検索:
徳島大学 > 大学院社会産業理工学研究部 > 理工学域 > 数理科学系 > 数理解析分野 >
徳島大学 > 理工学部 > 理工学科 > 応用理数コース > 数理解析講座 >
徳島大学 > 工学部 > 工学基礎教育センター > 工学基礎講座 >
徳島大学 > 先端技術科学教育部 > 知的力学システム工学専攻 > 建設創造システム工学コース > 社会システム工学講座 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704021 超対称性から見たラマヌジャンのq-解析とムーンシャインの解明 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

数値解析学 (Numerical Analysis)

研究テーマ

数値計算法の研究 (数値計算, シミュレーション (simulation))

著書・論文

著書:

1. 阿部 武由, 香川 雅俊, 宝田 繁基, 竹内 敏己, 立道 雅章, 三木 賢人, 山口 佳津騎, 山本 宏, 渡邊 政博 :
ZERO→ONE スタートアップTDM,
南山堂, 2019年2月.
2. 宮田 政徳, 土屋 浩一郎, 竹内 敏己, 上田 哲史 :
テスト問題·レポート課題作成ハンドブック, --- 徳島大学FD推進ハンドブック ---,
大学開放実践センター, 徳島, 2004年1月.

学術論文(審査論文):

1. Masahiro Watanabe, Noriyasu Fukuoka, Toshiki Takeuchi, Kazunori Yamaguchi, Takahiro Motoki, Hiroaki Tanaka, Shinji Kosaka and Hitoshi Houchi :
Developing Population Pharmacokinetic Parameters for High-Dose Methotrexate Therapy, --- Implication of Correlations among Developed Parameters for Individual Parameter Estimation Using the Bayesian Least-Squares Method ---,
Biological & Pharmaceutical Bulletin, Vol.37, No.6, 916-921, 2014.
(DOI: 10.1248/bpb.b13-00672,   PubMed: 24882404,   CiNii: 40020073520,   Elsevier: Scopus)
2. Hitoshi Imai, Hideo Sakaguchi and Toshiki Takeuchi :
Numerical Computation of Continuation Problems in the Annular Domain,
Theoretical and Applied Mechanics Japan, Vol.58, 153-164, 2009.
(DOI: 10.11345/nctam.58.153,   Elsevier: Scopus)
3. Hideo Sakaguchi, Hitoshi Imai and Toshiki Takeuchi :
PARALLEL COMPUTING OF INTERVAL ARITHMETIC IN MULTIPLE PRECISION FOR SIMULTANEOUS LINEAR EQUATIONS,
GAKUTO International Series, Mathematical Sciences and Applications, Vol.28, 165-172, 2008.
4. Hiroshi Fujiwara, Hitoshi Imai, Toshiki Takeuchi and Yusuke Iso :
Numerical treatment of analytic continuation with multiple-precision arithmetic,
Hokkaido Mathematical Journal, Vol.36, No.4, 837-848, 2007.
(DOI: 10.14492/hokmj/1272848036,   Elsevier: Scopus)
5. 祝 穎蓮, 竹内 敏己, 今井 仁司 :
有界化による熱伝導逆問題の大域的数値計算,
日本応用数理学会論文誌, Vol.16, No.1, 27-36, 2006年.
(CiNii: 110004706611)
6. Toshiki Takeuchi, Hitoshi Imai and Yinglian Zhu :
Some Numerical Experiments on Global Simulation of the Backward Heat Conduction Problem,
Theoretical and Applied Mechanics Japan, Vol.55, 175-184, 2006.
(DOI: 10.11345/nctam.55.175,   Elsevier: Scopus)
7. 藤原 宏志, 今井 仁司, 竹内 敏己, 磯 祐介 :
第一種積分方程式の高精度数値計算について,
日本応用数理学会論文誌, Vol.15, No.3, 419-434, 2005年.
(CiNii: 110001900195)
8. Ali Zulfikar, Shinohara Yoshitane and Toshiki Takeuchi :
Existence and Uniqueness of Solution of Nonlinear Systems,
Acta Ciencia Indica, Vol.31, No.2, 513-518, 2005.
9. Toshiki Takeuchi, Hitoshi Imai and Hideo Sakaguchi :
Global Simulation of a Backward Heat Conduction Problem with a Variable Transform on Time,
Theoretical and Applied Mechanics Japan, Vol.54, 319-326, 2005.
(DOI: 10.11345/nctam.54.319,   Elsevier: Scopus)
10. Toshiki Takeuchi and Hitoshi Imai :
DIRECT NUMERICAL SIMULATIONS OF CAUCHY PROBLEMS FOR THE LAPLACE OPERATOR,
Advances in Mathematical Sciences and Applications, Vol.13, No.2, 587-609, 2003.
11. Hitoshi Imai, Toshiki Takeuchi, Shewli Shamim Shanta, Naoyuki Ishimura and Toyohiko Aiki :
Numerical Computation of Lyapunov Exponents Related to Attractors in a Free Boundary Problem,
Nonlinear Analysis: Theory, Methods & Applications, Vol.47, No.6, 3823-3833, 2001.
