検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 保健科学域 > 保健科学部門 > 放射線科学系 > 放射線理工学 >
徳島大学 > 医学部 > 保健学科 > 放射線技術科学専攻 > 医用放射線科学講座 >
徳島大学 > 保健科学教育部 > 保健学専攻 > 医用情報科学領域 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704063 新規な化学的分離法・濃縮法・検出法の創製に基づく精密分析法の開発(分離と検出の科学クラスター) >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704019 放射線研究-放射線の作用並びにラジカルの反応機構解明から放射線検出材・耐性剤・防護剤・増感剤の開発まで- >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

核化学 (Nuclear Chemistry), 放射化学 (Radiochemistry), 核物理学 (Nuclear Physics), 放射線計測学 (Radiation Measurement), 分析化学 (Analytical Chemistry), 放射線安全管理学 (Radiation Safety Management)
放射化学 (Radiochemistry)
放射線防護

研究テーマ

中性子不足アメリシウム同位体のアルファ壊変特性 (アメリシウム同位体($_{95}$Am)を含む中性子不足アクチノイド核種領域には,半減期が数分と予測されているにもかかわらず,未発見の核種や,その存在が確認されているものの壊変特性データの不明確な核種が多数ある.図1に,中性子不足アクチノイド核種領域を含むトリウムから112番元素までの核図表を示す.この核種領域の研究が困難な理由として,第一に,陽子ドリップライン近傍では,中性子の分離エネルギーが高くなり,蒸発残留核が生成しにくい.また,核分裂過程が強くなるために,蒸発残留核が生成したとしても残存する確率が低い.第二に,これら核種の主要な壊変形式が,電子捕獲(Electron Capture : EC)壊変であると予想され,EC壊変に伴う特性X線を検出する必要があり,バックグラウンドとの競争で検出限界が高くなる.この領域での未知核種の探索とその壊変特性に関する研究は,中性子が不足している原子核(陽子ドリップライン近傍核)の安定性や核構造を理解する上で非常に興味深い.主要な壊変形式は,EC壊変であるが,その分岐比の小さいα壊変特性は,超アクチノイド元素の原子核質量値を決定する上で重要な役割を果たす.たとえば,超アクチノイド核種の$^{255, 256}$Db,$^{259}$Sg,$^{261}$Bh,$^{266}$Mt,$^{253}$Rfは,比較的早い時期から米国,ドイツ,ロシアをはじめとする重元素合成実験(hot fusionやcold fusion)で合成されてきた.通常,それら核種同定は,α壊変連鎖を逐次観測し,α娘核までの到達によって行われている.そのα壊変連鎖の末端を,さらに下っていくと精度良く原子核質量値が求められている既知α娘核まで到達できる.そこから,各々のα壊変エネルギー(≒$Q_{lpha }$)を積み上げていくことによって,超アクチノイド元素の原子核質量を精度良く決定することができる.しかしながら,α壊変連鎖の途中に位置する中性子不足アクチノイド核種の分岐比の小さいα壊変特性のために,そのα壊変エネルギーの情報を得ることができず,超アクチノイド元素の原子核質量を正確に決定することができない.またさらに,中性子不足アクチノイド核種は,$Q_{athrm{EC}}$($> 3$ MeV)が大きく,娘核の核異性体の寿命が長いのが特徴で,特異的な核分裂過程である電子捕獲遅延核分裂(EC-delayed fission)を起す可能性が高い.この核分裂過程は,超新星爆発時の元素合成過程解明の鍵を握るβ壊変遅延核分裂と相補的な関係であるので,中性子不足アクチノイド領域核種の詳細な壊変特性データが得られるならば,今後の元素合成過程解明の基礎データとなる.)
環境中の極微量放射性核種と安定主要・稀少元素との相関の解明 (環境放射能)
粒子・放射線輸送挙動解析コードPHITSを用いた基礎及び応用研究 (放射線治療 (radiation therapy), 放射線 (radiation))

著書・論文

著書:

1. 阪間 稔 :
放射化学,
共立出版株式会社, 2018年4月.
2. 阪間 稔 :
日本医学物理学会編 密封小線源治療における吸収線量の標準計測法(小線源標準計測法18):付録6 125I線源代替測定法,
日本医学物理学会, 2018年3月.
3. Minoru Sakama, Shinsaku Takeda, Erika Matsumoto, Tomoki Harukuni, Hitoshi Ikushima, Yukihiko Satou and Keisuke Sueki :
Monte Carlo Evaluation of Internal Dose and Distribution Imaging Due to Insoluble Radioactive Cs-Bearing Particles of Water Deposited Inside Lungs via Pulmonary Inhalation Using PHITS Code Combined with Voxel Phantom Data,
Springer, Feb. 2016.
(DOI: 10.1007/978-4-431-55848-4_19,   Elsevier: Scopus)
4. 阪間 稔, 天野 良平, 鷲山 幸信, 森川 恵子 :
新・医用放射線技術実験(基礎編)放射化学,
共立出版株式会社, 2016年1月.

学術論文(審査論文):

