検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 医学域 > 総合研究支援センター > (researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Kenji Wakai, Nobuyuki Hamajima, Rieko Okada, Mariko Naito, Emi Morita, Asahi Hishida, Sayo Kawai, Kazuko Nishio, Guang Yin, Yatami Asai, Keitaro Matsuo, Satoyo Hosono, Hidemi Ito, Miki Watanabe, Takakazu Kawase, Takeshi Suzuki, Kazuo Tajima, Keitaro Tanaka, Yasuki Higaki, Megumi Hara, Takeshi Imaizumi, Naoto Taguchi, Kazuyo Nakamura, Hinako Nanri, Tatsuhiko Sakamoto, Mikako Horita, Koichi Shinchi, Yoshikuni Kita, Tanvir Chowdhury Turin, Nahid Rumana, Kenji Matsui, Katsuyuki Miura, Hirotsugu Ueshima, Naoyuki Takashima, Yasuyuki Nakamura, Sadao Suzuki, Ryosuke Ando, Akihiro Hosono, Nahomi Imaeda, Kiyoshi Shibata, Chiho Goto, Nami Hattori, Mitsuru Fukatsu, Tamaki Yamada, Shinkan Tokudome, Toshiro Takezaki, Hideshi Niimura, Kazuyo Hirasada, Akihiko Nakamura, Masaya Tatebo, Shin Ogawa, Noriko Tsunematsu, Shirabe Chiba, Haruo Mikami, Suminori Kono, Keizo Ohnaka, Ryoichi Takayanagi, Yoshiyuki Watanabe, Etsuko Ozaki, Masako Shigeta, Nagato Kuriyama, Aya Yoshikawa, Daisuke Matsui, Isao Watanabe, Kaoru Inoue, Kotaro Ozasa, Satoko Mitani, Kokichi Arisawa, Hirokazu Uemura, Mineyoshi Hiyoshi, Hidenobu Takami, Miwa Yamaguchi, Mariko Nakamoto, Hideo Takeda, Michiaki Kubo and Hideo Tanaka :
Profile of participants and genotype distributions of 108 polymorphisms in a cross-sectional study of associations of genotypes with lifestyle and clinical factors: a project in the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort (J-MICC) Study.,
Journal of Epidemiology, Vol.21, No.3, 223-235, 2011.
(DOI: 10.2188/jea.JE20100139,   PubMed: 21467728)
2. 上村 浩一, 日吉 峰麗, 武田 英雄, 北山 淳, 高見 栄喜, 澤近 房和, 山口 美輪, 有澤 孝吉 :
【生活習慣と中高年期における疾病の予防】 生活習慣と骨粗鬆症 脆弱性骨折の予防,
四国医学雑誌, Vol.65, No.5-6, 111-116, 2009年.
(徳島大学機関リポジトリ: 110287,   CiNii: 40017005974)
3. Mineyoshi Hiyoshi, Hiroaki Konishi, Hirokazu Uemura, Hideki Matsuzaki, Hideo Tsukamoto, Ryusuke Sugimoto, Hideo Takeda, Satoru Dakeshita, Atsushi Kitayama, Hidenobu Takami, Fusakazu Sawachika, Hiroshi Kido and Kokichi Arisawa :
D-dopachrome tautomerase is a candidate for key proteins to protect the rat liver damaged by carbon tetrachloride,
Toxicology, Vol.255, No.1,2, 6-14, 2009.
(DOI: 10.1016/j.tox.2008.09.016,   PubMed: 18930782)
4. Kokichi Arisawa, Hirokazu Uemura, Mineyoshi Hiyoshi, Hideo Takeda, Hiroshi Saito and Midori Soda :
Cadmium-induced renal dysfunction and mortality in two cohorts: diappearance of the association in a generation born later,
Toxicology Letters, Vol.169, No.3, 214-221, 2007.
(DOI: 10.1016/j.toxlet.2007.01.009,   PubMed: 17336471)
5. 武田 英雄, 上村 浩一, 日吉 峰麗, 佐野 雄二, 有澤 孝吉 :
徳島県における標準化死亡比:20年間の年次推移および保健所管内別の分析,
四国医学雑誌, Vol.62, No.5,6, 243-251, 2006年.
(徳島大学機関リポジトリ: 53567,   CiNii: 110006284452)
6. 日吉 峰麗, 上村 浩一, 武田 英雄, 木戸 博, 有澤 孝吉 :
環境医学領域におけるプロテオミクスの導入,
日本衛生学雑誌, Vol.61, No.4, 393-399, 2006年.
(DOI: 10.1265/jjh.61.393,   PubMed: 17025216)
7. Kokichi Arisawa, Midori Soda, Masazumi Akahoshi, Saeko Fujiwara, Hirokazu Uemura, Mineyoshi Hiyoshi, Hideo Takeda, Wataru Kashino and Akihiko Suyama :
Human T-cell lymphotropic virus type-1 infection and risk of cancer: 15.4 year longitudinal study among atomic bomb survivors in Nagasaki, Japan,
Cancer Science, Vol.97, No.6, 535-539, 2006.
(DOI: 10.1111/j.1349-7006.2006.00212.x,   PubMed: 16734733)
8. 武田 英雄, 上村 浩一, 佐野 雄二, 日吉 峰麗, 有澤 孝吉 :
徳島県における死因別および悪性腫瘍臓器別の標準化死亡比の分析(1993-2002年),
四国医学雑誌, Vol.62, No.1,2, 49-54, 2006年.
(徳島大学機関リポジトリ: 50568,   CiNii: 110006284742)
9. Kokichi Arisawa, Hideo Takeda and Hiroaki Mikasa :
Background exposure to PCDDs/PCDFs/PCBs and its potential health effects: a review of epidemiologic studies,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.52, No.1,2, 10-21, 2005.
(徳島大学機関リポジトリ: 110752,   DOI: 10.2152/jmi.52.10,   PubMed: 15751269)

