検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 歯学域 > 口腔科学部門 > 臨床歯学系 > 口腔顎顔面補綴学 >
徳島大学 > 歯学部 > 歯学科 > 機能維持系臨床歯学講座 > 口腔顎顔面補綴学 >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 歯科 > そしゃく科(第一補綴科) >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

歯科補綴学 (Prosthodontics)

研究テーマ

高齢者の口腔ケアに関する研究 (口腔ケア, デンチャープラークコントロール) (高齢者の口腔の健康と全身の健康の関連性を明確にし,口腔ケアによって全身の健康促進を図る)

著書・論文

著書:

1. 永尾 寛 :
増補版 複製義歯 慣れた義歯こそ高齢者の求める義歯, --- 第9章 訪問歯科診療における複製義歯の活用 ---,
永末書店, 東京, 2017年10月.
2. 永尾 寛, 渡邉 恵, 津村 望 :
増補版 複製義歯 慣れた義歯こそ高齢者の求める義歯, --- 第7章 義歯の複製法 1.フラスクを用いる方法 2現義歯をあくまで新義歯作製のガイドとする場合 ---,
永末書店, 東京, 2017年10月.
3. 内藤 禎人, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
見る目が変わる「欠損歯列」の読み方,「欠損補綴」の設計(本多正明,宮地建夫,伊藤雄策,武田孝之 編著), --- Section2 学術の世界から 1部分歯列欠損の分類とその意義 -症型の重症度(回復のための難易度)を知る ---,
クインテッセンス出版 株式会社, 東京, 2013年1月.
4. 市川 哲雄, 永尾 寛, 友竹 偉則, 石田 雄一, 石田 修 :
リンガライズドオクルージョン -義歯の咬合・インプラントの咬合-(松本直之,市川哲雄 監著),
医歯薬出版 株式会社, 東京, 2010年9月.
5. 佐藤 裕, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
「義歯の要件」...審美歯科・インプラント ワードブック...第3章 ベーシック補綴 2.デンチャー,
医歯薬出版 株式会社, 東京, 2008年6月.
6. 細井 和雄, 石川 康子, 永尾 寛, 他 :
歯と口と健康-生きるよろこびを支える口の科学,
医歯薬出版 株式会社, 東京, 1998年8月.
7. 市川 哲雄, 永尾 寛, 松本 直之 :
強電解酸性水の歯科臨床, --- 強電解酸性水の補綴への応用 ---,
クインテッセンス出版 株式会社, 東京, 1997年9月.
8. 松本 直之, 永尾 寛, 河野 文昭 :
咬合器の選び方,
医歯薬出版 株式会社, 東京, 1995年10月.

学術論文(審査論文):

