検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 歯学域 > 口腔科学部門 > 臨床歯学系 > 歯周歯内治療学 >
徳島大学 > 歯学部 > 歯学科 > 機能維持系臨床歯学講座 > 歯周歯内治療学(歯科保存学第二講座) >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 歯科 > 歯周病科(第二保存科) >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

歯周治療学 (Periodontology)
歯周治療学 (Periodontology)
歯内療法学 (Endodontology)

研究テーマ

MMP inhibitorの歯周病治療薬への応用 (MMP阻害剤, 歯周組織再生)
自家歯牙移植への歯周組織再生誘導材料の応用 (自家歯牙移植, 歯周組織再生)
歯髄組織中の基質蛋白と石灰化との関係に関する研究 (歯髄組織, 石灰化, オステオポンティン)

著書・論文

著書:

1. 二宮 雅美, 湯本 浩通 :
歯・歯肉の異常,
株式会社 デンタルダイヤモンド社, 2019年3月.
2. 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
臨床編 歯周病の病因,
永末書店, 2016年1月.
3. 二宮 雅美 :
糖尿病で薬物性歯肉増殖症を合併している歯周病患者へどのように対応したらよいですか.,
医歯薬出版株式会社, 2016年1月.
4. 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
高齢者透析患者の口腔内病変はどのように発見し対策を立てますか?,
医歯薬出版株式会社, 2014年9月.
5. 永田 俊彦, 二宮 雅美 :
口腔ケア実践上のノウハウ 糖尿病になるとう蝕や歯周病になりやすい? 糖尿病患者の口腔ケアで注意点,強調すべき点は?,
医歯薬出版株式会社, 東京, 2013年3月.
6. 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
歯周病治療の基礎と臨床 臨床編 1章 歯周病の病因,
2011年3月.
7. 永田 俊彦, 二宮 雅美 :
歯科衛生士教本·歯周病の治療, --- 臨床編 第1章 歯周疾患の病因 in press ---,
永末書店, 京都, 2005年12月.

学術論文(審査論文):

