検索:
徳島大学 > 大学院社会産業理工学研究部 > 生物資源産業学域 > 生物生産系 > 生物資源生産科学分野 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 2004015 高大連携による県内希少植物イシマササユリの香気成分の解析および研究開発の推進 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (重点) > 1802002 食用コオロギの機能性検証と生産システムの社会実装 >
徳島大学 > 研究クラスター群 > 研究クラスター群 (登録) > 1803011 徳島県における新規侵入害虫の効果的な防除法の開発および簡便・確実な新規総合的害虫管理システムの構築 >
徳島大学 > バイオイノベーション研究所 >
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

著書:

1. Takahito Watanabe, Sumihare Noji and Taro Mito :
GeneKnockout by Targeted Mutagenesis in a Hemimetabolous Insect, the Two-Spotted Cricket Gryllus bimaculatus, using TALENs. In TALENs: Methods and Protocols (Ralf Kuhn et al. eds.),
Springer, New York, 2016.
(DOI: 10.1007/978-1-4939-2932-0_12)
2. 渡辺 崇人, 松岡 佑児, 野地 澄晴, 三戸 太郎 :
進化するゲノム編集技術(真下知士, 城石俊彦監修)第2編第2章第4節 フタホシコオロギにおけるゲノム編集,
エヌ・ティー・エス, 2015年1月.
3. 渡辺 崇人, 三戸 太郎, 大内 淑代, 野地 澄晴 :
第10章 コオロギにおけるZFN,TALEN,CRISPR/Cas9を用いた遺伝子改変,
羊土社, 2014年4月.

学術論文(審査論文):

1. Aya Nakai, Akihito Tanaka, Hitoshi Yoshihara, Koji Murai, Takahito Watanabe and Katsuyuki Miyawaki :
Blue LED light promotes indican accumulation and flowering in indigo plant, Polygonum tinctorium,
Industrial Crops and Products, Vol.155, 112774, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114990,   DOI: 10.1016/j.indcrop.2020.112774,   Elsevier: Scopus)
2. Yoshiyasu Ishimaru, Sayuri Tomonari, Takahito Watanabe, Sumihare Noji and Taro Mito :
Regulatory mechanisms underlying the specification of the pupal-homologous stage in a hemimetabolous insect,
Philosophical Transactions of the Royal Society of London. Series B, Biological Sciences, Vol.374, No.1783, 20190225, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113697,   DOI: 10.1098/rstb.2019.0225,   PubMed: 31438810)
3. Kamenura Norio, Mayumi Sugimoto, Tamehiro Norimasa, Adachi Reiko, Sayuri Tomonari, Takahito Watanabe and Taro Mito :
Cross-allergenicity of crustacean and the edible insect Gryllus bimaculatus in patients with shrimp allergy,
Molecular Immunology, Vol.106, 127-134, 2019.
(DOI: 10.1016/j.molimm.2018.12.015,   PubMed: 30597474)
4. Risa Ueta, Chihiro Abe, Ryosuke Ishihara, Takahito Watanabe, Sigeo Sugano, Hiroshi Ezura, Yuriko Osakabe and Keishi Osakabe :
Rapid breeding of parthenocarpic tomato plants using CRISPR/Cas9.,
Scientific Reports, Vol.7, 507, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 110164,   DOI: 10.1038/s41598-017-00501-4,   PubMed: 28360425,   Elsevier: Scopus)
5. Yuriko Osakabe, Takahito Watanabe, SS Sugano, R Ueta, R Ishihara, K Shinozaki and Keishi Osakabe :
Optimization of CRISPR/Cas9 genome editing to modify abiotic stress responses in plants.,
Scientific Reports, Vol.6, 26685, 2016.
(徳島大学機関リポジトリ: 110151,   DOI: 10.1038/srep26685,   PubMed: 27226176,   Elsevier: Scopus)
6. Yoshiyasu Ishimaru, Sayuri Tomonari, Yuji Matsuoka, Takahito Watanabe, Katsuyuki Miyawaki, Tetsuya Bando, Kenji Tomioka, Hideyo Ohuchi, Sumihare Noji and Taro Mito :
TGF-β signaling in insects regulates metamorphosis via juvenile hormone biosynthesis.,
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol.113, No.20, 5634-5639, 2016.
(DOI: 10.1073/pnas.1600612113,   PubMed: 27140602,   Elsevier: Scopus)
7. Hiroko Awata, Takahito Watanabe, Yoshitaka Hamanaka, Taro Mito, Sumihare Noji and Makoto Mizunami :
Knockout crickets for the study of learning and memory: Dopamine receptor Dop1 mediates aversive but not appetitive reinforcement in crickets,
Scientific Reports, Vol.5, 15885, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 114966,   DOI: 10.1038/srep15885,   PubMed: 26521965)
8. Yuji Matsuoka, Tetsuya Bando, Takahito Watanabe, Yoshiyasu Ishimaru, Sumihare Noji, Aleksandar Popadic and Taro Mito :
Short germ insects utilize both the ancestral and derived mode of Polycomb group-mediated epigenetic silencing of Hox genes.,
Biology Open, Vol.4, No.6, 702-709, 2015.
(徳島大学機関リポジトリ: 114742,   DOI: 10.1242/bio.201411064,   PubMed: 25948756)
9. Takahito Watanabe, Sumihare Noji and Taro Mito :
Gene knockout by targeted mutagenesis in a hemimetabolous insect, the two-spotted cricket Gryllus bimaculatus, using TALENs.,
Methods, Vol.69, No.1, 17-21, 2014.
(DOI: 10.1016/j.ymeth.2014.05.006,   PubMed: 24874787,   Elsevier: Scopus)

