検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 歯学域 > 口腔科学部門 > 口腔保健学系 > 口腔保健衛生学 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1804012 健康長寿社会の実現に資する高感度歯科口臭検査法の開発 >
徳島大学 > 口腔科学教育部 > 口腔保健学専攻 >
徳島大学 > 歯学部 > 口腔保健学科 > 口腔保健基礎学講座 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

予防歯科学 (Preventive Dentistry)

研究テーマ

歯周病原性細菌の病原因子および歯周病患者由来唾液中分泌型IgAに関する研究 (歯周病原性, 病原因子, 唾液分泌型IgA)

著書・論文

学術論文(審査論文):

1.Michiyasu Nakao, Nanako Nishikiori, Akihito Nakamura, Murasaki Miyagi, Nao Shibata, Syuji Kitaike, Makoto Fukui, Hiro-O Ito and Shigeki Sano :
Synthesis of Sterically Protected Isoindoles from ortho-Phthalaldehyde,
SynOpen, Vol.2, No.1, 50-57, 2018.
(DOI: 10.1055/s-0036-1591932)
2.玉木 直文, 松尾 亮, 水野 昭彦, 正木 文浩, 中川 徹, 鈴木 雅博, 福井 誠, 谷口 隆司, 三宅 達郎, 伊藤 博夫 :
歯肉溝液中の炎症関連バイオマーカーと糖尿病・腎機能マーカーとの関連性,
口腔衛生学会雑誌, Vol.66, No.3, 316-321, 2016年.
3.Naofumi Tamaki, Rita Cristina Orihuela Campos, Makoto Fukui and Hiro-O Ito :
Hydrogen-Rich Water Intake Accelerates Oral Palatal Wound Healing via Activation of the Nrf2/Antioxidant Defense Pathways in a Rat Model.,
Oxidative Medicine and Cellular Longevity, Vol.2016, 5679040, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 109746,   DOI: 10.1155/2016/5679040,   PubMed: 26798423)
4.S Hayashi, Hirotsugu Yamada, Makoto Fukui, Hiro-O Ito and Masataka Sata :
Correlation between arteriosclerosis and periodontal condition assessed by lactoferrin and [alpha]1-antitrypsin levels in gingival crevicular fluid.,
International Heart Journal, Vol.56, No.6, 639-643, 2015.
(DOI: 10.1536/ihj.15-218,   PubMed: 26549390)
5.Naofumi Tamaki, Fumihiko Yoshino, Makoto Fukui, Hideaki Hayashida, Ayaka Yoshida, Masayasu Kitamura, Takahiro Iwasaki, Reiko Furugen, Koji Kawasaki, Mio Nakazato, Takahiro Maeda, Susumu Kokeguchi, Tatsuo Yamamoto, Chang-Il Masaichi Lee, Hiro-O Ito and Toshiyuki Saito :
Relationship among salivary antioxidant activity, cytokines and periodontitis: the Nagasaki Island study.,
Journal of Clinical Periodontology, Vol.42, No.8, 711-718, 2015.
(DOI: 10.1111/jcpe.12438,   PubMed: 26227009,   Elsevier: Scopus)
6.Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki, Rie Mukai, Makoto Fukui, Kaname Miki, Junji Terao and Hiro-O Ito :
Biological impacts of resveratrol, quercetin, and N-acetylcysteine on oxidative stress in human gingival fibroblasts.,
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, Vol.56, No.3, 220-227, 2015.
(DOI: 10.3164/jcbn.14-129,   PubMed: 26060353,   Elsevier: Scopus)
7.Naofumi Tamaki, Rita Cristina Orihuela Campos, Yuji Inagaki, Makoto Fukui, Toshihiko Nagata and Hiro-O Ito :
Resveratrol improves oxidative stress and prevents the progression of periodontitis via the activation of the Sirt1/AMPK and the Nrf2/antioxidant defense pathways in a rat periodontitis model.,
Free Radical Biology and Medicine, Vol.75, 222-229, 2014.
(DOI: 10.1016/j.freeradbiomed.2014.07.034,   PubMed: 25091897)
8.Naofumi Tamaki, H Hayashida, Makoto Fukui, M Kitamura, K Kawasaki, M Nakazato, T Maeda, T Saito and Hiro-O Ito :
Oxidative stress and antibody levels to periodontal bacteria in adults: the Nagasaki Islands study.,
Oral Diseases, Vol.20, No.3, 49-56, 2014.
(DOI: 10.1111/odi.12127,   PubMed: 23679350,   Elsevier: Scopus)
9.Masaki GOTO, Agnieszka Wilk, Kosuke Kataoka, Shirish Chodankar, Nobutake Tamai, Makoto Fukui, Joachim Kohlbrecher, Hiro-O Ito and Hitoshi Matsuki :
Study on the Subgel-Phase Formation Using an Asymmetric Phospholipid Bilayer Membrane by High-Pressure Fluorometry,
Langmuir, Vol.28, No.33, 12191-12198, 2012.
(DOI: 10.1021/la3020173,   PubMed: 22823885)
10.Tselmeg Baatarjav, Kosuke Kataoka, Rebekah S. Gilbert, Yutaka Terao, Makoto Fukui, Masaki GOTO, Shigetada Kawabata, Masato Yamamoto, Kohtaro Fujihashi and Hiro-O Ito :
Mucosal immune features to phosphorylcholine by nasal Flt3 ligand cDNA-based vaccination,
Vaccine, Vol.29, No.34, 5747-5757, 2011.
(DOI: 10.1016/j.vaccine.2011.05.097,   PubMed: 21683111)
11.Makoto Fukui, Daisuke Hinode, Masaaki Yokoyama, Masami Yoshioka, Kosuke Kataoka and Hiro-O Ito :
Levels of salivary stress markers in patients with anxiety about halitosis,
Archives of Oral Biology, Vol.55, No.11, 842-847, 2010.
(DOI: 10.1016/j.archoralbio.2010.07.014,   PubMed: 20807658)
12.Etsuhisa Takahashi, Kosuke Kataoka, Kazuyuki Fujii, Junji Chida, Dai Mizuno, Makoto Fukui, Hiro-O Ito, Kohtaro Fujihashi and Hiroshi Kido :
Attenuation of inducible respiratory immune responses by oseltamivir treatment in mice infected with influenza A virus.,
Microbes and Infection, Vol.12, No.10, 778-783, 2010.
(DOI: 10.1016/j.micinf.2010.04.013,   PubMed: 20452454)
13.十川 悠香, 横山 正明, 坂本 治美, 真杉 幸江, 福井 誠, 吉岡 昌美, 日野出 大輔 :
徳島大学病院における妊婦の口腔保健向上に関する研究,
日本歯科衛生学会雑誌, Vol.4, No.1, 50-57, 2009年.
(CiNii: 40016808943)
14.横山 正明, 福井 誠, 増田 かなめ, 髙松 夏子, 岡田 寿朗, 武部 裕光, 片岡 宏介, 伊藤 博夫 :
リアルタイム定量PCR(qPCR)法による唾液中の総細菌数の測定 口腔清潔度の指標としての試み,
口腔衛生学会雑誌, Vol.59, No.3, 183-189, 2009年.
(CiNii: 110008460531)
15.吉岡 昌美, 藤井 裕美, 廣瀬 薫, 坂本 治美, 十川 悠香, 松本 尚子, 星野 由美, 福井 誠, 横山 正明, 日野出 大輔 :
急性期病院の脳神経疾患患者に対する口腔ケアニーズの分析,
口腔衛生学会雑誌, Vol.58, No.5, 490-497, 2008年.
(CiNii: 110006990074)
16.Makoto Fukui, Masami Yoshioka, Kazuhito Satomura, Hiroaki Nakanishi and Masaru Nagayama :
Specific-wavelength Visible Light Irradiation Inhibits the Growth of Porphyromonas gingivalis.,
Journal of Periodontal Research, Vol.43, No.2, 174-178, 2008.
(DOI: 10.1111/j.1600-0765.2007.01009.x,   PubMed: 18302619)
17.Masaaki Yokoyama, Daisuke Hinode, Masami Yoshioka, Makoto Fukui, Shin-ichi Tanabe, Daniel Grenier and Hiro-O Ito :
Relationship between Campylobacter rectus and periodontal status during pregnancy.,
Oral Microbiology and Immunology, Vol.23, No.1, 55-59, 2008.
(DOI: 10.1111/j.1399-302X.2007.00391.x,   PubMed: 18173799)
18.Makoto Fukui, Daisuke Hinode, Masaaki Yokoyama, Shin-ichi Tanabe and Masami Yoshioka :
Salivary immunoglobulin A directed to oral microbial GroEL in patients with periodontitis and their potential protective role.,
Oral Microbiology and Immunology, Vol.21, No.5, 289-295, 2006.
(DOI: 10.1111/j.1399-302X.2006.00290.x,   PubMed: 16922927)
19.吉岡 昌美, 本那 智昭, 福井 誠, 横山 正明, 田部 慎一, 玉谷 香奈子, 横山 希実, 増田 かなめ, 日野出 大輔, 中村 亮 :
フッ化物洗口実施校におけるう蝕予防効果, --- 歯群別分析および乳歯う蝕と永久歯う蝕の関連性についての分析 ---,
口腔衛生学会雑誌, Vol.55, No.5, 552-558, 2005年.
(CiNii: 10016760398)
20.吉岡 昌美, 横山 希実, 福井 誠, 横山 正明, 田部 慎一, 玉谷 香奈子, 日野出 大輔 :
官能試験の結果および質問票による口臭患者の分析,
口腔衛生学会雑誌, Vol.55, No.2, 83-88, 2005年.
(CiNii: 110004015531)
21.Masami Yoshioka, Grenier Daniel, Daisuke Hinode, Makoto Fukui and Mayrand Denis :
Antigenic cross-reactivity and sequence homology between Actinobacillus actinomycetemcomitans GroEL protein and human fibronectin,
Oral Microbiology and Immunology, Vol.19, No.2, 124-128, 2004.
(DOI: 10.1111/j.0902-0055.2003.00125.x,   PubMed: 14871354)
22.Daisuke Hinode, Makoto Fukui, Nozomi Yokoyama, Masaaki Yokoyama, Masami Yoshioka and Ryo Nakamura :
Relationship between tongue coating and secretory-immunoglobulin A level in saliva obtained from patients complaining of oral malodor,
Journal of Clinical Periodontology, Vol.30, No.12, 1017-1023, 2003.
(DOI: 10.1046/j.0303-6979.2003.00407.x,   PubMed: 15002886)
23.永田 英樹, 小島 美樹, 雫石 聰, 武村 あかね, 日野出 大輔, 福井 誠, 中村 亮 :
喫煙者の歯周病に対するビタミンCおよびビタミンE摂取の有効性の検討,
口腔衛生学会雑誌, Vol.53, No.5, 544-553, 2003年.
(CiNii: 110004017977)
24.Shin-ichi Tanabe, Daisuke Hinode, Masaaki Yokoyama, Makoto Fukui, Ryo Nakamura, Masami Yoshioka, Daniel Grenier and Denis Mayrand :
Helicobacter pylori and Campylobacter rectus share a common antigen,
Oral Microbiology and Immunology, Vol.18, No.2, 79-87, 2003.
(DOI: 10.1034/j.1399-302X.2003.00049.x,   PubMed: 12654095)

