検索:
徳島大学 > 大学院社会産業理工学研究部 > 理工学域 > 自然科学系 > 物理科学分野 >
徳島大学 > 理工学部 > 理工学科 > 応用理数コース > 物理科学講座 >
徳島大学 > 総合科学部 > 総合理数学科 > 物質総合コース >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1704047 文理に共通する基本的技能としての多面的思考を教育する方法の開発 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

固体物性 (Solid State Physics)

研究テーマ

強相関電子系の物性研究 (超伝導 (superconductivity), 高圧物性, 核磁気共鳴 (NMR))

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Ko-ichi Magishi, Ryo Watanabe, Akihiko Hisada, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, S. Okada, Y. Kamihara, N. Ohkubo, S. Ban and M. Matoba :
NMR study of the layered cobalt oxyphosphide Sr2Sc(Co1-xFex)PO3,
Journal of Physics: Conference Series, Vol.969, No.1, 012068-1-012068-5, 2018.
(DOI: 10.1088/1742-6596/969/1/012068)
2. Akihiko Hisada, Kie Muranaka, Kuniyuki Koyama, Ko-ichi Magishi, Takahito Saito and Makoto Haguwara :
Oxidation and reduction effects of successive superconducting transitions in ultra-fineYBa2Cu4O8 ceramics,
Journal of Physics: Conference Series, Vol.871, 012010-1-012010-4, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112427,   DOI: 10.1088/1742-6596/871/1/012010,   Elsevier: Scopus)
3. 久田 旭彦 :
サイエンスコミュニケーションの3つの軸 関心,知識,信用を軸としたサイエンスコミュニケーションの可視化,
日本サイエンスコミュニケーション協会誌, Vol.4, No.2, 30-37, 2015年.
4. Ko-ichi Magishi, Ryo Watanabe, Akihiko Hisada, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama and Tetsuya Fujiwara :
NMR study of heavy fermion compound EuNi2P2,
Journal of Physics: Conference Series, Vol.592, No.1, 012031-1-012031-6, 2015.
(DOI: 10.1088/1742-6596/592/1/012031,   Elsevier: Scopus)
5. Ko-ichi Magishi, Ryo Watanabe, Akihiko Hisada, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, Takashi Saito, Ryuji Higasinaka, Yuji Aoki and Hideyuki Sato :
Pseudogap Behavior in Fully Filled Skutterudite YbFe4Sb12 Detected by Sb NQR,
Journal of the Physical Society of Japan, Vol.83, No.8, 084712-1-084712-5, 2014.
(DOI: 10.7566/JPSJ.83.084712,   CiNii: 40020158141)
6. Ko-ichi Magishi, Takahiro Kusaka, Akihiko Hisada, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, Hitoshi Sugawara, Yuko Sekihara, Kenya Tanaka, Hidekazu Aoki and Hideyuki Sato :
NMR/NQR Studies of Filled Skutterudite La0.5Co4Sb12,
JPS Conference Proceedings, Vol.3, 011064-1-011064-6, 2014.
7. Mai Yamamoto, Ko-ichi Magishi, Akihiko Hisada, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, Manabu Takusari, Hirotaka Kato and Chihiro Sekine :
NMR Study of Filled Skutterudite Pr0.9Ce0.1Ru4P12,
JPS Conference Proceedings, Vol.3, 011003-1-011003-6, 2014.
(DOI: 10.7566/JPSCP.3.011003)
8. Akihiko Hisada, Kazuyuki Matsubayashi, Yoshiya Uwatoko, Naoki Fujiwara, Guochu Deng, Ekaterina Pomjakushina, Kazimierz Conder, Dinadhayalane Mohan Radheep, Raman Thiyagarajan, Sankaran Esakkimuthu and Sonachalam Arumugam :
Superconductivity on a Crossover Phenomenon of Spin-Ladder System SrCa13Cu24O41 Single Crystals,
Journal of the Physical Society of Japan, Vol.83, 073703, 2014.
