検索:
徳島大学 > 先端酵素学研究所 > 糖尿病臨床・研究開発領域 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (重点) > 1702007 空気圧駆動系を用いたリハビリ支援システムの開発 >
徳島大学 > 医科学教育部 > 医学専攻 > 生体制御医学講座 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704032 糖尿病性筋障害の分子機構の解明,診断・治療法の開発 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704039 糖尿病の根治を目指す細胞治療プラットフォームの構築 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1804025 糖尿病を有する妊婦に看護職が行う簡易口腔保健支援プログラムの開発:慢性炎症性疾患である歯周病の回避と周産期医療の向上に向けて >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1804001 慢性炎症を分子基盤とした肥満・糖尿病および多臓器合併症の病態解明と治療法開発 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704020 GABAシグナル活性化因子による膵臓β細胞の再生技術の開発 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

糖尿病学 (Diabetology)
糖尿病学 (Diabetology)
糖尿病学 (Diabetology)
糖尿病学 (Diabetology)
糖尿病学 (Diabetology)
糖尿病学 (Diabetology)

研究テーマ

糖の流れの調節因子の解明
細胞内ストレス応答とインスリン作用
膵・腎移植
糖尿病と動脈硬化危険因子の解明
先進糖尿病治療
ICT地域医療連携

著書・論文

著書:

1.松久 宗英 :
序,
2017年5月.
2.松久 宗英 :
クローズドループ型人工膵臓による血糖自動制御,
2017年2月.
3.松久 宗英 :
低血糖,
2017年1月.
4.松久 宗英 :
注射部位にしこり?,
2016年12月.
5.松久 宗英 :
低血糖時の対処法,
2016年10月.
6.松久 宗英 :
Q74インスリン製剤のエビデンスを教えてください,
2016年5月.
7.松久 宗英 :
1,5アンヒドロ-D-グルシトール,
2016年5月.
8.松久 宗英 :
グルコース,
2016年5月.
9.松久 宗英 :
低血糖対策,
2016年4月.
10.松久 宗英 :
糖尿病治療の最前線:Q低血糖を起こさないようにするSU薬,インスリンの使い方の工夫を教えてください,
文光堂, 2016年3月.
11.松久 宗英 :
インスリンとインクレチンって何?∼糖尿病にまつわるホルモン∼,
MCメディカ出版, 2016年3月.
12.松久 宗英 :
Q50 ビグアナイド薬の高用量処方のコツを教えてください,
南江堂, 2015年10月.
13.松久 宗英 :
Q49 ビグアナイド薬の標準的な処方例について教えてください,
南江堂, 2015年10月.
14.黒田 暁生, 松久 宗英 :
インスリン療法の適応と用量調節方法,
株式会社 中山書店, 2015年5月.
15.黒田 暁生, 松久 宗英 :
カーボカウントの基本と臨床での適応例,
株式会社 中山書店, 2015年5月.
16.松久 宗英 :
精神疾患(うつ病など),
株式会社 中山書店, 2015年5月.
17.黒田 暁生, 松久 宗英 :
インスリンポンプ療法の心構え,
医歯薬出版 株式会社, 2015年5月.
18.松久 宗英 :
糖尿病について知ってほしいこと,
医歯薬出版 株式会社, 2015年5月.
19.黒田 暁生, 松久 宗英 :
持続皮下イインスリン注入療法(CSⅡ)の実際,
医薬ジャーナル社, 2015年3月.
20.松久 宗英 :
膵臓移植・膵島移植,
医薬ジャーナル社, 2015年3月.
21.黒田 暁生, 松久 宗英 :
糖代謝異常妊娠の管理:食事療法,
株式会社 金芳堂, 2014年.
22.黒田 暁生, 松久 宗英 :
インスリンポンプ療法における食事療法,
2014年6月.
23.黒田 暁生, 松久 宗英 :
補正インスリン注入量の決定法,
2014年6月.
24.黒田 暁生, 松久 宗英 :
追加インスリン注入量の決定法,
南江堂, 2014年6月.
25.田蒔 基行, 松久 宗英 :
糖尿病,
2014年5月.
26.松久 宗英 :
代謝疾患とは,
2014年5月.
27.田蒔 基行, 松久 宗英 :
脂質異常症と高血圧には関連があるのでしょうか?,
2014年3月.
28.松久 宗英 :
泌尿器科,
2014年3月.
29.黒田 暁生, 松久 宗英 :
カーボカウント,
2014年3月.
30.黒田 暁生, 松久 宗英 :
強化インスリン療法中の患者における1型糖尿病と2型糖尿病の違いとは,
2014年1月.
31.黒田 暁生, 松久 宗英 :
強化インスリン療法中の患者に対して応用カーボカウントを教える,
2014年1月.
32.黒田 暁生, 松久 宗英 :
カーボカウントの基礎∼血糖応答から食品を考える視点を持つ∼,
2014年1月.
33.松久 宗英 :
1,5アンヒドログルシトール,
株式会社 診断と治療社, 2014年.
34.黒田 暁生, 松久 宗英 :
インスリンポンプ療法における食事療法,
南江堂, 2014年.
35.松久 宗英 :
糖尿病の病態生理,
医薬ジャーナル社, 2014年.
36.黒田 暁生, 松久 宗英 :
カーボカウントの考え方と実践,
医薬ジャーナル社, 2014年.
37.黒田 暁生, 松久 宗英 :
糖質制限食をめぐって:カーボカウントの理論と実際ならびにその新たな展開,
株式会社 医学出版, 2013年5月.
(CiNii: 40019806769)
38.松久 宗英 :
GLP-1 タキフィラシーとは?,
株式会社 中外医学社, 2013年5月.
39.松久 宗英 :
糖尿病昏睡 diabetic coma,
南江堂, 2013年3月.
40.黒田 暁生, 松久 宗英 :
カーボカウントの理論と実際 医師の立場からのカーボカウントの実際について,
株式会社 診断と治療社, 2012年.
41.黒田 暁生, 松久 宗英 :
移植医療ー膵臓移植・膵島移植,
株式会社 中山書店, 2012年.
42.黒田 暁生, 松久 宗英 :
糖尿病における膵島破壊と再生機転,
朝倉書店, 2012年10月.
43.松久 宗英 :
療養指導士の育成と今後の課題 糖尿病地域医療連携ー絆の紡ぎ方 実相ガイド,
医歯薬出版株式会社, 2012年9月.
44.松久 宗英 :
脳梗塞:チャートで学ぶ糖尿病と合併症,
株式会社 メディカ出版, 2012年9月.
45.黒田 暁生, 松久 宗英 :
膵臓移植の血糖管理,
2012年4月.
46.松久 宗英 :
糖尿病治療の新しい展開ーインクレチン関連薬ー,
医学図書出版, 2012年4月.
47.黒田 暁生, 松久 宗英 :
カーボカウントの有効な活用法,
医歯薬出版株式会社, 2012年3月.
48.伊藤 壽記, 松久 宗英, 黒田 暁生, 宮下 和幸 :
膵臓移植の血糖管理,
医学図書出版, 2012年.
49.松久 宗英 :
どの経口血糖降下薬を使うか,
南江堂, 2011年10月.
50.黒田 暁生, 松久 宗英 :
食品交換表とカーボカウントの融合ーカーボカウントの実践,
株式会社 診断と治療社, 2011年9月.
51.黒田 暁生, 松久 宗英 :
糖尿病腎症見える化シート,
株式会社 メディカ出版, 2011年9月.
52.松久 宗英, 黒田 暁生 :
透析になったら何がどうなる?∼生活・症状∼,
2011年9月.
53.黒田 暁生, 松久 宗英 :
インスリンポンプ療法の適応と用量調節方法,
株式会社 中山書店, 2011年6月.
54.黒田 暁生, 松久 宗英 :
カーボカウントの基本と臨床での適応例,
株式会社 中山書店, 2011年6月.
55.松久 宗英 :
その他の合併症(高血圧,糖尿病,脂質異常症等),
シュプリンガー・ジャパン株式会社, 2011年5月.
56.松久 宗英 :
インスリン製剤2011,
有限会社フジメディカル出版, 2011年5月.
57.松久 宗英 :
基礎知識すいすい見直しドリル100,
2010年9月.

学術論文(審査論文):

