検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 歯学域 > 口腔科学部門 > 臨床歯学系 > 歯周歯内治療学 >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 歯科 > 歯周病科(第二保存科) >
徳島大学 > 歯学部 > 歯学科 > 機能維持系臨床歯学講座 > 歯周歯内治療学 >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

医学 (Medicine)

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Kohei Nonaka, Mika Bandou, Eijiro Sakamoto, Yuji Inagaki, Koji Naruishi, Hiromichi Yumoto and Jun-ichi Kido :
6-Shogaol inhibits advanced glycation end-products-induced IL-6 and ICAM-1 expression by regulating oxidative responses in human gingival fibroblasts,
Molecules, Vol.24, No.20, e3705, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 114673,   DOI: 10.3390/molecules24203705,   PubMed: 31619000,   Elsevier: Scopus)
2. Muneaki Hashimoto, Mika Bandou, Jun-ichi Kido, Kazumichi Yokota, Toshihiro Mita, Kazuaki Kajimoto and Masatoshi Kataoka :
Nucleic acid purification from dried blood spot on FTA elute card provides template for polymerase chain reaction for highly sensitive Plasmodium detection,
Parasitology International, Vol.73, 101941, 2019.
(DOI: 10.1016/j.parint.2019.101941,   PubMed: 31442664)
3. Kohei Nonaka, Yukari Kajiura, Mika Bandou, Eijiro Sakamoto, Yuji Inagaki, JH Lew, Koji Naruishi, Takahisa Ikuta, Kaya Yoshida, Tesuo Kobayashi, Hiromasa Yoshie, Toshihiko Nagata and Jun-ichi Kido :
Advanced glycation end-products increase IL-6 and ICAM-1 expression via RAGE, MAPK and NF-kB pathways in human gingival fibroblasts,
Journal of Periodontal Research, Vol.53, No.3, 334-344, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113617,   DOI: 10.1111/jre.12518,   PubMed: 29193068,   Elsevier: Scopus)
4. Muneaki Hashimoto, Shouki Yatsushiro, Shohei Yamamura, Masato Tanaka, Hirokazu Sakamoto, Yusuke Ido, Kazuaki Kajimoto, Mika Bandou, Jun-ichi Kido and Masatoshi Kataoka :
Hydrophilic-treated plastic plates for wide-range analysis of Giemsa-stained red blood cells and automated Plasmodium infection rate counting,
Malaria Journal, Vol.16, No.1, 321, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 113980,   DOI: 10.1186/s12936-017-1975-9,   PubMed: 28789644,   Elsevier: Scopus)
5. 美原(和田) 智恵, 成石 浩司, 板東 美香, 西川 泰史, Jung-Hwan Lew, 坂本 英次郎, 生田 貴久, 河野 薫, 梶浦 由加里, 橋本 万里, 中島 由紀子, 稲垣 裕司, 二宮 雅美, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
Post clinical clerkship-OSCEを見据えた歯周病科での模擬OSCEの概要,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.29, No.2, 49-53, 2017年.
(徳島大学機関リポジトリ: 111059)
6. Koji Naruishi, Keiji Oishi, Yuuji Inagaki, Masumi Horibe, Mika Bandou, Masami Ninomiya, K Kawahara, J Minakuchi, S Kawashima, K Shima, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Association between Periodontal Condition and Kidney Dysfunction in Japanese Adults: A Cross-Sectional Study,
Clinical and Experimental Dental Research, Vol.2, No.2, 1-8, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 115061,   DOI: 10.1002/cre2.39)
7. Yuka Hiroshima, Mika Bandou, Yuji Inagaki, Reiko Kido, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata and Jun-ichi Kido :
Effect of Hangeshashinto on calprotectin expression in human oral epithelial cells.,
Odontology, Vol.104, No.2, 152-162, 2016.
(DOI: 10.1007/s10266-015-0196-3,   PubMed: 25649126)
8. 成石 浩司, 梶浦 由加里, 西川 泰史, 板東 美香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
培養歯肉線維芽細胞におけるクリプトタンシノンによる炎症関連分子の産生抑制効果,
日本歯科保存学雑誌, Vol.58, No.3, 212-218, 2015年.
(DOI: 10.11471/shikahozon.58.212,   CiNii: 130005086794)
9. Jun-ichi Kido, Yukiko Bandou, Mika Bandou, Yukari Kajiura, Yuka Hiroshima, Yuji Inagaki, Hiromi Murata, Takahisa Ikuta, Reiko Kido, Koji Naruishi, Makoto Funaki and Toshihiko Nagata :
YKL-40 level in gingival crevicular fluid from patients with periodontitis and type 2 diabetes,
Oral Diseases, Vol.21, No.5, 667-673, 2015.
