検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 医学域 > 連携研究部門(医学域) > 寄附講座系(医学域) > 糖尿病・代謝疾患治療医学 > (researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

医学 (Medicine)

研究テーマ

インスリン細胞外ドメイン切断の分子メカニズム及び糖尿病との関連研究 (可溶性インスリン受容体 (soluble insulin receptor), インスリン抵抗性 (insulin resistance), 糖尿病 (diabetes))

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Kiyoe Kurahashi, Seika Inoue, Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda, Kana Morimoto, Ryoko Uemoto, Kazue Ishikawa, Takeshi Kondo, Tomoyuki Yuasa, Itsuro Endo, Masato Miyake, Seiichi Oyadomari, Toshio Matsumoto, Masahiro Abe, Hiroshi Sakaue and Ken-ichi Aihara :
The Role of Heparin Cofactor in the Regulation of Insulin Sensitivity and Maintenance of Glucose Homeostasis in Humans and Mice.,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, 2017.
(DOI: 10.5551/jat.37739,   PubMed: 28502917)
2. Tomoyuki Yuasa, Kikuko Amo-Shiinoki, Shuhei Ishikura, Mitsuyoshi Takahara, Takaaki Matsuoka, Hideaki Kaneto, Akio Kuroda, Munehide Matsuhisa and Seiichi Hashida :
Sequential cleavage of insulin receptor by calpain 2 and -secretase impairs insulin signalling.,
Diabetologia, Vol.59, No.12, 2711-2721, 2016.
(DOI: 10.1007/s00125-016-4102-5,   PubMed: 27695899,   Elsevier: Scopus)
3. Tomoyuki Yuasa, Kikuko Amo, Shuhei Ishikura, Hisao Nagaya, Keiji Uchiyama, Seiichi Hashida and Yousuke Ebina :
Development of in vitro model of insulin receptor cleavage induced by high glucose in HepG2 cells.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.445, No.1, 236-243, 2014.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2014.01.187,   PubMed: 24508798,   Elsevier: Scopus)
4. Tomoyuki Yuasa, Keiji Uchiyama, OGURA Yuko, Masafumi Kimura, TESHIGAWARA Kiyoshi, Toshio Hosaka, TANAKA Yoshinori, Toshiyuki Obata, SANO Hiroyuki, Kazuhiro Kishi and Yousuke Ebina :
The Rab GTPase-Activating Protein AS160 as a Common Regulator of Insulin- and Gαq-Mediated Intracellular GLUT4 Vesicle Distribution,
Endocrine Journal, Vol.56, No.3, 345-359, 2009.
(DOI: 10.1507/endocrj.K08E-216,   PubMed: 19139597)
5. L. Kyle Hoehn, Cordula Hohnen-Behrens, Anna Cederberg, E. Lindsay Wu, Nigel Turner, Tomoyuki Yuasa, Yousuke Ebina and E. David James :
IRS1-Independent Defects Define Major Nodes of Insulin Resistance,
Cell Metabolism, Vol.7, No.5, 421-433, 2008.
(DOI: 10.1016/j.cmet.2008.04.005,   PubMed: 18460333)
6. Toshiyuki Obata, Ichiro Yokota, Kazuhiro Yokoyama, Eiji Okamoto, Yoshiko Kanezaki, Yoshinori Tanaka, Hiroshi Maegawa, Kiyoshi Teshigawara, Fumiko Hirota, Tomoyuki Yuasa, Kazuhiro Kishi, Atsushi Hattori, Seiichi Hashida, Kazuhiko Masuda, Mitsuru Matsumoto, Toshio Matsumoto, Atsunori Kashiwagi and Yousuke Ebina :
Soluble insulin receptor ectodomain is elevated in the plasma of patients with diabetes mellitus.,
Diabetes, Vol.56, No.8, 2028-2035, 2007.
(DOI: 10.2337/db07-0394,   PubMed: 17563065)
7. Kazuhiro Kishi, Kazuaki Mawatari, K Sakai-Wakamatsu, Tomoyuki Yuasa, M Wang, M Ogura-Sawa, Yutaka Nakaya, S Hatakeyama and Yousuke Ebina :
APS-mediated Ubiquitination of the Insulin Receptor Enhances its Internalization but does not Induce its Degradation.,
Endocrine Journal, Vol.54, No.1, 77-88, 2007.
