検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 歯学域 > 口腔科学部門 > 臨床歯学系 > 歯科保存学 >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 歯科 > むし歯科(第一保存科) >
徳島大学 > 歯学部 > 歯学科 > 機能維持系臨床歯学講座 > 歯科保存学 (歯科保存学第一講座) >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

歯学 (Dentistry)

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 中西 正, 松尾 敬志 :
2. 感染根管における細菌感染の実態,
株式会社ヒョーロン・パブリッシャーズ, 2019年6月.
2. 松尾 敬志, 中西 正 :
第17章 高齢者・有病者の歯内治療,
医歯薬出版株式会社, 2018年9月.
3. 松尾 敬志, 中西 正 :
第1章 歯と歯根周囲の組織学,
永末書店, 2018年1月.
4. 中西 正 :
新・歯科衛生士教育マニュアル 保存修復 5 歯髄の保護法,
クインテッセンス出版 株式会社, 東京, 2012年9月.
5. Tadashi Nakanishi, Kanako Takahashi, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
Proceedings of the International Conference on Dentin/Pulp Complex 2001, --- An Immunohistologic Study on the Localization of Selected Bacteria and Chemokines in Human Deep-Carious Teeth ---,
Quintessence Publishing CO.,Ltd., Tokyo, Jun. 2002.

学術論文(審査論文):

1. 平尾 功治, 湯本 浩通, 細川 由樹, 蔵本 瞳, 鷲尾 絢子, 中西 正, 武川 大輔, 北村 知昭, 松尾 敬志 :
ラット象牙芽細胞様細胞 (KN-3) におけるカテキンの抗炎症作用,
日本歯科保存学雑誌, Vol.60, No.5, 235-244, 2017年.
2. Yuki Hosokawa, Kouji Hirao, Hiromichi Yumoto, Ayako Washio, Tadashi Nakanishi, Daisuke Takegawa, Chiaki Kitamura and Takashi Matsuo :
Functional roles of NOD1 in odontoblasts on dental pulp innate immunity,
BioMed Research International, Vol.2016, 9325436, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 112386,   DOI: 10.1155/2016/9325436,   PubMed: 27747243,   Elsevier: Scopus)
3. Tadashi Nakanishi, Kayo Mukai, Yoshitaka Hosokawa, Daisuke Takegawa and Takashi Matsuo :
Catechins inhibit vascular endothelial growth factor production and cyclooxygenase-2 expression in human dental pulp cells,
International Endodontic Journal, Vol.48, No.3, 277-282, 2015.
(DOI: 10.1111/iej.12312,   PubMed: 24847951)
4. Daisuke Takegawa, Tadashi Nakanishi, Kouji Hirao, Hiromichi Yumoto, Kanako Takahashi and Takashi Matsuo :
Modulatory roles of interferon-γ through indoleamine 2, 3-dioxygenase induction in innate immune response of dental pulp cells.,
Journal of Endodontics, Vol.40, No.9, 1382-1387, 2014.
(DOI: 10.1016/j.joen.2014.03.018,   PubMed: 25146019,   Elsevier: Scopus)
5. Tadashi Nakanishi, Daisuke Takegawa, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Hiromichi Yumoto and Takashi Matsuo :
Roles of dental pulp fibroblasts in the recognition of bacterium-related factors and subsequent development of pulpitis,
Japanese Dental Science Review, Vol.47, No.2, 161-166, 2011.
(DOI: 10.1016/j.jdsr.2011.02.001,   CiNii: 10029548123)
6. Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Satoru Shindo, Kazumi Ozaki, Tadashi Nakanishi, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
Black tea polyphenol inhibits CXCL10 production in oncostatin M-stimulated human gingival fibroblasts.,
International Immunopharmacology, Vol.11, No.6, 670-674, 2011.
(DOI: 10.1016/j.intimp.2011.01.009,   PubMed: 21255696)
7. Gilson C. N. Franco, Mikihito Kajiya, Tadashi Nakanishi, Kouji Ohta, Pedro L. Rosalen, Francisco C. Groppo, Cory W. O. Ernst, Janie L. Boyesen, John D. Bartlett, Philip Stashenko, Martin A. Taubman and Toshihisa Kawai :
Inhibition of matrix metalloproteinase-9 activity by doxycycline ameliorates RANK ligand-induced osteoclast differentiation in vitro and in vivo.,
Experimental Cell Research, Vol.317, No.10, 1454-1464, 2011.
(DOI: 10.1016/j.yexcr.2011.03.014,   PubMed: 21420951)
8. Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Tadashi Nakanishi, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
Tea polyphenols inhibit IL-6 production in tumor necrosis factor superfamily 14-stimulated human gingival fibroblasts.,
Molecular Nutrition & Food Research, Vol.54 Suppl 2, S151-8, 2010.