1.Yuichi Takashi, Shu Wakino, Hitoshi Minakuchi, Masashi Ishizu, Akio Kuroda, Hisato Shima, Manabu Tashiro, Keiko Miya, Kazuyoshi Okada, Jun Minakuchi, Shu Kawashima, Munehide Matsuhisa, Toshio Matsumoto and Seiji Fukumoto :
Circulating FGF23 is not associated with cardiac dysfunction, atherosclerosis, infection or inflammation in hemodialysis patients.,
Journal of Bone and Mineral Metabolism, 2019.
(DOI: 10.1007/s00774-019-01027-7,   PubMed: 31420749)
2.Tetsuya Ikemoto, Rui Feng, Shuichi Iwahashi, Shinichiro Yamada, Yu Saitou, Yuji Morine, Satoru Imura, Munehide Matsuhisa and Mitsuo Shimada :
In vitro and in vivo effects of insulin-producing cells generated by xeno-antigen free 3D culture with RCP piece.,
Scientific Reports, Vol.9, No.1, 2019.
(DOI: 10.1038/s41598-019-47257-7,   PubMed: 31341242)
3.Hiroyasu Mori, Akio Kuroda and Munehide Matsuhisa :
Clinical impact of sarcopenia and dynapenia on diabetes.,
Diabetology International, Vol.10, No.3, 183-187, 2019.
(DOI: 10.1007/s13340-019-00400-1,   PubMed: 31275784)
4.Yuichi Takashi, Hidetaka Kosako, Shun Sawatsubashi, Yuka Kinoshita, Nobuaki Ito, Maria K. Tsoumpra, Masaomi Nangaku, Masahiro Abe, Munehide Matsuhisa, Shigeaki Kato, Toshio Matsumoto and Seiji Fukumoto :
Activation of unliganded FGF receptor by extracellular phosphate potentiates proteolytic protection of FGF23 by its O-glycosylation,
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol.116, No.23, 11418-11427, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113621,   DOI: 10.1073/pnas.1815166116,   PubMed: 31097591)
5.Yuichi Takashi, Masashi Ishizu, Hiroyasu Mori, Kazuyuki Miyashita, Fumie Sakamoto, Naoto Katakami, Taka-Aki Matsuoka, Tetsuyuki Yasuda, Seiichi Hashida, Munehide Matsuhisa and Akio Kuroda :
Circulating osteocalcin as a bone-derived hormone is inversely correlated with body fat in patients with type 1 diabetes.,
PLoS ONE, Vol.14, No.5, 2019.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0216416,   PubMed: 31050684)
6.Akemi Hara, Yuko Nakagawa, Keiko Nakao, Motoyuki Tamaki, Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Munehide Matsuhisa, Hiroki Mizukami, Nobuhiro Maruyama, Hirotaka Watada and Yoshio Fujitani :
Development of monoclonal mouse antibodies that specifically recognize pancreatic polypeptide.,
Endocrine Journal, Vol.66, No.5, 459-468, 2019.
(DOI: 10.1507/endocrj.EJ18-0441,   PubMed: 30842364,   Elsevier: Scopus)
7.Hiroyasu Mori, Akio Kuroda, Masashi Ishizu, Mami Ohishi, Yuichi Takashi, Yinhua Otsuka, Satoshi Taniguchi, Motoyuki Tamaki, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Makoto Funaki, Yuko Akehi and Munehide Matsuhisa :
Association of accumulated advanced glycation end-products with a high prevalence of sarcopenia and dynapenia in patients with type 2 diabetes.,
Journal of Diabetes Investigation, 2019.
(DOI: 10.1111/jdi.13014,   PubMed: 30677242)
8.Munehide Matsuhisa and Akio Kuroda :
New risk factors of severe hypoglycemia.,
Journal of Diabetes Investigation, Vol.10, No.2, 219-220, 2018.
(DOI: 10.1111/jdi.12925,   PubMed: 30175462)
9.河野 友晴, 沼田 聡, 藤本 侑季, 黒田 暁生, 安田 哲行, 宮下 和幸, 坂本 扶美枝, 片上 直人, 松岡 孝昭, 松久 宗英, 橋田 誠一 :
IA-2抗体の高感度検出法(ICT-EIA法)の開発と長期罹患若年性1型糖尿病患者における3種膵島関連自己抗体(GADA,IA-2A,IAA)の検出について,
徳島文理大学研究紀要, No.96, 2018年.
10.Masahiko Miyagi, Hiroshi Uchino, Naoki Kumashiro, Mariko Higa, Koki Shin, Makiko Sasamoto, Hiroji Kitazato, Motoyuki Tamaki, Munehide Matsuhisa and Takahisa Hirose :
Up-Titration Strategy After DPP-4 Inhibitor-Based Oral Therapy for Type 2 Diabetes: A Randomized Controlled Trial Shifting to a Single-Dose GLP-1 Enhancer Versus Adding a Variable Basal Insulin Algorithm.,
Diabetes Therapy, Vol.9, No.5, 1959-1968, 2018.
(DOI: 10.1007/s13300-018-0486-1,   PubMed: 30121725)
11.Mitsuyoshi Namba, Toshio Iwakura, Rimei Nishimura, Kohei Akazawa, Munehide Matsuhisa, Yoshihito Atsumi, Jo Satoh and Toshimasa Yamauchi :
The current status of treatment-related severe hypoglycemia in Japanese patients with diabetes mellitus: A report from the committee on a survey of severe hypoglycemia in the Japan Diabetes Society.,
Journal of Diabetes Investigation, 2018.
(DOI: 10.1111/jdi.12790,   PubMed: 29498232)
12.難波 光義, 岩倉 敏夫, 西村 理明, 赤澤 宏平, 松久 宗英, 渥美 義仁, 佐藤 譲, 山内 敏正 :
糖尿病治療に関連した重症低血糖の調査委員会報告,
糖尿病, Vol.60, No.12, 826-842, 2017年.
(DOI: 10.11213/tonyobyo.60.826)
13.Shusuke Yagi, Ken-ichi Aihara, Takeshi Kondo, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Daiju Fukuda, Yutaka Nakaya, Kin-Ichiro Suwaki, Takashi Takeji, Toshihiro Wada, Masdan Hotimah Salim, Saori Hama, Tomomi Matsuura, Takayuki Ise, Kenya Kusunose, Koji Yamaguchi, Takeshi Tobiume, Hirotsugu Yamada, Takeshi Soeki, Tetsuzo Wakatsuki, Munehide Matsuhisa, Michio Shimabukuro, Masashi Akaike and Masataka Sata :
Predictors for the Treatment Effect of Sodium Glucose Co-transporter 2 Inhibitors in Patients with Type 2 Diabetes Mellitus.,
Advances in Therapy, Vol.35, No.1, 124-134, 2017.
(DOI: 10.1007/s12325-017-0639-z,   PubMed: 29185199,   Elsevier: Scopus)
14.Kohjiro Ueki, Takayoshi Sasako, Yukiko Okazaki, Masayuki Kato, Sumie Okahata, Hisayuki Katsuyama, Mikiko Haraguchi, Ai Morita, Ken Ohashi, Kazuo Hara, Atsushi Morise, Kazuo Izumi, Naoki Ishizuka, Yasuo Ohashi, Mitsuhiko Noda, Takashi Kadowaki, Group Study J-DOIT3 and Munehide Matsuhisa :
Effect of an intensified multifactorial intervention on cardiovascular outcomes and mortality in type 2 diabetes (J-DOIT3): an open-label, randomised controlled trial.,
The Lancet. Diabetes & Endocrinology, Vol.5, No.12, 951-964, 2017.
(DOI: 10.1016/S2213-8587(17)30327-3,   PubMed: 29079252)
15.Akio Kuroda, Satoshi Taniguchi, Yuko Akehi, Hiroyasu Mori, Motoyuki Tamaki, Reiko Suzuki, Yinhua Otsuka and Munehide Matsuhisa :
Accuracy and Time Delay of Glucose Measurements of Continuous Glucose Monitoring and Bedside Artificial Pancreas During Hyperglycemic and Euglycemic Hyperinsulinemic Glucose Clamp Study.,
Journal of Diabetes Science and Technology, Vol.11, No.6, 1096-1100, 2017.
(DOI: 10.1177/1932296817735122,   PubMed: 28992720)
16.Kiyoe Kurahashi, Itsuro Endo, Takeshi Kondo, Kana Morimoto, Sumiko Yoshida, Akio Kuroda, Ken-ichi Aihara, Munehide Matsuhisa, Kohhei Nakajima, Yoshifumi Mizobuchi, Shinji Nagahiro, Masahiro Abe and Seiji Fukumoto :
Remarkable Shrinkage of a Growth Hormone (GH)-secreting Macroadenoma Induced by Somatostatin Analogue Administration: A Case Report and Literature Review.,
Internal Medicine, Vol.56, No.18, 2455-2461, 2017.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.8223-16,   PubMed: 28824054,   Elsevier: Scopus)
17.Hirotsugu Yamada, Atsushi Tanaka, Kenya Kusunose, Rie Amano, Munehide Matsuhisa, Hiroyuki Daida, Masaaki Ito, Hiroyuki Tsutsui, Mamoru Nanasato, Haruo Kamiya, K Yasuko Bando, Masato Odawara, Hisako Yoshida, Toyoaki Murohara, Masataka Sata and Koichi Node :
Effect of sitagliptin on the echocardiographic parameters of left ventricular diastolic function in patients with type 2 diabetes: a subgroup analysis of the PROLOGUE study.,
Cardiovascular Diabetology, Vol.16, No.1, 63, 2017.
(DOI: 10.1186/s12933-017-0546-2,   PubMed: 28490337)
18.Naoji Mita, Shinji Kawahito, Tomohiro Soga, Kazumi Takaishi, Hiroshi Kitahata, Munehide Matsuhisa, Mitsuo Shimada, Kinoshita Hiroyuki, Yasuo Tsutsumi and Katsuya Tanaka :
Strict blood glucose control by an artificial endocrine pancreas during hepatectomy may prevent postoperative acute kidney injury,
Journal of Artificial Organs, Vol.20, No.1, 76-83, 2017.
(DOI: 10.1007/s10047-016-0925-6,   PubMed: 27557726)
19.Akio Kuroda, Tsuruo Miho, Aki Nanako, Takeshi Kondo, Oguro Yukari, Motoyuki Tamaki, Ken-ichi Aihara, Itsuro Endo, Toshio Matsumoto, Masahiro Abe and Munehide Matsuhisa :
A Pirot study comparing the CGM-assessed glycemic profiles of patients with type 1 diabetes on insulin degludec and insulin glargine,
Diabetology International, Vol.8, No.1, 112-115, 2017.
(DOI: 10.1007/s13340-016-0289-4,   Elsevier: Scopus)
20.Tomoyuki Yuasa, Kikuko Amo-Shiinoki, Shuhei Ishikura, Mitsuyoshi Takahara, Takaaki Matsuoka, Hideaki Kaneto, Akio Kuroda, Munehide Matsuhisa and Seiichi Hashida :
Sequential cleavage of insulin receptor by calpain 2 and -secretase impairs insulin signalling.,
Diabetologia, Vol.59, No.12, 2711-2721, 2016.
(DOI: 10.1007/s00125-016-4102-5,   PubMed: 27695899,   Elsevier: Scopus)
21.Takeshi Kondo, Itsuro Endo, Yukari Ooguro, Kana Morimoto, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Akio Kuroda, Ken-ichi Aihara, Munehide Matsuhisa, Masahiro Abe and Seiji Fukumoto :
Suppression of the Hypothalamic-pituitary-adrenal Axis by Maximum Androgen Blockade in a Patient with Prostate Cancer.,
Internal Medicine, Vol.55, No.24, 3623-3626, 2016.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.55.7359,   PubMed: 27980263,   Elsevier: Scopus)
22.Hirofumi Tomiyama, Takashi Miwa, Kenshi Kan, Munehide Matsuhisa, Haruo Kamiya, Mamoru Nanasato, Tomoki Kitano, Hiroaki Sano, Jun Ohno, Masato Iida, Masataka Sata, Hirotsugu Yamada, Koji Maemura, Atsushi Tanaka, Toyoaki Murohara and Koichi Node :
Impact of glycemic control with sitagliptin on the 2-year progression of arterial stiffness: a sub-analysis of the PROLOGUE study.,
Cardiovascular Diabetology, Vol.15, No.1, 150, 2016.
(DOI: 10.1186/s12933-016-0472-8,   PubMed: 27809848,   Elsevier: Scopus)
23.Munehide Matsuhisa, Masayoshi Koyama, Xi Cheng, Mariko Sumi, C Matthew Riddle, B Geremia Bolli and Takahisa Hirose :
Sustained glycaemic control and less nocturnal hypoglycaemia with insulin glargine 300U/mL compared with glargine 100U/mL in Japanese adults with type 1 diabetes (EDITION JP 1 randomised 12-month trial including 6-month extension).,
Diabetes Research and Clinical Practice, Vol.122, 133-140, 2016.
(DOI: 10.1016/j.diabres.2016.10.002,   PubMed: 27835765)
24.Hiroyasu Mori, Akio Kuroda, Michiko Araki, Reiko Suzuki, Satoshi Taniguchi, Motoyuki Tamaki, Yuko Akehi and Munehide Matsuhisa :
Advanced glycation end products is a risk for muscle weakness in Japanese patients with type 1 diabetes.,
Journal of Diabetes Investigation, 2016.
(DOI: 10.1111/jdi.12582,   PubMed: 27727515)
25.Fuminori Tanihara, Tatsuya Takemoto, Eri Kitagawa, Shengbin Rao, Kim Lanh Thi Do, Akira Onishi, Yukiko Yamashita, Chisato Kosugi, Hitomi Suzuki, Shoichiro Sembon, Shunichi Suzuki, Michiko Nakai, Masakazu Hashimoto, Akihiro Yasue, Munehide Matsuhisa, Sumihare Noji, Tatsuya Fujimura, Dai-Ichiro Fuchimoto and Takeshige Otoi :
Somatic cell reprogramming-free generation of genetically modified pigs.,
Science Advances, Vol.2, No.9, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 110154,   DOI: 10.1126/sciadv.1600803,   PubMed: 27652340)
26.A Tanaka, T Murohara, I Taguchi, K Eguchi, M Suzuki, M Kitakaze, Y Sato, T Ishizu, Y Higashi, Hirotsugu Yamada, M Nanasato, Michio Shimabukuro, H Teragawa, S Ueda, S Kodera, Munehide Matsuhisa, T Kadokami, K Kario, Y Nishio, T Inoue, K Maemura, J Oyama, M Ohishi, Masataka Sata, H Tomiyama, K Node and Investigators Study PROTECT :
Rationale and design of a multicenter randomized controlled study to evaluate the preventive effect of ipragliflozin on carotid atherosclerosis: the PROTECT study.,
Cardiovascular Diabetology, Vol.15, No.1, 133, 2016.
(DOI: 10.1186/s12933-016-0449-7,   PubMed: 27619983)
27.B Allen King, Akio Kuroda, Munehide Matsuhisa and Todd Hobbs :
A Review of Insulin-Dosing Formulas for Continuous Subcutaneous Insulin Infusion (CSII) for Adults with Type 1 Diabetes.,
Current Diabetes Reports, Vol.16, No.9, 2016.
(DOI: 10.1007/s11892-016-0772-0,   PubMed: 27457238)
28.J Oyama, T Murohara, M Kitakaze, T Ishizu, Y Sato, K Kitagawa, H Kamiya, M Ajioka, M Ishiara, K Dai, M Nanasato, Masataka Sata, K Maemura, H Tomiyama, Y Higashi, K Kaku, Hirotsugu Yamada, Munehide Matsuhisa, K Yamashita, YK Bando, N Kashihara, S Ueda, T Inoue, K Node and Investigators Study PROLOGUE :
The Effect of Sitagliptin on Carotid Artery Atherosclerosis in Type 2 Diabetes: The PROLOGUE Randomized Controlled Trial.,
PLoS Medicine, Vol.13, No.6, e1002051, 2016.
(DOI: 10.1371/journal.pmed.1002051,   PubMed: 27351380)
29.Munehide Matsuhisa, M. Koyama, X Cheng, Y Takahashi, M C Riiddle, G B Boli, T Hirose and on behalf of the Edition JP 1 study group :
New insulin glargine 300 U/mL versus glargine 100 U/mL in Japanese adults with type 1 diabetes using basal and mealtime insulinglucose control and hypoglycaemia in a randomized controlled trial,
Diabetes, Obesity & Metabolism, Vol.18, No.4, 375-383, 2016.
(DOI: 10.1111/dom.12619,   PubMed: 26662964,   Elsevier: Scopus)
30.Takeshi Kondo, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Ohnishi Yukiyo, Dong Bingzi, Oguro Yukari, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Yuichi Fujinaka, Akio Kuroda, Munehide Matsuhisa, Seiji Fukumoto, Toshio Matsumoto and Masahiro Abe :
Serum carboxy-terminal telopeptide of type I collagen levels are associated with carotid atherosclerosis in patients with cardiovascular risk factors.,
Endocrine Journal, Vol.63, No.4, 397-404, 2016.
(DOI: 10.1507/endocrj.EJ15-0589,   PubMed: 26877258,   Elsevier: Scopus)
31.黒田 暁生, 松久 宗英 :
カーボカウントと糖質摂取,
糖尿病, Vol.59, No.1, 24-26, 2016年.
(DOI: 10.11213/tonyobyo.59.24,   CiNii: 130005125023)
32.松久 宗英 :
糖尿病地域医療連携のIT化の試み∼その現状と課題∼,
NPO法人日本糖尿病情報学会誌, Vol.14, 2016年.
33.Saeko Osawa, Dan Kawamori, Naoto Katakami, Mitsuyoshi Takahara, Fumie Sakamoto, Takashi Katsura, Tetsuyuki Yasuda, Hideaki Kaneto, Munehide Matsuhisa, Taka-Aki Matsuoka and Iichiro Shimomura :
Significant elevation of serum dipeptidyl peptidase-4 activity in young-adult type 1 diabetes.,
Diabetes Research and Clinical Practice, Vol.113, 135-142, 2016.
(DOI: 10.1016/j.diabres.2015.12.022,   PubMed: 26827118,   Elsevier: Scopus)
34.Yumi Kuwamura, Sumikawa Masuko, Tetsuya Tanioka, Toshihiko Nagata, Eijiro Sakamoto, Hiromi Murata, Munehide Matsuhisa, Ken-ichi Aihara, Daisuke Hinode, Hirokazu Uemura, Hirokazu Ito, Yuko Yasuhara and Rozzano De Castro Locsin :
Development of the Diabetes Oral Health Assessment Tool © for Nurses,
Health, Vol.7, No.12, 1710-1720, 2015.
(DOI: 10.4236/health.2015.712186)
35.Jin Temma, Munehide Matsuhisa, Toru Horie, Akio Kuroda, Hiroyasu Mori, Motoyuki Tamaki, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Masahiro Abe and Toshio Matsumoto :
Non-invasive Measurement of Skin Autofluorescence as a Beneficial Surrogate Marker for Atherosclerosis in Patients with Type 2 Diabetes,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.3-4, 126-129, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 111266,   DOI: 10.2152/jmi.62.126,   PubMed: 26399335,   Elsevier: Scopus)
36.Kenichi Deguchi, Tetsuya Enishi, Nori Sato, Hajime Miura, Yuichi Fujinaka, Munehide Matsuhisa and Shinsuke Katoh :
Acute effect of fast walking on postprandial blood glucose control in type 2 diabetes,
Diabetology International, 2015.
(DOI: 10.1007/s13340-015-0217-z)
37.寺内 康夫, 池田 勧夫, 弘世 貴久, 松久 宗英, 小田原 雅人 :
インスリン治療による低血糖と日常生活への影響に関するアンケート調査,
医学と薬学, Vol.72, No.6, 1059-1074, 2015年.
38.Noriko Kambe, Shinji Kawahito, Naoji Mita, Kazumi Takaishi, Tosiko Katayama, Yoko Sakai, Tomohiro Soga, Hiroaki Kawano, Munehide Matsuhisa, Mitsuo Shimada, Tetsuya Kitagawa and Hiroshi Kitahata :
Impact of newly developed, next-generation artificial endocrine pancreas,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.62, No.1-2, 41-44, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 111244,   DOI: 10.2152/jmi.62.41,   PubMed: 25817282,   Elsevier: Scopus)
39.田木 真和, 玉木 悠, 森川 富昭, 松久 宗英, 森口 博基 :
NFC通信歩数計を活用した健康データの可視化による生活習慣の行動変容,
医療情報学, Vol.34, No.6, 281-291, 2015年.
(DOI: 10.14948/jami.34.281,   CiNii: 130005148401)
40.鈴木 麗子, 大和 光, 川添 和義, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 安芸 菜奈子, 倉橋 清衛, 松本 俊夫, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
インスリン注射により生じた皮下硬結を有する患者の実体調査とその介入の有用性の検討,
プラクティス, Vol.31, No.6, 815-821, 2014年.
41.Naoki Shimo, Tetsuyuki Yasuda, Hideaki Kaneto, Naoto Katakami, Akio Kuroda, Fumie Sakamoto, Mitsuyoshi Takahara, Yoko Irie, Keiko Horikawa, Kazuyuki Miyashita, Takeshi Miyatsuka, Kazutomi Yoshiuchi, Dan Kawamori, Ken'ya Sakamoto, Taka-aki Matsuoka, Keisuke Kosugi, Iichiro Shimomura and Munehide Matsuhisa :
Vitamin D deficiency is significantly associated with retinopathy in young Japanese type 1 diabetic patients.,
Diabetes Research and Clinical Practice, Vol.106, No.2, e41-3, 2014.
(DOI: 10.1016/j.diabres.2014.08.005,   PubMed: 25287616)
42.Kayo Hirose, Shinji Kawahito, Naoji Mita, Kazumi Takaishi, Tomiya Kawahara, Tomohiro Soga, Toshiko Katayama, Satoru Imura, Yuji Morine, Tetsuya Ikemoto, Mitsuo Shimada, Munehide Matsuhisa and Hiroshi Kitahata :
Usefulness of artificial endocrine pancreas during resection of insulinoma.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.61, No.3-4, 421-425, 2014.
(徳島大学機関リポジトリ: 109597,   DOI: 10.2152/jmi.61.421,   PubMed: 25264066,   Elsevier: Scopus)
43.Ken-ichiro Kato, Toshinari Takamura, Yumie Takeshita, Yasuji Ryu, Hirofumi Misu, Tsuguhito Ota, Kumpei Tokuyama, Shoichiro Nagasaka, Munehide Matsuhisa, Osamu Matsui and Shuichi Kaneko :
Ectopic fat accumulation and distant organ-specific insulin resistance in Japanese people with nonalcoholic fatty liver disease.,
PLoS ONE, Vol.9, No.3, e92170, 2014.
(DOI: 10.1371/journal.pone.0092170,   PubMed: 24651470,   CiNii: 120005440398,   Elsevier: Scopus)
44.Hidenori Yoshii, Tomio Onuma, Tsutomu Yamazaki, Hirotaka Watada, Munehide Matsuhisa, Masayasu Matsumoto, Kazuo Kitagawa, Masafumi Kitakaze, Yoshimitsu Yamasaki and Ryuzo Kawamori :
Effects of Pioglitazone on Macrovascular Events in Patients with Type 2 Diabetes Mellitus at High Risk of Stroke: The PROFIT-J Study.,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Vol.21, No.6, 563-573, 2014.
(DOI: 10.5551/jat.21626,   PubMed: 24477028,   CiNii: 130004444748,   Elsevier: Scopus)
45.Mizuho Kinouchi, Ken-ichi Aihara, Yuichi Fujinaka, Sumiko Yoshida, Yukari Ooguro, Kiyoe Kurahashi, Takeshi Kondo, Nanako Aki, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Munehide Matsuhisa and Toshio Matsumoto :
Diabetic conditions differentially affect the endothelial function, arterial stiffness and carotid atherosclerosis.,
Journal of Atherosclerosis and Thrombosis, Vol.21, No.5, 486-500, 2014.
(DOI: 10.5551/jat.20834,   PubMed: 24401746,   CiNii: 130004444734,   Elsevier: Scopus)
46.黒田 暁生, 丸山 千寿子, 松久 宗英 :
第7版食品交換表に基づいた炭水化物50~60%での主食以外の炭水化物含有量,
糖尿病, Vol.57, No.12, 921-922, 2014年.
(DOI: 10.11213/tonyobyo.57.921,   CiNii: 130004905435,   Elsevier: Scopus)
47.近藤 剛史, 黒田 暁生, 曽我部 公子, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
術前後で持続血糖モニター(CGM)を比較しえたアドレナリン優位褐色細胞腫の1例,
糖尿病, Vol.57, No.9, 729-735, 2014年.
(DOI: 10.11213/tonyobyo.57.729,   CiNii: 130004696304,   Elsevier: Scopus)
48.小林 哲郎, 難波 光義, 黒田 暁生, 松久 宗英, 山田 研太郎, 今村 洋一, 金重 勝博, 浜口 朋也, 川村 智行, 佐藤 譲, 高橋 和眞, 丸山 太郎, 西村 理明, 勝野 朋幸, 楠 宜樹, 清水 一紀, 柳澤 克之, 粟田 卓也, 雨宮 伸 :
日本先進糖尿病治療研究会によるCSⅡおよびCGMに関するステートメント,
糖尿病, Vol.57, No.6, 403-415, 2014年.
(DOI: 10.11213/tonyobyo.57.403,   CiNii: 130004905446,   Elsevier: Scopus)
49.弘世 貴久, 渡邉 隆宏, 綿田 裕孝, 安孫子 亜津子, 羽田 勝計, 武部 典子, 佐藤 譲, 山口 賢, 石原 寿光, 前田 朝美, 江藤 一弘, 太田 明雄, 田中 逸, 武田 貞二, 駒津 光久, 卯木 智, 前川 聡, 伊藤 裕進, 能宗 伸輔, 廣峰 義久, 川畑 由美子, 池上 博司, 寺前 純吾, 花房 俊昭, 富永 貴元, 井上 康, 谷澤 幸生, 松本 俊夫, 黒田 暁生, 松久 宗英, 野見山 崇, 柳瀬 敏彦, 小林 邦久, 近藤 龍也, 荒木 栄一, 石井 則夫, 井形 元雄, 久木留 大介, 本島 寛之, 河盛 隆造 :
糖尿病患者に対する血糖平坦化を目指したミグリトールとインスリン併用療法の有用性の検討ー血糖自己測定(SMBG)を用いた評価ー,
Therapeutic Research, Vol.34, No.12, 1503-1511, 2013年.
(Elsevier: Scopus)
50.Kenya Sakamoto, Fumiyo Kubo, Kazutomi Yoshiuchi, Akemi Ono, Toshiyuki Sato, Koji Tomita, Kazuhiko Sakaguchi, Munehide Matsuhisa, Hideaki Kaneto, Hiroshi Maegawa, Hiromu Nakajima, Atsunori Kashiwagi and Keisuke Kosugi :
Usefulness of a novel system for measuring glucose area under the curve while screening for glucose intolerance in outpatients.,
Journal of Diabetes Investigation, Vol.4, No.6, 552-559, 2013.
(DOI: 10.1111/jdi.12096,   PubMed: 24843709)
51.Kazuhiko Sakaguchi, Yushi Hirota, Naoko Hashimoto, Wataru Ogawa, Tomoya Hamaguchi, Toshihiro Matsuo, Jun-ichiro Miyagawa, Mitsuyoshi Namba, Toshiyuki Sato, Seiki Okada, Koji Tomita, Munehide Matsuhisa, Hideaki Kaneto, Keisuke Kosugi, Hiroshi Maegawa, Hiromu Nakajima and Atsunori Kashiwagi :
Evaluation of a minimally invasive system for measuring glucose area under the curve during oral glucose tolerance tests: usefulness of sweat monitoring for precise measurement.,
Journal of Diabetes Science and Technology, Vol.7, No.3, 678-688, 2013.
(DOI: 10.1177/193229681300700313,   PubMed: 23759401,   Elsevier: Scopus)
52.Kazuyuki Miyashita, Tetsuyuki Yasuda, Hideaki Kaneto, Akio Kuroda, Tetsuhiro Kitamura, Michio Otsuki, Yasuyuki Okamoto, Noboru Hamada, Munehide Matsuhisa and Iichiro Shimomura :
A Case of Hypocalcemia with Severe Vitamin D Deficiency following Treatment for Graves' Disease with Methimazole.,
Case Reports in Endocrinology, Vol.2013, 2013.
(DOI: 10.1155/2013/512671,   PubMed: 23710380)
53.吉田 守美子, 黒田 暁生, 新居 沙央里, 松本 友里, 近藤 絵里, 安藝 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 鈴木 麗子, 松本 俊夫, 松久 宗英 :
新たなインスリンポンプParadigm 722によりカーボカウントのみで血糖管理が可能となった1型糖尿病の1例,
糖尿病, Vol.56, No.4, 240-245, 2013年.
(DOI: 10.11213/tonyobyo.56.240,   CiNii: 40019683974,   Elsevier: Scopus)
54.K Shima, H Ishimoto, N Hari, Y Shintani, Y Fukushima, Y Noma, Munehide Matsuhisa, A Otsuka, M Saito, I Imoto, T Okabe, Y Nakagawa, H Fujiwara, Y Fujinaka, M Sei, A Shirakami, M Komatsu, M Tsuruo, K Matsumoto, T Tanaka, M Miyamoto, H Ogawa and Y Furuta :
Outcomes of 6 years of activities by the Tokushima Medical Associations Steering Committee for Diabetes prevention to prevent type 2 diabetes in the general population of Tokushima Prefecture.,
Diabetology International, Vol.4, No.1, 23-33, 2013.
(DOI: 10.1007/s13340-012-0089-4,   Elsevier: Scopus)
55.Naoto Katakami, Hideaki Kaneto, Fumie Sakamoto, Mitsuyoshi Takahara, Yoko Irie, Keiko Fujisawa, Kazuyuki Miyashita, Tetsuyuki Yasuda, Taka-Aki Matsuoka, Kazutomi Yoshiuchi, Ken'ya Sakamoto, Akio Kuroda, Munehide Matsuhisa, Keisuke Kosugi and Iichiro Shimomura :
Plasma pentraxin 3 levels are associated with carotid IMT in type 1 diabetic patients.,
Diabetes Research and Clinical Practice, Vol.99, No.2, 185-91, 2013.
(DOI: 10.1016/j.diabres.2012.11.020,   PubMed: 23245734)
56.Akio Kuroda, Hideaki Kaneto, Satoshi Kawashima, Kenya Sakamoto, Mitsuyoshi Takahara, Toshihiko Shiraiwa, Tetsuyuki Yasuda, Naoto Katakami, Taka-Aki Matsuoka, Iichiro Shimomura and Munehide Matsuhisa :
Regular insulin, rather than rapid-acting insulin, is a suitable choice for premeal bolus insulin in lean patients with type 2 diabetes mellitus.,
Journal of Diabetes Investigation, Vol.4, No.1, 78-81, 2013.
(DOI: 10.1111/j.2040-1124.2012.00231.x,   PubMed: 24843634,   Elsevier: Scopus)
57.Fumie Sakamoto, Naoto Katakami, Hideaki Kaneto, Tetsuyuki Yasuda, Mitsuyoshi Takahara, Kazuyuki Miyashita, Akio Kuroda, Munehide Matsuhisa, Keisuke Kosugi and Iichiro Shimomura :
Association of serum YKL-40 levels with urinary albumin excretion rate in young Japanese patients with type 1 diabetes mellitus.,
Endocrine Journal, Vol.60, No.1, 73-79, 2013.
(DOI: 10.1507/endocrj.EJ12-0238,   PubMed: 22986489)
58.Shugo Sasaki, Tetsuyuki Yasuda, Hideaki Kaneto, Akio Kuroda, Yukari Fujita, Keiko Fujisawa, Yukiko Tabuchi, Ryuichi Kasami, Taka-Aki Matsuoka, Munehide Matsuhisa and Iichiro Shimomura :
Basal insulin requirements after progesterone treatment in a type 1 diabetic pregnant woman.,
Internal Medicine, Vol.52, No.2, 259-262, 2013.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.52.8675,   PubMed: 23318859,   Elsevier: Scopus)
59.Tsuyoshi Okada, Shinji Kawahito, Naoji Mita, Munehide Matsuhisa, Hiroshi Kitahata, Mitsuo Shimada and Shuzo Oshita :
Usefulness of continuous blood glucose monitoring and control for patients undergoing liver transplantation.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.60, No.3-4, 205-212, 2013.
(徳島大学機関リポジトリ: 106358,   DOI: 10.2152/jmi.60.205,   PubMed: 24190037,   Elsevier: Scopus)
60.山口 美輪, 黒田 暁生, 小谷 裕美子, 松村 晃子, 釜野 桜子, 上村 浩一, 横田 一郎, 香美 祥二, 有澤 孝吉, 松久 宗英 :
小学校給食の副食に含まれる糖質量の検討,
糖尿病, Vol.55, No.12, 952-956, 2012年.
(DOI: 10.11213/tonyobyo.55.952,   CiNii: 40019559514,   Elsevier: Scopus)
61.Toyoko Naka, Hideaki Kaneto, Naoto Katakami, Taka-Aki Matsuoka, Ayako Harada, Yoshimitsu Yamasaki, Munehide Matsuhisa and Iichiro Shimomura :
Association of serum copper levels and glycemic control in patients with type 2 diabetes.,
Endocrine Journal, Vol.60, No.3, 393-396, 2012.
(DOI: 10.1507/endocrj.EJ12-0342,   PubMed: 23197044)
62.Akio Kuroda, Tetsuyuki Yasuda, Mitsuyoshi Takahara, Fumie Sakamoto, Ryuichi Kasami, Kazuyuki Miyashita, Sumiko Yoshida, Eri Kondo, Ken-ichi Aihara, Itsuro Endo, Taka-Aki Matsuoka, Hideaki Kaneto, Toshio Matsumoto, Iichiro Shimomura and Munehide Matsuhisa :
Carbohydrate-to-Insulin Ratio Is Estimated from 300-400 Divided by Total Daily Insulin Dose in Type 1 Diabetes Patients Who Use the Insulin Pump.,
Diabetes Technology & Therapeutics, Vol.14, No.11, 1077-1080, 2012.
(DOI: 10.1089/dia.2012.0109,   PubMed: 23101953)
63.Mitsuyoshi Takahara, Hideaki Kaneto, Naoto Katakami, Munehide Matsuhisa and Iichiro Shimomura :
Effect of metformin on hepatic glucose production in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus.,
Endocrine Journal, Vol.59, No.9, 845-847, 2012.
(DOI: 10.1507/endocrj.EJ12-0068,   PubMed: 22673502)
64.Naoto Katakami, Hideaki Kaneto, Taka-aki Matsuoka, Mitsuyoshi Takahara, Norikazu Maeda, Ikki Shimizu, Keizo Ohno, Takeshi Osonoi, Koichi Kawai, Fukashi Ishibashi, Kenichi Imamura, Atsunori Kashiwagi, Ryuzo Kawamori, Munehide Matsuhisa, Tohru Funahashi, Yoshimitsu Yamasaki and Iichiro Shimomura :
Adiponectin G276T gene polymorphism is associated with cardiovascular disease in Japanese patients with type 2 diabetes.,
Atherosclerosis, Vol.220, No.2, 437-442, 2011.
(DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2011.11.010,   PubMed: 22138143)
65.松久 宗英, 河盛 隆造, VISION研究会 :
DPP-4阻害薬ビルダグリプチンの臨床評価,
㈱医薬情報研究所, Vol.60, 2011年.
66.坂本 扶美枝, 黒田 暁生, 川嶋 聡, 加藤 研, 植田 江梨子, 高原 充佳, 宮下 和幸, 嵩 龍一, 安田 哲行, 松岡 孝昭, 種村 匡弘, 伊藤 壽記, 高原 史郎, 山崎 義光, 松久 宗英, 金藤 秀明, 下村 伊一郎 :
死戦期HbA1c高値ドナーからの腎移植後膵移植の1例,
糖尿病, Vol.54, No.6, 417-424, 2011年.
(DOI: 10.11213/tonyobyo.54.417,   CiNii: 10029746575,   Elsevier: Scopus)
67.M Seike, T Saito, Y Kochi, T Ohara, Munehide Matsuhisa, K Sakaguchi, K Tomita, K kosugi, A kashiwagi, M Kasuga, M Tomita, Y Naito and H Nakajima :
Computational assessment of insulin secretion and insulin sensitivity from 2 horal glucose torerance tests for clinical use for type 2 diabetes,
The Journal of Physiological Sciences, Vol.61, No.4, 321-330, 2011.
(DOI: 10.1007/s12576-011-0153-z,   PubMed: 21594678)
68.Y Fujiwara, K Kishida, M Terao, M Takahara, Munehide Matsuhisa, T Funahashi, I Shimomura and Y Shimizu :
Beneficial effects of foot care nursing for people with daibetes mellitus:an uncontrolled before and after intervention study,
Journal of Advanced Nursing, Vol.67, No.9, 1952-1962, 2011.
(DOI: 10.1111/j.1365-2648.2011.05640.x,   PubMed: 21480962)
69.Mitsuyoshi Takahara, Hideaki Kaneto, Naoto Katakami, Taka-Aki Matsuoka, Munehide Matsuhisa and Iichiro Shimomura :
Impaired suppression of endogenous glucose production in lean Japanese patients with type 2 diabetes mellitus.,
Diabetes Research and Clinical Practice, Vol.93, No.1, 1-2, 2011.
(DOI: 10.1016/j.diabres.2011.03.002,   PubMed: 21440320)
70.Akio Kuroda, Hideaki Kaneto, Tetsuyuki Yasuda, Munehide Matsuhisa, Kazuyuki Miyashita, Noritaka Fujiki, Keiko Fujisawa, Tsunehiko Yamamoto, Mitsuyoshi Takahara, Fumie Sakamoto, Taka-Aki Matsuoka and Iichiro Shimomura :
Basal Insulin Requirement Is ~30% of the Total Daily Insulin Dose in Type 1 Diabetic Patients, Who Use the Insulin Pump.,
Diabetes Care, Vol.34, No.5, 1089-1090, 2011.
(DOI: 10.2337/dc10-2149,   PubMed: 21430086)
71.N Katakami, H Kaneto, M Takahara, T Matsuoka, K Imamura, F Ishibashi, T Kanda, K Kawai, T Osonoi, Munehide Matsuhisa, A Kashiwagi, R Kawamori, I Shimomura and Y Yamasaki :
Aldose reductase C-106T gene polymorphisnm is associated with diabetic retinopathy in Japanese patients with type 2 diabetes,
Diabetes Research and Clinical Practice, Vol.92, No.3, e57-60, 2011.
(DOI: 10.1016/j.diabres.2011.02.017,   PubMed: 21420193)
72.Ryuuichi Kasami, Hideaki Kaneto, Naoto Katakami, Satoru Sumitsuji, Keita Yamasaki, Tadashi Kuroda, Kouichi Tachibana, Tetsuyuki Yasuda, Akio Kuroda, Taka-Aki Matsuoka, Munehide Matsuhisa and Iichiro Shimomura :
Relationship between carotid intima-media thickness and the presence and extent of coronary stenosis in type 2 diabetic patients with carotid atherosclerosis but without history of coronary artery disease.,
Diabetes Care, Vol.34, No.2, 468-470, 2011.
(DOI: 10.2337/dc10-1222,   PubMed: 21270201)
73.Naoto Katakami, Hideaki Kaneto, Munehide Matsuhisa, Iichiro Shimomura and Yoshimitsu Yamasaki :
Effects of glimepiride and glibenclamide on carotid atherosclerosis in type 2 diabetic patients.,
Diabetes Research and Clinical Practice, Vol.92, No.1, 20-22, 2011.
(DOI: 10.1016/j.diabres.2010.12.023,   PubMed: 21257219)
74.Tetsuyuki Yasuda, Hideaki Kaneto, Naoto Katakami, Akio Kuroda, Taka-Aki Matsuoka, Yoshimitsu Yamasaki, Munehide Matsuhisa and Iichiro Shimomura :
YKL-40, a new biomarker of endothelial dysfunction, is independently associated with albuminuria in type 2 diabetic patients.,
Diabetes Research and Clinical Practice, Vol.91, No.2, e50-2, 2010.
(DOI: 10.1016/j.diabres.2010.11.015,   PubMed: 21159401)
75.Satoshi Kawashima, Taka-aki Matsuoka, Hideaki Kaneto, Yoshihiro Tochino, Kenji Katoh, Kaoru Yamamoto, Tsunehiko Yamamoto, Munehide Matsuhisa and Iichiro Shimomura :
Effect of alogliptin, pioglitazone and glargine on pancreatic β-cells in diabetic db/db mice.,
Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.404, No.1, 534-540, 2010.
(DOI: 10.1016/j.bbrc.2010.12.021,   PubMed: 21144823)
76.Naoto Katakami, Hideaki Kaneto, Takeshi Osonoi, Miyoko Saitou, Mitsuyoshi Takahara, Fumie Sakamoto, Kaoru Yamamoto, Tetsuyuki Yasuda, Taka-Aki Matsuoka, Munehide Matsuhisa, Yoshimitsu Yamasaki and Iichiro Shimomura :
Usefulness of lipoprotein ratios in assessing carotid atherosclerosis in Japanese type 2 diabetic patients.,
Atherosclerosis, Vol.214, No.2, 442-447, 2010.
(DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2010.10.035,   PubMed: 21146820)
77.Toshihiko Shiraiwa, Mitsuyoshi Takahara, Hideaki Kaneto, Takeshi Miyatsuka, Kaoru Yamamoto, Kazutomi Yoshiuchi, Ken'ya Sakamoto, Taka-Aki Matsuoka, Munehide Matsuhisa, Yoshimitsu Yamasaki and Iichiro Shimomura :
Efficacy of occasional self-monitoring of postprandial blood glucose levels in type 2 diabetic patients without insulin therapy.,
Diabetes Research and Clinical Practice, Vol.90, No.3, e91-2, 2010.
(DOI: 10.1016/j.diabres.2010.09.022,   PubMed: 21030103)