(DOI: 10.1507/endocrj.K06-056,   PubMed: 17102568)
8. Tomoyuki Yuasa, Rei Kakuhata, Kazuhiro Kishi, Toshiyuki Obata, Yasuo Shinohara, Yoshimi Bando, Keisuke Izumi, Fumiko Kajiura, Mitsuru Matsumoto and Yousuke Ebina :
Platelet-derived growth factor stimulates glucose transport in skeletal muscles of transgenic mice specifically expressing PDGF receptor in the muscle, but does not affect blood glucose levels,
Diabetes, Vol.53, No.11, 2776-2786, 2004.
(DOI: 10.2337/diabetes.53.11.2776,   PubMed: 15504957)
9. Yoshiko Kanezaki, Toshiyuki Obata, Rie Matsushima, Asako Minami, Tomoyuki Yuasa, Kazuhiro Kishi, Yoshimi Bando, Hisanori Uehara, Keisuke Izumi, Tasuku Mitani, Mitsuru Matsumoto, Yukari Takeshita, Yutaka Nakaya, Toshio Matsumoto and Yousuke Ebina :
KATP Channel Knockout Mice Crossbred with Transgenic Mice Expressing a Dominant-Negative Form of Human Insulin Receptor have Glucose Intolerance but not Diabetes,
Endocrine Journal, Vol.51, No.2, 133-144, 2004.
(DOI: 10.1507/endocrj.51.133,   PubMed: 15118262)
10. Kazuhiro Kishi, Tomoyuki Yuasa, Asako Minami, Mizuki Yamada, Akifumi Hagi, Hideki Hayashi, Bruce E. Kemp, Lee A. Witters and Yousuke Ebina :
AMP-Activated protein kinase is activated by the stimulations of G(q)-coupled receptors.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.276, No.1, 16-22, 2000.
(DOI: 10.1006/bbrc.2000.3417,   PubMed: 11006075,   Elsevier: Scopus)
11. Satoshi Noda, Kazuhiro Kishi, Tomoyuki Yuasa, Hideki Hayashi, Tetuso Ohnishi, Ikuko Miyata, Hiromu Nishitani and Yousuke Ebina :
Overexpression of wild-type Akt1 promoted insulin-stimulated p70S6 kinase (p70S6K) activity and affected GSK3 beta regulation, but did not promote insulin-stimulated GLUT4 translocation or glucose transport in L6 myotubes.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.47, No.1-2, 47-55, 2000.
(徳島大学機関リポジトリ: 25669,   PubMed: 10740979)

国際会議:

1. Kana Morimoto, Masuda Shiho, Kiyoe Kurahashi, Motoyuki Tamaki, Takeshi Kondo, Sumiko Yoshida, Tomoyuki Yuasa, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Akehi Yuko, Makoto Funaki, Seiji Fukumoto, Munehide Matsuhisa and Ken-ichi Aihara :
Identification of clinical determinants for coefficient of variation of - intervals in patients with type 2 diabetes.,
International Conference on Diabetes and Its Complications 2017, Baltimore, Nov. 2017.
2. Ken-ichi Aihara, Uemoto Ryoko, Ishikawa Kazue, Kana Morimoto, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Tomoyuki Yuasa and Masahiro Abe :
Heparin cofactor II, a serine protease inhibitor, is associated with albuminuria in humans and mice.,
International Conference on Diabetes and Its Complications 2017, Baltimore, Nov. 2017.
3. Kana Morimoto, Takahashi Yuka, Yamashita Saori, Kazue Ishikawa, Uemoto Ryoko, Sumiko Yoshida, Tomoyuki Yuasa and Ken-ichi Aihara :
Evaluation of Endothelial Function-associated Clinical Parameters and Whole Blood PCR Array Analysis in Patients with Lifestyle-related Diseases,
19th International Vascular Biology Meeting. Boston. USA, Nov. 2016.
4. TAKATA YASUNORI, KAWAMURA RYOICHI, ONUMA HIROSI, Tomoyuki Yuasa and OSAWA HARUHIKO :
Circulating Soluble Insulin Receptor Is Associated with Cardiac Dysfunction in Type 2 Diabetic Subjects,
American Diabetes Association 74th scientific sessions, SAN FRANCISCO,CA, Jun. 2014.
5. Tomoyuki Yuasa, Hisao Nagaya, Seiichi Hashida, Umehara Asako, Ichiro Yokota, Toshiyuki Obata and Yousuke Ebina :
Soluble insulin receptor ectodomain is elevated in the plasma of patients with diabetes.,
XI INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INSULIN RECEPTORS AND INSULIN ACTION, Naples, Oct. 2010.

国内講演発表:

1. 原 倫世, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一 :
原発性アルドステロン症におけるエプレレノンの血管機能への影響,
第51回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2019年7月.