1. Y Nishi, T Nomura, M Murakami, Y Kawai, M Nishimura, H Kondo, Y Ito, A Tsuboi, G Hong, S Kimoto, A Gunji, A Suzuki, G Ohwada, S Minakuchi, Y Sato, T Suzuki, K Kimoto, N Hoshi, M Saita, Y Yoneyama, Y Sato, M Morokuma, J Okazaki, T Maeda, K Nakai, Tetsuo Ichikawa, Kan Nagao, Keiko Fujimoto, H Murata, T Kurogi, K Yoshida, T Hosoi and T Hamada :
Effect of denture adhesives on oral moisture: A multicenter randomized controlled trial,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.64, No.3, 281-288, 2020.
(DOI: 10.1016/j.jpor.2019.08.004,   PubMed: 31501069,   Elsevier: Scopus)
2. 窪木 拓男, 市川 哲雄, 馬場 一美, 藤澤 政紀, 佐藤 博信, 會田 英紀, 小山 重人, 秀島 雅之, 佐藤 裕二, 和気 裕之, 大野 彩, 永尾 寛, 上田 順加, 玉置 勝司, 貞森 紳丞, 津賀 一弘, 西 恭宏, 澤瀬 隆, 越野 寿, 鱒見 進一, 櫻井 薫, 石橋 寛二, 大山 喬史, 赤川 安正, 平井 敏博, 佐々木 啓一, 古谷野 潔, 矢谷 博文, 松村 英雄 :
治療の難易度を測定するプロトコルの妥当性の検討 ─(公社)日本補綴歯科学会による多施設臨床研究─,
日本補綴歯科学会誌, Vol.11, No.4, 355-375, 2019年.
(DOI: 10.2186/ajps.11.355,   CiNii: 130007739753)
3. Minakuchi Shinsuke, Tsuga Kazuhiro, Ikebe Kazunori, Ueda Takayuki, Tamura Fumiyo, Kan Nagao, Furuya Junichi, Matsuo Koichiro, Yamamoto Ken, Kanazawa Manabu, Watanabe Yutaka, Hirano Hirohiko, Kikutani Takeshi and Sakurai Kaoru :
Oral Hypofunction in the Older Population -Position Paper of the Japanese Society of Gerodontology in 2016,
Gerodontology, Vol.35, No.4, 317-324, 2018.
(DOI: 10.1111/ger.12347,   PubMed: 29882364,   Elsevier: Scopus)
4. Takuro Baba, Takaharu Goto, Keiko Fujimoto, Hideki Suito, Kazutomo Yagi, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Geniohyoid muscle affects directly masticatory function: Evaluation using a decision tree analysis,
The International Journal of Prosthodontics, Vol.31, No.6, 569-572, 2018.
(DOI: 10.11607/ijp.5862,   PubMed: 30408137,   Elsevier: Scopus)
5. Yoshihito Naitou, Hiromichi Yumoto, K Hs Kumar, Takashi Matsuo, Katsuhiko Hirota, Yoichiro Miyake, Kan Nagao, Yoritoki Tomotake, R Jimbo and Tetsuo Ichikawa :
Antifungal and Mechanical Properties of Tissue Conditioner Containing Plant-Derived Component, --- An In Vitro Study ---,
Journal of Prosthodontics, Vol.27, No.7, 665-669, 2018.
(DOI: 10.1111/jopr.12546,   PubMed: 28901663)
6. Keiko Fujimoto, Tsuyoshi Honda, Hideki Suito, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Tongue thickness and its clinical significance,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.31, No.1, 32-38, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 111934,   DOI: 10.20738/johb.31.1_32)
7. Takuo Kuboki, Tetsuo Ichikawa, Kazuyoshi Baba, Masanori Fujisawa, Hironobu Sato, Hideki Aita, Shigeto Koyama, Masayuki Hideshima, Yuji Sato, Hiroyuki Wake, Aya Kimura-Ono, Kan Nagao, Yorika Kodaira, Katsushi Tamaki, Shinsuke Sadamori, Kazuhiro Tsuga, Yasuhiro Nishi, Takashi Sawase, Hisashi Koshino, Shinichi Masumi, Kaoru Sakurai, Kanji Ishibashi, Takashi Ohyama, Yasumasa Akagawa, Toshihiro Hirai, Keiichi Sasaki, Kiyoshi Koyano, Hirofumi Yatani and Hideo Matsumura :
A multi-centered epidemiological study evaluating the validity of the treatment difficulty indices developed by the Japan Prosthodontic Society,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.62, No.2, 162-170, 2018.
(DOI: 10.1016/j.jpor.2017.08.002,   PubMed: 28916466,   Elsevier: Scopus)
8. Sachie Wada, Takaharu Goto, Keiko Fujimoto, Megumi Watanabe, Kan Nagao, Atsuko Nakamichi and Tetsuo Ichikawa :
Changes in food bolus texture during mastication,
Journal of Texture Studies, Vol.48, No.2, 171-177, 2017.
(DOI: 10.1111/jtxs.12228,   PubMed: 28370114,   Elsevier: Scopus)
9. Yoshizo Matsuka, Yoshiyuki Hagiwara, Katsushi Tamaki, Hisahiro Takeuchi, Masanori Fujisawa, Takahiro Ono, Yoshihiro Tsukiyama, Kan Nagao, Kazuhiro Tsuga, Hideki Aita, Hisatomo Kondo, Kenji Fueki, Hiroaki Tsukasaki, Keisuke Nishigawa, Shogo Ozawa, Rika Kuwatsuru, Hajime Minakuchi, Toshimitsu Iinuma, Takashi Matsuura, Kanji Ishibashi, Shigehisa Fujii, Toshihiro Hirai, Keiichi Sasaki, Hirofumi Yatani, Yoshimasa Igarashi, Yuji Sato, Tetsuo Ichikawa, Tetsuo Yamamori, Takuo Kuboki, Kazuyoshi Baba, Kiyoshi Koyano, Hironobu Sato and Matsumura Hideo :
Reliability and validity of the patient disability-oriented diagnostic nomenclature system for prosthetic dentistry,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.61, No.1, 20-33, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111971,   DOI: 10.1016/j.jpor.2016.06.005,   PubMed: 27514568,   Elsevier: Scopus)
10. Takuro Baba, Takaharu Goto, Keiko Fujimoto, Megumi Watanabe, Tsuyoshi Honda, Kazutomo Yagi, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Age-related changes in geniohyoid muscle morphology predict reduced swallowing function,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.30, No.1, 18-25, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111064,   DOI: 10.20738/johb.30.1_18)
11. Tsuyoshi Honda, Takuro Baba, Keiko Fujimoto, Takaharu Goto, Kan Nagao, Masafumi Harada, Eiichi Honda and Tetsuo Ichikawa :
Characterization of Swallowing Sound: Preliminary Investigation of Normal Subjects,
PLoS ONE, Vol.11, No.12, e0168187, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 111817,   DOI: 10.1371/journal.pone.0168187,   PubMed: 27959902,   Elsevier: Scopus)
12. Takaharu Goto, Nobuaki Higaki, Kazutomo Yagi, Yuichi Ishida, Megumi Watanabe, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
An innovative masticatory efficiency test using odor intensity in the mouth as a target marker: a feasibility study,
Journal of Oral Rehabilitation, Vol.43, No.12, 883-888, 2016.
(DOI: 10.1111/joor.12444,   PubMed: 27658497,   Elsevier: Scopus)
13. Yuichi Ishida, Kumer Kiran, Takaharu Goto, Megumi Watanabe, Wigianto Rudi, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Magnet-retained two-mini-implant overdenture: Clinical and mechanical consideration.,
Dentistry Journal, Vol.4, No.4, 35, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 111819,   DOI: 10.3390/dj4040035,   PubMed: 29563477)
14. Keiko Fujimoto, Norikazu Minami, Takaharu Goto, Yuichi Ishida, Megumi Watanabe, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Hardness, cohesiveness, and adhesiveness of oral moisturizers and denture adhesives: selection criteria for denture wearers.,
Dentistry Journal, Vol.4, No.4, 34, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 111818,   DOI: 10.3390/dj4040034,   PubMed: 29563476)
15. 松尾 浩一郎, 谷口 裕重, 中川 量晴, 金澤 学, 古屋 純一, 津賀 一弘, 池邉 一典, 上田 貴之, 田村 文誉, 永尾 寛, 山本 健, 櫻井 薫, 水口 俊介 :
急性期病院入院高齢者における口腔機能低下と低栄養との関連性,
老年歯科医学, Vol.31, No.2, 123-133, 2016年.
16. Takashi Matsuda, Takaharu Goto, Kosuke Kurahashi, Toshiya Kashiwabara, Megumi Watanabe, Yoritoki Tomotake, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Digital assessment of preliminary impression accuracy for edentulous jaws: Comparisons of 3-dimensional surfaces between study and working casts,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.60, No.3, 206-212, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 109708,   DOI: 10.1016/j.jpor.2015.12.007,   PubMed: 26822762,   Elsevier: Scopus)
17. Tsuyoshi Honda, Keiko Fujimoto, Takuro Baba, Kan Nagao, Akira Takahashi and Tetsuo Ichikawa :
Swallowing sound waveform and its clinical significance: Evaluation using ultrasonography,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.28, No.1, 21-27, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 109865,   CiNii: 120005823520)
18. Takaharu Goto, Atsuko Nakamichi, Megumi Watanabe, Kan Nagao, Miwa Matsuyama and Tetsuo Ichikawa :
Influence of food volume per mouthful on chewing and bolus properties,
Physiology & Behavior, Vol.141, 58-62, 2015.
(DOI: 10.1016/j.physbeh.2015.01.007,   PubMed: 25582518,   Elsevier: Scopus)
19. Takaharu Goto, Kan Nagao, Yuichi Ishida, Yoritoki Tomotake and Tetsuo Ichikawa :
Influence of female attachment installation load on movement and resultant forces in implant overdentures,
Journal of Prosthodontics, Vol.24, No.2, 156-163, 2015.
(DOI: 10.1111/jopr.12177,   PubMed: 24975368,   Elsevier: Scopus)
20. 東岡 紗知江, 比嘉 仁司, 本田 剛, 中道 敦子, 本釜 聖子, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
スダチのにおい刺激および温熱刺激による唾液分泌促進補助法の考案,
老年歯科医学, Vol.29, No.1, 3-10, 2014年.
(DOI: 10.11259/jsg.29.3,   CiNii: 130004679682)
21. Kan Nagao, Takaharu Goto, Yuichi Ishida, Tetsuo Ichikawa, M Hideshima, H Koshino, K Hoshiai and Y Umekawa :
Should Occlusal Pressure be Applied in Fixing Magnet Assenmlies to Denture? An Evaluation using the Delphi Technique,
The Journal of the Japanese Sociaty of Magnetic Applications in Dentistry, Vol.22, No.2, 43-46, 2013.
22. Takaharu Goto, Yuichi Ishida, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Long-term follow-up case reports on the use of magnetic attachment as intracoronal/extracoronal attachments,
The Journal of the Japanese Sociaty of Magnetic Applications in Dentistry, Vol.22, No.2, 12-14, 2013.
23. 柏原 稔也, 米山 武義, 中道 敦子, 本田 剛, 東岡 紗知江, 後藤 崇晴, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
In vitroカンジダバイオフィルムに対する電解次亜水の効果,
老年歯科医学, Vol.28, No.3, 277-283, 2013年.
(DOI: 10.11259/jsg.28.277,   CiNii: 130004835462)
24. 松香 芳三, 萩原 芳幸, 玉置 勝司, 竹内 久裕, 藤澤 政紀, 小野 高裕, 築山 能大, 永尾 寛, 津賀 一弘, 會田 英紀, 近藤 尚知, 笛木 賢治, 塚崎 弘明, 石橋 寛二, 藤井 重壽, 平井 敏博, 佐々木 啓一, 矢谷 博文, 五十嵐 順正, 佐藤 裕二, 市川 哲雄, 松村 英雄, 山森 徹雄, 窪木 拓男, 馬場 一美, 古谷野 潔 :