1. Minoru Sakama, Ken'ichi Fujimoto, K. Inoue, M. Fukushi, Y. Imajyo, T. Fukuhara, M. Matsuura, M. Fujisawa and E. Matsumoto-Kawaguchi :
FEASIBILITY STUDY ON THE FUSION OF PHITS SIMULATIONS AND THE DLNN ALGORITHM FOR A NEW QUANTITATIVE METHOD OF IN-SITU MULTIPLE-CHANNEL DEPTH DISTRIBUTION SPECTROMETRY,
Radiation Protection Dosimetry, Vol.ncz093, 2019.
(DOI: 10.1093/rpd/ncz093,   PubMed: 31038704)
2. Tetsuya K Sato, Masato ASAI, Anastasia Borschevsky, Randolf Beerwerth, Yusuke Kanaya, Hiroyuki Makii, Akina Mitsukai, Yuichiro Nagame, Akihiko Osa, Atsushi Toyoshima, Kazuaki Tsukada, Minoru Sakama, Sinsaku Takeda, Kazuhiro Ooe, Daisuke Sato, Yudai Shigekawa, Shin-ichi Ichikawa, Christoph E Dullmann, Jessica Grund, Dennis Renisch, Jens V Kratz, Matthias Schaedel, Ephraim Eliav, Uzi Kaldor, Stephan Fritzsche and Thierry Stora :
First Ionization Potentials of Fm, Md, No, and Lr: Verification of Filling-Up of 5f Electrons and Confirmation of the Actinide Series,
Journal of the American Chemical Society, Vol.140, No.44, 14609-14613, 2018.
(DOI: 10.1021/jacs.8b09068,   PubMed: 30358998)
3. Takuya Saze, Miyake Hitoshi and Minoru Sakama :
Verification of the Thermal Neutron Shielding Effect of the Shielding Door of the LHD Experimental Hall,
Plasma and Fusion Research, Vol.13, No.1205101, 2018.
(DOI: 10.1585/pfr.13.1205101)
4. Midori Yoshida, Eiichi Honda, Oyunbat Dashpuntsag, Naoki Maeda, Hidehiko Hosoki, Minoru Sakama and Toshiko Tada :
Availability of Japanese Government's supplemental texts on radiation reflecting the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident for elementary and secondary education from dental students' understanding,
Journal of Environmental Radioactivity, Vol.155-156, 7-14, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 113039,   DOI: 10.1016/j.jenvrad.2016.01.015,   PubMed: 26875111,   Elsevier: Scopus)
5. T Imamura, Z Kanno, H Imai, T Sugiyama, T Wada, Midori Yoshida, Minoru Sakama, T Ono, Eiichi Honda and M Uo :
Infiltration of trace metal ions in the oral mucosa of a rat analyzed using SRXRF, XAFS, and ICP-MS,
Dental Materials Journal, Vol.34, No.6, 814-821, 2015.
(DOI: 10.4012/dmj.2015-036,   PubMed: 26632229)
6. 鷲山 幸信, 天野 良平, 野崎 正, 小川 幸次, 永津 弘太郎, 阪間 稔, 井戸 達雄, 山口 博司 :
低レベル放射能のGe-68を用いたGe-68/Ga-68ジェネレータの作製と放射化学実習への応用,
日本放射線技術学会雑誌, Vol.10, No.7, 1-11, 2015年.
(DOI: 10.6009/jjrt.2015_JSRT_71.10.983)
7. Noriko Yamano, Yasumasa Ikeda, Minoru Sakama, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Licht Miyamoto, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
A Long-Term High-Fat Diet Changes Iron Distribution in Body, Increasing Iron Accumulation Specifically in the Mouse Spleen,
Journal of Nutritional Science and Vitaminology, Vol.61, No.1, 20-27, 2015.
(DOI: 10.3177/jnsv.61.20,   PubMed: 25994136,   CiNii: 40020377946,   Elsevier: Scopus)
8. Minoru Sakama, Yusuke Nagano, Takashi Kitade, Osamu Shikino and Shintaro Nakayama :
Correlation between Asian Dust and Specific Radioactivities of Fission Products included in Airborne Samples in Tokushima, Shikoku Island, Japan,
Nuclear Data Sheets, Vol.120, No.C, 250-253, 2014.
(DOI: 10.1016/j.nds.2014.07.059,   Elsevier: Scopus)
9. Erika Matsumoto, Shintaro Nakayama, Minoru Sakama, Yoshinori Kuwahara, Koji Tominaga and Takuya Saze :
Simple Screening Method for Radioactive Concentration Using a Portable Dose Rate Meter,
Radiation Safety Management, Vol.12, No.2, 56-60, 2013.
(DOI: 10.12950/rsm.12.56,   CiNii: 130003388424)
10. Kazuhiro Shiba, Yoji Kitamura, Takashi Kozaka, Izumi Uno, Kikuo Shimizu, Kazuyoshi Masumoto, Masahiro Hirota, Shogo Higaki, Hirokazu Miyoshi, Takuya Saze, Minoru Sakama and Makoto Yanaga :
Decontamination of radioactivity from contaminated vegetables derived from the Fukushima nuclear accident,
Radiation Measurements, Vol.55, 26-29, 2013.
(DOI: 10.1016/j.radmeas.2013.01.010)
11. Kazumitsu Sekine, Minoru Sakama and Kenichi Hamada :
Evaluation of strontium introduced apatite cement as the injectable bone substitute developments.,
Conference proceedings : ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, Vol.2013 35th, 858-861, 2013.
(DOI: 10.1109/EMBC.2013.6609636,   PubMed: 24109823)
12. Hitoshi Kubo, Masafumi Harada, Minoru Sakama, Tsuyoshi Matsuda and Hideki Otsuka :
Preliminary observation of dynamic changes in alcohol concentration in the human brain with proton magnetic resonance spectroscopy on a 3T MR instrument,
Magnetic Resonance in Medical Sciences, Vol.12, No.3, 235-240, 2013.
(DOI: 10.2463/mrms.2012-0056,   PubMed: 23857146,   CiNii: 130003366418,   Elsevier: Scopus)
13. Minoru Sakama, Yusuke Nagano, Takuya Saze, Shogo Higaki and Takashi Kitade :
APPLICATION OF ICP-DRC-MS TO SCREENING TEST OF STRONTIUM AND PLUTONIUM IN ENVIRONMENTAL SAPMLES AT FUKUSHIMA,