1. Keiko Aota, Kohichi Kani, Tomoko Yamanoi, Yukihiro Momota, Masami Ninomiya, Hiromichi Yumoto and Masayuki Azuma :
Management of tooth extraction in a patient with ELANE gene mutation-induced cyclic neutropenia: A case report.,
Medicine, Vol.98, No.39, e17372, 2019.
(DOI: 10.1097/MD.0000000000017372,   PubMed: 31574885,   Elsevier: Scopus)
2. Masami Ninomiya, Mari Hashimoto, Kouji Yamanouchi, Yoshiaki Fukumura, Toshihiko Nagata and Koji Naruishi :
Relationship of oral conditions to the incidence of infective endocarditis in periodontitis patients with valvular heart disease: a cross-sectional study.,
Clinical Oral Investigations, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113773,   DOI: 10.1007/s00784-019-02973-2,   PubMed: 31197658,   Elsevier: Scopus)
3. 二宮 雅美 :
歯列不正を伴う重度薬物性歯肉増殖症患者に対して包括的歯周治療を行った一症例,
日本歯周病学会雑誌, Vol.61, No.1, 37-46, 2019年.
(徳島大学機関リポジトリ: 113210)
4. 美原(和田) 智恵, 成石 浩司, 板東 美香, 西川 泰史, Jung-Hwan Lew, 坂本 英次郎, 生田 貴久, 河野 薫, 梶浦 由加里, 橋本 万里, 中島 由紀子, 稲垣 裕司, 二宮 雅美, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
Post clinical clerkship-OSCEを見据えた歯周病科での模擬OSCEの概要,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.29, No.2, 49-53, 2017年.
(徳島大学機関リポジトリ: 111059)
5. Koji Naruishi, Keiji Oishi, Yuuji Inagaki, Masumi Horibe, Mika Bandou, Masami Ninomiya, K Kawahara, J Minakuchi, S Kawashima, K Shima, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Association between Periodontal Condition and Kidney Dysfunction in Japanese Adults: A Cross-Sectional Study,
Clinical and Experimental Dental Research, Vol.2, No.2, 1-8, 2016.
(DOI: 10.1002/cre2.39)
6. 桃田 幸弘, 細木 眞紀, 二宮 雅美, 高野 栄之, 松香 芳三, 東 雅之 :
口腔ならびに呼吸器症状を呈した歯科用金属によるアレルギーの1例,
日本口腔検査学会雑誌, Vol.8, No.1, 39-44, 2016年.
7. Masami Ninomiya, Tomoko Azuma, Jun-ichi Kido, Shinya Murakami and Toshihiko Nagata :
Successful case of periodontal tissue repair by fibroblast growth factor-2. -Long-term follow-up and comparison with enamel matrix derivative-,
Clinical Advances in Periodontics, Vol.3, No.4, 216-221, 2013.
(DOI: 10.1902/cap.2012.120014)
8. 二宮 雅美, 鎌田 伸之, 長山 勝, 永田 俊彦 :
エナメル基質タンパクの歯の移植への応用,
ザ·クインテッセンス, Vol.23, No.7, 89-96, 2004年.
9. 二宮 雅美, 武村 あかね, 永田 俊彦 :
MMP 阻害剤の歯槽骨吸収抑制作用,
ザ·クインテッセンス, Vol.22, No.9, 41-47, 2003年.
10. Masami Ninomiya, Nobuyuki Kamata, Ryoichi Fujimoto, Tomoko Ishimoto, (名) Suryono, Jun-ichi Kido, Masaru Nagayama and Toshihiko Nagata :
Application of Enamel Matrix Derivative in Autotransplantation of an Impacted Maxillary Premolar,
Journal of Periodontology, Vol.73, No.3, 346-351, 2002.
(DOI: 10.1902/jop.2002.73.3.346,   PubMed: 11922266)
11. 鎌田 伸之, 二宮 雅美, 東 智子, 藤本 良一, 友成 真弓, 永田 俊彦, 長山 勝 :
智歯·埋伏歯の移植,
四国歯学会雑誌, Vol.15, No.1, 205-213, 2002年.
12. Masami Ninomiya, Mika Oishi, Jun-ichi Kido, Yasuyoshi Ohsaki and Toshihiko Nagata :
Immunohistochemical Localization of Osteopontin in human Pulp Stones.,
Journal of Endodontics, Vol.27, No.4, 269-272, 2001.
(DOI: 10.1097/00004770-200104000-00007,   PubMed: 11485265,   Elsevier: Scopus)
13. Masatoshi Kataoka, YASUKI SHIMIZU, KENJI KUNIKIYO, YOJI ASAHARA, Kikuji Yamashita, Masami Ninomiya, Ichijiro Morisaki, Yasuyoshi Ohsaki, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Cyclosporin A Decreases the Degradation of Type I Collagen in Rat Gingival Overgrowth,
Journal of Cellular Physiology, Vol.182, No.3, 351-358, 2000.
14. 二宮 雅美, 大場 堂信, 二宮 洋介, 中野 恵子, 大石 美佳, 浅原 洋士, 片岡 正俊, 篠原 啓之, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ハムスター実験的歯周炎におけるプロスタグランディンE2の歯槽骨吸収抑制効果,
日本歯科保存学会雑誌, Vol.43, No.6, 1138-1144, 2000年.
15. 池戸 大, 浅原 洋士, 澤 孝賢, 大石 慶二, 山内 規進, 清水 保樹, 大石 美佳, 二宮 雅美, 片岡 正俊, 篠原 啓之, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
培養骨芽細胞MC3T3-E1におけるフェニトインの分化促進作用,
日本歯周病学会会誌, Vol.42, No.2, 104-113, 2000年.
16. 二宮 雅美 :
熱変性脱灰骨基質ゼラチン,熱変性脱灰歯,および架橋コラーゲンの筋肉内移植後に認められた石灰化の組織学的比較,
四国歯学会雑誌, Vol.9, No.1, 77-97, 1996年.
17. 二宮 雅美, 山下 菊治, 永田 俊彦, 北村 清一郎 :
ラット後肢の指骨切断後の治癒過程に及ぼすethane-1-hydroxy-1, 1-diphosphonateの影響—光学顕微鏡所見を中心に—,
四国歯学会雑誌, Vol.8, No.2, 189-206, 1996年.
18. Kikuji Yamashita, Masami Ninomiya, Tomomichi Takagi, Hiroshi Ishizuka and Seiichiro Kitamura :
Human alveolar bone cells in vitro,
Biomedical Research (India), Vol.6, No.1, 1-9, 1995.
19. Kikuji Yamashita, Masami Ninomiya, S. A. Sanjabad, M. Kuwahara and Seiichiro Kitamura :
Histological study on endochondral ossification in the osteopetrotic op/op mouse,
Dentistry in Japan, Vol.32, 3-8, 1995.
20. 二宮 雅美, 大場 堂信, 二宮 洋介, 中野 恵子, 大石 美佳, 淺原 洋士, 片岡 正俊, 篠原 啓之, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ハムスター実験的歯周炎におけるプロスタグランディンE2の歯槽骨吸収抑制効果,
日本歯科保存学雑誌, Vol.43, No.6, 1138-1144, 1988年.

学術論文(紀要・その他):

1. 木戸 淳一, 板東 美香, 稲垣 裕司, 生田 貴久, 梶浦 由加里, 中島 由紀子, 坂本 英次郎, 美原(和田) 智恵, 二宮 雅美, 西川 泰史, Jung-Hwan Lew, 成石 浩司, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液中のバイオマーカーを用いた歯周病診断,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.29, No.1, 13-20, 2016年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109875,   CiNii: 120005823530)
2. 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
FGF-2による歯周組織再生療法,
歯の長期保存の臨床 私はこうして歯を守る, Vol.38, No.6, 126-131, 2013年.
3. 二宮 雅美 :
FGF-2による再生療法,
31th Proceedings 臨床歯科を語る会, Vol.31, No.1, 28-33, 2011年.
4. 北村 清一郎, 二宮 雅美, 宮本 洋二 :
カラーアトラス:皮膚・粘膜の下,透けて見えますか, --- 歯科医師・口腔外科医に必要な解剖学の知識 ---,
歯界展望, Vol.10, No.6, 2007年.
5. 二宮 雅美, 赤澤 佳代子, 里村 一人, 鎌田 伸之, 長山 勝, 森山 啓司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
慢性根尖性歯周炎の進行に伴って形成されたセメント質過形成症,
四国歯学会雑誌, Vol.15, No.2, 263-269, 2003年.

学術レター:

1. 二宮 雅美 :
全顎的な歯肉腫脹,
デンタルダイヤモンド, Vol.39, No.12, 133-134, 2014年.

