検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 医学域 > 医科学部門 > 社会医学系 > 医療教育学 > (researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

医学 (Medicine)
神経免疫

研究テーマ

重症筋無力症の発症メカニズム (重症筋無力症, 胸腺)

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Shimizu Fumitaka, Oishi Mariko, Sawai Setsu, Beppu Minako, Misawa Sonoko, Naoko Matsui, Ai Miyashiro, Maeda Toshihiko, Takeshita Yukio, Nishihara Hideaki, Sano Yasuteru, Sato Ryota, Ryuji Kaji, Kuwabara Satoshi and Kanda Takashi :
Increased IP-10 production by blood-nerve barrier in multifocal acquired demyelinating sensory and motor neuropathy and multifocal motor neuropathy,
Journal of Neurology, Neurosurgery, and Psychiatry, Vol.90, No.4, 444-450, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 113525,   DOI: 10.1136/jnnp-2018-319270,   PubMed: 30523038)
2. Naoko Matsui, Hiroyuki Nodera, D Kuzume, N Iwasa, Y Unai, W Sakai, Y Miyazaki, H Yamazaki, Yusuke Osaki, A Mori, T Furukawa, A Tsukamoto-Miyashiro, Y Shimatani, M Yamasaki, Yuishin Izumi, S Kusunoki, Kokichi Arisawa and Ryuji Kaji :
Guillan-Barre syndrome in local area in Japan, 2006-2015: an epidemiological and clinical study of 108 patients,
European Journal of Neurology, Vol.25, No.5, 718-724, 2018.
(DOI: 10.1111/ene.13569,   PubMed: 29337417,   Elsevier: Scopus)
3. 山上 圭, 古川 貴大, 大崎 裕亮, 村上 永尚, 中道 一生, 西條 政幸, 松井 尚子, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
未治療のサルコイドーシスに合併した進行性多巣性白質脳症,
神経感染症, Vol.23, No.1, 151-156, 2018年.
4. Misawa Sonoko, Kuwabara Satoshi, Sato Yasunori, Yamaguchi Nobuko, Nagashima Kengo, Katayama Kanako, Sekiguchi Yukari, Iwai Yuta, Amino Hiroshi, Suichi Tomoki, Yokota Takanori, Nishida Yoichiro, Kanouchi Tadashi, Kohara Nobuo, Kawamoto Michi, Ishii Junko, Kuwabara Motoi, Suzuki Hidekazu, Hirata Koichi, Kokubun Norito, Masuda Ray, Kaneko Juntaro, Yabe Ichiro, Sasaki Hidenao, Kaida Ken-ichi, Takazaki Hiroshi, Suzuki Norihiro, Suzuki Shigeaki, Hiroyuki Nodera, Naoko Matsui, Tsuji Shoji, Koike Haruki, Yamasaki Ryo and Kusunki Susumu :
Safety and efficacy of eculizumab in Guillain-Barré syndrome: a multicentre, double-blind, randomised phase 2 trial.,
The Lancet Neurology, Vol.17, No.6, 519-529, 2018.
(DOI: 10.1016/S1474-4422(18)30114-5,   PubMed: 29685815,   Elsevier: Scopus)
5. Muto Kohei, Naoko Matsui, Unai Yuki, Sakai Waka, Haji Shotaro, Udaka Kengo, Hirokazu Miki, Takahiro Furukawa, Masahiro Abe and Ryuji Kaji :
Memory B cell resurgence requires repeated rituximab in myasthenia gravis,
Neuromuscular Disorders, Vol.27, No.16, 918-922, 2017.
(DOI: 10.1016/j.nmd.2017.06.012,   PubMed: 28694074)
6. 山本 雄貴, 松井 尚子, 平松 有, 宮﨑 由道, 野寺 裕之, 和泉 唯信, 高嶋 博, 梶 龍兒 :
シャルコー・マリー・トウース病に類似した三頭酵素欠損症の成人例,
臨床神経学, Vol.57, No.2, 82-87, 2017年.
(DOI: 10.5692/clinicalneurol.cn-000976)
7. 古川 貴大, 松井 尚子, 田中 惠子, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
耳下腺炎を契機に発症し,脳病変のみを反復したシェーグレン症候群合併視神経脊髄炎関連疾患の一例,
臨床神経学, Vol.57, No.2, 77-81, 2017年.
(DOI: 10.5692/clinicalneurol.cn-000924)
8. Sakiya Yoshimoto, Kojiro Nagai, Eriko Shibata, Sayo Ueda, Hiroyuki Ono, Masanori Tamaki, Kenji Nishimura, Fumiaki Obata, Taizo Inagaki, Masanori Minato, Fumi Kishi, Motokazu Matsuura, Naoko Matsui, Itsuro Endo, Michael Hann, Seiji Kishi, Taichi Murakami, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Influential factors on serum albumin concentration in hospitalized chronic kidney disease patients.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.64, No.1.2, 146-152, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 111103,   DOI: 10.2152/jmi.64.146,   PubMed: 28373613)
9. Takashi Abe, Toshitaka Kawarai, Koji Fujita, Wataru Sako, Yuka Terasawa, Tsuyoshi Matsuda, Waka Sakai, Ai Tsukamoto-Miyashiro, Naoko Matsui, Yuishin Izumi, Ryuji Kaji and Masafumi Harada :
MR Spectroscopy in Patients with Hereditary Diffuse Leukoencephalopathy with Spheroids and Asymptomatic Carriers of Colony-stimulating Factor 1 Receptor Mutation.,
Magnetic Resonance in Medical Sciences, Vol.16, No.4, 297-303, 2016.
(DOI: 10.2463/mrms.mp.2016-0016,   PubMed: 28025469,   Elsevier: Scopus)
10. Naoki Suzuki, Madoka Mori-Yoshimura, Satoshi Yamashita, Satoshi Nakano, Ken-ya Murata, Yukie Inamori, Naoko Matsui, En Kimura, Hirofumi Kusaka, Tomoyoshi Kondo, Itsuro Higuchi, Ryuji Kaji, Maki Tateyama, Rumiko Izumi, Hiroya Ono, Masaaki Kato, Hitoshi Warita, Toshiaki Takahashi, Ichizo Nishino and Masashi Aoki :
Multicenter questionnaire survey for sporadic inclusion body myositis in Japan,
Orphanet Journal of Rare Diseases, Vol.11, No.1, 146, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 114517,   DOI: 10.1186/s13023-016-0524-x,   PubMed: 27821140)
11. Takahiro Furukawa, Chieko Ishifune, Shin-ichi Tsukumo, Katsuto Hozumi, Yoichi Maekawa, Naoko Matsui, Ryuji Kaji and Koji Yasutomo :
Transmission of survival signals through Delta-like 1 on activated CD4(+) T cells.,
Scientific Reports, Vol.6, 33692, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 112325,   DOI: 10.1038/srep33692,   PubMed: 27659682,   Elsevier: Scopus)
12. 山下 雄也, 山崎 博輝, 松井 尚子, 宮﨑 由道, 塚本 愛, 西野 一三, 鈴木 重明, 西田 善彦, 野寺 裕之, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
複合的免疫治療が奏功した抗SRP抗体陽性壊死性ミオパチーの1例,
日本内科学会雑誌, Vol.105, No.8, 1443-1450, 2016年.
(DOI: 10.2169/naika.105.1443,   CiNii: 130005950164)
13. Waka Sakai, Naoko Matsui, Mitsuyo Ishida, Takahiro Furukawa, Yoshimichi Miyazaki, Koji Fujita, Ryosuke Miyamoto, Nobuaki Yamamoto, Wataru Sako, Kenta Sato, Kazuya Kondo, Yoshihiko Nishida, Takao Mitsui, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji :
Late-onset myasthenia gravis is predisposed to become generalized in the elderly,
eNeurologicalSci, Vol.2, 17-20, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 110923,   DOI: 10.1016/j.ensci.2016.02.004)
14. Shunya Nakane, Kaori Furutani, Masafumi Harada, Ryo Urushihara, Naoko Matsui, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji :
Multimodal analysis based on high-field magnetic resonance and motor evoked potentials: A case report of multiple sclerosis,
Clinical & Experimental Neuroimmunology, Vol.8, No.1, 43-46, 2016.
(DOI: 10.1111/cen3.12352)
15. Masaki Kamata, Shunya Nakane, Naoko Matsui, Osamu Higuchi, Sakai Waka, Koji Fujita, Yuishin Izumi, Hidenori Matsuo and Ryuji Kaji :
Ocular myasthenia gravis with anti-muscle-specific tyrosine kinase antibodies: Two new cases and a systematic literature review,
Clinical & Experimental Neuroimmunology, Vol.7, No.2, 168-173, 2016.
(DOI: 10.1111/cen3.12296,   Elsevier: Scopus)
16. Hiroyuki Nodera, Naoko Takamatsu, Naoko Matsui, Atsuko Mori, Yuka Terasawa, Yoshimitsu Shimatani, Yusuke Osaki, Keiko Maruyama, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji :
Intramuscular dissociation of echogenicity in the triceps surae characterizes sporadic inclusion body myositis,
European Journal of Neurology, Vol.23, No.3, 588-596, 2016.
(DOI: 10.1111/ene.12899,   PubMed: 26706399)
17. Toshitaka Kawarai, Ryosuke Miyamoto, Atsuko Mori, Ryosuke Oki, Ai Tsukamoto-Miyashiro, Naoko Matsui, Yoshimichi Miyazaki, Antonio Orlacchio, Yuishin Izumi, Yoshihiko Nishida and Ryuji Kaji :
Late-onset spastic paraplegia: Aberrant SPG11 transcripts generated by a novel splice site donor mutation.,
Journal of the Neurological Sciences, Vol.359, No.1-2, 250-255, 2015.
(DOI: 10.1016/j.jns.2015.10.045,   PubMed: 26671123)
18. Takahiro Furukawa, Naoko Matsui, Koji Fujita, Hiroyuki Nodera, Fumitaka Shimizu, Katsuichi Miyamoto, Yukitoshi Takahashi, Takashi Kanda, Susumu Kusunoki, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji :
CSF cytokine profile distinguishes multifocal motor neuropathy from progressive muscular atrophy.,
Neurology® Neuroimmunology & Neuroinflammation, Vol.2, No.5, e138, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 109981,   DOI: 10.1212/NXI.0000000000000138,   PubMed: 26280014)
19. Takahiro Furukawa, Naoko Matsui, Koji Fujita, Ai Miyashiro, Hiroyuki Nodera, Yuishin Izumi, Fumitaka Shimizu, Katsuichi Miyamoto, Yukitoshi Takahashi, Takashi Kanda, Susumu Kusunoki and Ryuji Kaji :
Increased proinflammatory cytokines in sera of patients with multifocal motor neuropathy.,
Journal of the Neurological Sciences, Vol.346, No.1-2, 75-79, 2014.
(DOI: 10.1016/j.jns.2014.07.059,   PubMed: 25130929)
20. 酒井 和香, 松井 尚子, 藤田 浩司, 和泉 唯信, 西田 喜彦, 高橋 利幸, 神林 崇, 梶 龍兒 :
抗利尿ホルモン分泌異常症候群で発症し,橋中心・橋外髄鞘崩壊症を合併した視神経脊髄炎関連疾患の1例,
臨床神経学, Vol.54, No.7, 556-560, 2014年.
(DOI: 10.5692/clinicalneurol.54.556,   PubMed: 25087556,   Elsevier: Scopus)
21. Fumitaka Shimizu, Masatoshi Omoto, Yasuteru Sano, Naoko Matsui, Ai Miyashiro, Ayako Tasaki, Toshihiko Maeda, Michiaki Koga, Ryuji Kaji and Takashi Kanda :
Sera from patients with multifocal motor neuropathy disrupt the blood-nerve barrier,
Journal of Neurology, Neurosurgery, and Psychiatry, Vol.85, No.5, 526-537, 2014.
(DOI: 10.1136/jnnp-2013-305405,   PubMed: 23926278,   Elsevier: Scopus)
22. Ai Miyashiro, Naoko Matsui, Yoshimitsu Shimatani, Hiroyuki Nodera, Yuishin Izumi, Satoshi Kawabata, Tomihiro Imai, Masayuki Baba, Tetsuo Komori, Masahiro Sonoo, Takahiro Maezaki, Jun Kawamata, Takefumi Hitomi, Nobuo Kohara, Kimiyoshi Arimura, Shuji Hashimoto, Kokichi Arisawa, Susumu Kusunoki and Ryuji Kaji :
Are multifocal motor neuropathy patients underdiagnosed? An epidemiological survey in Japan,
Muscle & Nerve, Vol.49, No.3, 357-361, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 105906,   DOI: 10.1002/mus.23930,   PubMed: 24741683,   Elsevier: Scopus)
23. Mungunkhuyag Majigusuren, Masafumi Harada, Takashi Abe, Koji Fujita, Naoko Matsui and Ryuji Kaji :
Longitudinal Monitoring with Multiple MR Techniques in a Case of Progressive Multifocal Leukoencephalopathy Associated with Multiple Myeloma,
Magnetic Resonance in Medical Sciences, Vol.13, No.1, 55-59, 2014.
(DOI: 10.2463/mrms.2013-0037,   PubMed: 24492738,   Elsevier: Scopus)
24. Naoko Matsui, Izumi Ohigashi, Keijirou Tanaka, Mie Sakata, Takahiro Furukawa, Yasushi Nakagawa, Kazuya Kondo, Tetsuya Kitagawa, Sumimasa Yamashita, Yoshiko Nomura, Yousuke Takahama and Ryuji Kaji :
Increased number of Hassall's corpuscles in myasthenia gravis patients with thymic hyperplasia.,
Journal of Neuroimmunology, Vol.269, No.1-2, 56-61, 2014.
(DOI: 10.1016/j.jneuroim.2014.01.011,   PubMed: 24556356,   Elsevier: Scopus)
25. Takao Mitsui, Yukiko Kuroda, Shu-ichi Ueono, Naoko Matsui and Ryuji Kaji :
FK506 attenuates thymic output in patients with myasthenia gravis,
Archives of Medical Science : AMS, Vol.9, No.6, 1090-1096, 2013.
(DOI: 10.5114/aoms.2013.39797,   PubMed: 24482655)
26. Koji Fujita, Naoko Matsui, Yukitoshi Takahashi, Yasushi Iwasaki, Mari Yoshida, Tatsuhiko Yuasa, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji :
Increased interleukin-17 in the cerebrospinal fluid in sporadic Creutzfeldt-Jakob disease: a case-control study of rapidly progressive dementia,
Journal of Neuroinflammation, Vol.10, 135, 2013.
(DOI: 10.1186/1742-2094-10-135,   PubMed: 24219883)
27. Syunya Nakane, Koji Fujita, Yoshiko Shibuta, Naoko Matsui, Masafumi Harada, Ryo Urushihara, Yoshihiko Nishida, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji :
Successful treatment of stiff person syndrome with sequential use of tacrolimus,
Journal of Neurology, Neurosurgery, and Psychiatry, Vol.84, No.10, 1177-1180, 2013.
(DOI: 10.1136/jnnp-2013-305425,   PubMed: 23715915)
28. Naoko Matsui, Ai Miyashiro, Yoshimitsu Shimatani, Hiroyuki Nodera, Yuishin Izumi, Satoshi Kuwabara, Masayuki Baba, Tetsuo Komori, Masahiro Sonoo, Takahiro Mezaki, Jun Kawamata, Takefumi Hitomi, Tomihiro Imai, Nobuo Kohara, Kimiyoshi Arimura, Kokichi Arisawa, Susumu Kusunoki and Ryuji Kaji :
Diagnostic spectrum of multifocal motor neuropathy,
Clinical & Experimental Neuroimmunology, Vol.4, No.2, 210-215, 2013.
(DOI: 10.1111/cen3.12025)
29. 宮﨑 由道, 高松 直子, 宮城 愛, 寺澤 由佳, 松井 尚子, 浅沼 光太郎, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
筋エコーにより筋炎の関与が判明した右房拡張症の一例,
神経超音波医学, Vol.24, No.1, 12-14, 2011年.
30. 山中 千尋, 江川 麻理子, 三田村 佳典, 松井 尚子, 梶 龍兒 :
抗アクアポリン4抗体陽性視神経炎の臨床像 (特集 第64回日本臨床眼科学会講演集(2)),
臨床眼科, Vol.65, No.4, 521-526, 2011年.
(CiNii: 40018806453,   Elsevier: Scopus)
31. Naoko Matsui, Shunya Nakane, Fumi Saitou, Izumi Ohigashi, Yasushi Nakagawa, Hirotsugu Kurobe, Hiromitsu Takizawa, Takao Mitsui, Kazuya Kondo, Tetsuya Kitagawa, Yousuke Takahama and Ryuji Kaji :
Undiminished regulatory T cells in the thymus of myathenia gravis patients,
Neurology, Vol.74, No.10, 816-820, 2010.
(DOI: 10.1212/WNL.0b013e3181d31e47,   PubMed: 20211905)
32. Naoko Matsui, Yuishin Izumi, Hiroyuki Azuma and Ryuji Kaji :
Neurological manifestations in hereditary hemorrhagic telangiectasia type 1: a familial case in Japan,
Journal of Tokushima National Hospital, Vol.2010, No.1, 11-14, 2010.
(CiNii: 40019066124)
33. Yoshimichi Miyazaki, Ai Miyashiro, Yoshimitsu Simatani, Naoko Matsui, Koutaro Asanuma, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji :
A case of cryptococcal meningitis successfully treated with liposomal amphotericin-B, Fulcytosine, and Voriconazole,
Journal of Tokushima National Hospital, Vol.1, 31-34, 2010.
34. 松井 尚子, 中根 俊成, 和泉 唯信, 永廣 信治, 西田 善彦, 梶 龍兒 :
健常者に発症し治療に難渋したクリプトコッカス髄膜脳炎の1例,
神経治療学, Vol.24, 497-502, 2007年.