2. 原 倫世, 上元 良子, 関根 明子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一 :
糖尿病性腎症における血漿ヘパリン コファクターII活性の臨床的意義,
第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2019年5月.
3. 秋田 賢子, 鶴尾 美穂, 森岡 隆子, 堀筋 冨士子, 上野 裕子, 斎村 玉緒, 藤島 周子, 奥村 慈子, 松本 幸恵, 福井 健壮, 堀貫 理恵, 森 久志, 細川 智也, 野上 貴盛, 森上 雄三, 橋本 章聖, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 寺澤 敏秀, 松久 宗英 :
糖尿病教育入院時の療養指導カードの使用についてのスタッフの評価,
日本糖尿病学会中国四国地方会第56回総会, 2018年10月.
4. 鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 湯浅 智之, 木内 美瑞穂, 曽我部 公子, 加部 一行, 瀬尾 浩二, 西 正晴, 松本 直也, 金川 泰彦, 安倍 正博, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀, 松久 宗英 :
リブレ使用糖尿病患者の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第56回総会, 2018年10月.
5. 乙田 敏城, 上元 良子, 関根 明子, 湯浅 智之, 粟飯原 賢一 :
糖尿病性腎臓病における血清suPAR の臨床的意義に関する検討,
本糖尿病学会中国四国地方会第56回総会, 2018年10月.
6. 乙田 敏城, 田蒔 基行, 髙士 祐一, 森本 佳奈, 湯浅 智之, 松久 宗英, 東 博之, 粟飯原 賢一 :
肥満合併2型糖尿病患者におけるSGLT2阻害薬の短期的臨床効果に関する検討,
第39回日本肥満学会, 2018年10月.
7. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 遠藤 ふうり, 筒井 康継, 原 倫世, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 遠藤 逸朗, 森本 佳奈, 黒田 暁生, 明比 祐子, 船木 真理, 松久 宗英, 福本 誠二, 安倍 正博 :
原発性アルドステロン症におけるミネラルコルチコイド受容体拮抗薬の血管機能への影響,
第18回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2018年9月.
8. 乙田 敏城, 田蒔 基行, 髙士 祐一, 森本 佳奈, 湯浅 智之, 松久 宗英, 東 博之, 粟飯原 賢一 :
SGLT2阻害薬の糖代謝および各種代謝指標への短期的効果に関する検討,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
9. 粟飯原 賢一, 上元 良子, 石川 カズ江, 森本 佳奈, 桝田 志保, 山上 綋規, 山口 佑樹, 原 倫世, 細井 美希, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英, 東 博之, 安倍 正博 :
生活習慣病患者の尿中酸化ストレス指標における糖尿病および薬物療法の影響,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
10. 乙田 敏城, 森本 佳奈, 湯浅 智之, 田蒔 基行, 東 博之, 粟飯原 賢一 :
SGLT2 阻害薬の短期臨床的効果に関する検討,
日本糖尿病学会 中国四国地方会 第55回総会, 2017年11月.
11. 斎村 玉緒, 鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 湯浅 智之, 加部 一行, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 山上 紘規, 近藤 剛史, 西 正晴, 松本 直也, 松本 俊夫, 安倍 正博, 寺澤 敏秀, 松久 宗英 :
フラッシュグルコースモニタリングシステムにより施設入所可能となった高齢1型糖尿病の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第55回総会抄録集, 2017年11月.
12. 鶴尾 美穂, 松本 俊夫, 黒田 暁生, 湯浅 智之, 加部 一行, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 井野口 卓, 山上 紘規, 松本 直也, 西 正晴, 寺澤 敏秀, 安倍 正博, 松久 宗英 :
SLADHを発症した高齢1型糖尿病の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第55回総会抄録集, 2017年11月.
13. 粟飯原 賢一, 森本 佳奈, 上元 良子, 石川 カズ江, 乙田 敏城, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 東 博之 :
生活習慣病患者における血管内皮機能の1年変化に影響を与える臨床指標の検討,
第50回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2017年7月.
14. 森本 佳奈, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博, 東 博之, 粟飯原 賢一 :
生活習慣病患者における血管内皮機能制御に関わる臨床指標の検討,
第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2017年7月.
15. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 森本 佳奈, 田蒔 基行, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠ニ, 松久 宗英 :
糖尿病教育入院での酸化ストレスマーカーの変化の検討,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会抄録集, 2017年5月.
16. 森本 佳奈, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠ニ, 松久 宗英, 安倍 正博, 粟飯原 賢一 :
糖尿病患者における自律神経機能をアルブミン尿の相互関連および各病態に影響を及ぼす因子解析,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年5月.
17. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 湯浅 智之, 福本 誠二, 安倍 正博 :
骨格筋におけるアンドロゲン受容体の耐糖能への影響,
第90回日本内分泌学会学術総会, 2017年4月.
18. 森本 佳奈, 高橋 優花, 山下 沙織, 上元 良子, 石川 カズ江, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 湯浅 智之, 松久 宗英, 東 博之, 安倍 正博, 粟飯原 賢一 :
生活習慣病患者の血管内皮機能に関わる因子の臨床的検討,
第90回日本内分泌学会学術集会抄録集, 2017年4月.
19. 山下 沙織, 吉田 守美子, 高橋 優花, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 森本 佳奈, 田蒔 基行, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 :
糖尿病教育入院における酸化ストレス減少に影響を及ぼす因子の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
20. 鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 湯浅 智之, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 松井 尚子, 細井 恵美子, 安倍 正博, 松本 俊夫, 松久 宗英, 寺澤 敏秀 :
γグロブリン療養後に一過性のGAD抗体価上昇がみられた糖尿病の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
21. 斎村 玉緒, 鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 近藤 剛史, 湯浅 智之, 木内 美瑞穂, 安倍 正博, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀, 松久 宗英 :
インスリンポンプの院内検定の試み,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
22. 森本 佳奈, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博, 粟飯原 賢一 :
糖尿病患者における心電図R-R間隔変動係数に影響を及ぼす因子の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
23. 高橋 優花, 山下 沙織, 吉田 守美子, 桝田 志保, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 湯浅 智之, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 福本 誠二, 東 博之, 安倍 正博, 粟飯原 賢一 :
生活習慣病患者における血管内皮機能正常群および低下群の臨床指標に関する検討,
第16回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2016年9月.
24. 橋本 晶慶, 鶴尾 美穂, 秋田 賢子, 森岡 隆子, 黒田 暁生, 湯浅 智之, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 松本 俊夫, 安倍 正博, 松久 宗英, 寺澤 敏秀 :
糖尿病教室のスタッフ間の相互評価による改善効果,
第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年5月.
25. 鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 近藤 剛史, 湯浅 智之, 木内 美瑞穂, 安倍 正博, 松本 俊夫, 松久 宗英, 寺澤 敏秀 :
Sensor Angmented Pump(SAP)療法が有効であった高齢1型糖尿病の1例,
第53回日本糖尿病学会中国四国地方会, 2015年10月.
26. 森岡 隆子, 鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 湯浅 智之, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 松本 俊夫, 松久 宗英, 寺澤 敏秀 :
SGLT2阻害薬が著効したprader,
第53回日本糖尿病学会中国四国地方会 米子コンベンションセンター, 2015年10月.
27. 後藤 廣平, 鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 伊澤 真弓, 木内 美瑞穂, 近藤 剛史, 湯浅 智之, 松本 俊夫, 松久 宗英, 寺澤 敏秀 :
SGLT2阻害薬の強化インスリン療法への併用効果の検討,
第58回日本糖尿病学会年次学術集会 口演, 2015年5月.
28. 浅井 廣平, 鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 湯浅 智之, 伊澤 真弓, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 松本 俊夫, 松久 宗英, 寺澤 敏秀 :
SGLT阻害薬の臨床効果の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第52回総会, 2014年10月.
29. 鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 湯浅 智之, 松本 直也, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 松本 俊夫, 松久 宗英, 寺澤 敏秀 :
SGLT2阻害薬が著効したPrader Willi syndrome 合併糖尿病の1例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第52回総会, 2014年10月.
30. 高田 康徳, 秋田 拓磨, 長尾 優, 川村 良一, 大村 裕, 湯浅 智之, 大澤 春彦 :
血中可溶性インスリン受容体(sIR)は糖尿病患者の心機能に関連する,
第57回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2014年5月.
31. 松本 幸恵, 鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 湯浅 智之, 秋田 賢子, 木内 美瑞穂, 近藤 剛史, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 :
糖尿病患者の考える指示エネルギー量,指示主食量の調査とその介入,
第57回日本糖尿病学会年次学術集会 口演, 2014年5月.
32. 松本 幸恵, 鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 湯浅 智之, 秋田 賢子, 木内 美瑞穂, 近藤 剛史, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 :
-,
第57回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2014年5月.