総説・解説:

1. 二宮 雅美, 岩本 勉, 湯本 浩通 :
女児に認められた上顎前歯部の歯肉腫脹,
デンタルダイヤモンド, Vol.44, No.4, 15-16, 2019年3月.
2. 二宮 雅美, 湯本 浩通 :
歯根側面に認められたX線透過像,
デンタルダイヤモンド, Vol.43, No.4, 17-18, 2018年3月.
3. 二宮 雅美 :
歯周組織再生剤「リグロス」で広がる歯周治療の可能性,
デンタルダイヤモンド, Vol.42, No.15, 57-71, 2017年11月.
4. Toshihiko Nagata, Masami Ninomiya, Chie Mihara-Wada, Jun-ichi Kido and Seiji Nishikawa :
Etiology of drug-induced gingival overgrowth,
Current Issues in Periodontics, 1-8, Oct. 2016.
5. 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
全顎的な歯肉のびらん・接触痛,
デンタルダイヤモンド, Vol.41, No.13, 19-20, 2016年10月.
6. 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
下顎前歯部の動揺,
デンタルダイヤモンド, Vol.40, No.15, 21-22, 2015年11月.
7. 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
下顎前歯部の歯肉腫脹,
デンタルダイヤモンド, Vol.38, No.8, 133-134, 2013年6月.
8. 永田 俊彦, 二宮 雅美 :
2.各論 1)歯周病 (特集 透析患者の口腔衛生),
透析フロンティア, Vol.21, No.2, 12-16, 2011年5月.
9. 北村 清一郎, 山下 菊治, 二宮 雅美 :
歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識6—口蓋と上顎骨—外科的処置に失敗しないために,
歯界展望, Vol.110, No.6, 1046-1053, 2007年12月.
10. 北村 清一郎, 二宮 雅美, 宮本 洋二 :
口腔外科医に必要な局所解剖学の知識3口腔前庭—外科処置に失敗しないために,
歯界展望, Vol.110, No.3, 458-465, 2007年9月.
11. 北村 清一郎, 二宮 雅美, 宮本 洋二 :
歯科医師・口腔外科医に必要な局所解剖学の知識3口腔前庭—外科処置に失敗しないために,
歯界展望, Vol.110, No.3, 458-465, 2007年9月.
12. 瀬戸 浩行, 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
実験的歯周炎動物モデルにおける歯槽骨吸収の動態,
クリニカルカルシウム, Vol.16, No.2, 24(248)-30(254), 2006年1月.

国際会議:

1. Masami Ninomiya, Keiji Oishi, Hashimoto Mari, Koji Naruishi, Yamanouchi Kouji, Fukumura Yoshiaki and Toshihiko Nagata :
A Cross-Sectional Study on the Severity of Periodontitis in Infective Endocarditis Patients,
11th Asian Pacific Society of Periodontology Meeting, Oct. 2015.
2. Hiromi Murata, Masami Ninomiya, Takashiba Shogo, Maeda Hiroshi, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
A major neurodegenerative disease protein TDP-43 enhances TNF- transcriptional regulation in human monocyte-derived macrophage-like cells,
10th Asian Pacific Society of Periodontology Meeting, 42, Sep. 2013.
3. Toshihiko Nagata, Jun-ichi Kido, Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Yuji Inagaki, Masami Ninomiya, Chie Mihara-Wada, Hiromi Murata, Yukiko Bandou and Makoto Funaki :
Diagnosis of diabetes-associated periodontitis by measuring biomarkers in gingival crevicular fluid,
The 9th International Diabetes Federation Western Pacific Region Congress/ The 4th AASD Scientific Meeting, Nov. 2012.
4. Masami Ninomiya, Satoshi Yoneda, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Successful periodontal regeneration by FGF2. -A long-term follow-up case report-,
The 96th Annual Meeting of American Academy of Periodontology in collaboration with the Japanease Society of Periodontology, USA, Hawaii, Oct. 2010.
5. Masami Ninomiya, T Azuma, H Seto, J Kido and T Nagata :
Successful Periodontal Regeneration Using FGF-2 in Two Periodontitis Patients,
2005-Sino-Japanese Conference on Stomatology, Shanghai, Nov. 2005.
6. Masami Ninomiya :
Periodontal Conditions in Patients with Diabetic Nephropathy,
89th the American Academy of Periodontology Annual Meeting, San Francisco, Sep. 2003.

国内講演発表:

1. 二宮 雅美 :
「リグロス」による歯周組織再生療法の効果ー有効性を高める手技と長期予後ー,
日本臨床歯周病学会第37回年次大会, 114, 2019年6月.
2. 金崎 伸幸, 二宮 雅美, 湯本 浩通 :
矯正治療中に進行した侵襲性歯周炎患者に対して歯周組織再生療法を行った一症例,
日本歯周病学会会誌, Vol.61, 149, 2019年5月.
3. 二宮 雅美, 坂本 英次郎, 成石 浩司, 生田 貴久, 高木 亮輔, 畑中 加珠, 岡本 憲太郎, 小野 晋太郎, 高柴 正悟, 湯本 浩通 :
周期性好中球減少症を有する母娘に認められた重度歯周炎の症例,
日本歯周病学会会誌, Vol.61, 164, 2019年5月.
4. 二宮 雅美 :
QOL向上のための歯周治療 -有病者や若年者の歯周病症例を通して-,
徳島大学大学院顎機能咬合再建学分野同門会 学術講演, 2019年3月.
5. 二宮 雅美, 生田 貴久, 成石 浩司, 湯本 浩通 :
口腔内細菌が原因で発症した感染性心内膜炎患者に対して包括的歯周治療を行った一症例,
日本歯科保存学会2018年度秋季学術大会(第149回), 163, 2018年11月.
6. 美原(和田) 智恵, 木戸 淳一, 二宮 雅美, 湯本 浩通 :
薬物性歯肉増殖を伴う高齢の慢性歯周炎患者に対して包括的歯周治療を行った1症例,
第62回秋季日本歯周病学会学術大会, 2018年10月.
7. 美原(和田) 智恵, 木戸 淳一, 二宮 雅美, 湯本 浩通 :
薬物性歯肉増殖を伴う高齢の慢性歯周炎患者に対して包括的歯周治療を行った一症例,
第61回秋季日本歯周病学会学術大会, Vol.60, 153, 2018年10月.
8. 二宮 雅美 :
歯周組織再生療法の変遷ー骨移植術からリグロスまで-,
平成30年度鶴見大学歯学部補綴科全体症例会, 2018年10月.
9. 二宮 雅美 :
2時間でわかる歯周組織再生療法とその魅力-新規医薬品「リグロス」の有効性-,
香川県歯科医師会 香川デンタルスタディグループ, 2018年8月.
10. 二宮 雅美 :
FGF-2製剤を用いた歯周病治療最前線ー新規医薬品「リグロス」は本当に効くのか-,
大津市歯科医師会 平成30年度第2回学術講演会, 2018年7月.
11. 二宮 雅美 :
1時間でわかる歯周病治療最前線ー新規歯周組織再生剤「リグロス」の作用機序と効果-,
徳友会 学術講演, 2018年6月.
12. 武川 香織, 二宮 雅美, 永田 俊彦, 湯本 浩通 :
心血管疾患を抱えた重度薬物性歯肉増殖症患者に対して歯周基本治療を行った一症例,
日本歯周病学会会誌, Vol.60, 162, 2018年6月.
13. 木戸 理恵, 坂本 英次郎, 板東 美香, 稲垣 裕司, 二宮 雅美, 美原(和田) 智恵, 生田 貴久, 成石 浩司, 永田 俊彦, 木戸 淳一, 湯本 浩通 :
インプラント周囲溝滲出液中のカルプロテクチンとNTxを用いたインプラント疾患の診断,
第61回春季日本歯周病学会学術大会, 2018年6月.
14. 木戸 理恵, 坂本 英次郎, 板東 美香, 稲垣 裕司, 二宮 雅美, 美原(和田) 智恵, 生田 貴久, 成石 浩司, 永田 俊彦, 木戸 淳一, 湯本 浩通 :
インプラント周囲溝滲出液中のカルプロテクチンとNTxを用いたインプラント疾患の診断,
第61回春季日本歯周病学会学術大会, 2018年6月.
15. 二宮 雅美 :
歯周再生治療におけるFGF-2製剤の有効性,
徳島県歯科医師会スタディグループ 新木会, 2017年12月.
16. 美原(和田) 智恵, 二宮 雅美, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
降圧薬由来の歯肉増殖を伴う重度歯周炎患者に対する歯周治療の効果,
日本歯周病学会中国四国3大学・日本臨床歯周病学会中国四国支部合同研修会, 2017年11月.
17. 二宮 雅美 :
FGF-2製剤による歯周サイトカイン療法ー新規医薬品「リグロス」は本当に効くのかー,
日本歯周病学会中国四国3大学・日本臨床歯周病学会中国四国支部合同研修会, 2017年11月.
18. 梶浦 由加里, 二宮 雅美, 生田 貴久, HWAN JUNG LEW, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
上顎左右両側側切歯に認められた歯根嚢胞の一症例,
日本歯科保存学会2017年度秋季学術大会(第147回), 2017年10月.
19. 二宮 雅美 :
FGF-2製剤を用いた新規歯周組織再生療法 ーリグロス歯科用液キットの有効性ー,
徳島県歯科医師会スタディグループ 歯科塾, 2017年10月.
20. 二宮 雅美 :
2時間でわかる歯周病治療最前線とその魅力 ー歯周再生療法を中心にー,
平成29年度 徳島大学歯学部同窓会関東支部 学術講演, 2017年8月.
21. 二宮 雅美 :
保険導入されたFGF-2製剤による新規歯周組織再生療法 ーリグロス歯科用液キットの有効性ー,
愛媛県歯科医師会学術講演, 2017年7月.
22. 二宮 雅美, 稲垣 裕司, 美原(和田) 智恵, 板東 美香, 中島 由紀子, 坂本 英次郎, 生田 貴久, 西川 泰史, Jung-Hwan Lew, 木戸 理恵, 高木 亮輔, 野中 康平, 成石 浩司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
新規歯周組織再生剤「リグロス歯科用液キット」の有効性,
四国歯学会 第51回例会, 2017年6月.
23. 美原(和田) 智恵, 成石 浩司, 板東 美香, 西川 泰史, Hwan Jung Lew, 坂本 英次郎, 生田 貴久, 河野 薫, 梶浦 由加里, 橋本 万里, 中島 由紀子, 稲垣 裕司, 二宮 雅美, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
アドバンスドOSCEを見据えた当科の模擬OSCEの概要,
四国歯学会雑誌, Vol.29, No.2, 49-53, 2017年6月.
24. 二宮 雅美, 梶浦 由加里, 永田 俊彦 :
歯列不正を伴う重度薬物性歯肉増殖症患者に対して包括的歯周治療を行った一症例,
日本歯周病学会雑誌, Vol.59, 158, 2017年5月.
25. 二宮 雅美 :
FGF-2製剤を用いた新規歯周組織再生療法,
平成28年度 徳島県歯科医師会 学術講演, 2017年2月.
26. 二宮 雅美 :
歯周疾患の治療計画ーQOL向上のための歯周治療ー,
松本歯科大学特別講演, 2016年12月.
27. 二宮 雅美, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
FGF-2歯周組織再生試験後10年以上の長期経過症例,
日本歯科医師会雑誌, Vol.69, No.5, 137, 2016年10月.
28. 二宮 雅美, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
FGF-2歯周組織再生試験後10年以上の長期経過症例,
日本歯科医師会雑誌, Vol.69, No.5, 137, 2016年8月.