学術論文(紀要・その他):

1. 細川 忍, 戸根 沙織, 松井 尚子, 楠瀬 賢也, 賀川 久美子, 山上 圭, 廣島 裕也, 田村 洋人 :
症例検討:妊婦に発症した脳梗塞の1例,
日本内科学会雑誌, Vol.106, No.10, 2265-2272, 2017年.
(DOI: 10.2169/naika.106.2265)
2. 宮﨑 由道, 松井 尚子, 藤田 浩司, 阿部 考志, 高橋 利幸, 原田 雅史 :
脳室周囲および延髄背側の病変,
脳神経外科速報, Vol.24, No.10, 1100-1105, 2014年.
3. Naoko Matsui, Takao Mitsui, Yasushi Ohshima, Kenji Yokoi, Makoto Kunishige, Fumikazu Yagi, Steven Vernino, Toshio Matsumoto and Ryuji Kaji :
Anti-neuronal antibodies in acute pandysautonomia.,
Internal Medicine, Vol.49, No.1, 73-77, 2010.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.49.2788,   PubMed: 20046006,   CiNii: 130000142263)

総説・解説:

1. Naoki Suzuki, Madoka Mori-Yoshimura, Satoshi Yamashita, Satoshi Nakano, Ken-ya Murata, Megumi Mori, Yukie Inamori, Naoko Matsui, En Kimura, Hirofumi Kusaka, Tomoyoshi Kondo, Hidefumi Ito, Itsuro Higuchi, Akihiro Hashiguchi, Hiroyuki Nodera, Ryuji Kaji, Maki Tateyama, Rumiko Izumi, Hiroya Ono, Masaaki Kato, Hitoshi Warita, Toshiaki Takahashi, Ichizo Nishino and Masashi Aoki :
The updated retrospective questionnaire study of sporadic inclusion body myositis in Japan,
Orphanet Journal of Rare Diseases, Vol.14, No.1, 155, Jun. 2019.
(DOI: 10.1186/s13023-019-1122-5,   PubMed: 31242950,   Elsevier: Scopus)
2. 松井 尚子 :
多巣性運動ニューロパチー(MMN),
今日の治療指針, 977, 2019年1月.
3. 石田 光代, 松井 尚子, 高橋 美和, 杉原 治美, 和泉 唯信, 西田 善彦, 梶 龍兒 :
就労可能な神経難病患者における共通特性の検討,
日本難病医療ネットワーク学会機関誌, Vol.5, No.2, 50-55, 2018年11月.
4. 松井 尚子, 山本 遥平, 梶 龍兒 :
多巣性運動ニューロパチー (MMN),
Clinical Neuroscience, Vol.36, No.9, 1051-1053, 2018年9月.
5. 山本 遥平, 松井 尚子, 梶 龍兒 :
多巣性運動ニューロパチー(MMN)の病態と治療,
Peripheral Nerve 末梢神経, Vol.29, No.1, 24-27, 2018年6月.
6. 松井 尚子, 田中 惠子, 梶 龍兒 :
ステイッフ・パーソン症候群と自己抗体,
脳と神経 - 神経研究の進歩, Vol.70, No.4, 357-362, 2018年4月.
(DOI: 10.11477/mf.1416201008)
7. 松井 尚子, 中根 俊成, 梶 龍兒 :
ステイッフパーソン症候群,
Modern Physician, Vol.36, No.7, 745-747, 2016年7月.
8. 松井 尚子, 宮城 愛, 古川 貴大 :
多巣性運動ニューロパチー(MMN)の疫学・症状と神経症候・発症機序,
日本臨牀, Vol.73, No.7, 422-426, 2015年9月.
9. 松井 尚子, 梶 龍兒 :
慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー,多巣性運動ニューロパチー診療ガイドライン2013の要点,
日本臨牀, Vol.73, No.7, 419-421, 2015年9月.
10. 山口 普史, 板東 浩, 新谷 保実, 楊河 宏章, 松井 尚子, 重清 俊雄, 田邊 舞, 高岡 奨, 飯間 努, 大浦 雅博, 喜多 秀仁, 戸根 沙織, 野田 和克, 森住 俊 :
意識障害患者の鑑別診断における詳細な病歴確認の重要性,
日本内科学会雑誌, Vol.104, No.7, 1495-1503, 2015年7月.
11. 山口 普史, 板東 浩, 新谷 保実, 楊河 宏章, 松井 尚子, 重清 俊雄, 田邊 舞, 高岡 奨, 飯間 努, 大浦 雅博, 喜多 秀仁, 戸根 沙織, 野田 和克, 森住 俊 :
意識障害患者の鑑別診断における詳細な病歴確認の重要性,
日本内科学会雑誌, Vol.104, No.7, 1495-1503, 2015年7月.
12. 松井 尚子 :
三叉神経痛,
歯科展望別冊・歯科医師のための医学ハンドブック, 114, 2014年5月.
13. 松井 尚子 :
筋ジストロフィー・重症筋無力症,
歯科展望別冊・歯科医師のための医学ハンドブック, 113, 2014年5月.
14. 古川 貴大, 松井 尚子, 梶 龍兒 :
多巣性運動ニューロパチー(MMN),
別冊 日本臨床 領域別症候群27 神経症候群, 848-850, 2014年3月.
15. 松井 尚子, 古川 貴大, 梶 龍兒 :
多巣性運動ニューロパチー(MMN) 病態と検査所見,
Clinical Neuroscience, Vol.32, No.3, 324-326, 2014年3月.
16. 松井 尚子 :
多巣性運動ニューロパチー,
今日の治療指針, 885-886, 2014年.
17. 宮﨑 由道, 松井 尚子, 藤田 浩司, 阿部 考志, 高橋 利幸, 原田 雅史, 梶 龍兒 :
見逃し危険!MRIで迫る中枢神経疾患の画像診断(第8回) 脳室周囲および延髄背側の病変 心因性障害と考えられていた39歳女性,
脳神経外科速報, Vol.24, No.10, 1094-1099, 2014年.
18. 松井 尚子, 梶 龍兒 :
MMN:疫学と治療の実態,
BRAIN MEDICAL, Vol.25, No.3, 45-48, 2013年12月.
19. 松井 尚子, 宮城 愛, 梶 龍兒 :
多巣性運動ニューロパチー(MMN)の疫学・病態と治療,
特集:免疫性神経疾患, Vol.71, No.5, 861-864, 2013年5月.
20. 松井 尚子 :
多巣性運動ニューロパチー:疫学と治療の実態,
臨床神経学, Vol.52, No.11, 920-922, 2012年.
(DOI: 10.5692/clinicalneurol.52.920,   CiNii: 130004505210)
21. 松井 尚子, 新田 剛, 高浜 洋介 :
胸腺と免疫系形成,
脳と神経 - 神経研究の進歩, Vol.63, No.7, 679-684, 2011年7月.
(PubMed: 21747137,   CiNii: 40018922074,   Elsevier: Scopus)
22. 宮崎 由道, 高松 直子, 宮城 愛, 寺澤 由佳, 松井 尚子, 浅沼 光太郎, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
筋エコーにより筋炎の関与が判明した右房拡張症の一例,
神経超音波医学, Vol.23, 106, 2010年4月.
23. 松井 尚子, 高浜 洋介 :
神経系免疫の特徴,
Clinical Neuroscience, Vol.28, No.2, 142-145, 2010年2月.
24. 松井 尚子, 高浜 洋介 :
免疫学の基礎:神経系免疫の特徴,
Clinical Neuroscience, Vol.28, 142-145, 2010年.