補綴歯科治療病名システムの信頼性と妥当性の検討,
日本補綴歯科学会誌, Vol.5, No.3, 281-290, 2013年.
(DOI: 10.2186/ajps.5.281,   CiNii: 130004544647)
25. 窪木 拓男, 市川 哲雄, 馬場 一美, 秀島 雅之, 佐藤 裕二, 和気 裕之, 永尾 寛, 上田 順加, 大野 彩, 玉置 勝司, 津賀 一弘, 櫻井 薫, 佐藤 博信, 石橋 寛二, 矢谷 博文, 大山 喬史, 赤川 安正, 平井 敏博, 佐々木 啓一, 古谷野 潔 :
補綴治療の難易度を測定するプロトコルの信頼性の検討 -(社)日本補綴歯科学会による多施設臨床研究-,
日本補綴歯科学会誌, Vol.5, No.2, 224-239, 2013年.
(DOI: 10.2186/ajps.5.224)
26. Takaharu Goto, Hidenobu Nishinaka, Toshiya Kashiwabara, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Main occluding area in partially edentulous patients: changes before and after implant treatment,
Journal of Oral Rehabilitation, Vol.39, No.9, 677-683, 2012.
(DOI: 10.1111/j.1365-2842.2012.02318.x,   PubMed: 22672204)
27. Seiko Hongama, Kan Nagao, Sachie Toko, Kyuma Tanida, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Tetsuo Ichikawa :
MI sensor-aided screening system for assessing swallowing dysfunction: Application to the repetitive saliva-swallowing test,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.56, No.1, 53-57, 2012.
(DOI: 10.1016/j.jpor.2011.04.003,   PubMed: 21646056)
28. Tetsuo Ichikawa, Kan Nagao and Takaharu Goto :
Alternative Decision Making Considerations in Prosthodontics,
The International Journal of Prosthodontics, Vol.25, No.3, 260-261, 2012.
(PubMed: 22545255)
29. Chen Rong Jian, Yoritoki Tomotake, Megumi Watanabe, Yuichi Ishida, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Telescopic Magnetic Attachment for Implant-Supported Denture: Evaluation of Splint Effect,
The International Journal of Oral & Maxillofacial Implants, Vol.26, No.3, 657-664, 2011.
(PubMed: 21691614)
30. Toshiya Kashiwabara, Takaharu Goto, Yutaka Sato, Yoritoki Tomotake, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
A new method to prevent the corrosion of dental materials, during disinfection using functional water: Sacrificial protection,
Journal of Prosthodontic Research, Vol.54, No.3, 147-149, 2010.
(DOI: 10.1016/j.jpor.2010.01.004,   PubMed: 20189474)
31. 友竹 偉則, 石田 雄一, 後藤 崇晴, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
磁石固定式上部構造におけるインプラント支持歯槽骨の光弾性応力解析,
日本磁気歯科学会雑誌, Vol.19, No.1, 39-46, 2010年.
32. 植松 宏, 戸原 玄, 中島 純子, 菊谷 武, 高橋 浩二, 野原 幹司, 前田 芳信, 小野 高裕, 吉田 光由, 大野 友久, 佐々木 啓一, 高橋 裕, 田中 貴信, 鈴木 哲也, 谷口 尚, 小正 裕, 岡崎 定司, 津賀 一弘, 吉川 峰加, 西恭 宏, 飯沼 利光, 川良 美佐雄, 皆木 省吾, 古屋 純一, 小山 重人, 木本 統, 飯島 守雄, 乙丸 貴史, 隅田 由香, 猪原 健, 中根 綾子, 若杉 葉子, 大内 ゆかり, 都島 千明, 田村 文誉, 尾澤 昌悟, 吉岡 文, 堀 一浩, 城下 尚子, 洲脇 道弘, 難波 謙介, 清水 博史, 津江 文武, 今井崎 太一, 加地 彰人, 長岡 英一, 佐藤 裕二, 高井 良招, 赤川 安正, 井上 農夫男, 服部 正己, 森戸 光彦, 北川 昇, 窪木 拓男, 藤澤 政紀, 玉置 勝司, 築山 能大, 永尾 寛, 萩原 芳幸, 松香 芳三, 宮城 敦, 重枝 昭広, 中村 全宏 :
舌接触補助床(PAP)のガイドライン(案),
老年歯科医学, Vol.24, No.2, 104-116, 2009年.
(CiNii: 10026351226)
33. Wei Hau, Yoritoki Tomotake, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Implant prostheses and adjacent tooth migration: preliminary retrospective survey using 3-dimensional occlusal analysis.,
The International Journal of Prosthodontics, Vol.21, No.4, 302-304, 2008.
(PubMed: 18717086)
34. Toshiya Kashiwabara, Yuka Yoshijima, Seiko Hongama, Kan Nagao, Katsuhiko Hirota and Tetsuo Ichikawa :
Denture plaque microflora in geriatric inpatients and maxillary defect patients,
Prosthodontic Research & Practice, Vol.6, No.3, 153-158, 2007.
(DOI: 10.2186/prp.6.153,   CiNii: 10019726290)
35. 永尾 寛, 矢納 義高, 市川 哲雄, 本釜 聖子, 市場 裕康, 萬好 哲也 :
塩化ベンゼトニウム配合洗口液を用いた高齢者の口内環境の改善,
日本補綴歯科学会雑誌. 特別号, 日本補綴歯科学会学術大会抄録集 = Proceedings of the ... conference, the Japan Prosthodontic Society, Vol.51, No.116, 158, 2007年.
(CiNii: 10024184586)
36. Chen Jianrong, Kan Nagao, Yoritoki Tomotake and Tetsuo Ichikawa :
Influence of a Vent Hole on the Retentive Force of a Cement-retained Superstructure before/after Thermocycling,
Prosthodontic Research & Practice, Vol.5, No.3, 157-160, 2006.
(DOI: 10.2186/prp.5.157,   CiNii: 10018226093)
37. Hua Wei, Yoritoki Tomotake, Kan Nagao, Takafumi Ohguri, Daisuke Nagao and Tetsuo Ichikawa :
In vitro Study of Stress Distribution on Additional Posterior Mandibular Implants,
Prosthodontic Research & Practice, Vol.3, No.1, 84-91, 2004.
(DOI: 10.2186/prp.3.84,   CiNii: 10013728469)
38. 石川 正俊, 市川 哲雄, 永尾 寛, 瀧野 真里, 藤沼 美穂 :
上顎全部床義歯の後縁設定に関する一考察,
四国歯学会雑誌, Vol.15, No.2, 237-242, 2003年.
39. Kan Nagao, Naoki Kitaoka, Fumiaki Kawano, Junji Komoda and Tetsuo Ichikawa :
Influence of Changes in Occlusal Vertical Dimension on Tongue Pressure to Palate during Swallowing,
Prosthodontic Research & Practice, Vol.1, No.1, 16-23, 2002.
(DOI: 10.2186/prp.1.16,   CiNii: 130000094061)
40. 大村 直幹, 弘田 克彦, 蟹谷 容子, 永尾 寛, 柏原 稔也, 市川 哲雄 :
デンチャープラークと咽頭の微生物叢との関連性,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.46, No.4, 530-538, 2002年.
(DOI: 10.2186/jjps.46.530,   CiNii: 10011160013)
41. 羽田 勝, 蟹谷 容子, 市川 哲雄, 石川 正俊, 永尾 寛 :
要介護高齢者の義歯使用を困難にする要因に関する研究,
老年歯科医学, Vol.16, No.1, 22-28, 2001年.
42. Yoko Terada, Katsuhiko Hirota, Toshiya Kashiwabara, Kan Nagao, Yoichiro Miyake and Tetsuo Ichikawa :
Identification of Helicobacter Pylori in Denture Plaque of Hospitalized Aged Patients,
Dentistry in Japan, Vol.37, 56-58, 2001.
43. 北岡 直樹, 薦田 淳司, 市川 哲雄, 石川 正俊, 永尾 寛, 河野 文昭, 羽田 勝 :
嚥下時の口蓋に対する舌接触圧の観察, --- 若年有歯顎者と高齢総義歯装着者の比較 ---,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.44, No.3, 379-385, 2000年.
44. 柏原 稔也, 弘田 克彦, 市川 哲雄, 寺田 容子, 永尾 寛, 河野 文昭 :
義歯洗浄剤としての電解水の効果, --- in vitroのCandida albicansバイオフィルムへの影響 ---,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.43, No.3, 513-517, 1999年.
45. 寺田 容子, 弘田 克彦, 永尾 寛, 柏原 稔也, 市川 哲雄 :
感染症予防のためのデンチャープラークコントロール, --- 第1報 デンチャープラーク中の胃潰瘍原因菌Helicobacter pyloriの検出 ---,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.43, No.1, 100-104, 1999年.
46. 野田 美幸, 石川 正俊, 市川 哲雄, 蟹谷 英生, 友竹 偉則, 川本 苗子, 永尾 寛, 河野 文昭, 羽田 勝 :
下顎運動時の下顎骨の変形に対するインプラント連結の影響, --- 三次元有限要素法による解析 ---,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.42, No.4, 580-585, 1998年.
47. 松本 直之, 永尾 寛, 河野 文昭 :
全部床義歯床下組織の負担圧分布に関する基礎的研究, --- 第4報 咬合様式の差が義歯床下組織の負担圧分布に及ぼす影響 ---,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.41, No.1, 44-51, 1997年.
48. 友竹 偉則, 河野 文昭, 永尾 寛, 川端 修一, 佐藤 修斎, 秋田 一郎, 川田 雄祥, 猪子 寿一, 松本 直之 :
義歯用硬質レジン歯と即時重合レジンとの結合強さについて, --- 各種ボンディング材の比較 ---,
四国歯学会雑誌, Vol.9, No.2, 115-122, 1997年.
49. Fumiaki Kawano, Kan Nagao, Sanshiro Inoue and Naoyuki Matsumoto :
Influence of the buccolingual position of artificial posterior teeth on the pressure distribution on the supporting tissue under a complete denture,
Journal of Oral Rehabilitation, Vol.23, No.7, 456-463, 1996.
(DOI: 10.1111/j.1365-2842.1996.tb00879.x,   PubMed: 8814560,   Elsevier: Scopus)
50. 河野 文昭, 永尾 寛, 野田 正純, 岡 謙次, 友竹 偉則, 川端 修一, 松本 直之, 今 政幸, 淺岡 憲三 :
軟質裏装材の衝撃緩衝に関する研究, --- 第2報 裏装法の違いが衝撃緩衝能に与える影響 ---,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.40, No.3, 501-507, 1996年.
51. Sanshiro Inoue, Fumiaki Kawano, Kan Nagao and Naoyuki Matsumoto :
An In Vitro Study of the Influence of Occlusal Scheme on the Pressure Distribution of Complete Denture Supporting Tissue,
The International Journal of Prosthodontics, Vol.9, No.2, 179-187, 1996.
52. 河野 文昭, 永尾 寛, 岡 謙次, 友竹 偉則, 今 政幸, 淺岡 憲三, 松本 直之 :
粘弾性解析による軟質裏装材の有用性に関する研究, --- 第3報 軟質裏装材の粘性が床下組織の応力分布に及ぼす影響 ---,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.39, No.6, 1004-1009, 1995年.
53. 井上 三四郎, 河野 文昭, 永尾 寛, 岡 謙次, 友竹 偉則, 松本 直之 :
全部床義歯床下組織の負担圧分布に関する基礎的研究, --- 第3報 臼歯人工歯の咬合面形態の差が負担圧分布に及ぼす影響 ---,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.39, No.3, 501-510, 1995年.
54. 河野 文昭, 永尾 寛, 井上 三四郎, 今 政幸, 淺岡 憲三, 松本 直之 :
粘弾性解析による軟質裏装材の有用性に関する研究, --- 第2報 軟質裏装材の裏装法の違いが床下組織の応力分布に与える影響 ---,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.38, No.6, 1328-1335, 1994年.
55. 永尾 寛, 河野 文昭, 松本 直之 :
全部床義歯床下組織の負担圧分布に関する基礎的研究, --- 第2報 咬合器の切歯路指導板の傾斜が負担圧分布に及ぼす影響 ---,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.38, No.5, 1025-1035, 1994年.
56. 河野 文昭, 永尾 寛, 野田 正純, 松本 直之, 今 政幸, 淺岡 憲三 :
軟質裏装材の衝撃緩衝に関する研究, --- 第1報 板状試料の衝撃緩衝能 ---,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.37, No.6, 1172-1179, 1993年.
57. 河野 文昭, 淺岡 憲三, 永尾 寛, 多田 望, 松本 直之 :
粘弾性解析による軟質裏装材の有用性に関する研究, --- 第1報 軟質裏装材が床下組織の応力分布に及ぼす影響 ---,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.36, No.6, 1305-1311, 1992年.
58. 河野 文昭, 淺岡 憲三, 永尾 寛, 多田 望, 松本 直之 :
粘弾性解析による義歯床下組織の応力分布, --- 第1報 人工歯の配列位置が義歯床下組織の応力分布に及ぼす影響 ---,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.36, No.6, 1186-1192, 1992年.
59. Fumiaki Kawano, Nozomu Tada, Kan Nagao and Naoyuki Matsumoto :
The influence of soft lining materials on pressure distribution,
The Journal of Prosthetic Dentistry, Vol.65, No.4, 567-576, 1991.
60. 松本 直之, 河野 文昭, 川村 厚, 永尾 寛, 平沼 謙二 :
LL-85R 咬合器の切歯路指導板の調節についての1基準, --- 第2報 切歯路指導板の調節法について ---,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.35, No.1, 51-57, 1991年.
61. 河野 文昭, 永尾 寛, 多田 望, 羽田 勝, 松本 直之 :
粘弾性解析による義歯床下組織の応力分布, --- 粘弾性解析の導入 ---,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.34, No.3, 623-630, 1990年.
62. Fumiaki Kawano, Kenzo Asaoka, Kan Nagao and Naoyuki Matsumoto :
Effect of viscoelastic deformation of soft tissue on stresses in the structures under complete denture,
Dental Materials Journal, Vol.9, No.1, 70-79, 1990.
63. 河野 文昭, 永尾 寛, 多田 望, 羽田 勝, 松本 直之 :
全部床義歯床下組織の負担圧分布に関する基礎的研究, --- 第1報 微少静電容量型負担圧測定システムの開発 ---,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.34, No.1, 68-76, 1990年.