Applied Radiation and Isotopes, Vol.ARI, No.6184, S0969-8043(13)00146-2, 2013.
(DOI: 10.1016/j.apradiso.2013.03.056,   PubMed: 23673254,   Elsevier: Scopus)
14. 清水 陸登, 井村 裕吉, 石田 啓祐, 阪間 稔 :
走行サーベイによる徳島県の環境放射線調査,
四国公衆衛生学会雑誌, Vol.58, No.1, 176-183, 2013年.
15. M. Asai, K. Tsukada, Minoru Sakama, H. Haba, T. Ichikawa, Y. Ishii, A. Toyoshima, T. Ishii, I. Nishinaka, Y. Nagame, Y. Kasamatsu, M. Shibata, Y. Kojima and Hiroaki Hayashi :
Ground-state configuration of the N = 157 nucleus 259No,
Physical Review C, Nuclear Physics, Vol.87, No.1, 014332-1-014332-6, 2013.
(DOI: 10.1103/PhysRevC.87.014332,   Elsevier: Scopus)
16. Ken-Ichi Fushimi, Shintaro Nakayama, Minoru Sakama and Sakaguchi Y. :
Measurement of airborne radioactivity from the Fukushima reactor accident in Tokushima, Japan,
KEK-proceedings, Vol.2012-8, 8-16, 2012.
(Elsevier: Scopus)
17. Minoru Sakama, Takuya Saze, Takashi Kitade and Osamu Shikino :
Development of elemental and isotopic analysis of uranium and thorium in material using an automatic SPE injection equipment coupled to ICP-DRC-MS,
International Journal of Modern Physics B, Vol.25, No.31, 4175-4179, 2011.
(DOI: 10.1142/S0217979211066520)
18. Minoru Sakama, Takuya Saze, K. Maeda, Eiichi Honda and Hiromu Nishitani :
The Distribution of Thermal Neutron Flux into the Self-shielded Wall Equipped with a Medical Self-shielded PET Cyclotron,
The Journal of the Korean Physical Society, Vol.29, No.2, 1995-1998, 2011.
(DOI: 10.3938/jkps.59.1995)
19. 坂口 由貴子, 阪間 稔, 伏見 賢一, 中山 信太郎 :
徳島における福島第一原子力発電所事故に伴う大気中人工放射性核種の測定,
徳島大学総合科学部自然科学研究, Vol.25, No.4, 39-45, 2011年.
(徳島大学機関リポジトリ: 84177,   CiNii: 110008763377)
20. 阪間 稔, 佐瀬 卓也, 谷井 喬, 前澤 博, 前田 幸志, 佐藤 一雄, 誉田 栄一, 西谷 弘 :
医療用自己遮蔽型PETサイクロトロン及び電子リニアックにおける中性子束の箔放射化法による測定,
日本放射線安全管理学会誌, Vol.7, No.2, 138-147, 2008年.
(DOI: 10.11269/jjrsm2001.7.138,   CiNii: 40016387353)
21. M. Asai, K. Tsukada, Y. Ishii, A. Toyoshima and Minoru Sakama :
Alpha-gamma coincidence spectroscopy of 259No,
JAEA-review, Vol.54, 40-41, 2008.
22. T. Yamagata, H. Akimune, Shintaro Nakayama, Y. Banshou, M. Fujiwara, K. Fushimi, M. B. Greenfield, K. Hara, K. Y. Hara, H. Hashimoto, H. Ikemizu, K. Kawase, M. Kinoshita, K. Nakanishi, M. Ohta, Minoru Sakama, M. Tanaka, H. Utsunomiya, N. Warashina and M. Yosoi :
Evidence for charged-particle decay of dipole-excited 4H clusters embedded in 6He and 7He,
Physical Review C, Nuclear Physics, Vol.77, No.2, 021303, 2008.
(DOI: 10.1103/PhysRevC.77.021303)
23. A. Toyoshima, H. Haba, K. Tsukada, M. Asai and Minoru Sakama :
Hexafluoro complex of rutherfordium in mixed HF/HNO3 solutions,
Radiochimica Acta, Vol.96, No.3, 125-134, 2008.
(DOI: 10.1524/ract.2008.1474,   CiNii: 80019439317)
24. Minoru Sakama, Hiroyoshi Imura, K. Kuze and A. Sasaya :
Investigation of uranium and thorium activities and their isotopic ratios in environmental water samples in Tokushima, Japan, using extraction chromatography and samarium coprecipitation,
Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry, Vol.273, No.1, 187-193, 2007.
(DOI: 10.1007/s10967-007-0734-8)
25. 久世 絋太郎, 阪間 稔, 井村 裕吉, 笹谷 章之 :
走行サーベイによる徳島県・三朝温泉(鳥取県)間の環境放射線の線量率調査,
KEK-proceedings, Vol.5, 186-190, 2006年.
26. 阪間 稔, 井村 裕吉, 笹谷 章之, 久世 絋太郎, 桑折 範彦 :
大気中の鉛(214Pb, 212Pb)とビスマス(214Bi)濃度の共沈分離による定量,
KEK-proceedings, Vol.5, 117-121, 2006年.
27. M. Asai, Minoru Sakama and K. Tsukada :
α decay of 238Cm and the new isotope 237Cm,
Physical Review C, Nuclear Physics, Vol.73, No.6, 067301, 2006.
(DOI: 10.1103/PhysRevC.73.067301)
28. Masato Asai, K. Tsukada, Minoru Sakama, S Ichikawa, T Ishii, Y Nagame, I Nishinaka, K Akiyama, A Osa, Y Oura, K Sueki and M Shibata :
Experimental Identification of Spin-Parities and Single-Particle Configurations in 257No and Its -Decay Daughter 253Fm,
Physical Review Letters, Vol.95, No.10, 102502, 2005.
(DOI: 10.1103/PhysRevLett.95.102502,   PubMed: 16196924)
29. Yuichiro Nagame and Minoru Sakama :
Chemical studies on rutherfordium (Rf) at JAERI,
Radiochimica Acta, Vol.93, No.9-10 NRC-6, 519-526, 2005.
(DOI: 10.1524/ract.2005.93.9-10.519)
30. 豊嶋 厚史, 塚田 和明, 浅井 雅人, 羽場 宏光, 阪間 稔 :
超重元素ラザホージウムの化学 -へキサフルオロ錯体[RfF6]-の形成-,
JAERI-conf, Vol.6, 11-14, 2005年.
31. Shin-ichi Ichikawa, M Asai, K Tsukada, H Haba, Y Nagame, M Shibata, Minoru Sakama and Y Kojima :
β-decay half-lives of new neutron-rich rare-earth isotopes 159Pm,162Sm, and 166Gd,
Physical Review C, Nuclear Physics, Vol.71, No.6, 067302, 2005.
(DOI: 10.1103/PhysRevC.71.067302)
32. Masato Asai, Minoru Sakama, K. Tsukada, S. Ichikawa, H. Haba, I. Nishinaka, Y. Nagame, S. Goto, Y. Kojima, Y. Oura, H. Nakahara, M. Shibata and K. Kawade :
Proton-neutron configurations in 236g, mAm and its EC-decay daughter 236Pu,
The European Physical Journal A - Hadrons and Nuclei, Vol.23, No.3, 395-400, 2005.
(DOI: 10.1140/epja/i2004-10096-6)