(DOI: 10.1002/mnfr.200900549,   PubMed: 20461739)
9. Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Tadashi Nakanishi, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
Catechins inhibit CXCL10 production from oncostatin M-stimulated human gingival fibroblasts,
The Journal of Nutritional Biochemistry, Vol.21, No.7, 659-664, 2010.
(DOI: 10.1016/j.jnutbio.2009.04.005,   PubMed: 19616927)
10. Kouji Hirao, Hiromichi Yumoto, Tadashi Nakanishi, Kayo Mukai, Kanako Takahashi, Daisuke Takegawa and Takashi Matsuo :
Tea catechins reduce inflammatory reactions via mitogen-activated protein kinase pathways in toll-like receptor 2 ligand-stimulated dental pulp cells.,
Life Sciences, Vol.86, No.17-18, 654-660, 2010.
(DOI: 10.1016/j.lfs.2010.02.017,   PubMed: 20176036)
11. Tadashi Nakanishi, Kayo Mukai, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Yoshitaka Hosokawa and Takashi Matsuo :
Anti-inflammatory effect of catechin on cultured dental pulp cells affected by bacteria-derived factors,
European Journal of Oral Sciences, Vol.118, No.2, 145-150, 2010.
(DOI: 10.1111/j.1600-0722.2010.00714.x,   PubMed: 20487003)
12. Yoshitaka Hosokawa, Ikuko Hosokawa, Kazumi Ozaki, Tadashi Nakanishi, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
Catechins Inhibit CCL20 Production in IL-17A-stimulated Human Gingival Fibroblasts,
Cellular Physiology and Biochemistry, Vol.24, No.5-6, 391-396, 2009.
(DOI: 10.1159/000257431,   PubMed: 19910679)
13. Kouji Hirao, Hiromichi Yumoto, Kanako Takahashi, Kayo Mukai, Tadashi Nakanishi and Takashi Matsuo :
Roles of TLR2, TLR4, NOD2, and NOD1 in pulp fibroblasts.,
Journal of Dental Research, Vol.88, No.8, 762-767, 2009.
(DOI: 10.1177/0022034509341779,   PubMed: 19734466)
14. Kanako Takahashi, Tadashi Nakanishi, Hiromichi Yumoto, Tomohiko Adachi and Takashi Matsuo :
CCL20 production is induced in human dental pulp upon stimulation by Streptococcus mutans and pro-inflammatory cytokines,
Oral Microbiology and Immunology, Vol.23, No.4, 320-327, 2008.
(DOI: 10.1111/j.1399-302X.2008.00431.x,   PubMed: 18582332)
15. Tomohiko Adachi, Tadashi Nakanishi, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Kanako Takahashi, Kayo Mukai, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
Caries-related bacteria and cytokines induce CXCL10 in dental pulp.,
Journal of Dental Research, Vol.86, No.12, 1217-1222, 2007.
(DOI: 10.1177/154405910708601215,   PubMed: 18037659)
16. Cory W. Ernst, Jang Eun Lee, Tadashi Nakanishi, Nadeem Y. Karimbux, Taia M. Rezende, Philip Stashenko, Makoto Seki, Martin A Taubman and Toshihisa Kawai :
Diminished forkhead box P3/CD25 double-positive T regulatory cells are associated with the increased nuclear factor-kB ligand (RANKL(+)) T cells in bone resorption lesion of periodontal disease,
Clinical and Experimental Immunology, Vol.148, No.2, 271-280, 2007.
(DOI: 10.1111/j.1365-2249.2006.03318.x,   PubMed: 17355249)
17. Yoshitaka Hosokawa, Tadashi Nakanishi, Daisuke Yamaguchi, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
Expression of fractalkine (CX3CL1) and its receptor, CX3CR1, in periodontal diseased tissue,
Clinical and Experimental Immunology, Vol.139, No.3, 506-512, 2005.
(DOI: 10.1111/j.1365-2249.2005.02675.x,   PubMed: 15730397)
18. Tadashi Nakanishi, Kanako Takahashi, Yoshitaka Hosokawa, Tomohiko Adachi, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
Expression of macrophage inflammatory protein 3alpha in human inflamed dental pulp tissue,
Journal of Endodontics, Vol.31, No.2, 84-87, 2005.
(DOI: 10.1097/01.don.0000143414.22112.57,   PubMed: 15671814)
19. Takashi Matsuo, Toshiyuki Shirakami, Kazumi Ozaki, Tadashi Nakanishi, Hiromichi Yumoto and Shigeyuki Ebisu :
An immunohistological study of the localization of bacteria invading root pulpal walls of teeth with periapical lesions,
Journal of Endodontics, Vol.29, No.3, 194-200, 2003.
(DOI: 10.1097/00004770-200303000-00008,   PubMed: 12669880)
20. Yoshitaka Hosokawa, Tadashi Nakanishi, Daisuke Yamaguchi, Kanako Takahashi, Hiromichi Yumoto, Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo :
Macrophage Inflammatory Protein 3α-CC chemokine receptor 6 interactions play an important role in CD4+ T-cell accumulation in periodontal diseased tissue.,
Clinical and Experimental Immunology, Vol.128, No.3, 548-554, 2002.
