検索:
徳島大学 > 大学院社会産業理工学研究部 > 理工学域 > 知能情報系 > 知能工学分野 >
徳島大学 > 理工学部 > 理工学科 > 情報光システムコース > 知能工学講座 >
徳島大学 > 工学部 > 知能情報工学科 > 基礎情報工学講座 >
徳島大学 > 先端技術科学教育部 > システム創生工学専攻 > 知能情報システム工学コース > 基礎情報工学講座 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704015 人工知能(AI)を活用したマルチメディア・ビッグデータおよびソーシャル・ビッグデータに対する知能システムの研究開発 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

知能情報学 (Intelligent Informatics)

研究テーマ

音楽情報処理

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Masahiro Niitsuma, Masaki Matsubara, Masaki Oono and Hiroaki Saito :
Development of a method for automatic basso continuo playing,
Information Processing & Management, Vol.47, No.3, 440-451, 2011.
(DOI: 10.1016/j.ipm.2010.11.001,   Elsevier: Scopus)
2. Masaki Oono, Atlam EL-Sayed, Masao Fuketa, Kazuhiro Morita and Jun-ichi Aoe :
A compressed trie structure using divided keys,
International Journal of Computer Applications in Technology, Vol.34, No.2, 101-107, 2009.
(DOI: 10.1504/IJCAT.2009.023615)
3. Susumu Yata, Masaki Oono, Kazuhiro Morita, Masao Fuketa and Jun-ichi Aoe :
An efficient deletion method for a minimal prefix double array,
Software: Practice and Experience, Vol.37, No.5, 523-534, 2007.
(DOI: 10.1002/spe.778)
4. Susumu Yata, Masaki Oono, Kazuhiro Morita, Masao Fuketa, Toru Sumitomo and Jun-ichi Aoe :
A compact static double-array keeping character codes,
Information Processing & Management, Vol.43, No.1, 237-247, 2007.
(DOI: 10.1016/j.ipm.2006.04.004)
5. 矢田 晋, 大野 将樹, 森田 和宏, 泓田 正雄, 吉成 友子, 青江 順一 :
接頭辞ダブル配列における空間効率を低下させないキー削除法,
情報処理学会論文誌, Vol.47, No.6, 1894-1902, 2006年.
(CiNii: 110004729750)
6. Yuki Kadoya, Kazuhiro Morita, Masao Fuketa, Masaki Oono, El-Sayed Atlam, Toru Sumitomo and Jun-ichi Aoe :
A Sentence Classification Technique Using Intention Association Expressions,
International Journal of Computer Mathematics, Vol.82, No.7, 777-792, 2005.
(DOI: 10.1080/00207160412331336071)
7. Shinkaku Kashiji, El-Sayed Atlam, Masao Fuketa, Masaki Oono, Kazuhiro Morita, Kazuhiko Tsuda and Jun-ichi Aoe :
A High-speed Dynamic Full-Text Search Method by Using Memory Management,
International Journal of Computer Mathematics, Vol.81, No.12, 1477-1492, 2004.
(DOI: 10.1080/00207160412331296643)
8. Kazuhiro Morita, Atlam EL-Sayed, Masao Fuketa, Kazuhiko Tsuda, Masaki Oono and Jun-ichi Aoe :
Word classification and hierarchy using co-occurrence word information,
Information Processing & Management, Vol.40, No.6, 957-972, 2004.
(DOI: 10.1016/j.ipm.2003.08.009)
9. Masaki Oono, Masao Fuketa, Kazuhiro Morita, Shinkaku Kashiji and Jun-ichi Aoe :
An Improvement Key Deletion Method for Double-Array Structure using Single-nodes,
Information Processing & Management, Vol.40, No.1, 47-63, 2004.
(DOI: 10.1016/S0306-4573(02)00090-0)
10. Masaki Oono, Atlam EL-Sayed, Masao Fuketa, Kazuhiro Morita and Jun-ichi Aoe :
A Fast and Compact Elimination Method of Empty Elements from a Double-Array Structure,
Software: Practice and Experience, Vol.33, No.13, 1229-1249, 2003.
(DOI: 10.1002/spe.545)
11. 大野 将樹, 森田 和宏, 泓田 正雄, 青江 順一 :
ダブル配列におけるキー削除の効率化手法,
情報処理学会論文誌, Vol.44, No.5, 1311-1320, 2003年.
(CiNii: 110002711725)
12. Masami Shishibori, Samuel Sangkon Lee, Masaki Oono and Jun-ichi Aoe :
Improvement of the LR Parsing Table and Its Apprication to Grammatical Error Correction,
International Journal of Informantion Sciences, Vol.Vol. 148, No.Issues 1-4, 11-26, 2002.
13. 森田 和宏, 泓田 正雄, 大野 将樹, 青江 順一 :
ダブル配列における動的更新の効率化アルゴリズム,
情報処理学会論文誌, Vol.42, No.9, 2229-2238, 2001年.
14. 李 泰憲, 安藤 一秋, 大野 将樹, 青江 順一 :
複合語生成規則を用いたキーワード導出手法,
電子情報通信学会論文誌(D-II), Vol.J84-DII, No.4, 812-821, 2001年.
(CiNii: 110003183971)
15. Masafumi Koyama, Masaki Oono, Kazuhiro Morita and Jun-ichi Aoe :
A Fast and Compact Technique of Implementing Transition Tables for Finite State Automata,
Information Sciences, Vol.129, No.1-4, 141-154, 2000.
(DOI: 10.1016/S0020-0255(00)00060-8,   Elsevier: Scopus)

