検索:
徳島大学 > 大学院理工学研究部 > 理工学部門 > 知能情報系 > 知能工学分野 >
徳島大学 > 理工学部 > 理工学科 > 情報光システムコース > 知能工学講座 >
徳島大学 > 工学部 > 知能情報工学科 > 知能工学講座 >
徳島大学 > 先端技術科学教育部 > システム創生工学専攻 > 知能情報システム工学コース > 知能工学講座 >
徳島大学 > 大学院社会産業理工学研究部 > 理工学域 > 知能情報系 > 知能工学分野 >

研究活動

専門分野

制御理論 (Control Theory)

研究テーマ

自律分散適応制御 (適応制御 (adaptive control), 分散制御 (decentralized control))

著書・論文

著書:

1.池田 建司 :
システム同定,
オーム社, 2013年9月.
2.新 誠一, 池田 建司, 湯浅 秀男, 藤田 博之 :
自律分散システム,
朝倉書店, 東京, 1995年10月.

学術論文(審査論文):

1.Tomoaki Kashiwao, Mayu Hiura, Yan Yee Lim, Alireza Bahadori, Kenji Ikeda and Mikio Deguchi :
Optimization of surface-mount-device light-emitting diode packaging, --- investigation of effects of component optical properties on light extraction efficiency ---,
Optical Engineering, Vol.55, No.2, pp.025101-1--025101-11, 2016.
(DOI: 10.1117/1.OE.55.2.025101)
2.Takao Shimomura, Kenji Ikeda and Montanaro Adriano :
Distribution and Sharing of E-Learning Courseware by Weighted Keywords,
International Journal of Information and Education Technology (IJIET), Vol.5, No.9, pp.698--703, 2014.
(DOI: 10.7763/IJIET.2015.V5.595)
3.Takao Shimomura and Kenji Ikeda :
Two Types of Deadlock Detection: Cyclic and Acyclic,
Intelligent Systems for Science and Information, Studies in Computational Intelligence, Vol.542, pp.233--259, 2014.
(DOI: 10.1007/978-3-319-04702-7_14,   Elsevier: Scopus)
4.Tomoaki Kashiwao, Kenji Ikeda and Takao Shimomura :
Estimation of Transition Times of a Hopping Machine Based on Wavelet Analysis,
SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration, Vol.6, No.6, pp.396--402, 2013.
(DOI: 10.9746/jcmsi.6.396)
5.Kenji Ikeda, Yoshio Mogami and Takao Shimomura :
BCLS Method for Stationary Systems in Closed Loop Environment,
SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration, Vol.5, No.2, pp.78--84, 2012.
(DOI: 10.9746/jcmsi.5.78)
6.Takao Shimomura, Kenji Ikeda and Takahashi Muneo :
Functional Web Component Generation for Visual Web Application Programming,
International Journal of Computers and Applications, Vol.33, No.2, pp.167--174, 2011.
(DOI: 10.2316/Journal.202.2011.2.202-2730)
7.Min Zheng, Kenji Ikeda and Takao Shimomura :
Estimation of Continuous-Time Nonlinear Systems by Using the Unscented Kalman Filter,
SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration, Vol.3, No.5, pp.324--329, 2010.
(DOI: 10.9746/jcmsi.3.324,   CiNii: 130004552799)
8.柏尾 知明, 池田 建司, 下村 隆夫 :
ウェーブレット解析を用いた区分的線形システムのトランジションタイムの推定,
計測自動制御学会論文集, Vol.45, No.7, 349〜355頁, 2009年.
(DOI: 10.9746/sicetr.45.349,   CiNii: 10025090303)
9.Kenji Ikeda, Yoshio Mogami and Takao Shimomura :
Bias Compensation of Recursive Least Squares Estimate in Closed Loop Environment,
SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration, Vol.1, No.5, pp.400--405, 2008.
(DOI: 10.9746/jcmsi.1.400)
10.Takao Shimomura, Lang Sok Nhor, Chen Liang Quan and Kenji Ikeda :
Context-Dependent Extensible Syntax-Oriented Verifier with Recursive Verification,
WSEAS Transactions on Information Science and Applications, Vol.5, No.2, pp.44--53, 2008.
(Elsevier: Scopus)
11.池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 :
閉ループ環境におけるバイアス補償型最小二乗法,
計測自動制御学会論文集, Vol.43, No.12, 1097〜1102頁, 2007年.
(CiNii: 10020028442)
12.Takao Shimomura, Chen Liang Quan, Lang Sok Nhor and Kenji Ikeda :
Web-based Laboratory Network Management System that Integrates Multiple Servers,
WSEAS Transactions on Information Science and Applications, Vol.4, No.12, pp.1422--1430, 2007.
(Elsevier: Scopus)
13.Takao Shimomura, Chen Liang Quan, Lang Sok Nhor and Kenji Ikeda :
Uniform Tag-based Rich Component Generation for Web Application Development,
WSEAS Transactions on Information Science and Applications, Vol.4, No.12, pp.1431--1438, 2007.
(Elsevier: Scopus)
14.Takao Shimomura, Lang Sok Nhor, Chen Liang Quan and Kenji Ikeda :
Customizable Pattern-Oriented Verifiers forWeb Applications,
WSEAS Transactions on Information Science and Applications, Vol.4, No.12, pp.1439--1446, 2007.
(Elsevier: Scopus)
15.Takao Shimomura, Kenji Ikeda, Chen Liang Quan, Lang Sok Nhor and Takahashi Muneo :
Visual Programming of Hierarchical Frames for Web Applications,
WSEAS Transactions on Information Science and Applications, Vol.4, No.5, pp.968--975, 2007.
(Elsevier: Scopus)
16.Takao Shimomura, Takahashi Muneo, Chen Liang Quan, Lang Sok Nhor and Kenji Ikeda :
Easy enjoyable effective automated practice and test system,
INTERNATIONAL JOURNAL of EDUCATION AND INFORMATION TECHNOLOGIES, Vol.1, No.1, pp.1--7, 2007.
17.田上 隆徳, 池田 建司, 河辺 徹 :
パレート最適性を考慮したロバストI-PD制御系設計法,
システム制御情報学会論文誌, Vol.17, No.9, 363〜370頁, 2004年.
(DOI: 10.5687/iscie.17.363,   CiNii: 10013391164)
18.Takao Shimomura, Takahashi Muneo, Kenji Ikeda and Yoshio Mogami :
Visual Design for Server-Side Programs and Program Generation,
Transactions of Information Processing Society of Japan, Vol.45, No.7, pp.1737--1744, 2004.
19.池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 :
適応観測器を用いた連続時間モデル同定,
計測自動制御学会論文集, Vol.40, No.4, 415〜423頁, 2004年.
(CiNii: 10012855094)
20.Takanori Tagami and Kenji Ikeda :
Design of robust pole assignment based on Pareto-optimal solutions,
Asian Journal of Control, Vol.5, No.2, pp.195--205, 2003.
(DOI: 10.1111/j.1934-6093.2003.tb00111.x,   CiNii: 120004253624,   Thomson Reuters: Web of Science™,   Elsevier: Scopus)
21.Takao Shimomura, Takahashi Muneo, Kenji Ikeda and Yoshio Mogami :
Web application generator by image-oriented design,
ACM SIGSOFT Software Engineering Notes, Vol.28, No.2, pp.14--19, 2003.
22.Kenji Ikeda and Seiichi Shin :
Fault Tolerance of Autonomous Decentralized Adaptive Control Systems,
International Journal of Systems Science, Vol.29, No.7, pp.773--782, 1998.
23.池田 建司, 新 誠一 :
相対次数が n または n+1 の最小位相系の適応的安定化,
システム制御情報学会論文誌, Vol.11, No.6, 290〜296頁, 1998年.
24.池田 建司, 新 誠一 :
Backstepping法を用いた分散型適応制御系の設計法,
計測自動制御学会論文集, Vol.32, No.10, 1399〜1406頁, 1996年.
25.Takahara Shigeyuki, Kenji Ikeda and Miyamoto Sadaaki :
Fuzzy Control Rules and Stability Conditions,
Proc. of the 2nd International Conference on Fuzzy Logic and Neural Networks, pp.425--428, 1992.
26.池田 建司, 新 誠一, 北森 俊行 :
分散型ハイゲイン適応制御系の構成と安定解析,
計測自動制御学会論文集, Vol.28, No.5, 555〜563頁, 1992年.
27.池田 建司, 新 誠一, 北森 俊行 :
相対次数未知なプラントに対する連続時間MRACSのロバスト化,
計測自動制御学会論文集, Vol.27, No.6, 671〜677頁, 1991年.
28.池田 建司, 北森 俊行 :
相対次数に依存しない連続時間MRACSの構成,
計測自動制御学会論文集, Vol.27, No.1, 49〜55頁, 1991年.

