検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 薬学域 > 薬科学部門 > 創薬科学系 > 分子創薬化学 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1804012 健康長寿社会の実現に資する高感度歯科口臭検査法の開発 >
徳島大学 > 薬科学教育部 > 創薬科学専攻 >
徳島大学 > 薬学部 > 創製薬科学科 > 創薬学講座 > 分子創薬化学 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (重点) > 1802001 有機合成化学を起点とするセンシング技術の開発と応用 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (重点) > 1803003 リード薬の構造展開による新規阻害薬の創出とその物性・治療活性の最適化 >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

薬学 (Pharmacy)

研究テーマ

有機化学

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Shota Fuimoto, Naoki Muguruma, Michiyasu Nakao, Hidenori Andou, Takanori Kashihara, Yoshihiko Miyamoto, Koichi Okamoto, Shigeki Sano, Tatsuhiro Ishida, Yasushi Sato and Tetsuji Takayama :
Indocyanine green-labeled dasatinib as a new fluorescent probe for molecular imaging of gastrointestinal stromal tumors.,
Journal of Gastroenterology and Hepatology, Vol.in press, 2020.
(DOI: 10.1111/jgh.15281,   PubMed: 32989784)
2. Michiyasu Nakao, Munehisa Toguchi, Yuki Shimabukuro and Shigeki Sano :
Tandem Thia-Michael/Dieckmann Condensation of Allenyl Esters for the Regioselective Synthesis of Trisubstituted Thiophenes,
Tetrahedron Letters, Vol.61, No.36, 152271, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 115121,   DOI: 10.1016/j.tetlet.2020.152271)
3. Michiyasu Nakao, Ayumu Adachi, Syuji Kitaike and Shigeki Sano :
Synthesis of Three Stereoisomers of Erythrochelin, a Hydroxamate-Type Tetrapeptide Siderophore from Saccharopolyspora erythraea,
Heterocycles, Vol.101, No.1, 347-356, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114107,   DOI: 10.3987/COM-19-S(F)27)
4. Shigeki Sano, Tomoya Matsumoto, Munehisa Toguchi and Michiyasu Nakao :
Facile Two-Step Synthesis of Methyl Bis(2,2,2-trifluoroethyl)phosphonoacetate by Exploiting GareggSamuelsson Reaction Conditions,
Synlett, Vol.29, No.11, 1461-1464, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113942,   DOI: 10.1055/s-0036-1591566)
5. Michiyasu Nakao, Nanako Nishikiori, Akihito Nakamura, Murasaki Miyagi, Nao Shibata, Syuji Kitaike, Makoto Fukui, Hiro-O Ito and Shigeki Sano :
Synthesis of Sterically Protected Isoindoles from ortho-Phthalaldehyde,
SynOpen, Vol.2, No.1, 50-57, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113941,   DOI: 10.1055/s-0036-1591932)
6. Shiroh Fujii, Shingen Nakamura, Asuka Oda, Hirokazu Miki, Hirofumi Tenshin, Jumpei Teramachi, Masahiro Hiasa, Ariunzaya Bat-Erdene, Yusaku Maeda, Masahiro Oura, Mamiko Takahashi, Masami Iwasa, Itsuro Endo, Sumiko Yoshida, Ken-ichi Aihara, Kiyoe Kurahashi, Takeshi Harada, Kumiko Kagawa, Michiyasu Nakao, Shigeki Sano and Masahiro Abe :
Unique anti-myeloma activity by thiazolidine-2,4-dione compounds with Pim inhibiting activity.,
British Journal of Haematology, Vol.180, No.2, 246-258, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112752,   DOI: 10.1111/bjh.15033,   PubMed: 29327347,   Elsevier: Scopus)
7. Michiyasu Nakao, Kazue Tanaka, Syuji Kitaike and Shigeki Sano :
Synthesis of Fluorine-Containing Analogues of 1-Lysoglycerophospholipids via HornerWadsworthEmmons Reaction,
Synthesis, Vol.49, No.16, 3654-3661, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 113940,   DOI: 10.1055/s-0036-1588826)
8. Natsumi Fujiwara, Keiji Murakami, Michiyasu Nakao, Munehisa Toguchi, Hiromichi Yumoto, Katsuhiko Hirota, Takashi Matsuo, Shigeki Sano, Kazumi Ozaki and Yoichiro Miyake :
Antibacterial and antibiofilm effects of Reuterin-Related Compounds to periodontopathic bacteria,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.30, No.1, 8-17, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111063,   DOI: 10.20738/johb.30.1_8)
9. Natsumi Fujiwara, Keiji Murakami, Michiyasu Nakao, Munehisa Toguchi, Hiromichi Yumoto, Takashi Amoh, Katsuhiko Hirota, Takashi Matsuo, Shigeki Sano, Kazumi Ozaki and Yoichiro Miyake :
Novel reuterin-related compounds suppress odour by periodontopathic bacteria,
Oral Diseases, Vol.23, No.4, 492-497, 2017.
