検索:
徳島大学 > 大学院社会産業理工学研究部 > 社会総合科学域 > 人間科学系 > スポーツ健康分野 >
徳島大学 > 総合科学部 > 社会総合科学科 > 心身健康コース >
徳島大学 > 総合科学部 > 人間文化学科 > 心理・健康コース >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1803004 生活習慣病・介護予防のための生体機能アシストシステムの開発 >
徳島大学 > 創成科学研究科 > 地域創成専攻 >
徳島大学 > 総合科学教育部 > 地域科学専攻 > 地域創生分野 >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

運動生理学 (Exercise Physiology)
医用生体工学 (Biomedical Engineering)

研究テーマ

身体活動時の酸素消費·供給メカニズムの解明, ヒト組織の酸素動態の特性, 高齢者向けの運動プログラムの開発 (酸素消費 (oxygen consumption), 酸素供給 (oxygen supply), 酸素動態 (oxygenation))
近赤外光を利用した生体代謝測定装置の開発, 乳がん検診システムの開発 (近赤外分光法 (near infrared spectroscopy), 代謝 (metabolism), 癌 (cancer))

著書・論文

著書:

1. 宮村 実晴, 三浦 哉 :
ニュー運動生理学Ⅱ,動脈血管,
真興交易株式会社 医書出版部, 東京, 2015年1月.
2. Jue Thomas, Kazumi Masuda and Hajime Miura :
Application of Near Infrared Spectroscopy in Biomedicine, --- Clinical Application of NIRS ---,
Springer, USA, Mar. 2013.
3. 北川 薫, 三浦 哉 :
健康・スポーツ科学テキストトレーニング科学, --- Ⅱ.体力とトレーニング 3.神経系機能 C. バランス ---,
文光堂, 2011年11月.
4. 宮村 実晴, 三浦 哉 :
運動と呼吸, --- 酸素供給の不均一性 ---,
真興交易株式会社 医書出版部, 東京, 2004年1月.
5. 福永 哲夫, 三浦 哉 :
筋の科学辞典-構造·機能·運動-, --- 筋の代謝を測る-近赤外分光法- ---,
朝倉書店, 東京, 2002年11月.
6. 加賀谷 淳子, 三浦 哉 :
運動と循環 研究の現状と課題, --- 酸素供給および消費の不均一性 ---,
NAP, 東京, 2001年10月.

学術論文(審査論文):