国際会議:

1. Yuriko Osakabe, Kira Nozomu, Ueta Risa, Sakamoto Hideki, Takahito Watanabe, Takayanagi Eiko, Hara Chihiro, Hashimoto Ryosuke, Kohji Yamada and Keishi Osakabe :
Development of in planta-regeneration system for plant genome editing,
Frontiers in Genome Engineering 2019, Kobe Convention Center, Nov. 25-27, 2019, Nov. 2019.
2. Risa Ueta, Chihiro Abe, Ryosuke Ishihara, Takahito Watanabe, Sigeo Sugano, Yuriko Osakabe and Keishi Osakabe :
Site-directed mutagenesis of the tomato IAA9 gene by using the CRISPR/Cas9 system,
Latest Advances in Plant Development and Environmental Response 2016, CSH - Asia Meetings, Nov. 2016.
3. Yuriko Osakabe, Risa Ueta, Sigeo Sugano, Takahito Watanabe, Kazuo Shinozaki and Keishi Osakabe :
Genetic Engineering of Abiotic Stress Response in Plants,
3rd Conference of Cereal Biotechnology and Breeding, Nov. 2015.
4. Matsuoka Yuji, Takahito Watanabe, Sayuri Tomonari, Sumihare Noji and Taro Mito :
Functional analysis of a Hox gene, abdominal-A, using CRISPR/Cas9 system in the cricket Gryllus bimaculatus,
International Tribolium Meeting 2015, Berkeley, USA, Aug. 2015.
5. Takahito Watanabe, Matsuoka Yuji, Sayuri Tomonari, Kurita Chinami, Sumihare Noji and Taro Mito :
Genome editing in the two-spotted cricket, Gryllus bimaculatus, using CRISPR/Cas9 system,
Insect Genetic Technologies Workshop, Manhattan, Kansas, USA, Jun. 2015.
6. Taro Mito, Itoh Takehiko, Morimoto Hiroya, Kajitani Ray, Toyoda Atsushi, Sayuri Tomonari, Fuketa Masao, Takahito Watanabe, Matsuoka Yuji and Sumihare Noji :
Genome sequencing and annotation of the cricket Gryllus bimaculatus, a hemimetabolous insect model,
Ninth Annual Arthropod Genomics Symposium, Manhattan, Kansas, USA, Jun. 2015.
7. Sumihare Noji, Taro Mito, Bando Tetsuya, Nakamura Taro, Takahito Watanabe, Ishimaru Yoshiyasu and Hideyo Ohuchi :
Regeneration of insect legs from stem cells,
Thirteenth International Congress on Invertebrate Reproduction and Development, Detroit, Detroit, MI, USA, Jul. 2014.
8. Takahito Watanabe, Sumihare Noji and Taro Mito :
Targeted genome modifications in the cricket, Gryllus bimaculatus, using CRISPR/Cas9 system,
International Symposium on RNAi and Genome editing methods, Tokushima, Japan, Mar. 2014.
9. Taro Mito, Takahito Watanabe and Sumihare Noji :
Genome modification technology in the cricket Gryllus bimaculatus,
1st Asian Invertebrate Immunity Symposium, Busan, Feb. 2014.
10. Takahito Watanabe, Matsuoka Yuji, Sumihare Noji and Taro Mito :
Targeted genome editing in the cricket, Gryllus bimaculatus, using CRISPR/Cas9 system,
FASEB SRC on Genome Engineering-Cutting-Edge Research and Applications, Nassau, Bahamas, Jan. 2014.
11. Takahito Watanabe, Ochiai Hiroshi, Sakuma Tetsushi, Ishihara Satoshi, Nakamura Taro, Yamamoto Takashi, Sumihare Noji and Taro Mito :
Targeted genome modifications in the cricket, Gryllus bimaculatus,
Conference of Transposition & Genome Engineering 2013, Budapest, Hungary, Sep. 2013.