(DOI: 10.1016/S0362-546X(01)00501-6,   Elsevier: Scopus)
12. Shanta Shamim Shewli, Toshiki Takeuchi, Hitoshi Imai and Masahiro Kushida :
NUMERICAL COMPUTATION OF ATTRACTORS IN FREE BOUNDARY PROBLEMS,
Advances in Mathematical Sciences and Applications, Vol.11, No.2, 531-548, 2001.
13. Hitoshi Imai and Toshiki Takeuchi :
SOME ADVANCED APPLICATIONS OF THE SPECTRAL COLLOCATION METHOD,
GAKUTO International Series, Mathematical Sciences and Applications, Vol.17, 323-335, 2001.
14. 石村 直之, 今井 仁司, 竹内 敏己 :
自由境界問題の数値解法, --- ―数理ファイナンスへの応用― ---,
一橋論叢, Vol.126, No.4, 419-428, 2001年.
15. Toshiki Takeuchi, Hideo Sakaguchi, Cheng-Hai Jin and Hitoshi Imai :
On numerical methods for solving linear systems appearing in infinite precision numerical simulation,
RIMS Kokyuroku, Vol.1198, 154-160, 2001.
16. Tarmizi, Toshiki Takeuchi, Hitoshi Imai and Masahiro Kushida :
NUMERICAL SIMULATION OF SOME ONE-DIMENSIONAL FREE BOUNDARY PROBLEMS IN ARBITRARY PRECISION,
GAKUTO International Series, Mathematical Sciences and Applications, Vol.14, 440-452, 2000.
17. Tarmizi, Toshiki Takeuchi, Hitoshi Imai and Masahiro Kushida :
NUMERICAL SIMULATION OF ONE-DIMENSIONAL FREE BOUNDARY PROBLEMS IN INFINITE PRECISION,
Advances in Mathematical Sciences and Applications, Vol.10, No.2, 661-672, 2000.
18. Jun-ichi Maskawa, Toshiki Takeuchi, Kazuo Maki, Kaoru Tsujii and Toyoichi Tanaka :
Theory and numerical calculation of pattern formation in shrinking gels,
The Journal of Chemical Physics, Vol.110, No.22, 10993-10999, 1999.
(DOI: 10.1063/1.479036)
19. Hitoshi Imai, Toshiki Takeuchi, Masaaki Nakamura and Naoyuki Ishimura :
A DIRECT APPROACH TO AN INVERSE PROBLEM,
GAKUTO International Series, Mathematical Sciences and Applications, Vol.12, 223-232, 1999.
20. Hitoshi Imai, Toshiki Takeuchi and Masahiro Kushida :
ON NUMERICAL SIMULATION OF PARTIAL DIFFERENTIAL EQUATIONS IN INFINITE PRECISION,
Advances in Mathematical Sciences and Applications, Vol.9, No.2, 1007-1016, 1999.
21. 竹内 敏己 :
3次元ポアソン方程式におけるSOR法の収束率,
日本応用数理学会論文誌, Vol.6, No.4, 427-442, 1996年.
22. Jun-ichi Maskawa and Toshiki Takeuchi :
Phase Separation in Elastic Bodies -Pattern Formation in Gels,
Free boundary problems, theory and applications, 400-407, 1996.
23. 藤野 清次, 竹内 敏己 :
3次元変型9点差分近似の理論と応用,
情報処理学会論文誌, Vol.5, 1504-1510, 1995年.
24. 藤野 清次, 竹内 敏己 :
3次元ポアソン方程式の右辺項の修正による高次精度の 差分公式について,
日本応用数理学会論文誌, Vol.5, No.2, 169-184, 1995年.
25. 竹内 敏己, 藤野 清次 :
差分法によるn次元ラプラス方程式の離散化とその理論固有値解析,
日本応用数理学会論文誌, Vol.5, No.1, 9-26, 1995年.
26. Seiji Fujino and Toshiki Takeuchi :
ILU factorization well-suited to the vector processor using a variant of 5-point difference scheme,
Computer Physics Communications, Vol.85, 371-381, 1995.
27. 藤野 清次, 竹内 敏己 :
疎行列に対する(I+βU)型の前処理つきGauss Seidel法の性能評価,
日本応用数理学会論文誌, Vol.4, No.4, 359-372, 1994年.
28. 藤野 清次, 竹内 敏己 :
差分スキームの再考によるベクトル計算機向き不完全LU分解について,
日本応用数理学会論文誌, Vol.4, No.2, 117-126, 1994年.
29. 藤野 清次, 竹内 敏己 :
ベクトル計算機におけるメモリ競合の数理的考察,
日本応用数理学会論文誌, Vol.3, No.2, 105-118, 1993年.
30. Seiji Fujino, Masatake Mori and Toshiki Takeuchi :
Performance of hyperplane ordering on vector computers,
Journal of Computational and Applied Mathematics, Vol.38, 125-136, 1991.
31. Seiji Fujino, Toshiki Takeuchi and Kunio Kuwahara :
Visualization of convergence behavior of multigrid methods,
Multigrid Method: Secial Topics and Applications II, Vol.189, 117-128, 1991.