33. Masato Asai, Minoru Sakama, K. Tsukada, S. Ichikawa, H. Haba, I. Nishinaka, Y. Nagame, S. Goto, Y. Kojima, Y. Oura, H. Nakahara, M. Shibata and K. Kawade :
EC and alpha decays of 235Am,
The European Physical Journal A - Hadrons and Nuclei, Vol.22, No.3, 411-416, 2004.
(DOI: 10.1140/epja/i2004-10044-6)
34. 阪間 稔, 伏見 賢一, 中山 信太郎, 桑折 範彦, 山下 彩 :
環境中のラドン,トロン及びその子孫核種の動態調査研究,
放射線生物研究, Vol.39, No.2, 201-212, 2004年.
(CiNii: 40006323531)
35. Hiromitsu Haba, Kazuaki Tsukada, Masato Asai, Atsushi Toyoshima, Kazuhiko Akiyama, Ichiro Nishinaka, Masaru Hirata, Tsuyoshi Yaita, Shin-ichi Ichikawa, Yuichiro Nagame, Ken-ichiro Yasuda, Yutaka Miyamoto, Tetsuya Kaneko, Shin-ichi Goto, Sawako Ono, Toshiyuki Hirai, Hisaaki Kudo, Mitsuru Shigekawa, Atsushi Shinohara, Yasuji Oura, Hiromichi Nakahara, Keisuke Sueki, Hidetoshi Kikunaga, Norikazu Kinoshita, Naoya Tsuruga, Akihiko Yokoyama, Minoru Sakama, Shuich Enomoto, Matthias Schädel, Willy Brüchle and Jens V. Kratz :
Fluoride complexation of element 104, rutherfordium,
Journal of the American Chemical Society, Vol.126, No.16, 5219-5224, 2004.
(DOI: 10.1021/ja031824u,   PubMed: 15099106,   CiNii: 80016641470)
36. Y. Nagame, H. Haba, K. Tsukada, Minoru Sakama and M. Asai :
Chemical studies of the heaviest elements,
Nuclear Physics A, Vol.734, No.0, 124-135, 2004.
(DOI: 10.1016/j.nuclphysa.2004.01.021)
37. Shintaro Nakayama, T. Yamagata, H. Akimune, M. Fujiwara, Ken-Ichi Fushimi, M.B. Greenfield, K. Hara, K.Y. Hara, H. Hashimoto, K. Ichihara, K. Kawase, Y. Matsui, K. Nakanishi, Minoru Sakama, M. Tanaka and M. Yosoi :
Tri-nucleon cluster-states in 6Li,
Nuclear Physics A, Vol.734, 461-464, 2004.
(DOI: 10.1016/j.nuclphysa.2004.01.086)
38. Minoru Sakama, M. Asai, K. Tsukada, S. Ichikawa, I. Nishinaka, Y. Nagame, H. Haba, S. Goto, M. Shibata, K. Kawade, Y. Kojima, Y. Oura, M. Ebihara and H. Nakahara :
α-decays of Neutron-deficient Americium Isotopes,
Physical Review C, Nuclear Physics, Vol.69, No.1, 014308, 2004.
(DOI: 10.1103/PhysRevC.69.014308,   Elsevier: Scopus)
39. 阪間 稔, 山下 彩, 伏見 賢一, 中山 信太郎, 桑折 範彦 :
野島断層500mボーリングコアの深度方向に対するガンマ線放出核種の放射能濃度分布,
KEK proceedings, Vol.2003-11, 162-166, 2004年.
40. 阪間 稔, 山下 彩, 桑折 範彦, 伏見 賢一 :
徳島県における大気·雨水中ラドン子孫核種及びBe-7の濃度,
KEK proceedings, Vol.2004-08, 71-77, 2004年.
41. Masato Asai, K. Tsukada, S. Ichikawa, Minoru Sakama, H. Haba, Y. Nagame, I. Nishinaka, K. Akiyama, A. Toyoshima, T. Kaneko, Y. Oura, Y. Kojima and M. Shibata :
Identification of the new isotope 241Bk,
The European Physical Journal A - Hadrons and Nuclei, Vol.16, No.1, 17-19, 2003.
(DOI: 10.1140/epja/i2002-10112-y)
42. 阪間 稔 :
中性子不足アメリシウム·キュリウム核種のα/EC壊変特性,
JAERI-Review, Vol.2003-001, 4-9, 2003年.
43. Hitoshi Kubo, Masafumi Harada, Minoru Sakama and Hiromu Nishitani :
Reproducibility of Metabolite Concentration Evaluated by Intraclass Correlation Coefficient Using Clinical MR Apparatus.,
Journal of Computer Assisted Tomography, Vol.27, No.3, 449-453, 2003.
(PubMed: 12794615)
44. Masato Asai, Minoru Sakama, K. Tsukada, S. Ichikawa, H. Haba, I. Nishinaka, Y. Nagame, S. Goto, K. Akiyama, A. Toyoshima, Y. Kojima, Y. Oura, H. Nakahara, M. Shibata and K. Kawade :
Decay studies of neutron-deficient Am, Cm, and Bk nuclei using an on-line isotope separator,
Journal of Nuclear and Radiochemical Sciences, Vol.3, No.1, 187-190, 2002.
(CiNii: 10013978563)
45. Shin-ichi Ichikawa, K. Tsukada, M. Asai, H Haba, Minoru Sakama, Y Kojima, M Shibata, Y Nagame, Y Oura and K Kawade :
Performance of the multiple target He/PbI2 aerosol jet system for mass separation of neutron-deficient actinide isotopes,
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms, Vol.187, No.4, 548-554, 2002.
(DOI: 10.1016/S0168-583X(01)01145-4,   CiNii: 80015191639)
46. Saya Yamashita and Minoru Sakama :
Variation of 7Be concentration in Tokushima,
KEK Proceedings, Vol.2002-12, 117-123, 2002.
47. Minoru Sakama :
Actinides Neutron-deficient the of Properties Decay Nuclear,
Journal of Nuclear Science and Technology (Japan), Vol.3, 34-37, 2002.
(DOI: 10.1080/00223131.2002.10875403,   Elsevier: Scopus)
48. Minoru Sakama, K. Tsukada, M. Asai, S. Ichikawa, H. Haba, S. Goto, Y. Oura, I. Nishinaka, Y. Nagame, M. Shibata, Y. Kojima, K. Kawade, M. Ebihara and H. Nakahara :
New Isotope 233Am,
The European Physical Journal A - Hadrons and Nuclei, Vol.9, No.3, 303-305, 2000.
(DOI: 10.1007/s100500070013,   Elsevier: Scopus)
49. Minoru Sakama :
Decay properties of neutron-deficient actinides,
JAERI-conf, Vol.2000-005, 313-318, 2000.
50. 阪間 稔 :
原研Gas-jet ISOLによる新中性子不足アクチノイド核種235, 236Amの半減期測定,
JAERI-Conf, Vol.99, No.013, 124-126, 1999年.
51. Minoru Sakama :
Half-life of 235Am,
JAERI-Review, Vol.99, No.028, 20-21, 1999.
52. Minoru Sakama :
Improvement of Overall Efficiency of the Gas-Jet Coupled JAERI-ISOL and Search for New Neutron Deficient Americium Isotopes,
JAERI-Review, Vol.98, No.017, 37-38, 1998.