29. 美原 智恵, 成石 浩司, 板東 美香, 西川 泰史, Jung-Hwan Lew, 坂本 英次郎, 生田 貴久, 河野 薫, 梶浦 由加里, 橋本 万里, 中島 由紀子, 稲垣 裕司, 二宮 雅美, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
アドバンスOSCEを見据えた当科の模擬OSCEの概要,
第49回四国歯学会例会, 2016年6月.
30. 梶浦 由加里, 二宮 雅美, 河野 薫, 永田 俊彦 :
出産後に悪化した限局型侵襲性歯周炎に対して感染度の評価を行い歯周治療を行った一症例,
日本歯周病学会会誌, Vol.58, 161, 2016年5月.
31. 橋本 万里, 二宮 雅美, 北川 哲也, 永田 俊彦 :
感染性心内膜炎の既往のある慢性歯周炎患者に対して歯周治療によりQOL向上を図った症例,
日本歯周病学会中国四国3大学・日本臨床歯周病学会中国四国支部合同研修会, 2015年10月.
32. 二宮 雅美 :
歯周組織再生療法の変遷ーQOL向上のための歯周治療ー,
松本歯科大学 歯周病学特別講義, 2015年7月.
33. 二宮 雅美 :
QOL向上のための歯周治療,
道東歯学研究会・釧路歯科医師会共催講演, 2015年6月.
34. 二宮 雅美, 橋本 万里, 永田 俊彦 :
重度慢性歯周炎を有する血液透析患者に対して包括的歯周治療によりQOL向上を図った一症例,
第58回春季日本歯周病学会学術大会, Vol.57, No.May, 139, 2015年5月.
35. 桃田 幸弘, 細木 眞紀, 二宮 雅美, 高野 栄之, 松香 芳三, 東 雅之 :
口腔ならびに呼吸器症状を伴った歯科用金属によるアレルギーの1例,
第69回日本口腔科学会学術集会, 2015年5月.
36. 増田 祐里, 稲垣 幸司, 二宮 雅美, 河野 隆幸, 永田 俊彦, 三谷 章雄 :
妊娠を伴う侵襲性歯周炎患者に対してチームアプローチを行った一症例,
第9回日本歯周病学会中部地区大学・日本臨床歯周病学会中部支部合同研究会, 2014年11月.
37. 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
HIV/HCV重複感染血友病患者に対する包括的歯周治療によりQOL向上を図った一症例,
日本歯周病学会 中国四国3大学・日本臨床歯周病学会中国四国支部合同研修会, 2014年11月.
38. 二宮 雅美, 大石 慶二, 橋本 万里, 成石 浩司, 永田 俊彦 :
感染性心内膜炎発症患者における歯周病の進行度に関する横断的疫学調査,
日本歯科保存学会 2014年度秋季学術大会(第141回), 2014年10月.
39. 二宮 雅美 :
歯周組織再生療法の変遷,
松本歯科大学 歯周病学特別講演, 2014年7月.
40. 梶浦 由加里, 板東 美香, 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 生田 貴久, 橋本 万里, 篠原 宏貴, 二宮 雅美, 村田 裕美, 中島 由紀子, 米田 哲, 美原 智恵, 廣島 佑香, 大石 慶二, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液中のグリコアルブミンおよびカルプロテクチンを指標とした糖尿病関連歯周炎の診断,
第57回春季日本歯周病学会学術大会, 2014年5月.
41. 橋本 万里, 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
感染性心内膜炎の既往のある慢性歯周炎患者に対して歯周基本治療を行った症例,
日本歯周病学会会誌, Vol.56, 51, 2014年5月.
42. 村田 裕美, 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
侵襲性歯周炎患者に対して自家歯牙移植による咬合の回復を行った一症例,
日本歯周病学会 第3回四国地区臨床研修会, 39, 2014年4月.
43. 二宮 雅美 :
腎臓病患者のペリオドンタルメディシン,
日本歯周病学会 第3回四国地区臨床研修会, 24-26, 2014年4月.
44. 二宮 雅美 :
姉妹に認められた広汎型侵襲性歯周炎に対して包括的歯周治療を行った症例,
薫風会臨床セミナー, 2014年3月.
45. 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
姉妹に認められた広汎型侵襲性歯周炎の一症例,
日本歯周病学会中国四国3大学・日本臨床歯周病学会中国四国支部合同研修会, 2013年10月.
46. 二宮 雅美 :
侵襲性歯周炎の病態と治療,
四国歯学会 第43回例会, 2013年6月.
47. 二宮 雅美 :
歯周組織再生療法の変遷 ーFGF-2による再生療法ー,
日本歯科大学新潟生命歯学部同門会講演, 2013年6月.
48. 二宮 雅美, 板東 美香, 村田 裕美, 生田 貴久, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
姉妹に認められた広汎型侵襲性歯周炎に対して包括的歯周治療を行った症例,
日本歯周病学会会誌, Vol.55, 2013年6月.
49. 二宮 雅美 :
FGF-2による再生療法,
鈴鹿歯科医師会学術講演会, 2013年1月.
50. 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
腎移植患者に発症した薬物性歯肉増殖症の長期経過症例,
日本歯科保存学会2012年度秋季学術大会(第137回), 135, 2012年11月.
51. 東 智子, 東 秀樹, 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
フレアアウトを伴う重度慢性歯周炎患者に対して歯周外科治療と矯正治療を行った一症例,
日本歯周病学会会誌, Vol.54, 2012年9月.
52. 二宮 雅美, 生田 貴久, 永田 俊彦 :
下顎前歯部の広範囲に認められた歯根嚢胞の一症例,
日本歯科保存学会 2012年度春季学術大会(第136回), 2012年6月.
53. 廣瀬 薫, 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
感染性心内膜炎の既往のある知的障害者に対して口腔衛生管理を行った一症例,
日本歯周病学会会誌, Vol.54, 2012年5月.
54. 村田 裕美, 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
侵襲性歯周炎患者に自家歯牙移植および全顎歯周外科治療を行った一症例,
日本歯周病学会会誌, Vol.54, 2012年5月.
55. 二宮 雅美 :
FGF-2による再生療法,
日本臨床歯周病学会 北海道支部 春季教育研修会, 2012年4月.
56. 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 板東 美香, 廣島 佑香, 村田 裕美, 美原(和田) 智恵, 堀部 ますみ, 米田 哲, 二宮 雅美, 大石 慶二, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 生田 貴久, 浅原 洋士, 永田 俊彦 :
