検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 医学域 > 医科学部門 > 内科系 > 放射線医学 >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 放射線科 > 放射線治療科 >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 放射線科 >
徳島大学 > 医学部 > 医学科 > 生体防御腫瘍医学講座 > 放射線科学分野 >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

専門分野

医学 (Medicine)

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Kenta Kitagawa, Hitoshi Ikushima, Motoharu Sasaki, Shunsuke Furutani, Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Chisato Tonoiso, Takaharu Kudoh, Yohsuke Kanoh and Tsuzuki Akira :
Effect of dental metal artifact conversion volume on dose distribution in head-and-neck volumetric-modulated arc therapy,
Journal of Applied Clinical Medical Physics, Vol.in press, 2021.
2. Chisato Tonoiso, Hitoshi Ikushima, Akiko Kubo, Takashi Kawanaka, Shunsuke Furutani, Takaharu Kudoh, Takahiro Yoshida, Hiroshi Miyamoto, Masafumi Harada, Tetsuji Takayama and Akira Tangoku :
Clinical outcomes and prognostic factors of definitive radiotherapy for esophageal cancer,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.66, No.1, 2, 99-105, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113342,   DOI: 10.2152/jmi.66.99,   PubMed: 31064964,   Elsevier: Scopus)
3. Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima, Motoharu Sasaki, Chisato Tonoiso, Ayaka Takahashi, Akiko Kubo, Takashi Kawanaka and Masafumi Harada :
Clinical outcomes of hypofractionated image-guided multifocal irradiation using volumetric-modulated arc therapy for brain metastases.,
Journal of Radiation Research, Vol.60, No.1, 134-141, 2019.
(DOI: 10.1093/jrr/rry091,   PubMed: 30445426)
4. Hiroyuki Ono, Taichi Murakami, Akira Mima, Eriko Shibata, Masanori Tamaki, Sakiya Yoshimoto, Sayo Ueda, Fumi Kishi, Seiji Kishi, Takashi Kawanaka, Motokazu Matsuura, Kojiro Nagai, Hideharu Abe, Masashi Harada and Toshio Doi :
Successful treatment of highly advanced immunoglobulin G4-related kidney disease presenting renal mass-like regions with end-stage kidney failure: a case study.,
BMC Nephrology, Vol.18, No.1, 261, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 114372,   DOI: 10.1186/s12882-017-0676-5,   PubMed: 28774276)
5. Hidehisa Mori, Tomoharu Fukumori, KEI DAIZUMOTO, MEGUMI TSUDA, Yoshito Kusuhara, Tomoya Fukawa, Yasuyo Yamamoto, Kunihisa Yamaguchi, Masayuki Takahashi, Akiko Kubo, Takashi Kawanaka, Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima and Hiro-omi Kanayama :
Predictive Factors for Prolonged Urination Disorder After Permanent 125I Brachytherapy for Localized Prostate Cancer,
In Vivo, Vol.31, No.4, 755-761, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 113626,   DOI: 10.21873/invivo.11127,   PubMed: 28652453,   Elsevier: Scopus)
6. Takaharu Kudoh, Hitoshi Ikushima, Keiko Kudoh, Shunsuke Furutani, Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Natsumi Takamaru, Tetsuya Tamatani and Youji Miyamoto :
Effectiveness of Newly Developed Water-Equivalent Mouthpiece during External Beam Radiotherapy for Oral Cancer,
Ann Carcinog, Vol.2, No.1, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 113606,   CiNii: 120006715984)
7. Hiromichi Ishiyama, Takefumi Satoh, Atsunori Yorozu, Shiro Saito, Masaaki Kataoka, Katsuyoshi Hashine, Ryuji Nakamura, Susumu Tanji, Koji Masui, Koji Okihara, Toshio Ohashi, Tetsuo Momma, Manabu Aoki, Kenta Miki, Masako Kato, Masashi Morita, Norihisa Katayama, Yasutomo Nasu, Takashi Kawanaka, Tomoharu Fukumori, Fumitaka Ito, Ryoichi Shiroki, Yuji Baba, Akito Inadome, Yasuo Yoshioka, Hitoshi Takayama and Kazushige Hayakawa :
Multi-institutional retrospective analysis of learning curves on dosimetry and operation time before and after introduction of intraoperatively built custom-linked seeds in prostate brachytherapy.,
Journal of Radiation Research, Vol.57, No.1, 68-74, 2015.