1. 石川 みづき, 三浦 哉, 東 亜弥子, 田村 靖明, 松本 明彦 :
一過性の上肢の有酸素性運動と骨格筋電気刺激の併用が血管内皮機能に及ぼす影響,
理学療法学, Vol.4, No.1, 27-34, 2020年.
(徳島大学機関リポジトリ: 115225,   DOI: 10.15063/rigaku.11646,   CiNii: 130007800615)
2. 田村 靖明, 三浦 哉, 出口 憲市, 橋本 裕司, 東 亜弥子, 石川 みづき :
持続的運動と比較して仕事量を減少させたレペティション運動が血管内皮機能に及ぼす影響,
体力科学, Vol.68, No.3, 199-206, 2019年.
(徳島大学機関リポジトリ: 115222,   DOI: 10.7600/jspfsm.68.199,   CiNii: 130007650925,   Elsevier: Scopus)
3. 石川 みづき, 三浦 哉, 東 亜弥子, 出口 憲市, 田村 靖明 :
一過性の上肢の有酸素性運動と骨格筋電気刺激の併用が動脈スティフネスに及ぼす影響,
体力科学, Vol.68, No.3, 186-190, 2019年.
(徳島大学機関リポジトリ: 115220,   DOI: 10.7600/jspfsm.68.183,   CiNii: 130007650927,   Elsevier: Scopus)
4. 東 亜弥子, 三浦 哉, 石川 みづき :
ビタミンCが一過性の受動喫煙時の動脈機能に及ぼす影響,
体力科学, Vol.68, No.2, 153-157, 2019年.
(徳島大学機関リポジトリ: 115223,   DOI: 10.7600/jspfsm.68.153,   CiNii: 130007615074)
5. 石川 みづき, 三浦 哉, 東 亜弥子, 田村 靖明, 豊田 真実, 島谷 真弥 :
長時間座位行動時の休憩時に行う運動頻度の違いが血管内皮機能に及ぼす影響,
保健の科学, Vol.618, No.4, 281-285, 2019年.
(CiNii: 40021885039)
6. 田村 靖明, 三浦 哉, 出口 憲市 :
総仕事量を減少させた一過性のレペティション運動が血管内皮機能に及ぼす影響,
全国自治体協議会雑誌, Vol.3, 34-40, 2019年.
7. 東 亜弥子, 三浦 哉, 石川 みづき, 田村 靖明, 島谷 真弥, 豊田 真実 :
一過性の短時間の騒音曝露が血管内皮機能に及ぼす影響,
四国公衆衛生学会雑誌, Vol.64, No.1, 51-56, 2019年.
8. Hajime Miura, Miduki Ishikawa and Kenichi Deguchi :
Moderate-intensity arm-cranking exercise may not improve arterial function in healthy adult men,
International Journal of Sports Medicine, Vol.39, No.13, 962-966, 2018.
(DOI: 10.1055/a-0664-8823,   PubMed: 30227457)
9. Mizuki Ikeda, Junji Deguchi, Shota Fukushima, Ai Qingyu, Norihiro Katayama, Hajime Miura and Yasuo Oyama :
Some adverse actions of chlorothalonil at sublethal levels in rat thymic lymphocytes: Its relation to Zn2+,
Environmental Toxicology and Pharmacology, Vol.59, 61-65, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 111987,   DOI: 10.1016/j.etap.2018.03.006,   PubMed: 29544185)
10. 田村 靖明, 三浦 哉, 出口 憲市, 東 亜弥子, 橋本 祐司, 石川 みづき :
レペティション形式の有酸素性運動が血管内皮機能に及ぼす影響,
体力科学, Vol.66, No.6, 437-444, 2017年.
(徳島大学機関リポジトリ: 115219,   DOI: 10.7600/jspfsm.66.437,   CiNii: 130006224252)
11. Hiroto Imai, Fumiya Kita, Sho Ikesugi, Masami Abe, Shizuka Sogabe, Yumiko Nishimura-Danjobara, Hajime Miura and Yasuo Oyama :
Cetylpyridinium chloride at sublethal levels increases the susceptibility of rat thymic lymphocytes to oxidative stress,
Chemosphere, Vol.170, 118-123, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111974,   DOI: 10.1016/j.chemosphere.2016.12.023,   Elsevier: Scopus)
12. 田村 靖明, 三浦 哉, 橋本 裕司, 石川 みづき, 東 亜弥子 :
地域在住中高齢女性の生活体力が動脈スティフネスに及ぼす影響,
体力科学, Vol.65, No.6, 533-538, 2016年.
(徳島大学機関リポジトリ: 115207,   DOI: 10.7600/jspfsm.65.533,   CiNii: 130005284932,   Elsevier: Scopus)
13. 三浦 哉 :
動脈硬化と運動療法・スポーツ,
成人病と生活習慣病, Vol.46, No.6, 723-727, 2016年.
14. Hajime Miura, Yoshinori Takahashi, Yukimi Maki and Megumi Sugino :
Effects of exercise training on arterial stiffness in older hypertensive females,
European Journal of Applied Physiology, Vol.115, No.9, 1847-1854, 2015.
(DOI: 10.1007/s00421-015-3168-y,   PubMed: 25869875,   Elsevier: Scopus)
15. Kenichi Deguchi, Tetsuya Enishi, Nori Sato, Hajime Miura, Yuichi Fujinaka, Munehide Matsuhisa and Shinsuke Katoh :
Acute effect of fast walking on postprandial blood glucose control in type 2 diabetes,
Diabetology International, 2015.
(DOI: 10.1007/s13340-015-0217-z)
16. 三浦 哉, 杉野 恵, 越智 玲衣 :
一過性の精油環境が動脈スティフネスおよび血管内皮機能に及ぼす影響,
アロマテラピー学雑誌, Vol.15, No.1, 122-126, 2015年.
(CiNii: 40020416983)
17. 出口 憲市, 三浦 哉 :
短時間インターバル形式の一過性運動が脈波伝搬速度に及ぼす影響,
体力科学, Vol.63, No.5, 475-480, 2014年.
(DOI: 10.7600/jspfsm.63.475,   Elsevier: Scopus)
18. 後藤 強, 三浦 哉, 出口 憲市 :
変形性膝関節症患者における歩行時の下腿部の酸素動態の特性,
理学療法科学, Vol.29, No.3, 329-334, 2014年.
(DOI: 10.1589/rika.29.329,   CiNii: 130004432943,   Elsevier: Scopus)
19. 杉野 恵, 三浦 哉, 小林 麻衣 :
指,腕を用いた運動プログラムが前頭前野の酸素動態に及ぼす影響,
四国体育・スポーツ学研究, Vol.1, No.2, 1-7, 2013年.
20. 杉野 恵, 三浦 哉, 原 陵子 :
一過性の受動喫煙が成人の血管内皮機能に及ぼす影響,
保健の科学, Vol.55, No.7, 485-489, 2013年.
(CiNii: 40019736459)
21. Hajime Miura :
Arterial function during various acute exercises,
The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, Vol.1, No.4, 605-610, 2012.
(DOI: 10.7600/jpfsm.1.605,   CiNii: 130003379915)
22. Hajime Miura :
An exercise program for improving and/or maintaining arterial function in middle-aged to older individuals,
Advances in Exercise and Sports Physiology, Vol.18, No.3, 47-52, 2012.
(CiNii: 110009561649)
23. 佐川 英理, 三浦 哉, 後藤 強 :
異なる加圧による血流制限下での等尺性運動時の筋内ヘモグロビン量の特性,
トレーニング科学, Vol.24, No.2, 175-182, 2012年.
(CiNii: 40019414752)
24. Hajime Miura, Saori Maruoka and Megumi Sugino :
Correlation of self-reported physical activity with the pulse wave velocity in male adolescents,
The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, Vol.1, No.1, 191-195, 2012.
(DOI: 10.7600/jpfsm.1.191,   CiNii: 130001930786)
25. 星野 由美, 三浦 哉 :
被検食の性状の違いによる咀嚼・嚥下時の咬筋酸素動態の特性,
日本歯科衛生学会雑誌, Vol.6, No.2, 42-48, 2012年.
(CiNii: 40019202608)
26. 三浦 哉 :
動脈機能を改善するための運動療法,
四国医学雑誌, Vol.67, No.3, 111-116, 2011年.
(徳島大学機関リポジトリ: 83825,   CiNii: 40018975214)
27. Hajime Miura, Yoshinori Takahashi and Nao Okumura :
Response of peripheral vascular system to cold pressor test measured using near infrared spectroscopy,
The Journal of Japanese College of Angiology, Vol.51, No.2, 255-257, 2011.
(CiNii: 10029415388)
28. Kazuyoshi Kitaoka, Hajime Miura, Mitsuo Kitamura, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Kazuo Yoshizaki :
Feed-forward changes in carotid blood flow velocity during active standing.,
Neuroscience Letters, Vol.487, No.2, 240-245, 2011.
(DOI: 10.1016/j.neulet.2010.10.030,   PubMed: 20970481)
29. 三浦 哉, 高橋 良徳, 北畠 義典 :
定期的なグループトレーニングが中高齢者の脈波伝搬速度に及ぼす影響,
日本公衆衛生雑誌, Vol.57, No.4, 271-290, 2010年.
(DOI: 10.11236/jph.57.4_271,   CiNii: 10026597848,   Elsevier: Scopus)
30. Hajime Miura and Nao Okumura :
A novel approach to evaluate the vessel function determined by near infrared spectroscopy,
Advances in Experimental Medicine and Biology, Vol.662, No.Oxygen Transport to Tissue XXXI, 467-471, 2010.
(DOI: 10.1007/978-1-4419-1241-1_67,   PubMed: 20204831)
31. 三浦 哉, 高橋 良徳, 奥村 奈央, 藤澤 麻衣子 :
ラジオ体操の継続が動脈機能に及ぼす影響,
四国公衆衛生学会雑誌, Vol.54, 95-100, 2009年.
32. Hajime Miura, Emi Nakagawa and Yoshinori Takahashi :
Influence of group training on arterial stiffness in elderly women,
European Journal of Applied Physiology, Vol.104, No.6, 1039-1044, 2008.
(DOI: 10.1007/s00421-008-0860-1,   PubMed: 18751997)
33. 三浦 哉, 渡井口 和豪 :
静的膝伸展時の大腿部における酸素動態,血流量および筋放電量の特性,
脈管学, Vol.47, 47-51, 2007年.
34. 三浦 哉, 田頭 涼子, 青木 さくら :
咀嚼頻度の違いが咬筋の酸素動態および総頚動脈血流量に及ぼす影響,
脈管学, Vol.46, No.1-2, 21-24, 2006年.
35. 三浦 哉, 木野 倫子, 染谷 成則, 川越 勇介, チャンス ブリトン :
簡易作業時の前頭部の酸素動態の特性-COGNOSCOPEによる検討-,
脈管学, Vol.46, No.1-2, 15-19, 2006年.
36. 三浦 哉 :
低強度のサーキットトレーニングが成人女性の動脈スティフネスに及ぼす影響,
体力科学, Vol.54, No.3, 205-210, 2005年.
(DOI: 10.7600/jspfsm.54.205,   CiNii: 110001980188,   Elsevier: Scopus)
37. Hajime Miura, Kevin McCully, Shoko Nioka and Britton Chance :
Relationship between muscle architectural features and oxygenation status determined by near infrared device,
European Journal of Applied Physiology, Vol.91, No.2-3, 273-278, 2004.
(DOI: 10.1007/s00421-003-0964-6,   PubMed: 14574577)
38. Hajime Miura, Kevin McCully and Britton Chance :
Application of multiple NIRS imaging device to the exercising muscle metabolism,
Spectroscopy: An International Journal, Vol.17, No.2/3, 549-558, 2003.
(Elsevier: Scopus)
39. 三浦 哉, 近藤 大輔, Kevin McCully, Britton Chance :
足関節底屈運動時の酸素動態に及ぼす膝用スポーツ装具の影響,
脈管学, Vol.42, No.0, 46-49, 2002年.
(CiNii: 10012755186)
40. 田上 周路, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫, 三浦 哉 :
人の運動計測のための多チャンネル酸素動態測定システム,
脈管学, Vol.42, S2-S5, 2002年.
41. Hajime Miura, Kevin McCully, Hong Long, Shoko Nioka and Britton Chance :
Regional difference of muscle oxygen saturation and blood volume during exercise determined by near infrared imaging device,
The Japanese Journal of Physiology, Vol.51, No.5, 596-606, 2001.
(DOI: 10.2170/jjphysiol.51.599,   CiNii: 10008294891,   Elsevier: Scopus)
42. Hajime Miura, Kevin McCully, Hong Long, Shoko Nioka and Britton Chance :
Exercised-induced changes in oxygen status in calf muscle of elderly subjects with peripheral vascular disease using functional near infrared imaging machine,
Therapeutic Research, Vol.21, No.6, 79-84, 2000.
43. Hajime Miura, Hideo Araki, Hideki Matoba and Kaoru Kitagawa :
Relationship among oxygenation, myoelectric activity, and lactic acid accumulation in vastus lateralis muscle during exercise with constant work rate,
International Journal of Sports Medicine, Vol.21, 180-184, 2000.
44. 三浦 哉, Kevin McCylly, Shoko Nioka, Britton Chance :
骨格筋酸素動態を測定する上でのfunctional Near Infrared Imaging装置の有効性,
体力科学, Vol.49, 211-216, 2000年.
45. Hajime Miura, Kaoru Kitagawa and Toshihiro Ishiko :
Characteristic feature of oxygen cost at simulated triathlon test in trained triathletes,
The Journal of Sports Medicine and Physical Fitness, Vol.39, 101-106, 1999.
46. 三浦 哉, 荒木 秀夫, 的場 秀樹 :
自転車こぎ運動時の外側広筋および腓腹筋外側部における酸素化と筋放電量との関係,
体力科学, Vol.48, 413-420, 1999年.
47. Hajime Miura, Kaoru Kitagawa and Toshihiro Ishiko :
Economy during a simulated laboratory test of triathlon is highly related to Olympic distance triathlon,
International Journal of Sports Medicine, Vol.18, No.4, 276-280, 1997.
48. 三浦 哉, 北川 薫, 寺田 光世 :
クロスカントリースキーヤーにおける競技performanceと脚の等速性筋出力の関係,
Japanese Journal of SPORTS SCIENCE, Vol.15, No.2, 135-138, 1996年.
49. Yoshihisa Umemura, Toshihiro Ishiko, Hajime Miura, Noriyo Mokushi and Hideki Suzuki :
Effects of jump training on bone hypertrophy in young and old rats,
International Journal of Sports Medicine, Vol.16, No.6, 364-367, 1995.
50. 三浦 哉, 北川 薫, 石河 利寛 :
トライアスロン競技をシミュレーションした際の運動後半にみられる呼吸循環応答の特性,
体力科学, Vol.43, No.5, 381-388, 1994年.
51. 三浦 哉, 大槻 洋也, 高見 京太, 北川 薫, 石河 利寛 :
酸素摂取量の実測による車いすテニスの運動強度について,
体育の科学, Vol.44, No.9, 763-766, 1994年.
52. 三浦 哉, 北川 薫, 石河 利寛, 松井 信夫 :
トライアスリートの最大酸素摂取量およびventilatory thresholdの特性,
日本運動生理学雑誌, Vol.1, No.1, 99-106, 1994年.
53. 三浦 哉, 寺田 光世 :
クロスカントリースキー選手の最大下「腕+脚」運動時にみられる心肺応答の特性,
京都体育学研究, Vol.8, 1-6, 1993年.

学術論文(紀要・その他):