(DOI: 10.1046/j.1365-2249.2002.01865.x,   PubMed: 12067311)
21. Tadashi Nakanishi, Hirotoshi Shimizu, Yoshitaka Hosokawa and Takashi Matsuo :
An immunohistological study on cyclooxygenase-2 in human dental pulp.,
Journal of Endodontics, Vol.27, No.6, 385-388, 2001.
(DOI: 10.1097/00004770-200106000-00003,   PubMed: 11487130)
22. Takashi Matsuo, Tadashi Nakanishi, Hirotoshi Shimizu and Shigeyuki Ebisu :
A clinical study of direct pulp capping applied to carious-exposed pulps,
Journal of Endodontics, Vol.22, No.10, 551-556, 1996.
23. Takashi Matsuo, Tadashi Nakanishi and Shigeyuki Ebisu :
Immunoglobulins in periapical exudates of infected root canals: correlations with the clinical findings of the involved teeth,
Endodontics & dental traumatology, Vol.11, No.2, 95-99, 1995.
24. Tadashi Nakanishi, Takashi Matsuo and Shigeyuki Ebisu :
Quantitative analysis of immunoglobulins and inflammatory factors in human pulpal blood from exposed pulps,
Journal of Endodontics, Vol.21, No.3, 131-136, 1995.
25. Takashi Matsuo, Shigeyuki Ebisu, Tadashi Nakanishi, Kouki Yonemura, Yasushi Harada and Hiroshi Okada :
Interleukin-1 alpha and interleukin-1 beta periapical exudates of infected root canals: correlations with the clinical findings of the involved teeth,
Journal of Endodontics, Vol.20, No.9, 432-435, 1994.
26. 中西 正, 松尾 敬志, 多川 知里, 白神 俊之, 恵比須 繁之 :
歯髄血液を用いた客観的歯髄診断法の開発に関する研究, --- 微量歯髄血液の採取法について ---,
日本歯科保存学雑誌, Vol.36, No.5, 1404-1409, 1993年.
27. 吉山 昌宏, 尾崎 和美, 野杁 由一郎, 片岡 健哉, 中西 正, 大木元 玲子, 中江 英明, 松尾 敬志, 恵比須 繁之 :
象牙質知覚過敏症の治療法ー光重合型レジンライナーによる象牙細管封鎖効果ー,
日本歯科保存学雑誌, Vol.34, No.1, 76-81, 1991年.
28. 野杁 由一郎, 尾崎 和美, 中西 正, 片岡 健哉, 天野 伊知郎, 吉山 昌宏 :
歯根部象牙質に対する修復材の接着性に関する研究, --- 1.コンポジットレイジンインレー修復用レジンセメントの歯冠部および歯根部象牙質に対する接着性 ---,
日本歯科保存学雑誌, Vol.33, No.3, 639-647, 1990年.

学術論文(紀要・その他):

1. 松尾 敬志, 中西 正, 湯本 浩通, 平尾 功治, 篠原 千尋, Toshihiko Tominaga :
感染根管治療の考え方,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.28, No.2, 87-92, 2016年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109873,   CiNii: 120005823528)

総説・解説:

1. 松尾 敬志, 中西 正 :
深在性う蝕への対応と歯髄の免疫応答,
日本歯科保存学雑誌, Vol.62, No.1, 1-7, 2019年2月.
(DOI: 10.11471/shikahozon.62.1)
2. Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Yuki Hosokawa, Hitomi Kuramoto, Daisuke Takegawa, Tadashi Nakanishi and Takashi Matsuo :
The Roles of Odontoblasts in Dental Pulp Innate Immunity,
Japanese Dental Science Review, Vol.54, No.3, 105-117, Aug. 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112960,   DOI: 10.1016/j.jdsr.2018.03.001,   PubMed: 30128058,   Elsevier: Scopus)
3. 中西 正, 松尾 敬志 :
感染根管における細菌感染の実態,
日本歯科評論, Vol.77, No.11, 45-58, 2017年11月.
4. 松尾 敬志, 中西 正 :
歯髄炎の病態形成における細菌侵襲と歯髄の反応性,
日本歯科評論, Vol.73, No.6, 9-11, 2013年6月.
(CiNii: 40019691366)
5. 松尾 敬志, 尾崎 和美, 中西 正, 湯本 浩通, 高橋 加奈子, 平尾 功治, 武川 大輔 :
歯髄疾患の病態と診断,
日本歯内療法学会雑誌, Vol.34, No.2, 67-76, 2013年5月.
(CiNii: 10031183916)
6. 中西 正 :
歯髄炎の病態形成における細菌侵襲と歯髄の反応性,
日本歯科保存学雑誌, Vol.53, No.5, 489-491, 2010年10月.