学術論文(紀要・その他):

1.下村 隆夫, 池田 建司, 最上 義夫 :
ビジュアルイメージ指向設計に基づくプログラム自動生成方式,
徳島大学工学部研究報告, Vol.48, No.48, 5頁, 2003年.
(CiNii: 80015986990)

総説・解説:

1.池田 建司 :
システム同定における非漸近的信頼区間,
システム/制御/情報, Vol.59, No.5, 192〜197頁, 2015年5月.
2.池田 建司 :
部分空間同定法の分散解析,
計測と制御, Vol.50, No.11, 956〜962頁, 2011年11月.
(CiNii: 10030164800)
3.池田 建司, 毛利 公美, 最上 義夫, 得重 仁, 辻 明典, 緒方 広明 :
徳島大学工学部知能情報工学科における創造性教育の取り組み,
計測と制御, Vol.46, No.1, 31〜36頁, 2007年1月.
4.下村 隆夫, 高橋 宗雄, 池田 建司, 最上 義夫 :
Webプログラミングフレームワーク,
情報処理, Vol.45, No.12, 1266〜1271頁, 2004年12月.
5.池田 建司 :
切り替え型適応制御,
計測と制御, Vol.38, No.3, 182〜188頁, 1999年3月.
6.花熊 克友, 水野 直樹, 池田 建司, 尾形 和哉 :
実例を通して制御理論の今後を探る,
計測と制御, Vol.38, No.1, 65〜70頁, 1999年1月.

国際会議:

1.Kenji Ikeda :
Consistent Estimates of Kalman Gain and the Covariance of the Innovations Process,
Proceedings of SICE Annual Conference 2017, pp.182--185, つくば, Sep. 2016.
2.Kenji Ikeda :
Consistent Estimate of Innovations Model,
Preprints, 12th IFAC International Workshop on Adaptation and Learning in Control and Signal Processing, pp.1--6, Eindhoven, Jun. 2016.
3.Kenji Ikeda :
Frequency Domain Uncertainty in PO-MOESP Method,
Proceedings of the 47th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications, pp.104--111, Honolulu, Dec. 2015.
4.Kenji Ikeda :
Consistent Estimate of Kalman Gain in Subspace Identification Method,
The 2015 IEEE Control Systems Society; Multiconference on Systems and Control, pp.151--156, Sydney, Sep. 2015.
5.Kenji Ikeda and Hiroshi Oku :
Estimation Error Analysis of System Matrices in Some Subspace Identification Methods,
Proceedings of 10th Asian Control Conference, pp.1--6, Kota Kinabalu, Jun. 2015.
6.Tomoaki Kashiwao, Mayu Hiura, Daigo Hara, Kenji Ikeda and Takao Shimomura :
Effect of Optical Properties of Components for Light Extraction Efficiency of SMD LEDs,
SICE Annual Conference 2014, pp.1936--1940, Sapporo, Sep. 2014.
7.Kenji Ikeda :
Error Analysis of State Approaches in Subspace Identification Methods,
SICE Annual Conference 2014, pp.1685--1690, Sapporo, Sep. 2014.
8.Kenji Ikeda :
On the precision of the plant estimates in some subspace identification methods,
Preprints of the 19th World Congress IFAC, pp.9516--9521, Cape Town, Aug. 2014.
9.Kenji Ikeda :
Error Analysis of PO-MOESP Algorithm,
21th International Symposium on Mathematical Theory of Networks and Systems (MTNS), pp.545--550, Groningen, Jul. 2014.
10.Takao Shimomura and Kenji Ikeda :
Waiting Blocked-Tree Type Deadlock Detection,
Proc. of Science and Information Conference 2013 (SAI2013), pp.45--50, London, Oct. 2013.
11.Tomoaki Kashiwao, Kenji Ikeda and Takao Shimomura :
Identification of a Hopping Machine Based on a Piecewise Affine Model,
SICE Annual Conference 2013, pp.501--504, Nagoya, Sep. 2013.
12.Kenji Ikeda :
Asymptotic Properties of MOESP-type Methods,
Preprints of ALCOSP and PSYCO 2013, pp.92--97, Caen, Jul. 2013.
13.Takao Shimomura, Kenji Ikeda and Montanaro Adriano :
AUTOMATIC COURSEWARE TRANSFERS BETWEEN DIFFERENT PLATFORMS,
Proc. of 6th International Technology, Education and Development Conference (INTED2013), pp.4334--4341, Valencia, SPAIN, Mar. 2013.
14.Takao Shimomura and Kenji Ikeda :
Extensible Web-based Learning Architecture,
Proc. of the 2012 International Conference on Software Engineering Research and Practice (SERP'12), pp.1--7, Las Vegas, Jul. 2012.
15.Kenji Ikeda and Oku Hiroshi :
Asymptotic Properties of BCSS Method in Closed Loop Environment,
Preprints of the 16th IFAC Symposium on System Identification, pp.858--863, Brussels, Jul. 2012.
16.Takao Shimomura, Kenji Ikeda and Montanaro Adriano :
GAME-ORIENTED STIMULATING E-LEARNING,
Proc. of 6th International Technology, Education and Development Conference (INTED2012), pp.4221--4228, Valencia, Spain, Mar. 2012.
17.Takao Shimomura and Kenji Ikeda :
Tag Command-based Automatic Trouble Diagnosis for Computer Administration,
the 5-th International Conference on New Trends in Information Science and Service Science (NISS2011), pp.97--102, Macao, Oct. 2011.
18.Kenji Ikeda, Yoko Hatanaka and Takao Shimomura :
Linear Approximation Model for Snake Robots and its Application,
Proc. of SICE Annual Conference 2011, pp.2915--2918, Tokyo, Sep. 2011.
19.Tomoaki Kashiwao, Kenji Ikeda and Takao Shimomura :
A Design of the Scale Parameter of Wavelet Transformation for the Estimation of Transition Time in PWL Systems,
Proc. of SICE Annual Conference 2011, pp.973--978, Tokyo, Sep. 2011.
20.Kenji Ikeda and Hiroshi Oku :
Asymptotic Properties of Bias Compensated State Space Model Identification Method,
Preprints of the 18th IFAC World Congress, pp.6505--6510, Milan, Italy, Aug. 2011.
21.Kenji Ikeda, Yoshio Mogami and Takao Shimomura :
BCLS Method for the Estimation of Continuous-Time Models in Closed Loop Environment,
Proceedings of 2010 IEEE International Conference on Control Applications, pp.1369--1373, Yokohama, Sep. 2010.
22.Kenji Ikeda, Yoshio Mogami and Takao Shimomura :
Bias Compensated State Space Identification Method in Closed Loop Environment,
Proceedings of IFAC ALCOSP 2010, Antalya, Turkey, Aug. 2010.
23.Takao Shimomura, Kenji Ikeda and Takahashi Muneo :
An Approach to GA-driven Automatic Refactoring based on Design Patterns,
2010 Fifth International Conference on Software Engineering Advances, pp.213--218, Nice, Aug. 2010.
24.Min Zheng, Kenji Ikeda and Takao Shimomura :
Estimation of Continuous-time Nonlinear Systems by using the Unscented Kalman Filter,
Proc. of SICE Annual Conference 2010, pp.2192--2195, Taipei, Aug. 2010.
25.Kenji Ikeda, Tomoaki Kashiwao and Takao Shimomura :
Estimation of a Transition Time in Piecewise Linear Systems,
Proc. of SICE Annual Conference 2010, pp.620--624, Taipei, Aug. 2010.
26.Kenji Ikeda, Yoshio Mogami and Takao Shimomura :
Bias-Compensated State Space Model Identification,
Proceedings of 19th International Symposium on Mathematical Theory of Networks and Systems, pp.1369--1372, Budapest, Jul. 2010.
27.Takao Shimomura and Kenji Ikeda :
SERVER-DRIVEN REGRESSION TEST FOR WEB APPLICATIONS AND ITS PERFORMANCE,
Proceedings of the IASTED International Conference on Software Engineering, pp.234--239, Innsbruck, Austria, Feb. 2010.
28.Takao Shimomura, Kenji Ikeda and Takahashi Muneo :
ATTACHABLE SOFTWARE VISUALIZATION FOR MULTIPLE-THREAD PROGRAMS,
