検索:
徳島大学 > 大学院社会産業理工学研究部 > 生物資源産業学域 > 応用生命系 > 応用生物資源学分野 >
徳島大学 > 生物資源産業学部 > 生物資源産業学科 > 応用生命講座 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1703012 新規合成脂質を用いた機能性材料の創製とその応用 >
徳島大学 > 工学部 > 生物工学科 > 生物機能工学講座 >
徳島大学 > 先端技術科学教育部 > 物質生命システム工学専攻 > 生命テクノサイエンスコース > 生物機能工学講座 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

生物物理化学 (Biophysical Chemistry)
口腔衛生学 (Oral Health)

研究テーマ

脂質・界面活性剤二重膜の高圧物性 (脂質二重膜, 界面活性剤, 高圧, 相転移, 蛍光イメージング, 放射光, 構造解析, 膜融合)
ホスホリルコリンに対する粘膜免疫応答 (粘膜免疫, 動脈硬化, ホスホリルコリン)

著書・論文

著書:

1. Masaki GOTO, Nobutake Tamai and Hitoshi Matsuki :
Encyclopedia of Biocolloid and Biointerface Science, --- Bilayer Imaging of Phosphatidylcholines by High-Pressure Fluorometry ---,
John Wiley & Sons, Inc., Hoboken, Sep. 2016.
2. Nobutake Tamai, Masaki GOTO and Hitoshi Matsuki :
Encyclopedia of Biocolloid and Biointerface Science, --- Phase Separation in Phospholipid Bilayers Induced by Cholesterol ---,
John Wiley & Sons, Inc., Hoboken, Sep. 2016.
3. 松木 均, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 金品 昌志 :
高圧バイオサイエンスとバイオテクノロジー, --- 第17章 リン脂質二重膜の圧力誘起膜融合:巨大単層ベシクルの球形成長 ---,
三恵社, 名古屋, 2015年11月.
4. 後藤 優樹, 楠部 真崇, 玉井 伸岳, 松木 均, 金品 昌志 :
高圧力下の生物科学, --- 第4章 リン脂質二分子膜ゲル相の多形と安定性に及ぼす圧力効果 ---,
さんえい出版 株式会社, 京都, 2006年11月.
5. 多田 佳織, 後藤 優樹, 楠部 真崇, 玉井 伸岳, 松木 均, 金品 昌志 :
高圧力下の生物科学, --- 第3章 ジラウロイルホスファチジルコリン二分子膜の圧力誘起相転移 ---,
さんえい出版 株式会社, 京都, 2006年11月.

学術論文(審査論文):