バイオマーカーを用いた糖尿病関連歯周炎の診断研究,
日本歯科医学会誌, Vol.31, 86, 2012年3月.
57. 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 板東 美香, 廣島 佑香, 村田 裕美, 美原(和田) 智恵, 堀部 ますみ, 米田 哲, 二宮 雅美, 大石 慶二, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 生田 貴久, 浅原 洋士, 永田 俊彦 :
バイオマーカーを用いた糖尿病関連歯周炎の診断研究,
日本歯科医学会誌, Vol.31, 86, 2012年3月.
58. 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 板東 美香, 廣島 佑香, 村田 裕美, 美原(和田) 智恵, 堀部 ますみ, 米田 哲, 二宮 雅美, 大石 慶二, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 生田 貴久, 浅原 洋士, 永田 俊彦 :
バイオマーカーを用いた糖尿病関連歯周炎の診断研究,
日本歯科医学会誌, Vol.31, 86, 2012年3月.
59. 二宮 雅美 :
歯周組織再生療法の実際,
香川県歯科医師会, 2011年12月.
60. 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
HIV/HCV重複感染血友病B患者に対して歯周基本治療を中心に包括的治療を行った一症例,
日本歯周病学会会誌, Vol.53, 139, 2011年9月.
61. 板東 美香, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 廣島 佑香, 片岡 正俊, 村田 裕美, 坂東 由記子, 二宮 雅美, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液中のグリコアルブミン測定法の確立,
日本歯周病学会会誌 春季特別号, Vol.53, 119, 2011年5月.
62. 板東 美香, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 廣島 佑香, 片岡 正俊, 村田 裕美, 坂東 由記子, 二宮 雅美, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液中のグリコアルブミン測定法の確立,
日本歯周病学会会誌 春季特別号, Vol.53, 119, 2011年5月.
63. 十川 悠香, 二宮 雅美, 東 智子, 永田 俊彦 :
急性骨髄性白血病の骨髄移植後に発症した移植片対宿主病患者に対し口腔衛生管理を行った一症例,
日本歯周病学会雑誌, Vol.53, 149, 2011年4月.
64. 坂本 英次郎, 二宮 雅美, 米田 哲, 徳永 格, 中島 由紀子, フルジャフ ジャフラン, 竹田 洋子, 武村 あかね, 永田 俊彦 :
ハムスター実験的歯周炎におけるL-Cysteineの歯槽骨吸収抑制効果,
四国歯学会雑誌, Vol.23, No.2, 141, 2011年1月.
65. 坂本 英次郎, 二宮 雅美, 米田 哲, 徳永 格, 中島 由紀子, フルジャフ ジャフラン, 竹田 洋子, 武村 あかね, 永田 俊彦 :
ハムスター実験的歯周炎におけるL-Cysteineの歯槽骨吸収抑制効果,
四国歯学会雑誌, Vol.23, No.2, 141, 2011年1月.
66. 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 板東 美香, 廣島 佑香, 片岡 正俊, 美原 智恵, 堀部 ますみ, 米田 哲, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 二宮 雅美, 大石 慶二, 浅原 洋士, 永田 俊彦 :
糖尿病関連歯周炎における歯肉溝滲出液中のバイオマーカーの分析,
第53回日本糖尿病学会年次学術集会 (岡山), 2010年5月.
67. 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 板東 美香, 廣島 佑香, 片岡 正俊, 美原 智恵, 堀部 ますみ, 米田 哲, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 二宮 雅美, 大石 慶二, 浅原 洋士, 永田 俊彦 :
糖尿病関連歯周炎における歯肉溝滲出液中のバイオマーカーの分析,
第53回日本糖尿病学会年次学術集会 (岡山), 2010年5月.
68. 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 板東 美香, 廣島 佑香, 片岡 正俊, 美原(和田) 智恵, 堀部 ますみ, 米田 哲, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 二宮 雅美, 大石 慶二, 淺原 洋士, 永田 俊彦 :
歯肉溝浸出液中の糖尿病関連歯周炎バイオマーカーの検索,
日本歯周病学会会誌, Vol.52, 97, 2010年5月.
69. 二宮 雅美, 米田 哲, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 徳永 格, フルジャフ ジャフラン, 竹田 洋子, 江口 徹, 武村 あかね, 永田 俊彦 :
ハムスター実験的歯周炎モデルにおけるL-システインの歯槽骨吸収抑制効果,
日本歯科保存学会雑誌, Vol.53, 42, 2010年5月.
70. 二宮 雅美, 米田 哲, 永田 俊彦 :
慢性歯周炎患者に対してFGF-2歯周組織再生試験および歯牙移植による咬合回復を行った一症例,
日本歯周病学会雑誌, Vol.52, 132, 2010年5月.
71. 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 板東 美香, 廣島 佑香, 片岡 正俊, 美原(和田) 智恵, 堀部 ますみ, 米田 哲, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 二宮 雅美, 大石 慶二, 淺原 洋士, 永田 俊彦 :
糖尿病関連歯周炎における歯肉溝滲出液中のバイオマーカーの分析,
糖尿病, Vol.53, No.Suppl.1, S-145, 2010年4月.
72. 大石 慶二, 堀部 ますみ, 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
歯周組織破壊の程度を表す新規指標(総合骨吸収率)の有用性:糖尿病の重症度との関連,
日本歯周病学会会誌, Vol.52, 119, 2010年4月.
