検索:
徳島大学大学院社会産業理工学研究部理工学域自然科学系物理科学分野
徳島大学理工学部理工学科自然科学コース物理科学講座
徳島大学工学部工学基礎教育センター工学基礎講座
徳島大学先端技術科学教育部知的力学システム工学専攻機械創造システム工学コース生産システム講座
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (登録)1904006 全固体電池の機械的特性評価手法の開発
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

固体物性 (Solid State Physics)

研究テーマ

リチウムイオン電池材料におけるイオン拡散に関する研究, リチウム金属間化合物におけるLi+イオン拡散の解明, Naイオン2次電池材料におけるNa+イオン拡散, メカニカルミリングによる結晶構造制御とイオン拡散に関する研究, 非線形共鳴超音波法を用いた新しい測定法の開発 (リチウムイオン2次電池正負極材料, 超イオン導電体 (superionic conductor), リチウム遷移金属酸化物, イオン拡散 (ionic diffusion), Li+イオン拡散, Li+イオン伝導体, Na+イオン拡散, Na+イオン伝導体, 核磁気共鳴 (nuclear magnetic resonance), メカニカルミリング, 超音波測定, 電気伝導測定) (リチウムイオン二次電池材料として用いられているリチウム遷移金属酸化物LiMO2(M=Co,Ni,Cu等),LiMnPO4,LiV2O5やリチウム金属間化合物であるLiGaにおけるLi+イオンの拡散挙動と結晶構造変化との関係などを核磁気共鳴法(NMR)やイオン伝導度測定を用いて研究している.)

著書・論文

著書:

1. 中村 浩一 :
リチウムイオン電池における高容量化・高電圧化技術と安全対策, --- 第11章 第5節 リチウム遷移金属酸化物における組成変化と構造擾乱による伝導・拡散挙動の変化 ---,
株式会社 技術情報協会, 東京, 2018年10月.
2. 中村 浩一 :
次世代電池用電極材料の高エネルギー密度,高出力化, --- 第2章 第5節 リチウム過剰系LixV2O5とLi2MnO3における局所構造とリチウムイオン拡散挙動 ---,
株式会社 技術情報協会, 東京, 2017年11月.
3. 中村 浩一 :
攪拌・混合技術とトラブル対策, --- 第4章 第15節 メカニカルミリングによる粉砕と構造変化がリチウムイオン電池材料に及ぼす影響 ---,
株式会社 技術情報協会, 東京, 2014年10月.
4. 中村 浩一 :
リチウム二次電池部材の測定・分析データ集, --- 第3章 第23節 広帯域NMRによるリチウム遷移金属酸化物におけるイオン拡散の観測 ---,
株式会社 技術情報協会, 東京, 2012年6月.
5. Koichi Nakamura, Daisuke Nishioka, Yoshitaka Michihiro, Kazuhiro Okamura and Toshihiro Moriga :
NMR study on lithium ionic diffusion in layered lithium transition metal oxides, --- Advanced Materials and Methods for Lithium-Ion Batteries, S. S. Zhang (Ed.), Chapter 17 ---,
Research Signpost, India, Mar. 2007.

学術論文(審査論文):

