Diego, 2003.
139. Toshiaki Tamaki, K Kirima, Masato Okamoto, S. Kondo, Shoji Kagami, Masanori Yoshizumi and Koichiro Tsuchiya :
Oral nitrite increases the blood oxide and protects L-NAME-induced renal injury in rats,
36th Annual meeting of American Society of Nephrology, San Diego, 2003.

国内講演発表:

1. 村田 梨菜, 村上 圭史, 廣島 佑香, 土屋 浩一郎, 片岡 佳子, 藤猪 英樹 :
緑膿菌における抗菌薬添加によるスーパーオキシドの発生について,
第73回日本細菌学中国・四国支部総会, 22, 2020年10月.
2. 池田 康将, 濱野 裕章, 堀ノ内 裕也, 合田 光寛, 座間味 義人, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎 :
シスプラチン腎障害における鉄依存性細胞死の検討,
第93回日本薬理学会年会, 2020年3月.
3. Licht Miyamoto, Yuko Yagi, Aya Hatano, Yasumasa Ikeda, Shinji Abe, Toshiaki Tamaki and Koichiro Tsuchiya :
Chronic exposure to hypoxia facilitates chemotherapy sensitivity with downregulation of MDR1,
日本薬理学会, Mar. 2020.
4. 村上 圭史, 村田 梨菜, 土屋 浩一郎, 片岡 佳子, 藤猪 英樹 :
緑膿菌における抗菌薬添加による酸化ストレスについて,
第54回緑膿菌感染症研究会, 2020年2月.
5. 濱野 裕章, 池田 康将, 合田 光寛, 福島 圭穣, 岸 誠司, 武智 研志, 中馬 真幸, 座間味 義人, 堀ノ内 裕也, 宮本 理人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
シスプラチン誘発性腎障害を予防する既存薬物の同定,
第260回徳島医学会学術集会(令和元年度冬期), 2020年2月.
6. 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 濱野 裕章, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
シスプラチン腎障害における鉄依存性細胞死の検討,
第29回日本循環薬理学会/第55回高血圧関連疾患モデル学会 合同学会, 2019年11月.
7. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 濱野 裕章, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎不全関連サルコペニアにおける鉄代謝異常,
第6回日本サルコペニア・フレイル学会大会, 2019年11月.
8. 高橋 千明, 宮本 理人, 高橋 梨恵, 曽根 翼, 武智 研志, 宮武 由実子, 阪上 浩, 土屋 浩一郎 :
脳内グリコーゲンによる代謝調節効果の検討,
第58回 中国四国支部学術大会, 2019年11月.
9. 近藤 友宏, 宮本 理人, 福田 恵介, 高橋 梨恵, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
スダチ果皮香気成分由来物質による糖脂質代謝の影響,
第58回 中国四国支部学術大会, 2019年11月.
10. 曽根 翼, 宮本 理人, 土橋 有希, 保岡 尭, 増田 栞, 末次 璃子, 土屋 浩一郎 :
妊娠期概日リズム障害時の育児行動と仔の表現型,
第58回 中国四国支部学術大会, 2019年11月.
11. 宮本 理人, Suguru Nakayama, Aya Hatano, Mana Hattori, Haruka Inoue, 土屋 浩一郎 :
α-TC細胞における糖輸送を介したグルカゴン分泌の調節機構とSGLT2,
日本肥満学会, 2019年11月.
12. 定作 奈津美, 高橋 志門, 武智 研志, 中馬 真幸, 合田 光寛, 座間味 義人, 石澤 有紀, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 :
ビッグデータを活用した新規抗てんかん薬の検討,
第29回日本医療薬学会年会, 2019年11月.
13. 中馬 真幸, 合田 光寛, 新村 貴博, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 有紀, 濱野 裕章, 石田 俊介, 新村 貴博, 近藤 正輝, 坂東 貴司, 岡田 直人, 福島 圭穣, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 楊河 宏章, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニング手法を用いたバンコマイシン関連腎障害の予防薬探索とその有用性の検討,
第13回日本腎臓病薬物療法学会学術集会・総会, 2019年11月.
14. Licht Miyamoto, Keisuke Fukuta, Kondo Tomohiro and Koichiro Tsuchiya :
Fragrance of aromatic oil from peels of Citrus sudachi evokes browning of adipose tissue, improving glucose and lipid metabolism,
内藤カンファレンス, Oct. 2019.
15. 髙橋 千明, 宮本 理人, 土屋 浩一郎 :
脳内グリコーゲンによる代謝調節効果の検討,
第 26 回市大フォーラム, 2019年8月.
16. 友成 奈央実, 宮本 理人, 土屋 浩一郎 :
肝臓における食後 AMPK 活性制御メカニズムの解明,
第 26 回市大フォーラム, 2019年8月.
17. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 合田 光寛, 武智 研志, 中馬 真幸, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を用いたニコランジルの心肺停止後予後改善効果の検討,
医療薬学フォーラム2019/第27回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2019年7月.
18. 定作 奈津美, 高橋 志門, 武智 研志, 中馬 真幸, 合田 光寛, 座間味 義人, 石澤 有紀, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 :
大規模医療情報データベースを活用した新規抗てんかん薬の探索研究,
医療薬学フォーラム2019/第27回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2019年7月.
19. 合田 光寛, 斉家 和仁, 前川 晃子, 神田 将哉, 吉田 愛美, 村井 陽一, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 武智 研志, 濱野 裕章, 岡田 直人, 福島 圭穣, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 楊河 宏章, 石澤 啓介 :
医療ビッグデータを活用したシスプラチン誘発腎障害に対する新規予防薬の探索とその有効性の検証,
第4回中四国臨床薬理学会, 2019年7月.
20. 宮本 理人, Suguru Nakayama, Aya Hatano, Mana Hattori, Haruka Inoue, 土屋 浩一郎 :
α-TC細胞におけるグルカゴン分泌調節の分子機構とSGLT2,
日本糖尿病学会, 2019年5月.
21. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 合田 光寛, 武智 研志, 中馬 真幸, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 :
医療ビッグデータ解析と基礎研究を融合した薬剤性副作用の機序解明および治療薬の開発,
第29回日本医療薬学会年会 シンポジウム13, 2019年3月.
22. 近藤 正輝, 今西 正樹, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 石澤 有紀, 合田 光寛, 座間味 義人, 武智 研志, 中馬 真幸, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 :
キサンチンオキシダーゼ阻害剤による新規血管線維化抑制機構の検討,
日本薬学会第139年会 大学院生シンポジウムGS03, 2019年3月.
23. 宮本 理人, 阿部 真治, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎 :
分岐鎖オリゴグリセロールを用いた難水溶性化合物の親水化技術と医薬品への応用,
日本薬学会第139年会シンポジウム 「薬学に革新をもたらす最先端技術の世界 ∼基礎研究から臨床まで∼」, 2019年3月.
24. 宮本 理人, Nakayama Suguru, Hatano Aya, Hattori Mana, Inoue Haruka, 土屋 浩一郎 :
α-TC細胞におけるグルカゴン分泌の分子制御機構とSGLT2の意義,
日本薬学会年会, 2019年3月.
25. 土橋 有紀, 宮本 理人, 庄野 正行, 土屋 浩一郎 :
加圧培養環境下における 3T3-L1細胞分化誘導への影響,
日本薬学会第139年会, 2019年3月.
26. 宮本 理人, 土屋 浩一郎 :
「徳島特有の香酸柑橘,スダチによる代謝改善作用の分子機構」 第92回日本薬理学会年会シンポジウム「ユニークな天然物資源を活かした,地域産業,国際化,医療に貢献する薬理学研究」,
第92回日本薬理学会年会シンポジウム「ユニークな天然物資源を活かした,地域産業,国際化,医療に貢献する薬理学研究」, 2019年3月.
27. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 濱野 裕章, 今西 正樹, 福島 圭穣, 合田 光寛, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎不全関連骨格筋萎縮における鉄代謝異常,
第92回日本薬理学会年会, 2019年3月.
28. 池田 康将, 佐藤 明穂, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄蓄積は骨格筋分化を抑制する,
第92回日本薬理学会年会, 2019年3月.
29. 宮本 理人, Nakayama Suguru, Hatano Aya, Hattori Mana, Inoue Haruka, 池田 康将, 土屋 浩一郎 :
Significance of SGLT2 in glucagon secretion from α-TC cells,
日本薬理学会, 2019年3月.
30. 土橋 有紀, Licht Miyamoto, Masayuki Shono and Koichiro Tsuchiya :
The effect of pressure culture on the differentiation of 3T3-L1 preadipocyte,
第92回日本薬理学会年会, Mar. 2019.
31. 土屋 浩一郎 :
徳島県の後発医薬品普及に向けた課題と取り組み,
平成30年度日本社会薬学会四国支部例会, 2019年3月.
32. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 渡邉 大晃, 濱野 裕章, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
マクロファージフェリチン欠損は肥満・糖尿病における脂肪炎症を抑制する,
第48回日本心脈管作動物質学会, 2019年2月.
33. 藤本 望, 村田 梨菜, 村上 圭史, 藤猪 英樹, 宮本 理人, 井上 貴久, 土屋 浩一郎, 池田 康将, 石澤 有紀, 濱野 修一 :
唾液中の硝酸イオンが口腔細菌に与える影響について·,
第42回徳島県医学検査学会, 2018年12月.
34. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 齊藤 広海, 今西 正樹, 武智 研志, 中馬 真幸, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 :
大規模医療情報データベースおよび遺伝子発現データベースを活用した薬剤性心筋炎に対する予防薬の探索,
第28回日本医療薬学会年会 シンポジウム, 2018年11月.
35. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 濱野 裕章, 今西 正樹, 石澤 有紀, 座間味 義人, 武智 研志, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
リアルワールドビッグデータを活用した新規腎保護薬の探索,
第28回日本医療薬学会年会, 2018年11月.
36. 大西 伶奈, 宮本 理人, 友川 剛己, 竹之熊 和也, 土屋 浩一郎 :
CaffeineによるAMPK活性調節メカニズムの検討,
第134回 日本薬理学会近畿部会, 2018年11月.
37. 桂 明里, 宮本 理人, 服部 真奈, 津田 勝範, 森崎 実友, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎 :
青黛含有成分による細胞増殖活性の検討,
第134回日本薬理学会近畿部会, 2018年11月.
38. 井上 陽加, 宮本 理人, 服部 真奈, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
亜硝酸塩による脂肪組織への抗肥満的な影響,
第134回日本薬理学会近畿部会, 2018年11月.
39. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 濱野 裕章, 今西 正樹, 福島 圭穣, 合田 光寛, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎不全関連サルコペニアにおける鉄の関与,
第134回日本薬理学会近畿部会, 2018年11月.
40. 保岡 尭, 宮本 理人, 曽根 翼, 増田 栞, 土橋 有希, 土屋 浩一郎 :
妊娠期概日リズムと仔の表現型の関係の検討,
第57回 中国四国支部学術大会, 2018年11月.
41. 中山 卓, 宮本 理人, 服部 真奈, 井上 陽加, 土屋 浩一郎 :
α-TCのグルカゴン分泌におけるSGLT2阻害薬の影響,
第57回 中国四国支部学術大会, 2018年11月.
42. 斉家 和仁, 合田 光寛, 伊勢 諒, 新村 貴博, 石澤 有紀, 座間味 義人, 中馬 真幸, 岡田 直人, 武智 研志, 今西 正樹, 池田 康将, 演野 裕章, 堀ノ内 裕也, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 :
シスプラチン誘発腎障害に対する脂質異常症治療薬の影響,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月.
43. 中山 卓, 宮本 理人, 服部 真奈, 井上 陽加, 土屋 浩一郎 :
α-TCのグルカゴン分泌におけるSGLT2阻害剤の影響,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月.
44. 生藤 来希, 今西 正樹, 山川 祐介, 福島 圭穣, 前川 晃子, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 合田 光寛, 座間味 義人, 武智 研志, 中馬 真幸, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎 :
大腸がん増大におけるがん関連線維芽細胞由来ERKSの役割,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月.
45. 保岡 尭, 宮本 理人, 土橋 有紀, 曽根 翼, 増田 栞, 土屋 浩一郎 :
妊娠期概日リズムと仔の表現型の関係性,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月.
46. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 渡邉 大晃, 濱野 裕章, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 座間味 義人, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
マクロファージ鉄の肥満・糖尿病における役割 第42回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会 2018/9/2 石川県 金沢医科大学病院北辰講堂,
第42回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2018年9月.
47. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 合田 光寛, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を活用した新規心肺蘇生後脳症治療薬の探索,
第29回霧島神経薬理フォーラム, 2018年8月.
48. 井上 陽加, 宮本 理人, 土屋 浩一郎 :
マウスにおける亜硝酸塩の脂肪組織への影響,
第25回市大フォーラム, 2018年8月.
49. 座間味 義人, 新村 貴博, 石澤 有紀, 武智 研志, 今西 正樹, 中馬 真幸, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介 :
医療情報データベースを活用した抗がん剤誘発副作用に対する予防薬の探索研究,
第21回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2018年7月.