国際会議:

1. Masaki Oono :
A method for extracting influential nodes while considering the development of social networks,
Proceedings of the international conference on social computing and its applications, Nov. 2012.
2. Masahiro Niitsuma, Hiroshi Takaesu, Hazuki Demachi, Masaki Oono and Hiroaki Saito :
Development of an Automatic Music Selection System Based on the Runners Step Frequency,
Proceedings of international conference on music information retrieval, Sep. 2008.
3. Susumu Yata, Masaki Oono, Kazuhiro Morita, Toru Sumitomo and Jun-ichi Aoe :
Double-Array Compression by Pruning Twin Leaves and Unifying Common Suffixes,
Proceedings of International Conference on Computing and Informatics (ICOCI 2006), Kuala Lumpur, Malaysia, Jun. 2006.
4. Masaki Oono, Masao Fuketa, Kazuhiro Morita, Yutaka Inada, Yo Murakami and Jun-ichi Aoe :
A Compression Method Using Link-Trie Structure for Natural Language Dictionaries,
Proceedings of International Conference on Computing and Informatics (ICOCI 2006), Kuala Lumpur, Malaysia, Jun. 2006.
5. Kazuhiro Morita, Atlam EL-Sayed, Masao Fuketa, Elmarhomy Ghada, Masaki Oono, Toru Sumitomo and Jun-ichi Aoe :
New Approach for Speeding-up Technique of the Retrieval Using Dynamic Full-Text Search Algorithm,
Proceedings of 9th International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems (KES 2005), Vol.4, 619-625, Melbourne, Sep. 2005.
6. Shinkaku Kashiji, Toru Sumitomo, Kazuhiro Morita, Masaki Oono, Masao Fuketa and Jun-ichi Aoe :
A Fast Dynamic Method Using Memory Management,
Proceedings of 8th International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information and Engineering Systems (KES 2004), 558-566, Wellington, New Zealand, Sep. 2004.
7. Masaki Oono, Kazuhiro Morita, Masao Fuketa, Mikio Oda, Jun Harada and Jun-ichi Aoe :
An Efficient Key Updating Algorithm for Double-Array Structure,
Proceedings of the 7th World Multiconference on Systemics, Cybernetics and Informatics (SCI2003), Vol.12, 311-313, Orlando, Jul. 2003.
8. Masaki Oono, Kazuhiro Morita, EL-Sayed Atlam, Yuki Kadoya and Jun-ichi Aoe :
A New Compact Deletion Algorithm for Double-Array Structures,
Proceedings of 2002 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, Vol.4, 577-582, Hammamet, Tunisia, Oct. 2002.
(Elsevier: Scopus)
9. Masao Fuketa, EL-Sayed Atlam, Kazuhiro Morita, Masaki Oono and Jun-ichi Aoe :
A Compression Algorithm Using Integrated Record Information for Translation Dictionaries,
Proceedings of 2002 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, Vol.4, 588-593, Hammamet, Tunisia, Oct. 2002.
(Elsevier: Scopus)
10. Masao Fuketa, Masaki Oono, Kazuhiro Morita and Jun-ichi Aoe :
On the Construction of Reduced Double Array Structures by Dividing Tries,
Proceedings of 2001 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, 500-505, Tucson, Arizona, USA, Oct. 2001.
(Elsevier: Scopus)
11. El-sayed Atlam, Masaki Oono, Kazuhiro Morita, Masao Fuketa and Jun-ichi Aoe :
Similarity Measurement using Two Objects Weight Function,
Proceedings of 5th International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information Engineering Systems & Allied Technologies (KES'2001), 596-600, Osaka, Sep. 2001.