総説・解説:

1. 上田 貴之, 水口 俊介, 津賀 一弘, 池邉 一典, 田村 文誉, 永尾 寛, 古屋 純一, 松尾 浩一郎, 山本 健, 金沢 学, 櫻井 薫 :
口腔機能低下症の検査と診断, --- 改訂に向けた中間報告 ---,
老年歯科医学, Vol.33, No.3, 299-303, 2018年12月.
2. 永尾 寛 :
咀嚼機能低下 老年歯科セミナー ``口腔機能低下症''って何?, --- ∼診断基準の7項目∼ ---,
デンタルダイヤモンド, Vol.45, No.2, 64-65, 2017年4月.
3. 永尾 寛 :
歯科医から見た摂食嚥下障害へのアプローチ,
BRAIN NURSING, Vol.31, No.12, 51-53, 2015年12月.
4. 後藤 崇晴, 岩脇 有軌, 渡邉 恵, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
補綴装置による個人認証システムに関する文献的考察,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.27, No.2, 21-27, 2015年2月.
(徳島大学機関リポジトリ: 109855,   CiNii: 120005823510)
5. 津村 希望, 石田 修, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
基本的な歯科技工の``勘どころ'' -臨床例から得られた具体的アドバイスをとおして熟練歯科技工士から新人歯科技工士への技術の継承を図る, --- 第6回 全部床義歯における``人工歯の排列と咬合の重要性''を学ぶ-リンガライズドオクルージョンによる対応 ---,
歯科技工, Vol.42, No.12, 14061415, 2014年12月.
6. 鴨居 浩平, 永尾 寛, 清水 裕次, 市川 哲雄 :
基本的な歯科技工の``勘どころ'' -臨床例から得られた具体的アドバイスをとおして熟練歯科技工士から新人歯科技工士への技術の継承を図る, --- 第5回 全部床義歯における歯科医師と歯科技工士との``情報共有の重要性''を学ぶ ---,
歯科技工, Vol.42, No.11, 1444-1253, 2014年11月.
7. 永尾 寛, 後藤 崇晴, 石田 雄一, 市川 哲雄 :
磁性アタッチメントの診療ガイドライン策定 デルファイ法とは,
日本磁気歯科学会雑誌, Vol.21, No.1, 32-36, 2012年12月.
8. 東光 紗知江, 本釜 聖子, 本田 剛, 柏原 稔也, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
口腔ケアと歯科医療デバイス,
四国歯学会雑誌, Vol.24, No.2, 35-37, 2012年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 109813)
9. 東岡 紗知江, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
【クラウンブリッジ・インプラント・デンチャー 補綴臨床のトラブルシューティング】 (Part3)デンチャー編 (Chapter2)義歯のセルフケア,
補綴臨床, 188-189, 2011年5月.
10. 本釜 聖子, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
【クラウンブリッジ・インプラント・デンチャー 補綴臨床のトラブルシューティング】 (Part3)デンチャー編 (Chapter2)装着時のトラブル 義歯装着による嘔吐反射,
補綴臨床, 134-135, 2011年5月.
11. 岡島 雅代, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
知っておきたい「力」のこと 気づく・伝える・守る, --- 避けられる動揺を最小限にとどめることが重要 義歯の動揺 ---,
デンタルハイジーン別冊, 116-117, 2010年6月.
12. 市川 哲雄, 本釜 聖子, 永尾 寛 :
全部床義歯による無歯顎補綴治療 発音と嚥下機能から全部床義歯を語る,
補綴臨床, Vol.38, No.5, 532-539, 2006年7月.
13. 永尾 寛, 河野 文昭, 市川 哲雄 :
全部床義歯における咬合様式の選択基準,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.49, No.1, 4-6, 2005年2月.
(PubMed: 15844265)
14. 永尾 寛, 河野 文昭, 市川 哲雄 :
義歯床下粘膜への負担圧分布からみた選択,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.48, No.5, 673-680, 2004年12月.
(PubMed: 15818000)
15. 松本 直之, 河野 文昭, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
義歯床下粘膜の負担圧分布からみた臼歯部人工歯の選択についての一考察,
Quintessence of Dental Technology, Vol.23, No.9, 17(1129)-26(1138), 1998年9月.
16. 松本 直之, 河野 文昭, 永尾 寛, 多田 望 :
臼歯部人工歯の選択について, --- シミュレーションモデルによる検討 ---,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.41, No.2, 335-346, 1997年4月.

