検索:
徳島大学 > 大学院社会産業理工学研究部 > 理工学域 > 電気電子系 > 電気エネルギー分野 >
徳島大学 > 理工学部 > 理工学科 > 電気電子システムコース > 電気エネルギー講座 >
徳島大学 > 先端技術科学教育部 > システム創生工学専攻 > 電気電子創生工学コース > 電気エネルギー講座 >
徳島大学 > 工学部 > 電気電子工学科 > 電気エネルギー講座 >
徳島大学 > 創成科学研究科 > 理工学専攻 > 電気電子システムコース(創成科学研究科) > 電気エネルギー講座(創成科学研究科) >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

パルスパワー
照明·視環境設計
教育工学 (Educational Technology)
照明工学

研究テーマ

ナノ秒パルスパワー発生装置の開発, ナノ秒パルスパワーによるオゾン生成, ナノ秒パルスパワーによるNOx処理, ナノ秒パルスパワーによる水処理, がん治療法への応用を目指したナノ秒パルス電界の腫瘍への印加, パルスパワー技術を活用したバイオマス燃料製造技術の開発 (パルスパワー (pulsed power), ナノ秒パルスパワー (nanosecond pulsed power), オゾン (ozone), 窒素酸化物 (NOx) (nitrogen oxide: NOx), 水処理 (water treatment), バイオエレクトリクス (bioelectrics))
照明最適化サーバの構築と公開, 光源位置検知に関する研究 (照明, 視環境, 最適化 (optimization), GIS, GA)
教育フロンティア研究
LED高度応用研究

著書・論文

著書:

1. 大西 徳生, 魚崎 泰弘, 前田 健一, 獅々堀 正幹, 中野 晋, 多田 吉宏, 玉谷 純二, 下村 直行, 三神 厚, 倉科 昌, 中村 真紀, 杉山 茂, 小澤 将人, 山本 裕紹, 黒田 トクエ, 田端 厚之, 佐々木 由香, 島木 美香 :
安全マニュアル,
工学部, 徳島, 2010年2月.
2. 秋山 秀典, 勝木 淳, 金澤 誠司, 下村 直行, 高木 浩一, 塚本 俊介, 南谷 靖史, 山下 敬彦 :
高電圧パルスパワー工学,
株式会社 オーム社, 東京, 2003年12月.

学術論文(審査論文):

1. Yoshimasa Hamada, Yuji Furumoto, Akira Izutani, Shusuke Taniuchi, Masato Miyake, Miho Oyadomari, Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura and Seiichi Oyadomari :
Nanosecond pulsed electric fields induce the integrated stress response via reactive oxygen species-mediated heme-regulated inhibitor (HRI) activation.,
PLoS ONE, Vol.15, No.3, e0229948, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114915,   DOI: 10.1371/journal.pone.0229948,   PubMed: 32155190)
2. Yonezawa Masahiro, Murata Keisuke, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura :
Decolorization of indigo carmine solution by argon dielectric barrier discharge produced on liquid surface,
Japanese Journal of Applied Physics, Vol.58, No.12, 126003, 2019.
3. Tao Wen, Qiaogen Zhang, Jingtan Ma, Zhicheng Wu, Naoyuki Shimomura and Weijiang Chen :
A New Method to Evaluate the Effectiveness of Impulse Voltage for Detecting Insulation Defects in GIS Equipment,
IEEE Transactions on Dielectrics and Electrical Insulation, Vol.26, No.4, 1301-1307, 2019.
(DOI: 10.1109/TDEI.2019.008010)
4. Kohji Omatsu, Shingo Ishino, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura :
Fundamental Investigation of Streamer Discharges in Coaxial Reactor for NOx Treatment Using Nanosecond Pulsed Power,
IEEE Transactions on Plasma Science, Vol.46, No.10, 3535-3540, 2018.
(DOI: 10.1109/TPS.2018.2812894)
5. Susumu Suzuki, Ilko Mitkov Rusinov, Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura and Haruo Itoh :
Re-evaluation of rate coefficients for ozone decomposition by oxygen in wide range of gas pressures (20-1000 Torr) and temperatures (293-423 K),
Journal of Physics D: Applied Physics, Vol.51, No.30, 1-15, 2018.
(DOI: 10.1088/1361-6463/aacd61,   Elsevier: Scopus)
6. Tao Wen, Qiaogen Zhang, Jingtan Ma, Xuandong Liu, Zhicheng Wu, Lingli Zhang, Junping Zhao, Naoyuki Shimomura and Weijiang Chen :
Research on the detecting effectiveness of on-site lightning impulse test for GIS equipment with insulation defects,
IEEE Transactions on Dielectrics and Electrical Insulation, Vol.25, No.2, 551-558, 2018.
(DOI: 10.1109/TDEI.2018.006961)
7. Wen Tao, Qiaogen Zhang, Lingli Zhang, Jingtan Ma, Can Guo, Ming Chen, Yuan Li, Naoyuki Shimomura and Weijiang Chen :
Discussion on lightning impulse test waveform according to breakdown characteristics of SF6 gas gaps,
IEEE Transactions on Dielectrics and Electrical Insulation, Vol.24, No.4, 2306-2313, 2017.
(DOI: 10.1109/TDEI.2017.006605)
8. Tao Wen, Qiaogen Zhang, Yifan Qin, Junping Zhao, Jingtan Ma, Zhicheng Wu, Naoyuki Shimomura, Fengbo Tao, Yongyong Jia, Yu Yin, Weidong Shi and Weijiang Chen :
On-site standard lightning impulse test for 1,100-kV gas-insulated switchgear with large capacitance,
IEEE Electrical Insulation Magazine, Vol.32, No.6, 36-43, 2016.
(DOI: 10.1109/MEI.2016.7656809)
9. Mitsuru Morimoto, Ryotaro Arai, Koji Omatsu, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura :
Introduction of Tensioned Inner Wire Electrode for NOx Treatment With Nanosecond Pulsed Power System,
IEEE Transactions on Plasma Science, Vol.44, No.11, 2874-2879, 2016.
(DOI: 10.1109/TPS.2016.2610972,   Elsevier: Scopus)
10. Mitsuru Morimoto, Toshiki Ninomiya, Tomohide Ikemoto, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura :
Ozone Production by Streamer Discharges Using Nanosecond Pulsed Powers and Coaxial Reactor With Tensioned Inner Electrode,
IEEE Transactions on Plasma Science, Vol.44, No.10, 2190-2195, 2016.
(DOI: 10.1109/TPS.2016.2600702)
11. Mitsuru Morimoto, Kai Shimizu, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura :
Surfactant Treatment Using Nanosecond Pulsed Powers and Action of Electric Discharges on Solution Liquid,
IEEE Transactions on Plasma Science, Vol.44, No.10, 2167-2172, 2016.
(DOI: 10.1109/TPS.2016.2589763,   Elsevier: Scopus)
12. Mitsuru Morimoto, kai Shimizu, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura :
Indigo carmine solution treatment by nanosecond pulsed power with a dielectric barrier electrode,
IEEE Transactions on Dielectrics and Electrical Insulation, Vol.22, No.4, 1872-1878, 2015.
(DOI: 10.1109/TDEI.2015.004960,   Elsevier: Scopus)
13. 真鍋 祐矢, 前谷 実希, 長野 明彦, 寺西 研二, 下村 直行, 髙橋 章 :
病原性細菌の遺伝子発現に対するパルス電界印加の影響に関する研究,
電気学会論文誌A (基礎・材料・共通部門誌), Vol.134, No.6, 390-396, 2014年.
(DOI: 10.1541/ieejfms.134.390,   CiNii: 130004869384,   Elsevier: Scopus)
14. Masataka Nagahama, Naoyuki Shimomura, Akito Nakagawa, Kenji Teranishi, Yoshihiro Uto and Hitoshi Hori :
In Vivo Experimental Study of Nanosecond Pulsed Electric Field Effects on Solid Tumors,
IEEE Transactions on Dielectrics and Electrical Insulation, Vol.20, No.4, 1266-1272, 2013.
(DOI: 10.1109/TDEI.2013.6571443,   Elsevier: Scopus)
15. Yuki Nakata, Ryo Mabuchi, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura :
Effect of Small-diameter Coaxial Reactors on Ozone Production Using Nanosecond Pulsed Power,
IEEE Transactions on Dielectrics and Electrical Insulation, Vol.20, No.4, 1146-1152, 2013.
(DOI: 10.1109/TDEI.2013.6571429,   Elsevier: Scopus)
16. Kenji Teranishi, Yoji Shimada, Naoyuki Shimomura and Haruo Itoh :
Investigation of Ozone Concentration Measurement by Visible Photo Absorption Method,
Ozone: Science & Engineering, Vol.35, 229-239, 2013.
(DOI: 10.1080/01919512.2013.780544)
17. Naoyuki Shimomura, Keigo Nakano, Hiroto Nakajima, Tatsuya Kageyama, Fumiaki Fukawa, Kenji Teranishi and Hidenori Akiyama :
Nanosecond Pulsed Power Application to Nitrogen Oxides Treatment with Coaxial Reactors,
IEEE Transactions on Dielectrics and Electrical Insulation, Vol.18, No.4, 1274-1280, 2011.
(DOI: 10.1109/TDEI.2011.5976127)
18. 影山 達也, 馬渕 良, 寺西 研二, 下村 直行, 秋山 秀典 :
容量結合型リアクタを用いたナノ秒パルスパワーによる高濃度オゾン生成の検討,
放電研究, Vol.54, No.2, 1-7, 2011年.
19. 伊藤 晴雄, 鈴木 進, 寺西 研二, 下村 直行 :
圧電トランスを用いた誘電体バリア放電型エキシマランプで観測される自己組織化現象,
電気学会論文誌A (基礎・材料・共通部門誌), Vol.131, No.5, 337-343, 2011年.
(DOI: 10.1541/ieejfms.131.337,   CiNii: 130000653367,   Elsevier: Scopus)
20. 布川 史章, 下村 直行, 矢野 大輝, 寺西 研二 :
ナノ秒パルスパワー電源装置の開発,
電気設備学会誌, Vol.29, No.11, 956-962, 2009年.
(CiNii: 10026382157)
21. Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura, Susumu Suzuki and Haruo Itoh :
Development of Dielectric Barrier Discharge-Type Ozone Generator Constructed with Piezoelectric Transformers: Effect of Dielectric Electrode Materials on Ozone Generation,
Plasma Sources Science and Technology, Vol.18, No.4, 045011-(10pp), 2009.
(DOI: 10.1088/0963-0252/18/4/045011)
22. Taiki Yano, Naoyuki Shimomura, Ichiro Uchiyama, Fumiaki Fukawa, Kenji Teranishi and Hidenori Akiyama :
Decolorization of Indigo Carmine Solution Using Nanosecond Pulsed Power,
IEEE Transactions on Dielectrics and Electrical Insulation, Vol.16, No.4, 1081-1087, 2009.
(DOI: 10.1109/TDEI.2009.5211858)
23. Fumiaki Fukawa, Naoyuki Shimomura, Taiki Yano, Suguru Yamanaka, Kenji Teranishi and Hidenori Akiyama :
Application of Nanosecond Pulsed Power to Ozone Production by Streamer Corona,
IEEE Transactions on Plasma Science, Vol.36, No.5, 2592-2597, 2008.
(DOI: 10.1109/TPS.2008.2004372,   CiNii: 80020003626)
24. Haruo Itoh, Kenji Teranishi, Yoshihide Hashimoto, Naoyuki Shimomura and Susumu Suzuki :
Self-Organized Patterns of Dielectric-Barrier Discharge Generated by Piezoelectric Transformer,
IEEE Transactions on Plasma Science, Vol.36, No.4, 1348-1349, 2008.
(DOI: 10.1109/TPS.2008.924507,   CiNii: 80019818827)
25. Kenji Teranishi, Daisuke Inada, Naoyuki Shimomura, Susumu Suzuki and Haruo Itoh :
VUV Spectroscopic Measurement for Dielectric Barrier Discharge Excited by Piezoelectric Transformer in He-Xe Mixture,
IEEE Transactions on Plasma Science, Vol.36, No.4, 1340-1341, 2008.
(DOI: 10.1109/TPS.2008.927342,   CiNii: 80019818823)
26. Hidenori Akiyama, Takashi Sakugawa, Takao Namihira, Koichi Takaki, Yasushi Minamitani and Naoyuki Shimomura :
Industrial Applications of Pulsed Power Technology,
IEEE Transactions on Dielectrics and Electrical Insulation, Vol.14, No.5, 1051-1064, 2007.
(DOI: 10.1109/TDEI.2007.4339465,   CiNii: 120002468404)
27. 下村 直行, 寺本 明美, 秋山 秀典 :
大学院専門教育のためのパルスパワーウェブテキスト,
電気学会論文誌A (基礎・材料・共通部門誌), Vol.126, No.10, 983-989, 2006年.
(DOI: 10.1541/ieejfms.126.983,   CiNii: 10018781062,   Elsevier: Scopus)
28. 下村 直行, 今井 槇一 :
遺伝的アルゴリズムを用いた照度分布最適化手法の提案,
照明学会誌, Vol.90, No.2, 90-96, 2006年.
(DOI: 10.2150/jieij.90.90,   Elsevier: Scopus)
29. Hidenori Akiyama, Takashi Nagashima, Takao Namihira, Yoshihide Kato, Naoyuki Shimomura, Sunao Katsuki and Takao Hisazumi :
Separation of Metal from Metal-Plated Plastic by Pulsed Power,
IEEJ Transactions on Fundamentals and Materials, Vol.125, No.12, 1006-1010, 2005.
(DOI: 10.1541/ieejfms.125.1006,   CiNii: 10017079573)
30. 下村 直行, 島田 洋平, 井村 照代, 長田 正義 :
データベースを用いた光源位置の探知計算のための遺伝的アルゴリズムによる受光部位置の最適化,
照明学会誌, Vol.87, No.11, 885-890, 2003年.
(CiNii: 110001146424)
31. Yusuke Teramoto, Susumu Kohno, Naoyuki Shimomura, Sunao Katsuki and Hidenori Akiyama :
Inhomogeneity of Currents in a Wire Array During Its Exploding Phase,
IEEE Transactions on Plasma Science, Vol.29, No.4, 632-638, 2001.
(DOI: 10.1109/27.940958)
32. Naoyuki Shimomura, Masayoshi Nagata and Hidenori Akiyama :
High Voltage Generation from Inductive Pulsed Power Generator Using a Marx Circuit and an Exploding Wire,
Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.40, No.6A, 4199-4204, 2001.
(DOI: 10.1143/JJAP.40.4199,   Elsevier: Scopus)
33. Naoyuki Shimomura, Masayoshi Nagata, Yusuke Teramoto and Hidenori Akiyama :
Unstable Behavior in Exploding Wire Array,
Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.39, No.10, 6051-6054, 2000.
(DOI: 10.1143/JJAP.39.6051,   Elsevier: Scopus)
34. 本田 裕二, 岩田 泰幸, 伊祁 恵都嗣, 下村 直行, 長田 正義 :
光センサとデータベースを用いた光源位置の探知計算法に関する基礎的検討,
照明学会誌, Vol.84, No.8A, 486-491, 2000年.
35. Naoyuki Shimomura, David Scholfield, John Gahl and J Lester :
Investigation of Intense Electromagnetic Transient Phenomenon and Paschen Curves for Hydrogen and Helium in Subnanosecond Regime,
IEEE Transactions on Plasma Science, Vol.28, No.3, 496-501, 2000.
(DOI: 10.1109/27.887657)
36. David Scholfield, John Gahl and Naoyuki Shimomura :
Columnar focal lens,
The Review of Scientific Instruments, Vol.70, No.5, 2495-2499, 1999.
(DOI: 10.1063/1.1149845)
37. David Scholfield, John Gahl and Naoyuki Shimomura :
Effective Electric Field for an Arbitrary Electromagnetic Pulse,
IEEE Transactions on Plasma Science, Vol.27, No.2, 628-632, 1999.
(DOI: 10.1109/27.772295)
38. 伊祁 恵都嗣, 長田 正義, 下村 直行 :
室内照明空間における3次元色彩分布の基礎的検討,
電気設備学会誌, Vol.17, No.8, 771-778, 1997年.
39. 長田 正義, 伊祁 恵都嗣, 下村 直行 :
MCSによる室内照明空間における3次元色彩分布表示の試み,
照明学会誌, Vol.79, No.11, 46-54, 1995年.
40. Naoyuki Shimomura, Masayoshi Nagata, Chris Grabowski and Hidenori Akiyama :
Mechanism of Unstable Behavior of Parallel Fuses as an Opening Switch,
IEEE Transactions on Plasma Science, Vol.23, No.5, 860-864, 1995.
(DOI: 10.1109/27.473205)
41. 長田 正義, 下村 直行 :
遮光板をもつ照明空間の空間照明ベクトルとベクトルの流れ分布,
電気設備学会誌, 434-442, 1995年.
42. 下村 直行, 長田 正義, 秋山 秀典 :
オープニングスイッチとしての水中銅線ヒューズの抵抗変化,
電気学会論文誌, Vol.115-A, No.4, 373-379, 1995年.
43. 長田 正義, 下村 直行 :
天井面ならびに側壁面点光源による空間照明ベクトルの決定と応用,
照明学会誌, Vol.79, No.2, 71-77, 1995年.
44. 下村 直行, 長田 正義, 秋山 秀典 :
自己積分型ロゴスキーコイルの共振特性,
電気学会論文誌, Vol.114-B, No.1, 33-37, 1994年.
45. 長田 正義, 下村 直行, 川村 潤志 :
モンテカルロシミュレーションによる照明空間の光束ベクトル と光の流れの決定,
電気学会論文誌, Vol.112-A, No.1, 70-71, 1992年.
46. Naoyuki Shimomura, Hidenori Akiyama and Sadao Maeda :
Compact Pulsed Power Generator by an Inductive Energy Storage System with Two-Staged Opening Switches,
IEEE Transactions on Plasma Science, Vol.19, No.6, 1220-1227, 1991.
(DOI: 10.1109/27.125043)
47. Hidenori Akiyama, Naoyuki Shimomura, Keiichi Takasugi, Thoru Miyamoto, Morihiko Sato and Teruhiko Tazima :
A Self-crowbar Switch for a Gas-Puff Z-Pinch Driven by a Pulsed Power Generator,
The Review of Scientific Instruments, Vol.61, No.4, 1344-1346, 1990.
(DOI: 10.1063/1.1141190)

