検索:
徳島大学 > 大学院社会産業理工学研究部 > 理工学域 > 社会基盤デザイン系 > 地域環境分野 >
徳島大学 > 理工学部 > 理工学科 > 社会基盤デザインコース > 地域環境講座 >
徳島大学 > 先端技術科学教育部 > 知的力学システム工学専攻 > 建設創造システム工学コース > 環境整備工学講座 >
徳島大学 > 工学部 > 建設工学科 > 環境整備工学講座 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704074 グリーンインフラ研究拠点の形成に向けたフィージビリティスタディ:知的資産の掘り起こしとネットワーク形成 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

河川生態学 (Stream Ecology), 自然再生

研究テーマ

トキ野生復帰に向けた自然再生シナリオの作成と地域定着, アカテガニを指標とした都市公園の生態学・社会学的評価, 鮎に注目したダム下流における生態系サービスの評価, 漁業者に注目した吉野川の環境変遷に関する研究 (水系ネットワークの再生, トキ野生復帰, 戦略的・自然再生シナリオ, 多自然川づくりの評価, 生態系サービス, 地球温暖化と生物分布予測, GIS)

著書・論文

著書:

1. 鬼倉 徳雄, 河口 洋一 :
第9章国内外来魚の分布予測モデル,
2013年7月.
2. 河口 洋一, 川那部 浩哉監, 水野 信彦監, 中村 太士編 :
5.3 河川生態系の復元,
株式会社 講談社サイエンティフィク, 東京, 2013年1月.
3. 河口 洋一, 中村 太士編 :
7.2 蛇行河川の魚はどこに棲んでいるのか?7.3.1,7.3.2 蛇行河川における倒木の役割,8.3 魚類相の変化,
技報堂出版 株式会社, 東京, 2011年3月.
4. 河口 洋一, 小倉 紀雄編, 谷田 一三編, 島谷 幸宏編 :
幌内川・三面川,
朝倉書店, 東京, 2010年1月.
5. 河口 洋一 :
川の百科事典 編集委員長・高橋裕, --- 河川生態系,清水バイパス,氾濫原 ---,
丸善 株式会社, 東京, 2009年1月.
6. 河口 洋一, 高橋 裕編集委員長 :
河川生態系・氾濫原・エコトーン・清水バイパス・川の構造と機能の解説,
丸善出版, 東京, 2009年1月.
7. Futoshi Nakamura, Yoichi Kawaguchi, Daisuke Nakano and Hiroyuki Yamada :
Ecological response to anthropogenic alterations of gravel-bed rivers in Japan, from river floodplain segments to microhabitat scale: A review,
Elsevier Science, Amsterdam, Sep. 2008.
8. Futoshi Nakamura, Yoichi Kawaguchi, Daisuke Nakano and Hiroyuki Yamada :
Ecological response to anthropogenic alterations of gravel-bed rivers in Japan, from river floodplain segments to microhabitat scale: A review,
Elsevier, Amsterdam, Feb. 2008.
9. 河口 洋一 :
第10章:森林と草地を流れる小河川におけるサケ科魚類の餌資源における陸生無脊椎動物の寄与,
北海道大学出版, 札幌, 2002年12月.
10. 河口 洋一 :
第10章:森林と草地を流れる小河川におけるサケ科魚類の餌資源における陸生無脊椎動物の寄与,
北海道大学出版, 札幌, 2002年9月.

学術論文(審査論文):

