検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 薬学域 > 薬科学部門 > 生命薬学系 > 医薬品情報学 >
徳島大学 > 薬学部 > 薬学科 > 臨床薬学講座 > 医薬品情報学 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704025 個別化医療の実現に向けた,医薬品による副作用発現予測遺伝子マーカーの同定 >
徳島大学 > 薬科学教育部 > 薬学専攻 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

人類遺伝学 (Human Genetics)

研究テーマ

疾患感受性及び薬剤応答性関連遺伝子の探索と機能解析, 医薬品適正使用に向けた疫学的研究 (Y染色体 (Y chromosome), 男性不妊症, ファーマコゲノミクス)

著書・論文

著書:

1. 佐藤 陽一 :
第4章2 製薬企業が市販後に提供・構築する情報,
株式会社 南山堂, 2019年10月.

学術論文(審査論文):

1. Tomoko Otani, Yasuko Kase, Kazufumi Kunitomo, Kazumi Shimooka, Mitsugu Naoe, Hiroko Yamamoto, Kazuyoshi Kawazoe, Youichi Sato and Aiko Yamauchi :
Novel formula using triceps skinfold thickness to revise the Cockcroft-Gault equation for estimating renal function in Japanese bedridden elderly patients,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.65, No.3-4, 195-202, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112237,   DOI: 10.2152/jmi.65.195,   PubMed: 30282860,   Elsevier: Scopus)
2. Tomoko Otani, Yasuko Kase, Kazufumi Kunitomo, Kazumi Shimooka, Mitsugu Naoe, Hiroko Yamamoto, Kazuyoshi Kawazoe, Youichi Sato and Aiko Yamauchi :
What is the correct adjustment protocol for serum creatinine value to reflect renal function in bedridden elderly patients?,
The Japanese Journal of Nephrology and Pharmacotherapy, Vol.7, No.1, 3-12, 2018.
(DOI: 10.24595/jjnp.7.1_3)
3. Youichi Sato, Atsushi Tajima, Takehiro Sato, Shiari Nozawa, Miki Yoshiike, Issei Imoto, Aiko Yamauchi and Teruaki Iwamoto :
Genome-wide association study identifies ERBB4 on 2q34 as a novel locus associated with sperm motility in Japanese men.,
Journal of Medical Genetics, Vol.55, No.6, 415-421, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113933,   DOI: 10.1136/jmedgenet-2017-104991,   PubMed: 29453196)
4. Youichi Sato, Chise Hasegawa, Atsushi Tajima, Shiari Nozawa, Miki Yoshiike, Eitetsue Koh, Jiro Kanaya, Mikio Namiki, Kiyomi Matsumiya, Akira Tsujimura, Kiyoshi Komatsu, Naoki Itoh, Jiro Eguchi, Aiko Yamauchi and Teruaki Iwamoto :
Association of TUSC1 and DPF3 gene polymorphisms with male infertility,
Journal of Assisted Reproduction and Genetics, Vol.35, No.2, 257-263, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113935,   DOI: 10.1007/s10815-017-1052-x,   PubMed: 28975488)
5. Youichi Sato, Atsushi Tajima, Motoki Katsurayama, Shiari Nozawa, Miki Yoshiike, Eitetsue Koh, Jiro Kanaya, Mikio Namiki, Kiyomi Matsumiya, Akira Tsujimura, Kiyoshi Komatsu, Naoki Itoh, Jiro Eguchi, Issei Imoto, Aiko Yamauchi and Teruaki Iwamoto :
An independent validation study of three single nucleotide polymorphisms at the sex hormone-binding globulin locus for testosterone levels identified by genome-wide association studies,
Human Reproduction Open, Vol.2017, No.1, 1-8, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111006,   DOI: 10.1093/hropen/hox002)
6. Kiyotake Yamamoto, Hiroyuki Mizuguchi, Natsumi Tokashiki, Makoto Kobayashi, Motoyuki Tamaki, Youichi Sato, Hiroyuki Fukui and Aiko Yamauchi :
Protein kinase C- signaling regulates glucagon secretion from pancreatic islets,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.64, No.1,2, 122-128, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111099,   DOI: 10.2152/jmi.64.122,   PubMed: 28373608)
7. 十塚 正治, The Super Science High School Consortium, 佐藤 陽一, 田中 雅嗣 :
スーパーサイエンスハイスクール(SSH)コンソーシアムによる日本人のY染色体とミトコンドリアDNAハプログループ地域分布調査,
Anthropological Science (Japanese Series), Vol.124, No.2, 85-91, 2016年.
(DOI: 10.1537/asj.161018)
8. Youichi Sato, Atsushi Tajima, Motoki Katsurayama, Shiari Nozawa, Miki Yoshiike, Eitetsue Koh, Jiro Kanaya, Mikio Namiki, Kiyomi Matsumiya, Akira Tsujimura, Kiyoshi Komatsu, Naoki Itoh, Jiro Eguchi, Issei Imoto, Aiko Yamauchi and Teruaki Iwamoto :
A replication study of a candidate locus for follicle-stimulating hormone levels and association analysis for semen quality traits in Japanese men,
Journal of Human Genetics, Vol.61, No.11, 911-915, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 109999,   DOI: 10.1038/jhg.2016.82,   PubMed: 27357427)
9. Masaya Denda, Takuya Morisaki, Taiki Kohiki, Jun Yamamoto, Kohei Sato, Ikuko Sagawa, Tsubasa Inokuma, Youichi Sato, Aiko Yamauchi, Akira Shigenaga and Akira Otaka :
Labelling of endogenous target protein via N-S acyl transfer-mediated activation of N-sulfanylethylanilide,
Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.14, 6244-6251, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 111885,   DOI: 10.1039/C6OB01014H)
10. Mohammad Jabasini, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS, Youichi Sato, Yutaka Nakahori and Yoshinobu Baba :
Anomalous Separation of Small Y-Chromosomal DNA Fragments on Microchip Electrophoresis,
Scientia Pharmaceutica, Vol.84, No.3, 507-513, 2016.
(DOI: 10.3390/scipharm84030507,   PubMed: 28117316)
11. Youichi Sato, Atsushi Tajima, Kouki Tsunematsu, Shiari Nozawa, Miki Yoshiike, Eitetsue Koh, Jiro Kanaya, Mikio Namiki, Kiyomi Matsumiya, Akira Tsujimura, Kiyoshi Komatsu, Naoki Itoh, Jiro Eguchi, Issei Imoto, Aiko Yamauchi and Teruaki Iwamoto :
Lack of replication of four candidate SNPs implicated in human male fertility traits: a large-scale population-based study,
Human Reproduction, Vol.30, No.6, 1505-1509, 2015.
(DOI: 10.1093/humrep/dev081,   PubMed: 25908655,   Elsevier: Scopus)
12. Youichi Sato, Atsushi Tajima, Kouki Tsunematsu, Shiari Nozawa, Miki Yoshiike, Eitetsue Koh, Jiro Kanaya, Mikio Namiki, Kiyomi Matsumiya, Akira Tsujimura, Kiyoshi Komatsu, Naoki Itoh, Jiro Eguchi, Issei Imoto, Aiko Yamauchi and Teruaki Iwamoto :
An association study of four candidate loci for human male fertility traits with male infertility,
Human Reproduction, Vol.30, No.6, 1510-1514, 2015.
(DOI: 10.1093/humrep/dev088,   PubMed: 25908656,   Elsevier: Scopus)
13. Youichi Sato, Toshikatsu Shinka, Shiari Nozawa, Miki Yoshiike, Eitetsue Koh, Jiro Kanaya, Mikio Namiki, Kiyomi Matsumiya, Akira Tsujimura, Kiyoshi Komatsu, Naoki Itoh, Jiro Eguchi, Aiko Yamauchi, Teruaki Iwamoto and Yutaka Nakahori :
Y chromosome haplogroup D2a1 is significantly associated with high levels of luteinizing hormone in Japanese men,
Andrology, Vol.3, No.3, 520-525, 2015.
(DOI: 10.1111/andr.12026,   PubMed: 25858496,   Elsevier: Scopus)
14. Youichi Sato, Toshikatsu Shinka, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS, Aiko Yamauchi, Teruaki Iwamoto and Yutaka Nakahori :
Overview of genetic variation in the Y chromosome of modern Japanese males,
Anthropological Science, Vol.122, No.3, 131-136, 2014.
(DOI: 10.1537/ase.140709,   Elsevier: Scopus)
15. Youichi Sato, Takanobu Kamada and Aiko Yamauchi :
The role of dipeptidyl peptidase 4 (DPP4) in the preservation of renal function: DPP4 involvement in hemoglobin expression,
The Journal of Endocrinology, Vol.223, No.2, 133-142, 2014.