1. Hitoshi Matsuki, Masaki GOTO, Makiko Motohashi, Aoi Kiguchi, Toshiki Nakao and Nobutake Tamai :
Formation of intermediate gel-liquid crystalline phase on medium-chain phosphatidylcholine bilayers: Phase transitions depending on the bilayer packing,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, 2020.
(DOI: 10.1016/j.bbamem.2020.183197)
2. Masaki GOTO, Hirotsugu Okamoto, Nobutake Tamai, Kazuhiro Fukada and Hitoshi Matsuki :
Salt effect on bilayer phase transitions of dipalmitoylphosphatidylglycerol in saline water under high pressure,
High Pressure Research, Vol.39, No.2, 238-247, 2019.
(DOI: 10.1080/08957959.2019.1601189,   Elsevier: Scopus)
3. Nobutake Tamai, Sanae Inazawa, Saori Takeuchi, Masaki GOTO and Hitoshi Matsuki :
Phase Behavior of Binary Bilayer Membrane of Dipalmitoylphosphatidylcholine and Stigmasterol,
Journal of Thermal Analysis and Calorimetry, Vol.135, No.5, 2635-2645, 2019.
(DOI: 10.1007/s10973-018-7597-9,   Elsevier: Scopus)
4. Nobutake Tamai, Maiko Uemura, Takuya Izumikawa, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
Phase Behavior of Cholesterol-Containing Binary Membrane of an Ether-Linked Phospholipid, Dihexadecylphosphatidylcholine,
Colloid and Polymer Science, Vol.296, No.4, 697-711, 2018.
(DOI: 10.1007/s00396-018-4280-4)
5. Hitoshi Matsuki, Kentaro Kato, Hirotsugu Okamoto, Shuntaro Yoshida, Masaki GOTO, Nobutake Tamai and Shoji Kaneshina :
Ligand partitioning into lipid bilayer membranes under high pressure: implication of variation in phase-transition temperatures,
Chemistry and Physics of Lipids, Vol.209, 9-18, 2017.
(DOI: 10.1016/j.chemphyslip.2017.10.002)
6. Masaki GOTO, Yuya Aoki, Nobutake Tamai and Hitoshi Matsuki :
Effect of pressure on bilayer phase behavior of N-methylated di-O-hexadecylphosphatidylethanolamines: relevance of head-group modification on the bilayer interdigitation,
Biophysical Chemistry, Vol.231, 64-70, 2017.
(DOI: 10.1016/j.bpc.2017.03.009)
7. Hitoshi Matsuki, Shigeru Endo, Ryosuke Sueyoshi, Masaki GOTO, Nobutake Tamai and Shoji Kaneshina :
Thermotropic and barotropic phase transitions on diacylphosphatidylethanolamine bilayer membranes,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1859, No.7, 1222-1232, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111087,   DOI: 10.1016/j.bbamem.2017.03.020,   PubMed: 28366514)
8. Masaki GOTO, Takuya Endo, Takahiro Yano, Nobutake Tamai, Joachim Kohlbrecher and Hitoshi Matsuki :
Comprehensive characterization of temperature- and pressure-induced bilayer phase transitions for saturated phosphatidylcholines containing longer chain homologs,
Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.128, 389-397, 2015.
(DOI: 10.1016/j.colsurfb.2015.02.036,   Elsevier: Scopus)
9. 松木 均, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 :
脂質膜の圧力誘起指組構造形成:疎水鎖長依存性と形成限界,
材料, Vol.63, No.8, 620-623, 2014年.
(DOI: 10.2472/jsms.63.620,   CiNii: 130004678636,   Elsevier: Scopus)
10. Nobutake Tamai, Takuya Izumikawa, Suguru Fukui, Maiko Uemura, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
How Does Acyl-chain Length Affect Thermotropic Phase Behavior of Saturated Diacylphosphatidylcholine-chloresterol Binary Bilayers?,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1828, No.11, 2513-2523, 2013.
(DOI: 10.1016/j.bbamem.2013.06.008,   PubMed: 23791704)
11. Nobutake Tamai, Sayuri Kakibe, Tanaka Saeko, Masaki GOTO and Hitoshi Matsuki :
An Attempt to Reveal Viscoelastic Behavior of Lipid Bilayer Membrane by Pressure Perturbation Calorimetry,
High Pressure Research, Vol.33, No.2, 271-277, 2013.
(DOI: 10.1080/08957959.2013.767900)
12. Nobutake Tamai, Sanae Inazawa, Daiki Fujiwara, Masaki GOTO and Hitoshi Matsuki :
Thermotropic Phase Behavior of Binary Bilayer Membrane of Dipalmitoylphosphatidylcholine and Ergosterol,
Chemistry Letters, Vol.41, No.10, 1087-1089, 2012.
(DOI: 10.1246/cl.2012.1087)
13. Masaki GOTO, Agnieszka Wilk, Kosuke Kataoka, Shirish Chodankar, Nobutake Tamai, Makoto Fukui, Joachim Kohlbrecher, Hiro-O Ito and Hitoshi Matsuki :
Study on the Subgel-Phase Formation Using an Asymmetric Phospholipid Bilayer Membrane by High-Pressure Fluorometry,
Langmuir, Vol.28, No.33, 12191-12198, 2012.
(DOI: 10.1021/la3020173,   PubMed: 22823885)
14. Saeko Tanaka, Masaki GOTO, Nobutake Tamai and Hitoshi Matsuki :
Phase Behavior of Dipalmitoylphosphatidylglycerol Bilayer Membrane in Saline Water under High Pressure,
International Journal of Modern Physics: Conference Series, Vol.6, 727-732, 2012.
(DOI: 10.1142/S2010194512004059)
15. Nobutake Tamai, Maiko Tsutsui, Masaki GOTO and Hitoshi Matsuki :
Volumetric Study on Dioleoylphosphatidylcholine Bilayer by Pressure Perturbation Calorimetry,
International Journal of Modern Physics: Conference Series, Vol.6, 762-767, 2012.
(DOI: 10.1142/S2010194512004114)
16. Nobutake Tamai, Yuko Nambu, Saeko Tanaka, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
Volumetric characterization of ester- and ether-linked lipid bilayers by pressure perturbation calorimetry and densitometry,
Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.92, No.1, 232-239, 2012.
(DOI: 10.1016/j.colsurfb.2011.11.055,   PubMed: 22221457)
17. Saeko Tanaka, Nobutake Tamai, Masaki GOTO, Shoji Kaneshina and Hitoshi Matsuki :
Morphological Change of Vesicle Particle can Produce a Peculir Stepwise Transition in Dipalmitoylphosphatidylglycerol Bilayer at High NaCl Concentration,
Chemistry Letters, Vol.41, No.3, 304-306, 2012.
(DOI: 10.1246/cl.2012.304,   CiNii: 10030224563)
18. Hitoshi Matsuki, Masaki GOTO, Masataka Kusube and Nobutake Tamai :
Imaging of Phosphatidylcholine Bilayers by a High-Pressure Fluorescence Technique: Detection of the Packing Difference,
Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.84, No.12, 1329-1335, 2011.
(DOI: 10.1246/bcsj.20110229,   CiNii: 40019137291)
19. Tselmeg Baatarjav, Kosuke Kataoka, Rebekah S. Gilbert, Yutaka Terao, Makoto Fukui, Masaki GOTO, Shigetada Kawabata, Masato Yamamoto, Kohtaro Fujihashi and Hiro-O Ito :
Mucosal immune features to phosphorylcholine by nasal Flt3 ligand cDNA-based vaccination,
Vaccine, Vol.29, No.34, 5747-5757, 2011.
(DOI: 10.1016/j.vaccine.2011.05.097,   PubMed: 21683111)
20. Masaki GOTO, Shunsuke Ishida, Yuka Ito, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
Thermotropic and Barotropic Phase Transitions of Dialkyldimethylammonium Bromide Bilayer Membranes: Effect of Chain Length,
Langmuir, Vol.27, No.10, 5824-5831, 2011.
(DOI: 10.1021/la200323h,   PubMed: 21520909)
21. Masaki GOTO, Takayuki Matsui, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
Prodan fluorescence detects the bilayer packing of asymmetric phospholipids,
Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.84, No.1, 55-62, 2011.
(DOI: 10.1016/j.colsurfb.2010.12.015,   PubMed: 21232926)
22. Masaki GOTO, Agnieszka Wilk, Akira Kazama, Shirish Chodankar, Joachim Kohlbrecher and Hitoshi Matsuki :
Chain elongation of diacylphosphatidylcholine induces fully bilayer interdigitation under atmospheric pressure,
Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.84, No.1, 44-48, 2011.
(DOI: 10.1016/j.colsurfb.2010.12.010,   PubMed: 21216568)
23. Masaki GOTO, Yuka Ito, Shunsuke Ishida, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
Hydrostatic Pressure Reveals Bilayer Phase Behavior of Dioctadecyldimethylammonium Bromide and Chloride,
Langmuir, Vol.27, No.5, 1592-1598, 2011.
(DOI: 10.1021/la104552z,   PubMed: 21261314)
24. Nobutake Tamai, Yuko Nambu, Maiko Tsutsui, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
Application of pressure perturbation calorimetry to the aqueous system of phospholipid vesicle dispersion,
High Pressure Research, Vol.30, No.4, 490-498, 2010.
(DOI: 10.1080/08957959.2010.526115)
25. Hitoshi Matsuki, Makoto Nishimoto, Kaori Tada, Masaki GOTO, Nobutake Tamai and Shoji Kaneshina :
Packing state in bilayer membranes of diacylphosphatidylcholines with varying acyl chain lengths under high pressure,
High Pressure Research, Vol.30, No.4, 475-482, 2010.
(DOI: 10.1080/08957959.2010.526114)
26. Masaki GOTO, Hiroshi Sawaguchi, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
Effect of Vesicle Size on the Prodan Fluorescence in Diheptadecanoylphosphatidylcholine Bilayer Membrane under Atmospheric and High Pressures,
Langmuir, Vol.26, No.16, 13377-13384, 2010.
(DOI: 10.1021/la100871z,   PubMed: 20695581)
27. Masataka Kusube, Takumi Nishino, Yuki Nishikawa, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki and Hitoshi Iwahashi :
Recovery of Tobacco BY-2 Cells After Treatment of High Hydrostatic Pressure,
Annals of the New York Academy of Sciences, Vol.1189, 139-142, 2010.
(DOI: 10.1111/j.1749-6632.2009.05185.x,   PubMed: 20233380)
28. Masaki GOTO, Masataka Kusube, Makoto Nisimoto, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
Pressure Study on Symmetric and Asymmetric Phospholipid Bilayers: Effect of Vesicle Size on Prodan Fluorescence,
Annals of the New York Academy of Sciences, Vol.1189, 68-76, 2010.
(DOI: 10.1111/j.1749-6632.2009.05202.x,   PubMed: 20233370)
29. Kaori Tada, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
Pressure Effect on the Bilayer Phase Transition of Asymmetric Lipids with an Unsaturated Acyl Chain,
Annals of the New York Academy of Sciences, Vol.1189, 77-85, 2010.
(DOI: 10.1111/j.1749-6632.2009.05203.x,   PubMed: 20233371)
30. Ismail Ismaliza Mohd Nor, Tsuyoshi Yuasa, Keizo Yuasa, Yuko Nambu, Makoto Nishimoto, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki, Masahiro Inoue, Masami Nagahama and Akihiko Tsuji :
A critical role for highly conserved Glu610 residue of oligopeptidase B Tryoanosoma brucei in thermal stability,
The Journal of Biochemistry, Vol.147, No.2, 201-211, 2010.
(DOI: 10.1093/jb/mvp156,   PubMed: 19819899)
31. Agnieszka Broniec, Masaki GOTO and Hitoshi Matsuki :
A Peculiar Phase Transition of Plasmalogen Bilayer Membrane under High Pressure,
Langmuir, Vol.25, No.19, 11265-11268, 2009.
(DOI: 10.1021/la902503n,   PubMed: 19697955)
32. Masaki GOTO, Shunsuke Ishida, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
Chain asymmetry alters thermotropic and barotropic properties of phospholipid bilayer membranes,
Chemistry and Physics of Lipids, Vol.161, No.2, 65-76, 2009.
(DOI: 10.1016/j.chemphyslip.2009.07.003,   PubMed: 19616525)
33. Kaori Tada, Eri Miyazaki, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
Barotropic and thermotropic bilayer phase behavior of positional isomers of unsaturated mixed-chain phosphatidylcholines,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1788, No.5, 1056-1063, 2009.
(DOI: 10.1016/j.bbamem.2009.02.008,   PubMed: 19233121,   Elsevier: Scopus)
34. Makoto Nishimoto, Takashi Hata, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Shoji Kaneshina, Hitoshi Matsuki and Issaku Ueda :
Interaction modes of long-chain fatty acids in dipalmitoylphosphatidylcholine bilayer membrane: contrast to mode of inhalation anesthetics,
Chemistry and Physics of Lipids, Vol.158, No.2, 71-80, 2009.
(DOI: 10.1016/j.chemphyslip.2009.02.003,   PubMed: 19428351)
35. Kaori Tada, Kensuke Saito, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
High-pressure study on bilayer phase behavior of oleoylmyristoyl- and myristoyloleoyl-phosphatidylcholines,
Biophysical Chemistry, Vol.138, No.1-2, 36-41, 2008.
(DOI: 10.1016/j.bpc.2008.08.009,   PubMed: 18804320)
36. Nobutake Tamai, Maiko Uemura, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
Lateral phase separation in cholesterol/diheptadecanoylphosphatidylcholine binary bilayer membrane,
Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.65, No.2, 213-219, 2008.
(DOI: 10.1016/j.colsurfb.2008.04.004,   PubMed: 18502622)
37. 金品 昌志, 後藤 優樹, 多田 佳織, 玉井 伸岳, 松木 均 :
エーテル結合型リン脂質における指組み構造形成,
高圧バイオサイエンスとバイオテクノロジー, Vol.2, No.1, 75-81, 2008年.
38. 後藤 優樹, 戸田 雅隆, 玉井 伸岳, 松木 均, 金品 昌志 :
高圧力下におけるジノナデカノイルホスファチジルコリン二分子膜の相挙動,
高圧バイオサイエンスとバイオテクノロジー, Vol.2, No.1, 68-74, 2008年.
39. 松木 均, 多田 佳織, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 金品 昌志 :
リン脂質膜の非二分子膜形成に対する熱力学的考察,
高圧バイオサイエンスとバイオテクノロジー, Vol.2, No.1, 61-67, 2008年.
(DOI: 10.11229/hpbb.2.61)
40. Nobutake Tamai, Maiko Uemura, Tetsuya Takeichi, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
A new interpretation of eutectic behavior for distearoylphosphatidylcholine-cholesterol binary bilayer membrane,
Biophysical Chemistry, Vol.135, No.1-3, 95-101, 2008.
(DOI: 10.1016/j.bpc.2008.03.008,   PubMed: 18436366)
41. Kaori Tada, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
Thermotropic and barotropic phase transitions of dilauroylphosphatidylcholine bilayer,
Chemistry and Physics of Lipids, Vol.153, No.2, 138-143, 2008.
(DOI: 10.1016/j.chemphyslip.2008.03.004,   PubMed: 18394426)
42. Nobutake Tamai, Takayuki Matsui, Nobutaka Moribayashi, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
Cholesterol Suppresses Pressure-induced Interdigitation of Dipalmitoylphosphatidylcholine Bilayer Membrane,
Chemistry Letters, Vol.37, No.6, 604-605, 2008.
(DOI: 10.1246/cl.2008.604,   CiNii: 10021081107)
43. Masaki GOTO, Masataka Kusube, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
Effect of hydrostatic pressure on the bilayer phase behavior of symmetric and asymmetric phospholipids with the same total chain length,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1778, No.4, 1067-1078, 2008.
(DOI: 10.1016/j.bbamem.2007.12.009,   PubMed: 18190778)
44. Masataka Kusube, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
Bilayer Phase Transitions of N-methylated Dioleoylphosphatidylethanolamines under High Pressure,
Chemistry and Physics of Lipids, Vol.142, No.1-2, 94-102, 2006.
(DOI: 10.1016/j.chemphyslip.2006.03.004,   PubMed: 16620796)
45. Ryosuke Sueyoshi, Kaori Tada, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
Barotropic phase transition between the lamellar liquid crystal phase and the inverted hexagonal phase of dioleoylphosphatidylethanolamine,
Colloids and Surfaces B:Biointerfaces, Vol.50, No.1, 85-88, 2006.
(DOI: 10.1016/j.colsurfb.2006.04.001,   PubMed: 16697154)
46. Hitoshi Matsuki, Masaki GOTO, Masataka Kusube, Nobutake Tamai and Shoji Kaneshina :
Barotropic Phase Transitions of 1-Palmitoyl-2-stearoylphosphatidylcholine Bilayer Membrane,
Chemistry Letters, Vol.34, No.2, 270-271, 2005.
(DOI: 10.1246/cl.2005.270,   CiNii: 10014364756)

