検索:
徳島大学 > 大学院社会産業理工学研究部 > 社会総合科学域 > 国際教養系 > 日本・アジア分野 >
徳島大学 > 総合科学部 > 社会総合科学科 > 国際教養コース >
徳島大学 > 教職教育センター >
徳島大学 > 総合科学部 > 人間文化学科 > 国際教養コース >
徳島大学 > 創成科学研究科 > 地域創成専攻 >
徳島大学 > 総合科学教育部 > 地域科学専攻 > 地域創生分野 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

中国史 (Chinese History)

研究テーマ

中国近現代史

著書・論文

著書:

1. 荒武 達朗 :
近代満洲の開発と移民, --- 渤海を渡った人びと ---,
汲古書院, 東京, 2008年12月.

学術論文(審査論文):

1. 荒武 達朗 :
"闘争の果実"と農村経済 : 1945-47年山東省南東部,
中国研究月報 = Monthly journal of Chinese affairs, Vol.71, No.10, 1-16, 2017年.
(CiNii: 40021363191)
2. 荒武 達朗 :
1850-1940年山東省南部地域社会の地主と農民,
名古屋大学東洋史研究報告, No.30, 2006年.
3. 荒武 達朗 :
1920-30年代北満州を中心とする労働力移動の変容,
歴史学研究, No.810, 2006年.
4. 荒武 達朗 :
1870∼90年代北満州における辺境貿易と漢民族の移住,
アジア経済, Vol.46, No.8, 2005年.
5. 荒武 達朗 :
抗日戦争期中国共産党による地域支配の浸透,
名古屋大学東洋史研究報告, No.25, 2001年.
6. 荒武 達朗 :
十八∼二〇世紀中国山東省における農家経営·農村経済と移住現象,
課程博士学位請求論文, 1999年.
7. 荒武 達朗 :
清代乾隆年間における山東省登州府·東北地方間の人の移動と血縁組織,
史学雑誌, Vol.108, No.2, 1999年.
8. 荒武 達朗 :
1940年代山東省南部抗日根拠地の土地改革と農村経済,
アジア経済, Vol.38, No.11, 1998年.
9. 荒武 達朗 :
清朝後期東北地方における移住民の定住と展開,
東方學, No.96, 1998年.
10. 荒武 達朗 :
清末民国期山東省における農家経営と労働力移動,
名古屋大学東洋史研究報告, No.22, 1998年.

学術論文(紀要・その他):

