検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 歯学域 > 口腔科学部門 > 臨床歯学系 > 口腔内科学 >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 歯科口腔外科 > 口腔内科 >
徳島大学 > 歯学部 > 歯学科 > 口腔疾患系臨床歯学講座 > 口腔内科学 >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

専門分野

生体材料学 (Biomaterials)

研究テーマ

骨止血剤に関する研究

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Hideyuki Takano, Yukihiro Momota, Takumi Ozaki, Shigeru Shiozawa and Kenji Terada :
Personal Identification from Dental Findings Using AI and Image Analysis against Great Disaster in Japan,
Forensic Legal & Investigative Sciences, Vol.5, No.041, 2019.
(DOI: 10.24966/FLIS-733X/100041)
2. Hideyuki Takano, Kenji Terada, Yukihiro Momota and Shigeru Shiozawa :
Using dental records in personal identification,
SciTech Europa Quarterly, Vol.33, 174-175, 2019.
3. 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 小野 信二, 東 雅之 :
三剤併用が奏効した一次性舌痛症の3例,
日本口腔顔面痛学会雑誌, Vol.11, No.1, 21-27, 2019年.
(DOI: 10.11264/jjop.11.21,   CiNii: 130007757187)
4. Keiko Aota, Shinji Ono, Tomoko Yamanoi, Kohichi Kani, Yukihiro Momota and Masayuki Azuma :
MMP-9 inhibition suppresses interferon-γ-induced CXCL10 production in human salivary gland ductal cells.,
Inflammation, Vol.42, No.6, 2148-2158, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 115182,   DOI: 10.1007/s10753-019-01079-x,   PubMed: 31440939,   Elsevier: Scopus)
5. Keiko Aota, Kohichi Kani, Tomoko Yamanoi, Yukihiro Momota, Masami Ninomiya, Hiromichi Yumoto and Masayuki Azuma :
Management of tooth extraction in a patient with ELANE gene mutation-induced cyclic neutropenia: A case report.,
Medicine, Vol.98, No.39, e17372, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 115183,   DOI: 10.1097/MD.0000000000017372,   PubMed: 31574885,   Elsevier: Scopus)
6. Hideyuki Takano, Kenji Terada and Yukihiro Momota :
The development of personal identification method by image analysis technology of dentition,
Impact, Vol.2019, No.7, 64-66, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113916,   DOI: 10.21820/23987073.2019.7.64)
7. Yukihiro Momota, Hideyuki Takano and Masayuki Azuma :
Effectiveness of Kampo Medicines against Intractable Stomatitis: A Mini-Review,
International Journal of Medical and Dental Sciences, Vol.8, No.2, 1709-1714, 2019.
(DOI: 10.18311/ijmds/2019/22935)
8. 安陪 晋, 桃田 幸弘, 松香 芳三, 大川 敏永, 堀川 恵理子, 葉山 莉香, 大倉 一夫, 河野 文昭 :
一次性および二次性舌痛症患者における睡眠障害の検討—睡眠質問票を用いた調査—,
日本口腔顔面痛学会雑誌, Vol.10, No.1, 9-16, 2019年.
(DOI: 10.11264/jjop.10.9,   CiNii: 130007636380)
9. Yukihiro Momota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani, Shinji Ono and Masayuki Azuma :
Oral Lichen Planus Well-Treated with Kampo Medicines: Two Case Reports,
IOSR Journal of Dental and Medical Sciences, Vol.18, No.2, 68-72, 2019.
(DOI: 10.9790/0853-1802046872)
10. Yukihiro Momota, Nao Masuda, Hideyuki Takano and Masayuki Azuma :
A Case of Well-Managed Sarcoidosis with Cardiac Autonomic Dysfunction during Dental Therapy: Significance of Heart Rate Variability Analysis.,
IOSR Journal of Dental and Medical Sciences, Vol.18, No.1, 27-29, 2019.
(DOI: 10.9790/0853-1801072729)
11. Yukihiro Momota, Keiko Aota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani and Masayuki Azuma :
Concomitant Pregabalin and Tramadol Hydrochloride/Acetaminophen Formulation Relieved Neuropathic Itch of Gingiva: A Case Report.,
IOSR Journal of Dental and Medical Sciences, Vol.17, No.12, 68-71, 2018.
(DOI: 10.9790/0853-1712036871)
12. Yukihiro Momota, Kohichi Kani, Nao Masuda, Satoru Eguchi, Ohtuka Ryo, Hideyuki Takano and Masayuki Azuma :
A Case of Well-Managed Fibromyalgia with Autonomic Dysfunction during Dental Therapy: Significance of Heart Rate Variability Analysis,
IOSR Journal of Dental and Medical Sciences, Vol.17, No.10, 33-35, 2018.
(DOI: 10.9790/0853-1710033335)
13. 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 小野 信二, 東 雅之 :
一次性舌痛症における唾液アミラーゼ活性測定の試み,
日本口腔検査学会雑誌, Vol.10, No.1, 64-67, 2018年.
(CiNii: 120006478719)
14. Yukihiro Momota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani, Yuki Miyamoto and Masayuki Azuma :
Recurrent Aphthous Stomatitis Well-Treated with Inchinkoto: Two Case Reports,
IOSR Journal of Dental and Medical Sciences, Vol.17, No.4, 6-11, 2018.
15. 可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 東 雅之 :
Docetaxel・γ-tocotrienol併用療法による口腔癌移植ヌードマウス腫瘍への抗腫瘍効果の検討.,
口腔組織培養学会誌, Vol.27, No.1, 19-20, 2018年.
16. 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 東 雅之 :
五苓散と加工附子末製剤の併用が奏効した三叉神経痛の1例,
痛みと漢方, Vol.28, 151-155, 2018年.
17. 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 高野 栄之, 可児 耕一, 桃田 幸弘, 松本 文博, 東 雅之 :
徳島大学病院歯科診療所を受診したHIV感染症患者の臨床統計的検討,
有病者歯科医療, Vol.26, No.6, 444-450, 2017年.
(徳島大学機関リポジトリ: 113552)
18. Tomoko Yamanoi, Keiko Aota, Yukihiro Momota and Masayuki Azuma :
Treatment with the Biscoclaurine Alkaloid Cepharanthin Significantly Increases Salivary Selection in Primary Sjögren's Syndrome Patients,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.29, No.2, 39-48, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111058,   DOI: 10.20738/johb.29.2_39)
19. Yukihiro Momota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani, Fumihiro Matsumoto, Keiko Aota, Tomoko Yamanoi, 高瀬 奈緒, Yuki Miyamoto, Shinji Ono, Shigemasa Tomioka and Masayuki Azuma :
A Case Series of Xerostomia Treated with Kampo Medicines: Assessment of Health-Related Quality of Life Based on the Japanese Version of the Short Form-8 Health Survey,
Oral Science in Japan, Vol.2017, 79-82, 2017.
20. 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 小野 信二, 東 雅之 :
三剤併用が奏効した口腔顔面痛の3例,
日本口腔顔面痛学会雑誌, Vol.9, No.1, 53-59, 2016年.
21. 松本 文博, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 松香 芳三 :
糖尿病神経障害と診断された舌咽神経痛の一症例,
日本口腔顔面痛学会雑誌, Vol.9, No.1, 81-85, 2016年.
22. 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 東 雅之 :
新規口腔ケア製品「ペプチサルシリーズ」の使用感に関する調査,
日本口腔ケア学会雑誌, Vol.11, No.1, 87-89, 2016年.
(CiNii: 40021056677)
23. 桃田 幸弘, 細木 眞紀, 二宮 雅美, 高野 栄之, 松香 芳三, 東 雅之 :
口腔ならびに呼吸器症状を呈した歯科用金属によるアレルギーの1例,
日本口腔検査学会雑誌, Vol.8, No.1, 39-44, 2016年.
24. 山村 佳子, 滝沢 宏光, 松本 文博, 桃田 幸弘, 青田 桂子, 武川 大輔, 近藤 智香, 山ノ井 朋子, 高野 栄之, 可児 耕一, 十川 悠香, 河野 文昭, 松尾 敬志, 先山 正二, 東 雅之 :
胸腔鏡下肺葉切除術における周術期口腔機能管理の効果に関する検討―後ろ向き研究―,
日本口腔ケア学会雑誌, Vol.10, No.1, 106-110, 2016年.
(CiNii: 40021045756)
25. Yukihiro Momota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani, Fumihiro Matsumoto, Keiko Aota, Yamanoi Tomoko, Kondo Chika, Takase Nao, Miyamoto Yuki, Shigemasa Tomioka and Masayuki Azuma :
Significance of Time-Domain Measurements of Heart Rate Variability in Burning Mouth Syndrome,
IOSR Journal of Dental and Medical Sciences, Vol.15, No.1, 25-33, 2016.
26. 桃田 幸弘, 東 雅之 :
口腔異常感覚に対して白虎加人参湯が奏効した1症例,
漢方と診療, Vol.27, No.3, 27, 2016年.
27. Yukihiro Momota, Yuki Miyamoto, Hideyuki Takano, Kohichi Kani and Masayuki Azuma :
A Case of Well-Managed Idiopathic Autonomic Neuropathy during Dental Therapy: Significance of Heart Rate Variability Analysis,
Oral Science in Japan, Vol.2016, 37-8, 2016.
28. Fumihiro Matsumoto, Yukihiro Momota, Hideyuki Takano, Keiko Aota, Kohichi Kani, Chika Kondo, Tomoko Yamanoi, Nao Takase, Yuki Miyamoto, Shinji Ono, Yoshiko Yamamura and Hidehiko Hosoki :
Severe Posterior Open Bite by Posterior Folding of the Retrodiscal Tissue: A Case Report,
IOSR Journal of Dental and Medical Sciences, Vol.14, No.10, 27-31, 2015.
(DOI: 10.9790/0853-141052731)
29. Yukihiro Momota, Kohichi Kani, Hideyuki Takano and Masayuki Azuma :
Cerebellopontine Angle Mass Mimicking Lingual Nerve Injury after Dental Implant Placement: A Case Report.,
Australian Dental Journal, Vol.60, No.3, 412-5, 2015.
(DOI: 10.1111/adj.12224,   PubMed: 25280059)
30. 桃田 幸弘, 東 雅之 :
対応に苦慮した口腔異常感覚に対して五苓散が奏効した1症例,
漢方医学, Vol.39, No.2, 190-192, 2015年.
(CiNii: 40020560390)
31. Yukihiro Momota, Hideyuki Takano and Masayuki Azuma :
Pregabalin Relieved Gingival Pruritus Associated with Oral Dysesthesia: A Case Report,
IOSR Journal of Dental and Medical Sciences, Vol.14, No.8, 01-02, 2015.
(DOI: 10.9790/0853-14830102)
32. 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一 :
脊髄損傷後片麻痺の後遺を有する患者に生じた口底癌の1例,
有病者歯科医療, Vol.24, No.2, 80-84, 2015年.
33. 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 東 雅之 :
一次性舌痛症に関する健康関連QOLの調査-MOS 36-Item Short-Form Health Survey Version 2日本語版を用いて-,
日本口腔内科学会雑誌, Vol.21, No.1, 9-14, 2015年.
(DOI: 10.6014/jjsom.21.9,   CiNii: 40020575506)
34. Yukihiro Momota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani, Fumihiro Matsumoto, Keiko Aota, Tomoko Yamanoi, Chika Kondo, Nao Takase, Yuki Miyamoto, Shigemasa Tomioka and Masayuki Azuma :
A Case Series of Burning Mouth Syndrome Treated with Stellate Ganglion Near-Infrared Irradiation: Assessment of HealthRelated Quality of Life Based on the Japanese Version of the MOS 36-Item Short-Form Health Survey Version 2,
IOSR Journal of Dental and Medical Sciences, Vol.14, No.6, 39-43, 2015.
(DOI: 10.9790/0853-14643943)
35. Yukihiro Momota, Shigemasa Tomioka, Ryo Otsuka, Daisuke Shioguri, Hideyuki Takano and Masayuki Azuma :
Well-Managed Postural Orthostatic Tachycardia Syndrome during Dental Therapy and Analysis of Heart Rate Variability: A Case Report,
IOSR Journal of Dental and Medical Sciences, Vol.14, No.5, 23-26, 2015.
(DOI: 10.6084/M9.FIGSHARE.1421905)
36. Shigemasa Tomioka, Nami Enomoto and Yukihiro Momota :
Hyperventilation syndrome after general anesthesia,
Journal of Anaesthesiology, Clinical Pharmacology, Vol.31, No.2, 284-285, 2015.
(DOI: 10.4103/0970-9185.155219,   PubMed: 25948933,   Elsevier: Scopus)
37. 山村 佳子, 青田 桂子, 桃田 幸弘, 松本 文博, 長井 幸二郎, 東 雅之 :
徳島大学病院における慢性腎臓病患者の口腔管理について,
日本口腔ケア学会雑誌, Vol.9, No.1, 23-27, 2015年.
(CiNii: 40020472852)
38. Hideyuki Takano, Yukihiro Momota, Kohichi Kani, Keiko Aota, Yoshiko Yamamura, Yamanoi Tomoko and Masayuki Azuma :
γ-tocotrienol prevents 5-FU-induced reactive oxygen species production in human oral keratinocytes through the stabilization of 5-FU-induced activation of Nrf2,
International Journal of Oncology, Vol.46, No.4, 1453-1460, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 109341,   DOI: 10.3892/ijo.2015.2849,   PubMed: 25625649,   Elsevier: Scopus)
39. 青田 桂子, 山村 佳子, 山ノ井 朋子, 武川 大輔, 可児 耕一, 高野 栄之, 桃田 幸弘, 松本 文博, 菅原 千恵子, 吉岡 昌美, 河野 文昭, 松尾 敬志, 東 雅之 :
徳島大学病院における周術期口腔機能管理の現状と課題,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.28, No.1, 29-36, 2015年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109866,   CiNii: 120005823521)
40. 可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 東 雅之 :
口腔癌担癌ヌードマウスに対するdocetaxelおよびγ-tocotrienolの併用による抗腫瘍効果の検討,
日口組織培養誌, Vol.24, No.2, 23-30, 2015年.
41. 山村 佳子, 青田 桂子, 武川 大輔, 十川 悠香, 近藤 智香, 山ノ井 朋子, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 桃田 幸弘, 里見 淳一郎, 河野 文昭, 松尾 敬志, 永廣 信治, 東 雅之 :
徳島大学病院脳卒中センターにおける口腔管理の意義について,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.9, No.1, 37-41, 2015年.
42. Yukihiro Momota, Kohichi Kani, Hideyuki Takano, Fumihiro Matsumoto, Keiko Aota, Daisuke Takegawa, Yamanoi Tomoko, Kondo Chika, Shigemasa Tomioka and Masayuki Azuma :
High-Wattage Pulsed Irradiation of Linearly Polarized Near-Infrared Light to Stellate Ganglion Area for Burning Mouth Syndrome,
Case Reports in Dentistry, 2014.
(DOI: 10.1155/2014/171657,   PubMed: 25386367)
43. Yukihiro Momota, Shigemasa Tomioka, Mayuko Furukita, Kenji Fujisawa, Hideyuki Takano and Masayuki Azuma :
Orthostatic Dysregulation during Postural Change on the Dental Chair and Intraoperative Monitoring by Heart Rate Variability Analysis.,
