検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 歯学域 > 口腔科学部門 > 基礎歯学系 > 口腔生命科学 > (researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

専門分野

歯学 (Dentistry)

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子 :
遺伝性・家族性下垂体腫瘍,
株式会社 診断と治療社, 2016年11月.
2. 岩田 武男, 水澤 典子 :
遺伝性・家族性下垂体腫瘍,
株式会社 診断と治療社, 2016年11月.
3. Katsuhiko Yoshimoto, Takeo Iwata, Noriko Mizusawa, Zhi-Rong Qian, Shima Wan Nazatul Shahidan, Shinji Ono and Kyoko Ishimoto :
Pituitary adenomas: role of cyclin-dependent kinase inhibitors,
Springer, Oct. 2013.
4. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 小野 信二 :
アクロメガリーの病態生理,
メディカルレビュー社, 2013年7月.
5. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 小野 信二 :
アクロメガリーの発症にかかわる遺伝子異常,
メディカルレビュー社, 2013年7月.
6. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子 :
遺伝性・家族性下垂体腫瘍,
株式会社 診断と治療社, 2012年4月.
7. 吉本 勝彦, 水澤 典子, 岩田 武男, 長尾 大輔, Hossain Md.Golam, 露口 勝, 佐野 壽昭, 内野 眞也 :
【内分泌クリニカル・カンファランス】 副甲状腺 家族性副甲状腺機能亢進症2家系におけるHRPT2遺伝子変異の解析,
2006年9月.
8. Katsuhiko Yoshimoto, Xu Bing, Noriko Mizusawa, Takeo Iwata, Daisuke Nagao, Golam Md. Hossain, Akira Miyauchi, Seiji Kuma, Mitsuyoshi Hirokawa and Toshiaki Sano :
Somatic mutations of the CTNNB1 gene in cribriform-morular variant of papillary thyroid carcinoma.,
Transworld Research Network, Kerala, India, 2006.

学術論文(審査論文):