1. 乾 隆帝, 髙橋 勇夫, 後藤 益滋, 赤松 良久, 河口 洋一 :
高知県奈半利川におけるアユ人工産卵場の利用状況モニタリング∼潜水目視調査と環境DNA分析の比較を中心に∼,
河川技術論文集, Vol.24, 333-338, 2018年.
2. Daisuke Nakano, Shigeya Nagayama, Yoichi Kawaguchi and Futoshi Nakamura :
Significance of the stable foundations provided and created by large wood for benthic fauna in the Shibetsu River, Japan,
Ecological Engineering, Vol.120, 249-259, 2018.
(DOI: 10.1016/j.ecoleng.2018.05.032)
3. Asuka Yamashiro, Kanashiro Yoshinori, Yoichi Kawaguchi and Tadashi Yamashiro :
Species, sex, and individual identification of Japanese serow (Capricornis crispus) and sika deer (Cervus nippon) in sympatric region based on the fecal DNA samples,
Conservation Genetics Resources, Vol.9, No.2, 333-338, 2017.
(DOI: 10.1007/s12686-016-0665-1)
4. 竹川 有哉, 河口 洋一, 三橋 弘宗, 谷口 義則 :
日本におけるイワナSalvelinus leucomaenisの生息適地推定と地球温暖化を考慮した保全計画への適用,
保全生態学研究, Vol.22, No.1, 121-134, 2017年.
(CiNii: 40021234675)
5. 藤宗 朋樹, 河口 洋一, 竹川 有哉, 藪原 佑樹, 山城 明日香 :
吉野川市美郷川田川におけるカワニナの生息密度とホタルの飛翔数の関係,
土木学会論文集G(環境), Vol.73, No.6, II_373-II_377, 2017年.
(DOI: 10.2208/jscejer.73.II_373,   CiNii: 130006602924)
6. 神野 威, 河口 洋一, 竹川 有哉 :
吉野川河口汽水域における護岸構造と潮間帯生物の分布に関する研究と研究成果を活かした護岸構造の提案,
河川技術論文集, Vol.21, 37-42, 2015年.
7. 坂東 伸哉, 河口 洋一, 大串 浩一郎, 野口 剛志, 濱岡 秀樹, 佐藤 雄大, 関島 恒夫, 手塚 公裕 :
嘉瀬川ダム上下流における試験湛水開始前後での堆積・流下有機物の量的・質的変化,
土木学会論文集G(環境), Vol.70, No.6, 175-182, 2014年.
8. 稲飯 幸代, 四宮 隆司, 河口 洋一, 鎌田 磨人 :
アカテガニを指標とした都市公園緑地の景観構成要素の機能評価,
景観生態学, No.19, 57-68, 2014年.
9. Y. Kano, Yoichi Kawaguchi, T. Yamashita, T. Sekijima, Y. Shimatani and Y. Taniguchi :
A passive integrated transponder tag implanted by a new alternative surgical method: effects on the oriental weather loach (Misgurnus anguillicaudatus) and application in a small irrigation system.,
Landscape and Ecological Engineering, Vol.9, No.2, 281-287, 2013.
(DOI: 10.1007/s11355-011-0152-5)
10. Rei Itukushima, Yukihiro Shimatani and Yoichi Kawaguchi :
The effectiveness of delineating ecoregions in the Kyushu region of Japan for establishing environmental indicators,
Landscape and Ecological Engineering, No.9, 27-46, 2013.
(DOI: 10.1007/s11355-011-0171-2)
11. Hironori Hayashi, Yukihiro Shimatani, Kotaro Shigematsu, Jun Nishihiro, Shinya Ikematsu and Yoichi Kawaguchi :
A study on seed dispersal by flood flow in an artificially restored floodplain,
Landscape and Ecological Engineering, No.8, 129-143, 2012.
(DOI: 10.1007/s11355-011-0154-3)
12. Shigeya Nagayama, Futoshi Nakamura, Yoichi Kawaguchi and Daisuke Nakano :
Effects of configuration of instream wood on autumn and winter habitat use by fish in a large remeandering reach,
Hydrobiologia, Vol.680, 159-170, 2012.
(DOI: 10.1007/s10750-011-0913-z)
13. 武藏 由育, 志宇 知誠, 山下 正浩, 林 洋史, 湯城 豊勝, 鎌田 磨人, 赤松 良久, 河口 洋一, 中田 泰輔 :
置土された土砂の流下過程の数値解析モデルの構築と実河川における適用,
水工学論文集, No.55, 817-822, 2011年.
14. 高比良 光治, 島谷 幸宏, 久岡 夏樹, 河口 洋一, 佐藤 辰郎, 池松 伸也 :
板櫃川で実施された多自然川づくりの魚類生息環境からみた評価,
河川技術論文集, Vol.17, 395-400, 2011年.
15. 田中 亘, 鹿野 雄一, 山下 奉海, 斉藤 慶, 河口 洋一, 島谷 幸宏 :
佐渡島の河川のドジョウ密度を決定する要因とその保全策への応用,
応用生態工学, Vol.14, No.1, 1-9, 2011年.
(DOI: 10.3825/ece.14.1,   CiNii: 40018958764)
16. Kyoko Suzuki, Tomoyasu Yoshitomi, Yoichi Kawaguchi, Masaki Ichimura, Kaneaki Edo and Tsuguo Otake :