Case Reports in Dentistry, Vol.2014, 2014.
(DOI: 10.1155/2014/656045,   PubMed: 25045545)
44. 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 高石 和美, 中川 弘, 富岡 重正, 郡 由紀子, 橋本 俊顕, 北畑 洋, 東 雅之 :
いわゆる病病連携による障害者歯科医療連携が奏功した集学的歯科治療について,
四国歯学会雑誌, Vol.26, No.2, 35-40, 2014年.
45. 高野 栄之, 桃田 幸弘, 山村 佳子, 田岡 計久, 東 雅之 :
インプラント埋入後に生じたオトガイ神経麻痺が契機となり診断に至った下顎骨悪性リンパ腫の1例,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.27, No.2, 170-174, 2014年.
(DOI: 10.11237/jsoi.27.170,   CiNii: 130005002631)
46. 桃田 幸弘, 可児 耕一, 高野 栄之, 松本 文博, 青田 桂子, 武川 大輔, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 東 雅之 :
一次性舌痛症における手掌部発汗の発現-皮膚水分量測定の有用性について-,
日本歯科人間ドック学会誌, Vol.9, 18-23, 2014年.
47. 茂木 勝美, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 山村 佳子, 東 雅之 :
抜歯後の止血困難をきっかけに発見された後天性血友病Aの1例,
日本口腔外科学会雑誌, Vol.59, No.12, 786-790, 2013年.
(CiNii: 40019931047)
48. 青田 桂子, 山村 佳子, 可児 耕一, 高野 栄之, 茂木 勝美, 桃田 幸弘, 石丸 直澄, 東 雅之 :
Sjogren症候群患者の唾液腺腺房構造破壊阻止 : セファランチンの有効性に関する臨床病理学的研究,
日本口腔科学会雑誌, Vol.62, No.4, 254-261, 2013年.
(CiNii: 40019834188)
49. 山村 佳子, 桃田 幸弘, 松本 文博, 茂木 勝美, 青田 桂子, 高野 栄之, 大守 真由子, 河野 文昭, 東 雅之 :
徳島大学病院内の口腔ケア依頼状況,
日本口腔ケア学会雑誌, Vol.7, No.1, 31-35, 2013年.
(CiNii: 40019714273)
50. Yukihiro Momota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani, Fumihiro Matsumoto, Katsumi Motegi, Keiko Aota, Yoshiko Yamamura, Mayuko Omori, Shigemasa Tomioka and Masayuki Azuma :
Frequency analysis of heart rate variability: a useful assessment tool of linearly polarized near-infrared irradiation to stellate ganglion area for burning mouth syndrome.,
Pain Medicine, Vol.14, No.3, 351-357, 2013.
(DOI: 10.1111/pme.12008,   PubMed: 23240990,   Elsevier: Scopus)
51. Kohichi Kani, Yukihiro Momota, Michito Harada, Yoshiko Yamamura, Keiko Aota, Tomoko Yamanoi, Hideyuki Takano, Katsumi Motegi and Masayuki Azuma :
γ-tocotrienol enhances the chemosensitivity of human oral cancer cells to docetaxel through the down regulation of the expression of NF-kB-regulated anti-apoptotic gene products.,
International Journal of Oncology, Vol.42, No.1, 75-82, 2013.
(DOI: 10.3892/ijo.2012.1692,   PubMed: 23138939,   Elsevier: Scopus)
52. 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 山村 佳子, 松本 文博, 茂木 勝美, 東 雅之 :
イムノクロマト法による口腔カンジダ症迅速診断の臨床的有用性,
日歯人間ドック学会誌, Vol.8, No.1, 57-60, 2013年.
53. 青田 桂子, 山村 佳子, 大守 真由子, 山田 祐子, 可児 耕一, 高野 栄之, 茂木 勝美, 桃田 幸弘, 松本 文博, 東 雅之 :
精神科神経科入院患者の口腔環境評価と専門的口腔ケアの有用性について,
有病者歯科医療, Vol.22, No.2, 83-90, 2013年.
54. 桃田 幸弘, 細川 浩良, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 茂木 勝美, 青田 桂子, 山村 佳子, 大守 真由子, 東 雅之 :
口腔白板症の臨床病理学的検討-悪性化に関する臨床病理学的指標について-,
日本口腔検査学会雑誌, Vol.5, No.1, 26-30, 2013年.
(CiNii: 40019724316)
55. 大守 真由子, 青田 桂子, 山村 佳子, 山田 佑子, 可児 耕一, 高野 栄之, 茂木 勝美, 桃田 幸弘, 松本 文博, 東 雅之 :
徳島大学病院精神科神経科入院患者に対する口腔ケアの意義,
四国歯学会雑誌, Vol.25, No.2, 55-60, 2013年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109829)
56. Yukihiro Momota, Shigemasa Tomioka, Mayuko Furukita, Toyoko Satsuma, Hideyuki Takano and Masayuki Azuma :
Adrenergic urticaria and glossalgia induced by stress during dental therapy and monitored by heart variability analysis: A case report,
Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology, Vol.25, 264-266, 2013.
(DOI: 10.1016/j.ajoms.2013.02.008,   Elsevier: Scopus)
57. 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 茂木 勝美, 青田 桂子, 山村 佳子, 大守 真由子, 東 雅之 :
舌痛などの舌症状を主訴とする患者の臨床統計学的検討—舌痛症の特異性についてー.,
日本口腔顔面痛学会雑誌, Vol.5, No.1, 27-35, 2012年.
(DOI: 10.11264/jjop.5.27,   CiNii: 130004540647)
58. 桃田 幸弘, 茂木 勝美, 青田 桂子, 高野 栄之, 可児 耕一, 東 雅之 :
ワルファリン療法中に急速に増大・破裂した軟硬口蓋粘膜下血腫の1例,
日本口腔内科学会雑誌, Vol.18, No.2, 68-71, 2012年.
(DOI: 10.6014/jjsom.18.68,   CiNii: 40019816737)
59. 細川 浩良, 桃田 幸弘, 藤澤 健司, 可児 耕一, 東 雅之 :
上顎に発生した歯牙エナメル上皮腫の1例,
日本口腔外科学会雑誌, Vol.58, No.8, 480-484, 2012年.
(CiNii: 40019421438)
60. Yoshiko Yamamura, Katsumi Motegi, Kohichi Kani, Hideyuki Takano, Yukihiro Momota, Keiko Aota, Tomoko Yamanoi and Masayuki Azuma :
TNF-a inhibits aquaporin 5 expression in human salivary gland acinar cells via suppression of histone H4 acetylation.,
Journal of Cellular and Molecular Medicine, Vol.16, No.8, 1766-1775, 2012.
(DOI: 10.1111/j.1582-4934.2011.01456.x,   PubMed: 21973049,   Elsevier: Scopus)
61. Yoshiko Yamamura, Keiko Aota, T Yamanoi, Kohichi Kani, H Takano, Yukihiro Momota, Katsumi Motegi and Masayuki Azuma :
DNA demethylating agent decitabine increases AQP5 expression and restores salivary function.,
Journal of Dental Research, Vol.91, No.6, 612-617, 2012.
(DOI: 10.1177/0022034512446343,   PubMed: 22522773,   Elsevier: Scopus)
62. 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 松本 文博, 茂木 勝美, 青田 桂子, 山村 佳子, 大守 真由子, 東 雅之 :
副オトガイ孔を走行する神経様組織の捻除により口唇感覚異常が改善した症候性三叉神経痛の1例-神経学的検査の有用性について-,
日本口腔検査学会雑誌, Vol.4, No.1, 45-48, 2012年.
(CiNii: 40019298849)
63. 山村 佳子, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 茂木 勝美, 松本 文博, 東 雅之 :
真菌培養検査におけるカンジダの検出に影響する臨床的要因の検討ー口腔乾燥の関連についてー,
四国歯学会雑誌, Vol.24, No.2, 29-34, 2012年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109812)
64. Seiko Tatehara, Youji Miyamoto, Masaaki Takechi, Yukihiro Momota and Tetsuya Yuasa :
Osteoporosis influences the early period of the healing after distraction osteogenesis in a rat osteoporotic model.,
Journal of Cranio-Maxillo-Facial Surgery, Vol.39, No.1, 2-9, 2010.
(DOI: 10.1016/j.jcms.2010.03.001,   PubMed: 20456966)
65. 桃田 幸弘, 里村 一人, 湯淺 哲也, 工藤 景子, 高野 栄之, 林 良夫, 宮本 洋二 :
著しい骨吸収を伴う歯性上顎洞炎の1例,
四国歯学会雑誌, Vol.21, No.2, 407-411, 2009年.
66. 桃田 幸弘, 里村 一人, 徳山 麗子, 湯浅 哲也, 工藤 景子, 高野 栄之 :
降下性壊死性縦隔炎を発症した下顎智歯周囲炎の1例,
四国歯学会雑誌, Vol.21, No.2, 413-419, 2009年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109785,   CiNii: 50007099165)
67. 藤澤 健司, 舘原 誠晃, 湯淺 哲也, 桃田 幸弘, 山内 英嗣, 宮本 洋二 :
即時荷重インプラントに関する臨床的検討:3年経過時の臨床成績 .,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.21, No.4, 563-569, 2008年.
(CiNii: 10023976279)
68. 藤澤 健司, 山内 英嗣, Seiko Takehara, 高野 栄之, 湯淺 哲也, 桃田 幸弘, 宮本 洋二 :
共鳴振動周波数分析装置を用いた即時荷重インプラント安定性の経時的評価,
日本顎顔面インプラント学会誌, Vol.7, No.3, 205-210, 2008年.
69. 湯浅 哲也, 高野 栄之, 舘原 誠晃, 徳山 麗子, 桃田 幸弘, 藤澤 健司, 里村 一人, 石丸 直澄, 林 良夫, 長山 勝 :
舌背部に発生した孤立性神経線維腫の1例,
日本口腔外科学会雑誌, Vol.54, No.2, 80, 2008年.
70. Masaaki Takechi, Youji Miyamoto, Kunio Ishikawa, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara, Hideyuki Takano, Shiho Minamiguchi and Masaru Nagayama :
Histological evaluation of apatite cement containing atelocollagen,
Dental Materials Journal, Vol.26, No.2, 194-200, 2007.
(DOI: 10.4012/dmj.26.194,   PubMed: 17621934)
71. 舘原 誠晃, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 湯浅 哲也, 高野 栄之, 徳山 麗子, 宮本 洋二, 長山 勝 :
HAP-PLGA複合体による顎骨再生への応用に関する実験的研究,
日本口腔外科学会雑誌, Vol.53, No.10, 588-593, 2007年.
72. 藤澤 健司, 宮本 洋二, 桃田 幸弘, 日比 弓紀子, 長山 勝 :
インプラントの安定性評価における共鳴振動周波数分析装置と歯牙動揺度測定装置の比較,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.18, No.3, 406-414, 2005年.
(CiNii: 50003949037)
73. Tetsuya Yuasa, Youji Miyamoto, Masayuki Kon, Kunio Ishikawa, Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Seiko Tatehara, Hideyuki Takano, Shiro Minamiguchi and Masaru Nagayama :
Proliferation and Differentiation of Cultured MC3T3-E1 Osteoblasts on Surface-layer Modified Hydroxyapatite Ceramic with Acid and Heat Treatments,
Dental Materials Journal, Vol.24, No.2, 207-212, 2005.
(DOI: 10.4012/dmj.24.207,   PubMed: 16022440)
74. 山之内 浩司, 鎌田 伸之, 宮本 洋二, 桃田 幸弘, 北岡 栄一郎 :
舌体部へのピアス迷入の1例,
日本口腔外科学会雑誌, Vol.50, No.4, 255-258, 2004年.
(DOI: 10.5794/jjoms.50.255,   CiNii: 10018620236)
75. Masaaki Takechi, Youji Miyamoto, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara, Masaru Nagayama and Kunio Ishikawa :
Effects of various sterilization methods on the setting and mechanical properties of apatite cement,
Journal of Biomedical Materials Research. Part B, Applied Biomaterials, Vol.69B, No.1, 58-63, 2004.
(DOI: 10.1002/jbm.b.10031,   PubMed: 15015210)
76. Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, Kunio Ishikawa, Masaaki Takechi, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara and Masaru Nagayama :
Effects of neutral sodium hydrogen phosphate on the setting property and hemostatic ability of hydroxyapatite putty as a local hemostatic agent for bone,
Journal of Biomedical Materials Research. Part B, Applied Biomaterials, Vol.69B, No.1, 99-103, 2004.
(DOI: 10.1002/jbm.b.20034,   PubMed: 15015217)
77. Tetsuya Yuasa, Youji Miyamoto, Kunio Ishikiawa, Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Seiko Tatehara and Masaru Nagayama :
Effects of apatite cements on proliferation and differentiation of human osteoblasts in vitro,
Biomaterials, Vol.25, No.7-8, 1159-1166, 2004.
(DOI: 10.1016/j.biomaterials.2003.08.003,   PubMed: 14643589,   CiNii: 80016486897)
78. 桃田 幸弘, 鎌田 伸之, 久米 景子, 舘原 誠晃, 林 良夫, 長山 勝 :
顎下腺に発症した いわゆるKuttner腫瘍の2例,
四国歯学会雑誌, Vol.16, No.2, 419-423, 2004年.
79. Youji Miyamoto, Kenji Fujisawa, Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara, Masaru Nagayama and Eiji Yamauchi :
Effect of the additional installation of implants in the posterior region on the prognosis of treatment in the edentulous mandibular jaw,
Clinical Oral Implants Research, Vol.14, No.6, 727-733, 2003.
(DOI: 10.1046/j.0905-7161.2003.00958.x,   PubMed: 15015949)
80. 宮本 洋二, 藤澤 健司, 湯淺 哲也, 桃田 幸弘, 長山 勝, 山内 英嗣, 坂東 永一, 日野出 大輔 :
歯科インプラントのオッセオインテグレーション喪失に関与するリスクファクターの検討,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.16, No.2, 278-288, 2003年.
(CiNii: 10011192075)
81. 舘原 誠晃, 宮本 洋二, 藤澤 健司, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 長山 勝, 山内 英嗣 :
垂直的歯槽骨延長におけるインプラント型骨延長器の使用経験,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.16, No.1, 91-96, 2003年.
82. 宮本 洋二, 藤澤 健司, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 長山 勝, 山内 英嗣, 坂東 永一, 日野出 大輔 :
歯科インプラントのオッセオインテグレーション獲得に関与する臨床的要因の検討,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.15, No.4, 436-445, 2002年.
(CiNii: 10010140008)
83. 鎌田 伸之, 北岡 栄一郎, 山之内 浩司, 桃田 幸弘, 林 良夫, 長山 勝 :
6歳児の下顎骨に発生した若年性(侵襲性)化骨性線維腫の1例,
小児口腔外科雑誌, Vol.12, No.2, 25-28, 2002年.
(CiNii: 50000725030)
84. Masaaki Takechi, Youji Miyamoto, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara, Masaru Nagayama, Kunio Ishikawa and Kasuomi Suzuki :
The in vitro antibiotic release from anti-washout apatite cement using chitosan,
Journal of Materials Science. Materials in Medicine, Vol.13, No.10, 973-978, 2002.
(DOI: 10.1023/A:1019816830793,   PubMed: 15348192)
85. Masaaki Takechi, Youji Miyamoto, Kunio Ishikiawa, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara, Kazuomi Suzuki and Masaru Nagayama :
Effects of powder phase sterilization on basic properties of apatite cement,
Key Engineering Materials, Vol.218-220, 339-342, 2002.
(Elsevier: Scopus)
86. Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, Kunio Ishikawa, Masaaki Takechi, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara, Masaru Nagayama and Kazuomi Suzuki :
Evaluation of Feasibility of Hydroxyapatite Putty as a Local Hemostatic Agent for Bone.,
Journal of Biomedical Materials Research, Vol.63, No.5, 542-547, 2002.
(DOI: 10.1002/jbm.10332,   PubMed: 12209899)
87. 野田 佳子, 桃田 幸弘, 里村 一人, 鎌田 伸之, 石丸 直澄, 長山 勝 :
上顎洞に発症したアスペルギルス症の1例 : 血清学的検査の有用性についての考察,
日本口腔外科学会雑誌, Vol.47, No.12, 811-814, 2001年.
(DOI: 10.5794/jjoms.47.811,   CiNii: 10009461374)
88. 桃田 幸弘, 富岡 重正, 栗尾 富子, 大下 修弘, 中條 信義 :
亜酸化窒素抵抗性気管チューブ Profile Soft-Seal Cuffの有用性の検討,
臨床麻酔, Vol.23, No.11, 1803-1805, 1999年.
89. 林 英司, 布袋屋 智朗, 中西 宏彰, 桃田 幸弘, 中野 孝三郎, 藤澤 健司, 長山 勝 :
同一患者から樹立した3種の口腔癌細胞株とその性状,
日本口腔外科学会雑誌, Vol.43, No.11, 789-796, 1997年.
90. 桃田 幸弘 :
口腔扁平上皮癌細胞の増殖に及ぼすサイトカインの影響,
四国歯学会雑誌, Vol.11, No.1, 139-159, 1997年.