1. 荒武 達朗 :
19世紀初頭満洲地域社会の変容 : 高麗溝事件に見る満洲の陸と海,
徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.26, 19-45, 2018年.
(徳島大学機関リポジトリ: 112893,   CiNii: 120006547012)
2. 荒武 達朗 :
戦火の土地改革 : 1945-48年山東省濱海区地域社会の変動,
徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.25, 27-67, 2017年.
(徳島大学機関リポジトリ: 110967,   CiNii: 120006368696)
3. 荒武 達朗 :
明治末年徳島県における台湾移民の送出 ──北海道,朝鮮そして台湾──,
文明21, No.38, 31-47, 2017年.
(徳島大学機関リポジトリ: 113897,   CiNii: 120006240939)
4. 荒武 達朗 :
嘉慶年間中国本土の郷村役 : 南満洲地域との比較,
徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.24, 25-74, 2016年.
(徳島大学機関リポジトリ: 110007,   CiNii: 120005960929)
5. 荒武 達朗 :
1938年黄河決潰事件と『新黄河流域図』,
徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.24, 75-92, 2016年.
(徳島大学機関リポジトリ: 110008,   CiNii: 120005960930)
6. 荒武 達朗 :
再訪磨盤街 : 1953年出版「南京市五百分一房地産平面図」の現場を歩く,
近代東アジア土地調査事業研究ニューズレター, Vol.7, 102-110, 2016年.
(CiNii: 120005998676)
7. 荒武 達朗 :
日本人旅行者の見た南京市街 : 清末∼1920年代,
近代東アジア土地調査事業研究ニューズレター, Vol.7, 45-85, 2016年.
(CiNii: 120005998682)
8. 荒武 達朗 :
嘉慶年間南満洲の郷村役 : 近代前夜の地域社会と郷村統治,
徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.23, 31-71, 2015年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109566,   CiNii: 120005695108)
9. 荒武 達朗 :
1930年代南京の都市不動産登記文書と現在の秦淮区磨盤街社区 : われわれのフィールドについて,
近代東アジア土地調査事業研究ニューズレター, Vol.6, 23-52, 2015年.
(CiNii: 120005998693)
10. 荒武 達朗 :
東亜同文書院生の見た満洲の「娘子軍」,
News letter, No.26, 69-81, 2014年.
(CiNii: 40020296866)
11. 荒武 達朗 :
満鉄上海事務所調査室の南京不動産慣行調査,
近代東アジア土地調査事業研究ニューズレター, Vol.5, 3-34, 2014年.
(CiNii: 120005998687)
12. 荒武 達朗 :
Book Review 民衆の心性という角度から読み解く中共革命 : 丸田孝志著 革命の儀礼 : 中国共産党根拠地の政治動員と民俗,
東方, No.395, 22-26, 2014年.
(CiNii: 40019924576)
13. 荒武 達朗 :
嘉慶年間南満州地域の郷村統治に関する史料,
徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.22, 111-148, 2014年.
(徳島大学機関リポジトリ: 106375,   CiNii: 110009889926)
14. 荒武 達朗 :
書評 笹川裕史『中華人民共和国誕生の社会史』,
史学研究, No.276, 73-82, 2012年.
(CiNii: 40019434292)
15. 荒武 達朗 :
将来につなげる初修外国語教育 : "学びなおし"の基礎形成,
外国語教育ジャーナル, Vol.2012, 28-31, 2012年.
(徳島大学機関リポジトリ: 103303,   CiNii: 110009465177)
16. 荒武 達朗 :
『琿春副都統衙門檔案』より見た18世紀後半の琿春地方の流民,
News letter, Vol.0, No.23, 1-16, 2011年.
(CiNii: 40019172382)
17. 荒武 達朗 :
内地農民と台湾東部移民村 : 『台湾総督府文書』の分析を中心に,
徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.18, No.0, 1-56, 2010年.
(徳島大学機関リポジトリ: 78581,   CiNii: 110007975784)
18. 荒武 達朗 :
: ( ) ( ) ( ),
徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.17, 17-63, 2009年.
19. 荒武 達朗 :
日本統治時代台湾東部への移民と送出地,
徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.14, 2007年.
(徳島大学機関リポジトリ: 54455)
20. 荒武 達朗 :
1944-45年山東省南部抗日根拠地における中国共産党と地主,
徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.13, 2006年.
(徳島大学機関リポジトリ: 50036)
21. 荒武 達朗 :
清朝中期以降中国人満洲移民出身地の分布,
徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.12, 2005年.
(徳島大学機関リポジトリ: 45294)
22. 荒武 達朗 :
清末民国期莒州大店鎮の荘氏と地域社会,
徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.9, 79-102, 2002年.
(徳島大学機関リポジトリ: 32905)

学術レター:

1. 荒武 達朗 :
漢民族の満洲移民 (世界史の研究(255)) -- (研究フォーラム 近代における移民),
歴史と地理, No.714, 54-57, 2018年.
(CiNii: 40021595878)

総説・解説:

1. 荒武 達朗 :
書評 山本真著『近現代中国における社会と国家 : 福建省での革命,行政の制度化,戦時動員』,
中国研究月報 = Monthly journal of Chinese affairs, Vol.71, No.9, 28-31, 2017年9月.
(CiNii: 40021341514)
2. 荒武 達朗 :
書評 明清時代遼東・遼西地方の歴史地理学的研究 : 黄普基『明清時期遼寧,冀東地区歴史地理研究 : 以《燕行録》資料為中心』の紹介,
News letter, No.27, 73-79, 2015年12月.
(CiNii: 40020717620)
3. 荒武 達朗 :
書評 夏井春喜著『中華民国期江南地主制研究』,
社会経済史学, Vol.81, No.3, 461-463, 2015年.
(CiNii: 40020677673)
4. 荒武 達朗 :
中国 近代 (2009年の歴史学界--回顧と展望) -- (東アジア),
史学雑誌, Vol.119, No.5, 825-832, 2010年5月.
(CiNii: 40017127574)
5. 荒武 達朗 :
翻訳と紹介:單維廉(シュラーマイエル)著『ドイツ領膠州湾(青島)の地政資料』(二),
徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.16, 2009年3月.
6. 荒武 達朗 :
翻訳と紹介:單維廉(シュラーマイエル)著『ドイツ領膠州湾(青島)の地政資料』(一),
徳島大学総合科学部人間社会文化研究, Vol.15, 2008年3月.
7. 荒武 達朗 :
巫仁恕著『品味奢華』(台湾:聯経出版,2007年),
東方, No.21, 2007年12月.
8. 荒武 達朗 :
山田賢著『移住民の秩序:清代四川地域社会史研究』(名古屋大学出版会,1995年),
名古屋大学東洋史研究報告, No.21, 1997年3月.