学術論文(紀要・その他):

1. 井村 裕吉, 清水 陸登, 石田 啓祐, 阪間 稔 :
走行サーベイによる四国の環境放射線調査,
徳島大学総合科学部自然科学研究, Vol.29, No.2, 21-29, 2015年.
(徳島大学機関リポジトリ: 111007)
2. 井村 裕吉, 清水 陸登, 石田 啓祐, 阪間 稔 :
走行サーベイによる香川県の環境放射線調査,
徳島大学総合科学部自然科学研究, Vol.27, No.2, 7-12, 2013年.
(徳島大学機関リポジトリ: 105956,   CiNii: 120005352794)
3. 阪間 稔 :
未知中性子不足アクチノイド核種の探索と壊変特性に関する研究,
徳島大学医療短期大学部紀要, Vol.10, 129-134, 2000年.
(CiNii: 110001262304)

総説・解説:

1. 阪間 稔, 中山 信太郎, 佐瀬 卓也, 西澤 邦秀, 佐藤 一雄, 松本 絵里佳, 坂口 由貴子, 長野 裕介, 誉田 栄一, 山本 真由美, 吉田 みどり, 桑原 義典, 三浦 哉, 小野 覚久, 荒木 秀夫, 紀之定 和代, 田中 耕市 :
徳島大学における原子力災害復興住民支援プロジェクト放射線教育・運動指導・発達支援の統合プログラムの紹介,
放射線生物研究, Vol.52, No.1, 95-114, 2017年4月.
2. Minoru Sakama :
Recent great impact by an Isotopes Separator On-Line (ISOL) in nuclear and radiochemistry,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.63, No.1,2, 19-26, Feb. 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 111148,   DOI: 10.2152/jmi.63.19,   PubMed: 27040048)
3. 阪間 稔, 安野 卓, 山田 隆治, 嵯峨山 和美 :
前立腺癌治療用ヨウ素(I-125)シード放射線強度品質管理測定システムの開発と製品化,
Isotope News, No.8, 18-21, 2015年8月.
4. Minoru Sakama :
Introduction of nuclear and radiochemistry -from heavy ion and superheavy elemental science toward radiochemistry in the environment, inorganic analytical chemistry and the application of scientific technology to development of medical device -,
Shikoku Acta Medica, Vol.70, No.5, 6, 127-138, Dec. 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 109892,   CiNii: 40020331773)
5. 阪間 稔 :
トピックス:単一原子質量標準比較による短寿命原子核の高精度質量測定法の開発,
ぶんせき, No.7, 384-385, 2014年7月.

国際会議:

1. Minoru Sakama, Ken'ichi Fujimoto, Kazumasa Inou, Masahiro Fukushi and Yusuke Imajyo :
DEVELOPMENT OF extit{In-situ} MULTIPLE-CHANNEL DEPTH DISTRIBUTION SPECTROMETER TO DETERMINE SPECIFIC RADIOACTIVITIES OF EACH TARGETED UNDERGROUND SOIL LAYER BY PHITS NEWLY INCORPORATED INTO DLNN ALGORITHM,
9th International Conference on High Level Environmental Radiation Areas, Hirosaki, Aomori, Japan, Sep. 2018.
2. Minoru Sakama, Toyonari Hida, Shougo Imoto, Tomoya Ihara, Erika Matsumoto-Kawaguchi, Ken'ichi Fujimoto and Takuya Saze :
Absorbed dose evaluation for the normal neighboring organs against thyroid gland of hyperthyroidism for iodine-131 radionuclide therapy using the Monte-Carlo based PHITS code combined with voxel phantom data,
APSORC17, 6th Asia-Pacific Symposium on Radiochemistry, International Convention Center Jeju, Jeju island, Korea, Sep. 2017.
3. Minoru Sakama, T. Hida, S. Imoto, Ken'ichi Fujimoto, E. Matsumoto-Kawaguchi and T. Ihara :
Absorbed dose evaluation for the normal neighboring organs on thyroid gland of hyperthyroidism for iodine-131 radionuclide therapy using the Monte-Carlo based PHITS code combined with voxel phantom data for the application of targeted alpha therapy,
Abstract on the 10th International Symposium on Targeted Alpha Therapy, 81, May 2017.
4. Minoru Sakama, 春國 知貴, 武田 晋作, 松本 絵里佳 and 末木 啓介 :
Monte Carlo evaluation of the internal exposure dose and the distribution imaging due to radioactive Cs-bearing particles of water insoluble deposited on lungs in pulmonary inhalation using the PHITS code combined with the voxel phantom data,
International Symposium on Radiological Issues for Fukushima's Revitalized Future, Fukushima City, May 2015.
5. Takahiro Kitajima, Akinobu Kuwahara, Takashi Yasuno, Minoru Sakama, Masaki Takatsuki, Takaharu Yamada, Teruyoshi Ichiraku and Hisashi Takai :
Quality Assurance Algorithm of Brachytherapy Seeds of Iodine-125 For Automatic Instrument Device BSQAS,
2015 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, No.28PM2-3-1, 242-245, Kuala Lumpur, Feb. 2015.
6. Minoru Sakama, Hitoshi Ikushima, Shunsuke Furutani, Takaharu Yamada and Teruki Ichiraku :
Compact designed automation device for accurate independent calibration of Brachytherapy seeds of Iodine-125,
MMND-IPCT conference 2014, Oct. 2014.
7. Minoru Sakama, Hitoshi Ikushima, Takuya Saze, 長野 裕介, Takashi Yamada, Teruki Ichiraku, Hisashi Takai, Yoshinori Kuwahara and Shintaro Nakayama :
Development of automated measurement system for radioactive intensities of sealed small radiation sources (Iodine-125 seed source) for brachytherapy,
5th Asia-Pacific symposium on radiochemistry, Sep. 2013.
8. Kazumitsu Sekine, Minoru Sakama and Kenichi Hamada :
Evaluation of strontium introduced apatite cement as the injectable bone substitute developments,
35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, Osaka, Jul. 2013.
(PubMed: 24109823,   Elsevier: Scopus)
9. Minoru Sakama, Takuya Saze, Takashi Kitade and Osamu Shikino :
Development of elemental and isotopic ratio analyses of uranium and thorium in material using an automatic SPE injection equipment coupled to ICP-DRC-MS,
AMDP2011, Tokushima, Jul. 2011.
10. M. Asai and Minoru Sakama :
Alpha-gamma spectroscopy N=155 and 157 nuclei using a gas-jet transport technique,
The 3rd International Conference on the Chemistry and Physics of the Transactinide Elements (TAN07), Davos, Switzerland, Sep. 2007.
11. Minoru Sakama and Hiroyoshi Imura :
Determination of lead (212,214Pb) and bismuth (214Bi) in the atmosphere by a coprecipitation technique,
The 6th International Symposium on Advanced Science Research, 東海, Oct. 2006.
12. Minoru Sakama, Hiroyoshi Imura, K Kuze and A Sasaya :
Investigation of Uranium and Thorium Activities and Isotopic Ratios in Environmental Water Samples in Tokushima, Japan, using Extraction Chromatography and Samarium Coprecipitation,
Asia-pacific symposium on radiochemistry-05, Beijing, Oct. 2005.
13. Hitoshi Kubo, Masafumi Harada, Minoru Sakama and Hiromu Nishitani :
Improvement of Reproducibility by Selection of MRS data Depending on Spectral Quality Expressed by Lower Bounds of Linear Model Curve Fitting.,
International Society for Magnetic Resonance in Medicine 11th Scientific Meeting & Exhibition, Tronto, Jul. 2003.
14. Hitoshi Kubo, Masafumi Harada, Minoru Sakama and Hiromu Nishitani :
Reproducibility of Proton MR Spectra Depending on Accuracy of Curve Fitting using LCModel.,
European Congress of Radiology 2003, Wien, 2003.
15. Sayaka Yamashita, Minoru Sakama, Norihiko Koori, Shintaro Nakayama and Ken-Ichi Fushimi :
Gamma-ray measurement of 500 m borehole samples from the Nojima fault in Awaji Island, Japan,
International conference on radioactivity in the environment, Monaco, Sep. 2002.
16. Hitoshi Kubo, Masafumi Harada, Minoru Sakama and Hiromu Nishitani :
Reproducibility of Absolute Metabolite's Concentration Evaluated by Intraclass Correlation Coefficient using Clinical MR Apparatus.,
International Society for Magnetic Resonance in Medicine 10th Scientific Meeting & Exhibition, Honolulu, May 2002.
17. Minoru Sakama :
Nuclear decay properties of the neutron-deficient actinides,
Actinides-2001 International Conference, Hayama, Nov. 2001.