学術論文(紀要・その他):

1. 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 小野 信二, 金川 裕子, 東 雅之 :
徳島大学病院口腔内科-発足前後5年間における外来・入院患者の臨床統計的観察-,
日本口腔内科学会雑誌, Vol.22, No.1, 59, 2016年.

総説・解説:

1. 高野 栄之, 桃田 幸弘 :
臨床の行方:withコロナ時代のパノラマエックス線写真によるAI診断と災害時身元確認,
日本歯科評論, Vol.80, No.9, 16-17, 2020年8月.
2. 高野 栄之, 桃田 幸弘, 寺田 賢治 :
AI・画像解析による身元確認の迅速化 ~過去に学び,未来に備える~,
デンタルダイヤモンド, Vol.3, No.2020, 94-99, 2020年3月.
3. 桃田 幸弘, 東 雅之 :
口内炎の予防と体質改善-口内炎を治療してきた歯科医の提言-,
徳島大大学開放実践センター紀要, Vol.28, 49-53, 2019年3月.
(徳島大学機関リポジトリ: 113513,   CiNii: 120006707377)
4. 高石 和美, 藤原 茂樹, 江口 覚, 大塚 良, 赤澤 友基, 北村 尚正, 上田(山口) 公子, 中川 弘, 可児 耕一, 青田 桂子, 桃田 幸弘, 山村 佳子, 工藤 景子, 大江 剛, 玉谷 哲也, 宮本 洋二, 東 雅之, 岩本 勉, 北畑 洋 :
当院における全身麻酔下歯科治療について -障害をもつ方へ安全な歯科治療の提供-,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.31, No.1, 62-67, 2018年7月.
(徳島大学機関リポジトリ: 111940,   DOI: 10.20738/johb.31.1_62,   CiNii: 130007402951)
5. 桃田 幸弘, 高野 栄之, 東 雅之 :
舌痛症の診断を再考する,
徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.27, 41-46, 2018年3月.
6. 可児 耕一, 桃田 幸弘, 青田 桂子, 東 雅之 :
口腔扁平上皮癌に対するNF-κBを分子標的とした新規併用癌化学療法の開発,
BIO Clinica, Vol.33, No.2, 74-79, 2018年2月.
7. 桃田 幸弘, 東 雅之, 小林 真之 :
歯科領域の漢方概説-難治性疾患に対する漢方薬の効用-,
歯科薬物療法, Vol.37, No.3, in-press, 2018年.
8. 桃田 幸弘, 東 雅之 :
口の痛みについて-口腔顔面痛とその随伴症状-,
徳島大学大学開放実践センター紀要, Vol.26, 57-66, 2017年.
(徳島大学機関リポジトリ: 112225)
9. 桃田 幸弘, 東 雅之 :
歯科用金属によるアレルギー,
デンタルハイジーン, Vol.35, No.5, 513-5, 2015年5月.
10. 桃田 幸弘, 高野 栄之, 東 雅之 :
貧血による舌炎,
デンタルハイジーン, Vol.35, No.4, 357-9, 2015年4月.
11. 桃田 幸弘, 東 雅之 :
臓器移植後の歯科治療,
月刊「歯界展望」別冊 歯科医師のための医学ハンドブック, 192-193, 2014年5月.
12. 桃田 幸弘, 東 雅之 :
舌痛を訴える患者について考える,
四国歯学会雑誌, Vol.23, No.2, 133-137, 2011年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109807)