(DOI: 10.1530/JOE-14-0016,   PubMed: 25122001)
16. Jun Yamamoto, Nami Maeda, Chiaki Komiya, Tomohiro Tanaka, Masaya Denda, Koji Ebisuno, Wataru Nomura, Hirokazu Tamamura, Youichi Sato, Aiko Yamauchi, Akira Shigenaga and Akira Otaka :
Development of a fluoride-responsive amide bond cleavage device that is potentially applicable to a traceable linker,
Tetrahedron, Vol.70, No.34, 5122-5127, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 111908,   DOI: 10.1016/j.tet.2014.05.110,   Elsevier: Scopus)
17. Youichi Sato, Iwamoto Teruaki, Toshikatsu Shinka, Nozawa Shiari, Yoshiike Miki, Koh Eitetsue, Kanaya Jiro, Namiki Mikio, Matsumiya Kiyomi, Tsujimura Akira, Komatsu Kiyoshi, Itoh Naoki, Eguchi Jiro, Aiko Yamauchi and Yutaka Nakahori :
Y chromosome gr/gr subdeletion is associated with lower semen quality in young men from the general Japanese population but not in fertile Japanese men,
Biology of Reproduction, Vol.90, No.6, 116, 2014.
(DOI: 10.1095/biolreprod.114.118810,   PubMed: 24759788,   Elsevier: Scopus)
18. Mai Nagao, Youichi Sato and Aiko Yamauchi :
Meta-Analysis of Interleukin Polymorphisms and NSAID Usage Indicates Correlations to the Risk of Developing Cancer,
International Journal of Genomic Medicine, Vol.2, No.1, 1000113, 2014.
(DOI: 10.4172/2332-0672.1000113)
19. Nagao Mai, Youichi Sato and Aiko Yamauchi :
A meta-analysis of the association of PPARγ rs1801282 polymorphism and NSAID usage with the risk of developing cancer,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.37, No.6, 1062-1067, 2014.
(DOI: 10.1248/bpb.b14-00160,   PubMed: 24882418,   CiNii: 130004147354,   Elsevier: Scopus)
20. Jun Yamamoto, Masaya Denda, Nami Maeda, Miku Kita, Chiaki Komiya, Tomohiro Tanaka, Wataru Nomura, Hirokazu Tamamura, Youichi Sato, Aiko Yamauchi, Akira Shigenaga and Akira Otaka :
Development of a traceable linker containing a thiol-responsive amino acid for the enrichment and selective labelling of target proteins,
Organic & Biomolecular Chemistry, Vol.12, No.23, 3821-3826, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 111911,   DOI: 10.1039/C4OB00622D,   PubMed: 24806338,   Elsevier: Scopus)
21. Mai Nagao, Youichi Sato and Aiko Yamauchi :
A Meta-Analysis of PTGS1 and PTGS2 Polymorphisms and NSAID Intake on the Risk of Developing Cancer,
PLoS ONE, Vol.8, No.8, e71126, 2013.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0071126,   PubMed: 23967159)
22. Youichi Sato, Toshikatsu Shinka, Teruaki Iwamoto, Aiko Yamauchi and Yutaka Nakahori :
Y chromosome haplogroup D2* lineage is associated with azoospermia in Japanese males,
Biology of Reproduction, Vol.88, No.4, 107, 2013.
(DOI: 10.1095/biolreprod.112.105718,   PubMed: 23467741)
23. Youichi Sato, Timothy Jinam, Teruaki Iwamoto, Aiko Yamauchi, Issei Imoto, Ituro Inoue and Atsushi Tajima :
Replication study and meta-analysis of human nonobstructive azoospermia in Japanese populations,
Biology of Reproduction, Vol.88, No.4, 87, 2013.
(DOI: 10.1095/biolreprod.112.106377,   PubMed: 23467743)
24. Yasushi Kirino, Masako Sei, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi and Youichi Sato :
Plasma dipeptidyl peptidase 4 activity correlates with body mass index and the plasma adiponectin concentration in healthy young people,
Endocrine Journal, Vol.59, No.10, 949-953, 2012.
(DOI: 10.1507/endocrj.EJ12-0158,   PubMed: 22785237)
25. Yutaka Nakahori, Youichi Sato, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS, Teruaki Iwamoto, Toshikatsu Shinka, Shiari Nozawa, Miki Yoshiike, Xin-Jun Yang, Masako Sei, Mikio Namiki, Eitetsu Kou, Naoki Ito, Kiyoshi Komatsu, Kiyomi Matsumiya and Yasuo Nakagome :
Climatic influence on the reproductive characteristics of Japanese males,
Journal of Human Genetics, Vol.57, No.6, 375-378, 2012.
(DOI: 10.1038/jhg.2012.38,   PubMed: 22534769)
26. Kazuyoshi Kawazoe, Kana Ota, Mayuko Okamoto, Youichi Sato and Kazuo Minakuchi :
Anti-obesity effects of Schisandra chinensis fruit water extract in rats fed a high-fat diet,
Journal of Traditional Medicines, Vol.29, No.3, 143-148, 2012.
(DOI: 10.11339/jtm.29.143,   CiNii: 40019399771,   Elsevier: Scopus)
27. Youichi Sato, Yano Shojiro, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS and Yutaka Nakahori :
SRY interacts with ribosomal proteins S7 and L13a in nuclear speckles.,
Cell Biology International, Vol.35, No.5, 449-452, 2011.
(DOI: 10.1042/CBI20090201,   PubMed: 21114473)
28. Yasushi Kirino, Youichi Sato, Takayuki Kamimoto, Kazuyoshi Kawazoe and Kazuo Minakuchi :
Altered dipeptidyl peptidase 4 activity during the progression of hyperinsulinemic obesity and islet atrophy in spontaneously late-stage type 2 diabetic rats.,
American Journal of Physiology, Endocrinology and Metabolism, Vol.300, No.2, 372-379, 2011.
(DOI: 10.1152/ajpendo.00319.2010,   PubMed: 21139073)
29. Youichi Sato, Sakura Kosioka, Yasushi Kirino, Takayuki Kamimoto, Kazuyoshi Kawazoe, Shinji Abe, Kazuo Minakuchi and Yutaka Nakahori :
Role of dipeptidyl peptidase IV (DPP4) in the development of dyslipidemia: DPP4 contributes to the steroid metabolism pathway.,
Life Sciences, Vol.88, No.1-2, 43-49, 2011.
(DOI: 10.1016/j.lfs.2010.10.019,   PubMed: 21047519)
30. Youichi Sato, Toshikatsu Shinka, Kozue Sakamoto, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS and Yutaka Nakahori :
The male-determining gene SRY is a hybrid of DGCR8 and SOX3, and is regulated by the transcription factor CP2.,
Molecular and Cellular Biochemistry, Vol.337, No.1-2, 267-275, 2010.
(DOI: 10.1007/s11010-009-0308-x,   PubMed: 19902333)
31. Hokuma Munakata, Masako Sei, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS, Mayumi Umeno, Youichi Sato, Takuro Nakano, Kozue Sakamoto, Yukiko Yoshida, Chiemi Onishi and Yutaka Nakahori :
Prediction of Japanese children at risk for complications of childhood obesity: gender differences for intervention approaches.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.57, No.1-2, 62-68, 2010.
(徳島大学機関リポジトリ: 68448,   DOI: 10.2152/jmi.57.62,   PubMed: 20299744)
32. Kozue Sakamoto, Youichi Sato, Masako Sei, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS and Yutaka Nakahori :
Proteasome activity correlates with male BMI and contributes to the differentiation of adipocyte in hADSC,
Endocrine, Vol.37, No.2, 274-279, 2010.
(DOI: 10.1007/s12020-009-9298-4,   PubMed: 20960262)
33. 中山 知彦, 藤井 翔太郎, 勢井 雅子, 中野 卓郎, エヴィス ABDEL AZIM アシュラフ, 佐藤 陽一, 坂本 梢, 吉田 友紀子 :
日本の子どもの肥満は増加しているのか(平成1∼20年度),
四国公衆衛生学会雑誌, Vol.55, No.1, 143-149, 2010年.
34. Youichi Sato, Toshikatsu Shinka, G Chen, HT Yan, K Sakamoto, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS, H Aburatani and Yutaka Nakahori :
Proteomics and transcriptome approaches to investigate the mechanism of human sex determination,
Cell Biology International, Vol.33, No.8, 839-847, 2009.
(DOI: 10.1016/j.cellbi.2009.04.019,   PubMed: 19427385)