学術レター:

1. Naoyuki Shimomura, Masataka Nagahama, Kenji Teranishi, Yoshihiro Uto and Hitoshi Hori :
Introduction of Embryonic Chick Assay on Experiment Applying Nanosecond Pulse Electric Fields on Solid Tumor,
IEEJ Transactions on Fundamentals and Materials, Vol.133, No.4, 231-232, 2013.
(DOI: 10.1541/ieejfms.133.231,   CiNii: 130003362787,   Elsevier: Scopus)
2. Fumiaki Fukawa, Kotaro Rokkaku, Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura, Susumu Suzuki and Haruo Itoh :
Pulsed Discharge in Helium and Nitrogen Bubbles in Humate Solution,
IEEE Transactions on Plasma Science, Vol.39, No.11, 2662-2663, 2011.
(DOI: 10.1109/TPS.2011.2163193)
3. Naoyuki Shimomura, Tatsuya Kageyama, Ryo Mabuchi, Kenji Teranishi and Hidenori Akiyama :
Observational Study of Appearance of Streamer and Spark Discharges to Design Chemical Reactor Using Nanosecond Pulsed Power,
IEEE Transactions on Plasma Science, Vol.39, No.11, 2270-2271, 2011.
(DOI: 10.1109/TPS.2011.2163530)
4. Haruo Itoh, Kazuto Kobayashi, Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura and Susumu Suzuki :
Time-Resolved Observation of Self-Organized Filaments Formed in a Helium-Dielectric Barrier Discharge,
IEEE Transactions on Plasma Science, Vol.39, No.11, 2204-2205, 2011.
(DOI: 10.1109/TPS.2011.2160568)
5. 伊藤 晴雄, 鈴木 進, 寺西 研二, 下村 直行 :
誘電体電極上の蓄積電荷により誘起されるDBDの自己組織化現象,
電気学会論文誌A (基礎・材料・共通部門誌), Vol.129, No.8, 562-563, 2009年.
(DOI: 10.1541/ieejfms.129.562,   CiNii: 10025100120)
6. Naoyuki Shimomura, Ippei Tawa, Masayoshi Nagata and Hidenori Akiyama :
Numerical Analysis of Multichannel Gap Switch in Pulsed Power Generators,
IEEE Transactions on Plasma Science, Vol.27, No.4, 1213-1215, 1999.
(DOI: 10.1109/27.782303)
7. Naoyuki Shimomura, Masayoshi Nagata, Chris Grabowski, Koichi Murayama and Hidenori Akiyama :
Effects of Wire-Shape on Unstable Behavior of Parallel Fuses,
IEEE Transactions on Plasma Science, Vol.24, No.3, 1192-1193, 1996.
(DOI: 10.1109/27.533130)
8. 下村 直行, 長田 正義, 秋山 秀典 :
2段ヒューズによる小型パルスパワー発生装置の改善,
電気学会論文誌, Vol.115-A, No.12, 1300-1301, 1995年.
9. Keiichi Takasugi, Hidenori Akiyama, Naoyuki Shimomura, Morihiko Sato and Teruhiko Tazima :
X-ray Generation from a Gas-Puff Z-Pinch Driven by a Pulsed Power Generator with a Self-Crowbar Switch,
The Review of Scientific Instruments, Vol.64, No.8, 2403-2404, 1993.
(DOI: 10.1063/1.1143896)
10. 下村 直行, 前田 定男, 秋山 秀典 :
液体窒素中ヒューズによるパルスパワー発生装置の改善,
電気学会論文誌, Vol.109-A, No.7, 323, 1989年.

総説・解説:

1. 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワーを用いた水処理技術の研究開発,
産業と環境, Vol.42, No.9, 77-81, 2013年9月.
(CiNii: 40019829033)
2. 下村 直行 :
徳島におけるLED応用技術の研究開発,
電気設備学会誌, Vol.29, No.11, 898-900, 2009年11月.
(CiNii: 10026382113)
3. 秋山 秀典, 寺本 明美, 下村 直行 :
日本の高等教育機関における教育フロンティアの取り組み,
電気学会論文誌A (基礎・材料・共通部門誌), Vol.126, No.7, 537-542, 2006年7月.
(DOI: 10.1541/ieejfms.126.537,   CiNii: 10017600103)

国際会議:

1. Sakamaki Sho, Tateishi Yoshinori, Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura and Toshiya Okahisa :
Dielectric barrier discharge plasma treatment of porcine whole blood,
The Joint Conference of XXXIV International Conference on Phenomena in Ionized Gases and the 10th International Conference on Reactive Plasmas, Jul. 2019.
2. Susumu Suzuki, Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura and Haruo Itoh :
Spectroscopic observation of argon atmospheric pressure plasma jet,
The Joint Conference of XXXIV International Conference on Phenomena in Ionized Gases and the 10th International Conference on Reactive Plasmas, Jul. 2019.
3. Akira Izutani, Yuji Furumoto, Yoshimasa Hamada, Masato Miyake, Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura and Seiichi Oyadomari :
The Influence of Applying High Electrical Field Pulses on Unfolded Protein Response of cells,
The 2019 IEEE Pulsed Power and Plasma Science Conference, 4-pages, Orlando, Jun. 2019.
4. Soichiroh Enomoto, Yasuo Yamamoto, Daisuke Konishi, Mana Futawaka, Yuki Kusuhashi, Kenji Teranishi, Yoshihiro Uto and Naoyuki Shimomura :
Effects of Nanosecond Pulsed Electric Fields Application and Combination of Anticancer Drug on Cancer Cell,
The 2019 IEEE Pulsed Power and Plasma Science Conference, 4-pages, Orlando, Jun. 2019.
(DOI: 10.1109/PPPS34859.2019.9009682,   Elsevier: Scopus)
5. Yoshifumi Sanuki, Yuki Utsumi, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura :
Investigation of Energy Control in Coaxial Reactor for Ozone Production by Using Nanosecond Pulsed Powers,
The 2019 IEEE Pulsed Power and Plasma Science Conference, 4-pages, Orlando, Jun. 2019.
(DOI: 10.1109/PPPS34859.2019.9009898,   Elsevier: Scopus)
6. Yuji Furumoto, Daiki Sato, Yoshifumi Hamada, Masato Miyake, Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura and Seiichi Oyadomari :
Activation of Endoplasmic Reticulum Stress Response by Applying of Nanosecond Pulsed Electric Fields for Medical Application,
Proceedings of the 2018 IEEE International Power Modulator and High Voltage Conference, 456-460, Jackson, Jun. 2018.
7. Yuki Utsumi, Sanuki Yoshifumi, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura :
Discussion of Discharge Distribution in Reactor and Design of Reactor for Dense Ozone Production Using Nanosecond Pulsed Power,
Proceedings of the 2018 IEEE International Power Modulator and High Voltage Conference, 438-441, Jackson, Jun. 2018.
8. Akira Tokusaka, Yudai Shimomura, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura :
Treatment of Anionic Surfactant Solution Using Nanosecond Pulsed Power Discharges,
Proceedings of the 2018 IEEE International Power Modulator and High Voltage Conference, 486-489, Jackson, Jun. 2018.
9. Wen Tao, Qiaogen Zhang, Chen Ming, Jingtan Ma, Z. Wu, Naoyuki Shimomura, Y. Yin and W. Chen :
Research on shielding effect of background electric field for GIS bus with a conductive protrusion under impulses,
Proceedings of 12th International Conference on the Properties and Applications of Dielectric Materials, 821-824, Xi'an, May 2018.
(DOI: 10.1109/ICPADM.2018.8401155,   Elsevier: Scopus)
10. Wen Tao, Qiaogen Zhang, Lingli Zhang, Jingtan Ma, Ming Chen, Naoyuki Shimomura and Zhibing Li :
Research on impulse withstand test effectiveness from insulation characteristics of SF6 gas gap with highly inhomogeneous electric field,
1st International Conference on Electrical Materials and Power Equipment, 482-485, Xi'an, Jul. 2017.
(DOI: 10.1109/ICEMPE.2017.7982134)
11. Kenji Teranishi, Murata Keisuke, Yonezawa Masahiro and Naoyuki Shimomura :
Decomposition of Acetic Acid Solution by Dielectric Barrier Discharge,
Proceedings of the 33rd International Conference on Phenomena in Ionized Gases, 240, Estoril, Portugal, Jul. 2017.
12. Shingo Ishino, Kohji Omatsu, Naoyuki Shimomura and Kenji Teranishi :
Effect of Reactor Diameter on NOx Treatment Using Nanosecond Pulsed Powers,
IEEE International Pulsed Power Conference 2017, 1-4, Brighton, Jun. 2017.
(DOI: 10.1109/PPC.2017.8291241,   Elsevier: Scopus)
13. Yudai Shimomura, Mitsuru Morimoto, Kai Shimizu, Naoyuki Shimomura and Kenji Teranishi :
Effect of Discharge Gas on Water Treatment Using Nanosecond Pulsed Power Discharges,
IEEE International Pulsed Power Conference 2017, 1-4, Brighton, Jun. 2017.
(DOI: 10.1109/PPC.2017.8291242,   Elsevier: Scopus)
14. Yasuo Yamamoto, Hanayo Katsura, Shun Ogura, Naoyuki Shimomura, Kenji Teranishi and Yoshihiro Uto :
Consideration of Pulse-Width Effects of Nanosecond Pulsed Electric Fields Application on Cancer Cell,
IEEE International Pulsed Power Conference 2017, 1-4, Brighton, Jun. 2017.
(DOI: 10.1109/PPC.2017.8291240,   Elsevier: Scopus)
15. Kai Shimizu, Mitsuru Morimoto, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura :
Effect of Solution Electric Conductivity on Surfactant Treatment Using Nanosecond Pulsed Powers,
Proceedings of 2016 IEEE International Power Modulator and High Voltage Conference, 625-630, San Francisco, Jul. 2016.
(DOI: 10.1109/IPMHVC.2016.8012804)
16. Tomohide Ikemoto, Toshiki Ninomiya, Mitsuru Morimoto, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura :
Improvement of Ozone Producing Coaxial Reactor by Tensioned Inner Wire Electrode in Using Nanosecond Pulsed Power,
Proceedings of 2016 IEEE International Power Modulator and High Voltage Conference, 621-624, San Francisco, Jul. 2016.
(DOI: 10.1109/IPMHVC.2016.8012801)
17. Mitsuru Morimoto, Kai Shimizu, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura :
Effect of the Number of Inner Wire Electrodes on Surfactant Treatment Using Nanosecond Pulsed Powers,
Proceedings of 2016 IEEE International Power Modulator and High Voltage Conference, 386-361, San Francisco, Jul. 2016.
(DOI: 10.1109/IPMHVC.2016.8012800)
18. Kouji Omatsu, Ryoutarou Arai, Mitsuru Morimoto, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura :
Observation of Discharges in NOx Treatment Reactor Using Nanosecond Pulsed Powers and the Reactor Improvement,
Proceedings of 2016 IEEE International Power Modulator and High Voltage Conference, 382-385, San Francisco, Jul. 2016.
(DOI: 10.1109/IPMHVC.2016.8012799)
19. Shun Ogura, Shuzo Matsubara, Shouta Kuniyasu, Kenji Teranishi, Yoshihiro Uto and Naoyuki Shimomura :
Study of Effects of Nanosecond Pulsed Electric Fields on Cancer Cell by using in Vivo and ex vivo Assay,
Proceedings of 2016 IEEE International Power Modulator and High Voltage Conference, 377-381, San Francisco, Jul. 2016.
(DOI: 10.1109/IPMHVC.2016.8012798)
20. Kenji Teranishi, Yoshioka Kousuke, Sohda Ayumu, Murata Keisuke, Naoyuki Shimomura and Haruo Itoh :
Decolorization of Indigo Carmine Solution by Dielectric Barrier Discharge,
32nd International Conference on Phenomena in Ionized Gases, Jul. 2015.
21. Haruo Itoh, Rusinov Mitocov Ilko, Susumu Suzuki, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura :
Loss rate of ozone at inner surface of photoabsorption cells,
32nd International Conference on Phenomena in Ionized Gases, Jul. 2015.
22. Tomohide Ikemoto, Toshiki Ninomiya, Mitsuru Morimoto, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura :
Investigation of Electrode Structure for Dense Ozone Production using Nanosecond Pulsed Powers,
Digest of Technical Papers-IEEE International Pulsed Power Conference, 77-80, Austin, Jun. 2015.
(DOI: 10.1109/PPC.2015.7296874)
23. Mitsuru Morimoto, Kai Shimizu, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura :
Generation of Hydroxyl Radical on Water Treatment Using Nanosecond Pulsed Powers and Its Effect,
Digest of Technical Papers-IEEE International Pulsed Power Conference, 85-89, Austin, Jun. 2015.
(DOI: 10.1109/PPC.2015.7296879)
24. Ryotaro Arai, Naoki Kaneda, Tomohide Ikemoto, Toshiki Ninomiya, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura :
Investigation of Discharge Appearance in Reactor and Removal Ratio on NOx Treatment Using Nanosecond Pulsed Powers,
Digest of Technical Papers-IEEE International Pulsed Power Conference, 72-76, Austin, Jun. 2015.
(DOI: 10.1109/PPC.2015.7296872)
25. Tatsuya Masuoka, Takuya Kawakami, T Kiyoshima, Chikako Asada, Yoshitoshi Nakamura, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura :
Effect of Pulsed Discharges on Mycelium Growth of Sparassis Crispa,
Digest of Technical Papers-IEEE International Pulsed Power Conference, 67-71, Austin, Jun. 2015.
(DOI: 10.1109/PPC.2015.7296869)
26. Hiroshi Fukuda, Masato Miyake, Hiroto Hirai, Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura and Seiichi Oyadomari :
Effects on Endoplasmic Reticulum Stress Response of Applying Nanosecond Pulsed Electric Fields,
Digest of Technical Papers-IEEE International Pulsed Power Conference, 370-373, Austin, Jun. 2015.
(DOI: 10.1109/PPC.2015.7296943)
27. Shuzo Matsubara, Akito Nakagawa, Shota Kuniyasu, Kenji Teranishi, Yoshihiro Uto and Naoyuki Shimomura :
Investigation of Effect of Applied Nanosecond Pulsed Electric Fields on Tumor,
Digest of Technical Papers-IEEE International Pulsed Power Conference, 374-378, Austin, Jun. 2015.
(DOI: 10.1109/PPC.2015.7296945)
28. Mitsuru Morimoto, Kai Shimizu, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura :
Effect of Addition of Hydrogen Peroxide on Surfactant Treatment Using Nanosecond Pulsed Powers,
5th Euro-Asian Pulsed Power Conference, 403-406, Kumamoto, Oct. 2014.
29. Teranishi Yuta, Iwasa Yuki, Ando Kota, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura :
Spectroscopic Investigation of Atmospheric Dielectric Barrier Discharge Plasma Jet with Surrounding Gas Feed,
Proceedings of 14th International Symposium on High Pressure Low Temperature Plasma Chemistry, Zinnowitz, Germay, Sep. 2014.
30. Matsumura Kohei, Kumegawa Hiroki, Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura and Haruo Itoh :
Investigation of Ozone Density Distribution in DBD Ozonizer by Laser Optical Absorption Method,
Proceedings of 14th International Symposium on High Pressure Low Temperature Plasma Chemistry, Zinnowitz, Germay, Sep. 2014.