国際会議:

1. Takaharu Goto, Tsukasa Hihara, Keiko Fujimoto, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Sex difference of clinical cascade from oral hypofunction to physical frailty,
The 7th Biennial Joint Congress of KAP-CPS-JPS, Mar. 2019.
2. Takaharu Goto, Tsukasa Hihara, Tagami Yoshihiro, Yuki Iwawaki, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Investigation with questionnaires on symptoms of physical frailty and eating behaviors,
11th Biennial Congress of Asian Academy of Prosthodontics, Kuala Lumpur, Malaysia, Sep. 2018.
3. Tetsuo Ichikawa, Takaharu Goto, Tsukasa Hihara, Tagami Yoshihiro and Kan Nagao :
A quantitative evaluation of oral frailty-physical frailty relationship model based on covariance structure analysis,
11th Biennial Congress of Asian Academy of Prosthodontics, Kuala Lumpur, Malaysia, Sep. 2018.
4. Takaharu Goto, Hihara Tsukasa, Kishimoto Takahiro, Takashi Matsuda, Yuki Iwawaki, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Investigation with questionnaires on symptoms of oral frailty and eating behaviors: Importance of chewing,
Biennial Joint Congress of JPS-CPS-KAP, Wenzhou, China, Oct. 2017.
5. Takashi Matsuda, Kurahashi Kosuke, Ishida Yuichi, Takaharu Goto, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Part-digitizing system for complete denture fabrication using digital impression and specialized CAD/CAM tray,
The 17th Biennial Meeting of International College of Prosthodontists, Santiago, Chile, Sep. 2017.
6. Takaharu Goto, Yoritoki Tomotake, Yuichi Ishida, Nobuaki Higaki, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Functional Significance of the Main Occluding Area for Partially Edentulous,
16th Biennial Meeting of International College of Prosthodontists, Sep. 2015.
7. Nobuaki Higaki, Takaharu Goto, Yuki Iwawaki, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Brain Function on Modulation of Occlusal Force and Sensory Integration,
16th Biennial Meeting of International College of Prosthodontists, Sep. 2015.
8. Shiori Nakamura, Nobuaki Higaki, Takaharu Goto, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Effect analysis of oral stimulation to prevent dementia focusing on the individual sensibility,
16th Biennial Meeting of International College of Prosthodontists, Sep. 2015.
9. Takashi Matsuda, Takaharu Goto, Toshiya Kashiwabara, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Possibility of Complete Denture Fabrication using Digital Technology: the possibility of Contactless Digital Preliminary Impression,
The 3rd ASEAN plus and TOKUSHIMA Joint International Conference on ``Strategic Achievement of Oral Sciences and Promotion of Quality of Life'', Makassar, Dec. 2014.
10. Nobuaki Higaki, Takaharu Goto, Yuichi Ishida, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Effects of vibratory and gustatory stimulations on cerebral blood flows,
The 3rd ASEAN plus and TOKUSHIMA Joint International Conference ``Strategic Achievement of Oral Sciences and Promotion of Quality of Life'', Makassar, Dec. 2014.
11. Takaharu Goto, Yoritoki Tomotake, Yuichi Ishida, Nobuaki Higaki, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Clinical significance of the main occluding in prosthodontic treatment,
The 3rd ASEAN plus and TOKUSHIMA Joint International Conference on ``Strategic Achievement of Oral Sciences and Promotion of Quality of Life'', Makassar, Dec. 2014.
12. Tsuyoshi Honda, Keiko Fujimoto, Takuro Baba, Seiko Hongama, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Elucidation of swallowing Sound Production Mechanism Using Ultrasonography,
Indonesian and Japan Prosthodontic Society JOINT MEETING, Bali, Nov. 2014.
13. Takashi Matsuda, Tetsuo Ichikawa, Takaharu Goto, Toshiya Kashiwabara and Kan Nagao :
Digital preliminary impression for complete denture fabrication,
Indonesia Japan Prosthodontic Society JOINT MEETING, Bali, Oct. 2014.
14. Kan Nagao, Takaharu Goto and Tetsuo Ichikawa :
Which is better for complete denture wearers, fully balanced occlusion or lingualized occlusion,
Indonesian and Japan Prosthodontic Society JOINT MEETING, Bali, Oct. 2014.
15. Takaharu Goto, Yuichi Ishida, Megumi Watanabe, Yoritoki Tomotake, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Location of the main occluding area after implant treatment,
38th Annual Conference of The European Prosthodontic Association, Istanbul, Sep. 2014.
16. Sachie Toko, Tetsuo Ichikawa, Atsuko Nakamichi, Tsuyoshi Honda and Kan Nagao :
Properties of Food Bolus for Assessing Quality of Mastication,
38th Annual Conference of The European Prosthodontic Association, Istanbul, Sep. 2014.
17. Takaharu Goto, Atsuko Nakamichi, Sachie Toko, Tsuyoshi Honda, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Assessments of Quality of mastication: Relationship between overall eating behavior and mastication,
The 15th Biennial Meeting of International College of prosthodontics, Turin, Sep. 2013.
18. Nobuaki Higaki, Takaharu Goto, Yuki Iwawaki, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Efficiency of oral stimulations on brain function activities: Evaluations using wearable near-infrared spectroscopy,
The 15th Biennial Meeting of International College of prosthodontics, Turin, Sep. 2013.
19. Takaharu Goto, Nobuaki Higaki, Yoritoki Tomotake, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Sensation of osseointegrated implants: literature review and new neurophysiological approach,
ASEAN plus and TOKUSHIMA Joint International Conference"Strategic Achievement of Oral Sciences and Promotion of Quality of Life", Dec. 2012.
20. Takashi Matsuda, Takaharu Goto, Yuichi Ishida, Toshiya Kashiwabara, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
A Trial of Complete Denture Fabrication using Digital Technology: in vitro Evaluation of digital impression,
ASEAN plus and TOKUSHIMA Joint International Conference"Strategic Achievement of Oral Sciences and Promotion of Quality of Life", Yogyakarta, Dec. 2012.
21. Sachie Toko, Hitoshi Higa, Tsuyoshi Honda, Seiko Hongama, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Changes in the physical properties of food bolus and mandibular movement during mastication,
ASEAN plus and TOKUSHIMA Joint International Conference on "Strategic Achievement of Oral Sciences and Promotion of Quality of Life", Yogyakarta, Dec. 2012.
22. Takaharu Goto, Takashi Matsuda, Yuichi Ishida, Toshiya Kashiwabara, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Digital dentistry in complete denture fabrication, --- Feasibility study ---,
International Symposium on Oral Health Education and Research, Balikpapan, Dec. 2011.
23. Yuki Iwawaki, Yoshihito Naitou, Li Jing, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
The long-term change in properties of the anti-microbiological tissue conditioner containing Juncus powder,
The 7th Biennial Meeting of AAP, Shanghai, Oct. 2011.
24. Takaharu Goto, Kan Nagao, Yuichi Ishida, Yoritoki Tomotake and Tetsuo Ichikawa :
Influence of Attachments On Load Transfer in Implant Overdentures: Effect Of Denture Rigidity,
14th Meeting of International College of Prosthodontists, Hawaii, Sep. 2011.
25. Takaharu Goto, Kan Nagao, Yuichi Ishida, Yoshihito Naitou, Yoritoki Tomotake and Tetsuo Ichikawa :
Observation of the Main ccluding Area with Partually bentate, changes before/after Prosthetic Treatments.,
6th Scientific Meeting Asian Academy of Osseointegration, Seoul, Nov. 2010.
26. Takaharu Goto, Kan Nagao, Yuichi Ishida, Yoshihito Naitou, Megumi Watanabe, Yoritoki Tomotake and Tetsuo Ichikawa :
Influence of Attachments on Load Transfer in Implant Overdentures,
19th Annual Scientific Meeting European Assocoation for Osseintegration, Glasgow, Oct. 2010.
27. Fumiaki Kawano, Kan Nagao, Takao Hanawa, Masayuki Kon, Kenzo Asaoka, A Koran and Naoyuki Matsumoto :
Shock-absorbing behavior of soft liners as influenced by accelerated aging,
Journal of Dental Research, Vol.75, No.Spec, 308, San Francisco, Mar. 1996.
28. Fumiaki Kawano, Kan Nagao, Masayuki Kon, Kenzo Asaoka, Naoyuki Matsumoto and A Koran :
Cushioning effect of soft liners as influenced by lining method,
Journal of Dental Research, Vol.74, No.Spec, 487, Singapore, Jun. 1995.