(DOI: 10.1093/jrr/rrv065,   PubMed: 26494116,   Elsevier: Scopus)
8. Tomokazu Senzaki, Tomoharu Fukumori, Hidehisa Mori, Yoshito Kusuhara, Masatsugu Komori, Junichiro Kagawa, Tomoya Fukawa, Yasuyo Yamamoto, Kunihisa Yamaguchi, Masayuki Takahashi, Akiko Kubo, Takashi Kawanaka, Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima and Hiro-omi Kanayama :
Clinical Significance of Neoadjuvant Combined Androgen Blockade for More Than Six Months in Patients with Localized Prostate Cancer Treated with Prostate Brachytherapy.,
Urologia Internationalis, Vol.95, No.4, 457-464, 2015.
(DOI: 10.1159/000439573,   PubMed: 26461847)
9. 三野 亜希子, 四宮 加容, 川中 崇, 榊 美佳, 吉本 聖, 坂本 佳也, 荒瀬 友子, 三田村 佳典 :
緩和的放射線治療が有用であった涙腺原発と思われる脂腺癌の1例,
臨床眼科, Vol.69, No.3, 397-402, 2015年.
(CiNii: 40020395808,   Elsevier: Scopus)
10. Bado Ryota, Hitoshi Ikushima, Takashi Kawanaka, Takaharu Kudoh, Motoharu Sasaki, Masahide Tominaga, Taro Kishi, Shunsuke Furutani, Akiko Kubo and Koichi Tamura :
Changes of tumor and normal structures of the neck during radiation therapy for head and neck cancer requires adaptive strategy.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.60, No.1,2, 46-51, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 106041,   DOI: 10.2152/jmi.60.46,   PubMed: 23614911)
11. Hai Lan, Hiromu Nishitani, Sadamitsu Nishihara, Junji Ueno, Shoichiro Takao, Seiji Iwamoto, Takashi Kawanaka, Mawlan MAHMUT and Si QINGGE :
Using the MDCT thick slab MinIP method for the follow-up of pulmonary emphysema,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.58, No.3, 175-179, 2011.
(徳島大学機関リポジトリ: 83831,   DOI: 10.2152/jmi.58.175,   PubMed: 21921417,   Elsevier: Scopus)
12. Takaharu Kudoh, Hitoshi Ikushima, Keiko Kudoh, Reiko Tokuyama, Kyosuke Osaki, Shunsuke Furutani, Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Hiromu Nishitani and Eiichi Honda :
High-dose-rate brachytherapy for patients with maxillary gingival carcinoma using a novel customized intraoral mold technique.,
Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology, and Endodontics, Vol.109, No.2, e102-8, 2010.
(DOI: 10.1016/j.tripleo.2009.10.019,   PubMed: 20123391)
13. Akiko Kubo, Kyosuke Osaki, Takashi Kawanaka, Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima and Hiromu Nishitani :
Risk factors for radiation pneumonitis caused by whole breast irradiation following breast-conserving surgery.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.56, No.3,4, 99-110, 2009.
(徳島大学機関リポジトリ: 111315,   DOI: 10.2152/jmi.56.99,   PubMed: 19763021)
14. Hitoshi Ikushima, Seiji Iwamoto, Kyohsuke Osaki, Shunsuke Furutani, Kyoh Yamashita, Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Yoshihiro Takegawa, Takaharu Kudoh, Hiroomi Kanayama and Hiromu Nishitani :
Effective bladder preservation strategy with low-dose radiation therapy and concurrent intraarterial chemotherapy for muscle-invasive bladder cancer.,
Radiation Medicine, Vol.26, No.3, 156-163, 2008.
(DOI: 10.1007/s11604-007-0211-x,   PubMed: 18683571)
15. Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Hitoshi Ikushima, Toshiaki Sano, Yoshihiro Takegawa and Hiromu Nishitani :
Prognostic significance of HIF-2alpha expression on tumor infiltrating macrophages in patients with uterine cervical cancer undergoing radiotherapy.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.1-2, 78-86, 2008.
(徳島大学機関リポジトリ: 110842,   DOI: 10.2152/jmi.55.78,   PubMed: 18319549)
16. Yoshihiro Takegawa, Hitoshi Ikushima, Kyosuke Osaki, Shunsuke Furutani, Takashi Kawanaka, Takaharu Kudoh and Masafumi Harada :
Can Kampo Therapy prolong the life of cancer patients?,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.55, No.1,2, 99-105, 2008.
(徳島大学機関リポジトリ: 110845,   DOI: 10.2152/jmi.55.99,   PubMed: 18319551)
17. Hitoshi Ikushima, Yoshihiro Takegawa, Kyohsuke Osaki, Shunsuke Furutani, Kyoh Yamashita, Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Takaharu Kudoh and Hiromu Nishitani :
Radiation therapy for cervical cancer in the elderly,
Gynecologic Oncology, Vol.107, No.2, 339-343, 2007.