33. 鶴尾 美穂, 白神 敦久, 松久 宗英, 福島 泰江, 新谷 保実, 小松 まち子, 藤中 雄一, 天満 仁, 黒田 暁生, 安芸 菜奈子, 大島 康志, 金崎 淑子, 湯浅 智之, 近藤 絵里, 阿部 多賀子, 加藤 修司, 伊藤 祐司, 倉橋 清衛, 三浦 眞司, 野間 喜彦, 島 健二, 川島 周 :
地域糖尿病療養指導士(LCDE)の徳島県における発足と発展,
第57回日本糖尿病学会年次学術集会ポスター, 2014年5月.
34. 鶴尾 美穂, 白神 敦久, 松久 宗英, 福島 泰江, 新谷 保実, 小松 まち子, 藤中 雄一, 天満 仁, 黒田 暁生, 安芸 菜奈子, 大島 康志, 金崎 淑子, 湯浅 智之, 近藤 絵里, 阿部 多賀子, 加藤 修司, 伊藤 祐司, 倉橋 清衛, 三浦 眞司, 野間 喜彦, 島 健二, 川島 周 :
地域糖尿病療養指導士(LCDE)の徳島県における発足と発展,
第57回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2014年5月.
35. 松本 幸恵, 黒田 暁生, 秋田 賢子, 鶴尾 美穂, 木内 美瑞穂, 近藤 剛史, 湯浅 智之, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 :
主食の摂取状況調査,
日本糖尿病学会中国四国地方会第51回総会, 2013年11月.
36. 藤島 周子, 森岡 隆子, 高田 妙子, 岩谷 沙紀, 斎村 玉緒, 秋田 賢子, 松本 幸恵, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 :
当院の参加型糖尿病教室の取り組み,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
37. 伊澤 真弓, 黒田 暁生, 上野 裕子, 堀筋 富士子, 鶴尾 美穂, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 湯浅 智之, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 :
インスリン注入器に関する患者の意識調査,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
38. 鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 湯浅 智之, 松本 俊夫, 松久 宗英, 寺澤 敏秀 :
インスリン治療患者に対するチーム医療で行う段階的糖尿病療養指導の試み,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
39. 湯浅 智之, 松久 宗英, 橋田 誠一, 蛯名 洋介 :
可溶性インスリン受容体が担うインスリン抵抗性の可能性,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会 特別シンポジウム3, 2013年5月.
40. 奥村 滋子, 黒田 暁生, 片田 英子, 澤井 敏子, 鶴尾 美穂, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 湯浅 智之, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 :
運転中の低血糖についての意識調査,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
41. 伊澤 真弓, 黒田 暁生, 上野 裕子, 鶴尾 美穂, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 湯浅 智之, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 :
インスリン注入器に関する患者の意識調査,
日本糖尿病学会中国四国地方会第50回総会, 2012年11月.
42. 奥村 滋子, 黒田 暁生, 片田 英子, 鶴尾 美穂, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 湯浅 智之, 松本 直也, 笠松 哲司, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 :
運転中の低血糖についての意識調査,
日本糖尿病学会中国四国地方会第50回総会, 2012年11月.
43. 鶴尾 美穂, 寺澤 敏秀, 木戸 里佳, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 近藤 剛史, 笠松 哲司, 近藤 絵里, 木内 美瑞穂, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫, 赤池 雅史 :
粥状動脈硬化病変を呈した高Lp(a)血症合併糖尿病の姉妹例,
第55回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月.
44. 上野 裕子, 堀筋 富士子, 森岡 隆子, 鶴尾 美穂, 湯浅 智之, 木戸 里佳, 吉田 守美子, 木内 美瑞穂, 近藤 剛史, 近藤 絵里, 笠松 哲司, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 :
サイトローテーションシート(SLS)を使用したインスリン自己注射の指導,
第55回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月.
45. 秋田 賢子, 鶴尾 美穂, 木戸 里佳, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 木内 美瑞穂, 近藤 剛史, 笠松 哲司, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 :
カーボカウントを導入した高齢1型糖尿病の3例,
第55回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月.
46. 湯浅 智之 :
新規糖尿病関連分子可溶性インスリン受容体の基礎と臨床,
第57回日本臨床検査医学会中国・四国支部総会,第152回日本臨床化学会中国支部例会・総会,第22回日本臨床化学会四国支部例会・総会,第8回合同地方会, 2012年2月.
47. 湯浅 智之, 鶴尾 美穂, 藤中 雄一, 木戸 里佳, 吉田 守美子, 木内 美瑞穂, 瀬尾 浩二, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 :
遺伝性球状赤血球症による続発性ヘモクロマトーシスを起因とする糖尿病の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第49回総会, 2011年11月.
48. 木戸 里佳, 鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 瀬尾 浩二, 笠松 哲司, 松本 俊夫, 松久 宗英, 寺沢 敏秀 :
カーボカウント併用CS11療法が有効であった高齢発症1型糖尿病症例,
日本糖尿病学会 中国四国地方会第49回総会, 2011年11月.