35. Kozue Sakamoto, Youichi Sato, Toshikatsu Shinka, Masako Sei, Isoko Nomura, Mayumi Umeno, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS and Yutaka Nakahori :
Proteasome subunits mRNA expressions correlate with male BMI; implications for a role in obesity,
Obesity, Vol.17, No.5, 1044-1049, 2009.
(DOI: 10.1038/oby.2008.612,   PubMed: 19165168)
36. Yasushi Kirino, Takayuki Kamimoto, Youichi Sato, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi and Yutaka Nakahori :
Increased Plasma Dipeptidyl Peptidase IV (DPP IV) Activity and Decreased DPP IV Activity of Visceral But Not Subcutaneous Adipose Tissue in Impaired Glucose Tolerance Rats Induced by High-Fat or High-Sucrose Diet,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.32, No.3, 463-467, 2009.
(DOI: 10.1248/bpb.32.463,   PubMed: 19252296)
37. Youichi Sato, Kozue Sakamoto, Masako Sei, ASHRAF ABDEL AZIM EWIS and Yutaka Nakahori :
Proteasome subunits are regulated and expressed in comparable concentrations as a functional cluster,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.378, No.4, 795-798, 2009.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2008.11.125,   PubMed: 19063865)
38. Yasushi Kirino, Youichi Sato, Takayuki Kamimoto, Kazuyoshi Kawazoe, Kazuo Minakuchi and Yutaka Nakahori :
Interrelationship of dipeptidyl peptidase IV (DPP IV) with the development of diabetes, dyslipidaemia and nephropathy: A streptozotocin-induced model using wild-type and DPP IV-deficient rats,
The Journal of Endocrinology, Vol.200, No.1, 53-61, 2009.
(DOI: 10.1677/JOE-08-0424,   PubMed: 18931022)
39. Hong-Tao Yan, Toshikatsu Shinka, Youichi Sato, Xin-Jun Yang, Gang Chen, Kozue Sakamoto, Keigo Kinoshita, Hiroyuki Aburatani and Yutaka Nakahori :
Overexpression of SOX15 Inhibits Proliferation of NT2/D1 Cells Derived from a Testicular Embryonal Cell Carcinoma,
Molecules and Cells, Vol.24, No.3, 323-328, 2007.
(PubMed: 18182846)
40. Takuro Nakano, Toshikatsu Shinka, Masako Sei, Youichi Sato, Mayumi Umeno, Kozue Sakamoto, Isoko Nomura and Yutaka Nakahori :
A/G heterozygote of the A-3826G polymorphism in the UCP-1 gene has higher BMI than A/A and G/G homozygote in young Japanese males,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.3,4, 218-222, 2006.
(徳島大学機関リポジトリ: 110811,   DOI: 10.2152/jmi.53.218,   PubMed: 16953057)
41. Keigo Kinoshita, Toshikatsu Shinka, Youichi Sato, Hiroki Karahashi, Hiroe Kowa, Gang Chen, Mayumi Umeno, Kazunori Toida, Emi Kiyokage, Takuro Nakano, Susumu Ito and Yutaka Nakahori :
Expression analysis of a mouse orthologue of HSFY, a candidate for the azoospermic factor on the human Y chromosome,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1,2, 117-122, 2006.
(徳島大学機関リポジトリ: 110796,   DOI: 10.2152/jmi.53.117,   PubMed: 16538004)
42. Mayumi Umeno, Toshikatsu Shinka, Youichi Sato, Xin-Jun Yang, Yoshinobu Baba, Teruaki Iwamoto and Yutaka Nakahori :
A rapid and simple system of detecting deletions on the Y chromosome related with male infertility using multiplex PCR,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.53, No.1,2, 147-152, 2006.
(徳島大学機関リポジトリ: 110800,   DOI: 10.2152/jmi.53.147,   PubMed: 16538008)
43. Xin-Jun Yang, Toshikatsu Shinka, Shinka Nozawa, Hong-Tao Yan, Miki Yoshiike, Mayumi Umeno, Youichi Sato, Gang Chen, Teruaki Iwamoto and Yutaka Nakahori :
Survey of the two polymorphisms in DAZL, an autosomal candidate for the azoospermic factor, in Japanese infertile men and implications for male infertility,
Molecular Human Reproduction, Vol.11, No.7, 513-515, 2005.
(DOI: 10.1093/molehr/gah202,   PubMed: 16123080)
44. Hong-Tao Yan, Toshikatsu Shinka, Keigo Kinoshita, Youichi Sato, Mayumi Umeno, Gang Chen, Keiko Tsuji, Yukiko Unemi, Xin-Jun Yang, Teruaki Iwamoto and Yutaka Nakahori :
Molecular analysis of TBL1Y, a Y-linked homologue of TBL1X related with X-linked late-onset sensorineural deafness,
Journal of Human Genetics, Vol.50, No.4, 175-181, 2005.
(DOI: 10.1007/s10038-005-0237-9,   PubMed: 15834507)
45. Hirofumi Shibata, Kyoko Kondo, Ryo Katsuyama, Kazuyoshi Kawazoe, Youichi Sato, Kotaro Murakami, Yoshihisa Takaishi, Naokatu Arakaki and Tomihiko Higuti :
Alkyl Gallates, Intensifiers of ß-Lactam Susceptibility in Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus,
Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.49, No.2, 549-555, 2005.
(DOI: 10.1128/AAC.49.2.549-555.2005,   PubMed: 15673731)
46. 佐藤 陽一, 新家 利一, 陳 剛, 閻 洪涛, 坂本 梢, 楊 新軍, 梅野 真由美, 中堀 豊 :
性分化と精子形成機構に対するプロテオミクスからのアプローチ,
四国医学雑誌, Vol.60, No.5-6, 168-171, 2004年.
(徳島大学機関リポジトリ: 101801,   CiNii: 120004631530)
47. Youichi Sato, Hirofumi Shibata, Tsutomu Arai, Akira Yamamoto, Yousuke Okimura, Naokatu Arakaki and Tomihiko Higuti :
Variation in synergistic activity by flavone and its related compounds on the increased susceptibility of various strains of methicillin-resistant Staphylococcus aureus to β-lactam antibiotics,
International Journal of Antimicrobial Agents, Vol.24, No.3, 226-233, 2004.
(DOI: 10.1016/j.ijantimicag.2004.02.028,   PubMed: 15325425)
48. Youichi Sato, Hirofumi Shibata, Naokatu Arakaki and Tomihiko Higuti :
6,7-dihydroxyflavone dramatically intensifies the susceptibility of methicillin-resistant or -sensitive Staphylococcus aureus to beta-lactams.,
Antimicrobial Agents and Chemotherapy, Vol.48, No.4, 1357-1360, 2004.
(DOI: 10.1128/AAC.48.4.1357-1360.2004,   PubMed: 15047543)
49. Hirofumi Shibata, Chikako Shirakata, Hiromi Kawasaki, Youichi Sato, Tomomi Kuwahara, Yoshinari Ohnishi, Naokatu Arakaki and Tomihiko Higuti :
Flavone markedly affects phenotypic expression of beta-lactam resistance in methicillin-resistant Staphylococcus aureus strains isolated clinically.,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.26, No.10, 1478-1483, 2003.
(DOI: 10.1248/bpb.26.1478,   PubMed: 14519958,   CiNii: 110003608328)
50. Youichi Sato, Shiho Suzaki, Takako Nishikawa, Masaru Kihara, Hirofumi Shibata and Tomihiko Higuti :
Phytochemical flavones isolated from Scutellaria barbata and antibacterial activity against methicillin-resistant Staphylococcus aureus.,
Journal of Ethnopharmacology, Vol.72, No.3, 483-488, 2000.
(DOI: 10.1016/S0378-8741(00)00265-8,   PubMed: 10996290)
51. Youichi Sato, H Oketani, T Yamada, K Singyouchi, T Ohtsubo, Masaru Kihara, Hirofumi Shibata and Tomihiko Higuti :
A Xanthanolide with Potent Antibacterial Activity against Methicillin-resistant Staphylococcus aureus.,
The Journal of Pharmacy and Pharmacology, Vol.49, 1042-1044, 1997.
52. Youichi Sato, H Oketani, K Singyouchi, T Ohtubo, Masaru Kihara, Hirofumi Shibata and Tomihiko Higuti :
Extraction and Purification of Effective Antimicrobial Constituents of Terminalia chebula RETS. against Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus.,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.20, 401-404, 1997.