1. Munehiro Inukai, T. Kurihara, Y. Noda, W. Jiang, K. Takegoshi, N. Ogiwara, H. Kitagawa and Koichi Nakamura :
Probing dynamics of carbon dioxide in a metal-organic framework under high pressure by high-resolution solid-state NMR,
Physical Chemistry Chemical Physics, Vol.22, No.26, 14465-14470, 2020.
(DOI: 10.1039/d0cp01216e,   PubMed: 32400799)
2. Munehiro Inukai, Masanori Tamura, Satoshi Horike, Masakazu Higuchi, Susumu Kitagawa and Koichi Nakamura :
Storage of CO2 into Porous Coordination Polymer Controlled by Molecular Rotor Dynamics,
Angewandte Chemie International Edition, Vol.57, No.28, 8687-8690, 2018.
(DOI: 10.1002/anie.201805111,   PubMed: 29774644)
3. Koichi Nakamura, Kosuke Shimokita, Yoichiro Sakamoto, Kuniyuki Koyama, Toshihiro Moriga, Naoaki Kuwata and Juinichi Kawamura :
Milling effect on the local structure, site occupation, and site migration in aluminum substituted lithium manganese oxides,
Solid State Ionics, Vol.317, 214-220, 2018.
(DOI: 10.1016/j.ssi.2018.01.019)
4. Yu Kawasaki, Ryo MORIOKA, Yutaka Kishimoto, Koichi Nakamura, Kohei NISHIYAMA, Takehide KOYAMA, Takeshi MITO, Takuyuki BABA, Toru YAMAUCHI, Masahiko ISOBE and Yutaka UEDA :
51V-NMR study of charge order induced by cation order in -Ag2/3V2O5,
Journal of Physics: Conference Series, Vol.807, No.062001-1 062001-6, 2017.
(DOI: 10.1088/1742-6596/807/6/062001,   Elsevier: Scopus)
5. Koichi Nakamura, Yoshitaka Michihiro, Chikako Moriyoshi, Yoshihiro Kuroiwa and Satoshi Wada :
7Li NMR study of milling effects on instability of lithium-sites in lithium substituted silver niobate,
Solid State Ionics, Vol.262, 202-205, 2014.
(DOI: 10.1016/j.ssi.2013.11.026,   Elsevier: Scopus)
6. Koichi Nakamura, Shimokita Kousuke, Sakamoto Yoichi, Hirano Hiroshi, Yoshitaka Michihiro and Toshihiro Moriga :
Power Law Behaviors of Electrical Conductivities in Lithium Manganese Oxides,
Solid State Ionics, Vol.225, 538-541, 2012.
(DOI: 10.1016/j.ssi.2011.11.021)
7. Toshihiro Moriga, Ruili Zhang, Naomichi Matsuura, Tomonori Maeda, Manaka Numata, Kei-ichiro Murai and Koichi Nakamura :
Peak Shift due to a barium deficiency in the 27Al MAS-NMR spectrum for Eu2+-activated barium aluminum silicon oxynitride phosphors,
Journal of Ceramic Processing Research, Vol.12, No.1, S23-S25, 2011.
8. Koichi Nakamura, Hiroshi Hirano, Yoshitaka Michihiro and Toshihiro Moriga :
Changes in the local structure and Li+ ion dynamics in lithium manganese oxides prepared by mechanical milling,
Solid State Ionics, Vol.181, No.29-30, 1359-1365, 2010.
(DOI: 10.1016/j.ssi.2010.07.005)
9. Koichi Nakamura, Kosuke Shimokita, Hiroshi Hirano, Yoshitaka Michihiro, Toshihiro Moriga and Koji Yamada :
Li+ Ionic Diffusion in LiCuO2 Exposed to Heating-Cooling Cycles,
Journal of the Physical Society of Japan, Vol.79, No.Supplement A, 80-83, 2010.
(DOI: 10.1143/JPSJS.79SA.80,   CiNii: 1572824886013579904,   Elsevier: Scopus)
10. Itsuki Kazuya, Yoshitaka Michihiro, Endou Shigeki, Koichi Nakamura and Takashi Ohno :
Contribution of the multipole polarization to the elastic constants in fluorite structure crystals,
Solid State Ionics, Vol.180, No.6-8, 457-461, 2009.
(DOI: 10.1016/j.ssi.2008.09.020)
11. Endou Shigeki, Yoshitaka Michihiro, Itsuki Kazuya, Koichi Nakamura and Takashi Ohno :
RUS study of the elastic constants in silver halide crystals,
Solid State Ionics, Vol.180, No.6-8, 488-491, 2009.
(DOI: 10.1016/j.ssi.2008.09.002)
12. Koichi Nakamura, Hirano Hiroshi, Daisuke Nishioka, Endou Shigeki, Itsuki Kazuya, Yoshitaka Michihiro, Toshihiro Moriga, Kuwata Naoaki and Kawamura Junichi :
Ionic diffusion and structural changes in lithium compounds,
Solid State Ionics, Vol.180, No.6-8, 621-625, 2009.
(DOI: 10.1016/j.ssi.2008.10.024)
13. Koichi Nakamura, Hiroshi Hirano, Daisuke Nishioka, Yoshitaka Michihiro and Toshihiro Moriga :
Lithium ionic diffusion in lithium cobalt oxides prepared by mechanical milling,
Solid State Ionics, Vol.179, No.27-32, 1806-1809, 2008.
(DOI: 10.1016/j.ssi.2008.04.012)
14. Daisuke Nishioka, Koichi Nakamura, Yoshitaka Michihiro, Takashi Ohno, Murugesan Vijayakumar, Subramanian Selvasekarapandian and Hiroyuki Deguchi :
NMR Study on Li Ionic Motion in LixV2O5 (0.4<x<1.4),
Journal of the Physical Society of Japan, Vol.77, No.2, 024602-1-024602-7, 2008.
(DOI: 10.1143/JPSJ.77.024602,   CiNii: 1572824502171111424)
15. Daisuke Nishioka, Koichi Nakamura, Yoshitaka Michihiro, Takashi Ohno, Tatsuo Kanashiro, Kazuo Kuriyama, Hiromi Hamanaka and Masahito Yahagi :
NMR Study on Defect Structure in β-LiGa,
Journal of the Physical Society of Japan, Vol.77, No.3, 034604-1-034604-7, 2008.
(DOI: 10.1143/JPSJ.77.034604,   CiNii: 1570009752379276928)
16. Koichi Nakamura, Keisuke Motoki, Yoshitaka Michihiro, Tatsuo Kanashiro, Masahito Yahagi, Hiromi Hamanaka and Kazuo Kuriyama :
Li+ ionic diffusion and vacancy ordering in β-LiGa,
Faraday Discussions, Vol.134, 343-352, 2007.
(DOI: 10.1039/B602445A,   PubMed: 17326577)
17. Koichi Nakamura, Kenta Kawai, Koji Yamada, Yoshitaka Michihiro, Toshihiro Moriga, Ichiro Nakabayashi and Tatsuo Kanashiro :
Li+ ionic diffusion in Li-Cu-O compounds,
Solid State Ionics, Vol.177, No.26-32, 2775-2778, 2006.
(DOI: 10.1016/j.ssi.2006.03.046)
18. Koichi Nakamura, Hideki Ohno, Kazuhiro Okamura, Yoshitaka Michihiro, Toshihiro Moriga, Ichiro Nakabayashi and Tatsuo Kanashiro :
7Li-NMR study on Li+ ionic diffusion and phase transition in LixCoO2,
Solid State Ionics, Vol.177, No.9-10, 821-826, 2006.
(DOI: 10.1016/j.ssi.2006.02.021)
19. Koichi Nakamura, Daisuke Nishioka, Yoshitaka Michihiro, M. Vijayakumar, S. Selvasekarapandian and Tatsuo Kanashiro :
7Li and 51V NMR study on Li+ ionic diffusion in lithium intercalated LixV2O5,
Solid State Ionics, Vol.177, No.1-2, 129-135, 2006.
(DOI: 10.1016/j.ssi.2005.09.012,   Elsevier: Scopus)
20. Yoshitaka Michihiro, Md. Rahman Mahbubar, Koichi Nakamura and Tatsuo Kanashiro :
Deformation dipole and effective charge in rock-salt structure crystals,
Solid State Ionics, Vol.176, No.31-34, 2505-2509, 2005.
(DOI: 10.1016/j.ssi.2005.03.028)
21. Koichi Nakamura, Yoshitaka Michihiro, Katayama Fumiaki, Toshihiro Moriga, Md. Rahman Mahbubar, Ichiro Nakabayashi and Tatsuo Kanashiro :
Phonon Echo Study on Lithium Ionic Diffusion in LiNbO3 Powder,
Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.44, No.6A, 4043-4046, 2005.
(DOI: 10.1143/JJAP.44.4043,   CiNii: 1390001206266720896)
22. Koichi Nakamura, Toshihiro Moriga, A. Sumi, Y. Kashu, Yoshitaka Michihiro, Ichiro Nakabayashi and Tatsuo Kanashiro :
NMR study on the Li+ ion diffusion in LiCuO2 with layered structure,
Solid State Ionics, Vol.176, No.7-8, 837-840, 2005.
(DOI: 10.1016/j.ssi.2004.11.004)
23. Yoshitaka Michihiro, Md. Rahman Mahbubar, Koichi Nakamura and Tatsuo Kanashiro :
Dipole and Deformation Dipole Polarization of Ions in Rock-Salt Structure Crystals,
Journal of the Physical Society of Japan, Vol.74, No.2, 638-641, 2005.
(DOI: 10.1143/JPSJ.74.638,   CiNii: 1390282679164588672)
24. Hideki Yamagata, Hiroyuki Miyamoto, Koichi Nakamura, Masahiro Matsumura and Yutaka Itoh :
Cu Nuclear Quadrupole Resonance Study of La2-xSrxCu1-yZnyO4 (x=0.10, 0.15 and 0.20):Zn-induced Wipeout Effect near the Magnetic and Electric Instability,
Journal of the Physical Society of Japan, Vol.72, No.7, 1768-1773, 2004.
(DOI: 10.1143/JPSJ.72.1768,   CiNii: 1390282679164596224)
25. M. Vijayakumar, S. Selvasekarapandian, Koichi Nakamura, Tatsuo Kanashiro and R. Kesavamoorthy :
7Li MAS-NMR and vibratinal spectroscopic investigations of LixV2O5 (x=1.0, 1.2 and 1.4),
Solid State Ionics, Vol.167, No.1-2, 41-47, 2004.
(DOI: 10.1016/j.ssi.2003.12.008)
26. Koichi Nakamura, Muneo Yamamoto, Kazuhiro Okamura, Md. Rahman Mahbubar, Yoshitaka Michihiro, Ichiro Nakabayashi and Tatsuo Kanashiro :
NMR study on the motion of Li+ defects and the magnetic behavior in LixNiO2,
Solid State Ionics, Vol.152-153C, 241-246, 2003.
(DOI: 10.1016/S0167-2738(02)00305-3,   Elsevier: Scopus)
27. M. Vijayakumar, S. Selvasekarapandian, R. Kesavamoorthy, Koichi Nakamura and Tatsuo Kanashiro :
Vibrational and impedance spectroscopic studies on lithium vanadate prepared by solid-state reaction,
Materials Letters, Vol.57, No.22, 3618-3622, 2003.
(DOI: 10.1016/S0167-577X(03)00137-X,   CiNii: 1572824501595368960)
28. Md. Rahman Mahbubar, Yoshitaka Michihiro, Koichi Nakamura and Tatsuo Kanashiro :
LDA Study on Polarizabilities and Shielding Factors of Ions in Fluorite Structure Crystals,
Solid State Ionics, Vol.148, No.1-2, 227-233, 2002.
(DOI: 10.1016/S0167-2738(02)00054-1)
29. Koichi Nakamura, Keisuke Motoki, Yoshitaka Michihiro, Tatsuo Kanashiro, Kazuo Kuriyama, Hiromi Hamanaka and Masahito Yahagi :
NMR Study on Li-vacancy Ordering and Ionic Diffusion in β-LiGa,
Journal of the Physical Society of Japan, Vol.71, No.5, 1409-1410, 2002.
(DOI: 10.1143/JPSJ.71.1409,   CiNii: 1390001204185231872)
30. Tatsuo Kanashiro, Md. Rahman Mahbubar, Yoshitaka Michihiro, Koichi Nakamura, Takashi Ohno and Yutaka Kishimoto :
NMR Study on the Chemical Bonding and the Ionic Conductivity in Noble Metal Halides,
Journal of the Physical Society of Japan, Vol.70, No.11, 3322-3325, 2001.
(DOI: 10.1143/JPSJ.70.3322,   Elsevier: Scopus)
31. Md. Rahman Mahbubar, Yoshitaka Michihiro, Koichi Nakamura and Tatsuo Kanashiro :
Polarizabilities and Shielding Factors of Ions in Cesium Halide Crystals with the Cesium-Chloride Structure,
Journal of the Physical Society of Japan, Vol.70, No.8, 2382-2386, 2001.
(DOI: 10.1143/JPSJ.70.2382,   Elsevier: Scopus)
32. Koichi Nakamura, Hideki Ohno, Kazuhiro Okamura, Yoshitaka Michihiro, Ichiro Nakabayashi and Tatsuo Kanashiro :
On the Diffusion of Li+ Defects in LiCoO2 and LiNiO2,
Solid State Ionics, Vol.135, No.1-4, 143-147, 2000.
(DOI: 10.1016/S0167-2738(00)00293-9)
33. Koichi Nakamura, Muneo Yamamoto, Kazuhiro Okamura, Yoshitaka Michihiro, Ichiro Nakabayashi and Tatsuo Kanashiro :
NMR investigation on the motion of Li+ defects in LiCoO2 and LiNiO2,
Solid State Ionics, Vol.121, 301-306, 1999.
34. Takashi Ohno, Tatsuo Kanashiro, Y Yamada, T Yamanishi, T Tanaka, Yutaka Kishimoto, Koichi Nakamura and Yoshitaka Michihiro :
59Co Spin-Lattice Relaxation in Superconductor CoSi2,
Physica B : Condensed Matter, Vol.237-238, 307-309, 1997.
(DOI: 10.1016/S0921-4526(97)00186-5,   Elsevier: Scopus)
35. Koichi Nakamura, Yoshio Kitaoka, Kunisuke Asayama, Toshiro Takabatake, Go Nakamoto and Hironobu Fujii :
Effective carrier doping by magnetic field into a pseudogapped state in CeNiSn: A Sn NMR study,
Physical Review B, Condensed Matter and Materials Physics, Vol.54, 6062-6064, 1996.
36. Koichi Nakamura, Yoshio Kitaoka, Kunisuke Asayama, Toshiro Takabatake, Go Nakamoto, Hiroaki Tanaka and Hironobu Fujii :
Impurity and doping effects of pseudo energy gap in CeNiSn -- Sn-NMR study --,
Physical Review B, Condensed Matter and Materials Physics, Vol.53, 6385-6392, 1996.
37. Koichi Nakamura, Yoshio Kitaoka, Kunisuke Asayama, Toshiro Takabatake and Hironobu Fujii :
Low-Energy Excitation in Kondo Semiconductors CeNiSn and CeRhSb,
Journal of the Physical Society of Japan, Vol.63, 433-436, 1994.