49. 堀筋 富士子, 森岡 隆子, 片田 英子, 鶴尾 美穂, 木戸 里佳, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺沢 敏秀 :
サイトローテーションシート(SLS)を使用したインスリン自己注射の指導,
日本糖尿病学会 中国四国地方会第49回総会, 2011年11月.
50. 秋田 賢子, 木戸 里佳, 鶴尾 美穂, 吉田 守美子, 木内 美瑞穂, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺沢 敏秀 :
カーボカウントを導入した高齢1型糖尿病の3例,
日本糖尿病学会 中国四国地方会第49回総会, 2011年11月.
51. 鶴尾 美穂, 寺沢 敏秀, 木戸 里佳, 湯浅 智之, 吉田 守美子, 笠松 哲司, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫, 赤池 雅史 :
粥状動脈硬化病変を呈した糖尿病合併高Lp(a)血症の姉妹例,
日本糖尿病学会 中国四国地方会第49回総会, 2011年11月.
52. 木戸 里佳, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 瀬尾 浩二, 笠松 哲司, 松本 俊夫, 松久 宗英, 鶴尾 美穂, 寺沢 敏秀 :
カーボカウント併用CSⅡ療法が用効であった高齢発症1型糖尿病の2症例,
第54回日本糖尿病学会年次学術集会, 2011年5月.
53. 森岡 隆子, 上野 裕子, 堀筋 富士子, 澤井 敏子, 藤島 周子, 奥村 滋子, 伊澤 真弓, 片田 英子, 秋田 賢子, 木戸 里佳, 吉田 守美子, 木内 美瑞穂, 笠松 哲司, 湯浅 智之, 鶴尾 美穂, 寺沢 敏秀, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
インスリン治療を行っている高齢糖尿病患者の療養指導について,
第54回日本糖尿病学会年次学術集会, 2011年5月.
54. 本島 寛之, 湯浅 智之, 堤 厚之, 井形 元維, 近藤 龍也, 河島 淳司, 松村 剛, 福永 麻希子, 前田 貴子, 川崎 修二, 花谷 聡子, 石井 規夫, 下田 誠也, 古川 昇, 水流添 覚, 西川 武志, 蛯名 洋介, 荒木 栄一 :
短期血糖コントロール指標としての血中可用性インスリン受容体 -ステロイドによる糖代謝悪化を検出できるのか-,
第54回日本糖尿病学会年次学術集会, Vol.54, No.sup1, S119, 2011年5月.
55. 木戸 里佳, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 瀬尾 浩二, 笠松 哲司, 寺澤 敏秀, 鶴尾 美穂 :
CSIIとカーボカウントにより良好な血糖コントロールを得られた1型糖尿病症例,
第48回日本糖尿病学会中国四国地方会総会, 2010年10月.
56. 高田 妙子, 岩谷 沙紀, 伊澤 真, 片田 英子, 藤島 周子, 澤井 敏子, 森岡 隆子, 堀筋 富士子, 上野 裕子, 奥村 滋子, 秋田 賢子, 小賀野 桃子, 木戸 里佳, 湯浅 智之, 笠松 哲司, 三原 正朋, 吉田 守美子, 木内 美瑞穂, 高木 純子, 瀬尾 浩二, 鶴尾 美穂, 寺澤 敏秀 :
糖尿病教育入院による心理状態の変化について(PAIDを用いた教育入院前後の意識調査),
第53回日本糖尿病学会学術総会, 2010年5月.
57. 高田 浩史, 井上 眞理, 池田 幸雄, 石橋 綾子, 公文 義雄, 湯浅 智之, 蛯名 洋介, 寺田 典生 :
2型糖尿病患者における血中インスリン受容体αサブユニット濃度の検討,
第53回日本糖尿病学会年次学術集会, 2010年5月.
58. 本島 寛之, 湯浅 智之, 西川 武志, 下田 誠也, 近藤 龍也, 河島 淳司, 松村 剛, 後藤 理英子, 大久保 美那, 前田 貴子, 武田 佳代, 山城 武司, 川崎 修二, 堤 厚之, 石井 規夫, 久木留 大介, 古川 昇, 水流添 覚, 宮村 信博, 蛯名 洋介, 橋田 誠一 :
短期血糖コントロール指標としての血中可溶性インスリン受容体αサブユニットの有用性,
第53回日本糖尿病学会年次学術集会, 2010年5月.