国際会議:

1. Tetsuya Yuasa, Youji Miyamoto, Yukihiro Momota, Nobuyuki Kamata, Masaru Nagayama, Masayuki Kon and Kunio Ishikawa :
Effects of sintered apatite, apatite cement on differentiation of human immortalized dental papilla cells,
3rd Asian BioCeramic Symposium(ABC 2003)in conjunction with Hard-Tissue Nano-Biomaterials Symposium 2003, Fukuoka,
2. Seiko Tatehara, Youji Miyamoto, Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa and Masaru Nagayama :
Effect of locally applied basic firoblast growth factor on distraction osteogenesis in ovadectomized rats,
16th Intemational Conference on Oral and Maxillofacial Surgery(ICOMS), Athens,
3. Shiho Minamiguchi, Masaaki Takechi, Tetsuya Yuasa, Yukihiro Momota, Seiko Tatehara, Hideyuki Takano, Youji Miyamoto, Kazuhito Satomura and Masaru Nagayama :
A basic research on hydroxyapatite-poly(D L-lactide-co glycolic acid)composite scaffolds for bone tissue engineering,
The 5th Asian Bio Ceramics Simposium,
4. Yukihiro Momota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani, Fumihiro Matsumoto, Keiko Aota, N Takase, Hiroko Kanagawa, Tomoko Yamanoi, Yuki Miyamoto, Shigemasa Tomioka and Masayuki Azuma :
Intractable Stomatitis Well-Treated with Kampo Medicines: A Case Series,
The 13th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery, Taipei, Nov. 2018.
5. Yukihiro Momota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani, Fumihiro Matsumoto, Keiko Aota, Tomoko Yamanoi, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, Shinji Ono and Masayuki Azuma :
A Case Series of Xerostomia Treated with Kampo Medicines: Assessment of Health-Related Quality of Life Based on the Japanese Version of the Short Form-8 Health Survey,
23rd International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery, Hong Kong, Mar. 2017.
(DOI: 10.1016/j.ijom.2017.02.1247)
6. Yukihiro Momota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani, Fumihiro Matsumoto, Keiko Aota, Tomoko Yamanoi, Nao Takase, Yuki Miyamoto, Shinji Ono and Masayuki Azuma :
Orofacial Pain Well-Treated with Concomitant Pregabalin, Tramadol Hydrochloride, Acetaminophen, and Powdered Processed Aconite Roots: A Case Series,
International Congress on Orofacial Pain, Yokohama, Sep. 2016.
7. Yukihiro Momota, Kohichi Kani, Hideyuki Takano, Fumihiro Matsumoto, Katsumi Motegi, Keiko Aota, Yoshiko Yamamura and Masayuki Azuma :
Clinical significance of time-domain analysis of heart rate variability in burning mouth syndrome,
96th Annual Meeting Scientific Sessions & Exhibition, Hawaii, Sep. 2014.
8. Yukihiro Momota :
Clinical Significance of Time-Domain Analysis of Heart Rate Variability in Burning Mouth Syndrome,
Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Vol.72, No.9, 114-115, Sep. 2014.
(DOI: 10.1016/j.joms.2014.06.202)
9. Yukihiro Momota :
Dental Management of Patients with Autonomic Dysfunction: Significance of Intraoperative Monitoring by Heart Rate Variability Analysis,
Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Vol.72, No.9, 115-116, Sep. 2014.
(DOI: 10.1016/j.joms.2014.06.203)
10. Yoshiko Yamamura, Katsumi Motegi, Yukihiro Momota, Keiko Aota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani and Masayuki Azuma :
A mechanism underlying the constitutive expression of AQP5 in human salivary gland acinar cells,
21st International canference on oral and maxillofacial surgery, Barcelona, Oct. 2013.
11. Yoshiko Yamamura, Katsumi Motegi, Keiko Aota, Tomoko Yamanoi, Yukihiro Momota and Masayuki Azuma :
Mechanism involved in the constitutive expression of AQP5 in human salivary gland acinar cells.,
Asean Plus and Tokushima Joint International Conference, Indnesia, Dec. 2012.
12. Yukihiro Momota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani, Yoshiko Yamamura and Masayuki Azuma :
Frequency analysis of heart rate variability: a useful assessment tool of linearly polarized near-infrared irradiation to stellate ganglion area for burning mouth syndrome.,
10th Asian Congress on Oral and Maxillofacial Surgeons, Bali, Nov. 2012.
13. Yoshiko Yamamura, Keiko Aota, Katsumi Motegi, T Yamanoi, Yukihiro Momota, Hideyuki Takano, Kohichi Kani and Masayuki Azuma :
Augmented Expression of Aquaporin 5 in Aging Mice,
The 2nd International Joint Symposium on Oral and Dental Sciences in Conjunction with Dental Specialists Seminar, Indonesia, Mar. 2012.
14. Masayuki Azuma, Katsumi Motegi, Yoshiko Yamamura, Kohichi Kani, Hideyuki Takano, Yukihiro Momota, Keiko Aota and T Yamanoi :
TNF-a inhibits aquaporin 5 expression in human salivary gland acinar cells via suppression of histone H4 acetylation.,
Autoimmunity Congress Asia, Vol.1, No.1, 1-5, Singapore, Nov. 2011.
15. Siho Minamiguchi, Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, Kazuhito Satomura and Masaru Nagayama :
A research on the rat subcutaneous tissue of hydroxyapatite-polyD, L-Iactic-co-glycolic acid (PLGA)composite scaffolds for allopatry bone generation.,
第1回国際シンポジウム・FDワークショップ「21 世紀の口腔科学が目指すべき方向性」, Awaji, 2007.
16. Kenji Fujisawa, Mayumi Ohta, Yukihiro Momota, Hiroaki Nakanishi and Masaru Nagayma :
Clinical Study of the efficacy of the drug,
The 1st International and the 19st Anual Meeting of the Japanese Society for the Tempo- romandibular joint., Nagoya, 2006.
17. Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, K Ishikawa, Masaaki Takechi, H Takano and Masaru Nagayama :
Enhancing Effects on Aggregation of Platelets by Hydroxyapatite Putty as a Topical Hemostatic Agent for Bone,
The First International Conference on Mechanics of Biomaterials and Tissues, hawaii, Dec. 2005.
18. Kenji Fujisawa, Youji Miyamoto, Eiji Yamauchi, Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara and Masaru Nagayama :
Immediate functional loading of Branemark system implants: One year clinical follow-up study,
International Journal of Oral & Maxillofacial Surgery, Vol.34, No.supplement 1, 129, Aug. 2005.
19. Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, Kazuhito Satomura, Kenji Fujisawa and Masaru Nagayama :
Effect of FGF-2 and Melatonin on the promotion of Osseogenesis around Titanium implants.,
First International Conference on Mechanics of Biomaterials &Tissues, 2005.
20. Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, Ishikawa Kunio, Masaaki Takechi, Takano Hideyuki and Masaru Nagayama :
Enhancing effects aggregation of platelets by hydroxyapatite putty as a topieal hemontatie agent for bone.,
First International Conference on Mechanics of Biomaterials&Tissues, 2005.
21. Seiko Tatehara, Masaaki Takechi, Yukihiro Momota, Tetsuya Yuasa, Minamiguchi Siho and Masaru Nagayama :
Fabrication and characterization of Porous Alginate/Chitosan/Hydroxyapatite(HAP) composite scaffold,
The 5th Asian Bio Ceramics Simposium, Hokkaido, 2005.
22. Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, Kunio Ishikawa, Masaaki Takechi, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara and Masaru Nagayama :
Effects of neutral sodium hydrogen phosphate on the setting property and hemostatic ability of hydroxyapatite putty as a local hemostatic agent for bone,
Journal of Biomedical Materials Research. Part B, Applied Biomaterials, Vol.69B, No.1, 99-103, Apr. 2004.
23. Youji Miyamoto, Yukihiro Momota, Masaaki Takechi, Tetsuya Yuasa, Seiko Tatehara, Masaru Nagayama and Kunio Ishikiawa :
Effects of Neutral Sodium Hydrogen Phosphate on Setting Property and Hemostatic Ability of Hydroxyapatite Putty as a Local Hemostatic Agent for Bone,
15th International Symposium on Ceramics in Medicine, Vol.240-242, 373-376, Sydney, Dec. 2002.
24. Yukihiro Momota, Youji Miyamoto, K Ishikawa, Masaaki Takechi, Tetsuya Yuasa, T Toh, Masaru Nagayama and K Suzuki :
Evalution of Hydroxyapatite-Putty as a Hemostatic Agent,
Proceeding of the 13th Int.Symp.on Ceramics in Medicine, Vol.22-26, 849-852, Bologna, Nov. 2000.

国内講演発表:

1. 北岡 栄一郎, 鎌田 伸之, 山之内 浩司, 桃田 幸弘, 林 良夫, 長山 勝 :
6歳児の下顎骨に発生した若年性(侵襲性)化骨性線維種の1例,
第14回日本小児口腔外科学会,
2. 宮本 洋二, 藤澤 健司, 舘原 誠晃, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 長山 勝, 山内 英嗣, 日野出 大輔 :
ブローネマルクインプラントを使用した即時荷重インプラントの経験,
第47回日本口腔外科学会,
3. 藤澤 健司, 宮本 洋二, 湯淺 哲也, 桃田 幸弘, 武知 正晃, 舘原 誠晃, 長山 勝, 山内 英嗣 :
頬骨インプラント埋入のための頬骨の計測およびpilot hole techniqueの考案,
第32回日本口腔インプラント学会,
4. 舘原 誠晃, 宮本 洋二, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 長山 勝 :
骨粗鬆症ラットの仮骨延長に関する実験的研究,
第56回日本口腔科学会総会,
5. 前田 恵利子, 藤澤 健司, 中西 宏彰, 桃田 幸弘, 日比 弓紀子, 宮本 洋二, 長山 勝 :
片側性下唇痩に口蓋垂裂を合供したvan der Woude症候群の1例,
第51回日本口腔科学会中国四国地方部会,
6. 日比 弓紀子, 宮本 洋二, 藤澤 健司, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 舘原 誠晃, 住友 孝史, 長山 勝 :
インプラント安定性評価における共鳴振動周波数分析装置(Osstell)の信頼性一ペリオテストとの比較-,
第33回日本口腔インプラント学会総会,
7. 宮本 洋二, 藤澤 健司, 舘原 誠晃, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 長山 勝 :
ブローネマルクシステムを使用した即時荷重インプラントの13例,
第57回日本口腔科学会総会,
8. 北岡 栄一郎, 鎌田 伸之, 桃田 幸弘, 山之内 浩司, 藤澤 健司, 瀧 雅行, 林 良夫, 長山 勝 :
顎関節に発症した滑膜性軟骨腫症の1例,
第57回日本口腔科学会総会,
9. 山之内 浩司, 鎌田 伸之, 桃田 幸弘, 北岡 栄一郎, 久米 景子, 長山 勝 :
抗凝固剤維持量投与下における観血的処置の検討,
第57回日本口腔科学会総会,
10. 湯淺 哲也, 宮本 洋二, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 舘原 誠晃, 長山 勝, 今 政幸 :
カルシウム溶液処理による表面改質チタンが培養骨芽細胞に及ぼす影響,
第57回日本口腔科学会総会,
11. 村松 亮, 桃田 幸弘, 武知 正晃, 中西 宏彰, 里村 一人, 長山 勝 :
抜歯後異常骨吸収を示した歯性上顎洞炎の1例,
第52回日本口腔科学会地方会,
12. 藤澤 健司, 宮本 洋二, 日比 弓紀子, 武知 正晃, 湯淺 哲也, 桃田 幸弘, 舘原 誠晃, 長山 勝 :
水平的歯槽骨延長を行いインプラントを埋入した1例,
第34回日本口腔インプラント学会総会,
13. 中西 宏彰, 里村 一人, 桃田 幸弘, 長山 勝 :
5-ALAと青紫色ダイオードレーザーを用いた口腔癌蛍光診断システムの開発,
第5回5-ALA研究会,
14. 前田 恵利子, 北岡 栄一郎, 鎌田 伸之, 山之内 浩司, 藤澤 健司, 桃田 幸弘, 瀧 雅行, 長山 勝 :
細胞生物学的研究を行った顎関節滑膜性軟骨腫症の1例,
第33回日本口腔外科学会地方会,
15. 中西 宏彰, 里村 一人, 桃田 幸弘, 鎌田 伸之, 長山 勝 :
5-ALAと青紫色ダイオードレーザーを用いた口腔癌蛍光診断システムの開発,
第14回日本光線力学学会,
16. 藤澤 健司, 武知 正晃, 山内 英嗣, 宮本 洋二, 湯淺 哲也, 桃田 幸弘, 長山 勝 :
共鳴振動周波数分析装置を用いたインプラント安定性の評価1.Implant StabilityQuotient(ISQ)とインプラントの安定性に関連する因子との比較,
第35回日本口腔インプラント学会総会・学術大会,
17. 桃田 幸弘, 宮本 洋二, 石川 邦夫, 南口 知穂, 長山 勝 :
骨止血剤(HAP putty)による血小板凝集能の亢進,
第7回日本口腔顎顔面外傷学会総会・学術大会,
18. 徳山 麗子, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 山崎 泰文, 里村 一人, 長山 勝 :
9歳男児にみられた嚢胞性歯牙腫の1例,
第54回NPO法人日本口腔科学会 中国・四国地方部会.,
19. 桃田 幸弘, 里村 一人, 武知 正晃, 工藤 景子, 徳山 麗子, 山崎 泰文, 小柴 邦彦, 近藤 和也, 長山 勝 :
縦隔膿瘍を発症した下顎智歯周囲炎の1例,
第35回 日本口腔外科学会・中四国地方会,
20. 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 小野 信二, 東 雅之 :
一次性舌痛症における唾液アミラーゼ活性測定の有用性,
第72回日本口腔科学会学術集会, 2108年5月.
21. 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 可児 耕一, 桃田 幸弘, 東 雅之 :
シェーグレン症候群唾液腺でのMMP-9過剰発現機序とCXCL10への関与,
第74回日本口腔科学会学術集会, 2020年4月.
22. 西窪 美波, 可児 耕一, 桃田 幸弘, 青田 桂子, 松本 文博, 山ノ井 朋子, 中原 崇道, 東 雅之 :
上唇に生じた疣贅性黄色腫の1例,
第67回NPO法人日本口腔科学会 中国・四国地方部会, 2019年10月.
23. 中原 崇道, 青田 桂子, 西窪 美波, 山ノ井 朋子, 可児 耕一, 桃田 幸弘, 松本 文博, 東 雅之 :
舌下神経麻痺とNumb Chin症候群を初発症状としたBurkittリンパ腫の1例,
第67回NPO法人日本口腔科学会 中国・四国地方部会, 2019年10月.
24. 安陪 晋, 桃田 幸弘, 松香 芳三, 堀川 恵理子, 鈴木 善貴, 大倉 一夫, 河野 文昭 :
舌痛が睡眠に及ぼす影響について睡眠質問表を用いての検討,
臨床睡眠医学会, 2019年10月.
25. 西窪 美波, 可児 耕一, 桃田 幸弘, 青田 桂子, 松本 文博, 山ノ井 朋子, 中原 崇道, 東 雅之 :
Addison病による急性副腎不全を伴った歯性感染症の1例,
第48回日本口腔外科学会 中国四国支部学術集会, 2019年5月.
26. 山ノ井 朋子, 青田 桂子, 高野 栄之, 可児 耕一, 桃田 幸弘, 松本 文博, 石丸 直澄, 東 雅之 :
舌下-オトガイ下型類皮嚢胞の一例,
第48回日本口腔外科学会中四国支部学術集会, 2019年5月.
27. 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 宮本 悦子, 東山 祐陽, 飛梅 悟, 郡 由紀子, 河野 美枝子, 東 雅之 :
バリフリBOX 2018における口腔ケア等に関するアンケート調査,
第16回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2019年4月.
28. 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 可児 耕一, 益田 奈緒, 高野 栄之, 桃田 幸弘, 松本 文博, 東 雅之 :
若年周期性好中球減少症患者の抜歯経験,
第63回日本口腔外科学会総会・学術集会, 2018年11月.
29. 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 高瀬 奈緒, 金川 裕子, 山ノ井 朋子, 宮本 由貴, 東 雅之 :
漢方薬が奏効した難治性口内炎の6例,
第63回日本口腔外科学会学術大会, 2018年11月.
30. 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 富岡 重正, 東 雅之 :
茵蔯蒿湯と五苓散の併用が奏効した難治性口内炎の2例,
第28回日本口腔内科学会・第31回日本口腔診断学会合同学術大会, 2018年9月.
31. 高野 栄之, 桃田 幸弘, 寺田 賢治, 東 雅之 :
画像解析による口腔内写真からのデンタルチャート作成,
第17回警察歯科医会全国大会, 2018年8月.
32. 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 東 雅之 :
アミトリプチリン塩酸塩と加工附子末製剤の併用が奏効した特発性歯痛の1例,
第23回日本口腔顔面痛学会, 2018年7月.
33. 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 可児 耕一, 桃田 幸弘, 東 雅之 :
唾液腺細胞における CXCL10 発現機構の解析,
第72回日本口腔科学会学術集会, 2018年5月.
34. 高野 栄之, 小野 信二, 福井 誠, 玉木 直文, 吉岡 昌美, 桃田 幸弘, 伊藤 博夫, 東 雅之 :
徳島大学病院NSTにおける歯科医師連携の現況と課題,
第15回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2018年4月.
35. 高野 栄之, 岡本 拓也, 桃田 幸弘, 寺田 賢治, 東 雅之 :
画像解析を用いたデンタルチャート作成の試み,
第11回日本法歯科医学会学術大会, 2017年11月.
36. 青田 桂子, 宮本 由貴, 高瀬 奈緒, 山ノ井 朋子, 高野 栄之, 可児 耕一, 桃田 幸弘, 松本 文博, 東 雅之 :
当科における顎骨骨髄炎の臨床統計的検討,
第62回日本口腔外科学会総会・学術総会, 2017年10月.
37. 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 小野 信二, 東 雅之 :
三剤併用が奏効した一次性舌痛症の3例-口腔領域の難治性疼痛への対応-,
第62回日本口腔外科学会学術大会, 2017年10月.
38. 高瀬 奈緒, 青田 桂子, 桃田 幸弘, 松本 文博, 可児 耕一, 高野 栄之, 山ノ井 朋子, 宮本 由貴, 小野 信二, 東 雅之 :
左側下顎骨筋突起基部から埋伏歯の突出を認めた角化嚢胞性歯原性腫瘍の1例,
第46回日本口腔外科学会中国四国支部学術集会, 2017年5月.
39. 宮本 由貴, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 高野 栄之, 高瀬 奈緒, 山ノ井 朋子, 小野 信二, 牛尾 綾, 石丸 直澄, 東 雅之 :
上顎に発生した石灰化を伴わない石灰化上皮性歯原性腫瘍の1例,
第46回日本口腔外科学会中国四国支部学術集会, 2017年5月.
40. 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 東 雅之 :
五苓散と加工附子末製剤の併用が奏効した 三叉神経痛の1例,
第71回日本口腔科学会学術集会, 2017年4月.
41. 高野 栄之, 桃田 幸弘, 小野 信二, 金川 裕子, 吉岡 昌美, 松本 文博, 青田 桂子, 可児 耕一, 山ノ井 朋子, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 東 雅之 :
徳島大学病院緩和ケアセンターにおける 口腔機能管理の現況と課題,
第71回日本口腔科学会学術集会, 2017年4月.
42. 高野 栄之, 桃田 幸弘, 小野 信二, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 金川 裕子, 東 雅之 :
口腔機能管理を行った重症多形滲出性紅斑の2例,
第14回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2017年4月.
43. 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 中津 忠則, 東 雅之 :
徳島赤十字ひのみね総合療育センター歯科における受診患者の動向,
第61回日本口腔外科学会学術大会, 2016年11月.
44. 可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 小野 信二, 東 雅之 :
ピロカルピン塩酸塩顆粒による有害事象の発現についての検討,
第61回日本口腔外科学会学術大会, 2016年11月.
45. 桃田 幸弘, 宮本 由貴, 高野 栄之, 可児 耕一, 東 雅之 :
経上顎洞的対孔形成術と化学療法を施行した上顎洞アスペルギルス症の1例,
第61回日本口腔外科学会学術大会, 2016年11月.
46. 宮本 由貴, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 高野 栄之, 高瀬 奈緒, 山ノ井 朋子, 小野 信二, 東 雅之 :
上顎歯肉に発症した骨髄肉腫の1例,
第64回日本口腔科学会中四国地方部会, 2016年10月.
47. 高瀬 奈緒, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 宮本 由貴, 山ノ井 朋子, 小野 信二, 高野 栄之, 青田 桂子, 松本 文博, 牛尾 綾, 石丸 直澄, 東 雅之 :
上唇粘膜下に生じた血管筋腫の1例,
第64回日本口腔科学会中四国地方部会, 2016年10月.
48. 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 小野 信二, 東 雅之 :
プレガバリン,トラマドール塩酸塩/アセトアミノフェン配合錠および加工附子末製剤の三剤併用が奏効した口腔顔面痛の3例,
第21回日本口腔顔面痛学会, 2016年9月.
49. 安陪 晋, 桃田 幸弘, 葉山 莉香, 大倉 一夫, 松香 芳三 :
ピッツバーグ睡眠質問票を用いて評価した舌痛症患者の睡眠の質-ケースコントロールスタディ-,
日本口腔顔面痛学会雑誌, 2016年9月.
50. 高瀬 奈緒, 青田 桂子, 宮本 由貴, 山ノ井 朋子, 小野 信二, 高野 栄之, 可児 耕一, 桃田 幸弘, 石丸 直澄, 東 雅之 :
口蓋に生じた筋上皮腫の1例,
第45回日本口腔外科学会中四国支部学術集会, 2016年5月.
51. 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 可児 耕一, 桃田 幸弘, 東 雅之 :
唾液腺細胞における CXCL10 発現機構の解析,
第72回日本口腔科学会学術集会, 2016年5月.
52. 可児 耕一, 桃田 幸弘, 青田 桂子, 高野 栄之, 東 雅之 :
抜歯後出血に対して動脈塞栓術が奏効した1例,
第45回日本口腔外科学会中国四国支部学術集会, 2016年5月.
53. 桃田 幸弘, 宮本 由貴, 高野 栄之, 可児 耕一, 東 雅之 :
特発性自律神経ニューロパチーの抜歯術の1例-心拍間変異分析による術中管理について-,
第70回日本口腔科学会学術集会, 2016年4月.
54. 山ノ井 朋子, 青田 桂子, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 桃田 幸弘, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 石丸 直澄, 東 雅之 :
シェーグレン症候群患者におけるセファランチンの作用機序の解明,
第70回日本口腔科学会学術集会, 2016年4月.
55. 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 可児 耕一, 高野 栄之, 桃田 幸弘, 松本 文博, 石丸 直澄, 東 雅之 :
Sjögren 症候群唾液腺における IP-10 の発現制御機構,
第70回日本口腔科学会学術集会, 2016年4月.
56. 高野 栄之, 小野 信二, 桃田 幸弘, 後藤 崇晴, 水頭 英樹, 金川 裕子, 松本 文博, 青田 桂子, 可児 耕一, 東 雅之 :
徳島大学病院における癌化学療法に対する周術期口腔機能管理の現状と課題,
第13回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2016年4月.
57. 可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 東 雅之 :
口腔癌移植ヌードマウスに対するdocrtaxel・γ-tocotrienol併用療法による抗腫瘍効果の検討,
第52回日本口腔組織培養学会学術大会, 2015年11月.
58. 宮本 由貴, 松本 文博, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 青田 桂子, 高瀬 奈緒, 近藤 智香, 山ノ井 朋子, 小野 信二, 東 雅之 :
糖尿病による顎口腔領域の神経障害性疼痛が疑われた1例,
第63回日本口腔科学会中国・四国地方部会, Vol.0, No.0, 0, 2015年11月.
59. 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 小野 信二, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 金川 裕子, 東 雅之 :
小児の舌根部に生じた骨性分離腫の1例,
第63回日本口腔科学会中国・四国地方部会, Vol.0, No.0, 0, 2015年11月.
60. 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 東 雅之 :
一次性舌痛症に関する健康関連QOLの調査-SF-36v2日本語版を用いて-,
第60回日本口腔外科学会学術大会, 2015年10月.
61. 桃田 幸弘, 東 雅之 :
舌痛をどう捉え,どう対応するか,
第60回日本口腔外科学会学術大会, 2015年10月.
62. 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 高野 栄之, 武川 大輔, 山村 佳子, 可児 耕一, 桃田 幸弘, 松本 文博, 東 雅之 :
進行期肺がん患者の口腔管理∼ゾレドロン酸,デノスマブ投与前の歯科治療を考える∼,
第12回口腔ケア学会総会, 2015年6月.
63. 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 金川 裕子, 小野 信二, 東 雅之 :
徳島大学病院口腔内科発足前後5年間における外来ならびに入院患者動向について,
第47回四国歯学会例会・第34回四国歯学会総会, 2015年6月.
64. 桃田 幸弘, 可児 耕一, 高野 栄之, 松本 文博, 青田 桂子, 武川 大輔, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 東 雅之 :
新規口腔ケア製品「ペプチサルシリーズ」の使用感に関する調査,
第12回日本口腔ケア学会, 2015年6月.
65. 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 可児 耕一, 高野 栄之, 桃田 幸弘, 松本 文博, 東 雅之 :
Sjögren 症候群唾液腺における IP-10 の発現機能解析,
第69回日本口腔科学会学術集会, 2015年5月.
66. 桃田 幸弘, 細木 眞紀, 二宮 雅美, 高野 栄之, 松香 芳三, 東 雅之 :
口腔ならびに呼吸器症状を伴った歯科用金属によるアレルギーの1例,
第69回日本口腔科学会学術集会, 2015年5月.
67. 近藤 智香, 松本 文博, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 高野 栄之, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 東 雅之 :
当科における顎関節脱臼症例の臨床的検討,
第44回日本口腔外科学会中国四国支部学術集会, 2015年4月.
68. 青田 桂子, 山村 佳子, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 武川 大輔, 可児 耕一, 高野 栄之, 桃田 幸弘, 松本 文博, 東 雅之 :
Sjögren 症候群唾液腺における IP-10 の役割,
第51回日本口腔組織培養学会学術大会, 2014年11月.
69. 山村 佳子, 滝沢 宏光, 松本 文博, 桃田 幸弘, 青田 桂子, 武川 大輔, 可児 耕一, 高野 栄之, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 金川 裕子, 高瀬 奈緒, 十川 悠香, 東 雅之 :
肺癌患者における周術期口腔機能管理の有用性について-術後合併症の観点より-,
第62回NPO法人日本口腔科学会中国・四国地方部会, 2014年10月.
70. 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 橋本 俊顕, 久保 宜明, 東 雅之 :
頬部脂肪萎縮性脂肪織炎の1例,
第62回NPO法人日本口腔科学会中国・四国地方部会, 2014年10月.
71. 桃田 幸弘, 可児 耕一, 高野 栄之, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 東 雅之 :
一次性舌痛症に対する心拍間変異分析-Time-Domain測定の意義-,
第59回日本口腔外科学会学術大会, 2014年10月.
72. 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 松本 文博, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 東 雅之 :
5-FUによるヒト口腔粘膜上皮細胞の増殖抑制とγ-T3によるその解除機構の検討,
第59回日本口腔外科学会学術大会, 2014年10月.
73. 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 松本 文博, 東 雅之 :
Sjögren症候群におけるサイトカイン/ケモカイン発現の解析,
第59回日本口腔外科学会学術大会, 2014年10月.
74. 大塚 良, 富岡 重正, 桃田 幸弘, 青山 智祐, 高石 和美, 江口 覚, 北畑 洋 :
血管迷走神経反射による失神時に心拍変動解析を行った1症例,
第42回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2014年10月.
75. 可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 松本 文博, 青田 桂子, 山村 佳子, 武川 大輔, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 金川 裕子, 東 雅之 :
徳島大学病院口腔内科組織改編前後の患者動向について,
第24回日本口腔内科学会, 2014年9月.
76. 大塚 良, 富岡 重正, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 青山 智祐, 鎌田 久美子, 高石 和美, 江口 覚, 北畑 洋 :
体位性起立頻拍症候群患者の抜歯時自律神経活動を測定した一例,
第29回中国・四国歯科麻酔研究会, 2014年7月.
77. 青田 桂子, 山村 佳子, 可児 耕一, 高野 栄之, 桃田 幸弘, 松本 文博, 河野 文昭, 松尾 敬志, 東 雅之 :
徳島大学病院における周術期口腔機能管理の現状と課題,
第11回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2014年6月.
78. 山村 佳子, 青田 桂子, 桃田 幸弘, 松本 文博, 可児 耕一, 高野 栄之, 東 雅之 :
頭頸部領域に対する癌化学放射線療法による口腔粘膜炎の実態調査,
第11回日本口腔ケア学会総会, 2014年6月.