(DOI: 10.7566/JPSJ.83.073703,   Elsevier: Scopus)
9. Akihiko Hisada, Naoki Fujiwara, Yoshiya Uwatoko, Hiraku Ogino, Kohji Kishio and Jun-ichi Shimoyama :
Electric property of the iron pnictide oxide superconductor (Fe2As2)(Ca6(Al, Ti)4Oy) under hydrostatic pressure,
Journal of Physics: Conference Series, Vol.391, No.1, 012126-1-012126-4, 2012.
(DOI: 10.1088/1742-6596/391/1/012126,   Elsevier: Scopus)
10. Akihiko Hisada, Naoki Fujiwara, Kenichiro Tatsumi, Touru Yamauchi and Yutaka Ueda :
Nuclear magnetic relaxation in a quasi-one-dimensional conductor β-Ag0.33V2O5,
Journal of Physics: Conference Series, Vol.200, 012061, 2010.
(DOI: 10.1088/1742-6596/200/1/012061,   Elsevier: Scopus)
11. Akihiko Hisada, N. Fujiwara and N. Môri :
Fabrication of a barrel-type modified Bridgman anvil cell,
Journal of Physics: Conference Series, Vol.215, 012179, 2010.
(DOI: 10.1088/1742-6596/215/1/012179,   Elsevier: Scopus)
12. Akihiko Hisada, Naoki FUJIWARA, Touru YAMAUCHI and Yutaka UEDA :
Local Electric Properties of β-Ag0.33V2O5 Studied by 51V NMR,
Journal of the Physical Society of Japan, Vol.78, No.9, 094705, 2009.
(DOI: 10.1143/JPSJ.78.094705,   CiNii: 40016740527,   Elsevier: Scopus)
13. Akihiko Hisada, N. Fujiwara, T. Yamauchi, Y. Ueda, M. Hedo and Y. Uwatoko :
Spin ordering of 3d1 electrons shared within rungs in ladder-type vanadate β-Ag0.33V2O5: Nuclear magnetic resonance and zero-field resonance measurements,
Physical Review B, Condensed Matter and Materials Physics, Vol.78, No.1, 012402, 2008.
(DOI: 10.1103/PhysRevB.78.012402,   Elsevier: Scopus)
14. Naoki Fujiwara, Takehiko Matsumoto, Kazuko Koyama-Nakazawa, Yoshiya Uwatoko, Akihiko Hisada, Yousuke Fujimaki and Shinichi Uchida :
Fabrication of a NiCrAl Pressure Cell and the Application to a Two-Leg Ladder Compound Sr2Ca12Cu24O41,
Journal of Physics: Conference Series, Vol.121, 122004, 2008.
(DOI: 10.1088/1742-6596/121/12/122004,   Elsevier: Scopus)
15. N Fujiwara, K Koyama-Nakazawa, T Matsumoto, Akihiko Hisada and Y Uwatoko :
The effect of pressure on the nuclear quadrupole resonance and ruby fluorescence in a NiCrAl pressure cell,
Journal of Physics: Condensed Matter, Vol.19, No.42, 425203, 2007.
(DOI: 10.1088/0953-8984/19/42/425203,   Elsevier: Scopus)
16. Naoki Fujiwara, Takehiko Matsumoto, Kazuko Koyama-Nakazawa, Akihiko Hisada and Yoshiya Uwatoko :
Fabrication and efficiency evaluation of a hybrid NiCrAl pressure cell up to 4 GPa.,
The Review of Scientific Instruments, Vol.78, No.7, 073905, 2007.
(DOI: 10.1063/1.2757129,   PubMed: 17672771,   Elsevier: Scopus)
17. Akihiko Hisada, N. Fujiwara, T. Yamauchi, Y. Ueda, M. Hedo and Y. Uwatoko :
NMR studies in quasi-1D pressure-induced superconductor β-Ag0.33V2O5,
Journal of Magnetism and Magnetic Materials, Vol.310, No.2, 893-894, 2007.
(DOI: 10.1016/j.jmmm.2006.10.1089,   Elsevier: Scopus)
18. Naoki FUJIWARA, Takehiko MATSUMOTO, Kazuko NAKAZAWA, Akihiko Hisada and Yoshiya UWATOKO :
Pressure Efficiency of a NiCrAl Pressure Cell Measured by NQR and Ruby Fluorescence,
Journal of the Physical Society of Japan, Vol.76, No.Suppl. A, 210-211, 2007.