学術論文(紀要・その他):

1. 中村 浩一, 片山 史章, 道廣 嘉隆, マハブバル ラフマン モハマド, 森賀 俊広, 金城 辰夫 :
フォノンエコー法によるLiNbO3におけるイオン拡散の観測,
第25回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム, Vol.25, No.25, 7-8, 2004年.
(CiNii: 1390845713022056832)
2. Takashi Ohno, Kuniyuki Koyama, Osamu Ohtaka, Takehiko Hihara, Kenji Sumiyama, Kenji Suzuki, Kiyoshi Mizuno, Yutaka Kishimoto, Tatsuo Kanashiro, Yoshitaka Michihiro and Koichi Nakamura :
Magnetic Properties of High-Pressure Synthesized Tm-Ca-Cu-O,
Bulletin of Faculty of Engineering, The University of Tokushima, Vol.46, 89-92, 2001.
3. Yutaka Kishimoto, Takashi Ohno, Kazuo Miyatani, Tatsuo Kanashiro, Yoshitaka Michihiro, Koichi Nakamura, Kuniyuki Koyama, Takahito Saito, Kiyoshi Mizuno and Ko-ichi Magishi :
63Cu NMR of CuTi2S4,
Bulletin of Faculty of Engineering, The University of Tokushima, Vol.44, 27-36, 1999.

総説・解説:

1. 中村 浩一, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広, 中林 一朗, 金城 辰夫 :
フォノンエコー法によるLiNbO3におけるイオン拡散の観測,
超音波TECHNO, Vol.17, No.3, 42-45, 2005年5月.
2. 中村 浩一, 道廣 嘉隆, 金城 辰夫 :
NMRからみた超イオン伝導体のイオン拡散挙動,
日本結晶学会誌, Vol.46, 399-406, 2004年11月.

国際会議:

1. Haruki Sato, Koichiro Miyanishi, Makoto Negoro, Akinori Kagawa, Koichi Nakamura and Munehiro Inukai :
Hyperpolarized NMR for cocrystals at room temperature using photoexcited triplet-states electron spins,
The 8th International Forum on Advanced Technologies 2022, Mar. 2022.
2. Asahi Nojirino, Masaya Aki, Yu Kawasaki, Yutaka Kishimoto, Koichi Nakamura, Yusuke Nakai, Takeshi Mito, Mitsuharu Yashima, Hidekazu Mukuda, Hisashi Kotegawa and Hitoshi Sugawara :
Electronic State of V3Si Probed by 29Si NMR,
JPS Conf.Proc., Vol.30, 011050-1-011050-6, Mar. 2020.
3. Munehiro Inukai, Takuya Kurihara, Yasuto Noda and Koichi Nakamura :
Dynamics of carbon dioxides in a metal-organic framework under high pressure,
EUROISMAR 2019, Aug. 2019.
4. Yu Kawasaki, Ryo MORIOKA, Yutaka Kishimoto, Koichi Nakamura, Kohei NISHIYAMA, Takehide KOYAMA, Takeshi MITO, Takuyuki BABA, Toru YAMAUCHI, Masahiko ISOBE and Yutaka UEDA :
51V-NMR study of charge order induced by cation order in -Ag2/3V2O5,
The International Conference on Strongly Correlated Electron Systems, Hangzhou,China, May 2016.
5. Yu Kawasaki, Ryo MORIOKA, Yutaka Kishimoto, Koichi Nakamura, Kohei NISHIYAMA, Takehide KOYAMA, Takeshi MITO, Masahiko ISOBE and Yutaka UEDA :
51V-NMR study of low-temperature phase in δ-Ag2/3V2O5,
Journal of Physics: Conference Series, Vol.592, 012042-1-012042-6, Mar. 2015.
(DOI: 10.1088/1742-6596/592/1/012042)
6. Koichi Nakamura, Yoshitaka Michihiro, Chikako Moriyoshi, Yoshihiro Kuroiwa and Satoshi Wada :
7Li NMR study of milling effects on instability of lithium-sites in lithium substituted silver niobate,
The 19th International Conference on Solid State Ionics, Kyoto, Jun. 2013.
7. Koichi Nakamura, Shimokita Kosuke, Sakamoto Yoichi, Yoshitaka Michihiro and Toshihiro Moriga :
Milling effects on local structure and electrical conduction in Aluminum doped lithium manganese oxides,
Proceedings of the 13th Asian Conference on Solid State Ionics, 289-298, Sendai, Sep. 2012.
8. Yoshitaka Michihiro, Kazuya Itsuki, Shigeki Endo, Masahiko Isono, Koichi Nakamura and Takashi Ohno :
Effects of the indirect ionic interaction on the diffusion of the cation in the silver halide crystals with the rock-salt structure,
Proceedings of the 13th Asian Conference on Solid State Ionics, 651-660, Sendai, Jul. 2012.
9. Tomomi Saiki, Haruka Kinoshita, Yuka Arai, Arisa Ishii, Azusa Kataoka, Yuki Konishi, Junko Yamaguchi and Koichi Nakamura :
Shining the City,
Proceedings of 2nd Asian Conference on Engineering Education (ACEE2011), No.PS-36, 1-3, Tokushima, Oct. 2011.
10. Koichi Nakamura, Shimokita Kosuke, Sakamoto Yoichi, Yoshitaka Michihiro and Toshihiro Moriga :
Non-Debye like behavior in electrical conductivities in lithium manganese oxides, --- 21st IUPAC International Conference on Chemical Thermodynamics ---,
Program & Abstracts of 21st IUPAC International Conference on Chemical Thermodynamics ICCT-2010, 296, Tsukuba, Aug. 2010.
11. Koichi Nakamura, Ueki Akio, Yoshitaka Michihiro and Toshihiro Moriga :
Effect of milling process on local structure and lithium ion dynamics in lithium tantalate and lithium niobate,
Meeting Abstract - The 15th International Meeting on Lithium Batteries (IMLB 2010), Vol.MA2010-03, 439, Montreal, Jun. 2010.
12. Toshihiro Moriga, Ruili Zhang, Naomichi Matsuura, Tomonori Maeda, Kei-ichiro Murai and Koichi Nakamura :
Peak Shift Due to Barium Deficiency in 27Al MAS-NMR Spectrum for Eu2+-Activated Barium Aluminum Silicon Oxynitride Phosphors,
International Symposium for Phosphor Materials 2009, Niigata, Nov. 2009.
13. Koichi Nakamura, Tatsuo Kanashiro, M. Vijayakumar and S. Selvasekarapandian :
NMR Study on Li+ Ionic Diffusion in LixV2O5 Prepared by Solid-State Reaction,
Proceedings of the 1st international Discussion Meeting on Superionic Conductor Physics, 139-144, Kyoto, Jan. 2007.
14. Yoshitaka Michihiro, Md. Rahman Mahbubar, Koichi Nakamura and Tatsuo Kanashiro :
LDA Study on Polarizabilities of Ions in Copper Halide Crystals with the Zinc-Blende Structure,
Proceedings of the First International Discussion Meeting on Superionic Conductor Physics, 21-26, Kyoto, Japan, Sep. 2003.
15. Hideki Yamagata, Hiroyuki Miyamoto, Koichi Nakamura, Masahiro Matsumura and Yutaka Itoh :
Zn-induced wipeout effect on Cu NQR spectra in La2-xSrxCu1-yZnyO4,
Physica C: Superconductivity, Vol.388-389, 259-260, Hiroshima, Jun. 2003.
16. Yutaka Kishimoto, Takashi Ohno, Shouichi Nagata, Nobuhiro Matsumoto, Tatsuo Kanashiro, Yoshitaka Michihiro and Koichi Nakamura :
NMR Study of Cu(Ir0.95Rh0.05)2S4,
Physica B : Condensed Matter, Vol.281&282, 634-635, Jun. 2000.
17. Yoshitaka Michihiro, Md. Rahman Mahbubar, Koichi Nakamura and Tatsuo Kanashiro :
Shielding Factors of Br Ion in Cubic Crystals,
Advanced Materials Development and Performance, 573-576, Tokushima, Japan, Nov. 1999.
18. Koichi Nakamura, Hideki Ohno, Kazuhiro Okamura, Yoshitaka Michihiro, Ichiro Nakabayashi and Tatsuo Kanashiro :
On the motion of 7Li ion in LiCoO2,
Advanced Materials Developement & Performance, 382-385, Tokushima, Japan, Nov. 1999.
19. Yutaka Kishimoto, Takashi Ohno, Tatsuo Kanashiro, Toshihiko Taki, Koichi Nakamura, Takehiko Hihara, Kenji Sumiyama and Kenji Suzuki :
51V Knight Shift in the Superconducting State of V3Si,
Journal of Magnetism and Magnetic Materials, Vol.177-181, 367-368, Jun. 1998.
20. Koichi Nakamura, Yoshio Kitaoka, Kunisuke Asayama, Toshiro Takabatake, Hiroaki Tanaka and Hironobu Fujii :
NMR/NQR study of Kondo semiconductors CeNiSn and CeRhSb,
Physica B : Condensed Matter, Vol.206&207, 829-831, Amsterdam, Feb. 1995.
21. Yoshio Kitaoka, Masafumi Kyogaku, Koichi Nakamura, G -q Zheng, Hiroyuki Nakamura, Kunisuke Asayama, Toshiro Takabatake, Hironobu Fujii and Takashi Suzuki :
NMR investigations of the ground state in the gap-type Kondo lattice compound CeNiSn and the low-carrier system Yb4As3,
Physica B : Condensed Matter, Vol.186-188, 431-433, Sendai, May 1993.