79. 可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 松本 文博, 青田 桂子, 山村 佳子, 武川 大輔, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 金川 裕子, 東 雅之 :
徳島大学病院口腔内科発足前後の患者動向について,
第45回四国歯学会例会・第33回四国歯学会総会, 2014年6月.
80. 山村 佳子, 茂木 勝美, 青田 桂子, 桃田 幸弘, 東 雅之 :
唾液腺腺房細胞におけるMAPK経路を介したAQP5発現機構-SMRTとHDAC3発現からの解析-,
第68回日本口腔科学会学術集会, 2014年5月.
81. 桃田 幸弘, 可児 耕一, 高野 栄之, 松本 文博, 茂木 勝美, 青田 桂子, 山村 佳子, 東 雅之 :
一次性舌痛症における手掌部発汗の発現-皮膚水分量測定の有用性について-,
第68回日本口腔科学会学術集会, 2014年5月.
82. 松本 文博, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 山村 佳子, 可児 耕一, 青田 桂子, 茂木 勝美, 東 雅之 :
顎関節脱臼患者における臨床的検討,
第43回日本口腔外科学会中・四国地方会, 2014年4月.
83. 高野 栄之, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 東 雅之 :
イムノクロマト法を用いた口腔カンジダ症迅速診断-往診診療における臨床的有用性-,
第3回健康科学創成・栄養連携部門ミニフォーラム, 2014年4月.
84. 山ノ井 朋子, 青田 桂子, 近藤 智香, 山村 佳子, 高野 栄之, 可児 耕一, 桃田 幸弘, 松本 文博, 東 雅之 :
抜歯後出血を契機に診断された後天性von Willebrand症候群の1例,
第43回日本口腔外科学会 中四国支部学術集会, 2014年4月.
85. 可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 青田 桂子, 東 雅之 :
下顎歯肉に生じた周辺性エナメル上皮腫の1例,
第61回日本口腔科学会中国・四国地方部会, 2013年11月.
86. 松本 文博, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 山村 佳子, 可児 耕一, 青田 桂子 :
顎関節症と鑑別を要する疾患あるいは障害に関する実態調査 —紹介により顎関節症外来を受診した患者における検討—,
第61回NPO法人日本口腔科学会中国・四国地方部会, 2013年11月.
87. 可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 青田 桂子, 山村 佳子, 東 雅之 :
ヒト口腔癌移植ヌードマウスに対するdocetaxel・γ-tocotrienol併用による抗腫瘍効果の検討,
第12回中四国口腔癌研究会, 2013年11月.
88. 山村 佳子, 青田 桂子, 松本 文博, 桃田 幸弘, 茂木 勝美, 可児 耕一, 高野 栄之, 東 雅之 :
入院精神疾患患者に対する歯科介入について,
第30回日本障碍者歯科学会学術大会, 2013年10月.
89. 富岡 重正, 桃田 幸弘, 青山 智祐, 大塚 良, 高石 和美, 江口 覚, 北畑 洋 :
心拍変動解析を行った起立性調節障害の1症例,
第41回 日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2013年10月.
90. 青田 桂子, 可児 耕一, 山村 佳子, 高野 栄之, 桃田 幸弘, 松本 文博, 東 雅之 :
口腔粘膜に初発した自己免疫性水疱症5例の臨床的検討,
第23回日本口腔内科学会, 2013年9月.
91. 十川 悠香, 青田 桂子, 石川 久子, 田口 侑子, 武川 香織, 高橋 侑子, 廣瀬 薫, 永井 浩美, 吉岡 昌美, 菅原 千恵子, 山村 佳子, 高野 栄之, 可児 耕一, 茂木 勝美, 桃田 幸弘, 松本 文博, 東 雅之, 河野 文昭 :
徳島大学病院における周術期口腔機能管理の現状,
第10回日本口腔ケア学会・総会, 2013年6月.
92. 山村 佳子, 桃田 幸弘, 青田 桂子, 高野 栄之, 東 雅之 :
徳島大学病院腎臓内科との医・歯連携 - 腎疾患治療前からの積極的介入 -,
第10回日本口腔ケア学会学術大会, 2013年6月.
93. 桃田 幸弘, 茂木 勝美, 青田 桂子, 高野 栄之, 可児 耕一, 東 雅之 :
ワルファリン療法中に急速に増大・破裂した軟硬口蓋粘膜下血腫の1例,
第67回日本口腔科学会学術集会, 2013年5月.
94. 山村 佳子, 青田 桂子, 高野 栄之, 可児 耕一, 桃田 幸弘, 東 雅之 :
ヒト唾液腺腺房細胞における恒常的AQP5発現制御機構,
第67回日本口腔科学会学術集会, 2013年5月.
95. 青田 桂子, 山村 佳子, 可児 耕一, 高野 栄之, 桃田 幸弘, 松本 文博, 石丸 直澄, 東 雅之 :
シェーグレン症候群に対する新規治療戦略―唾液腺腺房構造の破壊を阻止する-,
第67回日本口腔科学会学術集会, 2013年5月.
96. 山村 佳子, 桃田 幸弘, 青田 桂子, 高野 栄之, 可児 耕一, 東 雅之 :
徳島大学病院腎臓内科との医・歯連携―腎疾患患者の口腔管理について-,
第42回日本口腔外科学会中国四国支部学術集会, 2013年4月.
97. 青田 桂子, 山村 佳子, 可児 耕一, 茂木 勝美, 桃田 幸弘, 東 雅之 :
抗TNF製剤のヒト唾液腺腺房細胞に及ぼす影響―抗TNF製剤はシェーグレン症候群の治療薬と成り得るか―,
第49回日本口腔組織培養学会, 2012年11月.
98. 茂木 勝美, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 青田 桂子, 山村 佳子, 東 雅之 :
抜歯後の止血困難をきっかけに発見された後天性血友病の1例,
第57回日本口腔外科学会総会学術大会, 2012年10月.
99. 山村 佳子, 青田 桂子, 茂木 勝美, 桃田 幸弘, 東 雅之 :
加齢に伴う唾液腺機能低下に対するDNA脱メチル化剤の有効性,
第57回日本口腔外科学会総会学術大会, 2012年10月.
100. 可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 松本 文博, 茂木 勝美, 青田 桂子, 山村 佳子, 山田 佑子, 山ノ井 朋子, 原田 道人, 東 雅之 :
ドセタキセルとg-トコトリエノールの併用による舌癌細胞株に対する抗腫瘍効果の検討,
第57回日本口腔外科学会総会学術大会, 2012年10月.
101. 山田 佑子, 青田 桂子, 桃田 幸弘, 松本 文博, 可児 耕一, 大守 真由子, 山村 佳子, 高野 栄之, 茂木 勝美, 東 雅之 :
頬粘膜下に生じた炎症性偽嚢胞の1例,
第60回日本口腔科学会中国四国地方部会, 2012年10月.
102. 富岡 重正, 桃田 幸弘, 古北 まゆ子, 立石 智子, 高瀬 奈緒, 高石 和美, 江口 覚, 北畑 洋 :
局所浸潤麻酔のストレスによって誘発された蕁麻疹の1例,
第40回日本歯科麻酔学会総会・学術集会, 2012年10月.
103. 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 原田 道人, 松本 文博, 茂木 勝美, 青田 桂子, 山村 佳子, 花木 秀明, 東 雅之 :
カンジダ検出イムノクロマトを用いた口腔カンジダ迅速検査法の有用性,
第25回日本口腔診断学会, 2012年9月.
104. 青田 桂子, 山村 佳子, 大守 真由子, 桃田 幸弘, 東 雅之 :
徳島大学病院精神科神経科入院患者における口腔ケアの有用性について,
第9回日本口腔ケア学会 学術総会, 2012年6月.
105. 可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 松本 文博, 茂木 勝美, 青田 桂子, 山村 佳子, 大守 真由子, 東 雅之 :
舌癌細胞株に対するドセタキセルの抗腫瘍効果に及ぼすg-tocotrienolの影響,
第66回日本口腔科学会学術集会, 2012年5月.
106. 青田 桂子, 茂木 勝美, 桃田 幸弘, 石丸 直澄, 東 雅之 :
シェーグレン症候群患者の唾液腺腺房構造破壊阻止―セファランチンの有効性に関する臨床病理学的研究―,
第66回日本口腔科学会 学術総会, 2012年5月.
107. 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 青田 桂子, 大守 真由子, 松本 文博, 茂木 勝美, 山村 佳子, 河野 文昭, 東 雅之 :
徳島大学病院ICUにおける口腔ケアで遭遇する舌褥瘡性潰瘍に対する試み,
第41回(社)日本口腔外科学会中・四国地方会, 2012年4月.
108. 山村 佳子, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 青田 桂子, 大守 真由子, 東 雅之 :
医科疾患を有する患者の治療前歯科口腔ケア介入について,
第41回日本口腔外科学会中四国地方会, 2012年4月.
109. 山村 佳子, 茂木 勝美, 山ノ井 朋子, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 青田 桂子, 東 雅之 :
加齢マウスにおける唾液分泌/AQP5発現低下に対するDNA脱メチル化剤の有効性の検討,
第59回日本口腔科学会中国四国地方部会, 2011年11月.
110. 山村 佳子, 茂木 勝美, 青田 桂子, 桃田 幸弘, 東 雅之 :
TNF-αによる唾液腺腺房細胞でのヒストンH4アセチル化を介したAQP5発現抑制,
第48回日本口腔組織培養学会学術大会, 2011年11月.
111. 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 山村 佳子, 松本 文博, 細川 浩良, 東 雅之 :
舌痛症患者に対する知覚・痛覚定量分析装置による痛みの客観的評価,
日本口腔科学会雑誌, Vol.60, No.1, 121, 2011年11月.
112. 山村 佳子, 茂木 勝美, 桃田 幸弘, 青田 桂子, 可児 耕一, 高野 栄之, 東 雅之 :
唾液腺線房細胞におけるTNF-αによるAQP5発現抑制機構,
第56回日本口腔外科学会総会, 2011年10月.
113. 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 松本 文博, 茂木 勝美, 青田 桂子, 山村 佳子, 東 雅之 :
当科を受診した舌痛症患者の臨床統計学的検討 ―自律神経系の関与について―,
第56回日本口腔外科学会総会学術大会, 2011年10月.
114. 高野 栄之, 桃田 幸弘, 東 雅之 :
舌痛症患者に対する知覚,痛覚定量分析装置による痛みの客観的評価,
2011年6月.
115. 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 山村 佳子, 茂木 勝美, 松本 文博, 東 雅之 :
抗癌剤誘発口腔粘膜炎発症モデルハムスターにおける致死因子としての口腔粘膜炎の役割,
第40回日本口腔外科学会中国四国地方会, 2011年5月.
116. 竹内 久裕, 菅 俊行, 桃田 幸弘, 尾崎 和美, 中道 敦子, 三宅 洋一郎, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 :
日本歯科大学臨床実習視察報告,
第38回四国歯学会例会, 2011年3月.
117. 可児 耕一, 松本 文博, 山村 佳子, 細川 浩良, 高野 栄之, 桃田 幸弘, 茂木 勝美, 東 雅之 :
口腔白板症の臨床病理学的検討―悪性化の指標を探る―,
第58回日本口腔科学会中・四国地方会, 2010年11月.
118. 山村 佳子, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 細川 浩良, 東 雅之 :
カンジダ菌の検出と口腔乾燥の関連性,
第19回日本口腔感染症学会総会, 2010年11月.
119. 桃田 幸弘, 茂木 勝美, 東 雅之 :
単純性骨嚢胞を疑う骨性異形成症と考えられた1例,
2010年11月.
120. 桃田 幸弘, 茂木 勝美, 東 雅之 :
臼歯部離開を呈した閉口末期の閉口障害の1例,
2010年11月.
121. 細川 浩良, 桃田 幸弘, 松本 文博, 茂木 勝美, 高野 栄之, 山村 佳子, 可児 耕一, 藤澤 健司, 湯淺 哲也, 工藤 景子, 東 雅之 :
口腔白板症の臨床病理学的検討 ―悪性化の指標を探る―,
第55回日本口腔外科学会総会, 2010年10月.
122. 桃田 幸弘, 東 雅之 :
舌痛を訴える患者さんについて考えるー舌痛症を中心にー,
2010年7月.
123. 山村 佳子, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 茂木 勝美, 松本 文博, 東 雅之 :
当科における口腔カンジダ症の臨床統計学的検討,
第39回(社)日本口腔外科学会中・四国地方会, 2010年5月.
124. 可児 耕一, 徳山 麗子, 桃田 幸弘, 細川 浩良, 高野 栄之, 松本 文博, 藤澤 健司 :
乳歯に生じた歯根嚢胞の1例,
日本口腔科学会雑誌, Vol.59, No.2, 90, 2010年3月.
125. 高野 栄之, 藤澤 健司, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 舘原 誠晃, 宮本 洋二 :
顎裂への骨移植部に対しインプラントによる補綴を行った3症例,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.22, No.2, 206, 2009年9月.
126. 工藤 景子, 藤澤 健司, 松本 文博, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 舘原 誠晃, 徳山 麗子, 高野 栄之, 細川 浩良, 山村 佳子, 可児 耕一, 里村 一人 :
ピロカルピンを用いた口腔リンス療法の有効性 健常者における唾液分泌量変化,
日本口腔外科学会雑誌, Vol.55, No.Suppl., 273, 2009年9月.
127. 舘原 誠晃, 宮本 洋二, 永井 宏和, 藤澤 健司, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 高野 栄之, 福田 雅幸 :
低結晶性炭酸アパタイトの顎骨再建への応用に関する基礎的研究 骨組織内での長期評価,
日本口腔外科学会雑誌, Vol.55, No.Suppl., 286, 2009年9月.
128. 舘原 誠晃, 宮本 洋二, 永井 宏和, 藤澤 健司, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 高野 栄之, 福田 雅幸 :
低結晶性炭酸含有アパタイトの顎骨再建への応用に関する基礎的研究 ウサギ大腿骨内での組織学的検討,
日本口腔科学会雑誌, Vol.58, No.4, 223, 2009年9月.
129. 藤澤 健司, 湯淺 哲也, 舘原 誠晃, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 山内 英嗣, 宮本 洋二 :
粗面インプラントのオッセオインテグレーション喪失症例の検討,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.22, 191, 2009年8月.
130. 高野 栄之, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 舘原 誠晃, 藤澤 健司, 宮本 洋二 :
低結晶性炭酸含有アパタイトの顎骨再建への応用に関する基礎的研究 ウサギ上顎洞内での組織学的検討,
日本口腔インプラント学会誌, Vol.22, 261, 2009年8月.
131. 高野 栄之, 湯淺 哲也, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 松本 文博, 藤澤 健司 :
アルコール離脱痙攣発作による舌咬傷,
第38回(社)日本口腔外科学会中・四国地方会, 2009年5月.
132. 平尾 早希, 湯淺 哲也, 桃田 幸弘, 藤澤 健司, 高野 栄之, 里村 一人 :
過去3年間におけるインプラント治療によるトラブルの臨床的検討,
日本口腔科学会雑誌, Vol.58, No.2, 87, 2009年3月.
133. 細川 浩良, 里村 一人, 桃田 幸弘, 工藤 景子, 舘原 誠晃, 徳山 麗子, 高野 栄之, 石丸 直澄, 林 良夫, 長山 勝, 第17回日本口腔粘膜学会 :
口腔白板症の臨床病理学的検討,
第17回日本口腔粘膜学会 2007.7.5∼7.6,東京, 2007年7月.
134. 南口 知穂, 武知 正晃, 湯淺 哲也, 桃田 幸弘, 舘原 誠晃, 高野 栄之, 石川 邦夫, 宮本 洋二, 長山 勝 :
低結晶性炭酸アパタイト含有PLGA複合体が多核巨細胞に与える影響,
第60回日本口腔科学会総会, 2007年1月.
135. 桃田 幸弘, 宮本 洋二, 石川 邦夫, 武知 正晃, 湯淺 哲也, 舘原 誠晃, 高野 栄之, 南口 知穂, 長山 勝 :
HAP Putty(骨止血剤)が血小板凝集および血小板由来増殖因子の分泌に及ぼす影響.,
第60回日本口腔科学会総会, 2007年1月.
136. 舘原 誠晃, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 高野 栄之, 宮本 洋二, 長山 勝 :
bFGF合浸Hap-PLGA複合体における骨組織反応について,
第50回(社)日本口腔外科学会総会, 2005年9月.
137. 高野 栄之, 武知 正晃, 舘原 誠晃, 南口 知穂, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 長山 勝 :
オッセオインテグレーションにおけるリセドロネートとヒト塩基性線維芽細胞成長因子の促進効果,
第35回日本口腔インプラント学会総会・学術大会, 2005年9月.
138. 南口 知穂, 武知 正晃, 湯淺 哲也, 桃田 幸弘, 舘原 誠晃, 高野 栄之, 宮本 洋二, 里村 一人, 長山 勝 :
骨組織再生におけるHAP-PLGA複合体の有用性に関する基礎研究,
第59回日本口腔科学会総会, 2005年9月.
139. 桃田 幸弘, 宮本 洋二, 石川 邦夫, 武知 正晃, 湯淺 哲也, 舘原 誠晃, 高野 栄之, 南口 知穂, 長山 勝 :
骨止血剤(HAP putty)による血小板凝集能の亢進,
口腔顎顔面外傷, Vol.4, No.1, 24-25, 2005年6月.
140. 桃田 幸弘, 中西 宏彰, 舘原 誠晃, 湯淺 哲也, 高野 栄之, 南口 知穂, 里村 一人, 林 良夫, 長山 勝 :
TS-1を投与した舌癌の2例,
第3回中四国口腔癌研究会, 2004年10月.
141. 高野 栄之, 宮本 洋二, 藤澤 健司, 湯淺 哲也, 桃田 幸弘, 長山 勝 :
歯科インプラントのオッセオインテグレーション喪失に関する臨床統計学的検討,
第32回日本口腔外科学会中国四国地方部会, 2004年1月.
142. 山之内 浩司, 宮本 洋二, 桃田 幸弘, 久米 景子, 鎌田 伸之 :
舌体深部へのボディーピアス迷入の1例,
第31回日本口腔外科学会中・四国地方会, 2002年6月.
143. 藤澤 健司, 宮本 洋二, 舘原 誠晃, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 長山 勝, 大倉 一夫, 山内 英嗣, 郡 元治, 松浦 広輿, 坂東 永一, 池田 隆志 :
眼窩エピテーゼの維持源にオッセオインテグレーティツドインプラントを応用した1例,
第21回日本口腔インプラント学会中国・四国支部総会・学術大会, 2001年.
144. 宮本 洋二, 藤澤 健司, 湯淺 哲也, 桃田 幸弘, 武知 正晃, 長山 勝, 山内 英嗣, 坂東 永一, 日野出 大輔 :
下顎無歯顎インプラント患者のオトガイ孔後方へのfixture埋入は是か非か?,
第31回日本口腔インプラント学会総会・学術大会, 2001年.
145. 舘原 誠晃, 宮本 洋二, 藤澤 健司, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 増田 尚子, 長山 勝 :
インプラント型仮骨延長器による垂直的歯槽骨延長の経験,
第46回(社)日本口腔外科学会総会, 2001年.
146. 藤澤 健司, 増田 尚子, 飛梅 悟, 舘原 誠晃, 桃田 幸弘, 林 英司, 鎌田 伸之, 長山 勝 :
下顎骨関節突起骨折の臨床統計的検討,
第3回口腔顎顔面外傷研究会, 2001年.
147. 桃田 幸弘, 鎌田 伸之, 里村 一人, 長山 勝 :
上顎洞アスペルギルス症の原因菌種の同定-PCR法を用いた検索-,
第30回(社)日本口腔外科学会中国・四国地方会, 2001年.
148. 藤澤 健司, 宮本 洋二, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 藤 武智, 増田 尚子, 舘原 誠晃, 長山 勝 :
ブローネマルクインプラントの臨床統計学的検討一上部構造装着後のフイクスチャー除去症例について-,
第55回日本口腔科学会総会, 2001年.
149. 野田 佳子, 桃田 幸弘, 里村 一人, 鎌田 伸之, 石丸 直澄, 長山 勝 :
上顎洞に発症したアスペルギルス症の1例 : 血清学的検査の有用性についての考察,
第45回日本口腔外科学会総会, 2000年10月.
150. 舘原 誠晃, 宮本 洋二, 藤澤 健司, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 藤 武智, 飛梅 悟, 増田 尚子, 長山 勝, 郡 元治, 松浦 広輿, 山内 英嗣, 大倉 一夫, 日野出 大輔 :
当科におけるブローネマルクインプラントの臨床統計的検討-Osseointegration獲得に関与する因子について-,
第20回日本口腔インプラント学会中国・四国支部総会・学術大会, 2000年.
151. 山之内 浩司, 布袋屋 智朗, 鎌田 伸之, 桃田 幸弘, 久米 景子, 林 英司, 長山 勝 :
生体吸収性ポリーL乳酸(PLLA)骨接合ミニプレートによる下顎骨骨折の治療経験,
第20回日本口腔インプラント学会中国・四国支部総会・学術大会, 2000年.
152. 桃田 幸弘, 野田 佳子, 里村 一人, 鎌田 伸之, 長山 勝, 石丸 直澄 :
上顎洞に発症したアスペルギルス症の2例-PCR法を用いた遺伝子診断-,
第45回日本口腔外科学会総会, 2000年.
153. 宮本 洋二, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 藤 武智, 長山 勝, 今 政幸 :
カルシウム溶液処理によるチタン表面の改質と疑似体液中における挙動,
第45回日本口腔外科学会総会, 2000年.
154. 藤 武智, 宮本 洋二, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 長山 勝, 石川 邦夫, 鈴木 一臣 :
炭酸水素ナトリウムを用いた骨置換型アパタイトセメントー培養破骨細胞による吸収性の評価-,
第45回日本口腔外科学会総会, 2000年.
155. 武知 正晃, 宮本 洋二, 藤澤 健司, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 藤 武智, 長山 勝, 鈴木 温, 日野出 大輔 :
当科におけるインプラント失敗例に関する臨床的検討一上部構造装着前の失敗症例について一,
第30回日本口腔インプラント学会総会・学術大会, 2000年.
156. 宮本 洋二, 武知 正晃, 桃田 幸弘, 湯淺 哲也, 藤 武智, 長山 勝 :
急速アパタイト転換型リン酸カルシウムセメントの開発,
第30回日本口腔インプラント学会総会・学術大会, 2000年.
157. 新田 幸司, 桃田 幸弘, 里村 一人, 林 英司, 鎌田 伸之, 長山 勝, 柳 久美子, 林 良夫 :
口腔白板症の臨床病理学的検討,
第10回日本口腔粘膜学会総会, 2000年.