31. Nagato Takeaki, Tsutsumi Kohichi, Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura and Haruo Itoh :
Measurement of Gas Temperature in a Dielectric Barrier Discharge Excited by Piezoelectric Transformer,
Proceedings of 14th International Symposium on High Pressure Low Temperature Plasma Chemistry, Zinnowitz, Germay, Sep. 2014.
32. Hiroto Hirai, Masato Miyake, Akihiko Nagano, Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura and Seiichi Oyadomari :
Investigation About Effects on Endoplasmic Reticulum Stress Responses by Applying Nanosecond Pulsed Electricfields,
Proceedings of the 2014 IEEE International Power Modulator and High Voltage Conference, 419-422, Santa Fe, Jun. 2014.
(DOI: 10.1109/IPMHVC.2014.7287300,   Elsevier: Scopus)
33. Toshiki Ninomiya, Mitsuru Morimoto, Yuki Nakata, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura :
Investigation of Dense Ozone Production in a Coaxial Reactor Using Nanosecond Pulsed Power,
Proceedings of the 2014 IEEE International Power Modulator and High Voltage Conference, 415-418, Santa Fe, Jun. 2014.
(DOI: 10.1109/IPMHVC.2014.7287299,   Elsevier: Scopus)
34. Mitsuru Morimoto, Kazuhiro Kusunoki, Toshiki Ninomiya, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura :
Effect of the surfactant Treatment Using Nanosecond Pulsed Power,
Proceedings of the 2014 IEEE International Power Modulator and High Voltage Conference, 411-414, Santa Fe, Jun. 2014.
(DOI: 10.1109/IPMHVC.2014.7287298,   Elsevier: Scopus)
35. Akito Nakagawa, Masataka Nagahama, Kenji Teranishi, Yoshihiro Uto and Naoyuki Shimomura :
Effects of Applied Ultrashort Pulsed Electric Fields on Solid Tumor,
Proceedings of the 2014 IEEE International Power Modulator and High Voltage Conference, 45-48, Santa Fe, Jun. 2014.
(DOI: 10.1109/IPMHVC.2014.7287203,   Elsevier: Scopus)
36. H. Kumegawa, Kenji Teranishi, K. Uemura, Naoyuki Shimomura and Haruo Itoh :
Measurement of ozone density in dielectric barrier discharge-based ozone generator by laser absorption method,
Proceedings of 31th International Conference on Phenomena in Ionized Gases, Jul. 2013.
37. Mitsuru Morimoto, Kazuhiro Kusunoki, Hiroki Nakai, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura :
Development of Water Treatment System Using Nanosecond Pulsed Powers to Treat Surfactant,
Proceedings of the 19th IEEE International Pulsed Power Conference, 1765-1769, San Francisco, Jun. 2013.
(DOI: 10.1109/PPC.2013.6627689,   Elsevier: Scopus)
38. Nakata Yuki, Ryo Mabuchi, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura :
Investigation of Spark Discharge Control in Coaxial Reactors to Dense Ozone Using Nanosecond Pulsed Powers,
Proceedings of the 19th IEEE International Pulsed Power Conference, 1760-1764, San Francisco, Jun. 2013.
(DOI: 10.1109/PPC.2013.6627688,   Elsevier: Scopus)
39. Kenji Teranishi, Hiroki Kumegawa, Hiroki Shimada, Naoyuki Shimomura and Haruo Itoh :
Measurement of Ozone Density Distribution in a Dielectric Barrier Discharge Ozone Generator Using Laser Absorption Method,
Proceedings of the 21th European Conference on the Atomic and Molecular Physics of Ionized Gases (USB memory), Viana do Castelo, Portugal, Jul. 2012.
40. Masataka Nagahama, Naoyuki Shimomura, Yoshihiro Magori, Kenji Teranishi, Yoshihiro Uto and Hitoshi Hori :
Development of Techniques Applying Nanosecond Pulse Electric Fields on Solid Tumor,
Proceedings of the 2012 IEEE International Power Modulator and High Voltage Conference, 516-519, San Diego, Jun. 2012.
(DOI: 10.1109/IPMHVC.2012.6518794)
41. Ryo Mabuchi, Yuki Nakata, Tatsuya Kageyama, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura :
Investigation of Ozone Production Using Nanosecond Pulsed Power to Increase Ozone Concentration,
Proceedings of the 2012 IEEE International Power Modulator and High Voltage Conference, 512-515, San Diego, Jun. 2012.
(DOI: 10.1109/IPMHVC.2012.6518793)
42. Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura and Haruo Itoh :
Measurement of Surface Potential and Discharge Power for PT-Based Plasma Reactor, Effect of Electrode Edges on Surface Potential Profile,
Proceedings of 30th International Conference on Phenomena in Ionized Gases, Vol.http://mpserver.pst.qub.ac.uk/sites/icpig2011/420_C10_Teranishi.pdf (4p), Northern Ireland, UK, Sep. 2011.
43. Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura and Haruo Itoh :
Measurement of Ozone Concentration Based on Visible Photo Absorption Method,
Proceedings of 30th International Conference on Phenomena in Ionized Gases, Vol.http://mpserver.pst.qub.ac.uk/sites/icpig2011/401_D16_Teranishi.pdf(4p), Northern Ireland, UK, Sep. 2011.
44. Fukawa Fumiaki, Rokkaku Kotaro, Sakai Yasuhito, Yazawa Yuki, Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura, Susumu Suzuki and Haruo Itoh :
The Decomposition of Humate Solution by Pulsed Discharge in the Bubble,
Proceedings of the 18th IEEE International Pulsed Power Conference, 1304-1308, Chicago, Jun. 2011.
(DOI: 10.1109/PPC.2011.6191604)
45. Yoshihiro Magori, Seiji Ohta, Tatsuya Kageyama, Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura, Yoshihiro Uto and Hitoshi Hori :
In Vivo Experiment of Applying Nanosecond Pulsed Electric Fields on Solid Tumor,
Proceedings of the 18th IEEE International Pulsed Power Conference, 1237-1241, Chicago, Jun. 2011.
(DOI: 10.1109/PPC.2011.6191594)
46. Yuya Manabe, Ryosuke Nakagawa, Su Zhehong, Miki Maetani, Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura and Akira Takahashi :
Influences of Pulsed Electric Fields on the Gene Expression of Pathogenic Bacteria,
Proceedings of the 18th IEEE International Pulsed Power Conference, 1242-1246, Chicago, Jun. 2011.
(DOI: 10.1109/PPC.2011.6191592)
47. Masato Yamanaka, Ayumu Fujita, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura :
Fundamental Study to Apply the Pulsed Power Technology on the Biomass Fuel Production,
Proceedings of the 18th IEEE International Pulsed Power Conference, 1237-1241, Chicago, Jun. 2011.
(DOI: 10.1109/PPC.2011.6191591)
48. Tatsuya Kageyama, Ryo Mabuchi, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura :
Study of Nanosecond Pulsed Power Transmission Technique and its Application to Ozone Production,
Proceedings of the 18th IEEE International Pulsed Power Conference, 1226-1231, Chicago, Jun. 2011.
(DOI: 10.1109/PPC.2011.6191589)
49. Kenji Teranishi, Yoji Shimada, Naoyuki Shimomura and Haruo Itoh :
Measurement of Ozone Concentration Based on Visible Photo-Absorption Method,
12th International Symposium on High Pressure, Low Temperature Plasma Chemistry, Vol.2, 325-328, Sep. 2010.
50. Kenji Teranishi, Yusuke Takano, Toshiki Anabuki, Naoyuki Shimomura and Haruo Itoh :
A Compact Ozone Generation System Using Piezoelectric Transformer,
12th International Symposium on High Pressure, Low Temperature Plasma Chemistry, Vol.2, 321-324, Sep. 2010.
51. Kenji Teranishi, Saitoh Shota, Naoyuki Shimomura and Haruo Itoh :
Spatial Distribution of Surface Potential and Discharge Power in Piezoelectric Transformer-Based Plasma Reactor,
Proceedings of the 20th European Conference on the Atomic and Molecular Physics of Ionized Gases (CD-rom), Novi Sad, Serbia, Jul. 2010.
52. Naoyuki Shimomura, Keigo Nakano, Hiroto Nakajima, Tatsuya Kageyama, Kenji Teranishi and Hidenori Akiyama :
Consideration of Reactors Configuration for NOx treatment by Nanosecond Pulsed Power,
Proceedings of the 2010 IEEE Power Modulators and High-Voltage Conference, 693-696, Atlanta, May 2010.
(DOI: 10.1109/IPMHVC.2010.5958453)
53. Ryosuke Nakagawa, Kazuki Siroyama, Su Zehong, Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura and Akira Takahashi :
Effects of Pulse electric Fields to the Pathogenic Bacteria,
Proceedings of the 2010 IEEE Power Modulators and High-Voltage Conference, 686-689, Atlanta, May 2010.
(DOI: 10.1109/IPMHVC.2010.5958451)
54. Fumiaki Fukawa, Kotaro Rokkaku, Yuka Aizawa, Yuki Yazawa, Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura, Susumu Suzuki and Haruo Itoh :
Phenomenal Analysis of Pulse Discharge on the Surface of Micro-bubble Solution,
Proceeding of 2009 Korea-Japan Joint Symposium on Electrical Discharge and High Voltage Engineering, 116-119, Busan, Korea, Nov. 2009.
55. Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura, Susumu Suzuki and Haruo Itoh :
Effect of Dielectric Electrode Material on Ozone Generation in Piezoelectric Transformer-Based Ozone Generator,
Proceedings of 19th Ozone World Congress and Exibition, 12-4(10pp), Tokyo, Japan, Sep. 2009.
56. Yoji Shimada, Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura, Susumu Suzuki and Haruo Itoh :
Ozone Measurement Based on Optical Absorption Using a Visible LED Source,
Proceedings of 19th Ozone World Congress and Exibition, 11-5(8pp), Tokyo, Japan, Sep. 2009.
57. Fumiaki Fukawa, Naoyuki Shimomura, Suguru Yamanaka, Taiki Yano, Kenji Teranishi and Haruo Itoh :
Consideration on Configuration of Parallel Reactors for Ozone Production Using Nanosecond Pulsed Power Discharge,
Proceedings of 19th Ozone World Congress and Exibition, 12-5(5pp), Tokyo, Japan, Sep. 2009.
58. Fumiaki Fukawa, Naoyuki Shimomura, Suguru Yamanaka, taiki Yano, Yuki Yokote, Kenji Teranishi, Hidenori Akiyama and Haruo Itoh :
Consideration of Parallel and Serial Coaxial Reactors for NOx Treatment by Nanosecond Pulsed Power Discharge,
Proceedings of the 17th IEEE International Pulsed Power Conference, 1041-1045, Washington, D.C., Jul. 2009.
(DOI: 10.1109/PPC.2009.5386121)
59. Kenji Teranishi, Shota Saitoh, Naoyuki Shimomura, Susumu Suzuki and Haruo Itoh :
Measurement of Surface Potential and Discharge Power for Piezoelectric Transformer-Based Plasma Reactors: Improvement of Potential Divider,
Proceedings of 29th International Conference on Phenomena in Ionized Gases, PB10-12(4pp), Cancun, Mexico, Jul. 2009.
60. Haruo Itoh, Kenji Teranishi, Susumu Suzuki and Naoyuki Shimomura :
Self Organization Phenomenon in DBD Generated by Piezoelectric Transformer and Accumulated Charges on Dielectric Electrode,