国際会議:

1. Naoko Matsui, Takahiro Furukawa, Sakai Waka and Ryuji Kaji :
Late-onset myasthenia gravis is predisposed to become generalized in the elderly,
BITs 7th World Gene Convention, Shanghai, Nov. 2016.
(DOI: 10.1016/j.ensci.2016.02.004,   Elsevier: Scopus)
2. Naoko Matsui, Takahiro Furukawa, Koji Fujita, Hiroyuki Nodera, Fumitaka Shimizu, Katsuichi Miyamoto, Yukitoshi Takahashi, Takashi Kanda, Susumu Kusunoki, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji :
CSF cytokine profile distinguishes multifocal motor neuropathy from progressive muscular atrophy,
1st Asia-Pacific School of Neuroimmunology, Vol.2, No.5, e138, Tokyo, Aug. 2015.
(DOI: 10.1212/NXI.0000000000000138,   Elsevier: Scopus)
3. Takahiro Furukawa, Naoko Matsui, Kaji Fujita, Hiroyuki Nodera, Fumitaka Shimizu, Katsuyuki Miyamoto, Yukitoshi Takahashi, Takashi Kanda, Susumu Kusunoki, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji :
CSF cytokine profile distinguishes multifocal motor neuropathy from progressive muscular atrophy,
1st Congress of the European Academy of Neurology, Vol.2, No.5, 138, Berlin, Jul. 2015.
(DOI: 10.1212/NXI.0000000000000138,   Elsevier: Scopus)
4. Rie Mukai, Naoko Matsui, Takeshi Nikawa and Junji Terao :
Dietary quercetin prevents disuse muscle atrophy of denervated mice through regulation of mitochondrial biogenesis,
12th Asian congress of Nutrition, May 2015.
5. Takashi Abe, Toshitaka Kawarai, Obama Y, Irahara I, Kaji Seiji, Ryosuke Miyamoto, Sakai Waka, Tsukamoto-Miyashiro Ai, Naoko Matsui, Yuishin Izumi, Ryuji Kaji and Masafumi Harada :
Retrospective review of MRI and MRS findings in hereditary diffuse leukoencephalopathy with spheroids and elderly asymptomatic carrier of causative gene, colony stimulating factor-1 receptor: a single institution study.,
ASNR 53rd Annual Meeting & The Foundation of the ASNR Symposium, Apr. 2015.
6. Rie Mukai, Naoko Matsui, N Matsumoto, N.T. Dang, Takeshi Nikawa, Hisao Nemoto and Junji Terao :
Anti-Oxidative Flavonoid suppresses disuse muscle atrophy in denervation mice.,
XXVIIth International Conference on Polyphenols &8th Tannin Conference., 2014.
7. Naoko Matsui, Izumi Ohigashi, Yousuke Takahama and Ryuji Kaji :
Increased Hassalls corpuscles in myasthenia gravis patients carrying thymic hyperplasia,
Myasthenia 2013, Paris, Jul. 2013.
8. Naoko Matsui, Izumi Ohigashi, Kazuya Kondo, Nomura Yoshiko, Yousuke Takahama and Ryuji Kaji :
Increased Hassalls Corpuscles In Myasthenia Gravis Patients Carrying Thymic Hyperplasia,
11th International congress of neuroimmunology, Nov. 2012.
9. Sakai Waka, Naoko Matsui, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji :
Clinical difference between myasthenia gravis patients with an onset age of 50-64 and over 65,
European Federation of Neurological Societies (EFNS) 2012, Stockholm, Sep. 2012.

国内講演発表:

1. 山本 遥平, 松井 尚子, 大東 いずみ, 近藤 和也, 和泉 唯信 :
重症筋無力症の胸腺におけるB細胞分画と濾胞性ヘルパーT細胞の解析,
第39回日本胸腺研究会, 2020年2月.
2. 松井 尚子 :
MG診療の現状と課題-MGの治療選択,
第49回日本臨床神経生理学会学術大会, 2019年11月.
3. 山本 遥平, 松井 尚子, 織田 史子, 小澤 由希子, 金井 哲也, 鵜沢 顕之, 大東 いずみ, 近藤 博之, 近藤 和也, 北川 哲也, 桑原 聡, 山村 隆, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
重症筋無力症患者の胸腺におけるB細胞分画と濾胞性ヘルパーT細胞の解析,
第31回日本神経免疫学会学術集会, Vol.24, No.1, 140, 2019年9月.
4. 松井 尚子 :
ヒト胸腺上皮細胞解析への試み,
第31回日本神経免疫学会学術集会, Vol.24, No.1, 99, 2019年9月.
5. Yamamoto Yohei, Naoko Matsui, Oda Fumiko, Ozawa Yukiko, Kanai Tetsuya, Uzawa Akiyuki, Izumi Ohigashi, Kondo Hiroyuki, Kazuya Kondo, Tetsuya Kitagawa, Yamamura Takashi, Kuwabara Satoshi, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji :
B cell subsets and T follicular helper cells in myasthenia gravis thymus,
第60回日本神経学会学術大会, May 2019.
6. 澤田 徹, 近藤 和也, 松井 尚子, 鈴木 恵美, 山田 亮, 高嶋 美佳, 松本 大資, 河北 直也, 坪井 光弘, 鳥羽 博明, 吉田 光輝, 川上 行奎, 滝沢 宏光, 丹黒 章 :
重症筋無力症に対する拡大胸腺摘出術の有効性について,
第36回日本呼吸器外科学会総会, 2019年5月.
7. 高橋 美和, 松井 尚子, 石田 光代, 岡本 秀樹, 福田 直也, 芝 麗, 泉 千恵, 河野 綾, 桑内 敬子, 井口 和子, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 香美 祥二 :
障がい者福祉からみた難病・小児慢性特定疾病支援におけるジレンマ,
第6回日本難病医療ネットワーク学会学術集会, 2018年11月.
8. Yamamoto Yohhei, Naoko Matsui, Kazuya Kondo, Izumi Ohigashi, Yousuke Takahama, Nakagawa Hidewaki, Yuishin Izumi and Ryuji Kaji :
Analysis of human thymic epithelial cells,
第59回日本神経学会学術大会, May 2018.
9. 松井 尚子 :
多発性硬化症-最近の治療の話題-,
第56回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会, 2017年10月.
10. 山上 圭, 古川 貴大, 村上 永尚, 松井 尚子, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
未治療の全身性サルコイドーシスに合併した進行性多巣性白質脳症,
第22回日本神経感染症学会, 2017年10月.
11. 松井 尚子, 大東 いずみ, Myn Muhammad Uddin, 佐坂 開人, 山本 遥平, 古川 貴大, 近藤 和也, 中川 英刀, 梶 龍兒, 高浜 洋介 :
ヒト胸腺を用いた胸腺上皮細胞の解析,
第29回日本神経免疫学会学術集会, 2017年10月.
12. 山本 遥平, 松井 尚子, 鵜沢 顕之, 佐坂 開人, 古川 貴大, 近藤 和也, 北川 哲也, 桑原 聡, 山村 隆, 梶 龍兒 :
MG患者の胸腺と末梢血におけるB細胞の解析,
第29回日本神経免疫学会学術集会, 2017年10月.
13. 松井 尚子 :
MG診療の実情と胸腺の話題,
第29回日本神経免疫学会学術集会 イブニングセミナー3 重症筋無力症の治療目標と最新の話題, 2017年10月.
14. 高橋 美和, 松井 尚子, 石田 光代, 桑内 敬子, 鈴木 察子, 香美 祥二, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
障がい者福祉からみた難病・小児慢性特定疾病の実態調査,
第5回日本難病医療ネットワーク学会学術集会, 2017年9月.
15. Naoko Matsui, Izumi Ohigashi, Yamamoto Yohei, Kazuya Kondo, Yousuke Takahama and Ryuji Kaji :
Approach for analysis of human thymic epithelial cells,
XX World Congress of Neurology, Sep. 2017.
16. Hanada Kenta, Naoko Matsui, Hiroyuki Nodera, Kuzume Daisuke, Kenta Sato, Iwasa Naoki, Unai Yuki, Saka Waka, Yoshimichi Miyazaki, Yamazaki Hiroki, Yusuke Osaki, Takahiro Furukawa, Yamasaki Masahiro, Yuishin Izumi, Kusunoki Susumu, Kokichi Arisawa and Ryuji Kaji :
Guillain-Barre syndrome in a local area in Japan, 2006-2015: An epidemiological and clinical study of 108 patients,
XX World Congress of Neurology, Sep. 2017.
17. Wataru Sako, Takashi Abe, Yuishin Izumi, Naoko Matsui, Masafumi Harada and Ryuji Kaji :
The local neuronal activity associated with GABA in amyotrophic lateral sclerosis,
第40回日本神経科学大会, Jul. 2017.
18. 梶 龍兒, 野寺 裕之, 十川 和樹, 高松 直子, 松井 尚子 :
テクスチャ解析による筋エコーでのIBM類似疾患との鑑別,
稀少難治性筋疾患に関する調査研究班「IBM分科会」(平成28年度), 2017年2月.
19. 松井 尚子, 古川 貴大, 田中 惠子, 梶 龍兒 :
スティッフパーソン症候群の診断および重症度分類のための調査,
厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班平成28年度合同班会議, 31-32, 2017年1月.
20. 鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 湯浅 智之, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 松井 尚子, 細井 恵美子, 安倍 正博, 松本 俊夫, 松久 宗英, 寺澤 敏秀 :
γグロブリン療養後に一過性のGAD抗体価上昇がみられた糖尿病の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
21. 石田 光代, 松井 尚子, 高橋 美和, 杉原 治美, 和泉 唯信, 西田 喜彦, 梶 龍兒 :
就労可能な難病患者における共通特性の検討,
第4回日本難病医療ネットワーク学会学術集会, 113, 2016年11月.
22. 松井 尚子, 山崎 博輝, 中村 信元, 和泉 唯信, 中道 一生, 西條 政幸, 梶 龍兒 :
非HIV関連進行性多巣性白質脳症の3例,
第21回日本神経感染症学会, 228, 2016年10月.
23. 松井 尚子 :
胸腺免疫からみた重症筋無力症,
