検索:
徳島大学大学院社会産業理工学研究部理工学域自然科学系物理科学分野
徳島大学理工学部理工学科自然科学コース物理科学講座
徳島大学工学部工学基礎教育センター工学基礎講座
徳島大学先端技術科学教育部知的力学システム工学専攻機械創造システム工学コース生産システム講座
徳島大学研究クラスター群研究クラスター群 (登録)1904006 全固体電池の機械的特性評価手法の開発
(researchmapへのインポート用ファイル) [PDF解説] [researchmapへの自動反映について]

研究活動

個人のホームページ

専門分野

化学物理

研究テーマ

固体核磁気共鳴法の新規な応用と装置開発

著書・論文

学術論文(審査論文):

1. Munehiro Inukai, T. Kurihara, Y. Noda, W. Jiang, K. Takegoshi, N. Ogiwara, H. Kitagawa and Koichi Nakamura :
Probing dynamics of carbon dioxide in a metal-organic framework under high pressure by high-resolution solid-state NMR,
Physical Chemistry Chemical Physics, Vol.22, No.26, 14465-14470, 2020.
(徳島大学機関リポジトリ: 114711,   DOI: 10.1039/d0cp01216e,   PubMed: 32400799)
2. Kazuaki Kisu, Sangryun Kim, Munehiro Inukai, Hiroyuki Oguchi, Shigeyuki Takagi and Shin-ichi Orimo :
Magnesium Borohydride Ammonia Borane as a Magnesium Ionic Conductor,
ACS Applied Energy Materials, Vol.3, No.4, 3174-3179, 2020.
(DOI: 10.1021/acsaem.0c00113)
3. Naoki Ogiwara, Hirokazu Kobayashi, Munehiro Inukai, Yusuke Nishiyama, Patricia Concepción, Fernando Rey and Hiroshi Kitagawa :
Ligand-Functionalization-Controlled Activity of MetalOrganic Framework-Encapsulated Pt Nanocatalyst toward Activation of Water,
Nano Letters, Vol.20, No.1, 426-432, 2020.
(DOI: 10.1021/acs.nanolett.9b04124,   PubMed: 31833371)
4. Munehiro Inukai, Yusuke Nishiyama, Kayako Honjo, Chinmoy Das, Susumu Kitagawa and Satoshi Horike :
Glass-phase coordination polymer displaying proton conductivity and guest-accessible porosity,
Chemical Communications, Vol.55, No.59, 8528-8531, 2019.
(徳島大学機関リポジトリ: 113446,   DOI: 10.1039/c9cc02744k,   PubMed: 31259321,   Elsevier: Scopus)
5. Munehiro Inukai, Masanori Tamura, Satoshi Horike, Masakazu Higuchi, Susumu Kitagawa and Koichi Nakamura :
Storage of CO2 into Porous Coordination Polymer Controlled by Molecular Rotor Dynamics,
Angewandte Chemie International Edition, Vol.57, No.28, 8687-8690, 2018.
(DOI: 10.1002/anie.201805111,   PubMed: 29774644)
6. Munehiro Inukai, Satoshi Horike, Tomoya Itakura, Ryota Shinozaki, Naoki Ogiwara, Daiki Umeyama, Sanjog Nagarkar, Yusuke Nishiyama, Michal Malon, Akari Hayashi, Takashi Ohhara, Ryoji Kiyanagi and Susumu Kitagawa :
Encapsulating Mobile Proton Carriers into Structural Defects in Coordination Polymer Crystals: High Anhydrous Proton Conduction and Fuel Cell Application,
Journal of the American Chemical Society, Vol.138, No.27, 8505-8511, 2016.
(DOI: 10.1021/jacs.6b03625,   PubMed: 27324658)
7. Naoki Ogiwara, Munehiro Inukai, Tomoya Itakura, Satoshi Horike and Susumu Kitagawa :
Fast Conduction of Organic Cations in Metal Sulfate Frameworks,
Chemistry of Materials, Vol.28, No.11, 3968-3975, 2016.
(DOI: 10.1021/acs.chemmater.6b01284)
8. Ritesh Haldar, Munehiro Inukai, Satoshi Horike, Kazuhiro Uemura, Susumu Kitagawa and Kumar Tapas Maji :
113Cd Nuclear Magnetic Resonance as a Probe of Structural Dynamics in a Flexible Porous Framework Showing Selective O2/N2 and CO2/N2 Adsorption,
Inorganic Chemistry, Vol.55, No.9, 4166-4172, 2016.
(DOI: 10.1021/acs.inorgchem.5b02873)
9. T. Itakura, S. Horike, Munehiro Inukai and S. Kitagawa :
Freeze-drying synthesis of an amorphous Zn2+ complex and its transformation to a 2-D coordination framework in the solid state,
Dalton Transactions, Vol.45, No.10, 4127-4131, 2016.