学術論文(紀要・その他):

1. 後藤 優樹 :
スイス連邦工科大学ポール・シェラー研究所留学記,
高圧力の科学と技術, Vol.25, No.3, 251-252, 2015年.
(DOI: 10.4131/jshpreview.25.251,   Elsevier: Scopus)
2. 松木 均, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 安澤 幹人 :
人工生体膜のソフトナノテクノロジー,
徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部研究報告, Vol.55, 25-30, 2010年.
(徳島大学機関リポジトリ: 66693,   CiNii: 110007592768)

総説・解説:

1. Hitoshi Matsuki, Masaki GOTO and Nobutake Tamai :
Membrane States of Saturated Glycerophospholipids: A Thermodynamic Study of Bilayer Phase Transitions,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.67, No.4, 300-307, Apr. 2019.
(DOI: 10.1248/cpb.c18-00954,   PubMed: 30930432,   Elsevier: Scopus)
2. 玉井 伸岳, 後藤 優樹, 松木 均 :
圧力摂動熱量測定:脂質膜への適用,
熱測定, Vol.46, No.2, 76-80, 2019年4月.
(CiNii: 40021907859)
3. 松木 均, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 :
ホスファチジルエタノールアミン二重膜の温度および圧力誘起相転移,
膜, Vol.44, No.2, 40-49, 2019年3月.
4. 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
二本鎖イオン性界面活性剤の会合挙動:高圧力研究による膜状態の解明,
高圧力の科学と技術, Vol.28, No.2, 81-87, 2018年7月.
(DOI: 10.4131/jshpreview.28.81,   Elsevier: Scopus)
5. 玉井 伸岳, 後藤 優樹, 松木 均 :
コレステロールが誘起する脂質膜側方相分離の熱力学的考察,
熱測定, Vol.44, No.3, 101-107, 2017年7月.
6. 玉井 伸岳, 後藤 優樹, 松木 均 :
圧力摂動熱量法によるリン脂質二分子膜の体積挙動および緩和挙動の定量的観測,
高圧力の科学と技術, Vol.25, No.2, 109-115, 2015年5月.
(DOI: 10.4131/jshpreview.25.109,   CiNii: 130005075753,   Elsevier: Scopus)
7. 後藤 優樹 :
ハロゲン化ジアルキルジメチルアンモニウム二重膜の会合挙動:高圧力研究による相状態の解明,
C & I commun colloid & interface communication : newsletter from DCSC, Vol.1, No.40, 31-33, 2015年3月.
8. 玉井 伸岳, 後藤 優樹, 松木 均 :
脂質ラフトは熱力学的に説明できるのか?―非調和融点型固液相図とクラスター形成―,
生物物理, Vol.54, No.3, 154-157, 2014年5月.
9. 松木 均, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 :
飽和ジアシルホスファチジルコリン二重膜の温度および圧力誘起相転移,
熱測定, Vol.41, No.2, 66-73, 2014年4月.
10. 後藤 優樹 :
高圧蛍光法によるホスファチジルコリン二重膜のイメージング,
高圧力の科学と技術, Vol.23, No.1, 157-166, 2013年5月.
(DOI: 10.4131/jshpreview.23.157,   CiNii: 130003363747)
11. 松木 均, 後藤 優樹 :
高圧力による脂質の相転移制御,
冷凍, Vol.88, No.1026, 274-279, 2013年4月.
(CiNii: 10031165723)
12. 松木 均, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 :
生体膜脂質の膜状態 -圧力研究から見えてくる構造機能相関-,
高圧力の科学と技術, Vol.23, No.1, 30-38, 2013年2月.
(DOI: 10.4131/jshpreview.23.30,   CiNii: 130003363733)
13. Hitoshi Matsuki, Masaki GOTO, Kaori Tada and Nobutake Tamai :
Thermotropic and Barotropic Phase Behavior of Phosphatidylcholine Bilayers, --- Phospholipids: Molecular Sciences 2012 ---,
International Journal of Molecular Sciences, Vol.14, No.2, 2282-2302, Jan. 2013.
(DOI: 10.3390/ijms14022282,   Elsevier: Scopus)
14. 松木 均, 多田 佳織, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 :
非対称リン脂質二重膜の高圧相転移:分子非対称性と相安定性,
高圧力の科学と技術, Vol.20, No.4, 306-314, 2010年11月.
(DOI: 10.4131/jshpreview.20.306,   CiNii: 10027680974)
15. 後藤 優樹 :
高圧蛍光法による対称および非対称型リン脂質二重膜相挙動の研究,
高圧力の科学と技術, Vol.18, No.3, 267-272, 2008年8月.
(DOI: 10.4131/jshpreview.18.267,   CiNii: 10024273792)