学術論文(紀要・その他):

1. Toshiki Takeuchi and Hitoshi Imai :
Domain Decomposition Method and Infinite-Precision Numerical Simulation,
RIMS Kokyuroku, Vol.1288, 102-107, 2002.
(CiNii: 110000166766)
2. 今井 仁司, 竹内 敏己, 坂口 秀雄 :
On Super Numerical Simulation,
数理解析研究所講究録, Vol.1265, 9-17, 2002年.
3. Hitoshi Imai and Toshiki Takeuchi :
On numerical methods for analysis of chaotic phenomena in free boundary problems,
RIMS Kokyuroku, Vol.1210, 115-128, 2001.
(CiNii: 110000165457)
4. Toshiki Takeuchi, Hideo Sakaguchi, Cheng-Hai Jin and Hitoshi Imai :
On numerical methods for solving linear systems appearing in Infinite Precision Numerical Simulation,
RIMS Kokyuroku, Vol.1198, 154-160, 2001.
(CiNii: 110000165244)
5. Hitoshi Imai, Toshiki Takeuchi, Shewli S Shanta and Naoyuki Ishimura :
On Numerical Computation of Lyapunov Exponents of Attractors in Free Boundary Problems,
Proceeding of 1999-Workshop on MHD Computations ``Study on Numerical Methods Related to Plasma Confinement", Vol.NIFS-PROC-46, 21-29, 2000.
6. 篠原 能材, 今井 仁司, 竹内 敏己, 蔭西 義輝 :
準周期的 Duffing 方程式の解の存在と一意性および近似解の精度保証について,
数理解析研究所講究録, Vol.1147, 28-31, 2000年.
(CiNii: 110000164369)
7. Hitoshi Imai, Toshiki Takeuchi and Hideo Sakaguchi :
Infinite Precision Numerical Simulation for PDE Systems and Its Applications,
RIMS Kokyuroku, Vol.1147, 42-50, 2000.
8. Toshiki Takeuchi, Hitoshi Imai, Shanta Shamim Shewli and Naoyuki Ishimura :
Numerical computation of attractors in two-phase Stefan problems,
RIMS Kokyuroku, Vol.1145, 220-228, 2000.
9. (名) Tarmizi, Hitoshi Imai, Toshiki Takeuchi and Masahiro Kushida :
NUMERICAL SIMULATION OF ONE-PHASE STEFAN PROBLEMS IN ARBITRARY PRECISION,
RIMS Kokyuroku, Vol.1129, 129-138, 2000.
10. Masahiro Kushida, Hitoshi Imai and Toshiki Takeuchi :
On Multiple Precision Calculation of Eigenvalues and Eigenvectors of Matrices,
Proceeding of 1998-Workshop on MHD Computations ``Study on Numerical Methods Related to Plasma Confinement", Vol.NIFS-PROC-40, 48-57, 1999.
11. Hitoshi Imai and Toshiki Takeuchi :
Application of the Infinite-Precision Numerical Simulation to an Inverse Problem,
Proceeding of 1998-Workshop on MHD Computations ``Study on Numerical Methods Related to Plasma Confinement", Vol.NIFS-PROC-40, 38-47, 1999.
12. 今井 仁司, 竹内 敏己, 坂口 秀雄, 篠原 能材, (名) Tarmizi :
偏微分方程式の任意精度数値シミュレーションについて,
数理解析研究所講究録, Vol.1040, 92-99, 1998年.
13. 今井 仁司, 竹内 敏己, 坂口 秀雄, 篠原 能材, (名) Tarmizi :
滑らかな解を持つ偏微分方程式の任意精度数値シミュレーション,
統計数理研究所共同リポート, Vol.110, 158-167, 1998年.