国内講演発表:

1. 安部 聖竜, 佐藤 晴紀, 宮西 孝一郎, 根来 誠, 香川 晃徳, 中村 浩一, 犬飼 宗弘 :
室温核スピン超偏極を可能とする共晶の構造解析,
日本化学会第102回春季年会, 2022年3月.
2. 佐藤 晴紀, 宮西 孝一郎, 根来 誠, 香川 晃徳, 中村 浩一, 犬飼 宗弘 :
光励起三重項状態の電子スピンを用いた混晶の室温核スピン超偏極,
日本化学会第102回春季年会, 2022年3月.
3. 田中 康照, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広, 河村 純一, 中村 浩一 :
チタン酸リチウムのミリングにともなう電気伝導挙動の変化,
第47回固体イオニクス討論会講演要旨集, 156-157, 2021年12月.
4. 中村 浩一, 富本 健介, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広 :
チタン酸ナトリウムの局所構造とイオン運動におけるミリング効果,
日本物理学会2021年秋季大会 講演概要集, 2021年9月.
5. 秋山 大介, 川崎 祐, 岸本 豊, 真岸 孝一, 中村 浩一, 西野 克志, 何 長振, 伊藤 満 :
スピンギャップを持つ擬一次元系交代鎖BaCu2V2O8のNMR,
日本物理学会秋季大会, 2021年9月.
6. 中村 浩一, 富本 健介, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広 :
チタン酸ナトリウムの局所構造と電気伝導におけるミリング効果,
日本物理学会第76回年次大会 講演概要集, 2021年3月.
7. 富本 健介, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広, 河村 純一, 中村 浩一 :
Na2Ti3O7の局所構造と伝導挙動におけるミリング効果と置換効果,
第46回固体イオニクス討論会講演要旨集, 126-127, 2020年12月.
8. 富本 健介, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広, 桑田 直明, 河村 純一, 中村 浩一 :
チタン酸ナトリウムの結晶構造と伝導挙動におけるリチウム置換とミリングの効果,
日本物理学会2020年秋季大会 講演概要集, 2020年9月.
9. 金山 真也, 出口 智子, 川崎 祐, 真岸 孝一, 岸本 豊, 中村 浩一, 中井 祐介, 水戸 毅, Z. Haque, L.C. Gupta, A.K. Ganguli :
BiS2系層状化合物EuFBiS2のNMR/NQRによる研究,
日本物理学会 2020年秋季大会, 2020年9月.
10. 吾郷 輝夕, 川崎 祐, 真岸 孝一, 岸本 豊, 中村 浩一, 何 長振, 伊藤 満 :
擬一次元反強磁性体SrCo2V2O8のNMR,
日本物理学会秋季大会, 2020年9月.
11. 川崎 祐, 岸本 豊, 中村 浩一, 真岸 孝一, 何 長振, 伊藤 満 :
α-CoV2O6における磁気構造とスピンダイナミクス,
日本物理学会秋季大会, 2020年9月.
12. 中村 浩一, 田中 康照, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広, 桑田 直明, 河村 純一 :
チタン酸リチウムの局所構造とLi+イオン運動におけるミリング効果,
日本物理学会第75回年次大会 講演概要集, 2020年3月.
13. 川崎 祐, 岸本 豊, 中村 浩一, 真岸 孝一, 何 長振, 伊藤 満 :
α-CoV2O6における磁気構造とスピンダイナミクス,
日本物理学会年次大会, 2020年3月.
14. 中村 浩一, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広, 桑田 直明, 河村 純一 :
Li-Ti系酸化物の局所構造変化とLi+イオンの運動状態,
第45回固体イオニクス討論会講演要旨集, 2-3, 2019年11月.
15. 犬飼 宗弘, 栗原 拓也, 野田 泰斗, 中村 浩一 :
高圧環境下における配位高分子内部の二酸化炭素の運動,
第58回 NMR討論会, 2019年11月.
16. 中村 浩一, 富本 健介, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広, 桑田 直明, 河村 純一 :
チタン酸リチウムにおける局所的な構造擾乱とリチウムイオンの運動状態,
日本物理学会2019年秋季大会 講演概要集, 2019年9月.
17. 川崎 祐, 岸本 豊, 中村 浩一, 水戸 毅, 磯部 正彦, 馬場 拓行, 山内 徹, 上田 寛 :
バナジウムブロンズAg2/3V2O5における金属絶縁体転移のNMRによる研究,
日本物理学会 2019年秋季大会, 2019年9月.
18. 出口 智子, 川崎 祐, 岸本 豊, 中村 浩一, 水戸 毅, Z. Haque, L.C. Gupta, A.K. Ganguli :
BiS2系層状化合物EuFBiS2のNMRによる研究,
日本物理学会 2019年秋季大会, 2019年9月.
19. 野尻野 旭, 安藝 将也, 川崎 祐, 岸本 豊, 中村 浩一, 水戸 毅, 八島 光晴, 椋田 秀和, 小手川 恒, 菅原 仁 :
A15型超伝導体V3SiのSi-NMRによる研究,
日本物理学会 2019年秋季大会, 2019年9月.
20. 中村 浩一, 富本 健介, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広, 桑田 直明, 河村 純一 :
遷移金属酸化物における局所構造の乱れとリチウムイオン拡散,
第22回超イオン導電体物性研究会講演要旨集, 97-102, 2019年5月.
21. 犬飼 宗弘, 栗原 拓也, 野田 泰斗, 吉川 輝, 中村 浩一 :
高圧ガス雰囲気下のその場高分解能固体NMR,
日本化学会 第99春季年会, 2019年3月.
22. 中村 浩一, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広, 桑田 直明, 河村 純一 :
ミリングによるLi4Ti5O12の結晶構造と電気伝導挙動の変化,
日本物理学会第74回年次大会 講演概要集, 2019年3月.
23. 野尻野 旭, 森 寛央, 川崎 祐, 岸本 豊, 中村 浩一, 小山 岳秀, 水戸 毅, 八島 光晴, 椋田 秀和, 小手川 恒, 菅原 仁 :
A15型超伝導体V3SiのSi-NMRによる研究,
日本物理学会秋季大会, 2019年3月.
24. Rie Takahara, Sun Jung-Ting, Kohei Shizukawa, Yusuke Mizuta, Koichi Nakamura, Kei-ichiro Murai and Toshihiro Moriga :
Effects of Different Titanium Lithium Ration in LiTin(0,N)z (1.25<n<2.0, Z~4.0) on Electrochemical Performance as an Anode Material,
第25回ヤングセラミストミーティングin 中四国, 38-39, Dec. 2018.
25. 中村 浩一, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広 :
Li4Ti5O12の局所構造の擾乱と伝導挙動の変化,
第44回固体イオニクス討論会講演要旨集, 100-101, 2018年12月.
26. 森 寛央, 川崎 祐, 岸本 豊, 中村 浩一, 何 長振, 伊藤 満 :
α-CoV2O6における磁気構造のNMRによる研究,
日本物理学会秋季大会, 2018年9月.
27. 森 寛央, 野尻野 旭, 川崎 祐, 岸本 豊, 中村 浩一, 小山 岳秀, 水戸 毅, 八島 光晴, 椋田 秀和, 小手川 恒, 菅原 仁 :
A15型超伝導体V3SiのSi-NMRによる研究,
日本物理学会秋季大会, 2018年9月.
28. 中村 浩一, 竹内 智史, 犬飼 宗弘, 川崎 祐, 森賀 俊広, 桑田 直明, 河村 純一 :
Na系遷移金属酸化物における電気伝導のNa組成依存性,
日本物理学会第73回年次大会 講演概要集, 2018年3月.
29. Munehiro Inukai, 田村 優実, 堀毛 悟史, 樋口 雅一, 北川 進 and Koichi Nakamura :
Storage and dynamics of CO2 into porous coordination polymer controlled by ligand dynamics,
日本化学会第98春季年会, Mar. 2018.
30. 梅岡 優, 仡川 昂平, 胡 魁, 水田 悠介, 中村 浩一, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 :
岩塩型Li-Ti系酸窒化物の合成及び充放電過程における相変化の検討,
第56回セラミックス基礎科学討論会, 2018年1月.
31. 犬飼 宗弘, 高木 翼, 中村 浩一 :
構造欠陥を利用したプロトン伝導性配位高分子,
第43回固体イオニクス討論会, 2017年12月.
32. 竹内 智史, 中村 浩一, 犬飼 宗弘, 川崎 祐, 森賀 俊広, 桑田 直明, 河村 純一 :
NaxMO2(M=Co,Cr)の電気伝導と局所構造変化,
第43回固体イオニクス討論会, 4-5, 2017年12月.
33. 中村 浩一, 竹内 智史, 犬飼 宗弘, 川崎 祐, 森賀 俊広 :
Na系遷移金属酸化物における局所構造とNa+イオンの運動状態,
日本物理学会2017年秋季大会 講演概要集, 2017年9月.
34. 梅岡 優, 仡川 昂平, 胡 魁, 水田 悠介, 中村 浩一, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 :
Li-Ti系酸窒化物の合成および充放電特性の評価,
日本セラミックス協会第30回秋季シンポジウム, 2017年9月.
35. 安藝 将也, 川崎 祐, 岸本 豊, 中村 浩一, 小山 岳秀, 水戸 毅, 八島 光晴, 椋田 秀和, 小手川 恒, 菅原 仁 :
A15型超伝導体V3SiのSi-NMRによる研究II,
日本物理学会秋季大会, 2017年9月.
36. 中村 浩一, 井藤 弘章, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広, 岩井 良樹, 桑田 直明, 河村 純一 :
LiMPO4(M=Fe,Mn)におけるLi+イオン運動と局所構造の変化,
第20回超イオン導電体物性研究会講演要旨集, 71-74, 2017年7月.
37. 竹内 智史, 犬飼 宗弘, 川崎 祐, 森賀 俊広, 中村 浩一 :
NaxCoO2の電気伝導と局所構造変化,
日本物理学会第72回年次大会 講演概要集, 2017年3月.
38. 安藝 将也, 川崎 祐, 岸本 豊, 中村 浩一, 小山 岳秀, 水戸 毅, 八島 光晴, 椋田 秀和, 小手川 恒, 菅原 仁 :
A15型超伝導体V3SiのSi-NMRによる研究,
日本物理学会第72回年次大会 講演概要集, 2017年3月.
39. 水田 悠介, 梅岡 優, 中村 浩一, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 :
Li量を変化させたLiFe0.2Co0.8O2の合成および電気化学的特性評価,
第23回ヤングセラミストミーティング in 中四国, 68-69, 2016年12月.
40. 井藤 弘章, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広, 岩井 良樹, 桑田 直明, 河村 純一, 中村 浩一 :
LiMPO4(M=Fe, Mn, Co)における高温でのイオン運動と局所構造の変化,
第42回固体イオニクス討論会, 100-101, 2016年12月.
41. 田村 優実, 犬飼 宗弘, 中村 浩一 :
多孔性配位高分子の空隙に物理吸着させた気体分子のダイナミクス,
第55回 NMR討論会, 2016年11月.
42. 犬飼 宗弘, 田村 優実, 中村 浩一 :
多孔性配位高分子内部の架橋配位子と二酸化炭素のダイナミクス,
第60回 固体NMR・材料フォーラム, 2016年10月.
43. 瀧本 涼介, 川崎 祐, 岸本 豊, 中村 浩一, 上田 寛 :
Bi4V2O11-δ のNMRによる研究,
日本物理学会2016年秋季大会 講演概要集, 2016年9月.
44. 中村 浩一, 竹内 智史, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広 :
NaCoO2のNa組成とNaサイト周辺の局所構造,
日本物理学会2016年秋季大会 講演概要集, 2016年9月.
45. 中村 浩一, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広, 岩井 良樹, 桑田 直明, 河村 純一 :
局所構造の擾乱にともなうニオブ酸ナトリウムのイオン伝導挙動の変化,
第19回超イオン導電体物性研究会講演要旨集, 79-82, 2016年6月.
46. 犬飼 宗弘, 田村 優実, 中村 浩一 :