国内講演発表:

1. 吉良 望, 高柳 栄子, 渡辺 崇人, 坂本 秀樹, 原 千尋, 橋本 諒典, 上田 梨紗, 刑部 祐里子, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 :
トマトゲノム編集のためのin planta-regeneration法の開発,
第37回日本植物細胞分子生物学会大会,京都府立大学, 2019年9月7日-8日, 2019年9月.
2. 吉良 望, 高柳 栄子, 渡辺 崇人, 上田 梨紗, 渡辺 崇人, 原 千尋, 橋本 諒典, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 :
トマトゲノム編集のためのin planta-regeneration法の開発,
日本ゲノム編集学会第4回大会, タワーホール船堀(東京), 2019年6月4日-5日, 2019年6月.
3. Kohei Kawamoto, Mayuko Matsuda, Takahisa Yamashita, Takahito Watanabe, Sayuri Tomonari, Yoshiyasu Ishimaru, Sumihare Noji and Taro Mito :
Precise in-frame integration of a GFP gene using microhomology-mediated knock-in technology in Gryllus bimaculatus,
52nd Annual Meeting of the Japanese Society of Developmental Biologists, May 2019.
4. Takahisa Yamashita, Taro Mito, Yoshiyasu Ishimaru, Takahito Watanabe, Sayuri Tomonari, Kohei Kawamoto and Mayuko Matuda :
Generation of an enhancer-trap strain of the scalloped gene in the cricket Gryllus bimaculatus,
52nd Annual Meeting of the Japanese Society of Developmental Biologists, May 2019.
5. Yuki Nakamura, Sayuri Tomonari, Kohei Kawamoto, Takahito Watanabe, Yoshiyasu Ishimaru, Sumihare Noji and Taro Mito :
Resolving the correlation between phenotype and genotype in a segmentation gene even-skipped in the cricket Gryllus bimaculatus,
52nd Annual Meeting of the Japanese Society of Developmental Biologists, May 2019.
6. 吉良 望, 上田 梨紗, 渡辺 崇人, 高柳 栄子, 坂本 秀樹, 阿部 千尋, 橋本 諒典, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 :
トマトゲノム編集のための in planta-regeneration法の開発,
第60回日本植物生理学会年会, 名古屋大学, 2019年3月13日-15日, 2019年3月.
7. 吉良 望, 高柳 栄子, 坂本 秀樹, 渡辺 崇人, 阿部 千尋, 橋本 諒典, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 :
トマト茎頂組織への新規in planta 遺伝子導入法の開発,
第36回日本植物分子生物学会(金沢)大会, 金沢商工会議所会館, 2018年8月26∼28日, 2018年8月.
8. 吉良 望, 高柳 栄子, 坂本 秀樹, 渡辺 崇人, 阿部 千尋, 橋本 諒典, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 :
トマト茎頂組織への 新規in planta 遺伝子導入法の開発,
日本ゲノム編集学会第3回大会, 広島国際会議場(広島市), 2018年6月16日-20日, 2018年6月.
9. Yu-ki Nakamura, Ko-hei Kawamoto, Sayuri Tomonari, Takahito Watanabe, Yoshiyasu Ishimaru, Taro Mito and Sumihare Noji :
Gene knock-out analysis of a segmentation gene even-skipped in the cricket Gryllus bimaculatus,
Joint Annual Meeting of JSDB 51st and JSCB 70th, Jun. 2018.
10. 吉良 望, 高柳 栄子, 坂本 秀樹, 渡辺 崇人, 阿部 千尋, 橋本 諒典, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 :
トマト種子茎頂組織への 新規in planta 遺伝子導入法の開発,
第59回日本植物生理学会年会, 2018年3月.
11. 上村 菜月, 友成 さゆり, 渡辺 崇人, 松岡 佑児, 石丸 善康, 野地 澄晴, 三戸 太郎 :
遺伝子ノックイン技術の応用によるレポーターコオロギ系統の作製,
第88回 日本動物学会, 2017年9月.
12. 上田 梨紗, 阿部 千尋, 橋本 諒典, 渡辺 崇人, 菅野 茂夫, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 :
トマトの機能改変を目指した高効率ゲノム編集技術の確立,
日本ゲノム編集学会 第2回大会, 千里ライフサイエンスセンター, 大阪, 2017年6月.
13. Matsuda Mayuko, Matsuoka Yuji, Yoshiyasu Ishimaru, Sayuri Tomonari, Takahito Watanabe, Sumihare Noji and Taro Mito :
Functional analysis of a Hox gene, abdominal-A, in the cricket Gryllus bimaculatus using a CRISPR/Cas9-mediated gene knock-in system,
Japanese Society of Developmental Biologists, May 2017.
14. Nakamura Yu-Ki, Kawamoto Kohei, Sayuri Tomonari, Matsuda Mayuko, Takahito Watanabe, Yoshiyasu Ishimaru, Uemura Natsuki, Sumihare Noji and Taro Mito :
even-skipped is required for segmentation and elongation of embryos in the cricket Gryllus bimaculatusas revealed by CRISPR/Cas9-based gene knock-out.,