(DOI: 10.1111/odi.12638,   PubMed: 28083982,   Elsevier: Scopus)
10. Shigeki Sano, Eiko Kujime, Hiroko Tanaka, Syuji Kitaike and Michiyasu Nakao :
Enzymatic Synthesis of Chiral P-Stereogenic Phosphonoacetates,
Chemical Data Collections, Vol.5/6, 12-20, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 113939,   DOI: 10.1016/j.cdc.2016.09.001)
11. Michiyasu Nakao, Shunsuke Tsuji, Syuji Kitaike and Shigeki Sano :
Synthesis of Erythrochelin: A Hydroxamate-Type Siderophore from Saccharopolyspora erythraea,
Synthesis, Vol.48, No.23, 4149-4154, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 113938,   DOI: 10.1055/s-0035-1560564)
12. Michiyasu Nakao, Yuta Hiroyama, Shintaro Fukayama and Shigeki Sano :
N4-Methylation Changes the Conformation of (3S,6S)-3-Alkyl-6-benzylpiperazine-2,5-diones from Folded to Extended,
Journal of Molecular Structure, Vol.1116, 37-44, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 113937,   DOI: 10.1016/j.molstruc.2016.03.019)
13. Shigeki Sano, Masanori Kamura, Akihito Nakamura, Syuji Kitaike and Michiyasu Nakao :
Asymmetric Synthesis of cis-4a,5,8,8a-Tetrahydrophthalazin-1(2H)-one Derivatives Based on Organocatalytic Alcoholysis of Cyclic Dicarboxylic Anhydride,
Heterocycles, Vol.93, No.1, 391-398, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 113936,   DOI: 10.3987/COM-15-S(T)17)
14. Ryouhei Yamashita, Yumika Tabata, Erina Iga, Michiyasu Nakao, Shigeki Sano, Kentaro Kogure, Akira Tokumura and Tamotsu Tanaka :
Analysis of molecular species profiles of ceramide-1-phosphate and sphingomyelin using MALDI-TOF mass spectrometry,
Lipids, Vol.51, No.2, 263-270, 2016.
(DOI: 10.1007/s11745-015-4082-0,   PubMed: 26694604,   Elsevier: Scopus)
15. Shigeki Sano, Tomoya Matsumoto, Teppei Yano, Munehisa Toguchi and Michiyasu Nakao :
Synthesis of Allenyl Esters by Horner-Wadsworth-Emmons Reactions of Ketenes Mediated by Isopropylmagnesium Bromide,
Synlett, Vol.26, No.15, 2135-2138, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 114094,   DOI: 10.1055/s-0034-1378803)
16. Shigeki Sano, Hayato Sumiyoshi, Atsuhi Handa, Rie Tokizane and Michiyasu Nakao :
A Novel Synthetic Approach to Glycerophospholipid via Horner-Wadsworth-Emmons Reaction of Mixed Phosphonoacetate,
Tetrahedron Letters, Vol.56, No.32, 4686-4688, 2015.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2015.06.033,   Elsevier: Scopus)
17. Michiyasu Nakao, Shintaro Fukayama, Syuji Kitaike and Shigeki Sano :
Synthesis of Rhodotorulic Acid and Its 1,4-Dimethylated Derivative,
Heterocycles, Vol.90, No.2, 1309-1316, 2015.
(DOI: 10.3987/COM-14-S(K)67,   CiNii: 40020330627,   Elsevier: Scopus)
18. Shigeki Sano, Tomoya Matsumoto, Hiroshi Nanataki, Shota Tempaku and Michiyasu Nakao :
Z-Selective HornerWadsworthEmmons Reaction of 2-TOM-cyclopentanone for the Synthesis of rac-N-Cbz-Gly-[(Z)-CF=C]-Pro-OH Dipeptide Isostere,
Tetrahedron Letters, Vol.55, No.45, 6248-6251, 2014.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2014.09.077,   Elsevier: Scopus)
19. Shigeki Sano, Tomoya Matsumoto and Michiyasu Nakao :
E-Selective Horner-Wadsworth-Emmons Reaction of 2-OBO-cyclopentanone for the Synthesis of rac-N-Cbz-Gly-[(E)-CF=C]-Pro-OH Dipeptide Isostere,
Tetrahedron Letters, Vol.55, No.32, 4480-4483, 2014.
(DOI: 10.1016/j.tetlet.2014.06.063)
20. Masahiro Hiasa, Jumpei Teramachi, A Oda, Ryota Amachi, T Harada, Shingen Nakamura, Hirokazu Miki, Shiroh Fujii, Kumiko Kagawa, Keiichiro Watanabe, Itsuro Endo, Y Kuroda, T Yoneda, Daisuke Tsuji, Michiyasu Nakao, Eiji Tanaka, Kenichi Hamada, Shigeki Sano, Kouji Itou, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Pim-2 kinase is an important target of treatment for tumor progression and bone loss in myeloma.,
Leukemia, 2014.
(DOI: 10.1038/leu.2014.147,   PubMed: 24787487)
21. Michiyasu Nakao, Yuriko Toriuchi, Shintaro Fukayama and Shigeki Sano :
Synthesis and Conformational Characterization of Diketopiperazines Bearing a Benzyl Moiety,
Chemistry Letters, Vol.43, No.3, 340-352, 2014.
(DOI: 10.1246/cl.131001,   CiNii: 130004868020,   Elsevier: Scopus)
22. Shigeki Sano, Keisuke Matsuura, Hayato Sumiyoshi, Akira Miki, Syuji Kitaike and Michiyasu Nakao :
Reinvestigation of 1,3,4-Thiadiazol-2(3H)-Iminium Bromide in the Two-Step Synthesis of Imdazo[2,1-b][1,3,4]-Thiadiazoles,
Heterocycles, Vol.89, No.4, 1041-1053, 2014.
(DOI: 10.3987/COM-14-12938,   Elsevier: Scopus)
23. Shigeki Sano, Takeshi Tsumura, Masashi Horibe and Michiyasu Nakao :
Catalytic Asymmetric Ring-Opening of -Symmetric Cyclic Carbonates with Chiral Brønsted Acid Catalysts,
Synlett, Vol.24, No.17, 2302-2304, 2013.
(DOI: 10.1055/s-0033-1339845)
24. Shigeki Sano, Takashi Ichikawa, Michiyasu Nakao and Yoshimitsu Nagao :
Deconjugative Esterification of 2-(4-Phenylcyclohexylidne)acetic Acid via Intramolecular Chirality Transfer,
Chemistry Letters, Vol.41, No.2, 189-190, 2012.