学術論文(紀要・その他):

1.福井 誠 :
口臭症と唾液生理活性物質の関連性,
四国歯学会雑誌, Vol.21, No.1, 129-141, 2008年.

総説・解説:

1.福井 誠 :
特定波長光の照射によるPorphyromonas gingivalisの増殖抑制効果,
四国歯学会雑誌, Vol.23, No.2, 91-96, 2011年1月.
(徳島大学機関リポジトリ: 109803)
2.吉岡 昌美, 藤井 裕美, 廣瀬 薫, 坂本 治美, 十川 悠香, 佐藤 晶子, 福井 誠, 横山 正明, 日野出 大輔 :
徳島大学病院栄養サポートチームにおける専門的口腔ケアの取り組み,
口腔衛生学会雑誌, Vol.56, No.3, 309-317, 2006年7月.
(CiNii: 110004815020)
3.吉岡 昌美, 横山 正明, 本那 智昭, 福井 誠, 横山 希実, 田部 慎一, 玉谷 香奈子, 坂本 治美, 佐藤 晶子, 中村 亮, 日野出 大輔 :
予防歯科臨床における定期的口腔健康管理,
四国歯学会雑誌, Vol.16, No.2, 401-409, 2004年1月.

国際会議:

1.Makoto Fukui, Kaname Miki, Kitamura Masayasu, Hayashida Hideaki, Kawasaki Koji, Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki, Maeda Takahiro, Saito Toshiyuki and Hiro-O Ito :
Porphyromonas gingivalis infection may affect anti-atheroschlerotic antibody to phosphorylcholine.,
The 12th International Conference of Asia Academy of Preventive Dentistry, May 2016.
2.Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki, Makoto Fukui, Kaname Miki and Hiro-O Ito :
Balance is the key: resveratrol revert oxidative stress conditions in gingival fibroblasts,
第93回IADR, Mar. 2015.
3.Naofumi Tamaki, Makoto Fukui, Hiro-O Ito and Kokeguchi Susumu :
Salivary Antioxidant Activity, Cytokines and Periodontitis: The Nagasaki Island Study,
International Association for Dental Research-Asia Pacific Region(IADR-APR), Bangkok, Aug. 2013.
4.Makoto Fukui, Kaname Miki, Naofumi Tamaki and Hiro-O Ito :
Relationship between atherosclerosis and anti-phosphorylcholine antibodies in saliva and plasma,
ICAAPD, ウランバートル, Sep. 2012.
5.Naofumi Tamaki, Makoto Fukui and Hiro-O Ito :
Levels of Serum Markers of Oxidative Stress and Antibodies against Periodontal Pathogens in Community-dwelling Adults with and without Periodontitis: Goto Study,
International Conference on Porphyromonas gingivalis and Related Bacterial Species, Nagasaki, Aug. 2012.
6.Makoto Fukui, M. Mani, K. Uno, Kosuke Kataoka and Hiro-O Ito :
Cytokine profile in human saliva and its relationship with that in blood.,
9th International Conference Asian Academy of Preventive Dentistry, Kuala Lumpur, Malaysia, Nov. 2010.
7.Kosuke Kataoka, Ke. Fujihashi, R. Kobayashi, S. R. Gilbert, S. Sekine, Makoto Fukui, Y. Fukuyama, S. Kawabata, Hiro-O Ito and Ko. Fujihashi :
Nasal Cholera Toxin Activated Mucosal Densritic Cells, but not CD4+ Cells Elicits TI-IgA Class Switching Recombination by B-1 B Cells.,
14th International Congress of Immunology, Aug. 2010.
8.T. Baatarjav, Kosuke Kataoka, Makoto Fukui, A. S. Mulyatno, K. Fujihashi and Hiro-O Ito :
Nasal Vaccination with Phosphorylcholine plus Flt3 Ligand Gene as a Mucosal Adjuvant Inhibits Streptococcus pneumoniae Colonization.,
14th International Congress of Immunology, Kobe, Aug. 2010.
9.Daisuke Hinode, Masaaki Yokoyama, Makoto Fukui, Nozomi Yokoyama, Kanako Tamatani and Masami Yoshioka :
The Effect of Tongue Cleaning on Oral Malodor,
86th General Session & Exhibition of the IADR/ 32nd Annual Meeting of the CADR, Toronto, Jul. 2008.
10.Makoto Fukui, Daisuke Hinode, Masaaki Yokoyama, Masami Yoshioka and Hiro-O Ito :
Salivary Stress Makers in Patients with Complaint of Halitosis.,
7th Congress of Asian Academy of Preventive Dentistry, Okayama, Nov. 2006.
11.Makoto Fukui, Masami Yoshioka, Kazuhito Satomura, Hiroaki Nakanishi and Masaru Nagayama :
Specific Visible Light Irradiation Inhibits the Growth of Porphyromonas gingivalis.,
84th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research, Brisbane, Jun. 2006.
12.Daisuke Hinode, Makoto Fukui, Masaaki Yokoyama, Shin-ichi Tanabe and Masami Yoshioka :
Role of Salivary IgA directed to GroEL in Periodontitis Patients.,
84th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research, Brisbane, Jun. 2006.
13.H Nagata, M Ojima, Daisuke Hinode, Makoto Fukui, A Takemura, S.G Grossi, S Shizukuishi and R Nakamura :
Vitamin C and E supplements supress periodontal disease in smokers,
Annual Meeting of American Academy of Periodontology, San Francisco, Sep. 2003.
14.Daisuke Hinode, Makoto Fukui and R Nakamura :
The relationship between tongue coating and Secretory- IgA level in saliva from patients complaining of oral malodor,
China-Japan Medical Conference 2002, Beijing, Nov. 2002.
15.Makoto Fukui, Nozomi Matsuoka, Tuyoshi Akagi, Shin-ichi Tanabe, Kanako Tamatani, Masaaki Yokoyama, Masami Yoshioka, Daisuke Hinode and Ryo Nakamura :
The relationship between tongue plaque and secretary-IgA in saliva from patients with breath odor,
Fifth International Conference on Breath Odor Research, Tokyo, Jul. 2001.
16.Shin-ichi Tanabe, Masaaki Yokoyama, Makoto Fukui, Daisuke Hinode and Ryo Nakamura :
Immunological relationship between periodontopathogenic bacteria and Helicobacter pylori,
Journal of Dental Research, Vol.80, No.Special Issue, 679, Chiba, Mar. 2001.

国内講演発表:

1.吉岡 昌美, 川島 友一郎, 南 明香, 福井 誠, 柳沢 志津子, 白山 靖彦, 日野出 大輔 :
糖尿病患者の食行動と口腔環境との関連性,
第68回日本口腔衛生学会総会, 2019年5月.
2.坂本 治美, 渡辺 美南, 日野出 大輔, 福井 誠, 吉岡 昌美, 藤川 貴代, 喜來 浩子, 四宮 宣尚 :
妊産婦の喫煙習慣と歯科保健行動との関連性,
平成30年度四国公衆衛生研究発表会, 2019年2月.
3.河野 りか, 土井 登紀子, 福井 誠, 松村 佑季, 坂本 治美, 玉谷 香奈子, 吉岡 昌美, 福島 襄, 阿部 昭人, 日野出 大輔 :
児童の肥満と口腔状態および生活習慣の関連性,
第29回近畿・中国・四国口腔衛生学会, 2018年9月.
4.河野 りか, 土井 登紀子, 福井 誠, 松村 佑季, 坂本 治美, 玉谷 香奈子, 吉岡 昌美, 福島 襄, 阿部 昭人 :
児童の肥満と口腔状態および生活習慣の関連性,
第28回近畿・中国・四国口腔衛生学会, 2018年9月.
5.三木 かなめ, 福井 誠, 陳 舒, 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
天然ハーブ・キャッツクロー抽出物の歯周病原菌に対する抗菌効果,
第29回近畿中国四国口腔衛生学会, 2018年9月.
6.高野 栄之, 宮本 由貴, 福井 誠, 玉木 直文, 伊藤 博夫, 東 雅之 :
当院栄養サポートチームにおける歯科医師連携の現況,
四国歯学会第53回例会, 2018年7月.
7.高野 栄之, 小野 信二, 福井 誠, 玉木 直文, 吉岡 昌美, 桃田 幸弘, 伊藤 博夫, 東 雅之 :
徳島大学病院NSTにおける歯科医師連携の現況と課題,
第15回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 2018年4月.
8.福井 誠, 玉木 直文, 福田 功, 伊藤 博夫 :
多項目唾液バイオマーカー検査による歯周組織炎症の評価,
日本歯周病学会60周年記念京都大会, 2017年12月.
9.福井 誠, 陳 舒, 三木 かなめ, 玉木 直文, 福田 功, 伊藤 博夫 :
歯肉炎症の評価における3種の唾液潜血検査の有用性の検討 第28回近畿・中国・四国口腔衛生学会総会 2017年10月1日 広島大学歯学部(広島市),
第28回近畿・中国・四国口腔衛生学会総会, 2017年10月.
10.福井 誠, 陳 舒, 三木 かなめ, 玉木 直文, 福田 功, 玉木 直文 :
歯肉炎症の評価における3種の唾液潜血検査の有用性の検討,
第28回近畿・中国・四国口腔衛生学会・総会, 2017年10月.
11.玉木 直文, オリウエラ カンポス リタ クリスティーナ, 陳 舒, 福井 誠, 伊藤 博夫 :
実験的口腔粘膜炎モデルにおけるレスベラトロールの効果の検討,
第66回日本口腔衛生学会・総会, 2017年5月.
12.楢崎 史也, 松岡 志織, 玉木 直文, 福井 誠, 伊藤 博夫 :
フッ化物洗口の口腔環境に及ぼす効果,
四国歯学会第50回例会, 2017年3月.
13.松尾亮 水野明彦 鈴木雅春 鈴木章一郎 柳田國雄, 玉木 直文, 福井 誠, 伊藤 博夫 :
糖尿病外来患者におおけるHbA1c値の2年間の経過とかかりつけ歯科医の関係,
第51回日本成人病(生活習慣病)学会, 2017年1月.
14.福井 誠, 早渕 純子, 西尾 よしみ, 竹内 早苗, 横山 小百合, 井﨑 ゆみ子, 伊藤 博夫, 前田 健一 :
歯科検診10年の取り組み,
2016年10月.
15.福井 誠, 三木 かなめ, オリウエラ カンポス リタ クリスティーナ, 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
唾液潜血検査の判定を妨害する因子の検索,
第27回近畿・中国・四国口腔衛生学会・総会, 2016年10月.
16.Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki, Makoto Fukui and Hiro-O Ito :
Polyphenols reduce collateral damage in HGFs induced by oxidative stress,
44th Annual Meeting of the Japanese Society for Immunology, Nov. 2015.
17.Makoto Fukui, Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki and Hiro-O Ito :
Influence of infection with Porphyromonas gingivalis on relationship between atherosclerosis and antiphosphorylcholine antibody,
44th Annual Meeting of the Japanese Society for Immunology, Nov. 2015.
18.Makoto Fukui, Kaname Miki, K Kitamura, H Hayashida, K Kawasaki, Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki, T Maeda, T Saito and Hiro-O Ito :
Atherosclerosis-preventive activity of anti-phosphorylcholine antibody may be interfered by infection with Porphyromonas gingivalis : The Nagasaki Islands study,
63rd Annual Meeting of the Japanese Association of Dental Research, Oct. 2015.
19.岡田 寿郎, 福井 隆夫, 藤村 英二, 大月 陽子, 西 雅子, 豊島 健治, 福井 誠, 玉木 直文, 伊藤 博夫, 奥 弘文 :
日本歯科医師会の``生活支援プログラム''による健診事業の参加者の満足度および行動変容への効果,
第26回 近畿・中国・四国 口腔衛生学会総会, 2015年9月.
20.鈴木 雅博, 水野 昭彦, 松尾 亮, 玉木 直文, 福井 誠, 伊藤 博夫 :
糖尿病教育入院患者における歯肉溝液中の炎症関連バイオマーカーの経時的変化,
第26回 近畿・中国・四国 口腔衛生学会総会, 2015年9月.
21.橋本 智惠子, 西窪 美波, 玉木 直文, 福井 誠, 伊藤 博夫 :
キシリトールガム咀嚼による唾液分泌能と唾液細菌叢の変化,
第45回 四国歯学会, 2015年6月.