Migration history of Sakhalin taimen Hucho perryi captured in the Sea od Okhotsk, northern Japan, using otolith Sr : Ca ratios,
Fisheries Science, Vol.77, No.3, 313-320, 2011.
(DOI: 10.1007/s12562-011-0335-x)
17. 高比良 光治, 島谷 幸宏, 深津 慎司, 金原 絵理子, 中島 淳, 池松 伸也, 河口 洋一 :
河川感潮域に整備された緩勾配河岸の底生生物による評価,
土木学会論文集B1(水工学), Vol.55, 1399-1404, 2011年.
(DOI: 10.2208/jscejhe.67.I_1399,   CiNii: 130004557507)
18. 馬場先 正博, 高比良 光治, 河口 洋一, 島谷 幸宏, 小野 勇一 :
空中写真利用による泥質干潟の潜行性底生動物の簡易定量手法,
応用生態工学, Vol.13, No.2, 101-111, 2011年.
(DOI: 10.3825/ece.13.101,   CiNii: 10027969511)
19. Yuichi Kano, Katsutoshi Watanabe, Shin Nishida, Ryo Kakioka, Chris Wood, Yukihiro Shimatani and Yoichi Kawaguchi :
Population genetic structure, diversity and stocking effect of the oriental weatherloach (Misgurnus anguillicaudatus) in an isolated island, associated with ibis reintroduction,
Environmental Biology of Fishes, Vol.90, No.3, 211-222, 2011.
(DOI: 10.1007/s10641-010-9733-7)
20. Mayumi Sato, Yoichi Kawaguchi, Hiroki Yamanaka, Tomoyuki Okunaka, Jun Nakajima, Yasuhiro Mitani, Yukihiro Shimatani, Takahiko Mukai and Norio Onikura :
Predicting the spatial distribution of the invasive piscivorous chub (Opsariichthysuncirostris uncirostris) in the irrigation ditches of Kyushu, Japan: a tool for the risk management of biological invasions,
Biological Invasions, Vol.12, No.11, 3677-3686, 2010.
(DOI: 10.1007/s10530-010-9762-3)
21. 山下 奉海, 河口 洋一, 谷口 義則, 鹿野 雄一, 石間 妙子, 大石 麻美, 田中 亘, 斉藤 慶, 関島 恒夫, 島谷 幸宏 :
佐渡島の小河川における魚類を対象とした農業用取水堰改良効果の検証,
応用生態工学, Vol.13, No.1, 61-76, 2010年.
(DOI: 10.3825/ece.13.61,   CiNii: 10027969437)
22. Yuichi Kano, Yoichi Kawaguchi, Tomomi Yamashita and Yukihiro Shimatani :
Distribution of the oriental weatherloach (Misgurnus anguillicaudatus) its implications for conservation in Sado Islan, Japan,
Ichthyological Research, Vol.57, No.2, 180-188, 2010.
(DOI: 10.1007/s10228-009-0146-6,   Elsevier: Scopus)
23. Mayumi Sato, Yoichi Kawaguchi, Jun Nakajima, Takahiko Mukai, Yukihiro Shimatani and Norio Onikura :
A review of the research on introduced freshwater fishes: new perspectives, the need for research, and management implications.,
Landscape and Ecological Engineering, Vol.6, No.1, 99-108, 2010.
(DOI: 10.1007/s11355-009-0086-3)
24. 萱場 裕一, 野崎 健太郎, 河口 洋一, 皆川 朋子 :
標津川の再蛇行化が一次生産過程に及ぼす影響の評価,
応用生態工学, Vol.12, No.1, 37-47, 2009年.
(DOI: 10.3825/ece.12.37,   CiNii: 10027968970)
25. Izumi Katano, Junjiro N. Negishi, Tomoko Minagawa, Hideyuki Doi, Yoichi Kawaguchi and Yuichi Kayaba :
Longitudinal macroinvertebrate organization over contrasting discontinuities: effects of a dam and a tributary,
Journal of the North American Benthological Society, Vol.28, No.(2), 331-351, 2009.
(DOI: 10.1899/08-010.1)
26. 林 博徳, 辻本 陽琢, 島谷 幸宏, 河口 洋一 :
再生氾濫原におけるドブガイ属の生態と侵入システムに関する事例研究,
水工学論文集, Vol.53, 1141-1146, 2009年.
27. 神尾 章記, 渡辺 亮一, 山崎 惟義, 島谷 幸宏, 河口 洋一, 渡辺 健一 :
裂田の溝における護岸改修工事が魚類生息量に与える影響,
水工学論文集, Vol.53, 1207-1212, 2009年.
28. 大槻 順朗, 島谷 幸宏, 四宮 明彦, 上野 あやな, 河口 洋一 :
リュウキュウアユ保全に向けた干潟マングローブ域の水域冷却機能の現地観測,
水工学論文集, Vol.53, 1213-1218, 2009年.
29. Shigeya Nagayama, Yoichi Kawaguchi, Daisuke Nakano and Futoshi Nakamura :
Summer Microhabitat Partitioning by Different Size Classes of Masu Salmon (Oncorhynchus masou) in Habitats Formed by Installed Large Wood in a Large Lowland River,,