国際会議:

1. Masaki GOTO, Shuntaro Yoshida, Nobutake Tamai and Hitoshi Matsuki :
Thermodynamic Study on Ligand Partitioning into Lipid Bilayer Membranes under High Pressure,
10th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology (HPBB2018), numazu, Sep. 2018.
2. Shuntaro Yoshida, Masaki GOTO, Nobutake Tamai and Hitoshi Matsuki :
Prodan Is a Useful Packing Indicator in Lipid Membranes, Which Discerns Various Kinds of Phase Transitions,
10th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology (HPBB2018), numazu, Sep. 2018.
3. Hitoshi Matsuki, Masaki GOTO and Nobutake Tamai :
Pressure-Induced Membrane Fusion of Phospholipid Bilayers: Irreversible and Spherical Growth of Giant Unilamellar Vesicles,
10th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology (HPBB2018), numazu, Sep. 2018.
4. Nobutake Tamai, Masaki GOTO and Hitoshi Matsuki :
Thermotropic Phase Behavior of Sterol-Containing Binary Bilayer Membranes of Diacylphosphatidylcholines,
8th International and 10th Japan-China Joint Symposium on Calorimetry and Thermal Analysis (CATS-2017), Fukuoka, Nov. 2017.
5. Nobutake Tamai, Masaki GOTO and Hitoshi Matsuki :
Pressure Perturbation Calorimetry for the Volume Characterization of Lipid Bilayers,
4th Joint Meeting of the 71st Calorimetry Conference (CALCON2016) and the Japan Society of Calorimetry and Thermal Analysis (JSCTA), Turtle Bay, Oahu, Hawaii, Aug. 2016.
6. Hitoshi Matsuki, Shigeru Endo, Ryosuke Sueyoshi, Masaki GOTO and Nobutake Tamai :
Temperature- and Pressure-Induced Phase Transitions of Diacylphosphatidylethanolamine Bilayers,
4th Joint Meeting of the 71st Calorimetry Conference (CALCON2016) and the Japan Society of Calorimetry and Thermal Analysis (JSCTA), Turtle Bay, Oahu, Hawaii, Aug. 2016.
7. Masaki GOTO, Nobutake Tamai and Hitoshi Matsuki :
Effect of Pressure on Bilayer Phase Behavior of N-methylated Di-O-hexadecylphosphatidylethanolamines,
9th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology (HPBB2016), Toronto, Jul. 2016.
8. Hitoshi Matsuki, Masaki GOTO and Nobutake Tamai :
Effect of Hydrophobic Chain Structure on Phase Transitions of Diacylphosphatidylethanolamine Bilayers under High Pressure,
9th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology (HPBB2016), Toronto, Jul. 2016.
9. Takahiro Yano, Yoshioka Tatsuro, Nobutake Tamai, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki, Nagasawa Makoto and Matsumoto Masamitsu :
Precise Measuring System of Density for Liquids under High Pressure,
8th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology (HPBB2014), Nantes, France, Jul. 2014.
10. Hitoshi Matsuki, Masaki GOTO and Nobutake Tamai :
Barotropic Structural Change of Lipid Membranes: Characteristics and Mechanism of Bilayer Interdigitation,
8th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology (HPBB2014), Nantes, France, Jul. 2014.
11. Takahiro Yano, Masaki GOTO, Nobutake Tamai and Hitoshi Matsuki :
Barotropic Phase Behavior of Asymmetric Phosphatidylcholine Bilayers,
8th International Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology (HPBB2014), Nantes, France, Jul. 2014.
12. Hitoshi Matsuki, Masaki GOTO and Nobutake Tamai :
Pressure-induced Bilayer Interdigitation: Model of Molecular-ordering Formation in Lipid Membranes,
The 2nd International Symposium ``Dynamical ordering of biomolecular systems for creation of integrated functions'', Kyoto, Jan. 2014.
13. Masaki GOTO, Nobutake Tamai and Hitoshi Matsuki :
High-pressure fluorometric study on the subgel-formation of phosphatidylcholine bilayer membrane,
7th Internationl Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology (HPBB2012), Otsu, Nov. 2012.
14. Nobutake Tamai, Masaki GOTO and Hitoshi Matsuki :
An attempt to determine the viscoelastic properties of phospholipid bilayer membranes,
7th Internationl Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology (HPBB2012), Otsu, Nov. 2012.
15. Hitoshi Matsuki, Masaki GOTO and Nobutake Tamai :
How do membranes response by applying high hydrostatic pressure?,
7th Internationl Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology (HPBB2012), Otsu, Nov. 2012.
16. Nobutake Tamai, Sanae Inazawa, Daiki Fijiwara, Masaki GOTO, Shoji Kaneshina and Hitoshi Matsuki :
Effect of Stigmasterol and Ergosterol on the Thermotropic Bilayer Phase Behavior of Dipalmitoylphosphatidylcholine,
14th International Association of Colloid and Interface Scientists, Conference (IACIS2012), Sendai, May 2012.
17. Hitoshi Matsuki, Saeko Tanaka, Masaki GOTO and Nobutake Tamai :
Barotropic Bilayer Phase Behavior of an Acidic Phospholipid, Dipalmitoylphosphatidylglycerol,
14th International Association of Colloid and Interface Scientists, Conference (IACIS2012), Sendai, May 2012.
18. Saeko Tanaka, Masaki GOTO, Nobutake Tamai and Hitoshi Matsuki :
Phase Behavior of Dipalmitoylphosphatidylglycerol Bilayer Membrane in Saline Water under High Pressure,
6th International Conference on Advanced Materials Development and Performance (AMDP2011), Tokushima, Jul. 2011.
19. Nobutake Tamai, Maiko Tsutsui, Masaki GOTO and Hitoshi Matsuki :
Investigation on Volumetric Properties of Phospholipid Aggregates by Pressure Perturbation Calorimetry,
6th International Conference on Advanced Materials Development and Performance (AMDP2011), Tokushima, Jul. 2011.
20. Hitoshi Matsuki, Masaki GOTO and Nobutake Tamai :
High-pressure fluorescence study on packing states of phosphatidylcholine bilayers,
The 6th meeting of the Study of Matter at Extreme Conditions (SMEC2011), Miami, Apr. 2011.
21. Sanae Inazawa, Takuya Izumikawa, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
Comparison between effects of cholesterol and stigmasterol on bilayer phase behavior of dipalmitoylphosphatidylcholine,
The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem2010), Honolulu, Dec. 2010.
22. Maiko Tsutsui, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
Themotropic volume behavior of bilayer membranes of saturated and unsaturated phosphatidylcholines,
The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem2010), Honolulu, Dec. 2010.
23. Nobutake Tamai, Takuya Izumikawa, Maiko Uemura, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
Thermotropic phase behavior of binary bilayer membranes of cholesterol and a homologous series of saturated diasylphosphatidylcholines of different chain lengths,
The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem2010), Honolulu, Dec. 2010.
24. Hitoshi Matsuki, Agnieszka Broniek, Masaki GOTO, Nobutake Tamai and Shoji Kaneshina :
Phase behavior of plasmalogen bilayer membrane under high pressure,
The 3rd International Kyushu Colloid Colloquium, Fukuoka, Sep. 2010.
25. Hitoshi Matsuki, Hiroshi Sawaguchi, Masaki GOTO, Nobutake Tamai and Shoji Kaneshina :
Subgel Phase Formation on Bilayer Membranes of Diacyl- and Dialkylphosphatidylcholines with Varying Acyl Chain Lengths,
International Conference on Nanoscopic Colloid and Surface Science (NCSS2010), Chiba, Sep. 2010.
26. Saeko Tanaka, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
Phase Behavior of Dipalmitoylphosphatidylglycerol Bilayer under High Pressure,
International Conference on Nanoscopic Colloid and Surface Science (NCSS2010), Chiba, Sep. 2010.
27. Ryo Kishizoe, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
Anomalous Phase Behavior of Ditridecanoylphosphatidylcholine Bilayer under High Pressure,
International Conference on Nanoscopic Colloid and Surface Science (NCSS2010), Chiba, Sep. 2010.
28. Sanae Inazawa, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
Comparative Study on Effects of Stigmasterol and Cholesterol on Bilayer Phase Behavior of Dipalmitoylphosphatidylcholine,
International Conference on Nanoscopic Colloid and Surface Science (NCSS2010), Chiba, Sep. 2010.
29. Nobutake Tamai, Takuya Izumikawa, Maiko Uemura, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
Acyl-chain Length Dependent and Independent Effects of Chlolesterol on Bilayer Phase Behavior of Diacylphosphatidylcholines,
International Conference on Nanoscopic Colloid and Surface Science (NCSS2010), Chiba, Sep. 2010.
30. Nobutake Tamai, Yuko Nambu, Maiko Tsutsui, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
Volume properties of diacylphosphatidylcholine bilayer membranes revealed by pressure perturbation calorimetry and densitometry,
6th Internationl Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology (HPBB2010), Freising, Germany, Aug. 2010.
31. Hitoshi Matsuki, Masaki GOTO, Nobutake Tamai and Shoji Kaneshina :
Packing state in bilayer membranes of diacylphosphatidylcholines with varying acyl chain lengths under high pressure,
6th Internationl Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology (HPBB2010), Freising, Germany, Aug. 2010.
32. Nobutake Tamai, Masaki GOTO, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
A mechanism of pressure-induced interdigitation of lipid bilayers,
Journal of Physics: Conference Series, Vol.215, No.1, 12161, Bristol, Mar. 2010.
(DOI: 10.1088/1742-6596/215/1/012161)
33. Takuya Izumikawa, Yuko Nambu, Kazuyo Fujishige, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
Volume behaviour of dipalmitoylphosphatidylcholine bilayer membrane: pressure perturbation calorimetry and densitometry,
Journal of Physics: Conference Series, Vol.215, No.1, 12163, Bristol, Mar. 2010.
(DOI: 10.1088/1742-6596/215/1/012163)
34. Kaori Tada, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
Effect of pressure on the bilayer phase transitions of asymmetric lipids with an unsaturated acyl chain in sn-1 position,
Journal of Physics: Conference Series, Vol.215, No.1, 12162, Bristol, Mar. 2010.
(DOI: 10.1088/1742-6596/215/1/012162)
35. Makoto Nishimoto, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hideaki Nagamune, Shoji Kaneshina and Hitoshi Matsuki :
Effect of pressure on interactions of anti-fluorescent probe monoclonal antibody with a ligand and inhibitors,
Journal of Physics: Conference Series, Vol.215, No.1, 12157, Bristol, Mar. 2010.
(DOI: 10.1088/1742-6596/215/1/012157)
36. Hitoshi Matsuki, Makoto Nishimoto, Kaori Tada, Masaki GOTO, Nobutake Tamai and Shoji Kaneshina :
Thermodynamic characterization of bilayer-nonbilayer phase transitions of phospholipid membranes,
Journal of Physics: Conference Series, Vol.215, No.1, 12160, Bristol, Mar. 2010.
(DOI: 10.1088/1742-6596/215/1/012160)
37. Masaki GOTO, Masataka Kusube, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
Bilayer Phase Behavior of an Asymmetric Lipid, 1-Stearoyl-2-palmitoylphosphatidylcholine, under High Pressure,
The Proceedings of 4th Internationl Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Vol.1, 73-78, Tsukuba, Aug. 2007.
38. Kaori Tada, Masaki GOTO, Masataka Kusube, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
Barotropic Phase Transitions of Dilauroylphosphatidylcholine Bilayer Membrane,
The Proceedings of 4th Internationl Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Vol.1, 68-72, Tsukuba, Aug. 2007.
39. Masataka Kusube, Masaki GOTO, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina :
Effect of Pressure on the Prodan Fluorescence in Bilayer Membrane of Ether-linked Lipid, Dihexadecylphosphatidylcholine,
The Proceedings of 4th Internationl Conference on High Pressure Bioscience and Biotechnology, Vol.1, 61-67, Tsukuba, Aug. 2007.