(DOI: 10.1111/odi.12334,   PubMed: 25740558,   Elsevier: Scopus)
10. Takahisa Ikuta, Yuji Inagaki, Kazuya Tanaka, Tsuyoshi Saito, Yukiko Nakajima, Mika Bandou, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Gene polymorphism of β-defensin-1 is associated with susceptibility to periodontitis in Japanese.,
Odontology, Vol.103, No.1, 66-74, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 106075,   DOI: 10.1007/s10266-013-0139-9,   PubMed: 24276427,   Elsevier: Scopus)
11. Yukari Kajiura, Mika Bandou, Yuji Inagaki, Toshihiko Nagata and Jun-ichi Kido :
Glycated albumin and calprotectin levels in gingival crevicular fluid from patients with periodontitis and type 2 diabetes,
Journal of Periodontology, Vol.85, No.12, 1667-1675, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 109408,   DOI: 10.1902/jop.2014.140241,   PubMed: 25126693)
12. Mika Bandou, Xianqiong Zou, Yuka Hiroshima, Masatoshi Kataoka, Karen F. Ross, Yasuo Shinohara, Toshihiko Nagata, Mark C. Herzberg and Jun-ichi Kido :
Mechanism of interleukin-1α transcriptional regulation of S100A9 in a human epidermal keratinocyte cell line,
Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Gene Regulatory Mechanisms, Vol.1829, No.9, 954-962, 2013.
(DOI: 10.1016/j.bbagrm.2013.03.010,   PubMed: 23563247,   Elsevier: Scopus)
13. Kaori Abe, Y Hashimoto, S Yatsushiro, S Yamamura, Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Jun-ichi Kido, M Tanaka, Yasuo Shinohara, Toshihiko Ooie, Yoshinobu Baba and Masatoshi Kataoka :
Simultaneous immunoassay analysis of plasma IL-6 and TNF-α on a microchip.,
PLoS ONE, Vol.8, No.1, e53620, 2013.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0053620,   PubMed: 23326472,   Elsevier: Scopus)
14. Jun-ichi Kido, Kaori Abe, Shouki Yatsushiro, Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Toshihiko Nagata, Toshihiko Ooie, Masato Tanaka and Masatoshi Kataoka :
Determination of calprotectin in gingival crevicular fluid by immunoassay on a microchip,
Clinical Biochemistry, Vol.45, No.15, 1239-1244, 2012.
(DOI: 10.1016/j.clinbiochem.2012.05.009,   PubMed: 22609893)
15. Yuka Hiroshima, Mika Bandou, Yuji Inagaki, Chie Mihara-Wada, Masatoshi Kataoka, Hiromi Murata, Yasuo Shinohara, Toshihiko Nagata and Jun-ichi Kido :
Resistin in gingival crevicular fluid and induction of resistin release by Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide in human neutrophils,
Journal of Periodontal Research, Vol.47, No.5, 554-562, 2012.
(DOI: 10.1111/j.1600-0765.2011.01466.x,   PubMed: 22309231,   Elsevier: Scopus)
16. Jun-ichi Kido, Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Hiroyuki Iwasaka, Keisuke Yamada, Naoto Ohgami, Toshiyuki Namubu, Masatoshi Kataoka, Takenori Yamamoto, Yasuo Shinohara, Ikuko Sagawa and Toshihiko Nagata :
Analysis of proteins in human gingival crevicular fluid by mass spectrometry,
Journal of Periodontal Research, Vol.47, No.4, 488-499, 2012.
(DOI: 10.1111/j.1600-0765.2011.01458.x,   PubMed: 22220998)
17. Jun-ichi Kido, Mami Hino, Mika Bandou and Yuka Hiroshima :
Diagnosis of periodontal diseases by biomarkers,
Electrical Engineering in Japan, Vol.179, No.1, 40-45, 2012.
(DOI: 10.1002/eej.21150)
18. Yuka Hiroshima, Mika Bandou, Masatoshi Kataoka, Yuji Inagaki, Mark C. Herzberg, Karen F. Ross, Kazuo Hosoi, Toshihiko Nagata and Jun-ichi Kido :
Regulation of antimicrobial peptide expression in human gingival keratinocytes by interleukin-1α,
Archives of Oral Biology, Vol.56, No.8, 761-767, 2011.
(DOI: 10.1016/j.archoralbio.2011.01.004,   PubMed: 21316034)
19. 稲垣 裕司, 板東 美香, 中島 由紀子, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
オスモティックストレスが培養歯髄細胞の硬組織形成能とオステオポンチン産生に及ぼす影響,
日本歯科保存学雑誌, Vol.53, No.4, 367-375, 2010年.