1. 東 亜弥子, 三浦 哉, 石川 みづき, 田村 靖明 :
一過性の非燃焼加熱式たばこの喫煙が動脈機能および酸化ストレスマーカーに及ぼす影響について,
四国大学人間科学研究所年報, Vol.12, 11-16, 2019年.
2. 東 亜弥子, 三浦 哉, 石川 みづき, 平原 有紗 :
若年成人男性の喫煙習慣が動脈機能に及ぼす影響について,
四国大学人間生活科学研究所年報, Vol.66, No.11, 1-6, 2018年.
(CiNii: 40021601944)
3. Hajime Miura and Hideki Matoba :
Effects of short term group training on arterial stiffness in older hypertensive women,
Advances in Exercise and Sports Physiology, Vol.16, No.2, 48, 2010.
(CiNii: 110007988730)
4. 高橋 良徳, 三浦 哉 :
定期的な運動介入が高齢者の血管内皮機能に及ぼす影響,
徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.16, 1-7, 2008年.
(徳島大学機関リポジトリ: 58222,   CiNii: 110007007393)
5. 田野 聡, 的場 秀樹, 小原 繁, 荒木 秀夫, 野村 昌弘, 佐竹 昌之, 三浦 哉 :
疲労困憊に至る伸張-短縮サイクル運動が下腿三頭筋の収縮特性及び損傷指標に及ぼす影響,
徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.15, 15-21, 2007年.
(徳島大学機関リポジトリ: 57080,   CiNii: 110007007233)
6. 佐竹 昌之, 荒木 秀夫, 小原 繁, 的場 秀樹, 佐藤 充宏, 長積 仁, 三浦 哉, 田中 俊夫, 長谷川 典子 :
生活のQOLを高めることを目指したウオーキング・ランニングの在り方に関する総合的研究,
徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.15, 1-13, 2007年.
(徳島大学機関リポジトリ: 57017,   CiNii: 110007007206)
7. 三浦 哉 :
身体活動時の酸素消費および供給の特性,
中京大学体育研究所紀要, No.20, 81-92, 2006年.
8. Hajime Miura, Kaoru Kitagawa and Tosihiro Ishiko :
Hyperoxic training results in greater and earlier training effects than normoxic training,
Research Journal of Physical Education Chukyo University, Vol.38, No.2, 71-78, 1997.
9. 緒方 美奈子, 三浦 哉, 的場 秀樹 :
長時間の自転車こぎ運動時における糖質摂取パターンの違いがパフォーマンスと代謝に及ぼす影響,
徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.4, 57-65, 1996年.
(徳島大学機関リポジトリ: 14922)
10. 三浦 哉, 的場 秀樹 :
自転車こぎ運動時の大腿および下腿部のoxy(Hb+Mb)の変化パターンについて,
徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.4, 1-7, 1996年.
(徳島大学機関リポジトリ: 14921)
11. 三浦 哉, 小川 勝之, 梅村 義久 :
異なる水温下での水中歩行時の呼吸循環応答,
中京大学体育研究所紀要, Vol.10, 35-37, 1996年.
12. 小原 繁, 三浦 哉 :
初期短時間高強度運動がその後の軽強度運動での代謝に及ぼす影響,
徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.3, 43-49, 1995年.
(徳島大学機関リポジトリ: 13106)
13. 三浦 哉, 梅村 義久 :
複合種目連続トレーニングが長時間運動時の呼吸循環応答に及ぼす影響,
徳島大学総合科学部人間科学研究, Vol.3, 35-42, 1995年.
(徳島大学機関リポジトリ: 13105)
14. 杉山 康司, 河合 学, 松井 健, 三浦 哉, 富田 寿人 :
富士登山時における心拍応答と急性高山病,
静岡大学教養部研究報告(自然科学編), Vol.30, 73-83, 1994年.
15. 梅村 義久, 三浦 哉, 川井 紀代, 辻本 尚史, 鈴木 秀樹 :
トレーニングと加齢が骨に及ぼす影響Ⅱ,
中京大学体育研究所紀要, No.8, 67-70, 1994年.
16. 梅村 義久, 三浦 哉, 川井 紀代, 辻本 尚史, 鈴木 秀樹 :
トレーニングと加齢が骨に及ぼす影響,
中京大学体育研究所紀要, No.7, 1-4, 1993年.

総説・解説:

1. 阪間 稔, 中山 信太郎, 佐瀬 卓也, 西澤 邦秀, 佐藤 一雄, 松本 絵里佳, 坂口 由貴子, 長野 裕介, 誉田 栄一, 山本 真由美, 吉田 みどり, 桑原 義典, 三浦 哉, 小野 覚久, 荒木 秀夫, 紀之定 和代, 田中 耕市 :
徳島大学における原子力災害復興住民支援プロジェクト放射線教育・運動指導・発達支援の統合プログラムの紹介,
放射線生物研究, Vol.52, No.1, 95-114, 2017年4月.
2. 出口 憲市, 三浦 哉, 松久 宗英, 加藤 真介 :
糖尿病の運動療法,
糖尿病ケア2017, 178-182, 2017年3月.
3. 出口 憲市, 三浦 哉, 松久 宗英, 加藤 真介 :
すこし運動したくなってきた人向け 短時間でも効果的な運動の3つの提案,
糖尿病ケア, No.2, 2016年2月.
4. 三浦 哉 :
血管を柔らかくし自律神経系にアプローチ!イランイランの花の香りが血圧を下げる!,
はつらつ元気, Vol.13, No.7, 104-106, 2015年7月.
5. 三浦 哉 :
第18回日本運動生理学会大会傍聴記,
体育の科学, Vol.60, No.10, 721-724, 2010年10月.
(CiNii: 40017297699)

国際会議:

1. Azuma Ayako, Hajime Miura, Ishikawa Miduki and Tamura Yasuaki :
Acute effects of oral ascorbic acid on the vascular endothelial function under heat-notburn tobacco smoking,
66th Annual meeting of American College of Sports Medicine, May 2019.
2. Ishikawa MIduki, Hajime Miura, Azuma Ayako and Tamura Yasuaki :
Influence of arm cranking exercise with electrical stimulation on the vascular endothelial function,
66th Annual meeting of American College of Sports Medicine, May 2019.
3. Hajime Miura, Ishikawa Miduki, Azuma Ayako and Tamura Yasuaki :
Effects of acute cycling with electric muscle stimulations of lower limb on the endothelial function,
66th Annual meeting of American College of Sports Medicine, May 2019.
4. Hajime Miura, Mizuki Ishikawa, Ayako Azuma and Yasuaki Tamura :
Effects of different frequency of electrical muscle stimulation of the lower limbs on the vascular endothelial function,
65th American College of Sports and Medicine Annual Meeting, May 2018.
5. Yasuaki Tamura, Hajime Miura, Kenichi Deguchi, Miduki Ishikawa, Yuji Hashimoto and Ayako Azuma :
Effects of acute aerobic repetition exercises on the vascular endothelial function,
64th American College of Sports and Medicine Annual Meeting, May 2017.
6. Hajime Miura, Yasuaki Tamura, Yuji Hashimoto, Miduki Ishikawa, Ayako Azuma and Kenichi Deguchi :
Acute electrical muscle stimulation of the lower extremities enhances the vascular endothelial function,
64th American College of Sports and Medicine Annual Meeting, May 2017.
7. Hajime Miura, Yasuaki Tamura, Mami Toyoda and Maya Shimatani :
Influence of active frequency during sitting on the vascular endothelial function,
63rd American College of Sports and Medinice Annual Meeting, Jun. 2016.
8. Hajime Miura, Kana Amimoto, Megumi Sugino, Yasuaki Tamura and Yuji Hashimoto :
Effects of acute sleep deprivation on the vascular endothelial function in healthy subjects,
62nd American College of Sports and Medinice Annual Meeting, Jun. 2015.
9. Hajime Miura, Megumi Sugino and Yukimi Maki :
Effects of Group Training on Vascular Endothelial Function in Elderly Women,
61th American College of Sports and Medinice Annual Meeting, May 2014.
10. Hajime Miura and Megumi Sugino :
Influence of physical activity on vascular endothelial function in male adolescent,
60th American College of Sports and Medinice Annual Meeting, May 2013.
11. Hajime Miura, Megumi Sugino and Yukimi Maki :
FLOW-MEDIATED VASODILATION DURING EXERCISE,
17th Annual Congress of the European College of Sports Science, Bruges, Belgium, Jul. 2012.
12. Hajime Miura, Yoshinori Takahashi, Yukimi Maki and Megumi Sugino :
Effects of group training on arterial stiffness in elderly hypertensive women,
59th Annual Meeting of American College of Sports Medicine, May 2012.
13. Yukimi Maki, Hajime Miura and Megumi Sugino :
50%VO2max-arm-crank exercise may not improve arterial stiffness,
59th Annual Meeting of American College of Sports Medicine, May 2012.
14. Megumi Sugino, Hajime Miura and Saori Maruoka :
Influence of self-reported physical activity on arterial stiffness in adolescents,
59th Annual Meeting American College of Sports Medicine, May 2012.
15. Hajime Miura :
Application of NIRS to measure muscle metabolism and vessel function,
Britton Chance: His life, Times, & Legacy Molecular Spectroscopy/ Imaging Workshop, Philadelphia, PA, USA, Jun. 2011.
16. Hajime Miura, 高橋 良徳 and 森 澄孝 :
Flow-Mediated Vasodilation Increases During Recumbent Cycling,
55th American College of Sports Medicine, Denver, USA, Jun. 2011.
17. Hajime Miura, Yoshinori Takahashi and Sumitaka Mori :
Flow-mediated vasodilation increases during recumbent cycling,
Medicine and Science in Sports and Exercise, Vol.43, No.5, s518, May 2011.
18. Hajime Miura, Sumitaka Mori and Junko Hiroe :
Upper arm exercise at 60%VO2max may not improve arterial stiffness,
58th Annual Meeting of American College of Sports Medicine, Baltimore (USA), May 2010.
19. Hajime Miura, Sumitaka Mori and Junko Hiroe :
Upper arm exercise at 60%VO2max may not improve arterial stiffness,
Medicine and Science in Sports and Exercise, Vol.42, No.5, S444, Baltimore (USA), May 2010.
20. Hajime Miura and Saori Maruoka :
Effects of physical activity on arterial stiffness in teenagers,
2nd International on-board symposium: Human health, energy and environment, May 2010.
21. Hajime Miura and Saori Maruoka :
Effect of vigorous physical activity on arterial stiffness in high school boys,
European College of Sports Science, Oslo (Norway), Jun. 2009.
22. Hajime Miura and Yoshinori Takahashi :
Effects of 12 weeks of group training on arterial stiffness in elderly hypertensives,
Medicine and Science in Sports and Exercise, Vol.41, No.5, S245, Seatle (USA), May 2009.
23. Hajime Miura and Nao Okumura :
A novel approach to evaluate the vessel function determined by near infrared spectroscopy,
International Society on Oxygen Transport to Tissue, Sapporo (JAPAN), Aug. 2008.
24. Hajime Miura and Saori Maruoka :
Influence of physical activity on artery stiffness in high school boys,
Medicine and Science in Sports and Exercise, Vol.40, No.5, S308, Indianapolis (USA), May 2008.
(DOI: 10.1249/01.mss.0000323186.26999.75)
25. Hideki Matoba, Saori Yoshida, ZhuoYuan Cai and Hajime Miura :
Effects of slow speed resistance training on muscle strength and metabolic parameters, --- 3rd Asia-Pacific Conference on Exercise and Sports Science 2007 ---,
Program and Abstracts of Asia-Pacific Conference on Exercise and Sports Science 2007, 123, Hiroshima, Dec. 2007.
26. Hajime Miura, Yoshinori Takahashi, Eri Yoshida and Britton Chance :
Effects of exercise frequency on artery stiffness in elderly women,
Medicine and Science in Sports and Exercise, Vol.39, No.5, S85, New Oeleans (USA), May 2007.
27. Hajime Miura :
Influence of physical activity on artery function,
Taiwan symposium on exercise physiology and fitness, Taiwan, May 2007.
28. Hajime Miura :
Acute effects of arm-vrank exercise on artery stiffness,
Medicine and Science in Sports and Exercise, Vol.38, No.5, S184, Denver (USA), May 2006.
29. Hajime Miura :
Muscle oxygenation, EMG, and blood flow in the thigh area during isometric knee-extended exercise,
Workshop on Investigation of Human Muscle Function in Vivo, Nashville, USA, Oct. 2005.
30. Hajime Miura, Sakura Aoki and Britton Chance :
Influence of low -resistance training on vessel structure and artery stiffness in female,
Medicine and Science in Sports and Exercise, Vol.37, No.5, S136, Nashville, USA, Jun. 2005.
31. Hajime Miura, Kazutake Toiguchi and Britton Chance :
Regional differences of muscle oxygen supply and consumption in the forearm area during a static handgrip exercise,
The Physiologist, Vol.47, No.4, 352, Austin, USA, Oct. 2004.
32. Hajime Miura, Emi Nakagawa, Sakua Aoki, Ryoko Tagashira, Kohei Nakamoto and Britton Chance :
Effects of low-intensity resistance training on large artery stiffness in elderly men,
Medicine and Science in sports and exercise, Vol.38, No.5, S50, Indianapolis, USA, May 2004.
33. Hajime Miura :
Near infrared optical imaging of human breast tissue,
2 nd International Conference on Biomedical Spectroscopy, Lomdon, Jul. 2003.
34. Hajime Miura, Emi Nakagawa, Kzutake Toiguchi, Kevin McCully and Britton Chance :
Muscle oxygen supply and oxygenation in forearm area during sustained isometric contraction,
Medicine and Science in Sports and Exercise, No.5, s40, San Francisco, May 2003.
35. Shuji Taue, Hideki Matsuoka, Hirotsugu Yamamoto, Yoshio Hayasaki, Nobuo Nishida and Hajime Miura :
Functional near-infrared imaging system using adaptable multi-channel probes: Imaging of an absorber localized in a scattering medium,
Asian Symposium on Biomedical Optics and Photomedicine, SPIE Proceedings, Vol.4829, 174-176, Sapporo, Oct. 2002.
36. Hajime Miura, Shuji Taue, Hirotsugu Yamamoto, Yoshio Hayasaki and Britton Chance :
Heterogeneity for muscle oxygen status determined by new multi-channel NIR imaging device,
Asian Symposium on Biomedical Optics and Photomedicine, SPIE Proceedings, Vol.4829, 172-173, Sapporo, Oct. 2002.
37. Shuji Taue, Hirotsugu Yamamoto, Yoshio Hayasaki, Nobuo Nishida and Hajime Miura :
Functional near-infrared images system using adaptable multi-channel probes,
19th Congress of the International Commission for Optics, SPIE Proceedings, Vol.4829, 231-232, Firenze (Italy), Aug. 2002.
38. Hajime Miura :
Application of multiple NIRS imaging device to muscle metabolism,
1 st International Conference on Biomedical Spectroscopy: From muscle to Men, Cardiff (UK), Jul. 2002.
39. Hajime Miura, Kevin McCully, Motohiko Miyachi, Shoko Nioka and Britton Chance :
Heterogeneity for muscle oxygen supply and oxygenation in arm muscles during static exercise,
49th American College of Sports Medicine, Medicine & Science in Sports & Exercise, Vol.34, No.5, S166, St.Louis (USA), Jun. 2002.
40. Hajime Miura, Daisuke Kondo, Hideki Matoba, Kevin McCully and Britton Chance :
Influence of knee brace on muscle oxygen status during ankle plantar flexion,
6th IOC World Congress on Sport Science, St.Louis (USA), May 2002.
41. Hajime Miura, Kevin McCully, Motohiko Miyachi and Britton Chance :
Muscle architectural features and oxygen supply during isometric contraction,
48th American College of Sports Medicine, Medicine & Sciences in Sports & Exercise, Vol.33, No.5, S263, Baltimore (USA), May 2001.
42. Hajime Miura, Kevin McCully, Shoko Nioka and Britton Chance :
Architectural features and oxygen status in gastrocnemius muscle during contraction,
2000 APS Intersociety Mtg The Integrative Biology of Exercise, Physiologist, Vol.43, No.4, 361, Maine (USA), Sep. 2000.
43. Hajime Miura, Kevin McCully, Shoko Nioka and Britton Chance :
Influence of work level on regional difference of oxygen status in gastrocnemius muscle,
47th Annual Meeting of American College of Sports Medicine, Indianapolis (USA), Jun. 2000.
44. Hajime Miura, Kevin McCully, Hong Long, Shoko Nioka and Britton Chance :
Influence of exercise intensity on heterogeneity for oxygen status in the gastrocnemius muscle using functional near infrared imaging machine,
4th Annual Meeting of European College of Sports Medicine, Rome (Italy), Jul. 1999.
45. Hong Long, Shoko Nioka, Hajime Miura, A Pfaff, CM Cowan and Britton Chance :
Walking style and the localization of deoxygenation in the calf muscle using NIR imaging,
46th Annual Meeting of American College of Sports Medicine, Seattle (USA), Jun. 1999.
46. Hajime Miura, Hong Long, Shoko Nioka and Britton Chance :
Regional difference of oxygen status in gastrocnemius muscle using imaging machine,
46th Annual Meeting of American College of Sports Medicine, Seattle (USA), Jun. 1999.
47. Shoko Nioka, Hajime Miura and Britton Chance :
Functional quadriceps and gastrocnemius imaging in elite and untrained subjects,
International Symposium on Biomedical Optics, San Jose (USA), Jan. 1999.
48. Shoko Nioka, Hajime Miura, Hong Long, A Perry, P Benjamin, K Simmon and Britton Chance :
Walking style and the localization of deoxygenation in the calf muscle,
21th Annual Meeting of ACSM Mid-Atlantic Regional Chapter, Hidden Valley (USA), Oct. 1998.
49. Hajime Miura, Hong Long, Shoko Nioka and Britton Chance :
Regional oxygen status in the medial part of gastrocnemius muscle during tiptoe standing,
21th Annual Meeting of ACSM Mid-Atlantic Regional Chapter, Hidden Valley (USA), Oct. 1998.
50. Hajime Miura, Hideki Matoba and Kaoru Kitagawa :
Deoxygenation during intense cycling immediately after prolonged cycling,
The 45th the Annual Meeting of American College of Sports Medicine, Orlando, May 1998.
51. Hajime Miura and Hideki Matoba :
Increase in oxygen uptake at running stage during triathlon,
XXVI FIMS World Congress, Orlando, May 1998.
52. Hajime Miura, Shoko Nioka and Britton Chance :
Metabolic of calf muscle and effect of age,
11th Annual Conference of Aging Institute, Philadelphia (USA ), May 1998.
53. Hajime Miura, Kaoru Kitagawa and Toshihiro Ishiko :
Physiological characteristics of well-trained triathletes during the simulated triathlon,
Proc. of 18 th FISU/CESU Conference, 440-441, 1995.
54. Hajime Miura, Kaoru Kitagawa and Toshihiro Ishiko :
Cardiorespiratory responses during a simulated triathlon,
Pro. of 36th International Council for Health, Physical Education and Recreation, 157-161, 1994.

国内講演発表:

1. 出口 純次, 佐藤 雅浩, 岸 敏生, 橋本 和樹, 山本 晃平, 枇杷谷 駿也, 安富 日奈子, 三浦 哉, 倉田 浩充, 日浅 匡彦, 伊藤 祐司 :
当院に入院した胸腰椎体骨折患者における糖尿病患者の罹患割合,
第57回日本糖尿病学会中国四国地方会総会, 2019年12月.
2. 三浦 哉, 石川 みづき, 東 亜弥子, 田村 靖明, 松本 明彦, 出口 純次, 久我 浩正, 佐野 里奈 :
下肢への骨格筋電気刺激が血管内皮機能に及ぼす影響,
第84回日本体力医学会中国・四国地方会, 2019年11月.
3. 田村 靖明, 三浦 哉, 東 亜弥子, 石川 みづき, 出口 純次, 松本 明彦, 佐野 里奈, 久我 浩正, 出口 憲市 :
健康成人男性に対するレぺティション形式の運動介入が動脈機能に及ぼす影響,
第84回日本体力医学会中国・四国地方会, 2019年11月.
4. 東 亜弥子, 三浦 哉, 石川 みづき, 田村 靖明, 出口 純次, 松本 明彦 :
一過性の非燃焼加熱式たばこの喫煙が血管内皮機能に及ぼす影響,
第84回日本体力医学会中国・四国地方会, 2019年11月.
5. 松本 明彦, 三浦 哉, 石川 みづき, 東 亜弥子, 田村 靖明, 出口 純次, 佐野 里奈, 久我 浩正 :
嚥下筋に対する骨格筋電気刺激が嚥下機能に及ぼす影響,
第84回日本体力医学会中国・四国地方会, 2019年11月.
6. 石川 みづき, 三浦 哉, 東 亜弥子, 田村 靖明, 松本 明彦, 出口 純次, 久我 浩正, 佐野 里奈 :
一過性の上肢クランク運動と下肢への骨格筋電気刺激の併用が上腕動脈の血管内皮機能に及ぼす影響,
第84回日本体力医学会中国・四国地方会, 2019年11月.
7. 松本 明彦, 三浦 哉, 石川 みづき, 東 亜弥子, 田村 靖明, 出口 純次, 西 仁美, 田村 公一 :
嚥下筋に対する一過性の骨格筋電気刺激が舌骨の動きに与える影響,
第58回全国自治体病院学会, 2019年10月.
8. 田村 靖明, 三浦 哉, 出口 憲市, 橋本 祐司, 出口 純次, 福島 翔太, 森 智大 :
健康成人男性に対するレペティショントレーニングが血管内皮機能に及ぼす影響,
第58回全国自治体病院学会大会, 2019年10月.
9. 田村 靖明, 寺井 智也, 千川 隆志, 出口 憲市, 橋本 祐司, 宮崎 愛, 三浦 哉 :
腰椎整形外科術前後の動脈スティフネスの変化に関連する因子の検討,
第58回全国自治体病院学会大会, 2019年10月.
10. 田村 靖明, 寺井 智也, 三浦 哉, 出口 憲市, 橋本 祐司, 宮崎 愛 :
腰椎整形外科術後の動脈機能変化に関連する因子の検討,
第4回心血管理学療法学会, 2019年9月.
11. 田村 靖明, 三浦 哉, 出口 憲市, 出口 純次, 福島 翔太, 東 亜弥子, 石川 みづき, 松本 明彦 :
レペティション形式の運動介入が血管内皮機能に及ぼす影響,
第74回日本体力医学会大会, 2019年9月.
12. 出口 純次, 三浦 哉, 福島 翔太, 田村 靖明, 石川 みづき, 東 亜弥子, 松本 明彦, 佐野 里奈, 倉田 浩充, 日浅 匡彦 :
有酸素性運動の時間の違いがその後の運動学習に及ぼす効果,
第74回日本体力医学会大会, 2019年9月.
13. 東 亜弥子, 三浦 哉, 石川 みづき, 田村 靖明, 出口 純次, 福島 翔太 :
ビタミンCの摂取が加熱式たばこ喫煙時の動脈機能に及ぼす影響,
第74回日本体力医学会大会, 2019年9月.
14. 石川 みづき, 三浦 哉, 東 亜弥子, 田村 靖明, 出口 純次, 松本 明彦 :
一過性の上肢の有酸素性運動と下肢への骨格筋電気刺激の併用が血管内皮機能に及ぼす影響,
第74回日本体力医学会大会, 2019年9月.
15. 石川 みづき, 三浦 哉 :
動脈機能を改善する上での運動と電気刺激の併用の可能性,
第33回呼吸研究会, 2019年8月.
16. 石川 みづき, 三浦 哉, 東 亜弥子, 出口 純次 :
一過性の骨格筋電気刺激および上肢の有酸素性運動の併用が呼吸循環応答に及ぼす影響,
第23回日本基礎理学療法学会学術大会, 2018年12月.
17. 石川 みづき, 三浦 哉, 出口 純次, 東 亜弥子, 福島 翔太 :
骨格筋電気刺激および上肢の有酸素性運動の併用が呼吸循環応答に及ぼす影響,
第47回四国理学療法士学会, 2018年12月.
18. 出口 純次, 三浦 哉, 福島 翔太, 田村 靖明, 石川 みづき, 東 亜弥子, 松本 明彦 :
一過性の短時間有酸素性運動が運動学習効率に及ぼす影響,
第47回四国理学療法士学会, 2018年12月.
19. 田村 靖明, 三浦 哉, 出口 憲市, 橋本 裕司, 出口 純次, 福島 翔太 :
健康成人に対するレペティショントレーニングが動脈スティフネスに及ぼす影響,
第47回四国理学療法士学会, 2018年12月.
20. 石川 みづき, 三浦 哉, 東 亜弥子 :
一過性の上肢の有酸素性運動と骨格筋電気刺激の併用が血管内皮機能に及ぼす影響,
第5回日本骨格筋電気刺激研究会学術集会, 2018年11月.
21. 田村 靖明, 三浦 哉, 出口 憲市, 橋本 裕司, 出口 純次, 森 智大 :
健康成人男性に対するレペティショントレーニングが動脈スティフネスに及ぼす影響,
第5回日本理学療法予防学会, 2018年11月.
22. 福島 翔太, 三浦 哉, 田村 靖明, 出口 純次, 東 亜弥子, 石川 みづき :
一過性の間欠的有酸素性運動および持続的有酸素性運動が動脈機能に及ぼす影響,
第2回日本リハビリテーション学術医学会秋季学術集会, 2018年11月.
23. 田村 靖明, 三浦 哉, 出口 憲市 :
総仕事量を減少させた一過性のレペティション運動が血管内皮機能に及ぼす影響,
第57回全国自治体病院学会, 2018年10月.
24. 三浦 哉, 石川 みづき, 東 亜弥子, 田村 靖明, 出口 純次, 福島 翔太, 松本 明彦 :
一過性の持久的運動と電気刺激の併用が血管内皮機能に及ぼす影響,
第73回日本体力医学会, 2018年9月.
25. 出口 純次, 三浦 哉, 福島 翔太, 田村 靖明, 石川 みづき, 東 亜弥子, 松本 明彦 :
短時間の有酸素生運動が運動学習の促進および保持に及ぼす影響,
第73回日本体力医学会, 2018年9月.
26. 東 亜弥子, 三浦 哉, 石川 みづき, 田村 靖明, 出口 純次, 福島 翔太, 松本 明彦 :
ビタミンCの摂取が加熱式タバコ喫煙時の動脈機能に及ぼす影響,
第73回日本体力医学会, 2018年9月.
27. 石川 みづき, 三浦 哉, 東 亜弥子, 出口 純次, 福島 翔太, 田村 靖明 :
一過性の上肢の有酸素性運動と骨格筋電気刺激の併用が動脈スティフネスに及ぼす影響,
第73回日本体力医学会, 2018年9月.
28. 福島 翔太, 三浦 哉, 田村 靖明, 出口 純次, 石川 みづき, 東 亜弥子, 松本 明彦 :
間欠的有酸素生運動の休息間隔の違いが動脈機能に及ぼす影響,
第73回日本体力医学会, 2018年9月.
29. 田村 靖明, 三浦 哉, 出口 憲市, 出口 純次, 福島 翔太, 東 亜弥子, 石川 みづき :
レペティショントレーニングが動脈機能に及ぼす影響,
第73回日本体力医学会, 2018年9月.
30. 田村 靖明, 三浦 哉, 出口 憲市, 橋本 裕司, 出口 純次, 福島 翔太, 森 智大 :
レペティショントレーニングが健康成人の動脈機能に及ぼす影響,
第2回呼吸・心血管・糖尿病理学療法学会, 2018年7月.
31. 三浦 哉, 石川 みづき :
一過性の下肢への電気刺激と低強度の持久的運動の併用が血管内皮機能に及ぼす影響,
第4回日本骨格筋電気刺激研究会学術集会, 2017年11月.
32. 田村 靖明, 三浦 哉, 出口 憲市 :
高強度運動および完全休息で構成されるレペティション形式の一過性運動が動脈機能および呼吸循環応答に及ぼす影響,
第46回四国理学療法士学会, 2017年11月.
33. 出口 憲市, 三浦 哉, 田村 靖明, 加藤 真介 :
短時間のステップエクササイズトレーニングが高齢肥満者の筋内脂肪量に及ぼす影響,
第46回四国理学療法士学会, 2017年11月.
34. 森 和之, 三浦 哉, 田村 靖明, 出口 憲市, 橋本 祐司, 小泉 貴裕 :
血液透析患者の血管内皮機能の改善を目指した筋電気刺激の可能性,
第72回日本体力医学会大会, 2017年9月.
35. 田村 靖明, 三浦 哉, 出口 憲市, 東 亜弥子, 橋本 祐司, 石川 みづき :
一過性のレペティション形式の運動が血管内皮機能に及ぼす影響,
第72回日本体力医学会大会, 2017年9月.
36. 東亜 弥子, 三浦 哉, 田村 靖明, 橋本 祐司, 石川 みづき :
一過性の騒音暴露が血管内皮機能に及ぼす影響,
第72回日本体力医学会大会, 2017年9月.
37. 石川 みづき, 三浦 哉, 田村 靖明, 東 亜弥子 :
上肢の一過性の有酸素性運動が上肢および下肢の血管内皮機能に及ぼす影響,
第72回日本体力医学会大会, 2017年9月.
38. 三浦 哉, 田村 靖明, 石川 みづき, 出口 憲市, 東 亜弥子 :
異なる周波帯の下肢への電気刺激が血管内皮機能に及ぼす影響,
第72回日本体力医学会大会, 2017年9月.
39. 田村 靖明, 三浦 哉, 出口 憲市 :
持久的運動に対して総仕事量を減少させたレペティション運動が動脈機能に及ぼす影響,
第52回日本理学療法士学会, 2017年5月.
40. 出口 憲市, 三浦 哉, 田村 靖明, 岡久 哲也, 近藤 心, 古本 太希, 友成 健, 加藤 真介 :
ステップエクササイズによるトレーニングが高齢者の身体組成へ及ぼす影響,
第52回日本理学療法士学会, 2017年5月.
41. 森 和之, 田村 靖明, 三浦 哉, 出口 憲市 :
一過性の神経筋電気刺激が動脈機能に及ぼす影響,
第52回日本理学療法士学会, 2017年5月.
42. 田村 靖明, 出口 憲市, 邉見 達彦, 三浦 哉, 橋本 祐司 :
運動様式の異なる一過性の有酸素性運動が動脈機能に及ぼす影響,
第11回徳島県立病院学会, 2017年1月.
43. 三浦 哉 :
動脈硬化の予防/治療のための運動プログラム,
日本心臓リハビリテーション学会第1回四国地方会, 2017年1月.
44. 出口 憲市, 三浦 哉, 田村 靖明, 岡久 哲也, 後藤 強, 近藤 心, 古本 太希, 友成 健, 大澤 俊文, 邉見 達彦, 加藤 真介 :
短時間のStep exercise trainingが高齢者の筋内脂肪量に及ぼす影響,
第11回徳島県立病院学会, 2017年1月.
45. 田村 靖明, 出口 憲市, 邉見 達彦, 三浦 哉 :
運動様式の異なる一過性の有酸素性運動が動脈機能に及ぼす影響,
第11回徳島県立病院学会, 2017年1月.
46. 田村 靖明, 三浦 哉, 橋本 裕司, 石川 みづき, 東 亜弥子, 出口 憲市 :
運動に伴う血管内皮機能の分析方法について,
第45回四国理学療法士学会, 2016年11月.
47. 石川 みづき, 三浦 哉 :
一過性の上肢有酸素運動が下血管内皮機能に及ぼす影響,
第45回四国理学療法士学会, 2016年11月.
48. 出口 憲市, 三浦 哉, 加藤 真介 :
肥満型2型糖尿病患者へのレペティション形式の運動がエネルギー代謝および血中グルコース濃度へ及ぼす影響,
第71回日本体力医学会大会, 2016年9月.
49. 橋本 裕司, 三浦 哉, 田村 靖明, 東 亜弥子 :
一過性の片側サイクリング運動が血管内皮機能に及ぼす影響,
第71回日本体力医学会大会, 2016年9月.
50. 東 亜弥子, 三浦 哉, 田村 靖明, 石川 みづき, 橋本 裕司 :
抗酸化剤が一過性の受動喫煙における血管内皮機能に及ぼす影響,
第71回日本体力医学会大会, 2016年9月.
51. 石川 みづき, 三浦 哉, 田村 靖明, 橋本 裕司, 東 亜弥子 :
上肢の一過性の有酸素性運動が上肢および下肢の血管内皮機能に及ぼす影響,
第71回日本体力医学会大会, 2016年9月.
52. 田村 靖明, 三浦 哉, 橋本 裕司, 石川 みづき, 東 亜弥子, 出口 憲市 :
運動強度,時間の設定が異なる高強度間欠的運動が血管内皮機能に及ぼす影響,
第71回日本体力医学会大会, 2016年9月.
53. 三浦 哉, 田村 靖明, 橋本 裕司, 石川 みづき, 東 亜弥子 :
一過性の断眠が日中の血管内皮機能に及ぼす影響,
第71回日本体力医学会大会, 2016年9月.
54. 三浦 哉 :
異なる様式の一過性の持久的運動が動脈機能に及ぼす影響∼上肢クランク運動 vs. 自転車こぎ運動∼,
日本体育学会第67回大会, 2016年8月.
55. 田村 靖明, 三浦 哉, 橋本 裕司, 石川 みづき, 東 亜弥子, 出口 憲市 :
回復期を休息にした高強度間欠的運動が動脈機能に及ぼす影響,
第51回日本理学療法学術大会, 2016年5月.
56. 石川 みづき, 三浦 哉, 田村 靖明, 橋本 裕司, 東 亜弥子 :
一過性の上肢の有酸素性運動が血管内皮機能に及ぼす影響,
第51回日本理学療法学術大会, 2016年5月.
57. 出口 憲市, 三浦 哉, 江西 哲也, 佐藤 紀, 大澤 俊文, 加藤 真介 :
歩幅の異なるWalking様式の3次元動作解析および酸素消費量へ及ぼす影響,
第70回日本体力医学会大会, Vol.64, No.64, 600, 2015年12月.
58. 橋本 裕司, 三浦 哉, 田村 靖明, 高橋 良徳, 松本 真巳 :
高齢女性の動脈スティフネスと生活体力との関係,