国内講演発表:

1. 吉田 みどり, 岩本 里織, 岡久 玲子, 岸田 佐智, 阪間 稔, 誉田 栄一 :
看護学生の放射線に対する理解力とリスク認識,
日本放射線安全管理学会 第17回 学術大会, 2018年12月.
2. 阪間 稔, 松本(川口) 絵里佳, 井上 一雅, 福士 政弘, 今川 亜弥佳, 宮本 夏実, 佐藤 隆文, 井原 智也, 井 本尚吾 :
生活圏河川水及び下水処理水のMRI・X線CT検査造影剤に起因するガドリニウム・ヨウ素のICPMS測定と他の金属元素・自然放射性核種との相関,
2018日本放射化学会年会・第62回放射化学討論会, 2018年9月.
3. 古谷 俊介, 生島 仁史, 外磯 千智, 久保 亜貴子, 川中 崇, 森 英恭, 福森 知治, 阪間 稔, 原田 雅史 :
前立腺癌I-125シード治療におけるセラストランドの使用経験(オンコシードと比較して),
日本放射線腫瘍学会小線源治療部会第20回学術大会, 2018年6月.
4. 井本 尚吾, 阪間 稔, 井原 智也 :
PHITSを用いた粒子線治療の評価,
PHITS研究会,茨城県東海村いばらき量子ビームセンター, 2017年8月.
5. 井原 智也, 阪間 稔, 井本 尚吾 :
前立腺がんの密封小線源療法における線量分布とリスク臓器の線量評価,
PHITS研究会(茨城県東海村いばらき量子ビームセンター), 2017年8月.
6. 阪間 稔, 井上 一雅, 福士 政広, 藤本 憲市, 松本(川口) 絵里佳 :
PHITSと DLNNを組み合わせた新しい放射能強度決定の試み In-situ多チャンネル放射能濃度深度分布測定器の開発,
日本保健物理学会第50回研究発表会・日本放射線安全管理学会第16回学術大会,合同大会,ホルトホール大分(大分市), 2017年6月.
7. Oyunbat Dashpuntsag, 吉田 みどり, 前田 直樹, 細木 秀彦, 阪間 稔, 誉田 栄一 :
歯科学生のリスク認識の放射線教育効果,
日本保健物理学会第50回研究発表会・日本放射線安全管理学会第16回学術大会合同大会, 2017年6月.
8. 吉田 みどり, 岩本 里織, 岡久 玲子, 岸田 佐智, 阪間 稔, 誉田 栄一 :
福島原子力発電所事故後の看護学生のための放射線教育のあり方,
日本保健物理学会第50回研究発表会・日本放射線安全管理学会第16回学術大会合同大会要旨集, 155, 2017年6月.
9. 阪間 稔, 生島 仁史, 松本(川口) 絵里佳, 井本 尚吾, 井原 智也 :
小線源治療におけるリスク臓器の被ばく線量評価を目的とした最新モンテカルロシミュレーション計算コードPHITS ver.2.91,
小線源治療部会第19回学術大会,一般演題(物理),奈良県文化会館, 2017年5月.
10. 阪間 稔, 藤本 憲市, 松本 絵里佳, 井上 一雅, 福士 政広 :
PHITSとDLNNを組み合わせたIn-situ多チャンネル放射能濃度深度分布測定器の放射能濃度決定,
日本放射線安全管理学会第15回学術大会講演予稿集, 75, 2016年11月.
11. 吉田 みどり, Dashpuntsag Oyunbat, 前田 直樹, 細木 秀彦, 阪間 稔, 誉田 栄一 :
歯科学生からみた放射線教育とリスクの認識の変化,
第15回日本放射線安全管理学会講演予稿集, 115, 2016年11月.
12. 阪間 稔, 藤本 憲市, 松本 絵里佳, 井上 一雅, 福士 政広 :
PHITSとDLNNによる放射能濃度深度分布測定に関わる検出効率シミュレーションの試み,
核融合科学研究所数値実験炉研究プロジェクト・プラズマシミュレータシンポジウム, 2016年9月.
13. 阪間 稔, 武田 晋作, 北出 崇, 宮林 武司, 松本 絵里佳 :
三価及び六価クロムの分別定量法の開発Ⅱ,
第25回環境化学討論会プログラム集, 139, 2016年6月.
14. 吉田 みどり, Oyunbat Dashpuntsag, 前田 直樹, 細木 秀彦, 阪間 稔, 誉田 栄一 :
福島原子力発電所事故後の放射線に対する歯科学生の認識度,
四国公衆衛生学会雑誌, Vol.61, No.1, 48, 2016年2月.
15. 松本 絵里佳, 水野 裕介, 阪間 稔 :
PM2.5質量濃度測定および放射線検出同時計測の基礎研究,
日本放射線安全管理学会・第14回学術大会, 2015年12月.
16. 堀内 信也, 泰江 章博, 川合 暢彦, 白井 愛実, 天眞 寛文, 佐藤 南, 阪間 稔, 田中 栄二 :
矯正歯科用接着剤のフッ素徐放機能に関する検討,
第74回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集, 212, 2015年11月.
17. 武田 晋作, 阪間 稔 :
Be(p,n)反応で生成される高速中性子による医療用90Yの合成,
2015日本放射化学会年会・第59回放射化学討論会・東北大学, 2015年9月.
18. 阪間 稔, 生島 仁史, 古谷 俊介, 市樂 輝義, 高井 久司, 山田 隆治, 北島 孝弘, 桑原 明伸, 安野 卓, 藤本 憲市, 嵯峨山 和美 :
高精度・迅速・簡便な新ヨウ素シード品質管理システム(BS-2000)の開発,
日本放射線腫瘍学会小線源部会, 2015年6月.
19. 吉田 みどり, 誉田 栄一, Oyunbat Dashpuntsag, 前田 直樹, 細木 秀彦, 阪間 稔, 多田 敏子 :
文部科学省が作成した放射線教育のための新しい副読本に対する歯学部学生の理解度,
日本放射線安全管理学会講演予稿集, 152, 2014年.
20. 桑原 義典, 佐瀬 卓也, 阪間 稔, 中山 信太郎, 三好 弘一 :
小型線量計を用いた汚染土壌用可搬式ベクレルモニターの開発,
日本放射線安全管理学会第12回学術大会, 2013年11月.
21. 阪間 稔, 長野 裕介, 桑原 義典, 山田 隆治, 市樂 輝義, 高井 久司, 佐瀬 卓也, 生島 仁史, 古谷 俊介, 中山 信太郎 :
前立腺がん治療用ヨウ素シード品質管理測定システムにおける測定精度の評価,
日本放射線安全管理学会第12回学術大会, 2013年11月.
22. 井村 裕吉, 清水 陸登, 石田 啓祐, 阪間 稔 :
走行サーベイによる徳島県の環境放射線調査,
四国公衆衛生学会雑誌, Vol.58, 176-183, 2012年12月.
23. 山野 範子, 池田 康将, 阪間 稔, 石澤 有紀, 木平 孝高, 石澤 啓介, 冨田 修平, 土屋 浩一郎, 玉置 俊晃 :
Accumulated iron storage in high fat diet-induced obese and diabetic mice,
第85回日本薬理学会年会, 2012年3月.
24. 清水 陸登, 管野 力弥, 野田 弘樹, 石田 啓祐, 井村 裕吉, 阪間 稔 :
四国の環境放射線, --- 走行サーベイによる調査 ---,
平成23年度四国公衆衛生研究発表会, 2012年2月.
25. Noriko Yamano, Yasumasa Ikeda, Minoru Sakama, Soichiro Tajima, Yuki Izawa-Ishizawa, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
The alternation of iron metabolism in high fat diet-induced obese and diabetic mice,
第34回日本分子生物学会年会, Dec. 2011.
26. 清水 陸登, 管野 力弥, 野田 弘樹, 井村 裕吉, 阪間 稔 :
走行サーベイによる四国の環境放射線調査,