(DOI: 10.1143/JPSJS.76SA.210,   Elsevier: Scopus)

総説・解説:

1. 伏見 賢一, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 中山 信太郎, 折戸 玲子, 久田 旭彦, 真岸 孝一 :
基礎物理学実験テキスト 総合科学部・医学部医学科・歯学部歯学科,
基礎物理学実験テキスト, 2016年4月.
2. 松林 和幸, 久田 旭彦, 河江 達也, 上床 美也 :
高圧力発生装置の小型化による物性測定環境の拡張,
高圧力の科学と技術, Vol.22, No.3, 206-213, 2012年8月.
(DOI: 10.4131/jshpreview.22.206,   CiNii: 10031044535)
3. 久田 旭彦, 藤原 直樹, 高橋 輝雄 :
擬一次元導体β-Ag0.33V2O5の核磁気共鳴,
京都大学LTMセンター誌, Vol.15, 12-18, 2009年12月.
(CiNii: 40016927482)

国際会議:

1. Ko-ichi Magishi, Ryo Watanabe, Akihiko Hisada, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, S. Okada, Y. Kamihara, N. Ohkubo, S. Ban and M. Matoba :
NMR study of the layered cobalt oxyphosphide Sr2Sc(Co1-xFex)PO3, 28th International Conference on Low Temperature Physics (LT28),
LT28, Gothenburg, Aug. 2017.
2. Akihiko Hisada, Kie Muranaka, Kuniyuki Koyama, Ko-ichi Magishi, Takahito Saito and Makoto Haguwara :
Oxidation and reduction effects of successive superconducting transitions in ultra-fineYBa2Cu4O8 ceramics, 29th International Symposium on Superconductivity (ISS2016),
ISS2016, Tokyo, Dec. 2016.
3. Ko-ichi Magishi, Akihiko Hisada, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama and Tetsuya Fujiwara :
NMR study of heavy fermion compound EuNi2P2, The International Conference on Strongly Correlated Electron Systems (SCEC2014),
SCES2014, Grenoble, Jul. 2014.
4. Kuniyuki Koyama, Ryo Nakashima, Akihiko Hisada, Ko-ichi Magishi, Takahito Saito, Tatsuo Shima and Makoto Hagiwara :
Reduction Effects in Fine Ceramics of PrBa2Cu4O8 Mixed with PrBa2Cu3O7-δ , The International Conference on Strongly Correlated Electron Systems (SCEC2013),
SCES2013, Tokyo, Aug. 2013.
5. Ko-ichi Magishi, Takahiro Kusaka, Akihiko Hisada, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, Hitoshi Sugawara, Yuko Sekihara, Kenya Tanaka, Hidekazu Aoki and Hideyuki Sato :
NMR/NQR Studies of Filled Skutterudite La0.5Co4Sb12, The International Conference on Strongly Correlated Electron Systems (SCEC2013),
SCES2013, Tokyo, Aug. 2013.
6. Mai Yamamoto, Ko-ichi Magishi, Akihiko Hisada, Takahito Saito, Kuniyuki Koyama, Manabu Takusari, Hirotaka Kato and Chihiro Sekine :
NMR Study of Filled Skutterudite Pr0.9Ce0.1Ru4P12, The International Conference on Strongly Correlated Electron Systems (SCEC2013),
SCES2013, Tokyo, Aug. 2013.
7. Akihiko Hisada, Naoki Fujiwara, Yoshiya Uwatoko, Hiraku Ogino, Kohji Kishio and Jun-ichi Shimoyama :
Electric property of the iron pnictide oxide superconductor (Fe2As2)(Ca6(Al, Ti)4Oy) under hydrostatic pressure,
SCES2011, Cambridge, Aug. 2011.
8. 久田 旭彦, N Fujiwara, N. Môri :
Fabrication of a barrel-type modified Bridgman anvil cell,
AIRAPT22 International Conference on High Pressure Science and Technology, 東京, 2009年7月.