22.水野 昭彦, 松尾 亮, 鈴木 雅博, 玉木 直文, 福井 誠, 三木 かなめ, 松瀬 亮一, 伊藤 博夫 :
市民検診と糖尿病患者データにおける歯肉溝浸出液バイオマーカーの比較検討,
第64回 口腔衛生学会総会, 2015年5月.
23.玉木 直文, オリウエラ カンポス リタ クリスティーナ, 福井 誠, 三木 かなめ, 伊藤 博夫 :
水素水の抗酸化・抗炎症作用の検討,
第64回 口腔衛生学会総会, 2015年5月.
24.福井 誠, 岡田 寿郎, 三木 かなめ, 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
``標準的な成人歯科健診プログラム・保健指導マニュアル''に基づいた歯科保健事業の効果について,
第64回 口腔衛生学会総会, 2015年5月.
25.松尾 亮, 水野 昭彦, 鈴木 雅博, 玉木 直文, 福井 誠, 三木 かなめ, 伊藤 博夫 :
歯肉溝浸出液バイオマーカーと血液データの比較検討,
第49回日本成人病(生活習慣病)学会, 2015年1月.
26.Makoto Fukui, Kaname Miki, Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki and Hiro-O Ito :
Levels of various cytokines in human saliva from generally healthy individuals.,
62nd Annual Meeting of the Japanese Association for Dental Research, Dec. 2014.
27.福井 隆夫, 小林 弘茂, 渋谷 敦人, 岡田 寿朗, 豊嶋 健, 福井 誠, 玉木 直文, 伊藤 博夫, 奥 弘文 :
日歯生活歯援プログラムに基づく平成25年度成人歯科健診事業実施報告,
第25回 近畿・中国・四国 口腔衛生学会総会, 2014年10月.
28.高尾 健二郎, 新居 麻美子, 福井 誠, 三木 かなめ, オリウエラ カンポス リタ クリスティーナ, 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
歯肉炎症の客観的・定量的診断を目指した市販免疫クロマトグラフィー唾液潜血テストの改良,
第25回 近畿・中国・四国 口腔衛生学会総会, 2014年10月.
29.水野 昭彦, 松尾 亮, 玉木 直文, 福井 誠, 三木 かなめ, 伊藤 博夫 :
歯肉溝浸出液バイオマーカーと血液データの比較,
第25回 近畿・中国・四国 口腔衛生学会総会, 2014年10月.
30.玉木 直文, 水野 昭彦, 松尾 亮, 正木 文浩, 中川 徹, 鈴木 雅博, 青木 良平, 松瀬 亮一, 福井 誠, 伊藤 博夫 :
歯肉溝浸出液中バイオマーカーと腎機能・糖尿病指標との関連,
第7回 日本口腔検査学会総会・学術大会, 2014年9月.
31.Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki, Makoto Fukui, Kaname Miki and Hiro-O Ito :
Effects of three different antioxidants on human gingival fibroblasts exposed to oxidative stress,
2014 Tokushima Bioscience retreat, Sep. 2014.
32.福井 誠, 三木 かなめ, オリウエラ カンポス リタ クリスティーナ, 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
健常者における唾液中サイトカインプロファイルの解析,
第63回 口腔衛生学会総会, 2014年5月.
33.Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki, Makoto Fukui, Kaname Miki and Hiro-O Ito :
Effects of three antioxidant compounds on human gingival fibroblasts under oxidative stress,
第63回 口腔衛生学会総会, May 2014.
34.玉木 直文, オリウエラ カンポス リタ クリスティーナ, 福井 誠, 伊藤 博夫 :
口蓋創傷治癒モデルにおける水素水摂取の効果,
第4回分子状水素医学シンポジウム, 2014年2月.
35.Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki, Makoto Fukui, Kaname Miki and Hiro-O Ito :
Effects of different antioxidants on human gingival fibroblasts under oxidative stress,
第5回心・血管クラスターミニリトリート, Jan. 2014.
36.小林 弘茂, 渋谷 敦人, 福井 隆夫, 岡田 寿朗, 豊嶋 健治, 福井 誠, 玉木 直文, 伊藤 博夫, 奥 弘文 :
日歯プログラムに基づく成人歯科健診における唾液検査および質問紙調査と歯周状態の関連性について,
第24回近畿・中国・四国口腔衛生学会総会, 2013年10月.
37.福井 誠, 三木 かなめ, 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
唾液中サイトカインと口腔健康状態の関連性,
第24回近畿・中国・四国口腔衛生学会総会, 2013年10月.
38.福井 誠, 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
唾液を用いた高齢者の口腔健康状態把握のための基盤的研究,
第56回秋季日本歯周病学会学術大会, 2013年9月.
39.Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki, Makoto Fukui, Kaname Miki and Hiro-O Ito :
Effects of different antioxidants on the biological properties of human gingival fibroblasts response toward ROS,
Tokushima Bioscience retreat, Sep. 2013.
40.宮城 紫, 木村 光孝, 井上 尚兵, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 福井 誠, 伊藤 博夫 :