(CiNii: 110008006906)
20. Yuka Hiroshima, Mika Bandou, Masatoshi Kataoka, Yasuo Shinohara, MC Herzberg, KF Ross, Yuji Inagaki, Toshihiko Nagata and Jun-ichi Kido :
Shosaikoto increases calprotectin expression in human oral epithelial cells.,
Journal of Periodontal Research, Vol.45, No.1, 79-86, 2010.
(DOI: 10.1111/j.1600-0765.2009.01203.x,   PubMed: 19602113)
21. Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Masatoshi Kataoka, MC Herzberg, KF Ross, Yasuo Shinohara, Takenori Yamamoto, Toshihiko Nagata and Jun-ichi Kido :
Modulation of calprotectin in human keratinocytes by keratinocyte growth factor and interleukin-1alpha.,
Immunology and Cell Biology, Vol.88, No.3, 328-333, 2010.
(DOI: 10.1038/icb.2009.104,   PubMed: 20065999)
22. 木戸 淳一, 日野 真美, 板東 美香, 廣島 佑香 :
バイオマーカーを用いた歯周病診断,
電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌), Vol.129, No.2, 233-237, 2009年.
(DOI: 10.1541/ieejeiss.129.233,   CiNii: 10023999637)
23. 廣島 佑香, 稲垣 裕司, 板東 美香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
著明な過剰根管充填の経過を長期観察した3症例,
日本歯科保存学雑誌, Vol.51, No.5, 485-492, 2008年.
(CiNii: 110007151262)
24. Yuka Hiroshima, Mika Bandou, Masatoshi Kataoka, Toshihiko Nagata and Jun-ichi Kido :
Regulation of calprotectin expression in human keratinocytes in vitro,
Journal of the Japanese Association of Periodontology, Vol.49, No.3, 224-232, 2007.
(DOI: 10.2329/perio.49.224,   CiNii: 10027094494)
25. Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Masatoshi Kataoka, Yasuo Shinohara, MC Herzberg, KF Ross, Toshihiko Nagata and Jun-ichi Kido :
Interleukin-1alpha regulates antimicrobial peptide expression in human keratinocytes.,
Immunology and Cell Biology, Vol.85, No.7, 532-537, 2007.
(DOI: 10.1038/sj.icb.7100078,   PubMed: 17549071)

学術論文(紀要・その他):

1. 木戸 淳一, 板東 美香, 稲垣 裕司, 生田 貴久, 梶浦 由加里, 中島 由紀子, 坂本 英次郎, 美原(和田) 智恵, 二宮 雅美, 西川 泰史, Jung-Hwan Lew, 成石 浩司, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液中のバイオマーカーを用いた歯周病診断,
Journal of Oral Health and Biosciences, Vol.29, No.1, 13-20, 2016年.
(徳島大学機関リポジトリ: 109875,   CiNii: 120005823530)

総説・解説:

1. 木戸 淳一, 板東 美香, E Sakamoto, 梶浦 由加里, 永田 俊彦 :
糖尿病関連歯周炎の病態に及ぼす最終糖化産物の影響,
日本歯周病学会会誌, Vol.56, No.1, 17-24, 2014年.
(DOI: 10.2329/perio.56.17,   CiNii: 130004842554)

国際会議:

1. Yuka Hiroshima, Mika Bandou, Takahiro Hasegawa, Yuji Inagaki and Chie Mihara-Wada :
Resistin release from neutrophils is induced by Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide.,
IADR (International Association of Dental Research) Barcelona, Spain, July 14-17, 2010,
2. T Ikuta, Yukari Kajiura, Mika Bandou, Yuji Inagaki, Koji Naruishi, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
YKL-40 in gingival crevicular fluid from patients with periodontitis and diabetes.,
Euro Perio 2015, Jun. 2015.
3. Yukari Kajiura, Mika Bandou, Jun-ichi Kido, Yuji Inagaki and Toshihiko Nagata :
Determination of glycated albumin and calprotectin in gingival crevicular fluid from patients with periodontitis and diabetes.,
Euro Perio 2015, Jun. 2015.
4. Yukari Kajiura, Mika Bandou, Yuji Inagaki, Hiromi Murata, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Advanced glycation end-product increases oxidative stress in human gingival fibroblasts,
53th General Session of the Korean Academy of Periodontology Meeting, Seoul, Korea, Nov. 2013.
5. Yukiko Nakajima, Jun-ichi Kido, Yuji Inagaki, Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Hiromi Murata and Toshihiko Nagata :
Effect of hypoxia on gene expression in human oral keratinocytes,
10th Asian Pacific Society of Periodontology Meeting, Nara, Sep. 2013.