(DOI: 10.1246/cl.2012.189,   CiNii: 10030223528)
25. Shigeki Sano, Takashi Ichikawa, Michiyasu Nakao and Yoshimitsu Nagao :
A Microwave-Assisted Deconjugative Esterification of α,β-Unsaturated Carboxylic Acids through alpha,beta-Unsaturated Ketene Intermediates,
Chemistry Letters, Vol.41, No.1, 68-69, 2012.
(DOI: 10.1246/cl.2012.68)
26. Shigeki Sano, Yoshinori Okubo, Atsushi Handa, Michiyasu Nakao, Syuji Kitaike, Yoshimitsu Nagao and Hisao Kakegawa :
Reinvestigation of the Synthesis of Isoliquiritigenin (ILG): Application of Horner-Wadsworth-Emmons Reaction and Claisen-Schmidt Condensation,
Chemical & Pharmaceutical Bulletin, Vol.59, No.7, 885-888, 2011.
(DOI: 10.1248/cpb.59.885,   PubMed: 21720042)
27. Kaori Ueda, Masanori Yoshihara, Michiyasu Nakao, Tamotsu Tanaka, Shigeki Sano, Kenji Fukuzawa and Akira Tokumura :
Evaluation of inhibitory actions of flavonols and related substances on lysophospholipase d activity of serum autotaxin by a convenient assay using a chromogenic substrate.,
Journal of Agricultural and Food Chemistry, Vol.58, No.10, 6053-6063, 2010.
(DOI: 10.1021/jf904155a,   PubMed: 20415488)
28. Shigeki Sano, Takeshi Tsumura, Noriaki Tanimoto, Takashi Honjo, Michiyasu Nakao and Yoshimitsu Nagao :
Modified Cinchona Alkaloid-Zinc Complex Catalysts: Enantioselective Monoacetylation of Glycerol Derivatives with Acetic Anhydride,
Synlett, No.2, 256-260, 2010.
(DOI: 10.1055/s-0029-1218562)
29. Shigeki Sano, Michiyasu Nakao, Masanori Takeyasu, Syuji Kitaike, Yasuko Yoshioka and Yoshimitsu Nagao :
Use of Diketopiperazines for Determining Absolute Configurations of α-Substituted Serines by 1H-NMR Spectroscopy,
Heterocycles, Vol.79, No.1, 781-789, 2009.
(DOI: 10.3987/COM-08-S(D)47,   CiNii: 40016543107)
30. Kazuyuki Kuwayama, Kazuhito Matsuzaki, Yoshifumi Mizobuchi, Hideo Mure, Keiko T. Kitazato, Teruyoshi Kageji, Michiyasu Nakao and Shinji Nagahiro :
Promyelocytic leukemia protein induces apoptosis due to caspase-8 activation via the repression of NFkB activation in glioblastoma,
Neuro-Oncology, Vol.11, No.2, 132-141, 2009.
(DOI: 10.1215/15228517-2008-083,   PubMed: 18812519)
31. Shigeki Sano, Michiyasu Nakao, Masanori Takeyasu, Chiyo Yamamoto, Syuji Kitaike, Yasuko Yoshioka and Yoshimitsu Nagao :
Chemoenzymatic Synthesis of α-Substituted Serines via Enantiodivergent Transformation,
The Open Organic Chemistry Journal, Vol.3, 22-34, 2009.
(DOI: 10.2174/1874095200903010022)
32. Takashi Honjo, Michiyasu Nakao, Shigeki Sano, Motoo Shiro, Kentaro Yamaguchi, Yoshihisa Sei and Yoshimitsu Nagao :
Nonenzymatic Enantioselective Monoacetylation of Prochiral 2-Protectedamino-2-alkyl-1,3-propanediols Utilizing a Chiral Sulfonamide-Zn Complex Catalyst,
Organic Letters, Vol.9, No.3, 509-512, 2007.
(DOI: 10.1021/ol063063g,   PubMed: 17249799)
33. Shigeki Sano, Etsuko Harada, Tomohiro Azetsu, Takashi Ichikawa, Michiyasu Nakao and Yoshimitsu Nagao :
Novel Deconjugative Esterification of 2-Cyclohexylidneacetic Acids through 4-(Pyrrolidin-1-yl)pyridine Catalyzed Carbodiimide Couplings,
Chemistry Letters, Vol.35, No.11, 1286-1287, 2006.
(DOI: 10.1246/cl.2006.1286,   CiNii: 10018405161)
34. Shigeki Sano, Shinobu Abe, Tomohiro Azetsu, Michiyasu Nakao, Motoo Shiro and Yoshimitsu Nagao :
Diastereoselective Horner-Wadsworth-Emmons Reaction for the Synthesis of Tetrasubstituted Alkenes with an Axis of Chirality,
Letters in Organic Chemistry, Vol.3, No.11, 798-801, 2006.
(DOI: 10.2174/157017806779116969,   Elsevier: Scopus)
35. Shigeki Sano, Michiyasu Nakao, Masanori Takeyasu, Takashi Honjo and Yoshimitsu Nagao :
Lipase-catalyzed Enantioselective Acetylation of Prochiral N-Cbz-2-Alkyl-2-amino-1,3-propanediols and Enantiodivergent Synthesis of α-Benzylserine,
Letters in Organic Chemistry, Vol.3, No.10, 764-767, 2006.
(DOI: 10.2174/157017806779025924,   Elsevier: Scopus)

総説・解説:

1. 六車 直樹, 藤本 将太, 樫原 孝典, 三橋 威志, 宮本 佳彦, 岡本 耕一, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 高山 哲治 :
総説 がんを標的とした内視鏡分子イメージングの新展開,
OPTRONICS, Vol.39, No.9, 117-121, 2020年9月.
2. 中尾 允泰 :
新しいホスホノアミダート型プロドラッグの開発,
ファルマシア, Vol.55, No.6, 569, 2019年6月.