第14回ホスト・ゲスト化学シンポジウム HGCS2016, 2016年6月.
47. 犬飼 宗弘, 田村 優実, 中村 浩一 :
規則性ナノ空間に閉じ込められた二酸化炭素の特異的なダイナミクス,
第59回 固体NMR・材料フォーラム, 2016年5月.
48. 川崎 祐, 瀧本 涼介, 岸本 豊, 中村 浩一, 上田 寛 :
Bi4V2O11-δ のNMRによる研究,
日本物理学会第71回年次大会 講演概要集, 2016年3月.
49. 中村 浩一, 井藤 弘章, 犬飼 宗弘, 川崎 祐, 森賀 俊広, 桑田 直明, 岩井 良樹, 河村 純一 :
オリビン型LiMPO4(M=Fe, Mn)におけるLi+イオンの運動状態の変化,
日本物理学会第71回年次大会 講演概要集, 2016年3月.
50. 吉岡 光太郎, 梅岡 優, 村井 啓一郎, 森賀 俊広, 中村 浩一 :
異なるLi源LiFe0.2Co0.8O2の合成と電気化学的特性評価,
第54回セラミックス基礎科学討論会, 2016年1月.
51. 中村 浩一, 井藤 弘章, 田村 優実, 犬飼 宗弘, 川崎 祐, 森賀 俊広, 岩井 良樹, 桑田 直明, 河村 純一 :
LiMPO4(M=Fe, Mn)における局所構造とLi+イオンの運動状態,
第41回固体イオニクス討論会, 16-17, 2015年11月.
52. 梅岡 優, 吉岡 光太郎, 中村 浩一, 村井 啓一郎, 森賀 俊広 :
Li量を過剰にしたLiFe0.2Co0.8O2のLiイオン拡散性能の調査,
第22回ヤングセラミストミーティング in 中四国, 43-44, 2015年11月.
53. 中村 浩一, 井藤 弘章, 田村 優実, 犬飼 宗弘, 川崎 祐, 森賀 俊広, 桑田 直明, 岩井 良樹, 河村 純一 :
オリビン系リチウム遷移金属酸化物における高温でのリチウムイオンの運動状態,
日本物理学会2015年秋季大会 講演概要集, 2015年9月.
54. 森岡 亮, 川崎 祐, 岸本 豊, 中村 浩一, 西山 功兵, 小山 岳秀, 水戸 毅, 礒部 正彦, 上田 寛 :
バナジウムブロンズAg2/3V2O5における金属絶縁体転移のNMRによる研究III,
日本物理学会秋季大会, 2015年9月.
55. 中村 浩一, 村上 明, 犬飼 宗弘 :
非線形超音波共鳴を用いた緩和現象の間接的観測,
第18回超イオン導電体物性研究会講演要旨集, 45-48, 2015年7月.
56. 森岡 亮, 川崎 祐, 岸本 豊, 中村 浩一, 西山 功兵, 小山 岳秀, 水戸 毅, 礒部 正彦, 上田 寛 :
バナジウムブロンズAg2/3V2O5における金属絶縁体転移のNMRによる研究II,
日本物理学会年次大会, 2015年3月.
57. 中村 浩一, 藤次 和磨, 田村 優実, 村上 明, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広, 川崎 祐, 岩井 良樹, 桑田 直明, 河村 純一 :
オリビン系リチウム遷移金属酸化物の局所構造とリチウムイオンの運動状態,
日本物理学会第70回年次大会(2015 年)概要集, 1541, 2015年3月.
58. 川崎 祐, 森岡 亮, 岸本 豊, 中村 浩一, 何 長振, 上田 寛, 伊藤 満 :
擬1次元反強磁性体SrCo2V2O8のNMR,
日本物理学会年次大会, 2015年3月.
59. 吉岡 光太郎, 村井 啓一郎, 森賀 俊広, 中村 浩一 :
固相反応法を用いたLixFe0.2Co0.8O2のイオン拡散性能の調査,
2015年年会, 2015年3月.
60. 藤次 和磨, 村上 明, 中村 浩一, 川崎 祐, 森賀 俊広, 岩井 良樹, 桑田 直明, 河村 純一 :
リチウムマンガン酸化物におけるイオン拡散挙動と局所構造変化,
第40回固体イオニクス討論会, 113-114, 2014年11月.
61. 中村 浩一, 礒野 仁也, 藤次 和磨, 村上 明, 森賀 俊広, 岩井 良樹, 桑田 直明, 河村 純一 :
NaNbO3の結晶構造とイオン伝導挙動におけるミリング効果,
第40回固体イオニクス討論会, 75-76, 2014年11月.
62. 村上 明, 藤次 和磨, 中村 浩一 :
非線形超音波共鳴法によるイオン拡散挙動の観測,
第40回固体イオニクス討論会, 67-68, 2014年11月.
63. 中村 浩一, 礒野 仁也, 森賀 俊広, 岩井 良樹, 桑田 直明, 河村 純一 :
ニオブ酸ナトリウムの結晶構造と伝導特性におけるミリング効果,
日本物理学会2014年秋季大会, 2014年9月.
64. 森岡 亮, 川崎 祐, 岩谷 匠, 岸本 豊, 中村 浩一, 西山 功兵, 小山 岳秀, 水戸 毅, 礒部 正彦, 上田 寛 :
バナジウムブロンズAg0.68V2O5における金属絶縁体転移のNMRによる研究,
日本物理学会秋季大会, 2014年9月.
65. 藤次 和磨, 村上 明, 田村 優実, 小川 涼, 中村 浩一, 森賀 俊広, 岩井 良樹, 桑田 直明, 河村 純一 :
NMRスペクトルに見るリチウム遷移金属酸化物における局所構造変化,
第17回超イオン導電体物性研究会講演要旨集, 37-40, 2014年7月.
66. 中村 浩一, 藤次 和磨, 村上 明, 岩井 良樹, 桑田 直明, 河村 純一 :
リチウム遷移金属酸化物の局所構造変化とLi+イオン拡散挙動,
日本物理学会第69回年次大会, 2014年3月.
67. 川崎 祐, 森岡 亮, 岩谷 匠, 岸本 豊, 中村 浩一, 西山 功兵, 小山 岳秀, 水戸 毅, 礒部 正彦, 上田 寛 :
δ-Ag0.68V2O5 のV-NMR,
日本物理学会年次大会, 2014年3月.
68. 小川 涼, 森賀 俊広, 中村 浩一 :
NaClフラックスによるLi(Ni2/3Mn1/3)O2の結晶成長とLiイオン拡散,
第39回固体イオニクス討論会, 180-181, 2013年11月.
69. 礒野 仁也, 藤次 和磨, 村上 明, 中村 浩一 :
イオン伝導体のイオン拡散における局所構造と結合に関する研究,
第39回固体イオニクス討論会講演要旨集, 234-235, 2013年11月.
70. 中村 浩一, 礒野 仁也, 藤次 和磨, 村上 明, 森賀 俊広, 岩井 良樹, 桑田 直明, 河村 純一 :
酸化物中の構造の乱れによるイオン拡散挙動の変化,
日本物理学会2013年秋季大会, 2013年9月.
71. 中村 浩一, 礒野 仁也, 岩井 良樹, 桑田 直明, 河村 純一, 和田 智志 :
ANbO3 (A=Li, Na, Ag) における構造変化とイオンダイナミクスにおけるミリング効果,
第63回固体イオニクス研究会・大16回超イオン伝導体物性研究会講演要旨集, 9-12, 2013年7月.
72. 中村 浩一, 藤次 和磨, 村上 明, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広 :
オリビン系リチウムマンガン酸化物の局所構造におけるミリング効果,
日本物理学会第68回年次大会, 2013年3月.
73. 小川 涼, 西山 潤一, 吉岡 光太郎, 村井 啓一郎, 森賀 俊広, 中村 浩一 :
NaClフラックスを用いたLi(Ni2/3Mn1/3)O2の合成と評価,
日本セラミック協会2013年年会, 2013年3月.
74. 中村 浩一, 道廣 嘉隆, 岩井 良樹, 桑田 直明, 河村 純一, 和田 智志 :
ANbO3 (A=Li, Na, Ag) における構造変化とイオンダイナミクス,
第38回固体イオニクス討論会講演要旨集, 142-143, 2012年12月.
75. 中村 浩一, 塩沢 壮由, 道廣 嘉隆, 和田 智志, 桑田 直明, 岩井 良樹, 河村 純一 :
ANbO3(A=Li, Na, Ag)における構造不安定性とイオン運動,
日本物理学会2012年秋季大会, 2012年9月.
76. 中村 浩一, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広 :
リチウム遷移金属酸化物のLi+イオン拡散挙動におけるミリング効果,
日本物理学会第67回年次大会, 2012年3月.
77. 坂本 洋一, 中村 浩一, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広 :
Al,GaをドープしたLiMn2O4のミリング処理による構造と電気化学的挙動の変化,
第37回固体イオニクス討論会講演要旨集, 116-117, 2011年12月.
78. 植木 昌夫, 中村 浩一, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広 :
ニオブ系酸化物の構造と電導特性におけるミリング効果,
第37回固体イオニクス討論会講演要旨集, 194-195, 2011年12月.
79. 中村 浩一, 塩澤 壮由, 道廣 嘉隆, 和田 智志 :
LiドープされたAgNbO3における不安定LiサイトとLi+イオン運動,
日本物理学会2011年秋季大会, 2011年9月.
80. 中村 浩一, 下北 晃輔, 坂本 洋一, 三橋 信也, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広 :
Li-Mn系酸化物の電気伝導における非デバイ的振る舞い,
第15回超イオン導電体物性研究会・第56回固体イオニクス研究会講演要旨集, 37-38, 2011年5月.
81. 中村 浩一, 植木 晶夫, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広 :
Li系酸化物圧電体における構造変化とLi+イオン拡散挙動,
日本物理学会第66回年次大会, 2011年3月.
82. 中村 浩一, 植木 昌夫, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広 :
Li系圧電性酸化物の局所構造とリチウムイオン拡散におけるミリング効果,
第36回固体イオニクス討論会講演要旨集, 10-11, 2010年11月.
83. 下北 晃輔, 坂本 洋一, 中村 浩一, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広 :
メカニカルミリング法によるLiMn1.95Al0.05O4のLiイオン拡散,
応用物理学会中国四国支部 日本物理学会中国支部・四国支部 日本物理教育学会中国四国支部 2010年度支部学術講演会, 2010年7月.
84. 坂本 洋一, 下北 晃輔, 中村 浩一, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広 :
オリビン型LixMnPO4のLi濃度に対する電気伝導度変化,
応用物理学会中国四国支部 日本物理学会中国支部・四国支部 日本物理教育学会中国四国支部 2010年度支部学術講演会, 2010年7月.
85. 中村 浩一, 植木 晶夫, 下北 晃輔, 中原 全基, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広 :
リチウムイオン導電体における局所構造変化とイオン拡散挙動,
第54回固体イオニクス研究会・第14回超イオン導電体物性研究会講演要旨集, 17-20, 2010年5月.
86. 中村 浩一, 大浦 耕二朗, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広 :
リチウム化合物の微粒子化にともなうイオン拡散挙動の変化,
第5回固体イオニクスセミナー講演要旨集, 8-9, 2010年3月.
87. 中村 浩一, 大浦 耕二朗, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広, 和田 智志 :
圧電性酸化物における局所構造変化とリチウムイオン拡散,
第35回固体イオニクス討論会講演要旨集, 8-9, 2009年12月.