59. 秋田 賢子, 小賀野 桃子, 寺澤 敏秀, 木戸 里佳, 笠松 哲司, 鶴尾 美穂, 湯浅 智之 :
療養指導困難な糖尿病患者に対する栄養指導,
第13回日本病態栄養学会年次学術集会, 2010年1月.
60. 木戸 里佳, 藤中 雄一, 寺澤 敏秀, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 瀬尾 浩二, 笠松 哲司, 松本 俊夫, 鶴尾 美穂 :
インスリン治療中に副腎不全および粘液水腫を合併し,意識障害を伴う低血糖を繰り返した一例,
第101回日本内科学会四国地方会, 2009年11月.
61. 木戸 里佳, 三原 正朋, 寺澤 敏秀, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 瀬尾 浩二, 笠松 哲司, 鶴尾 美穂 :
当院でCSIIを導入した1型糖尿病の4症例についての臨床的検討,
第47回日本糖尿病学会中国四国地方会, 2009年11月.
62. 本島 寛之, 河島 淳司, 下田 誠也, 前田 貴子, 大久保 美那, 西川 武志, 宮村 信博, 荒木 栄一, 湯浅 智之, 蛯名 洋介 :
血中インスリン受容体αサブユニットは血糖コントロールを反映する,
第287回 日本内科学会九州地方会例会, 2009年11月.
63. 本島 寛之, 湯浅 智之, 河島 淳司, 下田 誠也, 前田 貴子, 久木留 大介, 大久保 美那, 榊田 光倫, 蛯名 洋介, 西川 武志, 荒木 栄一 :
可溶性インスリン受容体αサブユニットは血糖値および血糖指標と相関する,
第47回 日本糖尿病学会九州地方会, 2009年10月.
64. 鶴尾 美穂, 寺澤 敏秀, 三原 正明, 湯浅 智之, 江尻 純子, 笠松 哲司, 瀬尾 浩二, 木内 美瑞穂, 工藤 美千代, 吉田 守美子, 赤池 雅史 :
著名な高Lp(a)血症を合併した糖尿病患者における血管障害の検討,
第52回日本糖尿病学会年次学術集会, 2009年5月.
65. 笠松 哲司, 三原 正明, 寺澤 敏秀, 湯浅 智之, 江尻 淳子, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 鶴尾 美穂 :
糖尿病患者における骨密度の検討,
第52回日本糖尿病学会年次学術集会, 2009年5月.
66. Tomoyuki Yuasa, Toshiyuki Obata, Ichiro Yokota, Eiji Okamoto, Yoshiko Kanezaki, Hiroshi Maegawa, Fumiko Hirota, Kazuhiro Kishi, Seiichi Hashida, Hisao Nagaya, Ogura Yuko, Masuda Kazuhiko, Mitsuru Matsumoto, Toshio Matsumoto, Atsunori Kashiwagi and Yousuke Ebina :
Soluble insulin receptor ectodomain is elevated in the plasma of patients with diabetes.,
International Symposium on Diabetes - Kickoff of Hannover-Tokushima Research Communiation, Mar. 2009.

その他・研究会:

1. 湯浅 智之, 小畑 利之, 横田 一郎, 岡本 英治, 長屋 寿雄, 橋田 誠一, 前川 聡, 柏木 厚典, 松本 満, 松本 俊夫, 岸 和弘, 蛯名 洋介 :
可溶性インスリン受容体細胞外ドメイン(sIRα)は高血糖に相関して血中濃度が高まる,
第7回 1型糖尿病研究会, 2009年11月.
2. Tomoyuki Yuasa, Seiji Yano, Yasuhiko Nishioka, Yoshiaki Kubo, Masayuki Takahashi, Hiroyoshi Nakatsuji, Hisao Nagaya, Hiro-omi Kanayama, Seiji Arase, Saburo Sone and Yousuke Ebina :
Soluble insulin receptor ectodomain in the plasma is a possible broad-spectrum tumor marker,
第68回 日本癌学会学術総会記事, 450, Oct. 2009.
3. 湯浅 智之, 小畑 利之, 矢野 聖二, 岡本 英治, 西岡 安彦, 久保 宜明, 高橋 正幸, 中逵 弘能, 長屋 寿雄, 金山 博臣, 荒瀬 誠治, 曽根 三郎, 蛯名 洋介 :
可溶化インスリン受容体細胞外ドメイン(sIR)は癌患者血清中で増加している,
第29回 日本分子腫瘍マーカー研究会 プログラム, 70-71, 2009年9月.