7. 松尾 敬志, 中西 正 :
8 薬物による歯痛制御,
ザ·クインテッセンス, Vol.22, No.6, 147-161, 2003年6月.
8. 細川 義隆, 中西 正, 松尾 敬志 :
歯周炎とケモカイン,
臨床免疫, Vol.38, No.2, 151-156, 2002年2月.
9. 中西 正, 高橋 加奈子, 細川 義隆, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
歯髄炎の病態形成における細菌侵襲と歯髄反応,
四国歯学会雑誌, Vol.14, No.2, 255-263, 2002年.
10. 松尾 敬志, 中西 正, 藤中 恵子 :
難治性根尖性歯周炎 病理と病態,
現代の根管治療の診断科学, 91-97, 1999年.

国際会議:

1. Yuki Hosokawa, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao, Hitomi Kuramoto, Tadashi Nakanishi, Daisuke Takegawa and Takashi Matsuo :
Anti-inflammatory effects of polyphenols on rat odontoblastic cells,
95th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research (San Francisco), Mar. 2017.
2. Daisuke Takegawa, Tadashi Nakanishi, Kouji Hirao, Hiromichi Yumoto, Yuki Hosokawa and Takashi Matsuo :
Interferon-gamma modulates the innate immune response in odontoblast-like cells,
95th General session and exhibition of the IADR, Mar. 2017.
3. Tadashi Nakanishi, Daisuke Takegawa, Kouji Hirao, Hiromichi Yumoto, Yuki Hosokawa and Takashi Matsuo :
Effect of interleukin-17A on CCL20 production from odontoblast-like cells,
95th General session and exhibition of the IADR, Mar. 2017.
4. Tadashi Nakanishi, Daisuke Takegawa, Hiromichi Yumoto, Kouji Hirao and Takashi Matsuo :
Interleukin-17 Regulates Inflammatory Mediator Expression in IL-1beta-stimulated Dental Pulp Cells,
93th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research, Boston (USA), Mar. 2015.
5. Tadashi Nakanishi, Daisuke Takegawa, Kouji Hirao, Hiromichi Yumoto, Kanako Takahashi and Takashi Matsuo :
Prostaglandin F2a Regulates Cytokine Expression in Dental Pulp Cells,
91th General Session & Exhibition of the IADR, Seattle, USA, Mar. 2013.
6. Daisuke Takegawa, Tadashi Nakanishi, Kouji Hirao, Hiromichi Yumoto, Kanako Takahashi and Takashi Matsuo :
Interferon-g modulates the innate immune response of dental pulp cells,
91th General Session & Exhibition of the IADR, Seattle, USA, Mar. 2013.
7. Tadashi Nakanishi, Kouji Hirao, Takegawa Daisuke, Hiromichi Yumoto, Kanako Takahashi and Takashi Matsuo :
Catechins suppress cyclooxygenase-2 expression in human dental pulp cells,
88th General Session and Exhibition of the IADR, Jul. 2010.
8. Takegawa Daisuke, Tadashi Nakanishi, Kouji Hirao, Hiromichi Yumoto, Kanako Takahashi and Takashi Matsuo :
Interferon-gamma enhances toll-like receptor ligand-induced cytokine production in pulpal cells,
88th General Session and Exhibition of the IADR, Jul. 2010.
9. Kayo Mukai, Tadashi Nakanishi, Hiromichi Yumoto, Kanako Takahashi, Kouji Hirao and Takashi Matsuo :
Effects of Catechins on Cytokine Production in Human Odontoblast-like Cells,
86th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, Jul. 2008.
10. Kouji Hirao, Hiromichi Yumoto, Tadashi Nakanishi, Kanako Takahashi, Kayo Mukai, Miho Yoneda and Takashi Matsuo :
Functional Analysis of Pattern Recognition Receptor Expression in Pulpal Cells,
86th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, Jul. 2008.
11. Kayo Mukai, Tadashi Nakanishi, Yoshitaka Hosokawa, Kanako Takahashi and Takashi Matsuo :
Inhibitory effects of catechins on inflammatory reactions in pulp fibroblasts,
84th General Session & Exhibition of the IADR, Brisbane, Jun. 2006.
12. Tadashi Nakanishi, Jean Eastcott, Martin A Taubman and Toshihisa Kawai :
Characteristics of regulatory dendritic cells induced by gingival epithelial cells,
35th Annual Meeting & Exhibition of the AADR, Orlando, Mar. 2006.
13. Tadashi Nakanishi, Jean Eastcott, Martin A Taubman and Toshihisa Kawai :
Induction of regulatory dendritic cells by gingival epithelial cells,
83rd General session of IADR (International Association for Dental Research), Baltimore, Mar. 2005.
14. Tadashi Nakanishi, Tomohiko Adachi, Kanako Takahashi and Takashi Matsuo :
Expression of interferon-gamma -inducible protein 10/CXCL10 in inflamed dental pulp,
82th General Session of the IADR(INternational Association of Dental Research), Honolulu, Mar. 2004.