(DOI: 10.1016/j.ygyno.2007.07.058,   PubMed: 17707075)
18. Hitoshi Ikushima, Kyousuke Osaki, Shunsuke Furutani, Kyou Yamashita, Takashi Kawanaka, Yoshiomi Kishida, Seiji Iwamoto, Yoshihiro Takegawa, Takaharu Kudoh and Hiromu Nishitani :
Chemoradiation Therapy for Cervical Cancer:Toxicity of Concurrent Weekly Cisplatio,
Radiation Medicine, Vol.24, No.2, 115-121, 2006.
(DOI: 10.1007/BF02493277,   PubMed: 16715672)

国際会議:

1. Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Shunsuke Furutani, Chisato Tonoiso, Hitoshi Ikushima and Masafumi Harada :
Long-Term Outcome of Low-Dose Rate Brachytherapy with I-125 Seeds as a Monotherapy for High-Risk Prostate Cancer Patients: A Propensity Score-Matched Analysis,
RSNA2018, Nov. 2018.
2. Chisato Tonoiso, Hitoshi Ikushima, Akihiro Haga, Shunsuke Furutani, Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Masato Nishimura, Akiko Abe, Minoru Irahara and Masafumi Harada :
Investigation of prognostic factors of cervical cancer using pre-treatment MRI images,
The 2018 International Gynecologic Cancer Society Meeting, Sep. 2018.
3. Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima and Masafumi Harada :
Low-Dose Rate Brachytherapy with I-125 Seeds as a Monotherapy for High-Risk Prostate Cancer Patient: A Japanese Single Institutional Study,
ASTRO's 59th Annual Meeting, San Diego, Oct. 2017.
(DOI: 10.1016/j.ijrobp.2017.06.1191)
4. Takashi Kawanaka, Shunsuke Furutani, Akiko Kubo, Hitoshi Ikushima and Masafumi Harada :
Long-Term Outcome of Low-Dose Rate Brachytherapy with I-125 Seeds as a Monotherapy for High-Risk Prostate Cancer Patients,
2017 ABS Annual Conference, Boston, Apr. 2017.
5. Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima, Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Ayaka Takahashi, Kanako Miyamoto, Yuta Arai, Saki Nagase and Masafumi Harada :
Clinical Outcomes of Fractionated Stereotactic Radiotherapy using Volumetric Modulated Arc Therapy for Multiple Brain Metastases,
58th Annual meeting of the American society for therapeutic radiology and oncology, Boston, Sep. 2016.
6. Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima and Masafumi Harada :
Impact of Salvage Chemoradiation Therapy With Triple-Drug Combination(Docetaxel,5-FU, and CDDP)for Postoperative Locoregional Recurrence of Esophageal Cancer,
58th Annual meeting of the American society for therapeutic radiology and oncology, Boston, Sep. 2016.
7. Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima and Masafumi Harada :
Long-term Outcome of I125 Low-dose-rate Brachytherapy for Clinically Localized Prostate Cancer at Single University Hospital,Which Is One of The Initial Institutions Using I125 Low-dese-rate Brachytherapy in Japan,
2016 ABS Annual Meeting(World Congress of Brachytherapy), San Francisco, Jun. 2016.
8. Takashi Kawanaka, Akiko Kubo, Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima and Masafumi Harada :
Salvage chemoradiation therapy with triple-drug combination (Docetaxel, 5-FU and CDDP) for postoperative locoregional recurrence of esophageal cancer,
56th annual meeting of ASTRO, San Francisco, Sep. 2014.
9. Akiko Kubo, Hitoshi Ikushima, Shunsuke Furutani, Takashi Kawanaka and Masafumi Harada :
Contribution of imaging in diagnosis of local recurrence after radiation therapy for cervical cancer,
San Francisco, Sep. 2014.
10. Takashi Kawanaka :
Prognostic Significance of UROD Expression on Cervical Cancer with Radiotherapy.,
55th American Society for Radiation Oncology Annual meeting, Atlanta, Sep. 2013.
11. Shunsuke Furutani, Hitoshi Ikushima, Kyosuke Osaki, Kyo Yamashita, Takashi Kawanaka, Seiji Iwamoto, Akiko Kubo, Yoshihiro Takegawa and Hiromu Nishitani :
Intraarterial chemotherapy and concurrent radiation for locally advanced bladder cancer,
49th Annual meeting of the American society for therapeutic radiology and oncology, Los Angeles, Oct. 2007.