Japanese Society of Developmental Biologists, May 2017.
15. 高井 将光, 渡辺 崇人, 友成 さゆり, 三戸 太郎 :
フタホシコオロギの食用化に向けた生産システムの検討,
第61回日本応用動物昆虫学会大会, 2017年3月.
16. 阿部 千尋, 上田 梨紗, 橋本 諒典, 渡辺 崇人, 菅野 茂夫, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 :
栽培品種トマトAilsa Craigの CRISPR/Cas9システムを用いた新育種技術開発,
第58回日本植物生理学会年会, 2017年3月.
17. Risa Ueta, Chihiro Abe, Ryosuke Ishihara, 渡辺 崇人, 菅野 茂夫, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 :
CRISPR/Cas9による単為結実トマトの迅速な育種技術の確立,
第58回日本植物生理学会年会, 2017年3月.
18. 阿部 千尋, 上田 梨紗, 橋本 諒典, 渡辺 崇人, 菅野 茂夫, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 :
栽培品種トマトAilsa Craigの CRISPR/Cas9システムを用いた新育種技術開発,
日本生物工学会西日本支部第3回講演会, 2016年12月.
19. 上田 梨紗, 阿部 千尋, 橋本 諒典, 渡辺 崇人, 菅野 茂夫, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 :
CRISPR/Cas9によるトマトIAA9遺伝子を標的としたゲノム編集技術の確立,
第3回日本生物工学会西日本支部講演会, 2016年12月.
20. 坂本 秀樹, 渡辺 崇人, 上田 梨紗, 島田 佳南里, 福原 真樹, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 :
電気穿孔を用いた直接導入法およびin planta法による植物ゲノム編集技術の開発,
第39回日本分子生物学会年会, 2016年11月.
21. 上田 梨紗, 阿部 千尋, 石原 諒典, 渡辺 崇人, 菅野 茂夫, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 :
CRISPR/Cas9によるトマトIAA9遺伝子を標的としたゲノム編集技術の確立,
日本植物学会第80回大会, 2016年9月.
22. 刑部 祐里子, 渡辺 崇人, 菅野 茂夫, 上田 梨紗, 石原 諒典, 篠崎 一雄, 刑部 敬史 :
ゲノム編集技術による植物環境応答能の改変,
日本ゲノム編集学会第1回大会, 2016年9月.
23. 阿部 千尋, 上田 梨紗, 石原 諒典, 渡辺 崇人, 菅野 茂夫, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 :
栽培品種トマトAilsa Craigの CRISPR/Cas9システムを用いた新育種技術開発,
日本ゲノム編集学会第1回大会, 2016年9月.
24. 上田 梨紗, 阿部 千尋, 石原 諒典, 渡辺 崇人, 菅野 茂夫, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 :
CRISPR/Cas9によるトマトIAA9遺伝子を標的としたゲノム編集技術の確立,
日本ゲノム編集学会第1回大会, 2016年9月.
25. 川本 晃平, 友成 さゆり, Yuji Matsuoka, 渡辺 崇人, 石丸 善康, 野地 澄晴, 三戸 太郎 :
even-skipped acts principally as a gap gene in the cricket Gryllus bimaculatus as revealed by CRISPR/Cas9-based gene knockout analysis,
JSDB Special Symposium: Frontier of Developmental Biology Hosted by JSDB, 2016年6月.
26. 上田 梨紗, 阿部 千尋, 石原 諒典, 渡辺 崇人, 菅野 茂夫, 宮脇 克行, 野地 澄晴, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 :
高効率 CRISPR/Cas9による SlIAA9 ノックアウトトマトの作出,
第57回日本植物生理学会大会, 2016年3月.
27. 刑部 祐里子, 菅野 茂夫, 渡辺 崇人, 上田 梨紗, 石原 諒典, 篠崎 一雄, 刑部 敬史 :
CRISPR/Cas9によるシロイヌナズ ナ環境ストレス応答性遺伝子のゲ ノム編集,
第57回日本植物生理学会大会, 2016年3月.
28. 上田 梨紗, 石原 諒典, 阿部 千尋, 渡辺 崇人, 菅野 茂夫, 宮脇 克行, 野地 澄晴, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 :
CRISPR/Cas9によるトマトIAA9 遺伝子を標的としたゲノム編集技術の確立,
第38回日本分子生物学会年会, 2015年12月.
29. 友成 さゆり, 川本 晃平, 松岡 佑児, 渡辺 崇人, 石丸 善康, 野地 澄晴, 三戸 太郎 :
CRISPR/Cas9システムを用いた遺伝子ノックアウトによるコオロギ胚発生制御メカニズムの解析,
第38回日本分子生物学会年会, 2015年12月.
30. 松岡 佑児, 渡辺 崇人, 栗田 千波, 友成 さゆり, 野地 澄晴, 三戸 太郎 :
フタホシコオロギにおけるCRISPR/Cas9システムを用いたHox遺伝子abdominal-Aの機能解析,
第48回日本発生生物学会, 2015年6月.
31. 上田 梨紗, 石原 諒典, 渡辺 崇人, 菅野 茂夫, 宮脇 克行, 野地 澄晴, 刑部 祐里子, 刑部 敬史 :
CRISPR/Cas9によるトマトIAA9遺 伝子を標的としたゲノム編集技術の確立,
第56回日本植物生理学会年会, 2015年3月.
32. 松岡 佑児, Tetsuya Bando, 渡辺 崇人, 野地 澄晴, 三戸 太郎 :
Functions of Polycomb group gene in regulation of Hox gene expression in a primitive mode of insect embryogenesis in the cricket Gryllus bimaculatus,
第47回日本発生生物学会, 2014年5月.
33. 渡辺 崇人, Yuji Matsuoka, 三戸 太郎, 野地 澄晴 :
Targeted gene disruption in the cricket, Gryllus bimaculatus, using CRISPR/Cas9 system,
第47回日本発生生物学会, 2014年5月.
34. 平田 翔悟, 上田 梨紗, 渡辺 崇人, 宮脇 克行, 三戸 太郎, 野地 澄晴 :
Transcription Activator-Like Effector NucleasesによるIAA9ノックアウトトマト作製の試み,
第36回日本分子生物学会, 2013年12月.