国際会議:

1. Kazunori Yamaguchi, Takeyoshi Abe, Toshiki Takeuchi, Masahiro Watanabe, Koichiro Tsuchiya, Kazuro Ikawa, Noriyasu Fukuoka, Masato Kaji, Hiroaki Tanaka, Masato Asakura, Shinji Kosaka and Hitoshi Houchi :
Estimation of the duration to reach peak arbekacin concentration by Monte Carlo simulation,
15th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology, 26-4, Kyoto, Sep. 2017.
2. Takeyoshi Abe, Masahiro Watanabe, Toshiki Takeuchi, Noriyasu Fukuoka, Yasuko Tomono, Akari Katsura, Hiroki Watanabe, Takayuki Kamada, Kazunori Abe, Katsunori Tsuda, Licht Miyamoto and Koichiro Tsuchiya :
Development of an immunoassay-based point-of-care testing(POCT) device for therapeutic drug monitoring of vancomycin,
15th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology, 25-5, Kyoto, Sep. 2017.
3. Hitoshi Imai and Toshiki Takeuchi :
DIRECT NUMERICAL SIMULATIONS OF SOME INVERSE PROBLEMS IN MULTIPLE PRECISION,
Proceeding of the 5th Asian Symposium on Applied Electromagnetics and Mechanics, 413-417, Hanoi, 2006.
4. Hitoshi Imai and Toshiki Takeuchi :
DIRECT SIMULATION OF AN INTEGRAL EQUATION OF THE FIRST KIND,
Proceedings of International Conference on Inverse Problems -Recent Developments in Theories & Numerics, 247-254, Hong Kong, Jan. 2003.
5. Hitoshi Imai, Hideo Sakaguchi, Tetsuya Hishinuma and Toshiki Takeuchi :
Parallel Computing in Infinite Precision Numerical Simulation for PDE Systems,
Proceedings of Fifth China-Japan Seminar on Numerical Mathematics, Science Press, 141-146, Beijing, Feb. 2002.
6. Toshiki Takeuchi, Naoyuki Ishimura and Hitoshi Imai :
A New Numerical Technique for the Option Pricing Problem of American Type,
The International Institute of Informatics and Systemics, Vol.2, 233-236, USA, Jul. 2001.
7. Jun-ichi Maskawa, Toshiki Takeuchi, Kaoru Tsujii and Toyoichi Tanaka :
Pattern Formations in Shrinking Gels with Axially Symmetric Surface,
GAKUTO International Series, Mathematical Sciences and Applications, Vol.2, 329-345, Tokyo, Jan. 1993.

国内講演発表:

1. 山口 佳津騎, 阿部 武由, 竹内 敏己, 渡邊 政博, 土屋 浩一郎, 猪川 和朗, 福岡 憲泰, 加地 雅人, 田中 裕章, 朝倉 正登, 小坂 信二, 芳地 一 :
アルベカシンのCpeak 到達時間の予測 ∼モンテカルロシミュレーションによる検討∼,
第27回日本医療薬学会年会・講演要旨集, 1288, 2017年11月.
2. 山口 佳津騎, 阿部 武由, 渡邊 政博, 竹内 敏己, 土屋 浩一郎, 高橋 功一, 元木 貴大, 田中 裕章, 朝倉 正登, 小坂 信二, 芳地 一 :
Easy TDMを用いた2-コンパートメントモデルによるアミノグリコシド系抗菌薬のCpeak到達時間の探索,
第25回日本医療薬学会年会・講演要旨集, 327, 2015年11月.
3. 阿部 武由, 渡邊 政博, 吉野 成泰, 福岡 憲泰, 竹内 敏己, 土屋 浩一郎 :
2-コンパートメントモデルを用いたアルベカシンのCpeak到達時間の探索,
日本薬学会第135年会要旨集, Vol.4, 195, 2015年3月.
4. 阿部 武由, 渡邊 政博, 山口 佳津騎, 岡本 奈々, 菱川 舞子, 福岡 憲泰, 竹内 敏己, 芳地 一 :
フェニトイン(ミカエリス・メンテン型消失)が解析可能なTDM解析ソフト(EasyTDM)の予測精度の検討,
第31回日本TDM学会・学術大会プログラム抄録集, 175, 2014年6月.
5. 渡邊 政博, 竹内 敏己, 福岡 憲泰, 山口 佳津騎, 元木 貴大, 田中 裕章, 朝倉 正登, 小坂 信二, 芳地 一 :
母集団薬物動態パラメータ間の相関がベイジアン最小2乗法による個人パラメータの推定に及ぼす影響,
第31回日本TDM学会・学術大会プログラム抄録集, 152, 2014年5月.
6. 阿部 武由, 渡邊 政博, 山口 佳津騎, 福岡 憲泰, 竹内 敏己, 芳地 一 :
ミカエリス・メンテン型消失を示す薬剤のTDM,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会 講演要旨集, 28, 2013年10月.
7. 渡邊 政博, 竹内 敏己, 一瀬 ひろみ, 篠原 尚樹, 立道 貴清, 水川 奈己, 山口 佳津騎, 辻 繁子, 小坂 信二, 芳地 一 :
ホスフェニトインナトリウムが長期間投与された2症例,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会 講演要旨集, 28, 2013年10月.
8. 渡邊 政博, 福岡 憲泰, 元木 貴大, 山口 佳津騎, 藤本 高成, 田中 裕章, 木村 純夫, 一瀬 ひろみ, 田井 達也, 立道 貴清, 篠原 尚樹, 加地 雅人, 小坂 信二, 竹内 敏己, 芳地 一 :
大量療法時におけるメトトレキサートの母集団薬物動態解析とベイズ推定に基づく臨床応用,
第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会 講演要旨集, 129, 2012年11月.
9. 渡邊 政博, 福岡 憲泰, 元木 貴大, 山口 佳津騎, 藤本 高成, 田中 裕章, 木村 純夫, 小坂 信二, 竹内 敏己, 芳地 一 :
メトトレキサート大量療法におけるベイズ推定の臨床応用,
第29回日本TDM学会・学術大会プログラム抄録集, 272, 2012年6月.
10. 阿部 武由, 小西 正晃, 竹内 敏己, 安藤 力 :
錠剤鑑査システム(商品名:鑑査レンジ)の紹介と検証,
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会 講演要旨集, 264, 2011年11月.
11. 小西 正晃, 阿部 武由, 福岡 憲泰, 竹内 敏己, 芳地 一 :
TDM解析ソフトEasyTDMの有用性-PEDAとの比較を通じて-,
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会 講演要旨集, 249, 2011年11月.
12. 渡邊 政博, 阿部 武由, 小西 正晃, 福岡 憲泰, 竹内 敏己, 芳地 一 :
香川県病院薬剤師会TDM研究会におけるTDM解析ソフト(EasyTDM)の開発と取り組み,
第28回日本TDM学会・学術大会プログラム抄録集, 218, 2011年6月.
13. 阿部 武由, 竹内 敏己, 安藤 力 :
高精度かつ高効率な錠剤鑑査システムの構築と検証,
日本薬学会第131年会要旨集, Vol.4, 194, 2011年3月.
14. 阿部 武由, 小西 正晃, 福岡 憲泰, 竹内 敏己, 芳地 一 :
香川県病院薬剤師会TDM研究会におけるTDM解析ソフト(EasyTDM)の開発と取り組み,
第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会 講演要旨集, 149, 2010年11月.
15. 阿部 武由, 福岡 憲泰, 竹内 敏己, 芳地 一 :
香川県TDM研究会におけるTDM解析ソフトの開発,
第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会 講演要旨集, 132, 2009年11月.
16. 今井 仁司, 竹内 敏己, 祝 穎蓮 :
円環領域におけるラプラス作用素のCauchy問題の無限精度数値計算,
応用数学合同研究集会報告集, 153-154, 2005年12月.
17. 今井 仁司, 竹内 敏己, 祝 穎蓮 :
熱伝導逆問題における有界化関数を用いた特異性除去法について,
日本数学会応用数学分科会講演アブストラクト, 108-109, 2005年9月.
18. 今井 仁司, 竹内 敏己, 祝 穎蓮 :
有界化を用いた常微分方程式の無限精度数値計算,
応用数学合同研究集会報告集, 237-238, 2004年12月.
19. 今井 仁司, 竹内 敏己, 坂口 秀雄 :
カスプ解をもつ常微分方程式の数値計算法について,
日本数学会応用数学分科会講演アブストラクト, 121-122, 2004年9月.