OPA法を基盤とした新しい口臭検査法の開発,
第11回プロセス化学東四国フォーラムセミナー, 2013年6月.
41.Rita Cristina Orihuela Campos, Naofumi Tamaki, Makoto Fukui, Kaname Miki and Hiro-O Ito :
Real time xCELLigence analysis of antioxidant agents on human gingival fibroblast cells viability,
第62回日本口腔衛生学会総会, May 2013.
42.福井 誠, 三木 かなめ, オリウエラ カンポス リタ クリスティーナ, 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
健常者における唾液中サイトカイン分析,
第62回日本口腔衛生学会・総会, 2013年5月.
43.宮城 紫, 木村 光孝, 井上 尚兵, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 福井 誠, 伊藤 博夫 :
OPA法を基盤とした新しい口臭検査法の開発,
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
44.福井 誠, 玉木 直文, 三木 かなめ, 伊藤 博夫 :
動脈硬化リスク評価のための唾液・血液中の抗ホスホリルコリン抗体の測定,
心血管クラスターリトリート, 2013年1月.
45.SA Mulyatno, Naofumi Tamaki, Makoto Fukui and Hiro-O Ito :
Mucosal adjuvanticity of bacterial lipopolysaccharide in compared with cholera toxin,
Proceedings of the Japanese Society for Immunology, Dec. 2012.
46.岡田 寿朗, 小林 宏茂, 福井 隆夫, 渋谷 敦人, 武部 裕光, 豊嶋 健治, 福井 誠, 伊藤 博夫, 奥 弘文 :
平成22年度に香川県内で実施された成人歯科健診モデル事業実施報告,
第22回日本歯科医学会総会, 2012年11月.
47.宮城 紫, 木村 光孝, 井上 尚兵, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 福井 誠, 伊藤 博夫 :
オルトフタルアルデヒド法を基盤とした新規メチルメルカプタン蛍光標識法,
第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
48.天羽 崇, 日野出 大輔, 平島 美穂, 吉岡 昌美, 横山 正明, 玉谷 香奈子, 福井 誠, 伊藤 博夫, 片岡 宏介 :
舌苔中の歯周病関連細菌と口臭との関連性,
第23回近畿中国四国口腔衛生学会総会, 2012年10月.
49.福井 誠, 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
成人歯科健診事業における唾液検査と歯周所見の一致性について,
第23回近畿中国四国口腔衛生学会総会, 2012年10月.
50.福井 誠, 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
平成23年度に香川県内で実施した「成人歯科健診モデル事業」における保健行動目標の達成状況について,
第23回近畿中国四国口腔衛生学会総会, 2012年10月.
51.福井 誠, 三木 かなめ, 玉木 直文, 伊藤 博夫 :
動脈硬化リスク評価のための唾液・血液中の抗ホスホリルコリン抗体の測定,
第5回日本口腔検査学会総会・学術大会, 2012年8月.
52.SA Mulyatno, Kosuke Kataoka, Makoto Fukui, Kaname Miki, RC Orihuela-Campos and Hiro-O Ito :
Modulation of Mucosal Immune Response by Bacterial Lipopolysaccharide in Nasal Vaccination Model,
第61回日本口腔衛生学会・総会, May 2012.
53.福井 誠, SA Mulyatno, 後藤 優樹, 三木 かなめ, RC Orihuela-Campos, 片岡 宏介, 林田 秀明, 北村 雅保, 川崎 浩二, 関田 孝晴, 中里 未央, 前田 隆浩, 齋藤 俊行, 伊藤 博夫 :
ヒト唾液中および血中の抗ホスホリルコリン抗体と動脈硬化リスクとの関連性-第二報-,
第61回日本口腔衛生学会・総会, 2012年5月.
54.福井 誠, ムルヤトノ サプタ, バータルジャフ ツェルメグ, 後藤 優樹, 片岡 宏介, 林田 秀明, 川崎 浩二, 前田 隆浩, 中里 未央, 齋藤 俊行, 伊藤 博夫 :
ヒト唾液中および血中の抗ホスホリルコリン抗体と動脈硬化リスクとの関連性:五島研究,
2011年10月.
55.ムルヤトノ サプタ, 片岡 宏介, 関根 伸一, バータルジャブ ツェルメグ, 福井 誠, 金川 裕子, 後藤 優樹, 伊藤 博夫 :
経鼻粘膜アジュバントCpG ODNはマクロファージのTLR9発現と歯周病細菌抗原特異的Th1免疫応答を誘導する,
2011年10月.
56.渋谷 敦人, 小林 弘茂, 福井 隆夫, 岡田 寿朗, 豊嶋 健治, 福井 誠, 片岡 宏介, 伊藤 博夫, 奥 弘文 :
平成22年度に香川県内で実施された成人歯科健診モデル事業実施報告,
2011年10月.
57.武川 香織, 真杉 幸江, 十川 悠香, 坂本 治美, 福井 誠, 片岡 宏介, 吉岡 昌美, 日野出 大輔 :
妊婦歯科健康診査受診者の妊娠中の歯周状態と出産の状況について,
第22回 近畿・中国・四国口腔衛生学会総会 抄録集, 19, 2011年10月.
58.T. Baatarjav, Kosuke Kataoka, S. Mulyatno, Makoto Fukui, H. Kanagawa and Hiro-O Ito :
Nasal Flt3L gene results in mucosal immune responses to PC through induction of B-1 B cells.,
第59回口腔衛生学会総会, Oct. 2010.
59.片岡 宏介, 関根 伸一, バータルジャフ ツェルメグ, ムルヤトノ サプタ, 福井 誠, 金川 裕子, 伊藤 博夫 :
遺伝子改変植物による歯周病原菌定着阻害能を有するヒト唾液タンパク質スタセリンペプチドの発現,
第59回口腔衛生学会総会, 2010年10月.