88. 中原 全基, 中村 浩一, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広 :
オリビン型LiM(M = Mn, Co, Ni)PO4のメカニカルミリング法による構造変化とLiイオン拡散,
第35回固体イオニクス討論会講演要旨集, 16-17, 2009年12月.
89. 下北 晃輔, 中村 浩一, 中原 全基, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広 :
Li2CuO2のメカニカルミリング法による構造変化とLi+イオン拡散,
日本物理学会 中国支部・四国支部 応用物理学会 中国四国支部 日本物理教育学会 中国四国支部 2009年度支部学術講演会, 122, 2009年8月.
90. 中村 浩一, 波床 明洋, 道廣 嘉隆 :
LiMO3 (M=Nb, Ta)のLi+イオン拡散挙動におけるミリング効果,
日本物理学会 中国支部・四国支部 応用物理学会 中国四国支部 日本物理教育学会 中国四国支部 2009年度支部学術講演会, 117, 2009年8月.
91. 大浦 耕二朗, 中村 浩一, 波床 明洋, 遠藤 茂紀, 伊槻 和也, 道廣 嘉隆 :
MNbO3 の(M=Ag,Na)における構造変化とイオン機能,
第34回固体イオニクス討論会講演要旨集, 13-14, 2008年12月.
92. 中村 浩一, 波床 明洋, 大浦 耕二朗, 伊槻 和也, 遠藤 茂記, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広 :
リチウム遷移金属酸化物の構造変化におけるミリング効果,
第34回固体イオニクス討論会講演要旨集, 21-22, 2008年12月.
93. 中村 浩一, 波床 明洋, 大浦 耕二朗, 伊槻 和也, 遠藤 茂, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広 :
リチウム遷移金属酸化物におけるミリング効果,
日本物理学会 2008年秋季大会, 2008年9月.
94. 中村 浩一, 大浦 耕二朗, 波床 明洋, 遠藤 茂記, 伊槻 和也, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広, 和田 智志 :
リチウム化合物におけるイオン拡散挙動とミリング効果,
第12回超イオン導電体物性研究会第49回固体イオニクス研究会講演要旨集, 105-110, 2008年6月.
95. 中村 浩一, 平野 宏, 大浦 耕二朗, 西岡 大輔, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広 :
リチウム化合物における結晶構造変化とイオンダイナミクス,
第33回固体イオニクス討論会要旨集, 216-217, 2007年12月.
96. 平野 宏, 中原 全基, 中村 浩一, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広 :
メカニカルミリング法によるLi-Mn-O系化合物の合成,
第33回固体イオニクス討論会要旨集, 214-215, 2007年12月.
97. 平野 宏, 若松 美幸, 中村 浩一, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広 :
LiCoO2のメカニカルミリング法による構造変化と電気伝導度,
日本物理学会 中国支部・四国支部 応用物理学会 中国四国支部 日本物理教育学会 中国四国支部 2007年度支部学術講演会, 2007年8月.
98. 西岡 大輔, 中村 浩一, 道廣 嘉隆, 出口 博之, M. Vijayakumar, S. Selvasekarapandian :
Li-V-O化合物におけるイオン拡散とNMR,
第32回固体イオニクス討論会, 16-17, 2006年11月.
99. 中村 浩一, 平野 宏, 西岡 大輔, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広, 山田 康治 :
リチウム遷移金属酸化物におけるイオン伝導と構造変化,
第32回固体イオニクス討論会, 14-15, 2006年11月.
100. 西岡 大輔, 中村 浩一, 道廣 嘉隆, 金城 辰夫, M. Vijayakumar, M. S. Bhuvaneswari, S. Selvasekarapandian :
LixV2O5におけるイオン拡散とイオン伝導度,
第31回固体イオニクス討論会, 30-31, 2005年11月.
101. 河井 健太, 中村 浩一, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広, 山田 康治 :
Li-Cu-O系化合物の電気伝導とLi+イオン拡散,
第31回固体イオニクス討論会, 32-33, 2005年11月.
102. 中村 浩一, 河井 健太, 森賀 俊広, 道廣 嘉隆, 金城 辰夫, 山田 康治 :
Li-Cu-O系化合物のLi+イオン拡散,
第9回超イオン導電体物性研究会·第37回固体イオニクス研究会, 2005年5月.
103. 西岡 大輔, 中村 浩一, 道廣 嘉隆, 金城 辰夫, M. Vijayakumar, M. S. Bhuvaneswari, S. Selvasekarapandian :
NMRによるリチウムバナジウム酸化物のLi+イオン拡散の研究,
第9回超イオン導電体物性研究会·第37回固体イオニクス研究会, 2005年5月.
104. 西岡 大輔, 中村 浩一, M. Vijayakumar, M. S. Bhuvaneswari, S. Selvasekarapandian, 道廣 嘉隆, 金城 辰夫 :
Li-V-O系化合物におけるLi+イオン拡散,
第30回固体イオニクス討論会, 2004年12月.
105. 中村 浩一, 河井 健太, 山田 康治, 森賀 俊広, 中林 一朗, 道廣 嘉隆, 金城 辰夫 :
Li-Cu-O系化合物におけるイオン伝導度とLi+イオン拡散,
第30回固体イオニクス討論会, 2004年12月.
106. 中村 浩一, 片山 史章, 道廣 嘉隆, マハブバル ラフマン モハマド, 森賀 俊広, 金城 辰夫 :
フォノンエコー法によるLiNbO3におけるイオン拡散の観測,
第25回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム, 2004年10月.
107. 中村 浩一, 道廣 嘉隆, マハブバル ラフマン モハマド, 金城 辰夫 :
リチウムイオン導電体のダイナミックフォノンエコーとイオン運動,
イオン導電体の乱れと物性, 1-4, 2004年5月.
108. 道廣 嘉隆, マハブバル ラフマン モハマド, 中村 浩一, 金城 辰夫 :
イオン導電性結晶の分極率と弾性定数,
第29回固体イオニクス討論会講演要旨集, 166-167, 2003年11月.
109. 中村 浩一, M. Vijayakumar, S. Selvasekarapandian, 金城 辰夫 :
LixV2O5におけるLi+イオン拡散,
第29回固体イオニクス討論会要旨集, 106-107, 2003年11月.
110. 中村 浩一, 道廣 嘉隆, マハブバル ラフマン モハマド, 金城 辰夫 :
リチウムイオン導電体における超音波吸収とLi+イオン拡散,
第29回固体イオニクス討論会要旨集, 190-191, 2003年11月.
111. 中村 浩一, 道廣 嘉隆, マハブバル ラフマン モハマド, 金城 辰夫 :
フォノンエコーでみたイオン導電体のイオン運動,
第48回音波の物性と化学討論会講演論文集, 51-53, 2003年11月.
112. 中村 浩一, 道廣 嘉隆, 金城 辰夫, M. Vijayakumar, S. Selvasekarapandian :
LixV2O5におけるLi+イオン拡散と相構造,
イオン導電体の物性, 17-20, 2003年5月.
113. 道廣 嘉隆, マハブバル ラフマン モハマド, 中村 浩一, 金城 辰夫 :
蛍石型構造結晶のイオンの分極率及び遮蔽係数,
第28回固体イオニクス討論会講演要旨集, 136-137, 2002年11月.
114. 中村 浩一, 元木 啓介, 道廣 嘉隆, 金城 辰夫, 栗山 一男, 浜中 廣見, 矢萩 正人 :
β-LiGaにおける緩和異常とリチウム空孔拡散,
第28回固体イオニクス討論会要旨集, 106-107, 2002年11月.
115. 中村 浩一, 道廣 嘉隆, 金城 辰夫, 森賀 俊広, 中林 一朗 :
NMRからみたリチウム遷移金属酸化物のリチウムイオン拡散,
イオン導電体のイオンの輸送現象, 85-88, 2002年5月.
116. 道廣 嘉隆, マハブバル ラフマン モハマド, 中村 浩一, 金城 辰夫 :
塩化セシウム型構造結晶のイオンの分極率及び遮蔽係数,
第27回固体イオニクス討論会講演要旨集, 72-73, 2001年11月.
117. 中村 浩一, 大西 貴光, 大野 秀樹, 森賀 俊広, 加集 美宏, 炭 昭義, 山本 友幸, 道廣 嘉隆, 中林 一朗, 金城 辰夫 :
リチウム遷移金属酸化物のNMR-LiMO2(M=Co,Ni,Cu)におけるLi+イオン拡散-,
第27回固体イオニクス討論会講演要旨集, 184-185, 2001年11月.
118. 元木 啓介, 中村 浩一, 道廣 嘉隆, 栗山 一男, 浜中 廣見, 矢萩 正人, 金城 辰夫 :
LiGaにおける欠陥構造とLi+イオン拡散,
第27回固体イオニクス討論会講演要旨集, 186-187, 2001年11月.
119. 中村 浩一, 元木 啓介, 道廣 嘉隆, 金城 辰夫, 栗山 一男, 浜中 廣見, 矢萩 正人 :
リチウム系金属間化合物におけるリチウムイオン拡散,
超イオン導電体のイオンの輸送現象, 35-42, 2001年5月.
120. 道廣 嘉隆, マハブバル ラフマン モハマド, 中村 浩一, 金城 辰夫 :
岩塩型結晶の deformation dipole と有効電荷,
第26回固体イオニクス討論会講演要旨集, 242-243, 2000年11月.
121. 中村 浩一, 大野 秀樹, 道廣 嘉隆, 中林 一朗, 金城 辰夫 :
リチウム遷移金属酸化物のNMR-LixCoO2におけるLiイオン拡散と構造変化-,
第26回固体イオニクス討論会講演要旨集, 6-7, 2000年11月.
122. 中村 浩一, 金城 辰夫 :
LixCoO2におけるLiイオン拡散のNMRによる研究,
イオン伝導性固体のイオン輸送, 43-50, 2000年4月.
123. 道廣 嘉隆, マハブバル ラフマン モハマド, 中村 浩一, 金城 辰夫 :
リチウムハライドのリチウムイオンの分極率及び遮蔽係数,
第25回固体イオニクス討論会講演要旨集, 231-232, 1999年12月.
124. 中村 浩一, 大野 秀樹, 道廣 嘉隆, 中林 一朗, 金城 辰夫 :
リチウム遷移金属酸化物のNMR-LixCoO2におけるLiイオン拡散-,
第25回固体イオニクス討論会講演要旨集, 105-106, 1999年12月.
125. 中村 浩一, 大野 秀樹, 山本 宗生, 道廣 嘉隆, 中林 一朗, 金城 辰夫 :
リチウム遷移金属酸化物のNMR-7Liの線幅とリチリウムイオン運動-,
第24回固体イオニクス討論会, 165-166, 1998年11月.
126. 中村 浩一, 山本 宗生, 道廣 嘉隆, 中林 一朗, 金城 辰夫 :
リチウム遷移金属酸化物のNMR-リチウム欠損とイオン導電性-,
第23回固体イオニクス討論会講演要旨集, 111-112, 1997年12月.
127. 中村 浩一, 山本 宗生, 中林 一朗, 金城 辰夫 :
リチウム遷移金属酸化物のNMR-磁気緩和とイオン導電性-,
第22回固体イオニクス討論会講演要旨集, 47-48, 1996年11月.