50. 宮本 理人, 梅本 果奈, 上島 沙弥香, 友成 奈央実, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
食後の末梢組織における代謝調節を担う新たなAMPKの活性調節機構,
日本糖尿病学会, 2018年5月.
51. 土屋 浩一郎, 宮本 理人, 濱野 修一, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 玉置 俊晃, 津田 勝範 :
抗マラリア薬artesunateからの鉄依存活性酸素生成メカニズムの検討,
第71回日本酸化ストレス学会,第18回日本NO学会 合同学術集会, 2018年5月.
52. 宇都 義浩, 勝占 華世, 楠橋 由貴, 山田 久嗣, 土屋 浩一郎, 大崎 智弘, 中島 元夫, 石塚 昌宏, 田中 徹, 山中 信康, 倉橋 司 :
ESR法を用いたALA-SDTの抗腫瘍作用機序の解析,
第8回ポルフィリン‐ALA学会年会, 2018年4月.
53. 座間味 義人, 三井 茉綸, 石澤 有紀, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 福島 圭穣, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを活用したベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
54. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニング手法を用いた心肺蘇生後脳症治療薬の探索,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
55. Licht Miyamoto, 梅本 果奈, 上島 沙弥香, 友成 奈央実, 保岡 尭, 中山 卓, 桂 明里, 大西 怜奈, 井上 陽加, 土橋 有希 and Koichiro Tsuchiya :
食事と身体運動による代謝制御のクロストークの場としてのAMPK,
第138回日本薬学会, Mar. 2018.
56. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 濱野 裕章, 今西 正樹, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
大規模医療情報データベース解析と基礎研究の融合による新規腎保護薬の探索,
第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月.
57. 今西 正樹, 近藤 正輝, 田中 恭平, 生藤 来希, 村井 陽一, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
Febuxostatの尿酸合成抑制作用とは独立した血管線維化抑制機構の解明,
第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月.
58. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を活用した心肺停止患者に対するニコランジルの有効性に関する検討,
第256回 徳島医学会学術集会(平成29年度冬期), 2018年2月.
59. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 今西 正樹, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
第Xa因子阻害剤の腎保護効果,
第47回日本心脈管作動物質学会, 2018年2月.
60. 宮本 理人, 梅本 果奈, 上島 沙弥香, 友成 奈央実, 土橋 有希, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
食後生じるAMPKの新たな翻訳後修飾を介した代謝制御機構,
心脈管作動物質学会, 2018年2月.
61. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 福島 圭穣, 今西 正樹, 石澤 有紀, 座間味 義人, 藤野 裕道, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
第Xa因子阻害薬の腎保護効果,
第10回 心・血管クラスター・ミニリトリート, 2017年.
62. 別所 将弘, 村上 圭史, 藤猪 英樹, 津田 勝範, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 池田 康将, 玉置 俊晃, 濱野 修一 :
Actinomyces spp. による硝酸イオンの還元と生理作用の検討,
第41回徳島県医学検査学会, 2017年12月.
63. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を用いて新規心肺蘇生後症候群治療薬の開発を志向したドラッグリポジショニング研究,
第38回日本臨床薬理学会学術総会, 2017年12月.
64. 座間味 義人, 石澤 有紀, 新村 貴博, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
臨床薬理学集中講座修了後の研究活動∼大規模医療情報を活用したドラッグリポジショニング研究を中心に∼,
第38回日本臨床薬理学会学術総会 臨床薬理学集中講座フォローアップ・セミナー, 2017年12月.
65. 渡邉 大晃, 池田 康将, 濱野 裕章, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
肥満・糖尿病におけるマクロファージ鉄制御機構の検討,
第132回日本薬理学会近畿部会, 2017年11月.
66. 山口 佳津騎, 阿部 武由, 竹内 敏己, 渡邊 政博, 土屋 浩一郎, 猪川 和朗, 福岡 憲泰, 加地 雅人, 田中 裕章, 朝倉 正登, 小坂 信二, 芳地 一 :
アルベカシンのCpeak 到達時間の予測 ∼モンテカルロシミュレーションによる検討∼,
第27回日本医療薬学会年会・講演要旨集, 1288, 2017年11月.
67. 新村 貴博, 座間味 義人, 小山 敏広, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニングを切り口とした心肺蘇生後症候群治療薬の探索研究,
第27回日本医療薬学会年会, 2017年11月.
68. 座間味 義人, 小山 敏広, 石澤 有紀, 新村 貴博, 今西 正樹, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 桐野 靖, 中村 敏己, 寺岡 和彦, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を活用して心肺停止患者の生存率向上を志向したドラッグリポジショニング研究,
第27回日本医療薬学会年会, 2017年11月.
69. 三井 茉綸, 座間味 義人, 石澤 有紀, 新村 貴博, 武智 研志, 今西 正樹, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを基にしたベバシズマブと相互作用を起こす薬剤の探索研究,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
70. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
心肺停止患者の予後に与えるニコランジルの影響-大規模レセプト情報を用いた検討,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
71. 漆崎 汐里, 座間味 義人, 石澤 有紀, 新村 貴博, 武智 研志, 今西 正樹, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
大規模医療情報を活用して新規心肺蘇生後症候群治療薬の開発を志向したドラッグリポジショニング研究,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
72. 細井 麻由, 宮本 理人, 川崎 彩, 芳野 真奈, 土屋 浩一郎 :
交感神経系刺激による肝臓の糖脂質代謝制御におけるAMPKの意義,
第56回 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
73. 芳野 真奈, 宮本 理人, 山岡 朋美, 細井 麻由, 森崎 巧也, 安養寺 啓太央, 重永 章, 大髙 章, 土屋 浩一郎 :
骨格筋培養細胞でのレプチン作用におけるSIRT1の役割,
第56回 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
74. 鍵本 優有, 石澤 有紀, 細岡 真由子, 斎藤 尚子, 鈴木 琴子, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 座間味 義人, 武智 研志, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
急性大動脈解離易発症マウスにおけるquercetinの効果,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
75. 田中 恭平, 今西 正樹, 近藤 正輝, 生藤 来希, 村井 陽一, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
フェブキソスタットの尿酸合成抑制剤作用とは独立した血管線維化抑制作用の検討,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
76. 渡邊 大晃, 池田 康将, 濱野 裕章, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
肥満・糖尿病におけるマクロファージ鉄の役割の検討,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
77. Licht Miyamoto, 梅本 果奈, 上島 沙弥香, 友成 奈央実, 土橋 有希, 井上 貴久, 許 文婷, 津田 勝範 and Koichiro Tsuchiya :
食と運動による代謝制御のクロスロードとしての新たなAMPK活性制御機構,
第38回日本肥満学会, Oct. 2017.
78. 佐藤 智恵美, 阿部 真治, 土屋 浩一郎, 久米 哲也 :
改訂コアカリキュラムに提示された「代表的な疾患」に関する実習状況と今後の課題,
第56回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会学術大会中国四国支部大会, 2017年10月.
79. 近藤 友宏, Licht Miyamoto and Koichiro Tsuchiya :
The essential oil from Sudachi peal improves glucose and lipid metabolism,
2017 Tokushima Bioscience Retreat, Sep. 2017.
80. 芳野 真奈, Licht Miyamoto and Koichiro Tsuchiya :
The role of SIRT1 in regulation of C2C12 myotube metabolism by leptin,,
2017 Tokushima Bioscience Retreat, Sep. 2017.
81. 濱野 裕章, 池田 康将, 渡邉 大晃, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎臓病における尿毒素蓄積によるヘプシジン制御と鉄代謝破綻のメカニズムの解明,
第41回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2017年9月.
82. 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 濱野 裕章, 平山 祐, 岸 誠司, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 啓介, 粟飯原 賢一, 永澤 秀子, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄摂取制限による尿細管間質障害の抑制効果の検討,
第41回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2017年9月.
83. 宮本 理人, 梅本 果奈, 上島 沙弥香, 友成 奈央実, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
食後のエネルギー代謝調節を担うAMPK活性制御機構,
次世代を担う創薬医療薬理シンポジウム2017, 2017年8月.
84. 宮本 理人, 梅本 果奈, 上島 沙弥香, 友成 奈央実, 土橋 有希, 井上 貴久, 許 文婷, 津田 勝範, 土屋 浩一郎 :
食後のエネルギー代謝調節を担うAMPK活性制御機構,
生体機能と創薬シンポジウム, 2017年8月.
85. 濱野 裕章, 池田 康将, 渡邊 大晃, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎不全における尿毒素蓄積はヘプシジンを介した鉄代謝恒常性破綻に関与する,
大阪市大フォーラム, 2017年8月.
86. 座間味 義人, 石澤 有紀, 桐野 靖, 三井 茉綸, 漆崎 汐里, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを切り口としたベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究,
医療薬学フォーラム2017 第25回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2017年8月.
87. 新村 貴博, 座間味 義人, 石澤 有紀, 今西 正樹, 武智 研志, 福島 圭穣, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
心肺蘇生後症候群治療薬の開発を目的としたドラッグリポジショニング研究-大規模医療情報を活用した検討-,
第255回 徳島医学会学術集会, 2017年8月.
88. 細井 麻由, 宮本 理人, 土屋 浩一郎 :
AMPKを介した交感神経系刺激による 肝臓の糖代謝制御の検討,
第3回徳島大学薬理カンファレンス, 2017年7月.
89. 服部 真奈, 宮本 理人, 土屋 浩一郎 :
亜硝酸塩がグルカゴン分泌に与える影響の検討,
第3回徳島大学薬理カンファレンス, 2017年7月.
90. 座間味 義人, 石澤 有紀, 桐野 靖, 三井 茉綸, 漆崎 汐里, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを切り口としたベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究,
医療薬学フォーラム2017 第25回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2017年7月.
91. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 今西 正樹, 座間味 義人, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
経口FXa阻害剤の腎線維化抑制効果,
医療薬学フォーラム2017 第25回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2017年7月.
92. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
第Xa因子阻害剤は腎間質線維化を抑制する,
第131回 日本薬理学会近畿部会, 2017年6月.
93. 濱野 裕章, 池田 康将, 渡邊 大晃, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
インドキシル硫酸蓄積はヘプシジン制御を介して鉄代謝恒常性破綻に関与する,
第131回 日本薬理学会近畿部会, 2017年6月.
94. 濱野 裕章, 池田 康将, 渡邉 大晃, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
インドキシル硫酸はヘプシジンを介した鉄代謝異常に関与する,
第60回日本腎臓学会学術総会, 2017年5月.
95. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
FXa阻害剤は腎間質線維化を抑制する,
第60回日本腎臓学会学術総会, 2017年5月.
96. Licht Miyamoto, Aihara Haruna, Xu Wenting, Jin Meina, Tomida Yosuke, Yamaoka Tomomi, Tanaka Naonobu, Yasumasa Ikeda, Toshiaki Tamaki, Yoshiki Kashiwada and Koichiro Tsuchiya :
A limonene-derivative purified from Sudachi peel upregulates sirt1 and improves lipid /glucose metabolism in HFD-fed mice.,
第60回日本糖尿病学会, May 2017.
97. 三井 茉綸, 座間味 義人, 石澤 有紀, 漆崎 汐里, 桐野 靖, 斉家 和仁, 森口 浩史, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを基にしたベバシズマブの抗腫瘍効果を減弱させる薬剤の探索研究,
日本薬学会 第137年会, 2017年3月.
98. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
FXa 阻害剤の片側尿管結紮モデルマウスにおける腎間質線維化抑制作用,
日本薬学会 第137年会, 2017年3月.
99. 生藤 来希, 今西 正樹, 田中 恭平, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
アンジオテンシンII 誘発性血管リモデリングに対するキサンチンオキシダーゼ阻害剤の影響,
日本薬学会 第137年会, 2017年3月.
100. 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Xa因子阻害薬は一側尿管結紮誘導性腎線維化を抑制する,
第90回日本薬理学会年会, 2017年3月.
101. 今西 正樹, 田中 恭平, 生藤 来希, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
フェブキソスタットはアンジオテンシンII誘発性大動脈線維化を抑制する,
第90回日本薬理学会年会, 2017年3月.
102. Masaki Imanishi, 田中 恭平, 生藤 来希, Yoshito Zamami, Kenshi Takechi, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Hiromichi Fujino, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
フェブキソスタットはアンジオテンシンII誘発性大動脈繊維化を抑制する,
第90回日本薬理学会年会(長崎), Mar. 2017.
103. 石澤 有紀, 細岡 真由子, 齊藤 尚子, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 座間味 義人, 武智 研志, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介, 玉置 俊晃 :
ケルセチンの内皮保護作用を介したマウス大動脈解離発症に対する効果,
第90回日本薬理学会年会, 2017年3月.
104. 宮本 理人, 友川 剛己, 松田 裕樹, 山根 萌, 服部 真奈, 大西 怜奈, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
身体運動時に生じる骨格筋代謝状態の変化における,中枢性調節機構の意義,
第90回日本薬理学会年会, 2017年3月.