学術論文(紀要・その他):

1. 佐藤 陽一 :
男性不妊症関連遺伝子の精子形成メカニズム,
アグリバイオ, Vol.3, No.14, 81-84, 2019年.
2. 佐藤 陽一 :
男性不妊症関連遺伝子の精子形成メカニズム,
細胞, Vol.51, No.5, 38-40, 2019年.
3. Jun Yamamoto, Miku Kita, Akira Shigenaga, Youichi Sato, Aiko Yamauchi and Akira Otaka :
Development of thiol-responsive traceable linker for efficient enrichment and selective labeling of target proteins,
Peptide Science 2013, 205-206, 2014.
4. 佐藤 陽一, 中堀 豊 :
日本人類学会遺伝分科会平成22年度公開シンポジウム「日本人の成り立ちについての新たな考察―遺伝と形態から―Y染色体からみた日本人の成り立ち,
Anthropological Science (Japanese Series), Vol.118, No.2, 115-118, 2010年.
(DOI: 10.1537/asj.118.115)

総説・解説:

1. 佐藤 陽一 :
肥満・糖尿病研究の紹介(4) ∼DPP-4活性と1型糖尿病∼,
県薬だより-情報とくしま-, No.78, 25-27, 2013年9月.
2. 佐藤 陽一 :
肥満・糖尿病研究の紹介(3)∼DPP-4活性と2型糖尿病∼,
県薬だより-情報とくしま-, No.77, 17-19, 2013年6月.
3. 傳田 将也, 山本 純, 佐藤 浩平, 坂本 健, 重永 章, 佐藤 陽一, 吉村 好之, 山内 あい子, 大髙 章 :
新規タンパク質選択的ラベル化試薬''SEAL-tag''の開発研究,
ケミカルバイオロジー, Vol.6, 6-9, 2013年6月.
4. 佐藤 陽一 :
肥満・糖尿病研究の紹介(2)∼DPP-4活性と肥満∼,
県薬だより-情報とくしま-, No.76, 7-9, 2013年3月.
5. 佐藤 陽一 :
肥満・糖尿病研究の紹介(1),
県薬だより-情報とくしま-, No.75, 36-39, 2012年12月.

国際会議:

1. Youichi Sato, Fukunaga Chika, Kojo Kosuke, Uchida Masahiro, Tsuchiya Haruki, Yamasaki Kazumitu and Iwamoto Teruaki :
Elucidation of the causative gene of non-obstructive azoospermia by whole-exome sequencing,
ASHG2019, Houston, Oct. 2019.
2. Youichi Sato, Atsushi Tajima, Kogusuri Suzu, Fuji Aki, Sato Takehiro, Issei Imoto and Iwamoto Teruaki :
Identification of genetic loci related to circulating reproductive hormone levels by GWAS in Japanese men,
ASHG2018, San Diego, Oct. 2018.
3. Soushi Imani, Youichi Sato, Tatsuya Shimozawa, Teruaki Iwamoto and Aiko Yamauchi :
Association analyses between copy numbers of genes in the azoospermia factor c (AZFc) region on the Y chromosome and male infertility,
The 13th International Congress of Human genetics, Kyoto, Apr. 2016.
4. Youichi Sato, Atsushi Tajima, Katsurayama Motoki, Issei Imoto, Aiko Yamauchi and Iwamoto Teruaki :
A replication study of four candidate loci for sex hormone levels previously identified by genome-wide association studies,
The 13th International Congress of Human Genetics, Kyoto, Apr. 2016.
5. Masaya Denda, Takuya Morisaki, Jun Yamamoto, Kohei Sato, Tsubasa Inokuma, Youichi Sato, Aiko Yamauchi, Akira Shigenaga and Akira Otaka :
In Cell Labeling of Target Proteins using ''SEAL-tag'',
American Peptide Symposium 2015, Florida, Jun. 2015.
6. Hitoshi Sumi, Youichi Sato and Shinji Harihara :
The two Japanese ancestral groups, Jomon and Yayoi peoples From the perspective of mitochondrial DNA and Y chromosomal DNA polymorphisms-,
Forum for Anthropology and Paleopathology in East Asia, Tokyo, Nov. 2014.
7. Hitoshi Sumi, Youichi Sato and Shinji Harihara :
Genetic Analysis of Hida Population in Central Japanese - From the Viewpoint of Polymorphisms of Mitochondrial DNA and Y chromosome-,
International Symposium on Mitochondria 2013, Tokyo, Nov. 2013.
8. Jun Yamamoto, Miku Kita, Akira Shigenaga, Youichi Sato, Aiko Yamauchi and Akira Otaka :
Development of thiol-responsive traceable linker for efficient enrichment and selective labeling of target proteins,
4th Asia-Pacific International Peptide Symposium, 50th Japanese Peptide Symposium, Suita, Nov. 2013.
9. Jun Yamamoto, Miku Kita, Akira Shigenaga, Youichi Sato, Aiko Yamauchi and Akira Otaka :
Application of thiol-responsive amino acid to traceable linker for purification and selective labeling of target protein,
23rd American Peptide Symposium, Hawai'i, Jun. 2013.
10. Youichi Sato, Iwamoto Teruaki, Toshikatsu Shinka, Aiko Yamauchi and Yutaka Nakahori :
Seasonal variation on the reproductive characteristics and sperm concentration of Japanese males,
7th Copenhagen Workshop on Endocrine Disrupters, Copenhagen, May 2013.
11. Youichi Sato, Toshikatsu Shinka, Aiko Yamauchi and Yutaka Nakahori :
Overview of the genetic variations in the Y chromosome in the Japanese population,
The American Society of Human Genetics, 62nd Annual Meeting, San Francisco, Nov. 2012.
12. Masaya Denda, Jun Yamamoto, Kohei Sato, Ken Sakamoto, Akira Shigenaga, Youichi Sato, Aiko Yamauchi and Akira Otaka :
Development of a novel chemical probe that enables selective labeling of proteins,
The 1st International Symposium on Chemical Biology of Natural Products: Target ID and Regulation of Bioactivity, Kyoto, Oct. 2012.
13. Yukari Shono, Mami Adachi, Kumiko Sakamoto, Youichi Sato and Aiko Yamauchi :
Prediction of drug-induced hepatotoxicity in human using machine learning,
The Second Decennial Meeting Between SeoulNational University and The University of Tokushima, Awaji, Dec. 2010.
14. Youichi Sato, Toshikatsu Shinka, Kozue Sakamoto and Yutaka Nakahori :
The male-determining gene SRY is a hybrid of DGCR8 and SOX3, and is regulated by the transcription factor CP2,
The American Society of Human Genetics, 58th Annual Meeting, Philadelphia, Nov. 2008.