15. Kanako Takahashi, Tadashi Nakanishi, Tomohiko Adachi, Natsuko Ida, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
Effects of Streptococcus mutans on MIP-3 α production by macrophages,
82th General Session of the IADR(INternational Association of Dental Research), Honolulu, Mar. 2004.
16. Daisuke Yamaguchi, Tadashi Nakanishi, Kanako Takahashi, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
Expression of macrophage inflammatory protein-3alpha/CCL20 in human gingival epithelial cells,
81th General Session of the IADR(INternational Association of Dental Research), エルサレム, Jun. 2003.
17. Yoshitaka Hosokawa, Tadashi Nakanishi, Daisuke Yamaguchi, Hiromichi Yumoto and Takashi Matsuo :
LARC-CCR6 Interactions play an important role in CD4+ T cell accumulation in periodontal diseased tissue,
80th General Session and Exhibition of the International Association for Dental Research, San Diego(USA), Mar. 2002.
18. Tadashi Nakanishi, Kanako Takahashi, Yoshitaka Hosokawa, Daisuke Yamaguchi, Chihiro Shinohara, Hiromichi Yumoto and Takashi Matsuo :
Expression of macrophage inflammatory protein-3 α in human pulpitis,
80th General SEssion ofthe IADR(International Association of Dental Research), San Diego(USA), Mar. 2002.
19. Tadashi Nakanishi, Kanako Takahashi, Kazumi Ozaki, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
An immunohistological study on the localization of selected bacteria and chemokines in human deep-carious teeth,
The International Conference on Dentin/Pulp complexs, Chiba, Jul. 2001.
20. Hiromichi Yumoto, Daisuke Yamaguchi, Yoshitaka Hosokawa, Chihiro Shinohara, Tadashi Nakanishi, Hirotoshi Shimizu, Masayoshi Yamada, Hideaki Nakae and Takashi Matsuo :
Expression of IL-18 and IL-18 receptor in human periodontally diseased tissue,
Modern Periodontology New Directions in 21st Century-, Kanagawa(Japan), Jun. 2001.

国内講演発表:

1. 武川 大輔, 中西 正, 平尾 功治, 湯本 浩通, 細川 由樹, 蔵本 瞳, 松尾 敬志 :
NODリガンド刺激したヒト象牙芽細胞様細胞におけるインターフェロンγの影響,
第150回 日本歯科保存学会 2019年度 春季学術大会, 2019年6月.
2. 蔵本 瞳, 湯本 浩通, 平尾 功治, 細川 由樹, 中西 正, 武川 大輔, 松尾 敬志 :
Caffeic Acid Phenetyl Ester (CAPE)の象牙芽細胞と骨芽細胞におけるVEGF産生誘導機序の解析,
第148回日本歯科保存学会春季学術大会, 2018年6月.
3. 蔵本 瞳, 湯本 浩通, 平尾 功治, 細川 由樹, 中西 正, 武川 大輔, 松尾 敬志 :
Caffeic Acid Phenethyl Ester (CAPE)のラット象牙芽細胞(KN-3)におけるVEGF産生に与える影響,
日本歯科保存学会2017年度春季学術大会(第146回), 2017年6月.
4. 中西 正, 武川 大輔, 平尾 功治, 湯本 浩通, 細川 由樹, 松尾 敬志 :
Interleukin-17がラット象牙芽細胞様細胞(KN-3)のCCL20産生に及ぼす影響,
日本歯科保存学会 2015年度秋季学術大会(第143回), 2015年11月.
5. 細川 由樹, 湯本 浩通, 平尾 功治, 中西 正, 武川 大輔, 松尾 敬志 :
象牙芽細胞が有するMincleを介した視細胞認識機構とその歯髄炎症反応における役割,
日本歯科保存学会 2015年度秋季学術大会(第143回), 2015年11月.
6. 平尾 功治, 湯本 浩通, 細川 由樹, 中西 正, 武川 大輔, 松尾 敬志 :
ラット象牙芽細胞(KN-3)の自然免疫反応におけるシグナル伝達経路の解析,
日本歯科保存学会2015年度春季学術大会(第142回), 2015年6月.
7. 細川 由樹, 湯本 浩通, 平尾 功治, 中西 正, 武川 大輔, 松尾 敬志 :
ラット象牙芽細胞(KN-3)に対するカテキンとカフェイン酸の抗炎症作用,
日本歯科保存学会2015年度春季学術大会(第142回), 2015年6月.
8. 松尾 敬志, 中西 正, 湯本 浩通, 篠原 千尋, 平尾 功治 :
感染根管治療の考え方,
四国歯学会(第46回例会), 2015年3月.