105. 宮本 理人, 土屋 浩一郎 :
創薬と薬物治療からみた糖尿病治療標的としてのSGLT グルコース共輸送体SGLTを介した種々の生理作用と創薬の可能性,
日本薬学会第137年会シンポジウムS44, 2017年3月.
106. 土屋 浩一郎, 池田 康将, 石澤 有紀, 堀ノ内 裕也, 宮本 理人, 玉置 俊晃 :
鉄ストレスと代謝性疾患-鉄ストレスによる疾患と,鉄ストレスによる治療,
日本薬学会第137年会, 2017年3月.
107. 佐藤 智恵美, 阿部 真治, 岡田 直人, 土屋 浩一郎, 川添 和義 :
薬物療法における実践的能力育成に向けたルーブリック評価の活用,
日本薬学会第137年会(仙台), 2017年3月.
108. 座間味 義人, 石澤 有紀, 桐野 靖, 三井 茉綸, 漆崎 汐里, 斉家 和仁, 森口 浩史, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
有害事象自発報告データベースを切り口としたベバシズマブと相互作用を起こす薬剤の探索研究,
第46回日本心脈管作動物質学会年会, 2017年2月.
109. 今西 正樹, 田中 恭平, 生藤 来希, 座間味 義人, 武智 研志, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
Angiotensin II誘発性血管リモデリングに対するfebuxostatの効果,
第46回日本心脈管作動物質学会, 2017年2月.
110. 宮本 理人, 友川 剛己, 松田 裕樹, 山根 萌, 服部 真奈, 大西 伶奈, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎, 土屋 浩一郎 :
身体運動時に生じる骨格筋代謝状態の変化における,中枢を介した調節機構の意義,
第46回日本心脈管作動物質学会, 2017年2月.
111. 濱野 裕章, 池田 康将, 渡邉 大晃, 堀ノ内 裕也, 佐藤 明穂, 大島 啓亮, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎不全における尿毒素蓄積が生体内鉄代謝に与える影響の検討,
第46回日本心脈管作動物質学会, 2017年2月.
112. 石澤 有紀, 細岡 真由子, 斎藤 尚子, 鍵本 優有, 今西 正樹, 座間味 義人, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ケルセチンによるマウス大動脈解離発症予防効果の検討,
第46回日本心脈管作動物質学会年会, 2017年2月.
113. 友川 剛己, 宮本 理人, 松田 裕樹, 山根 萌, 服部 真奈, 大西 怜奈, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
水泳運動負荷時に生じる骨格筋AMPK活性化の新たなメカニズム,第46回日本心脈管作動物質学会年会,
2017年2月.
114. 宮本 理人, 土屋 浩一郎 :
香酸柑橘類研究ネットワークの事業化可能性調査,
中国四国農林水産食品先進技術研究会(岡山), 2017年1月.
115. 芳野 真奈, 宮本 理人, 土屋 浩一郎 :
Leptinによる骨格筋培養細胞での代謝制御作用におけるSIRT1の役割,
夏の生物系勉強会, 2017年.
116. 土橋 有希, 宮本 理人, 土屋 浩一郎 :
3T3-L1細胞の脂肪分化誘導に対する加圧刺激の影響,
夏の生物系勉強会, 2017年.
117. 土橋 有希, 宮本 理人, 土屋 浩一郎 :
3T3-L1脂肪前駆細胞の分化誘導に対する加圧刺激の影響,
第24回市大フォーラム, 2017年.
118. 寒川 裕未, 福榮 千花, 津田 勝範, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 池田 康将, 玉置 俊晃, 濱野 修一 :
Artesunateによる細胞傷害発現機序の解明1,
第40回 徳島県医学検査学会, 2016年12月.
119. 福榮 千花, 寒川 裕未, 津田 勝範, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 池田 康将, 玉置 俊晃, 濱野 修一 :
Artesunateによる細胞傷害発現機序の解明2,
第40回 徳島県医学検査学会, 2016年12月.
120. 石澤 有紀, 福永 豊, 西良 恵理子, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 座間味 義人, 武智 研志, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 橋本 一郎, 玉置 俊晃 :
ニトロソニフェジピンは虚血性皮弁モデルにおいて皮弁壊死を抑制する,
第26回日本循環薬理学会, 2016年12月.
121. 高橋 梨恵, 宮本 理人, 友川 剛己, 宮武 由実子, 阪上 浩, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
脳内グリコーゲンによる代謝調節効果の検討,
第130回日本薬理学会近畿部会, 2016年11月.
122. 福田 恵介, 宮本 理人, 高橋 梨恵, 玉置 俊晃, 池田 康将, 土屋 浩一郎 :
スダチ果皮芳香成分が糖脂質代謝に与える影響,
第130回日本薬理学会近畿部会, 2016年11月.
123. 細岡 真由子, 石澤 有紀, 斎藤 尚子, 今西 正樹, 座間味 義人, 宮本 理人, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
Quercetin による血管内皮細胞保護効果の検討,
第130回日本薬理学会近畿部会, 2016年11月.
124. 佐藤 明穂, 池田 康将, 濱野 裕章, 堀ノ内 裕也, 今尾 瑞季, 渡邊 大晃, 石澤 有紀, 宮本 理人, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
鉄欠乏が骨格筋に与える作用の検討,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月.
125. 梅本 果奈, 宮本 理人, 上島 沙弥香, 友川 剛己, 細井 麻由, 土屋 浩一郎 :
肝臓における食後AMPK活性抑制経路の解明,,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月.
126. 奥野 貴子, 宮本 理人, 高橋 梨恵, 土屋 浩一郎 :
大豆熱水抽出物の糖代謝に及ぼす影響の検討,第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会,
2016年11月.
127. 佐藤 智恵美, 阿部 真治, 岡田 直人, 石田 竜弘, 土屋 浩一郎, 大髙 章, 川添 和義 :
地域薬局における災害対策の現状と課題,
第55回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
128. 宮本 理人, 友川 剛己, 松田 裕樹, 山根 萌, 服部 真奈, 大西 伶奈, 土屋 浩一郎 :
身体運動時に生じる骨格筋AMPK活性化における中枢性代謝調節シグナルの関与,
日本肥満学会, 2016年10月.
129. 友川 剛己, 宮本 理人, 土屋 浩一郎 :
水泳運動時におけるAMPK活性機構の検討,
大学間連携事業評価委員会C, 2016年9月.
130. 福永 豊, 石澤 有紀, 堀ノ内 裕也, 池田 康将, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 橋本 一郎 :
虚血性皮弁壊死モデルにおける抗酸化薬ニトロソニフェジピンの壊死抑制効果,
第25回日本形成外科学会基礎学術集会, 2016年9月.
131. 阿部 真治, デニス ウィリアムズ, 佐藤 智恵美, 岡田 直人, 土屋 浩一郎, 川添 和義 :
ビデオ会議システムを用いた米国薬学部学生との症例検討会実施の試み,
第1回日本薬学教育学会, 2016年8月.
132. 三井 茉綸, 座間味 義人, 漆崎 汐里, 斉家 和仁, 森口 浩史, 武智 研志, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 宮本 理人, 石澤 有紀, 池田 康将, 藤野 裕道, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
ドラッグリポジショニングを切り口としたベバシズマブ誘発高血圧に対する予防薬の探索研究,
第27回霧島神経薬理フォーラム(福岡), 2016年8月.
133. 奥野 貴子, 宮本 理人, 土屋 浩一郎 :
大豆熱水抽出物の薬理学的作用の検討,第253回徳島医学会,
2016年7月.
134. 宮本 理人, 秦野 彩, 竹之熊 和也, 土橋 有希, 矢野 友章, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
速効型インスリン分泌促進薬とSGLT2阻害薬の併用による薬効の検討,
第129回日本薬理学会近畿部会, 2016年6月.
135. 石澤 有紀, 細岡 真由子, 斎藤 尚子, 堀ノ内 裕也, 今西 正樹, 座間味 義人, 池田 康将, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ケルセチン代謝産物Q3GAの血管内皮膚細胞に対する短期及び長期効果の検討,
第129回日薬理学会学会近畿部会( 広島), 2016年6月.
136. 池田 康将, 佐藤 明穂, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
骨格筋分化における鉄の役割,
第129回日薬理学会学会近畿部会 (広島), 2016年6月.
137. 池田 康将, 大島 啓亮, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄は低酸素誘導因子を抑制してエリスロポエチン発現を低下させる,
第59回日本腎臓学会学術総会, 2016年6月.
138. 宮本 理人, 粟飯原 遥菜, 許 文婷, 靳 美娜, 冨田 洋輔, 山岡 朋美, 田中 直伸, 池田 康将, 玉置 俊晃, 柏田 良樹, 土屋 浩一郎 :
スダチ果皮における抗メタボリックシンドローム作用を有する物質の同定,
日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月.
139. 細岡 真由子, 石澤 有紀, 斎藤 尚子, 宮本 理人, 今西 正樹, 座間味 義人, 木平 孝高, 池田 康将, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
ケルセチン生体内代謝産物 quercetin -3-O-β-Dglucuronideによる血管内皮細胞保護効果,
日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月.
140. 鍵本 優有, 石澤 有紀, 今西 正樹, 座間味 義人, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
無機リン刺激による血管平滑筋細胞石灰化におけるrho-kinase 及び cyclophilinA の関与,
日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月.
141. 渡邉 大晃, 池田 康将, 濱野 裕章, 佐藤 明穂, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 石澤 啓介 :
慢性腎臓病におけるヘプシジン制御メカニズムの検討,
日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月.
142. 佐藤 明穂, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 濱野 裕章, 今尾 瑞季, 渡邉 大晃, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 宮本 理人, 土屋 浩一郎 :
鉄過剰による骨格筋分化抑制作用の解明,
日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月.
143. Yasumasa Ikeda, Keisuke Oshima, Yuya Horinouchi, Yuki Izawa-Ishizawa, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Iron Supplementation Suppressed Erythropoietin Expression through HIF-dependent Pathway,
The 80th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society, Mar. 2016.
144. 太田 和馬, 木平 孝高, 岸渕 麗奈, 石澤 有紀, 池田 康将, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 冨田 修平, 玉置 俊晃 :
電位依存性カリウムチャネルKv2.2は腎虚血再灌流障害の軽減に関与する,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), 2016年3月.
145. 岸渕 麗奈, 木平 孝高, 山口 邦久, 石澤 有紀, 池田 康将, 石澤 啓介, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
HIF-1aはアポトーシス制御因子Bcl-2及びCHAC1の発現制御を介して腎虚血再灌流障害からの回復に関与する,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), 2016年3月.
146. 斎藤 尚子, 石澤 有紀, 細岡 真由子, 木平 孝高, 今西 正樹, 座間味 義人, 池田 康将, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ケルセチン代謝物Q3GAによる血管内皮細胞保護効果の検討,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), 2016年3月.
147. 青木 友里, 石澤 有紀, 高田 真衣, 田渕 正樹, 今西 正樹, 座間味 義人, 福永 豊, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 石澤 啓介, 玉置 俊晃 :
神経突起伸長および脳卒中後神経症状に対するニトロソニフェジピンの効果,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), 2016年3月.
148. 大島 啓亮, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄のエリスロポエチン発現への影響の検討,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), 2016年3月.
149. 佐藤 明穂, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 濱野 裕章, 今尾 瑞季, 渡邉 大晃, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄欠乏に伴う骨格筋萎縮メカニズム,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), 2016年3月.
150. Licht Miyamoto, Haruna Aihara, Wenting Xu, Meina Jin, Yosuke Tomida, Tomomi Yamaoka, Naonobu Tanaka, Yasumasa Ikeda, Toshiaki Tamaki, Yoshiki Kashiwada and Koichiro Tsuchiya :
Identification of an active compound on lipid metabolism from Sudachi peel,
薬理学会(パシフィコ), Mar. 2016.
151. 宮本 理人, 粟飯原 遥菜, Xu Wenting, Jin Meina, 冨田 洋輔, 山岡 朋美, 田中 直伸, 池田 康将, 玉置 俊晃, 柏田 良樹, 土屋 浩一郎 :
脂質低下作用を有するスダチ果皮由来化合物の薬理作用,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), 2016年3月.
152. 濱野 裕章, 池田 康将, 渡邉 大晃, 佐藤 明穂, 大島 啓亮, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
尿毒素は慢性腎不全におけるヘプシジン発現に関与する,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), 2016年3月.
153. Yuki Izawa-Ishizawa, Masaki Imanishi, Yoshitaka Kihira, Licht Miyamoto, Yoshito Zamami, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Keisuke Ishizawa :
Development of endothelial dysfunction-induced aortic dissection model and search for a preventive strategy,
第89回 日本薬理学会年会(神奈川), Mar. 2016.
154. 佐藤 智恵美, 阿部 真治, 岡田 直人, 山本 香織, 東 満美, 土屋 浩一郎, 川添 和義 :
薬局実務実習における能動的な学びの促進と課題解決能力の醸成に向けた連携指導の検討,
日本薬学会第136年会(横浜), 2016年3月.
155. 今西 正樹, 石澤 啓介, 小原 佑介, 櫻田 巧, 戸谷 紘基, 長尾 朋子, 壱岐 豊, 細岡 真由子, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ニフェジピン光分解産物による血管リモデリング抑制効果,
第252回 徳島医学会学術集会(平成27年度冬期), 2016年2月.