73. 坂本 英次郎, 二宮 雅美, 米田 哲, 徳永 格, 中島 由紀子, フルジャフ ジャフラン, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 竹田 洋子, 武村 あかね, 永田 俊彦 :
ハムスター実験的歯周炎におけるL-Cysteinの歯槽骨吸収抑制効果,
四国歯学会第36回例会, 2010年3月.
74. 坂本 英次郎, 二宮 雅美, 米田 哲, 徳永 格, 中島 由紀子, フルジャフ ジャフラン, 弘田 克彦, 三宅 洋一郎, 竹田 洋子, 武村 あかね, 永田 俊彦 :
ハムスター実験的歯周炎におけるL-Cysteinの歯槽骨吸収抑制効果,
四国歯学会第36回例会, 2010年3月.
75. 板東 美香, 廣島 佑香, 稲垣 裕司, 片岡 正俊, 美原(和田) 智恵, 堀部 ますみ, 米田 哲, 大石 慶二, 二宮 雅美, Javkhlan Purevjav, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
糖尿病関連歯周炎における歯肉溝浸出液中バイオマーカーの分析,
日本歯周病学会会誌, Vol.51, 101, 2009年10月.
76. 山下 菊治, 石川 達夫, 角田 佳折, 安部 佳織, 二宮 雅美, 北村 清一郎 :
コラーゲン内に形成される石灰化石灰化微粒子の検出,
平成20年度厚生労働省科学研究費等「ナノ微粒子の体内動態可視他法の開発」冬季研究班研究成果発表会, 2009年2月.
77. 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
慢性根尖性歯周炎に伴って形成された著明なセメント質形成の2症例,
日本歯科保存学会2005年度春季学会(第122回), Vol.48, 197, 2005年6月.
78. 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
エナメル基質タンパクの自家歯牙移植への応用,
日本歯科保存学会2004年度秋季学会(第121回), Vol.47, 228, 2004年11月.
79. 辻 けい子, 堀内 信也, 二宮 雅美, 永田 俊彦, 森山 啓司 :
骨粗鬆症を有する両側性口唇口蓋裂患者に対し歯周·矯正治療を平行して行った1症例,
第63回日本矯正歯科学会大会, 302, 2004年11月.
80. 瀬戸 浩行, 二宮 雅美, 和田 智恵, 福本 善和, 片岡 正俊, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
Ca拮抗薬による歯肉増殖症の病態と治療,
第20回日本歯科医学会総会, Vol.57, No.4, 99, 2004年10月.
81. 東 智子, 二宮 雅美, 東 秀樹, 永田 俊彦 :
エムドゲイン ゲルを用いた歯牙再植術の一症例,
第47回秋季日本歯周病学会学術大会, 164, 2004年10月.
82. 二宮 雅美, 瀬戸 浩行, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
KCB-1D(FGF-2)による第Ⅱ相歯周組織再生試験, --- KCB-1Dにより著明な改善が認められたー症例 ---,
第47回秋季日本歯周病学会学術大会, 2004年10月.
83. 濵 秀樹, 東 秀樹, 瀬戸 浩行, 二宮 雅美, 大石 慶二, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
エナメルマトリックス蛋白による骨芽細胞分化抑制作用および活性型TGF-βの関与,
日本歯周病学会会誌, Vol.46, 114, 2004年5月.
84. 鎌田 伸之, 堤 聡, 丸岡 豊, 中久木 康一, 二宮 雅美, 樺沢 勇司, 山田 俊平, 黒原 一人, 小村 健, 天笠 光雄, 永田 俊彦, 長山 勝, 板倉 光夫 :
顎骨の骨およびセメント質形成病変における遺伝子変異検索,
第58回日本口腔科学会総会, 132, 2004年5月.
85. 二宮 雅美, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
再生不良性貧血患者に認められたサイクロスポリンA誘発性歯肉増殖症の一例,
日本歯科保存学会2003年度秋季学会(第119回), Vol.46, 206, 2003年11月.
86. 東 智子, 張 剛太, 鈴木 敬三, 吉田 賀弥, 堀部 ますみ, 中村 輝夫, 二宮 雅美, 大石 慶二, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
糖尿病性腎症患者の歯周病罹患に関する疫学的研究,
日本歯周病学会会誌, 2003年4月.
87. 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
重度のニフェジピン歯肉増殖症により歯列不正が生じたと思われる症例,
第46回秋季日本歯周病学会学術大会, 170, 2003年4月.
88. 二宮 雅美, 武村 あかね, 永田 俊彦 :
骨代謝に視点をおいた歯周病治療薬の開発と展望, --- MMP 阻害剤の歯槽骨吸収抑制作用 ---,
第46回秋季日本歯周病学会学術大会, 47, 2003年4月.
89. 宇佐美 妙, 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
セラミックシャープニングストーンの傷に関する一考察,
第45回秋季日本歯周病学会学術大会, 215, 2002年10月.
90. 濵 秀樹, 大石 美佳, 二宮 雅美, 片岡 正俊, 木戸 淳一 :
ラット株化歯髄細胞におけるCbfa1の発現,
日本歯科保存学会 2001年度 秋季学会(第115回), Vol.44, 37, 2001年11月.
91. 二宮 雅美, 山内 規進, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
下顎全歯に認められた著明なセメント質過形成の一症例,
第44回秋季日本歯周病学会学術大会, 176, 2001年10月.
92. A Takemura, Masami Ninomiya, T ohba, K Kunikiyo, H Azuma, H Hama, (名) Suryono, H Shinohara, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Effects of novel MMP inhibitor on experimental periodontitis in hamsters,
79th International Association for Dental Research(LADR), Jun. 2001.
93. 鎌田 伸之, 二宮 雅美, 東 智子, 藤本 良一, 永田 俊彦, 長山 勝 :
智歯·埋伏歯の移植歯への応用,
四国歯学会 第25回例会·第20回総会, 2001年6月.
94. 鎌田 伸之, 二宮 雅美, 藤本 良一, 友成 真弓, 永田 俊彦, 長山 勝 :
智歯·埋伏歯の移植術へのエムドゲインの応用,
第55回日本口腔科学会総会, 2001年4月.