60.福井 誠, ムルヤトノ サプタ, バータルジャフ ツェルメグ, 片岡 宏介, 林田 秀明, 川崎 浩二, 斎藤 俊行, 伊藤 博夫 :
ヒト血中および唾液中の抗ホスホリルコリン抗体の存在実態,
第59回口腔衛生学会総会, 2010年10月.
61.片岡 宏介, 関根 伸一, 福井 誠, 横山 正明, 伊藤 博夫 :
粘膜アジュバントCpG オリゴヌクレオチドによるPorphyromonas gingivalis 線毛抗原特異的抗体応答の誘導,
第53回日本歯周病学会秋季学術大会, 2010年9月.
62.片岡 宏介, 福井 誠, 金川 裕子, 伊藤 博夫 :
ヒト唾液タンパク質由来ペプチドの歯周病菌定着阻害効果,
第21回近畿・中国・四国口腔衛生学会総会, 2010年6月.
63.福井 誠, サプタ ムルヤトノ, バータルジャフ ツェルメグ, 片岡 宏介, 伊藤 博夫 :
ヒトの唾液中および血中に存在する抗ホスホリルコリン抗体の検出,
第21回近畿・中国・四国口腔衛生学会総会, 2010年6月.
64.三崎 昌和, 渋谷 敦人, 岡田 寿朗, 阿部 直樹, 豊嶋 健治, 福井 誠, 片岡 宏介, 伊藤 博夫, 奥 弘文 :
平成21年度に香川県内で実施された成人歯科健診モデル事業実施報告,
第21回近畿・中国・四国口腔衛生学会総会, 2010年6月.
65.片岡 宏介, 中垣 晴男, 関根 伸一, 福井 誠, 伊藤 博夫, 雫石 聰 :
Fusobacterium nucleatum表層タンパク質FomAと唾液高チロシンタンパク質スタセリンペプチドとの相互作用,
第53回日本歯周病学会春季学術大会, 2010年5月.
66.Kosuke Kataoka, Hiro-O Ito, Makoto Fukui, Baatarjav Tselmeg and 藤橋 浩太郎 :
Induction of PC-specific T15 idiotype Ab in mucosal secretion by Flt3 ligand plasmid as a mucosal adjuvant,
日本免疫学会総会学術集会記録, Vol.39, 193, Dec. 2009.
67.十川 悠香, 横山 正明, 真杉 幸江, 坂本 治美, 福井 誠, 横山 希実, 玉谷 香奈子, 吉岡 昌美, 日野出 大輔 :
徳島大学病院における妊婦の口腔保健の現状と今後の課題,
口腔衛生学会雑誌, Vol.59, No.4, 493, 2009年10月.
68.バータルジャフ ツェルメグ, ムルヤトノ サプタ, 金川 裕子, 片岡 宏介, 伊藤 博夫, 福井 誠 :
唾液タンパク質由来ペプチド複合体による歯周病菌定着阻害能の検討,
第59回日本口腔衛生学会総会(岐阜市,長良川国際会議場) 口腔衛生学会雑誌, Vol.59, No.4, 349, 2009年10月.
69.岡田 寿朗, 三崎 昌和, 佐々木 浩司, 武部 裕光, 山下 喜世弘, 福井 誠, 伊藤 博夫, 奥 弘文 :
香川県内で実施された歯科保健指導モデル事業報告,
第20回日本口腔衛生学会近畿·中国·四国地方会 (広島国際会議場), 2009年6月.
70.福井 誠, 伊藤 博夫 :
フゾバクテリウム反応性唾液sIgA抗体と舌苔との関連性,
第20回日本口腔衛生学会近畿·中国·四国地方会 (広島国際会議場), 2009年6月.
71.福井 誠, 日野出 大輔, 横山 正明, バータルジャフ ツェルメグ, 片岡 宏介, 伊藤 博夫 :
フゾバクテリウム反応性唾液sIgA抗体と舌苔との関連性,
口腔衛生学会雑誌, Vol.59, No.5, 606-607, 2009年6月.
72.万井 正章, 宇野 賀津子, 福井 誠, 伊藤 博夫 :
唾液中サイトカイン測定の健康診査への応用に関する研究,
第74回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会(京都大学芝蘭会館), 2009年6月.
73.伊藤 博夫, B. ツェルメグ, 片岡 宏介, 福井 誠 :
肺炎球菌抗原とDNAアジュバント経鼻投与による粘膜免疫応答の解析,
第20回日本口腔衛生学会近畿·中国·四国地方会 (広島国際会議場), 2009年6月.
74.吉岡 昌美, 横山 正明, 福井 誠, 阿部 洋子, 藤井 裕美, 廣瀬 薫, 星野 由美, 松本 尚子, 木田 菊恵 :
徳島大学病院ICUにおける専門的口腔ケアの取り組み,
口腔衛生学会雑誌, Vol.58, No.5, 558, 2008年10月.
75.岡田 寿朗, 三崎 昌和, 佐々木 浩司, 武部 裕光, 山下 喜世弘, 横山 正明, 福井 誠, 伊藤 博夫, 奥 弘文 :
香川県内で実施された成人歯科健診モデル事業報告,
日本歯科医師会雑誌, Vol.61, No.5, 555, 2008年8月.
76.日野出 大輔, 横山 正明, 福井 誠, 吉岡 昌美 :
口臭外来受診患者の喫煙状況と口臭に対する喫煙経験の影響,
第2回日本禁煙科学会学術総会, 2007年12月.
77.横山 正明, 福井 誠, 本那 智昭, 髙松 夏子, 増田 かなめ, 伊藤 博夫 :
口腔清潔度の指標としての唾液中総細菌数, --- リアルタイムPCR法によるハイスループット測定 ---,
口腔衛生学会雑誌, Vol.57, No.5, 692, 2007年10月.
78.岡田 寿朗, 三崎 昌和, 佐々木 浩司, 亀井 稔之, 武部 裕光, 山下 喜世弘, 横山 正明, 福井 誠, 伊藤 博夫, 奥 弘文 :
香川県内で実施された成人歯科健診モデル事業報告,
口腔衛生学会雑誌, Vol.57, No.5, 689, 2007年10月.
79.十川 悠香, 坂本 治美, 横山 正明, 福井 誠, 横山 希実, 玉谷 香奈子, 佐野 寿代, 吉岡 昌美, 日野出 大輔 :
徳島大学病院における妊婦の口腔保健向上のための取り組み,
口腔衛生学会雑誌, Vol.57, No.5, 689, 2007年10月.
80.吉岡 昌美, 藤井 裕美, 十川 悠香, 坂本 治美, 廣瀬 薫, 福井 誠, 横山 正明, 日野出 大輔 :
急性期病院の脳神経外科/神経内科病棟および脳卒中センターにおける専門的口腔ケアのニーズ,
口腔衛生学会雑誌, Vol.57, No.4, 569, 2007年8月.
81.福井 誠, 日野出 大輔, 横山 正明, 吉岡 昌美, 伊藤 博夫 :
口臭患者における唾液ストレスマーカーの評価,
口腔衛生学会雑誌, Vol.57, No.4, 482, 2007年8月.
82.髙松 夏子, 増田 かなめ, 福井 誠, 横山 正明, 吉岡 昌美, 伊藤 博夫 :
歯根面う蝕のリスクファクター調査,
口腔衛生学会雑誌, Vol.57, No.4, 423, 2007年8月.
83.横山 正明, 日野出 大輔, 福井 誠, 吉岡 昌美, 伊藤 博夫 :
歯周病原細菌Campylobacter rectusと妊娠期の歯周状態との関連性,