その他・研究会:

1. 中井 綾, 村井 恒治, 田中 昭人, 近藤 宏, 渡邊 杉菜, 上番増 明子, 渡辺 崇人, 宮脇 克行 :
LED植物工場を活用した藍の生育と二次代謝物質生産の制御,
LED総合フォーラム2019 in徳島, 63-64, 2019年2月.
2. 泰江 章博, ミツイ アカギ シルビア ナオミ, 渡辺 崇人, 佐久間 哲史, 親泊 政一, 山本 卓, 野地 澄晴, 三戸 太郎, 田中 栄二 :
TALEN,CRISPR/Casシステムを用いたマウス1細胞期胚における標的遺伝子破壊,
第3回ゲノム編集研究会, 2013年10月.

特許:

1. 渡辺 崇人, 三戸 太郎, 河合 重和, 村田 康弘, 松本 崇 : 飼育装置, 特願2020-52445 (2020年3月), .
2. 渡辺 崇人, 三戸 太郎 : コオロギの育成装置及び育成方法, 特願2020-019352 (2020年2月), .
3. 三戸 太郎, 渡辺 崇人 : 遺伝子改変不完全変態昆虫の作製方法, 特願2017-196367 (2017年10月), 特開2019-068762 (2019年5月), 特許第JP2019-068762A号 (2019年5月).

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 新規遺伝子改変技術を利用したコオロギの再生芽形成メカニズムの解明 (研究課題/領域番号: 16K21199 )
  • コンディショナルノックアウト技術を用いた不完全変態昆虫の翅形成メカニズムの解明 (研究課題/領域番号: 26870415 )
  • 新規ゲノム改変技術の応用による不完全変態昆虫における形態形成のゲノム基盤解明 (研究課題/領域番号: 26292176 )
  • 研究者番号(30709481)による検索