その他・研究会:

1. 中村 浩一 :
リチウムイオン導電体の材料と物性,
第二回瀬戸内自然エネルギー研究会 ''地球温暖化軽減に向けて!'' 講演要旨集, 5-7, 2010年11月.
2. 中村 浩一, 大浦 耕二朗, 波床 明洋, 伊槻 和也, 遠藤 茂記, 道廣 嘉隆, 森賀 俊広, 和田 智志 :
リチウム化合物における結晶構造の乱れとイオンダイナミクス,
第15回中国・四国・北九州地区誘電体セミナー, 2008年12月.
3. Md. Rahman Mahbubar, Yoshitaka Michihiro, Koichi Nakamura and Tatsuo Kanashiro :
Electronic Polarizability of Fluorine Ion in Cubic Crystals,
第10回中国四国北九州地区誘電体セミナー, 21-25, Jun. 2003.
4. 道廣 嘉隆, マハブバル ラフマン モハマド, 中村 浩一, 金城 辰夫 :
立方構造2元イオン結晶のハロゲンイオンの分極率,
第7回超イオン導電体物性研究会, 33-36, 2003年5月.
5. 道廣 嘉隆, マハブバル ラフマン モハマド, 中村 浩一, 金城 辰夫 :
立方構造2元イオン結晶のイオンの分極率及び遮蔽係数,
第6回超イオン導電体物性研究会, 61-64, 2002年5月.
6. 道廣 嘉隆, マハブバル ラフマン モハマド, 中村 浩一, 金城 辰夫 :
蛍石型構造結晶の電子分極,
第7回中国四国北九州地区誘電体セミナー, 17-18, 2001年12月.
7. 道廣 嘉隆, マハブバル ラフマン モハマド, 中村 浩一, 元木 啓介, 金城 辰夫 :
塩化セシウム型構造結晶の電子分極,
第6回中国四国北九州地区誘電体セミナー, 31-34, 2001年6月.
8. 道廣 嘉隆, 中村 浩一, 金城 辰夫 :
岩塩型構造ナトリウムおよび銀ハライドの電子分極と有効電荷,
第3回中国四国北九州地区誘電体セミナー, 10-11, 1999年12月.
9. 道廣 嘉隆, ジー ディー メーハン, 中村 浩一, 金城 辰夫 :
岩塩構造アルカリハライドの電子分極,
第1回中国四国北九州地区誘電体セミナー, 14-15, 1998年12月.