9. Akihiko Hisada, N. Fujiwara, K. Tatsumi, T. Yamauchi and Y. Ueda :
Nuclear Magnetic Relaxation in a Quasi-one-dimensional Conductor β-Ag0.33V2O5,
The International Conference on Magnetism 2009, Karlsruhe, Germany, Jul. 2009.
10. Akihiko Hisada, N. Fujiwara, T. Yamauchi, Y. Ueda, M. Hedo and Y. Uwatoko :
NMR Studies in Quasi-1D Pressure-Induced Superconductor β-Ag0.33V2O5,
The International Conference on Magnetism 2006, Kyoto, Aug. 2006.

国内講演発表:

1. 加藤 優祈, 浦本 翔吾, 出口 博之, 美藤 正樹, 久田 旭彦, 小山 晋之, 萩原 亮 :
YBa2Cu3O7 セラミクスのグレイン間グラス転移および超伝導転移の磁場依存,
日本物理学会講演概要集, Vol.74, No.1, 2151, 2019年3月.
2. 真岸 孝一, 久田 旭彦, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 石川 義和 :
PrCo2Sn2Zn18のNMR,
日本物理学会講演概要集, Vol.74, No.1, 1983, 2019年3月.
3. 久田 旭彦, 真岸 孝一, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 出口 博之, 萩原 亮 :
超微細セラミックスYBa2Cu4O8のグレイン間超伝導転移の酸化・還元効果,
日本物理学会講演概要集, Vol.73, No.1, 2018年3月.
4. 折口 直輝, 竹内 正俊, 藤原 直樹, 久田 旭彦, 上床 美也 :
一軸圧用加圧セル装置の開発,
日本物理学会講演概要集, Vol.72, No.1, 2126, 2017年3月.
5. 村中 貴恵, 小山 晋之, 久田 旭彦, 真岸 孝一, 齊藤 隆仁, 萩原 亮 :
サイトレイト・パイロリシス法を用いて作成された超微細セラミックス高温超伝導体の酸化・還元効果,
日本物理学会講演概要集, Vol.72, No.1, 2017年3月.
6. 真岸 孝一, 久田 旭彦, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 野坂 洸太, 雷前 伸, 並木 孝洋, 西村 克彦 :
Nd(V,Ti)2Al20のNMR,
日本物理学会講演概要集, 2016年9月.
7. 久田 旭彦, 小山 晋之, 齊藤 隆仁, 真岸 孝一, 藤原 直樹, 上床 美也, G Deng, E Pomjakushina, K Conder, D Mohan Radheep, R Thiyagarajan, S Esakkimuthu, S Arumugam :
高圧下NMRによる 梯子格子銅酸化物Sr1.4Ca12.6Cu24O41の圧力誘起超伝導の研究,
日本物理学会講演概要集, Vol.71, No.1, 2016年9月.
8. 村中 貴恵, 小山 晋之, 久田 旭彦, 真岸 孝一, 齊藤 隆仁, 萩原 亮 :
酸素量の変化しない超微細セラミックスYBa2Cu4O8単相試料の二段階転移の酸化・還元効果,
日本物理学会講演概要集, 2016年9月.
9. 久田 旭彦 :
高ドープ領域の梯子格子銅酸化物の圧力誘起超伝導,
2016年度 応用物理・物理系学会中国四国支部 合同学術講演会, 9, 2016年7月.
10. 齋藤 あゆみ, 塩見 太嘉良, 日達 涼太, 久田 旭彦, 真岸 孝一, 齊藤 隆仁, 小山 晋之 :
Fe-Se二元系の合成及びその輸送特性,
2016年度 応用物理・物理系学会中国四国支部 合同学術講演会, 2016年7月.
11. 村中 貴恵, 浜崎 寛子, 中島 弘貴, 小山 晋之, 久田 旭彦, 真岸 孝一, 齊藤 隆仁, 萩原 亮 :
酸素量の変化しない超微細セラミックスYBa2Cu4O8単相試料の二段階転移,
2016年度 応用物理・物理系学会中国四国支部 合同学術講演会, 2016年7月.