日本歯周病学会会誌, Vol.49, 176, 2007年8月.
84.Masaaki Yokoyama, Daisuke Hinode, Makoto Fukui, Masami Yoshioka and Hiro-O Ito :
Relationship between Campylobacter rectus and periodontal status during pregnancy,
「魅力ある大学院教育」イニシアティブ・第1回国際シンポジウム, Mar. 2007.
85.藤井 裕美, 廣瀬 薫, 坂本 治美, 十川 悠香, 佐藤 晶子, 福井 誠, 横山 正明, 吉岡 昌美, 日野出 大輔 :
徳島大学病院栄養サポートチームにおける専門的口腔ケアの取り組み 第2報,
口腔衛生学会雑誌, Vol.56, No.5, 723-724, 2006年10月.
86.吉岡 昌美, 本那 智昭, 福井 誠, 横山 正明, 田部 慎一, 増田 かなめ, 日野出 大輔, 伊藤 博夫 :
学校歯科健診における歯肉炎の評価についての考察,
口腔衛生学会雑誌, Vol.56, No.5, 723, 2006年10月.
87.横山 正明, 日野出 大輔, 福井 誠, 田部 慎一, 吉岡 昌美, 伊藤 博夫 :
妊婦における歯周疾患と唾液中の女性ホルモンおよび血管内皮増殖因子(VEGF)の関連性,
口腔衛生学会雑誌, Vol.56, No.4, 593, 2006年8月.
88.田部 慎一, 横山 正明, 福井 誠, 本那 智昭, 玉谷 香奈子, 横山 希実, 吉岡 昌美, 森 達哉, 日野出 大輔 :
口腔ケア活動による介護老人福祉施設職員の意識・行動の変化,
口腔衛生学会雑誌, Vol.55, No.5, 630, 2005年10月.
89.福井 誠, 吉岡 昌美, 本那 智昭, 横山 正明, 田部 慎一, 玉谷 香奈子, 横山 希実, 増田 かなめ, 日野出 大輔, 中村 亮 :
フッ化物洗口実施校におけるう蝕予防効果─歯群別分析および乳歯う蝕と永久歯う蝕の関連性についての分析─,
口腔衛生学会雑誌, Vol.55, No.4, 423, 2005年8月.
90.田部 慎一, 横山 正明, 福井 誠, 吉岡 昌美, 日野出 大輔 :
要介護高齢者口腔ケア実習に対する歯学部学生の意識調査,
第24回日本歯科医学教育学会総会・学術大会, 2005年7月.
91.福井 誠, 増田 かなめ, 玉谷 香奈子, 本那 智昭, 日野出 大輔 :
Relationship between periodontal conditions and sIgA directed to microbial GroEL.,
Journal of Dental Research, 2004年11月.
92.吉岡 昌美, 本那 智昭, 福井 誠, 横山 正明, 田部 慎一, 玉谷 香奈子, 日野出 大輔 :
徳島県K村における児童生徒のう蝕罹患状況─10年間のフッ化物洗口の効果と今後の課題─,
口腔衛生学会雑誌, Vol.54, No.5, 589, 2004年10月.
93.日野出 大輔, 福井 誠, 田部 慎一, 本那 智昭, 増田 かなめ, 吉岡 昌美 :
歯周病原性細菌 Actinobacillus actinomycetemcomitans 由来 GroELとヒトファイブロネクチンの分子相同性,
口腔衛生学会雑誌, Vol.54, No.4, 451, 2004年9月.
94.Masami Yoshioka, Daniel Grenier, Denis Mayrand, Masaaki Yokoyama, Makoto Fukui, Kanako Tamatani and Daisuke Hinode :
Lipopolysaccharides bound to Peptostreptococcus micros induce TNF-α production by U937,
51st Annual Meeting of the Japanese Association for Dental Research, Dec. 2003.
95.横山 正明, 本那 智昭, 玉谷 香奈子, 田部 慎一, 横山 希実, 福井 誠, 吉岡 昌美, 日野出 大輔, 中村 亮 :
定期的口腔健康管理を受けている者の現在歯数の変化について,
口腔衛生学会雑誌, Vol.53, No.5, 618, 2003年10月.
96.吉岡 昌美, 横山 希実, 横山 正明, 福井 誠, 日野出 大輔 :
Peptostreptococcus micros によるヒトモノサイトのサイトカイン誘導,
口腔衛生学会雑誌, Vol.53, No.4, 618, 2003年9月.
97.福井 誠, 赤木 毅, 横山 希実, 吉岡 昌美, 玉谷 香奈子, 嶋田 順子, 日野出 大輔, 中村 亮 :
口臭患者における舌苔と唾液中分泌型IgAレベルとの関連性,
口腔衛生学会雑誌, Vol.52, No.5, 723, 2002年10月.
98.田部 慎一, 横山 正明, 福井 誠, 本那 智昭, 日野出 大輔, 中村 亮 :
介護老人福祉施設利用者の口腔内状態について,
口腔衛生学会雑誌, Vol.52, No.5, 725-726, 2002年10月.
99.福井 誠, 横山 正明, 田部 慎一, 日野出 大輔, 中村 亮 :
熱ショックタンパク質に対する唾液分泌型IgA抗体と歯周病との関連性,
口腔衛生学会雑誌, Vol.52, No.4, 548-549, 2002年8月.
100.横山 正明, 田部 慎一, 福井 誠, 嶋田 順子, 玉谷 香奈子, 日野出 大輔, 中村 亮 :
骨結合型インプラント治療に対する喫煙の影響, --- -文献的考察から- ---,
口腔衛生学会雑誌, Vol.51, No.4, 857, 2001年10月.
101.横山 希実, 吉岡 昌美, 田部 慎一, 赤木 毅, 福井 誠, 日野出 大輔, 中村 亮 :
ヒト歯肉細胞由来マトリックスメタロプロテアーゼに対する阻害剤の影響,
口腔衛生学会雑誌, Vol.51, No.4, 554-555, 2001年9月.
102.増田 かなめ, 吉岡 昌美, 福井 誠, 赤木 毅, 玉谷 香奈子 :
Localization of Arginine Carboxypeptidase in Porphyromonas gingivalis,
Journal of Dental Research, 2000年12月.
103.赤木 毅, 日野出 大輔, 増田 かなめ, 田部 慎一, 福井 誠, 吉岡 昌美, 中村 亮 :
Campylobacter rectus とHelicobacter pylori の共通抗原,
口腔衛生学会雑誌, Vol.50, No.4, 592-593, 2000年9月.