国内講演発表:

1. 佐藤 陽一 :
ゲノムワイド関連解析によるヒト精子形成機構に関わる遺伝子の探索と機能解析,
第42回日本分子生物学会年会, 2019年12月.
2. 濱口 惠寛, 山崎一恭 (名), 岩本晃明 (名), 佐藤 陽一 :
GWASによる精索静脈瘤関連遺伝子座の探索,
第64回日本生殖医学会学術講演会, 2019年11月.
3. 藤井 亜紀, 山崎一恭 (名), 岩本晃明 (名), 佐藤 陽一 :
ゲノムワイド関連解析によるInhibin B値関連遺伝子座の同定と遺伝子改変マウス作製によるInhibin B産生に関する検討,
第64回日本生殖医学会学術講演会, 2019年11月.
4. 佐藤 陽一, 古城 公佑, 内田 将央, 土屋 春樹, 山崎 一恭, 岩本 晃明 :
個別化医療に向けた非閉塞性無精子症患者の次世代シーケンス解析,
第64回日本生殖医学会学術講演会, 2019年11月.
5. 福永 千香, 古城 公佑, 内田 将央, 土屋 春樹, 山崎 一恭, 岩本 晃明, 佐藤 陽一 :
次世代シーケンス解析は非閉塞性無精子症の原因解明に有効か?,
日本アンドロロジー学会第38回学術大会, 2019年6月.
6. 野崎 瑞貴, 上殿 千晴, 古城 公佑, 内田 将央, 土屋 春樹, 山崎 一恭, 岩本 晃明, 佐藤 陽一 :
家系を対象とした次世代シーケンス解析による新規男性不妊症原因遺伝子の同定と遺伝子改変マウス作製による精子形成に関する検討,
日本アンドロロジー学会第38回学術大会, 2019年6月.
7. 谷垣 雄都, 山口 裕大, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 佐藤 陽一 :
ゲノムワイド関連解析を用いたテイコプラニン・バンコマイシン投与による皮疹発現および血中濃度関連遺伝子座の同定,
日本薬学会 第139年会, 2019年3月.
8. 大森 理央, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 佐藤 陽一 :
ゲノムワイド関連解析を用いたビンクリスチンによる末梢神経障害発現関連遺伝子の同定,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月.
9. 山口 裕大, 谷垣 雄都, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 佐藤 陽一 :
CYP遺伝子多型とバンコマイシンの副作用発現及び血中濃度との関連解析,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2018年11月.
10. 小薬 鈴, 藤井 亜紀, 田嶋 敦, 佐藤 丈寛, 井本 逸勢, 岩本 晃明, 佐藤 陽一 :
日本人を対象としたGWASによる生殖ホルモン値と関連する遺伝子座の同定,
第91回日本生化学会大会, 2018年9月.
11. 木口 美沙妃, 田嶋 敦, 佐藤 丈寛, 井本 逸勢, 岩本 晃明, 佐藤 陽一 :
WASによる精液パラメータ及び精巣サイズ関連遺伝子座の同定,
第91回日本生化学会大会, 2018年9月.
12. 佐藤 陽一, 福永 千香, 古城 公佑, 内田 将央, 土屋 春樹, 岩本 晃明 :
非閉塞性無精子症患者5例を対象とした次世代シーケンス解析,
第63回日本生殖医学会学術講演会・総会, 2018年9月.
13. 小薬 鈴, 佐藤 陽一, 田嶋 敦, 佐藤 丈寛, 井本 逸勢, 岩本 晃明, 山内 あい子 :
GWASによる血中inhibin Bレベル関連遺伝子座の探索,
ConBio2017, 2017年12月.
14. 木口 美沙妃, 佐藤 陽一, 田嶋 敦, 佐藤 丈寛, 井本 逸勢, 岩本 晃明, 山内 あい子 :
GWASによる精子濃度の関連遺伝子座の探索,
ConBio2017, 2017年12月.
15. 長谷川 知世, 佐藤 陽一, 岩本 晃明, 山内 あい子 :
DPF3,TUSC1およびIZUMO3遺伝子上のSNPと男性不妊症との関連解析,
ConBio2017, 2017年12月.
16. 佐藤 陽一, 古城 公佑, 内田 将央, 土屋 春樹, 野崎 瑞貴, 岩本 晃明, 山内 あい子 :
家系を対象とした次世代シーケンス解析による新規無精子症原因遺伝子同定の試み,
第62回日本生殖医学会学術講演会, 2017年11月.
17. 福永 千香, 佐藤 陽一, 岩本 晃明, 山内 あい子 :
日本人を対象としたメチレンテトラヒドロ葉酸還元酵素遺伝子C677T多型と男性不妊症との関連解析,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
18. 谷垣 雄都, 佐藤 陽一, 山口 裕大, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 山内 あい子 :
テイコプラニン投与による副作用発現および血中濃度とCYP遺伝子多型との関連解析,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
19. 田島 穂澄, 佐藤 陽一, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 山内 あい子 :
シタラビン投与による副作用発現と代謝経路関連遺伝子多型の関連解析,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
20. Matsuoka Koki, AHMAD AMMAR GHAIBEH, Omura Shiro, Youichi Sato, Hiroki Moriguchi and Aiko Yamauchi :
Integrated analysis for drug toxicities in human using multi-label classification.,
CBI学会2017年大会, Oct. 2017.
21. 宗野 真和, 松岡 一郎, 牧 純, 阿部 真治, 佐藤 陽一, 飯原 なおみ, 宮澤 宏, 通 元夫, 桐野 豊 :
海外の薬学教育(3)―伝統を携え改革に取り組む,イギリス・フランス・ドイツの薬学教育―,
第2回日本薬学教育学会, 2017年9月.
22. 大森 理央, 佐藤 陽一, 木口 美沙妃, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 山内 あい子 :
ビンクリスチンによる副作用発現とMDR1遺伝子多型との関連性,
第20回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2017年7月.
23. 山口 裕大, 佐藤 陽一, 谷垣 雄都, 岡田 直人, 中村 信元, 賀川 久美子, 藤井 志朗, 三木 浩和, 石澤 啓介, 安倍 正博, 山内 あい子 :
バンコマイシン投与による副作用発現及び血中濃度とCYP遺伝子多型との関連解析,
第20回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2017年7月.
24. 岡島 八千代, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
日本人の食品品目別一日喫食量の将来予測,
日本食品化学学会 第23回総会・学術大会, 2017年6月.
25. 山本 清威, 水口 博之, 渡嘉敷 夏海, 小林 誠, 佐藤 陽一, 藤野 裕道, 福井 裕行, 山内 あい子 :
膵α細胞からのグルカゴン分泌に関与するPKCアイソザイムの同定,
日本薬学会第137年会, 2017年3月.
26. 松田 実紗, 岡田 直人, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 川添 和義 :
DPP4遺伝子多型と肥満との関連解析,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
27. 山西 愛実, 岡田 直人, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 川添 和義 :
インクレチンホルモン及びその受容体の遺伝子多型と肥満との関連解析,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2016年11月.
28. 大村 士朗, 松岡 恒輝, 佐藤 陽一, 山内 あい子, ガイベ アハマド アンマール, 森口 博基 :
Support Vector Machine及び決定木による化合物のヒト発がん性予測モデルの構築,
第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2016年11月.
29. 内田 将央, 佐藤 陽一, 古城 公佑, 岩本 晃明 :
AZFc部分欠失gr/gr欠失例の臨床像の検討,
第61回日本生殖医学会学術講演会, 2016年11月.
30. 大谷 知子, 賀勢 泰子, 國友 一史, 下岡 和美, 山本 浩子, 川添 和義, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
寝たきり高齢者における腎機能評価に影響を与える因子の検討,
第24回日本慢性期医療学会, 2016年10月.
31. Matsuoka Koki, AHMAD AMMAR GHAIBEH, Omura Shiro, Youichi Sato, Hiroki Moriguchi and Aiko Yamauchi :
"Prediction of chemical-induced developmental and reproductive toxicity in human using the machine learning",
CBI学会2016年大会, Oct. 2016.
32. 山本 清威, 水口 博之, 小林 誠, 佐藤 陽一, 福井 裕行, 山内 あい子 :
膵α細胞からのグルカゴン分泌に対するquercetinの効果,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
33. 今仁 聡志, 佐藤 陽一, 下澤 辰也, 岩本 晃明, 山内 あい子 :
Y染色体上azoospermia factor c (AZFc) 領域内に存在する遺伝子のコピー数と男性不妊症との関連解析,
第38回日本分子生物学年会・第88回日本生化学会大会 合同大会, 2015年12月.
34. 松岡 恒輝, 佐藤 陽一, 大髙 章, 山内 あい子 :
薬物の胎児毒性に関する機械学習による予測と化学構造特性の解析,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2015年11月.
35. 辻 弥生, 佐藤 陽一, 川添 和義, 山内 あい子, 石澤 啓介 :
NSAIDsの種類及び服薬期間,頻度と発癌リスクに関するメタ解析,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年11月.
36. 山本 清威, 水口 博之, 小林 誠, 佐藤 陽一, 福井 裕行, 山内 あい子 :
PKCδシグナル抑制化合物によるグルカゴン分泌抑制効果,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2015年10月.
37. 葛山 元貴, 佐藤 陽一, 田嶋 敦, 井本 逸勢, 岩本 晃明, 山内 あい子 :
性ホルモン関連遺伝子座3 SNPsの日本人男性を対象としたreplication解析,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2015年10月.
38. 大谷 知子, 賀勢 泰子, 國友 一史, 川添 和義, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