学術論文(紀要・その他):

1.Takashi Murata, Shinsuke Nirengi, Naoki Sakane, Akio Kuroda, Yushi Hirota, Munehide Matsuhisa, Mitsuyoshi Namba and Tetsuro Kobayashi :
Safety of the batteries and power units used in insulin pumps: A pilot cross-sectional study by the Association for the Study of Innovative Diabetes Treatment in Japan.,
Journal of Diabetes Investigation, Vol.9, No.4, 903-907, 2018.
(DOI: 10.1111/jdi.12765,   PubMed: 29055098)
2.河野 友晴, 松久 宗英, 橋田 誠一, 沼田 聡, 藤本 一幸, 黒田 暁生, 安田 哲行, 宮下 和幸, 坂本 扶美枝, 片上 直人, 松岡 孝昭 :
Development of highly sensitive enzyme immunoassay (ICT-EIA) for IA-2 autoantibody and application for detection of three islet-specific autoantibodies ( GADA, IA-2A and IAA) in type I diabetes mellitus,
徳島文理大学研究紀要, Vol.96, No.0, 35-44, 2018年.
(DOI: 10.24596/tokusimabunriu.96.0_35,   CiNii: 130007602165)
3.Keiko Fujisawa, Tetsuyuki Yasuda, Hideaki Kaneto, Naoto Katakami, Mayumi Tsuji, Fumiyo Kubo, Shugo Sasaki, Kazuyuki Miyashita, Toyoko Naka, Ryuuichi Kasami, Akio Kuroda, Munehide Matsuhisa and Iichiro Shimomura :
Short- and long-term effect of sitagliptin after near normalization of glycemic control with insulin in poorly controlled Japanese type 2 diabetic patients.,
Journal of Diabetes Investigation, Vol.5, No.5, 548-553, 2014.
(DOI: 10.1111/jdi.12176,   PubMed: 25411623)

総説・解説:

1.森 博康, 松久 宗英 :
テレビカンファレンスシステムを活用した遠隔栄養指導の有用性と展望,
臨床栄養, Vol.135, No.1, 2019年7月.
2.松久 宗英 :
糖尿病医療における精密医療とデータ連携,
糖尿病とプレシジョンメディシン, No.5, 22-25, 2019年4月.
3.松久 宗英 :
携帯型人工膵臓 Closed-loop insulin delivery systemの現状,
(糖尿病と代謝), Vol.47, No.1, 29-33, 2019年3月.
4.松久 宗英 :
各種デバイスのデータ活用 : グルコースデータを個から地域へ活かす (特集 血糖管理の新展開 : CGM・ポンプ・データマネジメントシステム指導から人工膵臓まで),
医学のあゆみ, Vol.268, No.7, 572-575, 2019年2月.
(CiNii: 40021804586)
5.松久 宗英 :
臨床現場でのデジタルヘルス活用概論(第3回)ICTが拓く糖尿病診療の未来,
ミクス = Medical information express : 医薬情報&マーケティング, Vol.46, No.9, 56-58, 2018年8月.
(CiNii: 40021650074)
6.松久 宗英 :
「働き盛り」の糖尿病はこう治療する,
診断と治療, Vol.106, No.3, 268-274, 2018年3月.
7.松久 宗英 :
治療 実地医家はどのように肥満症を治療すべきか 薬物療法,
内科総合誌Medical Practice, Vol.35, No.2, 299-303, 2018年2月.
8.松久 宗英 :
治療 4.インスリン製剤にかかわる最近のエビデンス,
最新医学, Vol.73, No.1, 78-84, 2018年1月.
9.松久 宗英 :
11代謝疾患 2型糖尿病,
今日の治療方針, 703-708, 2018年1月.
10.谷口 諭, 松久 宗英 :
徳島県における地域医療連携Development of electric health records(EHR) in Tokushima,
週刊医学のあゆみ, Vol.262, No.13, 1195-1200, 2017年12月.
11.松久 宗英 :
徳島県での糖尿病性腎症重症化予防対策,
週刊医学のあゆみ, Vol.263, No.7, 591-595, 2017年11月.
12.松久 宗英 :
高齢者のシックディ対策,
日本臨牀, Vol.75, No.11, 1739-1744, 2017年10月.
13.松久 宗英 :
特集 考える糖尿病 適切な運動と食べる楽しみ,
いのち輝く 秋, No.86, 6-9, 2017年9月.
14.松久 宗英 :
SAP(Sensor Augmented Pump:CGMとCSⅡが一体化したシステム)やFGM(Flash Glucose Monitoring)の進歩,
Medical Practice, Vol.34, No.9, 493-495, 2017年9月.
15.松久 宗英 :
低血糖のメカニズムと高齢者糖尿病の治療,
糖尿病の最新治療Current Diabetology, Vol.8, No.4, 152-157, 2017年8月.
16.黒田 暁生, 松久 宗英 :
低血糖の対策を今一度考える,
DIABETES UPDATE, Vol.6, No.3, 2017年7月.
17.出口 憲市, 三浦 哉, 松久 宗英, 加藤 真介 :
糖尿病の運動療法,
糖尿病ケア2017, 178-182, 2017年3月.
18.松久 宗英 :
境界型糖尿病に対する運動療法単独介入と食事療法併用運動介入による糖代謝恒常性への改善効果,
DIABETES UPDATE, Vol.6, No.1, 24-26, 2017年2月.
19.松久 宗英, 玉木 悠 :
糖尿病地域医療連携におけるICTへの期待,
月刊糖尿病, Vol.9, No.1, 36-46, 2017年1月.
20.松久 宗英 :
食後過血糖を防ぐ肝臓の役割:その重要性,
PROGRESS IN MEDICINE, Vol.37, No.3, 49(351)-53(355), 2017年1月.
21.松久 宗英 :
インスリン治療の落とし穴,
Medical Practice, Vol.34, No.1, 161, 2017年1月.
22.松久 宗英 :
糖尿病とシックデイの対処法,
糖尿病ガイドシリーズ:糖尿病とシックデイの対処法をよく知ろう, 2-12, 2016年12月.
23.松久 宗英 :
肥満症の診断基準に必須な合併症と治療法,
内分泌・糖尿病・代謝内科, Vol.43, No.4, 275-281, 2016年10月.
24.松久 宗英 :
低血糖の病態生理,
月刊糖尿病, Vol.8, No.9, 15-21, 2016年9月.
25.黒田 暁生, 松久 宗英 :
低血糖を防ぐ∼これからの治療∼,
月刊糖尿病, Vol.8, No.9, 89-93, 2016年9月.
26.黒田 暁生, 松久 宗英 :
低血糖への恐怖(fear of hypoglycemia)をのりこえるために,
糖尿病診療マスター, Vol.14, No.8, 616-621, 2016年8月.
27.松久 宗英 :
1型糖尿病でのインスリン治療,
特集 知っておきたい救急薬の使い方, Vol.36, No.6, 595, 2016年6月.
28.出口 憲市, 三浦 哉, 松久 宗英, 加藤 真介 :
すこし運動したくなってきた人向け 短時間でも効果的な運動の3つの提案,
糖尿病ケア, No.2, 2016年2月.
29.松久 宗英 :
リアルタイムCGMと持続皮下インスリン注入療法,
内科臨床誌メディチーナ, Vol.53, No.1, 109-111, 2016年1月.
30.黒田 暁生, 松久 宗英 :
血糖変動を安定させることについて,
糖尿病ケア, Vol.12, No.11, 23-27, 2015年11月.
31.松久 宗英 :
エンパグリフロジンが心血管リスクを抑制-欧州糖尿病学会の報告から-,
MMJ, Vol.11, No.5, 251-254, 2015年10月.
32.松久 宗英 :
肥満と肥満症の違い,
臨床栄養, Vol.127, No.4, 370-374, 2015年9月.
33.松久 宗英 :
シックデイでの低血糖対策,
糖尿病療養指導のためのDM Ensemble, Vol.4, No.2, 12-14, 2015年8月.
34.松久 宗英 :
CGMは糖尿病の血糖管理に有用か,
Vol.5, No.3, 5-18, 2015年8月.
35.黒田 暁生, 松久 宗英 :
1食に含まれる糖質量をおおまかに計算する方法はあるの?,
Nutrition Care, Vol.8, No.5, 49-51, 2015年5月.
36.黒田 暁生, 松久 宗英 :
インスリンが効きやすい日と効きにくい日があるの?,
Nutrition Care, Vol.8, No.5, 46-48, 2015年5月.
37.黒田 暁生, 松久 宗英 :
運動するときのカーボカウントはどうするの?,
Nutrition Care, Vol.8, No.5, 44-45, 2015年5月.
38.松久 宗英 :
糖尿病,
とくしま病院ガイド すこから2015, 3-5, 2015年3月.
39.松久 宗英 :
インスリン療法の適応と薬物療法におけるポジショニング,
糖尿病治療のニューパラダイム;第3巻, 2015年3月.
40.松久 宗英, 黒田 暁生 :
CSⅡ(持続皮下注入療法)の進歩 最新の糖尿病の実地日常診療,
Medical Practice, Vol.32, No.1, 114-116, 2015年1月.
41.松久 宗英 :
糖尿病死亡ワーストワンからの飛躍,
日本糖尿病情報学会誌, Vol.13, 2015年.
42.松久 宗英 :
1型糖尿病における最適なインスリン治療,
Diabetes Contemporary, Vol.2, No.1, 52-53, 2015年.
43.松久 宗英 :
肥満症治療としての糖質制限食は有効ですか?,
Modern Physician, Vol.35, No.2, 150-154, 2015年.
44.松久 宗英 :
2型糖尿病患者におけるSGLT2阻害薬への代謝応答,
Diabetes Strategy, Vol.4, No.4, 32-33, 2014年11月.
45.松久 宗英 :
NAFLD合併糖尿病 糖尿病内科の立場から,
月刊糖尿病, Vol.6, No.10, 55-61, 2014年11月.
(CiNii: 40020295902)
46.松久 宗英 :
ICTを用いた糖尿病地域医療連携,
内分泌・糖尿病・代謝内科, Vol.38, No.6, 504-513, 2014年6月.
(CiNii: 40020149345)
47.松久 宗英 :
糖尿病・前糖尿病患者の運動療法の理論と実践,
臨床雑誌 内科, Vol.113, No.1, 101-105, 2014年1月.
48.黒田 暁生, 松久 宗英 :
低血糖リスクを減じる糖尿病治療の実際,
プラクティス, Vol.31, No.1, 83-88, 2014年1月.
49.松久 宗英 :
低血糖の病態生理UPDATEー低血糖をより理解するためにー,
プラクティス, Vol.31, No.1, 69-74, 2014年1月.
50.松久 宗英 :
2型糖尿病患者におけるSGLT2阻害薬への代謝応答,
Diabetes strategy, Vol.4, No.4, 32-33, 2014年.
51.鈴木 麗子, 大和 光, 川添 和義, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 安芸 菜奈子, 倉橋 清衛, 松本 俊夫, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
インスリン注射により生じた皮下硬血を有する患者の実態調査とその介入の有用性の検討,
プラクティス, Vol.31, No.6, 815-821, 2014年.
52.松久 宗英 :
えーっ!インスリン製剤が効かない!?コラム5 こんな症例もありました,
糖尿病ケア, Vol.11, No.10, 52-53, 2014年.
53.黒田 暁生, 松久 宗英 :
糖尿病薬物治療における低血糖回避の試みー最近の進歩④CSⅡの新時代,
Diabetes Frontier, Vol.25, No.4, 465-471, 2014年.
54.松久 宗英 :
Q&A 糖尿病なんでも相談室,
べんちのーと, Vol.25, No.2, 23, 2014年.
55.黒田 暁生, 松久 宗英 :
食事療法を見直す 実践カーボカウントはこうして行う,
Diabetes Frontier, Vol.24, No.1, 82-86, 2013年.
56.黒田 暁生, 松久 宗英 :
総解1型糖尿病 いまさら聞けない2型糖尿病との違い 食事療法における違い,
糖尿病ケア, Vol.10, No.2, 131-134, 2013年.
(CiNii: 40019584759)
57.黒田 暁生, 松久 宗英 :
SMBG記録と食事記録の方法:はじめてのカーボカウント教室ポイントを知って明日からチャレンジ,
糖尿病ケア, Vol.10, No.1, 38-41, 2013年.
(CiNii: 40019557130)
58.松久 宗英 :
ITを活用した糖尿病地域連携`オール徳島'で糖尿病克服を目指す,
パス最前線, 34-37, 2013年11月.
59.松久 宗英 :
健康生活をバトンタッチ!糖尿病は要注意,
いのち輝く, No.74, 8-13, 2013年9月.
60.黒田 暁生, 松久 宗英 :
膵臓移植の説明,
週刊日本医事新報 特集号, No.4666, 120-123, 2013年9月.
61.黒田 暁生, 松久 宗英 :
食品交換表とカーボカウント,
糖尿病ケア, 162-168, 2013年9月.
62.松久 宗英 :
血糖を下げる唯一のホルモン「インスリン」,糖尿病ではインスリン分泌量が減少する,糖尿病ではインスリンが効かなくなる,
糖尿病ケア, Vol.10, No.8, 20-28, 2013年8月.
63.松久 宗英 :
糖尿病診療最前線,
Diabetes Horizons-Practice and Progress, Vol.2, No.3, 20-24, 2013年7月.
64.松久 宗英 :
糖尿病大血管症における体質と遺伝素因,
日本体質医学会雑誌, Vol.75, No.2, 27-32, 2013年6月.
(CiNii: 40019760350)
65.松久 宗英 :
総解1型糖尿病 いまさら聞けない2型糖尿病との違い 運動療法における違い,
糖尿病ケア, Vol.10, No.2, 135-137, 2013年2月.
(CiNii: 40019584770)
66.松久 宗英 :
糖尿病の重症化予防へ,
機関誌JAHMC, Vol.24, No.11, 2-6, 2013年.
67.松久 宗英 :
この一冊でカーボカウント・インスリンポンプ・CGMがわかる!糖尿病3Cワークブック,
プラクティス, Vol.30, No.4, 471, 2013年.
68.松久 宗英, 黒田 暁生 :
追加インスリンで始める患者の臨床像と注意点:2型糖尿病のインスリン療法,
月刊糖尿病, Vol.4, No.10, 35-42, 2012年.
(CiNii: 40019806479)
69.黒田 暁生, 松久 宗英 :
糖尿病合併妊娠における血糖管理の最適化,
糖尿病と妊娠, Vol.12, No.1, 35-39, 2012年.
70.黒田 暁生, 松久 宗英 :
特殊な状況での糖尿病管理についての疑問ーインスリンの上手な使い方・膵全摘術時,ステロイド使用時,妊婦さん,シックデイ,1型糖尿病のとき,
増刊 レジデントノート, Vol.14, No.8, 92-97, 2012年.
71.黒田 暁生, 松久 宗英 :
インスリンポンプ療法の現状と将来,
Diabetes Journal, Vol.40, No.2, 102-107, 2012年.
72.松久 宗英 :
糖尿病治療薬,
Vol.16, No.12, 294-299, 2012年11月.
73.松久 宗英 :
行政と県医師会が全面バックアップする糖尿病対策班の独創的事業,
病院新時代61, 35-38, 2012年9月.
74.松久 宗英 :
糖尿病と妊娠ー新たなパラダイムに立つ,
プラクティス, Vol.29, No.4, 377-378, 2012年7月.
75.松久 宗英, 黒田 暁生 :
インスリンアナログ製剤の種類とその適応,
日本臨牀, Vol.70, No.3, 658-663, 2012年5月.
(PubMed: 22768594,   CiNii: 40019324956,   Elsevier: Scopus)
76.黒田 暁生, 松久 宗英 :
食品交換表やカーボカウントを活用した栄養指導,
日本臨牀, Vol.70, No.3, 754-758, 2012年5月.
(PubMed: 22768611,   CiNii: 40019325490,   Elsevier: Scopus)
77.黒田 暁生, 松久 宗英 :
食事療法,
臨床と研究, Vol.89, No.1, 39-42, 2012年1月.
78.黒田 暁生, 松久 宗英 :
血糖正常化:カーボカウントを用いたアプローチ,
月刊 糖尿病, Vol.4, No.1, 78-84, 2012年1月.
79.松久 宗英 :
徳島県の新しい糖尿病医療連携をめざす試み,
四国医学雑誌, Vol.67, No.5,6, 187-192, 2011年12月.
(徳島大学機関リポジトリ: 85108,   CiNii: 40019180012)
80.黒田 暁生, 松久 宗英 :
重症低血糖に対する対処法と注意点,
Diabetes Frontier, Vol.6, No.22, 624-628, 2011年12月.
81.黒田 暁生, 松久 宗英 :
1型糖尿病の臨床ーエビデンスに基づいた診断と治療,
月刊 糖尿病, Vol.3, No.12, 55-66, 2011年11月.
82.黒田 暁生, 松久 宗英 :
カーボカウンティング法の実践応用,
プラクティス, Vol.28, No.5, 493-499, 2011年9月.
83.黒田 暁生, 松久 宗英 :
妊娠時のカーボカウントを用いた血糖管理,
糖尿病と妊娠, Vol.11, No.1, 41-46, 2011年8月.
84.松久 宗英 :
徳島県の新しい糖尿病医療連携を目指す試み:職場における健康づくりの事例(ITを利用した職場との連携),
四国医学雑誌, Vol.65, No.5,6, 2011年7月.
85.黒田 暁生, 松久 宗英 :
1型糖尿病へのインスリンポンプ導入の実際と治療効果,
内分泌・糖尿病・代謝内科, Vol.32, No.6, 2011年6月.
86.松久 宗英 :
県と大学病院が推進する徳島の検診ツアー 糖尿病の心血管病リスク精査に特化,
MD, Vol.502, No.5, 19-21, 2011年5月.
(CiNii: 40018833119)
87.松久 宗英 :
食後高血糖とIMT,
月刊 糖尿病, Vol.3, No.5, 47-54, 2011年5月.
(CiNii: 40019124200)
88.松久 宗英 :
徳島県における糖尿病の地域連携,
Diabetes Frontier, Vol.22, No.2, 145-148, 2011年4月.
89.松久 宗英, 野出 孝一, 寺内 康夫, 石原 正治 :
糖尿病と循環器疾患,
Cardiovascular Frontier, Vol.2, No.2, 81-86, 2011年4月.
(CiNii: 40018834462)
90.松久 宗英 :
糖尿病とシックディの対処法をよく知ろう,
糖尿病ガイドシリーズ, 2011年2月.
91.松久 宗英 :
膵移植後の膵機能,
膵臓, Vol.26, No.2, 161-168, 2011年.
92.松久 宗英 :
糖尿病性腎症 腎移植,
日本臨牀, Vol.68, No.9, 519-524, 2010年11月.
(CiNii: 40017392259)
93.Munehide Matsuhisa :
Kidney transplantation for diabetic nephropathy,
Nihon Rinsho. Japanese Journal of Clinical Medicine, Vol.68, No.Suppl 9, 519-524, Nov. 2010.
(PubMed: 21667507)
94.松久 宗英 :
先端技術で人を呼ぶ 病院と工場に眠る宝,
日経BP社, 95-96, 2010年10月.
95.松久 宗英 :
高血糖とIMT,
月刊 糖尿病, Vol.2, No.9, 38-45, 2010年8月.
96.松久 宗英 :
食後高血糖,食後高脂血症の診断マーカーをみる,
Vascular Medicine, Vol.6, No.3, 38-42, 2010年7月.
97.松久 宗英 :
2型糖尿病におけるインスリン治療のあり方,
阿南医報, Vol.162, No.6, 15-16, 2010年6月.
98.松久 宗英 :
経済効果だけでなく医療面のスキルアップにも有効受け入れ態勢のシステムアップが課題,
シニアビジネスマーケット, No.74, 48-49, 2010年.
99.松久 宗英 :
先進的な研究成果で徳島の存在感を世界へ,
県政だよりアワーとくしま, Vol.309, No.8, 2010年.
100.松久 宗英 :
インスリン療法の適応と薬物療法におけるポジショニング,
治療学, Vol.44, No.1, 66-71, 2010年.