その他・研究会:

1.福井 誠, 早渕 純子, 西尾 よしみ, 武内 早苗, 横山 小百合, 井﨑 ゆみ子, 伊藤 博夫, 前田 健一 :
歯科検診10年の取り組み,
全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集, 51, 2016年9月.

特許:

1.里村 一人, 中西 宏彰, 吉岡 昌美, 福井 誠, 横田 利夫, 松本 正志 : 歯周病用光治療器, 特願2006-026905 (2006年2月), 特許第4707063号 (2011年3月).

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • オーラルフレイル対策を包含したコモンリスクファクターアプローチによる介護予防戦略 (研究課題/領域番号: 19K10445 )
  • がん化学療法患者の有害事象に関連する口腔環境因子・口腔細菌の解析 (研究課題/領域番号: 19K10432 )
  • 健康格差の解消を目指した妊産婦歯科保健サービスの構築 (研究課題/領域番号: 18K09881 )
  • 天然ハーブ・キャッツクローの抗酸化作用と歯周病予防に関する基礎的研究 (研究課題/領域番号: 16K11859 )
  • 唾液を用いた歯周組織の炎症状態の客観的診断法の開発 (研究課題/領域番号: 26463164 )
  • 生体反応の化学的測定に基づく客観的な新規歯周病診断システムの開発 (研究課題/領域番号: 26293442 )
  • ヒト唾液中に含まれるサイトカインの正常範囲の決定 (研究課題/領域番号: 23593091 )
  • 新規ハイスループット口臭検査法の開発を目指した基礎的研究 (研究課題/領域番号: 22592336 )
  • フゾバクテリウムの揮発性硫化物産生における共凝集による影響 (研究課題/領域番号: 21792153 )
  • フゾバクテリウム特異的な唾液sIgA抗体が舌苔の成熟に及ぼす影響 (研究課題/領域番号: 19791636 )
  • 生理的口臭に関与する唾液中アミノ酸の解析と口臭抑制成分の検索 (研究課題/領域番号: 19592407 )
  • 胸腺非依存性抗原特異的唾液IgA抗体誘導のための自然免疫賦活化メカニズムの解明 (研究課題/領域番号: 19592403 )
  • 青色レーザーの歯周病原菌増殖抑制効果を利用した新規歯周病治療法の開発 (研究課題/領域番号: 17659662 )
  • 高齢者の口腔保健向上のための大豆ペプチド利用に関する研究 (研究課題/領域番号: 17592182 )
  • 熱ショック蛋白質抗体価の測定による歯周病の病態予測 (研究課題/領域番号: 12557184 )
  • 研究者番号(50325289)による検索