Proceedings of the IASTED International Conference on Software Engineering, pp.135--141, Innsbruck, Austria, Feb. 2010.
29.Takao Shimomura, Kenji Ikeda and Muneo Takahashi :
Synchronization of Multi-window requests for Server-side Regression Test of Web Applications,
Proceedings of the 9th International Conference on Quality Software (QSIC2009), pp.1--6, Jeju, Korea, Aug. 2009.
30.Kenji Ikeda, Yoshio Mogami and Takao Shimomura :
Bias-Compensated Least Squares Method in Closed Loop Environment, --- Estimation under colored noise ---,
Proceedings of ICCAS-SICE 2009, pp.4923--4926, Fukuoka, Aug. 2009.
31.Takao Shimomura, Chen Liang Quan and Kenji Ikeda :
Customizable Functional Web Components for Visual Web Programming,
2009 WRI World Congress on Computer Science and Information Engineering, pp.580--584, Los Angeles, Apr. 2009.
32.Takao Shimomura, Kenji Ikeda and Takahashi Muneo :
Web-Based Troubleshooter Generation for System Administration,
2009 WRI World Congress on Computer Science and Information Engineering, pp.760--764, Los Angeles, Apr. 2009.
33.Takao Shimomura, Chen Liang Quan and Kenji Ikeda :
SERVER-SIDE REGRESSION TEST FOR WEB APPLICATION DEVELOPMENTS,
Proceedings of the IASTED International Conference on Software Engineering, pp.63--68, Innsbruck, Feb. 2009.
34.Takao Shimomura, Kenji Ikeda and Muneo Takahashi :
SOFTWARE VISUALIZATION WITH ATTACHABLE DISPLAY CLASSES,
Proceedings of the IASTED International Conference on Software Engineering, pp.37--42, Innsbruck, Feb. 2009.
35.Kenji Ikeda, Yoshio Mogami and Takao Shimomura :
Bias Compensation of Recursive Least Squares Estimate in Closed Loop Environment,
Proceedings of the 18th International Symposium on Mathematical Theory and Networks and Systems, Virginia, USA, Jul. 2008.
36.Kenji Ikeda :
Bias-compensated Least Squares Method in Closed Loop Environment,
Proc. of IFAC WC 2008, pp.13379--13384, Seoul, Jul. 2008.
37.Kenji Ikeda, Yoshio Mogami and Takao Shimomura :
Bias-Compensated Least Squares Method in Closed Loop Environment, --- A filter design for colored noise ---,
Proceedings of 2008 International Symposium on Advanced Control of Industrial Processes, pp.329--334, Jasper, May 2008.
38.Takao Shimomura, Lang Sok Nhor and Kenji Ikeda :
Extensible Syntax-Oriented Verifier and Its Implementation,
Proceedings of the IASTED International Conference on Software Engineering, pp.298--303, Innsbruck, Austria, Feb. 2008.
39.Kashiwao Tomoaki, Kenji Ikeda and Takao Shimomura :
Estimation of the transition time of hybrid systems by using wavelet analysis,
Proc of SICE Annual Conference, pp.2546--2549, Takamatsu, Sep. 2007.
40.Zheng Min, Kenji Ikeda and Takao Shimomura :
Estimation of Rotary Inverted Pendulum by using the Unscented Kalman Filter, --- Estimation of the initial state ---,
Proceedings of SICE Annual Conference, pp.1670--1673, Takamatsu, Sep. 2007.
41.Kenji Ikeda, Yoshio Mogami and Takao Shimomura :
Bias-compensated adaptive observer for a continuous-time model estimation,
Preprints 9th IFAC Workshop Adaptation and Learning in Control and Signal Processing, St. Petersburg, Aug. 2007.
42.Takao Shimomura, Chen Liang Quan, Lang Sok Nhor and Kenji Ikeda :
Integrated Laboratory Network Management System,
Proceedings of the 7th WSEAS International Conference on Applied Informatics and Communications, pp.188--193, Athens, Aug. 2007.
43.Takao Shimomura, Kenji Ikeda, Chen Liang Quan, Lang Sok Nhor and Takahashi Muneo :
Apty: Easy Enjoyable Effective e-Learning,
Proceedings of the 7th WSEAS International Conference on Applied Informatics and Communications, pp.211--216, Athens, Aug. 2007.
44.Kenji Ikeda :
Bias-compensating method for a continuous-time model estimation by using adaptive observer,
Proceedings of European Control Conference 2007, pp.1517--1522, Kos, Jul. 2007.
45.Takao Shimomura, Kenji Ikeda, Chen Ling Quan, Lang Sok Nhor and Takahashi Muneo :
Visual Pivot-Table Components for Web Application Development,
Proc. of 3rd IASTED International Conference on Advances in Computer Science and Technology, pp.90--95, Phuket, Apr. 2007.
46.Takao Shimomura, Kenji Ikeda, Chen Liang Quan, Lang Sok Nhor and Takahashi Muneo :
Customizable Verifiers for Web Applications and Their Implementation,
Proceedings of International Conference on Computer Engineering and Applications, pp.396--401, Gold Coast, Australia, Jan. 2007.
47.Takao Shimomura, Kenji Ikeda, Chen Liang Quan, Lang Sok Nhor and Takahashi Muneo :
Rich Component Generation for Web Applications Using Custom Tags,
Proceedings of International Conference on Computer Engineering and Applications, pp.390--395, Gold Coast, Australia, Jan. 2007.
48.Takao Shimomura, Kenji Ikeda, Chen Liang Quan, Lang Sok Nhor and Takahashi Muneo :
Visual Programming for Web Applications that Use HTML Frame Facilities,
Proceedings of International Conference on Computer Engineering and Applications, pp.384--389, Gold Coast, Australia, Jan. 2007.
49.Min Zheng, Kenji Ikeda and Takao Shimomura :
Parameter estimation of rotary inverted pendulum based on unscented Kalman filter,
Proc. of SICE-ICCAS 2006, pp.5022--5025, Busan, Oct. 2006.
50.Kenji Ikeda, Yoshio Mogami and Takao Shimomura :
Continuous-time model identification by using adaptive observer, --- Estimation of the initial state ---,
Proc. of SICE-ICCAS 2006, pp.1796--1799, Busan, Oct. 2006.
51.Kenji Ikeda, Yoshio Mogami and Takao Shimomura :
Parameter convergence of a continuous-time model estimation method by using adaptive observer,