第11回小児重症筋無力症研究会, 2016年9月.
24. 武藤 浩平, 松井 尚子, 垂髪 祐樹, 酒井 和香, 古川 貴大, 梶 龍兒 :
難治性の抗アセチルコリン受容体抗体陽性重症筋無力症に対するrituximabの使用経験,
第28回日本神経免疫学会学術集会, 116, 2016年9月.
25. 鎌田 正紀, 中根 俊成, 松井 尚子, 樋口 理, 酒井 和香, 藤田 浩司, 和泉 唯信, 松尾 秀徳, 梶 龍兒 :
抗MuSK抗体陽性の眼筋型重症筋無力症,
第28回日本神経免疫学会学術集会, 172, 2016年9月.
26. 松井 尚子, 岩佐 直毅, 宮﨑 由道, 酒井 和香, 古川 貴大, 垂髪 祐樹, 山崎 博輝, 大崎 裕亮, 野寺 裕之, 葛目 大輔, 山崎 正博, 楠 進, 梶 龍兒 :
軸索型のギラン・バレー症候群とフィッシャー症候群は春から夏にかけて発症しやすい,
第28回日本神経免疫学会学術集会, 160, 2016年9月.
27. 高橋 拓, 垂髪 祐樹, 山崎 博輝, 古川 貴大, 山本 伸昭, 松井 尚子, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
発作性心房細動,心筋症を合併した抗ミトコンドリア抗体陽性筋炎の一例,
第100回日本神経学会 中国四国地方会, 73, 2016年6月.
28. 山本 雄貴, 松井 尚子, 平松 有, 垂髪 祐樹, 大崎 裕亮, 宮﨑 由道, 野寺 裕之, 西野 一三, 和泉 唯信, 高嶋 博, 梶 龍兒 :
末梢神経障害が目立ち,診断に苦慮した遅発型三頭酵素欠損症の60歳男性例,
第100回日本神経学会 中国四国地方会, 47, 2016年6月.
29. 高橋 拓, 垂髪 祐樹, 山崎 博輝, 古川 貴大, 山本 伸昭, 松井 尚子, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
発作性心房細動,心筋症を合併した抗ミトコンドリア抗体陽性筋炎の一例,
第100回日本神経学会 中国四国地方会, 73, 2016年6月.
30. 松井 尚子 :
よりよい専門医療をめざして~大学病院の立場から,
日本神経学会 市民公開講座 とくしま難病フォーラム, 2016年5月.
31. 武藤 浩平, 松井 尚子, 垂髪 祐樹, 酒井 和香, 古川 貴大, 梶 龍兒 :
難治性の抗アセチルコリン受容体抗体陽性重症筋無力症に対するrituximabの使用経験,
第57日本神経学会学術大会, 363, 2016年5月.
32. 金 喜栄, 松井 尚子, 大東 いずみ, 古川 貴大, 高浜 洋介, 梶 龍兒 :
ヒト胸腺を用いた胸腺上皮細胞解析への試み,
第57日本神経学会学術大会, 367, 2016年5月.
33. 杉原 治美, 松井 尚子, 岡本 秀樹, 井口 和子, 鈴木 察子, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
神経難病における支援ネットワークつくりー大学病院の立場から,
第57回日本神経学会学術大会, 395, 2016年5月.
34. 松井 尚子, 野寺 裕之, 高松 直子, 寺澤 由佳, 森 敦子, 島谷 佳光, 大崎 裕亮, 丸山 サラデイーニ 恵子, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
下腿三頭筋におけるエコー輝度の解離は封入体筋炎に特徴的である,
第57日本神経学会学術大会, 657, 2016年5月.
35. 石田 光代, 松井 尚子, 橋口 修二, 和泉 唯信, 西田 喜彦, 梶 龍兒 :
徳島難病患者における就労状況の現状と課題,
第57日本神経学会学術大会, 675, 2016年5月.
36. 古川 貴大, 松井 尚子, 宮本 亮介, 佐光 亘, 山本 伸昭, 和泉 唯信, 高橋 幸利, 梶 龍兒 :
成人発症の片側大脳萎縮症の臨床像の検討,
第57日本神経学会学術大会, 639, 2016年5月.
37. 宮﨑 由道, 松井 尚子, 梶 龍兒 :
免疫性ニューロパチーにおけるIVIg前後の血清IgG値の変動,
第57回日本神経学会学術大会, 592, 2016年5月.
38. Naoko Matsui :
Approach from T cell development in MG thymus,
第57回日本神経学会学術大会, 183, May 2016.
39. 松井 尚子, 大東 いずみ, 中川 靖士, 近藤 和也, 高浜 洋介 :
ヒト胸腺を用いた胸腺上皮細胞の解析,
第35回日本胸腺研究会, 2016年2月.
40. 沖 良祐, 瓦井 俊孝, 宮本 亮介, 森 敦子, 塚本 愛, 松井 尚子, 宮﨑 由道, 和泉 唯信, 西田 善彦, 梶 龍兒 :
30歳を過ぎて痙性対麻痺および痙性構音障害が顕在化した新規SPG11変異を持つ同胞例,
第99回日本神経学会中国・四国地方会, 2015年12月.
41. 中山 知彦, 富永 武男, 山崎 博輝, 松井 尚子, 大森 哲郎 :
ミルタザピン投与後に改善が得られた進行性多巣性白質脳症の一例,
第56回中国・四国精神神経学会, 2015年11月.
42. 松井 尚子, 酒井 和香, 古川 貴大, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
後期発症MGの臨床像,
神経免疫学, Vol.20, No.1, 140, 2015年9月.
43. 古川 貴大, 松井 尚子, 高橋 利幸, 石丸 直澄, 梶 龍兒 :
耳下腺炎後に視神経や脊髄以外に広範な白質病変を来し,抗AQP4抗体が陽性であったシェーグレン症候群の1例,
神経免疫学, Vol.20, No.1, 114, 2015年9月.
44. 松井 尚子, 宮﨑 由道, 大崎 裕亮, 宮城 愛, 森 敦子, 丸山 恵子, 島谷 佳光, 藤田 浩司, 野寺 裕之, 梶 龍兒 :
ギラン・バレー症候群に対するIVIg前後の血清IgG値の変動と治療効果,
第26回日本神経免疫学会学術集会, 2015年9月.
45. 野田 和克, 山崎 博輝, 松井 尚子, 塚本 愛, 中道 一生, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
治療が奏功した非HIV関連進行性多巣性白質脳症の2例,
第98回 日本神経学会 中国・四国地方会, 2015年6月.
46. 山下 雄也, 山崎 博輝, 宮﨑 由道, 塚本 愛, 松井 尚子, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 西田 善彦, 鈴木 重明 :
免疫治療が著効した抗SRP抗体陽性ミオパチーの1例,
第112回 日本内科学会四国地方会, 2015年6月.
47. 古川 貴大, 松井 尚子, 宮城 愛, 野寺 裕之, 藤田 浩司, 清水 文祟, 宮本 勝一, 高橋 幸利, 神田 隆, 楠 進, 梶 龍兒 :
MMNのサイトカイン・ケモカインプロファイル,
第56日本神経学会学術大会, 2015年5月.
48. Naoko Matsui, Waka Sakai, Takahiro Furukawa, Takako Matsuoka, Masakazu Nakamura, Toshimasa Aranami, Kazuya Kondo, Tetsuya Kitagawa, Yousuke Takahama, Takashi Yamamura and Ryuji Kaji :
B cell analysis in human thymus,
第56日本神経学会学術大会, May 2015.
49. 武藤 浩平, 酒井 和香, 松井 尚子, 沖 良祐, 梶 誠兒, 武内 俊明, 丸山 恵子, 大崎 裕亮, 山本 伸昭, 宮城 愛, 野寺 裕之, 樋口 理, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
当初ALSを疑われた高齢発症抗MuSK抗体陽性MGの一例,
第97回日本神経学会 中国・四国地方会, 2014年12月.
50. 竹内 俊明, 宮本 亮介, 大崎 裕亮, 山本 伸昭, 藤田 浩司, 松井 尚子, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
弛緩性麻痺と不随意運動を呈した日本脳炎の一例,