Canadian Journal of Fisheries and Aquatic Sciences, Vol.66, No.1, 42-51, 2009.
(DOI: 10.1139/F08-191,   CiNii: 80020190082)
30. 厳島 怜, 島谷 幸宏, 中島 淳, 河口 洋一 :
環境指標のための魚類セグメントエコリージョン,
水工学論文集 土木学会水工学委員会 編, Vol.53, 1189-1194, 2009年.
(CiNii: 120001492762)
31. 中島 淳, 鬼倉 徳雄, 兼頭 淳, 乾 隆帝, 栗田 喜久, 中谷 祐也, 向井 貴彦, 河口 洋一 :
九州北部における外来魚類の分布状況,
日本生物地理学会会報, Vol.63, 177-188, 2008年.
(CiNii: 10023903663)
32. Kyoko Suzuki, Tomoyasu Yoshitomi, Yoichi Kawaguchi and Kaneaki Edo :
Application of micro-pixe analysis for a migration history study of Hucho Perryi focused on strontium distribution in fish scales,
International Journal of PIXE, Vol.18, No.1&2, 39-45, 2008.
(DOI: 10.1142/S0129083508001326,   CiNii: 80019988037)
33. 鬼倉 徳雄, 中島 淳, 江口 勝久, 三宅 琢也, 西村 功一, 栗田 善久, 西田 高志, 乾 隆帝, 向井 貴彦, 河口 洋一 :
九州北西部,有明海・八代海沿岸域のクリークにおける外来魚の分布の現状,
水環境学会誌, Vol.31, No.7, 395-401, 2008年.
(DOI: 10.2965/jswe.31.39)
34. 矢野 真一郎, 黨秀 治郎, 吉海 広祐, 田辺 智子, 河口 洋一, 齋藤 正徳, 井芹 寧 :
筑後川上流大山川における流量変動が付着藻類の生育に与える影響,
河川技術論文集, Vol.14, 95-100, 2008年.
35. 山田 浩之, 河口 洋一, 江戸 謙顕, 小宮山 英重 :
北海道北部山地河川における細粒土砂の堆積がイトウの産卵環境および発眼卵生残率に及ぼす影響,
応用生態工学, Vol.11, No.1, 29-40, 2008年.
(DOI: 10.3825/ece.11.29,   CiNii: 10021979161)
36. Daisuke Nakano, Shigeya Nagayama, Yoichi Kawaguchi and Futoshi Nakamura :
River restoration for macroinvertebrate communities in lowland rivers: insights from restorations of the Shibetsu River, north Japan,
Landscape and Ecological Engineering, Vol.4, No.1, 63-68, 2008.
(DOI: 10.1007/s11355-008-0038-3)
37. Shigeya Nagayama, Yoichi Kawaguchi, Daisuke Nakano and Futoshi Nakamura :
Methods for and fish responses to channel remeandering and large wood structure placement in the Shibetsu River Restoration Project in northern Japan,
Landscape and Ecological Engineering, Vol.4, No.1, 69-74, 2008.
(DOI: 10.1007/s11355-008-0039-2)
38. Akira Takao, Yoichi Kawaguchi, Tomoko Minagawa, Yuichi Kayaba and Yukihiro Morimoto :
The relationship the benthic macroinvertebrates and biotic and abiotic environmental characteristics downstream of Yahagi dam, central Japan, and the state change through a tributary inflow,
River Research and Applications, Vol.24, No.5, 580-597, 2008.
(DOI: 10.1002/rra.1135)
39. 島谷 幸宏, 横川 翔, 宗 琢万, 河口 洋一, 水垣 滋, 馬場崎 正博 :
今津干潟の変遷と堆積環境に関する研究,
水工学論文集, Vol.52, 1087-1092, 2008年.
(DOI: 10.2208/prohe.52.1087)
40. 渡辺 亮一, 山崎 惟義, 島谷 幸宏, 河口 洋一, 兼重 俊介, 神尾 章記 :
裂田水路における水際および水路内植生が魚類の生息量に与える影響,
水工学論文集, Vol.52, 1153-1158, 2008年.
(DOI: 10.2208/prohe.52.1153)
41. 厳島 怜, 島谷 幸宏, 河口 洋一 :
魚類相の縦断方向変化とセグメント区分に関する研究,
水工学論文集, Vol.52, 1147-1152, 2008年.
(DOI: 10.2208/prohe.52.1147)
42. Yoichi Kawaguchi, Hitoshi Miyasaka, Motomi G Kato, Yoshinori Taniguchi and Shigeru Nakano :
Seasonal change in the gastric evacuation rate of rainbow trout feeding on natural prey,
Journal of Fish Biology, Vol.71, No.6, 1873-1878, 2007.
(DOI: 10.1111/j.1095-8649.2007.01647.x)
43. 渡辺 亮一, 山崎 惟義, 島谷 幸宏, 河口 洋一 :
裂田水路における河床材料の変化が絶滅危惧種スナヤツメに与える影響に関する研究,
環境工学研究論文集, Vol.44, 67-73, 2007年.
44. 齋藤 正徳, 矢野 真一郎, 黨秀 治郎, 河口 洋一, 井芹 寧, 宮坂 仁 :
筑後川上流(大山川)におけるダム湖由来の浮遊性藻類がアユの採餌環境に与える影響,
河川技術論文集, Vol.13, 95-100, 2007年.
45. 朴 埼燦, 河口 洋一, 久岡 夏樹, 島谷 幸宏, 澤田 尚人 :
板櫃川における魚類の生息環境を考慮した河道設計に関する研究,
河川技術論文集, Vol.13, 95-100, 2007年.