Proceedings of 17th International Symposium onMathematical Theory of Networks and Systems, pp.1096--1101, Kyoto, Jul. 2006.
52.Kenji Ikeda, Yoshio Mogami and Takao Shimomura :
Discrete-time state variable filters for the estimation of a continuous-time model,
Proceedings of the 14th IFAC Symposium on System Identification, pp.861--866, Newcastle, Australia, Mar. 2006.
53.Kenji Ikeda, Yoshio Mogami and Takao Shimomura :
Continuous-Time Model Identification by using Adaptive Observer, --- On the reduction of the computational cost ---,
Proceedings of SICE 2005, pp.246--251, Okayama, Aug. 2005.
54.Kenji Ikeda, Yoshio Mogami and Takao Shimomura :
Continuous-Time Model Identification using Adaptive Observers, --- On the Selection of State Variable Filters ---,
Proceedings of the 24th IASTED International Conference Modelling, Identification, and Control, pp.160--165, Innsbruck, Feb. 2005.
55.Kenji Ikeda, Yoshio Mogami and Takao Shimomura :
A sufficient condition for the convergence of adaptive observer in continuous-time model identification,
Proceedings of IFAC Workshop on Adaptive and Learning in Control and Signal Processing, pp.699--704, Yokohama, Aug. 2004.
56.Kenji Ikeda, Yoshio Mogami and Takao Shimomura :
Continuous-Time Model Identification by using Fast Adaptive Observer,
Proceedings Sixteenth International Symposium on Mathematical Theory of Networks and Systems, Leuven, Jul. 2004.
57.Tagami Takanori, Kawabe Tohru and Kenji Ikeda :
Multi-objective Design Scheme for Robust I-PD Controller,
Proc. of the 23rd IASTED International Conference on Modelling, Identification, and Control, pp.128--131, Grindelwald, Feb. 2004.
58.Kenji Ikeda, Yoshio Mogami and Takao Shimomura :
Continuous-Time Model Identification By Using Adaptive Observer, --- A case of non-uniform sampling ---,
Proc. of the 23rd IASTED International Conference Modelling, Identification, and Control, pp.92--97, Grindelwald, Feb. 2004.
59.Kenji Ikeda, Yoshio Mogami and Takao Shimomura :
Continuous-time model identification by using adaptive observer,
Preprints of 13th IFAC Symposium on System Identification, pp.325--330, Rotterdam, Aug. 2003.
60.Takao Shimomura, Muneo Takahashi, Kenji Ikeda and Yoshio Mogami :
An Approach to Brain-Image Oriented Programming for Web Applications,
Proc. of 7th World Multiconference on Systemics, Cybernetics and Informatics, pp.436--441, Orlando, Jul. 2003.
61.Takanori Tagami, Kenji Ikeda and Tohru Kawabe :
Design of robust I-PD controller based on Pareto-optimality with generalized ISE,
Proceedings of the 22nd IASTED International Conference on MODELLING, IDENTIFICATION, AND CONTROL, pp.566--571, Innsbruck, Feb. 2003.
62.Kenji Ikeda, Yoshio Mogami and Takao Shimomura :
Adaptive Observer of Sampled-Data Systems,
Proceedings of the 22nd IASTED International Conference MODELLING, IDENTIFICATION, AND CONTROL, pp.102--107, Innsbruck, Feb. 2003.
63.Takanori Tagami and Kenji Ikeda :
Design of robust I-PD controller based on multi-objective genetic algorithm with local search techniques,
Proceedings of the International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications, pp.543--546, Xi'an, Oct. 2002.
64.Kenji Ikeda :
Identification of the jump in switched linear systems,
Proceedings of the International Symposium on Nonlinear Theory and Its Application, pp.535--538, Xi'an, Oct. 2002.
65.Takanori Tagami and Kenji Ikeda :
A Design of Robust I-PD Controller Based on Genetic Algorithm,
Proceedings of the IASTED International Conference on MODELLING, IDENTIFICATION, AND CONTROL, pp.290--295, Innsbruck, Feb. 2002.
66.Kenji Ikeda :
Limit Cycle in Fault Tolerant Decentralized Adaptive Control System,
Proceedings of 2000 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, pp.31--34, Dresden, Sep. 2000.
67.Kenji Ikeda and Seiichi Shin :
Autonomous Decentralized Adaptive Control System Using Parameter Projection,
Proceedings of AFSS 2000, pp.293--298, Tsukuba, May 2000.
68.Kenji Ikeda and Shin Seiichi :
Adaptive Stabilization of Any Minimum Phase Plant with Relative Degree n or n+1,
Preprints of the 11th IFAC Symposium on System Identification, Kitakyushu, Jul. 1997.
69.Kenji Ikeda and Shin Seiichi :
Fault Tolerant Decentralized Adaptive Control Systems Using Backstepping,
Proc. of the 34th IEEE Conf. on Decision and Control, pp.2340--2345, New Orleans, Dec. 1995.
70.Kenji Ikeda and Shin Seiichi :
Decentralized High Gain Adaptive Control System Using Backstepping,
Proc. of the 3rd IEEE Symposium on Emerging Technologies and Factory Automation, pp.257--264, Tokyo, Nov. 1994.
71.Kenji Ikeda :
Simultaneous Stabilization by Periodically Switching Control,
Proc. of the Asian Control Conference, pp.455--458, Tokyo, Aug. 1994.
72.Shin Seiichi and Kenji Ikeda :
Autonomous Decentralized Adaptive Control,
Proc. of IEEE 2nd International Workshop on Emerging Technologies and Factory Automation, pp.204--209, North Queensland, Sep. 1993.
73.Kenji Ikeda, Shin Seiichi and Kitamori Toshiyuki :
A Servo Design of Decentralized Adaptive Control,
Proc. of International Symposium on the Mathematical Theory of Networks and Systems, pp.249--252, Regensburg, Jul. 1993.
74.Kenji Ikeda, Shin Seiichi and Kitamori Toshiyuki :
Fault Tolerance of Decentralized Adaptive Control,
Proc. of International Symposium on Autonomous Decentralized Systems, pp.275--281, Kawasaki, Mar. 1993.
75.Miyamoto Sadaaki and Kenji Ikeda :
A Method of Fuzzy Control Using a Probabilistic Model,
Proc. of the Korea-Japan Joint Conference on Fuzzy Systems and Engineering, pp.183--186, Seoul, Aug. 1992.