第111回 日本内科学会四国地方会, 2014年11月.
51. 沖良 祐, 藤田 浩司, 松井 尚子, 村上 永尚, 宮本 亮介, 宮﨑 由道, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
高齢発症破傷風例の治療経験を通じた本邦破傷風診療に関する提言,
第19回日本神経感染症学会総会, 2014年9月.
52. 大崎 裕亮, 松井 尚子, 葛目 大輔, 藤田 浩司, 野寺 裕之, 尾本 雅俊, 海田 賢一, 和泉 唯信, 神田 隆, 梶 龍兒 :
抗Neurofascin抗体陽性Lewis-Sumner症候群の1例,
第96回 日本神経学会 中国・四国地方会, 2014年6月.
53. 松井 尚子, 古川 貴大, 梶 龍兒 :
重症筋無力症患者の過形成胸腺ではハッサル小体が増加している,
第55回日本神経学会学術大会, 2014年5月.
54. 松井 尚子, 酒井 和香, 和泉 唯信, 西田 善彦, 梶 龍兒 :
老年発症重症筋無力症の治療戦略,
第25回日本老年医学会四国地方会, 2014年2月.
55. 宮﨑 由道, 松井 尚子, 藤田 浩司, 大崎 裕亮, 森 敦子, 丸山 恵子, 島谷 佳光, 野寺 裕之, 梶 龍兒 :
ギラン・バレー症候群に対するIVIg前後の血清IgG値の変動と治療効果,
臨床神経学, Vol.54, No.Suppl., S107, 2014年.
56. 宮﨑 由道, 鎌田 正紀, 藤田 浩司, 松井 尚子, 和泉 唯信, 村山 繁雄, 梶 龍兒 :
急激な経過をたどったLymphomatosis cerebriの1例,
第109回 日本内科学会四国地方会, 2013年12月.
57. 藤田 浩司, 湯浅 龍彦, 高橋 幸利, 田中 恵子, 岩崎 靖, 松井 尚子, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
抗NMDA受容体抗体陽性のCreutzfeldt-Jakob病と免疫関連脳炎の鑑別,
第25回日本神経免疫学会学術集会, 2013年11月.
58. 松井 尚子, 古川 貴大, 藤田 浩司, 宮﨑 由道, 佐藤 健太, 和泉 唯信, 西田 善彦, 梶 龍兒 :
Fingolimodはrecent thymic emigrantへの影響,
第25回日本神経免疫学会学術集会, 2013年11月.
59. 松井 尚子 :
stiff-person, Isaacs症候群のアフェレシス(シンポジウム:難治性神経筋疾患におけるアフェレシス療法),
第34回日本アフェレシス学会学術大会, 2013年11月.
60. 松井 尚子, 古川 貴大, 宮﨑 由道, 寺澤 由佳, 和泉 唯信, 西田 善彦, 梶 龍兒 :
Fingolimodは重症筋無力症の治療となりうるか?,
第54回日本神経学会学術大会, 2013年5月.
61. 松井 尚子, 大東 いずみ, 近藤 和也, 高浜 洋介, 梶 龍兒 :
重症筋無力症の過形成胸腺ではハッサル小体が増加している,
第32回日本胸腺研究会, 2013年2月.
62. Naoko Matsui, Izumi Ohigashi and Yousuke Takahama :
Increased Hassalls corpuscles in myasthenia gravis patients carrying thymic hyperplasia,
41st Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology, Dec. 2012.
63. 松井 尚子, 大東 いずみ, 高浜 洋介 :
Increased Hassalls Corpuscles In Myasthenia Gravis Patients Carrying Thymic Hyperplasia,
第41回日本免疫学会学術集会, 2012年12月.
64. 松井 尚子, 大東 いずみ, 近藤 和也, 野村 芳子, 高浜 洋介, 梶 龍兒 :
重症筋無力症の過形成胸腺ではハッサル小体が増加している,
第24回日本神経免疫学会学術集会, 2012年9月.
65. 松井 尚子, 大東 いずみ, 近藤 和也, 野村 芳子, 高浜 洋介, 梶 龍兒 :
重症筋無力症の過形成胸腺ではハッサル小体が増加している,
第24回日本神経免疫学会, 2012年9月.
66. 清水 文祟, 佐野 泰照, 斉藤 和幸, 安部 真彰, 前田 敏彦, 春木 明代, 松井 尚子, 宮城 愛, 梶 龍兒, 神田 隆 :
多巣性運動ニューロパチー血清は血液神経関門を破綻させる,
第53回日本神経学会学術大会, 2012年5月.
67. 酒井 和香, 松井 尚子, 寺澤 由佳, 藤田 浩司, 佐藤 健太, 鎌田 正紀, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
50歳以上発症重症筋無力症における臨床像 64歳迄vs65歳以上,
第53回日本神経学会学術大会, 2012年5月.
68. 松井 尚子 :
多巣性運動ニューロパチー:疫学と治療の実態,
第53回日本神経学会学術大会, 2012年5月.
69. 松井 尚子, 大東 いずみ, 野村 芳子, 高浜 洋介, 梶 龍兒 :
重症筋無力症患者胸腺における制御性T細胞ならびにハッサル小体の役割,
臨床神経学, Vol.51, No.12, 1300, 2011年12月.
70. 山本 伸昭, 酒井 和香, 宮本 亮介, 宮城 愛, 佐藤 健太, 寺澤 由佳, 松井 尚子, 浅沼 光太郎, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
高齢発症のNeuromyelitis optica(NMO)についての検討,
臨床神経学, Vol.51, No.2, 154, 2011年2月.
71. 宮本 亮介, 山本 伸昭, 宮城 愛, 寺澤 由佳, 佐藤 健太, 松井 尚子, 浅沼 光太郎, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
遷延する膀胱直腸障害を主徴としたataxic sensory-autonomic neuropathyの一例,
臨床神経学, Vol.51, No.2, 157, 2011年2月.
72. 宮﨑 由道, 宮城 愛, 山本 伸昭, 佐藤 健太, 寺澤 由佳, 松井 尚子, 浅沼 光太郎, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
t-PA治療が奏功した超高齢発症脳梗塞の2例,
日本老年医学会雑誌, Vol.48, No.4, 418, 2011年.
73. 宇高 憲吾, 松井 尚子, 宮本 亮介, 寺澤 由佳, 佐藤 健太, 浅沼 光太郎, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 藤井 志朗, 竹内 恭子, 安倍 正博, 原田 雅史 :
多発性骨髄腫の経過中に進行性多巣性白質脳症をきたした一例,
四国医学雑誌, Vol.66, No.5-6, 198, 2010年12月.
74. 宮城 愛, 寺澤 由佳, 松井 尚子, 山本 伸昭, 佐藤 健太, 浅沼 光太郎, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
ステロイド投与が奏功した卵巣奇形腫を伴う抗グルタミン酸受容体抗体陽性脳炎の1例,
臨床神経学, Vol.50, No.7, 517, 2010年10月.
75. 島谷 佳光, 松井 尚子, 宮城 愛, 浅沼 光太郎, 藤田 浩司, 寺澤 由佳, 佐藤 健太, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
Neuromyelitis opticaにおけるVEPの検討,
臨床神経生理学, Vol.38, No.5, 330, 2010年10月.
76. 高松 直子, 寺澤 由佳, 山本 伸昭, 佐藤 健太, 宮本 亮介, 宮城 愛, 島谷 佳光, 松井 尚子, 浅沼 光太郎, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
超音波所見が診断に有用であった筋サルコイドーシスの1例,
臨床神経生理学, Vol.38, No.5, 333, 2010年10月.