1. Takeo Iwata, Kyoko Kuribayashi, Masahiko Nakasono, Noriko Saito-Tarashima, Noriaki Minakawa, Noriko Mizusawa, Rie Kido and Katsuhiko Yoshimoto :
The AMPK/mTOR pathway is involved in D-dopachrome tautomerase gene transcription in adipocytes differentiated from SGBS cells, a human preadipocyte cell line,
Cytokine, Vol.96, 195-202, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111466,   DOI: 10.1016/j.cyto.2017.04.017,   PubMed: 28445821,   Elsevier: Scopus)
2. Otsuka Ryo, Nagakatsu Harada, Aoki Shouhei, Shirai Kanna, Kazuchika Nishitsuji, Nozaki Ayane, Hatakeyama Adzumi, Masayuki Shono, Noriko Mizusawa, Katsuhiko Yoshimoto, Yutaka Nakaya, Hiroshi Kitahata and Hiroshi Sakaue :
C-terminal region of GADD34 regulates eIF2alpha dephosphorylation and cell proliferation in CHO-K1 cells.,
Cell Stress & Chaperones, Vol.21, No.1, 29-40, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 110106,   DOI: 10.1007/s12192-015-0633-9,   PubMed: 26318739,   Elsevier: Scopus)
3. Yuki Iwawaki, Noriko Mizusawa, Takeo Iwata, Nobuaki Higaki, Takaharu Goto, Megumi Watanabe, Yoritoki Tomotake, Tetsuo Ichikawa and Katsuhiko Yoshimoto :
MiR-494-3p induced by compressive force inhibits cell proliferation in MC3T3-E1 cells.,
Journal of Bioscience and Bioengineering, Vol.120, No.4, 456-462, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 109479,   DOI: 10.1016/j.jbiosc.2015.02.006,   PubMed: 25795570,   Elsevier: Scopus)
4. Takeo Iwata, T Tamanaha, R Koezuka, M Tochiya, H Makino, I Kishimoto, Noriko Mizusawa, S Ono, N Inoshita, Shozo Yamada, A Shimatsu and Katsuhiko Yoshimoto :
Germline deletion and a somatic mutation of the PRKAR1A gene in a Carney complex-related pituitary adenoma.,
European Journal of Endocrinology, Vol.172, No.1, K5-K10, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 109643,   DOI: 10.1530/EJE-14-0685,   PubMed: 25336503,   Elsevier: Scopus)
5. Takeo Iwata, Shozo Yamada, Junko Ito, Naoko Inoshita, Noriko Mizusawa, Shinji Ono and Katsuhiko Yoshimoto :
A Novel C-terminal Nonsense Mutation, Q315X, of the Aryl Hydrocarbon Receptor-Interacting Protein Gene in a Japanese Familial Isolated Pituitary Adenoma Family.,
Endocrine Pathology, Vol.25, No.3, 273-281, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 109644,   DOI: 10.1007/s12022-014-9318-7,   PubMed: 24789813)
6. Guangfei Xu, Jiao Liu, Katsuhiko Yoshimoto, Gang Chen, Takeo Iwata, Noriko Mizusawa, Zhiqing Duan, Chunhua Wan and Junkang Jiang :
2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin (TCDD) induces expression of p27(kip¹) and FoxO3a in female rat cerebral cortex and PC12 cells.,
Toxicology Letters, Vol.226, No.3, 294-302, 2014.
(DOI: 10.1016/j.toxlet.2014.02.019,   PubMed: 24594276)
7. Guangfei Xu, Yuanye Li, Katsuhiko Yoshimoto, Qiyun Wu, Gang Chen, Takeo Iwata, Noriko Mizusawa, Chunhua Wan and Xiaoke Nie :
2,3,7,8-Tetrachlorodibenzo-p-dioxin stimulates proliferation of HAPI microglia by affecting the Akt/GSK-3/cyclin D1 signaling pathway.,
Toxicology Letters, Vol.224, No.3, 362-370, 2013.
(DOI: 10.1016/j.toxlet.2013.11.003,   PubMed: 24231000)
8. Guangfei Xu, Yuanye Li, Katsuhiko Yoshimoto, Gang Chen, Chunhua Wan, Takeo Iwata, Noriko Mizusawa, Zhiqing Duan, Jiao Liu and Junkang Jiang :
2,3,7,8-Tetrachlorodibenzo-p-dioxin-induced inflammatory activation is mediated by intracellular free calcium in microglial cells,
Toxicology, Vol.308, 158-167, 2013.
(DOI: 10.1016/j.tox.2013.04.002,   PubMed: 23583884,   Elsevier: Scopus)
9. Kyoko Ishimoto, Takeo Iwata, Hisaaki Taniguchi, Noriko Mizusawa, Eiji Tanaka and Katsuhiko Yoshimoto :
d-Dopachrome tautomerase promotes IL-6 expression and inhibits adipogenesis in preadipocytes.,
Cytokine, Vol.60, 772-777, 2012.
(徳島大学機関リポジトリ: 109657,   DOI: 10.1016/j.cyto.2012.07.037,   PubMed: 22951300)
10. Takeo Iwata, Hisaaki Taniguchi, Masamichi Kuwajima, Takako Taniguchi, Okuda Yuko, Akiko Sukeno, Kyoko Ishimoto, Noriko Mizusawa and Katsuhiko Yoshimoto :
The action of D-dopachrome tautomerase as an adipokine in adipocyte lipid metabolism,
PLoS ONE, Vol.7, No.3, e33402, 2012.
(徳島大学機関リポジトリ: 109634,   DOI: 10.1371/journal.pone.0033402,   PubMed: 22428043)
11. Setsuko Hatakeyama, Noriko Mizusawa, Reiko Tsutsumi, Katsuhiko Yoshimoto, Harumi Mizuki, Shigeru Yasumoto, Shigehiro Sato and Yasunori Takeda :
Establishment of human dental epithelial cell lines expressing ameloblastin and enamelin by transfection of hTERT and cdk4 cDNAs.,
Journal of Oral Pathology & Medicine, Vol.40, No.3, 227-234, 2010.
(DOI: 10.1111/j.1600-0714.2010.00950.x,   PubMed: 20923449)
12. Golam Md Hossain, Takeo Iwata, Noriko Mizusawa, Nazatul Shahidan Wan Shima, Toru Okutsu, Kyoko Ishimoto and Katsuhiko Yoshimoto :
Compressive force inhibits adipogenesis through COX-2-mediated down-regulation of PPARgamma2 and C/EBPalpha.,
Journal of Bioscience and Bioengineering, Vol.109, No.3, 297-303, 2010.
(徳島大学機関リポジトリ: 109655,   DOI: 10.1016/j.jbiosc.2009.09.003,   PubMed: 20159581)
13. Golam M Hossain, Takeo Iwata, Noriko Mizusawa, Zhi-Rong Qian, Nazatul Shahidan Wan Shima, Toru Okutsu, Shozo Yamada, Toshiaki Sano and Katsuhiko Yoshimoto :
Expression of p18(INK4C) is down-regulated in human pituitary adenomas.,
Endocrine Pathology, Vol.20, No.2, 114-121, 2009.
(徳島大学機関リポジトリ: 109645,   DOI: 10.1007/s12022-009-9076-0,   PubMed: 19401813)
14. Takeo Iwata, Masamichi Kuwajima, Akiko Sukeno, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi, Martin Wabitsch, Noriko Mizusawa, Mitsuo Itakura and Katsuhiko Yoshimoto :