156. 大島 啓亮, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄のエリスロポエチン発現への影響の検討,
第45回日本心脈管作動物質学会, 2016年2月.
157. 宮本 理人, 江川 達郎, 大島 里詠子, 黒木 英梨子, 土屋 浩一郎, 林 達也 :
メタボローム解析による,運動療法の代謝改善効果におけるAMPK活性化の意義の解明,
心脈管作動物質学会, 2016年2月.
158. 今西 正樹, 石澤 啓介, 小原 佑介, 櫻田 巧, 戸谷 紘基, 長尾 朋子, 壱岐 豊, 細岡 真由子, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ニトロソニフェジピンによる抗大動脈瘤機序の検討,
第45回日本心脈管作動物質学会, 2016年2月.
159. 石澤 有紀, 石澤 啓介, 鍵本 優有, 斎藤 尚子, 高田 真衣, 木平 孝高, 今西 正樹, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
高リン刺激は血管平滑筋細胞においてrho-kinase-cyclophilin A経路を活性化させる,
第45回日本心脈管作動物質学会, 2016年2月.
160. 繁冨 明日香, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 濱野 修一 :
LED灯によるビリルビン光分解の検討,
徳島検査医学会, 2015年12月.
161. 池田 康将, 濱野 裕章, 渡邉 大晃, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎臓病におけるヘプシジン制御メカニズムの検討,
第25回日本循環薬理学会, 2015年12月.
162. 石澤 有紀, 石澤 啓介, 高田 真衣, 田渕 正樹, 今西 正樹, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ニトロソニフェジピンは悪性脳卒中易発性高血圧自然発症ラットの 生命予後を改善する,
第25回日本循環薬理学会, 2015年12月.
163. 斎藤 尚子, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 戸谷 紘基, 今西 正樹, 鍵本 優有, 細岡 真由子, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
大動脈解離発症における内皮障害の関与,
第25回日本循環薬理学会, 2015年12月.
164. 山口 佳津騎, 阿部 武由, 渡邊 政博, 竹内 敏己, 土屋 浩一郎, 高橋 功一, 元木 貴大, 田中 裕章, 朝倉 正登, 小坂 信二, 芳地 一 :
Easy TDMを用いた2-コンパートメントモデルによるアミノグリコシド系抗菌薬のCpeak到達時間の探索,
第25回日本医療薬学会年会・講演要旨集, 327, 2015年11月.
165. 宮本 理人, 江川 達郎, 大島 里詠子, 黒木 英梨子, 土屋 浩一郎, 林 達也 :
AMPK活性化剤は運動療法による代謝改善効果をどこまで模倣できるか?―メタボローム分析によるAMPK仮説の検証―,
薬理学会近畿部会, 2015年11月.
166. 濱野 裕章, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 佐藤 明穂, 渡邉 大晃, 大島 啓亮, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
慢性腎不全における尿毒素によるヘプシジン制御機構,
第128回日本薬理学会近畿部会, 2015年11月.
167. 今尾 瑞季, 池田 康将, 佐藤 明穂, 濱野 裕章, 堀ノ内 裕也, 宮本 理人, 木平 孝高, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
鉄蓄積によって引き起こされる骨格筋萎縮のメカニズム,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2015年11月.
168. 高田 真衣, 石澤 啓介, 田渕 正樹, 石澤 有紀, 宮本 理人, 木平 孝高, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
悪性脳卒中易発性高血圧自然発症ラットの神経症状に対するニトロソニフェジピンの効果,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2015年11月.
169. 戸谷 紘基, 石澤 啓介, 石澤 有紀, 細岡 真由子, 鍵本 優有, 斎藤 尚子, 宮本 理人, 木平 孝高, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
大動脈解離発症における内皮障害の関与の検討,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2015年11月.
170. 佐藤 智恵美, 山本 香織, 阿部 真治, 岡田 直人, 土屋 浩一郎, 東 満美, 大髙 章 :
病院・薬局実務実習における実習生の主体性育成に向けての取組み:課題発見型レポートの効果の検証,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年11月.
171. 秦野 彩, 宮本 理人, 竹之熊 和也, 友川 剛己, 松田 裕樹, 服部 真奈, 土屋 浩一郎 :
グリニド薬とSGLT2 阻害薬の併用療法による有効性,
日本薬学会中国四国地方会, 2015年10月.
172. 竹之熊 和也, 山根 萌, 友川 剛己, 宮本 理人, 土屋 浩一郎 :
カフェインによるAMPK活性化メカニズムの解析,
日本薬学会中国四国地方会, 2015年10月.
173. 上島 沙弥香, 宮本 理人, 梅本 果奈, 土屋 浩一郎 :
インスリン刺激による新たなAMPK翻訳後修飾の分子機構,
日本薬学会中国四国地方会, 2015年10月.
174. 土橋 有希, 阿部 真治, 宮本 理人, 松下 剛史, 片桐 彩人, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎 :
分岐鎖オリゴグリセロールを用いたPaclitaxelの物性及び薬効の改善,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会 (高知), 2015年10月.
175. 池田 康将, 佐藤 明穂, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄欠乏は骨格筋量減少の原因となる,
第39回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2015年8月.
176. Ariunzaya Burentogtokh, 木平 孝高, 石澤 有紀, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
YC1 increased adiponectin expression in 3T3-L1 adipocytes,
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2015, 2015年8月.
177. 秦野 彩, 宮本 理人, 竹之熊 和也, 土橋 有希, 矢野 友章, 土屋 浩一郎 :
速効型インスリン分泌促進剤,ナテグリニドとSGLT2 阻害剤,カナグリフロジンの併用による効果の検討,
日本糖尿病学会, 2015年5月.
178. 宮本 理人, 江川 達郎, 大島 里詠子, 黒木 英梨子, 土屋 浩一郎, 林 達也 :
骨格筋収縮時のメタボローム変化におけるAMPKの意義,
日本糖尿病学会, 2015年5月.
179. 池田 康将, Kanai Yusuke, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Bilirubin Promotes Ischemic-Induced Revascularization through Akt-eNOS Pathway,
第79回 日本循環器学会学術集会, 2015年4月.
180. 木平 孝高, 岸渕 麗奈, 山口 邦久, 石澤 有紀, 池田 康将, 石澤 啓介, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
腎虚血再灌流障害において低酸素誘導因子が制御する因子の探索,
日本薬学会第135年会(神戸), 2015年3月.
181. 阿部 真治, 土橋 有希, 佐藤 智恵美, 山本 香織, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 東 満美, 西岡 安彦 :
悪性胸膜中皮腫胸腔内移植マウスに対するヒト・キメラ型抗ポドプラニン抗体NZ-8の効果,
日本薬学会第135年会, 2015年3月.
182. 高田 真衣, 石澤 啓介, 田渕 正樹, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
悪性脳卒中易発性高血圧自然発症ラットに対するニトロソニフェジピンの効果,
日本薬学会第135年会(神戸), 2015年3月.
183. 阿部 武由, 渡邊 政博, 吉野 成泰, 福岡 憲泰, 竹内 敏己, 土屋 浩一郎 :
2-コンパートメントモデルを用いたアルベカシンのCpeak到達時間の探索,
日本薬学会第135年会要旨集, Vol.4, 195, 2015年3月.
184. 小倉 圭司, 平川 寛子, 森崎 巧也, 山本 純, 戎野 紘司, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 重永 章, 大髙 章 :
低酸素環境応答型アミノ酸の開発研究,
日本薬学会第135年会, 2015年3月.
185. 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ビリルビンは虚血後血管新生を促進する,
第88回 日本薬理学会年会(愛知), 2015年3月.
186. 石澤 有紀, 石澤 啓介, 田渕 正樹, 高田 真衣, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ニトロソニフェジピンは悪性脳卒中易発性高血圧自然発症ラットの生存期間を延長させる,
第88回 日本薬理学会年会(愛知), 2015年3月.
187. 戸谷 紘基, 石澤 啓介, 石澤 有紀, 小原 佑介, 長尾 朋子, 今西 正樹, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
大動脈解離発症における血管内皮機能障害の関与,
第88回 日本薬理学会年会(愛知), 2015年3月.
188. 岸渕 麗奈, 木平 孝高, 山口 邦久, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
低酸素誘導因子-1αは腎虚血再灌流障害においてアボトーシスの誘導に関与する,
第88回 日本薬理学会年会(愛知), 2015年3月.
189. Mizuho Ogoshi, Yuki Izawa-Ishizawa, Sakiko Doi, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
血管平滑筋細胞において無機リンによる石灰化シグナルにはRho-kinaseおよびcyclophilin Aが関与する,
第88回 日本薬理学会年会(愛知), Mar. 2015.
190. Burentogtokh Ariunzaya, Yoshitaka Kihira, Yuki Izawa-Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Hypoxia decreases glucagon-like peptide-1 secretion from glutag cell lines,
第88回 日本薬理学会年会(愛知), Mar. 2015.
191. 池田 康将, 金井 佑亮, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ビリルビンの血管新生促進作用の検討,
第44回 日本心脈管作動物質学会, 2015年2月.
192. 森本 悠里, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 濱野 修一 :
セスキテルペンラクトン誘導体の鉄依存細胞障害機構の解明,
第38回 徳島県医学検査学会, 2014年12月.
193. 池田 康将, 金井 佑亮, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ビリルビンは血管内皮細胞を活性化させて,虚血後血管新生を促進する,
第24回 循環薬理学会, 2014年12月.
194. 石澤 有紀, 石澤 啓介, 長尾 朋子, 戸谷 紘基, 小原 佑介, 細岡 真由子, 高田 真衣, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
新規薬剤誘発性大動脈解離モデルを用いたスタチンの効果の検討,
第24回 循環薬理学会, 2014年12月.
195. 岸渕 麗奈, 木平 孝高, 山口 邦久, 石澤 有紀, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
低酸素誘導因子の機能不全は腎虚血再灌流障害からの回復を阻害する,
第36回 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2014年11月.
196. 木平 孝高, 石澤 有紀, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
高脂肪食誘発肥満に対する脂肪特異的低酸素誘導因子欠損の影響,
第36回 生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 2014年11月.
197. 山根 萌, 宮本 理人, 冨田 洋輔, 竹之熊 和也, 川崎 彩, 山岡 朋美, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
ヒト腎糸球体内皮細胞における亜硝酸塩によるAMPK-eNOS活性化経路の検討,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月.
198. 川崎 彩, 宮本 理人, 山岡 朋美, 山根 萌, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎 :
交感神経系刺激による肝臓の糖代謝および脂質代謝の制御におけるAMPKの意義,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月.
199. 山岡 朋美, 宮本 理人, 川崎 彩, 山根 萌, 高橋 梨恵, 石澤 啓介, 宮島 凛, 重永 章, 大髙 章, 土屋 浩一郎 :
Leptinによる骨格筋培養細胞での代謝制御作用におけるSIRT1の役割,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月.
200. Wenting Xu, Licht Miyamoto, Haruna Aihara, Tomomi Yamaoka, Keisuke Ishizawa, Toshaki Tamaki, Yoshiki Kashiwada and Koichiro Tsuchiya :
The Mechanism of Citrus Sudachi Peel Extraction Exerts Lipid Reducing Effect in Cells.,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, Nov. 2014.
201. 阿部 真治, デニス ウィリアムズ, 佐藤 智恵美, 山本 香織, 東 満美, 土屋 浩一郎 :
屋根瓦方式を用いた症例検討ビデオカンファレンスの有用性,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月.
202. 長尾 朋子, 石澤 啓介, 戸谷 紘基, 小原 佑介, 今西 正樹, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
HMG-CoA 還元酵素阻害薬の大動脈解離に対する効果,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月.
203. 小原 佑介, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 戸谷 紘基, 長尾 朋子, 壱岐 豊, 細岡 真由子, 今西 正樹, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
大動脈瘤形成に対する新規抗酸化薬の効果,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月.
204. 山根 萌, 宮本 理人, 冨田 洋輔, 竹之熊 和也, 川崎 彩, 山岡 朋美, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
亜硝酸塩による AMPK-eNOS 経路活性化,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2014年11月.
205. 岸渕 麗奈, 木平 孝高, 山口 邦久, 石澤 有紀, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
低酸素誘導因子の腎虚血再灌流障害に対する役割,
第126回日本薬理学会近畿部会, 2014年10月.
206. 長尾 朋子, 石澤 啓介, 戸谷 紘基, 小原 佑介, 今西 正樹, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
大動脈解離に対するピタバスタチンの効果,
第126回日本薬理学会近畿部会, 2014年10月.
207. 山根 萌, 宮本 理人, 冨田 洋輔, 竹之熊 和也, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
ヒト腎糸球体内皮細胞におけるAMPK-eNOS経路の活性化,
第126回日本薬理学会近畿部会, 2014年10月.
208. 池田 康将, 今尾 瑞季, 佐藤 明穂, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄による骨格筋萎縮メカニズムの検討,
日本鉄バイオサイエンス学会 第38回学術集会, 2014年9月.