12. 久田 旭彦, 小山 晋之, 齊藤 隆仁, 真岸 孝一, 藤原 直樹, 松林 和幸, 上床 美也, G Deng, E Pomjakushina, K Conder, D Mohan Radheep, R Thiyagarajan, S Esakkimuthu, S Arumugam :
63Cu-NMRによる 梯子格子銅酸化物Sr1.4Ca12.6Cu24O41の圧力誘起超伝導の研究,
日本物理学会講演概要集, Vol.71, No.1, 2016年3月.
13. 渡邊 凌, 真岸 孝一, 久田 旭彦, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 岡田 悟志, 神原 陽一, 大久保 尚紀, 伴 周一, 的場 正憲 :
Sr2Sc(Co1-xFex)PO3のNMR Ⅱ,
日本物理学会講演概要集, Vol.71, No.1, 2016年3月.
14. 村中 貴恵, 小山 晋之, 久田 旭彦, 真岸 孝一, 齊藤 隆仁, 島 龍夫, 萩原 亮 :
PrBa2Cu4O8セラミックスにおける非線形電気伝導の磁場依存性,
日本物理学会講演概要集, Vol.70, No.2, 2116, 2015年9月.
15. 久田 旭彦, 小山 晋之, 齊藤 隆仁, 真岸 孝一, 藤原 直樹, 松林 和幸, 上床 美也, G Deng, E Pomjakushina, K Conder, D Mohan Radheep, R Thiyagarajan, S Esakkimuthu, S Arumugam :
梯子格子銅酸化物Sr1.4Ca12.6Cu24O41の圧力下NMR,
日本物理学会講演概要集, Vol.70, No.2, 2104, 2015年9月.
16. 渡邊 凌, 真岸 孝一, 久田 旭彦, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 岡田 悟志, 神原 陽一, 大久保 尚紀, 伴 周一, 的場 正憲 :
Sr2Sc(Co1-xFex)PO3のNMR,
日本物理学会講演概要集, Vol.70, No.2, 2150, 2015年9月.
17. 村中 貴恵, 小山 晋之, 久田 旭彦, 真岸 孝一, 齊藤 隆仁, 島 龍夫, 萩原 亮 :
PrBa2Cu4O8セラミックスの磁場下における電気伝導,
2015年度応用物理・物理系学会中国四国支部 合同学術講演会 講演予稿集, 77, 2015年8月.
18. 渡邊 凌, 真岸 孝一, 久田 旭彦, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 岡田 悟志, 神原 陽一, 大久保 尚紀, 伴 周一, 的場 正憲 :
層状化合物Sr2ScCoPO3のNMR,
2015年度応用物理・物理系学会中国四国支部 合同学術講演会 講演予稿集, 78, 2015年8月.
19. 真岸 孝一, 渡邊 凌, 久田 旭彦, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 岡田 悟志, 神原 陽一, 大久保 尚紀, 伴 周一, 的場 正憲 :
遍歴電子強磁性体Sr2ScCoPO3のNMR,
日本物理学会講演概要集, Vol.70, No.1, 2434, 2015年3月.
20. 久田 旭彦, 小山 晋之, 齊藤 隆仁, 真岸 孝一, 程金 光, 松林 和幸, 上床 美也, 藤原 直樹, G Deng, E Pomjakushina, K Conder, D Mohan Radheep, R Thiyagarajan, S Esakkimuthu, S Arumugam :
梯子格子銅酸化物Sr1.4Ca12.6Cu24O41における電気抵抗の異方性と超伝導の圧力効果,
日本物理学会講演概要集, Vol.70, No.1, 2367, 2015年3月.
21. 久田 旭彦 :
ゼロ点補正方式の授業アンケートを用いたコミュニケーション教育の授業改善,
平成26年度 全学FD推進プログラム 大学教育カンファレンス in 徳島, 2014年12月.
22. 松林 和幸, J. -G. Cheng, 久田 旭彦, 長崎 尚子, 上床 美也 :
新型ガスケットを用いたキュービックアンビルセルの改良,
高圧力の科学と技術, Vol.24, 185, 2014年11月.