20. 竹内 敏己, 今井 仁司, 坂口 秀雄 :
熱伝導逆問題における数値安定性について,
日本応用数理学会2004年度年会講演予稿集, 58-59, 2004年9月.
21. 今井 仁司, 竹内 敏己, 坂口 秀雄 :
無限精度数値シミュレーションと特異性,
日本応用数理学会2004年度年会講演予稿集, 24-25, 2004年9月.
22. 今井 仁司, 竹内 敏己 :
円領域の偏微分方程式に対する特異性回避公式と数値計算,
第33回数値解析シンポジウム講演予稿集, 53-56, 2004年5月.
23. 今井 仁司, 竹内 敏己 :
円領域の偏微分方程式に対する無限精度数値シミュレーション,
応用数学合同研究集会報告集, 159-162, 2003年12月.
24. 今井 仁司, 竹内 敏己 :
円領域の偏微分方程式に対する無限精度数値シミュレーション,
応用数学合同研究集会報告集, 159-162, 2003年12月.
25. 今井 仁司, 竹内 敏己 :
ラプラス作用素のCauchy問題に対する領域分割による無限精度数値計算,
日本数学会応用数学分科会講演アブストラクト, 98-101, 2003年9月.
26. 竹内 敏己, 今井 仁司, 藤原 宏志, 磯 祐介 :
第一種積分方程式の様々な無限精度数値計算,
日本応用数理学会2003年度年会要旨集, 44-45, 2003年9月.
27. 竹内 敏己, 今井 仁司, 藤原 宏志, 磯 祐介 :
第一種積分方程式の様々な無限精度数値計算,
日本応用数理学会2003年度年会講演予稿集,, 44-45, 2003年9月.
28. 竹内 敏己, 今井 仁司, 坂口 秀雄 :
ラプラス作用素のCauchy問題に対する数値計算,
第27回発展方程式研究集会報告集, 2002年12月.
29. 竹内 敏己, 今井 仁司 :
ラプラス作用素のCauchy問題の無限精度シミュレーション,
応用数学合同研究集会報告集, 105-108, 2002年12月.
30. 今井 仁司, 竹内 敏己, 坂口 秀雄, 藤原 宏志, 磯 祐介 :
逆問題の直接数値シミュレーションについて,
逆問題解析の諸相予稿集, 2002年10月.
31. 今井 仁司, 竹内 敏己 :
解を持たない楕円型方程式の初期値問題の数値計算について,
日本数学会応用数理分科会講演アブストラクト, 2002年9月.
32. 坂口 秀雄, 竹内 敏己, 今井 仁司 :
無限精度数値シミュレーションにおける並列計算に関するある注意点,
日本応用数理学会2002年度年会要旨集, 103, 2002年9月.
33. 菱沼 哲也, 坂口 秀雄, 竹内 敏己, 今井 仁司 :
摂動系の解の可視化における任意拡大,
日本応用数理学会2002年度年会要旨集, 121, 2002年9月.
34. 石村 直之, 竹内 敏己, 今井 仁司 :
アメリカンプットオプションのある解析方法について,
日本応用数理学会2002年度年会要旨集, 16, 2002年9月.
35. 竹内 敏己, 坂口 秀雄, 金 成海, 今井 仁司 :
DDMをIPNSに適用したときに現れる連立一次方程式と反復法について,
日本応用数理学会2002年度年会要旨集, 64, 2002年9月.
36. 石村 直之, 竹内 敏己, 今井 仁司 :
アメリカン·プット·オプションの厳密な評価公式について,
JAFEE 2002夏期大会, 2002年6月.
37. 菱沼 哲也, 坂口 秀雄, 今井 仁司, 竹内 敏己, 金 成海 :
可視化における任意拡大,
日本応用数理学会2001年度年会講演予稿集, 28-29, 2001年10月.
38. 今井 仁司, 竹内 敏己, 磯 祐介, 藤原 宏志 :
第1種積分方程式の無限精度数値計算,
日本数学会応用数理分科会講演アブストラクト, 104-105, 2001年10月.
39. 今井 仁司, 竹内 敏己, 坂口 秀雄, 磯 祐介 :
ある逆問題の無限精度数値計算,
応用数学合同研究集会報告集, 133-134, 2000年12月.
40. 今井 仁司, 竹内 敏己, 坂口 秀雄, 金 成海 :
熱伝導方程式に関する逆問題の無限精度計算,
第26回発展方程式研究集会報告集, 81-82, 2000年12月.
41. 竹内 敏己, 菱沼 哲也, 金 成海, 今井 仁司, 坂口 秀雄 :
無限精度計算に現れる連立一次方程式の反復解法について,
日本応用数理学会2000年度年会講演予稿集, 66-67, 2000年10月.
42. 坂口 秀雄, 今井 仁司, 竹内 敏己, 金 成海 :
無限精度数値シミュレーションの並列計算について,
応用数学合同研究集会報告集, 243-246, 1999年12月.
43. 金 成海, 今井 仁司, 張 紹良, 竹内 敏己 :
ディフレション技法を用いたクリロフ部分空間法,
日本応用数理学会1999年度年会予稿集, 188-189, 1999年10月.
44. 今井 仁司, 竹内 敏己, 坂口 秀雄, 篠原 能材 :
熱伝導方程式に関する逆問題の数値計算について,
応用数学分科会講演アブストラクト, 86-89, 1998年10月.
45. 今井 仁司, 竹内 敏己, 坂口 秀雄, (名) TARMIZI, 篠原 能材 :
無限精度数値シミュレーションについて,
第4回阿波ワークショップ'97,講演論文集, 195-200, 1998年9月.
46. 竹内 敏己, 今井 仁司, (名) TARMIZI, 篠原 能材, 坂口 秀雄, 都田 艶子 :
偏微分方程式の任意精度数値シミュレーション,
第27回数値解析シンポジウム,予稿集, 123-126, 1998年6月.
47. 今井 仁司, 竹内 敏己, 坂口 秀雄, 篠原 能材, (名) TARMIZI :
偏微分方程式の無限精度数値シミュレーションについて,
第47回応用力学連合講演会,講演予稿集, 435-436, 1998年1月.
48. 竹内 敏己, 今井 仁司, 坂口 秀雄, 篠原 能材, (名) TARMIZI :
楕円型偏微分方程式の任意精度数値シミュレーションについて,
応用数学合同研究集会報告集, 363-364, 1997年12月.