国内講演発表:

1. 工藤 隆治, 芳賀 昭弘, 佐々木 幹治, 外礒 千智, 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 生島 仁史 :
Radiomicsの手法を用いたPETによる舌癌頸部リンパ節転移の予測,
日本放射線腫瘍学会第33回学術大会, 2020年10月.
2. 久保 亜貴子, 生島 仁史, 外礒 千智, 川中 崇, 古谷 俊介, 原田 雅史 :
腋か領域を含めた乳癌術後照射における放射線肺臓炎の検討,
日本放射線腫瘍学会第32回学術大会, 2019年11月.
3. 外礒 千智, 芳賀 昭弘, 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 工藤 隆治, 生島 仁史, 原田 雅史 :
子宮頸部扁平上皮癌における予後因子の検討,
日本放射線腫瘍学会第32回学術大会, 2019年11月.
4. 川中 崇, 久保 亜貴子, 外礒 千智, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
当院におけるSAVIアプリケータを用いたAPBIの術式と整合性についての検討,
日本放射線腫瘍学会第32回学術大会, 2019年11月.
5. 古谷 俊介, 生島 仁史, 外礒 千智, 久保 亜貴子, 川中 崇, 原田 雅史 :
非小細胞肺癌能転移に対する全脳照射の局所制御に関する検討,
日本放射線腫瘍学会第32回学術大会, 2019年11月.
6. 外礒 千智, 芳賀 昭弘, 高橋 彩加, 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
治療前MRI画像を用いた子宮頸癌予後因子の検討,
日本放射線腫瘍学会第31回学術大会, 2018年10月.
7. 工藤 隆治, 高橋 彩加, 外礒 千智, 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 生島 仁史 :
当院における放射線性骨壊死に関する臨床的研究,
日本放射線腫瘍学会第31回学術大会, 2018年10月.
8. 川中 崇, 久保 亜貴子, 外礒 千智, 高橋 彩加, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
ビタミンA含有軟膏を予防的塗布した全乳房照射症例の検討,
日本放射線腫瘍学会第31回学術大会, 2018年10月.
9. 高橋 彩加, 古谷 俊介, 外礒 千智, 久保 亜貴子, 川中 崇, 阿部 彰子, 西村 正人, 工藤 隆治, 生島 仁史, 原田 雅史 :
子宮頸部及び腟の異型性・上皮内癌に対する高線量率小線源治療,
日本放射線腫瘍学会第31回学術大会, 2018年10月.
10. 久保 亜貴子, 高橋 彩加, 外礒 千智, 工藤 隆治, 川中 崇, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
子宮頸癌根治的化学放射線治療後の仙骨不全骨折についての検討,
日本放射線腫瘍学会第31回学術大会, 2018年10月.
11. 久保 亜貴子, 高橋 彩加, 外礒 千智, 川中 崇, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
子宮頸部扁平上皮癌放射線治療後局所残存を疑った症例,
第54回日本医学放射線学会秋季臨床大会, 2018年10月.
12. 外礒 千智, 高橋 彩加, 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 工藤 隆治, 生島 仁史, 原田 雅史 :
乳房悪性リンパ腫の1例,
第54回日本医学放射線学会秋季臨床大会, 2018年10月.
13. 外礒 千智, 高橋 彩加, 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 工藤 隆治, 生島 仁史, 原田 雅史 :
乳房原発悪性リンパ腫の1 例,
第54回日本医学放射線学会秋季臨床大会, 2018年10月.
14. 久保 亜貴子, 高橋 彩加, 外礒 千智, 川中 崇, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
子宮頚部扁平上皮癌放射線治療後局所残存を疑った症例,
2018年10月.
15. 高橋 彩加, 川中 崇, 外礒 千智, 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
乳癌放射線治療後の難治性潰瘍に対して胸壁再建を施行した1 例,
第54回日本医学放射線学会秋季臨床大会, 2018年10月.
16. 古谷 俊介, 生島 仁史, 外磯 千智, 久保 亜貴子, 川中 崇, 森 英恭, 福森 知治, 阪間 稔, 原田 雅史 :
前立腺癌I-125シード治療におけるセラストランドの使用経験(オンコシードと比較して),
日本放射線腫瘍学会小線源治療部会第20回学術大会, 2018年6月.
17. 久保 亜貴子, 生島 仁史, 外礒 千智, 川中 崇, 古谷 俊介 :
Image registration softwareを用いた子宮頸癌放射線治療の統合線量評価の検討,
2018年6月.