(徳島大学機関リポジトリ: 115329)
3. 中尾 允泰 :
ジケトピペラジンの分子構造特性を基盤とする機能性分子の創製,
薬学雑誌, Vol.137, No.12, 1505-1516, 2017年12月.
(徳島大学機関リポジトリ: 114085,   DOI: 10.1248/yakushi.17-00176,   PubMed: 29199259,   Elsevier: Scopus)
4. Shigeki Sano and Michiyasu Nakao :
Chemistry of 2.5-Diketopiperazine and its Bis-lactim Ether: a Brief Review,
Heterocycles, Vol.91, No.7, 1349-1375, Jul. 2015.
(DOI: 10.3987/REV-15-820,   Elsevier: Scopus)
5. 佐野 茂樹, 中尾 允泰 :
化学レビュー:多彩に機能するジケトピペラジン,
化学, Vol.67, No.2, 48-52, 2012年1月.

国際会議:

1. Shota Fujimoto, Naoki Muguruma, Michiyasu Nakao, Yoshihiko Miyamoto, Tatsuhiro Ishida, Shigeki Sano and Tetsuji Takayama :
Near-Infrared Molecular Imaging of Gastrointestinal Stromal Tumors using a Novel Fluorescent Probe Indocyanine Green (ICG)-Labeled Dasatinib.,
Digetive Disease Week2018, Washington, D.C., Jun. 2018.
2. Tamotsu Tanaka, M Md Rahman, E Iga, R Yamashita, R Shimizu, K Tsuji, A Shimada, Michiyasu Nakao, Shigeki Sano and Kentaro Kogure :
Plasma level of ceramide 1-phosphate and its anti-apoptotic activity.,
58th International conference on the bioscience of lipids (ICBL), Sep. 2017.
3. M Md Rahman, A Shimada, Tohru Miyazaki, K Tsuji, Michiyasu Nakao, Shigeki Sano, Kentaro Kogure and Tamotsu Tanaka :
Characterization of the Biological Effects of Ceramide-1-Phosphate.,
第58回日本生化学会中国・四国支部例会, May 2017.
4. Michiyasu Nakao and Shigeki Sano :
Development of a Novel Method to Determine the Absolute Configuration of alpha-Amino Acids Based on 1H NMR Spectra of Diketopiperazines,
The 8th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium (AIMECS 11), Awaji, Nov. 2011.
5. Takashi Ichikawa, Michiyasu Nakao and Shigeki Sano :
Microwave-Assisted Deconjugative Esterification of ,-Unsaturated Carboxylic Acids,
The Second Decennial Meeting between Seoul National University and the University of Tokushima, Awaji, Dec. 2010.
6. Takeshi Tsumura, Masashi Horibe, Michiyasu Nakao and Shigeki Sano :
Catalytic Asymmetric Ring-Opening of -Symmetric Cyclic Carbonates with Chiral Brnsted Acid Catalysts,
The Second Decennial Meeting between Seoul National University and the University of Tokushima, Awaji, Dec. 2010.
7. Michiyasu Nakao, Masanori Takeyasu, Shigeki Sano and Yoshimitsu Nagao :
Synthesis of Optical Active Diketopiperazines for Absolute Configuration Determination of α-Amino Acids,
The 12th Japan-Korea Joint Symposium on Drug Design and Development, Sendai, May 2008.
8. Shigeki Sano, Michiyasu Nakao and Yoshimitsu Nagao :
Novel Enantiodivergent Synthesis of α-Methylserine Derivatives Utilizing Enzymatic Acetylation,
Seoul National University-The University of Tokushima Young Medicinal Chemist Symposium - Recent Status and Future Prospect of Medicinal Chemistry, Seoul, Jul. 2005.

国内講演発表:

1. 田原 昌和, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
ビス(ベンジルチオ)ホスホリル酢酸メチルとケテンのHWE型反応によるアレニルエステルの合成,
日本薬学会第140年会, 2020年3月.
2. 井原 嵩人, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
ビス(ベンジルチオ)ホスホリル酢酸メチルとアルデヒドの立体選択的HWE型反応,
日本薬学会第140年会, 2020年3月.
3. 仲村 明人, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
DOPOを求核剤とする安定型イソインドール誘導体の合成,
第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2019年11月.
4. 戸口 宗尚, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
アレニルエステルの位置選択的チア-マイケル/ディークマン縮合反応による三置換チオフェンの合成,
第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2019年11月.
5. 中尾 允泰, 足立 歩, 佐野 茂樹 :
シデロフォア活性物質エリスロケリンの立体異性体合成,
第58回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2019年11月.
6. 中尾 允泰, 足立 歩, 佐野 茂樹 :
ヒドロキサム酸型シデロフォア活性物質エリスロケリンの立体異性体合成,
第45回反応と合成の進歩シンポジウム, 2019年10月.
7. 藤本 将太, 六車 直樹, 中尾 允泰, 安藤 英紀, 宮本 佳彦, 岡本 耕一, 佐藤 康史, 石田 竜弘, 佐野 茂樹, 高山 哲治 :
新規蛍光プローブIndocyanine green (ICG) 標識Dasatinibを用いた消化管間質腫瘍 (GIST) の近赤外蛍光 イメージング.,
第14回日本分子イメージング学会総会・学術集会, 2019年5月.
8. 中尾 允泰, 岸本 采乃, 佐野 茂樹 :
アレニルエステルとリン求核剤の新規ホスファ-マイケル付加反応の開発,
日本薬学会第139年会, 2019年3月.
9. 白川 怜王奈, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
Garegg-Samuelsson条件下での2-フルオロ-2-ジエチルホスホノ酢酸エチル誘導体の合成,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2018年11月.