6. Jun-ichi Kido, Mika Bandou, Yuji Inagaki, Yuka Hiroshima, Hiromi Murata, Chie Mihara-Wada, 梶浦 由加里, 生田 貴久, 篠原 宏貴, 橋本 万里, Yukiko Nakajima, Yukiko Bandou, Makoto Funaki, Haruhiko Saito and Toshihiko Nagata :
Diagnosis of diabetes-associated periodontitis using glycoalbumin and calprotectin in gingival crevicular fluid,
10th Asian Pacific Society of Periodontology Meeting, Nara, Sep. 2013.
7. Toshihiko Nagata, Jun-ichi Kido, Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Yuji Inagaki, Hiromi Murata, Chie Mihara-Wada, Mika Bandou and Makoto Funaki :
Diagnosis of diabetes-associated periodontitis using biomarkers in gingival crevicular fluid,
91th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research. Seattle, USA, May 2013.
8. Mika Bandou, Yukari Kajiura, Jun-ichi Kido, Yuji Inagaki, Masatoshi Kataoka and Toshihiko Nagata :
Lipopolysaccharide induces oxidative stress and antioxidant responses in gingival fibroblasts,
The 60th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research, Program and abstracts of papers, 79, Dec. 2012.
9. Toshihiko Nagata, Jun-ichi Kido, Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Yuji Inagaki, Masami Ninomiya, Chie Mihara-Wada, Hiromi Murata, Yukiko Bandou and Makoto Funaki :
Diagnosis of diabetes-associated periodontitis by measuring biomarkers in gingival crevicular fluid,
The 9th International Diabetes Federation Western Pacific Region Congress/ The 4th AASD Scientific Meeting, Nov. 2012.
10. Yukiko Nakajima, Yuji Inagaki, Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Advanced glycation end-product increase calcification and inflammatory factors in cultured rat dental pulp cells,
European Calcified Tissue Society, 39th Annual Congress Final programme, 73, Stockholm (Sweden), May 2012.
11. Yuji Inagaki, Yukiko Nakajima, Mika Bandou, Yuka Hiroshima, Jun-ichi Kido and Toshihiko Nagata :
Relationship between pathologic calcification and osteopontin expression in dental pulp tissues of diabetic rats,
European Calcified Tissue Society, 39th Annual Congress, Final Programme, 125, Stockholm (Sweden), May 2012.

国内講演発表:

1. 木戸 理恵, 廣島 佑香, 生田 貴久, 稲垣 裕司, 板東 美香, 成石 浩司, 木戸 淳一, 湯本 浩通 :
最終糖化産物による口腔上皮細胞の Lipocalin2 発現誘導は好中球の遊走性とサイトカイン発現を 調節する,
第63回春季日本歯周病学会学術大会, 2020年5月.
2. 植村 勇太, 二宮 雅美, 和田 明大, 木戸 理恵, 高木 亮輔, 野中 康平, 谷口 裕哉, 生田 貴久, 坂本 英次郎, 板東 美香, 稲垣 裕司, 成石 浩司, 木戸 淳一, 湯本 浩通 :
歯周病ならびに歯周組織再生療法に関する臨床研究について,
徳島県歯科医学大会・四国歯学会第56回例会, 2020年2月.
3. 野中 康平, 板東 美香, 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 坂本 英次郎, 成石 浩司, 湯本 浩通 :
ショウガオールはヒト歯肉線維芽細胞においてAGEs誘導性の酸化ストレスを抑制する,
第62回秋季日本歯周病学会学術大会 (北九州), 2019年10月.
4. 野中 康平, 板東 美香, 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 坂本 英次郎, 成石 浩司, 湯本 浩通 :
ショーガオールはヒト歯肉線維芽細胞におけるAGEs誘導性のIL-6およびICAM-1産生を抑制する,
第62回秋季日本歯周病学会学術大会, 2018年10月.
5. 野中 康平, 板東 美香, 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 坂本 英次郎, 成石 浩司, 湯本 浩通 :
最終糖化産物はヒト歯肉線維芽細胞におけるIL-6とICAM-1の発現増加を介して単球との接着を誘導する,
第61回春季日本歯周病学会学術大会, 2018年6月.
6. 木戸 理恵, 坂本 英次郎, 板東 美香, 稲垣 裕司, 二宮 雅美, 美原(和田) 智恵, 生田 貴久, 成石 浩司, 永田 俊彦, 木戸 淳一, 湯本 浩通 :
インプラント周囲溝滲出液中のカルプロテクチンとNTxを用いたインプラント疾患の診断,
第61回春季日本歯周病学会学術大会, 2018年6月.