18. 高橋 彩加, 古谷 俊介, 外礒 千智, 久保 亜貴子, 川中 崇, 生島 仁史, 原田 雅史, 阿部 彰子, 西村 正人 :
子宮頸部及び膣の異形成・上皮内癌に対する高線量率小線源治療,
2018年6月.
19. 三橋 遼太, 川中 崇, 久保 亜貴子, 外礒 千智, 高橋 彩加, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
子宮頚部小細胞癌に対して放射線治療を行った2症例,
2018年6月.
20. 外礒 千智, 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
放射線治療を施行した乳房原発悪性リンパ腫の1例,
2018年5月.
21. 川中 崇, 久保 亜貴子, 外礒 千智, 川中 妙子, 生島 仁史, 原田 雅史 :
乳癌からの転移性腰椎腫瘍に対してVMAT を用いた再照射を行った1例,
第26回日本乳癌学会学術総会, 2018年5月.
22. 古谷 俊介, 生島 仁史, 外磯 千智, 久保 亜貴子, 川中 崇, 原田 雅史 :
前立腺癌I-125シード治療におけるセラストランドの使用経験,
第129回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2017年12月.
23. 古谷 俊介, 生島 仁史, 外礒 千智, 久保 亜貴子, 川中 崇, 原田 雅史 :
肺癌脳転移に対する全脳照射の局所制御に関する検討,
日本放射線腫瘍学会第30回学術大会, 2017年11月.
24. 外礒 千智, 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 工藤 隆治, 生島 仁史 :
当院における外耳癌の治療成績,
日本放射線腫瘍学会第30回学術大会, 2017年11月.
25. 久保 亜貴子, 外礒 千智, 川中 崇, 古谷 俊介, 工藤 隆治, 生島 仁史, 原田 雅史 :
Image registration softwareを用いた子宮頸がん放射線治療の統合線量評価,
日本放射線腫瘍学会第30回学術大会, 2017年11月.
26. 川中 崇, 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 外礒 千智, 生島 仁史, 原田 雅史 :
子宮頸癌根治的放射線治療における組織内照射併用腔内照射での線量分布に関する検討,
日本放射線腫瘍学会第30回学術大会, 2017年11月.
27. 福森 知治, 森 英恭, 川中 崇, 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 楠原 義人, 布川 朋也, 山本 恭代, 山口 邦久, 高橋 正幸, 生島 仁史, 金山 博臣 :
高リスク限局性前立腺癌に対する I-125 密封小線源療法の治療成績と生化学的再発予測因子の検討,
第55回日本癌治療学会学術集会, 2017年10月.
28. 外礒 千智, 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 生島 仁史 :
子宮頸部小細胞癌の1例,
第53回日本医学放射線学会秋季臨床大会, 2017年9月.
29. 外礒 千智, 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
当院における聴器癌の治療成績,
第127回 日本医学放射線学会 中国・四国地方会, 2016年12月.
30. 川中 崇, 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
Sequential radioactive iodine treatment and intensity modulated radiotherapy:a case repot,
The 29th Annual Meeting of the Japanese Society for Radiation Oncology, 2016年11月.
31. 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
Presumed abscopal effect of radiation on bone and brain metastases of lung cancer:a case report,
The 29th Annual Meeting of the Japanese Society for Radiation Oncology, 2016年11月.
32. 細谷 未来, 佐々木 幹治, 古谷 俊介, 川中 崇, 久保 亜貴子, 工藤 隆治, 生島 仁史 :
Dosimetric comparison of VMAT and 3DCRT in patients with cervical cancer,
The 29th Annual Meeting of the Japanese Society for Radiation, 2016年11月.
33. 古谷 俊介, 生島 仁史, 川中 崇, 久保 亜貴子, 高橋 彩加, 宮本 加奈子, 新井 悠太, 長瀬 紗季, 原田 雅史 :
多発性脳転移に対するVMATを用いた分割定位放射線治療の治療成績,
日本放射線腫瘍学会, 2016年11月.
34. 工藤 隆治, 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 生島 仁史 :
頭頸部癌に対するIMRTにおける予防的頸部CTV設定の妥当性の検証,
日本放射線腫瘍学会第29回学術大会, 2016年11月.
35. 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
アブスコパル効果と思われる治療経過を示した肺癌の1症例,
第54回 日本癌治療学会学術集会, 2016年10月.
36. 川中 崇, 川中 崇, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
甲状腺乳頭癌頸部リンパ節転移に対してI-131による内容療法とIMRTを逐次併用した1症例,
第54回 日本癌治療学会学術集会, 2016年10月.
37. 川中 崇 :
RAI不応性甲状腺癌の考え方,
Thyroid cancer update, 2016年9月.