寝たきり高齢者における腎機能評価 ∼Scr補正の検証∼,
第9回 日本腎臓病薬物療法学会 学術大会2015, 2015年10月.
39. 傳田 将也, 森崎 巧也, 猪熊 翼, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 重永 章, 大髙 章 :
N-Sアシル基転移反応を基盤としたin cellタンパク質ラベル化法の開発,
第47回若手ペプチド夏の勉強会, 2015年8月.
40. 傳田 将也, 森崎 巧也, 猪熊 翼, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 重永 章, 大髙 章 :
N-Sアシル基転移反応を利用した新規ラベル化試薬の開発,
創薬懇話会2015 in 徳島, 2015年7月.
41. 松岡 恒輝, 稲山 義高, 大村 士朗, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
ヒト胎児に対する薬物の安全性を機械学習により予測する,
第18回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2015年6月.
42. 大谷 知子, 賀勢 泰子, 山本 浩子, 國友 一史, 川添 和義, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
高齢者における腎機能評価に影響を与える因子の検討∼実測Ccr と推定Ccr の比較∼,
日本薬学会第135年会, 2015年3月.
43. 川野 壮一, 新谷 保実, 鈴江 朋子, 岡田 直人, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
当院での糖尿病治療におけるDPP-4 阻害薬の有効性と安全性の評価,
日本薬学会第135年会, 2015年3月.
44. 山本 純, 森崎 巧也, 北 未来, 小宮 千明, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 :
標的タンパク質の効率的濃縮および選択的ラベル化を可能とするチオール応答型トレーサブルリンカーの開発,
第32回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2014年11月.
45. 佐藤 陽一, 常松 晃希, 田嶋 敦, 井本 逸勢, 山内 あい子, 岩本 晃明 :
男性生殖能力関連候補遺伝子座 4SNPsの日本人男性を対象とした精液パラメータ及び男性不妊症との関連解析,
日本人類遺伝学会第59回大会, 2014年11月.
46. 下澤 辰也, 佐藤 陽一, 岩本 晃明, 山内 あい子 :
日本人男性におけるY染色体上DAZ遺伝子の欠失パターンと精液パラメータとの関連解析,
日本人類遺伝学会第59回大会, 2014年11月.
47. 関屋 諒, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
Hemoglobinの抗酸化作用による腎機能保護に対するDPP4の影響,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月.
48. 住 斉, 田中 和彦, 佐藤 陽一, 針原 伸二 :
9世紀の太政官令「飛騨の民の顔付は他国と違う」を裏打ちする状況;7世紀人骨と現代人DNAより,
第68回日本人類学会大会, 2014年11月.
49. 住 斉, 佐藤 陽一, 針原 伸二 :
母方先祖には先住民が,父方先祖には外来の権力民が現れる例;日本人平均と飛騨びと-DNA解析より,
第68回日本人類学会大会, 2014年11月.
50. 中西 智子, 石澤 啓介, 阿部 真治, 中瀬 真理, 柴田 洋文, 佐藤 智恵美, 新垣 尚捷, 佐藤 陽一, 山﨑 尚志, 笠原 二郎, 東 満美, 山﨑 哲男, 山内 あい子, 滝口 祥令, 土屋 浩一郎 :
アドバンスト演習を通した問題解決能力向上のための症例解析手法の検討-プロダクトからの分析,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
51. 長尾 麻以, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
炎症関連遺伝子多型とNSAIDs服用による発癌抑制に関するメタ解析,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
52. 傳田 将也, 山本 純, 佐藤 浩平, 坂本 健, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 :
ラベル化試薬"SEAL-tag"の開発とCOX-1およびhCA1のラベル化,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
53. 森崎 巧也, 山本 純, 重永 章, 佐藤 陽一, 猪熊 翼, 山内 あい子, 大髙 章 :
標的タンパク質の効率的濃縮および選択的ラベル化を可能とする新規リンカー分子の開発,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
54. 佐藤 浩平, 傳田 将也, 山本 純, 坂本 健, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 :
タンパク質機能解明を指向した新規ラベル化試薬''SEAL-tag''の開発研究,
第31回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2013年11月.
55. 佐藤 陽一, 住 斉, 針原 伸二 :
飛騨では,ミトコンドリアDNAによる母系ルーツは土着縄文人,Y染色体による父方ルーツは渡来系弥生人,
第67回日本人類学会大会, 2013年11月.
56. 住 斉, 佐藤 陽一, 針原 伸二 :
飛騨びとのDNA解析で,母方ルーツは土着縄文人,父方ルーツは渡来系弥生人となっている超原-弥生男性における一夫多妻世代連鎖,
第67回日本人類学会大会, 2013年11月.
57. 三上 拓也, 佐藤 陽一, 森山 耕太, 宮髙 紘輔, 岡田 直人, 川添 和義, 水口 和生 :
高脂肪食ラットに及ぼすリンゴ酸の影響,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
58. 中西 智子, 石澤 啓介, 阿部 真治, 中瀬 真理, 柴田 洋文, 佐藤 智恵美, 新垣 尚捷, 佐藤 陽一, 山﨑 尚志, 笠原 二郎, 東 満美, 山﨑 哲男, 山内 あい子, 滝口 祥令, 土屋 浩一郎 :
アドバンスト演習を通した問題解決能力向上のための症例解析手法の検討,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
59. 鎌田 高宣, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
DPP4欠損ラット及び培養細胞を用いた腎臓におけるDPP4の機能解析,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
60. 岩佐 亮佑, 中谷 充志, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
ヒト有機アニオントランスポーター3(hOAT3)新規アイソフォームのクローニングと発現解析,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
61. 長尾 麻以, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
NSAIDs服用による発癌リスク抑制効果とPPAR 遺伝子多型の影響に関するメタアナリシス,
第23回日本医療薬学会年会, 2013年9月.
62. 山本 純, 北 未来, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 :
標的タンパク質精製・選択的ラベル化ツール''Traceable Linker''の開発研究,
生命分子機能研究会2013学術集会, 2013年9月.
63. 長尾 麻以, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
インターロイキン遺伝子多型とNSAIDs服用による発癌リスクに関するメタアナリシス,
第16回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2013年8月.
64. 山本 純, 北 未来, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 :
標的タンパク質を釣り上げろ!∼トレーサブルリンカーの開発∼,
第45回若手ペプチド夏の勉強会, 2013年7月.
65. 長尾 麻以, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
NSAIDs服用による発癌抑制とIL遺伝子多型の影響に関するメタ解析,
日本薬学会第133回年会, 2013年3月.
66. 鎌田 高宣, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
腎機能障害発症におけるDPP4の関わり,
日本薬学会第133回年会, 2013年3月.
67. 山本 純, 北 未来, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 :
標的タンパク質の精製・選択的ラベル化ツール「トレーサブルリンカー」の開発,
日本薬学会第133回年会, 2013年3月.
68. 山本 純, 傳田 将也, 戎野 紘司, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 :
フッ化物イオン応答型トレーサブルリンカーを利用したタンパク質精製実験,
第30回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2012年11月.
69. 中西 智子, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 土屋 浩一郎 :
薬学部での臨床思考プロセスを取り入れた医薬品情報提供実習,
51回日本薬学会・日本薬剤師会,日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
70. 傳田 将也, 山本 純, 坂本 健, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 :
タンパク質選択的ラベル化法の開発研究,
第51回日本薬学会・日本薬剤師会,日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
71. 鍋島 亜季, 瀧澤 みのり, 土居 沙也子, 坂本 久美子, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
ヒト胎盤絨毛細胞培養モデルによる薬物の胎盤通過性評価,
51回日本薬学会・日本薬剤師会,日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
72. 鍛冶 貴久, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
肥満発症とプロテアソーム活性の関連性,
51回日本薬学会・日本薬剤師会,日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
73. 十塚 正治, 佐藤 陽一, 田中 雅嗣 :
Y染色体,mtDNAの分析による縄文・弥生人分布,
第66回日本人類学会大会, 2012年11月.