10. 関 和雅, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
ビス(オルガノチオ)ホスホリル酢酸メチルの合成とHWE型反応への応用,
第57回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2018年11月.
11. 中尾 允泰, 戸口 宗尚, 島袋 友岐, 岸本 采乃, 堀越 拳, 大多和 孝一, 佐野 茂樹 :
アレニルエステルのヘテロ-マイケル付加反応を起点とするヘテロ五員環合成,
第44回反応と合成の進歩シンポジウム, 2018年11月.
12. 藤本 将太, 六車 直樹, 岡本 耕一, 佐藤 康史, 宮本 佳彦, 中尾 允泰, 北村 晋志, 宮本 弘志, 佐野 茂樹, 石田 竜弘, 常山 幸一, 高山 哲治 :
Theranostics理論に基づく消化管間質腫瘍(GIST)の新規診断治療法の開発.,
第26回日本消化器関連学会週間(第96回日本消化器内視鏡学会総会), 2018年11月.
13. 宮﨑 徹, 島田 明奈, 高橋 尚子, Md. Motiur Rahman, 清水 良多, 辻 和樹, 森戸 克弥, 山下 量平, 佐野 茂樹, 中尾 允泰, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
外因的に加えた極長鎖脂肪酸およびこれを含有するセラミドのアポトーシスへの影響,
第11回セラミド研究会, 2018年10月.
14. 宮﨑 徹, 島田 明奈, 高橋 尚子, Md. Motiur Rahman, 清水 良多, 辻 和樹, 森戸 克弥, 山下 量平, 佐野 茂樹, 中尾 允泰, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
外因的に加えた極長鎖脂肪酸および極長鎖脂肪酸含有セラミドのアポトーシスへの影響,
第60回 日本脂質生化学会, 2018年5月.
15. 中尾 允泰, 戸口 宗尚, 佐野 茂樹 :
アレニルエステルとメルカプト酢酸メチルのタンデム型チア-マイケル/ディークマン縮合反応,
日本薬学会第138年会, 2018年3月.
16. 辻 和樹, 島田 明奈, 宮崎 徹, 高橋 尚子, 伊賀 永里奈, Rahman Md Motiur, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 小暮 健太朗, 田中 保 :
種々の脂肪酸残基を有するセラミドの化学合成とその生理活性,
第40回日本分子生物学会年会,第90回日本生化学会大会 プログラム, 438, 2017年12月.
17. 中尾 允泰, 戸口 宗尚, 佐野 茂樹 :
アレニルエステルを基盤とするチア-マイケル/アルドール型タンデム反応の開発,
第43回反応と合成の進歩シンポジウム, 2017年11月.
18. 祥瑞 知美, 井上 大輔, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
キラル第三級アミン触媒を用いるσ対称環状炭酸エステルの不斉開環反応,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2017年10月.
19. 戸口 宗尚, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
アレニルエステルのチア-マイケル/ディークマン縮合反応による多置換チオフェン誘導体の合成,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2017年10月.
20. 島田 明奈, 宮﨑 徹, 高橋 尚子, Rahman Motiur Md., 清水 良多, 辻 和樹, 山下 量平, 佐野 茂樹, 中尾 允泰, 福田 達也, 小暮 健太朗, 田中 保 :
極長鎖脂肪酸およびこれを含有するセラミドのアポトーシス抑制活性,
セラミド研究会, 2017年10月.
21. 田中 保, Md Motiur Rahaman, 伊賀 永理奈, 山下 量平, 清水 良多, 辻 和樹, 島田 明奈, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 小暮 健太朗 :
血液中に存在する極長鎖セラミド-1-リン酸のアポトーシス抑制作用,
第59回日本脂質生化学会, 講演要旨集, 33-34, 2017年6月.
22. 藤本 将太, 六車 直樹, 宮本 佳彦, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 安藤 英紀, 石田 竜弘, 高山 哲治 :
KIT分子を標的としたGISTの分子イメージング,
第103回日本消化器病学会総会, 2017年4月.
23. 中尾 允泰, 戸口 宗尚, 佐野 茂樹 :
アレニルエステルとメルカプトアセトアルデヒドのタンデム型チア-マイケル/アルドール反応,
日本薬学会第137年会, 2017年3月.
24. 仲村 明人, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
光学活性グリセロール誘導体が示す比旋光度の濃度依存性,
日本薬学会第137年会, 2017年3月.
25. 中尾 允泰, 田中 一江, 佐野 茂樹 :
含フッ素1-リゾグリセロリン脂質ミメティクスの合成,
第42回反応と合成の進歩シンポジウム, 2016年11月.
26. 戸口 宗尚, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
多置換テトラヒドロチオフェン合成を指向したタンデム型チア-マイケル/アルドール反応,
第74回パネル討論会 : 次世代を切り拓く全合成研究の若い力, 2016年10月.
27. 戸口 宗尚, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
アレニルエステルのタンデム型チア-マイケル/アルドール反応による多置換テトラヒドロチオフェンの合成,
第46回複素環化学討論会, 2016年9月.
28. 山下 量平, 伊賀 永里奈, 柿内 直哉, 辻 和樹, 小暮 健太郎, 德村 彰, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 田中 保 :
種々のセラミド-1-リン酸分子種の生理活性とその代謝,
第58回日本脂質生化学会, 2016年6月.
29. 中尾 允泰, 辻 駿佑, 佐野 茂樹 :
ヒドロキサム酸型シデロフォア活性物質エリスロケリンの合成,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
30. 仲村 明人, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
環状酸無水物の不斉加メタノール分解を基盤とするcis-テトラヒドロフタラジノン誘導体の合成,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
31. 戸口 宗尚, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
アレニルエステルとメルカプトアルデヒドのタンデム型チア-マイケル/アルドール反応,
日本薬学会第136年会, 2016年3月.