総説・解説:

1. 河口 洋一, 島谷 幸宏, 山下 奉海, 関島 恒夫 :
トキ野生復帰に向けた水環境再生の試み,
土木技術資料, Vol.51, No.8, 34-37, 2009年8月.
(CiNii: 40016666645)
2. 河口 洋一, 山下 奉海, 石間 妙子, 林 博徳, 高野瀬 洋一郎, 関島 恒夫 :
水系ネットワークの再生による氾濫現環境の修復,
水利科学, Vol.53, No.1, 34-52, 2009年4月.
3. 河口 洋一 :
ELR2008福岡三学会合同大会報告(応用生態工学会 日本景観生態学会 日本緑化工学会),
河川, Vol.748, 88-93, 2008年11月.
4. 永山 滋也, 河口 洋一, 中野 大助, 中村 太士 :
サケ科魚類の生息に及ぼす倒木の効果,
水利科学, Vol.51, No.6, 60-77, 2008年2月.
(CiNii: 40015860445)

国際会議:

1. Y. Takegawa, Yoichi Kawaguchi, Y. Taniguchi, H. Urabe and K. Shimoda :
Relation density of Dolly Varden and environmental factors in the Shiretoko Peninsula: Effects of Global Warming and Dams.,
The Vth International Wildlife Management Congress, Sapporo, Jul. 2015.
2. N. Aoyama, Yoichi Kawaguchi and T. Akasaka :
The relationship between the migration of the oriental weatherloach, Misgurnus anguillicaudatus, and environmental factors in the paddy fields on of Sado Island, Japan.,
The Vth International Wildlife Management Congress, Sapporo, Jul. 2015.
3. Y. Takegawa, Yoichi Kawaguchi and Y. Taniguchi :
Assessing the conservation plan under global warming for Dolly Varden (Salvelinus malma) by using species distribution models in Hokkaido, Japan.,
8TH INTERNATIONAL CHARR SYMPOSIUM, TROMSØ, NORWAY, Jun. 2015.
4. Yoichi Kawaguchi, M. Saito, Y. Takegawa and Y. Taniguchi :
The effect of low-head dams on jaw morphology of Dolly Varden (Salvelinus malma) in mountain streams of the Shiretoko Peninsula, Hokkaido, Japan.,
8TH INTERNATIONAL CHARR SYMPOSIUM, TROMSØ, NORWAY, Jun. 2015.
5. Y. Taniguchi, Yoichi Kawaguchi, Y. Takegawa, H. Urabe and K. Shimoda :
Thermal responses of Dolly Varden to Temperature Warming: Implications for Global Climate Change.,
8TH INTERNATIONAL CHARR SYMPOSIUM, TROMSØ, NORWAY, Jun. 2015.
6. Yoichi Kawaguchi, Y. Taniguchi, Yuya Takegawa, S. Kurahashi, Y Kamada, T. Sekijima, H Urabe and K Shimoda :
Impacts of climatic warming on Dolly Varden (Salvelinus malma) accelerated by low-head dams in Japan.,
2014 Ecological and Evolutionary Ethology of Fishes, Corvalis USA, Jun. 2014.
7. Naohiro Aoyama, Emi Morimoto, Ryugo Watanabe and Yoichi Kawaguchi :
Practice of Nature Restoration for Local Revitalization by Local Residents and Administration,
2nd Asian Conference on Engineering Education, PS-24, TOKUUSHIMA,JAPAN, Oct. 2011.
8. R. Shinomiya, S. Inai, Yoichi Kawaguchi and Mahito Kamada :
Red Claws crab Chiromantes haematocheir, as an indicator for evaluating urban green space.,
2nd International Conference of Urban Design and Biodiverstiy-URBIO2010, Nagoya, May 2010.
9. Hironori Hayashi, Yukihiro Shimatani and Yoichi Kawaguchi :
A study on seed dispersal by hydrochory in floodplain restoration,
Proceeding of 3rd interagency conference on research in the watershed U.S. Geological Survey, 47-49, East Park, CO, Sep. 2008.
10. Yoichi Kawaguchi, Masataka Okamoto, Mikiya Kasai, Tohru Okamoto, Koichi Osanai, Haruo Iwase and Kaneaki Edo :
Improvement of a weir for Sakhalin taimen (Hucho perri) migration in the Sarukotsu River, northern Japan,
Proceeding of Wild Trout IX symposium, 138-142, West yellow stone, Sep. 2007.
11. Yoshinori Taniguchi and Yoichi Kawaguchi :
The Current Status of Native Dolly Varden (Salvelinus malma) in Japan,
Proceeding of Wild Trout IX symposium, 203-209, West Yellow Stone, Sep. 2007.

国内講演発表:

1. 桑名 志, 河口 洋一, 岩瀬 晴夫, 勝間 健二 :
徳島市国府町の以西用水における魚類の生息場改善の効果検証,
応用生態工学会 第23回広島大会, 2019年9月.
2. 中西 淳, 河口 洋一, 藪原 佑樹 :
長安口ダム下流への置土が砂州の陸生節足動物に及ぼす影響,
応用生態工学会 第23回広島大会, 2019年9月.
3. 藪原 佑樹, 赤坂 卓美, 山田 芳樹, 河口 洋一 :
北海道北部地域におけるオジロワシの潜在生息適地推定,
応用生態工学会 第23回広島大会, 2019年9月.
4. 桑名 志, 河口 洋一 :
以西用水における魚類の生息場改善の効果検証,
中国四国地区生物系三学会合同大会(広島), 2019年5月.
5. 中西 淳, 藪原 佑樹, 河口 洋一 :
長安口ダム下流への置土が砂州の陸生節足動物に与える影響,
中国四国地区生物系三学会合同大会(広島), 2019年5月.
6. 藪原 佑樹, 赤坂 卓美, 河口 洋一 :
風力発電増加シナリオ下におけるオジロワシ個体群の将来予想,
第66回日本生態学会(神戸), 2019年3月.
7. 桑名 志, 河口 洋一 :
以西用水における魚類の生息場改善の効果,
第46回四国魚類研究会(徳島), 2019年3月.
8. 鈴木 享子, 川原 満, 藤本 信治, 河口 洋一, 清水 泰, 永井 英俊 :
北海道北部に生息するイトウの成長特性と回遊パターン,
2018年水産海洋学会, 2018年11月.
9. 角屋 亮, 藪原 佑樹, 河口 洋一 :
徳島県鳴門市のハス田におけるカモ類の夜間飛来数と景観構造の関係,
2018年応用生態工学会第22回東京大会, 2018年9月.
10. 大坪 史人, 河口 洋一, 田代 優秋, 豊田 光世, 野本 和宏 :
環境保全型農業における販売実績とブランド戦略,
2018年日本農業市場学会, 2018年7月.
11. 角屋 亮, 藪原 佑樹, 河口 洋一, 大迫 義人, 江崎 保男 :
四国におけるコウノトリの生息適地推定,
日本緑化工学会・日本景観生態学会・応用生態工学会3 学会合同大会, 2017年9月.
12. 安達 直之, 溜島 卓也, 山城 明日香, 河口 洋一, 佐川 志郎 :
徳島県鳴門市南部の水田地帯におけるコウノトリの餌生物量評価,
日本緑化工学会・日本景観生態学会・応用生態工学会3 学会合同大会, 2017年9月.
13. 安達 直之, 溜島 卓也, 山城 明日香, 河口 洋一, 佐川 志郎 :
コウノトリの国内第二の繁殖地としてみる鳴門市の餌環境評価,
中国四国地区生物系三学会合同大会, 2017年5月.
14. 倉橋 彩百合, 鎌田 泰斗, 関島 恒夫, 竹川 有哉, 谷口 義則, 河口 洋一 :
熱ショックタンパク質(Hsp)を指標としてオショロコマ個体群に対する河川水温上昇の影響を評価する,
日本生態学会第63回全国大会, 2016年3月.
15. 竹川 有哉, 河口 洋一, 布川 雅典, 岸 大弼, 谷口 義則 :
砂防・治山ダムによる物理環境の改変が魚類・底生動物・藻類群集に及ぼす影響 -人為的改変はトロフィックカスケードを引き起こすのか?,
日本生態学会第63回全国大会, 2016年3月.
16. 倉橋 彩百合, 鎌田 泰斗, 関島 恒夫, 竹川 有哉, 谷口 義則, 河口 洋一 :
サケ科魚類オショロコマに対するダム設置による水温上昇の影響を熱ショックタンパク質(Hsp) で評価する,
応用生態工学会 第19回郡山大会, 2015年9月.
17. 斎藤 壮央, 竹川 有哉, 河口 洋一, 谷口 義則, 山城 明日香 :
ダムとオショロコマの生息環境の関係性,
第19回郡山大会, 2015年9月.
18. 河口 洋一 :
「環境保全型農業と希少生物 」,
平成 27 年度れんこん研究成果等報告会, 2015年8月.
19. 河口 洋一 :
トキとコウノトリとグリーンインフラ:持続的な農業の可能性,
耕地事業研究会生態系保全工法研究部会 第17回学習会, 2015年8月.
20. 河口 洋一 :
「 `` トキ '' と `` コウノトリ '' と `` グリーンインフラ '' :持続的な農業の可能性」,
耕地事業研究会生態系保全工法研究部会 第17回学習会, 2015年8月.
21. 河口 洋一 :
「ニホンウナギと河川環境について」,
ニホンウナギと河川環境に関する討論会, 2015年7月.
22. 河口 洋一 :
「今,消費者が生産者に求めている価値~認証米・販売店へのアンケートとヒアリングから見えるもの~」,
朱鷺と暮らす郷づくり推進フォーラム, 2015年6月.
23. 神野 威, 河口 洋一, 竹川 有哉 :
吉野川河口汽水域における護岸構造と潮間帯生物の分布に関する研究と研究成果を活かした護岸構造の提案,
河川技術に関するシンポジウム, 2015年6月.
24. 林 佑亮, 河口 洋一, 竹川 有哉, 赤坂 卓美, 中川 元 :