国際会議:

1.Masao Toyoda, Atsuhito Tone, Ken Kato, Moritsugu Kimura, Satoshi Kawashima, Hideaki Sawaki, Yushi Hirota, Akira Okada, Akio Kuroda, Munehide Matsuhisa, Tomokazu Watanabe, Akiko Suganuma, Takashi Murata and Naoki Sakane :
Development and Validation of the Continuous Subcutaneous Insulin Infusion-Related Quality of Life (CSIL-QOL) Scale,
American Diabetes Association 79th Scientific Sessions, Jun. 2019.
2.Akio Kuroda, Misuzu Yamada, Yuichi Takashi, Mami Ohishi, Hiroyasu Mori, Masashi Ishizu, Reiko Suzuki, Yinhua Otsuka, Yukari Tominaga and Munehide Matsuhisa :
Detection of Vascular Endothelial Cell DNA in the Circulation Using Dual Amplification Refractory Mutation System PCR,
American Diabetes Association 79th Scientific Sessions, Jun. 2019.
3.Yumi Kuwamura, Sumiko Yoshida, Kiyoe Kurahashi, Masuko Sumikawa, Eijiro Sakamoto, Akio Kuroda, Hikari Yamato, Misuzu Okamoto, Hirokazu Uemura, Daisuke Hinode, Hiromichi Yumoto, Ken-ichi Aihara, Makoto Funaki, Munehide Matsuhisa, Itsuro Endo and Sachi Kishida :
Oral health behaviors of outpatients with diabetes based on the Revised Diabetes Oral Health Assessment Tool for nurses,
Journal of Diabetes Investigation, Vol.10, No.Supplement1, 26, Sendai-City, Miyagi Prefecture, May 2019.
4.Yuichi Takashi, Yuka Kinoshita, Nobuaki Ito, Shun Sawatsubashi, Hidetaka Kosako, Masahiro Abe, Munehide Matsuhisa, Toshio Matsumoto and Seiji Fukumoto :
FGF receptor 1c works as a phosphate-sensor to regulate FGF23 production,
ASBMR 2018 Annual Meeting Registration Confirmation, Sep. 2018.
5.Yumi Kuwamura, Sumiko Yoshida, Kiyoe Kurahashi, Masuko Sumikawa, Eijiro Sakamoto, Ken-ichi Aihara, Hiromichi Yumoto, Munehide Matsuhisa, Itsuro Endo, Toshiyuki Yasui and Sachi Kishida :
The Relationship Between the Modified Diabetes Oral Health Assessment Tool© for Nurses, Self-Efficacy Scale, and Outcome Expectancy Scale for Self-Care of Patients with Periodontal Disease,
2nd Technological Competency as Caring in the Health Sciences 2018, 63, Aug. 2018.
6.Akio Kuroda, Misuzu Yamada, Yukari Tominaga, Reiko Suzuki, Motoyuki Tamaki, Yuko Akehi, Yuichi Takashi, Daisuke Otsuka, Eisuke Shimokita, Fuminori Tanihara, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Masahiro Abe, Kevin Ferreri and Munehide Matsuhisa :
Detection of pancreatic beta cell DNA in the circulation using the amplification refractory mustation system PCR,
American Diabetes Association 78th Scientific Sessions, Orlando, Jun. 2018.
7.Munehide Matsuhisa, Hiroyasu Mori, Mami Ohishi, Masashi Ishizu, Reiko Suzuki, Ineko Takikawa, Satoshi Taniguchi, Motoyuki Tamaki, Yuko Akehi, Kiyoe Kurahashi, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Makoto Funaki and Akio Kuroda :
The risk factors for rapid decline of renal function in Japanese patients with diabetes mellitus,
American Diabetes Association 78th Scientific Sessions, Jun. 2018.
8.Munehide Matsuhisa, Yasushi Takita, Risa Nasu, Kenji Ohwaki and Hirotaka Nagashima :
Nasal Glucagon: A Viable Alternative to Treat Insulin-Induced Hypoglycemia in Japanease Patients with Type 1 and 2 Diabetes,
American Diabetes Association 79th Scientific Sessions, Jun. 2018.
9.Sumiko Yoshida, Kiyoe Kurahashi, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Seiji Fukumoto, Munehide Matsuhisa and Masahiro Abe :
Changes of oxidative stress markers in patient of diabetes educational hospitalization.,
The Endocrine Society's Annual Meeting 2018, Chicago, Mar. 2018.
10.Kana Morimoto, Masuda Shiho, Kiyoe Kurahashi, Motoyuki Tamaki, Takeshi Kondo, Sumiko Yoshida, Tomoyuki Yuasa, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Akehi Yuko, Makoto Funaki, Seiji Fukumoto, Munehide Matsuhisa and Ken-ichi Aihara :
Identification of clinical determinants for coefficient of variation of - intervals in patients with type 2 diabetes.,
International Conference on Diabetes and Its Complications 2017, Baltimore, Nov. 2017.
11.Yumi Kuwamura, Masuko Sumikawa, Eijiro Sakamoto, Ineko Takikawa, Hikari Yamako, Hirokazu Uemura, Sachi Kishida, Toshihiko Nagata and Munehide Matsuhisa :
Nurses' Implementation and Opinion of Assessment of Oral Health Behavior in Patients with Diabetes,
Journal of Diabetes Investigation, Vol.8, No.Supplement S1 May, 50, Nagoya, May 2017.
12.Kana Morimoto, Kiyoe Kurahashi, Takeshi Kondo, Sumiko Yoshida, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Munehide Matsuhisa, Masahiro Abe and Ken-ichi Aihara :
Analysis of sodium restriction-induced blood pressure reduction in hospitalized patients with type 2 diabetes mellitus,
The 10th Congress of the Asian-Pacific Society of Atherosclerosis and Vascular Diseases, Tokyo, Jul. 2016.
13.Akio Kuroda and Munehide Matsuhisa :
Estimated glomerular filtration rate is the determinant of extended bolus insulin duration time of insulin pump.,
7th International Conference on advanced technologies & Treatments for Diabetes., Feb. 2014.
14.Akio Kuroda, Takeshi Kondo, Ken-ichi Aihara, Itsuro Endo, T Yasuda, H Kaneto, T Matsuoka, Toshio Matsumoto and Munehide Matsuhisa :
The characteristics of type 1 diabetes patients who use insulin pump with square-wave bolus insulin.,
73th America Diabetes Association (poster), Jun. 2013.
15.Ken-ichi Aihara, Sumiko Yoshida, Mizuho Kinouchi, Takeshi Kondo, Akio Kuroda, Itsuro Endo, Munehide Matsuhisa and Toshio Matsumoto :
Diabetes Spoils the Favorable Effect of HDL-Cholesterol on Endothelial Function in the Elderly with Cardiovascular Risk Factors,
American Heart Association Scientific Sessions 2012, ロサンゼルス, Nov. 2012.
16.Akio Kuroda, YASUDA TETSUYUKI, TAKAHARA MITSUYOSHI, SAKAMOTO FUMIE, KASAMI RYUUICHI, MIYASHITA KAZUYUKI, MATSUOKA TAKA-AKI, Sumiko Yoshida, KONDO ERI, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, KANETO HIDEAKI, Toshio Matsumoto, SHIMOMURA IICHIRO and Munehide Matsuhisa :
Carbohydrate-to-Insulin Ratio is Calculated to be 300-400 Divided by Total Daily Insulin Dose in Type 1 Diabetic Patients Who Are on Insulin Pump Therapy,
American Diabetes Association 72nd Scieentific Sessions, Philadelphia, Jun. 2012.
17.Akio Kuroda, Munehide Matsuhisa, M. Takahara, T. Yasuda, R. Kataoka, R. Kasami, F. Sakamoto, T.-A. Matsuoka, H. Kaneto and I. Shimomura :
Acetaminophen and eGFR are useful clinical markers for determining bolus insulin duration time in type 1 diabetic patients using insulin pump,
Advanced Technologies & Treatments for Diabetes, Feb. 2012.
18.M Seike, Munehide Matsuhisa, Y Tashima, jianyin Lu, Y Kouchi, Y Naito, K Sakaguchi, K Tomita, K Kosugi, H Nakajima and A Kashiwagi :
Demonstration of a Mathematical Model Predicting Splanchnic Glucose Output:Evaluation by Glucose Clamp,
70th Scientific Sessions, Jun. 2010.
19.S Kawashima, TA Matsuoka, K Kato, Y Tochino, T Yamamoto, K Yamamoto, I Shimomura, Munehide Matsuhisa and H Kaneto :
Combination Therapy with Pioglitazone and DPP4 Inhibitor Preserves Pancreatic B-Cell Function Comparably with Insulin in Diabetic Mice,
70th Scientific Sessions, Jun. 2010.
20.K Yamamoto, TA Matsuoka, S Kawashima, R Kasami, K Yoshiuchi, I Shimomura, Munehide Matsuhisa and H Kaneto :
Foxa2 and HNF6 DOwn-Regulate MafA Gene Expression through Conserved Foxa2 Binding Cis-Element,
70th Scientific Sessions, Jun. 2010.

国内講演発表:

1.楠瀬 賢也, 山田 博胤, 松久 宗英 :
診断に活かす局所心筋ストレイン解析(会長特別企画【原点を学び未来を創る】8 日常臨床に活かす心筋ストレイン解析),
第67回日本心臓病学会学術集会, 2019年9月.
2.石津 将, 鶴尾 美穂, 豊崎 纏, 粟飯原 賢一, 坂東 智子, 住友 正治, 古川 浩, 宮本 泰文, 小松 まち子, 大島 康志, 桜井 えつ, 若槻 真吾, 岡川 和人, 林 正, 松村 光博, 小川 紘一, 安岡 正治, 細井 恵美子, 丸岡 重代, 西岡 恵子, 髙橋 保子, 森 博康, 松久 宗英, 宇都宮 正登 :
徳島市医師会糖尿病腎症重症化予防パイロット事業の報告,
第19回日本糖尿病情報学会年次学術集会, 2019年8月.
3.鈴木 麗子, 森 博康, 石津 将, 玉木 悠, 谷口 諭, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
スマートスピーカーを活用した個別化糖尿病自己管理支援システムの開発 糖尿病患者の行動変容を目指して,
第19回日本糖尿病情報学会年次学術集会, 2019年8月.
4.黒田 暁生, 松久 宗英 :
インスリンポンプ療法,CGM の進歩,
第25回日本小児・思春期糖尿病学会年次学術集会 シンポジウム, 2019年7月.
5.弘世 貴久, 松久 宗英, 小田原 雅人, 宇野 希世子, 仙田 雅之, 田中 逸, 寺内 康夫 :
高齢2型糖尿病患者におけるインスリングラルギン300U/ mL投与12か月の有効性と安全性:X-STAR studyサブ解析,
第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2019年5月.
6.小田原 雅人, 松久 宗英, 弘世 貴久, 宇野 希世子, 仙田 雅之, 田中 逸, 寺内 康夫 :
インスリン未治療2型糖尿病患者のインスリングラルギン 300U/mL投与12か月の有効性と安全性:X-STAR studyサブ解析,
第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2019年5月.
7.山田 美鈴, 黒田 暁生, 堤 理恵, 冨永 ゆかり, 阪上 浩, 松久 宗英 :
循環血中遊離DNAを標的とした血管内皮細胞傷害の検出,
第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2019年5月.
8.松久 宗英, 小田原 雅人, 弘世 貴久, 宇野 希世子, 仙田 雅之, 田中 逸, 寺内 康夫 :
1型糖尿病患者のインスリングラルギン300U/mLへの切替え12か月後の有効性と安全性X-STAR studyサブ解析,
第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2019年5月.
9.鶴尾 美穂, 豊﨑 纏, 小松 まち子, 住友 正治, 大島 康志, 粟飯原 賢一, 森 博康, 石津 将, 岡川 和人, 小川 絋一, 古川 浩, 桜井 えつ, 林 正, 坂東 智子, 細井 恵美子, 松村 光輝, 宮本 泰文, 保岡 正治, 高橋 保子, 丸岡 重代, 西岡 恵子, 宇都宮 正登, 松久 宗英 :
徳島市医師会糖尿病腎症重症化予防パイロット事業の取組,
第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2019年5月.
10.田矢 直大, 片上 直人, 宮下 和幸, 高原 充佳, 加藤 研, 安田 哲行, 河盛 段, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松岡 孝昭, 下村 伊一郎 :
日本人1型糖尿病患者における腎症の発症・進展に関わる 因子,
第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2019年5月.
11.松久 宗英 :
低血糖を防ぐために知っておきたいこと,
第62回日本糖尿病学会年次学術集会 ランチョンセミナー, 2019年5月.
12.田中 逸, 松久 宗英, 小田原 雅人, 宇野 希世子, 仙田 雅之, 弘世 貴久, 寺内 康夫 :
インスリン未治療2型糖尿病患者におけるインスリングラ ルギン300U/mL入院導入の有効性と安全性の検討:XSTAR studyサブ解析,
第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2019年5月.
13.宇野 希世子, 松久 宗英, 小田原 雅人, 弘世 貴久, 仙田 雅之, 田中 逸, 寺内 康夫 :
基礎インスリンをインスリングラルギン300U/mLに切替えた2型糖尿病患者の12か月後の安全性と有効性:XSTAR studyサブ解析,
第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2019年5月.
14.豊田 雅夫, 利根 淳仁, 加藤 研, 木村 守次, 川嶋 聡, 澤木 秀明, 廣田 勇士, 岡田 朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 渡邉 知一, 村田 敬, 菅沼 彰子, 坂根 直樹 :
新規インスリンポンプ使用中患者用QOL尺度(CSIIQOL)の開発および妥当性と信頼性の検証,
第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2019年5月.
15.安田 純, 池田 雅彦, 黒田 暁生, 松久 宗英, 久保田 稔 :
1型糖尿病スカイプミーティング(いちスカ)の総括と展 望―インターネット開催の強みを活かした運営の特徴と成 果―,
第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2019年5月.
16.石津 将, 森 博康, 大石 真実, 鈴木 麗子, 岡本 美鈴, 明比 祐子, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 髙士 祐一, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藍場 元弘, 河野 友晴, 橋田 誠一, 松久 宗英 :
糖尿病性腎臓病における尿中アディポネクチン排泄率の臨 床的意義の検討,
第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2019年5月.
17.村田 敬, 坂根 直樹, 加藤 研, 三浦 順之助, 豊田 雅夫, 利根 淳仁, 廣田 勇士, 神山 隆治, 黒田 暁生, 松久 宗英, 菅沼 彰子, 菅沼 彰子, 野口 倫生, 宮本 恵宏, 西村 邦宏, 細田 公則 :
1型糖尿病における間歇スキャンCGMが低血糖も含む血糖コントロールに及ぼす効果の研究(ISCHIA 研究):研究デザイン,
第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2019年5月.
18.宮高 絋輔, 吉田 守美子, 遠藤 ふうり, 枡田 志保, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 福本 誠二, 船木 真理, 松立 吉弘, 軒原 浩, 西岡 安彦, 安倍 正博, 松久 宗英 :
免疫チェックポイント阻害薬投与後に1型糖尿病を発症した2例,
第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2019年5月.
19.森 博康, 玉木 悠, 谷口 諭, 野村 友美, 大塚 銀花, 岡本 美鈴, 鈴木 麗子, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
テレビカンファレンスシステム活用遠隔栄養指導が2型糖 尿病患者の病態や食行動に及ぼす影響:無作為化比較試験,
第62回日本糖尿病学会年次学術集会, 2019年5月.
20.松久 宗英, 森 博康, 谷口 諭, 玉木 悠, 黒田 暁生 :
EHRと連携するPHR「電子糖尿病ダイア リー」,
第62回日本糖尿病学会年次学術集会 シンポジウム, 2019年5月.
21.松久 宗英 :
成人1型糖尿病患者のライフステージと最適化医療,
第92回日本内分泌学会学術総会 シンポジウム, 2019年5月.
22.髙士 祐一, 小迫 英尊, 沢津橋 俊, 木下 祐加, 伊東 伸朗, 安倍 正博, 松久 宗英, 加藤 茂明, 松本 俊夫, 福本 誠二 :
FGFR1はFGF23濃度調節を媒介するリン感知受容体である,
日本内分泌学会雑誌, Vol.95, No.1, 333, 2019年5月.
23.松久 宗英 :
低血糖重症化の病態と対策,
第53回糖尿病学の進歩 指定講演, 2019年3月.
24.松久 宗英 :
低血糖リスクを考慮したインスリン治療の実践,
第53回糖尿病学の進歩, 2019年3月.
25.鶴尾 美穂, 住友 正治, 大島 康志, 小松 まち子, 鈴木 麗子, 粟飯原 賢一, 安藝 菜奈子, 坂東 智子, 高橋 保子, 丸岡 重代, 原田 和代, 若槻 真吾, 桜井 えつ, 井野口 卓, 白神 敦久, 豊崎 纏, 松久 宗英, 宇都宮 正登 :
糖尿病患者の在宅ケア向上をめざした徳島市糖尿病サポーター(TCDS)育成の試み,
第258回徳島医学会学術集会 ポスターセッション, 2019年2月.
26.宮高 紘輔, 遠藤 ふうり, 三井 由加里, 枡田 志保, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 福本 誠二, 軒原 浩, 西岡 安彦, 安倍 正博, 松久 宗英 :
抗PD-1抗体投与後に1型糖尿病を発症した1例,
第258回徳島医学会学術集会 ポスターセッション, 2019年2月.
27.別府 香名, 堤 理恵, 森 博康, 平野 春美, 土田 健司, 松久 宗英, 武田 憲昭, 阪上 浩 :
透析患者における味覚障害と味覚受容体T1R3遺伝子の発現の関連,
第258回徳島医学会学術集会 ポスターセッション, 2019年2月.
28.松久 宗英 :
徳島県全域を網羅するICT医療連携システム「阿波あいネット」∼その概要と糖尿病診療への展開∼,
第4回ヘルスケアIT2019 招待講演, 2019年1月.
29.松久 宗英 :
ICT医療の進歩と遠隔栄養指導,
第22回日本病態栄養学会, 2018年12月.
30.松久 宗英, 森 博康, 谷口 諭, 石津 将, 明比 祐子, 玉木 悠, 黒田 暁生 :
徳島県での地域医療連携基盤の構築とデータ利活用への試み,
第3回日本糖尿病・生活習慣病ヒューマンデータ学会シンポジウム3, 2018年12月.
31.山田 美鈴, 黒田 暁生, 冨永 ゆかり, 松久 宗英 :
組織特異的なエピジェネティック修飾を用いた内皮細胞障害の検出,
第30回分子糖尿病学シンポジウム, 2018年12月.
32.秋田 賢子, 鶴尾 美穂, 森岡 隆子, 堀筋 冨士子, 上野 裕子, 斎村 玉緒, 藤島 周子, 奥村 慈子, 松本 幸恵, 福井 健壮, 堀貫 理恵, 森 久志, 細川 智也, 野上 貴盛, 森上 雄三, 橋本 章聖, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 寺澤 敏秀, 松久 宗英 :
糖尿病教育入院時の療養指導カードの使用についてのスタッフの評価,
日本糖尿病学会中国四国地方会第56回総会, 2018年10月.
33.山田 美鈴, 黒田 暁生, 冨永 ゆかり, 松久 宗英 :
特異的遺伝子メチル化パターンを用いた膵β細胞障害の検出,
日本糖尿病学会中国四国地方会第56回総会, 2018年10月.
34.石津 将, 森 博康, 大石 真実, 鈴木 麗子, 明比 祐子, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 髙士 祐一, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 藍場 元弘, 河野 友晴, 橋田 誠一, 松久 宗英 :
糖尿病性腎臓病における尿アディポネクチンの意義,
日本糖尿病学会中国四国地方会第56回総会, 2018年10月.
35.鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 湯浅 智之, 木内 美瑞穂, 曽我部 公子, 加部 一行, 瀬尾 浩二, 西 正晴, 松本 直也, 金川 泰彦, 安倍 正博, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀, 松久 宗英 :
リブレ使用糖尿病患者の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第56回総会, 2018年10月.
36.松久 宗英 :
腎症重症化予防へのチーム総力戦,
日本糖尿病学会中国四国地方会第56回総会, 2018年10月.
37.松久 宗英 :
センサーネットワークを活用したPHRとEHRの統合による個別化糖尿病疾病プログラムの開発,
ICTイノベーションフォーラム, 2018年10月.
38.森 博康, 黒田 暁生, 石津 将, 髙士 祐一, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 松久 宗英 :
2型糖尿病患者における肥満と筋傷害との関連の検証,
第39回日本肥満学会, 2018年10月.
39.乙田 敏城, 田蒔 基行, 髙士 祐一, 森本 佳奈, 湯浅 智之, 松久 宗英, 東 博之, 粟飯原 賢一 :
肥満合併2型糖尿病患者におけるSGLT2阻害薬の短期的臨床効果に関する検討,
第39回日本肥満学会, 2018年10月.
40.明比 祐子, 松久 宗英, 柳瀬 敏彦 :
内分泌臨床からみた肥満症との関わり,
第39回日本肥満学会, 2018年10月.
41.山田 美鈴, 黒田 暁生, 冨永 ゆかり, 松久 宗英 :
血清細胞外小胞中DNAを用いた膵β細胞傷害検出のマウスによる検証,
第18回日本先進糖尿病治療研究会, 2018年9月.
42.村田 敬, 利根 淳仁, 加藤 研, 豊田 雅夫, 澤木 秀明, 黒田 暁生, 廣田 勇士, 川嶋 聡, 松久 宗英, 坂根 直樹 :
リアルタイム持続血糖測定器(CGM)センサーのアドヒアランス予測因子に関する前向き観察研究(PARCS研究),
第18回日本先進糖尿病治療研究会, 2018年9月.
43.松久 宗英 :
足を診る糖尿病診療チームの役割,
第3回日本下肢救済・足病学会中国四国地方会学術集会, 2018年9月.
44.倉橋 清衛, 遠藤 ふうり, 桝田 志保, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 福本 誠二, 遠藤 逸朗, 松久 宗英 :
足趾上腕血圧比定値を契機に末梢動脈疾患を診断しえた,重症下肢軟部組織感染症を繰り返す2型糖尿病の一例,
第3回日本下肢救済・足病学会中国四国地方会学術集会, 2018年9月.
45.髙士 祐一, 石津 将, 脇野 修, 水口 斉, 島久 登, 田代 学, 宮 恵子, 水口 潤, 黒田 暁生, 松本 俊夫, 松久 宗英, 福本 誠二 :
血液透析患者における心不全・動脈硬化・感染のリスク因子としてのFGF23,
第18回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2018年9月.
46.粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 遠藤 ふうり, 筒井 康継, 原 倫世, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 遠藤 逸朗, 森本 佳奈, 黒田 暁生, 明比 祐子, 船木 真理, 松久 宗英, 福本 誠二, 安倍 正博 :
原発性アルドステロン症におけるミネラルコルチコイド受容体拮抗薬の血管機能への影響,
第18回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2018年9月.
47.森 博康, 荒木 迪子, 黒田 暁生, 石津 将, 髙士 祐一, 谷口 諭, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 田蒔 基行, 明比 祐子, 松久 宗英 :
1型糖尿病患者の血清IGF-1とサルコペニア合併に関する横断的検証,
第18回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2018年9月.
48.森 博康, 玉木 悠, 谷口 諭, 野村 友美, 鈴木 麗子, 瀧川 稲子, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
テレビカンファレンスシステムを用いた遠隔栄養指導の介入が2型糖尿病患者の代謝状態や食行動に与える影響,
第18回日本糖尿病情報学会, 2018年8月.
49.谷口 諭, 玉木 悠, 森 博康, 鈴木 麗子, 田蒔 基行, 白神 敦久, 明比 祐子, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
電子糖尿病ダイアリーの糖尿病患者の自己管理への効果と課題の検証,
第18回日本糖尿病情報学会, 2018年8月.
50.松久 宗英 :
行政・医療機関の情報を活用したヒューマンネットワークによる糖尿病重症化予防,
第18回日本糖尿病情報学会, 2018年8月.
51.松久 宗英 :
行政・医療機関の情報を活用したヒューマンネットワークによる糖尿病重症化予防,
第18回日本糖尿病情報学会, 2018年8月.
52.松久 宗英 :
ICTによる糖尿病診療の課題を克服する試み,
第18回日本糖尿病情報学会, 2018年8月.
53.松久 宗英 :
センサーネットワークを活用したPHRとEHRの統合による個別化糖尿病疾病管理プログラムの開発,
第21回ICT技術セミナー, 2018年7月.
54.吉田 守美子, 原 倫世, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 松久 宗英 :
高齢者における糖尿病教育入院中の体組成の変化,
第60回日本老年医学会学術集会, 2018年6月.
55.髙士 祐一, 石津 将, 森 博康, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
骨産生ホルモンであるオステオカルシンは1型糖尿病患者の体脂肪を制御する,
第118回日本内科学会四国地方会, 2018年6月.
56.松久 宗英 :
多様な高齢糖尿病,どう診てどう治療するか,
第58回四国支部生涯教育講演会, 2018年6月.
57.小田原 雅人, 寺内 康夫, 田村 昌博, 田村 昌博, 仙田 雅之, 松久 宗英, 田中 逸 :
インスリン未治療2型患者のインスリングラルギン300U/mL投与3か月の安全性と有用性:X-STAR studyサブ解析,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
58.高比 康充, 宮下 和幸, 宮下 和幸, 宮下 和幸, 黒田 暁生, 松岡 孝昭, 松久 宗英, 伊藤 壽記, 下村 伊一郎 :
日本人1型糖尿病膵移植患者におけるインスリン分泌指標の意義の検討,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
59.宮下 和幸, 高比 康充, 田矢 直大, 高原 充佳, 片上 直人, 松岡 孝昭, 伊藤 壽記, 黒田 暁生, 松久 宗英, 今川 彰久, 下村 伊一郎 :
移植膵機能廃絶にかかわる因子の検討,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
60.黒田 暁生, 山田 美鈴, 冨永 ゆかり, 鈴木 麗子, 田蒔 基行, 明比 祐子, 髙士 祐一, 石津 将, 古賀 大輔, 井本 逸勢, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, Kevin Ferreri, 松久 宗英 :
膵β細胞特異的PCRによる膵β細胞死の検出,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
61.中川 祐子, 原 朱美, 中尾 啓子, 田蒔 基行, 松久 宗英, 水上 浩哉, 綿田 裕孝, 藤谷 与士夫 :
PP特異的抗PPモノクロ-ナル抗体の作製,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
62.吉田 守美子, 原 倫世, 細井 美希, 山上 紘規, 山口 佑樹, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 福本 誠二, 安倍 正博, 松久 宗英 :
糖尿病教育入院における筋肉量の変化,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
63.乙田 敏城, 田蒔 基行, 髙士 祐一, 森本 佳奈, 湯浅 智之, 松久 宗英, 東 博之, 粟飯原 賢一 :
SGLT2阻害薬の糖代謝および各種代謝指標への短期的効果に関する検討,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
64.髙士 祐一, 石津 将, 森 博康, 宮下 和幸, 坂本 扶美枝, 片上 直人, 松岡 孝昭, 安田 哲行, 橋田 誠一, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
骨産生ホルモンucOCは1型糖尿病患者の体脂肪率と関係する,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
65.松久 宗英 :
ICT技術が拓く糖尿病診療の未来,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
66.山田 美鈴, 黒田 暁生, 冨永 ゆかり, 松久 宗英 :
血清中エクソソームを用いた膵β細胞障害検出のマウスによる検証,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
67.山上 紘規, 吉田 守美子, 原 倫世, 細井 美希, 山口 佑樹, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 福本 誠二, 安倍 正博, 松立 吉弘, 松久 宗英 :
免疫チェックポイント阻害薬投与後に甲状腺機能異常と劇症1型糖尿病を発症した1例,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
68.山根 志真, 亀田 博之, 仙田 雅之, 田村 昌博, 内藤 祐介, 松久 宗英, 寺内 康夫 :
ランタスXR注ソロスターの使用成績調査(X-STAR study)-投与12か月後の集計報告-,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
69.河野 友晴, 沼田 聡, 藤本 侑季, 黒田 暁生, 安田 哲行, 宮下 和幸, 坂本 扶美枝, 片上 直人, 松岡 孝明, 松久 宗英, 橋田 誠一 :
超感度測定法(ICT-EIA法)による若年性1型糖尿病患者における3種の膵島関連自己抗体,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
70.松久 宗英, 寺内 康夫, 田村 昌博, 内藤 祐介, 仙田 雅之, 田中 逸, 小田原 雅人 :
基礎インスリンをインスリングラルギン300U/mL に切り替えた1型糖尿病患者での3カ月後の安全性・有用性の検討,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
71.石津 将, 髙士 祐一, 脇野 修, 水口 斉, 田代 学, 宮 恵子, 野間 喜彦, 小松 まち子, 水口 潤, 黒田 暁生, 福本 誠二, 松久 宗英 :
血液透析患者における糖尿病をはじめとする動脈硬化リスク因子の検討,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
72.森 博康, 鈴木 麗子, 瀧川 稲子, 石津 将, 大石 真実, 谷口 諭, 明比 祐子, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
糖尿病腎症の急速進行に関連するリスク因子の検証:前向き観察研究,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
73.田蒔 基行, 髙士 祐一, 乙田 敏城, 福本 誠二, 黒田 暁生, 明比 祐子, 森 博康, 谷口 諭, 鈴木 麗子, 山田 美鈴, 石津 将, 大石 真実, 白神 敦久, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
かかりつけ患者に対するSGLT2阻害薬の投与開始タイミングの特徴と投与開始後の体重・eGFR・ALT・脂質代謝の変化,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
74.粟飯原 賢一, 上元 良子, 石川 カズ江, 森本 佳奈, 桝田 志保, 山上 綋規, 山口 佑樹, 原 倫世, 細井 美希, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 乙田 敏城, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英, 東 博之, 安倍 正博 :
生活習慣病患者の尿中酸化ストレス指標における糖尿病および薬物療法の影響,
第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018年5月.
75.吉田 守美子, 原 倫世, 細井 美希, 山上 紘規, 山口 佑樹, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 福本 誠二, 浜田 大輔, 松久 宗英, 安倍 正博 :
待機的高リスク整形外科手術における血糖管理の効果,
第91回日本内分泌学会学術総会, 2018年4月.
76.松久 宗英 :
インスリン療法での重症低血糖リスクの回避をめざしできること,
第52回糖尿病学の進歩抄録集, 2018年3月.
77.原 倫世, 桝田 志保, 吉田 守美子, 細井 美希, 山上 紘規, 山口 佑樹, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 :
急性合併症を来した高齢1型糖尿病の2症例,
第29回 日本老年医学会四国地方会, 2018年2月.
78.藤本 侑希, 渡辺 敏弘, 森本 彩, 熊本 はな, 須藤 浩三, 吉田 智一, 森 博康, 松久 宗英, 秦 明子, 船木 真理, 山本 真弓, 橋田 誠一 :
腎障害予測指標としての尿中アディポネクチンに関する検討,
第21回日本病態栄養学会年次学術集会, 2018年1月.
79.桝田 志保, 明比 祐子, 吉田 守美子, 山上 紘規, 山口 佑樹, 細井 美希, 原 倫世, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 船木 真理, 福本 誠ニ :
123I-MIBGシンチグラフィ陽性の副腎皮質腺腫の一例,
第27回臨床内分泌代謝Update抄録集, 2017年11月.
80.細井 美希, 森本 佳奈, 近藤 剛史, 山上 紘規, 山口 佑樹, 原 倫世, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 福本 誠ニ :
多発性骨髄腫治療を契機にプランマー病と判明した一例,
第27回臨床内分泌代謝Update抄録集, 2017年11月.
81.原 倫世, 倉橋 清衛, 森本 佳奈, 細井 美希, 山上 紘規, 山口 佑樹, 桝田 志保, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 坂東 良美, 福本 誠ニ :
オクトレオチドが有効であったGH-TSH同時産生下垂体腺腫の一例,
第27回臨床内分泌代謝Update抄録集, 2017年11月.
82.松久 宗英 :
EHRを活用した糖尿病の患者支援PHRから診療支援重症化予防プログラムの開発,
第37回医療情報学連合大会抄録集, 2017年11月.
83.斎村 玉緒, 鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 湯浅 智之, 加部 一行, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 山上 紘規, 近藤 剛史, 西 正晴, 松本 直也, 松本 俊夫, 安倍 正博, 寺澤 敏秀, 松久 宗英 :
フラッシュグルコースモニタリングシステムにより施設入所可能となった高齢1型糖尿病の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第55回総会抄録集, 2017年11月.
84.山口 佑樹, 吉田 守美子, 原 倫世, 細井 美希, 山上 紘規, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 福本 誠ニ, 安倍 正博, 柏原 秀也, 吉川 幸造, 松久 宗英 :
高度肥満症に対するスリーブ状胃切除術の長期の耐糖能異常改善効果の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第55回総会抄録集, 2017年11月.
85.國方 脩登, 吉田 守美子, 原 倫世, 細井 美希, 山上 紘規, 山口 佑樹, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 福本 誠ニ, 安倍 正博, 浜田 大輔, 松久 宗英 :
待機的整形外科手術の術後経過における糖尿病の影響,
日本糖尿病学会中国四国地方会第55回総会抄録集, 2017年11月.
86.大石 真実, 森 博康, 鈴木 麗子, 明比 祐子, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 谷口 諭, 石津 将, 阪上 浩, 松久 宗英 :
急速進行性糖尿病腎症に関連するリスク因子の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第55回総会抄録集, 2017年11月.
87.細井 美希, 倉橋 清衛, 原 倫世, 山口 佑樹, 山上 紘規, 桝田 志保, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 福本 誠ニ, 松久 宗英 :
低血糖脳症をきたしたACTH単独欠損症合併1型糖尿病の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第55回総会抄録集, 2017年11月.
88.鶴尾 美穂, 松本 俊夫, 黒田 暁生, 湯浅 智之, 加部 一行, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 井野口 卓, 山上 紘規, 松本 直也, 西 正晴, 寺澤 敏秀, 安倍 正博, 松久 宗英 :
SLADHを発症した高齢1型糖尿病の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第55回総会抄録集, 2017年11月.
89.森 博康, 大石 真実, 鈴木 麗子, 黒田 暁生, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
2型糖尿病患者における末梢神経障害の合併が骨格筋力の質的低下に及ぼす影響,
第32回日本糖尿病合併症学会, 2017年10月.
90.松久 宗英 :
見えてきた低血糖の実態:これからのインスリン治療はどうあるべきか,
第32回日本糖尿病合併症学会抄録集, 2017年10月.
91.松久 宗英 :
高い安全性をもつインクレチン関連薬の糖尿病血管合併症への有用性,
第32回日本糖尿病合併症学会抄録集, 2017年10月.
92.原 倫世, 吉田 守美子, 山上 紘規, 山口 佑樹, 細井 美希, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 船木 真理, 福本 誠二 :
抗パーキンソン病薬により頻回な失神と著明な血圧変動をきたした一例,
2017年10月20日-22日 ひめぎんホール, 2017年10月.
93.松久 宗英 :
肥満症へのチーム医療:検診,外来診療から外科治療まで,
第38回日本肥満学会抄録集, 2017年10月.
94.山上 紘規, 倉橋 清衛, 山口 佑樹, 細井 美希, 原 倫世, 桝田 志保, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 船木 真理, 福本 誠二 :
バセドウ病とTSH産生下垂体腺腫の合併の一例,
第60回日本甲状腺学会学術集会, 2017年10月.
95.細井 美希, 吉田 守美子, 山上 紘規, 山口 佑樹, 原 倫世, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 船木 真理, 福本 誠二 :
無セルロプラスミン血症に合併した甲状腺乳頭癌の一例,
第60回日本甲状腺学会学術集会, 2017年10月.
96.松久 宗英 :
ICT医療連携に基づく糖尿病治療の未来,
第17回日本糖尿病情報学会年次学術集会抄録集, 2017年9月.
97.桝田 志保, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 細井 美希, 山口 佑樹, 原 倫世, 山上 紘規, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 船木 真理, 福本 誠ニ :
デノスマブ投与により術後の血清Ca/P値を容易に管理しえた巨大異所性副甲状腺腺腫の一例,
第17回日本内分泌学会四国支部学術集会抄録集, 2017年9月.
98.原 倫世, 吉田 守美子, 山口 佑樹, 細井 美希, 山上 紘規, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 船木 真理, 福本 誠ニ, 安倍 正博 :
当院での免疫チェックポイント阻害薬による下垂体機能低下症の5例,
第17回日本内分泌学会四国支部学術集会抄録集, 2017年9月.
99.山口 佑樹, 吉田 守美子, 細井 美希, 山上 紘規, 原 倫世, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 船木 真理, 福本 誠二, 滝沢 宏光 :
当院での免疫チェックポインント阻害薬による内分泌異常の発生と有害事象対策,
第255回徳島医学会学術集会(平成29年度夏期), 2017年8月.
100.森本 佳奈, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博, 東 博之, 粟飯原 賢一 :
生活習慣病患者における血管内皮機能制御に関わる臨床指標の検討,
第49回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2017年7月.
101.松久 宗英 :
糖尿病治療薬の新たな展望,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会抄録集, 2017年5月.
102.仙田 雅之, 亀田 博之, 内藤 祐介, 田村 昌博, 松久 宗英, 寺内 康夫 :
ランタスXR注ソロスターに関する使用成績調査(X-STAR)-投与3か月集計報告-,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会抄録集, 2017年5月.
103.内藤 祐介, 小山 政義, 高橋 良典, 田村 昌博, 松久 宗英, 弘世 貴久 :
基礎インスリン1日1回または2回投与からグラルギン300U/mL1回投与への切り替えにおける有用性と安全性の検討,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会抄録集, 2017年5月.
104.宮城 匡彦, 能代 尚記, 芳野 弘, 池原 佳世子, 北里 博仁, 比嘉 眞理子, 笹本 牧子, 辛 浩基, 田蒔 基行, 松久 宗英, 内野 泰, 弘世 貴久 :
DPP-4阻害薬含み経口糖尿病薬無効例へ追加する単回注射療法の選択,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会抄録集, 2017年5月.
105.吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 森本 佳奈, 田蒔 基行, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠ニ, 松久 宗英 :
糖尿病教育入院での酸化ストレスマーカーの変化の検討,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会抄録集, 2017年5月.
106.田蒔 基行, 黒田 暁生, 倉橋 清衛, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 山口 普史, 白神 敦久, 松久 宗英 :
課程用電気筋刺激装置(EMS)の10週間継続使用は運動障害を有する2型糖尿病患者の血糖コントロールを改善する,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会抄録集, 2017年5月.
107.平井 愛山, 松久 宗英 :
レセプト情報,特定健診等情報データベース(NDB)の分析からみた糖尿病性腎症重症化予防の実態,
第60回日本糖尿病学科う年次学術集会抄録集, 2017年5月.
108.松久 宗英 :
低血糖,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会抄録集, 2017年5月.
109.森本 佳奈, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠ニ, 松久 宗英, 安倍 正博, 粟飯原 賢一 :
糖尿病患者における自律神経機能をアルブミン尿の相互関連および各病態に影響を及ぼす因子解析,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年5月.
110.荒木 迪子, 森 博康, 黒田 暁生, 鈴木 麗子, 大石 真実, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 阪上 浩, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
1型糖尿病患者における血清IGF-1とサルコペニア罹患との関連,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会, 2017年5月.
111.秦 誠倫, 入江 暢子, 竹本 有里, 永田 慎平, 藤井 浩平, 白木 梓, 片岡 隆太郎, 大楠 崇弘, 坂本 扶美枝, 河盛 段, 片上 直人, 黒田 暁生, 松岡 孝昭, 松久 宗英, 下村 伊一郎, 安田 哲行 :
1型糖尿病患者の骨格筋量に影響を及ぼす因子,および骨格筋量と糖尿病合併症の関連についての検討,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会抄録集, 2017年5月.
112.森 博康, 黒田 暁生, 荒木 迪子, 鈴木 麗子, 大石 真実, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
2型糖尿病患者における皮下AGE蓄積が筋機能低下に及ぼす影響,
第60回日本糖尿病学会年次学術集会抄録集, 2017年5月.
113.谷口 諭, 天満 仁, 黒田 暁生, 堀江 徹, 森 博康, 鈴木 麗子, 浅野 弥生, 荒木 迪子, 玉木 悠, 松久 宗英 :
EHR自己測定機器と連係したPHRの開発と有用性の検証,
第60回日本糖尿病学会年次学術講演会抄録集, 2017年5月.
114.吉田 守美子, 黒田 暁生, 苛原 稔, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英 :
加重型妊娠高血圧腎症を来し集学的治療で分娩に至った糖尿病腎症の2症例,
第6回 臨床高血圧フォーラム, 2017年5月.
115.藤本 侑希, 渡辺 敏弘, 森本 彩, 熊本 はな, 須藤 浩三, 吉田 智一, 森 博康, 松久 宗英, 秦 明子, 船木 真理, 山本 真弓, 橋田 誠一 :
尿中アディポネクチンの腎障害予測マーカーに関する研究,
糖尿病, Vol.60, No.Suppl.1, 2017年5月.
116.森本 佳奈, 高橋 優花, 山下 沙織, 上元 良子, 石川 カズ江, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 湯浅 智之, 松久 宗英, 東 博之, 安倍 正博, 粟飯原 賢一 :
生活習慣病患者の血管内皮機能に関わる因子の臨床的検討,
第90回日本内分泌学会学術集会抄録集, 2017年4月.
117.松久 宗英 :
糖尿病地域医療連携の現状と展望,
第51回糖尿病学の進歩, 2017年2月.
118.松久 宗英 :
1型糖尿病における運動療法,
第51回糖尿病学の進歩, 2017年2月.
119.松久 宗英 :
ヤング糖尿病患者への運動療法指導の実践,
第51回糖尿病学の進歩, 2017年2月.
120.松久 宗英 :
糖尿病患者と医療者をつなぐPHRの可能性,
メディカルジャパン, 2017年2月.
121.荒木 迪子, 森 博康, 黒田 暁生, 鈴木 麗子, 大石 真実, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 阪上 浩, 松久 宗英 :
1型糖尿病患者の血清IGF-1がサルコペニア羅患に及ぼす影響,