国内講演発表:

1.池田 建司 :
イノベーションモデルの一致推定のための解法の局所収束性,
第4回 制御部門マルチシンポジウム, 1365〜1370頁, 2017年3月.
2.池田 建司 :
Cholesky Factor を用いたKalmanゲインの推定手法の収束性について,
第59回自動制御連合講演会, 455〜458頁, 2016年11月.
3.池田 建司 :
Cholesky 分解を用いた Kalman ゲインの一致推定,
第60回システム制御情報学会研究発表講演会, 1〜4頁, 2016年5月.
4.池田 建司 :
カルマンゲインの一致推定値の数値的解法,
第3回制御部門マルチシンポジウム, 403〜408頁, 2016年3月.
5.池田 建司 :
イノベーション過程の共分散行列の一致推定値,
第58回自動制御連合講演会, 1〜6頁, 2015年11月.
6.池田 建司 :
閉ループ環境における部分空間同定法の誤差解析,
第59回システム制御情報学会研究発表講演会, 1〜4頁, 2015年5月.
7.池田 建司 :
閉ループ環境におけるPO-MOESP法の誤差解析, --- A, C行列の推定値の解析 ---,
第2回制御部門マルチシンポジウム, 55〜60頁, 2015年3月.
8.池田 建司 :
閉ループ環境におけるPO-MOESP法の誤差解析, --- A, C 行列の推定値の解析 ---,
第2回制御部門マルチシンポジウム, 55〜60頁, 2015年3月.
9.池田 建司, 奥 宏史 :
PO-MOESP法における B, D 行列の推定誤差解析,
第57回自動制御連合講演会, 1416〜1419頁, 2014年11月.
10.池田 建司 :
部分空間同定法におけるシフト不変/状態アプローチの比較,
第58回システム制御情報学会研究発表講演会, 1〜6頁, 2014年5月.
11.池田 建司 :
PO-MOESP 法の誤差解析,
第1回制御部門マルチシンポジウム, 1108〜1113頁, 2014年3月.
12.池田 建司 :
On the precision of the plant estimates based on OE/ARMAX models,
第56回自動制御連合講演会, 483〜486頁, 2013年11月.
13.松村 剛, 池田 建司, 下村 隆夫 :
二足歩行ロボットのエネルギー回生制御,
2013年度 計測自動制御学会四国支部学術講演会, 175〜176頁, 2013年11月.
14.中野 秀信, 池田 建司, 下村 隆夫 :
Stabilization of the bipedal walking robot using orthogonal function expansion,
2013年度 計測自動制御学会四国支部学術講演会, 123〜124頁, 2013年11月.
15.加藤 渓祐, 池田 建司, 下村 隆夫 :
Web アプリケーションのデバッグ・保守支援,
電気関係学会四国支部連合大会, Vol.17, No.5, 337頁, 2013年9月.
16.池田 建司 :
MOESP法におけるプラントモデルの分散解析,
第57回システム制御情報学会研究発表講演会, 2013年5月.
17.池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 :
Linear Approximation Model for Bipeds Robot and its Application,
第13回計測自動制御学会制御部門大会, 2013年3月.
18.池田 建司 :
バイアス保証型部分空間同定法の漸近的分散解析,
第55回自動制御連合講演会, 32〜35頁, 2012年11月.
19.西村 拓也, 池田 建司, 下村 隆夫 :
サーバベースWeb アプリケーション回帰統合テスト支援方式,
電気関係学会四国支部連合大会, 327頁, 2012年9月.
20.木村 心, 池田 建司, 下村 隆夫 :
Waiting ブロック・ツリー型デッドロックの検出,
電気関係学会四国支部連合大会, 290頁, 2012年9月.
21.堀部 貴裕, 最上 義夫, 池田 建司, 小野 典彦, 茨木 康行 :
ニューラルネットワークを用いた株売買支援システムの構築,
第56回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 373〜374頁, 2012年5月.
22.小黒 和弘, 最上 義夫, 池田 建司, 小野 典彦 :
Stochastic Real-Valuedユニットを用いた気温・湿度予測システムの構築,
第56回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 371〜372頁, 2012年5月.
23.神崎 裕太, 最上 義夫, 池田 建司, 小野 典彦 :
不規則に動く障害物が存在する環境での自律移動システムの開発,
第56回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 173〜174頁, 2012年5月.
24.貝原 知明, 最上 義夫, 池田 建司, 小野 典彦 :
実数値出力学習ユニットを用いた複数移動体の自律協調システム,
第56回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 171〜172頁, 2012年5月.
25.池田 建司, 奥 宏史 :
Asymptotic Properties of Bias Compensated State Space Model Identification Method in Closed Loop Environment,
第12回計測自動制御学会制御部門大会, 2012年3月.
26.髙取 健二, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司 :
自律学習ユニットを用いた被災者探索システムの開発,
第20回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集, 230〜231頁, 2011年11月.
27.茨木 康行, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司, 野住 俊次 :
ニューラルネットワークを用いた株価短期変動レンジ予測システムの構築,
2011年度計測自動制御学会四国支部学術講演会論文集, 2011年11月.
28.玉田 智昭, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司, 富田 晴彦 :
スイッチング非定常環境下での学習ユニットによる未知大域的最適解探索,
2011年度計測自動制御学会四国支部学術講演会論文集, 2011年11月.
29.池田 建司 :
バイアス補償型部分空間同定法の分散解析, --- 1次系の場合 ---,
第40回制御理論シンポジウム資料, 153〜158頁, 2011年9月.
30.石田 達大, 池田 建司, 下村 隆夫 :
デザインパターンに基づくソフトウェア・リファクタリング方式の提案,
電気関係学会四国支部連合大会, 278頁, 2011年9月.
31.湯浅 竜一, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司, 宮道 昌浩, 上杉 浩貴 :
SRVユニットを用いた船舶自律航行システムの構築,
第55回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 455〜456頁, 2011年5月.
32.杉川 雅規, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司, 宮道 昌浩, 上杉 浩貴 :
気象統計情報に基づく日照時間予測システムの構築,
第55回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 453〜454頁, 2011年5月.
33.茨木 康行, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司, 大場 夏樹, 野住 俊次 :
ニューラルネットを利用した株価の短期変動予測,
第55回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 451〜452頁, 2011年5月.
34.玉田 智昭, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司, 岡田 浩樹, 富田 晴彦 :
スイッチング未知環境下での大域的最適解探索,
第55回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 403〜404頁, 2011年5月.
