検索:
徳島大学大学院医歯薬学研究部保健学域保健科学部門医用検査学系生体機能解析学
徳島大学保健科学研究科保健学専攻医用検査学領域
徳島大学医学部保健学科検査技術科学専攻機能系検査学講座
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (登録)2203010 糖尿病神経障害の早期発見を目的とした動的バランス機能計測とその測定器開発
徳島大学病院診療科内科内分泌・代謝内科
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (登録)2104005 ミトコンドリア移植による加齢性病態,組織損傷,および治療抵抗性腫瘍に対する新規治療法の開発
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (登録)2203006 宿主の炎症型マクロファージを標的とした抗炎症療法の開発
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (選定)2103001 リード薬の構造活性相関による新規構造化合物の創出とその物性・治療活性の最適化
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

専門分野

医学 (Medicine)

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. 遠藤 逸朗 :
活性型ビタミンD製剤を処方するときの注意点は?,
日本医事新報社, 2022年8月.
2. 吉田 守美子, 原 倫世, 山口 佑樹, 近藤 剛史, 遠藤 ふうり, 筒井 康継, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 中島 公平, 安倍 正博 :
急速に腫瘍が増大し悪性転化が疑われたCushing病の1例,
2019年6月.
3. 遠藤 逸朗 :
骨組織を標的とした新しい診断・治療法,
メディカルレビュー社, 2016年2月.
4. 遠藤 逸朗 :
活性型ビタミンD,
最新医学社, 2016年1月.
5. 遠藤 逸朗 :
2型糖尿病と骨折リスク,
2015年6月.
6. 遠藤 逸朗 :
骨粗鬆症の薬物療法,活性型ビタミンD3薬,
医薬ジャーナル社, 2015年2月.
7. 近藤 剛史, 遠藤 逸朗 :
甲状腺機能異常症,
JOHNS 耳鼻咽喉科薬物療法, JOHNS 耳鼻咽喉科薬物療法, 2015年.
8. 近藤 剛史, 遠藤 逸朗 :
甲状腺機能異常症,
株式会社 東京医学社, 2015年.
9. 安倍 正博, 遠藤 逸朗 :
高カルシウム血症,
医薬ジャーナル社, 2013年3月.
10. 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 松本 俊夫 :
骨転移の分子標的治療薬,
2012年12月.
11. 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
テリパラチド皮下注製剤の骨形成促進作用とその使用法,
株式会社 メジカルビュー社, 2012年6月.
12. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
不動性骨粗鬆症,
2010年10月.
13. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
新規開発中の治療薬,
医薬ジャーナル, 東京, 2010年10月.
14. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
不動性骨粗鬆症,
2010年10月.
15. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
ビタミンDの古典的作用-基礎と臨床からー,
2010年7月.
16. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
[Hormones and osteoporosis update. Vitamin D and bone].,
2009年7月.
(PubMed: 19567986)
17. 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
骨代謝 (ホルモンの病態異常と臨床検査) -- (各論 多臓器,組織におけるホルモン相互間作用),
株式会社 医学書院, 2008年.
(CiNii: 1523669554734027776)

学術論文(審査論文):

1. Shiho Masuda, Tomoyo Hara, Hiroki Yamagami, Yukari Mitsui, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Takeshi Harada, Toshiki Otoda, Tomoyuki Yuasa, Shingen Nakamura, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto, Munehide Matsuhisa, Masahiro Abe and Ken-ichi Aihara :
Vascular Endothelial Function Is Associated with eGFR Slope in Female and Non-Smoking Male Individuals with Cardiovascular Risk Factors: A Pilot Study on the Predictive Value of FMD for Renal Prognosis.,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, 2023.
(徳島大学機関リポジトリ: 118250,   DOI: 10.5551/jat.63987,   PubMed: 37081616)
2. Emiko Nakaue, Jumpei Teramachi, Hirofumi Tenshin, Masahiro Hiasa, Takeshi Harada, Asuka Oda, Yusuke Inoue, Sou Shimizu, Yoshiki Higa, Kimiko Sogabe, Masahiro Oura, Tomoyo Hara, Ryohei Sumitani, Tomoko Maruhashi, Hiroki Yamagami, Itsuro Endo, Eiji Tanaka and Masahiro Abe :
Mechanisms of preferential bone formation in myeloma bone lesions by proteasome inhibitors.,
International Journal of Hematology, 2023.
(徳島大学機関リポジトリ: 118380,   DOI: 10.1007/s12185-023-03601-2,   PubMed: 37039914)
3. Taiki Hori, Shingen Nakamura, Hiroki Yamagami, Saya Yasui, Minae Hosoki, Tomoyo Hara, Yukari Mitsui, Shiho Masuda, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Takeshi Harada, Akio Kuroda, Toshiki Otoda, Tomoyuki Yuasa, Itsuro Endo, Munehide Matsuhisa, Masahiro Abe and Ken-ichi Aihara :
Phase angle and extracellular water-to-total body water ratio estimated by bioelectrical impedance analysis are associated with levels of hemoglobin and hematocrit in patients with diabetes.,
Heliyon, Vol.9, No.4, 2023.
(徳島大学機関リポジトリ: 118251,   DOI: 10.1016/j.heliyon.2023.e14724,   PubMed: 37057050)
4. Yoshiki Higa, Masahiro Hiasa, Hirofumi Tenshin, Emiko Nakaue, Mariko Tanaka, Sooha Kim, Motosumi Nakagawa, Sou Shimizu, Kotaro Tanimoto, Jumpei Teramachi, Takeshi Harada, Asuka Oda, Masahiro Oura, Kimiko Sogabe, Tomoyo Hara, Ryohei Sumitani, Tomoko Maruhashi, Hiroki Yamagami, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto, Eiji Tanaka and Masahiro Abe :
The Xanthine Oxidase Inhibitor Febuxostat Suppresses Adipogenesis and Activates Nrf2.,
Antioxidants, Vol.12, No.1, 2023.
(徳島大学機関リポジトリ: 118313,   DOI: 10.3390/antiox12010133,   PubMed: 36670994)
5. Bingzi Dong, Masahiro Hiasa, Yoshiki Higa, Yukiyo Ohnishi, Itsuro Endo, Takeshi Kondo, Yuichi Takashi, Maria Tsoumpra, Risa Kainuma, Shun Sawatsubashi, Hiroshi Kiyonari, Go Shioi, Hiroshi Sakaue, Tomoki Nakashima, Shigeaki Kato, Masahiro Abe, Seiji Fukumoto and Toshio Matsumoto :
Osteoblast/osteocyte-derived interleukin-11 regulates osteogenesis and systemic adipogenesis.,
Nature Communications, Vol.13, No.1, 2022.
(DOI: 10.1038/s41467-022-34869-3,   PubMed: 36424386)
6. Tomoyo Hara, Ryoko Uemoto, Akiko Sekine, Yukari Mitsui, Shiho Masuda, Hiroki Yamagami, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Toshiki Otoda, Tomoyuki Yuasa, Akio Kuroda, Yasumasa Ikeda, Itsuro Endo, Soichi Honda, Katsuhiko Yoshimoto, Akira Kondo, Toshiaki Tamaki, Toshio Matsumoto, Munehide Matsuhisa, Masahiro Abe and Ken-ichi Aihara :
Plasma Heparin Cofactor II Activity Is Inversely Associated with Hepatic Fibrosis of Non-Alcoholic Fatty Liver Disease in Patients with Type 2 Diabetes Mellitus.,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 118258,   DOI: 10.5551/jat.63752,   PubMed: 36244745)
7. Sou Shimizu, Jumpei Teramachi, Takeshi Harada, Masahiro Hiasa, Hirofumi Tenshin, A Oda, A Seki, Y Inoue, Kotaro Tanimoto, Yoshiki Higa, M Oura, K Sogabe, Takeshi Harada, Ryohei Sumitani, T Maruhashi, H Yamagami, Y Sawa, Itsuro Endo, K Tsuneyama, Toshio Matsumoto, Eiji Tanaka and Masahiro Abe :
Aberrant upregulation of the endogenous PP2A inhibitor CIP2A is vital for myeloma cell growth and survival,
International Journal of Myeloma, Vol.12, No.2, 14-23, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 117150,   DOI: 10.57352/ijm.12.2_14,   CiNii: 1390573947533793024)
8. Asami Okada, Misuzu Yamada-Yamashita, Yukari Tominaga, Kyoka Jo, Hiroyasu Mori, Reiko Suzuki, Masashi Ishizu, Motoyuki Tamaki, Yuko Akehi, Yuichi Takashi, Daisuke Koga, Eisuke Shimokita, Fuminori Tanihara, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Yukari Mitsui, Shiho Masuda, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Shoji Kagami, Masahiro Abe, Kevin Ferreri, Yoshio Fujitani, Munehide Matsuhisa and Akio Kuroda :
Novel method utilizing bisulfite conversion with dual amplification-refractory mutation system polymerase chain reaction to detect circulating pancreatic β-cell cfDNA.,
Journal of Diabetes Investigation, Vol.13, No.7, 1140-1148, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 117206,   DOI: 10.1111/jdi.13806,   PubMed: 35396829)
9. Kotaro Tanimoto, Masahiro Hiasa, Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Asuka Oda, Takeshi Harada, Yoshiki Higa, Kimiko Sogabe, Masahiro Oura, Ryohei Sumitani, Tomoyo Hara, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto, Eiji Tanaka and Masahiro Abe :
Mechanical unloading aggravates bone destruction and tumor expansion in myeloma.,
Haematologica, Vol.107, No.3, 744-749, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 116715,   DOI: 10.3324/haematol.2021.278295,   PubMed: 34788982)
10. Yukari Mitsui, Akio Kuroda, Masashi Ishizu, Hiroyasu Mori, Kiyoe Kurahashi, Takeshi Kondo, Sumiko Yoshida, Yuko Akehi, Ken-ichi Aihara, Itsuro Endo, Masahiro Abe and Munehide Matsuhisa :
Basal insulin requirement in patients with type 1 diabetes depends on the age and body mass index.,
Journal of Diabetes Investigation, Vol.13, No.2, 292-298, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 116546,   DOI: 10.1111/jdi.13547,   PubMed: 33740836)
11. Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Mohannad Ashtar, Masahiro Hiasa, Yusuke Inoue, Asuka Oda, Kotaro Tanimoto, Sou Shimizu, Yoshiki Higa, Takeshi Harada, Masahiro Oura, Kimiko Sogabe, Tomoyo Hara, Ryohei Sumitani, Tomoko Maruhashi, Mayu Sebe, Rie Tsutsumi, Hiroshi Sakaue, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto, Eiji Tanaka and Masahiro Abe :
TGF-β-activated kinase-1 inhibitor LL-Z1640-2 reduces joint inflammation and bone destruction in mouse models of rheumatoid arthritis by inhibiting NLRP3 inflammasome, TACE, TNF-α and RANKL expression.,
Clinical & translational immunology, Vol.11, No.1, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 117260,   DOI: 10.1002/cti2.1371,   PubMed: 35079379)
12. Yukari Mitsui, Yuto Iizuka, Tomoaki Tanaka, Tomoyo Hara, Shiho Masuda, Yukiyo Ohnishi, Mai Kanai, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Takeshi Kondo, Toshiko Kanezaki, Yasumi Shintani, Hiroki Yamagami, Hiroyuki Yamaguchi, Yuichi Fujinaka, Kana Morimoto, Atsuhisa Shirakami, Ken-ichi Aihara, Seiji Fukumoto, Masahiro Abe and Itsuro Endo :
An attempt to create a treatment algorithm of central adrenal insufficiency using CRH test, DHEA-S and clinical evaluation.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.69, No.3.4, 287-293, 2022.
(徳島大学機関リポジトリ: 117738,   DOI: 10.2152/jmi.69.287,   PubMed: 36244782)
13. 岡田 朝美, 山田 美鈴, 森 博康, 明比 祐子, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 黒田 暁生 :
循環血中遊離 DNA を用いた膵β細胞傷害の新規検出法の確立,
四国医学雑誌, Vol.77, No.5,6, 249-245, 2021年.
(徳島大学機関リポジトリ: 117138,   CiNii: 1050292317645976448)
14. 木村 蘭子, 倉橋 清衛, 細木 美苗, 辻 誠士郎, 三井 由加里, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 福本 誠二, 安倍 正博 :
繰り返す脆弱性骨折を契機に発見されたクッシング症候群の一例,
四国医学雑誌, Vol.77, No.5-6, 269-274, 2021年.
(徳島大学機関リポジトリ: 116832,   CiNii: 1050573637786980224)
15. 吉川 紘平, 金子 遥祐, 辻 誠士郎, 河田 沙紀, 川原 綾香, 森 建介, 遠藤 ふうり, 原 倫世, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 安倍 正博, 松久 宗英 :
TIA様症状を契機に診断されたインスリノーマの1例,
四国医学雑誌, Vol.77, No.5-6, 275-280, 2021年.
(徳島大学機関リポジトリ: 116831,   CiNii: 1050855112792865536)
16. 川原 綾香, 倉橋 清衛, 工藤 千晶, 鎌田 基夢, 加藤 真介, 富岡 有紀子, 辻本 賀美, 安井 沙耶, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 三井 由加里, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 :
歩行不能だったが,多職種の高度な連携と患者特性に配慮したケアにより自宅生活可能となった高度肥満症の一例,
四国医学雑誌, Vol.76, No.1, 317-322, 2021年.
(徳島大学機関リポジトリ: 115801,   CiNii: 1050568937749256704)
17. Yuichi Takashi, Shun Sawatsubashi, Itsuro Endo, Yukiyo Ohnishi, Masahiro Abe, Munehide Matsuhisa, Daiji Kawanami, Toshio Matsumoto and Seiji Fukumoto :
Skeletal FGFR1 signaling is necessary for regulation of serum phosphate level by FGF23 and normal life span.,
Biochemistry and Biophysics Reports, Vol.27, 101107, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 116283,   DOI: 10.1016/j.bbrep.2021.101107,   PubMed: 34458594)
18. Tomoyo Hara, Ryoko Uemoto, Akiko Sekine, Yukari Mitsui, Shiho Masuda, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Toshiki Otoda, Tomoyuki Yuasa, Akio Kuroda, Yasumasa Ikeda, Itsuro Endo, Soichi Honda, Katsuhiko Yoshimoto, Akira Kondo, Toshiaki Tamaki, Toshio Matsumoto, Munehide Matsuhisa, Masahiro Abe and Ken-ichi Aihara :
Plasma Heparin Cofactor II Activity Is Inversely Associated with Albuminuria and Its Annual Deterioration in Patients with Diabetes.,
Journal of Diabetes Investigation, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 116545,   DOI: 10.1111/jdi.13602,   PubMed: 34043882)
19. Jumpei Teramachi, Hirofumi Tenshin, Masahiro Hiasa, Asuka Oda, Ariunzaya Bat-Erdene, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Mohannad Ashtar, Sou Shimizu, Masami Iwasa, Kimiko Sogabe, Masahiro Oura, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Tatsuji Haneji, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
TAK1 is a pivotal therapeutic target for tumor progression and bone destruction in myeloma,
Haematologica, Vol.106, No.5, 1401-1413, 2021.
(徳島大学機関リポジトリ: 116529,   DOI: 10.3324/haematol.2019.234476,   PubMed: 32273474)
20. 桝田 志保, 吉田 守美子, 工藤 千晶, 辻本 賀美, 安井 沙耶, 遠藤 ふうり, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 轟 貴史, 安倍 正博 :
診断に時間を要した高齢者の甲状腺クリーゼの1例,
日本老年医学会雑誌, Vol.58, No.1, 158-163, 2021年.
(DOI: 10.3143/geriatrics.58.158,   CiNii: 1390568772520282112)
21. Toshio Matsumoto and Itsuro Endo :
RANKL as a target for the treatment of osteoporosis,
Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.39, No.1, 91-105, 2021.
(DOI: 10.1007/s00774-020-01153-7,   PubMed: 33057808)
22. 川原 綾香, 倉橋 清衛, 鎌田 基夢, 加藤 真介, 富岡 有紀子, 辻本 賀美, 安井 沙耶, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 三井 由加里, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 :
多職種連携と患者特性に配慮したケアを行った高度肥満症の一例,
四国医学雑誌, Vol.76, No.5-6, 317-322, 2020年.
(CiNii: 1050568937749256704)
23. 桑村 由美, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 澄川 真珠子, 坂本 英次郎, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 湯本 浩通, 上村 浩一, 岡本 美鈴, 大和 光, 松久 宗英, 遠藤 逸朗, 岸田 佐智 :
糖尿病患者の口腔保健行動アセスメントツールを用いた看護支援プログラムの評価,
糖尿病, Vol.63, No.Supplement, S117, 2020年.
24. Toshio Matsumoto and Itsuro Endo :
MInodronate,
Bone, Vol.137, 115432, 2020.
(DOI: 10.1016/j.bone.2020.115432,   PubMed: 32422295)
25. Yumi Kuwamura, Sumiko Yoshida, Kiyoe Kurahashi, Masuko Sumikawa, Eijiro Sakamoto, Ken-ichi Aihara, Hiromichi Yumoto, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Toshiyuki Yasui and Sachi Kishida :
Modified diabetes oral health assessment tool (M-DiOHAT©) for nurses and their association with efficacy beliefs and outcome expectancies in patients with diabetes,
JNI : The Journal of Nursing Investigation, Vol.18, No.1, 13-26, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114058,   DOI: 10.32273/jni.JNI_018_013)
26. Mohannad Ashtar, Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Ariunzaya Bat-Erdene, Masahiro Hiasa, Asuka Oda, Kotaro Tanimoto, Sou Shimizu, Yoshiki Higa, Takeshi Harada, Masahiro Oura, Kimiko Sogabe, Shingen Nakamura, Shiroh Fujii, Ryohei Sumitani, Hirokazu Miki, Kengo Udaka, Mamiko Takahashi, Kumiko Kagawa, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
The Roles of ROS Generation in RANKL-Induced Osteoclastogenesis: Suppressive Effects of Febuxostat.,
Cancers, Vol.12, No.4, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 115041,   DOI: 10.3390/cancers12040929,   PubMed: 32283857)
27. 松田 宙也, 倉橋 清衛, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 三井 由加里, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 福本 誠二 :
症状発現から診断までに半年を要したACTH単独欠損症の一例,
四国医学雑誌, Vol.75, No.1, 2, 69-74, 2019年.
(徳島大学機関リポジトリ: 113765,   CiNii: 1050845763703567104)
28. Dong Bingzi, Itsuro Endo, Ohnishi Yukoyo, Mitsui Yukari, Kiyoe Kurahashi, Mai Kanai, Masahiro Hiasa, Jumpei Teramachi, Hirofumi Tenshin, Seiji Fukumoto, Masahiro Abe and Toshio Matsumoto :
Persistent Activation of Calcium-Sensing Receptor Suppresses Bone Turnover, Increases Microcracks, and Decreases Bone Strength.,
JBMR Plus, Vol.3, No.7, e10182, 2019.
(DOI: 10.1002/jbm4.10182,   PubMed: 31372589)
29. Hiroyasu Mori, Akio Kuroda, Masashi Ishizu, Mami Ohishi, Yuichi Takashi, Yinhua Otsuka, Satoshi Taniguchi, Motoyuki Tamaki, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Makoto Funaki, Yuko Akehi and Munehide Matsuhisa :
Association of accumulated advanced glycation end-products with a high prevalence of sarcopenia and dynapenia in patients with type 2 diabetes.,
Journal of Diabetes Investigation, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114022,   DOI: 10.1111/jdi.13014,   PubMed: 30677242)
30. Shusuke Yagi, Itsuro Endo, Taichi Murakami, Tetsuya Hida, Yousuke Yamamoto, Tomohiro Soga, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Daiju Fukuda, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Shinji Kawahito and Masataka Sata :
Adult onset of Immunoglobulin A vasculitis - A case report,,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.66, No.3,4, 344-346, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114166,   DOI: 10.2152/jmi.66.344,   PubMed: 31656302)
31. Ariunzaya Bat-Erdene, Shingen Nakamura, Asuka Oda, Masami Iwasa, Jumpei Teramachi, Mohannad Ashtar, Takeshi Harada, Hirokazu Miki, Hirofumi Tenshin, Masahiro Hiasa, Shiroh Fujii, Kimiko Sogabe, Masahiro Oura, Kengo Udaka, Kumiko Kagawa, Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Kiyoe Kurahashi, Itsuro Endo and Masahiro Abe :
Class 1 HDAC and HDAC6 inhibition inversely regulates CD38 induction in myeloma cells via interferon-α and ATRA.,
British Journal of Haematology, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113393,   DOI: 10.1111/bjh.15673,   PubMed: 30474853,   Elsevier: Scopus)
32. Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Asuka Oda, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Ryota Amachi, Hirofumi Tenshin, Masami Iwasa, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Hirokazu Miki, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Tatsuji Haneji, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Pim-2 is a critical target for treatment of osteoclastogenesis enhanced in myeloma.,
British Journal of Haematology, Vol.180, No.4, 581-585, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112935,   DOI: 10.1111/bjh.14388,   PubMed: 27748523)
33. Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Asuka Oda, Hirokazu Miki, Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Ariunzaya Bat-Erdene, Yusaku Maeda, Masahiro Oura, Mamiko Takahashi, Masami Iwasa, Itsuro Endo, Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Kiyoe Kurahashi, Takeshi Harada, Kumiko Kagawa, Michiyasu Nakao, Shigeki Sano and Masahiro Abe :
Unique anti-myeloma activity by thiazolidine-2,4-dione compounds with Pim inhibiting activity.,
British Journal of Haematology, Vol.180, No.2, 246-258, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112752,   DOI: 10.1111/bjh.15033,   PubMed: 29327347,   Elsevier: Scopus)
34. Hirokazu Miki, Shingen Nakamura, Asuka Oda, Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Ariunzaya Bat-Erdene, Yusaku Maeda, Masahiro Oura, Mamiko Takahashi, Masami Iwasa, Takeshi Harada, Shiroh Fujii, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Kumiko Kagawa, Itsuro Endo, Aihara Kenichi, Mariko Ikuo, Kouji Itou, Koichiro Hayashi, Michihiro Nakamura and Masahiro Abe :
Effective impairment of myeloma cells and their progenitors by hyperthermia.,
Oncotarget, Vol.9, No.12, 10307-10316, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 113059,   DOI: 10.18632/oncotarget.23121,   PubMed: 29535808,   Elsevier: Scopus)
35. Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Takeshi Kondo, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Daiju Fukuda, Yutaka Nakaya, Kin-Ichiro Suwaki, Takashi Takeji, Toshihiro Wada, Masdan Hotimah Salim, Saori Hama, Tomomi Matsuura, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Takeshi Tobiume, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Munehide Matsuhisa, Michio Shimabukuro, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Predictors for the Treatment Effect of Sodium Glucose Co-transporter 2 Inhibitors in Patients with Type 2 Diabetes Mellitus.,
Advances in Therapy, Vol.35, No.1, 124-134, 2017.
(DOI: 10.1007/s12325-017-0639-z,   PubMed: 29185199,   Elsevier: Scopus)
36. Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Asuka Oda, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, Ariunzaya Bat-Erdene, Keiichiro Watanabe, Masami Iwasa, Takeshi Harada, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Kimiko Sogabe, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Kenichi Aihara, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
TAK1 inhibition subverts the osteoclastogenic action of TRAIL while potentiating its antimyeloma effects.,
Blood Advances, Vol.1, No.24, 2124-2137, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111724,   DOI: 10.1182/bloodadvances.2017008813,   PubMed: 29296860)
37. Kiyoe Kurahashi, Itsuro Endo, Takeshi Kondo, Kana Morimoto, Sumiko Yoshida, Akio Kuroda, Ken-ichi Aihara, Munehide Matsuhisa, Kohhei Nakajima, Yoshifumi Mizobuchi, Shinji Nagahiro, Masahiro Abe and Seiji Fukumoto :
Remarkable Shrinkage of a Growth Hormone (GH)-secreting Macroadenoma Induced by Somatostatin Analogue Administration: A Case Report and Literature Review.,
Internal Medicine, Vol.56, No.18, 2455-2461, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 114396,   DOI: 10.2169/internalmedicine.8223-16,   PubMed: 28824054,   Elsevier: Scopus)
38. Jun Okazaki, Naoki Muguruma, Shinji Kitamura, Tetsuo Kimura, Koichi Okamoto, Hiroshi Miyamoto, Kazuhiro Kishi, Yoshimi Bando, Takeshi Kondo, Itsuro Endo, Masahiro Abe and Tetsuji Takayama :
Paraneoplastic hypocalcemia developed in gastric cancer accompanied by osteoblastic metastasis,
Internal Medicine, Vol.56, No.11, 1345-1349, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 114393,   DOI: 10.2169/internalmedicine.56.8545,   PubMed: 28566596,   Elsevier: Scopus)
39. Kiyoe Kurahashi, Seika Inoue, Sumiko Yoshida, Yasumasa Ikeda, Kana Morimoto, Ryoko Uemoto, Kazue Ishikawa, Takeshi Kondo, Tomoyuki Yuasa, Itsuro Endo, Masato Miyake, Seiichi Oyadomari, Toshio Matsumoto, Masahiro Abe, Hiroshi Sakaue and Ken-ichi Aihara :
The Role of Heparin Cofactor in the Regulation of Insulin Sensitivity and Maintenance of Glucose Homeostasis in Humans and Mice.,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 110925,   DOI: 10.5551/jat.37739,   PubMed: 28502917)
40. Akio Kuroda, Tsuruo Miho, Aki Nanako, Takeshi Kondo, Oguro Yukari, Motoyuki Tamaki, Ken-ichi Aihara, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto, Masahiro Abe and Munehide Matsuhisa :
A Pirot study comparing the CGM-assessed glycemic profiles of patients with type 1 diabetes on insulin degludec and insulin glargine,
Diabetology International, Vol.8, No.1, 112-115, 2017.
(DOI: 10.1007/s13340-016-0289-4,   Elsevier: Scopus)
41. Sakiya Yoshimoto, Kojiro Nagai, Eriko Shibata, Sayo Ueda, Hiroyuki Ono, Masanori Tamaki, Kenji Nishimura, Fumiaki Obata, Taizo Inagaki, Masanori Minato, Fumi Kishi, Motokazu Matsuura, Naoko Matsui, Itsuro Endo, Michael Hann, Seiji Kishi, Taichi Murakami, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Influential factors on serum albumin concentration in hospitalized chronic kidney disease patients.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.64, No.1.2, 146-152, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111103,   DOI: 10.2152/jmi.64.146,   PubMed: 28373613)
42. Takeshi Kondo, Itsuro Endo, Yukari Ooguro, Kana Morimoto, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Akio Kuroda, Ken-ichi Aihara, Munehide Matsuhisa, Masahiro Abe and Seiji Fukumoto :
Suppression of the Hypothalamic-pituitary-adrenal Axis by Maximum Androgen Blockade in a Patient with Prostate Cancer.,
Internal Medicine, Vol.55, No.24, 3623-3626, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 114392,   DOI: 10.2169/internalmedicine.55.7359,   PubMed: 27980263,   Elsevier: Scopus)
43. Ariunzaya Bat-Erdene, Hirokazu Miki, Asuko Oda, Shingen Nakamura, Jumpei Teramachi, Ryota Amachi, Hirofumi Tenshin, Masahiro Hiasa, Masami Iwasa, Takeshi Harada, Shiroh Fujii, Kimiko Sogabe, Kumiko Kagawa, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara and Masahiro Abe :
Synergistic targeting of Sp1, a critical transcription factor for myeloma cell growth and survival, by panobinostat and proteasome inhibitors.,
Oncotarget, Vol.7, No.48, 79064-79075, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 109988,   DOI: 10.18632/oncotarget.12594,   PubMed: 27738323)
44. Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, Jumpei Teramachi, Takeshi Harada, Asuka Oda, Shingen Nakamura, Derek Hanson, Keiichiro Watanabe, Shiroh Fujii, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Masami Iwasa, Itsuro Endo, Takeshi Kondo, Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Kiyoe Kurahashi, Yoshiaki Kuroda, Hideaki Horikawa, Eiji Tanaka, Masahiro Abe and Toshio Matsumoto :
A vicious cycle between acid sensing and survival signaling in myeloma cells: acid-induced epigenetic alteration.,
Oncotarget, Vol.7, No.43, 70447-70461, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 113048,   DOI: 10.18632/oncotarget.11927,   PubMed: 27626482)
45. Takeshi Kondo, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Ohnishi Yukiyo, Dong Bingzi, Oguro Yukari, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Yuichi Fujinaka, Akio Kuroda, Munehide Matsuhisa, Seiji Fukumoto, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Serum carboxy-terminal telopeptide of type I collagen levels are associated with carotid atherosclerosis in patients with cardiovascular risk factors.,
Endocrine Journal, Vol.63, No.4, 397-404, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 109666,   DOI: 10.1507/endocrj.EJ15-0589,   PubMed: 26877258,   Elsevier: Scopus)
46. Bingzi Dong, Itsuro Endo, Yukiyo Ohnishi, Takeshi Kondo, Tomoka Hasegawa, Norio Amizuka, Hiroshi Kiyonari, Go Shioi, Masahiro Abe, Seiji Fukumoto and Toshio Matsumoto :
Calcilytic Ameliorates Abnormalities of Mutant Calcium-Sensing Receptor (CaSR) Knock-In Mice Mimicking Autosomal Dominant Hypocalcemia (ADH).,
Journal of Bone and Mineral Research, Vol.30, No.11, 1980-1993, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 109486,   DOI: 10.1002/jbmr.2551,   PubMed: 25967373,   Elsevier: Scopus)
47. Itsuro Endo, Seiji Fukumoto, Keiichi Ozono, Noriyuki Namba, Daisuke Inoue, Ryo Okazaki, Mika Yamauchi, Toshitsugu Sugimoto, Masanori Minagawa, Toshimi Michigami, Masaki Nagai and Toshio Matsumoto :
Nationwide survey of fibroblast growth factor 23 (FGF23)-related hypophosphatemic diseases in Japan: prevalence, biochemical data and treatment.,
Endocrine Journal, Vol.62, No.9, 811-816, 2015.
(DOI: 10.1507/endocrj.EJ15-0275,   PubMed: 26135520,   Elsevier: Scopus)
48. Jin Temma, Munehide Matsuhisa, Toru Horie, Akio Kuroda, Hiroyasu Mori, Motoyuki Tamaki, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Masahiro Abe and Toshio Matsumoto :
Non-invasive Measurement of Skin Autofluorescence as a Beneficial Surrogate Marker for Atherosclerosis in Patients with Type 2 Diabetes,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.3-4, 126-129, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 111266,   DOI: 10.2152/jmi.62.126,   PubMed: 26399335,   Elsevier: Scopus)
49. Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Takeshi Kondo, Itsuro Endo, Junko Hotsuchi, Takayuki Ise, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Toshio Matsumoto and Masataka Sata :
High serum parathyroid hormone and calcium are risk factors for hypertension in Japanese patients.,
Endocrine Journal, Vol.61, No.7, 727-733, 2014.
(DOI: 10.1507/endocrj.EJ14-0004,   PubMed: 24849536,   CiNii: 1390001206300211712,   Elsevier: Scopus)
50. Masahiro Hiasa, Jumpei Teramachi, A Oda, Ryota Amachi, T Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Keiichiro Watanabe, Itsuro Endo, Y Kuroda, T Yoneda, Daisuke Tsuji, Michiyasu Nakao, Eiji Tanaka, Kenichi Hamada, Shigeki Sano, Kouji Itou, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Pim-2 kinase is an important target of treatment for tumor progression and bone loss in myeloma.,
Leukemia, 2014.
(DOI: 10.1038/leu.2014.147,   PubMed: 24787487)
51. Mizuho Kinouchi, Ken-ichi Aihara, Yuichi Fujinaka, Sumiko Yoshida, Yukari Ooguro, Kiyoe Kurahashi, Takeshi Kondo, Nanako Aki, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Munehide Matsuhisa and Toshio Matsumoto :
Diabetic conditions differentially affect the endothelial function, arterial stiffness and carotid atherosclerosis.,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Vol.21, No.5, 486-500, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 106061,   DOI: 10.5551/jat.20834,   PubMed: 24401746,   CiNii: 1390001204430842112,   Elsevier: Scopus)
52. 近藤 剛史, 黒田 暁生, 曽我部 公子, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
術前後で持続血糖モニター(CGM)を比較しえたアドレナリン優位褐色細胞腫の1例,
糖尿病, Vol.57, No.9, 729-735, 2014年.
(DOI: 10.11213/tonyobyo.57.729,   CiNii: 1390001204908593792,   Elsevier: Scopus)
53. Shuji Kato, Itsuro Endo, Mitsunori Fujimura, Rika Kuriwaka-Kido, Yuichi Fujinaka, Ken-ichi Aihara, Takashi Iwase, Daisuke Inoue, Masashi Akaike, Masahiro Abe and Toshio Matsumoto :
Serum carboxy-terminal telopeptide of type I collagen (ICTP) as a surrogate marker for vulnerable plaques in atherosclerotic patients: A pilot study.,
Atherosclerosis, Vol.229, No.1, 182-185, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 105936,   DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2013.03.030,   PubMed: 23639859)
54. 吉田 守美子, 黒田 暁生, 新居 沙央里, 松本 友里, 近藤 絵里, 安藝 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 鈴木 麗子, 松本 俊夫, 松久 宗英 :
新たなインスリンポンプParadigm 722によりカーボカウントのみで血糖管理が可能となった1型糖尿病の1例,
糖尿病, Vol.56, No.4, 240-245, 2013年.
(DOI: 10.11213/tonyobyo.56.240,   CiNii: 1390001204909103744,   Elsevier: Scopus)
55. Rika Kuriwaka-Kido, Shinsuke Kido, Yuka Miyatani, Yuji Ito, Takeshi Kondo, Takashi Omatsu, Bingzi Dong, Itsuro Endo, Ken-ichi Miyamoto and Toshio Matsumoto :
Parathyroid hormone (1-34) counteracts the suppression of interleukin-11 expression by glucocorticoid in murine osteoblasts: a possible mechanism for stimulating osteoblast differentiation against glucocorticoid excess.,
Endocrinology, Vol.154, No.3, 1156-1167, 2013.
(DOI: 10.1210/en.2013-1915,   PubMed: 23397032)
56. Akio Kuroda, Tetsuyuki Yasuda, Mitsuyoshi Takahara, Fumie Sakamoto, Ryuichi Kasami, Kazuyuki Miyashita, Sumiko Yoshida, Eri Kondo, Ken-ichi Aihara, Itsuro Endo, Taka-Aki Matsuoka, Hideaki Kaneto, Toshio Matsumoto, Iichiro Shimomura and Munehide Matsuhisa :
Carbohydrate-to-Insulin Ratio Is Estimated from 300-400 Divided by Total Daily Insulin Dose in Type 1 Diabetes Patients Who Use the Insulin Pump.,
Diabetes Technology & Therapeutics, Vol.14, No.11, 1077-1080, 2012.
(DOI: 10.1089/dia.2012.0109,   PubMed: 23101953)
57. Toshio Matsumoto and Itsuro Endo :
Eldecalcitol for the treatment of osteoporosis.,
Drugs of Today, Vol.48, No.3, 189-196, 2012.
(DOI: 10.1358/dot.2012.48.3.1745223,   PubMed: 22462038)
58. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 伊勢 孝之, 池田 康将, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
ロスバスタチンによる脂質低下作用非依存的な形態的および機能的頸動脈硬化改善作用,
Progress in Medicine, Vol.32, No.2, 315-320, 2012年.
59. Toshio Matsumoto, Rika Kuriwaka-Kido, Takeshi Kondo, Itsuro Endo and Shinsuke Kido :
Regulation of osteoblast differentiation by interleukin-11 via AP-1 and Smad signaling.,
Endocrine Journal, Vol.59, No.2, 91-101, 2011.
(DOI: 10.1507/endocrj.EJ11-0219,   PubMed: 21931225)
60. J Asano, A Nakano, A Oda, H Amou, Masahiro Hiasa, Kyoko Takeuchi, H Miki, S Nakamura, T Harada, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Itsuro Endo, Ken-ichiro Yata, A Sakai, Shuji Ozaki, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
The serine/threonine kinase Pim-2 is a novel anti-apoptotic mediator in myeloma cells.,
Leukemia, 2011.
(徳島大学機関リポジトリ: 106134,   DOI: 10.1038/leu.2011.60,   PubMed: 21475253)
61. Shinsuke Kido, Rika Kuriwaka-Kido, Yuka Umino-Miyatani, Itsuro Endo, Daisuke Inoue, Hisaaki Taniguchi, Yasumichi Inoue, Takeshi Imamura and Toshio Matsumoto :
Mechanical stress activates Smad pathway through PKCδ to enhance interleukin-11 gene transcription in osteoblasts.,
PLoS ONE, Vol.5, No.9, 2010.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0013090,   PubMed: 20927330)
62. Ryo Okazaki, Toshitsugu Sugimoto, Hiroshi Kaji, Yoshio Fujii, Masataka Shiraki, Daisuke Inoue, Itsuro Endo, Toshio Okano, Takako Hirota, Issei Kurahashi and Toshio Matsumoto :
Vitamin D insufficiency defined by serum 25-hydroxyvitamin D and parathyroid hormone before and after oral vitamin D3 load in Japanese subjects.,
Journal of Bone and Mineral Metabolism, Vol.29, No.1, 103-110, 2010.
(DOI: 10.1007/s00774-010-0200-5,   PubMed: 20567864)
63. Seiji Fukumoto, Noriyuki Numba, Keiichi Ozono, Mika Yamauchi, Toshitsugu Sugimoto, Toshimi Michigami, Hiroyuki Tanaka, Daisuke Inoue, Masanori Minagawa, Itsuro Endo and Toshio Matsumoto :
Causes and differential diagnosis of hypocalcemia--recommendation proposed by expert panel supported by ministry of health, labour and welfare, Japan,
Endocrine Journal, Vol.55, No.5, 787-794, 2008.
(DOI: 10.1507/endocrj.k08e-076,   PubMed: 18490837)
64. Itsuro Endo, Seiji Fukumoto, Keiichi Ozono, Noriyuki Namba, Hiroyuki Tanaka, Daisuke Inoue, Masanori Minagawa, Toshitsugu Sugimoto, Mika Yamauchi, Toshimi Michigami and Toshio Matsumoto :
Clinical usefulness of measurement of fibroblast growth factor 23 (FGF23) in hypophosphatemic patients: proposal of diagnostic criteria using FGF23 measurement.,
Bone, Vol.42, No.6, 1235-1239, 2008.
(DOI: 10.1016/j.bone.2008.02.014,   PubMed: 18396126)
65. Takao Mitsui, Makoto Kunishige, Michiko Ichimiya, Kana Shichijo, Itsuro Endo and Toshio Matsumoto :
Beneficial effect of tacrolimus on myasthenia gravis with thymoma,
The Neurologist, Vol.13, No.2, 83-86, 2007.
(DOI: 10.1097/01.nrl.0000256352.77668.ef,   PubMed: 17351528)
66. 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 木内 美瑞穂, 藤中 雄一, 井上 大輔, 福本 誠二, 大歯 浩一, 遠藤 健次, 安井 夏生, 長谷川 匡, 上原 久典, 坂東 良美, 松本 俊夫 :
腫瘍性骨軟化症の一例,
日本内分泌学会雑誌, Vol.83, 136-138, 2007年.
67. Hiro Cgikakiyo, Makoto Kunishige, Hiide Yoshino, Atsuko Asano, Yuka Sumitomo, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto and Takao Mitsui :
Delayed motor and sensory neuropathy in a patient with brainstem encephalitis,
Journal of the Neurological Sciences, Vol.234, No.1-2, 105-108, 2005.
(DOI: 10.1016/j.jns.2005.02.011,   PubMed: 15936038)
68. Hiroko Omori, Takao Mitsui, Makoto Kunishige, Itsuro Endo, Koji Takahashi and Toshio Matsumoto :
Beneficial effect of tacrolimus on myasthenia gravis with thymoma,
Clinical Neuropathology, Vol.24, No.4, 191-193, 2005.
(PubMed: 16033136,   Elsevier: Scopus)
69. K Yamaguchi, H Shibuya, K Sasaki, K Takashima, Yasushi Sato, Y Arimura, Tetsuji Takayama, Itsuro Endo, Y Shinomura, Y Niitsu and K Hirata :
Clinical evaluation of laparoscopy-assisted distal gastrwctomy for early gastric cancer.,
Tumor Research, Vol.40, 37-45, 2005.
70. Makoto Kunishige, Takao Mitsui, Hiide Yoshino, Atsuko Asano, Miho Tsuruo, Itsuro Endo, Fumikazu Yagi and Toshio Matsumoto :
Isolated cranial neuropathy associated with anti-glycolipid antibodies,
Journal of the Neurological Sciences, Vol.225, No.1-2, 51-55, 2004.
(DOI: 10.1016/j.jns.2004.06.017,   PubMed: 15465085,   Elsevier: Scopus)
71. A Ohno, Takao Mitsui, Itsuro Endo, Makoto Kunishige, Toshio Shigekiyo and Toshio Matsumoto :
Dermatomyositis associated with Sjögren's syndrome: VEGF involvement in vasculitis,
Clinical Neuropathology, Vol.23, No.4, 178-182, 2004.
(PubMed: 15328883)
72. Yukiko Hiasa, Makoto Kunishige, Takao Mitsui, Shunsuke Kondo, Rika Kuriwaka, Shizuka Shigekiyo, Takanori Kanematsu, Nobuo Satake, Yoshimi Bando, Akira Kondo, Itsuro Endo, Yasushi Oshima and Toshio Matsumoto :
Complicated paraneoplastic neurological syndromes: a report of two patients with small cell or non-small cell lung cancer,
Clinical Neurology and Neurosurgery, Vol.106, No.12, 47-49, 2003.
(DOI: 10.1016/s0303-8467(03)00059-3,   PubMed: 14643918)
73. Naoko Matsui, Takao Mitsui, Itsuro Endo, Yasushi Oshima, Makoto Kunishige and Toshio Matsumoto :
Dermatomyositis with peripheral nervous system involvement: activation of vascular endothelial growth factor (VEGF) and VEGF receptor (VEGFR) in vasculitic lesions,
Internal Medicine, Vol.42, No.12, 1233-1239, 2003.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.42.1233,   PubMed: 14714966)
74. Itsuro Endo, Daisuke Inoue, Takao Mitsui, Yoshifumi Umaki, Masashi Akaike, Tatsuya Yoshizawa, Shigeaki Kato and Toshio Matsumoto :
Deletion of Vitamin D Receptor Gene in Mice Results in Abnormal Skeletal Muscle Development with Deregulated Expression of Myoregulatory Transcription Factors,
Endocrinology, Vol.144, No.12, 5138-5144, 2003.
(DOI: 10.1210/en.2003-0502,   PubMed: 12959989)
75. Itsuro Endo, Takao Mitsui and Toshio Matsumoto :
Diurnal fluctuation of edema synchronized with plasma VEGF concentration in patient with POEMS syndrome.,
Internal Medicine, Vol.41, No.12, 1196-1198, 2002.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.41.1196,   CiNii: 1390282679844545664,   Elsevier: Scopus)
76. Yasushi Oshima, Takao Mitsui, H Yoshino, Itsuro Endo, Makoto Kunishige, A Asano and Toshio Matsumoto :
Central motor conduction in patients with anti-ganglioside antibody associated neuropathy syndromes and hyperreflexia,
Journal of Neurology, Neurosurgery, and Psychiatry, Vol.73, No.5, 568-573, 2002.
(DOI: 10.1136/jnnp.73.5.568,   PubMed: 12397153)
77. Eri Fukunaga, Makoto Kunishige, Takao Mitsui, Itsuro Endo, Yasushi Oshima, Yukiko Kuroda, S Hara and Toshio Matsumoto :
Severe dermatomyositis with rhabdomyolysis and paralytic ileus: a case successfully treated with plasmapheresis and intravenous immunoglobulin,
European Journal of Neurology, Vol.9, No.6, 697-698, 2002.
(DOI: 10.1046/j.1468-1331.2002.00447_10.x,   PubMed: 12453096)
78. Yoshifumi Umaki, Takao Mitsui, Itsuro Endo, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto :
Apoptosis-related changes in skeletal muscle of patients with mitochondreal disease.,
Acta Neuropathologica, Vol.103, No.2, 163-170, 2002.
(DOI: 10.1007/s004010100446,   PubMed: 11810183)
79. Aya Nakano, Takao Mitsui, Itsuro Endo, Y Takeda, Shuji Ozaki and Toshio Matsumoto :
Solitary plasmacytoma with VEGF overproduction: report of a patient with polyneuropathy,
Neurology, Vol.56, No.6, 818-819, 2001.
(DOI: 10.1212/wnl.56.6.818,   PubMed: 11274332,   Elsevier: Scopus)
80. Yasushi Oshima, Takao Mitsui, Itsuro Endo, Yoshifumi Umaki and Toshio Matsumoto :
Corticospinal tract involvement in a variant of Guillain-Barré syndrome,
European Neurology, Vol.46, No.1, 39-42, 2001.
(DOI: 10.1159/000050754,   PubMed: 11455182)
81. Hisaomi Kawai, Masashi Akaike, Makoto Kunishige, Toshio Inui, Katsuhito Adachi, Chiyomi Kimura, Masakazu Kawajiri, Yoshihiko Nishida, Itsuro Endo, Setsuko Kashiwagi, Hiroshi Nishino, Tsutomu Fujiwara, Shiro Okuno, Carinne Roudaut, Isabelle Richard, Jacques S. Beckmann, Kazuo Miyoshi and Toshio Matsumoto :
Clinical, pathological, and genetic features of limb-girdle muscular dystrophy type 2A with new calpain 3 gene mutations in seven patients from three Japanese families,
Muscle & Nerve, Vol.21, No.11, 1493-1501, 1998.
(DOI: 10.1002/(SICI)1097-4598(199811)21:11<1493::AID-MUS19>3.0.CO;2-1,   PubMed: 9771675)