7. 稲垣 裕司, 板東 美香, 生田 貴久, 木戸 淳一 :
歯肉退縮に対して異なる術式を用いて根面被覆を行った一症例,
日本歯周病学会60周年記念大会, 2017年12月.
8. 二宮 雅美, 稲垣 裕司, 美原(和田) 智恵, 板東 美香, 中島 由紀子, 坂本 英次郎, 生田 貴久, 西川 泰史, Jung-Hwan Lew, 木戸 理恵, 高木 亮輔, 野中 康平, 成石 浩司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
新規歯周組織再生剤「リグロス歯科用液キット」の有効性,
四国歯学会 第51回例会, 2017年6月.
9. 美原(和田) 智恵, 成石 浩司, 板東 美香, 西川 泰史, Hwan Jung Lew, 坂本 英次郎, 生田 貴久, 河野 薫, 梶浦 由加里, 橋本 万里, 中島 由紀子, 稲垣 裕司, 二宮 雅美, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
アドバンスドOSCEを見据えた当科の模擬OSCEの概要,
四国歯学会雑誌, Vol.29, No.2, 49-53, 2017年6月.
10. 梶浦 由加里, 板東 美香, 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液を用いた糖尿病関連歯周炎の新規診断法の確立,
第23回日本歯科医学会総会, 2016年10月.
11. 板東 美香, 梶浦 由加里, 野中 康平, 坂本 英次郎, 成石 浩司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
最終糖化産物はヒト歯肉線維芽細胞におけるIL-6およびICAM-1の発現を増加する,
第59回秋季日本歯周病学会学術大会, 2016年10月.
12. 美原 智恵, 成石 浩司, 板東 美香, 西川 泰史, Jung-Hwan Lew, 坂本 英次郎, 生田 貴久, 河野 薫, 梶浦 由加里, 橋本 万里, 中島 由紀子, 稲垣 裕司, 二宮 雅美, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
アドバンスOSCEを見据えた当科の模擬OSCEの概要,
第49回四国歯学会例会, 2016年6月.
13. 木戸 淳一, 板東 美香, 中島 由紀子, 梶浦 由加里, 稲垣 裕司, 生田 貴久, 坂本 英次郎, 成石 浩司, 永田 俊彦 :
ヒト口腔上皮細胞と歯肉線維芽細胞において低酸素環境が誘導する遺伝子発現の比較,
第143回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2015年11月.
14. 梶浦 由加里, 木戸 淳一, 中島 由紀子, 板東 美香, 稲垣 裕司, 成石 浩司, 坂本 英次郎, 阿部 佳織, 廣島 佑香, 永田 俊彦 :
低酸素環境が誘導するヒト口腔上皮細胞における遺伝子発現の解析,
第58回秋季日本歯周病学会学術大会, 2015年9月.
15. 坂本 英次郎, 木戸 淳一, 梶浦 由加里, 板東 美香, 稲垣 裕司, 成石 浩司, 生田 貴久, 永田 俊彦 :
最終糖化産物はヒト口腔上皮細胞の遺伝子発現を調節する,
第58回秋季日本歯周病学会学術大会, 2015年9月.
16. 成石 浩司, 梶浦 由加里, 西川 泰史, 板東 美香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
培養歯肉線維芽細胞におけるクリプトタンシノンによる炎症関連分子の生産抑制効果,
第142回日本歯科保存学会春季学術大会, 2015年6月.
17. 西川 泰史, 成石 浩司, 梶浦 由加里, 板東 美香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
カルプロテクチンがヒト歯肉線維芽細胞の炎症関連因子の発現に及ぼす影響,
第58回春季日本歯周病学会学術大会, 2015年5月.
18. 板東 美香, 梶浦 由加里, 中島 由紀子, 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 村田 裕美, 永田 俊彦 :
最終糖化産物は口腔由来線維芽細胞・上皮細胞での炎症関連因子と酸化ストレス因子の発現に影響する,
第57回秋季日本歯周病学会学術大会, 2014年10月.
19. 梶浦 由加里, 坂東 由記子, 木戸 淳一, 板東 美香, 稲垣 裕司, 中島 由紀子, 生田 貴久, 村田 裕美, 廣島 佑香, 成石 浩司, 永田 俊彦 :
歯周病および糖尿病患者の歯肉溝滲出液中のYKL-40レベルの検討,
第57回秋季日本歯周病学会学術大会, 2014年10月.
20. 板東 美香, 廣島 佑香, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ヒト上皮細胞におけるInterleukin-1aによるS100A9遺伝子の転写調節,
第140回日本歯科保存学会春季学術大会, 2014年6月.