日本放射線安全管理学会第10会学術大会, 2011年12月.
27. 佐瀬 卓也, 松本 絵里佳, 桑原 義典, 富永 浩二, 阪間 稔, 中山 信太郎, 三好 弘一, 篠原 康雄 :
小型環境放射線モニタを用いる食品等の放射能濃度測定の試み,
日本放射線安全管理学会第10回学術大会, 2011年12月.
28. 野口 麻里, 原田 雅史, 中山 千明, 久保 均, 阪間 稔, 能勢 歩美, 松田 豪 :
グルタチオン定量解析を行うためのLCModel Basis-setファイルの作成,
第39回日本磁気共鳴医学会大会, 2011年9月.
29. 阪間 稔, 佐瀬 卓也, 坂口 由貴子, 伏見 賢一, 中山 信太郎 :
四国徳島で観測された福島第一原子力発電所事故由来の大気エアロゾル中に含まれる放射性核種の放射能濃度と黄砂の関係,
2011日本放射化学会, 2011年9月.
30. 佐瀬 卓也, 阪間 稔 :
シクロデキストリンポリマーを用いる放射性物質汚染水の簡易浄化法の検討,
第28回シクロデキストリンシンポジウム, 2011年9月.
31. 阪間 稔, 佐瀬 卓也, 中山 信太郎 :
徳島福島原子力災害によって放出された放射性核種(ストロンチウム,ヨウ素,セシウム,ウラン)に対するシクロデキストリンポリマーの吸着特性,
第28回シクロデキストリンシンポジウム, 2011年9月.
32. 阪間 稔, 佐瀬 卓也, 中山 信太郎 :
徳島における福島第一原子力発電所事故で放出された放射性核種の観測,
第243回徳島医学会, 2011年7月.
33. 中山 信太郎, 佐瀬 卓也, 阪間 稔 :
福島県内の汚染状況解析と産学官への今後の提言,
第3回徳島大学・JST共同研究発表会・原子力災害と向き合う研究者・成果報告発表会, 2011年7月.
34. 佐瀬 卓也, 阪間 稔, 中山 信太郎 :
福島原子力災害の現状と徳島大学の支援活動,今後求められる事,
第3回徳島大学・JST共同研究発表会・原子力災害と向き合う研究者・成果報告発表会, 2011年7月.
35. 阪間 稔, 佐瀬 卓也, 中山 信太郎 :
ICPMSを用いる放射性物質吸着材の性能評価,および放射性物質が付着したお茶の簡易浄化方法の検討,
第3回徳島大学・JST共同研究発表会・原子力災害と向き合う研究者・成果報告発表会, 2011年7月.
36. Noriko Yamano, Yasumasa Ikeda, Minoru Sakama, Soichiro Tajima, Yoshitaka Kihira, Keisuke Ishizawa, Shuhei Tomita, Koichiro Tsuchiya and Toshiaki Tamaki :
The alternation of iron transport-related genes in high fat diet-induced obese and diabetic mice,
第84回日本薬理学会年会, Mar. 2011.
37. 阪間 稔, 佐瀬 卓也, 敷野 修, 北出 崇 :
環境試料中の放射能と元素濃度及び同位体比の統合測定システムの開発,
第9回日本放射線安全管理学会年会, 2010年12月.
38. 阪間 稔, 佐瀬 卓也, 北出 崇, 敷野 修 :
全自動固相抽出法を組み合わせたオンラインICP-DRC-MSによる環境試料中のウラン,トリウム及び主要元素の定量・同位体分析の開発,
第54回放射化学討論会, 2010年9月.
39. 阪間 稔, 佐瀬 卓也, 大野 吉美, 中島 健雄, 相田 雅道 :
18MV医療用電子リニアック室内における中性子束の箔放射化法及びコンセントビスの放射化量による測定,
2009年12月.
40. 赤松 和季, 阪間 稔, 佐瀬 卓也, 三好 弘一, 前澤 博, 廣田 昌大, 前田 幸志, 谷井 喬 :
圧延金板とイメージングプレートを用いる中性子線の視覚化,
日本放射線安全管理学会第8回学術大会, 2009年12月.
41. 阪間 稔, 佐瀬 卓也, 大野 吉美, 中村 一, 桝本 和義 :
広島大学病院18 MV医療用電子リニアック室内における中性子束の箔放射化法及びコンセントビスの放射化量による評価,
日本放射化学会年会, 2009年9月.
42. 熊井 万里子, 阪間 稔, 佐瀬 卓也, 三好 弘一, 前澤 博, 谷井 喬, 前田 幸志, 佐藤 一雄, 誉田 栄一, 西谷 弘 :
PETサイクロトロンにおける自己遮蔽体による中性子遮蔽能の検証,
日本放射線安全管理学会第7回学術大会, 2008年12月.
43. 阪間 稔, 佐瀬 卓也, 谷井 喬, 前澤 博, 誉田 栄一, 西谷 弘, 佐藤 一雄, 桝本 和義 :
自己遮蔽型PETサイクロトロン及び放射線治療用電子リニアック装置における中性子束の箔放射化法による測定,
第52回放射化学討論会, 2008年12月.
44. 阪間 稔, 佐瀬 卓也, 谷井 喬, 前澤 博, 誉田 栄一, 西谷 弘, 佐藤 一雄, 桝本 和義 :
徳島大学病院医療用自己遮蔽型PETサイクロトロン及び電子リニアックにおける中性子束の箔放射化法による測定,
第52回放射化学討論会, 2008年9月.
45. 谷井 喬, 佐瀬 卓也, 阪間 稔, 坂根 仁, 前田 幸志, 佐藤 一雄, 川口 佳彦, 三好 弘一, 西谷 弘, 前澤 博 :
自己遮蔽型PETサイクロトロンに対する中性子漏洩管理,
日本放射線安全管理学会 第6回学術大会, 2007年12月.
46. 阪間 稔, 井村 裕吉 :
大気中のラドン・トロン子孫核種(214Pb, 212Pb)の放射能濃度と鉛安定同位体の濃度の相関に基づく環境動態測定,
第56回日本分析化学学会年会, 2007年9月.
47. 阪間 稔, 井村 裕吉, 大窪 遥香, 眞本 雄也, 筋野 晃作 :
$In-situ$気象観測装置を導入した大気中の212, 214Pbの放射能濃度と鉛の濃度との相関,
第51回放射化学討論会, 2007年9月.
48. 阪間 稔, 井村 裕吉, 古川 卓也, 西藤 由香里 :
走行サーベイによる徳島県・湯布院(大分県)間の環境放射線による線量率調査,
第8回「環境放射能」研究会, 2007年3月.
49. 佐瀬 卓也, 前田 恵理子, 阪間 稔, 坂根 仁, 前田 幸志, 佐藤 一雄, 本田 朋子, 川口 佳彦, 三好 弘一, 西谷 弘, 前澤 博 :
自己遮蔽型PETサイクロトロンに対する中性子漏洩管理,
日本放射線安全管理学会 第5回学術大会, 2006年12月.
50. 阪間 稔, 井村 裕吉 :
走行サーベイによる徳島県・三朝温泉(鳥取県)間における環境放射線の線量率調査,
第233回徳島医学会学術集会, 2006年7月.
51. 阪間 稔, 井村 裕吉 :
徳島県における環境水中のウランとトリウムの放射能濃度とその同位体比測定に関する研究,
第43回アイソトープ・放射線研究発表会, 2006年7月.
52. 阪間 稔, 井村 裕吉, 久世 絋太朗, 笹谷 章之 :
徳島・三朝温泉(鳥取県)間の環境放射線による空間線量測定,
第7回環境放射能研究会, 2006年3月.
53. 阪間 稔, 井村 裕吉 :
大気中の鉛(214Pb,212Pb)とビスマス(214Bi)濃度の共沈分離による定量,
第7回環境放射能研究会, 2006年3月.
54. 阪間 稔, 井村 裕吉, 赤穂 奈津希, 竹内 絵美, 森 弘行紀 :
徳島県における環境放射線の線量率測定,
第5回環境放射能研究会, 2004年3月.
55. 中村 陽一, 三木 真理, 岡野 義夫, 阪間 稔, 吉永 純子, 前澤 博, 竹川 佳宏, 安岡 劭 :
ヒト気道トリプシン様プロテアーゼ(HAT)の線維芽細胞に対する影響(シンポ),
第21回気道分泌研究会抄録集, 4, 2001年6月.