74. 長尾 麻以, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
NSAIDs服用による発癌抑制とCOX遺伝子多型の影響に関するメタアナリシス,
第22回日本医療薬学会年会, 2012年10月.
75. 岩出 あゆみ, 吉田 奈央, 坂本 久美子, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
妊婦・授乳婦の漢方薬治療に関する安全性情報データベースの構築,
第22回日本医療薬学会年会, 2012年10月.
76. 中島 裕登, 稲山 義高, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
薬物性腎障害に関する医薬品副作用情報の解析と機械学習による安全性予測,
第15回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2012年7月.
77. 長尾 麻以, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
COX-2遺伝子多型とNSAIDs服用による発がんリスクに関するメタアナリシス,
第15回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2012年7月.
78. 庄野 由佳理, 足立 麻美, 坂本 久美子, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
副作用情報に基づく薬物性肝障害惹起医薬品の分類と機械学習による安全性予測,
第15回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2012年7月.
79. 傳田 将也, 山本 純, 佐藤 浩平, 坂本 健, 重永 章, 佐藤 陽一, 吉村 好之, 山内 あい子, 大髙 章 :
新規タンパク質選択的ラベル化試薬''SEAL-tag''の開発研究,
日本ケミカルバイオロジー学会第7回年会, 2012年6月.
80. 山本 純, 傳田 将也, 戎野 紘司, 重永 章, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 :
フッ化物イオン応答型トレーサブルリンカーを利用したタンパク質精製法の開発,
日本ケミカルバイオロジー学会第7回年会, 2012年6月.
81. 吉田 奈央, 村上 貴子, 植村 紘子, 小林 理, 坂本 久美子, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
妊婦と授乳婦の漢方薬治療における安全性情報データベースの構築,
第33 回徳島大学薬学部卒後教育公開講座, 2011年12月.
82. 長尾 麻以, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
NSAIDs 服用による発癌リスク抑制効果とCOX-2 遺伝子多型の影響に関するメタアナリシス,
第33 回徳島大学薬学部卒後教育公開講座, 2011年12月.
83. 中西 智子, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 土屋 浩一郎 :
問題解決能力の向上を目指した病院実務実習を考える,
第33 回徳島大学薬学部卒後教育公開講座, 2011年12月.
84. 岡本 茉佑子, 佐藤 陽一, 三上 拓也, 川添 和義, 水口 和生 :
五味子水抽出物の新規生理活性に関する研究,
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2011年11月.
85. 佐藤 陽一, 新家 利一, 中堀 豊 :
Y染色体からみた日本人の成り立ち,
第65回日本人類学会大会, 2011年11月.
86. 中西 智子, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 土屋 浩一郎 :
問題解決能力の向上を目指した病院実務実習を考える,
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国支部学術大会, 2011年11月.
87. 佐藤 陽一, 中西 智子, 山内 あい子 :
薬学部教員が病院実習「情報を正しく使う」を実施して,
第21回日本医療薬学会年会, 2011年10月.
88. 山内 あい子, 坂本 久美子, 佐藤 陽一 :
薬物の乳汁移行性予測について,
第14回 日本医薬品情報学会, 2011年7月.
89. 佐藤 陽一, 中西 智子, 山内 あい子 :
初年度の病院実習「情報を正しく使う」を担当して,
第14回 日本医薬品情報学会, 2011年7月.
90. 吉田 奈央, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
妊婦・授乳婦のための漢方安全性情報データベースの構築,
第14回日本医薬品情報学会 総会・学術大会, 2011年7月.
91. 佐藤 陽一 :
五味子の新規作用,
第10回国際バイオEXPO, 2011年6月.
92. 佐藤 陽一, 中西 智子, 山内 あい子 :
初年度の病院実習「情報を正しく使う」を担当して,
日本薬学会131年会, 2011年3月.
93. 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
初年度の病院実習「情報を正しく使う」を担当して,
第31回徳島大学卒後教育公開講座, 2010年12月.
94. 石澤 啓介, 中西 智子, 柴田 洋文, 阿部 真治, 杉村 真由美, 奥村 千恵子, 吉村 好之, 佐藤 陽一, 新垣 尚捷, 川添 和義, 東 満美, 土屋 浩一郎, 山内 あい子, 山﨑 哲男, 水口 和生 :
徳島大学における薬学部・薬剤部連携による病院実務実習の実践,
第20回日本医療薬学会年会, 2010年11月.
95. 太田 佳那, 佐藤 陽一, 岡本 茉佑子, 阿部 真治, エヴィス ABDEL AZIM アシュラフ, 勢井 雅子, 川添 和義, 水口 和生 :
五味子水抽出物の新規作用に関する検討,
第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2010年11月.
96. 庄野 由佳理, 足立 麻美, 坂本 久美子, 佐藤 陽一, 山内 あい子 :
副作用情報に基づく薬物性肝障害惹起医薬品の分類と機械学習による安全性予測,
第38回構造活性相関シンポジウム, 2010年10月.
97. 吉田 恭史, Binh Quang Tran, 佐藤 陽一, エヴィス ABDEL AZIM アシュラフ, 中堀 豊, 井本 逸勢 :
Y染色体多型における日本人男性とベトナム人男性の相違,
日本人類遺伝学会第55回大会, 2010年10月.
98. 吉田 友紀子, 岸江 信介, 佐藤 陽一, 中堀 豊, 井本 逸勢 :
集団遺伝学の立場から見た日本語音調成立についての考察,
日本人類遺伝学会第55回大会, 2010年10月.
99. 佐藤 陽一, 新家 利一, エヴィス ABDEL AZIM アシュラフ, 中堀 豊 :
性決定因子SRYの成り立ち,
日本遺伝学会第82回大会 ワークショップ, 2010年9月.
100. 佐藤 陽一 :
Y染色体からみた日本人の成り立ち,
日本人類学会 遺伝分科会 公開シンポジウム, 2010年9月.
101. 吉田 友紀子, 前田 和寿, 勢井 雅子, 佐藤 陽一, 中堀 豊 :
先天性副腎皮質過形成に関する遺伝相談,
四国公衆衛生学会雑誌, Vol.55, No.1, 20-21, 2010年2月.
102. 腰岡 桜, 佐藤 陽一, 桐野 靖, 紙本 尚幸, 阿部 真治, 川添 和義, 中堀 豊, 水口 和生 :
DPP4欠損ラットを用いた1型糖尿病誘発モデルにおける脂質代謝異常発症のメカニズム解明,
第48回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
103. 佐藤 陽一, 矢野 尚二郎, 中堀 豊 :
ヒト性決定因子SRYと相互作用する因子の同定と性分化に関わるメカニズムの解析,
第54回日本人類遺伝学会, 2009年9月.
104. 坂本 梢, 佐藤 陽一, 勢井 雅子, 中堀 豊 :
肥満関連因子として見出されたProteasomeの脂肪分化に関わる機序の解析,
第54回日本人類遺伝学会, 2009年9月.
105. 矢野 尚二郎, 佐藤 陽一, エヴィス ABDEL AZIM アシュラフ, 中堀 豊 :
ヒト性決定因子であるSRYと相互作用するタンパク質の同定と解析,
第238回徳島医学会学術集会, 2009年2月.
106. 勢井 雅子, 石本 寛子, 斎藤 泰憲, 中川 洋一, 中野 卓郎, 佐藤 陽一, 坂本 梢, 吉田 友紀子, 中堀 豊 :
徳島県の糖尿病対策班の取り組み,
日本公衆衛生学会総会抄録集, 170, 2009年.
107. 紙本 尚幸, 桐野 靖, 腰岡 桜, 佐藤 陽一, 阿部 真治, 川添 和義, 水口 和生, 中堀 豊 :
ストレプトゾトシン誘発糖尿病ラットモデルにおけるDipptidyl pdptidase 4と脂質代謝異常の関連性について,
第47回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 83, 2008年11月.
108. 佐藤 陽一, 新家 利一, 坂本 梢, 矢野 尚二郎, エヴィス ABDEL AZIM アシュラフ, 中堀 豊 :
性決定因子SRYの発現調節に関わる因子の解析,
第53回日本人類遺伝学会, 2008年9月.
109. 坂本 梢, 佐藤 陽一, 新家 利一, 勢井 雅子, 野村 以徂子, 梅野 真由美, エヴィス ABDEL AZIM アシュラフ, 中堀 豊 :
プロテオミクス解析,遺伝子発現解析で見出された肥満関連因子の脂肪分化に関わる機序の解析,
第53回日本人類遺伝学会, 2008年9月.
110. 矢野 尚二郎, 佐藤 陽一, エヴィス ABDEL AZIM アシュラフ, 中堀 豊 :
ヒト性決定因子SRYと相互作用する因子の同定と解析,
第53回日本人類遺伝学会, 2008年9月.
111. 紙本 尚幸, 桐野 靖, 佐藤 陽一, 川添 和義, 水口 和生, 中堀 豊 :
高カロリー食付加動物モデルを用いた,血中dipeptidyl peptidase 4(DPP4)活性と肥満ならびに耐糖能異常との関連性について,
日本薬学会年会, 2008年3月.
112. 黒岩 裕美, 佐藤 陽一, 矢野 尚二郎, 中堀 豊 :
性決定因子であるSRYのGPR74発現に及ぼす影響,
第236回徳島医学会学術集会, 2008年2月.
113. 佐藤 陽一, 新家 利一, 坂本 梢, 黒岩 裕美, 中堀 豊 :
性決定遺伝子であるSRY遺伝子はDGCR8とSOX3のハイブリッドであり,TFCP2によって制御される,
第52回日本人類遺伝学会, 2007年9月.
114. 坂本 梢, 佐藤 陽一, 新家 利一, 勢井 雅子, 野村 以徂子, 中堀 豊 :
肥満関連因子の探索と解析,
第52回日本人類遺伝学会, 2007年9月.
115. 中野 卓郎, 新家 利一, 佐藤 陽一, 勢井 雅子, 木下 桂午, 中堀 豊, 梅野 真由美 :
生活習慣病の発病リスクと遺伝的要因,
四国医学雑誌, Vol.62, 85, 2006年.
116. 勢井 雅子, 棟方 百熊, 田中 久子, 梅野 真由美, 野村 以徂子, 中野 卓郎, 佐藤 陽一, 吉田 友紀子, 坂本 梢, BinhTran Quang, 元木 良江, 湯浅 京子, 雄西 智惠美, 新家 利一, 中堀 豊 :
地域・学校と連携した生活習慣病予防事業の実践,
四国公衆衛生学会雑誌, Vol.51, No.1, 29-30, 2006年.
117. 閻 洪涛, 新家 利一, 陳 剛, 木下 桂午, 梅野 真由美, 佐藤 陽一, 中堀 豊 :
ヒトSOX15の機能に関する研究,
第228回徳島医学会学術集会, 2003年2月.