第70回日本体力医学会大会, Vol.64, No.64, 695, 2015年12月.
59. 田村 靖明, 三浦 哉, 橋本 祐司, 石川 みづき, 東 亜弥子, 松本 真巳 :
一過性の高強度間欠的運動が血管内皮機能に及ぼす影響,
第70回日本体力医学会大会, Vol.64, No.64, 583, 2015年12月.
60. 三浦 哉, 田村 靖明, 橋本 祐司, 石川 みづき, 東 亜弥子 :
座業時の休憩様式の違いが血管内皮機能に及ぼす影響,
第70回日本体力医学会大会, Vol.64, No.64, 582, 2015年12月.
61. 三浦 哉, 田村 靖明, 橋本 裕司, 東 亜弥子, 石川 みづき :
一過性の断眠が血管内皮機能に及ぼす影響,
第76回日本体力医学会 中国・四国地方会, 2015年11月.
62. 石川 みづき, 三浦 哉, 田村 靖明, 橋本 裕司, 東 亜弥子 :
上肢の有酸素性運動が血管内皮機能に及ぼす影響,
第76回日本体力医学会 中国・四国地方会, 2015年11月.
63. 橋本 裕司, 三浦 哉, 杉野 恵, 槇 幸実, 高橋 良徳, 田村 靖明 :
高齢女性の動脈スティフネスと生活体力との関係,
第50回日本理学療法学術大会, 2015年5月.
64. 出口 憲市, 三浦 哉, 江西 哲也, 佐藤 紀, 加藤 真介 :
歩行速度が食後血中グルコース濃度に及ぼす影響,
第69回日本体力医学会大会, 2014年9月.
65. 田村 靖明, 三浦 哉, 橋本 祐司, 松本 真巳, 石川 みづき :
一過性の抵抗性運動後のストレッチングが動脈スティフネスに及ぼす影響,
第69回日本体力医学会大会, 2014年9月.
66. 三浦 哉, 田村 靖明, 橋本 祐司 :
一過性の断眠が動脈機能に及ぼす影響,
第69回日本体力医学会大会, 2014年9月.
67. 三浦 哉, 高橋 良徳 :
運動療法における最適トレーニング様式と長期効果, --- サーキット形式での低強度の抵抗性トレーニングが高血圧高齢者の動脈スティフネスおよび身体機能に及ぼす影響 ---,
第33回日本臨床運動療法学会学術集会, 2014年9月.
68. 三浦 哉 :
定期的な運動が1度高血圧高齢者の身体機能および動脈機能に及ぼす影響,
第22回日本運動生理学会大会, 2014年7月.
69. 三浦 哉, 杉野 恵, 槇 幸美 :
短期間・低頻度のグループトレーニングが高齢者の血管内皮機能に及ぼす影響,
第68回日本体力医学会大会, 2013年9月.
70. 杉野 恵, 三浦 哉 :
男子高校生の身体活動量の違いが血管内皮機能に及ぼす影響,
第68回日本体力医学会大会, 2013年9月.
71. 出口 憲市, 三浦 哉 :
異なる運動強度で構成したインターバルトレーニングが動脈機能に及ぼす影響,
第68回日本体力医学会大会, 2013年9月.
72. 出口 憲市, 三浦 哉, 後藤 強 :
異なる運動強度のインターバルトレーニングが動脈機能に及ぼす影響,
第48回日本理学療法学術大会, 2013年5月.
73. 槇 幸実, 三浦 哉, 杉野 恵 :
異なる運動様式の一過性運動が動脈機能に及ぼす影響,
平成24年度四国体育・スポーツ学会, 2013年3月.
74. 三浦 哉, 高橋 良徳 :
短期間のグループトレーニングが高血圧高齢者の脈波伝播速度および生活体力に及ぼす影響,
第67回日本体力医学会大会, 2012年9月.
75. 槇 幸実, 三浦 哉, 後藤 強 :
一過性の上肢クランク運動が脈波伝播速度に及ぼす影響,
第67回日本体力医学会大会, 2012年9月.
76. 杉野 恵, 三浦 哉 :
一過性の受動喫煙が成人の血管内皮機能に及ぼす影響,
第67回日本体力医学会大会, 2012年9月.
77. 出口 憲市, 三浦 哉, 後藤 強 :
異なる運動強度によるインターバル形式の一過性運動が動脈機能に及ぼす影響,
第67回日本体力医学会大会, 2012年9月.
78. 後藤 強, 三浦 哉, 槇 幸実 :
異なる様式の一過性運動が動脈スティフネスに及ぼす影響,
第67回日本体力医学会大会, 2012年9月.
79. 三浦 哉 :
運動・トレーニングと血管内皮機能,
第20回日本運動生理学会大会, 2012年7月.
80. 出口 憲市, 三浦 哉, 後藤 強 :
短時間のインターバルトレーニングが動脈機能に及ぼす影響,
第20回日本運動生理学会大会, 2012年7月.
81. 後藤 強, 三浦 哉 :
上肢および下肢の一過性運動が動脈スティフネスに及ぼす影響,
第20回日本運動生理学会大会, 2012年7月.
82. 後藤 強, 三浦 哉, 出口 憲市 :
変形性膝関節症患者の歩行時の酸素動態の特性について─変形性膝​関節症患者の歩行時の酸素動態の特性─,
第47回日本理学療法学術大会, 2012年5月.
83. 出口 憲市, 三浦 哉, 後藤 強, 柳沢 幸夫 :
短時間インターバル形式の一過性運動が動脈スティフネスに及ぼす​影響,
第47回日本理学療法学術大会, 2012年5月.
84. 槇 幸実, 三浦 哉, 杉野 恵, 岩田 ちか :
一過性のウォーキングが脈波伝搬速度に及ぼす影響,
平成23年度四国体育・スポーツ学会, 2012年3月.
85. 三浦 哉 :
Exercise program for improving and/or keeping arterial function in middle-aged to older peoplew,
Advances in Exercise and Sports Physiology, Vol.17, No.2, 40, 2011年12月.
86. 後藤 強, 三浦 哉, 出口 憲市 :
Effects of acute resistance exercise under different respiration pattern on central arterial stiffness,
Advances in Exercise and Sports Physiology, Vol.17, No.2, 47, 2011年12月.
87. 後藤 強, 三浦 哉, 出口 憲市 :
変形性膝関節症患者の歩行時の下腿部の酸素動態,
体力科学, Vol.60, No.6, 876, 2011年12月.
88. 出口 憲市, 三浦 哉, 後藤 強 :
一過性の短時間インターバル形式の運動が動脈機能に及ぼす影響,
体力科学, Vol.60, No.6, 660, 2011年12月.
89. 槇 幸実, 三浦 哉 :
一過性の上肢クランク運動が動脈スティフネスに及ぼす影響,
体力科学, Vol.60, No.6, 658, 2011年12月.
90. 三浦 哉 :
一過性運動時の血管拡張反応,
体力科学, Vol.60, No.6, 654, 2011年12月.
91. 槇 幸実, 三浦 哉, 小川 剛司 :
低酸素環境下での持久的運動時の活動筋酸素化レベルの特性,
体力科学, Vol.60, No.5, 541, 2011年10月.
92. 三浦 哉 :
一過性運動時の血管拡張反応,
第66回日本体力医学会大会, 2011年9月.
93. 後藤 強, 三浦 哉, 出口 憲市 :
変形性膝関節症患者の歩行時の下腿部の酸素動態,
第66回日本体力医学会大会, 2011年9月.
94. 三浦 哉 :
体力医学分野での近赤外分光装置の応用, --- NIRSの臨床応用 ---,
第66回日本体力医学会大会, 2011年9月.
95. 出口 憲市, 三浦 哉, 後藤 強 :
一過性の短時間インターバル形式の運動が動脈機能に及ぼす影響,
第66回日本体力医学会大会, 2011年9月.
96. 槇 幸実, 三浦 哉 :
一過性の上肢クランク運動が動脈スティフネスに及ぼす影響,
第66回日本体力医学会大会, 2011年9月.
97. 三浦 哉 :
酸素の消費・供給に関連するevidenceからのヘルスプロモーション,
第25回呼吸研究会, 2011年9月.
98. 北岡 和義, 三浦 哉, 吉﨑 和男 :
起立動作に先行する頸動脈血流速度の変動,
第19回日本運動生理学会大会, 2011年8月.
99. 三浦 哉 :
エビデンスに基づいた地域住民の健康づくり, --- 中高齢者の動脈機能の維持・改善のための運動プログラム ---,
第19回日本運動生理学会大会, 2011年8月.
100. 後藤 強, 三浦 哉, 出口 憲市 :
一過性レジスタンス運動時の呼吸法の違いが中心動脈スティフネスに及ぼす影響,
第19回日本運動生理学会大会, 2011年8月.
101. 槇 幸実, 三浦 哉, 小川 剛司 :
低酸素環境下での持久的運動時の活動筋酸素化レベルの特性,
第67回日本体力医学会中国・四国地方回大会, 2011年5月.
102. 三浦 哉 :
心筋梗塞から身を守る, --- 生活習慣病を防ぐ運動療法 ---,
第242回徳島医学会学術大会, 2011年2月.
103. 三浦 哉, 小林 麻衣 :
指,手を用いた運動プログラムが前頭部の酸素動態に及ぼす影響,
第1回四国体育・スポーツ学会, 2011年2月.
104. 後藤 強, 三浦 哉 :
変形性膝関節症患者の歩行速度の違いによる酸素動態の特性,
第1回四国体育・スポーツ学会, 2011年2月.
105. 佐川 英理, 三浦 哉, 後藤 強 :
異なる加圧による血流制限下での抵抗性運動時の酸素動態の特性,
体力科学, Vol.59, No.6, 937, 2010年12月.
106. 後藤 強, 三浦 哉, 出口 憲市 :
変形性膝関節症患者における歩行時の下腿部の酸素動態の特性,
体力科学, Vol.59, No.6, 925, 2010年12月.
107. 三浦 哉, 高橋 良徳 :
男子高校生の身体活動量が動脈スティフネスに及ぼす影響,
体力科学, Vol.59, No.6, 720, 2010年12月.
108. 佐川 英理, 三浦 哉 :
血流制限下での一過性抵抗運動時の酸素動態の特性,
第21回徳島県理学療法士学会, 2010年9月.
109. 佐川 英理, 三浦 哉, 後藤 強 :
異なる加圧による血流制限下での抵抗性運動時の酸素動態の特性,
第65回日本体力医学会大会, 2010年9月.
110. 後藤 強, 三浦 哉, 出口 憲市 :
変形性膝関節症患者における歩行時の下腿部の酸素動態の特性,
第65回日本体力医学会大会, 2010年9月.
111. 三浦 哉, 高橋 良徳 :
男子高校生の身体活動量が動脈スティフネスに及ぼす影響,
第65回日本体力医学会大会, 2010年9月.
112. 三浦 哉 :
FMD検査による運動時の血管内皮機能評価の試み,
運動と循環研究会, 2010年9月.
113. 三浦 哉 :
男子大学生の身体活動量が血管内皮機能に及ぼす影響,
第61回日本体育学会大会, 134, 2010年9月.
114. 三浦 哉, 的場 秀樹 :
短期間のトレーニングがⅠ度高血圧高齢者の動脈スティフネスに及ぼす影響,
第18回日本運動生理学会大会, 2010年7月.
115. Kazuyoshi Kitaoka, Hajime Miura, Mitsuo Kitamura, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Kazuo Yoshizaki :
Anticipatory changes in carotid blood flow velocity and cerebral blood flow preceds standing movement.,
第87回日本生理学会大会, May 2010.
116. Kazuyoshi Kitaoka, Hajime Miura, Mitsuo Kitamura, Masatake Akutagawa, Yohsuke Kinouchi and Kazuo Yoshizaki :
Anticipatory changes in carotid blood flow velocity and cerebral blood flow precede standing movement,
The Journal of Physiological Sciences, Vol.60, No.Supplement 1, S92, 2010.
117. 北岡 和義, 三浦 哉, 北村 光夫, 稲垣 明浩, 芥川 正武, 木内 陽介, 吉﨑 和男 :
起立動作時における予測的な脳血流量,総頸動脈血流速度の変化,
日本生理学雑誌, Vol.72, No.4, 126-127, 2010年.
118. 高橋 良徳, 三浦 哉 :
定期的な運動が高血圧症高齢者の脈波伝搬速度に及ぼす影響,
体力科学, Vol.58, No.6, 762, 2009年9月.
119. 三浦 哉, 高橋 良徳 :
日内変動,一過性運動および性周期が血流依存性血管拡張反応に及ぼす影響,
体力科学, Vol.58, No.6, 722, 2009年9月.
120. 星野 由美, 三浦 哉 :
口腔筋機能療法が咬筋の酸素動態に及ぼす影響,
日本歯科衛生学会, 2009年6月.
121. 三浦 哉 :
運動習慣と動脈機能との関係,
体力科学, Vol.57, No.4, 518, 2008年8月.
122. 三浦 哉 :
NIRSから検討した運動時骨格筋における酸素供給および消費の不均一性,
日本運動生理学会サテライトシンポジウム, 2008年7月.
123. 高橋 良徳, 三浦 哉 :
定期的な運動が高血圧高齢者の動脈スティフネスに及ぼす影響,
第61回日本体力医学会中国・四国地方会, 2008年6月.
124. 三浦 哉, 高橋 良徳, 中川 絵美 :
定期的な運動が高齢者の動脈スティフネスに及ぼす影響,
第53回四国公衆衛生学会, 2008年2月.
125. 三浦 哉, 高橋 良徳 :