32. 仲村 明人, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
cis-テトラヒドロフタラジノン誘導体の効率的不斉合成法の開発,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月.
33. 戸口 宗尚, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
アレニルエステルを用いる多置換テトラヒドロチオフェン類の合成,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月.
34. 田中 一江, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
含フッ素1-リゾホスファチジン酸ミメティクスの合成,
第54回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2015年10月.
35. 中尾 允泰, 松本 知也, 戸口 宗尚, 佐野 茂樹 :
ケテンのHWE反応を基盤とするアレニルエステル誘導体の効率的合成,
第41回反応と合成の進歩シンポジウム, 2015年10月.
36. 中尾 允泰, 深山 真太郎, 辻 駿佑, 佐野 茂樹 :
シデロフォア活性物質ロドトルラ酸ならびに関連誘導体の効率的合成,
第40回反応と合成の進歩シンポジウム, 2014年11月.
37. 中尾 允泰, 深山 真太郎, 辻 駿佑, 佐野 茂樹 :
マイクロ波を活用したロドトルラ酸の効率的合成,
第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2014年11月.
38. 松浦 啓介, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
マイクロ波を活用したイミダゾ[2,1-b][1,3,4]チアジアゾール誘導体の効率的合成,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
39. 宮城 紫, 井上 尚兵, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
立体保護効果により安定化されたイソインドール誘導体の合成,
日本薬学会第134年会, 2014年3月.
40. 松本 知也, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
HWE反応による2-シクロペンチリデン-2-フルオロ酢酸誘導体の立体選択的合成,
第39回反応と合成の進歩シンポジウム, 2013年11月.
41. 松本 知也, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
2-フルオロ-2-ジエチルホスホノ酢酸エステルと2-OBO-シクロペンタノンのE選択的HWE反応,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
42. 松浦 啓介, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
マイクロ波を活用した2-アミノイミダゾチアジアゾール誘導体の効率的合成,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
43. 和田 良介, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
N-メチルジケトピペラジン型有機触媒によるヒドロキシアセトンと置換ベンズアルデヒドの不斉アルドール反応,
第52回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2013年10月.
44. 宮城 紫, 木村 光孝, 井上 尚兵, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 福井 誠, 伊藤 博夫 :
OPA法を基盤とした新しい口臭検査法の開発,
第11回プロセス化学東四国フォーラムセミナー, 2013年6月.
45. 宮城 紫, 木村 光孝, 井上 尚兵, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 福井 誠, 伊藤 博夫 :
OPA法を基盤とした新しい口臭検査法の開発,
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
46. 半田 充史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
HWE試薬を用いる光学活性グリセロリン脂質の合成 (2),
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
47. 松本 知也, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
2-フルオロ-2-ジエチルホスホノ酢酸とケトン類の立体選択的HWE反応,
日本薬学会第133年会, 2013年3月.
48. 和田 良介, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
機能性分子を指向するN-メチルジケトピペラジンの合成研究,
第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
49. 宮城 紫, 木村 光孝, 井上 尚兵, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 福井 誠, 伊藤 博夫 :
オルトフタルアルデヒド法を基盤とした新規メチルメルカプタン蛍光標識法,
第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
50. 松本 知也, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
2-シクロペンチリデン-2-フルオロ酢酸誘導体の立体選択的合成,
第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
51. 半田 充史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
HWE反応を鍵反応とする光学活性ホスファチジン酸の合成,
第51回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2012年11月.
52. 半田 充史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
HWE反応を鍵反応とする光学活性グリセロリン脂質の合成,
第38回反応と合成の進歩シンポジウム, 2012年11月.
53. 深山 真太郎, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
ロドトルラ酸を基盤とするN-メチルジケトピペラジン型鉄キレート剤の創製,
第42回複素環化学討論会, 2012年10月.
54. 松本 知也, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
HWE試薬を基盤とするアレンカルボン酸誘導体の合成,
日本薬学会第132年会, 2012年3月.
55. 深山 真太郎, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
N-メチルジケトピペラジン構造を基盤とするシデロフォア活性化合物の合成,
日本薬学会第132年会, 2012年3月.
56. 半田 充史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
HWE試薬を用いる光学活性グリセロリン脂質の合成,
日本薬学会第132年会, 2012年3月.
57. 中尾 允泰, 竹安 正範, 鳥内 有里子, 長尾 善光, 佐野 茂樹 :
N-メチルジケトピペラジン型不斉有機触媒を用いるアルドール反応,
日本薬学会第132年会, 2012年3月.
58. 松本 知也, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
2-アシル-2-ホスホノ酢酸エステルを用いるアレニルエステル合成,
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2011年11月.
59. 深山 真太郎, 鳥内 有里子, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
フェニルアラニン由来N-メチルジケトピペラジンのCH/π相互作用,
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2011年11月.
60. 半田 充史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
混合ホスホン酸エステルを鍵中間体とするグリセロリン脂質の効率的化学合成,
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2011年11月.
61. 市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
2-(1,3-ジオキサン-5-イリデン)酢酸の脱共役エステル化反応,
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2011年11月.
62. 中尾 允泰, 鳥内 有里子, 深山 真太郎, 佐野 茂樹 :
フェニルアラニン由来ジケトピペラジンのCH/π相互作用,
第50回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2011年11月.
63. 中尾 允泰, 鳥内 有里子, 深山 真太郎, 廣山 裕太, 佐野 茂樹 :
分子内CH/π相互作用に基づくジケトピペラジンの折りたたみ型立体配座,
第37回反応と合成の進歩シンポジウム, 2011年11月.
64. 半田 充史, 時實 梨衣, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
HWE反応を基盤とする効率的なグリセロリン脂質の合成法の開発,
創薬懇話会2011, 2011年7月.