国内講演発表:

1. 岩脇 有軌, 後藤 崇晴, 岸本 卓大, 松田 岳, 藤本 けい子, 永尾 寛, 吉村 賢治, 江下 義之, 矢納 義高, 市川 哲雄 :
イソデシルガラクトシド配合泡沫状製剤の高齢者における有効性の評価,
一般社団法人日本老年歯科医学会 第31回学術大会, 2020年11月.
2. 藤本 けい子, 後藤 崇晴, 岸本 卓大, 岩脇 有軌, 水頭 英樹, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
ルシフェラーゼアッセイによる口腔不潔の定量評価,
一般社団法人日本老年歯科医学会 第31回学術大会, 2020年11月.
3. 田上 義弘, 後藤 崇晴, 藤本 けい子, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
超音波画像における輝度を用いた舌筋の評価,
令和2年度 公益社団法人日本補綴歯科学会 中国四国支部学術大会, 2020年8月.
4. 水頭 英樹, 藤本 けい子, 後藤 崇晴, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
歯科材料研磨時の微粒子の飛散測定:口腔外バキュームの有効性の検討,
令和2年度 公益社団法人日本補綴歯科学会 第129回学術大会, 2020年6月.
5. 岡本 元太, Liu Lipei, 渡邉 恵, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
歯科用金属が細胞に与える影響,
徳島県歯科医学大会, 2020年2月.
6. 田上 義弘, 後藤 崇晴, 藤本 けい子, 岩脇 有軌, 石田 雄一, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
フレイル評価における音声評価の意義,
令和元年度 公益社団法人日本補綴歯科学会 中国四国支部学術大会, 2019年9月.
7. 水頭 英樹, 田上 義弘, 藤本 けい子, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
介護老人福祉施設における誤嚥性肺炎発症と歯科的状況の関連,
2019年度 公益社団法人日本補綴歯科学会 中国・四国支部学術大会, 2019年8月.
8. 市川 哲雄, 後藤 崇晴, 松田 岳, 藤本 けい子, 永尾 寛, 白山 靖彦 :
地域の看取りと口腔健康管理:限界集落で口腔健康管理はされているか,
令和元年度 一般社団法人日本老年歯科医学会 第30回学術大会, 2019年6月.
9. 倉林 卓弘, 永尾 寛, 藤本 けい子, 渡邉 恵, 後藤 崇晴, 市川 哲雄 :
高齢者歯科関連キーワードの変遷 ―学術論文検索とインターネット検索による調査―,
四国歯学会第54回例会, 2019年3月.
10. 永尾 寛 :
超高齢社会における有床義歯技工の勘どころ,
一般社団法人日本歯科技工学会 中国四国支部平成30年度学術大会, 2018年10月.
11. 藤本 けい子, 後藤 崇晴, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
舌の厚み測定の臨床的意義の検討,
平成30年度 一般社団法人日本老年歯科医学会 第29回学術大会, 2018年6月.
12. 松田 岳, 倉橋 宏輔, 田上 義弘, 石田 雄一, 後藤 崇晴, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
デジタル技術を用いた全部床義歯治療の効率化-全部床義歯形状のデジタル化の精度検討-,
平成29年度 公益社団法人日本補綴歯科学会 中国四国支部学術大会, 2017年8月.
13. 後藤 崇晴, 岸本 卓大, 檜原 司, 松田 岳, 渡邉 恵, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
オーラルフレイル関連兆候と食行動との関係:噛むことの重要性,
日本補綴歯科学会第126回学術大会, 2017年7月.
14. 永尾 寛 :
学術委員会シンポジウム 「口腔機能低下症」について理解を深めよう, --- 咀嚼機能低下の検査方法と評価基準 ---,
日本老年歯科医学会第28回学術大会, 2017年6月.
15. 水頭 英樹, 本釜 聖子, 藤本 けい子, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
脳血管疾患と口腔内状態・オーラルリテラシーとの関連性,
日本老年歯科医学会第28会学術大会, 2017年6月.
16. 藤本 けい子, 本田 剛, 後藤 崇晴, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
咀嚼の主観的評価に関わる客観的指標の検討,
日本老年歯科医学会第28回学術大会, 2017年6月.
17. 本田 剛, 藤本 けい子, 馬場 拓朗, 南 憲一, 檜垣 宜明, 永尾 寛, 河野 文昭, 佐藤 修斎, 市川 哲雄 :
口蓋形態と咬合高径が食塊形成能に及ぼす影響,
平成28年度日本補綴歯科学会 九州支部,中国・四国支部合同学術大会, 2016年9月.
18. 永尾 寛 :
補綴歯科診療中における感染対策,
公益社団法人日本補綴歯科学会 第125回学術大会, 2016年7月.
19. 松田 岳, 倉橋 宏輔, 岩脇 有軌, 後藤 崇晴, 柏原 稔也, 永尾 寛, 市川 哲雄, 市場 裕康 :
デジタル技術を用いた全部床義歯治療の効率化:咬合圧印象用トレーによる印象採得の評価,
平成28年度 公益社団法人日本補綴歯科学会 第125回学術大会, 2016年7月.
20. 後藤 崇晴, 檜垣 宜明, 石田 雄一, 渡邉 恵, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
口腔内のにおい強度に着目した新しい咀嚼能率測定方法の開発,
平成28年度 公益社団法人日本補綴歯科学会 第125回学術大会, 2016年7月.
21. 谷口 裕重, 松尾 浩一郎, 町田 奈美, 金澤 学, 中川 量晴, 古屋 純一, 津賀 一弘, 池邉 一典, 上田 貴之, 田村 文誉, 永尾 寛, 山本 健, 櫻井 薫, 水口 俊介 :
入院患者における舌圧と栄養,握力との関連―日本老年歯科医学会学術委員会主導研究(プロジェクト藤田)―,
日本老年歯科医学会第27回学術大会, 2016年6月.
22. 中川 量晴, 松尾 浩一郎, 町田 奈美, 金澤 学, 金澤 学, 谷口 裕重, 津賀 一弘, 池邉 一典, 上田 貴之, 田村 文誉, 永尾 寛, 山本 健, 櫻井 薫, 水口 俊介 :
入院高齢者における口腔衛生状態と栄養状態-日本老年歯科医学会学術委員会主導研究(プロジェクト藤田)-,
日本老年歯科医学会第27回学術大会, 2016年6月.
23. 町田 奈美, 櫻井 薫, 松尾 浩一郎, 谷口 裕重, 中川 量晴, 金澤 学, 古屋 純一, 津賀 一弘, 池邉 一典, 上田 貴之, 田村 文誉, 永尾 寛, 山本 健, 水口 俊介 :
悪性腫瘍周術期での舌圧,咬合力,握力の変化―日本老年歯科医学会学術委員会主導研究(プロジェクト藤田)―,
日本老年歯科医学会第27回学術大会, 2016年6月.
24. 倉橋 宏輔, 松田 岳, 後藤 崇晴, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
歯科訪問診療でも対応可能なハンディスキャナーを用いた複製義歯製作法,
一般社団法人日本老年歯科医学会第27回総会・学術大会, 2016年6月.
25. 馬場 拓朗, 藤本 けい子, 本田 剛, 後藤 崇晴, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
オトガイ舌骨筋に着目した口腔機能低下予測因子の検討,
一般社団法人日本老年歯科医学会第27回総会・学術大会, 2016年6月.
26. 石田 雄一, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
スプリントの磁気治療器としての応用,
第25回日本磁気歯科学会学術大会, 2015年11月.
27. 馬場 拓朗, 岡村 裕彦, Yang Di, 永尾 寛, 羽地 達次, 市川 哲雄 :
ラット臼歯部咬合支持の喪失がオトガイ舌骨筋および咬筋の筋組成へ与える影響,
日本解剖学会第70回中国・四国支部学術集会, 2015年10月.
28. 松田 岳, 後藤 崇晴, 石田 雄一, 柏原 稔也, 永尾 寛, 市川 哲雄, 萬好 哲也, 井上 三四郎 :
デジタル技術を用いた全部床義歯治療の効率化 -咬合圧印象用トレーの臨床評価-,
平成27年度 公益社団法人日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2015年9月.
29. 藤本 けい子, 馬場 拓朗, 本田 剛, 後藤 崇晴, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
テクスチャープロファイル分析による義歯安定剤および口腔保湿剤の選択法の検討,
日本老年歯科医学会 第26回学術大会, 2015年6月.
30. 本田 剛, 藤本 けい子, 馬場 拓朗, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
嚥下音と嚥下動態の同時記録による嚥下音産生機序の解明,
(公社)日本補綴歯科学会 第124回学術大会, 2015年5月.
31. 松田 岳, 後藤 崇晴, 石田 雄一, 柏原 稔也, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
デジタル技術を用いた全部床義歯治療の効率化-非接触式デジタル印象採得の可能性の検討-, --- -非接触式デジタル印象採得の可能性の検討- ---,
平成26年度(公社)日本補綴歯科学会中国・四国,関西支部合同支部学術大会, 2014年9月.
32. 本田 剛, 藤本 けい子, 東岡 紗知江, 本釜 聖子, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
嚥下量・頚部姿勢変化による嚥下音への影響,
日本老年歯科医学会第25回学術大会, 2014年6月.
33. Bayarmagnai Sapaar, 永尾 寛, 後藤 崇晴, 内藤 禎人, 市川 哲雄 :
ノンメタルクラスプデンチャーのクラスプと義歯床のデザインに関する検討,
公益社団法人日本補綴歯科学会第123回学術大会, 2014年5月.
34. 南 憲一, 後藤 崇晴, 本田 剛, 柏原 稔也, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
義歯安定剤の使用が咬合接触および下顎運動に与える影響,
第6回 日本義歯ケア学会学術大会, 2014年1月.
35. Sapaar Bayarmagnai, Yoshihito Naitou, Takaharu Goto, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Loss of retentive force and per,manent deformation of polyethylene terephthalate and polyster clasps retainers,
平成25年度公益社団法人日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, Sep. 2013.
36. 檜垣 宜明, 後藤 崇晴, 石田 雄一, 友竹 偉則, 永尾 寛, 市川 哲雄, 多田 望 :
口腔内刺激が脳機能活動に与える影響,
平成25年度公益社団法人日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2013年8月.
37. 松田 岳, 後藤 崇晴, 石田 雄一, 柏原 稔也, 永尾 寛, 市川 哲雄, 岡島 雅代 :
デジタル技術を用いた全部床義歯治療の効率化 ―3Dスキャナによる研究用模型と作業用模型の一致度の検討―,
平成25年度公益社団法人日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2013年8月.
38. 永尾 寛 :
症例から学ぶ摂食・嚥下障害 義歯の役割と使い方,
第14回徳島摂食・嚥下研究会 学術講演会, 2013年6月.
39. 本田 剛, 比嘉 仁志, 東岡 紗知江, 本釜 聖子, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
多チャンネルセンサを用いた嚥下音記録による嚥下動態評価,
日本老年歯科医学会第24回学術大会, 2013年6月.
40. 東岡 紗知江, 比嘉 仁司, 本田 剛, 本釜 聖子, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
スダチのにおい刺激による咀嚼嚥下促進補助法の開発:刺激剤と刺激方法の検討,
日本老年歯科医学会第24回学術大会, 2013年6月.
41. 後藤 崇晴, 永尾 寛, 石田 雄一, 柏原 稔也, 友竹 偉則, 市川 哲雄 :