209. 宮本 理人, 渡辺 勝志, 土橋 有希, 山根 萌, 田岡 千明, 松下 剛史, 笠原 真一郎, 神谷 昌樹, 石澤 啓介, 阿部 真治, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎 :
分岐鎖オリゴグリセロールを用いた難水溶性化合物の物性,薬物動態,薬効の改善,
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2014, 2014年8月.
210. 小原 佑介, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 戸谷 紘基, 長尾 朋子, 壱岐 豊, 細岡 真由子, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ニトロソニフェジピンは大動脈瘤の形成を抑制する,
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム 2014, 2014年8月.
211. 戸谷 紘基, 石澤 啓介, 小原 佑介, 長尾 朋子, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
血管内皮障害を介する新規大動脈解離モデルの作製,
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム 2014, 2014年8月.
212. 山根 萌, 宮本 理人, 冨田 洋輔, 竹之熊 和也, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
亜硝酸塩による AMPK-eNOS 経路活性化,
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム 2014, 2014年8月.
213. 山根 萌, 宮本 理人, 冨田 洋輔, 竹之熊 和也, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
亜硝酸塩によるAMPK-eNOS経路活性化,
生体機能と創薬シンポジウム 2014, 2014年8月.
214. 矢野 友章, 宮本 理人, 竹之熊 和也, 福田 恵介, 津田 勝範, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
食事による血中NOレベル変動の検討,
第249回徳島医学会, 2014年7月.
215. 小原 佑介, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 戸谷 紘基, 長尾 朋子, 壱岐 豊, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
薬剤誘導性大動脈瘤モデルに対するニトロソニフェジピンの効果,
第125回日本薬理学会近畿部会, 2014年6月.
216. 池田 康将, 田島 壮一郎, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
アンジオテンシンIIは鉄吸収制御と生体内鉄分布変化に関与する,
第125回日本薬理学会近畿部会, 2014年6月.
217. 北 未来, 山本 純, 戎野 紘司, 小宮 千明, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 重永 章, 大髙 章 :
過酸化水素応答型ペプチド結合切断デバイスの開発研究,
日本ケミカルバイオロジー学会第9回年会, 2014年6月.
218. 鞍野 佳孝, 斉藤 辰也, 土屋 浩一郎, 押村 美幸, 平野 朋広, 右手 浩一 :
Li塩存在下でのアクリレート系モノマーのラジカル重合の機構,
第63回高分子学会年次大会, 2014年5月.
219. 宮本 理人, 渡邊 勝志, 田岡 千秋, 土橋 有希, 松下 剛史, 石澤 啓介, 阿部 真治, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎 :
分岐鎖オリゴグリセロール修飾による疎水性化合物の物性,薬物動態および薬効の改善,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
220. 土橋 有希, 阿部 真治, 宮本 理人, 松下 剛史, 片桐 彩人, 石澤 啓介, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎 :
新規水溶性Paclitaxelの肺癌に対する抗腫瘍効果の検討,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
221. 中西 智子, 石澤 啓介, 阿部 真治, 中瀬 真理, 柴田 洋文, 佐藤 智恵美, 新垣 尚捷, 佐藤 陽一, 山﨑 尚志, 笠原 二郎, 東 満美, 山﨑 哲男, 山内 あい子, 滝口 祥令, 土屋 浩一郎 :
アドバンスト演習を通した問題解決能力向上のための症例解析手法の検討-プロダクトからの分析,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
222. 今西 正樹, 冨田 修平, 石澤 啓介, 木平 孝高, 石澤 有紀, 池田 康将, 山野 範子, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
血管リモデリングにおける低酸素誘導因子HIF-1αの役割,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
223. 木平 孝高, Ariunzaya Burentogtokh, 伊藤 麻里, 山野 範子, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
腸管L細胞のグルカゴン様ペプチド-1分泌に対する低酸素の影響,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
224. 石澤 啓介, 石澤 有紀, 山野 範子, 布 あさ美, 今西 正樹, 櫻田 巧, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ニトロソニフェジピンはeNOS非依存的に内皮障害を伴う腎障害の進展を抑制する,
第87回日本薬理学会年会, 2014年3月.
225. 宮本 理人, 山根 萌, 冨田 洋輔, 竹之熊 和也, 石澤 啓介, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
亜硝酸塩による腎保護作用および糖脂質代謝改善作用におけるAMPKの意義,
第87回日本薬理学会年会, 2014年3月.
226. 今尾 瑞季, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄によって引き起こされる骨格筋萎縮のメカニズム,
第87回日本薬理学会年会, 2014年3月.
227. 堀ノ内 裕也, Summers A. Fiona, Ehrenshaft Marilyn, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, Mason P. Ronald :
Investigating free radical generation in HepG2 cells induced by aromatic amine compounds using immuno-spin trapping,
第87回日本薬理学会年会, 2014年3月.
228. 池田 康将, 田島 壮一郎, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
アンジオテンシンIIは十二指腸鉄輸送体発現とマクロファージ鉄量を増加させる,
第43回日本心脈管作動物質学会, 2014年2月.
229. 山脇 早穂, 佐藤 佑太, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 濱野 修一 :
リチウム定量にあたえる共存物質の影響,
第37回徳島県医学検査学会, 2013年12月.
230. 佐藤 佑太, 山脇 早穂, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 濱野 修一 :
セスキテルペンラクトン誘導体の鉄依存ラジカル生成過程の解明,
第37回徳島県医学検査学会, 2013年12月.
231. 今西 正樹, 冨田 修平, 黒部 裕嗣, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
薬剤誘導性大動脈瘤モデルにおける平滑筋由来hypoxia-inducible factor-1αの役割,
第23回日本循環薬理学会, 2013年12月.
232. 木平 孝高, 冨田 修平, 山野 範子, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
肥満に伴う脂肪組織炎症に対する低酸素誘導因子の役割,
第124回日本薬理学会近畿部会, 2013年11月.
233. 阿部 真治, デニス ウィリアムズ, 中瀬 真理, 佐藤 智恵美, 柴田 洋文, 東 満美, 土屋 浩一郎 :
症例検討能力向上に向けての徳島大学薬学部の取り組み∼米国UNC薬学部とのビデオカンファレンス実施の効果∼,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
234. 布 あさ美, 石澤 啓介, 山野 範子, 石澤 有紀, 櫻田 巧, 今西 正樹, 宮本 理人, 木平 孝高, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
ニトロソニフェジピンは血管内皮機能を改善することで糖尿病性腎症の進展を抑制する,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
235. 鈴木 雄太, 今西 正樹, 冨田 修平, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
平滑筋由来HIF-1 αがアンジオテンシンII 誘発血管リモデリングに関与するメカニズム,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
236. 村上 正樹, 前田 悠作, 冨田 修平, 今西 正樹, 木平 孝高, 石澤 啓介, 山野 範子, 石澤 有紀, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
血管傷害モデルに伴う血管リモデリングにおける骨髄由来細胞のHIF1 αの役割,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
237. 三宅 真理子, 木平 孝高, 冨田 修平, 山野 範子, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
脂肪細胞の低酸素誘導因子欠損による耐糖能改善メカニズムの解析,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
238. 中西 智子, 石澤 啓介, 阿部 真治, 中瀬 真理, 柴田 洋文, 佐藤 智恵美, 新垣 尚捷, 佐藤 陽一, 山﨑 尚志, 笠原 二郎, 東 満美, 山﨑 哲男, 山内 あい子, 滝口 祥令, 土屋 浩一郎 :
アドバンスト演習を通した問題解決能力向上のための症例解析手法の検討,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
239. 佐藤 智恵美, 中瀬 真理, 阿部 真治, 柴田 洋文, 土屋 浩一郎, 田中 秀治, 東 満美 :
生涯学習の必要性に目覚めさせる徳島大学の取組∼能動学習制度∼,
第52回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
240. 中野 扶佐子, 栗本 慎一郎, 川添 和義, 村上 光太郎, 孫 漢董, 李 順林, 高石 喜久, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 柏田 良樹 :
キク科植物Saussurea lanicepsの成分研究,
第55回天然有機化合物討論会, 2013年9月.
241. 池田 康将, 田島 壮一郎, 今尾 瑞季, 堀ノ内 裕也, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
フェリチンの炎症惹起作用,
第37回日本鉄バイオサイエンス学会, 2013年9月.
242. 村上 正樹, 冨田 修平, 前田 悠作, 今西 正樹, 山野 範子, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
血管傷害モデルに伴う血管リモデリング形成過程には,傷害部位に動員される骨髄由来細胞のHIFが関与する,
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2013, 2013年8月.
243. 山野 範子, 石澤 啓介, 小堀 浩幸, 漆原 真樹, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
糖尿病性腎症における腎内局所アンジオテンシノーゲンに対するニトロソニフェジピンの効果,
第123回日本薬理学会近畿部会, 2013年7月.
244. 今西 正樹, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
血管平滑筋細胞のhypoxia-inducible factor-1αがangiotensinⅡ誘発血管リモデリング形成に関与するメカニズムの解析,
第34回日本炎症・再生医学会, 2013年7月.
245. 石澤 啓介, 山野 範子, 石澤 有紀, 櫻田 巧, 今西 正樹, 布 あさ美, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ニトロソニフェジピンは血管内皮保護作用を示して糖尿病性腎症進展を抑制する,
第56回日本腎臓学会学術総会, 2013年5月.
246. 今西 正樹, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 石澤 有紀, 山野 範子, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
酸化ストレスに起因する心腎血管障害の克服を目指す新規治療薬開発,
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
247. 土屋 浩一郎, 池田 康将, 田島 壮一郎, 木平 孝高, 石澤 啓介, 石澤 有紀, 宮本 理人, 山野 範子, 玉置 俊晃 :
糖尿病に対する鉄の関与とキレート療法,
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
248. 宮本 理人, 渡邊 勝志, 河野 舞, 冨田 洋介, 松下 剛史, 服部 初彦, 石澤 啓介, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎 :
分岐鎖オリゴグリセロール修飾によるフェノフィブラートの物性および薬物動態,薬効の改善,
日本若学会第133年会, 2013年3月.
249. 松下 剛史, 渡邊 勝志, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 根本 尚夫 :
脂質異常症治療薬であるフェノフィブラートのBGL化と活性評価,
日本若学会第133年会, 2013年3月.
250. 今西 正樹, 冨田 修平, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Hypoxia-inducible factor-1a; in vascular smooth muscle cells contributes to AT1 receptor expression in angiotensin II-induced vascular remodeling in mice,
第86回日本薬理学会年会, 2013年3月.
251. 伊藤 麻里, 木平 孝高, 山野 範子, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 冨田 修平, 玉置 俊晃 :
Secretion of glucagon-like peptide-1 from Intestinal L cell in hypoxia,
第86回日本薬理学会年会, 2013年3月.
252. 田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 木平 孝高, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 川添 和義, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
The influence of angiotensin II on duodenal iron absorption,
第86回日本薬理学会年会, 2013年3月.
253. 池田 康将, 田島 壮一郎, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Bovine lactoferrin stimulated angiogenesis in response to ischemic hindlimb,
第86回日本薬理学会年会, 2013年3月.
254. 石澤 有紀, 石澤 啓介, 土肥 紗希子, 今西 正樹, 櫻田 巧, 山野 範子, 小原 祐介, 長尾 朋子, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Y-27632, a rho-kinase inhibitor, inhibits inorganic phosphate-induced ERK1/2 phosphorylation and ALP activity in vascular smooth muscle cells,
第86回日本薬理学会年会, 2013年3月.
255. 大園 伊織, 池田 康将, 田島 壮一郎, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
The Effects of Iron chelatoion against Renal Fibrosis in Unilateral Ureteral Obstruction Mice Model,
第86回日本薬理学会年会, 2013年3月.
256. 保科 耀司, 木平 孝高, 冨田 修平, 三宅 真理子, 山野 範子, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Adipocyte-specific hypoxia-inducible factor-1alpha knockout stimulated GLP-1 and insulin secretions in mice,
第86回日本薬理学会年会, 2013年3月.
257. Noriko Yamano, Keisuke Ishizawa, Shoko Fujii, Asami Nuno, Masaki Imanishi, Takumi Sakurada, Yuta Suzuki, Furi Endo, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Effects of nitrosonifedipine on the diabetic nephropathy with the endothelial dysfunction,
第86回日本薬理学会年会, Mar. 2013.
258. Yasumasa Ikeda, Hideaki Enomoto, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Low Iron Diet Limits Development of Diabetic Nephropathy In db/db Mice,
第77回日本循環器学会学術集会, Mar. 2013.
259. 石澤 有紀, 石澤 啓介, 山野 範子, 櫻田 巧, 今西 正樹, 藤井 聖子, 布 あさ美, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ニトロソニフェジピンは血管内皮細胞障害を伴う糖尿病性腎症の進展を抑制する,
第42回日本心脈管作動物質学会, 2013年2月.
260. 田島 壮一郎, 池田 康将, 榎本 英明, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
鉄制限食によってdb/dbマウスの糖尿病性腎症進展は抑制される,
第42回日本心脈管作動物質学会, 2013年2月.