その他・研究会:

1. 山本 遥平, 松井 尚子, 大東 いずみ, 近藤 和也, 和泉 唯信 :
重症筋無力症患者の胸腺におけるB細胞分画と濾胞性ヘルパーT細胞の解析,
第39回日本胸腺研究会, 2020年2月.
2. 松井 尚子, 大崎 裕亮, 西野 一三, 山下 賢, 和泉 唯信 :
封入体筋炎における抗NT5C1A抗体と臨床像:当院症例について,
稀少難治性筋疾患に関する調査研究班「IBM分科会」(令和元年度) 東北大学医学部 星陵会館 大会議室, 2020年1月.
3. 松井 尚子, 山本 遥平, 和泉 唯信, 田中 惠子, 梶 龍兒 :
スティッフパーソン症候群全国調査第二報,
神経免疫疾患のエビデンスによる診断基準・重症度分類・ガイドラインの妥当性と患者QOLの検証研究班(神経免疫疾患)政策および実用化研究班 令和元年度合同班会議, 2020年1月.
4. 松井 尚子 :
重症筋無力症-胸腺の研究から実臨床への応用-,
第7回姫路免疫性神経疾患研究会, 2019年7月.
5. 澤田 徹, 近藤 和也, 松井 尚子, 鈴木 恵美, 山田 亮, 高嶋 美佳, 松本 大資, 河北 直也, 坪井 光弘, 鳥羽 博明, 吉田 光輝, 川上 行奎, 滝沢 宏光, 丹黒 章 :
当院におけるMGに対する拡大胸腺摘出術後の予後成績,
第38回日本胸腺研究会, 2019年2月.
6. 野寺 裕之, 松井 尚子, 高松 直子, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
デープラーニングによるIBMおよび類縁疾患の筋エコー画像判別,
稀少難治性筋疾患に関する調査研究班「IBM分科会」(平成30年度), 2019年2月.
7. 山本 遥平, 松井 尚子, 和泉 唯信, 田中 惠子, 梶 龍兒 :
スティッフパーソン症候群全国調査,
神経免疫疾患のエビデンスによる診断基準・重症度分類・ガイドラインの妥当性と患者QOLの検証研究班(神経免疫疾患)政策および実用化研究班 平成30年度合同班会議, 2019年1月.
8. 松井 尚子, 大東 いずみ, 山本 遥平, 中川 英刀, 近藤 和也, 高浜 洋介 :
ヒト胸腺を用いた胸腺上皮細胞の解析,
第37回日本胸腺研究会, 2018年2月.
9. 松井 尚子, 野寺 裕之, 高松 直子, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
当施設における封入体筋炎のアップデート,
稀少難治性筋疾患に関する調査研究班「IBM分科会」(平成29年度), 2018年2月.
10. 松井 尚子, 山本 遥平, 古川 貴大, 田中 惠子, 梶 龍兒 :
スティッフパーソン症候群全国一次調査,
神経免疫疾患のエビデンスによる診断基準・重症度分類・ガイドラインの妥当性と患者QOLの検証研究班(神経免疫疾患)政策および実用化研究班 平成29年度合同班会議, 2018年1月.
11. 松井 尚子 :
診断・診療上の注意点について,
平成29年度徳島県難病・小児慢性指定医及び協力難病指定医研修会プログラム, 2017年12月.
12. 松井 尚子 :
多発性硬化症の治療について,
第3回難病医療講演・医療相談会, 2017年11月.
13. 松井 尚子 :
難病患者の日常生活と就労に関する調査,
第15回徳島神経難病セミナー, 2017年7月.
14. 松井 尚子 :
パーキンソン病の診断と治療,
第24回パーキンソン仲間の会オリーブ 医療講演会, 2017年7月.
15. 松井 尚子 :
多発性硬化症治療の現状~私の処方意図~,
医薬連携 講演会 ~Meet The Expert~, 2017年4月.
16. 松井 尚子, 大東 いずみ, 中川 英刀, 近藤 和也, 高浜 洋介 :
ヒト胸腺を用いた胸腺上皮細胞の解析,
第36回日本胸腺研究会, 2017年2月.
17. 山本 遥平, 土師 正太郎, 宮本 亮介, 古川 貴大, 松井 尚子, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
たこつぼ型心筋症を合併したMGクリーゼの一例,
第5回東四国神経免疫研究会, 2017年1月.
18. 松井 尚子 :
多発性硬化症の診断と治療,
阿波吉野川支部・名西支部薬剤師会 合同研修会, 2017年1月.
19. 松井 尚子 :
特定疾病医療に係る診療・診断書作成上の留意点,
平成28年度 徳島県難病指定医・小児慢性特定疾患指定医及び協力難病指定医 研修会プログラム, 2016年12月.
20. 松井 尚子 :
DMD治療をどのように開始すべきか?,
中国四国MS Expert Summit, 2016年12月.
21. 武内 俊明, 松井 尚子, 山本 雄貴, 酒井 和香, 西田 善彦, 南里 和紀, 和泉 唯信, 梶 龍兒 :
抗グリアジン抗体+抗GAD抗体陽性の自己免疫性小脳失調症の一例,
第52回亀山正邦記念神経懇話会, 2016年11月.
22. 松井 尚子 :
重症筋無力症の治療について,
難病医療講演・医療相談会, 2016年11月.
23. 松井 尚子 :
特定疾病医療に係る診療・診断書作成上の留意点,
2016年7月.
24. 松井 尚子 :
特定疾病医療に係る診療・診断書作成上の留意点,
平成27年度 徳島県協力難病指定医 研修会プログラム, 2016年6月.
25. 松井 尚子 :
特定疾病医療に係る診療・診断書作成上の留意点,
平成27年度 徳島県難病・小児慢性特定疾病指定医及び協力難病指定医 研修会プログラム, 2016年2月.
26. 松井 尚子, 大東 いずみ, 中川 靖士, 近藤 和也, 高浜 洋介 :
ヒト胸腺を用いた胸腺上皮細胞の解析,
第35回日本胸腺研究会, 39, 2016年2月.
27. 酒井 和香, 松井 尚子, 近藤 和也 :
高齢発症MGの臨床像,
第35回日本胸腺研究会, 51, 2016年2月.
28. 梶 龍兒, 野寺 裕之, 高松 直子, 松井 尚子, 森 敦子, 寺澤 由佳, 島谷 佳光, 大崎 裕亮, 丸山 恵子, 和泉 唯信 :
下腿三頭筋エコー輝度の解離により孤発性封入体筋炎と炎症性筋炎とを鑑別できる,
稀少難治性筋疾患に関する調査研究班「IBM分科会」(平成27年度), 49-50, 2016年2月.
29. 梶 龍兒, 宮﨑 由道, 松井 尚子 :
免疫性ニューロパチーにおけるIVIg前後の血清IgG値の変動,
厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策及び実用化研究班(平成27年度), 2016年1月.
30. 梶 龍兒, 松井 尚子, 野寺 裕之 :
封入体筋炎における筋エコーの有用性,
厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班(平成27年度), 70-71, 2016年1月.
31. 梶 龍兒, 松井 尚子, 古川 貴大 :
スティッフパーソン症候群の現状と今後の課題,
厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班(平成27年度), 55-56, 2016年1月.
32. 松井 尚子 :
神経内科のみる免疫疾患,
高知医療再生機構 平成27年度専門医等不足分野支援事業, 2015年10月.
33. 松井 尚子 :
県内におけるこれまでの取り組み・これから,
とくしま難病市民公開講座, 2015年9月.
34. 松井 尚子, 和泉 唯信, 鎌田 正紀, 川上 秀史, 梶 龍兒 :
骨Paget病と痙性対麻痺を併発したVCP遺伝子変異によるミオパチーの一例,
稀少難治性筋疾患に関する調査研究班「IBM分科会」(平成26年度), 2015年2月.
35. 松井 尚子, 大東 いずみ, 中川 靖士, 近藤 和也, 高浜 洋介 :
ヒト胸腺を用いた単一細胞解析への試み,
第34回日本胸腺研究会, 2015年2月.
36. 松井 尚子 :
胸腺免疫からみた重症筋無力症,
第4回 MG Forum in Chiba, 2014年3月.
37. 松井 尚子, 中川 靖士, 近藤 和也, 梶 龍兒, 高浜 洋介 :
重症筋無力症の過形成胸腺ではハッサル小体が増加している,
第33回日本胸腺研究会, 2014年2月.
38. 森下 敦司, 近藤 和也, 松井 尚子, 坂東 良美, 梶浦 耕一郎, 滝沢 宏光, 中川 靖士, 吉田 光輝, 川上 行奎, 先山 正二, 丹黒 章 :
重症筋無力症を伴った胸腺のmultiple microcystsの一例,
第33回日本胸腺研究会, 2014年2月.
39. 梶 龍兒, 松井 尚子, 島谷 佳光, 野寺 裕之, 和泉 唯信 :
IBMの診断における補助検査の有用性,
稀少難治性筋疾患に関する調査研究班(平成25年度), 2014年1月.
40. 梶 龍兒, 宮﨑 由道, 松井 尚子, 藤田 浩司, 大崎 裕亮, 森 敦子, 丸山 恵子, 島谷 佳光, 野寺 裕之 :
ギラン・バレー症候群に対するIVIg前後の血清IgG値の変動と治療効果,
免疫性神経疾患に関する調査研究班(平成25年度), 2014年1月.
41. 梶 龍兒, 松井 尚子, 古川 貴大, 近藤 和也, 高浜 洋介, 野村 芳子 :
重症筋無力症の発症機序:過形成胸腺ではハッサル小体が増加している,
免疫性神経疾患に関する調査研究班(平成25年度), 2014年1月.
42. 梶 龍兒, 古川 貴大, 松井 尚子, 清水 文祟, 神田 隆, 宮本 勝一, 楠 進, 高橋 幸利 :
MMNとALSにおけるサイトカイン・プロファイル ∼第2報∼,
免疫性神経疾患に関する調査研究班(平成24年度), 2013年1月.
43. 梶 龍兒, 松井 尚子, 古川 貴大, 宮﨑 由道, 寺澤 由佳 :
Fingolimodは重症筋無力症の治療となりうるか?,
免疫性神経疾患に関する調査研究班(平成24年度), 2013年1月.
44. Sakai Waka, Naoko Matsui, Koji Fujita and Ryuji Kaji :
A case of NMO spectrum disorder associated with SIADH,
Sendai Conference 2012, Jul. 2012.

報告書:

1. 梶 龍兒, 宮﨑 由道, 松井 尚子, 藤田 浩司, 大崎 裕亮, 森 敦子, 丸山 恵子, 島谷 佳光, 野寺 裕之 :
ギラン・バレー症候群に対するIVIg前後の血清IgG値の変動と治療効果,
免疫性神経疾患に関する調査研究班(平成25年度), 154-155, 東京, 2014年.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 重症筋無力症の治療方向性を規定する因子の探索 (研究課題/領域番号: 20K07784 )
  • 重症筋無力症胸腺の病態解明と新たな治療への応用 (研究課題/領域番号: 19K23946 )
  • B型胸腺腫を合併する重症筋無力症(MG)におけるMG発症機序の解明 (研究課題/領域番号: 16K10684 )
  • Fingolimodは重症筋無力症の治療となりうるか? (研究課題/領域番号: 25870477 )
  • 重症筋無力症患者胸腺における制御性 T 細胞ならびにハッサル小体の役割 (研究課題/領域番号: 23790995 )
  • 研究者番号(10547954)による検索