Proceedings of 29th International Conference on Phenomena in Ionized Gases, PB4-3(4pp), Cancun, Mexico, Jul. 2009.
61. Haruo Itoh, Kenji Teranishi, Kazuto Kobayashi, Naoyuki Shimomura and Susumu Suzuki :
Traces of Accumulated Charges on Dielectric Electrode in Self-Organization,
Bulletin of American Physical Society, Vol.53, No.10, MWP1.00048, Texas, USA, Oct. 2008.
62. Kenji Teranishi, Daisuke Inada, Yoshihide Hashimoto, Naoyuki Shimomura, Susumu Suzuki and Haruo Itoh :
Occurrence condition of self-organization in barrier discharge generated by piezoelectric transformer,
Proc. 19th Europhysics Conference on the Atomic and Molecular Physics of Ionized Gases, 2-65, Granada, Spain, Jul. 2008.
63. Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura, Susumu Suzuki and Haruo Itoh :
DBD-type Ozone Generator Using Piezoelectric Transformers, --- Effect of Barrier Electrode Material on Ozone Generation ---,
Proceedings of the 2008 Power Modulators and High-Voltage Conference, 84, Las Vegas, May 2008.
64. Taiki Yano, Ichiro Uchiyama, Fumiaki Fukawa, Kenji Teranishi and Naoyuki Shimomura :
Water Treatment by Atmospheric Discharge Produced with Nanosecond Pulsed Power,
Proceedings of the 2008 Power Modulators and High-Voltage Conference, 80-83, Las Vegas, May 2008.
65. Naoyuki Shimomura, Fumiaki Fukawa, Suguru Yamanaka, Taiki Yano, Yuki Yokote, Kenji Teranishi and Hidenori Akiyama :
Effect of Reactor Configuration on NOx Treatment by Nanosecond Pulsed Power,
Proceedings of the 2008 Power Modulators and High-Voltage Conference, 342-345, Las Vegas, May 2008.
66. Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura, Susumu Suzuki and Haruo Itoh :
DBD-type Ozone Generator Using Piezoelectric Transformers, --- Effect of Barrier Electrode Material on Ozone Generation ---,
Abstract for 28th IEEE International Power Modulator Conference, 66, Nevada, USA, May 2008.
(DOI: 10.1109/IPMC.2008.4743583,   Elsevier: Scopus)
67. Itoh Haruo, Inada Daisuke, Kenji Teranishi, Naoyuki Shimomura and Susumu Suzuki :
Discharge Plasmas Generated by Piezoelectric Transformer and Their Applications, --- VUV Emission from Xe and Ar Excimers ---,
Proceedings of 28th International Conference on Phenomena in Ionized Gases, 1274-1275, Prague, Czech Republic, Jul. 2007.
68. Kenji Teranishi, Haruo Itoh, Naoyuki Shimomura and Susumu Suzuki :
Discharge Plasmas Generated by Piezoelectric Transformer and Their Applications, --- Material Effect of Dielectric Barrier Electrode on Ozone Generation ---,
Proceedings of 28th International Conference on Phenomena in Ionized Gases, 1175-1176, Prague, Czech Republic, Jul. 2007.
69. Naoyuki Shimomura, Fumiaki Fukawa, taiki Yano, Suguru Yamanaka, Kenji Teranishi and Hidenori Akiyama :
Investigation of Coaxial Chemical Reactor Configuration for Nanosecond Pulsed Power Discharge,
Proceedings of the 16th IEEE International Pulsed Power Conference, 736-739, Albuquerque, Jun. 2007.
(DOI: 10.1109/PPPS.2007.4651945)
70. Fumiaki Fukawa, Shingo Ezawa, Yosuke Satoh and Naoyuki Shimomura :
Consideration of Reactor Configuration of High Yield Ozonizer by Nanosecond Pulsed Power Discharge,
27th International Power Modulator Symposium, Washington, D.C., May 2006.
71. Naoyuki Shimomura, Fumiaki Fukawa and Hidenori Akiyama :
Treatment of Nitrogen Oxides Using Nanosecond Width Pulsed Power,
27th International Power Modulator Symposium, Washington, D.C., May 2006.
72. Naoyuki Shimomura, Hiroyuki Togo, Fumiaki Fukawa and Hidenori Akiyama :
Consideration of Discharge Reactor to Exploit Nanosecond Pulsed Power,
Conference Record of the 26th International Power Modulator Symposium, San Francisco, May 2004.
73. Fumiaki Fukawa, Hiroyuki Togo and Naoyuki Shimomura :
Consideration of Parallel Reactors for Ozone Production Using Nanosecond Pulsed Power Discharge,
Conference Record of the 26th International Power Modulator Symposium, San Francisco, May 2004.
74. Naoyuki Shimomura, Masahiro Wakimoto, Hiroyuki Togo, Takashi Namihira and Hidenori Akiyama :
Production of Ozone Using Nanosecond Short Pulsed Power,
Proceedings of the 14th IEEE International Pulsed Power Conference, 1290-1293, Dallas, Jun. 2003.
(DOI: 10.1109/PPC.2003.1278050,   Elsevier: Scopus)
75. Naoyuki Shimomura, Masaya Wakimoto, Yusuke Shinke, Masayoshi Nagata, Takashi Namihira and Hidenori Akiyama :
Generation of Ozone by Ns-width Pulsed Power,
AIP CONFERENCE PROCEEDINGS; 14th International Conference on High-Power Particle Beams, Vol.650, 345-348, Albuquerque, Jun. 2002.
(DOI: 10.1063/1.1530869)
76. Yusuke Teramoto, Hideyuki Urakami, Susumu Kohno, Naoyuki Shimomura, Sunao Katsuki and Hidenori Akiyama :
Wire Array Z-Pinch Experiment on Inductive Energy Storage Generator ASO-X,
AIP CONFERENCE PROCEEDINGS; 5th International Conference on Dense Z-Pinches, Vol.651, 95-98, Albuquerque, Jun. 2002.
(DOI: 10.1063/1.1531289)
77. Yasuyuki Iwata, Naoyuki Shimomura and Masayoshi Nagata :
A fundamental study to detect an unknown light source position by using optical sensors and a database,
Proceedings of International Lighting Congress, Vol.Volume 2, 527-530, Istanbul, Sep. 2001.
78. Kazutake Kozono, Hidenori Akiyama and Naoyuki Shimomura :
Development of Distance Real Laboratory System,
Proceedings of Information Technology Based Higher Education and Training (CD-ROM), 196-199, Kumamoto, Jul. 2001.
79. Naoyuki Shimomura, Yoshito Tanaka, Yasuyuki Yushita, Masayoshi Nagata, Susumu Katsuki and Hidenori Akiyama :
Unstable Behavior in Wire Array Discharges and Effect of Wire Shape,
Pulsed Power Plasma Science - 2001, Vol.1, 792-795, Las Vegas, Jun. 2001.
(DOI: 10.1109/PPPS.2001.1002216)
80. Kazutaka Kozono, Hidenori Akiyama, Tomoaki Ikegami and Naoyuki Shimomura :
Distance Real Laboratory Using Internet at Kumamoto University,
Proceeding of International Conference on Information Technology Based Higher, 264-267, Istanbul, Jul. 2000.
81. Yusuke Teramoto, Susumu Kohno, Sunao Katsuki, Hidenori Akiyama, Naoyuki Shimomura and Masayoshi Nagata :
UNSTABLE BEHAVIOR OF AN EXPLODING WIRE ARRAY FOR Z-PINCH,
Proceedings of the 13th International Conference on High-Power Particle Beams, 474-477, Nagaoka, Jun. 2000.
82. Naoyuki Shimomura, Ippei Tawa, Masayoshi Nagata and Hidenori Akiyama :
Numerical Analysis of Multi-channel Gap Switch in Pulsed Power Generators and Breakdown Phenomena,
Proceedings of the 12th IEEE International Pulsed Power Conference, Vol.2, 1246-1249, Montoley, Jun. 1999.
(DOI: 10.1109/PPC.1999.823750)
83. Etsushi Iki, Masayoshi Nagata and Naoyuki Shimomura :
The Distribution of Illuminance,Spatial Illumination Vector and Color at the Eye Position of Observers Using Monte Carlo Simultion,
Proceedings of 24th Session of the CIE, Vol.1, No.2, 35-37, Warsaw, Jun. 1999.
84. Naoyuki Shimomura, Masayoshi Nagata and Hidenori Akiyama :
Compact Pulsed Power Generator Using a Marx Circuit and a Exploding Wire,
Conference Record - Abstracts (1999 IEEE International Conference on Plasma Science), 279, Monterey, Jun. 1999.
(DOI: 10.1109/PLASMA.1999.829628)
85. Naoyuki Shimomura, David Scholfield, John Gahl and J Lester :
Investigation of Intense Electromagnetic Transient Phenomena with Application to Fast Switching Physics,
Conference Record - Abstracts (1998 IEEE International Conference on Plasma Science), 310, Raleigh, Jun. 1998.
(DOI: 10.1109/PLASMA.1998.677928)
86. David Scholfield, John Gahl and Naoyuki Shimomura :
Effective Electric Field for Arbitrary Waveforms,
Conference Record - Abstracts (1998 IEEE International Conference on Plasma Science), 309, Raleigh, Jun. 1998.
(DOI: 10.1109/PLASMA.1998.677927)
87. Naoyuki Shimomura, Hidenori Akiyama and Masayoshi Nagata :
Compact Pulsed Power Generator Using a Marx Circuit and an Optimized Exploding Wire,
Proceedings of the 11th IEEE International Pulsed Power Conference, Vol.2, 1202-1207, Baltimore, Jul. 1997.
(DOI: 10.1109/PPC.1997.674563)
88. Masayoshi Nagata, Naoyuki Shimomura and Etsushi Iki :
Spatial Illumination Vector and Color Shift due to Interreflection in Lighting Space Using Monte Carlo Simulation,
23rd Session of the CIE, Vol.1, 232-233, New Delhi, Nov. 1995.
89. Naoyuki Shimomura, Masayoshi Nagata, Chris Grabowski and Hidenori Akiyama :
Unstable Behavior of Parallel Fuses as an Opening Switch,
Proceedings of the 10th IEEE International Pulsed Power Conference, Vol.2, 1109-1114, Albuquerque, Jul. 1995.
(DOI: 10.1109/PPC.1995.599762)
90. Masayoshi Nagata, Naoyuki Shimomura and Takeo Nakashima :
Monte Carlo Simulation of Spatial Illumination Vector and Flow of Light in a Model Room with 64,000 Subdivisions,
Proceedings of CIBSE National Lighting Conference 1994, 111-118, Mar. 1994.
91. Masayoshi Nagata, Naoyuki Shimomura and Keisuke Matsuda :
Monte Carlo Simulation of Luminous Flux Vector Flow of Light and Modeling Effect in an Interior Having 64,000 Subdivided Ones,
The VIIth European Lighting Conference, Vol.2, 914-916, Apr. 1993.
92. Hidenori Akiyama, Tsuyoshi Fukuzawa, Chris Grabowski, Sunao Katsuki, Sadao Maeda and Naoyuki Shimomura :
Pulsed Power Generator by an Inductive Energy Storage System,
Proceedings of the IAEA Technical Committee Meeting on Drivers for Inertial Confinement Fusion, 92-98, Apr. 1991.
93. Hidenori Akiyama, Naoyuki Shimomura, Hisanori Machiki and Sadao Maeda :
Compact Pulsed Power Generator (ASO-I) by an Inductive Energy Storage System and Its Application to Pulsed Ion Beams,
Proceedings of the 7th IEEE International Pulsed Power Conference, 692-695, Jun. 1989.
(DOI: 10.1109/PPC.1989.767580)
94. Keiichi Takasugi, Thoru MIyamoto, Hidenori Akiyama, Naoyuki Shimomura, Morihiko Sato and Teruhiko Tazima :
Gas-Puff Z-Pinch Experiment on the Limay-I,
AIP Conference Proceedings, Vol.195, 466-473, Apr. 1989.
(DOI: 10.1063/1.38852)
95. Hidenori Akiyama, Koichi Fujita, Takashi Majima, Naoyuki Shimomura and Sadao Maeda :
Pulsed Power Generation from Inductive Energy Storage System by Two-Staged Opening Switches,
Proceedings of the 6th IEEE International Pulsed Power Conference, 692-695, Jun. 1987.