21. 木戸 淳一, 中島 由紀子, 板東 美香, 稲垣 裕司, 永田 俊彦 :
低酸素環境とP.gingivalis由来リポ多糖はヒト口腔上皮細胞での炎症関連因子および血管関連因子の発現を調節する,
第140回日本歯科保存学会春季学術大会, 2014年6月.
22. 梶浦 由加里, 板東 美香, 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 生田 貴久, 橋本 万里, 篠原 宏貴, 二宮 雅美, 村田 裕美, 中島 由紀子, 米田 哲, 美原 智恵, 廣島 佑香, 大石 慶二, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液中のグリコアルブミンおよびカルプロテクチンを指標とした糖尿病関連歯周炎の診断,
第57回春季日本歯周病学会学術大会, 2014年5月.
23. 中島 由紀子, 木戸 淳一, 板東 美香, 稲垣 裕司, 永田 俊彦 :
Effect of hypoxia and P. gingivalis-lipopolysaccharide on the expression of inflammation-related molecules in human oral keratinocytes,
第57回春季日本歯周病学会学術大会, 2014年5月.
24. 板東 美香, 中島 由紀子, 梶浦 由加里, 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 村田 裕美, 永田 俊彦 :
最終糖化産物は歯周組織細胞での炎症性関連因子と酸化ストレス因子の発現に影響する,
第57回日本糖尿病学会年次学術集会, 2014年5月.
25. 梶浦 由加里, 坂東 由記子, 木戸 淳一, 板東 美香, 稲垣 裕司, 中島 由紀子, 生田 貴久, 村田 裕美, 廣島 佑香, 成石 浩司, 永田 俊彦 :
歯周病および糖尿病患者の歯肉溝滲出液中のYKL-40レベルの検討,
第57回日本歯周病学会秋期学術大会抄録集, 2014年5月.
26. 生田 貴久, 稲垣 裕司, 中島 由紀子, 板東 美香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
日本人歯周病患者を対象とした抗菌ペプチド遺伝子のSNPs解析と疾患感受性の検討,
第139回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2013年10月.
27. 中島 由紀子, 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 板東 美香, 廣島 佑香, 村田 裕美, 永田 俊彦 :
低酸素環境がヒト口腔上皮細胞の各種遺伝子発現に及ぼす影響,
第56回秋季日本歯周病学会学術大会, 2013年9月.
28. 梶浦 由加里, 板東 美香, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
最終糖化産物が歯肉線維芽細胞における酸化ストレス反応に及ぼす影響,
第56回春季日本歯周病学会学術大会, 2013年6月.
29. 二宮 雅美, 板東 美香, 村田 裕美, 生田 貴久, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
姉妹に認められた広汎型侵襲性歯周炎に対して包括的歯周治療を行った症例,
日本歯周病学会会誌, Vol.55, 2013年6月.
30. 木戸 淳一, 板東 美香, 坂東 由記子, 稲垣 裕司, 廣島 佑香, 梶浦 由加里, 美原(和田) 智恵, 村田 裕美, 生田 貴久, 篠原 宏貴, 船木 真理, 永田 俊彦 :
糖尿病関連歯周炎の診断マーカーとしての歯肉溝滲出液中グリコアルブミンとカルプロテクチンの有用性,
第56回日本糖尿病学会, 2013年5月.
31. 木戸 淳一, 板東 美香, 坂東 由記子, 稲垣 裕司, 廣島 佑香, 梶浦 由加里, 美原 智恵, 村田 裕美, 生田 貴久, 篠原 宏貴, 橋本 万里, 船木 真理, 齋藤 晴比古, 永田 俊彦 :
--,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
32. 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 板東 美香, 坂東 由記子, 廣島 佑香, 村田 裕美, 船木 真理, 齋藤 晴比古, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液中のバイオマーカーを用いた糖尿病関連歯周炎の診断,
第55回日本糖尿病学会年次学術集会 抄録集, 186, 2012年5月.
33. 廣島 佑香, 板東 美香, 片岡 正俊, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ヒト口腔上皮細胞のカルプロテクチン発現に及ぼす半夏瀉心湯の影響,
日本歯周病学会会誌 第55回春季学術大会特別号, Vol.54, 131, 2012年5月.
34. 阿部 佳織, 板東 美香, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 片岡 正俊 :
マイクロチップ基板を用いた血中サイトカインの迅速検出法の構築,
日本歯周病学会会誌 第55回春季学術大会特別号, Vol.54, 114, 2012年5月.
35. 板東 美香, 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 廣島 佑香, 村田 裕美, 生田 貴久, 篠原 宏貴, 橋本 万里, 山田 由加里, 坂東 由記子, 齋藤 晴比古, 永田 俊彦 :
糖尿病関連歯周炎の診断指標スクリーニングに向けた医科・歯科連携研究,
日本歯周病学会会誌 第55回春季学術大会特別号, Vol.54, 112, 2012年5月.