国内講演発表:

1. 大野 将樹, 獅々堀 正幹 :
隠れマルコフモデルに基づく左手用ピアノ楽譜生成手法,
情報処理学会情報科学技術フォーラム, 2019年9月.
2. 大野 将樹, 加藤 俊稀, 獅々堀 正幹 :
手指障害者のための片手ピアノ楽譜生成手法,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 216, 2018年9月.
3. 高松 翔馬, 大野 将樹, 獅々堀 正幹 :
手書きイラストを対象とした顔パーツ領域抽出手法に関する研究,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 216, 2017年9月.
4. 船坂 国之, 大野 将樹, 獅々堀 正幹 :
HMMに基づくドラムフィルインの自動生成手法に関する研究,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 215, 2017年9月.
5. 森 祥悟, 大野 将樹, 獅々堀 正幹 :
音域に着目したサビ区間検出手法に関する研究,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 214, 2017年9月.
6. 中西 雅哉, 大野 将樹, 獅々堀 正幹 :
特定物体認識におけるSIFT特徴点マッチング手法の改善,
情報処理学会第79回全国大会講演論文集, Vol.1, 495, 2017年3月.
7. 向原 啓悟, 大野 将樹, 獅々堀 正幹 :
クロマベクトルに基づくインストゥルメンタル楽曲検索手法に関する研究,
平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 232, 2016年9月.
8. 中西 雅哉, 大野 将樹, 獅々堀 正幹 :
局所特徴量の類似性・出現位置を考慮した特定物体認識手法に関する研究,
平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 177, 2016年9月.
9. 上野 総司郎, 大野 将樹, 獅々堀 正幹 :
DPマッチングに基づく時間伸縮を考慮した音響指紋照合手法に関する研究,
平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 233, 2016年9月.
10. 大野 竜河, 大野 将樹, 獅々堀 正幹 :
モーションセンサを用いたプレゼンテーション支援システムの開発,
平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 241, 2016年9月.
11. 春江 諒佑, 大野 将樹, 獅々堀 正幹 :
繰り返し構造に基づくライブ演奏楽曲の検索手法に関する研究,
情報処理学会全国大会講演論文集, 495-496, 2016年3月.
12. 明石 雄太, 大野 将樹, 獅々堀 正幹 :
要約レベルを考慮した音楽要約システムに関する研究,
情報処理学会全国大会講演論文集, 503-504, 2016年3月.
13. 山口 大範, 大野 将樹, 獅々堀 正幹 :
習字教育支援システムにおける文字修正手法,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 240, 2015年9月.
14. 野村 佳輝, 大野 将樹, 獅々堀 正幹 :
特徴点周辺の色情報を考慮した特定物体検索手法,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 202, 2015年9月.
15. 大関 陽裕, 大野 将樹, 獅々堀 正幹 :
局所特徴量の出現位置分布に基づく特定物体認識手法,
情報処理学会全国大会講演論文集, 549-550, 2015年3月.
16. 東 秀賢, 大野 将樹, 獅々堀 正幹 :
手のぶれを考慮した手洗い検査システムの改善,