9. 中西 正, 武川 大輔, 平尾 功治, 湯本 浩通, 松尾 敬志 :
Interleukin-17がヒト歯髄線維芽細胞の炎症メディエーター発現に及ぼす影響,
日本歯科保存学会2014年度秋季学術大会(第141回), 2014年10月.
10. 平尾 功治, 湯本 浩通, 中西 正, 篠原 千尋, 高橋 加奈子, 武川 大輔, 細川 由樹, 松尾 敬志 :
ラット象牙芽細胞様細胞(KN3)における細菌関連病原因子刺激に対する自然免疫反応の解析,
日本歯科保存学会2014年度春季学術大会(第140回), 2014年6月.
11. 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中西 正, 中江 英明, 松尾 敬志 :
TNF-alphaとIL-4刺激が誘導するヒト歯肉線維芽細胞のCCL11産生に及ぼす緑茶カテキンの影響,
日本歯科保存学雑誌, 2012年6月.
12. 中西 正, 武川 大輔, 平尾 功治, 湯本 浩通, 高橋 加奈子, 松尾 敬志 :
prostaglandin F2aは歯髄細胞における炎症性メディエーター発現を調節する,
第136回日本歯科保存学会春季学術大会, 2012年6月.
13. 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中西 正, 松尾 敬志 :
TWEAKがヒト歯肉線維芽細胞のIL-1beta誘導CCL20産生に与える影響,
日本歯科保存学雑誌, 2011年10月.
14. 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中西 正, 中江 英明, 松尾 敬志 :
TheaflavinがTNFSF14刺激ヒト歯肉線維芽細胞のIL-6産生に与える影響,
日本歯科保存学雑誌, 2011年6月.
15. 武川 大輔, 中西 正, 平尾 功治, 湯本 浩通, 高橋 加奈子, 松尾 敬志 :
ヒト培養歯髄細胞の自然免疫応答に対するインターフェロンγの影響,
第134回日本歯科保存学会春季学術大会, 2011年6月.
16. 進藤 智, 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中西 正, 中江 英明, 松尾 敬志 :
Oncostatin Mが誘導するヒト歯肉線維芽細胞のCXCL10産生に及ぼす紅茶ポリフェノールの影響,
日本歯周病学会会誌, 2011年5月.
17. 中西 正, 武川 大輔, 平尾 功治, 湯本 浩通, 高橋 加奈子, 松尾 敬志 :
ヒト歯髄細胞におけるサイトカイン発現に対するProstaglandin F2alpha の影響,
日本歯科保存学会2010年度秋季学術大会(第133回), 2010年10月.
18. 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中西 正, 中江 英明, 松尾 敬志 :
CatechinがTNFSF14刺激ヒト歯肉線維芽細胞のIL-6産生に与える影響,
日本歯科保存学雑誌, 2010年10月.
19. 橋本 玲奈, 細川 義隆, 細川 育子, 尾崎 和美, 中西 正, 中江 英明, 松尾 敬志 :
IL-1betaが誘導するヒト歯肉線維芽細胞のCXCL10産生に及ぼす緑茶カテキンの影響,
日本歯周病学会会誌, 2010年9月.
20. 平尾 功治, 湯本 浩通, 向井 佳代, 高橋 加奈子, 中西 正, 松尾 敬志 :
カテキンは細菌やその構成成分に対する培養歯髄細胞の反応を調節する,
第127回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2007年11月.
21. 湯本 浩通, 平尾 功治, 高橋 加奈子, 向井 佳代, 中西 正, 松尾 敬志 :
培養歯髄細胞におけるPattern Recognition Receptor (PRR)を介した接着分子の発現,
第127回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2007年11月.
22. 向井 佳代, 中西 正, 細川 義隆, 高橋 加奈子, 松尾 敬志 :
カテキンが歯髄由来線維芽細胞の炎症性サイトカインおよび接着分子の発現誘導に与える影響,
第27回日本歯内療法学会学術大会, 2006年7月.
23. 向井 佳代, 中西 正, 細川 義隆, 高橋 加奈子, 足立 智彦, 松尾 敬志 :
カテキンが歯髄由来線維芽細胞の炎症性サイトカインおよび接着分子の発現誘導に与える影響,
第124回日本歯科保存学会春季学術大会, 2006年5月.
24. 足立 智彦, 平尾 功治, 湯本 浩通, 高橋 加奈子, 向井 佳代, 中西 正, 中江 英明, 松尾 敬志 :
歯髄組織および細菌刺激THP-1細胞におけるCXCR3 ligands(特にIP-10)の発現解析,
第123回秋季日本歯科保存会, 2005年11月.
25. 向井 佳代, 中西 正, 細川 義隆, 高橋 加奈子, 足立 智彦, 松尾 敬志 :
Toll-like receptor リガンドによる歯髄由来繊維芽細胞のIL-8, VEGF, 接着分子発現誘導,
第122回春季日本歯科保存学会, 2005年6月.
