検索:
徳島大学 > 大学院社会産業理工学研究部 > 社会総合科学域 > 国際教養系 > 英語圏分野 >
徳島大学 > 総合科学部 > 社会総合科学科 > 国際教養コース >
徳島大学 > 総合科学部 > 人間文化学科 > 国際教養コース >
徳島大学 > 創成科学研究科 > 地域創成専攻 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

英文学 (English Literature)

研究テーマ

スウィフトの諷刺 (スウィフト, 諷刺 (satire)) (18世紀英国の諷刺家ジョナサン·スウィフト(Jonathan Swift)の作品を歴史的文化的社会的に様々な角度から考察する.)

著書・論文

著書:

1. 園井 英秀(編), 山内 暁彦 :
英文学と道徳, --- フウイヌムの美徳とヤフーの悪徳ー『ガリヴァ旅行記』における「人間性」について ---,
九州大学出版会, 福岡, 2005年3月.
2. 宮田 政徳, 河野 文昭, 桑原 淳, 水口 裕之, 森 和夫, 山内 暁彦 :
シラバス作成ハンドブック, --- 徳島大学FD推進ハンドブック ---,
大学開放実践センター, 徳島, 2002年12月.

学術論文(審査論文):

1. 山内 暁彦 :
フィリップ・K・ディックの『高い城の男』における個人の意思と諷刺の様態 — チルダン氏と田上氏を中心に —,
ハイペリオン, Vol.64, 1-19, 2018年.
(徳島大学機関リポジトリ: 112296)
2. 山内 暁彦 :
ピーター・パンと牧神「パン」,
ハイペリオン, Vol.59, 15-32, 2013年.
(徳島大学機関リポジトリ: 106050,   CiNii: 110009799511)
3. 山内 暁彦 :
Gulliver's Travelsに見られる老い—記憶力の衰えを中心に—,
ハイペリオン, Vol.58, 1-18, 2012年.
(徳島大学機関リポジトリ: 105667,   CiNii: 120005267212)

学術論文(紀要・その他):

1. 山内 暁彦 :
『ガリヴァ旅行記』と『セヴン』における「怒り」の特質について,
徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.24, 1-22, 2016年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109989)
2. 山内 暁彦 :
ジョージ・オーウェル『動物農場』の使用言語,
徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.23, 17-42, 2015年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109537)
3. 山内 暁彦 :
ジョージ・オーウェル『動物農場』の豚と馬,
徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.22, 19-44, 2014年.
(徳島大学機関リポジトリ: 106385)
4. 山内 暁彦 :
『ガリヴァ旅行記』における結婚・生殖・子女の教育について-スウィフトの理想とガリヴァの境遇-,
ハイペリオン, Vol.50, 9-19, 2014年.
5. 山内 暁彦 :
アーサー・マッケンの「パンの大神」の錯綜した形式について,
徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.21, 1-21, 2013年.
(徳島大学機関リポジトリ: 106213,   CiNii: 120005461758)
6. 山内 暁彦 :
『ケンジントン公園のピーター・パン』における諷刺,
徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.18, 17-36, 2010年.
(徳島大学機関リポジトリ: 73407,   CiNii: 110007975811)
7. 山内 暁彦 :
『トリストラム・シャンディ』第1巻第20章中の原注のレイアウトについて,
ハイペリオン, Vol.55, 1-16, 2009年.
(徳島大学機関リポジトリ: 66722,   CiNii: 110007595977)
8. 山内 暁彦 :
『不思議の国のアリス』の不安定感について,
ハイペリオン, Vol.54, 9-19, 2008年.
(徳島大学機関リポジトリ: 59213,   CiNii: 110007095014)
9. 山内 暁彦 :
ハンカチの舞台の謎, --- 『ガリヴァ旅行記』の細部に見られる不具合と解釈の可能性 ---,
徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.10, No.0, 1-33, 2003年.
(徳島大学機関リポジトリ: 449,   CiNii: 110004684675)
10. 山内 暁彦 :
『ガリヴァ旅行記』における「日本人」のイメージについて,
ハイペリオン, Vol.47, 11-20, 2001年.
(徳島大学機関リポジトリ: 29175)
11. 山内 暁彦 :
"A Lump of Deformity", --- 『ガリヴァ旅行記』における病気について ---,
徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.7, 17-44, 2000年.
(徳島大学機関リポジトリ: 412)
12. 山内 暁彦 :
Joseph HallのMundus Alter et Idemにおける諷刺とアレゴリーについて,
徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.6, 1-39, 1999年.
(徳島大学機関リポジトリ: 397)
13. 山内 暁彦 :
『リリパット渡航記』における「文書」について,
徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.4, 1-36, 1997年.
(徳島大学機関リポジトリ: 369)
14. Akihiko Yamauchi :
Humour in More's Utopia and Swift's Gulliver's Travels,
Journal of Language and Literature, Faculty of Integrated Arts and Sciences, The University of Tokushima, Vol.3, 89-101, 1997.
(徳島大学機関リポジトリ: 361)
15. 山内 暁彦 :
『ガリヴァ旅行記』におけるユートピア的要素,
徳島大学総合科学部言語文化研究, Vol.1, 1-17, 1994年.
(徳島大学機関リポジトリ: 329)
16. 山内 暁彦 :
スウィフト,諷刺,〈擬似ユートピア〉, --- 『ガリヴァ旅行記』の特異な世界 ---,
ハイペリオン, Vol.40, 53-73, 1993年.
(徳島大学機関リポジトリ: 10649)
17. 山内 暁彦 :
スウィフトの女性観について,
九大英文学, No.34, 19-34, 1991年.
18. 山内 暁彦 :
'Vain, Idle, Visionary Thoughts', --- A Modest Proposal におけるスウィフトの風刺 ---,
九大英文学, No.33, 17-35, 1991年.
19. 山内 暁彦 :
『桶物語』における風刺, --- その難解さとスウィフトの意図 ---,
九大英文学, No.32, 21-37, 1989年.
20. 山内 暁彦 :
『ガリヴァ旅行記』における語り手としてのガリヴァについて,
九大英文学, No.31, 43-59, 1988年.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)