情報処理学会全国大会講演論文集, 241-242, 2015年3月.
17. 田村 晴康, 大野 将樹, 獅々堀 正幹 :
重回帰分析に基づく音楽への自動表情付与手法に関する研究,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 291, 2014年9月.
18. 大岡 史知, 大野 将樹, 獅々堀 正幹 :
楽曲の終点付近に着目した効率的なサビ区間検出手法,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 290, 2014年9月.
19. 東 秀賢, 大野 将樹, 獅々堀 正幹 :
カメラ映像を用いた手洗い検査システムの開発,
情報処理学会全国大会講演論文集, 265-266, 2014年3月.
20. 中西 康公, 大野 将樹, 獅々堀 正幹 :
局所特徴量に基づくネジ種の自動識別手法に関する研究,
情報処理学会全国大会講演論文集, 75-76, 2014年3月.
21. 大関 陽裕, 大野 将樹, 獅々堀 正幹 :
小型自律飛行ロボットを用いた案内システムの開発,
情報処理学会全国大会講演論文集, 181-182, 2014年3月.
22. 大滝 尚輝, 大野 将樹, 獅々堀 正幹 :
Kinectを用いたプレゼンテーション補助システムの開発,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 344, 2013年9月.
23. 河原 健太, 獅々堀 正幹, 大野 将樹 :
Bag of Fearturesに基づく類似プレイリスト検索手法に関する研究,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 315, 2013年9月.
24. 大野 将樹, 岡村 亮一, 獅々堀 正幹, 沼尾 雅之 :
個人の嗜好を考慮したメドレー曲自動生成手法,
情報処理学会研究報告, Vol.100, No.35, 1-6, 2013年8月.
25. 篠原 透, 大野 将樹, 沼尾 雅之 :
作曲支援のためのマイニングによる和声進行提示システムの提案,
情報処理学会全国大会講演論文集, 285-286, 2013年3月.
26. 大野 将樹 :
社会ネットワークの成長を考慮したインフルエンスノード抽出手法,
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.112, No.94, 33-37, 2012年6月.
27. 大野 将樹 :
社会ネットワークの時間変化を考慮した情報拡散モデルの検討,
電子情報通信学会データ工学研究会, 2011年12月.
28. 大野 将樹, 小川 卓人 :
歌詞の構造に基づく楽曲の繰り返し構造推定,
第9回情報科学技術フォーラム, 2010年9月.
29. 大野 将樹, 森田 和宏, 泓田 正雄, 青江 順一 :
ダブル配列による自然言語辞書の高速更新法,
言語処理学会第11回年次大会, 745-748, 2005年3月.
30. 矢田 晋, 大野 将樹, 森田 和宏, 泓田 正雄, 青江 順一 :
ダブル配列構造による自然言語辞書の記憶量圧縮法,
言語処理学会第11回年次大会, 309-312, 2005年3月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 腹部聴診音のコンピューター解析による過敏性腸症候群の病態評価システムの構築 (研究課題/領域番号: 19K12824 )
  • 手指障害者を対象とした楽譜生成システムの開発 (研究課題/領域番号: 19K12248 )
  • AR(拡張現実)技術を用いた楽器演奏支援システムの開発 (研究課題/領域番号: 18K11573 )
  • 映像解析技術を用いた手洗い学習支援システムの開発 (研究課題/領域番号: 15K00482 )
  • 研究者番号(90433739)による検索