国内講演発表:

1. 寺西 研二, 小田 直輝, 水田 康治, 白井 昭博, 下村 直行 :
ヘリウム誘電体バリア放電型プラズマジェットのプラズマ内部に酸素あるいは窒素を供給した際の枯草菌芽胞の不活化特性,
日本防菌防黴学会第46回年次大会要旨集, 215, 2019年9月.
2. 長濱 蒼, 井川 将太, 寺西 研二, 下村 直行 :
酸素を放電ガスとした際の誘電体バリア放電型 水処理装置による酢酸の分解,
令和元年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 44, 2019年9月.
3. 立石 義憲, 酒巻 奨, 大山 永治, 寺西 研二, 下村 直行, 岡久 稔也 :
豚の血漿への誘電体バリア放電照射実験,
令和元年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 42, 2019年9月.
4. 寺西 研二, 米沢 昌紘, 長濱 蒼, 浜田 俊輔, 下村 直行, 鈴木 進 :
模擬空気を原料とした誘電体バリア放電水処理装置による酢酸の分解,
平成31年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 2019年3月.
5. 杨 姝婧, 石野 真吾, 大石 麻亜子, 寺西 研二, 下村 直行 :
NOx treatment by Nanosecond Pulsed Power Discharges in Gas mixed of NO, N2, and O2,
平成31年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 2019年3月.
6. 濱田 良真, 古元 雄二, 泉谷 亮, 北風 圭介, 谷内 秀輔, 三宅 雅人, 親泊 美帆, 寺西 研二, 下村 直行, 親泊 政一 :
薬理・物理的なeIF2αのリン酸化誘導とキナーゼの同定,
第13回小胞体ストレス研究会, 2018年11月.
7. 水田 康治, 赤田 壮佑, 寺西 研二, 白井 昭博, 下村 直行 :
周囲ガス供給型プラズマジェットの放電電力と照射距離が枯草菌芽胞の不活化に及ぼす影響,
平成30年度第45回日本防菌防黴学会年次大会講演要旨集, 215, 2018年11月.
8. 石野 真吾, 大石 麻亜子, 寺西 研二, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワー放電を用いたディーゼル排気ガスのNOx処理,
平成30年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 27, 2018年9月.
9. 宇野 久史, 米田 慎治, 寺西 研二, 下村 直行, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利 :
パルス電界を用いた微細藻類からの脂質抽出の効率化に関する研究,
平成30年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 27, 2018年9月.
10. 名渕 脩祐, 寺西 研二, 下村 直行 :
DBD型プラズマアクチュエータにおける窒素と酸素の混合比率を変化した際の誘導気流とガス成分の関係,
平成30年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 27, 2018年9月.
11. 讃岐 佳文, 内海 裕基, 寺西 研二, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワーによる同軸リアクタを用いたオゾン生成の高濃度化に関する研究,
第27回日本オゾン協会年次講演会講演集, 13-16, 2018年6月.
12. 松本 和也, 中山 佳樹, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
LEDによる光吸収を用いた誘電体バリア放電型オゾン発生器内部のオゾン数密度測定,
第27回日本オゾン協会年次講演会講演集, 9-12, 2018年6月.
13. 寺西 研二, 赤田 壮佑, 水田 康治, 木村 栄輝, 白井 昭博, 下村 直行 :
周囲ガス供給型ジェット状プラズマ源による枯草菌芽胞の不活化,
平成29年度第44回日本防菌防黴学会年次大会講演要旨集, 151, 2017年9月.
14. 明上 武史, 笹尾 賢人, 寺西 研二, 下村 直行 :
太陽光をエネルギー源とした放電プラズマ装置の開発 - 川の水のオゾン処理実験 -,
平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 41, 2017年9月.
15. 中山 佳樹, 吉本 優真, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
誘電体バリア放電型オゾン発生器内部で測定したオゾン数密度とエネルギー密度の関係,
平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 40, 2017年9月.
16. 雄松 光司, 石野 真吾, 寺西 研二, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワーを用いたNOx処理における放電リアクタ内電極直径の影響,
平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 39, 2017年9月.
17. 米沢 昌紘, 村田 啓輔, 寺西 研二, 下村 直行 :
水面上で生成したアルゴン誘電体バリア放電による酢酸の分解,
平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 38, 2017年9月.
18. 水田 康治, 赤田 壮佑, 寺西 研二, 白井 昭博, 下村 直行 :
周囲ガス供給型プラズマジェットによる枯草菌芽胞の殺菌特性(II) - 枯草菌芽胞の試料厚さが殺菌特性に及ぼす影響 -,
平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 35, 2017年9月.
19. 古元 雄二, 佐藤 大熙, 寺西 研二, 下村 直行 :
小胞体ストレス応答活性化のためのナノ秒パルス電界印加実験,
平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 34, 2017年9月.
20. 内海 裕基, 寺西 研二, 下村 直行 :
同軸円筒型リアクタを用いたナノ秒パルスパワーによるオゾン生成における内部電極直径の影響,
平成29年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 27, 2017年9月.
21. 寺西 研二, 村田 啓輔, 米沢 昌紘, 下村 直行 :
アルゴン誘電体バリア放電によるインジゴカルミン水溶液の脱色特性,
平成29年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 182, 2017年3月.
22. 赤田 壮佑, 木村 栄輝, 水田 康治, 寺西 研二, 白井 昭博, 下村 直行 :
周囲ガス供給型プラズマジェットによる 枯草菌芽胞の殺菌特性,
平成29年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 136, 2017年3月.
23. Tao Wen, Naoyuki Shimomura, Kenji Teranishi and Qiaogen Zhang :
Research on Insulation Defect Detection Effectiveness of On-site Impulse Voltage Test for GIS Equipment,
平成29年電気学会全国大会講演論文集, Vol.7, 119, Mar. 2017.
24. 國方 佑樹, 赤田 壮佑, 寺西 研二, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
周囲ガス供給型プラズマジェットの時間分解観測,
平成29年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 85, 2017年3月.
25. 寺西 研二, 木村 栄輝, 國方 佑樹, 赤田 壮佑, 下村 直行 :
周囲ガス供給型プラズマジェットを物体に照射した際の放電特性,
平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 49, 2016年9月.
26. 國方 佑樹, 赤田 壮佑, 水田 康治, 寺西 研二, 下村 直行 :
周囲ガス供給型プラズマジェットのノズル形状がプラズマの伸びに及ぼす影響,
平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 48, 2016年9月.
27. 西雄 翔平, 寺西 研二, 下村 直行, 山中 建二 :
誘電体バリア放電からの誘導気流による羽根車の回転特性(II) 羽根車の重さと枚数を変えた際の回転トルク,
平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 38, 2016年9月.
28. 河村 大生, 寺西 研二, 下村 直行 :
試験管内で発生させた誘電体バリア放電による純水処理,
平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 37, 2016年9月.
29. 雄松 光司, 石野 真吾, 寺西 研二, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワーを用いたNOx処理における放電リアクタ直径の影響に関する検討,
平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 42, 2016年9月.
30. 森本 充, 清水 快, 寺西 研二, 下村 直行 :
水処理におけるOHラジカル生成量評価と評価中のオゾン生成,
平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 41, 2016年9月.
31. 佐藤 大熙, 福田 寛, 寺西 研二, 下村 直行 :
パルス電界による小胞体ストレス応答の影響に関する研究,
平成28年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 39, 2016年9月.
32. 小倉 瞬, 山本 靖旺, 寺西 研二, 宇都 義浩, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワーを用いたがん治療のIn vivoおよびEx vivo実験,
電気学会パルスパワー研究会資料, 43-47, 2016年8月.
33. 森本 充, 清水 快, 寺西 研二, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワーとオゾン発生器の併用による界面活性剤処理への影響,
電気学会パルスパワー研究会資料, 7-12, 2016年8月.
34. 村田 啓輔, 荘田 歩, 寺西 研二, 下村 直行 :
同軸円筒型誘電体バリア放電リアクタによるインジゴカルミン水溶液の脱色特性,
第25回日本オゾン協会年次講演会講演集, 73-76, 2016年5月.
35. 清水 快, 森本 充, 寺西 研二, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワーを用いた界面活性剤処理に関する検討,
第25回日本オゾン協会年次講演会講演集, 69-72, 2016年5月.
36. 池本 知英, 森本 充, 寺西 研二, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワー放電方式オゾン生成における濃度低下の原因とその対策,
第25回日本オゾン協会年次講演会講演集, 9-12, 2016年5月.
37. 角元 義基, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
圧電トランスを用いたオゾン発生器の小型化とオゾン生成特性,
第25回日本オゾン協会年次講演会講演集, 5-8, 2016年5月.
38. 寺西 研二, 櫻間 季希, 西雄 翔平, 山中 建二, 下村 直行 :
誘電体バリア放電からの誘導気流により回転する羽根車のトルク測定,
平成28年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 106, 2016年3月.
39. 吉本 優真, 松村 康平, 寺西 研二, 下村 直行 :
空気原料誘電体バリア放電型オゾン発生器におけるオゾンと窒素酸化物の生成特性,
平成28年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 104, 2016年3月.
40. 森本 充, 清水 快, 寺西 研二, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワーを用いた界面活性剤処理における導電率の影響,
平成28年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 178, 2016年3月.
41. 前川 知久, 山西 良和, 古谷 卓也, 島田 雄大, 寺西 研二, 佐々木 千鶴, 中村 嘉利, 下村 直行 :
パルス電界処理による微細藻類からの脂質抽出の効率化,
平成28年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 122, 2016年3月.
42. 島田 雄大, 山西 良和, 前川 知久, 寺西 研二, 下村 直行 :
微細藻類バイオマス燃料生産のための パルスパワー技術の開発,
平成27年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 55, 2015年9月.
43. 村田 啓輔, 荘田 歩, 寺西 研二, 下村 直行 :
誘電体バリア放電を用いたインジゴカルミンの脱色処理実験,
平成27年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 44, 2015年9月.
44. 笹尾 賢人, 岡田 裕成, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
PT型プラズマリアクタへの印加電圧波形を変えた際の駆動特性,
平成27年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 42, 2015年9月.
45. 櫻間 季希, 西雄 翔平, 寺西 研二, 下村 直行 :
誘電体バリア放電により回転する羽根車の回転数時間変化,
平成27年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 41, 2015年9月.
46. 植野 優香, 岩佐 勇希, 寺西 研二, 下村 直行 :
周囲ガス供給型プラズマジェットの発光強度空間分布,
平成27年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 213, 2015年3月.
47. 森本 充, 清水 快, 寺西 研二, 下村 直行 :
溶媒の界面活性剤水溶液処理に及ぼす影響,
平成27年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 130, 2015年3月.
48. 荘田 歩, 吉岡 幸祐, 村田 啓輔, 寺西 研二, 下村 直行 :
誘電体バリア放電を用いたインジゴカルミン水溶液の脱色処理,
平成27年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 173, 2015年3月.
49. 櫻間 季希, 寺西 研二, 下村 直行 :
羽根車の回転を用いた誘電体バリア放電による誘導気流の調査,
平成27年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 170, 2015年3月.
50. 福田 寛, 三宅 雅人, 平井 寛人, 寺西 研二, 下村 直行, 親泊 政一 :
ナノ秒パルス電界による HeLa細胞,HEK293細胞の活性化,
平成26年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 239, 2014年9月.
51. 松原 修三, 中川 晃登, 國安 翔太, 寺西 研二, 下村 直行, 宇都 義浩 :
ナノ秒パルス電界印加による鶏卵の死亡率の検討,
平成26年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 233, 2014年9月.
52. 安東 康太, 長戸 健晃, 岩佐 勇希, 植野 優香, 寺西 研二, 下村 直行 :
周囲ガス供給型プラズマジェットの発光スペクトルとガス温度測定,
平成26年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 57, 2014年9月.
53. 松村 康平, 久米川 浩輝, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
レーザ光吸収法を用いたDBD型オゾナイザ内部のオゾン密度分布計測に関する研究,
平成26年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 56, 2014年9月.
54. 長戸 健晃, 角元 義基, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
圧電トランスを用いた誘電体バリア放電中のガス温度測定,
平成26年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 55, 2014年9月.
55. 岡田 裕成, 石倉 賢人, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
圧電トランス型プラズマリアクタ駆動用電源の開発,
平成26年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 54, 2014年9月.
56. 森本 充, 清水 快, 寺西 研二, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワーを用いた界面活性剤処理における過酸化水素添加の効果,
平成26年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 53, 2014年9月.
57. 岩佐 勇希, 寺西 裕太, 寺西 研二, 下村 直行 :
誘電体バリア放電を用いた周囲ガス供給型低温プラズマジェットの分光測定,
平成26年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 63, 2014年3月.
58. 川上 卓也, 仲野 紘平, 寺西 研二, 下村 直行 :
バイオマス燃料生産のためのパルスパワー応用に関する研究,
平成26年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 198, 2014年3月.
59. 森本 充, 楠 和宏, 寺西 研二, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワーによる界面活性剤処理効果,
平成26年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 197, 2014年3月.
60. 吉岡 幸祐, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
誘電体バリア放電を用いた水処理の検討,
平成26年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 81, 2014年3月.
61. 寺西 研二, 久米川 浩輝, 松村 康平, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
誘電体バリア放電型オゾナイザ内部のオゾン密度空間分布,
平成25年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集, 2013年10月.
62. 中川 晃登, 永濱 匡高, 寺西 研二, 宇都 義浩, 下村 直行 :
極短パルス電界の固形腫瘍への効果に関する研究,
平成25年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 241, 2013年9月.
63. 長野 明彦, 三宅 雅人, 平井 寛人, 寺西 研二, 下村 直行, 親泊 政一 :
パルス高電界による骨格筋機能制御の基礎研究,
平成25年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 240, 2013年9月.
64. 仲野 紘平, 川上 卓也, 寺西 研二, 下村 直行 :
パルスパワーを用いた微細藻の穿孔実験研究,
平成25年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 54, 2013年9月.
65. 岩佐 勇希, 寺西 裕太, 寺西 研二, 下村 直行 :
周囲ガス供給型低温プラズマジェットの分光測定,
平成25年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 51, 2013年9月.
66. 兼田 直幹, 荒井 涼太朗, 寺西 研二, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワー方式NOx処理における リアクタの接続方式と終端抵抗の影響,
平成25年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 47, 2013年9月.
67. 吉岡 幸祐, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
窒素中誘電体バリア放電を用いた水処理の検討,
第22回日本オゾン協会年次講演会講演集, 111-114, 2013年8月.
68. 森本 充, 楠 和宏, 寺西 研二, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワーを用いた水処理効率の検討,
第22回日本オゾン協会年次講演会講演集, 53-58, 2013年8月.
69. 寺西 研二, 久米川 浩輝, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
誘電体バリア放電型オゾン発生器内部でのオゾン生成過程の検討,
第22回日本オゾン協会年次講演会講演集, 31-34, 2013年8月.
70. 中田 佑輝, 寺西 研二, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワー方式によるオゾン生成の高濃度化に関する研究,
第22回日本オゾン協会年次講演会講演集, 15-18, 2013年8月.
71. 久米川 浩輝, 島田 大輝, 植村 和史, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
レーザ光吸収法を用いた誘電体バリア放電型オゾン発生器内部のオゾン密度空間分布計測,
平成25年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 107-108, 2013年3月.
72. 堤 晃一, 難波 陽平, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
圧電トランス型オゾン発生器の誘電体電極材がオゾン生成特性に及ぼす影響,
平成25年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 49, 2013年3月.
73. 秦 由樹, 大中 顕人, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
圧電トランス型プラズマリアクタの表面電位分布測定, --- 締め付けトルクがPT表面電位に及ぼす影響 ---,
平成25年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 41, 2013年3月.
74. 寺西 裕太, 岩佐 勇希, 寺西 研二, 下村 直行 :
誘電体バリア放電を用いたプラズマジェットの発生機構の調査,
平成25年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 47, 2013年3月.
75. 下村 直行, 寺西 研二, 原田 勝敏, 村兼 一嘉, 浜野 龍夫 :
里海を実現するLED水中灯を使った小型ブイの開発,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 85, 2012年9月.
76. 寺西 裕太, 寺西 研二, 下村 直行 :
誘電体バリア放電を用いたプラズマジェットの分光測定,
平成24年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 55, 2012年9月.
77. 楠 和宏, 中井 博基, 森本 充, 下村 直行, 寺西 研二 :
ナノ秒パルスパワーを用いたバリア放電による水処理に関する研究,
平成24年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 47, 2012年9月.
78. 中田 佑輝, 馬渕 良, 下村 直行, 寺西 研二 :
ナノ秒パルスパワーを用いたオゾン生成における短ギャップ化による影響の検討,
平成24年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 46, 2012年9月.
79. 久米川 浩輝, 島田 大輝, 植村 和史, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
レーザ光吸収法を用いた誘電体バリア型オゾン発生器内部のオゾン密度分布計測,