学術論文(紀要・その他):

1. 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 松本 俊夫 :
骨転移の分子標的治療薬 骨転移のバイオロジーとマネージメント,
医薬ジャーナル社 米田俊之 編集, 215-224, 2012年.

総説・解説:

1. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
副甲状腺腫瘍の臨床研究の現状と展望, --- 内分泌腫瘍(第2版)ー基礎・臨床研究のアップデートー ---,
日本臨床, Vol.78, No.suppl 4, 544-548, 2020年9月.
2. 遠藤 逸朗 :
活性型ビタミンD3製剤とその誘導体, --- <コモンディジーズとしての骨粗鬆症診療>骨粗鬆症に対する薬物治療とその実際 ---,
診断と治療, Vol.108, No.9, 1193-1197, 2020年9月.
(CiNii: 1390576745218874496)
3. 遠藤 逸朗 :
活性型ビタミンD, --- <骨粗鬆症のすべて>骨粗鬆症の治療薬 ---,
糖尿病・内分泌代謝科, Vol.50, No.suppl 5, 153-158, 2020年7月.
4. 安井 敏之, 遠藤 逸朗 :
糖尿病, --- 婦人科編 III 更年期・老年期 ---,
臨床婦人科産科, Vol.74, No.4, 132-138, 2020年4月.
5. 遠藤 逸朗 :
骨粗鬆症 薬物療法:活性型ビタミンD3,
副甲状腺・骨代謝疾患診療マニュアル 改訂第2版, 146-147, 2019年5月.
6. 遠藤 逸朗 :
低リン血症の鑑別診断,
副甲状腺・骨代謝疾患診療マニュアル 改訂第2版, 47-49, 2019年5月.
7. 遠藤 逸朗 :
骨粗鬆症治療の標的分子としてのsclerostinとは?,
リウマチ科, Vol.60, No.6, 646-650, 2018年12月.
8. 遠藤 逸朗 :
抗RANKL抗体,
糖尿病と骨粗鬆症, 162-166, 2018年8月.
9. 遠藤 逸朗 :
卵胞刺激ホルモン(FSH)と肥満,骨粗鬆症,
Clinical Calcium, Vol.28, No.7, 941-945, 2018年6月.
(DOI: 10.20837/4201807941,   PubMed: 29950547)
10. 遠藤 逸朗 :
低リン血症,
内分泌代謝科専門医研修ガイドブック, 109-111, 2018年5月.
11. 遠藤 逸朗 :
薬物の分野でトピックとなっている論文のレビュー,
日本骨粗鬆症学会雑誌, Vol.3, No.4, 61-65, 2017年10月.
(CiNii: 1523388080956353536)
12. 遠藤 逸朗 :
活性型ビタミンD製剤を処方するときの注意点は?,
もう悩まない骨粗鬆症診療, 176-180, 2017年4月.
13. 遠藤 逸朗 :
Calcilyticsの作用と適応,
Clinical Calcium, Vol.27, No.4, 547-552, 2017年3月.
(DOI: 10.20837/4201704077,   PubMed: 28336831)
14. 遠藤 逸朗 :
エルデカルシトールー骨形成あるいは骨吸収マーカーはどちらを測定すべきかー,
Bone Joint Nerve, Vol.7, No.2, 2017年.
15. 遠藤 逸朗 :
選択枝の広がった骨粗鬆症治療,
medical practice, Vol.33, No.11, 1801-1807, 2016年11月.
16. 遠藤 逸朗 :
デノスマブの安全性,
ファーマナビゲーターRANKL抗体編, 308-319, 2016年9月.
17. 遠藤 逸朗 :
ロモソズマブ 投与中の留意点について教えてください,
骨粗鬆症治療薬クリニカルクエスチョン100, 144, 2016年9月.
18. 遠藤 逸朗 :
ロモソズマブ 基本投与法と場合別投与法について教えてください,
骨粗鬆症治療薬クリニカルクエスチョン100, 142-143, 2016年9月.
19. 遠藤 逸朗 :
ロモソズマブ 骨密度改善や骨折抑制に対する効果について教えてください,
骨粗鬆症治療薬クリニカルクエスチョン100, 141, 2016年9月.
20. 遠藤 逸朗 :
ロモソズマブ 骨粗鬆症への効果発現のメカニズムについて教えてください,
骨粗鬆症治療薬クリニカルクエスチョン100, 139-140, 2016年9月.
21. 遠藤 逸朗 :
テリパラチドと活性型ビタミンD3製剤併用の安全性と有効性は?,
Clinical Questionで学ぶ骨粗鬆症治療の安全対策, 82-83, 2016年7月.
22. 遠藤 逸朗 :
尿路結石患者に対して活性型ビタミンD3製剤の投与は適切か?,
Clinical Questionで学ぶ骨粗鬆症治療の安全対策, 79-81, 2016年7月.
23. 遠藤 逸朗 :
活性型ビタミンD3製剤とカルシウム製剤の併用療法の功罪は?,
Clinical Questionで学ぶ骨粗鬆症治療の安全対策, 76-78, 2016年7月.
24. 遠藤 逸朗 :
糖尿病と骨折,
糖尿病診療マスター, Vol.14, No.4, 288-294, 2016年4月.
25. 遠藤 逸朗 :
カテプシンK阻害薬による骨粗鬆症の治療,
内分泌·糖尿病·代謝内科, Vol.42, No.3, 208-211, 2016年3月.
(CiNii: 1522262180481466624)
26. 遠藤 逸朗 :
成長障害,
内科診断学第3版, 245-251, 2016年2月.
27. 遠藤 逸朗 :
骨組織を標的とした新しい診断・治療法,
骨・臓器ネットワークとオステオサイト, 109-116, 2016年2月.
28. 遠藤 逸朗 :
FGF23関連低リン血症性疾患の疫学,
Clinical Calcium, Vol.26, No.2, 45-52, 2016年2月.
(PubMed: 26813502,   Elsevier: Scopus)
29. 遠藤 逸朗 :
活性型ビタミンD製剤,
骨粗しょう症 診断と治療のABC, 165-171, 2016年1月.
30. 遠藤 逸朗 :
カルシウム感知受容体の新しい展開,
Clinical Calcium, Vol.25, No.7, 1029-1036, 2015年7月.
(PubMed: 26119316,   Elsevier: Scopus)
31. 遠藤 逸朗 :
2型糖尿病と骨折リスク,
ファーマナビゲーター 糖尿病と骨代謝編, Vol.0, No.0, 96-105, 2015年6月.
32. 遠藤 逸朗 :
骨吸収抑制薬と活性型ビタミンDの併用療法,
Clinical Calcium, Vol.25, No.3, 111-117, 2015年3月.
33. 遠藤 逸朗 :
骨吸収抑制薬とビタミンD の併用療法,
Clinical Calcium, Vol.25, No.3, 433-438, 2015年3月.
(PubMed: 25716817,   Elsevier: Scopus)
34. 遠藤 逸朗 :
画像で副甲状腺腫大を確認できない原発性副甲状腺機能亢進症の治療方針は?,
内分泌代謝疾患Clinical Question100, 76-77, 2014年12月.
35. 遠藤 逸朗 :
画像で副甲状腺を確認できない原発性副甲状腺機能亢進症の治療方針は?,
内分泌疾患CLINICASL QUESTION 100, Vol.0, No.0, 76-7, 2014年12月.
36. 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
骨粗鬆症,
日本臨牀, Vol.72, No.10, 1774, 2014年10月.
(PubMed: 25509801)
37. 遠藤 逸朗 :
代謝性骨・関節疾患,
日本臨牀, Vol.72, No.10, 1785, 2014年10月.
(PubMed: 25509803)
38. 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
骨粗鬆症の病態,診断,治療,
日本臨床, Vol.72, No.10, 1774-1779, 2014年10月.
39. 遠藤 逸朗 :
代謝性骨・関節疾患,
日本臨床, Vol.72, No.10, 1785-1791, 2014年10月.
40. 遠藤 逸朗 :
不動(長期臥床,麻痺)に伴う骨粗鬆症,
THE BONE, Vol.28, No.3, 75-80, 2014年9月.
41. 遠藤 逸朗 :
グルココルチコイドによるIL-11を介する骨芽細胞制御とPTHの影響,
Clinical Calcium, Vol.13, No.2, 43-50, 2014年9月.
(PubMed: 25177004)
42. 遠藤 逸朗 :
グルココルチコイドによるIL-11を介する骨芽細胞制御とPTHの影響,
CLINICAL CALCIUM, Vol.24, No.9, 43-50, 2014年9月.
43. 遠藤 逸朗 :
糖尿病と骨折リスク,
月刊糖尿病, Vol.6, No.72, 25-32, 2014年8月.
(CiNii: 1521980706056658944)
44. 遠藤 逸朗 :
糖尿病と骨折リスク,
月刊糖尿病, Vol.6, No.7, 25-32, 2014年8月.
45. 遠藤 逸朗 :
Wntシグナルによる骨形成の制御とスクレロスチン,
カレントテラピー, Vol.32, No.10, 87, 2014年6月.
46. 遠藤 逸朗 :
ステロイド骨粗鬆症に対する活性型ビタミンDの効果,
整形・災害外科, Vol.57, No.7, 883-890, 2014年6月.
47. 遠藤 逸朗 :
ステロイド骨粗鬆症に対する活性型ビタミンDの効果,
整形・災害外科, Vol.57, No.7, 883, 2014年6月.
48. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
副甲状腺機能低下症,
内科, Vol.113, No.6, 1571-1573, 2014年6月.
49. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
副甲状腺機能亢進症,
内科, Vol.113, No.6, 1568-1570, 2014年6月.
50. 遠藤 逸朗 :
内分泌疾患とは, --- 歯科医師のための医学ハンドブック ---,
歯界展望, 141, 2014年5月.
51. 遠藤 逸朗 :
ロモソズマブによる骨粗鬆症治療の可能性,
内分泌·糖尿病·代謝内科, Vol.40, No.3, 228-232, 2014年3月.
(CiNii: 1520291855712202240)
52. 遠藤 逸朗 :
α-Klotho,
骨粗鬆症治療, Vol.13, No.2, 59-62, 2014年2月.
53. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
RANKL,
最新医学, Vol.69, No.2, 257-261, 2014年2月.
54. 遠藤 逸朗 :
RANKL,
最新医学, Vol.69, No.2, 257-261, 2014年2月.
55. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
チアマゾール, --- 甲状腺機能異常治療薬 ---,
重要薬マニュアル, 158-159, 2014年1月.
56. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
レボチロキシンナトリウム, --- 甲状腺機能異常治療薬 ---,
重要薬マニュアル, 156-157, 2014年1月.
57. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
テリパラチド(遺伝子組換え,合成), --- 骨粗鬆症治療薬 ---,
重要薬マニュアル, 154-155, 2014年1月.
58. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
ラロキシフェン, --- 骨粗鬆症治療薬 ---,
重要薬マニュアル, 152-153, 2014年1月.
59. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
エルデカルシトール, --- 骨粗鬆症治療薬 ---,
重要薬マニュアル, 150-151, 2014年1月.
60. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
ミノドロン酸水和物, --- 骨粗鬆症治療薬 ---,
重要薬マニュアル, 148-149, 2014年1月.
61. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
リセドロン酸ナトリウム, --- 骨粗鬆症治療薬 ---,
重要薬マニュアル, 146-147, 2014年1月.
62. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
アレンドロ酸ナトリウム, --- 骨粗鬆症治療薬 ---,
重要薬マニュアル, 144-145, 2014年1月.
63. 遠藤 逸朗 :
抗スクレロスチン抗体による骨形成促進と骨粗鬆症治療,
Clinical Calcium, Vol.24, No.1, 69-73, 2014年1月.
64. 遠藤 逸朗 :
抗スクレロスチン抗体による骨形成促進と骨粗鬆症治療,
CLINICAL CALCIUM, Vol.24, No.1, 69-74, 2014年1月.
65. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
骨粗鬆症・甲状腺機能異常治療薬,
重要薬マニュアル, 140-143, 2014年1月.
66. 鈴木 麗子, 大和 光, 川添 和義, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 安芸 菜奈子, 倉橋 清衛, 松本 俊夫, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
インスリン注射により生じた皮下硬血を有する患者の実態調査とその介入の有用性の検討,
プラクティス, Vol.31, No.6, 815-821, 2014年.
67. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
[Bone Structural Properties and Bone Strength. Bone architecture and strength on unloading].,
Clinical Calcium, Vol.23, No.7, 1013-1019, 2013年7月.
(PubMed: 23811590)
68. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
ビスホスホネート,
The Lipid, Vol.24, No.4, 73-78, 2013年4月.
69. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
新しい骨粗鬆症治療薬, --- エルデカルシトール ---,
臨床雑誌 内科, Vol.111, No.4, 671-676, 2013年4月.
70. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
開発中の薬剤,
Hormone Frontier in Gynecology, Vol.20, No.3, 51-56, 2013年3月.
71. 遠藤 逸朗 :
カテプシンK阻害薬による骨粗鬆症治療,
リウマチ科, Vol.49, No.3, 328-331, 2013年3月.
72. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
現在開発中あるいは今後開発される予定の骨粗鬆症治療薬にはどのようなものがありますか?,
骨粗鬆症治療, Vol.12, No.2, 67-70, 2013年2月.
73. 遠藤 逸朗 :
腫瘍とリン, --- 低リン血症と高リン血症 ---,
腎と骨代謝, Vol.26, No.1, 57-64, 2013年1月.
74. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
BSAP(骨型ALP),
日本臨牀, Vol.71, No.supple, 258-260, 2013年.
75. 遠藤 逸朗 :
プライマリ・ケアとしての骨粗鬆症診療 活性型ビタミンD3,
治療, Vol.94, No.12, 2066-2070, 2012年12月.
76. 遠藤 逸朗 :
活性型ビタミンD (特集 プライマリ・ケアとしての骨粗鬆症診療 : 骨折予防に向けた骨粗鬆症治療),
治療, Vol.94, No.12, 2066-2069, 2012年12月.
(CiNii: 1523669553308030080)
77. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
[Space flight/bedrest immobilization and bone. Bisphosphonate and the loss of bone mineral due to space flight or prolonged bed rest].,
Clinical Calcium, Vol.22, No.12, 1863-1870, 2012年12月.
(PubMed: 23187079)
78. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
副甲状腺,
内分泌代謝専門医ガイドブック, 56-57, 2012年11月.
79. 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
ビスホスホネート製剤,
Medicina, Vol.49, No.11, 348-350, 2012年11月.
80. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
活性型ビタミンD3およびその誘導体,
Medical Practice, Vol.29, No.11, 1949-1953, 2012年11月.
81. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
ビタミンDの骨と免疫への作用,
医学のあゆみ, Vol.242, No.9, 751-757, 2012年9月.
(CiNii: 1522825130715932416)
82. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
新規活性型ビタミンD誘導体エルデカルシトールの副作用としての高Ca血症・高Ca尿症の頻度や程度は従来の活性型ビタミンD3製剤とは違いますか?,
ファーマナビゲーター 活性型ビタミンD3製剤編, 326-331, 2012年7月.
83. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
エルデカルシトールの使用上の注意点,
ファーマナビゲーター 活性型ビタミンD3製剤編, 294-301, 2012年7月.
84. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
エルデカルシトールの開発の経緯,
ファーマナビゲーター 活性型ビタミンD3製剤編, 260-269, 2012年7月.
85. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
活性型ビタミンD3製剤の治療上の注意点,
ファーマナビゲーター 活性型ビタミンD3製剤編, 252-259, 2012年7月.
86. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
ビタミンDの代謝,
ファーマナビゲーター 活性型ビタミンD3製剤編, 26-33, 2012年7月.
87. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
[New approved drugs for osteoporosis in Japan].,
Clinical Calcium, Vol.22, No.6, 870-876, 2012年6月.
(PubMed: 22653027)
88. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
副甲状腺疾患,
Medical Practice, Vol.29, 171-178, 2012年5月.
89. 遠藤 逸朗 :
副甲状腺機能低下症に対するPTH治療,
内分泌·糖尿病·代謝内科, Vol.34, No.5, 453-456, 2012年5月.
(CiNii: 1523106603335357696)
90. 遠藤 逸朗 :
テリパラチド連日皮下注製剤の骨形成促進作用と使用法,
Mebio, Vol.29, No.5, 76-82, 2012年5月.
91. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
骨粗鬆症治療薬,
臨床と研究, Vol.89, No.4, 461-465, 2012年4月.
92. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
抗スクレロスチン抗体,
骨粗鬆症治療, Vol.11, No.3, 47-51, 2012年3月.
93. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
骨粗鬆症治療薬としてのビタミンD製剤の位置づけ-新規薬剤の承認を受けて,
腎と骨代謝, Vol.25, No.3, 243-249, 2012年3月.
94. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
[Frontiers in vitamin D; basic research and clinical application. Eldecalcitol: the effect on bones and calcium metabolism].,
Clinical Calcium, Vol.21, No.11, 103-110, 2011年11月.
(PubMed: 22040826)
95. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
続発性骨粗鬆症,
診断と治療, Vol.99, No.10, 1661-1667, 2011年10月.
96. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
骨粗鬆症,
医学スーパーラーニングスリーズ 内分泌・糖尿病内科学, 129-134, 2011年9月.
97. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
骨代謝研究の進歩と展望,
日本臨牀, Vol.69, No.7, 1175-1180, 2011年7月.
(CiNii: 1520291854804514048,   Elsevier: Scopus)
98. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
癌と関連した高カルシウム血症,
腎と透析, Vol.71, No.5, 662-666, 2011年5月.
99. 遠藤 逸朗 :
微少重力と骨障害 (特集 続発性骨粗鬆症UPDATE : 内分泌疾患との関連),
ホルモンと臨床, Vol.59, No.4, 417-422, 2011年4月.
100. 遠藤 逸朗 :
微少重力と骨障害,
ホルモンと臨床, Vol.59, No.4, 101-106, 2011年4月.
101. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
副甲状腺腫瘍の臨床研究の現状と展望,
日本臨牀, Vol.69, 455-460, 2011年3月.
(PubMed: 21834160,   CiNii: 1524232504690824960,   Elsevier: Scopus)
102. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
ビタミンD新規合成誘導体の展望,
THE BONE, Vol.25, No.3, 135-139, 2011年3月.
103. 遠藤 逸朗 :
骨粗鬆症薬としてのビタミンD,
Medical Science Digest, Vol.37, No.3, 94-97, 2011年3月.
104. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
PTHの生理作用,
骨粗鬆症治療, Vol.10, No.2, 10-14, 2011年2月.
105. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
電解質異常の診断の進め方-Ca, P, Mg-,
メビオ, Vol.28, No.1, 27-33, 2011年1月.
106. Itsuro Endo and Toshio Matsumoto :
[Eldecalcitol (ED-71)].,
Clinical Calcium, Vol.21, No.1, 53-58, Jan. 2011.
(PubMed: 21187594)
107. 遠藤 逸朗 :
骨粗鬆症薬の使い方の実際 ビタミンD誘導体,
Medical Practice, Vol.27, No.6, 1017-1022, 2010年6月.
108. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
[Secondary osteoporosis UPDATE. Drugs under development for metabolic bone disease].,
Clinical Calcium, Vol.20, No.5, 700-708, 2010年5月.
(PubMed: 20445281)
109. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
開発中の新しい薬剤,
綜合臨牀, Vol.59, No.4, 599-605, 2010年4月.
(CiNii: 1522825130679651584)
110. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
骨粗鬆症の臨床,
糖尿病・代謝・内分泌 Annual Review 2010, 246-255, 2010年1月.
111. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
電解質異常の診断の進め方ーCa, P, Mg-,
Mebio, Vol.28, No.1, 27-33, 2010年1月.

国際会議:

1. Hiroki Yamagami, Tomoyo Hara, Yukari Mitsui, Shiho Masuda, Kiyoe Kurahashi, Toshiki Otoda, Tomoyuki Yuasa, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Munehide Matsuhisa, Masahiro Abe and Ken-ichi Aihara :
Analysis of clinical factors involved in AGE accumulation in people with type 2 diabetes,
IDF-WPR Congress 2023/15th Scientific Meeting of AASD, Jul. 2023.
2. Yosuke Kaneko, Saya Yasui, Minae Hosoi, Akihiro Tani, Hiroki Yamagami, Hiroyasu Mori, Tomoyo Hara, Yukari Mitsui, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Shingen Nakamura, Akio Kuroda, Toshiki Otoda, Tomoyuki Yuasa, Itsuro Endo, Takeshi Soeki, Munehide Matsuhisa, Masahiro Abe and Ken-ichi Aihara :
Dehydroepiandrosterone sulfate and skeletal muscle disorders in patients with type 2 diabetes,
IDF-WPR Congress 2023/15th Scientific Meeting of AASD, Tokyo, Jul. 2023.
3. Yumi Kuwamura, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Hiromichi Yumoto, Maki Hosoki, Yukihiro Momota, Ken-ichi Aihara, Masuko Sumikawa, Hirokazu Uemura, Munehide Matsuhisa and Itsuro Endo :
Evaluation of Nursing Educational Material on Oral Health Behavior of Persons with Diabetes: Part 3 -- Physicians' Survey,
International Diabetes Federation Western Pacific Congress 2023 /15th Scientific Meeting of Asian Association for the study of Diabetes, Kyoto, Japan, Jul. 2023.
4. Tomoyo Hara, Hiroki Yamagami, Yukari Mitsui, Shiho Masuda, Kiyoe Kurahashi, Toshiki Otoda, Tomoyuki Yuasa, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Munehide Matsuhisa, Masahiro Abe and Ken-ichi Aihara :
Clinical factors and glycemic control in Japanese people with type 2 diabetes treated with weekly Dulaglutide at a dose of 0.75 mg,
IDF-WPR Congress 2023/15th Scientific Meeting of AASD, Jul. 2023.
5. Minae Hosoki, Hiroki Yamagami, Taiki Hori, Saya Yasui, Tomoyo Hara, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Shingen Nakamura, Toshiki Otoda, Tomoyuki Yuasa, Itsuro Endo, Masahiro Abe and Ken-ichi Aihara :
Pharmaceutical Influences on In-hospital Death in Patients with and Those without Diabetes at a Japanese General Hospital,
The 29th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension, Oct. 2022.
6. Shiho Masuda, Tomoyo Hara, Hiroki Yamagami, Mitsui Yukari, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Toshiki Otoda, Tomoyuki Yuasa, Shingen Nakamura, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Munehide Matsuhisa, Masahiro Abe and Ken-ichi Aihara :
Evaluation of Vascular Function for Prediction of Renal Prognosis in Japanese Patients with Lifestyle-Related Diseases,
The 29th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension, Oct. 2022.
7. Tomoyo Hara, Mitsui Yukari, Masuda Shiho, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Toshiki Otoda, Tomoyuki Yuasa, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Munehide Matsuhisa, Masahiro Abe and Ken-ichi Aihara :
Plasma heparin cofactor activity is inversely associated with the development NAFLD in patients with diabetes,
American Diabetes Association 82nd Scientific Sessions, Jun. 2022.
8. Hiroki Yamagami, Yasui Saya, Hosoki Minae, Hori Taiki, Tomoyo Hara, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Shingen Nakamura, Toshiki Otoda, Tomoyuki Yuasa, Itsuro Endo, Masahiro Abe and Ken-ichi Aihara :
Skin autofluorescence is associated with tubular injury represented by urinary excretion of liver-type fatty acid-binding protein in patients with diabetes,
American Diabetes Association 82nd Scientific Sessions, Jun. 2022.
9. Kotaro Tanimoto, Masahiro Hiasa, Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Asuka Oda, Takeshi Harada, Yoshiki Higa, Kimiko Sogabe, Masahiro Oura, Ryohei Sumitani, Tomoyo Hara, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto, Eiji Tanaka and Masahiro Abe :
Mechanical unloading promotes bone destruction and myeloma tumor expansion,
Cancer and bone society young investigator symposium, Online, Feb. 2022.
10. Hirofumi Tenshin, Takeshi Harada, Yusuke Inoue, Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Sou Shimizu, Emiko Nakaue, Kotaro Tanimoto, Yoshiki Higa, Masahiro Oura, Kimiko Sogabe, Tomoyo Hara, Ryohei Sumitani, Tomoko Maruhashi, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Targeting SLAMF7 to disrupt myeloma-osteoclast interaction: elotuzumabs ADCC activity with Th1-like gamma delta T cells towards osteoclasts and myeloma cells.,
Cancer and bone society young investigator symposium, Feb. 2022.
11. Tomoyo Hara, Mitsui Yukari, Masuda Shiho, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Toshiki Otoda, Tomoyuki Yuasa, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Munehide Matsuhisa, Masahiro Abe and Ken-ichi Aihara :
Heparin cofactor II prevents the development of albuminuria in patients with diabetes,
EASD 2021 57th Annual Meeting, Sep. 2021.
12. Hirofumi Tenshin, Takeshi Harada, 井上 雄介, Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, 小田 明日香, Kotaro Tanimoto, Sou Shimizu, Yoshiki Higa, Masahiro Oura, Kimiko Sogabe, Tomoyo Hara, Tomoko Maruhashi, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
The anti-SLAMF7 elotuzumab enhances ADCC activity with Th1-like γδT cells towards osteoclasts and myeloma cells.,
The European Calcified Tissue Society 2021 Digital Congress 2021, web, Mar. 2021.
13. Itsuro Endo and Toshio Matsumoto :
Does Romosozumab increase cardiovascular events? Analysis of early post-marketing phase vigilance in Japan,
Japan Bone Academy, Tokyo, Nov. 2020.
14. Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Takeshi Harada, Eiji Tanaka, Kotaro Tanimoto, Sou Shimizu, Masahiro Oura, Kimiko Sogabe, Masahiro Abe, Toshio Matsumoto and Itsuro Endo :
The novel therapeutic approaches with TAK1 inhibition against the aberrant NLRP3 inflammasome activation in rheumatoid arthritis,
ECTS 2020 Digital Congress, Oct. 2020.
15. Tomoyo Hara, H Yamagami, Y Mitsui, S Masuda, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Toshiki Otoda, Tomoyuki Yuasa, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Munehide Matsuhisa, Masahiro Abe and Ken-ichi Aihara :
Plasma heparin cofactor activity is inversely associated with the development NAFLD in patients with diabetes,
American Diabetes Association 80th Scientific Session, Chicago, Jun. 2020.
16. Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Asuka Oda, Ashtar Mohannad, Kotaro Tanimoto, Soh Shimizu, Takeshi Harada, Masahiro Oura, Kimiko Sogabe, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
The role of NLRP3 inflammasome activation in joint inflammation and destruction in rheumatoid arthritis: novel therapeutic approaches with TAK1 inhibition.,
29th Australian and New Zealand Bone and Mineral Society Annual Scientific Meeting, Oct. 2019.
17. Mai Kanai, Itsuro Endo, Yasuko Takahashi, Jumpei Teramachi, Hirofumi Tenshin, Masahiro Hiasa, Seiji Fukumoto, Masahiro Abe and Toshio Matsumoto :
Establishment of model mice of FGF23-related hypophosphatemia induced by iron solution administration,
ASBMR 2019, Orlando, Sep. 2019.
18. Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Asuka Oda, Ashtar Mohannad, Kotaro Tanimoto, Masami Iwasa, Bat-Erdene Ariunzaya, Takeshi Harada, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
TAK1 inhibition effectively alleviates joint inflammation as well as bone destruction in rheumatoid arthritis: Suppression of NLRP3 inflammasome-mediated inflammation and osteoclastic bone resorption,
American Society for Bone and Mineral Society Annual meeting 2019, Orlando, Florida, USA,, Sep. 2019.
19. Jumpei Teramachi, Soh Shimizu, Hirofumi Tenshin, Bat-Erdene Ariunzaya, Masahiro Hiasa, Kotaro Tanimoto, Oda Asuka, Takeshi Harada, Mohannad Ashtar, Kotaro Tanimoto, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto, Eiji Tanaka and Masahiro Abe :
A progressive auto-amplification loop in TAK1 expression and activation in MM cells.,
ASBMR 2019,, Orlando, Florida, USA., Sep. 2019.
20. Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Oda Asuka, Ashtar Mohannad, Kotaro Tanimoto, Masami Iwasa, Bat-Erdene Ariunzaya, Takeshi Harada, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
TAK1 inhibition effectively alleviates joint inflammation as well as bone destruction in rheumatoid arthritis: Suppression of NLRP3 inflammasome-mediated inflammation and osteoclastic bone resorption.,
ASBMR 2019,, Orlando, Florida, USA., Sep. 2019.
21. Yumi Kuwamura, Sumiko Yoshida, Kiyoe Kurahashi, Masuko Sumikawa, Eijiro Sakamoto, Akio Kuroda, Hikari Yamato, Misuzu Okamoto, Hirokazu Uemura, Daisuke Hinode, Hiromichi Yumoto, Ken-ichi Aihara, Makoto Funaki, Munehide Matsuhisa, Itsuro Endo and Sachi Kishida :
Oral health behaviors of outpatients with diabetes based on the Revised Diabetes Oral Health Assessment Tool for nurses,
Journal of Diabetes Investigation, Vol.10, No.Supplement1, 26, Sendai-City, Miyagi Prefecture, May 2019.
22. Bingzi Dong, Itsuro Endo, Yukiyo Ohnishi, Zhengju Fu, Toshio Matsumoto and Yangang Wang :
Calcilytic, calcium-sensing receptor antagonist, enhances bone remodeling and increases bone mineral density without increasing urinary calcium excretion.,
ASBMR 2018 Annual Meeting, Mnrtial, QU, Oct. 2018.
23. Itsuro Endo, Bingzi Dong, Yukiyo Ohnishi, Yukari Ooguro, Kurahashi Kiyoe, Hiasa Masahiro, Junpei Teramachi, Tenshin Hirofumi, Seiji Fukumoto, Masahiro Abe and Toshio Matsumoto :
Persistent activation of calcium-sensing receptor increases microcrack and decreases bone strength,
ASBMR 2018 Annual Meeting, Mnrtial, QU, Oct. 2018.
24. Jumpei Teramachi, Hirofumi Tenshin, Masahiro Hiasa, Oda Asuka, Bat-Erdene Ariunzaya, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Disruption of a progressive vicious cycle between myeloma tumor growth and bone destruction by TAK1 inhibition,
ASBMR 2018 Annual Meeting, Montreal, Sep. 2018.
25. Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Oda Asuka, Ashtar Mohannad, Kotaro Tanimoto, Iwasa Masami, Bat-Erdene Ariunzaya, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Opposite effects of TRAIL on the Sp-1-c-FLIP survival pathway in myeloma cells and osteoclasts.,
ASBMR 2018 Annual Meeting, Montreal, Sep. 2018.
26. Yumi Kuwamura, Sumiko Yoshida, Kiyoe Kurahashi, Masuko Sumikawa, Eijiro Sakamoto, Ken-ichi Aihara, Hiromichi Yumoto, Munehide Matsuhisa, Itsuro Endo, Toshiyuki Yasui and Sachi Kishida :
The Relationship Between the Modified Diabetes Oral Health Assessment Tool© for Nurses, Self-Efficacy Scale, and Outcome Expectancy Scale for Self-Care of Patients with Periodontal Disease,
2nd Technological Competency as Caring in the Health Sciences 2018, 63, Aug. 2018.
27. Jumpei Teramachi, Hirofumi Tenshin, Masahiro Hiasa, Oda Asuka, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Tatsuji Haneji, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Therapeutic impact of TAK1 inhibition on myeloma tumor progression and bone destruction,
8th International Workshop on Advances in the Molecular Pharmacology and Therapeutics of Bone and other Musculoskeletal Diseases and Cancer and Bone Society 2018 Meeting, Oxford, Jun. 2018.
28. Akio Kuroda, Misuzu Yamada, Yukari Tominaga, Reiko Suzuki, Motoyuki Tamaki, Yuko Akehi, Yuichi Takashi, Daisuke Otsuka, Eisuke Shimokita, Fuminori Tanihara, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Masahiro Abe, Kevin Ferreri and Munehide Matsuhisa :
Detection of pancreatic beta cell DNA in the circulation using the amplification refractory mustation system PCR,
American Diabetes Association 78th Scientific Sessions, Orlando, Jun. 2018.
29. Munehide Matsuhisa, Hiroyasu Mori, Mami Ohishi, Masashi Ishizu, Reiko Suzuki, Ineko Takikawa, Satoshi Taniguchi, Motoyuki Tamaki, Yuko Akehi, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Makoto Funaki and Akio Kuroda :
The risk factors for rapid decline of renal function in Japanese patients with diabetes mellitus,
American Diabetes Association 78th Scientific Sessions, Orlando, Jun. 2018.
30. Sumiko Yoshida, Kiyoe Kurahashi, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Seiji Fukumoto, Munehide Matsuhisa and Masahiro Abe :
Changes of oxidative stress markers in patient of diabetes educational hospitalization.,
The Endocrine Society's Annual Meeting 2018, Chicago, Mar. 2018.
31. Kana Morimoto, Masuda Shiho, Kiyoe Kurahashi, Motoyuki Tamaki, Takeshi Kondo, Sumiko Yoshida, Tomoyuki Yuasa, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Akehi Yuko, Makoto Funaki, Seiji Fukumoto, Munehide Matsuhisa and Ken-ichi Aihara :
Identification of clinical determinants for coefficient of variation of - intervals in patients with type 2 diabetes.,
International Conference on Diabetes and Its Complications 2017, Baltimore, Nov. 2017.
32. Itsuro Endo, Dong Bingzi, Ohnishi Yukiyo, Kondo Takeshi, Masahiro Hiasa, Jumpei Teramachi, Toshio Matsumoto, Masahiro Abe, Seiji Fukumoto and Tatsuji Haneji :
Decreased bone strength induced by persistent activation of calcium-sensing receptor,
American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR) 2017 Annual Meeting, Denver, Sep. 2017.
33. Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Oda Asuka, Hirofumi Tenshin, Ryota Amachi, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Tatsuji Haneji, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
TAK1 inhibition impairs myeloma cell-bone marrow interaction to reduce myeloma tumor growth and bone destruction,
American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR) 2017 Annual Meeting, Denver, Sep. 2017.
34. Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Oda Asuka, Hirofumi Tenshin, Ryota Amachi, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Tatsuji Haneji, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Therapeutic impact of TAK1 inhibition on myeloma tumor progression and bone destruction,
International Society for Experimental Hematology 46th Annual Scientific Meeting, Frankfurt, Aug. 2017.
35. Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, A Oda, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, A Baterdene, Keiichiro Watanabe, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Osteoclasts utilize TRAIL for their NF-B activation, but TAK1 inhibition resumes TRAIL-induced apoptosis in osteoclasts.,
Australian and New Zealand Bone and Mineral Society 2017, Brisbane, Australia., Jun. 2017.
36. Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Oda Asuka, Hirofumi Tenshin, Ryota Amachi, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Akihito Yamamoto, Tatsuji Haneji, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Therapeutic impact of TAK1 inhibition on myeloma tumor progression and bone destruction,
Cancer and Bone Society Conference 2017, Indianapolis, May 2017.
37. Kiyoe Kurahashi, Itsuro Endo, Nakamura Maiko, Ohnishi Yukiyo, Takeshi Kondo, Aizawa Shinichi, Toshio Matsumoto, Seiji Fukumoto and Masahiro Abe :
Glucose intolerance induced by persistent activation of calcium-sensing receptor,
American Society for Bone and Mineral Research 2016 Annual Meeting, Atlanta, Sep. 2016.
38. Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Asuka Oda, Hirofumi Tenshin, Ryota Amachi, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Kiyoe Kurahashi, Takeshi Kondo, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
TAK-1 inhibition disrupts Pim-2-associated and Pim-2-independent key signaling pathways to effectively suppress tumor growth and restore bone formation in myeloma,
American Society for Bone and Mineral Research 2016 Annual Meeting, Atlanta, Sep. 2016.
39. Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, A Oda, Ryota Amachi, Bingzi Dong, Masahiro Hiasa, Keiichiro Watanabe, Ryota Amachi, S Nakamura, H Miki, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Osteoclasts utilize an apoptosis-inducer TRAIL as a stimulator for osteoclastogenesis Critical roles of the TAK-1-Pim-2 signaling induced by RANK ligand and TRAIL.,
ANZBMS 2016 Annual Meeting, Gold Coast, Aug. 2016.
40. Kana Morimoto, Kiyoe Kurahashi, Takeshi Kondo, Sumiko Yoshida, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Munehide Matsuhisa, Masahiro Abe and Ken-ichi Aihara :
Analysis of sodium restriction-induced blood pressure reduction in hospitalized patients with type 2 diabetes mellitus,
The 10th Congress of the Asian-Pacific Society of Atherosclerosis and Vascular Diseases, Tokyo, Jul. 2016.
41. Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Asuka Oda, Hirofumi Tenshin, Ryota Amachi, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Tatsuji Haneji, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Therapeutic impact of TAK-1 inhibition on tumor growth and bone destruction in myeloma,
21st Congress European Hematology Association, Copenhagen, Jun. 2016.
42. Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Asuka Oda, Hirofumi Tenshin, Ryota Amachi, Takeshi Harada, Derek Hanson, Keiichiro Watanabe, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Shuji Ozaki, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Pim inhibition suppresses osteoclastogenesis and tumor growth in myeloma,
57th ASH Annual Meeting and Exposition, Orlando, Dec. 2015.
43. Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, Jumpei Teramachi, Asuka Oda, Hirofumi Tenshin, Keiichiro Watanabe, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Shiroh Fujii, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Up-regulation of the pH sensor TRPV1 in myeloma cells and their adaption to an acidic microenvironment,
ASBMR 2015 Annual Meeting, Seattle, Oct. 2015.
44. Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Asuka Oda, Hirofumi Tenshin, Ryota Amachi, Takeshi Harada, Keiichiro Watanabe, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Tatsuji Haneji, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Pivotal role of TAK-1 in tumor growth and bone destruction in myeloma: Therapeutic impact of TAK-1 inhibition,
American Society for Bone and Mineral Research 2015 Annual Meeting, Oct. 2015.
45. Takeshi Kondo, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, nishi Oh Yukiyo, Bingzi Dong, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, Jumpei Teramachi, Masahiro Abe, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Serum carboxy-terminal telopeptide of type I collagen, as a marker for systemic atherosclerosis,
ANZBMS 2015 Annual Meeting, Hobart, Sep. 2015.
46. Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, 小田 明日香, Ryota Amachi, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Kumiko Kagawa, Hirokazu Miki, Shiroh Fujii, Keiichiro Watanabe, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Critical role of Pim-2 in NF-B-mediated suppression of osteoblastogenesis and stimulation of osteoclastogenesis: Therapeutic impact of Pim inhibition on myeloma bone disease.,
2014 ASBMR Annual Meeting, Houston, Sep. 2014.
47. Akio Kuroda, 鶴尾 美穂, Takeshi Kondo, 安芸 奈菜子, 大黒 由加里, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Motoyuki Tamaki, Toshio Matsumoto and Munehide Matsuhisa :
Comparison of insulin Glargine with Insulin Degludec in Type 1 Diabetes Patients.,
第74回アメリカ糖尿病学会, Jun. 2014.
48. Dong Bingzi, Takeshi Kondo, Itsuro Endo, 大西 幸代, 尾松 卓, Masahiro Abe, 相澤 慎一 and Toshio Matsumoto :
educed bone formation and increased adiposity with insulin resistance in interleukin-11 deficient mice,
European Calcified Tissue Society Annual Meeting 2014, Prague, May 2014.
49. Akio Kuroda, Takeshi Kondo, Ken-ichi Aihara, Itsuro Endo, T Yasuda, H Kaneto, T Matsuoka, Toshio Matsumoto and Munehide Matsuhisa :
The characteristics of type 1 diabetes patients who use insulin pump with square-wave bolus insulin.,
73th America Diabetes Association (poster), Jun. 2013.
50. Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, T Harada, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, H Mori, Itsuro Endo, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto :
Induction of bone formation in myeloma osteolytic lesions by cathepsinK inhibition,
Kyoto, Apr. 2013.
51. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 福本 誠二 :
FGF(),
厚生労働省科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 ホルモン受容機構異常に関する調査研究 平成24年度班会議 東京都 2013年1月, 2013年1月.
52. Masahiro Abe, Masahiro Hiasa, Watanabe ken-ichiro, Nakamura Shingen, Harada Takeshi, Itsuro Endo and Toshio Matsumoto :
Prevention of tumor growth and bone destruction in myeloma by Pim kinase inhibition,
12th CIBD International Meeting on Cancer Induced Bone Disease (CIBD) Lyon, Nov. 2012, Nov. 2012.
53. Masahiro Hiasa, Keiichiro Watanabe, Shingen Nakamura, Harada Takeshi, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Prevention of tumor growth and bone destruction in myeloma by Pim kinase inhibition,
12th Int'l Meeting on Cancer Induced Bone Disease, Lyon, Nov. 2012.
54. Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Mizuho Kinouchi, Takeshi Kondo, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Munehide Matsuhisa and Toshio Matsumoto :
Diabetes Spoils the Favorable Effect of HDL-Cholesterol on Endothelial Function in the Elderly with Cardiovascular Risk Factors,
American Heart Association Scientific Sessions 2012, ロサンゼルス, Nov. 2012.
55. Masahiro Hiasa, Ryota Amachi, Keiichiro Watanabe, Harada Takeshi, Fujii Shirou, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kumiko Kagawa, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Pim-2 suppresses BMP-2 signaling as a common inhibitory mediator of osteoblastogenesis in myeloma,
ASBMR 2012 Anuual Meeting, Minneapolis, Oct. 2012.
56. Takeshi Kondo, Omatsu Takashi, Dong Bingzi, Ohnishi Yukiyo, Aizawa Shin-ichi, Itsuro Endo and Toshio Matsumoto :
Interleukin(IL)-11 is required for mechanical stress-induced bone formation,
Australian and New Zealand Bone and Mineral Society, Gold Coast, Sep. 2012.
57. Akio Kuroda, YASUDA TETSUYUKI, TAKAHARA MITSUYOSHI, SAKAMOTO FUMIE, KASAMI RYUUICHI, MIYASHITA KAZUYUKI, MATSUOKA TAKA-AKI, Sumiko Yoshida, KONDO ERI, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, KANETO HIDEAKI, Toshio Matsumoto, SHIMOMURA IICHIRO and Munehide Matsuhisa :
Carbohydrate-to-Insulin Ratio is Calculated to be 300-400 Divided by Total Daily Insulin Dose in Type 1 Diabetic Patients Who Are on Insulin Pump Therapy,
American Diabetes Association 72nd Scieentific Sessions, Philadelphia, Jun. 2012.
58. Takeshi Kondo, Takashi Omatsu, Yukiyo Ohnishi, Toshio Matsumoto and Itsuro Endo :
Interleukin-11 is required for the maintenance of axial bone mass in mice.,
International Osteoporosis Foundation Annual Meeting 2011, Sep. 2011.
59. Itsuro Endo, Seiji Fukumoto and Toshio Matsumoto :
FGF23-related hypophosphatemic diseases in Japan.,
oint Meeting of International Bone and Mineral Society and The Japanese Society of Bone Mineral Research, Jul. 2011.
60. Itsuro Endo, Toshio Matsumoto and Ken-ichi Aihara :
Serum ICTP can be a surrogate marker of coronary unstable plaques,
ASBMR annual meeting, Tronto, Canada, Oct. 2010.
61. Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Kurahashi Kiyoe, Mizuho Kinouchi, Itsuro Endo, Yuichi Fujinaka and Toshio Matsumoto :
Increased serum triglyceride is associated with left ventricular diastolic dysfunction.,
14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Mar. 2010.
62. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Yuka Ueda, Mizuho Kinouchi and Itsuro Endo :
Rosuvastatin exerts an LDL cholesterol reduction-independent protective effect against carotid atherosclerosis,
14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Mar. 2010.
63. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Yuka Ueda, Mizuho Kinouchi and Itsuro Endo :
Dehydroepiandrosterone sulfate is an endothelial function-indipendent anti-atherogenic factor,
14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Mar. 2010.
64. Ken-ichi Aihara, Yuichi Fujinaka, Mizuho Kinouchi, Sumiko Yoshida, Yuka Ueda, Kurahashi Kiyoe, Itsuro Endo, Uemoto Ryoko, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirata Yoichiro, Suzuki Reiko, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Albuminuria is an independent aggravating factor for visceral fat obesity regardless of diabetes mellitus: a study using abdominal CT scan imaging,
14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Mar. 2010.
65. Ken-ichi Aihara, Yuichi Fujinaka, Mizuho Kinouchi, Sumiko Yoshida, Takashi Iwase, Masashi Akaike, Yuka Ueda, Kurahashi Kiyoe, Itsuro Endo, Uemoto Ryoko, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Hirata Yoichiro, Suzuki Reiko, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Albuminuria is an independent aggravating factor for visceral fat obesity regardless of diabetes mellitus: a study using abdominal CT scan imaging,
14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Japan, Mar. 2010.
66. Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Kurahashi Kiyoe, Mizuho Kinouchi, Itsuro Endo, Yuichi Fujinaka and Toshio Matsumoto :
Increased serum triglyceride is associated with left ventricular diastolic dysfunction,
14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Japan, Mar. 2010.
67. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Yuka Ueda, Shusuke Yagi, Yasumasa Ikeda, Takashi Iwase, Kurahashi Kiyoe, Itsuro Endo, Yuichi Fujinaka, Nishio Susumu, Hirotsugu Yamada, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Dehydroepiandrosterone sulfate is an endothelial function-independent protective factor against carotid atherosclerosis.,
Scientific Sessions 2009, American Heart Association, Florida, Nov. 2009.
68. Ken-ichi Aihara, Mizuho Kinouchi, Yuichi Fujinaka, Sumiko Yoshida, Yuka Ueda, Kurahashi Kiyoe, Itsuro Endo, Uemoto Ryoko, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Masashi Akaike and Toshio Matsumoto :
Albuminuria is an independent aggravating factor for visceral fat obesity regardless of diabetes mellitus: a study using abdominal CT scan imaging,
Scientific Sessions 2009, American Heart Association, Florida, Nov. 2009.
69. Itsuro Endo, Onishi Yukiyo, Kido Rika, Kurahashi Kiyoe, Ito Yuuji, Yuichi Fujinaka, Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Masahiro Abe, Fukumoto S and Toshio Matsumoto :
A new calcilytic compound,JTT-305,inhibits enhanced signaling by activating mutations of calcium-sensing receptor in autosomal dominant hypocalcemia (ADH),
ASBMR 31st Annual Meeting, Denver, Sep. 2009.
70. A Nakano, Asano J., Masahiro Abe, Masahiro Hiasa, S Nakamura, H Miki, Kumiko Kagawa, Kyoko Takeuchi, Ken-ichiro Yata, Itsuro Endo, Shuji Ozaki and Toshio Matsumoto :
Up-regulation of Pim-2 in myeloma cells by an interaction with bone marrow microenvironment enhances myeloma cell survival via stimulating Bad phosphorylation,
ASBMR Annual Meeting, Denver, Sep. 2009.
71. Masahiro Abe, A Oda, Shinsuke Kido, A Nakano, Masahiro Hiasa, H Amou, S Nakamura, Kyoko Takeuchi, H Miki, Kumiko Kagawa, Ken-ichiro Yata, Shuji Ozaki, Itsuro Endo and Toshio Matsumoto :
Bortezomib, a proteasome inhibitor with anti-myeloma activity, stimulates osteoblast differentiation by enhancing ATF4 accumulation in osteoblastic cells.,
ASBMR Annual Meeting, Denver, Sep. 2009.
72. Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Takayuki Ise, Sumitomo Yuka, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Kurahashi Kiyoe, Itsuro Endo, Yuichi Fujinaka, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Increased serum triglyceride but not LDL cholesterol is associated with left ventricular diastolic dysfunction.,
Scientific Sessions 2008, American Heart Association, New Orleans, Nov. 2008.
73. Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Takayuki Ise, Sumitomo Yuka, Shusuke Yagi, Takashi Iwase, Kurahashi Kiyoe, Itsuro Endo, Yuichi Fujinaka, Masashi Akaike, Masataka Sata and Toshio Matsumoto :
Dehydroepiandrosterone sulfate is an antivascular remodeling factor in elderly individuals.,
Scientific Sessions 2008, American Heart Association, New Orleans, Nov. 2008.

国内講演発表:

1. 原 倫世, 山上 紘規, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 中村 信元, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一 :
2 型糖尿病患者における血圧・血糖管理目標達成下での腎糸球体・尿細管障害のリスク因子の検討,
第45回日本高血圧学会総会, 2023年9月.
2. 吉田 守美子, 黒田 暁生, 松久 宗英, 遠藤 逸朗 :
糖尿病血糖管理入院における尿Titin N-terminal Fragmentの変化の検討,
第66回日本内分泌学会学術総会, 2023年6月.
3. 山上 紘規, 原 倫世, 答島 悠貴, 浅井 孝仁, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博, 粟飯原 賢一 :
2型糖尿病患者のSkin autofluorscenceを規定する因子の検討,
第96回日本内分泌学会学術総会, 2023年6月.
4. 山上 紘規, 原 倫世, 答島 悠, 浅井 孝, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博, 粟飯原 賢一 :
2型糖尿病患者のAGEs蓄積に関わる臨床的因子の解析,
第66回日本糖尿病学会年次学術集会, 2023年5月.
5. 答島 悠貴, 原 倫世, 浅井 孝, 山上 紘規, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 粟飯原 賢一 :
当院におけるインスリングラルギン/リキシセナチド (iGlarLixi)導入症例の臨床背景および効果の検討,
第66回日本糖尿病学会年次学術集会, 2023年5月.
6. 原 倫世, 答島 悠貴, 浅井 孝仁, 山上 紘規, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 粟飯原 賢一 :
糖尿病患者における腎糸球体および尿細管障害特異的なリスク因子の臨床的検討,
第66回日本糖尿病学会年次学術集会, 2023年5月.
7. 答島 悠貴, 三井 由加里, 浅井 孝仁, 原 倫世, 山上 紘規, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 安倍 正博, 松久 宗英 :
レパグリニドとクロピドグレルの併用による遷延性低血糖を認めた一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第60回総会, 2022年11月.
8. 原 倫世, 倉橋 清衛, 濱野 裕章, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 粟飯原 賢一 :
デュラグルチド使用中患者の HbA1c管理に影響を与える因子の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第60回総会, 2022年11月.
9. 答島 悠貴, 原 倫世, 浅井 孝仁, 山上 紘規, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 福本 誠二 :
低ALP血症を契機として,ALPL遺伝子解析を行い診断に至った成人型低ホスファターゼ血症の一例,
第22回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2022年9月.
10. 原 倫世, 浅井 孝仁, 答島 悠貴, 山上 紘規, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 福本 誠二, 遠藤 逸朗 :
授乳中にPTHrP上昇による高Ca血症を呈した一例,
第22回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2022年9月.
11. 三井 由加里, 黒田 暁生, 原 倫世, 山上 紘規, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 松久 宗英 :
持続皮下インスリン注入療法下 1 型糖尿病合併妊娠における分娩直後のインスリン投与設定変更の提案,
第22回日本糖尿病インフォマティクス学会年次学術集会, 2022年8月.
12. 桝田 志保, 原 倫世, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 粟飯原 賢一 :
生活習慣病患者のeGFR年間変化量予測における血管内皮機能の意義,
第54回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2022年7月.
13. 中上 絵美子, 天眞 寛文, 日浅 雅博, 寺町 順平, 原田 武志, 井上 雄介, 谷本 幸多朗, 清水 宗, 比嘉 佳基, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
プロテアソーム阻害薬による骨髄腫骨病変部選択的骨形成誘導活性の検討,
第40回日本骨代謝学会学術集会, 141, 2022年7月.
14. 比嘉 佳基, 日浅 雅博, 天眞 寛文, 寺町 順平, 原田 武志, 小田 明日香, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 田中 栄二, 安倍 正博 :
キサンチンオキシダーゼ(XO)阻害薬febuxostatによる脂肪細胞分化と骨芽細胞分化の制御機構,
第40回日本骨代謝学会学術集会, 2022年7月.
15. 田中 茉里子, 日浅 雅博, 谷本 幸多朗, 天眞 寛文, 清水 宗, 比嘉 佳基, 中上 絵美子, 金 秀河, 寺町 順平, 原田 武志, 中村 信元, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
不動は骨髄腫骨病変部DPP-4発現増加と骨髄腫の腫瘍進展・髄外播種を加速させる,
第40回日本骨代謝学会学術集会, 2022年7月.
16. 原 倫世, 山上 紘規, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 粟飯原 賢一 :
糖尿病患者における血漿Heparin Cofactor II活性とNAFLD病態指標の連関解析,
第8回肝臓と糖尿病・代謝研究会, 2022年6月.
17. 寺町 順平, 天眞 寛文, 日浅 雅博, 小田 明日香, 清水 宗, 住谷 龍平, 大浦 雅博, 曽我部 公子, 丸橋 朋子, 藤井 志朗, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 原田 武志, 安倍 正博 :
TAK1 阻害は骨髄腫の細胞間相互作用による骨破壊と薬剤耐性を改善する,
第47回日本骨髄腫学会学術集会, 2022年5月.
18. 吉田 守美子, 辻 誠一郎, 倉橋 清衛, 宮 恵子, 島 久登, 田代 学, 井上 朋子, 水口 潤, 中村 信元, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 松久 宗英 :
透析患者における新型コロナワクチン抗体と糖尿病の関連の検討,
第 65 回日本糖尿病学会年次学術集会, 2022年5月.
19. 比嘉 佳基, 日浅 雅博, 天眞 寛文, 谷本 幸多朗, 清水 宗, 寺町 順平, 原田 武志, 小田 明日香, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 田中 栄二, 安倍 正博 :
骨髄腫骨髄微小環境の変容におけるキサンチンオキシダーゼ-ROS経路の重要な役割,
International Journal of Myeloma, Vol.12, No.3, 149, 2022年5月.
20. 中上 絵美子, 天眞 寛文, 寺町 順平, 日浅 雅博, 原田 武志, 谷本 幸多朗, 清水 宗, 比嘉 佳基, 住谷 龍平, 丸橋 朋子, 大浦 雅博, 曽我部 公子, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 安倍 正博 :
プロテアソーム阻害薬のパルス投与の骨代謝への影響,
International Journal of Myeloma, Vol.12, No.3, 152, 2022年5月.
21. 吉田 守美子, 辻 誠士郎, 倉橋 清衛, 宮 恵子, 島 久登, 田代 学, 井上 朋子, 水口 潤, 中村 信元, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 松久 宗英 :
透析患者における新型コロナワクチン抗体と糖尿病の関連の検討,
糖尿病, Vol.65, No.Suppl.1, S-165, 2022年4月.
22. 吉田 守美子, 辻 誠士郎, 金子 遥祐, 森 建介, 河田 沙紀, 川原 綾香, 遠藤 ふうり, 原 倫世, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 松久 宗英 :
精神疾患とうつ尺度が減量入院効果に及ぼす影響,
第41回日本肥満学会・第38回日本肥満症治療学会, 2022年3月.
23. 辻 誠士郎, 吉田 守美子, 金子 遥祐, 森 建介, 河田 沙紀, 川原 綾香, 遠藤 ふうり, 原 倫世, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 松久 宗英 :
行動療法を重視した2週間の減量入院後の減量効果の検討,
第41回日本肥満学会・第38回日本肥満症治療学会, 2022年3月.
24. 辻 誠士郎, 吉田 守美子, 金子 遥祐, 森 建介, 河田 沙紀, 川原 綾香, 遠藤 ふうり, 原 倫世, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 松久 宗英 :
行動療法を重視した2週間の減量入院後の減量効果の検討,
第42回日本肥満学会 第39回日本肥満症治療学会学術集会, 2022年3月.
25. 吉田 守美子, 辻 誠士郎, 金子 遥祐, 森 建介, 河田 沙紀, 川原 綾香, 遠藤 ふうり, 原 倫世, 倉橋 清衛, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 松久 宗英 :
精神疾患とうつ尺度が減量入院効果に及ぼす影響,
第42回日本肥満学会 第39回日本肥満症治療学会学術集会, 2022年3月.
26. 原 倫世, 河田 沙紀, 川原 綾香, 金子 遥祐, 森 建介, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 福本 誠二, 安倍 正博 :
低Mg血症によるPTH分泌不全により著明な低Ca血症を来した一例,
第33回日本老年医学会四国地方会, 2022年1月.
27. 森 建介, 倉橋 清衛, 河田 沙紀, 川原 綾香, 金子 遥祐, 高丸 利加子, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 西岡 安彦, 安倍 正博 :
失語症のため治療説明に難渋し方針決定が遅れた異所性ACTH症候群の1例,
第33回日本老年医学会四国地方会, 2022年1月.
28. 辻 誠士郎, 吉田 守美子, 宮 恵子, 島久 登, 田代 学, 井上 朋子, 水口 潤, 中村 信元, 遠藤 逸朗, 安倍 正博 :
65歳以上の透析患者における新型コロナワクチン抗体価の検討,
第33回日本老年医学会四国地方会, 2022年1月.
29. 藤原 一成, 張 拓未, 田中 翔, 野村 侑香, 遠藤 逸朗, 三木 浩和 :
多発性骨髄腫に対するカルフィルゾミブの使用経験ー心血管合併症および生理機能検査に関する後方視的検討ー,
第45回 徳島県医学検査学会, 2021年12月.
30. 田中 翔, 張 拓未, 藤原 一成, 野村 侑香, 松田 和子, 長井 輝幸, 大西 幸代, 原 倫世, 倉橋 清衛, Ganbaatar Byambasuren, 金井 麻衣, 遠藤 逸朗 :
ミトコンドリア移植による乳癌新規治療法開発の試み,
第45回徳島県医学検査学会, 2021年12月.
31. 長井 輝幸, 松田 和子, 大西 幸代, 原 倫世, 倉橋 清衛, Ganbaatar Byambasuren, 金井 麻衣, 遠藤 逸朗 :
健常ミトコンドリア産生工場としての間葉系幹細胞,
第45回徳島県医学検査学会, 2021年12月.
32. 金井 麻衣, 遠藤 逸朗, 平田 有紀奈, 西尾 進, 楠瀬 賢也 :
イバブラジン投与における心機能への効果について~心エコー図検査を用いた短期間パイロット研究~,
第45回徳島県医学検査学会, 2021年12月.
33. 宮武 大輔, 岩垣 侑真, 豊田 剛志, 曽根 淳美, 遠藤 逸朗, 安藝 健作, 細井 英司 :
血液型遺伝子プロモーター領域におけるメチル化とH抗原発現およびHmRNA発現量に関する検討,
第45回 徳島県医学検査学会, 2021年12月.
34. 山元 美礼, 岩垣 侑真, 豊田 剛志, 曽根 淳美, 遠藤 逸朗, 安藝 健作, 細井 英司 :
漢方薬のNK様培養細胞KHYG-1活性に及ぼす影響,
第45回 徳島県医学検査学会, 2021年12月.
35. 青山 理央, 川原 綾香, 倉橋 清衛, 原 倫世, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松久 宗英, 福本 誠二, 遠藤 逸朗, 安倍 正博 :
1型糖尿病とバセドウ病を同時に診断した1例,
日本内科学会 第125回 四国地方会, 2021年12月.
36. 高岡 俊, 金子 遥祐, 辻 誠士郎, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 福本 誠二 :
レンバチニブで破壊性甲状腺炎をきたし,医原性副腎皮質機能低下症による副腎不全が顕在化した一例,
日本内科学会 第125回 四国地方会, 2021年12月.
37. 桝田 志保, 原 倫世, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 粟飯原 賢一 :
生活習慣病患者におけるeGFR年間変化量と血管内皮機能の連関解析,
第6回日本糖尿病・生活習慣病ヒューマンデータ学会, 2021年12月.
38. 原 倫世, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 粟飯原 賢一 :
糖尿病患者における血漿Heparin Cofactor II活性とNAFLD病態指標の連関,
第6回日本糖尿病・生活習慣病ヒューマンデータ学会, 2021年12月.
39. 山口 佑樹, 遠藤 逸朗, 藤井 由加里, 林 亜紀, 近藤 朱音, 森根 幹生, 岩崎 泰正, 前田 和寿 :
妊娠を契機に増悪した腎性尿崩症の1例,
第31回 臨床内分泌代謝Update, 2021年11月.
40. 河田 沙紀, 原 倫世, 吉田 守美子, 川原 綾香, 金子 遥祐, 森 建介, 遠藤 ふうり, 辻 誠士郎, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 福本 誠二 :
アルドステロンを含む3種のホルモン産生副腎皮質癌の一例,
第32回臨床内分泌代謝Update, 2021年11月.
41. 平岡 栞名, 原 倫世, 河田 沙紀, 川原 綾香, 金子 遥祐, 森 建介, 遠藤 ふうり, 辻 誠士郎, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 明比 祐子, 坂東 良美, 遠藤 逸朗, 福本 誠二 :
アドレナリン優位の上昇を示したパラガングリオーマの1例,
第31回臨床内分泌代謝Update, 2021年11月.
42. 河田 沙紀, 原 倫世, 吉田 守美子, 川原 綾香, 金子 遥祐, 森 建介, 遠藤 ふうり, 辻 誠士郎, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 福本 誠二 :
アルドステロンを含む3種のホルモン産生性副腎皮質癌の一例,
第31回 臨床内分泌代謝Update, 2021年11月.
43. 森 建介, 辻 誠士郎, 吉田 守美子, 河田 沙紀, 川原 綾香, 金子 遥祐, 細木 美苗, 遠藤 ふうり, 原 倫世, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 福本 誠二, 安倍 正博 :
10cmの右大腿部腫瘤を原因とする腫瘍性骨軟化症の1例,
第31回臨床内分泌Update, 2021年11月.
44. 吉田 守美子, 河田 沙紀, 川原 綾香, 金子 遥祐, 森 建介, 遠藤 ふうり, 辻 誠士郎, 原 倫世, 倉橋 清衛, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 福本 誠二 :
新型コロナワクチン投与後に発症した亜急性甲状腺炎の1例,
第64回日本甲状腺学会学術集会, 2021年11月.
45. 川原 綾香, 倉橋 清衛, 河田 沙紀, 金子 遥祐, 遠藤 ふうり, 原 倫世, 辻 誠士郎, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英 :
肝膿瘍とサイトメガロウイルス胃炎を合併した2型糖尿病の一例,
日本糖尿病学会 中国四国地方会 第59回総会, 2021年10月.
46. 金子 遥祐, 原 倫世, 河田 沙紀, 川原 綾香, 遠藤 ふうり, 辻 誠士郎, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英 :
PD-1抗体が1型糖尿病発症に関与したと考えられる非典型的な3例(29文字),
日本糖尿病学会 中国四国地方会 第59回総会, 2021年10月.
47. 河田 沙紀, 倉橋 清衛, 川原 綾香, 金子 遥祐, 遠藤 ふうり, 原 倫世, 辻 誠士郎, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英 :
糖尿病ケトアシドーシスが改善後にケトーシスが再燃した2型糖尿病の1例,
日本糖尿病学会 中国四国地方会 第59回総会, 2021年10月.
48. 岡田 朝美, 山田 美鈴, 森 博康, 明比 祐子, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 黒田 暁生 :
1型糖尿病患者における膵β細胞傷害の定量化の試み,
日本糖尿病学会中国四国地方会第59回総会, 2021年10月.
49. Yoshiki Higa, Masahiro Hiasa, Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Takeshi Harada, 小田 明日香, 大浦 雅弘, Kimiko Sogabe, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto, Masahiro Abe and Eiji Tanaka :
Critical roles of the XO-ROS axis in the pathology of bone loss in myeloma,
第83回日本血液学会学術集会, BPA-3-4, Sep. 2021.
50. Hirofumi Tenshin, 寺町 順平 日浅 雅博 小田 明日香 原田 武志, Masahiro Hiasa, 小田 明日香, Takeshi Harada, Masahiro Oura, Kimiko Sogabe, Kotaro Tanimoto, Sou Shimizu, Yoshiki Higa, Eiji Tanaka, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
NLRP3 inflammasome aggravates osteoclastic bone destruction in myeloma,
日本血液学会学術集会83回 Page 83回 Page OS2-4B-4(2021.09), Sep. 2021.
51. Kotaro Tanimoto, Masahiro Hiasa, Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Takeshi Harada, 小田 明日香, Masahiro Oura, Kimiko Sogabe, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto, Eiji Tanaka and Masahiro Abe :
Extraosseous dissemination of myeloma by mechanical unloading,
日本血液学会学術集会83回 Page 83回 Page OS2-11C-3(2021.09), Sep. 2021.
52. 川原 綾香, 原 倫世, 平岡 栞名, 辻 誠士郎, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 福本 誠二 :
前立腺癌の副腎転移が123I-MIBGシンチグラフィ陽性を示した1例,
第21回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2021年9月.
53. 金子 遥祐, 倉橋 清衛, 水口 槙子, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 福本 誠二 :
急速に右動眼神経麻痺が悪化したが,速やかに外科治療を行い寛解しえた13歳のクッシング病の一例,
第21回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2021年9月.
54. 岡田 朝美, 山田 美鈴, 森 博康, 明比 祐子, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 黒田 暁生 :
循環血中遊離DNAを用いた膵β細胞障害の新規検出法の確立,
第263回徳島医学会学術集会, 2021年8月.
55. 吉川 紘平, 金子 遥祐, 辻 誠士郎, 河田 沙紀, 川原 綾香, 森 健介, 遠藤 ふうり, 原 倫世, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博, 福本 誠二 :
TIA様発作を契機に診断されたインスリノーマの一例,
第263回徳島医学会, 2021年8月.
56. 辻 誠士郎, 吉田 守美子, 平岡 栞名, 宮高 紘輔, 細木 美苗, 原 倫世, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 安倍 正博, 松久 宗英 :
行動療法を中心とした2週間の減量入院プログラムの退院後の減量効果,
第64回日本糖尿病学会年次学術集会, 2021年5月.
57. 原 倫世, 平岡 栞名, 細木 美苗, 宮髙 紘輔, 辻 誠士郎, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一 :
糖尿病患者のアルブミン尿増加に関わる臨床因子の横断および縦断解析,
第9回日本高血圧学会臨床高血圧フォーラム, 2021年5月.
58. 遠藤 理子, 倉橋 清衛, 平岡 栞名, 細木 美苗, 宮高 紘輔, 辻 誠士郎, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 :
慢性膵炎の急性増悪を繰り返し,仮性脾動脈瘤の急速な増大を認めた一例,
第124回日本内科学会四国地方会(WEB開催), 2021年5月.
59. 原 倫世, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英 :
血漿 Heparin Cofactor || 活性とNAFLD病態指標の連関解析,
第94回日本内分泌学会学術総会, 2021年4月.
60. 金井 麻衣, 大西 幸代, 原 倫世, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 福本 誠二, 松本 俊夫 :
TAK1 阻害による炎症性サイトカイン誘導性筋萎縮の改善,
第94回日本内分泌学会学術総会, 2021年4月.
61. 原 倫世, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 粟飯原 賢一 :
血漿Heparin Cofactor II活性とNAFLD病態指標の連関解析,
第94回日本内分泌学会学術総会, 2021年4月.
62. 金井 麻衣, 長井 輝幸, 遠藤 逸朗, 大西 幸代, 原 倫世, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 瀬部 真由, 阪上 浩, 福本 誠二, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
TAK1阻害による炎症性サイトカイン誘導性骨格筋萎縮の改善,
日本内分泌学会雑誌, Vol.97, No.1, 365, 2021年4月.
63. 木村 蘭子, 倉橋 清衛, 細木 美, 辻 誠司郎, 三井 由加里, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 福本 誠二, 安倍 正博 :
繰り返す脆弱性骨折を契機に発見されたクッシング症候群の一例,
第262回徳島医学会学術集会, 2021年3月.
64. 細木 美苗, 吉田 守美子, 平岡 栞名, 宮高 紘輔, 辻 誠士郎, 原 倫世, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 安倍 正博 :
持続血糖モニタリングシステムを使用した遠隔診療が有効であった高齢1型糖尿病の2症例,
第32回日本老年医学会四国地方会, 2021年2月.
65. 吉本 ちひろ, 相原 苑果, 長井 輝幸, 松田 和子, 大西 幸代, 原 倫世, 中村 信元, 賀川 久美子, 三木 浩和, 安倍 正博, 櫻井 明子, 金井 麻衣, 遠藤 逸朗 :
血液悪性腫瘍化学療法入院中の骨格筋量の減少 ビタミンD充足との関連,
第44回徳島県医学検査学会, 2020年12月.
66. 相原 苑果, 長井 輝幸, 松田 和子, 吉本 ちひろ, 大西 幸代, 原 倫世, 金井 麻衣, 遠藤 逸朗, 三木 浩和, 櫻井 明子 :
多発性骨髄腫に対するゾレドロン酸の治療経験,
第44回徳島県医学検査学会, 2020年12月.
67. 長井 輝幸, 吉本 ちひろ, 松田 和子, 相原 苑果, 大西 幸代, 原 倫世, 倉橋 清衛, 安倍 正博, 金井 麻衣, 遠藤 逸朗 :
TAK1阻害による炎症性サイトカイン誘導性筋萎縮の改善,
第44回徳島県医学検査学会, 2020年12月.
68. 松田 和子, 相原 苑果, 長井 輝幸, 吉本 ちひろ, 金島 慶太, 大西 幸代, 原 倫世, 櫻井 明子, 金井 麻衣, 遠藤 逸朗 :
原発性骨粗鬆症におけるビタミンD充足の検討,
第44回徳島県医学検査学会, 2020年12月.
69. 金山 涼加, 倉橋 清衛, 明比 祐子, 岡本 耕一, 中村 信元, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 高山 哲治, 安倍 正博 :
潰瘍性大腸炎とバセドウ病の治療中に汎血球減少を契機に自己免疫性胃炎が判明した一例,
第123回日本内科学会四国地方会, 2020年11月.
70. 細木 美苗, 遠藤 ふうり, 三井 由加里, 平岡 栞名, 宮髙 紘輔, 辻 誠士郎, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 安倍 正博 :
推奨量のヒドロコルチゾン補充で症状が改善しなかった中枢性副腎不全の一例,
第123回日本内科学会四国地方会, 2020年11月.
71. 辻 誠士郎, 吉田 守美子, 遠藤 ふうり, 平岡 栞名, 細木 美苗, 宮髙 紘輔, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 福本 誠二 :
副腎皮質癌と舌癌を合併しがんゲノム検査を施行した一例,
第30回臨床内分泌代謝Update, 2020年11月.
72. 宮髙 紘輔, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 平岡 栞名, 細木 美苗, 遠藤 ふうり, 辻 誠士郎, 三井 由加里, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 福本 誠二 :
glioblastomaを発症した神経線維腫症1型の1例,
第30回臨床内分泌代謝Update, 2020年11月.
73. 細木 美苗, 三井 由加里, 平岡 栞名, 宮髙 紘輔, 辻 誠士郎, 原 倫世, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 福本 誠二 :
顕性Cushing症候群を示し片側副腎切除を施行したBMAHの一例,
第30回 臨床内分泌代謝update, 2020年11月.
74. 平岡 栞名, 三井 由加里, 細木 美苗, 宮高 紘輔, 辻 誠士朗, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 安倍 正博, 松久 宗英 :
原田病,重症筋無力症を合併した1型糖尿病の1例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第58総会, 2020年10月.
75. 辻 誠士朗, 倉橋 清衛, 平岡 栞名, 細木 美苗, 宮高 紘輔, 三井 由加里, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 松久 宗英 :
びまん性膵腫大を契機に膵癌再発と診断したGAD抗体陽性の糖尿病の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第58総会, 2020年10月.
76. 谷本 幸多朗, 日浅 雅博, 天眞 寛文, ASHTAR MOHANNAD, 清水 宗, 比嘉 佳基, 寺町 順平, 原田 武志, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
不動は骨吸収と骨髄腫進展を促進させる,
日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, 149, 2020年10月.
77. 天眞 寛文, ASHTAR MOHANNAD, 寺町 順平, 日浅 雅博, 谷本 幸多朗, 清水 宗, 比嘉 佳基, 原田 武志, 大浦 雅博, 曽我部 公子, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
抗腫瘍薬が誘導するROSは破骨細胞分化を促進する:Xanthine oxidase阻害剤febuxostatの治療効果.,
日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, 148, 2020年10月.
78. 吉田 守美子, 工藤 千晶, 辻本 賀美, 安井 沙耶, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 福本 誠二, 安倍 正博, 松久 宗英 :
血糖管理入院でのテストステロン値の変化の検討,
第63回日本糖尿病学会年次学術集会, 2020年10月.
79. 遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 松本 俊夫, 安倍 正博, 福本 誠二 :
家族歴を有するFGF23関連低リン血症性骨軟化症の一例,
日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, 150, 2020年10月.
80. 倉橋 清衛, 村井 純平, 堀 太貴, 住谷 龍平, 原田 武志, 中村 信元, 金井 麻衣, 櫻井 明子, 原 倫世, 桝田 志保, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 安倍 正博, 福本 誠二 :
高1,25(OH)2D血症による高Ca血症を来したホジキンリンパ腫の一例,
日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, 150, 2020年10月.
81. Hirofumi Tenshin, アシテル モハナッド, Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Kotaro Tanimoto, Sou Shimizu, 比嘉 佳基, Takeshi Harada, Masahiro Oura, Kimiko Sogabe, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
抗腫瘍薬が誘導するROSは破骨細胞分化を促進する Xanthine oxidase阻害剤febuxostatの治療効果,
The Annual Meeting of the Japanese Society for Bone and Mineral Research Program & Abstracts, 148, Oct. 2020.
82. 宮髙 紘輔, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 平岡 栞名, 細木 美苗, 遠藤 ふうり, 辻誠 士郎, 三井 由加里, 明比 祐子, 遠藤 逸朗 :
血中IgG4濃度が高値であった甲状腺眼症の一例,
第20回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2020年9月.
83. 原 倫世, 吉田 守美子, 平岡 栞名, 細木 美苗, 宮髙 紘輔, 遠藤 ふうり, 辻 誠士郎, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗 :
当院での高張食塩水負荷試験実施例における新旧中枢性尿崩症診断基準の比較,
第20回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2020年9月.
84. 川原 綾香, 倉橋 清衛, 工藤 千晶, 鎌田 基夢, 加藤 真介, 富岡 有紀子, 辻本 賀美, 安井 沙耶, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 三井 由加里, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 :
歩行不能だったが,多職種の高度な連携と患者特性に配慮したケアにより 自宅生活可能となった高度肥満症の一例,
第261回徳島医学会学術集会, 2020年8月.
85. 平岡 栞名, 三井 由加里, 三木 浩和, 佐藤 正大, 東 桃代, 遠藤 ふうり, 宮髙 紘輔, 辻誠 士郎, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 :
発熱・全身リンパ節腫脹で発症し,リンパ節生検で診断しえた結核性リンパ節炎の一例,
第261回徳島医学会学術集会, 2020年8月.
86. 原 倫世, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 粟飯原 賢一 :
NAFLD病態指標血漿Heparin Cofactor IIの連関,
第52回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2020年8月.
87. 三井 由香里, 飯塚 裕斗, 田中 智明, 遠藤 逸朗, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 山口 佑樹, 山上 紘規, 藤中 雄一, 森本 佳奈, 白神 敦久, 福本 誠二, 松本 俊夫 :
CRH負荷試験による副腎皮質機能低下症·不全症カットオフ値策定の試み,
第93回日本内分泌学会学術総会, Vol.96, No.1, 251, 2020年7月.
88. 吉田 守美子, 工藤 千晶, 辻本 賀美, 安井 沙耶, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 三井 由香里, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 安倍 正博, 福本 誠二 :
糖尿病教育入院でのテストステロン値の変化の検討,
第93回日本内分泌学会学術総会, Vol.96, No.1, 287, 2020年7月.
89. 原 倫世, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 粟飯原 賢一 :
NAFLD病態指標Fib4-indexと血漿Heparin Cofactor Ⅱの連関,
第52回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2020年7月.
90. 村井 純平, 堀 太貴, 川田 知代, Ryohei Sumitani, 宇高 憲吾, Takeshi Harada, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Kumiko Kagawa, Masahiro Abe, Hirokazu Miki, 桝田 志保, Itsuro Endo and Seiji Fukumoto :
高ビタミンD血症による高Ca血症を来したホジキンリンパ腫の一例,
Shikoku Acta Medica, Vol.76, No.1-2, 124, Apr. 2020.
91. 桝田 志保, 吉田 守美子, 工藤 千晶, 辻本 賀美, 安井 沙耶, 遠藤 ふうり, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 安倍 正博 :
診断に時間を要したバセドウ病による甲状腺クリーゼの一例,
第31回日本老年医学会四国地方会, 2020年2月.
92. 川原 綾香, 倉橋 清衛, 工藤 千晶, 鎌田 基夢, 加藤 真介, 富岡 有紀子, 辻本 賀美, 安井 沙耶, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 三井 由加里, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 :
歩行不能だったが,多職種の密な連携と患者特性に配慮したケアにより自宅生活可能となった高度肥満症の一例,
第260回徳島医学会学術集会 大塚講堂, 2020年2月.
93. 黒田 大智, 水本 健斗, 櫻井 明子, 金井 麻衣, 大西 幸代, 松岡 飛翔, 遠藤 逸朗 :
鉄剤投与によるFGF23関連低リン血症モデル作成の試み,
第43回徳島県医学検査学会, 2019年12月.
94. 菊池 結愛, 坂井 ちか, 櫻井 明子, 金井 麻衣, 大西 幸代, 安倍 正博, 遠藤 逸朗 :
TAK1阻害による炎症性サイトカイン誘導性筋萎縮の改善,
第43回徳島県医学検査学会, 2019年12月.
95. 水本 健斗, 菊池 結愛, 倉橋 清衛, 櫻井 明子, 金井 麻衣, 大西 幸代, 遠藤 逸朗 :
カルシウム感知受容体活性型変異における耐糖能異常,
第43回徳島県医学検査学会, 2019年12月.
96. 坂井 ちか, 菊池 結愛, 黒田 大智, 櫻井 明子, 金井 麻衣, 大西 幸代, 遠藤 逸朗 :
副腎皮質機能低下症・不全症のカットオフ値設定の試み,
第43回徳島県医学検査学会, 2019年12月.
97. 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 白神 敦久, 松久 宗英 :
SGLT2阻害薬による正常血糖糖尿病ケトアシドーシスの1例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第57回総会, 2019年12月.
98. 倉橋 清衛, 工藤 千晶, 鎌田 基夢, 加藤 真介, 鈴木 佳子, 秋月 佐代, 富岡 有紀子, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 松久 宗英 :
療養環境整備に苦慮した,歩行不能の高度肥満症の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第57回総会, 2019年12月.
99. 三井 由加里, 黒田 暁生, 石津 将, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 松久 宗英 :
頻回インスリン注射療法下の1型糖尿病患者における基礎インスリン比率の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第57回総会, 2019年12月.
100. 桝田 志保, 吉田 守美子, 安井 沙耶, 辻本 賀美, 工藤 千晶, 遠藤 ふうり, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英 :
肥満外科手術後早期に基礎インスリン必要量が減少した高度肥満1型用尿病の1例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第57回総会, 2019年12月.