65. 中尾 允泰, 鳥内 有里子, 廣山 裕太, 佐野 茂樹 :
ジケトピペラジンの折りたたみ型立体配座とCH/π相互作用,
創薬懇話会2011, 2011年7月.
66. 難波 建多郎, 辻 大輔, 金城 奈美, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 伊藤 孝司 :
未分化細胞に対する新規分化誘導剤の探索,
第52回日本生化学会 中国・四国支部総会, 2011年5月.
67. 半田 充史, 時實 梨衣, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
HWE反応を用いるグリセロリン脂質の合成(2),
日本薬学会第131年会, 2011年3月.
68. 天白 将太, 七瀧 浩志, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
HWE反応を用いるグリシルプロリンミメティクスの合成,
日本薬学会第131年会, 2011年3月.
69. 堀部 将史, 津村 武史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
キラルブレンステッド酸触媒によるσ対称環状炭酸エステルの不斉開環反応,
日本薬学会第131年会, 2011年3月.
70. 市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
マイクロ波照射によるα,β-不飽和カルボン酸の脱共役エステル化反応,
日本薬学会第131年会, 2011年3月.
71. 中尾 允泰, 鳥内 有里子, 廣山 裕太, 佐野 茂樹 :
ジケトピペラジンの折りたたみ型立体配座と置換基効果,
日本薬学会第131年会, 2011年3月.
72. 重盛 純一, 上田 香織, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 里内 清, 徳村 彰 :
卵白リゾホスホリパーゼ D により産生されるリゾホスファチジン酸の卵黄嚢の血管系形成作用,
BMB2010 ∼ 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010年12月.
73. 中尾 允泰, 廣山 裕太, 鳥内 有里子, 佐野 茂樹 :
分子内相互作用の解明を目的としたN-メチルジケトピペラジンの立体配座解析,
第40回複素環化学討論会, 2010年11月.
74. 津村 武史, 堀部 将史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
キラルブレンステッド酸触媒によるσ対称環状炭酸エステルの触媒的不斉開環反応,
第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2010年11月.
75. 天白 将太, 七瀧 浩志, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
HWE反応を基盤とするグリシルプロリンミメティクス合成法の開発,
第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2010年11月.
76. 市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
カルボジイミド型脱水縮合剤を用いる2-ペンテン酸の脱共役エステル化反応,
第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2010年11月.
77. 半田 充史, 時實 梨衣, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
HWE反応を基盤とするグリセロリン脂質合成法の開発,
第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2010年11月.
78. 中尾 允泰, 廣山 裕太, 鳥内 有里子, 佐野 茂樹 :
芳香環含有ジケトピペラジン類のコンホメーション解析,
第49回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2010年11月.
79. 市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
分子内不斉転位を伴うα,β-不飽和カルボン酸の脱共役エステル化反応,
第36回反応と合成の進歩シンポジウム, 2010年11月.
80. 津村 武史, 堀部 将史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
σ対称環状炭酸エステルの触媒的不斉開環反応の開発(2),
日本薬学会第130年会, 2010年3月.
81. 矢野 哲平, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
Still試薬を基盤とするアレニルエステルの合成研究,
日本薬学会第130年会, 2010年3月.
82. 廣山 裕太, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
ジケトピペラジン構造を基盤とするα-アミノ酸の新規絶対配置決定法の開発研究(4),
日本薬学会第130年会, 2010年3月.
83. 中山 ゆかり, 河野 紘志, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
アンギバクチンならびに関連誘導体の効率的合成法の開発,
日本薬学会第130年会, 2010年3月.
84. 坂井 亮介, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
3-アシルチアゾリジン-2-チオン構造を基盤とした蛍光標識剤の合成開発研究,
日本薬学会第130年会, 2010年3月.
85. 市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
非環状α,β-不飽和カルボン酸の脱共役エステル化反応,
日本薬学会第130年会, 2010年3月.
86. 津村 武史, 堀部 将史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
σ対称環状炭酸エステルの触媒的不斉開環反応の開発(1),
日本薬学会第130年会, 2010年3月.
87. 中尾 允泰, 廣山 裕太, 吉田 達貞, 中馬 寛, 佐野 茂樹 :
N-メチルジケトピペラジン類のコンホメーション解析,
日本薬学会第130年会, 2010年3月.
88. 嘉村 真法, 津村 武史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
光学活性テトラヒドロフタラジノン誘導体の合成,
日本薬学会第130年会, 2010年3月.
89. 矢野 哲平, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
Still試薬のHWE反応によるアレン化合物の合成,
第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
90. 廣山 裕太, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
N-メチルジケトピペラジン構造を基盤とするα-アミノ酸の絶対配置決定法の開発,
第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
91. 中山 ゆかり, 河野 紘志, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
シデロフォア活性物質アンギバクチンならびに関連誘導体の合成,
第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
92. 坂井 亮介, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
分子内励起二量体形成型タンパク質蛍光標識試薬の合成開発,
第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
93. 嘉村 真法, 津村 武史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 :
環状酸無水物の不斉アルコリシスを基盤とする光学活性フタラジノンの合成,
第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
94. 森本 晃允, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 伊藤 博夫 :
OPA法ならびにエルマン法を基盤とするチオール捕捉標識反応剤の合成開発,
第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
95. 七瀧 浩志, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
フルオロオレフィン型プロリン含有ジペプチドミメティクス合成を目的とする立体選択的HWE反応,
第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
96. 時實 梨衣, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
1,2-ジグリセリド含有HWE試薬の合成とグリセロリン脂質への変換,
第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
97. 山下 大輔, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
タンデム型還元-オレフィン化反応によるE選択的オレフィン合成,
第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
98. 市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 :
DCCを用いるα,β-不飽和カルボン酸の脱共役エステル化反応,
第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
99. 津村 武史, 堀部 将史, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 :
σ対称環状炭酸エステルの触媒的エナンチオ選択的開環反応,
第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
100. 中尾 允泰, 廣山 裕太, 佐野 茂樹, 長尾 善光 :
芳香環含有ジケトピペラジン類のコンホメーション解析,
第48回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2009年11月.