261. 土肥 紗希子, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 今西 正樹, 小原 祐介, 長尾 朋子, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
無機リン刺激による血管平滑筋細胞石灰化におけるRho-kinaseの関与,
第42回日本心脈管作動物質学会, 2013年2月.
262. 木平 孝高, 冨田 修平, 三宅 真理子, 保科 耀司, 山野 範子, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
脂肪細胞特異的低酸素誘導因子欠損マウスに観察される耐糖能の改善にはglucagon-like peptide-1が関与する,
第42回日本心脈管作動物質学会, 2013年2月.
263. 石澤 啓介, 今西 正樹, 鈴木 雄太, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
Angiotensin II慢性投与はhypoxia-inducible factor-1αを介して血管リモデリングを惹起する,
第33回日本臨床薬理学会学術総会, 2012年12月.
264. 今西 正樹, 冨田 修平, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
血管平滑筋細胞のhypoxia-inducible factor-1αがangiotensinⅡ誘発血管リモデリング形成に寄与するメカニズムの解析,
第22回日本循環薬理学会, 2012年11月.
265. 池田 康将, 田島 壮一郎, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄吸収機構におけるAngiotensinⅡの効果の検討,
第122回日本薬理学会近畿部会, 2012年11月.
266. 中西 智子, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 土屋 浩一郎 :
薬学部での臨床思考プロセスを取り入れた医薬品情報提供実習,
51回日本薬学会・日本薬剤師会,日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
267. 藤井 聖子, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 山野 範子, 石澤 有紀, 今西 正樹, 布 あさ美, 鈴木 雄太, 木平 孝高, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
Nifedipine 光分解産物であるnitrosonifedipine は糖尿病性腎症進展を抑制する,
第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
268. Akira Shigenaga, Keiji Ogura, Hiroko Hirakawa, Jun Yamamoto, Koji Ebisuno, Licht Miyamoto, Keisuke Ishizawa, Koichiro Tsuchiya and Akira Otaka :
Design and synthesis of hypoxia-responsive amino acid which causes peptide bond cleavage in hypoxic cells,
第49回ペプチド討論会, Nov. 2012.
269. 今西 正樹, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 冨田 修平, 玉置 俊晃 :
血管平滑筋細胞におけるHIF-1αのangiotensinⅡ誘発血管リモデリング形成およびAT1受容体発現への関与;平滑筋特異的HIF-1α遺伝子欠損マウスを用いた検討 The Role of HIF-1α in angiotensin Ⅱ-induced Vascular Remodeling and AT1 Receptor Expression in Vascular Smooth Muscle Cells,
第35回日本高血圧学会総会, 2012年9月.
270. 布 あさ美, 石澤 啓介, 藤井 聖子, 櫻田 巧, 山野 範子, 石澤 有紀, 今西 正樹, 鈴木 雄太, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
糖尿病性腎症進展に対するニトロソニフェジピンの抑制作用,
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2012, 2012年9月.
271. 今西 正樹, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
AngiotensinⅡ誘発血管リモデリングにおける血管平滑筋細胞内HIFシグナルの解析,
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2012, 2012年9月.
272. 田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 木平 孝高, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
十二指腸からの鉄吸収に対するAngiotensinⅡの影響,
第36回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2012年9月.
273. 渡邊 勝志, 宮本 理人, 冨田 洋輔, 河野 舞, 田岡 千明, 松下 剛史, 神谷 昌樹, 服部 初彦, 石澤 啓介, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎 :
分岐鎖グリセロールオリゴマーによるフェノフィブラートの物性および薬物動態の改善,
生体機能と創薬シンポジウム2012, 2012年8月.
274. 前田 悠作, 冨田 修平, 村上 正樹, 今西 正樹, 木平 孝高, 池田 康将, 石澤 啓介, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
血管傷害モデルに伴う血管リモデリング形成過程には,傷害部位に動員される骨髄由来細胞のHIFが関与する,
第121回日本薬理学会近畿部会, 2012年6月.
275. 今西 正樹, 冨田 修平, 石澤 啓介, 鈴木 雄太, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
平滑筋特異的hypoxia-inducible factor-1α欠損がangiotensin II誘発血管リモデリング形成に及ぼす影響,
第121回日本薬理学会近畿部会, 2012年6月.
276. 池田 康将, 田島 壮一郎, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
肥満進展における鉄と酸化ストレス,
第65回日本酸化ストレス学会学術集会 シンポジウム「金属と酸化ストレスの関係を探る:基礎から臨床研究へ」, 2012年6月.
277. 石澤 啓介, 櫻田 巧, 今西 正樹, 藤井 聖子, 石澤 有紀, 宮本 理人, 山野 範子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Nitrosonifedipine はangiotensin II 誘発のマウス血管リモデリングを改善する,
第65回日本酸化ストレス学会学術集会, 2012年6月.
278. 藤井 聖子, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 今西 正樹, 石澤 有紀, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
糖尿病モデルマウスにおいてニトロソニフェジピンは腎症の進展を抑制する,
第55回日本腎臓学会学術総会, 2012年6月.
279. 宮本 理人, 河野 舞, 中川 剛夫, 服部 初彦, 吉富 康亮, 石澤 啓介, 吉村 好之, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎 :
分岐鎖グリセロール修飾による新規水溶性プロブコール誘導体の開発と耐糖能改善作用のメカニズム,
第55回日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月.
280. 柏田 良樹, JIN Meina, 柴山 恵美子, 和田 悠, 石澤 啓介, 宮本 理人, 土屋 浩一郎, 井端 和郎 :
スダチ(Citrus sudachi)果皮の有効利用に関する研究 (5) ―3-O-Feruloyl aldaric acid 1,4-lactone methyl esterの立体構造について―,
日本薬学会第132年会, No.2, 189, 2012年3月.
281. 三宅 真理子, 木平 孝高, 平田 愛美, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
脂肪細胞における低酸素誘導因子1a欠損は高脂肪食負荷による耐糖能異常の発現を抑制する,
日本薬学会第132年会, 2012年3月.
282. 濱野 修一, 香川 葉子, 宮本 理人, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
セスキテルペンラクトン誘導体の鉄依存ラジカル生成機構の検討,
日本薬学会大132年会, 2012年3月.
283. 布 あさ美, 石澤 啓介, 藤井 聖子, 石澤 有紀, 今西 正樹, 櫻田 巧, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
2型糖尿病性腎症に対するニトロソニフェジピンの効果,
日本薬学会第132年会, 2012年3月.
284. 宮本 理人, 河野 舞, 中川 剛夫, 服部 初彦, 吉富 康亮, 石澤 啓介, 吉村 好之, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎 :
分岐鎖グリセロール修飾による新規水溶性プロブコール誘導体の開発と耐糖能改善作用のメカニズム,
日本薬学会年会, 2012年3月.
285. Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Bovine Lactoferin Promotes Angiogenesis Via Akt-eNOS Dependent Pathway in Vascular Endothelial Cells,
第76回日本循環器学会学術集会, Mar. 2012.
286. 榎本 英明, 池田 康将, 田島 壮一郎, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Protective effect of dietary iron restriction on diabetic nephropathy,
第85回日本薬理学会年会, 2012年3月.
287. 山野 範子, 池田 康将, 阪間 稔, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Accumulated iron storage in high fat diet-induced obese and diabetic mice,
第85回日本薬理学会年会, 2012年3月.
288. 藤井 聖子, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 石澤 有紀, 今西 正樹, 布 あさ美, 鈴木 雄太, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Nitrosonifedipine prevents the progression of diabetic nephropathy in type 2 diabetic mice,
第85回日本薬理学会年会, 2012年3月.
289. 冨田 修平, 高久 暢, 山野 範子, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Preoperative stabilization of HIF-1 by systemic introduction of dimethyloxalylglycine (DMOG), improves skin flap survival,
第85回日本薬理学会年会, 2012年3月.
290. Masaki Imanishi, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Noriko Yamano, Yuki Izawa-Ishizawa, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
The inhibitory effects of smooth muscle cell-specific hypoxia-inducible factor-1a deficiency on angiotensin 2-induced vascular remodeling in mice,
第85回日本薬理学会年会, Mar. 2012.
291. Manami Hirata, Yoshitaka Kihira, Mariko Miyake, Yuki Izawa-Ishizawa, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
High fat diet-induced inflammation in adipose tissues is reduced in adipocyte-specific hypoxia-inducible factor-1a knockout mice,
第85回日本薬理学会年会, Mar. 2012.
292. 宮本 理人, 河野 舞, 中川 剛夫, 服部 初彦, 吉富 康亮, 石澤 啓介, 吉村 好之, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎 :
水溶性プロブコール誘導体による新たなメカニズムを介した耐糖能およびインスリン感受性の改善,
第244回徳島医学会学集会, 2012年2月.
293. 石澤 啓介, 藤井 聖子, 布 あさ美, 石澤 有紀, 今西 正樹, 櫻田 巧, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Nitrosonifedipineは2型糖尿病モデルマウスにおける腎症進展を抑制する,
第41回心脈管作動物質学会, 2012年2月.
294. 木平 孝高, 三宅 真理子, 平田 愛美, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
肥満に伴う耐糖能異常の発現に対する脂肪細胞の低酸素誘導因子の役割,
第41回心脈管作動物質学会, 2012年2月.
295. Noriko Yamano, Yasumasa Ikeda, Minoru Sakama, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
The alternation of iron metabolism in high fat diet-induced obese and diabetic mice,
第34回日本分子生物学会年会, Dec. 2011.
296. 池田 康将, 榎本 英明, 田島 壮一郎, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
糖尿病腎症進展における鉄除去の効果,
腎と高血圧update, 2011年12月.
297. 中西 智子, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 土屋 浩一郎 :
問題解決能力の向上を目指した病院実務実習を考える,
第33 回徳島大学薬学部卒後教育公開講座, 2011年12月.
298. 高久 暢, 冨田 修平, 木平 孝高, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 中西 秀樹, 玉置 俊晃 :
PHD阻害剤の虚血皮弁生存拡大に対する効果,
第21回日本循環薬理学会, 2011年12月.
299. 八木 祐子, 土屋 浩一郎, 庄野 正行, 川添 和義, 水口 和生 :
ヒト結腸癌由来Caco-2細胞における抗癌剤耐性に及ぼす酸素分圧の影響,
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月.
300. 谷口 順平, 石澤 啓介, 今西 正樹, 木平 孝高, 池田 康将, 川添 和義, 土屋 浩一郎, 水口 和生, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
血管平滑筋細胞のhypoxia-inducible factor-1αはangiotensinⅡ誘発血管リモデリングの形成に関与する,
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月.
301. 櫻田 巧, 石澤 啓介, 今西 正樹, 谷口 順平, 藤井 聖子, 布 あさ美, 鈴木 雄太, 宮本 理人, 木平 孝高, 土屋 浩一郎, 川添 和義, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
マウス血管リモデリングに対するnitrosonifedipineの抑制効果,
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月.
302. 宮本 理人, 海老原 健, 根本 尚夫, 中尾 一和, 土屋 浩一郎 :
自律神経系による肝AMPK活性制御のメカニズムと糖脂質代謝制御における意義,
第244回徳島医学会学集会, 2011年11月.
303. 玉川 晋也, 八塚 研治, 阿部 真治, 久保 均, 土屋 浩一郎, 原田 雅史, 根本 尚夫 :
新規MRI造影剤の開発研究,
第37回反応と合成の進歩シンポジウム, 2011年11月.
304. 中西 智子, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 土屋 浩一郎 :
問題解決能力の向上を目指した病院実務実習を考える,
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国支部学術大会, 2011年11月.
305. 今西 正樹, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 冨田 修平, 玉置 俊晃 :
AngiotensinⅡ誘発性血管リモデリングは平滑筋特異的HIF-1α遺伝子欠損により抑制される,
第34回日本高血圧学会総会, 2011年10月.
306. 土屋 浩一郎 :
亜硝酸による腎保護作用,
23, 2011年10月.
307. 阿部 真治, Williams Dennis, 東 満美, 土屋 浩一郎, 山下 美妃, 町田 麻衣子, 際田 弘志 :
日米の薬学部学生間におけるビデオ会議システムを用いた症例検討カンファレンス実施の試み,
日本医療薬学会第21回年会, 2011年10月.
308. 宮本 理人, 海老原 健, 根本 尚夫, 中尾 一和, 土屋 浩一郎 :
自律神経系による肝AMPK活性制御のメカニズムと糖脂質代謝制御における意義,
第32回日本肥満学会, 2011年9月.
309. 岡野 和真, 辻 大輔, 中村 崇洋, 土屋 浩一郎, 伊藤 孝司 :
ヒト多発性骨髄腫細胞株におけるSide Population細胞の性質解析,
第84回日本生化学会大会, 2011年9月.
310. 田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 山野 範子, 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 木平 孝高, 石澤 有紀, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
肥満の脂肪組織における鉄の役割,
第35回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2011年9月.
311. 櫻田 巧, 石澤 啓介, 今西 正樹, 谷口 順平, 藤井 聖子, 布 あさ美, 鈴木 雄太, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Nitrosonifedipineによるマウス血管リモデリング抑制機構の解明,
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2011, 2011年8月.