YKL-40 secreted from adipose tissue inhibits degradation of type I collagen.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.388, No.3, 511-516, 2009.
(徳島大学機関リポジトリ: 109641,   DOI: 10.1016/j.bbrc.2009.08.024,   PubMed: 19666003)
15. Zhi-Rong Qian, Toshiaki Sano, Katsuhiko Yoshimoto, Asa L Sylvia, Shozo Yamada, Noriko Mizusawa and Eiji Kudo :
Tumor-specific down-regulation and methylation of the CDH13 (H-cadherin) and CDH1 (E-cadherin) genes correlate with aggressiveness of human pituitary adenomas,
Modern Pathology, Vol.20, No.12, 1269-1277, 2007.
(DOI: 10.1038/modpathol.3800965,   PubMed: 17873891)
16. Takeo Iwata, Noriko Mizusawa, Yutaka Taketani, Mitsuo Itakura and Katsuhiko Yoshimoto :
Parafibromin tumor suppressor enhances cell growth in the cells expressing SV40 large T antigen.,
Oncogene, Vol.26, No.42, 6176-6183, 2007.
(徳島大学機関リポジトリ: 109649,   DOI: 10.1038/sj.onc.1210445,   PubMed: 17404568)
17. Takeo Iwata, Shozo Yamada, Noriko Mizusawa, HM Golam, Toshiaki Sano and Katsuhiko Yoshimoto :
The aryl hydrocarbon receptor-interacting protein gene is rarely mutated in sporadic GH-secreting adenomas,
Clinical Endocrinology, Vol.66, No.4, 499-502, 2007.
(徳島大学機関リポジトリ: 109642,   DOI: 10.1111/j.1365-2265.2007.02758.x,   PubMed: 17371465)
18. Y Yamashia, T Akiyama, Noriko Mizusawa, Katsuhiko Yoshimoto and M Goto :
A case of hyperparathyroidism-jaw tumour syndrome found in the treatment of an ossifying fibroma in the maxillary bone,
International Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Vol.36, No.4, 365-369, 2007.
(DOI: 10.1016/j.ijom.2006.08.007,   PubMed: 17052894)
19. Kiyoshi Kunika, Toshihito Tanahashi, Eiji Kudo, Noriko Mizusawa, Eiichiro Ichiishi, Naoto Nakamura, Toshikazu Yoshikawa, Takashi Yamaoka, Hiroaki Yasumo, Kazue Tsugaw, Maki Moritani, Hiroshi Inoue and Mitsuo Itakura :
Effect of +36T > C in intron 1 on the glutamine: fructose-6-phosphate amidotransferase 1 gene and its contribution to type 2 diabetes in different populations.,
Journal of Human Genetics, Vol.51, No.12, 1100-1109, 2006.
(DOI: 10.1007/s10038-006-0072-7,   PubMed: 17024311)
20. Noriko Mizusawa, Shinya Uchino, Takeo Iwata, Masaru Tsuyuguchi, Yasuyo Suzuki, Tsunenori Mizukoshi, Yoshio Yamashita, Akihiro Sakurai, Shinichi Suzuki, Mutsuo Beniko, Hideki Tahara, Masato Fujisawa, Nobuyuki Kamata, Kenji Fujisawa, Tohru Yashiro, Daisuke Nagao, Golam Md. Hossain, Toshiaki Sano, Shiro Noguchi and Katsuhiko Yoshimoto :
Genetic analyses in patients with familial isolated hyperparathyroidism and hyperparathyroidism-jaw tumour syndrome.,
Clinical Endocrinology, Vol.65, No.1, 9-16, 2006.
(徳島大学機関リポジトリ: 113299,   DOI: 10.1111/j.1365-2265.2006.02534.x,   PubMed: 16817812,   Elsevier: Scopus)
21. Zhi-Rong Qian, Toshiaki Sano, Katsuhiko Yoshimoto, Shozo Yamada, Akira Ishizuka, Noriko Mizusawa, Hidehisa Horiguchi, Mitsuyoshi Hirokawa and L Sylvia Asa :
Inactivation of RASSF1A tumor suppressor gene by aberrant promoter hypermethylation in human pituitary adenomas.,
Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.85, No.4, 464-473, 2005.
(DOI: 10.1038/labinvest.3700248,   PubMed: 15711568)
22. Noriko Mizusawa, Tomoko Hasegawa, Izumi Ohigashi, Chisato Kosugi, Nagakatsu Harada, Mitsuo Itakura and Katsuhiko Yoshimoto :
Differentiation Penotypes of Pancreatic Islet β- and α-cells are Closely Related with Homeotic Genes and a Group of Differentially Expressed Genes.,
Gene, Vol.331, No.28, 53-63, 2004.
(徳島大学機関リポジトリ: 112035,   DOI: 10.1016/j.gene.2004.01.016,   PubMed: 15094191)
23. Hiroyuki Yamasaki, Noriko Mizusawa, Shinji Nagahiro, Shozo Yamada, Toshiaki Sano, Mitsuo Itakura and Katsuhiko Yoshimoto :
GH-Secreting Pituitary Adenomas Infrequently Contain Inactivating Mutations of PRKAR1A and LOH of 17q23-24.,
Clinical Endocrinology, Vol.58, No.4, 464-470, 2003.
(DOI: 10.1046/j.1365-2265.2003.01740.x,   PubMed: 12641630)
24. Bing Xu, Katsuhiko Yoshimoto, Akira Miyauchi, Seiji Kuma, Noriko Mizusawa, Mitsuyoshi Hirokawa and Toshiaki Sano :
Cribriform-Morular Variant of Papillary Thyroid Carcinoma: A Pathological and Molecular Genetics Study with Evidence of Frequent Somatic Mutations in exon 3 of the b-catenin Gene.,
The Journal of Pathology, Vol.199, No.1, 58-67, 2003.
(DOI: 10.1002/path.1225,   PubMed: 12474227)
25. Zhi-Rong Qian, Chei Chiun Li, Hiroyuki Yamasaki, Noriko Mizusawa, Katsuhiko Yoshimoto, Shozo Yamada, Takashi Tashiro, Hidehisa Horiguchi, Shingo Wakatsuki, Mitsuyoshi Hirokawa and Toshiaki Sano :
Role of E-cadherin, alpha-, beta-, and gamma-catenins, and p120 (cell adhesion molecules) in prolactinoma behavior.,
Modern Pathology, Vol.15, No.12, 1357-1365, 2002.
(DOI: 10.1097/01.MP.0000039572.75188.1A,   PubMed: 12481018)
26. Hiroyuki Iwahana, Takashi Yamaoka, Masakazu Mizutani, Noriko Mizusawa, Setsuko Ii, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura :
Molecular Cloning of Rat Amidophosphoribosyltransferase.,
The Journal of Biological Chemistry, Vol.268, No.10, 7225-7237, 1993.
27. Hiroyuki Iwahana, Jun Oka, Noriko Mizusawa, Eiji Kudo, Setsuko Ii, Katsuhiko Yoshimoto, Edward W Holmes and Mitsuo Itakura :
Molecular Cloning of Human Amidophosphoribosyltransferase.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.190, No.1, 192-200, 1993.
28. Hiroyuki Iwahana, Noriko Mizusawa, Katsuhiko Yoshimoto and Mitsuo Itakura :
Detection of a New Polymorphism of the Human Prothrombin (F2) Gene by Combination of PASA and Mutated Primer-Mediated PCR-RFLP.,
Human Genetics, Vol.90, 325-326, 1992.