体力科学, Vol.56, No.6, 829, 2007年9月.
126. 三浦 哉 :
運動頻度の違いが高齢者の動脈スティフネスに及ぼす影響, --- 第61回日本体力医学会(神戸国際会議場) ---,
体力科学, Vol.55, No.6, 639, 2006年12月.
127. 的場 秀樹, 三浦 哉 :
強度の異なるレジスタンス運動が血中レプチン及びアディポネクチンレベルに及ぼす影響について, --- 第61回日本体力医学会(神戸国際会議場) ---,
体力科学, Vol.55, No.6, p761, 2006年12月.
128. 三浦 哉 :
地方大学における地域活性化への参画のあり方と課題,
日本科学者会議四国シンポジウム, 2006年11月.
129. 三浦 哉, 中川 絵美, 青木 さくら, 丸岡 沙織 :
定期的な運動が高齢者の動脈スティフネスに及ぼす影響,
第56回中四国体力医学会, 2005年11月.
130. 三浦 哉 :
身体活動時の酸素消費および供給の特性,
中京大学体育研究所学術講演会, 2005年2月.
131. 三浦 哉, 田頭 涼子, 青木 さくら :
咀嚼頻度の違いが咬筋の酸素動態に及ぼす影響,
第11回医用近赤外線分光研究会, 2004年10月.
132. 三浦 哉, 染谷 成則, 川越 勇介, Chance Britton :
簡易精神作業時の前頭部の酸素動態の特性, --- COGNOSCOPEによる検討 ---,
第11回医用近赤外線分光研究会, 2004年10月.
133. 三浦 哉 :
低強度の抵抗性トレーニングが成人女性の動脈の形態およびスティフネスに及ぼす影響,
体力科学, Vol.53, No.6, 692, 2004年9月.
134. 三浦 哉, 村上 公一, 森本 忠興, 田上 周路, 早崎 芳夫 :
近赤外分光装置による乳房部の代謝測定,
第10回医用近赤外線分光法研究会, 2003年11月.
135. 三浦 哉, 中川 絵美 :
低強度抵抗性運動の介入が高齢者の大動脈スティフネスに及ぼす影響,
第58回日本体力医学会,体力科学, Vol.52, No.6, 887, 2003年9月.
136. 三浦 哉 :
高強度静的掌握運動時における前腕部の脈管および筋代謝状態,
第11回日本運動生理学会, Vol.9, No.4, 142, 2003年8月.
137. 三浦 哉 :
身体活動時の局所レベルでの酸素動態·脈管動態の特性,
体力科学 第50回日本体力医学会中国·四国地方会, Vol.52, No.5, 648, 2002年11月.
138. Hajime Miura and Emi Nakagawa :
Regional difference of oxygen supply and consumption in arm muscles during static exercise,
第57回日本体力医学会 体力科学, Vol.52, No.1, 20, Sep. 2002.
139. 田上 周路, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫, 三浦 哉 :
近赤外分光法を用いた人の運動計測のための多チャンネル酸素動態計測システム,
第49回応用物理学関係連合講演会, 2002年3月.
140. Hajime Miura :
Respiration and metabolism,
Conference on Perspective on Exercise and Circulation Research, Dec. 2001.
141. 田上 周路, 山本 裕紹, 早崎 芳夫, 西田 信夫, 三浦 哉 :
人の運動計測のための多チャンネル酸素動態測定システム,
第8回医用近赤外線分光法研究会, 26, 2001年11月.
142. 三浦 哉, 近藤 大輔, Kevin McCully, Britton Chance :
足関節底屈運動時の酸素動態に及ぼす膝用スポーツ装具の影響,
第8回医用近赤外線分光法研究会, 2001年11月.
143. 三浦 哉, 宮地 元彦 :
前腕の尺骨動脈の形態特性と近赤外線分光装置による酸素動態との関係,
第9回日本運動生理学会,, Vol.7, No.4, 169, 2001年7月.
144. 三浦 哉 :
オーバーリーチングと筋·骨 ∼オーバートレーニングとの境界を求めて∼,
第15回日本体力医学会近畿地方会, 体力科学, Vol.50, No.4, 543, 2001年1月.
145. 三浦 哉, 的場 秀樹 :
筋束長·羽状角からみた腓腹筋群の酸素動態の不均一性について,
第8回日本運動生理学会, 2000年7月.
146. 三浦 哉, Kevin McCully, Britton Chance :
Exercise-induced changes in oxygen status in calf muscle of elderly subjects with peripheral vascular disease using functional near infrared imaging machine,
第6回医用近赤外線分光法研究会, 1999年12月.
147. 三浦 哉, Britton Chance :
Functional Near Infrared Imaging装置による腓腹筋の酸素動態の不均一性について,
第7回日本運動生理学会, 1999年10月.
148. 三浦 哉, Kevin McCully, Britton Chance :
近赤外分光装置との比較からみたfNIR Imaging装置の有効性,
第54回日本体力医学会, 1999年9月.
149. Hajime Miura, Kevin McCully and Britton Chance :
Validity for measuring muscle oxygen status using fNIR imaging machine,
第14回呼吸研究会, Sep. 1999.
150. 緒方 美奈子, 三浦 哉, 的場 秀樹 :
持久的運動中に糖質溶液の摂取のパターンを変えることが運動中の血糖値の変化,糖質および脂質由来の消費カロリーに及ぼす影響ににつて, --- 第4回日本運動生理学会大会(中京大学) ---,
日本運動生理学雑誌, Vol.4, 24, 1997年7月.
151. 向井 智春, 三浦 哉, 的場 秀樹 :
自転車こぎ運動時の効率に及ぼすマラソンレースの影響, --- 日本体育学会徳島支部研究例会(徳島大学) ---,
日本体育学会徳島支部研究例会演題抄録, 7-8, 1997年.
152. 緒方 美奈子, 三浦 哉, 的場 秀樹 :
長時間運動後の全力運動performanceに及ぼす糖質溶液の摂取パターンの影響, --- 第51回日本体力医学会(広島) ---,
体力科学, Vol.45, 791, 1996年9月.