312. 今西 正樹, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
Hypoxia-inducible factor-1a in vascular smooth muscle cells contributes to the development of angiotensin -induced vascular remodeling,
第43回日本動脈硬化学会 総会・学術集会, 2011年7月.
313. 赤池 雅史, 土屋 浩一郎, 柏田 良樹, 高石 喜久, 玉置 俊晃, 岩瀬 俊, 佐田 政隆, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 松本 俊夫, 佐藤 千穂, 西条 伴香, 楊河 宏章 :
生活習慣病関連リスクファクターに及ぼすスダチ果皮加工品の効果 ∼探索的臨床試験による検討∼,
第243回徳島医学会学術集会 公開シンポジウム, 2011年7月.
314. 赤池 雅史, 土屋 浩一郎, 柏田 良樹, 高石 喜久, 玉置 俊晃, 岩瀬 俊, 佐田 政隆, 粟飯原 賢一, 吉田 守実子, 松本 俊夫, 佐藤 千穂, 西条 伴香, 楊河 宏章 :
生活習慣病関連リスクファクターに及ぼすスダチ果皮加工品の効果-探索的臨床試験による検討-,
第243回 徳島医学会学術集会, 2011年7月.
315. 谷口 順平, 石澤 啓介, 今西 正樹, 木平 孝高, 池田 康将, 久次米 敏秀, 川添 和義, 土屋 浩一郎, 水口 和生, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
動脈硬化におけるhypoxia-inducible factor-1αの新規治療標的分子としての可能性,
医療薬学フォーラム2011/第19回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2011年7月.
316. 今西 正樹, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 山野 範子, 石澤 有紀, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
AngiotensisⅡ誘発血管リモデリングは血管平滑筋細胞のhypoxia-inducible factor-1αを介して形成される,
第119回日本薬理学会近畿部会, 2011年7月.
317. 田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 山野 範子, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
ヒト腎糸球体血管内皮細胞において細胞内遊離鉄はangiotensin ⅡによるICAM-1の発現を増強する,
第54回日本腎臓学会学術集会, 2011年6月.
318. 池田 康将, 田島 壮一郎, 山野 範子, 木平 孝高, 石澤 啓介, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄除去薬による糖尿病の病態改善効果の検討,
第84回日本内分泌学会学術集会, 2011年4月.
319. Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Noriko Yamano, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Iron elimination ameliorated glucose tolerance through suppression of oxidative stress and inflammation on fat in diabetic mice,
第75回日本循環器学会総会・学術集会, Mar. 2011.
320. Noriko Yamano, Yasumasa Ikeda, Minoru Sakama, Soichiro Tajima, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
The alternation of iron transport-related genes in high fat diet-induced obese and diabetic mice,
第84回日本薬理学会年会, Mar. 2011.
321. Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki :
bFGF and insulin differentially regulate hypoxia-inducible factor-1 alpha in adipocytes,
第84回日本薬理学会年会, Mar. 2011.
322. Yayoi Fukuhara, Shuhei Tomita, Masahisa Urata, Yoshitaka Kihira, Mitsuru Takaku, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Role of HIF-1b in endothelial cells in monocrotaline-induced pulmonary hypertension,
第84回日本薬理学会年会, Mar. 2011.
323. Yasumasa Ikeda, Soichiro Tajima, Sumiko Yoshida, Noriko Yamano, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Ken-ichi Aihara, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Deferoxamine, an iron chelator, promotes revascularization via endothelial cells activation,
第84回日本薬理学会年会, Mar. 2011.
324. Takumi Sakurada, Keisuke Ishizawa, Masaki Imanishi, Erika Tominaga, Junpei Taniguchi, Shoko Fujii, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
Nitrosonifedipine, a photodegrative metabolite of nifedipine, improves angiotensin -induced vascular remodeling,
第84回日本薬理学会年会, Mar. 2011.
325. Masaki Imanishi, Keisuke Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Toshiaki Tamaki and Shuhei Tomita :
Angiotensin -induced vascular remodeling is surpressed in smooth muscle cell-specific hypoxia-inducible factor-1a deficient mice,
第84回日本薬理学会年会, Mar. 2011.
326. 今西 正樹, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 富永 えりか, 堀ノ内 裕也, 谷口 順平, 藤井 聖子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 水口 和生, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Nitrosonifedipineによる血管リモデリング抑制効果の検討,
日本薬学会第131回年会, 2011年3月.
327. 堀ノ内 裕也, 土屋 浩一郎, 田島 壮一郎, 木平 孝高, 池田 康将, 石澤 啓介, 冨田 修平, 川添 和義, 玉置 俊晃, 水口 和生 :
Nitrosonifedipine の細胞保護効果に関する検討,
日本薬学会第131年会, 2011年3月.
328. 田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 山野 範子, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
鉄除去は脂肪肥大を抑制して糖尿病を改善する,
第40回日本心脈管作動物質学会, 2011年2月.
329. 櫻田 巧, 石澤 啓介, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 富永 えりか, 谷口 順平, 藤井 聖子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
AngiotensinⅡ誘発血管リモデリングに対するニトロソニフェジピンの抑制作用,
第40回日本心脈管作動物質学会, 2011年2月.
330. 池田 康将, 田島 壮一郎, 吉田 守美子, 山野 範子, 木平 孝高, 石澤 啓介, 粟飯原 賢一, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
マウス下肢虚血モデルにおいて鉄キレート剤Deferoxamineは酸化ストレスとアポトーシスを抑制する,
第40回日本心脈管作動物質学会, 2011年2月.
331. 山野 範子, 池田 康将, 田島 壮一郎, 木平 孝高, 石澤 啓介, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
高脂肪食負荷肥満マウスにおける鉄吸収動態の検討,
第40回日本心脈管作動物質学会, 2011年2月.
332. 田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 山野 範子, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
鉄除去は脂肪肥大を抑制して糖尿病を改善する,
第40回日本心脈管作動物質学会, 2011年2月.
333. 櫻田 巧, 石澤 啓介, 今西 正樹, 堀ノ内 裕也, 富永 えりか, 谷口 順平, 藤井 聖子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
AngiotensinⅡ誘発血管リモデリングに対するニトロソニフェジピンの抑制作用,
第40回日本心脈管作動物質学会, 2011年2月.
334. 今西 正樹, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 冨田 修平 :
AngiotensinⅡ誘発血管リモデリングにおけるhypoxia-inducible factor-1αの役割,
第40回日本心脈管作動物質学会, 2011年2月.
335. 池田 康将, 田島 壮一郎, 吉田 守美子, 山野 範子, 木平 孝高, 石澤 啓介, 粟飯原 賢一, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Deferoxamine, an iron chelator, enhances angiogenesis through Akt-eNOS-dependent pathway in endothelial cells,
第18回日本血管生物医学会学術集会, 2010年12月.
336. Yuuko Imamura, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Yasumasa Ikeda, Koichiro Tsuchiya, Shuhei Tomita and Toshiaki Tamaki :
HIF-2/ARNT control hair differentiation by up-regulating p21Waf1/Cip1,
第33回日本分子生物学会年会, Dec. 2010.
337. 木平 孝高, 石澤 啓介, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 冨田 修平, 玉置 俊晃 :
脂肪細胞における塩基性繊維芽細胞増殖因子による低酸素誘導因子誘導とそれを介した糖輸送担体発現誘導,
第118回日本薬理学会近畿部会, 2010年11月.
338. 石澤 啓介, 中西 智子, 柴田 洋文, 阿部 真治, 杉村 真由美, 奥村 千恵子, 吉村 好之, 佐藤 陽一, 新垣 尚捷, 川添 和義, 東 満美, 土屋 浩一郎, 山内 あい子, 山﨑 哲男, 水口 和生 :
徳島大学における薬学部・薬剤部連携による病院実務実習の実践,
第20回日本医療薬学会年会, 2010年11月.
339. 富永 えりか, 石澤 啓介, 今西 正樹, 櫻田 巧, 谷口 順平, 藤井 聖子, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 阿部 真治, 川添 和義, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 水口 和生 :
アンジオテンシンII による血管リモデリングに対するニトロソニフェジピンの影響,
第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2010年11月.
340. 田島 壮一郎, 池田 康将, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 冨田 修平, 山野 範子, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
鉄キレート剤 deferoxamine は内皮細胞活性化により血管新生を促進する,
第20回日本循環薬理学会, 2010年11月.
341. 土屋 浩一郎, 石澤 啓介, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 玉置 俊晃 :
亜硝酸塩由来血中NO動態に与える経口鉄の影響,
第22回腎とフリーラジカル研究会, 2010年10月.
342. 今西 正樹, 石澤 啓介, 富永 えりか, 櫻田 巧, 堀ノ内 裕也, 谷口 順平, 藤井 聖子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Angiotensin II による血管平滑筋細胞の遊走および増殖に対するnifedipine代謝物の抑制作用とそのメカニズム,
第33回日本高血圧学会, 2010年10月.
343. 田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 山野 範子, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
2型糖尿病モデルマウスに対する鉄キレート剤による糖尿病改善効果の検討,
第34回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会, 2010年9月.
344. 藤井 聖子, 石澤 啓介, 今西 正樹, 富永 えりか, 桜田 巧, 谷口 順平, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
AngiotensinⅡ誘発血管リモデリングに対するnitrosonifedipineの抑制効果,
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2010, 2010年9月.
345. 冨田 修平, 木平 孝高, 池田 康将, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
動脈硬化に伴う血管リモデリングに対してT細胞のHIF-1 は抑制的に機能する.,
第31回日本炎症再生医学会, 2010年8月.
346. 今西 正樹, 石澤 啓介, 富永 えりか, 堀ノ内 裕也, 谷口 順平, 藤井 聖子, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Nifedipine代謝物によるangiotensin II 誘発血管平滑筋細胞遊走及び増殖に対する抑制作用,
第117回日本薬理学会近畿部会, 2010年7月.
347. 石澤 啓介, 今西 正樹, Erika Tminaga, 堀ノ内 裕也, Takumi Sakurada, Zyunpei Taniguchi, Seiko Fujii, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
Nifedipine代謝物はangiotensinⅡによる血管平滑筋細胞遊走および増殖を抑制する,
第63回日本酸化ストレス学会, 2010年6月.
348. 池田 康将, 土屋 浩一郎, 田島 壮一郎, 堀ノ内 裕也, 木平 孝高, 石澤 啓介, 冨田 修平, 高石 喜久, 玉置 俊晃 :
徳島県名産スダチ果皮の抗生活習慣病作用,
第83回日本薬理学会年会 シンポジウム「 肥満の栄養ゲノミクスと薬理ゲノミクス」, 2010年3月.
349. 石澤 啓介, 吉栖 正典, Dortsuren Naruantungalag, 今村 優子, 池田 康将, 寺尾 純二, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
ケルセチンの生体内代謝と動脈硬化予防効果,
第83回 日本薬理学会年会シンポジウム「健康食品の薬理学」, 2010年3月.
350. 田島 壮一郎, 池田 康将, 土屋 浩一郎, 堀ノ内 裕也, 櫻田 巧, 木平 孝高, 石澤 啓介, 川添 和義, 冨田 修平, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
KK-Ay マウスにおける鉄キレート剤Deferoxamineによる糖尿病病態改善効果の検討,
第83回 日本薬理学会, 2010年3月.
351. 福原 弥生, 冨田 修平, 木平 孝高, 池田 康将, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 吉栖 正典, 玉置 俊晃 :
T細胞のHIF-1aは,動脈硬化に伴う血管リモデリングを抑制的に制御する,
第39回日本心脈管作動物質学会, 2010年2月.
352. 富永 えりか, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 今西 正樹, 谷口 順平, 川添 和義, 木平 孝高, 池田 康将, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
Angiotensin IIによる血管平滑筋細胞遊走に対するnifedipine代謝物の影響,
第30回日本臨床薬理学会年会, 2009年12月.
353. 高石 喜久, 柏田 良樹, 橋田 和佳, 北岡 信, 三口 弘介, 中川 剛夫, 土屋 浩一郎, 井端 和郎 :
スダチ(Citrus sudachi)果皮のSIRT1活性化成分について,
第3回食品薬学シンポジウム, 114-116, 2009年11月.
354. 富永 えりか, 石澤 啓介, 櫻田 巧, 今西 正樹, 谷口 順平, 山﨑 有希子, 木平 孝高, 川添 和義, 土屋 浩一郎, 水口 和生, 玉置 俊晃 :
ニフェジピン代謝物はアンジオテンシンⅡ誘発血管平滑筋細胞遊走を抑制する,
第48回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
355. 山﨑 有希子, 石澤 啓介, 富永 えりか, 谷口 順平, 櫻田 巧, 川添 和義, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃, 水口 和生 :
アンジオテンシンⅡによる血管平滑筋細胞遊走・増殖における細胞内鉄の関与,
第48回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
356. 福原 弥生, 冨田 修平, 浦田 将久, 木平 孝高, 池田 康将, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
モノクロタリン誘導肺高血圧症モデルマウスにおける 血管内皮細胞の低酸素応答因子(HIF-1b)の役割,
第116回 日本薬理学会近畿部会, 2009年6月.