35.池田 建司 :
バイアス補償型部分空間同定法の分散解析,
第11回計測自動制御学会制御部門大会, 2011年3月.
36.池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 :
バイアス補償型部分空間同定法, --- 特異部分空間の開きの数値解析 ---,
第11回適応学習制御シンポジウム資料, 61〜66頁, 2011年1月.
37.野住 俊次, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司, 大場 夏樹 :
ニューラルネットワークを用いた株売買予測とそれに基づく株自動売買システム,
2010年度計測自動制御学会四国支部学術講演会論文集, 2010年11月.
38.富田 晴彦, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司, 岡田 浩樹 :
Stochastic Estimator型可変階層構造学習アルゴリズムの構築とその性能,
2010年度計測自動制御学会四国支部学術講演会論文集, 2010年11月.
39.髙取 健二, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司 :
自律移動体を用いた災害被災者探索システムの構築,
2010年度計測自動制御学会四国支部学術講演会論文集, 2010年11月.
40.上杉 浩貴, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司, 宮道 昌浩 :
ノイズが存在する環境におけるStochastic Real-Valued Unitの特性,
2010年度計測自動制御学会四国支部学術講演会論文集, 2010年11月.
41.池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 :
閉ループ環境におけるバイアス補償型部分空間同定法の数値解析,
第53回自動制御連合講演会論文集, 678〜683頁, 2010年11月.
42.池田 建司, 柏尾 知明, 下村 隆夫 :
区分的線形システムにおけるトランジションタイムの推定,
第10回計測自動制御学会制御部門大会資料, 2010年3月.
43.池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 :
バイアス補償型部分空間同定法,
第10回適応学習制御シンポジウム資料, 91〜94頁, 2010年1月.
44.柏尾 知明, 池田 建司, 下村 隆夫 :
ウェーブレット解析を用いた区分的線形システムのトランジションタイムの推定,
第52回自動制御連合講演会講演論文集, 2009年11月.
45.大場 夏樹, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司 :
ニューラルネットワークによる株価変動の予測,
第52回自動制御連合講演会講演論文集, 2009年11月.
46.西谷 遼, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司 :
ニューラルネットワークを用いた株売買支援システムの構築と検証,
第52回自動制御連合講演会講演論文集, 2009年11月.
47.岡田 浩樹, 最上 義夫, 小野 典彦, 馬場 則夫, 池田 建司 :
未知関数の大域的最適解探索への連続動作学習オートマトンの適用,
第52回自動制御連合講演会講演論文集, 2009年11月.
48.宮道 昌浩, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司 :
Stochastic Real-Valued ユニットを用いた複数移動体の自律移動システムの構築,
第52回自動制御連合講演会講演論文集, 2009年11月.
49.池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 :
対象の低次元モデルに基づくパラメータ推定法,
第38回 制御理論シンポジウム資料, 1〜4頁, 2009年9月.
50.大場 夏樹, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司 :
ニューラルネットワークを用いた株価の変動予測,
第53回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 631〜632頁, 2009年5月.
51.宮道 昌浩, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司 :
Stochastic Real-Valued ユニットを用いた自律移動体による侵入者捕獲システム,
第53回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 497〜498頁, 2009年5月.
52.岡田 浩樹, 最上 義夫, 小野 典彦, 馬場 則夫, 池田 建司 :
連続動作学習オートマトンを用いた未知関数の大域的最適解探索,
第53回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 465〜466頁, 2009年5月.
53.池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 :
閉ループ環境におけるバイアス補償型最小二乗法, --- 有色雑音下での同定 ---,
第9回制御部門大会資料, 2009年3月.
54.池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 :
閉ループ環境における連続時間モデル推定, --- 可同定条件の緩和について ---,
第9回適応学習制御シンポジウム資料, 1〜4頁, 2009年1月.
55.池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 :
閉ループ環境におけるバイアス補償型逐次最小二乗法,
第51回自動制御連合講演会, 584〜587頁, 2008年11月.
56.赤峰 利幸, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司 :
確率的学習に基づく移動体自律移動システム,
平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 321頁, 2008年9月.
57.高畠 真大, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司 :
ニューラルネットワークによる株価予測システム,
平成20年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 320頁, 2008年9月.
58.池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 :
Bias Compensated Recursive Least Squares Estimate in Closed Loop Environment, --- 収束性の改善について ---,
第37回制御理論シンポジウム資料, 105〜110頁, 2008年9月.
59.島田 雄介, 最上 義夫, 小野 典彦, 馬場 則夫, 池田 建司 :
追跡型可変階層構造学習アルゴリズムの構築とその性能,
第52回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 567〜568頁, 2008年5月.
60.村田 耕一朗, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司 :
確率的実数値出力学習ユニットを用いた移動体の自律移動システム,
第52回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 565〜566頁, 2008年5月.
61.澤田 まみ, 池田 建司, 下村 隆夫, 最上 義夫 :
閉ループ環境における連続時間モデル推定, --- バイアス補償型最小二乗法を用いた繰り返し型アルゴリズム ---,
第52回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 331〜332頁, 2008年5月.
62.西谷 遼, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司 :
ニューラルネットワークを用いた株売買支援システムの構築,