101. 市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 :
カルボジイミド型脱水縮合剤を用いるα,β-不飽和カルボン酸の脱共役エステル化反応,
第35回反応と合成の進歩シンポジウム, 2009年11月.
102. 時實 梨衣, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
HWE反応を用いるグリセロリン脂質の合成,
日本薬学会第129年会, 2009年3月.
103. 市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 :
ケテン経由の脱共役エステル化を基盤とする不斉転位反応,
日本薬学会第129年会, 2009年3月.
104. 中尾 允泰, 竹安 正範, 廣山 裕太, 佐野 茂樹, 長尾 善光 :
ジケトピペラジン構造を基盤とするα-アミノ酸の新規絶対配置決定法の開発研究(3),
日本薬学会第129年会, 2009年3月.
105. 中尾 允泰, 竹安 正範, 廣山 裕太, 佐野 茂樹, 長尾 善光 :
複素環化合物の特性を活用したα-アミノ酸の簡便絶対配置決定法,
創薬懇話会2008, 2008年12月.
106. 中尾 允泰, 竹安 正範, 廣山 裕太, 佐野 茂樹, 長尾 善光 :
α-アミノ酸の絶対配置決定を目的とした光学活性ジケトピペラジンの合成,
第38回複素環化学討論会, 2008年11月.
107. 時實 梨衣, 中尾 允泰, 佐野 茂樹 :
HWE反応を基盤とするグリセロリン脂質の合成研究,
第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
108. 市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 :
カルボジイミド型脱水縮合剤を用いるケテン経由の脱共役エステル化反応,
第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
109. 中尾 允泰, 竹安 正範, 廣山 裕太, 佐野 茂樹, 長尾 善光 :
1H NMRを用いるα-アミノ酸の簡便絶対配置決定法の開発,
第47回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2008年11月.
110. 市川 喬士, 中尾 允泰, 佐野 茂樹, 長尾 善光 :
カルボジイミド型脱水縮合剤を用いる脱共役エステル化反応,
日本薬学会第128年会, 2008年3月.
111. 中尾 允泰, 竹安 正範, 中野 沙織, 佐野 茂樹, 長尾 善光 :
ジケトピペラジン構造を基盤とするα-アミノ酸の新規絶対配置決定法の開発研究(2),
日本薬学会第128年会, 2008年3月.
112. 中尾 允泰, 竹安 正範, 中野 沙織, 佐野 茂樹, 長尾 善光 :
1H NMRを活用するα-アミノ酸誘導体の新規絶対配置決定法の開発,
第46回日本薬学会·日本薬剤師会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2007年11月.
113. 中尾 允泰, 竹安 正範, 中野 沙織, 佐野 茂樹, 長尾 善光 :
光学活性ジケトピペラジンの合成とα-アミノ酸誘導体の新規絶対配置決定法の開発,
第33回反応と合成の進歩シンポジウム, 2007年11月.
114. 中尾 允泰, 竹安 正範, 佐野 茂樹, 長尾 善光 :
ジケトピペラジン構造を基盤とするα-アミノ酸の新規絶対配置決定法の開発研究,
日本薬学会第127年会, 2007年3月.
115. 中尾 允泰, 竹安 正範, 佐野 茂樹, 長尾 善光 :
α-置換セリン誘導体のエナンチオ分岐的合成と新規絶対配置決定法の開発,
第32回反応と合成の進歩シンポジウム, 2006年12月.
116. 中尾 允泰, 竹安 正範, 佐野 茂樹, 長尾 善光 :
α-置換セリン誘導体のエナンチオ分岐的化学-酵素合成ならびに絶対配置の決定,
第45回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2006年10月.
117. 中尾 允泰, 竹安 正範, 山本 千代, 佐野 茂樹, 長尾 善光 :
α-置換セリン誘導体のエナンチオ分岐的化学-酵素合成,
第7回長井長義記念シンポジウム, 2006年9月.
118. 佐野 茂樹, 中尾 允泰, 山本 千代, 長尾 善光 :
リパーゼを用いるα-置換セリン誘導体のエナンチオ分岐的合成,
日本薬学会第126年会, 2006年3月.
119. 佐野 茂樹, 中尾 允泰, 山本 千代, 長尾 善光 :
酵素アシル化を用いるα-置換セリン誘導体のエナンチオ分岐的合成,
第44回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2005年11月.
120. 佐野 茂樹, 中尾 允泰, 長尾 善光 :
酵素アセチル化反応を用いるα-メチルセリン誘導体のエナンチオ分岐的合成,
日本薬学会第125年会, 2005年3月.
121. 佐野 茂樹, 中尾 允泰, 長尾 善光 :
酵素反応を用いるα-メチルセリン誘導体のエナンチオ分岐的合成,
第43回日本薬学会·日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会, 2004年11月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • リン原子上にオルガノチオ基を有する新規HWE型試薬の創製 (研究課題/領域番号: 20K06966 )
  • ケテンイミン誘導体のヘテロ-マイケル付加反応を起点とする新規分子変換法の開発 (研究課題/領域番号: 20K06940 )
  • ピペラジノン誘導体を基盤とする新規な不斉触媒の合成開発 (研究課題/領域番号: 15K18829 )
  • ACFを標的とした新しい高感度分子イメージング法の開発 (研究課題/領域番号: 26293176 )
  • HWE反応を鍵反応とするリン脂質合成法の開発 (研究課題/領域番号: 23590007 )
  • 新規ハイスループット口臭検査法の開発を目指した基礎的研究 (研究課題/領域番号: 22592336 )
  • 研究者番号(60550001)による検索