101. 遠藤 ふうり, 吉田 守美子, 工藤 千晶, 辻本 賀美, 安井 沙耶, 桝田 志保, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英 :
免疫チェックポイント阻害薬関連1型糖尿病の5例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第57回総会, 2019年12月.
102. 安井 沙耶, 桝田 志保, 辻本 賀美, 工藤 千晶, 遠藤 ふうり, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英 :
基礎インスリン適正化とスクエアボーラス導入で血糖管理が改善した1型糖尿病の1例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第57回総会, 2019年12月.
103. 三井 由加里, 黒田 暁生, 石津 将, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 松久 宗英 :
頻回インスリン注射療法下の1型糖尿病患者における基礎インスリン比率の検討,
第19回日本先進糖尿病治療研究会・第17回1型糖尿病研究会, 2019年11月.
104. 山口 純代, 岩城 真帆, 清水 郁子, 稲垣 太造, 湊 将典, 小野 広幸, 上田 紗代, 西村 賢二, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 長井 幸二郎, 桝田 志保, 遠藤 逸朗, 安部 秀斉 :
透析導入期に急性高Ca血症を生じた一例,
第49回日本腎臓学会西部学術大会, 2019年10月.
105. 髙士 祐一, 沢津橋 俊, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 松久 宗英, 松本 俊夫, 福本 誠二 :
FGFR1は血中FGF23濃度を制御するリン感知受容体である,
第38回日本骨代謝学会学術集会, 2019年10月.
106. 天眞 寛文, 寺町 順平, 日浅 雅博, 谷本 幸多朗, ASHTAR MOHANNAD, Bat-Erdene Ariunzaya, 岩佐 昌美, 原田 武志, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
TAK1阻害は関節リウマチにおけるNLRP3インフラマソーム誘導性の炎症および骨破壊を抑制する,
日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, 190, 2019年10月.
107. 谷本 幸多朗, 日浅 雅博, 岩浅 亮彦, 天眞 寛文, 寺町 順平, ASHTAR MOHANNAD, 岩佐 昌美, 小田 明日香, 曾我部 公子, 大浦 雅博, 原田 武志, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
不動性骨吸収の亢進は骨髄内の骨髄腫進展を促進させる.,
日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, 2019年10月.
108. 天眞 寛文, 寺町 順平, 日浅 雅博, 谷本 幸多朗, ASHTAR MOHANNAD, Ariunzaya Bat-Erdene, 岩佐 昌美, 原田 武志, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
TAK1阻害は関節リウマチにおけるNLRP3インフラマソーム誘導性の炎症および骨破壊を抑制する.,
第37回日本骨代謝学会学術集会, 2019年10月.
109. 谷本 幸太朗, 日浅 雅博, 天眞 寛文, 寺町 順平, ASHTAR MOHANNAD, 岩佐 昌美, 小田 明日香, 曽我部 公子, 大浦 雅博, 原田 武志, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
不動性骨吸収の亢進は骨髄内の骨髄腫進展を促進させる,
第37回日本骨代謝学会学術集会, 2019年10月.
110. 辻本 賀美, 三井 由加里, 工藤 千晶, 安井 沙耶, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 福本 誠二 :
勤務時間の影響で副腎皮質機能異常が疑われた2例,
日本内分泌学会第19回四国支部学術集会, 2019年9月.
111. 工藤 千晶, 枡田 志保, 辻本 賀美, 安井 沙耶, 遠藤 ふうり, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 新谷 保実, 福本 誠二 :
両側副腎偶発腫瘍で発見された123I-MIBGシンチ陰性の褐色細胞腫の一例,
日本内分泌学会第19回四国支部学術集会, 2019年9月.
112. 安井 沙耶, 桝田 志保, 吉田 守美子, 辻本 賀美, 工藤 千晶, 遠藤 ふうり, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英, 安倍 正博, 福本 誠二 :
成長ホルモン分泌不全症と甲状腺機能低下症を呈した小児がん経験者の一例,
第259回 徳島医学会学術集会(令和元年度夏期), 2019年8月.
113. 原 倫世, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一 :
原発性アルドステロン症におけるエプレレノンの血管機能への影響,
第51回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2019年7月.
114. 宮高 絋輔, 吉田 守美子, 遠藤 ふうり, 枡田 志保, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 福本 誠二, 船木 真理, 松立 吉弘, 軒原 浩, 西岡 安彦, 安倍 正博, 松久 宗英 :
免疫チェックポイント阻害薬投与後に1型糖尿病を発症した2例,
第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2019年5月.
115. 金井 麻衣, 松岡 飛翔, 遠藤 逸朗, 大西 幸代, 髙士 祐一, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 福本 誠二, 松本 俊夫 :
鉄製剤投与によるFGF23関連低リン血症モデル作成の試み,
第92回日本内分泌学会学術総会, Vol.95, No.1, 422, 2019年5月.
116. 宮高 紘輔, 遠藤 ふうり, 三井 由加里, 枡田 志保, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 福本 誠二, 軒原 浩, 西岡 安彦, 安倍 正博, 松久 宗英 :
抗PD-1抗体投与後に1型糖尿病を発症した1例,
第258回徳島医学会学術集会 ポスターセッション, 2019年2月.
117. 木村 優里, 高橋 寛典, 松島 滉海, 櫻井 明子, 金井 麻衣, 遠藤 逸朗 :
TAK1阻害による炎症性サイトカイン誘導性サルコペ二ア改善の可能性,
第42回徳島県医学検査学会, 2018年12月.
118. 松島 滉海, 木村 優里, 高橋 寛典, 櫻井 明子, 金井 麻衣, 近藤 剛史, 桝田 志保, 岸本 大輝, 遠藤 逸朗 :
hCG, FSH製剤の併用によりパートナーの妊娠,健常児正常出産が確認された低ゴナドトロピン性男背性性腺機能低下症の2例,
第42回徳島県医学検査学会, 2018年12月.
119. 吉田 守美子, 原 倫世, 山口 佑樹, 近藤 剛史, 遠藤 ふうり, 筒井 康継, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 中島 公平, 福本 誠二 :
急速に腫瘍が増大し悪性転化が疑われたCushing病の1例,
第28回臨床内分泌代謝Update, 2018年11月.
120. 原 倫世, 吉田 守美子, 細井 美希, 遠藤 ふうり, 筒井 康継, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 中島 公平, 坂東 良美, 安倍 正博, 福本 誠二 :
脳内,副鼻腔,下垂体に炎症を認めステロイドが著効した1例,
第22回日本臨床内分泌病理学会学術総会, 2018年10月.
121. Jumpei Teramachi, Hirofumi Tenshin, Masahiro Hiasa, Oda Asuka, Bat-Erdene Ariunzaya, Takeshi Harada, Iwasa Masami, Shiroh Fujii, Kimiko Sogabe, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Masahiro Oura, Kumiko Kagawa, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Mechanisms of TAK1 over-activation in myeloma cells and TAK1-mediated myeloma growth and bone destruction,
第80回日本血液学会学術集会, Oct. 2018.
122. Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Kotaro Tanimoto, Mohannad Ashtar, Ariunzaya Bat-Erdene, Iwasa Masami, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kimiko Sogabe, Oura Masahiro, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Inverse regulation of c-FLIP-mediated survival in myeloma cells and osteoclasts by TRAIL.,
The 80th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology, Oct. 2018.
123. Kotaro Tanimoto, Masahiro Hiasa, Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Oda Asuka, Mohannad Ashtar, Ariunzaya Bat-Erdene, Iwasa Masami, Kimiko Sogabe, Oura Masahiro, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Impact of denervation-induced paralysis and mechanical unloading on tumor expansion in myeloma.,
The 80th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology, Oct. 2018.
124. Masahiro Hiasa, Jumpei Teramachi, Hirofumi Tenshin, Kotaro Tanimoto, Ariunzaya Bat-Erdene, Mohannad Ashtar, Masami Iwasa, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Kimiko Sogabe, Oura Masahiro, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Oda Asuka, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
The effects of cathepsin K inhibition on osteocytes: its role in bone restoration in MM bone disease.,
The 80th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology, Oct. 2018.
125. 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 遠藤 ふうり, 原 倫世, 桝田 志保, 吉田 守美子, 明比 祐子, 坂東 良美, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 福本 誠二 :
ソマトスタチンアナログ製剤にて著明な縮小がみられたGH産生マクロアデノーマの1例,
第22回 日本臨床内分泌病理学会, 2018年9月.
126. 倉橋 清衛, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 福本 誠二, 遠藤 逸朗, 松久 宗英 :
足趾上腕血圧比定値を契機に末梢動脈疾患を診断しえた,重症下肢軟部組織感染症を繰り返す2型糖尿病の一例,
第3回日本下肢救済・足病学会中国四国地方会学術集会, 2018年9月.
127. 桝田 志保, 遠藤 逸朗, 遠藤 ふうり, 原 倫世, 筒井 康継, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 岸本 大輝, 粟飯原 賢一, 福本 誠二 :
hCG,FSH製剤の併用によりパートナーの妊娠が確認された低ゴナドトロピン性男性性腺機能低下症の2例,
第18回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2018年9月.
128. 中村 昌史, 原 倫世, 倉橋 清衛, 遠藤 ふうり, 筒井 康継, 桝田 志保, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 福本 誠二 :
股関節痛と歩行困難を契機に診断したCushing症候群の一例,
第18回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2018年9月.
129. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 遠藤 ふうり, 筒井 康継, 原 倫世, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 遠藤 逸朗, 森本 佳奈, 黒田 暁生, 明比 祐子, 船木 真理, 松久 宗英, 福本 誠二, 安倍 正博 :
原発性アルドステロン症におけるミネラルコルチコイド受容体拮抗薬の血管機能への影響,
第18回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2018年9月.
130. 森 博康, 荒木 迪子, 黒田 暁生, 石津 将, 髙士 祐一, 谷口 諭, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 田蒔 基行, 明比 祐子, 松久 宗英 :
1型糖尿病患者の血清IGF-1とサルコペニア合併に関する横断的検証,
第18回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2018年9月.
131. 山上 紘規, 吉田 守美子, 遠藤 ふうり, 原 倫世, 筒井 康継, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 大崎 裕亮, 梶 龍兒, 髙士 祐一, 安倍 正博, 福本 誠二 :
壊死性ミオパチーを合併したX連鎖性低リン血症性くる病・骨軟化症の一例,
第18回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2018年9月.
132. 遠藤 逸朗, 大西 幸代, 倉橋 清衛, 寺町 順平, 日浅 雅博, 天眞 寛文, 福本 誠二, 安倍 正博, 松本 俊夫 :
カルシウム感知受容体活性型変異マウスにおける骨強度の低下,
第36回日本骨粗鬆症学会各術集会, 2018年7月.
133. 寺町 順平, 天眞 寛文, 日浅 雅博, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
TAK1 inhibition impairs myeloma cell-bone marrow interaction to reduce myeloma growth and bone destruction,
日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, 2018年7月.
134. 日浅 雅博, 寺町 順平, 天眞 寛文, 谷本 幸多朗, ASHTAR MOHANNAD, Ariunzaya Bat-Erdene, 岩佐 昌美, 原田 武志, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
カテプシンK阻害による多発性骨髄腫骨病変部の骨量 回復プロセスにおける骨細胞の役割.,
第36回日本骨代謝学会学術集会, 2018年7月.
135. 天眞 寛文, 寺町 順平, 日浅 雅博, 谷本 幸多朗, ASHTAR MOHANNAD, Ariunzaya Bat-Erdene, 岩佐 昌美, 原田 武志, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
TAK1阻害はTRAILによる破骨細胞活性化作用を遮断 させると同時にTRAILの抗骨髄腫作用を増強する,
第36回日本骨代謝学会学術集会, 2018年7月.
136. 天眞 寛文, 寺町 順平, 日浅 雅博, 小田 明日香, 谷本 幸多朗, ASHTAR MOHANNAD, Ariunzaya Bat-Erdene, 岩佐 昌美, 原田 武志, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
TAK1による破骨細胞に対するTRAILの生存・細胞死シグナル制御機構.,
第4回日本骨免疫学会, 2018年6月.
137. 谷本 幸多朗, 日浅 雅博, 天眞 寛文, 寺町 順平, 小田 明日香, ASHTAR MOHANNAD, Ariunzaya Bat-Erdene, 岩佐 昌美, 曽我部 公子, 大浦 雅弘, 原田 武志, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
神経切断による麻痺と免荷の骨髄腫の進展への影響.,
第4回日本骨免疫学会, 2018年6月.
138. 吉田 守美子, 原 倫世, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 松久 宗英 :
高齢者における糖尿病教育入院中の体組成の変化,
第60回日本老年医学会学術集会, 2018年6月.
139. 黒田 暁生, 山田 美鈴, 冨永 ゆかり, 鈴木 麗子, 田蒔 基行, 明比 祐子, 髙士 祐一, 石津 将, 古賀 大輔, 井本 逸勢, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, Kevin Ferreri, 松久 宗英 :
膵β細胞特異的PCRによる膵β細胞死の検出,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
140. 吉田 守美子, 原 倫世, 細井 美希, 山上 紘規, 山口 佑樹, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 福本 誠二, 安倍 正博, 松久 宗英 :
糖尿病教育入院における筋肉量の変化,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
141. 山上 紘規, 吉田 守美子, 原 倫世, 細井 美希, 山口 佑樹, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 福本 誠二, 安倍 正博, 松立 吉弘, 松久 宗英 :
免疫チェックポイント阻害薬投与後に甲状腺機能異常と劇症1型糖尿病を発症した1例,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
142. 粟飯原 賢一, 上元 良子, 石川 カズ江, 森本 佳奈, 桝田 志保, 山上 綋規, 山口 佑樹, 原 倫世, 細井 美希, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英, 東 博之, 安倍 正博 :
生活習慣病患者の尿中酸化ストレス指標における糖尿病および薬物療法の影響,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
143. 遠藤 逸朗, Dong Bingzi, 大西 幸代, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 相澤 慎一, 福本 誠二, 安倍 正博, 松本 俊夫 :
常染色体優性低Ca血症1型モデルマウスにおける骨強度の低下,
第91回日本内分泌学会学術総会, 2018年4月.
144. 吉田 守美子, 原 倫世, 細井 美希, 山上 紘規, 山口 佑樹, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 福本 誠二, 浜田 大輔, 松久 宗英, 安倍 正博 :
待機的高リスク整形外科手術における血糖管理の効果,
第91回日本内分泌学会学術総会, 2018年4月.
145. 原 倫世, 桝田 志保, 吉田 守美子, 細井 美希, 山上 紘規, 山口 佑樹, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 :
急性合併症を来した高齢1型糖尿病の2症例,
第29回 日本老年医学会四国地方会, 2018年2月.
146. 岡 諭紀, 金井 麻衣, 櫻井 明子, 遠藤 逸朗 :
免疫チェックポイント阻害薬で中枢性副腎不全を来した2例,
第41回徳島県医学検査学会, 2017年12月.
147. 野原 圭一郎, 岡 諭紀, 藤田 幸那, 金井 麻衣, 櫻井 明子, 遠藤 逸朗 :
デノスマブによる対糖能改善,
第41回徳島県医学検査学会, 2017年12月.
148. 原 倫世, 倉橋 清衛, 森本 佳奈, 細井 美希, 山上 紘規, 山口 佑樹, 桝田 志保, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 坂東 良美, 福本 誠二 :
オクトレオチドが有効であったGH-TSH同時産生下垂体腺腫の一例,
第27回臨床内分泌代謝Update, 2017年11月.
149. 大黒 由加里, 白神 敦久, 遠藤 逸朗 :
含糖酸化鉄投与により FGF-23関連低リン血症を呈した1例,
第27回臨床内分泌代謝Update抄録集, 2017年11月.
150. 桝田 志保, 明比 祐子, 吉田 守美子, 山上 紘規, 山口 佑樹, 細井 美希, 原 倫世, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 船木 真理, 福本 誠ニ :
123I-MIBGシンチグラフィ陽性の副腎皮質腺腫の一例,
第27回臨床内分泌代謝Update抄録集, 2017年11月.
151. 細井 美希, 森本 佳奈, 近藤 剛史, 山上 紘規, 山口 佑樹, 原 倫世, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 福本 誠ニ :
多発性骨髄腫治療を契機にプランマー病と判明した一例,
第27回臨床内分泌代謝Update抄録集, 2017年11月.
152. 山口 佑樹, 吉田 守美子, 原 倫世, 細井 美希, 山上 紘規, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 福本 誠ニ, 安倍 正博, 柏原 秀也, 吉川 幸造, 松久 宗英 :
高度肥満症に対するスリーブ状胃切除術の長期の耐糖能異常改善効果の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第55回総会抄録集, 2017年11月.
153. 國方 脩登, 吉田 守美子, 原 倫世, 細井 美希, 山上 紘規, 山口 佑樹, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 福本 誠ニ, 安倍 正博, 浜田 大輔, 松久 宗英 :
待機的整形外科手術の術後経過における糖尿病の影響,
日本糖尿病学会中国四国地方会第55回総会抄録集, 2017年11月.
154. 細井 美希, 倉橋 清衛, 原 倫世, 山口 佑樹, 山上 紘規, 桝田 志保, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 福本 誠ニ, 松久 宗英 :
低血糖脳症をきたしたACTH単独欠損症合併1型糖尿病の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第55回総会抄録集, 2017年11月.
155. 山上 紘規, 倉橋 清衛, 原 倫世, 細井 美希, 山口 佑樹, 桝田 志保, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 福本 誠二 :
副腎クリーゼと急性膵炎を発症した21‐水酸化酵素欠損症の1例,
第117回日本内科学会四国地方会, 2017年11月.
156. 森 博康, 大石 真実, 鈴木 麗子, 黒田 暁生, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
2型糖尿病患者における末梢神経障害の合併が骨格筋力の質的低下に及ぼす影響,
第32回日本糖尿病合併症学会, 2017年10月.
157. 原 倫世, 吉田 守美子, 山上 紘規, 山口 佑樹, 細井 美希, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 船木 真理, 福本 誠二 :
抗パーキンソン病薬により頻回な失神と著明な血圧変動をきたした一例,
2017年10月20日-22日 ひめぎんホール, 2017年10月.
158. 原 倫世, 吉田 守美子, 山上 紘規, 山口 佑樹, 細井 美希, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 船木 真理, 福本 誠二 :
抗パーキンソン病薬により頻回な失神と著明な血圧変動をきたした一例,
第40回日本高血圧学会総会, 2017年10月.
159. Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Oda Asuka, Hirofumi Tenshin, Ryota Amachi, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Masami Iwasa, Masahiro Oura, Yusaku Maeda, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Disruption of myeloma cell-bone marrow interaction by TAK-1 inhibition,
第80回日本血液学会学術集会, Oct. 2017.
160. 山上 紘規, 倉橋 清衛, 山口 佑樹, 細井 美希, 原 倫世, 桝田 志保, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 船木 真理, 福本 誠二 :
バセドウ病とTSH産生下垂体腺腫の合併の一例,
第60回日本甲状腺学会学術集会, 2017年10月.
161. 細井 美希, 吉田 守美子, 山上 紘規, 山口 佑樹, 原 倫世, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 船木 真理, 福本 誠二 :
無セルロプラスミン血症に合併した甲状腺乳頭癌の一例,
第60回日本甲状腺学会学術集会, 2017年10月.
162. 桝田 志保, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 細井 美希, 山口 佑樹, 原 倫世, 山上 紘規, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 船木 真理, 福本 誠ニ :
デノスマブ投与により術後の血清Ca/P値を容易に管理しえた巨大異所性副甲状腺腺腫の一例,
第17回日本内分泌学会四国支部学術集会抄録集, 2017年9月.
163. 原 倫世, 吉田 守美子, 山口 佑樹, 細井 美希, 山上 紘規, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 船木 真理, 福本 誠ニ, 安倍 正博 :
当院での免疫チェックポイント阻害薬による下垂体機能低下症の5例,
第17回日本内分泌学会四国支部学術集会抄録集, 2017年9月.
164. 山口 佑樹, 吉田 守美子, 細井 美希, 山上 紘規, 原 倫世, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 船木 真理, 福本 誠二, 滝沢 宏光 :
当院での免疫チェックポインント阻害薬による内分泌異常の発生と有害事象対策,
第255回徳島医学会学術集会(平成29年度夏期), 2017年8月.
165. 天眞 寛文, 寺町 順平, 小田 明日香, 天知 良太, 日浅 雅博, 渡邉 佳一郎, Ariunzaya Baterdene, 岩佐 昌美, 藤井 志朗, 賀川 久美子, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
TRAILは破骨細胞を活性化させるが,TAK1阻害により骨髄腫細胞とともに破骨細胞にもTRAILのアポトーシス誘導活性が惹起できる,
第35回 日本骨代謝学会学術集会, 2017年7月.
166. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 安倍 正博 :
骨格筋のアンドロゲン受容体と耐糖能異常,
第35回内分泌代謝学サマーセミナー, 2017年7月.
167. 森本 佳奈, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博, 東 博之, 粟飯原 賢一 :
生活習慣病患者における血管内皮機能制御に関わる臨床指標の検討,
第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2017年7月.
168. 天眞 寛文, 寺町 順平, 小田 明日香, 天知 良太, 日浅 雅博, Baterdene Ariunzaya, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
TAK1阻害はTRAILの抗骨髄腫作用を増強するともに骨吸収促進活性を抑制活性に変換する.,
第42回日本骨髄腫学会, 2017年5月.
169. 西山 美月, 倉橋 清衛, 桝田 志保, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 小松 まち子, 福本 誠二, 安倍 正博 :
維持透析中に管理困難な高Ca血症を契機に診断されたサルコイドーシスの一例,
第116回日本内科学会四国地方会, 2017年5月.
170. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 森本 佳奈, 田蒔 基行, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠ニ, 松久 宗英 :
糖尿病教育入院での酸化ストレスマーカーの変化の検討,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会抄録集, 2017年5月.
171. 田蒔 基行, 黒田 暁生, 倉橋 清衛, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 山口 普史, 白神 敦久, 松久 宗英 :
課程用電気筋刺激装置(EMS)の10週間継続使用は運動障害を有する2型糖尿病患者の血糖コントロールを改善する,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会抄録集, 2017年5月.
172. 森本 佳奈, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠ニ, 松久 宗英, 安倍 正博, 粟飯原 賢一 :
糖尿病患者における自律神経機能をアルブミン尿の相互関連および各病態に影響を及ぼす因子解析,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年5月.
173. 荒木 迪子, 森 博康, 黒田 暁生, 鈴木 麗子, 大石 真実, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 阪上 浩, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
1型糖尿病患者における血清IGF-1とサルコペニア罹患との関連,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年5月.
174. 森 博康, 黒田 暁生, 荒木 迪子, 鈴木 麗子, 大石 真実, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
2型糖尿病患者における皮下AGE蓄積が筋機能低下に及ぼす影響,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会抄録集, 2017年5月.
175. 吉田 守美子, 黒田 暁生, 苛原 稔, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英 :
加重型妊娠高血圧腎症を来し集学的治療で分娩に至った糖尿病腎症の2症例,
第6回 臨床高血圧フォーラム, 2017年5月.
176. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 湯浅 智之, 福本 誠二, 安倍 正博 :
骨格筋におけるアンドロゲン受容体の耐糖能への影響,
第90回日本内分泌学会学術総会, 2017年4月.
177. 森本 佳奈, 高橋 優花, 山下 沙織, 上元 良子, 石川 カズ江, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 湯浅 智之, 松久 宗英, 東 博之, 安倍 正博, 粟飯原 賢一 :
生活習慣病患者の血管内皮機能に関わる因子の臨床的検討,
第90回日本内分泌学会学術集会抄録集, 2017年4月.
178. 森 博康, 黒田 暁生, 荒木 迪子, 鈴木 麗子, 大石 真実, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
2型糖尿病患者におけるサルコペニアのリスク因子解析,
第51回日本成人病学会学術集会, 2017年1月.
179. 桝田 志保, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 黒田 暁生, 松久 宗英, 粟飯原 賢一, 福本 誠二 :
メーグルコシダーゼ阻害薬による腸管気腫症の一例,
第115回日本内科学会四国地方会, 2016年11月.
180. 原 倫世, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 粟飯原 賢一, 福本 誠二 :
イピリムマブ投与後に続発性副腎不全を発症した一例,
第115回日本内科学会四国地方会, 2016年11月.
181. 上田 浩之, 遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 安倍 正博, 黒田 暁生, 松久 宗英, 粟飯原 賢一, 福本 誠二 :
デノスマブによる耐糖能改善,
第115回日本内科学会四国地方会, 2016年11月.
182. 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 安倍 正博, 福本 誠二 :
免疫チェックポイント阻害剤で中枢性副腎不全を来した2例,
第26回臨床内分泌代謝Update, 2016年11月.
183. 岡本 恵暢, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 森本 佳奈, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英, 福本 誠二 :
IGF-2産生神経内分泌癌による重症低血糖の一例,
第26回臨床内分泌代謝Update, 2016年11月.
184. 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 森本 佳奈, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英, 福本 誠二 :
当院のニボルマブおよびイピリムマブ投与21例の内分泌異常の検討,
第26回臨床内分泌代謝Update, 2016年11月.
185. 山下 沙織, 吉田 守美子, 高橋 優花, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 森本 佳奈, 田蒔 基行, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 :
糖尿病教育入院における酸化ストレス減少に影響を及ぼす因子の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
186. 荒木 迪子, 森 博康, 黒田 暁生, 鈴木 麗子, 大石 真実, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 阪上 浩, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
1型糖尿病患者の血清IGF-1がサルコペニア罹患に及ぼす影響,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
187. 天眞 寛文, 寺町 順平, 小田 明日香, 天知 良太, 日浅 雅博, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
30. 天真寛文, 寺町順平, 小田明日香, 天知良太, , ,破骨細胞系細胞はアポトーシス誘引因子TRAILを生存促進・破骨細胞形成誘導因子として利用する:TAK1-Pim-2経路の役割,
第19回日本癌と骨病変研究会, 2016年11月.
188. 森 博康, 黒田 暁生, 荒木 迪子, 鈴木 麗子, 大石 真実, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
2型糖尿病患者におけるAGE蓄積とサルコペニアとの関連の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
189. 荒瀬 美晴, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 福本 誠二, 安倍 正博, 松久 宗英 :
術前後で持続血糖モニター(CGM)を比較したアドレナリン優位褐色細胞腫の二例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
190. 上田 浩之, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 福本 誠二, 安倍 正博, 松久 宗英 :
基礎インスリンが不要であった膵性糖尿病の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
191. 森本 佳奈, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博, 粟飯原 賢一 :
糖尿病患者における心電図R-R間隔変動係数に影響を及ぼす因子の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
192. 荒木 迪子, 森 博康, 黒田 暁生, 鈴木 麗子, 大石 真実, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 阪上 浩, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
1型糖尿病患者の血清IGF-1がサルコペニア罹患に及ぼす影響,
第14回1型糖尿病研究会, 2016年11月.
193. 寺町 順平, 森 裕史, 越智 保夫, 天知 良太, 小田 明日香, 日浅 雅博, 原田 武志, 藤井 志朗, 中村 信元, 三木 浩和, 賀川 久美子, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