26. 足立 智彦, 中西 正, 高橋 加奈子, 松尾 敬志 :
歯髄線維芽細胞における細菌由来因子によるIP-10発現,
第122回春季日本歯科保存学会, 2005年6月.
27. 向井 佳代, 中西 正, 細川 義隆, 高橋 加奈子, 足立 智彦, 松尾 敬志 :
Toll-like receptor リガンドによる歯髄線維芽細胞のIL-8,VEGF,接着分子の発現誘導,
第122回日本歯科保存学会春季学術大会, 2005年6月.
28. 足立 智彦, 中西 正, 高橋 加奈子, 松尾 敬志 :
歯髄炎の病態形成におけるIP-10の役割,
第33回日本免疫学会総会, 2003年12月.
29. 高橋 加奈子, 中西 正, 足立 智彦, 位田 夏子, 中江 英明, 松尾 敬志 :
THP-1細胞からのサイトカイン産生におけるStrepptococcus mutansの影響について,
第33回日本免疫学会総会, 2003年12月.
30. 足立 智彦, 中西 正, 高橋 加奈子, 向井 佳代, 松尾 敬志 :
歯髄炎におけるCXCL10の発現に関する研究,
第119回秋季日本歯科保存学会, 2003年11月.
31. 高橋 加奈子, 中西 正, 山口 大輔, 細川 義隆, 湯本 浩通, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 :
歯髄炎の病態形成におけるLARCおよびCCR6の役割,
第32回 日本免疫学会, 2002年12月.
32. 篠原 千尋, 中西 正, 末延 慎司, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
抜歯に至った難治性根尖性歯周炎の1症例, --- マイクロCTならびに走査型電子顕微鏡による原因の考察 ---,
第116回 日本歯科保存学会春季学会, Vol.45, 114, 2002年5月.
33. 山口 大輔, 細川 義隆, 篠原 千尋, 湯本 浩通, 中西 正, 中江 英明, 松尾 敬志 :
歯周炎病変局所におけるFractalkineおよびCX3CR1の発現,
第45回春季日本歯周病学会, 2002年4月.
34. 細川 義隆, 中西 正, 山口 大輔, 清水 洋利, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 :
歯周炎病変局所におけるLARCおよびCCR6の発現,
第31回 日本免疫学会, 2001年12月.
35. 山口 大輔, 細川 義隆, 湯本 浩通, 中西 正, 中江 英明, 松尾 敬志 :
歯周炎病変局所におけるIL-18とその機能に関連する分子の発現について,
第31回日本免疫学会学術集会, 2001年12月.
36. 高橋 加奈子, 中西 正, 細川 義隆, 篠原 千尋, 湯本 浩通, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
炎症歯髄におけるLARCおよびCCR6の発現,
第115回 秋季日本歯科保存学会, 2001年11月.
37. 細川 義隆, 中西 正, 山口 大輔, 清水 洋利, 湯本 浩通, 尾崎 和美, 松尾 敬志 :
歯周炎病変局所におけるLARCおよびCCR6の発現,
第44回 秋季日本歯周病学会学術大会, 2001年10月.
38. 松尾 敬志, 中西 正, 高橋 加奈子, 尾崎 和美, 中江 英明 :
歯髄炎の不可逆性化に関する臨床的および病理学的考察,
第14回 「歯内療法の集い」, 2001年5月.
39. 山口 大輔, 細川 義隆, 清水 洋利, 篠原 千尋, 湯本 浩通, 中西 正, 松尾 敬志 :
歯周炎の病変局所におけるIL-18およびIL-18レセプターの発現,
第44回春季日本歯周病学会学術大会, 2001年4月.
40. 中西 正, 松岡 希実, 高橋 加奈子, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 :
深在う蝕における侵入細菌の局所と歯髄反応,
第113回 秋季日本歯科保存学会, 2000年11月.
41. 細川 義隆, 山口 大輔, 清水 洋利, 中西 正, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 :
歯周炎の病巣局所におけるケモカインおよびケモカイン受容体の発現,
第30回 日本免疫学会総会, 2000年11月.
42. 清水 洋利, 細川 義隆, 山口 大輔, 中西 正, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 :
歯周炎の病巣局所におけるリンパ球浸潤に対するケモカインの関与,
第29回 日本免疫学会総会, 1999年12月.
43. 尾崎 和美, 中西 正, 藤中 恵子, 松尾 敬志 :
歯根部象牙質齲蝕誘発モデルの細菌学ならびに形態学的検索,
第110回 日本歯科保存学会春季学会, 1999年5月.
44. 清水 洋利, 細川 義隆, 中西 正, 尾崎 和美, 中江 英明 :
歯周炎の病巣局所におけるVCAM-1,VLA-4を介する接着系の解析,
第28回 日本免疫学会, 1998年12月.
45. 中西 正, 清水 洋利, 尾崎 和美, 中江 英明, 松尾 敬志 :
多形核白血球の集積化による歯髄組織破壊機構の解析, --- 歯髄細胞の剥離とフィブロネクチンの動態 ---,
第105回 日本歯科保存学会春秋季学会, 1996年11月.