38. 川中 崇, 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
癌脳転移に対する放射線治療後のに開頭手術を施行した症例の検討,
第24回 乳癌学会学術総会, 2016年6月.
39. Takashi Kawanaka :
ブラキセラピー単独治療の適応 -中リスクの長期成績から-,
Brachytherapy Update 2016 in Osaka, May 2016.
40. 高橋 彩加, 古谷 俊介, 岩本 誠司, 久保 亜貴子, 川中 崇, 生島 仁史, 原田 雅史, 工藤 隆治 :
鼻副鼻腔癌に対する強度変調放射線治療の初期経験,
日本医学放射線学会中国四国地方会, 2015年12月.
41. 工藤 隆治, 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 生島 仁史 :
Necessity of postoperative radiation therapy of contralateral neck for later alized oral squamous cell carcinoma,
日本放射線腫瘍学会第28回学術大会, 2015年11月.
42. 古谷 俊介, 久保 亜貴子, 川中 崇, 工藤 隆治, 生島 仁史 :
Clinical outcomes of volumetric modulated arc therapy for multiple brain metastases,
日本放射線腫瘍学会, 2015年11月.
43. 川中 崇, 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 高橋 彩加, 生島 仁史, 原田 雅史 :
Intensity modulated radiation therapy for cervical cancer: Potential efficacy for reducing the adverse pelvic bone event,
日本放射線腫瘍学会, 2015年11月.
44. 福森 知治, 森 英恭, 川中 崇, 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 大豆本 圭, 津田 恵, 楠原 義人, 香川 純一郎, 布川 朋也, 山本 恭代, 山口 邦久, 高橋 正幸, 生島 仁史, 金山 博臣 :
I-125密封小線源療法のPSA再発症例の臨床的検討,
第53回日本癌治療学会学術集会, 2015年10月.
45. 川中 崇, 古谷 俊介, 久保 亜貴子, 福森 知治, 生島 仁史, 原田 雅史 :
当院におけるI-125シード永久刺入療法を行った前立腺癌の長期成績の検討,
第51回日本医学放射線学会秋季臨床大会, 2015年10月.
46. 川中 崇 :
骨転移治療の動向と外照射併用89-Sr内用療法,
第40回愛媛核医学懇話会, 2015年9月.
47. 川中 崇, 久保 亜貴子, 原田 雅史 :
放射線照射後の難治性皮膚潰瘍の一例,
第23回日本乳癌学会学術総会, 2015年7月.
48. 小畑 祐太, 三宅 裕司, 佐々木 幹治, 下窪 靖史, 古谷 俊介, 川中 崇, 久保 亜貴子, 工藤 隆治, 生島 仁史 :
子宮頸癌腔内照射におけるリンパ節領域の線量評価,
日本放射線腫瘍学会小線源治療部会, 2015年6月.
49. 川中 崇, 古谷 俊介, 久保 亜貴子, 福森 知治, 生島 仁史, 金山 博臣, 原田 雅史 :
当院で長期経過観察をした前立腺癌I-125シード永久挿入療法の検討,
日本放射線腫瘍学会小線源部会, 2015年6月.
50. 川中 崇, 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 生島 仁史, 原田 雅史 :
転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療に関する検討,
第123回日本放射線学会中国四国地方会, 2014年12月.
51. 山下 恭, 生島 仁史, 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 尾﨑 享祐, 工藤 隆治, 富永 正英, 仁木 孝明 :
放射線治療に携わるスタッフのストレス状況∼徳島県の場合∼,
日本放射線腫瘍学会27回学術大会, 2014年12月.
52. 工藤 隆治, 佐々木 幹治, 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 生島 仁史 :
頭頸部癌放射線治療中の転移リンパ節のサイズ変化と制御との関連,
日本放射線腫瘍学会27回学術大会, 2014年12月.
53. 古谷 俊介, 久保 亜貴子, 川中 崇, 工藤 隆治, 生島 仁史, 福森 知治, 金山 博臣 :
5年以上経過した前立腺癌I-125シード治療症例における線量増加の有効性と安全性の検討,
日本放射線腫瘍学会27回学術大会, 2014年12月.
54. 川中 崇, 古谷 俊介, 久保 亜貴子, 生島 仁史, 原田 雅史 :
転移性骨腫瘍に対する外部方射線療法と塩化ストロンチウム-89併用に関する検討,
日本放射線腫瘍学会27回学術大会, 2014年12月.
55. 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 生島 仁史 :
子宮頸癌根治的科学放射線化学療法後のFDG集積と予後との関連,
日本放射線腫瘍学会27回学術大会, 2014年12月.