36. 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 板東 美香, 廣島 佑香, 村田 裕美, 美原(和田) 智恵, 堀部 ますみ, 米田 哲, 二宮 雅美, 大石 慶二, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 生田 貴久, 浅原 洋士, 永田 俊彦 :
バイオマーカーを用いた糖尿病関連歯周炎の診断研究,
日本歯科医学会誌, Vol.31, 86, 2012年3月.
37. 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 板東 美香, 廣島 佑香, 村田 裕美, 美原(和田) 智恵, 堀部 ますみ, 米田 哲, 二宮 雅美, 大石 慶二, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 生田 貴久, 浅原 洋士, 永田 俊彦 :
バイオマーカーを用いた糖尿病関連歯周炎の診断研究,
日本歯科医学会誌, Vol.31, 86, 2012年3月.
38. 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 板東 美香, 廣島 佑香, 村田 裕美, 美原(和田) 智恵, 堀部 ますみ, 米田 哲, 二宮 雅美, 大石 慶二, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 生田 貴久, 浅原 洋士, 永田 俊彦 :
バイオマーカーを用いた糖尿病関連歯周炎の診断研究,
日本歯科医学会誌, Vol.31, 86, 2012年3月.
39. 村田 裕美, 木戸 淳一, 板東 美香, 廣島 佑香, 稲垣 裕司, 永田 俊彦 :
最終糖化産物はマクロファージ様細胞の炎症関連因子の発現を調節する,
日本歯科保存学会雑誌 第135回秋季学術大会プログラム, 200, 2011年10月.
40. 中島 由紀子, 稲垣 裕司, 板東 美香, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
最終糖化産物(AGEs)がラット培養歯髄細胞の石灰化物形成と抗菌ペプチド発現に及ぼす影響,
日本歯科保存学会雑誌 第135回秋季学術大会プログラム, 46, 2011年10月.
41. 坂東 由記子, 木戸 淳一, 廣島 佑香, 板東 美香, 稲垣 裕司, 村田 裕美, 四釜 洋介, 船木 真理, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液中のNKL-40の分析,
日本歯周病学会会誌 秋季特別号, Vol.53, 106, 2011年9月.
42. 木戸 淳一, 阿部 佳織, 片岡 正俊, 板東 美香, 廣島 佑香, 稲垣 裕司, 永田 俊彦 :
マイクロチップELISA法による歯肉溝滲出液中のカルプロテクチン測定,
日本歯周病学会 秋季特別号, Vol.53, 108, 2011年9月.
43. 中島 由紀子, 稲垣 裕司, 板東 美香, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
ラット培養歯髄細胞における最終糖化産物(AGEs)の石灰化促進作用,
日本歯科保存学会雑誌 第134回春季学術大会プログラム, 12, 2011年6月.
44. 板東 美香, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 廣島 佑香, 片岡 正俊, 村田 裕美, 坂東 由記子, 二宮 雅美, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液中のグリコアルブミン測定法の確立,
日本歯周病学会会誌 春季特別号, Vol.53, 119, 2011年5月.
45. 板東 美香, 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 廣島 佑香, 片岡 正俊, 村田 裕美, 坂東 由記子, 二宮 雅美, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 永田 俊彦 :
歯肉溝滲出液中のグリコアルブミン測定法の確立,
日本歯周病学会会誌 春季特別号, Vol.53, 119, 2011年5月.
46. 廣島 佑香, 板東 美香, 木戸 淳一, 片岡 正俊, 永田 俊彦 :
ヒト口腔上皮細胞におけるカルプロテクチン発現に及ぼす半夏瀉心湯の影響,
日本歯周病学会会誌 春季特別号, Vol.53, 114, 2011年5月.
47. 中島 由紀子, 稲垣 裕司, 板東 美香, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
グルコースが糖尿病ラット由来歯髄細胞の石灰化物形成とオステオポンチン産生に及ぼす影響,
第133回日本歯科保存学会秋季学術大会(岐阜), 2010年10月.
48. 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 板東 美香, 廣島 佑香, 美原(和田) 智恵 :
糖尿病関連歯周炎における歯肉溝浸出液中のバイオマーカーの分析,
第53回 日本糖尿病学会, 2010年5月.
49. 廣島 佑香, 板東 美香, 木戸 淳一, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 片岡 正俊, 永田 俊彦 :
Porphyromonas gingivalis由来LPSはヒト好中球からのレジスチンの遊離を促進する,
第53回春季日本歯周病学会学術大会, Vol.52, 105, 2010年5月.