総説・解説:

1. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 小野 信二 :
Carney complex (CNC),
臨床画像, Vol.31, No.10, 31-32, 2015年.
(徳島大学機関リポジトリ: 111702)
2. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 小野 信二 :
副甲状腺-顎腫瘍症候群,
四国歯学会雑誌, Vol.27, No.1, 35-39, 2014年6月.
(徳島大学機関リポジトリ: 109852)
3. 吉本 勝彦, 水澤 典子, 岩田 武男, 小野 信二 :
家族性副甲状腺機能亢進症 (特集 知っておきたい先天性・遺伝性内分泌疾患),
内分泌・糖尿病・代謝内科, Vol.37, No.4, 380-386, 2013年10月.
(徳島大学機関リポジトリ: 111716,   CiNii: 40019847642)
4. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 小野 信二 :
AIP遺伝子と下垂体腫瘍 (特集 内分泌腫瘍発症機構に迫る) -- (生殖細胞変異),
ホルモンと臨床, Vol.60, No.8, 627-632, 2012年8月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114320,   CiNii: 40019975209)
5. 水澤 典子, 岩田 武男, 吉本 勝彦 :
【遺伝性内分泌腫瘍の基礎と臨床 遺伝カウンセリングに必要な知識】 家族性副甲状腺機能亢進症の基礎と臨床,
ホルモンと臨床, Vol.57, No.3, 255-261, 2009年3月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114318)
6. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子 :
アディポサイトカインと生活習慣病,
四国歯学会雑誌, Vol.20, No.2, 261-263, 2008年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109771)
7. HM Golam, Takeo Iwata, Noriko Mizusawa, Zhi-Rong Qian, Shozo Yamada, Toshiaki Sano and Katsuhiko Yoshimoto :
Role of cyclin-dependent kinase inhibitors in pituitary tumorigenesis: an update,
Shikoku Acta Medica, Vol.64, 225-231, 2008.
(徳島大学機関リポジトリ: 110181)
8. 岩田 武男, 水澤 典子, Golam Md Hossain, 吉本 勝彦 :
癌抑制因子パラフィブロミンはSV40 large T抗原存在下では細胞増殖促進に働く,
ホルモンと臨床 増刊号, Vol.56, 147-155, 2008年.
(徳島大学機関リポジトリ: 114317)
9. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 長尾 大輔, Md.Golam Hossain, 露口 勝, 佐野 壽昭, 内野 眞也 :
家族性副甲状腺機能亢進症2家系におけるHRPT2遺伝子変異の解析,,
ホルモンと臨床, Vol.54, 138-142, 2006年.
(徳島大学機関リポジトリ: 114316)

国際会議:

1. Yuki Iwawaki, Noriko Mizusawa, Yoritoki Tomotake, Tetsuo Ichikawa and Katsuhiko Yoshimoto :
Mechanical stress - responsive microRNA,
The 3rd ASEAN plus and TOKUSHIMA Joint International Conference, Makassar, Indonesia, Dec. 2014.
2. Noriko Mizusawa, Takeo Iwata and Katsuhiko Yoshimoto :
Profile of microRNA inhuman saliva,
Asean Plus Tokushima Joint International Conference, Dec. 2012.
3. Shima Nazatul Wan, Noriko Mizusawa, Takeo Iwata and Katsuhiko Yoshimoto :
Analysis of microRNA in saliva and submandibular gland cell lines.,
International Joint Symposium: The University of Tokushima, Universitas Gadjah Mada, Niigata University, Denpasar, Bali, Dec. 2010.
4. Katsuhiko Yoshimoto, Md. Golam Hossain, Takeo Iwata, Noriko Mizusawa, Shima Wan Nazatul Schadan, Toru Okutsu, Kyoko Ishimoto, Zhi-Rong Qian, Toshiaki Sano and Shozo Yamada :
Down-regulated expression of p18INK4C in pituitary adenomas.,
14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Mar. 2010.
5. Takeo Iwata, Masamichi Kuwajima, Akiko Sukeno, Naozumi Ishimaru, Yoshio Hayashi, M Wabitsch, Noriko Mizusawa, Mitsuo Itakura and Katsuhiko Yoshimoto :
YKL-40 secreted from macrophages infiltrating into adipose tissue inhibits degradation of type I collagen.,
International symposium on diabetes, Tokyo, Mar. 2009.
6. Shima Nazatul Wan, Noriko Mizusawa, Takeo Iwata and Katsuhiko Yoshimoto :
Effect of Liver X Receptor (LXR) Agonist on GLP-1 Expression.,
The International Symposium on Oral Sciences to Improve The Quality of Life, Tokushima, Sep. 2008.
7. Golam Md. Hossain, Takeo Iwata, Noriko Mizusawa and Katsuhiko Yoshimoto :
Compressive force-induced inhibition of adipocyte differentiation is mediated through down-regulatioin of PPAR2.,
The International Symposium on Oral Sciences to Improve The Quality of Life, Tokushima, Sep. 2008.
8. Golam Md. Hossain, Takeo Iwata, Noriko Mizusawa, Shozo Yamada, Zhi-Rong Qian, Toshiaki Sano and Katsuhiko Yoshimoto :
Mutational analysis and gene expression profile of CDKN2C/p18INK4C in pituitary adenomas.,
TThe 2nd International Symposium on "The Future Direction of Oral Sciences in the 21st Century"-Oral Sciences for Our Healthy Life-, Tokushima, Dec. 2007.
9. Golam Md. Hossain, Takeo Iwata, Shozo Yamada, Noriko Mizusawa, Toshiaki Sano and Katsuhiko Yoshimoto :
Mutation analysis of AIP in isolated familial somatotropinomas and sporadic growth hormone-secreting adenomas.,
The 1st International Symposium and Workshop The Future Direction of Oral Sciences in the 21st Century, Awaji, Mar. 2007.
10. Yamasaki Hiroyuki, Noriko Mizusawa, Shinji Nagahiro, Shozo Yamada, Toshiaki Sano, Mitsuo Itakura and Katsuhiko Yoshimoto :
GH-secreting pituitary adenomas infrequently contain inactivating mutations of PRKAR1A and LOH of 2p16 and 17q23-24.,
85th annual meeting of the endocrine society, Philadelphia, Jun. 2003.

国内講演発表:

1. 村田 菜々香, 橋本 真舞, 水澤 典子, 吉本 勝彦 :
マイクロRNAの細胞増殖への影響,
四国歯学会第56回例会・徳島県歯科医学大会, 2020年2月.
2. 橋本 真舞, 村田 菜々香, 水澤 典子, 吉本 勝彦 :
唾液マイクロRNAの機能解析,
四国歯学会第56回例会・徳島県歯科医学大会, 2020年2月.
3. 水澤 典子, 岩脇 有軌, 吉本 勝彦 :
唾液中に存在するマイクロRNAのプロファイリング,
四国歯学会第56回例会・徳島県歯科医学大会, 2020年2月.
4. 水澤 典子, 吉本 勝彦 :
マイクロRNAプロファイリングによるヒト顎下腺細胞株での上皮間葉系変換の解析,
第11回日本RNAi研究会, 2019年8月.
5. 水澤 典子, 原田 永勝, 岩田 武男, 吉本 勝彦 :
膵beta細胞機能に関与するPrss53の解析,
第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2019年5月.
6. 水澤 典子, 原田 永勝, 岩田 武男, 吉本 勝彦 :
Prss53は膵ベータ細胞のミトコンドリア機能を介した細胞維持に関与する,
第22回日本臨床内分泌病理学会学術総会, 2018年9月.
7. 水澤 典子, 岩田 武男, 吉本 勝彦 :
ヒト顎下腺細胞株 NS-SV-AC における miR-1290 の機能解析,
第59回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2017年9月.
8. 水澤 典子, 岩田 武男, 吉本 勝彦 :
ヒト顎下腺細胞株 NS-SV-AC における miR-1290 の機能解析,
第59回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2017年9月.
9. 小野 信二, 岩田 武男, 水澤 典子, 山田 正三, 吉本 勝彦 :
非機能性腺腫および ACTH 腺腫における 14q32 領域遺伝子の発現低下,
第27回間脳下垂体腫瘍学会, 2017年2月.
10. 大塚 良, 原田 永勝, 水澤 典子, 吉本 勝彦, 西辻 和親, 高石 和美, 中屋 豊, 阪上 浩, 北畑 洋 :
GADD34のC末端領域を欠損したCHO-K1細胞の樹立,
第253回徳島医学会学術集会, 2016年7月.
11. 水澤 典子, 岩田 武男, 吉本 勝彦 :
miR-222はRNA-binding protein 24 を標的として顎下腺細胞株NS-SV-ACの細胞増殖に関与する,
第38回日本分子生物学会年会, 2015年12月.
12. 小野 信二, 岩田 武男, 水澤 典子, 岩脇 有軌, 吉本 勝彦 :
ACTH 産生腺腫で低発現を認めた miR-551b の腺腫発症への関与,
第56回歯科基礎医学会学術大会・総会 福岡, 2014年9月.
13. 岩脇 有軌, 水澤 典子, 岩田 武男, 小野 信二, 友竹 偉則, 市川 哲雄, 吉本 勝彦 :
メカニカルストレス応答性 miR-494-3p による FGFR2 発現の抑制,
第56回歯科基礎医学会学術大会・総会 福岡, 2014年9月.
14. 小野 信二, 岩田 武男, 水澤 典子, 山田 正三, 吉本 勝彦 :
成長ホルモン産生腺腫におけるPRKACA遺伝子活性化変異の検討,
第14回日本内分泌学会四国地方会 徳島, 2014年9月.
15. 水澤 典子, 岩脇 有軌, 岩田 武男, 吉本 勝彦 :
ヒト顎下腺細胞株を用いた miRNA 標的遺伝子の解析,
第6回日本RNAi研究会・第1回細胞外小胞学会 広島, 2014年8月.
16. 岩田 武男, 谷口 寿章, 桒島 正道, 水澤 典子, 吉本 勝彦 :
D-dopachrome tautomeraseの脂肪細胞への作用,
第17回日本内分泌病理学会学術総会 横浜, 2013年10月.
17. 岩田 武男, 石本 恭子, 水澤 典子, 吉本 勝彦 :
D-dopachrome tautomeraseのインスリン抵抗性改善機序に関連する分子の探索,
第55回歯科基礎医学会学術大会・総会 岡山, 2013年9月.
18. 小野 信二, 岩田 武男, 水澤 典子, 吉本 勝彦 :
下垂体腺腫における miRNA 発現解析,
第55回歯科基礎医学会学術大会・総会 岡山, 2013年9月.
19. 岩脇 有軌, 水澤 典子, 岩田 武男, 小野 信二, 友竹 偉則, 市川 哲雄, 吉本 勝彦 :
機械的刺激応答性miRNAの同定,
第5回日本RNAi研究会 広島, 2013年8月.
20. 安藤 明彦, 長坂 昌一郎, 高橋 仁麗, 野牛 宏晃, 大須賀 淳一, 水澤 典子, 吉本 勝彦, 石橋 俊 :
原発性アルドステロン症・サブクリニカルCushing症候群を合併した家族性副甲状腺機能亢進症の1例,
第85回日本内分泌学会学術総会, 2012年4月.
21. 安藤 明彦, 長坂 昌一郎, 齋藤 芽里, 山崎 智行, 高橋 仁麗, 野牛 宏晃, 大須賀 淳一, 水澤 典子, 吉本 勝彦, 石橋 俊 :
原発性アルドステロン症・サブクリニカルCushing症候群を合併した家族性副甲状腺機能亢進症の一例,
第39回内分泌代謝研究会, 2011年12月.
22. 岩田 武男, 石本 恭子, 水澤 典子, 吉本 勝彦 :
D-dopachrome tautomeraseは肥満マウスでのインスリン抵抗性を改善する,
第53回歯科基礎医学会学術大会(岐阜), 2011年10月.
23. Nazatul Wan Shima, Noriko Mizusawa, Takeo Iwata and Katsuhiko Yoshimoto :
Analysis of miRNAs in saliva,
第84回日本生化学会大会, Sep. 2011.
24. 水澤 典子, 岩田 武男, 原田 永勝, Shima Nazatul Wan, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 :
マウス膵島におけるisletasinの機能解析,
第54回日本糖尿病学会年次学術集会(札幌), 2011年5月.
25. 岩田 武男, 谷口 寿章, 桒島 正道, 石本 恭子, 水澤 典子, 吉本 勝彦 :
D-dopachrome tautomeraseは脂肪細胞での脂質代謝を制御する,
第54回日本糖尿病学会年次学術集会(札幌), 2011年5月.
26. 木戸 理恵, 水澤 典子, Shima Nazatul Wan, 岩田 武男, 吉本 勝彦 :
マウス膵島の単離,
126回徳島生物学会, 2010年12月.
27. Shima Nazatul Wan, 水澤 典子, 岩田 武男, 吉本 勝彦 :
唾液microRNAの解析,
第52回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2010年9月.
28. 岩田 武男, 石本 恭子, 水澤 典子, 吉本 勝彦 :
D-dopachrome tautomeraseは脂肪細胞での中性脂肪量を制御する,
第52回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2010年9月.
29. 岩田 武男, Md. Golam Hossain, 水澤 典子, 吉本 勝彦 :
持続的圧縮力は前駆脂肪細胞からの脂肪細胞への分化を抑制する,
第53回日本糖尿病学会年次学術集会, 2010年5月.
30. 水澤 典子, 岩田 武男, Shima Nazatul Wan, 吉本 勝彦 :
LXRアゴニストによるプログルカゴン遺伝子産生への影響,
第53回日本糖尿病学会年次学術集会, 2010年5月.
31. 岩田 武男, 石丸 直澄, 林 良夫, 水澤 典子, 吉本 勝彦 :
脂肪組織におけるYKL-40の役割,
第51回歯科基礎医学会学術大会, 2009年9月.
32. Shima Nazatul Wan, 水澤 典子, 岩田 武男, 吉本 勝彦 :
Liver X receptorアゴニストによる消化管ホルモン発現調節,
第51回歯科基礎医学会学術大会, 2009年9月.
33. 水澤 典子, 岩田 武男, Shima Nazatul Wan, 吉本 勝彦 :
LXRアゴニスト T0901317によるプログルカゴン遺伝子発現への影響,
第52回日本糖尿病学会年次学術集会, 2009年5月.
34. 畠山 節子, 堤 玲子, 水澤 典子, 吉本 勝彦, 安本 茂, 武田 泰典 :
hTERTおよびcdk4遺伝子導入による不死化歯原性上皮細胞の樹立,
日本組織培養学会第82回大会, 2009年5月.
35. Golam Md. Hossain, 岩田 武男, 水澤 典子, 山田 正三, 銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦 :
Mutations, gene expression and CpG methylation status of cyclin-dependent kinase inhibitor p18INK4C in human pituitary adenomas.,
第238回 徳島医学会学術集会, 2009年2月.
36. 岩田 武男, 水澤 典子, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 :
YKL-40とMMP-1は脂肪組織のリモデリングに関与する,
第29回日本肥満学会, 2008年10月.
37. 小野 信二, Shima Nazatul Wan, 水澤 典子, 吉本 勝彦 :
インクレチン発現におけるLXR合成アゴニストの影響,
第50回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2008年9月.
38. 安永 佳世, 水澤 典子, 畠山 節子, 吉本 勝彦 :
isletasinの機能解析,
第50回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2008年9月.
39. Golam Md. Hossain, 岩田 武男, 水澤 典子, 山田 正三, 銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦 :
Mutations, gene expression and CpG methylation status of cyclin-dependent kinase inhibitor p18INK4C in human pituitary adenomas.,
第237回 徳島医学会学術集会, 2008年8月.
40. 水澤 典子, 岩田 武男, 吉本 勝彦 :
LXRアゴニストによるインクレチン発現への影響,,
第81回日本内分泌学会学術総会, 2008年5月.
41. 吉本 勝彦, Golam Hossain, 岩田 武男, 水澤 典子, 内野 眞也, 鈴木 やすよ, 水越 常徳, 田原 英樹, 櫻井 晃洋, 紅粉 睦男, 八代 享, 鈴木 眞一, 松野 彰, 西岡 宏, 田村 哲郎 :
家族性副甲状腺機能亢進症家系および家族性下垂体腺腫家系におけるp27Kip1遺伝子解析,
第81回日本内分泌学会学術総会, 2008年5月.
42. 岩田 武男, 水澤 典子, 佐野 壽昭, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 :
マクロファージ培養上清が脂肪前駆細胞株SGBSのMMP発現に与える影響,
第28回日本肥満学会, 2007年10月.
43. 岩田 武男, 水澤 典子, 竹谷 豊, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 :