357. 三木 あかね, 菊石 美也子, 日野出 晴美, 東 満美, 樋口 富彦, 土屋 浩一郎, 木原 勝, 高石 喜久 :
徳島大学薬学部における自学能力育成への取組,
日本薬学会129年会, 0, 2009年3月.
358. 田島 壮一郎, 土屋 浩一郎, 濱本 磨以, 堀ノ内 裕也, 冨田 修平, 石澤 啓介, 川添 和義, 玉置 俊晃, 水口 和生 :
Angiotensin IIによるヒト腎糸球体血管内皮細胞(HGEC)内における鉄動態の検討,
日本薬学会129年会, 2009年3月.
359. 東 満美, 日野出 晴美, 柏田 良樹, 吉田 昌裕, 山﨑 尚志, 土屋 浩一郎, 山内 あい子, 柴田 洋文, 新垣 尚捷, 滝口 祥令, 荒木 勉, 吉村 好之, 姫田 敏樹, 石田 竜弘, 辻 大輔, 木原 勝 :
徳島大学薬学部OSCEトライアル実施体制の確立と検証,
第17回 日本医療薬学会年会, 2007年9月.
360. 田岡 千明, 土屋 浩一郎, 神谷 昌樹, 根本 尚夫, 石澤 啓介, 山口 邦久, 滝口 祥令, 玉置 俊晃 :
水溶性Fenofibrate製剤の作成と中性脂肪低下作用の検討,
第111回 日本薬理学会近畿部会, 81, 2007年6月.
361. 佐野 真純, 德村 彰, 土屋 浩一郎, 柴田 瑩, 福澤 健治 :
過酸化脂質の簡易比色定量法:発色成分 [キシレノールオレンジFe3+錯体ー膜ホスファチジルコリン] 複合体の性質,
日本過酸化脂質フリーラジカル学会第31回大会, 2007年6月.
362. 神谷 昌樹, 中本 亜樹, 河村 知志, 根本 尚夫, 土屋 浩一郎, 滝口 祥令 :
高脂血症治療薬・フェノフィブラートのBGL Modificationによる中性脂肪低下効果の検討,
日本薬学会 第127年会, Vol.31-0567, 2007年3月.
363. 松村 敏彦, 宮本 由加里, 黒川 ふみ, 阿部 真治, 榊原 啓之, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 清水 寛, 寺尾 純二, 玉置 俊晃, 川添 和義, 水口 和生 :
ラット強制水泳試験における漢方薬の抗うつ作用の検討,
第45回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 125, 2006年10月.
364. 田中 直伸, 中川 博之, 橋田 和佳, 佐藤 昌俊, 奥瀬 由惟, 田岡 千明, 岩永 智史, 土屋 浩一郎, 高石 喜久 :
スダチCitrus sudachi)の含有成分並びに血糖値上昇抑制作用について,
第一回食品薬学シンポジウム, 2006年10月.
365. 川添 和義, 松村 敏彦, 黒川 ふみ, 榊原 啓之, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 清水 寛, 寺尾 純二, 玉置 俊晃, 水口 和生 :
ラット強制水泳試験による漢方薬の抗うつ作用評価,
第109回日本薬理学会近畿部会, 30, 2006年6月.
366. 堀長 志帆, 吉村 祥穂, 村田 有希, 土屋 浩一郎, 峰松 敏彦, 川添 和義, 高石 喜久, 福井 裕行 :
苦参,小青竜湯のアレルギー疾患関連遺伝子発現機構への影響,
第43回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2004年11月.
367. 石上 まみ, 池平 しのぶ, 三好 真紀, 土屋 浩一郎, 滝口 祥令, 高石 喜久 :
竹粉末のロペラミン誘発便秘改善作用,
第43回日本薬学会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2004年11月.
368. 生田 雅子, 石澤 啓介, 水口 和生, 土屋 浩一郎, 山内 あい子, 木原 勝 :
徳島大学病院におけるTPN処方設計支援ソフトの使用評価と改良,
日本薬学会 第124年会, 2004年3月.
369. 合田 真規, 山内 あい子, 木原 勝, 土屋 浩一郎, 水口 和生 :
徳島大·医·病院におけるIVH処方設計支援ソフトを使用してみて,
第36回日本薬学会·日本病院薬剤師会学術大会 中国四国支部大会, 1997年11月.

その他・研究会:

1. 村田 梨菜, 村上 圭史, 廣島 佑香, 土屋 浩一郎, 片岡 佳子, 藤猪 英樹 :
緑膿菌における抗菌薬添加によるスーパーオキシドの発生について,
徳島大学研究クラスター Joint Meeting on Microbiology 2020, 2020年11月.
2. 池原 敏孝, 中橋 睦美, 土屋 浩一郎, 榎本 崇宏, 芥川 正武, 髙橋 章, 木内 陽介 :
405 nm LED光照射に誘導される活性酸素が培養HeLaS3細胞に及ぼす影響,
LED総合フォーラム2020 in 徳島, 145-148, 2020年2月.
3. 宮本 理人, 中山 卓, 服部 真奈, 井上 陽加, 土屋 浩一郎 :
α-TC SGLT2,
循環器ミニリトリート, 2019年2月.
4. Yasuoka Takashi, Licht Miyamoto, Tsuchihashi Yuki, Sone Tsubasa, Masuda Shiori and Koichiro Tsuchiya :
Circadian disruption during the late gestation period does not affect offspring birth weight,
小豆島リトリート, Sep. 2018.
5. 桂 明里, 宮本 理人, 土屋 浩一郎 :
藍含有成分がAhRに与える影響の検討,
夏の生物系勉強会, 2018年8月.
6. 大西 伶奈, 宮本 理人, 土屋 浩一郎 :
CaffeineによるAMPK活性調節メカニズムの検討,
第4回徳島大学薬理カンファレンス, 2018年7月.
7. 竹之熊 和也, 宮本 理人, 土屋 浩一郎 :
カフェインによるAMPK活性化メカニズムの解析,
心血管ミニリトリート, 2016年1月.
8. 友川 剛己, 宮本 理人, 土屋 浩一郎 :
運動によるAMPK の活性化に関与する機構の検討,
心血管ミニリトリート, 2016年1月.
9. 秦野 彩, 宮本 理人, 土屋 浩一郎 :
グリニド薬とSGLT2阻害薬の併用療法,
大学間連携事業 評価委員会C, 2015年9月.
10. 上島 沙弥香, 宮本 理人, 土屋 浩一郎 :
肝AMPK活性の新たな調節機構の検討,
大学間連携事業 評価委員会C, 2015年9月.
11. Yuki Tsuchihashi, Licht Miyamoto, Hisao Nemoto and Koichiro Tsuchiya :
Effect of novel branched oligoglycerols-conjugated (BGL) paclitaxels against lung cancer,
Tokushima Bioscience Retreat, Sep. 2015.
12. Goki Tomokawa, Licht Miyamoto and Koichiro Tsuchiya :
Mechanism involved in AMPK activation by exercise,
Tokushima Bioscience Retreat, Sep. 2015.
13. 宮本 理人, 江川 達郎, 大島 里詠子, 黒木 英梨子, 土屋 浩一郎, 林 達也 :
AMPK活性化剤はどこまで運動療法の代謝改善効果を模倣できるか?―メタボローム分析による検証―,
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム, 2015年8月.
14. 津田 勝範, 宮本 理人, 土屋 浩一郎 :
鉄による脂質過酸化生成に対するニトロソニフェジピン(NO-NIF)の抑制機構の検討,
夏の生物系勉強会, 2015年8月.
15. 秦野 彩, 宮本 理人, 土屋 浩一郎 :
グリニド薬とSGLT2 阻害薬の併用による有用性,
夏の生物系勉強会, 2015年8月.
16. 許 文婷, 宮本 理人, 土屋 浩一郎 :
The Mechanism of Citrus Sudachi Peel Extract Exerts Lipid Reducing Effect in Cells,
夏の生物系勉強会, 2015年8月.
17. 秦野 彩, Licht Miyamoto and Koichiro Tsuchiya :
Combination therapy of the glinide and SGLT2 inhibitor effectively lowers blood glucose level.,
アディポサイエンス研究会, Aug. 2015.
18. 秦野 彩, 宮本 理人, 竹之熊 和也, 友川 剛己, 松田 裕樹, 服部 真奈, 土屋 浩一郎 :
速効型インスリン分泌促進剤,ナテグリニドとSGLT2 阻害剤,カナグリフロジンの併用による効果の検討,
徳島医学会, 2015年8月.
19. 津田 勝範, 宮本 理人, 森本 悠里, 濱野 修一, 石澤 啓介, 木平 考高, 池田 康将, 玉置 俊晃, 土屋 浩一郎 :
鉄過剰ストレスに対するニトロソニフェジピン(NO-NIF)の抗酸化メカニズム検討,
徳島医学会, 2015年8月.

報告書:

1. 吉栖 正典, 石澤 啓介, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
インスリン抵抗性に対するロサルタンおよびロサルタンと運動の併用による効果-モデルラットを用いたin vivoでの検討-,
第17回 健康医科学 研究助成論文集, No.17, 124-134, 東京, 2002年3月.

特許:

1. 高石 喜久, 土屋 浩一郎 : 新規ポリフェノール化合物, 特願P2005-237783, 特開P2007-51099A, .
2. 高石 喜久, 土屋 浩一郎 : 天然素材を有効に利用した組成物,並びに当該組成物を含有する医薬組成物,健康食品及びサプリメントを提供すること, 特願2006-2211171, 特開2007-77139, .
3. 土屋 浩一郎, 木下 良治 : 前処理装置, (2016年10月), (2017年4月), 特許第2017-78716(P2017-78716A)号 (2017年4月).
4. 土屋 浩一郎 : 光応答性消臭抗菌剤, (2016年2月), (2017年9月), 特許第2017-154985(P2017-154985A)号 (2017年9月).
5. 竹内 敏己, 土屋 浩一郎, 阿部 武由, 福岡 憲泰 : 薬物動態パラメータの推定方法及び薬物動態パラメータの推定プログラム, 特願2014-63011 (2014年6月), 特開2015-181853 (2015年10月), .
6. 玉置 俊晃, 池田 康将, 土屋 浩一郎 : マクロファージの浸潤抑制によるインスリン抵抗性改善剤, (2011年), 特許第2011-174001号 (2011年).
7. 根本 尚夫, 土屋 浩一郎, 片桐 彩人 : パクリタキセル誘導体, 特願2010-270797 (2010年10月), 特開2012-999999 (2012年4月), 特許第9999999999号 (2010年).
8. 高石 喜久, 土屋 浩一郎 : 新規NAD依存性脱アセチル化酵素活性化剤, 特願2007-301398 (2007年11月), 特開2009-126799 (2009年6月), .
9. 根本 尚夫, 神谷 昌樹, 土屋 浩一郎 : ポリアルコール化合物, 特願2007-020062 (2007年1月), .

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 脂肪細胞分化および機能に対する加圧ストレスの効果の解明 (研究課題/領域番号: 20K11389 )
  • 亜硝酸塩による白色脂肪細胞からベージュ細胞への転換機構の解明 (研究課題/領域番号: 19K07100 )
  • グルカゴンシグナルを指標とした食餌性亜硝酸塩による抗糖尿病効果の解明 (研究課題/領域番号: 16K08550 )
  • 食事性亜硝酸によるエピゲノム修飾に対する作用と生理的役割解明 (研究課題/領域番号: 15H02898 )
  • 食餌性由来亜硝酸塩によるAMPK活性化機構の解明 (研究課題/領域番号: 25460332 )
  • 糖尿病性腎症モデルラットにおける亜硝酸塩による腎保護作用の検討 (研究課題/領域番号: 22590241 )
  • 生体内における亜硝酸由来NO生成因子の解明 (研究課題/領域番号: 18590235 )
  • 亜硝酸由来の新しい一酸化窒素産生系の生理的・病態生理的役割の解明 (研究課題/領域番号: 17390066 )
  • 腎虚血-再潅流時の腎臓内亜硝酸由来NO産生の病態生理学的役割の解明 (研究課題/領域番号: 16590196 )
  • 糖尿病性微小血管障害での新規MAPキナーゼ、BMK1の生理的役割の解明と分子創薬 (研究課題/領域番号: 16590195 )
  • 生体内でのフラボノイド代謝物の抗酸化機序の解明 (研究課題/領域番号: 14770034 )
  • 糖尿病性腎症での新規MAPキナーゼ、BMK1の役割解明とそれを標的とした分子創薬 (研究課題/領域番号: 14570078 )
  • 腎臓の虚血再灌流障害における活性窒素種の産生機序と障害に対する役割解明 (研究課題/領域番号: 13670087 )
  • エンドセリン(1-31)の炎症性疾患に対する病態生理学的役割解明 (研究課題/領域番号: 12557008 )
  • 電子スピン共鳴(ESR)法を用いた生体内一酸化窒素(NO)の直接測定 (研究課題/領域番号: 10770041 )
  • 研究者番号(70301314)による検索