56. 磯部 昇, 佐々木 幹治, 古谷 俊介, 川中 崇, 久保 亜貴子, 工藤 隆治 :
子宮頸癌に愛するIMRTの有効性ー骨盤骨線量の検討ー,
日本放射線腫瘍学会27回学術大会, 2014年12月.
57. 川中 崇, 古谷 俊介, 久保 亜貴子, 生島 仁史, 原田 雅史 :
転移性骨腫瘍に対する外部方射線療法と塩化ストロンチウム-89併用に関する検討,
第52回日本癌治療学会学術集会, 2014年8月.
58. 古谷 俊介, 生島 仁史, 久保 亜貴子, 川中 崇, 原田 雅史 :
当院における原発性肺癌に対する定位放射線治療成績,
第122回 日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2014年6月.
59. 川中 崇, 久保 亜貴子, 生島 仁史, 原田 雅史 :
食道癌術後再発に対する放射線治療症例の検討,
第34回 四国食道疾患研究会, 2014年2月.
60. 川中 崇, 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 生島 仁史, lto Emma, Liu Fei-Fei :
子宮頸癌細胞でUROD knockdownを用いた放射線化学療法に関する基礎的検討,
日本放射線腫瘍学会第26回学術大会, 2013年10月.
61. 三宅 悠太, 川中 崇, 三枝 裕司, 下窪 康史, 佐々木 幹治, 岸 太郎, 古谷 俊介, 久保 亜貴子, 工藤 隆治, 生島 仁史 :
Cone beam CTによる3次元画像誘導小線源治療,
日本放射線腫瘍学会第26回学術大会, 2013年10月.
62. 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 工藤 隆治, 尾崎 享祐, 山下 恭, 生島 仁史 :
外陰癌大腿鼠径リンパ節転移に関する照射野の検討,
日本放射線腫瘍学会第26回学術大会, 2013年10月.
63. 福森 知治, 仙崎 智一, 川中 崇, 久保 亜貴子, 香川 純一郎, 小森 政嗣, 髙橋 久弥, 武村 政彦, 山本 恭代, 山口 邦久, 井崎 博文, 高橋 正幸, 生島 仁史, 金山 博臣 :
限局性前立腺癌に対するI-125密封小線源療法のPSA再発予測因子の検討,
第48回日本がん治療学会学術集会, 2013年9月.
64. 生島 仁史, 久保 亜貴子, 工藤 隆治, 川中 崇, 古谷 俊介 :
子宮頸癌放射線治療の新展開 子宮頸癌放射線治療後局所再発の診断,
第54回日本婦人科腫瘍学会学術講演会, 2013年7月.
65. 中島 和弥, 岩本 誠司, 川中 崇, 工藤 隆治, 工藤 隆治, 久保 亜貴子, 音見 暢一, 古谷 俊介, 大塚 秀樹, 生島 仁史 :
頭頸部癌の化学放射線療法における11C-Methionine PETの有用性,
日本放射線腫瘍学会第26回学術大会, 2013年7月.
66. 生島 仁史, 三枝 裕司, 下窪 康史, 川中 崇, 久保 亜貴子, 工藤 隆治, 原 康男, 佐々木 幹治, 川下 徹也, 岸 太郎 :

第120回日本医学放射線学会中国・四国放射線治療懇話会, 2013年6月.
67. 川中 崇, 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 生島 仁史 :
子宮頸癌放射線治療後の予後予測因子としてのUROD,
日本放射線腫瘍学会第25回学術大会, 2012年12月.
68. 工藤 隆治, 古谷 俊介, 川中 崇, 久保 亜貴子, 生島 仁史 :
口腔癌の放射線治療に用いる新型マウスピースの開発,
日本放射線腫瘍学会第25回学術大会, 2012年12月.
69. 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 川中 崇, 工藤 隆治, 尾崎 享祐, 山下 恭, 生島 仁史 :
子宮頸癌放射線治療後局所再発の画像診断に関する検討,
日本放射線腫瘍学会第25回学術大会, 2012年12月.
70. 木村 雅司, 久保 亜貴子, 佐々木 幹治, 原 康男, 川中 崇, 古谷 俊介, 工藤 隆治, 生島 仁史 :
放射線治療期間中に生じる標的の変化,
日本放射線腫瘍学会第25回学術大会, 2012年12月.
71. 生島 仁史, 音見 暢一, 古谷 俊介, 川中 崇, 久保 亜貴子, 工藤 隆治 :
III期局所進行非小細胞肺癌の術前導入化学放射線療法,
第119回日本医学放射線学会中国四国地方会, 2012年12月.