副甲状腺癌抑制因子パラフィブロミンはSV40 large T抗原存在下では細胞増殖促進に働く,
第32回日本比較内分泌学会大会, 2007年10月.
44. 水澤 典子, 畠山 節子, 吉本 勝彦 :
isletasin遺伝子の膵β細胞特異的発現と細胞内局在,
第49回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2007年8月.
45. Golam Md. Hossain, 岩田 武男, 水澤 典子, 吉本 勝彦, 山田 正三, 佐野 壽昭 :
Mutation analysis of AIP gene in isolated familial somatotropinomas and sporadic growth hormone-secreting adenomas.,
第235回徳島医学会学術集会, 2007年8月.
46. 岩田 武男, 山田 正三, 水澤 典子, Golam Md. Hossain, 西岡 宏, 松野 彰, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦 :
家族性および孤発性 GH産生腺腫におけるAIP遺伝子解析,
第80回日本内分泌学会学術総会, 2007年6月.
47. 水澤 典子, 岩田 武男, 吉本 勝彦 :
膵β細胞に高発現するisletasin遺伝子の解析,
第50回日本糖尿病学会年次学術集会, 2007年5月.
48. 岩田 武男, 水澤 典子, 竹谷 豊, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 :
癌抑制因子パラフィブロミンはSV40 large T抗原存在下では細胞増殖促進に働く,
第10回日本内分泌病理学会学術総会, 2006年11月.
49. 吉本 勝彦, 水澤 典子, 岩田 武男, 佐野 壽昭, 露口 勝 :
副甲状腺機能亢進症-顎腫瘍症候群におけるHRPT2変異,
第6回日本内分泌学会四国地方会, 2006年9月.
50. 水澤 典子, 原田 永勝, 岩田 武男, 国香 清, 森谷 眞紀, 竹谷 豊, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 :
膵β細胞に高発現する新規蛋白Isletasinの機能解析,
第49回日本糖尿病学会年次学術集会, 2006年5月.
51. 吉本 勝彦, 水澤 典子, 岩田 武男, 佐野 壽昭, 露口 勝, 内野 眞也, 野口 志郎, 鈴木 やすよ, 水越 常徳, 田原 英樹, 櫻井 晃洋, 紅粉 睦男, 八代 享, 鈴木 眞一, 藤澤 正人 :
家族性副甲状腺機能亢進症家系および孤発性副甲状腺腺腫症例におけるHRPT2遺伝子変異,,
第79回日本内分泌学会学術総会, 2006年5月.
52. 岩田 武男, 水澤 典子, 竹谷 豊, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 :
副甲状腺癌抑制遺伝子産物パラフィブロミンとSV40 large T抗原の相互作用による癌化機構,
第79回日本内分泌学会学術総会, 2006年5月.
53. 岩田 武男, 水澤 典子, 竹谷 豊, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 :
Under40 Panel Discussion 副甲状腺癌抑制遺伝子産物パラフィブロミンと相互作用する蛋白の同定,
第78回日本内分泌学会学術総会, 2005年7月.
54. 吉本 勝彦, 水澤 典子, 岩田 武男, 露口 勝, 佐野 壽昭, 内野 眞也 :
家族性副甲状腺機能亢進症2家系におけるHRPT2遺伝子変異の解析,
第78回日本内分泌学会学術総会, 2005年7月.
55. 水澤 典子, 岩田 武男, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 :
ヒトインスリン遺伝子発現調節におけるGC2-GC1配列の役割,
第48回日本糖尿病年次学術集会, 2005年5月.
56. 水澤 典子, 小杉 知里, 原田 永勝, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 :
膵β細胞とα細胞のHox遺伝子およびホメオティック遺伝子発現の差異,
第47回日本糖尿病学会年次学術総会, 2004年5月.
57. 銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 山田 正三, 水澤 典子, 石塚 明, 堀口 英久, 廣川 満良 :
Aberrant methylation of the CDH13 gene in pituitary adenomas,
第14回日本間脳下垂体腫瘍学会, 2004年2月.
58. 銭 志栄, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦, 山田 正三, 水澤 典子, Ishizuka Akira, 堀口 英久, 廣川 満良 :
Inactivation of RASSF1A tumor suppressor gene by aberrant promoter methylation in human pituitary adenomas,
第7回日本内分泌病理学会総会, 2003年10月.
59. 水澤 典子, 原田 永勝, 吉本 勝彦 :
膵β細胞特異的に発現するisletasin遺伝子の解析,
第46回日本糖尿病学会年次学術総会, 2003年5月.
60. 水澤 典子, 友成 章, 小杉 知里, 小倉 真琴, 原田 永勝, 大東 いずみ, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 :
ヒトインスリン遺伝子のグルコ-ス応答性転写調節に及ぼすGG配列の役割,
第45回日本糖尿病学会年次学術総会, 2002年5月.
61. 銭 志栄, Li Chei Chiun, 山崎 弘幸, 水澤 典子, 吉本 勝彦, 山田 正三, 堀口 英久, 若槻 真吾, 廣川 満良, 佐野 壽昭 :
Expression of E-cadherin and alpha-, beta-, and gamma-catenins in Human Pituitary Prolactinomas,
第91回日本病理学会総会, 2002年3月.
62. 銭 志栄, Li Chei Chiun, 山崎 弘幸, 水澤 典子, 吉本 勝彦, 山田 正三, 佐野 壽昭 :
Expression of E-cadherin and alpha-, beta-, and gamma-catenins in Human Pituitary Prolactinomas,
第12回日本間脳下垂体腫瘍学会, 2002年2月.
63. 山崎 弘幸, 水澤 典子, 小杉 知里, 原田 永勝, 大東 いずみ, 本田 壮一, 山田 正三, 佐野 壽昭, 影治 照喜, 永廣 信治, 吉本 勝彦 :
GH下垂体腺腫におけるPRKAR1A遺伝子異常の解析,
第12回日本間脳下垂体腫瘍学会, 2002年2月.
64. 本田 壮一, 小杉 知里, 山田 正三, 木村 敏彦, 原田 永勝, 大東 いずみ, 水澤 典子, 山崎 弘幸, 佐野 壽昭, 吉本 勝彦 :
下垂体腺腫における網膜芽細胞腫 (RB)遺伝子異常の解析,
第12回日本間脳下垂体腫瘍学会, 2002年2月.
65. 銭 志栄, Li Chei Chiun, 山崎 弘幸, 水澤 典子, 吉本 勝彦, 山田 正三, 佐野 壽昭 :
Expression of E-cadherin and alpha-, beta-, and gamma-catenins in Human Pituitary Prolactinomas,
第224回徳島医学会学術集会 (平成13年度冬期), 2002年2月.
66. 水澤 典子, 友成 章, 田中 知里, 原田 永勝, 大東 いずみ, 板倉 光夫, 吉本 勝彦 :
インスリン遺伝子のグルコース応答性転写調節に及ぼすCG配列の役割,
第24回日本分子生物学会年会, 2001年12月.
67. 水澤 典子, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 清水 新司, 久保田 美子, 平野 浩子, 板倉 光夫, 堀内 三郎 :
ヒトCAD遺伝子上流調節領域の構造決定と解析,
第66回日本生化学会東北支部会例会, 2000年6月.
68. 水澤 典子, 藤村 美和, 岩花 弘之, 片島 るみ, 吉本 勝彦, 堀内 三郎, 板倉 光夫 :
ヒトCAD遺伝子のゲノム構造の解析,
第70回日本生化学会(金沢), 1997年9月.
69. 岩花 弘之, 岡 純, 水澤 典子, 片島 るみ, 村上 大輔, 工藤 英治, 伊井 節子, 山岡 孝, 吉本 勝彦, Edward W. Holmes, 板倉 光夫 :
ヒト・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)蛋白の精製とcDNAクローニング,
第67回日本生化学会大会(大阪), 1994年9月.
70. 岩花 弘之, 岡 純, 水澤 典子, 片島 るみ, 村上 大輔, 工藤 英治, 伊井 節子, 吉本 勝彦, Edward W. Holmes, 板倉 光夫 :
ヒト・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)蛋白の精製とcDNAクローニング,
第27回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(名古屋), 1994年2月.
71. 田中 正喜, 片島 るみ, 水澤 典子, 村上 大輔, 大塚 理司, 吉本 勝彦, 岩花 弘之, 板倉 光夫 :
Random sequencingによるマウス膵ランゲルハンス島B細胞(膵B細胞)の発現遺伝子群の解析,
第16回日本分子生物学会年会(千葉), 1993年12月.
72. 岩花 弘之, 吉本 勝彦, 水澤 典子, 工藤 英治, 板倉 光夫 :
多種類の蛍光色素とコンピューター画像を用いたMF-PCR-SSCP解析,
第16回日本分子生物学会年会(千葉), 1993年12月.
73. 岩花 弘之, 山岡 孝, 水谷 正一, 水澤 典子, 工藤 英治, 伊井 節子, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
ラット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)酵素蛋白のアミノ酸配列とmRNAの組織別発現,
第26回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(仙台), 1993年2月.
74. 岩花 弘之, 水澤 典子, 工藤 英治, 伊井 節子, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
ラット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)cDNAのPCRを用いた遺伝子クローニング,
第26回日本プリン・ピリミジン代謝学会総会(仙台), 1993年2月.
75. 水澤 典子, 岩花 弘之, 山岡 孝, 工藤 英治, 伊井 節子, 吉本 勝彦, 板倉 光夫 :
ラット・アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(ATase)のcDNAクローニング,
第64回日本生化学会大会(福岡), 1992年10月.