その他・研究会:

1. 可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 松本 文博, 青田 桂子, 青田 桂子, 山ノ井 朋子, 高瀬 奈緒, 宮本 由貴, 小野 信二, 東 雅之 :
ピロカルピン塩酸塩顆粒による有害事象の発現についての検討,
徳島大学歯学部口腔内科同門会誌,, Vol.31, 10-11, 2016年.
2. 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 東 雅之 :
γ-トコトリエノールはNrf2-Keap1経路と抗酸化タンパク質の誘導を介して5-FUによる口腔粘膜上皮細胞の増殖抑制を解除する,
第13回中四国口腔癌研究会, 2014年10月.
3. 可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 青田 桂子, 松本 文博, 山村 佳子, 武川 大輔, 山ノ井 朋子, 近藤 智香, 金川 裕子, 東 雅之 :
がん治療における周術期口腔機能管理の現状と課題,
徳島大学病院Cancer Board, 2014年9月.
4. 可児 耕一, 桃田 幸弘, 高野 栄之, 青田 桂子, 東 雅之 :
下顎歯肉に生じた周辺性エナメル上皮腫の1例,
徳島大学歯学部口腔内科同門会誌, Vol.28, 13-14, 2013年.
5. 竹内 久裕, 菅 俊行, 桃田 幸弘, 尾崎 和美, 中道 敦子, 三宅 洋一郎, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 :
日本歯科大学臨床実習視察報告,
四国歯学会雑誌, Vol.24, No.2, 85-94, 2012年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 109821)
6. 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 東 雅之 :
口腔カンジダ症に対する迅速免疫学的検査-イムノクロマト法の有用性について-,
徳島大学歯学部口腔内科同門会誌, Vol.27, 10-11, 2012年.
7. 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 松本 文博, 茂木 勝美, 山村 佳子, 東 雅之 :
副オトガイ孔を走行する神経様組織の切断によって口唇感覚異常が改善した症候性三叉神経痛の1例,
徳島大学歯学部口腔内科同門会誌, Vol.26, 8-10, 2011年.
8. 高野 栄之, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 東 雅之 :
知覚・痛覚定量分析装置による舌痛症の痛みの定量的評価,
徳島大学歯学部口腔内科同門会誌, Vol.25, 6-7, 2010年.