72. 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 川中 崇, 工藤 隆治, 尾﨑 享祐, 山下 恭, 生島 仁史 :
子宮頸癌放射線治療後局所再発の画像診断に関する検討,
日本放射線腫瘍学会 第25回学術大会, 2012年11月.
73. 工藤 隆治, 古谷 俊介, 川中 崇, 久保 亜貴子, 生島 仁史 :
口腔癌の放射線治療に用いる新型マウスピースの開発,
日本放射線腫瘍学会 第25回学術大会, 2012年11月.
74. 古谷 俊介, 佐瀬 卓也, 桑原 義典, 山田 隆治, 市樂 輝義, 篠原 敏徳, 高井 久司, 久保 亜貴子, 川中 崇, 生島 仁史, 原田 雅史 :
臨床用全自動型 I-125シード放射線強度測定システムの開発,
日本放射線腫瘍学会第14回小線源治療部会, 2012年5月.
75. 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 川中 崇, 工藤 隆治, 尾﨑 享祐, 山下 恭, 生島 仁史 :
子宮頚癌化学放射線治療のリンパ節制御に関する検討,
日本放射線腫瘍学会 第24回学術大会, 2011年11月.
76. 古谷 俊介, 生島 仁史, 大友 真姫, 久保 亜貴子, 川中 崇, 工藤 隆治, 福森 知治, 金山 博臣, 原田 雅史 :
前立腺癌 I-125 シード単独治療における線量増加の有効性と安全性の検討,
日本放射線腫瘍学会 第24回学術大会, 2011年11月.
77. 生島 仁史, 工藤 隆治, 古谷 俊介, 川中 崇, 久保 亜貴子, 近藤 和也 :
胸腺腫の放射線治療,
第115回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2011年5月.
78. 山崎 浩実, 古谷 俊介, 岩河 早保, 久保 亜貴子, 久保 亜貴子, 川中 崇, 生島 仁史 :
神経膠芽腫に対するテモゾロミド併用放射線治療成績,
第115回日本医学放射線学会中国・四国地方会, 2010年12月.
79. 工藤 隆治, 古谷 俊介, 川中 崇, 久保 亜貴子, 村上 千尋, 岩河 早保, 山埼 浩実, 生島 仁史 :
192-Ir モールド照射時の鉛とアクリルによる遮蔽効果の検討,
日本放射線腫瘍学会 第23回学術大会, 2010年11月.
80. 村上 千尋, 久保 亜貴子, 川中 崇, 古谷 俊介, 工藤 隆治, 尾崎 享祐, 生島 仁史 :
子宮頸癌に対するclinical target volume 設定ガイドラインの検証,
日本放射線腫瘍学会 第23回学術大会, 2010年11月.
81. 坂東 良太, 川中 崇, 工藤 隆治, 原 康男, 佐々木 幹治, 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 生島 仁史 :
頭頚部腫瘍に対する放射線治療中の解剖学的変化に関する検討,
日本放射線腫瘍学会 第23回学術大会, 2010年11月.
82. 久保 亜貴子, 古谷 俊介, 山崎 浩実, 岩河 早保, 工藤 隆治, 川中 崇, 生島 仁史 :
根治的化学放射線治療後再発子宮頸癌に対する救済療法の検討,
日本放射線腫瘍学会 第23回学術大会, 2010年11月.
83. 古谷 俊介, 佐瀬 卓也, 川中 崇, 久保 亜貴子, 生島 仁史 :
シンチレーション式サーベイメーターを用いた簡易的なヨウ素125密封小線源の線源強度測定システムの検討,
日本放射線腫瘍学会小線源治療部会第12回研究会, 2010年5月.
84. 古谷 俊介, 生島 仁史, 岩本 誠司, 久保 亜貴子, 川中 崇, 尾﨑 享祐, 井崎 博文, 高橋 正幸, 福森 知治, 金山 博臣, 西谷 弘 :
膀胱温存を目的とした浸潤性膀胱癌に対するTUR-Bt+動注化学放射線療法の治療成績,
第47回日本癌治療学会学術集会, 2009年10月.
85. 古谷 俊介, 生島 仁史, 尾﨑 享祐, 川中 崇, 久保 亜貴子, 西谷 弘 :
当院における前立腺癌密封小線源療法の治療成績,
日本放射線腫瘍学会第22回学術大会, 2009年9月.
86. 古谷 俊介, 生島 仁史, 尾﨑 享祐, 川中 崇, 久保 亜貴子, 西谷 弘 :
当院における前立腺癌術後のPSA再発に対する放射線治療成績,
日本放射線腫瘍学会第21回学術大会, 2008年10月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)