Potent induction of bone formation by anti-resorptive cathepsin K inhibitor in myeloma.,
第77回日本血液学会学術集会,, 2016年10月.
194. 天眞 寛文, 寺町 順平, 小田 明日香, 天知 良太, 日浅 雅博, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
TAK1 inhibition subverts TRAIL-mediated osteoclastogenesis.,
第77回日本血液学会学術集会,, 2016年10月.
195. Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Asuka Oda, Hirofumi Tenshin, Ryota Amachi, Takeshi Harada, Shingen Nakamura, Kiyoe Kurahashi, Takeshi Kondo, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Tatsuji Haneji, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
TAK-1 inhibition disrupts Pim-2-associated and Pim-2-independent key signaling pathways to effectively suppress tumor growth and restore bone formation in myeloma,
第78回 日本血液学会学術集会, Oct. 2016.
196. 高橋 優花, 山下 沙織, 吉田 守美子, 桝田 志保, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 湯浅 智之, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 福本 誠二, 東 博之, 安倍 正博, 粟飯原 賢一 :
生活習慣病患者における血管内皮機能正常群および低下群の臨床指標に関する検討,
第16回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2016年9月.
197. 山上 紘規, 倉橋 清衛, 森本 佳奈, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 福本 誠二, 安倍 正博 :
バセドウ病を合併したTSH産生下垂体腺腫の一例,
第16回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2016年9月.
198. 遠藤 ふうり, 倉橋 清衛, 森本 佳奈, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 黒田 暁生, 明比 祐子, 船木 真理, 松久 宗英, 福本 誠二, 安倍 正博 :
日和見感染を合併したACTH依存性Cushing症候群の1例,
第253回徳島医学会学術集会(平成28年度夏期), 2016年7月.
199. 渡邉 佳一郎, 寺町 順平, 天知 良太, 小田 明日香, 天眞 寛文, 日浅 雅博, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 川谷 誠, 長田 裕之, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
リベロマイシンAによる酸性環境での骨髄腫細胞の治療抵抗性の克服,
日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集 (1349-0761)34回 Page183(2016.07), 183, 2016年7月.
200. 天眞 寛文, 寺町 順平, 小田 明日香, 天知 良太, 日浅 雅博, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
破骨細胞はTAK1の発現誘導を介しアポトーシスを抑制しTRAILにより成熟活性化される,
日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集 (1349-0761)34回 Page183(2016.07), 183, 2016年7月.
201. 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, Nakamura Mayuko, Ohnishi Yukiyo, 近藤 剛史, Aizawa Shinichi, 福本 誠二, 安倍 正博 :
カルシウム感知受容体活性型変異による耐糖能異常,
第34回日本骨代謝学会学術総会, 2016年7月.
202. 寺町 順平, 日浅 雅博, 小田 明日香, 天眞 寛文, 天知 良太, 原田 武志, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 羽地 達次, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
骨髄腫腫瘍進展と骨破壊病変形成におけるTAK1-Pim-2経路の役割,
日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, 2016年7月.
203. 寺町 順平, 日浅 雅博, 小田 明日香, 原田 武志, 天眞 寛文, 中村 信元, 天知 良太, 藤井 志朗, 渡邉 佳一郎, 賀川 久美子, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 羽地 達次, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
Pim-2は骨髄腫における破骨細胞形成促進の 必須媒介因子である,
第41回日本骨髄腫学会学術集会, 2016年5月.
204. 天眞 寛文, 寺町 順平, 小田 明日香, 天知 良太, 日浅 雅博, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
TRAILは破骨細胞に細胞死を誘導せず,破骨細胞分化・生存を促進する.,
第41回日本骨髄腫学会, 2016年5月.
205. 近藤 剛史, 遠藤 逸朗 :
多発性骨髄腫と骨・内分泌異常,
第41回 日本骨髄腫学会学術総会, 2016年5月.
206. 八木 秀介, 西條 良仁, 高川 由利子, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一 :
左副腎に腫瘤を認めた両側性特発性アルドステロン症の1例,
日本内科学会第114回四国地方会, 2016年5月.
207. 布村 俊幸, 吉田 守美子, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
副腎に接する神経線維腫を合併したレックリングハウゼン病の1例,
第114回日本内科学会四国地方会, 2016年5月.
208. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英 :
当院検診受診者における筋肉量がメタボリックパラメーターに及ぼす影響の検討,
第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年5月.
209. 森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 :
減塩による2型糖尿病入院症例の 降圧予測指標,
第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年5月.
210. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英 :
当院検診受診者における筋肉量が高血圧に及ぼす影響の検討,
第5回臨床高血圧フォーラム, 2016年5月.
211. 森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 :
血糖管理入院症例における減塩降圧効果と関連する因子および降圧薬に関する検討,
第5回臨床高血圧フォーラム, 2016年5月.
212. 森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 :
2型糖尿病患者の塩分制限による 降圧効果を規定する因子の検討,
第89回日本内分泌学会学術総会, 2016年4月.
213. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 :
心筋リモデリングおよび頸動脈硬化症 におけるアンジオテンシンII受容体 拮抗薬の効果検証,
第89回日本内分泌学会学術総会, 2016年4月.
214. 山上 紘規, 倉橋 清衛, 森本 佳奈, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 黒田 暁生, 明比 祐子, 船木 真理, 松久 宗英, 福本 誠二, 安倍 正博 :
インターフェロンβ治療中に糖尿病ケトアシドーシスを契機とし,急性発症1A型糖尿病と診断された一例,
第252回徳島医学会学術集会 長井記念ホール, 2016年2月.
215. 森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 :
2型糖尿病患者における血糖指標と減塩がもたらす血圧低下との連関,
第252回徳島医学会学術集会 長井記念ホール, 2016年2月.
216. 林 亜紀, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 福本 誠二, 粟飯原 賢一, 安倍 正博 :
オクトレオチドLARで画像上,下垂体腺腫が消失した先端巨大症の一例,
第113回日本内科学会四国地方会, 2015年12月.
217. 森本 佳奈, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 松久 宗英, 福本 誠二, 粟飯原 賢一, 安倍 正博 :
著明な低カルシウム血症を来した胃癌の骨転移の一例,
第25回臨床内分泌Update, 2015年11月.
218. 小山 広士, 近藤 剛史, 森本 佳奈, 遠藤 逸朗, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 松久 宗英, 福本 誠二, 粟飯原 賢一, 安倍 正博 :
ACTH,コルチゾール基礎値正常のACTH単独欠損症の一例,
第25回臨床内分泌Update, 2015年11月.
219. 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 松久 宗英, 福本 誠二, 粟飯原 賢一, 安倍 正博 :
テタニーで来院し,Gitelman症候群を疑った一例,
第25回臨床内分泌Update, 2015年11月.
220. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 :
2型糖尿病患者の左室形態 および機能における 強化インスリン療法の効果,
日本糖尿病学会 第53回中国四国地方会, 2015年10月.
221. 岡田 祐輝, 近藤 剛史, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 福本 誠二, 粟飯原 賢一, 安倍 正博 :
高CPR血症からグリメピリド誤内服を診断し得た遷延性低血糖の一例,
第53回日本糖尿病学会中国四国地方会 米子コンベンションセンター, 2015年10月.
222. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 :
2型糖尿病患者の左室形態および機能における強化インスリン療法の効果,
第53回日本糖尿病学会中国・四国地方会 米子コンベンションセンター, 2015年10月.
223. 林 亜紀, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 七篠 あつ子, 苛原 稔, 鶴尾 美穂, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 松久 宗英, 福本 誠二, 粟飯原 賢一, 安倍 正博 :
分娩前に10g/日以上の蛋白尿を合併し,出産に至った糖尿病腎症の1例,
日本糖尿病学会 中国四国地方会第53回総会, 2015年10月.
224. 谷口 諭, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 銀 花, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 松久 宗英 :
CGM iPRO2と人工膵臓STG-55との測定グルコース濃度の比較,
第53回日本糖尿病学会中国・四国地方会 米子コンベンションセンター, 2015年10月.
225. 奥村 仙示, 和田 宵湖, 新井田 裕樹, 柏原 秀也, 西 正暁, 吉川 幸造, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 島田 光生, 松久 宗英 :
本院の腹腔鏡下袖状胃切除術後1年で異なった経過を示した2症例の報告,
第53回糖尿病学会中四国大会, 2015年10月.
226. Keiichiro Watanabe, Jumpei Teramachi, H Mori, Y Ochi, Ryota Amachi, A Oda, Masahiro Hiasa, T Harada, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, H Miki, Kumiko Kagawa, Itsuro Endo, Eiji Tanaka, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Potent induction of bone formation by anti-resorptive cathepsin K inhibitor in myeloma,
第77回日本血液学会学術集会, Oct. 2015.
227. 森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 :
2型糖尿病入院患者における減塩血圧低下効果に影響を及ぼす血糖指標の検討,
第38日本高血圧学会総会, 2015年10月.
228. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 :
長期のアンジオテンシンII受容体拮抗薬基盤高血圧治療による心筋リモデリングおよび頸動脈硬化症への効果検証,
第38日本高血圧学会総会, 2015年10月.
229. 寺町 順平, 日浅 雅博, Asuka Oda, 天眞 寛文, 天知 良太, Takeshi Harada, 渡邉 佳一郎, 藤井 志朗, 賀川 久美子, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 羽地 達次, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
Potent suppression of osteoclastogenesis in myeloma by Pim inhibition,
第77回日本血液学会学術集会, 2015年10月.
230. Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Asuka Oda, Hirofumi Tenshin, Ryota Amachi, Takeshi Harada, Keiichiro Watanabe, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Itsuro Endo, Tatsuji Haneji, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Tumor reduction and bone restoration in myeloma by TAK-1 inhibition,
第77回日本血液学会学術集会, Oct. 2015.
231. 森本 佳奈, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 松久 宗英, 福本 誠二, 粟飯原 賢一, 安倍 正博 :
診断まで長時間を要したACTH分泌低下症の一例,
第15回日本内分泌学会四国支部学術集会 高知大学, 2015年9月.
232. 加藤 正樹, 森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 福本 誠二, 安倍 正博 :
2型糖尿病患者の減塩療法による血圧低下に関連する因子の解析,
第15回 日本内分泌学会 四国支部学術集会, 2015年9月.
233. 森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 :
2型糖尿病における血糖指標と減塩がもたらす血圧低下との連関,
第251回徳島医学会学術集会 ポスター, 2015年8月.
234. 寺町 順平, 日浅 雅博, 小田 明日香, 天眞 寛文, 天知 良太, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 羽地 達次, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
Pim阻害による骨髄種骨病変の治療:破骨細胞形成の抑制,
日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, 2015年7月.
235. 寺町 順平, 日浅 雅博, 小田 明日香, 天眞 寛文, 天知 良太, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 羽地 達次, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
骨髄腫腫瘍進展と骨破壊病変形成における TAK-1の枢軸的役割,
日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, 2015年7月.
236. 天眞 寛文, 寺町 順平, 小田 明日香, 天知 良太, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
TRAILは破骨細胞分化・生存を促進する:TAK-1による生と死の運命制御,
第1回日本骨免疫学会, 137, 2015年7月.
237. 天知 良太, 日浅 雅博, 寺町 順平, 小田 明日香, 天眞 寛文, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 賀川 久美子, 三木 浩和, 藤井 志朗, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
酸環境での骨髄腫細胞のDR4発現抑制:酸によるエピジェネティックな遺伝子発現制御,
第1回日本骨免疫学会, 108, 2015年7月.
238. 天知 良太, 日浅 雅博, 寺町 順平, 小田 明日香, 渡邉 佳一郎, 天眞 寛文, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
酸性環境での骨髄腫細胞のTRPV1の発現亢進と酸環境への適応,
日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, 165, 2015年7月.
239. 天眞 寛文, 寺町 順平, 小田 明日香, 天知 良太, 日浅 雅博, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 三木 浩和, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
アポトーシス誘導因子TRAILによる破骨細胞分化・生存の促進,
日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, 164, 2015年7月.
240. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 大黒 由加里, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
ARB基盤高血圧治療の長期心腎保護効果における糖尿病の影響,
第58回総会日本糖尿病学会年次学術集会, 2015年5月.
241. 遠藤 逸朗 :
糖尿病と骨折リスク,
第58回日本糖尿病学会年次学術集会, 2015年5月.
242. 寺町 順平, 日浅 雅博, 小田 明日香, 原田 武志, 天知 良太, 天眞 寛文, 三木 浩和, 中村 信元, 藤井 志朗, 賀川 久美子, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
Pim阻害による骨髄腫骨吸収亢進の抑制,
第40回日本骨髄腫学会学術集会, 2015年5月.
243. 寺町 順平, 日浅 雅博, 小田 明日香, 原田 武志, 天知 良太, 天眞 寛文, 三木 浩和, 中村 信元, 藤井 志朗, 賀川 久美子, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
TAK-1は骨髄腫腫瘍進展と骨破壊病変形成の枢軸的な媒介因子である,
第40回日本骨髄腫学会学術集会, 2015年5月.
244. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
本態性高血圧患者におけるアンジオテンシンII受容体拮抗薬単独およびカルシウム拮抗薬併用による長期心筋保護効果の検証,
第88回日本内分泌学会学術総会, 2015年4月.
245. Bingzi Dong, 遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 大西 幸代, 阪上 浩, 相澤 慎一, 安倍 正博, 松本 俊夫 :
Interleukin-11は脂肪細胞分化を抑制する,
第88回日本内分泌学会, 2015年4月.
246. 遠藤 逸朗 :
代謝性骨疾患治療の新たな標的因子としてのRANKL,
第88回日本内分泌学会, 2015年4月.
247. 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
遠位尿細管性アシドーシスの確定診断としてアミノ レバンRは有用である.,
第112回日本内科学会総会・講演会, 2015年4月.
248. 大黒 由加里, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫, 松久 宗英 :
皮下注射による強化インスリン療養中の1型糖尿病患者における基礎インスリン比率の検討,
第250回徳島医学会学術集会(大塚講堂), 2015年2月.
249. 黒田 暁生, 近藤 剛史, 安田 哲行, 高原 充佳, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 金藤 秀明, 下村 伊一郎, 松本 俊夫, 松久 宗英 :
インスリンポンプ療法での追加インスリン注入時間を規定する因子の検討,
第14回日本先進糖尿病治療研究会(あわぎんホール), 2014年12月.
250. 遠藤 逸朗 :
低リン血症への実践的アプローチ, --- 副甲状腺リン代謝ABC ---,
第24回臨床内分泌Up-date, 2014年11月.
251. 遠藤 逸朗 :
低リン血症への実践的アプローチ,
第24回臨床内分泌Update, 2014年11月.
252. 大黒 由加里, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫, 松久 宗英 :
皮下注射による強化インスリン療法1型糖尿病患者における基礎インスリン比率の検討,
第12回1型糖尿病研究会(イーグレ姫路), 2014年11月.
253. 寺町 順平, 日浅 雅博, 原田 武志, 天知 良太, 賀川 久美子, 三木 浩和, 中村 信元, 藤井 志朗, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
Therapeutic impact of Pim inhibition on myeloma bone disease: blockade of NF-B-mediated suppression of osteoblastogenesis and stimulation of osteoclastogenesis,
日本血液学会, 2014年10月.
254. 荒木 迪子, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 安芸 菜奈子, 松本 俊夫, 松久 宗英 :
2型糖尿病患者におけるeGFRの妥当性について,
日本糖尿病学会中国四国地方会第52回総会, 2014年10月.
255. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
アンジオテンシン受容体拮抗薬およびカルシウム拮抗薬併用による心筋リモデリング抑制の長期効果,
第37日本高血圧学会総会, 2014年10月.
256. 田蒔 基行, 荒木 迪子, 野崎 綾音, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 安芸 菜奈子, 松本 俊夫, 松久 宗英, 黒田 暁生 :
肥満2型糖尿病患者のeGFRは24hrCCrと比較して過小評価されている,
第29回日本糖尿病合併症学会, 2014年10月.
257. 森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
多剤併用降圧療法と臓器障害モニタリングにより長期にわたり心腎大血管障害の改善が得られた加速型高血圧-悪性高血圧の1例,
第14回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2014年9月.
258. 天知 良太, 日浅 雅博, 渡邉 佳一郎, 寺町 順平, 小田 明日香, 渡邉 佳一郎, 中村 信元, 遠藤 逸朗, 田中 栄二, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
酸が惹起する骨髄腫細胞の酸感受と生存シグナルの悪循環,
日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集, 225, 2014年7月.
259. Dong Bingzi, 遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 大西 幸代, 安倍 正博, 福本 誠二, 網塚 憲生, 長谷川 智香, 相澤 慎一, 松本 俊夫 :
常染色体優性低Ca血症モデルマウスに対するcalcilyticsの効果,
第32回日本骨代謝学会学術集会, 2014年7月.
260. 寺町 順平, 日浅 雅博, 小田 明日香, 天知 良太, 中村 信元, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
Pim-2キナーゼはTNF-αによる骨芽細胞分化抑制および破骨細胞形成促進の必須媒介因子である:Pim阻害薬の骨髄腫骨病変改善効果,
第32回日本骨代謝学会学術集会, 2014年7月.
261. 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 松本 俊夫 :
骨転移に対するdenosumab療法:低Ca血症発現の実態と対策,
第32回日本骨代謝学会, 2014年7月.
262. 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 松本 俊夫 :
骨転移に対するdenosumab療法, --- 低Ca血症発現の実態と対策 ---,
第32回 日本骨代謝学会学術集会, 2014年7月.
263. 粟飯原 賢一, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
エゼチミブとコレスチミドの併用で脂質プロフィルが改善した多発性筋炎合併家族性高コレステロール血症へテロ接合体の一例,
第110回日本内科学会四国地方会, 2014年6月.
264. 森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 田蒔 基行, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
多剤併用降圧療法により長期的な心・腎・大血管障害の改善が得られた高レニン性高血圧症の1例,
第3回臨床高血圧フォーラム, 2014年5月.
265. 大黒 由加里, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 近藤 絵里, 吉田 守美子, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
皮下注射による強化インスリン療法1型糖尿病患者における基礎インスリン比率の検討,
第57回日本糖尿病学会年次学術集会 口演, 2014年5月.
266. 遠藤 逸朗, Dong Bingzi, 長谷川 智香, 網塚 憲生, 福本 誠二, 松本 俊夫 :
Ca感知受容体関連疾患の最新の知見とその治療,
第87回日本内分泌学会, 2014年4月.
267. 粟飯原 賢一, 木内 美瑞穂, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
生活習慣病治療薬が血管内皮機能 に及ぼす影響の検証,
第111回日本内科学会講演会, 2014年4月.
268. 森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 田蒔 基行, 安芸 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
6年間にわたる多剤併用降圧療法が心・腎・大血管障害の改善に寄与した高レニン性高血圧症の1例,
第248回徳島医学会学術集会, 2014年2月.
269. 大黒 由加里, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 安芸 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
下垂体の経時的な変化を捉えたシーハン症候群の一例,
第23回臨床内分泌代謝Update, 2014年1月.
270. 黒田 暁生, 近藤 剛史, 安田 哲行, 高原 充佳, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 金藤 秀明, 下村 伊一郎, 松本 俊夫, 松久 宗英 :
インスリンポンプ療法での追加インスリン注入時間を規定する因子の検討,
第13回日本先進糖尿病治療研究会, 2013年11月.
271. 大黒 由加里, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
過剰基礎インスリン量が不適切な間食摂取に関連したインスリンポンプ使用1型糖尿病の2例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第51回総会, 2013年11月.
272. 近藤 剛史, 大黒 由加里, 黒田 暁生, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
テストステロン補充で速やかにインスリン抵抗性が改善した汎下垂体機能低下症合併糖尿病例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第51回総会, 2013年11月.
273. 粟飯原 賢一, 木内 美瑞穂, 大黒 由加里, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
メタボリックシンドロームおよび糖尿病の有無が血管内皮機能に及ぼす影響,
日本糖尿病学会 中国四国地方会第51回総会, 2013年11月.
274. 近藤 剛史, 大黒 由加里, 黒田 暁生, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
テストステロン補充で速やかにインスリン抵抗性が改善した汎下垂体機能低下症合併糖尿病例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第51回総会, 2013年11月.
275. 粟飯原 賢一, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
糖代謝異常の血管機能評価に及ぼす効果,
第36回日本高血圧学会総会, 2013年10月.
276. Keiichiro Watanabe, Masahiro Abe, H Mori, K Udaka, M Iwasa, D Hanson, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, T Harada, Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, H Miki, Kumiko Kagawa, Itsuro Endo, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto :
Bone restoration and tumor suppression in myeloma by cathepsin K inhibition with Bortezomib,
第75回日本血液学会学術集会, Oct. 2013.
277. 大黒 由加里, 近藤 剛史, 藤井 志朗, 中村 信元, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
著名な汎血球減少と肝筋逸脱酵素高値を呈した神経性食欲不振症の一例,
第13回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2013年9月.
278. 近藤 剛史, 岩佐 昌美, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
不動が惹起した高カルシウム血症で頻回の意識障害を来たした一例,
第13回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2013年9月.
279. 鈴木 麗子, 大和 光, 瀧川 稲子, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 安芸 菜奈子, 倉橋 清衛, 松本 俊夫, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
フットケア外来におけるインスリン皮下硬結の実態調査と皮下硬血患者への介入の結果報告,
第13回日本糖尿病情報学会年次学術集会, 2013年8月.
280. 木内 美瑞穂, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
臨床血管機能における糖代謝異常の影響の解析,
第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月.
281. 粟飯原 賢一, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 岩佐 昌美, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
Evaluation for influence of diabetes on clinical vascular function,
第45回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2013年7月.
282. Dong Bingzi, Takeshi Kondo, Itsuro Endo, Yukiyo Ohnishi, Omatsu Takashi, Shin-ichi Aizawa and Hiroshi Sakaue :
Interleukin-11 regulates osteoblast and adipocyte differentiation from mesenchymal stem cells,
2nd joint meeting of the international Bone and Mineral Society and the Japanese Society for Bone Mineral Rsearch, May 2013.
283. 鈴木 麗子, 瀧川 稲子, 大和 光, 木田 菊恵, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 安芸 菜奈子, 倉橋 清衛, 松本 俊夫, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
フットケア外来におけるインスリン皮下硬結の実態調査と皮下硬結患者への介入の有用性検討,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
284. 黒田 暁生, 鶴尾 美穂, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 安芸 菜奈子, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 松本 俊夫, 松久 宗英 :
1型糖尿病患者におけるインスリングラルギンからインスリンデグルデッグへの同量での切り替え:CGMSを用いた検討,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
285. 近藤 剛史, 黒田 暁生, 吉田 守美子, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
頻回インスリン療法による厳格な血糖管理下におけるシダグリプチン併用のインスリン所要量現象効果の検討,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会 ポスター, 2013年5月.
286. 近藤 剛史, 黒田 暁生, 曽我部 公子, 吉田 守美子, 安藝 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
術前後で持続血糖測定(CGM)を比較しえたアドレナリン優位褐色細胞腫の1例,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
287. 近藤 剛史, 尾松 卓, 董 冰子, 大西 幸代, 相澤 慎一, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
インターロイキン(IL)-11は骨形成促進に必要である,
第86回日本内分泌学会学術集会, 2013年4月.
288. 松本 和久, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 岩佐 昌美, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 安芸 菜奈子, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
膵臓の鉄過剰沈着とインスリン分泌不全を呈した無セルロプラスミン血症合併糖尿病の1例,
第86回日本内分泌学会学術総会, 2013年4月.
289. 松本 和久, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 木内 美瑞穂, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 安藝 菜奈子, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
膵臓の鉄過剰沈着とインスリン分泌不全を呈した無セルロプラスミン血症合併糖尿病の1例,
第86回日本内分泌学会学術総会, 2013年4月.
290. 曽我部 公子, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 吉田 守美子, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
術前後で持続血糖測定(CGM)を比較しえた褐色細胞腫の一例,
第22回臨床内分泌代謝Update, 2013年1月.
291. 牟田口 惇, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 吉田 守美子, 片岡 菜奈子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
尿細管性アシドーシスの診断にアミノレバンが有用であった一例,
第22回臨床内分泌代謝Update, 2013年1月.