学術論文(紀要・その他):

1. 邑岡 和昭, 三笠 洋明, 武田 英雄, 馮 秋陽, 西山 敬太郎 :
テトラクロロエチレンの地下水脈滞留場所の特定と人体曝露,
四国医学雑誌, Vol.49, No.1, 1-7, 1993年.
2. 鈴木 泰夫, 武田 英雄, 三笠 洋明, 西山 敬太郎 :
阿波踊りの運動強度について,
四国公衆衛生学会雑誌, Vol.37, No.1, 69-72, 1992年.
3. 三笠 洋明, 藤井 信男, 鈴木 泰夫, 武田 英雄, 西山 敬太郎 :
有機塩素化合物地下水汚染の土壌ガス分析による推定,
四国公衆衛生学会雑誌, Vol.37, No.1, 147-150, 1992年.

総説・解説:

1. 日吉 峰麗, 上村 浩一, 武田 英雄, 木戸 博, 有澤 孝吉 :
環境医学領域におけるプロテオミクスの導入,
日本衛生学雑誌, Vol.61, No.4, 393-399, 2006年9月.
2. 有澤 孝吉, 日吉 峰麗, 武田 英雄 :
環境要因の健康リスク評価と疾病予防への貢献,
四国医学雑誌, Vol.61, No.1,2, 31-37, 2005年4月.
(徳島大学機関リポジトリ: 45761,   CiNii: 40006794081)

国際会議:

1. Hirokazu Uemura, Toshiyuki Yasui, Y Miyatani, M Yamada, Mineyoshi Hiyoshi, Hideo Takeda, Kokichi Arisawa and Minoru Irahara :
Relationships between circulating osteoprotegerin and the risk factors of vascular disorders in postmenopausal women.,
The 3rd Scientific Meeting of the Asian Pacific Menopause Federation (APMF), Taipei, Mar. 2007.
2. Mineyoshi Hiyoshi, Hirokazu Uemura, Hideo Takeda, Hiroshi Kido and Kokichi Arisawa :
Quantitative proteomic analysis of testes in treated and untreated mice with bisphenol A by MALDI-TOF/TOF,
20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto, Jun. 2006.

国内講演発表:

1. 上村 浩一, 勝浦 桜子, 山口 美輪, 中本 真理子, 高見 栄喜, 十田 朋也, 武田 英雄, 有澤 孝吉 :
動脈スティフネスに影響を及ぼす因子の検討~体格指標を中心に~.,
第70回日本公衆衛生学会総会, 2011年10月.
2. 上村 浩一, 日吉 峰麗, 山口 美輪, 中本 真理子, 武田 英雄, 高見 栄喜, 北山 淳, 澤近 房和, 十田 朋也, 有澤 孝吉 :
血管脈派伝播速度と体格指標との関係についての検討 J-MICC Study 徳島地区のデータより,
第56回四国公衆衛生学会・研究発表会, 2011年2月.
3. 上村 浩一, 日吉 峰麗, 山口 美輪, 中本 真理子, 武田 英雄, 嵩下 賢, 高見 栄喜, 北山 淳, 澤近 房和, 十田 朋也, 有澤 孝吉, J-MICC Study Group :
ADIPOQおよびADRB3遺伝子多型が自然閉経年齢に及ぼす影響についての検討,
第21回日本疫学会学術総会, 2011年1月.
4. 高見 栄喜, 上村 浩一, 十田 朋也, 中本 真理子, 武田 英雄, 山口 美輪 :
医療系専攻の新入生における自己効力感と生活満足度に関する研究,
第69回日本公衆衛生学会総会, 2010年10月.
5. 上村 浩一, 高見 栄喜, 山口 美輪, 十田 朋也, 中本 真理子, 武田 英雄, 有澤 孝吉 :
閉経後女性の動脈スティフネスに影響を及ぼす因子の検討,
第69回日本公衆衛生学会総会, 2010年10月.
6. 上村 浩一, 高見 栄喜, 武田 英雄, 有澤 孝吉 :
閉経後骨粗鬆症・骨量減少婦人への骨吸収抑制剤の骨密度反応性を左右する因子の検討,
第68回日本公衆衛生学会総会, 2009年10月.
7. 日吉 峰麗, 小西 博昭, 上村 浩一, 松崎 英樹, 塚本 秀雄, 杉本 龍亮, 武田 英雄, 嵩下 賢, 北山 淳, 高見 栄喜, 澤近 房和, 木戸 博, 有澤 孝吉 :
D-ドーパクロムトートメラーゼは,四塩化炭素により損傷を受けたラット肝を保護する候補タンパク質である,
第79回日本衛生学会学術総会, 2009年3月.
8. 上村 浩一, 高見 栄喜, 武田 英雄, 有澤 孝吉 :
予防的両側卵巣摘出の血中脂質濃度への長期の影響についての検討,
第67回日本公衆衛生学会総会, 2008年11月.
9. 嵩下 賢, 河合 智子, 上村 浩一, 日吉 峰麗, 武田 英雄, 小熊 悦子, 堀口 兵剛, 香山 不二雄, 青島 恵子, 白 濱敏, 六反 一仁, 有澤 孝吉 :

第237回徳島医学会総会, 2008年8月.
10. 上村 浩一, 有澤 孝吉, 日吉 峰麗, 武田 英雄, 嵩下 賢, 北山 淳, 高見 栄喜, 佐藤 洋, 住吉 好雄, 森永 謙二, 児玉 和紀, 鈴木 隆一郎, 永井 正規, 鈴木 継美 :
日本の一般環境におけるダイオキシン曝露と高血圧, 高脂血症, 甲状腺疾患, アレルギー性鼻炎の有病状況との関係の検討,
第78回日本衛生学会総会, 2008年3月.
11. 嵩下 賢, 有澤 孝吉, 上村 浩一, 日吉 峰麗, 武田 英雄, 河合 智子, 六反 一仁, 香山 不二雄, 堀口 兵剛, 青島 恵子 :
カドミウム曝露における遺伝子発現の変動と人体への影響,
第78回日本衛生学会総会, 2008年3月.
12. 武田 英雄, 上村 浩一, 日吉 峰麗, 佐野 雄二, 有澤 孝吉 :
徳島県における標準化死亡比:20年間の年次推移および保健所管内別の分析,
第237回(夏期)徳島医学会学術集会, 2007年8月.
13. 有澤 孝吉, 上村 浩一, 日吉 峰麗, 武田 英雄, 齋藤 寛, 早田 みどり :
カドミウムによる低分子量蛋白尿とがん死亡率およびがん罹患率,
第77回日本衛生学会総会, 2007年3月.
14. 日吉 峰麗, 上村 浩一, 武田 英雄, 木戸 博, 有澤 孝吉 :
四塩化炭素曝露により誘導した肝傷害モデルラットにおける肝臓内タンパク質変動解析,
第77回日本衛生学会総会, 2007年3月.
15. 武田 英雄, 上村 浩一, 日吉 峰麗, 佐野 雄二, 有澤 孝吉 :
徳島県における標準化死亡比:20年間の年次推移および保健所管内別の分析,
第234回徳島医学会学術集会, 2007年2月.
16. 武田 英雄, 上村 浩一, 佐野 雄二, 日吉 峰麗, 有澤 孝吉 :
徳島県における死因別および悪性腫瘍臓器別の標準化死亡比の分析(1993-2002年),
第233回徳島医学会学術集会, 2006年7月.