希少猛禽類オジロワシの生息域推定と風力発電施設の適地推定による関係性解析,
2015年度 景観生態学会 北九州大会, 2015年6月.
25. 斎藤 壮央, 竹川 有哉, 河口 洋一 :
ダムとオショロコマの頭部形態の関係性,
日本生態学会 第61回大会, 2015年3月.
26. 寺井 一弘, 河口 洋一, 武藤 裕則, 野村 一至 :
吉野川におけるアユの産卵場変化と河道の経年変化,
第42回 四国魚類研究会(徳島), 2015年2月.
27. 河口 洋一 :
「魚からみる川づくりの評価とポイントそして自然の利用」,
2014第22回環境シンボジウム 「自然環境の保全と創造に向けて」, 2015年1月.
28. 河口 洋一 :
「21世紀の環境問題と自然を再生する取り組み」,
環境問題講演会, 2014年12月.
29. 河口 洋一 :
「森のサカナ・イワナと地球温暖化」,
田中哲夫最終講演会, 2014年12月.
30. 河口 洋一 :
「魚類の分布と生息場・物理環境の関係」,
土木学会基礎水理シンポジウム, 2014年12月.
31. 坂東 伸哉, 河口 洋一, 大串 浩一郎, 野口 剛志, 濱岡 秀樹, 佐藤 雄大, 関島 恒夫, 手塚 公裕 :
嘉瀬川ダム上下流における試験湛水開始前後での堆積・流下有機物の量的・質的変化,
第42回 環境システム研究論文発表会, 2014年10月.
32. 萱場 祐一, 河口 洋一, 西廣 淳 :
国土強靱化と自然環境保全 幹事会主催自由集会,
応用生態工学会 第18回大会, 2014年9月.
33. 河口 洋一 :
特別講演 「鮎の味の秘密」,
第17回清流めぐり利き鮎会, 2014年9月.
34. 河口 洋一 :
「自然の恵みを考える!」,
生物多様性を軸とした持続可能な地域づくり講演会, 2014年7月.
35. 伊槻 健, 河口 洋一 :
河川改修がアユの生息環境に与える影響,
平成26年度 土木学会四国支部技術研究発表会, 2014年5月.
36. 寺井 一弘, 河口 洋一 :
吉野川におけるアユの産卵場減少と河川環境の変遷,
平成26年度 土木学会四国支部技術研究発表会, 2014年5月.
37. 西廣 淳, 河口 洋一, 萱場 祐一 :
河川・湖沼・湿地の自然再生2「防災事業と生物多様性保全・自然再生」,
日本生態学会 第61回大会, 2014年3月.
38. 香川 祥大, 竹川 有哉, 乾 隆帝, 河口 洋一, 佐藤 陽一, 河口 拓紀, 井上 幹生, 赤坂 卓美 :
四国を対象とした河川性魚類の生息適地予測と保全計画への活用,
第41回四国魚類研究会, 2014年3月.
39. 河口 洋一 :
「森のサカナ・オショロコマと地球温暖化」,
第130回徳島生物学会, 2013年12月.
40. 河口 洋一 :
「アザメの瀬」に学ぶ住民参加の川づくり,
生物多様性とくしま会議・市民セミナー1 水辺の生物多様性を考える~防災と生物多様性保全の視点から~, 2013年12月.
41. 河口 洋一 :
多自然川づくり・生き物と人の視点,
宮崎県自然豊かな水辺の工法研究会, 2013年10月.
42. 河口 洋一 :
「河川の生物多様性~森のサカナ・オショロコマと地球温暖化~」,
「北のサカナの声を聴こう」,KITA-NET北海道環境活動交流フォーラム2013,認定NPO法人北海道市民環境ネットワーク, 2013年10月.
43. 中津 充裕, 河口 洋一, 竹川 有哉, 青山 直寛 :
佐渡島の圃場整備水田排水路でのドジョウの生息環境を決定する要因と生息環境整備の提案,
農業農村工学会全国大会, 2013年9月.
44. 萱場 祐一, 河口 洋一 :
幹事会主催自由集会:震災と環境対策,
応用生態工学会第17回大会, 2013年9月.
45. 五味 高志, 河口 洋一 :
幹事会主催自由集会:放射性物質動態と流域生態系,
応用生態工学会第17回大会, 2013年9月.
46. 上村 嘉彦, 河口 洋一, 野崎 健太郎 :
ダムのある・なしにおけるアユの食味と藻類群集・水質との関係に関する研究,
応用生態工学会第17回大会, 2013年9月.
47. 香川 祥大, 竹川 有哉, 赤坂 卓美, 乾 隆帝, 佐藤 陽一, 河口 拓紀, 井上 幹生, 河口 洋一 :
四国における河川魚類を対象とした種の多様性の評価,
応用生態工学会第17回大会, 2013年9月.
48. 河口 洋一 :
自然環境の保全・再生に向けて,
徳島県環境基本計画シンポジウム~未来へつなぐ環境首都とくしまづくり~,徳島県・とくしま環境県民会議主催, 2013年7月.
49. 竹川 有哉, 河口 洋一, 谷口 義則 :
世界遺産・知床の冷水性サケ科魚類を脅かす水温上昇の現状-ダムは水温上昇を加速させるのか-,
中国四国地区生物系三学会合同大会, 2013年5月.
50. 竹川 有哉, 河口 洋一, 谷口 義則 :