4. 本島 寛之, 西川 武志, 湯浅 智之, 河島 淳司, 後藤 理英子, 小野 薫, 花谷 聡子, 木下 博之, 川崎 修二, 堤 厚之, 児島 協, 松村 剛, 近藤 龍也, 宮村 信博, 蛯名 洋介, 荒木 栄一 :
血中インスリン受容体αサブユニット量は血糖コントロール指標となりうるか?,
第52回 日本糖尿病学会年次学術集会, Vol.52, No.1, S-294, 2009年5月.
5. 湯浅 智之, 鶴尾 美穂, 工藤 美千代, 三原 正朋, 江尻 純子, 瀬尾 浩二, 寺澤 敏秀 :
メトホルミン投与により高乳酸血症とケトーシスを併発した2型糖尿病の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第46回総会, 2008年11月.
6. Tomoyuki Yuasa, Toshiyuki Obata, Ichiro Yokota, Eiji Okamoto, Yoshiko Kanezaki, Hiroshi Maegawa, Fumiko Hirota, Kazuhiro Kishi, Seiichi Hashida, Hisao Nagaya, Ogura Yuko, Masuda Kazuhiko, Mitsuru Matsumoto, Toshio Matsumoto, Atsunori Kashiwagi and Yousuke Ebina :
Soluble insulin receptor ectodomain is elevated in the plasma of patients with diabetes.,
The 1st Insulin Resistance in Metabolic Disease Forum, Aug. 2008.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • インスリン受容体切断機構による糖尿病関連疾患群の共通基盤の解明 (研究課題/領域番号: 19K09027 )
  • インスリン受容体2段階切断機構がもたらす病態メカニズムの解明 (研究課題/領域番号: 15K09391 )
  • インスリン受容体切断の分子機構とその病態生理学的意義の解明 (研究課題/領域番号: 24790317 )
  • 血中インスリンは可溶性インスリン受容体と結合し一部不活化されている? (研究課題/領域番号: 23659156 )
  • インスリン受容体細胞外ドメイン切断とその臨床的意義の解明 (研究課題/領域番号: 22790317 )
  • インスリンシグナル伝達の分子機構と糖尿病 (研究課題/領域番号: 20390095 )
  • インスリンシグナル伝達の分子機構と糖尿病 (研究課題/領域番号: 18390104 )
  • インスリン受容体細胞内ドメインは転写因子となりうるのか? (研究課題/領域番号: 17659085 )
  • 血中遊離インスリン受容体αサブユニットの存在意義と遊離メカニズムの解明 (研究課題/領域番号: 17590269 )
  • インスリンシグナル伝達の分子機構と糖尿病 (研究課題/領域番号: 16390097 )
  • APSノックアウトマウスは肥満によるインスリン抵抗性を回避できる (研究課題/領域番号: 16046215 )
  • ヒト血清中に可溶性インスリンレセプターは存在するか? (研究課題/領域番号: 15659079 )
  • APSノックアウトマウスを用いたインスリンシグナル伝達機構の解明 (研究課題/領域番号: 15590249 )
  • ヒトインスリン受容体高次構造解析 (研究課題/領域番号: 15570099 )
  • インスリンシグナル伝達の分子機構と糖尿病 (研究課題/領域番号: 14370045 )
  • PDGF投与により血糖値が下がるマウスを作れるか? (研究課題/領域番号: 13877018 )
  • プロテオーム解析による新規インスリン反応性リン酸化蛋白質cDNAの発見 (研究課題/領域番号: 13680691 )
  • インスリンを介さない細胞内グルコース取り込み促進の分子メカニズムの解明 (研究課題/領域番号: 13670144 )
  • ゲノム情報を利用した新規糖尿病治療薬の開発 (研究課題/領域番号: 13557011 )
  • II型糖尿病の遺伝要因のゲノム的解析と分子病態の解明 (研究課題/領域番号: 13204065 )
  • インスリンシグナル伝達の分子機構と糖尿病 (研究課題/領域番号: 12470027 )
  • II型糖尿病の遺伝要因のゲノム的解析と分子病態の解明 (研究課題/領域番号: 12204082 )
  • 肝臓におけるインスリン作用不全がII型糖尿病発症の真の原因か? (研究課題/領域番号: 11877028 )
  • インスリンシグナル伝達転換マウスの作製 (研究課題/領域番号: 10878097 )
  • 糖尿病早期発見のための新規簡易診断法の開発 (研究課題/領域番号: 10557019 )
  • インスリンシグナル伝達の分子機構と糖尿病 (研究課題/領域番号: 10470032 )
  • インスリン受容体とその作用メカニズムの解析 (研究課題/領域番号: 10169246 )
  • 研究者番号(50304556)による検索