23. 久田 旭彦, 小山 晋之, 齊藤 隆仁, 真岸 孝一, 程 金光, 松林 和幸, 上床 美也, 藤原 直樹, DENG Guochu, POMJAKUSHINA Ekaterina, CONDER Kazimierz, RADHEEP MOHAN Dinadhayalane, THIYAGARAJAN Raman, ESAKKIMUTHU Sankaran, ARUMUGAM Sonachalam :
梯子格子銅酸化物Sr1.4Ca12.6Cu24O41単結晶の電気抵抗の異方性,
高圧力の科学と技術, Vol.24, 219, 2014年11月.
24. 久田 旭彦 :
科学教室の企画・実施を題材とした導入教育,
2014年第75回応用物理学会秋季学術講演会プログラム, 44, 2014年9月.
25. 久田 旭彦, 小山 晋之, 真岸 孝一, 齊藤 隆仁, 松林 和幸, 上床 美也, 島 龍夫, 萩原 亮 :
PrBa2Cu4O8セラミックスにおける超伝導の圧力効果,
日本物理学会講演概要集, Vol.69, No.2, 424, 2014年9月.
26. 真岸 孝一, 渡邉 凌, 久田 旭彦, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 斉藤 隆志, 東中 隆二, 青木 勇二, 佐藤 英行 :
高圧合成YbFe4Sb12のSb-NQR,
日本物理学会講演概要集, Vol.69, No.2, 374, 2014年9月.
27. 松林 和幸, 山中 里奈, 久田 旭彦, 片山 尚幸, 野原 実, 高木 英典, 上床 美也 :
励起子絶縁体候補物質Ta2NiSe5における圧力誘起超伝導,
日本物理学会講演概要集, Vol.69, No.2, 321, 2014年9月.
28. 真岸 孝一, 山本 真衣, 久田 旭彦, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 田鎖 学, 加藤 弘昴, 関根 ちひろ :
充填スクッテルダイトPr1-xCexRu4P12のNMR測定 II,
日本物理学会講演概要集, 2014年3月.
29. 久田 旭彦, 松林 和幸, 上床 美也, 藤原 直樹, G. Deng, E. Pomjakushina, K. Conder, D. Mohan Radheep, R. Thiyagarajan, S. Esakki Muthu, S. Arumugam :
高ドープ領域(x>12)のSr14-xCaxCu24O41単結晶の圧力温度相図,
日本物理学会講演概要集, Vol.69, No.1, 590, 2014年3月.
30. 久田 旭彦 :
コミュニケーション教育における教育効果の検証方法,
平成25年度 全学FD推進プログラム 大学教育カンファレンス in 徳島, 20-21, 2013年12月.
31. 真岸 孝一, 山本 真衣, 久田 旭彦, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 田鎖 学, 加藤 弘昴, 関根 ちひろ :
充填スクッテルダイトPr1-xCexRu4P12のNMR測定,
日本物理学会講演概要集, Vol.68, No.2, 453, 2013年9月.
32. 久田 旭彦, 大角 龍, 山田 保誠 :
核磁気共鳴法を用いたMg-Y薄膜の水素化特性の研究,
日本物理学会誌, Vol.68, No.765, 74, 2013年9月.
33. 田中 斗志貴, 鈴木 淳一郎, 松林 和幸, 上床 美也, 酒井 明人, 中辻 知, 久田 旭彦, 北川 健太郎, 久保 康則 :
PrV2Al20の圧力制御による四極子秩序の研究,
日本物理学会講演概要集, Vol.68, No.1, 626, 2013年3月.
34. 真岸 孝一, 山本 真衣, 久田 旭彦, 齊藤 隆仁, 小山 晋之, 田鎖 学, 加藤 弘昴, 関根 ちひろ :
充填スクッテルダイト(Pr0.90Ce0.10)Ru4P12のNMR測定,
日本物理学会講演概要集, Vol.68, No.1, 623, 2013年3月.
35. 久田 旭彦, 山田 保誠 :
核磁気共鳴法によるMg系合金薄膜の水素化特性の研究,
日本物理学会誌, Vol.68, No.759, 43, 2013年3月.