国内講演発表:

1. 後藤 優樹, 岡本 裕嗣, 吉本 早希, 吉田 俊太郎, 玉井 伸岳, 松木 均 :
リン脂質二分子膜の圧力誘起相転移 -アシル鎖長の異なる飽和ジアシルホスファチジル グリセロール-,
第59回高圧討論会, 2018年11月.
2. 吉田 俊太郎, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
ホスファチジルコリン二重膜の圧力誘起指組み構造形成:高圧蛍光法による遷移状態の実証,
第59回高圧討論会, 2018年11月.
3. 青木 雄椰, 村上 尚, 村上 祐介, 田中 杏奈, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
陽イオン性二本鎖界面活性剤二重膜の相転移に関する熱力学的研究,
第59回高圧討論会, 2018年11月.
4. 平井 悠貴, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
核磁気共鳴法によるホスファチジルコリン二分子膜中の脂質分子運動性評価,
2018年度日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月.
5. 清水 建翔, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
カチオン-アニオン界面活性剤の水中における会合挙動,
2018年度日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月.
6. 田中 杏奈, 青木 雄椰, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
塩化テトラデシルジメチルアンモニウムの合成と二分子膜物性,
2018年度日本化学会中国四国支部大会, 2018年11月.
7. 松木 均, 風間 暁, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 :
脂質二分子膜の圧力誘起膜融合2:融合の分子メカニズム,
膜シンポジウム2018, 2018年11月.
8. 松木 均, 木口 碧, 中尾 俊樹, 本橋 牧子, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 :
リン脂質二分子膜のゲル-液晶中間相形成:充填状態依存相転移と形成機構,
第54回熱測定討論会, 2018年10月.
9. 吉田 俊太郎, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
ホスファチジルコリン二重膜の圧力誘起指組み構造形成:蛍光プローブ法による遷移状態の検出,
第35回九州コロイドコロキウム, 2018年9月.
10. 木口 碧, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
中鎖ホスファチジルコリン二分子膜の特異的な相転移:充填状態に依存したゲル-液晶転移,
第35回九州コロイドコロキウム, 2018年9月.
11. 後藤 優樹, 村上 祐介, 村上 尚, 後藤 優樹, 松木 均 :
塩化ジアルキルジメチルアンモニウム二重膜の高圧相挙動:アニーリング処理に依存した膜状態,
第69回コロイドおよび界面化学討論会, 2018年9月.
12. 玉井 伸岳, 森光 達, 後藤 優樹, 長宗 秀明, 松木 均 :
リン脂質-コレステロール混合二分子膜に対するコレステロール依存性細胞溶解毒素の結合活性,
第69回コロイドおよび界面化学討論会, 2018年9月.
13. 玉井 伸岳, 森光 達, 後藤 優樹, 長宗 秀明, 松木 均 :
モデル膜を用いたコレステロール依存性細胞溶解毒素の膜結合活性評価,
第56回生物物理学会年会, 2018年9月.
14. 木口 碧, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
中鎖ホスファチジルコリン二分子膜のゲル-液晶中間相形成,
第10回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2018年5月.
15. 吉田 俊太郎, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
ホスファチジルコリン二分子膜における圧力誘起指組み構造形成の分子機構,
第10回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2018年5月.
16. 平井 悠貴, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
エステルおよびエーテル結合型ホスファチジルコリン二分子膜中の脂質分子運動性評価,
第10回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2018年5月.
17. 松木 均, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 :
脂質二分子膜の圧力誘起膜融合,
日本膜学会第40年会, 2018年5月.
18. 玉井 伸岳, 森光 達, 後藤 優樹, 長宗 秀明, 松木 均 :
コレステロール依存性細胞溶解毒素の脂質膜に対する結合活性,
日本膜学会第40年会, 2018年5月.
19. 松木 均, 吉田 俊太郎, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 :
脂質二分子膜へのリガンド分配2:温度・圧力誘起相の安定性変化,
膜シンポジウム2017, 2017年11月.
20. 竹下 真広, 玉井 伸岳, 後藤 優樹, 松木 均 :
リン脂質–コレステロール二成分混合二分子膜における各成分の部分モル体積,
膜シンポジウム2017, 2017年11月.
21. 村上 祐介, 村上 尚, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
塩化ジアルキルジメチルアンモニウム二重膜の高圧相挙動,
第58回高圧討論会, 2017年11月.
22. 後藤 優樹, 吉田 俊太郎, 玉井 伸岳, 松木 均 :
ジパルミトイルホスファチジルグリセロール二重膜の蛍光イメージング,
第58回高圧討論会, 2017年11月.
23. 松木 均, 岡本 裕嗣, 吉田 俊太郎, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 :
リガンド存在下におけるリン脂質二分子膜の高圧相挙動:圧力誘起指組み構造ゲル相の安定性変化,
第58回高圧討論会, 2017年11月.
24. 中尾 俊樹, 木口 碧, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
ジトリデカノイルホスファチジルコリン二分子膜における中間相の熱的相転移,
第53回熱測定討論会, 2017年11月.
25. 後藤 優樹, 岡本 裕嗣, 中尾 俊樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
リガンド添加による脂質二分子膜相転移温度変化の熱力学的解釈,
第55回生物物理学会年会, 2017年9月.
26. 玉井 伸岳, 泉川 拓也, 植村 麻衣子, 後藤 優樹, 松木 均 :
コレステロールによるジアルキルホスファチジルコリンの指組構造化の抑制,
第55回生物物理学会年会, 2017年9月.
27. 村上 尚, 村上 祐介, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
二本鎖陽イオン性界面活性剤二重膜の高圧相挙動,
第68回コロイドおよび界面化学討論会, 2017年9月.
28. 坪井 俊祐, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
コレステロールを含む二成分リン脂質二分子膜の圧力摂動熱量測定を用いた体積挙動の定量的評価,
第68回コロイドおよび界面化学討論会, 2017年9月.
29. 岡本 裕嗣, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均, 深田 和宏 :
添加塩により誘起されるジステアロイルホスファチジルグリセロール二分子膜の特異的相転移,
第68回コロイドおよび界面化学討論会, 2017年9月.
30. 後藤 優樹, 村上 尚, 村上 祐介, 後藤 優樹, 松木 均 :
塩化ジアルキルジメチルアンモニウム二重膜の圧力誘起相転移,
第68回コロイドおよび界面化学討論会, 2017年9月.
31. 玉井 伸岳, 泉川 拓也, 植村 麻衣子, 後藤 優樹, 松木 均 :
ジアルキルリン脂質の指組構造形成におよぼすコレステロール効果,
第68回コロイドおよび界面化学討論会, 2017年9月.
32. 松木 均, 岡本 裕嗣, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 :
脂質二分子膜へのリガンド分配:相転移温度変化の熱力学的考察,
日本膜学会第39年会, 2017年5月.
33. 玉井 伸岳, 泉川 拓也, 植村 麻衣子, 後藤 優樹, 松木 均 :
エーテル結合型リン脂質-コレステロール二成分混合膜の相挙動,
日本膜学会第39年会, 2017年5月.
34. 青木 雄椰, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
N-メチル化ジヘキサデシルホスファチジルエタノールアミン二分子膜の高圧相挙動,
第9回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2017年5月.
35. 後藤 優樹, 岡本 裕嗣, 玉井 伸岳, 松木 均 :
ジパルミトイルホスファチジルグリセロール二重膜の圧力誘起相転移,
第9回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2017年5月.
36. 岡本 裕嗣, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
ジアシルホスファチジルグリセロール二分子膜の添加塩誘起相転移,
第3回日本生物工学会西日本支部講演会, 2016年12月.
37. 竹下 真広, 玉井 伸岳, 後藤 優樹, 松木 均 :
コレステロール含有二成分リン脂質二分子膜中における構成脂質の部分モル体積の組成依存的変化,
第3回日本生物工学会西日本支部講演会, 2016年12月.
38. 後藤 優樹, 遠藤 茂, 玉井 伸岳, 松木 均 :
アシル鎖長の異なるホスファチジルエタノールアミン二重膜の熱および圧力相転移,
第54回生物物理学会年会, 2016年11月.
39. 玉井 伸岳, 竹下 真広, 後藤 優樹, 松木 均 :
ジミリストイルホスファチジルコリン-コレステロール二成分二分子膜中における構成脂質の部分モル体積,
第54回生物物理学会年会, 2016年11月.
40. 竹下 真広, 玉井 伸岳, 後藤 優樹, 松木 均 :
リン脂質-コレステロール混合二分子膜の体積挙動:部分モル体積の組成依存性,
2016年度日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
41. 坪井 俊祐, 玉井 伸岳, 後藤 優樹, 松木 均 :
リン脂質-コレステロール混合二分子膜の体積挙動:転移体積の組成依存性,
2016年度日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
42. 村上 祐介, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
二本鎖陽イオン性界面活性剤二重膜の相挙動-アルキル鎖長の影響-,
2016年度日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
43. 村上 尚, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