報告書:

1. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 山田 正三, 井下 尚子 :
頭蓋咽頭腫の各タイプにおける遺伝子異常,
成長科学協会研究年報, No.40, 163-166, 2017年9月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114139)
2. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 山田 正三 :
cAMP-protein kinase Aシグナル異常によるGH細胞腫瘍化機構,
成長科学協会研究年報, No.39, 157-160, 2016年9月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114138)
3. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 山田 正三, 西岡 宏, 井下 尚子 :
頭蓋咽頭腫の腫瘍化機構の解析,
成長科学協会研究年報, No.38, 149-152, 2015年8月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114137)
4. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 小野 信二, 山田 正三 :
成長ホルモン産生腺腫における14q32.3インプリンティング領域のmiRNA発現増加機構の解析,
成長科学協会研究年報, Vol.37, 177-181, 2014年8月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114136)
5. 市川 哲雄, 野間 隆文, 三好 圭子, 西川 啓介, 水澤 典子, 松山 美和, 吉村 弘, 細木 眞紀 :
連携機能を活用した口腔からQOL向上を目指す研究報告書,
連携機能を活用した口腔からQOL向上を目指す研究報告書, 1-67, 2012年.
6. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 銭 志栄, 山田 正三 :
成長ホルモン産生腺腫および血清におけるmiRNAの解析,
成長科学協会研究年報, No.34, 209-215, 2011年8月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114135)
7. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 銭 志栄, 佐野 壽昭, 山田 正三 :
成長ホルモン産生腺腫におけるmiRNAの解析,
成長科学協会研究年報, Vol.33, 191-196, 2010年7月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114134)
8. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 佐野 壽昭, 山田 正三 :
成長ホルモン産生腺腫におけるp18INK4C遺伝子異常の解析,
成長科学協会研究年報, No.32, 243-247, 2009年8月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114161)
9. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 佐野 壽昭, 山田 正三 :
成長ホルモン(GH)産生腺腫における癌抑制遺伝子異常の解析,
成長科学協会研究年報, No.31, 199-202, 2008年.
(徳島大学機関リポジトリ: 114160)
10. 吉本 勝彦, 岩田 武男, 水澤 典子, 佐野 壽昭, 山田 正三 :
成長ホルモン (GH) 産生腺腫におけるAIP遺伝子異常の解析,
成長科学協会研究年報, No.30, 2007年7月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114159)