報告書:

1. 中村 浩一, 小俣 孝久 :
多核NMR による酸化物の局所構造変化とイオン拡散挙動に関する研究,
物質・デバイス領域共同研究拠点研究成果報告書(令和2年度), 大阪, 2021年3月.
2. 中村 浩一, 小俣 孝久 :
多核NMR による酸化物の局所構造変化とイオン拡散挙動に関する研究,
物質・デバイス領域共同研究拠点研究成果報告書(平成31年度), 大阪, 2020年3月.
3. 中村 浩一, 河村 純一 :
多核NMR による酸化物の局所構造変化とイオン拡散挙動に関する研究,
物質・デバイス領域共同研究拠点研究成果報告書(平成30年度), 大阪, 2019年3月.
4. 中村 浩一, 河村 純一 :
多核NMR による酸化物の局所構造変化とイオン拡散挙動に関する研究,
物質・デバイス領域共同研究拠点研究成果報告書(平成29年度), 大阪, 2018年3月.
5. 中村 浩一, 犬飼 宗弘, 河村 純一 :
多核NMR による酸化物の局所構造変化とイオン拡散挙動に関する研究,
物質・デバイス領域共同研究拠点研究成果報告書(平成27年度), 大阪, 2016年3月.
6. 中村 浩一, 河村 純一 :
多核NMR による酸化物の局所構造変化とイオン拡散挙動に関する研究,
物質・デバイス領域共同研究拠点研究成果報告書(平成26年度), 大阪, 2015年3月.
7. 中村 浩一, 河村 純一 :
多核NMR による酸化物の局所構造変化とイオン拡散挙動に関する研究,
物質・デバイス領域共同研究拠点研究成果報告書(平成25年度), 大阪, 2014年3月.
8. 中村 浩一, 河村 純一 :
多核NMR による酸化物中のアルカリ金属イオンおよび貴金属イオンの拡散挙動と局所構造に関する研究,
物質・デバイス領域共同研究拠点研究成果報告書(平成24年度), 149-150, 大阪, 2013年3月.
9. 中村 浩一, 河村 純一 :
多核NMR によるリチウムイオン2次電池材料におけるイオン拡散挙動の研究,
物質・デバイス領域共同研究拠点研究成果報告書(平成23年度), 187-188, 大阪, 2012年3月.
10. 中村 浩一, 桑田 直明, 岩井 良樹, 河村 純一 :
多核NMR によるリチウムイオン2次電池材料におけるイオン拡散挙動の研究,
物質・デバイス領域共同研究拠点研究成果報告書(平成22年度), 90-91, 大阪, 2011年3月.
11. 桐山 聰, 英 崇夫, 荒木 秀夫, 中村 浩一, 黒岩 眞吾, 藤澤 正一郎, 原口 雅宣, 玉置 俊晃, 羽地 達次, 高石 喜久, 來山 征士, 大橋 眞, 上田 哲史 :
特色ある大学教育支援プログラム「進取の気風」を育む創造性教育の推進 平成17年度 報告書, --- 若者のセルフ·マネジメント能力を育てる徳島大学創成学習開発センターの活動 ---,
特色ある大学教育支援プログラム「進取の気風」を育む創造性教育の推進 平成17年度 報告書, 徳島, 2006年3月.
12. 英 崇夫, 荒木 秀夫, 中村 浩一, 黒岩 眞吾, 原口 雅宣, 桐山 聰 :
特色ある大学教育支援プログラム 「進取の気風」を育む創造性教育の推進 平成15,16年度 報告書,
平成15,16年度 報告書, 徳島, 2005年4月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 遷移金属酸化物における局所構造の乱れとマルチキャリアダイナミクス (研究課題/領域番号: 19K05003 )
  • ワイドバンドギャップ金属酸窒化物のストイキオメトリ制御による高機能化 (研究課題/領域番号: 18H02059 )
  • 可動イオンが引き起こす強相関電子の新規物性発現機構の解明 (研究課題/領域番号: 17K05034 )
  • 遷移金属酸化物微粒子の局所構造制御とイオン機能の発現に関する研究 (研究課題/領域番号: 21560699 )
  • 新科学技術教育システムの構築 (研究課題/領域番号: 21500878 )
  • 非線形超音波共鳴法を用いた非晶質固体の構造の乱れと高速イオン拡散に関する研究 (研究課題/領域番号: 18540321 )
  • 共鳴エコー法を用いた超イオン導電体におけるイオン機能の研究 (研究課題/領域番号: 15540315 )
  • 共鳴型超音波測定システムの開発と超イオン導電体への応用 (研究課題/領域番号: 14540306 )
  • イオン伝導材料応用物理の新展開 (研究課題/領域番号: 13895001 )
  • リチウムイオン電池電極材料のイオン機能のNMRおよびフォノンエコー法による研究 (研究課題/領域番号: 12640316 )
  • リチウム遷移金属酸化物におけるリチウムイオン伝導のNMRによる研究 (研究課題/領域番号: 09740246 )
  • リチウム遷移金属酸化物のイオン導電性とNMR (研究課題/領域番号: 08640422 )
  • 超イオン導電体における貴金属イオンの特異性とNMR (研究課題/領域番号: 08229239 )
  • 研究者番号(20284317)による検索