第20回日本病態栄養学会年次学術集会, 2017年1月.
122.森 博康, 黒田 暁生, 荒木 迪子, 鈴木 麗子, 大石 真実, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
2型糖尿病患者におけるサルコペニアのリスク因子解析,
第51回日本成人病学会学術集会, 2017年1月.
123.桝田 志保, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 安倍 正博, 黒田 暁生, 松久 宗英, 粟飯原 賢一, 福本 誠二 :
メーグルコシダーゼ阻害薬による腸管気腫症の一例,
第115回日本内科学会四国地方会, 2016年11月.
124.原 倫世, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 粟飯原 賢一, 福本 誠二 :
イピリムマブ投与後に続発性副腎不全を発症した一例,
第115回日本内科学会四国地方会, 2016年11月.
125.上田 浩之, 遠藤 逸朗, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 安倍 正博, 黒田 暁生, 松久 宗英, 粟飯原 賢一, 福本 誠二 :
デノスマブによる耐糖能改善,
第115回日本内科学会四国地方会, 2016年11月.
126.近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 安倍 正博, 福本 誠二 :
免疫チェックポイント阻害剤で中枢性副腎不全を来した2例,
第26回臨床内分泌代謝Update, 2016年11月.
127.岡本 恵暢, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 森本 佳奈, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英, 福本 誠二 :
IGF-2産生神経内分泌癌による重症低血糖の一例,
第26回臨床内分泌代謝Update, 2016年11月.
128.吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 森本 佳奈, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英, 福本 誠二 :
当院のニボルマブおよびイピリムマブ投与21例の内分泌異常の検討,
第26回臨床内分泌代謝Update, 2016年11月.
129.大石 真実, 谷口 諭, 明比 祐子, 森 博康, 玉木 悠, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 荒木 迪子, 阪上 浩, 松久 宗英 :
eGFR変化量を用いた透析導入高リスク群抽出アルゴリズムの妥当性の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
130.谷口 諭, 天満 仁, 黒田 暁生, 堀江 徹, 森 博康, 鈴木 麗子, 浅野 弥生, 荒木 迪子, 玉木 悠, 松久 宗英 :
EHRと連係したPHRの開発と有用性の検証,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
131.山下 沙織, 吉田 守美子, 高橋 優花, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 森本 佳奈, 田蒔 基行, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 :
糖尿病教育入院における酸化ストレス減少に影響を及ぼす因子の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
132.鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 湯浅 智之, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 松井 尚子, 細井 恵美子, 安倍 正博, 松本 俊夫, 松久 宗英, 寺澤 敏秀 :
γグロブリン療養後に一過性のGAD抗体価上昇がみられた糖尿病の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
133.森 博康, 黒田 暁生, 荒木 迪子, 鈴木 麗子, 大石 真実, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
2型糖尿病患者におけるAGE蓄積とサルコペニアとの関連の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
134.斎村 玉緒, 鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 近藤 剛史, 湯浅 智之, 木内 美瑞穂, 安倍 正博, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀, 松久 宗英 :
インスリンポンプの院内検定の試み,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
135.荒瀬 美晴, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 福本 誠二, 安倍 正博, 松久 宗英 :
術前後で持続血糖モニター(CGM)を比較したアドレナリン優位褐色細胞腫の二例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
136.上田 浩之, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 福本 誠二, 安倍 正博, 松久 宗英 :
基礎インスリンが不要であった膵性糖尿病の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
137.森本 佳奈, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博, 粟飯原 賢一 :
糖尿病患者における心電図R-R間隔変動係数に影響を及ぼす因子の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第54回総会, 2016年11月.
138.荒木 迪子, 森 博康, 黒田 暁生, 鈴木 麗子, 大石 真実, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 阪上 浩, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英 :
1型糖尿病患者の血清IGF-1がサルコペニア罹患に及ぼす影響,
第14回1型糖尿病研究会, 2016年11月.
139.大澤 彩恵子, 片上 直人, 高原 充佳, 坂本 扶美枝, 河盛 段, 松岡 孝昭, 黒田 暁生, 松久 宗英, 下村 伊一郎 :
1型糖尿病患者における皮下AGEs蓄積量と糖尿病血管合併症との関連の検討,
第14回1型糖尿病研究会, 2016年11月.
140.松久 宗英 :
医療情報活用時代の実現に向けて,
第16回日本糖尿病情報学会年次学術集会 シンポジウム, 2016年9月.
141.高橋 優花, 山下 沙織, 吉田 守美子, 桝田 志保, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 湯浅 智之, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 福本 誠二, 東 博之, 安倍 正博, 粟飯原 賢一 :
生活習慣病患者における血管内皮機能正常群および低下群の臨床指標に関する検討,
第16回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2016年9月.
142.山上 紘規, 倉橋 清衛, 森本 佳奈, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 福本 誠二, 安倍 正博 :
バセドウ病を合併したTSH産生下垂体腺腫の一例,
第16回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2016年9月.
143.谷口 諭, 天満 仁, 黒田 暁生, 堀江 徹, 森 博康, 鈴木 麗子, 浅野 弥生, 荒木 迪子, 玉木 悠, 松久 宗英 :
EHRとPHRの開発と従来の紙媒体記録との比較検証,
第16回日本糖尿病情報学会年次学術集会, 2016年9月.
144.遠藤 ふうり, 倉橋 清衛, 森本 佳奈, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 黒田 暁生, 明比 祐子, 船木 真理, 松久 宗英, 福本 誠二, 安倍 正博 :
日和見感染を合併したACTH依存性Cushing症候群の1例,
第253回徳島医学会学術集会(平成28年度夏期), 2016年7月.
145.荒木 迪子, 森 博康, 鈴木 麗子, 谷口 諭, 田蒔 基行, 明比 祐子, 黒田 暁生, 阪上 浩, 松久 宗英 :
1型糖尿病患者における血清IGF-1の低下とサルコペニア羅漢との関連,
第253回徳島医学会学術集会, 2016年7月.
146.松久 宗英 :
院内厳格血糖管理装置-人工膵臓の軌跡と展望-,
第71回日本消化器外科学会 ランチョンセミナー, 2016年7月.
147.谷口 諭, 松久 宗英, 森 博康, 黒田 暁生, 玉木 悠 :
PHR活用による糖尿病自己管理行動への効果の検討,
ITヘルスケア学会 第10回記念学術大会, 2016年5月.
148.布村 俊幸, 吉田 守美子, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫, 安倍 正博 :
副腎に接する神経線維腫を合併したレックリングハウゼン病の1例,
第114回日本内科学会四国地方会, 2016年5月.
149.橋本 晶慶, 鶴尾 美穂, 秋田 賢子, 森岡 隆子, 黒田 暁生, 湯浅 智之, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 松本 俊夫, 安倍 正博, 松久 宗英, 寺澤 敏秀 :
糖尿病教室のスタッフ間の相互評価による改善効果,
第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年5月.
150.吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英 :
当院検診受診者における筋肉量がメタボリックパラメーターに及ぼす影響の検討,
第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年5月.
151.松久 宗英 :
EHRがintegrateする次世代のPHR,
第59回日本糖尿病学会年次学術集会 シンポジウム, 2016年5月.
152.宮下 和幸, 高原 充佳, 坂本 扶美枝, 片上 直人, 松岡 孝昭, 黒田 暁生, 松久 宗英, 山崎 義光, 伊藤 壽記, 今川 彰久, 下村 伊一郎 :
膵移植後グラフト機能評価としてのアルギニン負荷試験の有用性,
第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年5月.
153.大澤 彩恵子, 片上 直人, 高原 充佳, 坂本 扶美枝, 河盛 段, 松岡 孝昭, 黒田 暁生, 松久 宗英, 下村 伊一郎 :
1型糖尿病患者における皮下AGEsの蓄積量と糖尿病血管合併症との関連の検討,
第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年5月.
154.森 博康, 荒木 迪子, 鈴木 麗子, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 明比 祐子, 松久 宗英 :
1型糖尿病患者における皮下AGEsの蓄積が筋機能低下に及ぼす影響,
第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年5月.
155.森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 :
減塩による2型糖尿病入院症例の 降圧予測指標,
第59回日本糖尿病学会年次学術集会, 2016年5月.
156.吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 明比 祐子, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英 :
当院検診受診者における筋肉量が高血圧に及ぼす影響の検討,
第5回臨床高血圧フォーラム, 2016年5月.
157.森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 :
血糖管理入院症例における減塩降圧効果と関連する因子および降圧薬に関する検討,
第5回臨床高血圧フォーラム, 2016年5月.
158.森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 :
2型糖尿病患者の塩分制限による 降圧効果を規定する因子の検討,
第89回日本内分泌学会学術総会, 2016年4月.
159.粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 :
心筋リモデリングおよび頸動脈硬化症 におけるアンジオテンシンII受容体 拮抗薬の効果検証,
第89回日本内分泌学会学術総会, 2016年4月.
160.宮下 和幸, 高原 充佳, 坂本 扶美枝, 黒田 暁生, 浅岡 忠史, 片上 直人, 種村 匡弘, 江口 英利, 今川 彰久, 松久 宗英, 山崎 義光, 伊藤 壽記, 下村 伊一郎 :
当院における膵移植後患者の移植膵機能の推移,
第43回日本膵・膵島移植研究会 ホテルグランビア広島, 2016年3月.
161.山上 紘規, 倉橋 清衛, 森本 佳奈, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 黒田 暁生, 明比 祐子, 船木 真理, 松久 宗英, 福本 誠二, 安倍 正博 :
インターフェロンβ治療中に糖尿病ケトアシドーシスを契機とし,急性発症1A型糖尿病と診断された一例,
第252回徳島医学会学術集会 長井記念ホール, 2016年2月.
162.森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 :
2型糖尿病患者における血糖指標と減塩がもたらす血圧低下との連関,
第252回徳島医学会学術集会 長井記念ホール, 2016年2月.
163.森本 佳奈, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 松久 宗英, 福本 誠二, 粟飯原 賢一, 安倍 正博 :
著明な低カルシウム血症を来した胃癌の骨転移の一例,
第25回臨床内分泌Update, 2015年11月.
164.小山 広士, 近藤 剛史, 森本 佳奈, 遠藤 逸朗, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 松久 宗英, 福本 誠二, 粟飯原 賢一, 安倍 正博 :
ACTH,コルチゾール基礎値正常のACTH単独欠損症の一例,
第25回臨床内分泌Update, 2015年11月.
165.近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 松久 宗英, 福本 誠二, 粟飯原 賢一, 安倍 正博 :
テタニーで来院し,Gitelman症候群を疑った一例,
第25回臨床内分泌Update, 2015年11月.
166.粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 :
2型糖尿病患者の左室形態 および機能における 強化インスリン療法の効果,
日本糖尿病学会 第53回中国四国地方会, 2015年10月.
167.鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 近藤 剛史, 湯浅 智之, 木内 美瑞穂, 安倍 正博, 松本 俊夫, 松久 宗英, 寺澤 敏秀 :
Sensor Angmented Pump(SAP)療法が有効であった高齢1型糖尿病の1例,
第53回日本糖尿病学会中国四国地方会, 2015年10月.
168.森岡 隆子, 鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 湯浅 智之, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 松本 俊夫, 松久 宗英, 寺澤 敏秀 :
SGLT2阻害薬が著効したprader,
第53回日本糖尿病学会中国四国地方会 米子コンベンションセンター, 2015年10月.
169.岡田 祐輝, 近藤 剛史, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 福本 誠二, 粟飯原 賢一, 安倍 正博 :
高CPR血症からグリメピリド誤内服を診断し得た遷延性低血糖の一例,
第53回日本糖尿病学会中国四国地方会 米子コンベンションセンター, 2015年10月.
170.粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 福本 誠二, 松久 宗英, 安倍 正博 :
2型糖尿病患者の左室形態および機能における強化インスリン療法の効果,
第53回日本糖尿病学会中国・四国地方会 米子コンベンションセンター, 2015年10月.
171.森 博康, 松久 宗英, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 谷口 諭, 玉木 悠, 大塚 明廣, 野間 喜彦, 徳島県医師会糖尿病対策班 :
徳島県の糖尿病診療の現状と課題∼平成22年と26年の比較∼,
第53回日本糖尿病学会中国・四国地方会 米子コンベンションセンター, 2015年10月.
172.林 亜紀, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 七篠 あつ子, 苛原 稔, 鶴尾 美穂, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 船木 真理, 松久 宗英, 福本 誠二, 粟飯原 賢一, 安倍 正博 :
分娩前に10g/日以上の蛋白尿を合併し,出産に至った糖尿病腎症の1例,
日本糖尿病学会 中国四国地方会第53回総会, 2015年10月.
173.荒木 迪子, 森 博康, 奥村 仙示, 多々納 浩, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 阪上 浩, 松久 宗英 :
食事エネルギー密度は日本人2型糖尿病患者の肥満と関連する,
第53回日本糖尿病学会中国四国地方会 米子コンベンションセンター, 2015年10月.
174.谷口 諭, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 銀 花, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 安倍 正博, 松久 宗英 :
CGM iPRO2と人工膵臓STG-55との測定グルコース濃度の比較,
第53回日本糖尿病学会中国・四国地方会 米子コンベンションセンター, 2015年10月.
175.奥村 仙示, 和田 宵湖, 新井田 裕樹, 柏原 秀也, 西 正暁, 吉川 幸造, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 島田 光生, 松久 宗英 :
本院の腹腔鏡下袖状胃切除術後1年で異なった経過を示した2症例の報告,
第53回糖尿病学会中四国大会, 2015年10月.
176.森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 :
2型糖尿病入院患者における減塩血圧低下効果に影響を及ぼす血糖指標の検討,
第38日本高血圧学会総会, 2015年10月.
177.粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 森本 佳奈, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 :
長期のアンジオテンシンII受容体拮抗薬基盤高血圧治療による心筋リモデリングおよび頸動脈硬化症への効果検証,
第38日本高血圧学会総会, 2015年10月.
178.森本 佳奈, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 松久 宗英, 福本 誠二, 粟飯原 賢一, 安倍 正博 :
診断まで長時間を要したACTH分泌低下症の一例,
第15回日本内分泌学会四国支部学術集会 高知大学, 2015年9月.
179.加藤 正樹, 森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 福本 誠二, 安倍 正博 :
2型糖尿病患者の減塩療法による血圧低下に関連する因子の解析,
第15回 日本内分泌学会 四国支部学術集会, 2015年9月.
180.松久 宗英 :
糖尿病地域医療連携のICT化∼その現状と課題∼,
第15回日本糖尿病情報学会年次学術集会 海運クラブ, 2015年8月.
181.谷口 諭, 玉木 悠, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 田蒔 正治, 林 秀樹, 松久 宗英 :
多職種による在宅糖尿病患者ケアにおける医療介護情報連携システム活用の有用性検証,
第15回日本糖尿病情報学会年次学術集会, 2015年8月.
182.森 博康, 松久 宗英, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 谷口 諭, 玉木 悠, 野間 喜彦, 大塚 明廣 :
徳島県における糖尿病の治療中断と地域医療連携の推進に関連する医療側の課題の検討,
第15回日本糖尿病情報学会年次学術集会, 2015年8月.
183.荒木 迪子, 森 博康, 奥村 仙示, 鞍田 三貴, 福尾 惠介, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 阪上 浩, 松久 宗英 :
低エネルギー密度食が2型糖尿病患者の食行動や代謝改善に与える効果の検討,
第251回徳島医学会学術集会 ポスター, 2015年8月.
184.森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 安倍 正博 :
2型糖尿病における血糖指標と減塩がもたらす血圧低下との連関,
第251回徳島医学会学術集会 ポスター, 2015年8月.
185.松久 宗英 :
地域の課題として糖尿病に取り組むアカデミズムのチャレンジ,
第13回日本予防医学会学術総会, 2015年6月.
186.玉木 悠, 松久 宗英, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 谷口 諭, 森 博康 :
IHE統合プロファイルを用いた複数医療連携ネットワークを統合したEHRの構築,
第19回日本医療情報学会春季学術大会, 2015年6月.
187.出口 憲市, 江西 哲也, 佐藤 紀, 後藤 強, 大澤 俊文, 柳澤 幸夫, 松久 宗英, 加藤 真介 :
歩幅の異なるWalking様式の3次元動作解析およびエネルギー代謝へ及ぼす影響,
第58回日本糖尿病学会年次学術集会 口演, 2015年5月.
188.後藤 廣平, 鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 伊澤 真弓, 木内 美瑞穂, 近藤 剛史, 湯浅 智之, 松本 俊夫, 松久 宗英, 寺澤 敏秀 :
SGLT2阻害薬の強化インスリン療法への併用効果の検討,
第58回日本糖尿病学会年次学術集会 口演, 2015年5月.
189.宮下 和幸, 高原 充佳, 坂本 扶美枝, 黒田 暁生, 安田 哲行, 片上 直人, 松岡 孝昭, 山﨑 義光, 伊藤 壽記, 松久 宗英, 今川 彰久, 下村 伊一郎 :
膵移植患者における移植膵機能の推移の検討 口演,
第58回日本糖尿病学会年次学術集会, 2015年5月.
190.松久 宗英 :
1型糖尿病治療における運動療法のリスク,
第58回日本糖尿病学会年次学術集会 海峡メッセ下関, 2015年5月.
191.松久 宗英 :
経口血糖降下薬と基礎インスリンで治療中の2型糖尿病患者に対するインスリングラルギン300U/mLの有効性と安全性,
第58回日本糖尿病学会年次学術集会 海峡メッセ下関, 2015年5月.
192.池田 雅彦, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 賀川 義光, 能勢 洋介, 寺方 孝守, 木村 那智, 松久 宗英 :
全国ヤングDMカンファの現状と展望,
第58回日本糖尿病学会年次学術集会 ポスター, 2015年5月.
193.天満 仁, 堀江 徹, 森 博康, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
2型糖尿病患者における皮下AGEと糖尿病血管合併症との関連の検討,
第58回日本糖尿病学会年次学術集会 口演, 2015年5月.
194.粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 大黒 由加里, 田蒔 基行, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
ARB基盤高血圧治療の長期心腎保護効果における糖尿病の影響,
第58回総会日本糖尿病学会年次学術集会, 2015年5月.
195.桑村 由美, 澄川 真珠子, 村田 裕美, 瀧川 稲子, 大和 光, 石田 伸子, 菊井 聡子, 濵田 康弘, 飯藤 大和, 安原 由子, 日野出 大輔, 上村 浩一, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 谷岡 哲也, 永田 俊彦 :
多職種協働での糖尿病患者の口腔保健行動支援:口腔保健行動を査定するための査定シート案についての糖尿病看護の専門家の評価と実施状況,
糖尿病, Vol.58, No.supplement 1, S290, 2015年5月.
196.白神 敦久, 鶴尾 美穂, 天満 仁, 勢井 雅子, 藤中 雄一, 新谷 保実, 福島 泰江, 柴原 恵美, 鎌村 好孝, 松本 正子, 中川 洋一, 岡本 好史, 田中 俊夫, 宮本 道代, 吉田 結花, 吉積 美代, 松久 宗英, 野間 喜彦, 井本 逸勢, 宮永 俊彦, 大塚 明廣 :
地域糖尿病療養指導士におけるインスリン治療に対する心理的障害の検討,
第58回日本糖尿病学会年次学術集会 ポスター, 2015年5月.
197.粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
本態性高血圧患者におけるアンジオテンシンII受容体拮抗薬単独およびカルシウム拮抗薬併用による長期心筋保護効果の検証,
第88回日本内分泌学会学術総会, 2015年4月.
198.K Node, J Oyama, T Ishizu, M Nanasato, K Kodama, Y Bandoh, H Kamiya, K Kitagawa, S Ueda, H Tomiyama, Masataka Sata, K Maemura, Munehide Matsuhisa, T Inoue, Y Higashi, Hirotsugu Yamada, M Ishihara, A Yamashina, N Kashihara, Y Sato and T Murohara :
The Study to Evaluate the Effects of DPP-4 Inhibitor on Atherosclerosis in Patients with Diabetes Mellitus: PROLOGUE Study.,
第79回日本循環器学会学術集会, Apr. 2015.
199.近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 田蒔 基行, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
遠位尿細管性アシドーシスの確定診断としてアミノ レバンRは有用である.,
第112回日本内科学会総会・講演会, 2015年4月.
200.松久 宗英 :
低血糖症の鑑別診断と治療,
第49回糖尿病学の進歩 (グランヴィア岡山), 2015年2月.
201.松久 宗英 :
徳島県の糖尿病課題に挑むシーズの創出,
JST「わが国の未来を拓く地域の実現に関する調査研究」事業 招待講演, 2015年2月.
202.大黒 由加里, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫, 松久 宗英 :
皮下注射による強化インスリン療養中の1型糖尿病患者における基礎インスリン比率の検討,
第250回徳島医学会学術集会(大塚講堂), 2015年2月.
203.Munehide Matsuhisa :
糖尿病の病態理解の深化と治療の進化,
第18回日本病態栄養学会年次学術集会 (国立京都国際会館)ランチョンセミナー, Jan. 2015.
204.黒田 暁生, 近藤 剛史, 安田 哲行, 高原 充佳, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 金藤 秀明, 下村 伊一郎, 松本 俊夫, 松久 宗英 :
インスリンポンプ療法での追加インスリン注入時間を規定する因子の検討,
第14回日本先進糖尿病治療研究会(あわぎんホール), 2014年12月.
205.大黒 由加里, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫, 松久 宗英 :
皮下注射による強化インスリン療法1型糖尿病患者における基礎インスリン比率の検討,
第12回1型糖尿病研究会(イーグレ姫路), 2014年11月.
206.田木 真和, 玉木 悠, 松久 宗英, 森口 博基 :
FeliCa通信歩数計を活用した健康データ見える化による行動変容,
医療情報学連合大会論文集, Vol.34, 506-507, 2014年11月.
207.野間 喜彦, 小松 まち子, 宮 恵子, 鶴尾 美穂, 天満 仁, 松久 宗英, 島 健二 :
CGMによる糖尿病患者のフルマラソンでの血糖変動の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第52回総会, 2014年10月.
208.浅井 廣平, 鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 湯浅 智之, 伊澤 真弓, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 松本 俊夫, 松久 宗英, 寺澤 敏秀 :
SGLT阻害薬の臨床効果の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第52回総会, 2014年10月.
209.鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 湯浅 智之, 松本 直也, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 松本 俊夫, 松久 宗英, 寺澤 敏秀 :
SGLT2阻害薬が著効したPrader Willi syndrome 合併糖尿病の1例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第52回総会, 2014年10月.
210.荒木 迪子, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 安芸 菜奈子, 松本 俊夫, 松久 宗英 :
2型糖尿病患者におけるeGFRの妥当性について,
日本糖尿病学会中国四国地方会第52回総会, 2014年10月.
211.田蒔 基行, 荒木 迪子, 野崎 綾音, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 安芸 菜奈子, 松本 俊夫, 松久 宗英, 黒田 暁生 :
肥満2型糖尿病患者のeGFRは24hrCCrと比較して過小評価されている,
第29回日本糖尿病合併症学会, 2014年10月.
212.森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 田蒔 基行, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
多剤併用降圧療法と臓器障害モニタリングにより長期にわたり心腎大血管障害の改善が得られた加速型高血圧-悪性高血圧の1例,
第14回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2014年9月.
213.松久 宗英 :
糖尿病地域医療連携のIT化の試み∼その現状と課題∼,
第14回日本糖尿病情報学会年次学術集会 モーニングセミナー 岐阜市文化産業交流センター, 2014年8月.
214.田木 真和, 玉木 悠, 黒田 暁生, 松久 宗英, 森口 博基 :
報酬手段を利用した生活習慣改善の試み∼歩数量に応じたポイント付与∼,
日本糖尿病情報学会年次学術集会, Vol.14, 2014年8月.
215.粟飯原 賢一, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 田蒔 基行, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
エゼチミブとコレスチミドの併用で脂質プロフィルが改善した多発性筋炎合併家族性高コレステロール血症へテロ接合体の一例,
第110回日本内科学会四国地方会, 2014年6月.
216.森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 田蒔 基行, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
多剤併用降圧療法により長期的な心・腎・大血管障害の改善が得られた高レニン性高血圧症の1例,
第3回臨床高血圧フォーラム, 2014年5月.
217.宮城 匡考, 臼井 州樹, 能代 尚記, 吉原 彩, 北里 博仁, 比嘉 眞理子, 笹本 牧子, 辛 浩基, 田蒔 基行, 松久 宗英, 内野 康, 弘世 貴久 :
DPP-4阻害薬と経口薬併用中の2型糖尿病に対する1日1回のグラルギン追加分リラグリチド切り替えの比較検討,
第57回日本糖尿病学会年次学術集会 口演, 2014年5月.
218.大黒 由加里, 黒田 暁生, 田蒔 基行, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 近藤 絵里, 吉田 守美子, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
皮下注射による強化インスリン療法1型糖尿病患者における基礎インスリン比率の検討,
第57回日本糖尿病学会年次学術集会 口演, 2014年5月.
219.松久 宗英 :
病院における糖尿病診療の情報化の現状と課題,
第57回日本糖尿病学会年次学術集会シンポジウム, 2014年5月.
220.松久 宗英 :
糖尿病診療の情報化ー適正な定着と普及へ向けてー,
第57回日本糖尿病学会年次学術集会 シンポジウム, 2014年5月.
221.松久 宗英 :
病院における糖尿病診療の情報化の現状と課題,
第57回日本糖尿病学会年次学術集会 シンポジウム(大阪), 2014年5月.
222.松本 幸恵, 鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 湯浅 智之, 秋田 賢子, 木内 美瑞穂, 近藤 剛史, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 :
糖尿病患者の考える指示エネルギー量,指示主食量の調査とその介入,
第57回日本糖尿病学会年次学術集会 口演, 2014年5月.
223.出口 憲市, 藤中 雄一, 松久 宗英, 江西 哲也, 佐藤 紀, 加藤 真介 :
一過性のインターバル形式の運動が急性血糖降下に及ぼす影響,
第57回日本糖尿病学会年次学術集会, 2014年5月.
224.今井 博久, 中尾 裕之, 佐田 文宏, 山崎 義光, 片上 直人, 金藤 秀明, 下村 伊一郎, 安井 洋子, 松久 宗英 :
岩手県における生活習慣改善の介入研究,
第57回日本糖尿病学会年次学術集会ポスター, 2014年5月.
225.松本 幸恵, 鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 湯浅 智之, 秋田 賢子, 木内 美瑞穂, 近藤 剛史, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 :
-,
第57回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2014年5月.
226.田蒔 基行, 藤谷 与士夫, 原 朱美, 松久 宗英, 綿田 裕孝 :
肥満2型糖尿病モデルマウスの膵β細胞は,糖脂肪属性による膵β細胞特異的転写因子の発現低下を介して,PP細胞へ分化転換する,
第57回日本糖尿病学会年次学術集会 YIA審査口演, 2014年5月.
227.山崎 義光, 片上 直人, 松岡 孝昭, 金藤 秀明, 下村 伊一郎, 松久 宗英, 遅野井 健, 斎藤 三代子, 川井 紘一, 今村 憲一, 清水 一紀, 大野 敬三, 石橋 不可止 :
遺伝子多型を用いたオーダーメイド糖尿病薬剤選択法の開発,
第57回日本糖尿病学会年次学術集会ポスター, 2014年5月.
228.鶴尾 美穂, 白神 敦久, 松久 宗英, 福島 泰江, 新谷 保実, 小松 まち子, 藤中 雄一, 天満 仁, 黒田 暁生, 安芸 菜奈子, 大島 康志, 金崎 淑子, 湯浅 智之, 近藤 絵里, 阿部 多賀子, 加藤 修司, 伊藤 祐司, 倉橋 清衛, 三浦 眞司, 野間 喜彦, 島 健二, 川島 周 :
地域糖尿病療養指導士(LCDE)の徳島県における発足と発展,
第57回日本糖尿病学会年次学術集会ポスター, 2014年5月.
229.田蒔 基行, 藤谷 与士夫, 原 朱美, 松久 宗英, 綿田 裕孝 :
肥満2型糖尿病モデルマウスの膵β細胞は,糖脂肪毒性による膵β細胞特異的転写因子の発現低下を介して,PP細胞へ分化転換する,
第87回日本内分泌学会学術総会, 2014年4月.
230.粟飯原 賢一, 木内 美瑞穂, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
生活習慣病治療薬が血管内皮機能 に及ぼす影響の検証,
第111回日本内科学会講演会, 2014年4月.
231.松久 宗英 :
低血糖の科学的側面と社会的側面,
第48回糖尿病学の進歩, 2014年3月.
232.松久 宗英 :
変貌する糖尿病治療と糖尿病対策,
第82回大阪透析研究会, 2014年3月.
233.松久 宗英 :
個別化をめざす糖尿病治療∼高齢糖尿病患者の特徴からみた治療のあり方∼,
第25回日本老年医学会四国地方会 教育講演, 2014年2月.
234.森本 佳奈, 粟飯原 賢一, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 田蒔 基行, 安芸 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
6年間にわたる多剤併用降圧療法が心・腎・大血管障害の改善に寄与した高レニン性高血圧症の1例,
第248回徳島医学会学術集会, 2014年2月.
235.大黒 由加里, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 安芸 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
下垂体の経時的な変化を捉えたシーハン症候群の一例,
第23回臨床内分泌代謝Update, 2014年1月.
236.銀 花, 黒田 暁生, 玉木 悠, 田木 真和, 森口 博基, 松本 俊夫, 藤中 雄一, 安藝 宏信, 森川 富昭, 松久 宗英 :
ITを活用した徳島県糖尿病医療連携システム構築のこころみ,
日本先進糖尿病治療研究会雑誌, Vol.9, 47, 2014年1月.
237.黒田 暁生, 近藤 剛史, 安田 哲行, 高原 充佳, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 金藤 秀明, 下村 伊一郎, 松本 俊夫, 松久 宗英 :
インスリンポンプ療法での追加インスリン注入時間を規定する因子の検討,
第13回日本先進糖尿病治療研究会, 2013年11月.
238.大和 光, 瀧川 稲子, 松村 晃子, 山田 静恵, 谷 佳子, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫, 銀 花, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
徳島大学病院における糖尿病透析予防指導の有用性の検討,
日本糖尿病学会中国四国地方会第51回総会, 2013年11月.
239.大黒 由加里, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