その他・研究会:

1. 二宮 雅美, 坂本 英次郎, 成石 浩司, 湯本 浩通 :
周期性好中球減少症患者に発症した重度歯周炎の家族症例,
第1回侵襲性歯周炎センター クリニカルカンファレンス, 2018年12月.
2. 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
歯根側面に認められたX線透過像,
デンタルダイヤモンド, Vol.37, No.5, 119-120, 2012年4月.
3. 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
FGF-2による再生療法,
臨床歯科を語る会 シンポジウム, 2011年7月.
4. 二宮 雅美, 永田 俊彦 :
口腔内全体にわたる歯肉のびらん,
Dental Diamond, Vol.36, No.5, 139-140, 2011年4月.
5. 二宮 雅美, 米田 哲, 堀部 ますみ, 美原 智恵, 稲垣 裕司, 大石 慶二, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
FGF-2による歯周組織再生療法,
第10回 徳島Bone Forum, 2010年12月.
6. 二宮 雅美 :
自家歯牙移植の理論と術式, --- 歯周組織再生誘導材料の自家歯牙移植への応用 ---,
第14回薫風会臨床セミナー, 2004年11月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 糖尿病患者の歯周病重症化におけるIL-1作用と老齢性テストステロン低下の相乗効果 (研究課題/領域番号: 19K10131 )
  • 慢性腎臓病患者の歯周病原細菌感染度と推算糸球体濾過量(eGFR)との関係 (研究課題/領域番号: 19K10111 )
  • 細菌感染による死細胞を認識する自然免疫受容体Mincleの歯髄における役割の解明 (研究課題/領域番号: 18K09577 )
  • 感染性心内膜炎に及ぼす歯周病原細菌感染度と炎症性サイトカインとの関係 (研究課題/領域番号: 26463135 )
  • 歯周病の進行度からみた感染性心内膜炎の発症リスクに関する研究 (研究課題/領域番号: 23593063 )
  • 歯乳頭細胞の分化発現に果たす骨芽細胞特異的転写因子Cbfa1の役割 (研究課題/領域番号: 14771055 )
  • ストレスが歯周病の危険因子であるかどうかの直接的証明 (研究課題/領域番号: 13877358 )
  • 歯髄組織における骨芽細胞特異的転写因子Cbfa1の発現と調節 (研究課題/領域番号: 12771144 )
  • 象牙質形成における歯髄組織中の基質蛋白および遺伝子発現の組織学的研究 (研究課題/領域番号: 10771048 )
  • 研究者番号(10291494)による検索