46. 松尾 敬志, 中西 正, 片岡 健哉, 尾崎 和美, 野杁 由一郎, 大木元 玲子, 中江 英明, 吉山 昌宏, 恵比須 繁之 :
覆髄法の適応範囲の拡大に関する臨床的検討,
第14回 四国歯学会, 1991年7月.
47. 吉山 昌宏, 尾崎 和美, 野杁 由一郎, 片岡 健哉, 中西 正, 大木元 玲子, 中江 英明, 松尾 敬志, 恵比須 繁之 :
象牙質知覚過敏症の治療法, --- 光重合型レジンライナーによる象牙細管封鎖効果 ---,
第93回 日本歯科保存学会秋季学会, 1990年9月.
48. 尾崎 和美, 野杁 由一郎, 中西 正, 片岡 健哉, 吉山 昌宏 :
コンポジットレジンの歯根部象牙質に対する接着性,
第92回 日本歯科保存学会春季学会, 1990年6月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 柑橘類果皮含有生理活性物質を歯周炎治療に用いるための基礎的研究 (研究課題/領域番号: 19K10151 )
  • 香辛料含有成分を歯周炎治療に用いるための基礎的研究-ローズマリーに着目して- (研究課題/領域番号: 18K09600 )
  • 初期の歯髄炎における象牙芽細胞の石灰化と生体防御機構の解明 (研究課題/領域番号: 17K11709 )
  • 訪問・在宅に向けた新しい概念の保存治療法の開発―高周波/電磁波などを応用して― (研究課題/領域番号: 17K11708 )
  • 歯周炎病変局所における炎症性骨吸収に関与する白血球浸潤機構の解析 (研究課題/領域番号: 16K11834 )
  • 歯周病におけるメラトニンの役割解明および治療への応用 (研究課題/領域番号: 15K11392 )
  • エピジェネティクス・転写後発現調節機構の解析による新規歯髄温存・石灰化療法の開発 (研究課題/領域番号: 15K11117 )
  • 自然免疫を介した象牙芽細胞石灰化メカニズムの解明 (研究課題/領域番号: 15K11116 )
  • 歯髄炎における炎症・抗炎症バランス制御機構の解析とTh17細胞の役割 (研究課題/領域番号: 15K11115 )
  • 高周波/電磁波治療の深在性齲蝕治療への応用―訪問・在宅治療を目指して― (研究課題/領域番号: 26462885 )
  • 歯周炎病変局所におけるTh17細胞浸潤・活性化機構の解析 (研究課題/領域番号: 25463219 )
  • 菌体外DNA・蛋白複合体を標的とした口腔バイオフィルム感染症の予防と治療法の開発 (研究課題/領域番号: 24592872 )
  • 歯髄炎の病態形成における炎症-抗炎症バランス制御の解析 (研究課題/領域番号: 24592871 )
  • ミニマムインターベンションの概念と齲蝕病態に基づく新規の包括的齲蝕治療法の開発 (研究課題/領域番号: 23390435 )
  • 難治性根尖性歯周炎と根尖孔外バイオフィルムに対する電磁・高周波の歯内療法への応用 (研究課題/領域番号: 21592423 )
  • 歯髄保存療法への緑茶カテキン応用に関する研究 (研究課題/領域番号: 20592228 )
  • 遺伝子工学的手法を応用した難治性根尖性歯周炎症例の細菌侵襲の実態の解析 (研究課題/領域番号: 18592092 )
  • 3次元立体培養系により構築した歯周ポケット底部モデルを用いた歯周炎の病態解析 (研究課題/領域番号: 15592189 )
  • 歯髄組織破壊における炎症性細胞浸潤とケモカインの役割に関する研究 (研究課題/領域番号: 13672001 )
  • 露髄部の細菌-宿主関係からみた歯髄組織破壊機構の解析 (研究課題/領域番号: 11671897 )
  • ヒト感染根管の最近侵襲の実態と根尖部における宿主・細菌の相互関係の解析 (研究課題/領域番号: 10470406 )
  • 歯髄組織破壊における多形核白血球浸潤の細胞傷害性に関する研究 (研究課題/領域番号: 08771701 )
  • ヒト歯周炎における炎症浸潤細胞の接着機構の研究 (研究課題/領域番号: 08672193 )
  • 多形核白血球の集積化による歯髄組織破壊機構の解析 (研究課題/領域番号: 07771765 )
  • 歯髄血液を用いた不可逆性歯髄炎の診断に関する研究 (研究課題/領域番号: 06771719 )
  • 歯周組織破壊の進行過程における免疫担当細胞の動態 (研究課題/領域番号: 06671916 )
  • 歯髄炎の非可逆性化に関与する炎症機構の解析 (研究課題/領域番号: 04671162 )
  • 研究者番号(00217770)による検索