過剰基礎インスリン量が不適切な間食摂取に関連したインスリンポンプ使用1型糖尿病の2例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第51回総会, 2013年11月.
240.松久 宗英 :
糖尿病の治療の今,そしてこれから,
日本糖尿病学会中国四国地方会第51回総会, 2013年11月.
241.松本 幸恵, 黒田 暁生, 秋田 賢子, 鶴尾 美穂, 木内 美瑞穂, 近藤 剛史, 湯浅 智之, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 :
主食の摂取状況調査,
日本糖尿病学会中国四国地方会第51回総会, 2013年11月.
242.近藤 剛史, 大黒 由加里, 黒田 暁生, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
テストステロン補充で速やかにインスリン抵抗性が改善した汎下垂体機能低下症合併糖尿病例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第51回総会, 2013年11月.
243.粟飯原 賢一, 木内 美瑞穂, 大黒 由加里, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
メタボリックシンドロームおよび糖尿病の有無が血管内皮機能に及ぼす影響,
日本糖尿病学会 中国四国地方会第51回総会, 2013年11月.
244.近藤 剛史, 大黒 由加里, 黒田 暁生, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
テストステロン補充で速やかにインスリン抵抗性が改善した汎下垂体機能低下症合併糖尿病例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第51回総会, 2013年11月.
245.粟飯原 賢一, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
糖代謝異常の血管機能評価に及ぼす効果,
第36回日本高血圧学会総会, 2013年10月.
246.玉木 悠, 田木 真和, 島井 健一郎, 松久 宗英, 森口 博基 :
1-A-8 徳島県における病病・病診連携システムの構築(企業事例交流会(2)),
日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集, 2013年9月.
247.大黒 由加里, 近藤 剛史, 藤井 志朗, 中村 信元, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
著名な汎血球減少と肝筋逸脱酵素高値を呈した神経性食欲不振症の一例,
第13回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2013年9月.
248.近藤 剛史, 岩佐 昌美, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
不動が惹起した高カルシウム血症で頻回の意識障害を来たした一例,
第13回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2013年9月.
249.鈴木 麗子, 大和 光, 瀧川 稲子, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 安芸 菜奈子, 倉橋 清衛, 松本 俊夫, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
フットケア外来におけるインスリン皮下硬結の実態調査と皮下硬血患者への介入の結果報告,
第13回日本糖尿病情報学会年次学術集会, 2013年8月.
250.木内 美瑞穂, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 大黒 由加里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
臨床血管機能における糖代謝異常の影響の解析,
第247回徳島医学会学術集会, 2013年8月.
251.粟飯原 賢一, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 岩佐 昌美, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 遠藤 逸朗, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
Evaluation for influence of diabetes on clinical vascular function,
第45回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 2013年7月.
252.粟飯原 賢一, 松本 俊夫, 松久 宗英, 大和 光 :
血管年齢を正確に知ってアンチエイジング!,
第13回日本抗加齢医学会総会, 2013年6月.
253.鈴木 麗子, 瀧川 稲子, 大和 光, 木田 菊恵, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 安芸 菜奈子, 倉橋 清衛, 松本 俊夫, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
フットケア外来におけるインスリン皮下硬結の実態調査と皮下硬結患者への介入の有用性検討,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
254.藤島 周子, 森岡 隆子, 高田 妙子, 岩谷 沙紀, 斎村 玉緒, 秋田 賢子, 松本 幸恵, 近藤 剛史, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 :
当院の参加型糖尿病教室の取り組み,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
255.伊澤 真弓, 黒田 暁生, 上野 裕子, 堀筋 富士子, 鶴尾 美穂, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 湯浅 智之, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 :
インスリン注入器に関する患者の意識調査,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
256.河盛 隆造, 松久 宗英, 綿田 裕孝, 栗林 伸一, VISION研究会 :
DPP-4 阻害薬ビルダグリプチン長期投与による有効性と安全性:VISION研究,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
257.鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 湯浅 智之, 松本 俊夫, 松久 宗英, 寺澤 敏秀 :
インスリン治療患者に対するチーム医療で行う段階的糖尿病療養指導の試み,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
258.黒田 暁生, 鶴尾 美穂, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 安芸 菜奈子, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 松本 俊夫, 松久 宗英 :
1型糖尿病患者におけるインスリングラルギンからインスリンデグルデッグへの同量での切り替え:CGMSを用いた検討,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
259.湯浅 智之, 松久 宗英, 橋田 誠一, 蛯名 洋介 :
可溶性インスリン受容体が担うインスリン抵抗性の可能性,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会 特別シンポジウム3, 2013年5月.
260.近藤 剛史, 黒田 暁生, 吉田 守美子, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
頻回インスリン療法による厳格な血糖管理下におけるシダグリプチン併用のインスリン所要量現象効果の検討,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会 ポスター, 2013年5月.
261.奥村 滋子, 黒田 暁生, 片田 英子, 澤井 敏子, 鶴尾 美穂, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 湯浅 智之, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 :
運転中の低血糖についての意識調査,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
262.桑村 由美, 松田 宣子, 田村 綾子, 市原 多香子, 南川 貴子, 大和 光, 金澤 昭代, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 吉岡 昌美, 日野出 大輔, 松久 宗英, 黒田 暁生 :
糖尿病患者の口腔保健行動に及ぼす影響要因の検討―第1報 口腔保健行動に対する認識との関係から―,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会, Vol.56, No.Supplement 1, S-167, 2013年5月.
263.近藤 剛史, 黒田 暁生, 曽我部 公子, 吉田 守美子, 安藝 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
術前後で持続血糖測定(CGM)を比較しえたアドレナリン優位褐色細胞腫の1例,
第56回日本糖尿病学会年次学術集会, 2013年5月.
264.下 直樹, 安田 哲行, 片上 直人, 黒田 暁生, 坂本 賢哉, 坂本 扶美枝, 山本 裕一, 大澤 彩恵子, 辻 真由美, 嵩 龍一, 高原 佳充, 宮下 和幸, 宮塚 健, 河盛 段, 吉内 和富, 松岡 孝昭, 金藤 秀明, 小杉 圭右, 松久 宗英, 下村 伊一郎 :
若年発症1型糖尿病患者における血清25(OH)D3濃度と血管合併症との関連,
第86回日本内分泌学会学術総会, 2013年4月.
265.松本 和久, 吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 岩佐 昌美, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 安芸 菜奈子, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
膵臓の鉄過剰沈着とインスリン分泌不全を呈した無セルロプラスミン血症合併糖尿病の1例,
第86回日本内分泌学会学術総会, 2013年4月.
266.安田 哲行, 片上 直人, 黒田 暁生, 坂本 賢哉, 坂本 扶美枝, 下 直樹, 山本 裕一, 大澤 彩恵子, 辻 真由美, 嵩 龍一, 高原 佳充, 宮下 和幸, 宮塚 健, 河盛 段, 吉内 和富, 松岡 孝昭, 金藤 秀明, 小杉 圭右, 松久 宗英, 下村 伊一郎 :
自己免疫性甲状腺疾患を合併した1型糖尿病患者における血清ビタミンD濃度の検討,
第86回日本内分泌学会学術総会, 2013年4月.
267.松本 和久, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 木内 美瑞穂, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 安藝 菜奈子, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
膵臓の鉄過剰沈着とインスリン分泌不全を呈した無セルロプラスミン血症合併糖尿病の1例,
第86回日本内分泌学会学術総会, 2013年4月.
268.佐藤 千穂, 冨岡 麗子, 山上 真樹子, 宮本 登志子, 松久 宗英, 北畑 洋, 武田 英二, 金山 博臣, 楊河 宏章, 木下 成三, 川島 周 :
徳島県内の医療機関における倫理審査体制に関する状況調査,
第246回徳島医学会学術集会, 2013年2月.
269.曽我部 公子, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 吉田 守美子, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
術前後で持続血糖測定(CGM)を比較しえた褐色細胞腫の一例,
第22回臨床内分泌代謝Update, 2013年1月.
270.牟田口 惇, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 吉田 守美子, 片岡 菜奈子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
尿細管性アシドーシスの診断にアミノレバンが有用であった一例,
第22回臨床内分泌代謝Update, 2013年1月.
271.幸田 舞子, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 吉田 守美子, 片岡 菜奈子, 黒田 暁生, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
悪性症候群様の症状から診断されたACTH分泌低下症の一例,
第22回臨床内分泌代謝Update, 2013年1月.
272.松崎 苑美, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 片岡 菜奈子, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
血栓性微小血管障害症様の病態を示したメタボリックシンドロームの1例,
第107回日本内科学会四国地方会, 2012年12月.
273.佐埜 弘樹, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 黒田 暁生, 松久 宗英, 片岡 菜奈子 :
正常MRI所見を示し,ADH放出障害が主因と考えられた中枢性尿崩症の1例,
日本内科学会第107回四国地方会, 2012年12月.
274.黒田 暁生, 新居 沙央里, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松本 友里, 片岡 菜奈子, 松本 俊夫, 松久 宗英 :
新たなインスリンポンプParadigm722によってカーボカウントのみで血糖管理が可能となった1症例,
第12回日本先進糖尿病治療学会研究会, 2012年12月.
275.黒田 暁生, 高原 充佳, 安田 哲行, 松岡 孝昭, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 松本 俊夫, 下村 伊一郎, 金藤 秀明, 松久 宗英 :
日本人1型糖尿病患者における「500ルールとは?」,
第12回日本先進糖尿病治療研究会, 2012年12月.
276.片島 るみ, 佐藤 千穂, 冨岡 麗子, 山上 真樹子, 宮本 登志子, 木下 成三, 川島 周, 松久 宗英, 北畑 洋, 武田 英二, 金山 博臣, 楊河 宏章 :
徳島県内の医療機関における倫理審査体制に関する状況調査,
第33回日本臨床薬理学会年会, 2012年11月.
277.幸田 舞子, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 吉田 守美子, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
シタグリプチン投与によりインスリン所要量の減少効果が得られた高齢2型糖尿病の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第50回総会, 2012年11月.
278.近藤 剛史, 黒田 暁生, 曽我部 公子, 吉田 守美子, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
術前後で持続血糖測定(CGM)を比較しえたアドレナリン優位褐色細胞腫の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第50回総会, 2012年11月.
279.近藤 剛史, 黒田 暁生, 曽我部 公子, 吉田 守美子, 安芸 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
アドレナリン優位の褐色細胞腫の術前後で持続血糖測定(CGM)により血糖変動を比較した一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第50回総会, 2012年11月.
280.伊澤 真弓, 黒田 暁生, 上野 裕子, 鶴尾 美穂, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 湯浅 智之, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 :
インスリン注入器に関する患者の意識調査,
日本糖尿病学会中国四国地方会第50回総会, 2012年11月.
281.幸田 舞子, 近藤 剛史, 黒田 暁生, 吉田 守美子, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
シタグリプチン投与によりインスリン所要量の減少効果が得られた高齢2型糖尿病の一例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第50回総会, 2012年11月.
282.岩佐 昌美, 黒田 暁生, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 福島 泰江, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
血糖管理基準を満たすために分割食を必要としなかった2型糖尿病合併妊娠の1例,
日本糖尿病学会中国四国地方会第50回総会, 2012年11月.
283.奥村 滋子, 黒田 暁生, 片田 英子, 鶴尾 美穂, 吉田 守美子, 近藤 剛史, 湯浅 智之, 松本 直也, 笠松 哲司, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 :
運転中の低血糖についての意識調査,
日本糖尿病学会中国四国地方会第50回総会, 2012年11月.
284.田木 真和, 玉木 悠, 松久 宗英, 島井 健一郎, 森口 博基 :
ICTを活用した健康データの見える化による行動変容に関する研究,
医療情報学連合大会論文集, Vol.32, 518-519, 2012年11月.
285.松久 宗英 :
糖尿病大血管症における体質と遺伝素因,
第62回日本体質医学会総会 モーニングセミナー, 2012年11月.
286.松久 宗英 :
変貌する糖尿病医療の現場,
2012年9月.
287.白河 綾, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 遠藤 逸朗, 安藝 菜奈子, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
副腎不全症状を呈し,診断に苦慮した両側副腎B細胞リンパ腫の1例,
第12回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2012年9月.
288.池本 哲也, 島田 光生, 宇都宮 徹, 居村 暁, 森根 裕二, 荒川 悠佑, 森 大樹, 金本 真美, 松久 宗英 :
四国地区モデルとしての徳島県の膵島移植待機患者の現状と問題点,
第48回 日本移植学会総会, 2012年9月.
289.遠藤 逸朗, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 片岡 菜奈子, 近藤 剛史, 近藤 絵里, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
Werner症候群に伴う糖尿病の治療経過,
第106回 日本内科学会四国地方会, 2012年6月.
290.粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 近藤 絵里, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
インクレチン関連薬を用いた周術期血糖管理の有用性,
第106回 日本内科学会四国地方会, 2012年6月.
291.安田 哲行, 藤澤 慶子, 辻 真由美, 宮下 和幸, 嵩 龍一, 佐藤 利幸, 岡田 正規, 小島 順子, 渡辺 敏弘, 細谷 砂美子, 金藤 秀明, 松久 宗英, 下村 伊一郎, 中島 弘 :
微侵襲食後高血糖モニタリングシステムの性能評価,
第55回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月.
292.松久 宗英, 河盛 隆造 :
DPP-阻害薬ビルダグリプチンのHbA1c変化と体重変化の関連性(VISION研究),
第55回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月.
293.大橋 博, 松久 宗英, 河盛 隆造 :
高齢者の2型糖尿病患者でのDPP-4阻害薬ビルダグリプチンの有効性,
第55回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月.
294.日吉 徹, 松久 宗英, 河盛 隆造 :
グリコアルブミンによるDPP-4阻害薬ビルダグリプチンの有効性の評価,
第55回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月.
295.島 健二, 新谷 保実, 福島 泰江, 野間 喜彦, 松久 宗英, 小松 まち子, 鶴尾 美穂, 白神 敦久, 藤中 雄一, 石本 寛子, 播 紀子 :
糖尿病死亡率ワーストワンからの脱却を目指してー糖尿病対策活動の成果ー,
第55回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月.
296.管野 一男, 松久 宗英, 河盛 隆造 :
DPP-4阻害薬ブルダグリプチンの血糖低下作用はスルホニル尿素薬間で差はない,
第55回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月.
297.片上 直人, 金藤 秀明, 松岡 孝昭, 高原 充佳, 前田 法一, 清水 一紀, 大野 敬三, 遅野井 健, 川井 紘一, 石橋 不可止, 今村 憲一, 柏木 厚典, 河盛 隆造, 松久 宗英, 船橋 徹, 山﨑 義光, 下村 伊一郎 :
2型糖尿病患者においてadiponectin遺伝子G276T多型は心血管疾患と関連する,
第55回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月.
298.加藤 健一郎, 竹下 有美枝, 御簾 博文, 太田 嗣人, 徳山 薫平, 松久 宗英, 長坂 昌一郎, 金子 周一, 篁 俊成 :
臓器特異的インスリン抵抗性(IR)指標の妥当性および肝病理像との関連,
第55回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月.
299.鶴尾 美穂, 寺澤 敏秀, 木戸 里佳, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 近藤 剛史, 笠松 哲司, 近藤 絵里, 木内 美瑞穂, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫, 赤池 雅史 :
粥状動脈硬化病変を呈した高Lp(a)血症合併糖尿病の姉妹例,
第55回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月.
300.坂本 芙美枝, 片上 直人, 高原 充佳, 宮下 和幸, 山本 かをる, 黒田 暁生, 坂本 賢哉, 松久 宗英, 小杉 圭右, 金藤 秀明, 下村 伊一郎 :
1型糖尿病におけるIMT進展に関連する因子の検討,
第55回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月.
301.上野 裕子, 堀筋 富士子, 森岡 隆子, 鶴尾 美穂, 湯浅 智之, 木戸 里佳, 吉田 守美子, 木内 美瑞穂, 近藤 剛史, 近藤 絵里, 笠松 哲司, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 :
サイトローテーションシート(SLS)を使用したインスリン自己注射の指導,
第55回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月.
302.秋田 賢子, 鶴尾 美穂, 木戸 里佳, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 木内 美瑞穂, 近藤 剛史, 笠松 哲司, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺澤 敏秀 :
カーボカウントを導入した高齢1型糖尿病の3例,
第55回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月.
303.山口 美輪, 小谷 裕美子, 松村 晃子, 横田 一郎, 香美 祥二, 有澤 孝吉, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
学校給食の副食糖質量の検討,
第55回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月.
304.黒田 暁生, 宮下 和幸, 川嶋 聡, 安田 哲行, 松岡 孝昭, 金藤 秀明, 山﨑 義光, 下村 伊一郎, 松久 宗英 :
内因性インスリン分泌能残存と糖尿病合併症進展の関連についての検討,
第55回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月.
305.黒田 暁生, 松久 宗英 :
カーボカウント活用∼医師の立場から∼,
第55回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2012年5月.
306.大黒 由加里, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 片岡 菜奈子, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
摂食障害による著明な低K血症を呈した視床下部性ACTH分泌低下症の1例,
第85回 日本内分泌学会学術総会, 2012年4月.
307.松久 宗英 :
病態に基づいた2型糖尿病のありかた,
第85回日本内分泌学会学術総会, 2012年4月.
308.吉田 守美子, 粟飯原 賢一, 近藤 絵里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 片岡 菜奈子, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
糖尿病はHDLコレステロールによる血管内皮機改善効果を減弱させる,
第85回 日本内分泌学会学術総会, 2012年4月.
309.粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 近藤 剛史, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 片岡 菜奈子, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
ヘパリンコファクターⅡは耐糖能制御因子である,
第85回 日本内分泌学会学術総会, 2012年4月.
310.吉田 守美子, 藤中 雄一, 粟飯原 賢一, 鈴木 麗子, 木内 美瑞穂, 近藤 絵里, 安藝 菜奈子, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
当院検診受診者における耐糖能異常の特徴,
第109回日本内科学会総会・講演会, 2012年4月.
311.立花 綾香, 田岡 志保, 荻野 寛隆, 高橋 真美子, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 福森 智治, 松本 俊夫 :
低血圧で推移したvon Hippel-Lindau 病・褐色細胞腫の1手術例,
第21回臨床内分泌代謝Update in Hamamatsu, 2012年1月.
312.田岡 志保, 立花 綾香, 荻野 寛隆, 高橋 真美子, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 片岡 菜奈子, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
周術期血糖管理にリラグルチドが有用であった2型糖尿病患者の2例,
第21回臨床内分泌代謝Update in Hamamatsu, 2012年1月.
313.山口 美輪, 小谷 裕美子, 黒田 暁生, 横田 一郎, 松久 宗英, 有澤 孝吉, 香美 祥二 :
徳島市学校給食の副食糖質量の検討,
第15回日本病態栄養学会年次学術集会, 2012年1月.
314.山口 美輪, 松村 晃子, 小谷 裕美子, 黒田 暁生, 横田 一郎, 松久 宗英, 有澤 孝吉, 香美 祥二 :
外来栄養指導でカーボカウントの継続が見られた例,
第15回日本病態栄養学会年次学術集会, 2012年1月.
315.片島 るみ, 佐藤 千穂, 丸笹 美津子, 明石 晃代, 高井 繁美, 宮本 登志子, 山上 真樹子, 松久 宗英, 北畑 洋, 武田 英二, 金山 博臣, 楊河 宏章 :
徳島大学病院における臨床研究推進体制構築の試み,
第32回日本臨床薬理学会年会, 2011年12月.
316.黒田 暁生, 新居 沙央理, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松本 友里, 片岡 菜奈子, 松本 俊夫, 松久 宗英 :
新たなインスリンポンプParadigm722によってカーボカウントのみで血糖管理が可能となった1症例,
第11回 日本先進糖尿病治療研究会, 2011年11月.
317.木戸 里佳, 鶴尾 美穂, 黒田 暁生, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 瀬尾 浩二, 笠松 哲司, 松本 俊夫, 松久 宗英, 寺沢 敏秀 :
カーボカウント併用CS11療法が有効であった高齢発症1型糖尿病症例,
日本糖尿病学会 中国四国地方会第49回総会, 2011年11月.
318.新居 沙央里, 黒田 暁生, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松本 友里, 片岡 菜奈子, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
新たなインスリンポンプParadigm722によりカーボカウントのみで血糖管理が可能となった1例,
日本糖尿病学会 中国四国地方会第49回総会, 2011年11月.
319.山口 美輪, 小谷 裕美子, 横田 一郎, 黒田 暁生, 松久 宗英, 有澤 孝吉, 香美 祥二 :
学校給食の副食糖質量の検討,
日本糖尿病学会 中国四国地方会第49回総会, 2011年11月.
320.堀筋 富士子, 森岡 隆子, 片田 英子, 鶴尾 美穂, 木戸 里佳, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺沢 敏秀 :
サイトローテーションシート(SLS)を使用したインスリン自己注射の指導,
日本糖尿病学会 中国四国地方会第49回総会, 2011年11月.
321.秋田 賢子, 木戸 里佳, 鶴尾 美穂, 吉田 守美子, 木内 美瑞穂, 湯浅 智之, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫, 寺沢 敏秀 :
カーボカウントを導入した高齢1型糖尿病の3例,
日本糖尿病学会 中国四国地方会第49回総会, 2011年11月.
322.木内 美瑞穂, 粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 鈴木 麗子, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
内臓脂肪肥満とアルブミン尿の連関に関する検討,
日本糖尿病学会 中国四国地方会第49回総会, 2011年11月.
323.鶴尾 美穂, 寺沢 敏秀, 木戸 里佳, 湯浅 智之, 吉田 守美子, 笠松 哲司, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫, 赤池 雅史 :
粥状動脈硬化病変を呈した糖尿病合併高Lp(a)血症の姉妹例,
日本糖尿病学会 中国四国地方会第49回総会, 2011年11月.
324.鈴木 麗子, 大和 光, 木田 菊恵, 粟飯原 賢一, 遠藤 逸朗, 片岡 菜奈子, 近藤 絵里, 松本 俊夫, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
フットケア外来におけるインスリン皮下硬結の実態調査,
日本糖尿病学会 中国四国地方会第49回総会, 2011年11月.
325.粟飯原 賢一, 藤中 雄一, 鈴木 麗子, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 片岡 菜奈子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
慢性腎臓病と内臓脂肪蓄積病態の連関,
第32回日本肥満学会, 2011年9月.
326.吉田 守美子, 藤中 雄一, 粟飯原 賢一, 鈴木 麗子, 木内 美瑞穂, 近藤 絵里, 片岡 菜奈子, 倉橋 清衛, 遠藤 逸朗, 黒田 暁生, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
メタボリックシンドローム検診受診者における耐糖能異常の検討,
第32回日本肥満学会, 2011年9月.
327.粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 近藤 絵里, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 木内 美瑞穂, 遠藤 逸朗, 松本 俊夫, 片岡 菜奈子, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
慢性腎臓病におけるエイコサペンタエン酸の意義に関する臨床的検討,
第11回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2011年9月.
328.山口 美輪, 小谷 裕美子, 横田 一郎, 黒田 暁生, 松久 宗英, 香美 祥二 :
小児期発症1型糖尿病患者へのカーボカウント教育の試み,
小児思春期糖尿病学会, 2011年7月.
329.松久 宗英 :
IMTを活用した糖尿病大血管症のリスク評価とバイオマーカの探索,
第54回日本糖尿病学会年次学術集会, 2011年5月.
330.松久 宗英 :
グリコアルブミンの新展開,
第54回日本糖尿病学会年次学術集会, 2011年5月.
331.木戸 里佳, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 湯浅 智之, 瀬尾 浩二, 笠松 哲司, 松本 俊夫, 松久 宗英, 鶴尾 美穂, 寺沢 敏秀 :
カーボカウント併用CSⅡ療法が用効であった高齢発症1型糖尿病の2症例,
第54回日本糖尿病学会年次学術集会, 2011年5月.
332.森岡 隆子, 上野 裕子, 堀筋 富士子, 澤井 敏子, 藤島 周子, 奥村 滋子, 伊澤 真弓, 片田 英子, 秋田 賢子, 木戸 里佳, 吉田 守美子, 木内 美瑞穂, 笠松 哲司, 湯浅 智之, 鶴尾 美穂, 寺沢 敏秀, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
インスリン治療を行っている高齢糖尿病患者の療養指導について,
第54回日本糖尿病学会年次学術集会, 2011年5月.
333.片上 直人, 金藤 秀明, 松岡 孝昭, 高原 充佳, 今村 憲市, 石橋 不可止, 神田 勤, 川井 紘一, 遅野井 健, 柏木 厚典, 河盛 隆造, 松久 宗英, 山崎 義光, 下村 伊一郎 :
酸化ストレスに関連する遺伝子多型の集積は心筋梗塞に関連する,
第54回日本糖尿病学会年次学術集会, 2011年5月.
334.坂本 扶美枝, 片上 直人, 高原 充佳, 黒田 暁生, 安田 哲行, 松岡 孝昭, 松久 宗英, 金藤 秀明, 下村 伊一郎 :
若年1型糖尿病におけるYKL-40測定の有用性についての検討,
第54回糖尿病学会年次学術集会, 2011年5月.
335.黒田 暁生, 松久 宗英 :
1型糖尿病以外の糖尿病とカーボカウント,
第54回日本糖尿病学会年次学術集会, 2011年5月.
336.吉田 守美子, 大政 暁, 粟飯原 賢一, 倉橋 清衛, 近藤 剛史, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
強化インスリン療法からGLP-1アナログ製剤少量投与に変更し,良好な血糖コントロールが得られた1例,
第104回日本内科学会四国地方会, 2011年5月.
337.津川 愛, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
DPP-4阻害薬シタグリプチンの臨床効果の特徴に関する検討,
第84回日本内分泌学会学術総会, 2011年4月.
338.藤中 雄一, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
トリロスタン投与により内分泌学的な寛解状態が得られた異所性ACTH症候群一例,
第84回日本内分泌学会学術総会, 2011年4月.
339.松久 宗英 :
糖尿病の病態探索,
第84回日本内分泌学会学術総会 モーニングセッション, 2011年4月.
340.門田 宗之, 藤中 雄一, 廣野 友理, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 吉田 守美子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松久 宗英, 松本 俊夫 :
低ナトリウム血症で発症したトルコ鞍部腫瘍の一例,
第20回臨床内分泌代謝Update, 2011年1月.
341.安積 麻衣, 粟飯原 賢一, 吉田 守美子, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 藤中 雄一, 松本 俊夫, 松久 宗英 :
2型糖尿病患者の左室拡張障害に対する強化インスリン療法の効果,
第10回日本内分泌学会四国支部学術集会, 2010年9月.
342.松久 宗英 :
病態に基づく糖尿病治療,
第10回 日本内分泌学会四国支部学術集会, 2010年9月.
343.高原 充佳, 飯田 修, 五郎川 伸一, 池田 雅彦, 久保田 稔, 金藤 秀明, 松久 宗英, 下村 伊一郎 :
糖尿病を有する重症虚血肢患者における予後規定因子の検討,
第53回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2010年5月.
344.片上 直人, 金藤 秀明, 松岡 孝昭, 高原 充佳, 清水 一紀, 大野 敬三, 石橋 不可止, 遅野井 健, 柏木 厚典, 河盛 隆造, 下村 伊一郎, 松久 宗英, 山崎 義光 :
プラークの破綻・凝固線溶系に関連する遺伝子多型の集積は脳梗塞に関連する,
第53回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2010年5月.
345.川嶋 聡, 松岡 孝昭, 金藤 秀明, 加藤 研, 山本 かをる, 嵩 龍一, 栩野 義博, 松久 宗英, 下村 伊一郎 :
糖尿病治療薬の膵β細胞与える効果の検討,
第53回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2010年5月.
346.沖田 考平, 岩橋 博見, 岡内 幸義, 小澤 純二, 米田 祥, 芳川 篤志, 山岡 正弥, 樫根 晋, 中川 靖彦, 北村 哲宏, 福井 健司, 岸田 堅, 大月 道夫, 松久 宗英, 山縣 和也, 船橋 徹, 今川 彰久, 下村 伊一郎 :
インスリン治療中の2型糖尿病患者におけるインスリン感受性;インスリン負荷試験の有用性について,
第53回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2010年5月.
347.松岡 孝昭, 金藤 秀明, 川嶋 聡, 山本 かをる, 加藤 研, 山本 恒彦, 吉内 和富, 宮埼 純一, 松久 宗英, 下村 伊一郎 :
膵β細胞機能維持におけるMafAの重要性,
第53回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2010年5月.
348.山本 かをる, 松岡 孝昭, 金藤 秀明, 嵩 龍一, 川嶋 聡, 吉内 和富, 片上 直人, 山本 恒彦, 松久 宗英, 下村 伊一郎 :
MafAの転写活性に影響を与える因子の検討,
第53回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2010年5月.