その他・研究会:

1. 濱口 惠寛, 佐藤 陽一 :
Y染色体AZF領域の欠失からみた日本人男性,
第1回ヤポネシアゲノムくにうみミーティング, 2019年9月.
2. 谷垣 雄都, 佐藤 陽一 :
Y染色体ハプログループによる表現型の特徴,
第1回ヤポネシアゲノムくにうみミーティング, 2019年9月.
3. 佐藤 陽一 :
ヤポネシアにおけるY染色体ハプログループの分布,
第1回ヤポネシアゲノムくにうみミーティング, 2019年9月.
4. 藤井 亜紀, 小薬 鈴, 中川 雄介, 田嶋 敦, 井本 逸勢, 山崎 一恭, 岩本 晃明, 佐藤 陽一 :
ゲノムワイド関連解析によるInhibin B値関連遺伝子の同定と遺伝子改変マウスを用いたInhibin B発現に関する検討,
先端モデル動物支援プラットフォーム 2019年度若手支援技術講習会, 2019年9月.
5. 野崎 瑞貴, 上殿 千晴, 古城 公佑, 内田 将央, 土屋 春樹, 岩本 晃明, 佐藤 陽一 :
男性不妊症新規原因遺伝子の同定と遺伝子改変マウス作製による精子形成機能に関する検討,
先端モデル動物支援プラットフォーム 平成30年度成果発表会, 2019年1月.
6. 佐藤 陽一 :
男性不妊症における新規原因遺伝子の同定に向けた2方向からのアプローチ,
2015年度ゲノム支援拡大班会議, 2015年8月.
7. 佐藤 陽一 :
男性不妊症における新規原因遺伝子の同定に向けた2方向からのアプローチ,
2014年度ゲノム支援拡大班会議, 2014年8月.
8. 重永 章, 山本 純, 前田 奈美, 佐藤 陽一, 山内 あい子, 大髙 章 :
標的タンパク質の精製およびラベル化を可能とするトレーサブルリンカーの開発,
新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー:分子標的と活性制御」第2回若手研究者ワークショップ, 2012年10月.
9. 佐藤 陽一, 新家 利一, 中堀 豊 :
ヒト性分化機構に対するプロテオミクスからのアプローチ,
特定領域研究「性分化機構の解明」第3回領域会議, 2006年9月.
10. 佐藤 陽一, 新家 利一, 中堀 豊 :
ヒト性分化機構に対するプロテオミクスからのアプローチ,
特定領域研究「性分化機構の解明」第2回領域会議, 2005年9月.

特許:

1. Tomihiko Higuti, Hirofumi Shibata, Youichi Sato, Yoshihisa Takaishi, Kazuyoshi Kawazoe and Kotaro Murakami : Medical composition for treating infection with drugresistant Staphylococcus aureus, PIXXD2 WO 2004066992 A1 20040812 CAN 141:167738 AN 2004:648378 CAPLUS (Apr. 2004).

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 次世代シーケンサーを使用した精巣内精子採取術による精子回収予測システムの構築 (研究課題/領域番号: 19K22762 )
  • Y染色体からみたヤポネシア男性の起源・成立の解明 (研究課題/領域番号: 19H05346 )
  • 検査および治療法の開発に向けた精子形成分子基盤の解明 (研究課題/領域番号: 17H04331 )
  • 男性不妊症における新規原因遺伝子の同定に向けた2方向からのアプローチ (研究課題/領域番号: 26462461 )
  • データマイニング技術でヒトにおける医薬品の安全性を予測し得るか? (研究課題/領域番号: 23590185 )
  • 不妊症に関する遺伝子解析法および遺伝的背景の研究 (研究課題/領域番号: 20590576 )
  • 早期糖尿病登録システムの構築および行動変容の要因分析 (研究課題/領域番号: 18390197 )
  • ヒト性分化機構に対するプロテオミクスからのアプローチ (研究課題/領域番号: 17052017 )
  • 研究者番号(10363160)による検索