二本鎖陽イオン性界面活性剤二重膜の相挙動-対イオンの影響-,
2016年度日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
44. 後藤 優樹, 玉井 伸岳, Joachim Kohlbrecher, 松木 均 :
陽イオン性二本鎖界面活性剤二重膜の構造解析,
2016年度日本化学会中国四国支部大会, 2016年11月.
45. 後藤 優樹, 岡本 裕嗣, 玉井 伸岳, 松木 均 :
高圧力下におけるジパルミトイルホスファチジルグリセロール二重膜の相挙動,
第57回高圧討論会, 2016年10月.
46. 松木 均, 山下 翔子, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 :
飽和ジアシルホスファチジルエタノールアミン二重膜の相転移:疎水鎖長依存性と相転移熱力学量,
第57回高圧討論会, 2016年10月.
47. 後藤 優樹, 岡本 裕嗣, 玉井 伸岳, 松木 均 :
ジパルミトイルホスファチジルグリセロール二重膜の相転移熱力学量,
第52回熱測定討論会, 2016年9月.
48. 西本 真琴, 高垣 美由紀, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均, 山中 美智男 :
血清アルブミンと麻酔薬の本質的な結合様式:麻酔薬疎水性と特異的結合部位,
第52回熱測定討論会, 2016年9月.
49. 村上 祐介, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
二本鎖陽イオン性界面活性剤二重膜の相挙動におよぼすアルキル鎖長の影響,
第52回熱測定討論会, 2016年9月.
50. 坪井 俊祐, 玉井 伸岳, 後藤 優樹, 松木 均 :
圧力摂動熱量測定を用いたジミリストイルホスファチジルコリン-コレステロール混合二分子膜の体積挙動の定量的評価,
第52回熱測定討論会, 2016年9月.
51. 村上 尚, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
二本鎖陽イオン性界面活性剤二重膜の相挙動におよぼす対イオンの影響,
第52回熱測定討論会, 2016年9月.
52. 岡本 裕嗣, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
ジアシルホスファチジルグリセロール二分子膜が形成する棒状会合体のゲル-液晶転移,
第52回熱測定討論会, 2016年9月.
53. 玉井 伸岳, 後藤 優樹, 松木 均 :
圧力摂動熱量法を利用したリン脂質二分子膜の体積特性の評価,
第52回熱測定討論会, 2016年9月.
54. 玉井 伸岳, 竹下 真広, 坪井 俊祐, 後藤 優樹, 松木 均 :
ジミリストイルホスファチジルコリン二分子膜の体積特性におよぼすコレステロール効果,
第67回コロイドおよび界面化学討論会, 2016年9月.
55. 松木 均, 山下 翔子, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 :
飽和ジアシルホスファチジルエタノールアミン二重膜の温度および圧力誘起相転移,
第67回コロイドおよび界面化学討論会, 2016年9月.
56. 玉井 伸岳, 坪井 俊祐, 竹下 真広, 後藤 優樹, 松木 均 :
ジミリストイルホスファチジルコリン-コレステロール混合二分子膜の体積挙動,
第8回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2016年5月.
57. 岡本 裕嗣, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
ジステアロイルホスファチジルグリセロール二分子膜の添加塩濃度に依存した特異的な相転移,
第8回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2016年5月.
58. 松木 均, 加藤 謙太郎, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 :
高圧力下におけるリン脂質二重膜のリガンド分配様式,
第56回高圧討論会, 2015年11月.
59. 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
リン脂質二重膜の圧力誘起相転移–酸性リン脂質ジパルミトイルホスファチジルグリセロール–,
第56回高圧討論会, 2015年11月.
60. 後藤 優樹 :
高圧蛍光法による脂質二重膜内充填構造の評価,
第38回溶液化学シンポジウム プレシンポジウム, 2015年10月.
61. 井上 嶺之, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
酸性リン脂質二重膜の温度・圧力誘起相転移:ジミリストイルホスファチジルグリセロール,
第51回熱測定討論会, 2015年10月.
62. 黒葛 和信, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
血清アルブミン中における麻酔薬の結合部位:熱的および構造データの相関性,
第51回熱測定討論会, 2015年10月.
63. 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
非対称飽和アシル鎖を有するホスファチジルコリンの温度および圧力誘起二重膜相転移,
第53回日本生物物理学会年会, 2015年9月.
64. 後藤 優樹, 玉井 伸岳, Joachim Kohlbrecher, 松木 均 :
高圧小角中性子散乱法による二本鎖界面活性剤会合体の構造解析,
第66回コロイドおよび界面化学討論会, 2015年9月.
65. 松木 均, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 :
生体膜脂質の非対称性:非対称飽和ホスファチジルコリン位置異性体,
特殊環境微生物セミナー2015, 2015年9月.
66. 後藤 優樹 :
支部発 海外だより∼スイス・ポールシェラー研究所滞在記∼,
日本生物物理学会 第7回中国四国支部大会, 2015年5月.
67. 黒葛 和信, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 西本 真琴, 松木 均 :
血清アルブミン中における麻酔薬の結合部位:脂肪酸の結合部位との同一性,
第7回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2015年5月.
68. 井上 嶺之, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
酸性リン脂質二重幕の熱的相転移:ジミリストイルホスファチジルグリセロール,
第7回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2015年5月.
69. 玉井 伸岳, 後藤 優樹, 松木 均 :
圧力摂動熱量法を用いたリン脂質二分子膜の体積挙動の定量的評価,
日本膜学会第37年会, 2015年5月.
70. 松木 均, 矢野 貴大, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 :
脂質膜の圧力誘起指組み構造形成(その2):アシル鎖非対称性,
日本膜学会第37年会, 2015年5月.
71. 八木 信久, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
高圧下におけるリン脂質二分子膜の体積挙動 ―高圧精密密度測定システムの構築―,
日本膜学会第37年会, 2015年5月.
72. 井上 嶺之, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
ホスファチジルグリセロール二分子膜の熱的相挙動:相転移におよぼす電荷の影響,
日本膜学会第37年会, 2015年5月.
73. 茨木 孝司, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
リン脂質二重膜の圧力誘起膜融合 -融合率と封入率の相関性-,
第55回高圧討論会, 2014年11月.
74. 玉井 伸岳, 後藤 優樹, 松木 均 :
リン脂質二分子膜の体積挙動,
第55回高圧討論会, 2014年11月.
75. 矢野 貴大, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
リン脂質二分子膜の圧力誘起相転移 -非対称飽和アシル鎖をもつホスファチジルコリン-,
第55回高圧討論会, 2014年11月.
76. 松木 均, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 :
リン脂質二重膜の圧力および化学誘起指組み構造化:形成機構の相違,
第52回生物物理学会年会, 2014年9月.
77. 玉井 伸岳, 信岡 健, 後藤 優樹, 松木 均 :
動的および静的光散乱法によるリン脂質ベシクルの構造評価,
第52回生物物理学会年会, 2014年9月.
78. 玉井 伸岳, 森 絵里香, 後藤 優樹, 松木 均 :
リン脂質ベシクルの体積緩和挙動におよぼすコレステロール効果,
第65回コロイドおよび界面化学討論会, 2014年9月.
79. 松木 均, 金澤 雅俊, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 :
高圧力が誘起するリン脂質二重膜の膜融合:膜曲率の効果と融合機構,
第65回コロイドおよび界面化学討論会, 2014年9月.
80. 矢野 貴大, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
脂質二分子膜相安定性におよぼすアシル鎖非対称性の影響,
第6回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2014年5月.
81. 松木 均, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 :
脂質膜の圧力誘起指組み構造形成:短鎖限界と長鎖限界,
日本膜学会第36年会, 2014年5月.
82. 玉井 伸岳, 後藤 優樹, 松木 均 :
コレステロールが誘起するジパルミトイルホスファチジルコリン二重膜の側方相分離,
日本膜学会第36年会, 2014年5月.
83. 松木 均, 多田 佳織, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 :
リン脂質二分子膜の圧力誘起相転移 -ジラウロイル基を有するリン脂質-,
第54回高圧討論会, 2013年11月.
84. 後藤 優樹, 佐藤 明弘, 玉井 伸岳, 松木 均 :
リン脂質二重膜のサブゲル相形成 -エーテル結合およびエステル結合型リン脂質の相違-,
第54回高圧討論会, 2013年11月.
85. 西本 真琴, 矢野 華奈子, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
ホタル発光酵素ルシフェラーゼへの麻酔薬効果:DSC測定による構造安定性の評価,
第49回熱測定討論会, 2013年11月.
86. 松木 均, 黒葛 和信, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 西本 真琴 :
牛血清アルブミンへの麻酔薬効果:DSC,ITCおよびPPC測定による比較研究,
第49回熱測定討論会, 2013年11月.
87. 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
高圧蛍光法により明らかにされるサブゲル相中のホスファチジルコリン分子のスタッガード構造,
第51回生物物理学会年会, 2013年10月.
88. 玉井 伸岳, 稲澤 早苗, 藤原 大樹, 後藤 優樹, 松木 均 :
ジパルミトイルホスファチジルコリン二分子膜の熱的相挙動に及ぼすステロール効果,