インプラントオーバーデンチャー床下組織の負担分布と義歯の動揺に関する研究,
第22回日本歯科医学会総会, 2012年11月.
42. 永尾 寛, 後藤 崇晴, 石田 雄一, 市川 哲雄, 秀島 雅之, 越野 寿, 星合 和基, 梅川 義忠 :
マグネットを義歯に付着する際は,加圧状態の方が無圧よりも経過がよいか?-デルファイ法による調査-,
第22回日本磁気歯科学会学術大会, 2012年11月.
43. 後藤 崇晴, 石田 雄一, 友竹 偉則, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
磁性アタッチメントを歯冠内・歯冠外アタッチメントとして用いた長期経過症例について,
第22回日本磁気歯科学会学術大会, 2012年11月.
44. 大野 彩, 窪木 拓男, 市川 哲雄, 秀島 雅之, 佐藤 裕二, 玉置 勝司, 赤川 安正, 永尾 寛, 櫻井 薫, 馬場 一美, 皆木 省吾, 鱒見 進一, 佐藤 博信, 澤瀬 隆, 長岡 英一, 和気 裕之, 大山 喬史, 平井 敏博, 佐々木 啓一 :
OHIP日本語版を用いた補綴治療患者の口腔関連QOL評価における最小重要差の検討,
平成24年度 (社)日本補綴歯科学会中国・四国・九州合同学術大会, 2012年9月.
45. Sapaar Bayarmagnai, Yoshihito Naitou, Takaharu Goto, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Extracellular DNA of Candida albicans and its effect on biofilm formation on denture base materials,
平成24年度 (社)日本補綴歯科学会中国・四国・九州合同学術大会, Sep. 2012.
46. 東岡 紗知江, 比嘉 仁司, 本田 剛, 本釜 聖子, 永尾 寛, 市川 哲雄, 堀内 政信 :
咀嚼過程における摂取食品のテクスチャー変化,
平成24年度 (社)日本補綴歯科学会中国・四国・九州合同学術大会, 2012年9月.
47. 松田 岳, 後藤 崇晴, 石田 雄一, 柏原 稔也, 永尾 寛, 市川 哲雄, 薦田 淳司 :
デジタル技術を用いた全部床義歯治療の効率化 -無歯顎模型に対するデジタル印象の印象精度の検討-,
平成24年度 (社)日本補綴歯科学会中国・四国・九州合同学術大会, 2012年9月.
48. 本田 剛, 比嘉 仁司, 東岡 紗知江, 本釜 聖子, 永尾 寛, 市川 哲雄, 今井 守夫 :
嚥下音を用いた嚥下スクリーニング検査法の開発,
平成24年度 (社)日本補綴歯科学会中国・四国・九州合同学術大会, 2012年9月.
49. 本釜 聖子, 東岡 紗知江, 本田 剛, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
スダチにおい刺激による唾液分泌と食塊形成への影響,
日本老年歯科医学会第23回学術大会, 2012年6月.
50. 後藤 崇晴, 石田 雄一, 友竹 偉則, 永尾 寛, 市川 哲雄, 宮本 雅司 :
義歯の動揺計測からインプラントオーバーデンチャー床下組織の負担分布を推定できるか,
社団法人日本補綴歯科学会 第121回学術大会, 2012年5月.
51. 後藤 崇晴, 永尾 寛, 松田 岳, 柏原 稔也, 市川 哲雄 :
デルファイ法を用いた義歯にとっての妥当なリコール間隔に関するアンケート調査,
第4回 日本義歯ケア学会学術大会, 2012年1月.
52. 永尾 寛 :
デルファイ法とは,
第21回日本磁気歯科学会学術大会, 2011年11月.
53. 内藤 禎人, 東岡 紗知江, 本釜 聖子, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
イグサ粉末を添加した義歯安定材のカンジダ菌に対する抗菌活性とその物性,
日本老年歯科医学会第22回学術大会, 2011年6月.
54. 内藤 禎人, 李 景, 東岡 紗知江, 本釜 聖子, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
生物由来物質を用いた抗菌性ティッシュコンディショナーの抗カンジダ効果と機械的性質,
日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集, 141, 2011年6月.
55. 木村 彩, 窪木 拓男, 市川 哲雄, 秀島 雅之, 佐藤 裕二, 玉置 勝司, 赤川 安正, 永尾 寛, 櫻井 薫, 馬場 一美, 皆木 省吾, 鱒見 進一, 佐藤 博信, 澤瀬 隆, 長岡 英一, 和気 裕之, 大山 喬史, 平井 敏博, 佐々木 啓一 :
補綴治療の難易度を測定するプロトコルの信頼性と妥当性の検討,
社団法人日本補綴歯科学会 第120回記念学術大会, 2011年5月.
56. 柏原 稔也, 後藤 崇晴, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
マイクロ波重合型床用レジン重合法における磁気遮蔽の効果,
社団法人日本補綴歯科学会 第120回記念学術大会, 2011年5月.
57. T Goto, H Nishinaka, Toshiya Kashiwabara, Yoritoki Tomotake, Kan Nagao and Tetsuo Ichikawa :
Significance of the Main Occluding Area in Implant Treatment,
社団法人日本補綴歯科学会 第120回記念学術大会, May 2011.
58. 永尾 寛, 藤原 奈津美, 木村 智子, 泰江 章博, 吉岡 昌美, 三宅 洋一郎, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 :
東京医科歯科大学の臨床実習視察報告,
四国歯学会第38回例会, 2011年3月.
59. 設楽 純子, 矢納 義高, 本釜 聖子, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
殺菌剤配合洗口液が口腔衛生状態に与える影響について,
第59回日本口腔衛生学会・総会, 2010年9月.
60. 後藤 崇晴, 石田 雄一, 友竹 偉則, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
アタッチメントの違いがインプラントオーバーデンチャー床下組織の負担圧に及ぼす影響 -義歯の剛性の影響-,
第40回日本口腔インプラント学会・学術大会, 2010年9月.
61. 内藤 禎人, 李 景, 本釜 聖子, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
生物由来物質を用いた抗菌性ティッシュコンディショナーの抗カンジダ効果と機械的性質,
老年歯科医学, Vol.25, No.2, 252-253, 2010年9月.
62. 松香 芳三, 永尾 寛, 木村 彩, 三野 卓哉, 荒川 光, 藤澤 政紀, 小野 高裕, 玉置 勝司, 津賀 一弘, 築山 能大, 萩原 芳幸, 窪木 拓男 :
ガイドライン作成に向けたペイシェント・クエスチョンの収集 その2 患者インタビュー,
平成22年度(社)日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2010年8月.
63. 木村 彩, 松香 芳三, 三野 卓哉, 荒川 光, 藤澤 政紀, 小野 高裕, 玉置 勝司, 津賀 一弘, 築山 能大, 永尾 寛, 萩原 芳幸, 窪木 拓男 :
ガイドライン作成に向けたペイシェント・クエスチョンの収集 その1 患者アンケート,
平成22年度(社)日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2010年8月.
64. 永尾 寛, 市川 哲雄 :
義歯の良好な術後経過を得るためのリコール間隔について ―デルファイ法による調査―,
平成22年度(社)日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2010年8月.
65. 木村 彩, 松香 芳三, 三野 卓哉, 荒川 光, 藤澤 政紀, 小野 高裕, 玉置 勝司, 津賀 一弘, 築山 能大, 永尾 寛, 萩原 芳幸, 窪木 拓男 :
ガイドライン作成に向けたペイシェント・クエスチョンの収集 その1 患者アンケート,
平成22年度(社)日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2010年8月.
66. 松香 芳三, 永尾 寛, 木村 彩, 三野 卓哉, 荒川 光, 藤澤 政紀, 小野 高裕, 玉置 勝司, 津賀 一弘, 築山 能大, 萩原 芳幸, 窪木 拓男 :
ガイドライン作成に向けたペイシェント・クエスチョンの収集 その2 患者インタビュー,
平成22年度(社)日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2010年8月.
67. 後藤 崇晴, 永尾 寛, 石田 雄一, 柏原 稔也, 市川 哲雄, 萬好 哲也, 市場 裕康 :
次世代の義歯製作法に関する一考察,
平成22年度(社)日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会, 2010年8月.
68. 設楽 純子, 大熊 桂子, 矢納 義高, 本釜 聖子, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
殺菌剤配合洗口液が口腔衛生状態に与える影響について,
口腔衛生学会雑誌, Vol.60, No.4, 454, 2010年8月.
69. 本釜 聖子, 東岡 紗知江, 内藤 禎人, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
姿勢変化が喉頭閉鎖持続時間に与える影響,
日本老年歯科医学会総会第21回学術大会, 2010年6月.
70. 内藤 禎人, 李 景, 本釜 聖子, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
生物由来物質を用いた抗菌性ティッシュコンディショナーの抗カンジダ効果と機械的性質,
一般社団法人 日本老年歯科医学会第21回学術大会, 2010年6月.
71. 本釜 聖子, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
磁気センサを用いた簡易嚥下機能測定方法 嚥下姿勢と辛味成分が測定値に与える影響,
日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集, 167, 2009年6月.
72. 石田 雄一, 佐藤 裕, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
MIセンサ内蔵姿勢検出センサの仮想咬合平面設定への応用,
第18回日本磁気歯科学会学術大会抄録, 2008年10月.
73. 岡島 雅代, 永尾 寛, 佐藤 裕, 吉田 有里, 市川 哲雄 :
補綴治療による顔貌の三次元的変化の予測,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.52, No.117, 97, 2008年6月.
74. 田北 啓洋, 藤田 圭二, 永尾 寛, 市川 哲雄, 早崎 芳夫 :
デンタルメモリー ー 歯科補綴物への情報記録 ー,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.107, No.154, 51-54, 2007年7月.
75. 本釜 聖子, 永尾 寛, 市川 哲雄 :
簡易嚥下障害スクリーニングシステム法の開発 : 磁気センサを用いた測定方法の概要,
日本補綴歯科学会雑誌. 特別号, 日本補綴歯科学会学術大会抄録集 = Proceedings of the ... conference, the Japan Prosthodontic Society, Vol.51, No.116, 144, 2007年5月.
(CiNii: 10024184550)
76. 永尾 寛, 矢納 義高, 市川 哲雄, 本釜 聖子, 市場 裕康, 萬好 哲也 :
塩化ベンゼトニウム配合洗口液を用いた高齢者の口内環境の改善,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.51, 158, 2007年5月.
77. 本釜 聖子, 永尾 寛, 羽田 勝, 市川 哲雄 :
歯間空隙の存在が構音運動に及ぼす影響:上顎全部床義歯装着者による観察,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.48, 54, 2004年5月.
78. 本釜 聖子, 市川 哲雄, 石川 正俊, 永尾 寛, 河野 文昭, 羽田 勝 :
脳卒中患者に可撤性PLP付全部床義歯を適用した1症例 音声学及び力学的考察,
日本補綴歯科学会雑誌, Vol.44, 199, 2000年11月.