平成24年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 45, 2012年9月.
80. 永濱 匡高, 下村 直行, 寺西 研二, 宇都 義浩, 堀 均 :
ナノ秒パルス電界の腫瘍への印加効果に関する研究,
平成24年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 43, 2012年9月.
81. 堤 晃一, 難波 陽平, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
圧電トランス型オゾン発生器の誘電体電極材料がオゾン生成特性に及ぼす影響,
平成24年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 41, 2012年9月.
82. 秦 由樹, 大中 顕人, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
圧電トランスを用いた誘電体バリア放電型プラズマリアクタの放電電力空間分布の測定,
平成24年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 40, 2012年9月.
83. 久米川 浩輝, 島田 大輝, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
レーザ光吸収法を用いた誘電体バリア放電型オゾン発生器内部のオゾン濃度分布計測,
第21回日本オゾン協会年次講演会講演集, 77-80, 2012年6月.
84. 堤 晃一, 久武 将暢, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
圧電トランス型オゾン発生器の誘電体電極材料がオゾン生成特性に及ぼす影響,
第21回日本オゾン協会年次講演会講演集, 61-64, 2012年6月.
85. 島田 大輝, 久米川 浩輝, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
レーザ光吸収法によるオゾン濃度測定, --- 594nmにおけるオゾンの光吸収断面積の決定 ---,
平成24年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 119, 2012年3月.
86. 馬渕 良, 影山 達也, 寺西 研二, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワーを用いた高濃度オゾン生成の検討,
平成24年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 208, 2012年3月.
87. 森本 崇役, 山中 雅斗, 寺西 研二, 下村 直行 :
パルスパワーを用いた微細藻類の増殖活性に関する研究,
平成24年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 204, 2012年3月.
88. 馬郡 義弘, 下村 直行, 影山 達也, 寺西 研二, 宇都 義浩, 堀 均 :
超高速パルス電界の腫瘍への印加に関する研究,
第34回日本生体医工学中国四国支部大会講演抄録, 41, 2011年10月.
89. 下村 直行, 寺西 研二, 原田 勝敏, 浜野 龍夫 :
水産資源増殖機能を持つLED水中灯を使った小型ブイの開発,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 88, 2011年9月.
90. 真鍋 祐矢, 中川 亮佑, Su Zehong, 前谷 実希, 寺西 研二, 下村 直行, 髙橋 章 :
病原性細菌の遺伝子発現におけるパルス電界の影響に関する研究,
平成23年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 238, 2011年9月.
91. 近藤 健太, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
窒素中誘電体バリア放電の放電形態,
平成23年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 44, 2011年9月.
92. 中井 博基, 下村 直行, 寺西 研二 :
ナノ秒パルスパワーを用いた界面活性剤の分解に関する研究,
平成23年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 43, 2011年9月.
93. 馬渕 良, 影山 達也, 寺西 研二, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワー方式オゾン生成における容量結合型リアクタの導入と活用の検討,
平成23年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 42, 2011年9月.
94. 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
可視光領域における光吸収法を用いたオゾン濃度計測における実効吸収係数の決定,
第20回日本オゾン協会年次研究講演会, 103-106, 2011年6月.
95. 久武 将暢, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
圧電トランスを用いた小型オゾン発生器の駆動法の検討,
第20回日本オゾン協会年次研究講演会, 83-86, 2011年6月.
96. 馬郡 義弘, 大田 誠二, 寺西 研二, 下村 直行, 宇都 義浩, 堀 均 :
固形腫瘍に対するナノ秒パルスパワー印加効果に関する研究,
平成23年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 237, 2011年3月.
97. 山中 雅斗, 藤田 歩, 寺西 研二, 下村 直行 :
パルス高電界印加による微細藻類への影響に関する研究,
平成23年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 234, 2011年3月.
98. 布川 史章, 六角 虎太郎, 矢沢 勇樹, 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 :
フミン酸塩溶液中における気泡内パルス放電,
平成23年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 229, 2011年3月.
99. 久武 将暢, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
圧電トランスを用いた小型オゾン発生システムの開発-圧電トランスの各種駆動法によるオゾン生成特性の比較,
平成23年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 144, 2011年3月.
100. 寺西 研二, 齋藤 将太, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
圧電トランス表面に発生する誘電体バリア放電の表面電位と放電電力空間分布,
平成23年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 135, 2011年3月.
101. 近藤 健太, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
窒素中での誘電体バリア放電の放電形態,
平成23年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 134, 2011年3月.
102. 影山 達也, 馬渕 良, 寺西 研二, 下村 直行, 秋山 秀典 :
容量結合型リアクタを用いたナノ秒パルスパワーによる高濃度オゾン生成の検討,
2010年放電学会年次大会講演論文集(CD-ROM), 52-57, 2010年11月.
103. 馬郡 義弘, 大田 誠二, 寺西 研二, 下村 直行, 宇都 義浩, 堀 均 :
ナノ秒パルス電界の固形腫瘍に対する印加効果に関する研究,
平成22年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 187, 2010年9月.
104. 齋藤 将太, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
圧電トランス型プラズマリアクタの表面電位と放電電力空間分布,
平成22年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 25, 2010年9月.
105. 中島 弘人, 中野 圭悟, 寺西 研二, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワーを用いたNOx処理におけるリアクタ接続方式の検討,
平成22年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 23, 2010年9月.
106. 久武 将暢, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
圧電トランスを用いた小型オゾン発生システムの開発,
平成22年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 19, 2010年9月.
107. 影山 達也, 馬渕 良, 寺西 研二, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワーを用いたオゾン生成における容量結合型リアクタの導入効果,
平成22年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 18, 2010年9月.
108. 木野 正貴, 神谷 祐紀, 布川 史章, 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 :
純Heガス中における放電の自己組織化現象の観測,
平成22年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 101, 2010年3月.
109. 寺西 研二, 島田 洋司, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
可視光領域の光吸収法を利用したオゾン濃度の測定,
平成22年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 112, 2010年3月.
110. 中川 亮佑, 城山 和己, Su Zehong, 寺西 研二, 下村 直行, 髙橋 章 :
病原性細菌へのパルス高電界印加効果,
平成22年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 201, 2010年3月.
111. 六角 虎太郎, 相澤 由花, 布川 史章, 矢沢 勇樹, 下村 直行, 寺西 研二, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 :
水面上パルス放電におけるインピーダンス特性(II),
平成22年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 200, 2010年3月.
112. 布川 史章, 六角 虎太郎, 相澤 由花, 矢沢 勇樹, 下村 直行, 寺西 研二, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 :
水面上パルス放電におけるインピーダンス特性(I),
平成22年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 199, 2010年3月.
113. 杉森 茂宏, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄, 鈴木 進 :
圧電トランスを用いた誘電体バリア放電型エキシマランプの開発,
平成22年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 70, 2010年3月.
114. 中野 圭悟, 横手 優輝, 中島 弘人, 寺西 研二, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワーを用いたNOx処理におけるリアクタ接続方法の検討,
平成22年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 193, 2010年3月.
115. 穴吹 俊樹, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
圧電トランス型プラズマリアクタの駆動用電源に関する研究,
平成22年電気学会全国大会講演論文集, Vol.1, 191, 2010年3月.
116. 穴吹 俊樹, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
周波数自動追従機能を有した圧電トランス型プラズマリアクタ駆動用電源,
2009年放電学会年次大会講演論文集, A-1-5(2pp), 2009年11月.
117. 寺西 研二, 斎藤 将太, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
圧電トランス型プラズマリアクタの2次側電圧測定用分圧器の開発,
2009年放電学会年次大会講演論文集, A-1-3(1p), 2009年11月.
118. 大田 誠二, 城山 和己, 中川 亮佑, 寺西 研二, 下村 直行, 宇都 義浩, 堀 均 :
固形腫瘍に対するナノ秒パルス電界印加実験,
平成21年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 242, 2009年9月.
119. 中川 亮佑, 城山 和己, 山中 雅斗, 寺西 研二, 下村 直行, 髙橋 章 :
バイオエレクトリクス実験のためのパルス電界印加システムの開発,
平成21年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 235, 2009年9月.
120. 島田 洋司, 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 :
可視光領域の光吸収を用いたオゾン濃度測定法の検討,
平成21年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 71, 2009年9月.
121. 杉森 茂宏, 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 :
圧電トランス型エキシマランプの真空紫外発光特性,
平成21年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 67, 2009年9月.
122. 齋藤 将太, 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 :
圧電トランスを用いた誘電体バリア放電型プラズマリアクタの表面電位と放電電力空間分布の測定,
平成21年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 25, 2009年9月.
123. 穴吹 俊樹, 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 :
圧電トランス型プラズマリアクタの駆動用電源の開発,
平成21年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 24, 2009年9月.
124. 中野 圭悟, 横手 優輝, 中島 弘人, 寺西 研二, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワーを用いたNOx処理におけるリアクタ形状の検討,
平成21年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 23, 2009年9月.
125. 内山 壱郎, 馬地 夏紀, 寺西 研二, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワーを用いた脱色処理における過酸化水素添加の効果,
平成21年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 21, 2009年9月.
126. 小林 和人, 山口 宗彦, 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 :
放電の自己組織化現象と誘電体電極上の蓄積電荷,
平成21年電気学会全国大会講演論文集, 98-99, 2009年3月.
127. 寺西 研二, 島田 洋司, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 :
圧電トランス型オゾナイザの電極温度がオゾン生成に及ぼす影響,
平成21年電気学会全国大会講演論文集, 140, 2009年3月.
128. 城山 和己, 矢野 大輝, 寺西 研二, 下村 直行, 宇都 義浩, 堀 均 :
腫瘍へのナノ秒パルスパワー印加インビボ実験,
平成21年電気学会全国大会講演論文集, 219, 2009年3月.
129. 内山 壱郎, 矢野 大輝, 寺西 研二, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワーを用いたインジゴカルミン溶液の脱色における酸素ガスの効果,
平成21年電気学会全国大会講演論文集, 214, 2009年3月.
130. 横手 優輝, 山中 卓, 布川 史章, 寺西 研二, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワーを用いたNOx処理におけるリアクタ設定最適条件の検討,
平成21年電気学会全国大会講演論文集, 212, 2009年3月.
131. 守屋 康平, 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 :
圧電トランスを用いた小型Xe2*エキシマランプの開発,
平成21年電気学会全国大会講演論文集, 230, 2009年3月.
132. 島田 洋司, 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 :
圧電トランス型オゾン発生器の電極温度がオゾン生成に及ぼす影響,
2008年放電学会年次大会講演論文集(CD-rom), 121, 2008年11月.
133. 守屋 康平, 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 :
圧電トランスを用いたDBD型エキシマランプ,
2008年放電学会年次大会講演論文集(CD-rom), 120, 2008年11月.
134. 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 :
圧電トランス型プラズマリアクタの表面電位分布と放電電力の測定,
2008年放電学会年次大会講演論文集(CD-rom), 58, 2008年11月.
135. 山本 浩司, 寺西 研二, 下村 直行 :
入射角依存性反射を含む状態方程式を用いた照度分布計算手法と計算技法の検討,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 70, 2008年9月.
136. 守屋 康平, 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 :
圧電トランスを用いた小型Xe2*エキシマランプ,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 26, 2008年9月.
137. 城山 和己, 矢野 大輝, 寺西 研二, 下村 直行, 宇都 義浩, 堀 均 :
ナノ秒パルスパワーの腫瘍へのインビボ印加実験,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 25, 2008年9月.
138. 矢野 大輝, 城山 和己, 布川 史章, 寺西 研二, 下村 直行 :
小型ナノ秒パルスパワー発生装置の開発,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 24, 2008年9月.
139. 内山 壱郎, 矢野 大輝, 寺西 研二, 下村 直行 :
パルスパワーを用いたインジゴカルミン溶液の脱色におけるリアクタ密閉の効果,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 23, 2008年9月.
140. 的場 祥幸, 寺西 研二, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワーを用いたバリア放電リアクタにおけるオゾン生成,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 22, 2008年9月.
141. 横手 優輝, 山中 卓, 寺西 研二, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワー放電によるNOx処理,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 21, 2008年9月.
142. 布川 史章, 矢野 大輝, 寺西 研二, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワー電源装置の開発,
電気設備学会全国大会講演論文集, 339-340, 2008年9月.
143. 山中 卓, 布川 史章, 寺西 研二, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワーを用いたNOx処理の高効率化のための検討,
平成20年電気学会基礎・材料・共通部門大会講演論文集, 235, 2008年8月.
144. 矢野 大輝, 内山 壱郎, 布川 史章, 寺西 研二, 下村 直行 :
パルスパワーを用いた大気圧放電による水処理,
平成20年電気学会基礎・材料・共通部門大会講演論文集, 234, 2008年8月.
145. 下村 直行, 矢野 大輝, 山中 卓, 城山 和己, 寺西 研二, 宇都 義浩, 堀 均 :
固形腫瘍に対するナノ秒パルス電界印加実験,
平成20年電気学会基礎・材料・共通部門大会講演論文集, 227, 2008年8月.
146. 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 :
圧電トランスを用いた誘電体バリア放電型プラズマリアクタの動作特性,
平成20年電気学会基礎・材料・共通部門大会講演論文集, 395-400, 2008年8月.
147. 伊藤 晴雄, 寺西 研二, 下村 直行 :
PT型オゾナイザのオゾン生成効率,
第18回日本オゾン協会年次研究講演会講演集, 149-152, 2008年5月.
148. 矢野 大輝, 内山 壱郎, 布川 史章, 寺西 研二, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワーを用いたNOx処理におけるリアクタ並列化の効果,
電気学会全国大会講演論文集, No.1, 199, 2008年3月.
149. 山中 卓, 布川 史章, 寺西 研二, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワーを用いたNOx処理におけるリアクタ並列化の効果,
電気学会全国大会講演論文集, No.1, 196, 2008年3月.
150. 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 :
DBD型オゾン発生器の誘電体電極材料がオゾン生成に及ぼす影響,
電気学会全国大会講演論文集, No.1, 110, 2008年3月.
151. 橋本 祥英, 鈴木 進, 伊藤 晴雄, 寺西 研二, 下村 直行 :
圧電トランスによる誘電体バリア放電の自己組織化現象,
電気学会全国大会講演論文集, No.1, 108, 2008年3月.
152. 佐藤 陽亮, 寺西 研二, 下村 直行 :
室内照明設計のための基礎的設定下での光源配置と照度分布,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 55, 2007年9月.
153. 山本 浩司, 寺西 研二, 下村 直行 :
入射角依存性反射を含む状態方程式を用いた照度分布計算手法の検討,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 54, 2007年9月.
154. 山中 卓, 布川 史章, 寺西 研二, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワーを用いた並列リアクタによるNOx処理,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 25, 2007年9月.
155. 矢野 大輝, 内山 壱郎, 布川 史章, 寺西 研二, 下村 直行 :
大気圧パルスパワー放電による同軸円筒リアクタを用いた水処理方法の検討,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 23, 2007年9月.
156. 布川 史章, 山中 卓, 矢野 大輝, 寺西 研二, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワーを用いたオゾン生成における並列化リアクタの効果,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 24, 2007年9月.
157. 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 :
バリア放電における誘電体電極材料がオゾン生成に及ぼす影響,
電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 22, 2007年9月.