報告書:

1. 桃田 幸弘, 高野 栄之, 可児 耕一, 東 雅之 :
ローヤルゼリーの口腔顔面痛に対する治療効果の検討-小型脳波センサーを用いて-,
第4回みつばち研究助成基金報告書, Vol.4, 23, 2012年.
2. 高野 栄之, 宮本 悦子, 桃田 幸弘, 可児 耕一, 東 雅之 :
心身障害者や自閉症児に対する蜂蜜を使用した歯みがきの有効性,
第3回みつばち研究助成基金報告書, No.3, 6, 2011年.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • デジタル歯画像解析技術を用いた個人識別法の開発 (研究課題/領域番号: 17K12048 )
  • 口腔顔面痛に対する自律神経調節機能の強化-心拍変動バイオフィードバック法の試み- (研究課題/領域番号: 16K11888 )
  • 口腔顔面痛の診断マーカーの探索-小型脳波センサーと光トポグラフィを用いて- (研究課題/領域番号: 25463247 )
  • 口腔顔面痛と自律神経活動の関係について--心拍間変異分析装置を用いて (研究課題/領域番号: 22592335 )
  • 次世代型人工骨としてのインテリジェントマテリアルの開発と発展 (研究課題/領域番号: 20592375 )
  • 骨止血剤(アパタイトパテ)の生物学的作用の強化ならびに付与に関する研究 (研究課題/領域番号: 17791465 )
  • 多機能性骨止血剤アパタイトパテの検討 (研究課題/領域番号: 15791168 )
  • 上皮・間葉移行による口腔癌の浸潤転移機構の解明 (研究課題/領域番号: 15390616 )
  • 口腔癌の蛍光診断および光線力学治療の開発とその細胞生物学的検討 (研究課題/領域番号: 14657528 )
  • アパタイトパテの骨止血剤としての有用性 (研究課題/領域番号: 13771218 )
  • テロメラーゼをターゲットとした口腔癌の分子診断 (研究課題/領域番号: 12671943 )
  • 無蛋白培養下における口腔扁平上皮癌細胞の増殖機構の細胞生物学的研究 (研究課題/領域番号: 12470440 )
  • 連続気孔形成によるアパタイトセメントの骨置換速度の増進 (研究課題/領域番号: 11671992 )
  • 口腔扁平上皮癌における血管新生と細胞接着分子との関連 (研究課題/領域番号: 11671991 )
  • 研究者番号(00304543)による検索