第51回生物物理学会年会, 2013年10月.
89. 松木 均, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 :
疎水性相互作用に支配される脂質膜の圧力誘起指組み構造形成,
特殊環境微生物セミナー2013, 2013年10月.
90. 茨木 孝司, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
圧力誘起膜融合リポソームの安定性評価,
第64回コロイドおよび界面化学討論会, 2013年9月.
91. 矢野 貴大, 森神 佳彦, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
非対称型ホスファチジルコリン二分子膜の高圧誘起相転移,
第64回コロイドおよび界面化学討論会, 2013年9月.
92. 大坪 洋平, 岩佐 悠太, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
ハロゲン化ジオクタデシルジメチルアンモニウム二重膜の高圧相挙動,
第64回コロイドおよび界面化学討論会, 2013年9月.
93. 後藤 優樹, Agnieszka Wilk, 玉井 伸岳, Joachim Kohlbrecher, 松木 均 :
ホスファチジルコリン二分子膜における圧力誘起指組み構造の分子メカニズム,
第64回コロイドおよび界面化学討論会, 2013年9月.
94. 玉井 伸岳, 柿部 小百合, 田中 佐江子, 後藤 優樹, 松木 均 :
圧力摂動熱量法によるリン脂質二分子膜の緩和挙動の観測,
第64回コロイドおよび界面化学討論会, 2013年9月.
95. 松木 均, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 :
高圧力が誘起するリン脂質二重膜の膜融合,
第64回コロイドおよび界面化学討論会, 2013年9月.
96. 松木 均, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 :
高圧力により誘起されるリン脂質二重膜の膜融合(第2報),
第18回生物関連高圧研究会シンポジウム, 2013年9月.
97. 松木 均, 西本 真琴, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 :
麻酔作用のタンパク質受容体仮説の源泉:ホタル発光酵素ルシフェラーゼ,
第5回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2013年5月.
98. 玉井 伸岳, 後藤 優樹, 松木 均 :
脂質ラフト形成は熱力学的に説明できるのか? -側方相分離とクラスター形成-,
第5回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2013年5月.
99. 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
リン脂質二重膜のイメージング:蛍光分子の膜内配向で見る膜状態,
第5回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2013年5月.
100. 後藤 優樹, Agnieszka Wilk, 玉井 伸岳, Joachim Kohlbrecher, 松木 均 :
リン脂質二重膜のサブゲル相形成 -非対称型リン脂質膜への高圧蛍光法の適用-,
第53回高圧討論会, 2012年11月.
101. 松木 均, 金澤 雅俊, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 :
リン脂質二重膜の圧力誘起膜融合 -巨大単層ベシクルの不可逆的球形成長-,
第53回高圧討論会, 2012年11月.
102. 松木 均, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 :
リン脂質二重膜の圧力誘起指組み構造形成:疎水鎖長依存性と形成限界,
第50回生物物理学会年会, 2012年9月.
103. 玉井 伸岳, 柿部 小百合, 田中 佐江子, 後藤 優樹, 松木 均 :
圧力摂動熱量法によるジミリストイルホスファチジルコリン二分子膜の緩和挙動の解明への試み,
第50回生物物理学会年会, 2012年9月.
104. 玉井 伸岳, 稲澤 早苗, 藤原 大樹, 後藤 優樹, 松木 均 :
エルゴステロール–ジパルミトイルホスファチジルコリン二成分混合二分子膜の相挙動,
第4回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2012年6月.
105. 後藤 優樹, Agnieszka Wilk, 玉井 伸岳, Joachim Kohlbrecher, 松木 均 :
ジアシルホスファチジルコリン二重膜の圧力誘起指組み構造化の形成限界,
第4回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2012年6月.
106. 福井 誠, SA Mulyatno, 後藤 優樹, 三木 かなめ, RC Orihuela-Campos, 片岡 宏介, 林田 秀明, 北村 雅保, 川崎 浩二, 関田 孝晴, 中里 未央, 前田 隆浩, 齋藤 俊行, 伊藤 博夫 :
ヒト唾液中および血中の抗ホスホリルコリン抗体と動脈硬化リスクとの関連性-第二報-,
第61回日本口腔衛生学会・総会, 2012年5月.
107. 松木 均, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 :
脂質膜の圧力誘起指組み構造形成:疎水鎖長依存性と形成限界,
材料学会第61期通常総会講演会極限環境フォーラム, 2012年5月.
108. 森神 佳彦, 田中 佐江子, 澤口 裕史, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
ジアシルホスファチジルコリン二分子膜のラメラ結晶相形成におよぼすアシル鎖長の効果,
2011年日本化学会西日本大会, 2011年11月.
109. 田岡 昌朗, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
ジアシルホスファチジルコリン二分子膜の指組み構造化のメカニズム,
2011年日本化学会西日本大会, 2011年11月.
110. 田中 佐江子, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
ジパルミトイルホスファチジルグリセロール二分子膜の相挙動に及ぼすNaClの効果,
2011年日本化学会西日本大会, 2011年11月.
111. 金澤 雅俊, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
非対称型リン脂質二分子膜相挙動におよぼすベシクルサイズの効果,
2011年日本化学会西日本大会, 2011年11月.
112. 稲澤 早苗, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
ジパルミトイルホスファチジルコリン二分子膜相挙動に及ぼすスティグマステロールの効果,
2011年日本化学会西日本大会, 2011年11月.
113. 遠藤 卓也, 田中 佐江子, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
長鎖飽和アシル鎖を有するホスファチジルコリン二分子膜の高圧相挙動,
2011年日本化学会西日本大会, 2011年11月.
114. 岩佐 悠太, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
臭化および塩化ジオクタデシルジメチルアンモニウム二分子膜相挙動におよぼす1-ブタノールの影響,
2011年日本化学会西日本大会, 2011年11月.
115. 玉井 伸岳, 南部 優子, 後藤 優樹, 松木 均 :
圧力摂動法による脂質二分子膜体積挙動の定量的解析,
第52回高圧討論会, 2011年11月.
116. 後藤 優樹, Agnieszka Wilk, 遠藤 卓也, 田中 佐江子, 玉井 伸岳, Joachim Kohlbrecher, 松木 均 :
長鎖アシル鎖を有するホスファチジルコリン二分子膜の高圧相挙動,
第52回高圧討論会, 2011年11月.
117. 福井 誠, ムルヤトノ サプタ, バータルジャフ ツェルメグ, 後藤 優樹, 片岡 宏介, 林田 秀明, 川崎 浩二, 前田 隆浩, 中里 未央, 齋藤 俊行, 伊藤 博夫 :
ヒト唾液中および血中の抗ホスホリルコリン抗体と動脈硬化リスクとの関連性:五島研究,
2011年10月.
118. ムルヤトノ サプタ, 片岡 宏介, 関根 伸一, バータルジャブ ツェルメグ, 福井 誠, 金川 裕子, 後藤 優樹, 伊藤 博夫 :
経鼻粘膜アジュバントCpG ODNはマクロファージのTLR9発現と歯周病細菌抗原特異的Th1免疫応答を誘導する,
2011年10月.
119. 松木 均, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 :
高圧力により誘起されるリン脂質二重膜の膜融合,
第17回生物関連高圧研究会シンポジウム, 2011年9月.
120. 玉井 伸岳, 南部 優子, 後藤 優樹, 松木 均 :
圧力摂動法によるエステルおよびエーテル結合型リン脂質膜の体積挙動の解明,
第3回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2011年5月.
121. 松木 均, 後藤 優樹, 玉井 伸岳 :
脂質二重膜内パッキング状態のイメージング解析,
第3回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2011年5月.
122. 梨野 翔, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
リン脂質-短鎖脂肪酸混合二分子膜の相挙動,
2010年日本化学会西日本大会, 2010年11月.
123. 衣川 進, 多田 佳織, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均, 金品 昌志 :
カチオン-アニオン界面活性剤混合系の会合体転移に関する熱的研究,
2010年日本化学会西日本大会, 2010年11月.
124. 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均, 金品 昌志 :
ジアシルホスファチジルコリン二分子膜相挙動の蛍光イメージング解析,
第51回高圧討論会, 2010年10月.
125. 風間 暁, Agnieszka Wilk, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 金品 昌志, Joachim Kohlbrecher, 松木 均 :
ホスファチジルコリン二分子膜の圧力誘起指組み構造化のメカニズム,
第51回高圧討論会, 2010年10月.
126. 玉井 伸岳, 泉川 拓也, 後藤 優樹, 松木 均 :
ジヘキサデシルホスファチジルコリン二分子膜の相挙動に及ぼすコレステロールの影響,
第2回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2010年5月.
127. 筒井 舞子, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
飽和・不飽和リン脂質二分子膜の体積挙動観測,
第2回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2010年5月.
128. 田中 佐江子, 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 :
ジパルミトイルホファチジルグリセロール二分子膜の高圧相挙動,
第2回日本生物物理学会中国四国支部大会, 2010年5月.