その他・研究会:

1. 下村 直行 :
技術者倫理教育効率化のためのカリキュラム検討の可能性,
電気学会教育フロンティア研究会資料, No.FIE-19-023∼034, 15-19, 2019年12月.
2. 砂山長 三郎, 下村 直行, 北條 昌秀, 尾崎 勝, 出川 通, 余喜多 博, 荒川 文生 :
でんきの礎における「エレキテルと平賀源内」顕彰の意義と展望,
電気学会電気技術史研究会資料, No.HEE-19-1, 1-4, 2019年1月.
3. 下村 直行, 大来 雄二 :
大学1年次開講技術者倫理科目の実施とカリキュラムに関する考察,
電気学会教育フロンティア研究会資料, No.FIE-18-025∼029, 7-10, 2018年12月.
4. 大来 雄二, 片倉 啓雄, 下村 直行 :
技術者倫理科目の授業改善,
電気学会教育フロンティア研究会資料, No.FIE-17-026∼035, 27-32, 2017年12月.
5. 下村 直行, 大来 雄二 :
エンジニアリング教育と技術者倫理教育のシナジー効果,
電気学会教育フロンティア研究会資料, No.FIE-17-026∼035, 1-4, 2017年12月.
6. 下村 直行, 大来 雄二 :
技術者倫理教育とエンジニアリング教育の在りようの一考察,
電気学会教育フロンティア研究会資料, 17-22, 2016年12月.
7. 池本 知英, 雄松 光司, 森本 充, 寺西 研二, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワーを用いた同軸円筒型リアクタによる放電化学ガス処理に関する研究,
電気学会パルスパワー研究会資料, 1-6, 2016年8月.
8. 寺西 研二, 長戸 健晃, 岡 知輝, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
圧電トランスを用いた誘電体バリア放電プラズマリアクタ中のガス温度測定,
電気学会研究会資料, Vol.ED-16-026, 2016年3月.
9. 寺西 研二, 櫻間 季希, 吉本 優真, 西雄 翔平, 山中 建二, 下村 直行 :
誘電体バリア放電からの誘導気流による羽根車の回転特性,
電気学会研究会資料, Vol.ED-15-158, 45-49, 2015年12月.
10. 木村 栄輝, 安東 康太, 植野 優香, 寺西 研二, 白井 昭博, 下村 直行 :
周囲ガス供給型プラズマジェットの放電特性と枯草菌芽胞の殺菌実験,
電気学会研究会資料, Vol.ED-15-152, 11-16, 2015年12月.
11. 下村 直行 :
初年次・導入教育としてのエンジニアリング入門,
電気学会研究会資料, Vol.FIE-15, No.2, 1-5, 2015年9月.
12. 下村 直行, 寺西 研二 :
大学におけるエンジニアリングデザイン教育の一考察,
電気学会研究会資料, Vol.FIE-15, No.1, 33-36, 2015年3月.
13. 大来 雄二, 札野 順, 下村 直行, 西野 克志 :
電気学会の新事例集を用いた技術者倫理教育実践,
電気学会研究会資料, Vol.FIE-14, No.3, 43-48, 2014年12月.
14. 森本 充, 清水 快, 寺西 研二, 下村 直行 :
ナノ秒パルスパワーを用いた界面活性剤処理における過酸化水素の効果,
電気学会研究会資料, Vol.PPT-14, 67-71, 2014年10月.
15. 寺西 研二, 岩佐 勇希, 安藤 康太, 寺西 裕太, 下村 直行 :
周囲ガス供給型プラズマジェットの発光分光測定,
電気学会研究会資料, Vol.ED-14-36, 1-4, 2014年5月.
16. 下村 直行, 大来 雄二 :
徳島大学電気電子工学科の技術者倫理教育改善, --- -5年間の活動をふりかえって- ---,
電気学会研究会資料, Vol.FIE-14, No.1, 79-83, 2014年3月.
17. 髙島 祐介, 清水 亮, 北村 彩人, 西野 克志, 直井 美貴, 下村 直行, 大来 雄二 :
学習者の地域性に即した事例を用いた技術者倫理教育の学習効果,
電気学会研究会資料, Vol.FIE-13, No.3, 31-35, 2013年12月.
18. 下村 直行, 直井 美貴, 橋爪 正樹 :
初年度教育・導入教育としてのエンジニアリング入門教育の導入,
電気学会研究会資料, Vol.FIE-13, No.2, 25-28, 2013年9月.
19. 髙島 祐介, 馬渕 良, 直井 美貴, 下村 直行, 大来 雄二 :
技術者倫理科目におけるアンケートによる教育改善とTAの教育寄与,
電気学会研究会資料, Vol.FIE-12, No.3, 41-46, 2012年12月.
20. 大来 雄二, 青柳 学, 大場 恭子, 片倉 啓雄, 島本 進, 清水 一男, 下村 直行, 松木 純也, 丸山 武男 :
共通化した技術者倫理授業アンケートの実施と学生の関心喚,
電気学会研究会資料, Vol.FIE-12, No.3, 17-22, 2012年12月.
21. 下村 直行, 芥川 正武, 寺西 研二 :
電気工学基礎科目の講義方法に関する試み(Ⅱ),
電気学会研究会資料, Vol.FIE-12, No.2, 11-14, 2012年9月.
22. 下村 直行, 馬郡 義弘, 永濱 匡高, 寺西 研二, 宇都 義浩, 堀 均 :
発育鶏卵法を用いたナノ秒パルス電界の固形腫瘍への印加実験,
電気学会研究会資料, Vol.PPT-12, No.1, 1-4, 2012年3月.
(CiNii: 10030329923)
23. 下村 直行, 寺西 研二 :
自己分析とキャリアデザインWebサービスを用いる就職活動支援の取り組み,
電気学会研究会資料, Vol.FIE-12, No.1, 33-36, 2012年3月.
(CiNii: 10030324153)
24. 大来 雄二, 下村 直行 :
授業アンケートを利用した技術者倫理教育の改善事例,
電気学会研究会資料, Vol.FIE-11, No.3, 29-34, 2011年12月.
25. 馬渕 良, 影山 達也, 下村 直行, 直井 美貴, 大来 雄二 :
大学における技術者倫理教育に対する講義用Webページの活用,
電気学会研究会資料, Vol.FIE-11, No.3, 23-28, 2011年12月.
26. 布川 史章, 六角 虎太郎, 矢沢 勇樹, 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 :
パルスパワー放電を用いたフミン酸塩溶液の分解,
電気学会研究会資料, Vol.PPT-11-68,ED-11-115, 41-46, 2011年10月.
27. 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
圧電トランスを用いた誘電体バリア放電型プラズマリアクタの放電電力測定法,
電気学会研究会資料, Vol.PPT-11-51,ED-11-99, 57-60, 2011年10月.
28. 下村 直行, 寺西 研二 :
電気工学基礎科目の講義方法に関する試み(Ⅱ),
電気学会研究会資料, Vol.FIE-11, No.2, 35-39, 2011年9月.
29. 下村 直行, 中田 佑輝, 寺西 研二, 宋 天, 芥川 正武 :
初年度導入教育のための電気電子工学入門実験,
電気学会研究会資料, Vol.FIE-11, No.1, 13-16, 2011年3月.
30. 寺西 研二, 杉森 茂宏, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
圧電トランスを用いた小型Xe2*エキシマランプの真空紫外光放射特性,
第25回光源物性とその応用研究会資料 LS-10-5, AR-10-5, PE-10-5, 23-27, 2011年1月.
31. 影山 達也, 中島 弘人, 下村 直行, 大来 雄二 :
大学における技術者倫理教育へのTAの活用,
電気学会研究会資料, Vol.FIE-10, No.3, 19-24, 2010年12月.
32. 布川 史章, 六角 虎太郎, 小川 眞天, 坂井 康仁, 相澤 由花, 矢沢 勇樹, 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 :
パルス気泡内放電によるフミン酸塩溶液の分解,
電気学会研究会資料, Vol.PPT-10, 7-12, 2010年10月.
33. 寺西 研二, 穴吹 俊樹, 久武 将暢, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
圧電トランス型オゾン発生器の駆動用電源の開発,
照明学会研究会資料,LS-10-03, 17-22, 2010年10月.
34. 下村 直行, 寺西 研二 :
最近の学生性向に対応する電気工学基礎科目の講義方法に関する試み,
電気学会研究会資料, Vol.FIE-10, 73-76, 2010年9月.
35. 下村 直行, 影山 達也, 中島 弘人, 寺西 研二 :
授業評価アンケートの実効性の検討と学生の受講姿勢,
電気学会研究会資料, Vol.FIE-10, 73-76, 2010年3月.
36. 影山 達也, 中島 弘人, 下村 直行, 島本 隆, 大来 雄二 :
工学倫理教育を考える, --- 徳島大学のアンケートと受講者の意見 ---,
電気学会研究会資料, Vol.FIE-09, No.5, 59-64, 2009年12月.
37. 寺西 研二, 島田 洋司, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
LEDを光源とした光吸収法によるオゾン濃度測定,
第24回光源物性とその応用研究会資料 LS-09-15, AR-09-12, PE-09-05, LAV-09-34, 2009年11月.
38. 穴吹 俊樹, 寺西 研二, 下村 直行, 伊藤 晴雄 :
圧電トランス型プラズマリアクタの駆動用電源,
2009年放電学会若手セミナー資料, 2009年11月.
39. 下村 直行, 川上 烈生, 寺西 研二, 富永 喜久雄 :
導入教育・初年度教育に関する考察, --- 徳島大学電気電子工学科のアンケート結果から ---,
電気学会研究会資料, Vol.FIE-09, No.3, 41-46, 2009年8月.
40. 寺西 研二, 小林 和人, 山口 宗彦, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 :
希ガスを満たした圧電トランス型放電プラズマ発生器で観測されるDBDの自己組織化現象,
プラズマ/パルスパワー/放電合同研究会資料 PST-09-75/PPT-09-75/ED-09-119, 11-14, 2009年8月.
41. 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 :
圧電トランス型プラズマリアクタの表面電位と放電電力空間分布,
放電研究, Vol.51, No.4, 22-23, 2008年11月.
42. 下村 直行, 森田 郁朗, 安野 卓, 北條 昌秀, 川田 昌武, 寺西 研二, 大西 徳生 :
電気電子工学実験の試み, --- 少人数教育から見えてくるもの ---,
電気学会研究会資料, Vol.FIE-08, No.2, 11-15, 2008年9月.
43. 下村 直行, 川田 昌武, 伊坂 勝生, 井上 廉 :
学生と担任のためのクラスホームページ, --- 進学・就職活動 ---,
電気学会研究会資料, Vol.FIE-07, 25-29, 2007年9月.
44. 寺西 研二, 下村 直行, 鈴木 進, 伊藤 晴雄 :
圧電トランスを用いたDBD型オゾン発生器の開発,
プラズマ/放電合同研究会資料PST-07-61/ED-07-141, 107-112, 2007年9月.
45. 矢野 大輝, 内山 壱郎, 布川 史章, 寺西 研二, 下村 直行 :
大気圧パルスパワー放電による同軸円筒リアクタを用いた水処理方法の検討,
平成19年放電学会若手セミナー資料, 2007年9月.
46. Yasuyuki Teramoto, Susumu Kohno, Naoyuki Shimomura, Sunao Katsuki and HIdenori Akiyama :
Meausurement of Current Distribution in a Wire-array Z-pinch plasma Source During Exploding Phase,
NIFS-PROC, Vol.50, 184-191, Mar. 2001.
47. 下村 直行, Yoshito Tanaka, Yasuyuki Yushita, 長田 正義, Yusuke Teramoto, Sunao Katsuki, Hidenori Akiyama :
Effect of Wire Shape on Wire Array Discharge,
NIFS-PROC, Vol.50, 192-197, 2001年3月.
48. 中務 正浩, 下村 直行, 長田 正義 :
マルチギャップをスイッチを用いた絶縁破壊現象の解明,
電気学会研究会資料, Vol.PPT-00, 15-20, 2000年5月.
49. Naoyuki Shimomura, Masayoshi Nagata, Yusuke Teramoto and Hidenori Akiyama :
UNSTABLE BEHAVIOR OF CURRENTS IN EXPLODING WIRE ARRAY,
NIFS-PROC, No.45, 46-51, Nov. 1999.
50. Naoyuki Shimomura, David Scholfield and John Gahl :
Investigation of Intense Electromagnetic Transient Phenomenon in Subnanosecond Regime,
NIFS-PROC, No.42, 64-72, Aug. 1999.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 研究倫理・技術者倫理適合型ケースメソッドの実践的研究と学習効果の検証 (研究課題/領域番号: 17K01069 )
  • 難分解性物質分解の高速化に向けた水面上誘電体バリア放電による水処理技術の開発 (研究課題/領域番号: 16K06226 )
  • 共通化授業アンケート成果を踏まえた技術者倫理及び関連科目の教育品質向上研究 (研究課題/領域番号: 26350200 )
  • 誘電体バリア放電型オゾナイザ内部のオゾンと窒素酸化物の生成過程解明に関する研究 (研究課題/領域番号: 25420257 )
  • In vivo実験の加速によるパルス高電界がん治療法の確立と技術開発 (研究課題/領域番号: 25289075 )
  • 授業アンケートの共同実施による技術者倫理教育の実質化・高度化の研究 (研究課題/領域番号: 23501028 )
  • パルスパワーを用いたバイオマス燃料製造技術の研究開発 (研究課題/領域番号: 22560275 )
  • 圧電トランスを用いた小型プラズマリアクタの開発 (研究課題/領域番号: 18360140 )
  • 研究者番号(90226283)による検索