36. 久田 旭彦, 松林 和幸, D. Radheen Mohan, R. Thiyagarajan, S. Muthus Esakki, S. Arumugam, K. Conder, D. Guochu, D. Pomjakusbina, 藤原 直樹, 上床 美也 :
25aYH-12 SrCa13Cu24O41単結晶における圧力誘起超伝導とその磁気異方性(25aYH 超伝導物質,領域8(強相関系:高温超伝導,強相関f電子系など)),
日本物理学会講演概要集, Vol.67, No.1, 596, 2012年3月.
(CiNii: 110009567019)
37. 久田 旭彦, 松林 和幸, D. Mohan Radheep, S. Esakki Muthu, R. Thiyagarajan, Sonachalam Arumugam, Guochu Deng, Ekaterina Pomjakushina, Kazimierz Conder, 藤原 直樹, 上床 美也 :
梯子格子銅酸化物SrCa13Cu24O41単結晶試料の高圧下電気抵抗測定,
第52回高圧討論会講演要旨集 高圧力の科学と技術, Vol.21, No.2011, 227, 2011年11月.
38. 久田 旭彦, 藤原 直樹, 上床 美也, 荻野 拓, 岸尾 光二, 下山 淳一 :
21aGM-11 鉄ニクタイド超伝導体(Fe2As2)(Ca6(Al,Ti)4Oy)の圧力効果(2)(21aGM 鉄砒素系(新規物質),領域8(強相関系:高温超伝導,強相関f電子系など)),
日本物理学会講演概要集, Vol.66, No.2, 468, 2011年8月.
(CiNii: 110008758965)
39. 久田 旭彦, 松林 和幸, Mohan D. Radheep, R. Thiyagarajan, Esakki S. Muthu, S. Arumugam, G. Deng, E. Pomjakushina, K. Conder, 藤原 直樹, 上床 美也 :
22aPS-30 梯子格子系物質Sr1Ca13Cu24O41の電気抵抗の圧力効果(22aPS 領域8ポスターセッション(低温1(遷移金属酸化物・超伝導など)),領域8(強相関系:高温超伝導,強相関f電子系など)),
日本物理学会講演概要集, Vol.66, No.2, 516, 2011年8月.
(CiNii: 110008759133)
40. 久田 旭彦, 平山 貴士, 宗像 孝司, 松林 和幸, 上床 美也, 藤原 哲也, 繁岡 透, 鍵 裕之 :
パームキュービックアンビル高圧装置を用いた希土類金属間化合物の圧力効果の研究,
希土類 = Rare earths, No.58, 200-201, 2011年5月.
(CiNii: 10028249738)
41. 久田 旭彦, 平山 貴士, 宗像 孝司, 松林 和幸, 藤原 哲也, 上床 美也, 鍵 裕之 :
25aPS-124 Palm Cubic Anvil圧力発生装置の開発とCe系圧力誘起超伝導体の圧力効果(25aPS 領域8ポスターセッション(磁性(f電子系)1),領域8(強相関系:高温超伝導,強相関f電子系など)),
日本物理学会講演概要集, Vol.66, No.1, 543, 2011年3月.
(CiNii: 110008714201)
42. 久田 旭彦, 藤原 直樹, 上床 美也, 荻野 拓, 岸尾 光二, 下山 淳一 :
26pEJ-12 鉄ニクタイド超伝導体(Fe2As2)(Ca6(Al, Ti)4Oy)の圧力効果(26pEJ 鉄砒素系(企画講演・111系・その他),領域8(強相関係:高温超伝導,強相関f電子系など)),
日本物理学会講演概要集, Vol.66, No.1, 614, 2011年3月.
(CiNii: 110008714470)
43. 久田 旭彦, 平山 貴士, 宗像 孝司, 松林 和幸, 藤原 哲也, 上床 美也, 鍵 裕之 :
Palm Cubic Anvil圧力装置を用いた低温高圧物性測定Ⅱ,
第51回高圧討論会講演要旨集 高圧力の科学と技術, Vol.20, No.2010, 56, 2010年10月.