国際会議:

1. 荒武 達朗 :
嘉義「灣生」的口述歷史 コメンテーター,
嘉義研究国際シンポジウム, 嘉義, 2017年10月.

国内講演発表:

1. 荒武 達朗 :
近代山東半島の満洲移民と渤海:人びとの認識する海域世界,
科研費特定領域研究 「東アジアの海域交流と日本伝統文化の形成―寧波を焦点とする学際的創生―」 特別企画:にんぷろワークショップ2007, 2007年7月.
2. 荒武 達朗 :
1900-1920年代山東半島における満洲移民と農村経済,
北海道大学スラブ研究センター COE「近代東北アジアにおける国際秩序と地域的特性の形成」, 2007年3月.
3. 荒武 達朗 :
近代東北における``登州府人意識''の形成:偽りの出身地,
大阪市立大学 COE「国際研究集会 「文化資源としての宗族―中国の系譜と伝説」, 2006年7月.
4. 荒武 達朗 :
台湾東部に於ける官営移民の展開と移民村の形成,
科研費特定領域研究 「東アジア海域における黒潮圏交流の総合的研究」 第3回研究会, 2005年12月.
5. 荒武 達朗 :
19世紀後半-20世紀初頭北満洲をめぐる漢民族移住の進展とその変容,
北海道大学スラブ研究センター COE「ロシアの中のアジア/アジアの中のロシア」, 2005年10月.
6. 荒武 達朗 :
1850-1950年華北地域社会の地主と農民:山東省南部莒南県の荘氏,
明清史夏合宿, 2003年8月.
7. 荒武 達朗 :
19c末∼20c初露領アムール州の中国人,
四国東洋学研究者会議, 2000年10月.
8. 荒武 達朗 :
清中期以降,山東省登州府·東北地方間の人の移動と血縁組織,
史学会第95回大会東洋史部会, 1997年11月.
9. 荒武 達朗 :
1940∼60年代山東省南部抗日解放区の土地改革と農村経済,
名古屋歴史科学研究会定例会, 1997年9月.

その他・研究会:

1. 荒武 達朗 :
乾嘉年間封禁政策下的東北移民,
2003年9月.

報告書:

1. 植野 美彦, 澤田 麻衣子, 荒武 達朗, 橋本 一郎, 二川 健, 安井 敏之, 浜田 賢一, 白山 靖彦, 山田 健一, 北條 昌秀, 音井 威重, 古屋 S. 玲, 関 陽介 :
平成29年度 徳島大学 総合教育センターアドミッション部門 報告書,
平成29年度 徳島大学 総合教育センターアドミッション部門 報告書, 2018年3月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 華北宗族の解体と台湾分支形成そして再融合:20世紀後半僑郷山東を巡るネットワーク (研究課題/領域番号: 20K01000 )
  • 内戦期華北地域社会における中国共産党の支配権確立過程:伝統社会からの転換 (研究課題/領域番号: 16K03088 )
  • 清朝中期満洲地域社会の研究:旗人・民人間の社会関係 (研究課題/領域番号: 23520866 )
  • 中国における土地領有の慣習的構造と土地制度近代化の試み (研究課題/領域番号: 23242043 )
  • 1930年代広東省土地調査冊の整理・分析と活用 (研究課題/領域番号: 17251006 )
  • 東アジア海域における黒潮圏交流の総合的研究 (研究課題/領域番号: 17083021 )
  • 抗日根拠地における“階級対立"と共産党支配確立の再検討:山東省〓南県大店鎮 (研究課題/領域番号: 14710253 )
  • 研究者番号(60314829)による検索