その他・研究会:

1.松久 宗英 :
変貌する糖尿病病態の概念とその対策,
第10回クッキーテスト研究会,
2.松久 宗英 :
測ることからはじめる 糖尿病の予防と治療,
HbA1c認知向上運動での講演,
3.安井 沙耶, 桝田 志保, 吉田 守美子, 辻本 賀美, 工藤 千晶, 遠藤 ふうり, 三井 由加里, 倉橋 清衛, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 船木 真理, 松久 宗英, 安倍 正博, 福本 誠二 :
成長ホルモン分泌不全症と甲状腺機能低下症を呈した小児がん経験者の一例,
第259回 徳島医学会学術集会(令和元年度夏期), 2019年8月.
4.宮高 紘輔, 遠藤 ふうり, 三井 由加里, 桝田 志保, 倉橋 清衛, 吉田 守美子, 黒田 暁生, 明比 祐子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 福本 誠二, 松久 宗英 :
抗PD-1抗体投与後に1型糖尿病を発症した1例,
第258回徳島医学会学術集会, 2019年2月.
5.Hiroyasu Mori, Akio Kuroda, Michiko Araki, Reiko Suzuki, Mami Ohishi, Satoshi Taniguchi, Motoyuki Tamaki, Yuko Akehi, Hiroshi Sakaue, Kiyoe Kurahashi, Takeshi Kondo, Sumiko Yoshida, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Makoto Funaki and Munehide Matsuhisa :
Advanced glycation end-products are a risk for muscle weakness in patients with type2 diabetes.,
American Diabetes Association 78th Scientific Sessions, Jun. 2017.
6.Akio Kuroda, Satoshi Taniguchi, Akehi Yuko, Hiroyasu Mori, Motoyuki Tamaki, Suzuki Reiko, Hwa In and Munehide Matsuhisa :
The comparison of glucose readings of continuous glucose monitoring and bedside artificial pancreas during glucose clamp study,
American Diabetes Association 76th Scientific Sessions, Jun. 2016.
7.Akio Kuroda, Satoshi Taniguchi, Akehi Yuko, Hiroyasu Mori, Motoyuki Tamaki, Suzuki Reiko, Hwa In and Munehide Matsuhisa :
The comparison of glucose readings of continuous glucose monitoring and bedside artificial pancreas during glucose clamp study,
Advanced Technologiies & Treatments for Diabetes, Feb. 2016.
8.松久 宗英 :
理想の体液と老化した体液,
脳心血管抗加齢研究会 梅田スカイビル, 2015年11月.
9.松久 宗英 :
知ることから始まるアンチエイジング医療,
日本抗加齢医学会専門医・指導士認定委員会講習会 大阪カレッジキャピタルコングレコンベンションセンター, 2015年11月.
10.松久 宗英 :
CGMiPRO2と人工膵臓STG-55との測定グルコース濃度の比較,
第15回日本先進糖尿病治療研究会 メルパルク京都, 2015年11月.
11.Munehide Matsuhisa, M. Koyama, X. Cheng, M. Sumi, T. Hirose and groups JP 1 study EDITION :
Sustained glycaemic control and less nocturnal hypoglycaemia with new insulin glargine 300 U/mL versus glargine 100 U/mL over 1 year in Japanese people with T1DM,
第51回欧州糖尿病学会 口演, Sep. 2015.
12.松久 宗英 :
糖尿病の病態理解の深化と治療の進歩,
第45回中国四国大学保健管理研究集会 徳島大学大塚講堂, 2015年8月.
13.Akio Kuroda, Tenma Jin, Horie Toru, Hiroyasu Mori, Motoyuki Tamaki, Ken-ichi Aihara and Munehide Matsuhisa :
Non-invasive measurement of skin autofluorescence as a beneficial surrogate marker for atherosclerosis in patients with type 2 diabetes.,
第75回アメリカ糖尿病学会ポスター発表, Jun. 2015.
14.Akio Kuroda, 鶴尾 美穂, Takeshi Kondo, 安芸 奈菜子, 大黒 由加里, Itsuro Endo, Ken-ichi Aihara, Motoyuki Tamaki, Toshio Matsumoto and Munehide Matsuhisa :
Comparison of insulin Glargine with Insulin Degludec in Type 1 Diabetes Patients.,
第74回アメリカ糖尿病学会, Jun. 2014.
15.黒田 暁生, 松久 宗英 :
予防から重症合併症の治療,そして先進治療まで院内外で広範なチーム医療を展開する,
DM Trend Journal, Vol.6, No.23, 6-7, 2013年3月.
16.松久 宗英 :
日本糖尿病協会の現状について,
日本糖尿病協会 徳島県支部交流会での講演, 2012年5月.
17.松久 宗英 :
進言 糖尿病対策に待ったなし,
厚生福祉, No.5872, 9, 2012年1月.
18.吉田 守美子, 近藤 絵里, 倉橋 清衛, 木内 美瑞穂, 片岡 菜奈子, 遠藤 逸朗, 粟飯原 賢一, 松本 俊夫, 黒田 暁生, 松久 宗英 :
当科での1型糖尿病に対するインスリンポンプ療法導入経験,
第17回徳島内分泌研究会, 2011年11月.
19.松久 宗英 :
肝臓が悪い時の糖尿病の養生法,
第3回徳島市医師会糖尿病市民フォーラムでの講演, 2011年6月.
20.松久 宗英, 黒田 暁生 :
1型糖尿病診療のUp to Date,
第1回AWA DM.comでの講演, 2011年4月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • インスリン遺伝子特異的なエピジェネティック制御に基づく膵β細胞傷害の定量法の確立 (研究課題/領域番号: 18K07448 )
  • 食事エネルギー密度とARを用いた2型糖尿病患者への遠隔栄養指導創出に関する研究 (研究課題/領域番号: 16K12723 )
  • インスリン遺伝子特異的なエピジェネティック制御に基づく膵β細胞障害の定量法の確立 (研究課題/領域番号: 15K06910 )
  • 糖尿病患者の口腔保健行動への看護支援に向けた簡便なアセスメントシートの作成 (研究課題/領域番号: 26463305 )
  • 再生医療における血管新生に及ぼす血管プレコンディショニング効果の検討 (研究課題/領域番号: 26462360 )
  • 再生医療における血管新生は周術期管理法に影響されるのか?ー高血糖の影響ー (研究課題/領域番号: 23592292 )
  • 膵β細胞ブドウ糖毒性の分子機構および治療法の検討-転写因子PDX-1を中心に- (研究課題/領域番号: 21591135 )
  • 2型糖尿病におけるMafaの重要性の検討 (研究課題/領域番号: 21591133 )
  • 酸化ストレスおよびJNK経路を介した糖尿病発症、進展の分子機構の解析 (研究課題/領域番号: 17390263 )
  • 糖尿病再生医療に向けた類β細胞化の標的となりうる組織幹細胞の同定と解析 (研究課題/領域番号: 15039222 )
  • 研究者番号(60362737)による検索