第52回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 507〜508頁, 2008年5月.
63.池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 :
閉ループ環境におけるバイアス補償型最小二乗法, --- 繰り返しアルゴリズムの高速化 ---,
第8回制御部門大会, 2008年3月.
64.池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 :
閉ループ環境におけるバイアス補償型最小二乗法, --- 有色雑音下でのフィルタ設計 ---,
8, 57〜60頁, 2008年1月.
65.池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 :
閉ループ環境におけるバイアス補償型最小二乗法, --- 伝達関数表現に基づく定式化 ---,
第50回自動制御連合講演会, 320〜323頁, 2007年11月.
66.池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 :
閉ループ環境におけるバイアス補償型最小二乗法,
第36回制御理論シンポジウム資料, 143〜146頁, 2007年9月.
67.澤田 まみ, 池田 建司, 下村 隆夫 :
適応観測器を用いた連続時間モデル推定, --- 推定パラメータの一致性について ---,
第51回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 235〜236頁, 2007年5月.
68.井元 将之, 最上 義夫, 小野 典彦, 馬場 則夫, 池田 建司, 下村 隆夫 :
ノイズを含む観測値に基づく学習オートマトンによる大域的最適解探,
講演論文集, 717〜718頁, 2007年5月.
69.赤峰 利幸, 最上 義夫, 小野 典彦, 池田 建司, 下村 隆夫 :
実数値出力強化学習ユニットを用いた移動体の自律移動システム,
講演論文集, 681〜682頁, 2007年5月.
70.高畠 真大, 最上 義夫, 小野 典彦, 馬場 則夫, 池田 建司, 下村 隆夫 :
ニューラルネットワークを活用した株価予測システム,
講演論文集, 637〜638頁, 2007年5月.
71.池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 :
バイアス補償型適応観測器を用いた連続時間モデル推定,
第7回適応学習制御シンポジウム資料, 93〜98頁, 2007年1月.
72.池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 :
適応観測器を用いた連続時間モデル推定, --- 状態変数フィルタの繰り返し設計 ---,
第49回自動制御連合講演会資料, 2006年11月.
73.木下 真規朗, 最上 義夫, 池田 建司, 下村 隆夫 :
改良型強化学習ユニットを用いた地域気象予測システム,
第49回自動制御連合講演会, 2006年11月.
74.池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 :
適応観測器を用いた連続時間モデル同定, --- 状態変数フィルタの再設計 ---,
第6回制御部門大会資料, 25〜28頁, 2006年5月.
75.坂尾 一将, 池田 建司, 下村 隆夫 :
UKFを用いた非線形連続時間モデルのパラメータ推定,
第50回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 291〜292頁, 2006年5月.
76.池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 :
適応観測器を用いた連続時間モデル同定, --- 雑音モデルの推定 ---,
第6回適応学習制御シンポジウム資料, 31〜34頁, 2006年3月.
77.池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 :
適応観測器を用いた連続時間モデル同定の安定性解析,
第48回自動制御連合講演会資料, 639〜642頁, 2005年11月.
78.池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 :
適応観測器を用いた連続時間モデル同定, --- 最適解の存在性について ---,
第34回制御理論シンポジウム資料, 133〜136頁, 2005年10月.
79.最上 義夫, 松本 光博, 下村 隆夫, 池田 建司 :
多峰性未知目的関数の大域的最適解探索への可変階層構造学習オートマトンの適用,
平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 305頁, 2005年9月.
80.最上 義夫, 宮浦 祐樹, 池田 建司, 下村 隆夫 :
強化学習ユニットを用いた地域気象予測システムの構築,
平成17年度電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 304頁, 2005年9月.
81.池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 :
連続時間モデルの適応同定における状態変数フィルタの設計,
第5回制御部門大会資料, 49〜52頁, 2005年5月.
82.木下 真規朗, 最上 義夫, 下村 隆夫, 池田 建司 :
強化学習に基づく地域降雨予測システム,
第49回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 291〜292頁, 2005年5月.
83.池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 :
適応観測器を用いた連続時間モデル同定, --- 状態変数フィルタの一般化 ---,
第47回自動制御連合講演会, 2004年11月.
84.池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 :
多入出力系の繰り返し型連続時間モデル同定,
第33回制御理論シンポジウム資料, 229〜232頁, 2004年11月.
85.坂尾 一将, 池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 :
部分空間法を用いた連続時間モデル同定の制度の改善に関する研究,
平成16年電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, 80頁, 2004年9月.
86.池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 :
適応観測器を用いた連続時間モデル同定, --- 収束性の改善 ---,
第4回制御部門大会資料, 231〜236頁, 2004年5月.
87.松本 光博, 最上 義夫, 馬場 則夫, 下村 隆夫, 池田 建司 :
可変階層構造学習オートマトンによる未知関数の大域的最適解探索,
第48回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 35〜36頁, 2004年5月.
88.宮浦 祐樹, 最上 義夫, 池田 建司, 下村 隆夫 :
強化学習ユニットによる地域気象予測システムの構築,
第48回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集, 461〜462頁, 2004年5月.
89.池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 :
適応観測器を用いた連続時間モデル同定, --- 不均一サンプリングの場合 ---,
第32回制御理論シンポジウム資料, 261〜264頁, 2003年11月.
90.下村 隆夫, 高橋 宗雄, 池田 建司, 最上 義夫 :
動的テーブルによるWebアプリケーション自動合成,
第2回 情報科学技術フォーラム, 181〜182頁, 2003年9月.
91.池田 建司 :
サンプル値系の適応観測器,
第31回制御理論シンポジウム資料, 235〜238頁, 2002年10月.

その他・研究会:

1.池田 建司, 最上 義夫, 下村 隆夫 :
適応観測器を用いた連続時間モデル同定における収束条件について,
第4回適応学習制御シンポジウム資料, 111〜114頁, 2004年3月.
2.下村 隆夫, 高橋 宗雄, 池田 建司, 最上 義夫 :
Web アプリケーションにおけるイメージ指向プログラミングの試み,
情報処理学会プログラミング研究会発表資料, 1〜7頁, 2003年1月.