その他・研究会:

1. 永尾 寛 :
摂食嚥下に関わる口の重要性,
平成28年度徳島県医師会 摂食嚥下講習会, 2016年12月.
2. 永尾 寛 :
準備期・口腔期における義歯の役割,
徳島摂食嚥下研究会 胃瘻造設時嚥下機能評価のための特別講演会, 2015年2月.
3. 永尾 寛 :
義歯関連補助剤の効用, --- -とくに義歯安定剤について- ---,
第1回(社)日本老年歯科医学会徳島支部研修会, 2012年2月.
4. 永尾 寛, 木村 智子, 泰江 章博, 三宅 洋一郎, 吉本 勝彦, 市川 哲雄 :
東京医科歯科大学歯学部歯学科の臨床実習視察報告,
四国歯学会雑誌, Vol.24, No.2, 79-84, 2012年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 109820)
5. 永尾 寛 :
診療ガイドラインの必要性とその作成方法, --- デルファイ法によるコンセンサスの形成 ---,
研究成果報告会「補綴歯科診療におけるエビデンスの構築とガイドラインの作成」, 2011年11月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 栄養・食品多様性の低下に起因する歯科的要因を解明し、フレイルを防止する (研究課題/領域番号: 18K09684 )
  • サルコペニアによる摂食嚥下障害の早期発見と早期介入 (研究課題/領域番号: 15K11197 )
  • 咀嚼・嚥下機能を最適化する全部床義歯形態のイノベーション (研究課題/領域番号: 24592920 )
  • 咀嚼の質を測る:食品表現型、感覚、脳活動からの総体的アプローチ (研究課題/領域番号: 24390436 )
  • 慢性期の口腔ケアの効果は、どうして遅延するのか (研究課題/領域番号: 23592853 )
  • 総義歯の咬合様式選択のためのガイドラインの構築 (研究課題/領域番号: 19592244 )
  • テーラーメイド型機能的生体材料の開発 (研究課題/領域番号: 17390521 )
  • 舌と喉頭運動を利用した摂食嚥下機能の評価 (研究課題/領域番号: 13672041 )
  • 骨質の評価法の開発とチタン表面の改質 (研究課題/領域番号: 12470421 )
  • 高齢者の口腔ケア・義歯ケアの再検討 その1 義歯洗浄剤の再検討 (研究課題/領域番号: 10771085 )
  • 弾性解析を負担圧分布からみた軟質裏装材および義歯安定材の効果的使用法の検討と開発 (研究課題/領域番号: 08771792 )
  • 生体材料-骨界面における3次元骨構造の解析と材料の表面構造の影響 (研究課題/領域番号: 08457530 )
  • 上顎全部床義歯平衡側臼歯部の動揺と咬合接触に関する研究 (研究課題/領域番号: 03670917 )
  • 研究者番号(30227988)による検索