292. 幸田 舞子, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 吉田 守美子, 片岡 菜奈子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
悪性症候群様の症状から診断されたACTH分泌低下症の一例,
第22回臨床内分泌代謝Update, 2013年1月.
293. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 福本 誠二 :
FGF23関連低リン血症性疾患の全国疫学調査(最終報告),
厚生労働科学研究費補助金 難治疾患克服研究事業 ホルモン受容機構異常に関する調査研究, 2013年1月.
294. 松崎 苑美, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 片岡 菜奈子, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
血栓性微小血管障害症様の病態を示したメタボリックシンドロームの1例,
第107回日本内科学会四国地方会, 2012年12月.
295. 佐埜 弘樹, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 黒田 暁生, 松久 宗英, 片岡 菜奈子 :
正常MRI所見を示し,ADH放出障害が主因と考えられた中枢性尿崩症の1例,
日本内科学会第107回四国地方会, 2012年12月.
296. 黒田 暁生, 新居 沙央里, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松本 友里, 片岡 菜奈子, 松本 俊夫, 松久 宗英 :
新たなインスリンポンプParadigm722によってカーボカウントのみで血糖管理が可能となった1症例,
第12回日本先進糖尿病治療学会研究会, 2012年12月.
297. 黒田 暁生, 高原 充佳, 安田 哲行, 松岡 孝昭, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 松本 俊夫, 下村 伊一郎, 金藤 秀明, 松久 宗英 :
日本人1型糖尿病患者における「500ルールとは?」,
第12回日本先進糖尿病治療研究会, 2012年12月.
298. 吉田 守美子, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 高島 啓, 山口 浩司, 松本 俊夫 :
難治性冠攣縮性狭心症を合併した無痛性甲状腺炎の1例,
第55回日本甲状腺学会学術集会, Vol.88, No.2, 516, 2012年11月.
299. 幸田 舞子, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 吉田 守美子, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
シタグリプチン投与によりインスリン所要量の減少効果が得られた高齢2型糖尿病の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第50回総会, 2012年11月.
300. 近藤 剛史, 黒田 暁生, 曽我部 公子, 吉田 守美子, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
術前後で持続血糖測定(CGM)を比較しえたアドレナリン優位褐色細胞腫の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第50回総会, 2012年11月.
301. 近藤 剛史, 黒田 暁生, 曽我部 公子, 吉田 守美子, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
アドレナリン優位の褐色細胞腫の術前後で持続血糖測定(CGM)により血糖変動を比較した一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第50回総会, 2012年11月.
302. 幸田 舞子, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 吉田 守美子, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
シタグリプチン投与によりインスリン所要量の減少効果が得られた高齢2型糖尿病の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第50回総会, 2012年11月.
303. 岩佐 昌美, 黒田 暁生, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 福島 泰江, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
血糖管理基準を満たすために分割食を必要としなかった2型糖尿病合併妊娠の1例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第50回総会, 2012年11月.
304. 遠藤 逸朗, 大薗 卓也, 斉藤 光恵, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
骨転移に対するdenosumab 120mg皮下注後の重症低Ca血症発現の実態,
癌と骨代謝研究会, 2012年11月.
305. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
高尿酸血症は頸動脈プラークおよび血管抵抗を亢進させる,
第35回日本高血圧学会総会, 423, 2012年9月.
306. 白河 綾, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
副腎不全症状を呈し,診断に苦慮した両側副腎B細胞リンパ腫の1例,
第12回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2012年9月.
307. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 木内 美瑞穂, 近藤 絵里, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
Diabetes abolishes protective effect of HDL-cholesterol against endothelial dysfunction.,
第44回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2012年7月.
308. 近藤 剛史, 尾松 卓, 董 冰子, 大西 幸代, 相澤 慎一, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
インターロイキン(IL)-11は力学的負荷による骨形成促進に必要である,
第30回日本骨代謝学会学術総会, 2012年7月.
309. 尾松 卓, 近藤 剛史, 董 冰子, 大西 幸代, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
PKCδは骨再構築系の制御に重要である,
第30回日本骨代謝学会学術総会, 2012年7月.
310. 遠藤 逸朗, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 片岡 菜奈子, 近藤 剛史, 近藤 絵里, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
Werner症候群に伴う糖尿病の治療経過,
第106回 日本内科学会四国地方会, 2012年6月.
311. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 近藤 絵里, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
インクレチン関連薬を用いた周術期血糖管理の有用性,
第106回 日本内科学会四国地方会, 2012年6月.
312. 大黒 由加里, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 片岡 菜奈子, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
摂食障害による著明な低K血症を呈した視床下部性ACTH分泌低下症の1例,
第85回 日本内分泌学会学術総会, 2012年4月.
313. 近藤 剛史, 尾松 卓, 董 冰子, 大西 幸代, 相澤 慎一, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
インターロイキン(IL)-11は力学的負荷およびPTHによる骨量増加に必要である,
第85回 日本内分泌学会学術総会, 2012年4月.
314. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 近藤 絵里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 片岡 菜奈子, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
糖尿病はHDLコレステロールによる血管内皮機改善効果を減弱させる,
第85回 日本内分泌学会学術総会, 2012年4月.
315. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 片岡 菜奈子, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
ヘパリンコファクターⅡは耐糖能制御因子である,
第85回 日本内分泌学会学術総会, 2012年4月.
316. 吉田 守美子, 藤中 雄一, 粟飯原 賢一, 鈴木 麗子, 木内 美瑞穂, 近藤 絵里, 安藝 菜奈子, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
当院検診受診者における耐糖能異常の特徴,
第109回日本内科学会総会・講演会, 2012年4月.
317. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
尿酸は形態および機能的頸動脈硬化症進展のリスク因子である,
第109回日本内科学会総会・講演会, 2012年4月.
318. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
尿酸は形態および機能的頸動脈硬化症進展のリスク因子である,
第109回日本内科学会総会・講演会, 2012年4月.
319. 遠藤 逸朗 :
骨粗鬆症治療の最前線,
吾川郡医師会学術講演会, 2012年3月.
320. 立花 綾香, 田岡 志保, 荻野 寛隆, 高橋 真美子, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 福森 智治, 松本 俊夫 :
低血圧で推移したvon Hippel-Lindau 病・褐色細胞腫の1手術例,
第21回臨床内分泌代謝Update in Hamamatsu, 2012年1月.
321. 田岡 志保, 立花 綾香, 荻野 寛隆, 高橋 真美子, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 片岡 菜奈子, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
周術期血糖管理にリラグルチドが有用であった2型糖尿病患者の2例,
第21回臨床内分泌代謝Update in Hamamatsu, 2012年1月.
322. 木戸 慎介, 橋本 由衣, 藤原 真理奈, 遠藤 逸朗, 瀬川 博子, 辰巳 佐和子, 松本 俊夫, 宮本 賢一 :
糖尿病に併存する腎障害・骨障害の発症及び進展におけるFGF23の関与,
第15回日本病態栄養学会年次学術集会, 2012年1月.
323. 遠藤 逸朗, 福本 誠二, 松本 俊夫 :
FGF23関連性低リン血症性疾患の全国疫学調査 最終報告,
厚生労働科学研究費補助金 ホルモン受容機構異常に関する調査研究 平成23年度 研究報告会, 2012年1月.
324. 黒田 暁生, 新居 沙央理, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松本 友里, 片岡 菜奈子, 松本 俊夫, 松久 宗英 :
新たなインスリンポンプParadigm722によってカーボカウントのみで血糖管理が可能となった1症例,
第11回 日本先進糖尿病治療研究会, 2011年11月.
325. 橋本 由衣, 木戸 慎介, 藤原 真理奈, 近藤 剛史, 瀬川 博子, 遠藤 逸朗, 辰巳 佐和子, 松本 俊夫, 宮本 賢一 :
糖尿病合併症発症におけるFGF23/Klothoの関与,
第44回日本栄養食糧学会中四国支部大会, 2011年11月.
326. 新居 沙央里, 黒田 暁生, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松本 友里, 片岡 菜奈子, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
新たなインスリンポンプParadigm722によりカーボカウントのみで血糖管理が可能となった1例,
日本糖尿病学会 中国四国地方会第49回総会, 2011年11月.
327. 木内 美瑞穂, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 鈴木 麗子, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
内臓脂肪肥満とアルブミン尿の連関に関する検討,
日本糖尿病学会 中国四国地方会第49回総会, 2011年11月.
328. 鈴木 麗子, 大和 光, 木田 菊恵, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 片岡 菜奈子, 近藤 絵里, 松本 俊夫, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
フットケア外来におけるインスリン皮下硬結の実態調査,
日本糖尿病学会 中国四国地方会第49回総会, 2011年11月.
329. 遠藤 逸朗 :
骨粗鬆症治療の最前線,
徳島県薬剤師会講演会, 2011年11月.
330. 田岡 志保, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
心血管リスク因子を有する成人の血管内皮機能制御因子に関する臨床的検討,
第34回日本高血圧学会総会, 2011年10月.
331. 藤中 雄一, 木内 美瑞穂, 小杉 知里, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 谷口 寿章, 松本 俊夫 :
Wntシグナル抑制因子sFRP4の肥満・糖代謝との関連性についての検討,
第32回日本肥満学会, 2011年9月.
332. 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 鈴木 麗子, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 片岡 菜奈子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
慢性腎臓病と内臓脂肪蓄積病態の連関,
第32回日本肥満学会, 2011年9月.
333. 吉田 守美子, 藤中 雄一, 粟飯原 賢一, 鈴木 麗子, 木内 美瑞穂, 近藤 絵里, 片岡 菜奈子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
メタボリックシンドローム検診受診者における耐糖能異常の検討,
第32回日本肥満学会, 2011年9月.
334. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 片岡 菜奈子, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
慢性腎臓病におけるエイコサペンタエン酸の意義に関する臨床的検討,
第11回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2011年9月.
335. 遠藤 逸朗 :
動脈石灰化の基礎と臨床,
川島病院病診連携の会, 2011年8月.
336. 遠藤 逸朗 :
骨粗鬆症にならんために,
名西郡町民健康講座, 2011年7月.
337. Itsuro Endo, 福本 誠二 and Toshio Matsumoto :
FGF23-relared hypophosphtemic disease in Japan,
第29回日本骨代謝学会学術集会, Jul. 2011.
338. 遠藤 逸朗 :
内科疾患としての骨粗鬆症に挑む,
徳島県健康寿命講座, 2011年6月.
339. 吉田 守美子, 大政 暁, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
強化インスリン療法からGLP-1アナログ製剤少量投与に変更し,良好な血糖コントロールが得られた1例,
第104回日本内科学会四国地方会, 2011年5月.
340. 津川 愛, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
DPP-4阻害薬シタグリプチンの臨床効果の特徴に関する検討,
第84回日本内分泌学会学術総会, 2011年4月.
341. 原 知也, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
血清エイコサペンタエン酸/アラキドン酸比は心血管リスクを有する高齢者のCKDリスクマーカーである,
第84回日本内分泌学会学術総会, 2011年4月.
342. 藤中 雄一, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
トリロスタン投与により内分泌学的な寛解状態が得られた異所性ACTH症候群一例,
第84回日本内分泌学会学術総会, 2011年4月.
343. 遠藤 逸朗, 福本 誠二, 松本 俊夫 :
FGF23関連低リン血症性疾患に対する全国疫学調査,
第84回日本内分泌学会学術総会, 2011年4月.
344. 安積 麻衣, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
2型糖尿病患者に対する強化インスリン療法は左室リモデリングを改善する,
第84回日本内分泌学会学術総会, 2011年4月.
345. 遠藤 逸朗, 福本 誠二, 松本 俊夫 :
FGF23関連低リン血症性疾患に関する全国疫学調査,
第84回日本内分泌学会学術総会, 2011年4月.
346. 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
hCG,FSH製剤の併用によりパートナーの妊娠が確認された低ゴナドトロピン性男性性腺機能低下症の一例,
第20回臨床内分泌Update, 2011年1月.
347. 門田 宗之, 藤中 雄一, 廣野 友理, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
低ナトリウム血症で発症したトルコ鞍部腫瘍の一例,
第20回臨床内分泌代謝Update, 2011年1月.
348. 安積 麻衣, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 松本 俊夫, 遠藤 逸朗 :
糖尿病患者の心筋リモデリングおよび左室機能におけつ強化インスリン療法の効果,
第12回徳島臨床脈管研究会, 2010年11月.
349. 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松本 俊夫, 粟飯原 賢一 :
hCG, FSH製剤の併用によりパートナーの妊娠が確認された低ゴナドトロピン性男性性腺機能低下症の一例,
第16回徳島内分泌研究会, 2010年11月.
350. 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
hCG, FSH製剤の併用によりパートナーの妊娠が確認された低ゴナドトロピン性男性性腺機能低下症の一例,
第103回日本内科学会四国地方会, 2010年11月.
351. 木戸 里佳, 木戸 慎介, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
メカニカルストレスによる骨代謝制御,
第25回日本整形外科学会基礎学術集会, 2010年10月.
352. 安積 麻衣, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松本 俊夫, 松久 宗英 :
2型糖尿病患者の左室拡張障害に対する強化インスリン療法の効果,
第10回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2010年9月.
353. 藤中 雄一, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 木内 美瑞穂, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫, 斎藤 美菜子, 福本 大輔, 大島 康志 :
インスリングルリジンの少量投与が有効であった即時型インスリンアレルギーの一例,
第10回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2010年9月.
354. 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫 :
ピオグリタゾンが著効したWerner症候群の1例,
第102回日本内科学会四国地方会, 2010年5月.
355. 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
血管内皮機能と頸動脈硬化症の連関に関する検討,
第102回日本内科学会四国地方会, 2010年5月.
356. 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
抗副腎薬投与により内因性コルチゾールの低下とともにACTHの劇的な低下が得られた異所性ACTH症候群の一例,
第83回日本内分泌学会学術総会, Vol.86, No.1, 144, 2010年3月.
357. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松本 俊夫, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
ロスバスタチンによる心筋リモデリング抑制効果の検討,
第83回日本内分泌学会学術総会, 2010年3月.
358. 倉橋 清衛, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
強化インスリン療法による2型糖尿病患者の左室リモデリングおよび拡張能改善効果に関する検討,
第240回徳島医学会学術集会, 2010年2月.
359. 阿部 容子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫 :
重症低血糖昏睡および肺炎をきたした神経性食思不振症の救命症例,
第240回徳島医学会学術集会, 2010年2月.
360. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
FGF23関連低リン血症性くる病・骨軟化症の第一次全国調査,
厚生労働科学研究費補助金ホルモン受容機構異常に関する調査研究, 2010年1月.
361. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
強化インスリン療法による血糖コントロールの改善により左室拡張能の改善がみられた3例,
第101回日本内科学会四国地方会, 2009年11月.
362. 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
家族内集積が疑われた緩徐進行1型糖尿病の一例,
第47回に本糖尿病学会中国四国地方会, 2009年11月.
363. 吉田 守美子, 藤中 雄一, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫 :
SPIDDMが疑われる1型糖尿病の家族内集積例,
第47回日本糖尿病学会中国四国地方会, 2009年11月.
364. 藤中 雄一, 粟飯原 賢一, 鈴木 麗子, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
メタボリックシンドローム検診における糖代謝異常の検討,
第47回日本糖尿病学会中国四国地方会, 2009年11月.
365. 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 鈴木 麗子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 平田 陽一郎, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
内臓脂肪蓄積制御に関わる因子の臨床的検討,
第32回日本高血圧学会総会, 196, 2009年10月.
366. 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫, 渡部 真也, 大森 哲郎 :
脳波の徐波化を伴う重症低血糖昏睡を来たした神経性食思不振症の一例,
第9回 日本内分泌学会 四国支部学術集会, 2009年9月.
367. 藤中 雄一, 粟飯原 賢一, 鈴木 麗子, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
当院メタボリックシンドローム検診における糖代謝異常の検討.,
第239回徳島医学会学術総会, 2009年8月.
368. 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 上田 由佳, 平田 陽一郎, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
Influence of lipid profile on endothelial function in subjects with cardiovascular risk factors,
第41回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2009年7月.
369. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
Regular use of rosuvastatin attenuates carotid atherosclerosis regardless of LDL cholesterol lowering effect,
第41回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2009年7月.
370. 遠藤 逸朗, 大西 幸代, 木戸 里佳, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 藤中 雄一, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 福本 誠二, 松本 俊夫 :
新規calcilytics,JTT305は常染色体優性低Ca血症におけるCa感知受容体活性型変異シグナルを抑制する,
第27回日本骨代謝学会学術集会, 195, 2009年7月.
371. 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
一酸化炭素中毒にて急性心筋梗塞を発症した2型糖尿病の1例,
第100回日本内科学会四国地方会, 2009年5月.
372. 遠藤 逸朗, 藤村 光則, 吉田 守美子, 栗若 里佳, 木戸 慎介, 岩瀬 俊, 井上 大輔, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
冠動脈不安定プラーク予測因子としてのICTP,
第82回日本内分泌学会学術総会, Vol.85, No.1, 283, 2009年4月.
373. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 西尾 進, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 山田 博胤, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
副腎アンドロゲンDHEASは血管内皮機能非依存的に頸動脈硬化を抑制する,
第82回日本内分泌学会学術総会, Vol.85, No.1, 366, 2009年4月.
374. 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 吉田 守美子, 鈴木 麗子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
尿中アルブミンは内臓脂肪蓄積の強力な増悪因子である,
第82回日本内分泌学会学術総会, Vol.85, No.1, 337, 2009年4月.
375. 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 吉田 守美子, 鈴木 麗子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
内臓脂肪増大因子に関する臨床的検討,
第106回日本内科学会総会・講演会, Vol.98, No.Suppl., 233, 2009年4月.
376. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 住友 由佳, 松本 俊夫, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史 :
DHEASは血管内皮機能に依存せず動脈硬化を抑制する(頸動脈エコーを用いた臨床的検討),
第106回日本内科学会総会・講演会, Vol.98, No.Suppl., 139, 2009年4月.
377. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松本 俊夫, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
ロスバスタチンによる心筋リモデリング抑制効果の検討,
第83回 日本内分泌学会学術総会 国立京都国際会館, 2009年3月.
378. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
Increased serum triglyceride but not LDL cholesterol is associated with left ventricular diastolic dysfunction.,
第73回日本循環器学会総会・学術集会, 2009年3月.
379. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
Dehydroepiandrosterone sulfate is an antivascular remodeling factor,
第73回日本循環器学会総会・学術集会, 2009年3月.
380. 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
甲状腺機能低下症の経過中にGraves眼症を来した一例,
第19回臨床内分泌代謝Up date, 2009年3月.
381. 吉田 守美子, 藤中 雄一, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫, 松本 真一, 大島 康志 :
重症筋無力症を合併したグレーブス眼症の一例,
第19回臨床内分泌代謝Up date, 2009年3月.
382. 賀川 久美子, 矢田 健一郎, 田中 修, 中村 信元, 三木 浩和, 竹内 恭子, 安倍 正博, 尾崎 修治, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗 :
心筋への広範な直接浸潤を来したNK/T cell lymphoma 鼻型の一例,
第48回に本血液学会中国四国地方会, 2009年3月.
383. 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
PEG-IFN-α2bおよびリバビリン治療後に劇症1型糖尿病をふくむ多彩な自己免疫疾患を発症した2例,
第99回日本内科学会四国地方会, 2008年11月.
384. 遠藤 逸朗, 藤村 光則, 吉田 守美子, 栗若 里佳, 木戸 慎介, 岩瀬 俊, 井上 大輔, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
冠動脈不安定プラーク予測因子としてのICTP,
第26回日本骨代謝学会学術集会, 194, 2008年10月.
385. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松本 俊夫, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
左室拡張能に対する脂質代謝異常の意義,
第31回 日本高血圧学会総会, 2008年10月.
386. 遠藤 逸朗, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
IFN-α2bおよびリバビリン治療後に劇症1型糖尿病,下垂体機能低下症,尋常性乾癬を発症した1例,
第8回 内分泌学会四国支部学術集会, 2008年9月.
387. 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
甲状腺乳頭癌を合併した原発性副甲状腺機能亢進症の一例,
第8回 内分泌学会四国支部学術集会, 2008年9月.
388. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
脂質代謝異常による左室拡張障害の臨床的検討,
第40回日本動脈硬化学会総会, 249, 2008年7月.
389. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
副腎アンドロゲンの頸動脈硬化抑制作用に関する検討,
第40回日本動脈硬化学会総会, 253, 2008年7月.
390. 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
カルバマゼピンでビタミンD欠乏と下垂体機能検査異常を呈した1例,
第98回日本内科学会四国地方会, 2008年6月.
391. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
インスリン強化療法導入による血糖コントロールの改善により左室機能障害の回復をみた糖尿病性心筋症の2例,
第98回日本内科学会四国地方会, 2008年6月.
392. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
頸動脈血行動態における副腎アンドロゲンの臨床的意義,
第81回日本内分泌学会学術総会, Vol.84, No.1, 202, 2008年5月.
393. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 伊勢 孝之, 住友 由佳, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
左室拡張能における脂質代謝異常の影響に関する検討,
第81回日本内分泌学会学術総会, Vol.84, No.1, 222, 2008年5月.
394. 近藤 剛史, 小島 直, 伊勢 孝之, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 栗若 里佳, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
進行性の頭蓋骨陥凹と骨粗鬆症を来たした一例,
第81回日本内分泌学会学術総会, Vol.83, No.4, 834, 2008年5月.
395. 遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 樫原 茂, 松本 俊夫 :
IFN-α2bおよびリバビリン治療後に甲状腺機能異常と劇症1型類似の糖尿病を発症した1例,
第97回日本内科学会四国地方会, 2007年12月.
396. 近藤 剛史, 粟飯原 賢一, 伊勢 孝之, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
心腎障害の改善にACE阻害薬とARBの併用が有効であった高レニン性高血圧症の1例,
第97回日本内科学会四国地方会, 2007年12月.
397. 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 栗若 里佳, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 八木 秀介, 住友 由佳, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
活性型ビタミンDは血漿アンチトロンビン活性の制御に関与する,
日本内分泌学会第7回四国支部学術集会, Vol.83, No.4, 834, 2007年9月.
398. 近藤 剛史, 小島 直, 伊勢 孝之, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 栗若 里佳, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
進行性の頭蓋骨陥凹と骨粗鬆症を来たした一例,
日本内分泌学会第7回四国支部学術集会, Vol.83, No.4, 834, 2007年9月.
399. 遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
Carbamazepineで著明な骨量減少と下垂体検査異常を呈した一例,
第80回日本内分泌学会学術総会, Vol.83, No.3, 784, 2007年6月.
400. 遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 重清 友理, 木内 美瑞穂, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 井上 大輔, 工藤 英治, 福本 誠二, 松本 俊夫 :
低リン血症性骨軟化症を来した腫瘍合併の成人2症例,
第80回日本内分泌学会学術総会, Vol.83, No.1, 156, 2007年6月.
401. 粟飯原 賢一, 池田 康将, 八木 秀介, 住友 由佳, 岩瀬 俊, 近藤 剛史, 重清 友理, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 赤池 雅史, 松本 俊夫 :
活性化ビタミンDの抗動脈硬化作用に関する臨床的検討,
第80回日本内分泌学会学術総会, Vol.83, No.1, 159, 2007年6月.
402. 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 木内 美瑞穂, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫, 福本 誠二, 遠藤 健次, 上原 久典, 髙尾 正一郎 :
腫瘍性骨軟化症の1例,
第96回日本内科学会四国地方会, 2007年5月.
403. 遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
carbamazepineで著明な骨量減少と下垂体検査異常を呈した一例,
第17回臨床内分泌代謝Update, 2007年3月.
404. 赤池 雅史, 井内 貴彦, 高森 信行, 粟飯原 賢一, 吉田 智則, 金川 泰彦, 遠藤 逸朗, 三ツ井 貴夫, 東 博之, 重清 俊雄, 松本 俊夫 :
先天性ヘパリンコファクターII(HC II)欠乏症でみられた多発性動脈病変 : 動脈硬化症の進展におけるHCIIの臨床的意義の検討,
第63回日本循環器学会学術集会, Vol.63, No.1, 645, 1999年3月.
(CiNii: 1574231876839482624)
405. 赤池 雅史, 井内 貴彦, 高森 信行, 粟飯原 賢一, 吉田 智則, 金川 泰彦, 遠藤 逸朗, 三ツ井 貴夫, 東 博之, 重清 俊雄 :
先天性ヘパリンコファクターII(HC II)欠乏症でみられた多発性動脈病変 動脈硬化症の進展におけるHCIIの臨床的意義の検討,
Japanese Circulation Journal, Vol.63, No.Suppl.I, 645, 1999年.