その他・研究会:

1. 福岡 憲泰, 阿部 武由, 竹内 敏己, 芳地 一 :
香川県TDM研究会におけるTDM解析ソフトの開発,
第14回中四TDM研究会瀬戸内カンファレンス プログラム&抄録集, 2009年6月.
2. 今井 仁司, 坂口 秀雄, 竹内 敏己 :
円環領域における解の接続問題の数値計算について,
第58回理論応用力学講演会講演論文集, 481-482, 2009年6月.
3. 竹内 敏己, 今井 仁司 :
ラプラス作用素のCauchy問題の解の接続に関するいくつかの数値計算,
第57回理論応用力学講演会講演論文集, 515-516, 2008年6月.
4. 金 珍玉, 竹内 敏己, 今井 仁司, 坂口 秀雄 :
円環領域におけるCauchy問題の無限精度数値計算,
第56回理論応用力学講演会講演論文集, 541-542, 2007年3月.
5. 竹内 敏己, 今井 仁司, 祝 穎蓮 :
熱伝導逆問題の大域的数値計算に関するいくつかの数値実験,
第55回理論応用力学講演会講演論文集, 473-474, 2006年1月.
6. 竹内 敏己, 今井 仁司, 坂口 秀雄 :
時間に関する変数変換を用いた熱伝導逆問題に対する数値計算,
第54回理論応用力学講演会講演論文集, 543-544, 2005年1月.
7. 竹内 敏己, 今井 仁司, 坂口 秀雄 :
Laplace作用素のCauchy問題における数値誤差の影響について,
第53回理論応用力学講演会講演論文集, 311-312, 2004年1月.
8. 今井 仁司, 竹内 敏己 :
熱伝導方程式の逆問題に対するいくつかの数値実験,
第53回理論応用力学講演会講演論文集, 309-310, 2004年1月.
9. 竹内 敏己, 石村 直之, 今井 仁司 :
アメリカンオプションの厳密な評価と自由境界問題,
第52回理論応用力学講演会講演論文集, 501-502, 2003年1月.
10. 今井 仁司, 竹内 敏己, 坂口 秀雄 :
楕円型作用素のコーシー問題に対する無限精度数値シミュレーション,
第52回理論応用力学講演会講演論文集, 195-196, 2003年1月.
11. 竹内 敏己, 今井 仁司, 磯 祐介 :
熱伝導方程式に関する逆問題の無限精度並列数値シミュレーション,
第52回理論応用力学講演会講演論文集, 197-198, 2003年1月.
12. Toshiki Takeuchi and Hitoshi Imai :
Domain Decomposition Method and Infinite-Precision Numerical Simulation,
RIMS Kokyuroku, Vol.1288, 102-107, Sep. 2002.
13. Hitoshi Imai, Toshiki Takeuchi, Yusuke Iso and Hiroshi Fujiwara :
Methods for an integral equation of the first kind,
The 51th The 56th National Congress of Theoretical and Applied Mechanics Lecture memoirs, 589-590, Jan. 2002.
14. Hitoshi Imai, Toshiki Takeuchi, Yusuke Iso and Hiroshi Fujiwara :
Infinite precision numerical simulation of an integral equation of the first kind,
RIMS Kokyuroku, Dec. 2001.
15. 今井 仁司, 竹内 敏己, 磯 祐介 :
いくつかの逆問題の無限精度計算,
第50回理論応用力学講演会講演論文集, 449-450, 2001年1月.
16. Hitoshi Imai and Toshiki Takeuchi :
On numerical methods for analysis of chaotic phenomena in free boundary problems,
RIMS Kokyuroku, Vol.1210, 115-128, Apr. 2000.
17. Hitoshi Imai, Toshiki Takeuchi and Hideo Sakaguchi :
Infinite Precision Numerical Simulation for PDE systems and Its Applications,
RIMS Kokyuroku, Vol.1147, 42-50, Apr. 2000.
18. Toshiki Takeuchi, Hitoshi Imai, Shewli Shamim Shanta and Naoyuki Ishimura :
Numerical computation of attractors in two-phase Stefan problems,
RIMS Kokyuroku, Vol.1145, 220-228, Apr. 2000.
19. (名) Tarmizi, Hitoshi Imai, Toshiki Takeuchi and Masahiro Kushida :
NUMERICAL SIMULATION OF ONE-PHASE STEFAN PROBLEMS IN ARBITRARY,
RIMS Kokyuroku, Vol.1129, 129-138, Feb. 2000.
20. (名) Tarmizi, 今井 仁司, 竹内 敏己, 櫛田 雅弘 :
1次元1相ステファン問題の無限精度数値シミュレーション,
信学技報, Vol.99, No.20, 45-52, 1999年1月.
21. 今井 仁司, 篠原 能材, 竹内 敏己, (名) Tarmizi, Zulfikar Ali, 名取 亮, 周 偉東 :
陽的解法による自由境界問題の4倍精度計算,
信学技報, Vol.97, No.53, 1-8, 1996年1月.