世界遺産・知床の冷水性サケ科魚類を脅かす水温上昇の現状-ダムは水温上昇を加速させるのか-,
日本生態学会第60回大会, 2013年3月.
51. 赤坂 卓美, 森 照貴, 竹川 有哉, 石山 信雄, 井上 幹生, 三橋 弘宗, 河口 洋一, 鬼倉 徳雄, 三宅 洋, 片野 泉, 一柳 英隆, 中村 太士 :
水生動物を用いた " 川の健康診断 ":全国および地域スケールでの試み,
日本生態学会第60回大会, 2013年3月.
52. 上村 嘉彦, 河口 洋一, 野崎 健太郎 :
アユの美味しさは川の環境によって変わるのか ?,
日本生態学会第60回大会, 2013年3月.
53. 坂東 伸哉, 河口 洋一, 大串 浩一郎, 野崎 健太郎, 野口 剛志, 手塚 公裕, 濱岡 秀樹, 関島 恒夫 :
貯水ダムの出現が河川内有機物に与える影響の評価,
日本生態学会第60回大会, 2013年3月.
54. 竹川 有哉, 三橋 弘宗, 河口 洋一 :
日本列島におけるイワナ属の生息適地モデルとその保全計画への活用,
日本生態学会 第59回大会, 2013年3月.
55. 河口 洋一, 谷口 義則, 泉 雄太郎 :
温暖化と人為的改変が知床のオショロコマに及ぼす影響,
日本生態学会 第59回大会, 2013年3月.
56. 河口 洋一 :
風力発電施設による衝突回避に向けた取り組み,
風力発電の環境影響評価と海ワシ保護に関するフォーラム, 2013年3月.
57. 上村 嘉彦, 河口 洋一, 野崎 健太郎 :
ダムのある・なしとアユの食味の関係,
中国四国地区生物系三学会合同大会(島根大会), 2012年.
58. 河口 洋一, 谷口 義則 :
ダムと温暖化が知床半島の冷水性魚類に及ぼす影響,
ELR2012, 2012年9月.
59. 坂東 伸哉, 河口 洋一, 野口 剛志, 濱岡 秀樹, 手塚 公裕, 佐藤 雄大, 児玉 大輔, 関島 恒夫, 大串 浩一郎 :
ダム試験湛水前から運用初期における河川内有機物の質的変化,
ELR2012, 2012年9月.
60. 鈴木 享子, 川原 満, 藤本 信治, 清水 泰, 永井 英俊, 吉冨 友恭, 河口 洋一, 大石 麻美, 児玉 大輔, 佐藤 雄大, 関島 恒夫, 森岡 裕詞, 木村 伸吾, 大竹 二雄 :
北海道北部に生息するイトウの成長と食性,
ELR2012, 2012年9月.
61. 中津 充裕, 竹川 有哉, 青山 直寛, 河口 洋一 :
圃場整備水田域の水路網におけるドジョウの生息環境解析と分布域の地図化,
中国四国地区生物系三学会合同大会(島根大会), 2012年5月.
62. 坂東 伸哉, 河口 洋一, 大串 浩一郎 :
安定同位体比に注目した嘉瀬川ダム試験湛水前後における河川内有機物の質的変化,
中国四国地区生物系三学会合同大会(島根大会), 2012年5月.
63. 竹川 有哉, 河口 洋一, 青山 直寛, 中津 充裕 :
圃場整備水田域における生き物を育む農法の質の向上にむけた取り組み,
応用生態工学会第15会金沢大会, 2011年9月.
64. 鈴木 享子, 吉冨 友恭, 河口 洋一, 江戸 謙顕, 市村 政樹, 藤本 信治, 大竹 二雄 :
降海型イトウの回遊履歴と胃内容物組成,
応用生態工学会第15会金沢大会, 2011年9月.
65. 竹川 有哉, 河口 洋一, 青山 直寛, 中津 充裕 :
圃場整備水田域における水系ネットワーク再生の提案∼経済と環境の両立を目指して∼,
土木学会四国支部会, 2011年5月.

その他・研究会:

1. 河口 洋一 :
森と川と海の生態系のつながり,
徳島の自然, No.85, 1-3, 2012年10月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 流体シミュレーションと3次元位置情報によるオジロワシの空間利用モデルの開発 (研究課題/領域番号: 18H03412 )
  • コウノトリ野生復帰の全国展開と生物多様性の保全・再生に関する実践科学的研究 (研究課題/領域番号: 16H02994 )
  • 世界遺産・知床の自然を脅かす気候変動とダム:冷水性サケ科魚類の応答と保全策の提案 (研究課題/領域番号: 25281055 )
  • 魚類の生態情報と地域情報に基づくエコロジカルネットワークの再生:トキ採餌環境整備 (研究課題/領域番号: 22510030 )
  • 試験放鳥したトキの行動追跡に基づく生息適地評価と自然再生計画の検証手続き (研究課題/領域番号: 21310149 )
  • 川のネットワーク構造の再生による魚類生息量の変化:トキ放鳥に向けた採餌環境整備 (研究課題/領域番号: 19710027 )
  • 地球温暖化及び河川工作物が世界自然遺産・知床半島の淡水魚類に及ぼす影響評価 (研究課題/領域番号: 19510017 )
  • 研究者番号(20391617)による検索