作品:

1. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
ビスホスホネートの分子種と骨親和性,
ビスホスホネートエビデンスブック, 2013年10月.
2. 遠藤 逸朗 :
不動性骨粗鬆症,
ビスホスホネートエビデンスブック, 2013年10月.
3. 近藤 剛史, 遠藤 逸朗 :
テリパラチドの投与は連日皮下注製剤で2年間,週1回皮下注製剤で18ヶ月が上限とされていますが,この範囲なら何回かに分けて投与してもいいですか,
ファーマナビゲーターPTH編, 278-281, 2013年.
4. 遠藤 逸朗 :
PTH 1-34は低骨代謝回転型に効果が期待できるのでしょうか?,
ファーマナビゲーターPTH編, 256-259, 2013年.
5. 遠藤 逸朗 :
間欠投与と持続投与による作用の違い,
ファーマナビゲーターPTH編, 90-95, 2013年.
6. 遠藤 逸朗 :
活性型ビタミンD3,
副甲状腺・骨代謝疾患診療マニュアル, 132-133, 2013年.
7. 近藤 剛史, 遠藤 逸朗 :
副甲状腺関連疾患,
副甲状腺・骨代謝疾患診療マニュアル, 26-29, 2013年.

その他・研究会:

1. 遠藤 ふうり, 吉田 守美子, 辻本 賀美, 工藤 千晶, 安井 沙耶, 桝田 志保, 三井 由香里, 倉橋 清衛, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 福本 誠二 :
ソマトスタチンアナログ治療中に胆嚢癌を認めた先端巨大症の1例,
第29回臨床内分泌代謝Update in Kochi, 2019年11月.
2. 工藤 千晶, 倉橋 清衛, 辻本 賀美, 安井 沙耶, 遠藤 ふうり, 三井 由香里, 桝田 志保, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 福本 誠二 :
ニボルマブ投与により3系統の内分泌障害を発症した2例,
第29回臨床内分泌代謝Update in Kochi, 2019年11月.
3. 辻本 賀美, 三井 由香里, 工藤 千晶, 安井 沙耶, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 福本 誠二 :
免疫関連有害事象の末ロイド治療中ACTH分泌低下症を認めた1例,
第29回臨床内分泌代謝Update in Kochi, 2019年11月.
4. 三井 由香里, 辻本 賀美, 工藤 千晶, 安井 沙耶, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 福本 誠二 :
治療拒否により甲状腺クリーゼを繰り返したバセドウ病の1例,
第29回臨床内分泌代謝Update in Kochi, 2019年11月.
5. 倉橋 清衛, 青山 万里子, 滝沢 宏光, 遠藤 ふうり, 三井 由香里, 桝田 志保, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 福本 誠二 :
薬物治療に抵抗性で,日和見感染も合併したバセドウ病の一例,
第29回臨床内分泌代謝Update in Kochi, 2019年11月.
6. 松田 宙也, 遠藤 ふうり, 三井 由加里, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 福本 誠二 :
症状発現から診断までに半年を要したACTH単独欠損症の一例,
第258回徳島医学会学術集会, 2019年2月.
7. 寺町 順平, 天眞 寛文, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
骨髄腫特異的抗腫瘍活性と骨再生をもたらす新規分子標的薬の開発,
2018 先端医学交流セミナー, 2018年8月.
8. Hiroyasu Mori, Akio Kuroda, Michiko Araki, Reiko Suzuki, Mami Ohishi, Satoshi Taniguchi, Motoyuki Tamaki, Yuko Akehi, Hiroshi Sakaue, Kiyoe Kurahashi, Takeshi Kondo, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Makoto Funaki and Munehide Matsuhisa :
Advanced glycation end-products are a risk for muscle weakness in patients with type2 diabetes.,
American Diabetes Association 78th Scientific Sessions, Jun. 2017.
9. 遠藤 逸朗 :
乳癌の支持療法におけるデノスマブ製剤の位置づけ,
第5回東名古屋乳癌化学療法研究会, 2014年11月.
10. 遠藤 逸朗 :
骨粗鬆症治療における最近の話題,
骨粗鬆症治療Web講演会, 2014年7月.
11. 遠藤 逸朗 :
骨粗鬆症のビスホスホネート治療,
Orthopedics Seminar, 2014年3月.
12. 遠藤 逸朗, 賀川 久美子, 三木 浩和, 高橋 真美子, 安倍 正博 :
B細胞リンパ腫を合併した先端巨大症の一例,
第3回四国GH/IGF1フォーラム, 2014年2月.
13. 遠藤 逸朗 :
骨粗鬆症の病態と治療,
愛媛県病院薬剤師会中予支部講演会, 2013年9月.
14. 遠藤 逸朗 :
糖尿病の病態と治療,
協和発酵キリン勉強会, 2013年7月.
15. Dong Bingzi, Takeshi Kondo, Itsuro Endo, Yukiyo Ohnishi, Takashi Omatsu, Shin-ichi Yoshizawa, Hiroshi Sakaue and Toshio Matsumoto :
Interleukin-11 controls bone and adipose tissue mass by regulating osteoblastic and adipogenic differentiation,
4th Bone BioScience Meeting, Jun. 2013.
16. 遠藤 逸朗 :
糖尿病治療,
ノバルティス ファーマ社内研修会, 2013年5月.
17. 遠藤 逸朗 :
骨粗鬆症の病態と治療,
骨粗鬆症治療MR研修, 2013年4月.
18. Dong Bingzi, Itsuro Endo, Takeshi Kondo, Yukiyo Ohnishi, Masahiro Abe, Shin-ichi Yoshizawa, Seiji Fukumoto and Toshio Matsumoto :
The Effect of calcilytics on activating mutation of calcium-sensing repceptor knock-in mice model of autosomal dominant hypocalcemia,
骨とCaクラスターミニリトリート, Feb. 2013.
19. 遠藤 逸朗 :
ビスホスホネートの特性,
徳島県病院薬剤師会理事会研修会, 2012年12月.
20. 遠藤 逸朗 :
生活習慣病・ステロイド過剰に伴う骨粗鬆症の病態と治療,
伊予市医師会学術講演会, 2012年12月.
21. 遠藤 逸朗 :
生活習慣病・ステロイド過剰に伴う骨粗鬆症の病態と治療,
美馬市医師会学術講演会, 2012年12月.
22. 遠藤 逸朗 :
生活習慣病・ステロイド過剰に伴う骨粗鬆症の病態と治療,
阿波市臨床研究会, 2012年11月.
23. 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫 :
当院で経験したSITSHの2例,
第18回 徳島内分泌研究会, 2012年11月.
24. 遠藤 逸朗, 大薗 卓也, 齋藤 光恵, 久保田 由紀子, 安倍 正博, 松本 俊夫 :
骨転移に対するdenosumab 120mg 皮下注後の重傷低Ca血症発現の実態,
第15回癌と骨病変研究会, 2012年11月.
25. 遠藤 逸朗 :
生活習慣病・ステロイド過剰に伴う骨粗鬆症の病態と治療,
新居浜市医師学術講演会, 2012年9月.
26. Keiichiro Watanabe, Ryota Amachi, Masahiro Hiasa, Shingen Nakamura, Itsuro Endo, Hiroshi Mori, Eiji Tanaka and Toshio Matsumoto :
The cathepsinK inhibitor ONO-KK1-300-01 (ONO-KK1) prevents bone destruction and restores bone formation in myeloma bone lesions,
Bone Seminar, Aug. 2012.
27. 遠藤 逸朗 :
骨粗鬆症治療の最前線,
吾川郡医師学術講演会医, 2012年3月.
28. 遠藤 逸朗 :
骨粗鬆症治療の最前線,
徳島内分泌研究会, 2012年2月.
29. 遠藤 逸朗 :
骨粗鬆症治療,
アステラス製薬社内勉強会, 2012年1月.
30. 遠藤 逸朗 :
骨粗鬆症治療の最前線,
ノバルティスファーマ社内勉強会, 2011年11月.
31. 吉田 守美子, 近藤 絵里, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
当科での1型糖尿病に対するインスリンポンプ療法導入経験,
第17回徳島内分泌研究会, 2011年11月.
32. 遠藤 逸朗 :
内科疾患と骨粗鬆症,
実地医家のための骨粗鬆症を考える会, 2011年10月.
33. 遠藤 逸朗 :
副甲状腺ホルモンの基礎と臨床,
旭化成ファーマ社内研修会, 2011年9月.
34. 遠藤 逸朗 :
フェブリクの使用経験,
徳島内分泌研究会, 2011年8月.
35. 遠藤 逸朗 :
先端巨大症に対するサンドスタチン治療,
ノバルティスファーマ社内勉強会, 2011年4月.
36. 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫 :
当院での原発性アルドステロン症に対するエプレレノンの効果,
Meet the Specialist, 2011年3月.
37. 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 上田 由佳, 池田 康将, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆, 松本 俊夫 :
下肢虚血モデルを用いたアンドロゲン受容体による虚血臓器保護効果の検討,
第15回徳島内分泌研究会, 2009年11月.
38. 遠藤 逸朗, 大西 幸代, 木戸 里佳, 倉橋 清衛, 藤中 雄一, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 安倍 正博, 福本 誠二, 松本 俊夫 :
Ca感知受容体機能に及ぼすcalcilyticsの作用,
第3回瀬戸内フォーラム, 2009年8月.
39. 倉橋 清衛, 中村 信元, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松本 俊夫, 八木 秀介, 岩瀬 俊, 赤池 雅史, 佐田 政隆 :
一酸化炭素中毒を契機に発見された急性心筋梗塞の一例,
第9回徳島総合診療研究会, 2009年7月.
40. 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 木内 美瑞穂, 鈴木 麗子, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
内蔵脂肪蓄積因子の臨床的検討ーメタボリックシンドローム検診から見えたことー,
第7回徳島リスクファクター研究会, 2009年6月.
41. 遠藤 逸朗, 吉田 守美子, 栗若 里佳, 木戸 慎介, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 藤村 光則, 松本 俊夫 :
冠動脈不安定ブラーク予測因子としてのICTP,
第3回 徳島Vascular Endocrinology conference, 2009年3月.

報告書:

1. 遠藤 逸朗, 松本 俊夫 :
ホルモン受容機構異常に関する調査研究 平成22年度 研究報告書,
厚生労働科学研究費補助金(難治疾患克服研究事業), 15-16, 2011年5月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 骨細胞保護によるがんの骨転移新規治療戦略の開発 (研究課題/領域番号: 23H03101 )
  • 加齢性サルコペニアへの炎症性サイトカインの関与とTAK1阻害による治療法の開発 (研究課題/領域番号: 21K07339 )
  • 骨格系の分子制御機構の解明とその異常による病態の治療法の開発 (研究課題/領域番号: 25293215 )
  • 骨髄腫骨髄微小環境がもたらす腫瘍進展と骨病変形成機序の解明と新規治療法の開発 (研究課題/領域番号: 23591390 )
  • ヘパリンコファクターIIによる心リモデリングおよびインスリン抵抗性制御機構の解析 (研究課題/領域番号: 21591140 )
  • 骨格系の制御システムと脂肪・血管制御系との連関およびその異常に基づく病態の解明 (研究課題/領域番号: 20249050 )
  • 研究者番号(10432759)による検索