作品:

1. 吉田 みどり, 岩本 里織, 岡久 玲子, 岸田 佐智, 阪間 稔, 誉田 栄一 :
看護学生の放射線に対する理解力とリスク認識,
日本放射線安全管理学会 第17回 学術大会 講演予稿集, 56, 2018年12月.
2. Oyunbat Dashpuntsag, 吉田 みどり, 前田 直樹, 細木 秀彦, 阪間 稔, 誉田 栄一 :
歯科学生のリスク認識の放射線教育効果,
日本保健物理学会第50回研究発表会・日本放射線安全管理学会第16回学術大会合同大会要旨集, 156, 2017年6月.

その他・研究会:

1. 阪間 稔 :
会議報告:核化学夏の学校,
放射化学, Vol.35, 84-86, 2017年3月.

報告書:

1. 阪間 稔 :
核融合施設内外における中性子束密度分布の箔放射化法及びPHITSによる評価,
核融合科学研究所一般共同研究成果報告書, 50, 2017年11月.
2. 松本(川口) 絵里佳, 阪間 稔, 佐瀬 卓也, 藤本 憲市, 桑原 義典 :
PHITSによる中性子線源での箔放射化測定用カドミウムフィルタの影響評価と製作したプラスチックシンチレータの応答特性評価,
近畿大学原子力炉等利用共同研究経過報告書, 7-13, 2017年9月.
3. 阪間 稔 :
核融合施設内外における中性子束密度分布の箔放射化法による実験的調査及び計算シミュレーション評価,
核融合科学研究所一般共同研究成果報告書平成27年度, 62-63, 2016年11月.
4. 松本 絵里佳, 阪間 稔, 武田 晋作, 桑原 義典, 若林 源一郎, 堀口 哲男, 稲垣 昌代 :
粒子・重イオン輸送計算コードPHITSによる小規模医療用加速器施設での漏洩中性子線・発生二次粒子イメージング評価を目的とした原子炉及びX線照射装置における中性子線及び二次粒子のモンテカルロシミュレーション解析,
近畿大学原子炉等利用共同研究経過報告書, 12-17, 2016年9月.
5. 阪間 稔, 桑原 義典, 佐瀬 卓也, 若林 源一郎, 稲垣 昌代, 堀口 哲男 :
医療用加速器からの漏洩中性子線を想定した中性子イメージング法の開発及び関連放射線検出器の校正,
近畿大学原子炉等利用共同研究経過報告書, 67-72, 2012年9月.

特許:

1. 寺尾 啓二, 中田 大介, 伊藤 茂樹, 桧垣 正吾, 廣田 昌大, 佐瀬 卓也, 阪間 稔, 入倉 奈美子 : 放射性物質回収材, 特願2010-261297, 特開2010-261297 (2010年11月), 特許第110000774号 (2010年11月).
2. 阪間 稔, 生島 仁史, 山田 隆治, 高井 久司, 市樂 輝義 : がん治療用密封小線源の放射線強度測定装置, (2012年10月), (2012年10月), 特許第2012-223836号 (2012年10月).

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • レドックス制御と神経伝達バランスに関するMRIを用いたバイオマーカーの開発 (研究課題/領域番号: 15K09926 )
  • 診療用放射性薬剤の拡散前トラップ手法の開発 (研究課題/領域番号: 22791200 )
  • 未だに見つからない中性子不足アクチノイド核の微弱なα壊変と電子捕獲遅延核分裂 (研究課題/領域番号: 17740147 )
  • 超アクチノイド元素からの破れたα壊変連鎖の解明 (研究課題/領域番号: 14740167 )
  • 研究者番号(20325294)による検索