その他・研究会:

1. 出口 憲市, 三浦 哉, 江西 哲也, 佐藤 紀, 加藤 真介 :
歩行速度が食後血中グルコース濃度に及ぼす影響,
体力科学, Vol.63, 608, 2014年12月.
2. Hajime Miura :
Effects of short-term exercise training on arterial stiffness in elderly hypertensive females,
Advances in Exercise and Sports Physiology, Vol.20, No.4, 119, Dec. 2014.
3. 田村 靖明, 三浦 哉, 橋本 裕司, 松本 真己, 石川 みづき :
一過性の抵抗性運動後のストレッチングが動脈スティフネスに及ぼす影響,
体力科学, Vol.63, 581, 2014年12月.
4. 三浦 哉, 田村 靖明, 橋本 裕司 :
一過性の断眠が動脈機能に及ぼす影響,
体力科学, Vol.63, 576, 2014年12月.
5. 北岡 和義, 三浦 哉, 北村 光夫, 芥川 正武, 木内 陽介, 吉﨑 和男 :
起立に先行する総頸動脈血流速度の予測的変化,
第66回日本体力医学会中国・四国地方会大会, 2010年11月.
6. 星野 由美, 三浦 哉 :
硬度の異なる被検食咀嚼時の咬筋における酸素動態の特性,
第16回医用近赤外線分光法研究会, 2009年10月.
7. 三浦 哉, 高橋 良徳 :
近赤外分光装置を用いた動脈機能の測定評価の可能性,
第16回医用近赤外線分光法研究会, 2009年10月.
8. 三浦 哉, 井澤 ふみ, 藤澤 麻衣子, 浦野 妙子, Chance Britton :
多チャンネル型連続光NIRSシステムの開発と乳房部酸素動態測定への応用,
第12回医用近赤外線分光法研究会, 2006年10月.
9. 三浦 哉 :
Evidenceに基づいた健康づくり支援および実施体制,
徳島大学健康生活シンポジウム 「健康運動がささえる生活力」, 2006年3月.
10. 三浦 哉, 渡井口 和豪 :
静的膝伸展時の大腿部における酸素動態,血流量および筋放電量の特性,
第12回医用近赤外線分光法研究会, 2005年12月.

報告書:

1. Yuji Hashimoto, Hajime Miura, Yasuaki Tamura, Ayako Azuma and Mizuki Ishikawa :
Effects of a single leg-cycling exercise on the vascular endothelial function,
The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, Vol.5, No.6, 562, Dec. 2016.
2. Ayako Azuma, Hajime Miura, Yasuaki Tamura, Mizuki Ishikawa and Yuji Hashimoto :
Acute effects of oral antioxidants on the vascular endothelial function under passive smoking,
The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, Vol.5, No.6, 530, Dec. 2016.
3. Kenichi Deguchi, Hajime Miura and Shinsuke Katoh :
Effect of acute repetition exercise on the energy metabolism and blood glucose concentration in obese type 2 diabetes patient,
The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, Vol.5, No.6, 461, Dec. 2016.
4. Mizuki Ishikawa, Hajime Miura, Yasuaki Tamura, Yuji Hashimoto and Ayako Azuma :
Effect of an acute aerobic arm-crank exercise on the vascular endothelial function of the upper and lower limbs,
The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, Vol.5, No.6, 453, Dec. 2016.
5. Yasuaki Tamura, Hajime Miura, Yuji Hashimoto, Miduki Ishikawa and Ayako Azuma :
Effects of acute interval exercises consisting of different exercise intensities on the vascular endothelial function,
The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, Vol.5, No.6, 453, Dec. 2016.
6. Hajime Miura, Yasuaki Tamura, Yuji Hashimoto, Miduki Ishikawa and Ayako Azuma :
Influence of acute sleep deprivation on the vascular endothelial function in the daytime,
The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, Vol.5, No.6, 448, Dec. 2016.
7. 佐藤 充宏, 三浦 哉, 佐竹 昌之, 山口 鉄生, 行實 鉄平, 中塚 健太郎 :
三好市 子どもの体力向上に関する支援環境デザイン 小学校視察調査・保護者質問紙調査 報告書,
三好市・徳島大学地域連携調査研究, 1-32, 2015年3月.
8. 三浦 哉, 杉野 恵, 槇 幸美 :
短期間・低頻度のグループトレーニングが高齢者の血管内皮機能に及ぼす影響,
体力科学, Vol.62, No.6, 527, 2013年12月.
9. 杉野 恵, 三浦 哉 :
男子高校生の身体活動量の違いが血管内皮機能に及ぼす影響,
体力科学, Vol.62, No.6, 527, 2013年12月.
10. 出口 憲市, 三浦 哉 :
異なる運動強度で構成したインターバルトレーニングが動脈機能に及ぼす影響,
体力科学, Vol.62, No.6, 483, 2013年12月.
11. 三浦 哉 :
近赤外分光装置を用いた血管の機能評価方法の開発に関する研究,
健康医科学, Vol.22, 101-108, 2007年.
12. 三浦 哉 :
レジスタンストレーニング,
とくしまスポーツネット, 徳島, 2005年8月.
13. 三浦 哉 :
徳島県トップアスリートのフィットネスチェックについて,
徳島県トップアスリートのフィットネスチェックについて, 徳島, 2002年3月.
14. 三浦 哉, Kevin McCully, Britton Chance :
骨格筋酸素動態の不均一性と体力的個人差との関係,
小野スポーツ科学, Vol.8, 67-76, 東京, 2000年11月.
15. Shoko Nioka, Hajime Miura, Hong Long, A Perry, D Mooser and Britton Chance :
Functional muscle imaging in elite and untrained subjects,
Proceedings of SPIE, Vol.3597, 282-290, San Jose, Jan. 1999.
16. 三浦 哉, 北川 薫, 石河 利寛 :
トライアスロン競技の成績を決定する上での呼吸循環系能力からみた規定因子について,
デサントスポーツ科学, Vol.17, 190-197, 大阪, 1996年6月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 電気刺激と運動の併用による新たな運動プログラムの開発と高血圧症予防への応用 (研究課題/領域番号: 20K11361 )
  • 若年者の血管内皮機能に及ぼす身体活動量の影響 (研究課題/領域番号: 20500596 )
  • 循環器系疾患の危険因子を抑制するレジスタンストレーニングの開発に関する研究 (研究課題/領域番号: 15700441 )
  • 運動時の末梢血管の形態および機能からみた酸素供給システムに関する研究 (研究課題/領域番号: 13780025 )
  • 近赤外光を利用した新しいImagingシステムの開発と実用化に関する研究 (研究課題/領域番号: 11780023 )
  • トライアスロン競技時の活動筋における酸素動態の特性 (研究課題/領域番号: 08780085 )
  • 研究者番号(10274193)による検索