44. 久田 旭彦, 宗像 孝司, 松林 和幸, 藤原 哲也, 上床 美也, 鍵 裕之 :
23pPSB-50 Palm Cubic Anvil圧力発生装置の開発(6)(23pPSB 領域8ポスターセッション(f電子系等),領域8(強相関系:高温超伝導,強相関f電子系など)),
日本物理学会講演概要集, Vol.65, No.2, 539, 2010年8月.
(CiNii: 110008098496)
45. 久田 旭彦, 中野 達也, 藤原 直樹, 毛利 信男, 山内 徹, 上田 寛 :
小型ブリッジマンアンビル装置を用いた高圧下NMR/NQR,
日本物理学会誌, Vol.64, No.709, 97, 2009年9月.
46. 久田 旭彦, 藤原 直樹 :
28aPS-140 8GPa級NMR用小型ブリッジマンアンビル装置の開発(28aPS 領域3ポスターセッション(スピントロニクス・フラストレーション系・実験技術),領域3(磁性,磁気共鳴)),
日本物理学会講演概要集, Vol.64, No.1, 489, 2009年3月.
(CiNii: 110007371505)
47. 久田 旭彦, 藤原 直樹, 山内 徹, 上田 寛, 辺土 正人, 上床 美也 :
24aPS-67 擬一次元圧力誘起超伝導体β-Ag0.33V2O5の高圧下NMR(24aPS ポスターセッション(低温),領域8(強相関係:高温超伝導,強相関f電子系など)),
日本物理学会講演概要集, Vol.63, No.1, 586, 2008年2月.
(CiNii: 110007195256)
48. 久田 旭彦, 藤原 直樹, 山内 徹, 上田 寛, 辺土 正人, 上床 美也 :
21aWH-3 擬一次元圧力誘起超伝導体β-Ag0.33V2O5の核磁気共鳴測定による磁気構造解析(V酸化物,高圧,領域8,強相関系:高温超伝導,強相関f電子系など),
日本物理学会講演概要集, Vol.62, No.2, 511, 2007年8月.
(CiNii: 110007141171)
49. 久田 旭彦, 藤原 直樹, 山内 徹, 上田 寛, 辺土 正人, 上床 美也 :
23pZR-8 擬一次元圧力誘起超伝導体β-AgV6O15の圧力下NMR(23pZR V系,領域8(強相関系:高温超伝導,強相関f電子系など)),
日本物理学会講演概要集, Vol.61, No.2, 403, 2006年8月.
(CiNii: 110007182844)
50. 久田 旭彦, 藤原 直樹, 山内 徹, 上田 寛, 辺土 正人, 上床 美也 :
30pUE-1 擬一次元圧力誘起超伝導体β-Ag0.33V2O5の常圧でのNMR(30pUE 遷移金属化合物,領域8(強相関系:高温超伝導,強相関f電子系など)),
日本物理学会講演概要集, Vol.61, No.1, 655, 2006年3月.
(CiNii: 110007177987)

その他・研究会:

1. 久田 旭彦 :
第11回理学系大学教育に関する研究フォーラム,
ICT機器を活用した物理実験授業の開発, 2018年11月.
2. 久田 旭彦 :
徳島大学社会産業理工学研究交流会2018,
超微細セラミックス高温超伝導体の酸化・還元効果, 2018年9月.
3. 久田 旭彦, 藤原 直樹, 山内 徹, 上田 寛, 辺土 正人, 上床 美也 :
擬一次元圧力誘起超伝導体β-Ag0.33V2O5のNMR及び7GPa級高圧核磁気共鳴法開発,
基盤研究A「極低温・超高圧発生装置の開発と強相関物質における精密物性測定の研究」短期研究会「多重極限下物性測定の現状」, 2008年3月.
4. 久田 旭彦, 藤原 直樹, 山内 徹, 上田 寛, 辺土 正人, 上床 美也 :
梯子(Trellis)格子酸化物β-Ag0.33V2O5のNMR,
特定領域「フラストレーションが創る新しい物性」第1回トピカルミーティング, 2008年1月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)