特許:

1. 竹内 敏己, 土屋 浩一郎, 阿部 武由, 福岡 憲泰 : 薬物動態パラメータの推定方法及び薬物動態パラメータの推定プログラム, 特願2014-63011 (2014年6月), 特開2015-181853 (2015年10月), .
2. 沼田 敏晴, 竹内 敏己, 仲間 豊 : 塗布装置, 特願1993-348962 (1993年12月), 特開1995-185433 (1995年7月), 特許第2918778号 (1999年4月).
3. 陳 永展, 沼田 敏晴, Toshiki Takeuchi and 仲間 豊 : Device and method for coating a web with a liquid, 156553 (Nov. 1993), 5418004 (May 1995), 5418004 (May 1995).
4. 沼田 敏晴, 竹内 敏己, 仲間 豊, 陳 永展 : 塗布方法及び塗布装置, 特願1993-248565 (1993年9月), 特開1995-80383 (1995年3月), .
5. 陳 永展, 沼田 敏晴, 竹内 敏己, 仲間 豊 : 塗布方法及び塗布装置, 特願1993-248563 (1993年9月), 特開1995-80381 (1995年3月), .
6. 竹内 敏己, 沼田 敏晴, 仲間 豊, 陳 永展 : 塗布方法及び塗布装置, 特願1993-248564 (1993年9月), 特開1995-80382 (1995年3月), 特許第3419417号 (2003年4月).
7. 陳 永展, 沼田 敏晴, 竹内 敏己 : 塗布装置及び方法, 特願1992-336782 (1992年11月), 特開1994-154690 (1994年6月), 特許第2902238号 (1999年3月).
8. 竹内 敏己, 大路 延憲, 沼田 敏晴, 藤野 清次, 桑原 邦郎 : シミュレーション装置及び演算機構を備えた演算処理装置, 特願1990-203512 (1990年7月), 特開1992-86945 (1992年3月), .

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 1点計測による薬物動態パラメータ推定における高精度数値計算法の研究 (研究課題/領域番号: 21590163 )
  • 発展方程式に対するスペクトル選点法の応用とその数値安定性に関する研究 (研究課題/領域番号: 18540124 )
  • 解が存在しない微分方程式の数値シミュレーション (研究課題/領域番号: 14654023 )
  • 自由境界問題に対する領域分割法とその応用 (研究課題/領域番号: 13640119 )
  • 自由境界のカオス現象の数値解析 (研究課題/領域番号: 09440080 )
  • 自由表面問題における高精度数値解法と反復法の研究 (研究課題/領域番号: 08750087 )
  • 研究者番号(30264964)による検索