特許:

1. 水澤 典子, 吉本 勝彦 : GLP-1の発現・分泌を指標としたスクリーニング系, 特願2008-075833 (2007年12月), .

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • D-ドーパクロムトートメラーゼに関連する肥満治療薬の開発戦略 (研究課題/領域番号: 18K09520 )
  • 下垂体腺腫におけるインプリント異常を含むDNAメチル化脱制御の解析 (研究課題/領域番号: 18K08481 )
  • 唾液マイクロRNAの加齢変動と機能解析 (研究課題/領域番号: 15K11042 )
  • Dドーパクロムトートメラーゼの脂肪組織特異的発現・作用機序 (研究課題/領域番号: 15K11040 )
  • 下垂体腺腫における14q32インプリンティング領域の遺伝子発現制御機構 (研究課題/領域番号: 15K09435 )
  • ストレス刺激に応答するmiRNAと口腔内への分泌の解明 (研究課題/領域番号: 25670822 )
  • 新たな細胞間情報伝達分子としての唾液miRNAの基盤的研究 (研究課題/領域番号: 24592800 )
  • Dドーパクロムトートメラーゼが関わるインスリン抵抗性発症機序の多角的研究 (研究課題/領域番号: 24592799 )
  • 下垂体腺腫におけるマイクロRNA分子ネットワークの解明 (研究課題/領域番号: 24591365 )
  • ヒト唾液腺分泌蛋白サリバチンの機能解析とインクレチン模倣薬としての可能性 (研究課題/領域番号: 21592363 )
  • 癌抑制および癌促進の相反する作用を有するパラフィブロミンの機能解析 (研究課題/領域番号: 21591180 )
  • 成長ホルモン産生細胞腫瘍化におけるAIP遺伝子の役割 (研究課題/領域番号: 19591079 )
  • 副甲状腺の癌化を抑制する新規蛋白パラフィブロミンの機能解析 (研究課題/領域番号: 17590963 )
  • 網羅的cDNA塩基配列決定を基盤とする膵β細胞特異的に発現する遺伝子の解析 (研究課題/領域番号: 15590943 )
  • ヒトインスリン遺伝子上流のGG-BOXに結合する膵ラ氏島B細胞特異的因子の決定 (研究課題/領域番号: 12770639 )
  • 膵β細胞およびα細胞の特性を規定する遺伝子獲得のための分子基盤研究 (研究課題/領域番号: 12671115 )
  • 妊婦末梢血中の胎児細胞検出に関する研究-非侵襲的出生前診断法の確立- (研究課題/領域番号: 08877254 )
  • 研究者番号(80254746)による検索