その他・研究会:

1. 日下 一也, 山田 洋平, 大西 舞, 塚越 雅幸, 安澤 幹人, 後藤 優樹, 森本 恵美, 芥川 正武, 寺田 賢治, 藤澤 正一郎 :
導入科目「プロジェクトマネジメント基礎」の実施と評価,
電気学会研究会資料 制御研究会, Vol.CT-14, No.15, 11-16, 2014年4月.

特許:

1. 後藤 優樹, 玉井 伸岳, 松木 均 : 高圧力を利用したリポソームの粒子径制御方法, 特願2011-021310 (2011年2月), .

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • モジュール構造変更アナログ脂質の二重膜キャラクタリゼーション (研究課題/領域番号: 19K05404 )
  • 脂質膜のメカノアシンメトリー:圧力研究から見えてくる脂質分子非対称性 (研究課題/領域番号: 26410016 )
  • 吸入麻酔薬は本当に受容体結合薬物であるのか:ホタル発光酵素のカロリメトリー (研究課題/領域番号: 24659698 )
  • ステロール-脂質二重膜の体積緩和ダイナミクスとミクロドメインの動的形成機構 (研究課題/領域番号: 24550157 )
  • ホスホリルコリンに対する粘膜免疫応答と動脈硬化との関連性 (研究課題/領域番号: 23792515 )
  • 研究者番号(30507455)による検索