50. 廣島 佑香, 板東 美香, 木戸 淳一, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 片岡 正俊, 永田 俊彦 :
Porphyromonas gingivalis由来LPSはヒト好中球からのレジスチンの遊離を促進する,
第53回春季日本歯周病学会学術大会, Vol.52, 105, 2010年5月.
51. 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 板東 美香, 廣島 佑香, 片岡 正俊, 美原(和田) 智恵, 堀部 ますみ, 米田 哲, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 二宮 雅美, 大石 慶二, 淺原 洋士, 永田 俊彦 :
歯肉溝浸出液中の糖尿病関連歯周炎バイオマーカーの検索,
日本歯周病学会会誌, Vol.52, 97, 2010年5月.
52. 稲垣 裕司, 木戸 淳一, 板東 美香, 廣島 佑香, 片岡 正俊, 美原(和田) 智恵, 堀部 ますみ, 米田 哲, 坂本 英次郎, 中島 由紀子, 二宮 雅美, 大石 慶二, 淺原 洋士, 永田 俊彦 :
糖尿病関連歯周炎における歯肉溝滲出液中のバイオマーカーの分析,
糖尿病, Vol.53, No.Suppl.1, S-145, 2010年4月.
53. 廣島 佑香, 板東 美香, 木戸 淳一, 稲垣 裕司, 美原(和田) 智恵, 大石 慶二, 片岡 正俊, 永田 俊彦 :
ヒト口腔上皮細胞における抗菌ペプチド遺伝子発現に及ぼす小柴胡湯の影響,
第131回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2009年10月.
54. 稲垣 裕司, 板東 美香, 廣島 佑香, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
オスモティックストレスが歯髄細胞の硬組織形成能とオステオポンチン産生に及ぼす影響,
第131回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2009年10月.
55. 板東 美香, 廣島 佑香, 稲垣 裕司, 片岡 正俊, 美原(和田) 智恵, 堀部 ますみ, 米田 哲, 大石 慶二, 二宮 雅美, Javkhlan Purevjav, 木戸 淳一, 永田 俊彦 :
糖尿病関連歯周炎における歯肉溝浸出液中バイオマーカーの分析,
日本歯周病学会会誌, Vol.51, 101, 2009年10月.
56. 廣島 佑香, 板東 美香, 木戸 淳一, 片岡 正俊, 永田 俊彦 :
ヒト歯肉上皮細胞における抗菌ペプチド遺伝子発現のマイクロアレイ法による解析,
第52回秋季日本歯周病学会学術大会, Vol.51, 90, 2009年10月.
57. 木戸 淳一, 片岡 正俊, 日野 真美, 板東 美香, 廣島 佑香, 永田 俊彦 :
歯周病バイオマーカーのマイクロチップ基板を用いた測定と歯周病診断への応用,
第2回日本口腔検査学会, 28, 2009年10月.
58. 木戸 淳一, 片岡 正俊, 板東 美香, 廣島 佑香, 美原(和田) 智恵, 永田 俊彦 :
マイクロチップ基板を用いたカルプロテクチンの測定‐歯周病診断法への応用の可能性について‐,
第52回春季日本歯周病学会学術大会, Vol.51, 114, 2009年5月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 高齢者糖尿病関連歯周炎患者のオーラルフレイルリスクバイオマーカーの探索 (研究課題/領域番号: 20K09957 )
  • 細胞性バイオマーカーを用いたインプラント疾患の診断とデバイス開発 (研究課題/領域番号: 15K15767 )
  • 最終糖化産物とインフラマソームの関連から探る糖尿病関連歯周炎の病態 (研究課題/領域番号: 15K11391 )
  • 終末糖化産物とレドックス制御との関連から探る糖尿病関連歯周炎の病態 (研究課題/領域番号: 24792333 )
  • ファイブロティックアクティビティから薬物性歯肉増殖症の発症リスクを診断する (研究課題/領域番号: 24593124 )
  • 無重力環境下での骨芽細胞の遺伝子発現と分化機能発現に及ぼす歯周病原性因子の影響 (研究課題/領域番号: 23659979 )
  • 歯周組織におけるKeap-1-Nrf2システムを中心としたレドックス制御の解明 (研究課題/領域番号: 22792089 )
  • 日本人歯周病患者を対象とした抗菌ペプチド遺伝子の多型解析と疾患感受性の検討 (研究課題/領域番号: 21592626 )
  • マイクロデバイスを用いたカルプロテクチン測定による歯周病診断法の開発 (研究課題/領域番号: 21592625 )
  • 歯周組織のロバストネスに視点をおいた歯周病予防法の研究 (研究課題/領域番号: 19592388 )
  • 研究者番号(10510000)による検索
  • 研究者番号(30624374)による検索