(DOI: 10.1039/c5dt03286e,   PubMed: 26523996,   Elsevier: Scopus)
10. Munehiro Inukai, Tomohiro Fukushima, Yuh Hijikata, Naoki Ogiwara, Satoshi Horike and Susumu Kitagawa :
Control of Molecular Rotor Rotational Frequencies in Porous Coordination Polymers Using a Solid-Solution Approach,
Journal of the American Chemical Society, Vol.137, No.38, 12183-12186, 2015.
(DOI: 10.1021/jacs.5b05413,   PubMed: 26368067,   Elsevier: Scopus)
11. Takashi Uemura, Tetsuya Kaseda, Yotaro Sasaki, Munehiro Inukai, Takaaki Toriyama, Atsushi Takahara, Hiroshi Jinnai and Susumu Kitagawa :
Mixing of immiscible polymers using nanoporous coordination templates,
Nature Communications, Vol.6, 7473, 2015.
(DOI: 10.1038/ncomms8473,   PubMed: 26130294,   Elsevier: Scopus)
12. Wenqian Chen, Satoshi Horike, Munehiro Inukai and Susumu Kitagawa :
Study on a 2D layer coordination framework showing order-to-disorder phase transition by ionothermal synthesis,
Polymer Journal, Vol.47, No.2, 141-145, 2015.
(DOI: 10.1038/pj.2014.100,   CiNii: 1573387836478435200,   Elsevier: Scopus)
13. Daiki Umeyama, Satoshi Horike, Munehiro Inukai, Tomoya Itakura and Susumu Kitagawa :
Reversible Solid-to-Liquid Phase Transition of Coordination Polymer Crystals,
Journal of the American Chemical Society, Vol.137, No.2, 864-870, 2015.
(DOI: 10.1021/ja511019u,   PubMed: 25530162,   Elsevier: Scopus)
14. Ryo Ohtani, Munehiro Inukai, Yuh Hijikata, Tetsuya Ogawa, Mikihito Takenaka, Masaaki Ohba and Susumu Kitagawa :
Sequential Synthesis of Coordination Polymersomes,
Angewandte Chemie International Edition, Vol.54, No.4, 1139-1143, 2015.
(DOI: 10.1002/anie.201408101,   PubMed: 25476115)
15. S. Horike, K. Kadota, T. Itakura, Munehiro Inukai and S. Kitagawa :
Synthesis of magnesium ZIF-8 from Mg(BH4)2,
Dalton Transactions, Vol.44, No.34, 15107-15110, 2015.
(DOI: 10.1039/C5DT01183C,   Elsevier: Scopus)
16. Satoshi Horike, Wenqian Chen, Tomoya Itakura, Munehiro Inukai, Daiki Umeyama, Hiroyuki Asakura and Susumu Kitagawa :
Order-to-disorder structural transformation of a coordination polymer and its influence on proton conduction,
Chemical Communications, Vol.50, No.71, 10241-10243, 2014.
(DOI: 10.1039/c4cc04370g,   PubMed: 25053211)
17. Munehiro Inukai, Satoshi Horike, Wenqian Chen, Daiki Umeyama, Tomoya Itakura and Susumu Kitagawa :
Template-directed proton conduction pathways in a coordination framework,
Journal of Materials Chemistry. A, Materials for Energy and Sustainability, Vol.2, No.27, 10404-10409, 2014.
(DOI: 10.1039/C4TA01261E)
18. D. Umeyama, S. Horike, Munehiro Inukai and S. Kitagawa :
Integration of intrinsic proton conduction and guest-accessible nanospace into a coordination polymer,
Journal of the American Chemical Society, Vol.135, No.30, 11345-11350, 2013.
(DOI: 10.1021/ja4051668,   PubMed: 23829398)
19. Yasuko Mito-oka, Satoshi Horike, Yusuke Nishitani, Tadao Masumori, Munehiro Inukai, Yuh Hijikata and Susumu Kitagawa :
Siloxane D4 capture by hydrophobic microporous materials,
Journal of Materials Chemistry. A, Materials for Energy and Sustainability, Vol.1, No.27, 7885-7888, 2013.
(DOI: 10.1039/C3TA11217A)
20. Y. Hijikata, S. Horike, M. Sugimoto, Munehiro Inukai, T. Fukushima and S. Kitagawa :
Pore design of two-dimensional coordination polymers toward selective adsorption,
Inorganic Chemistry, Vol.52, No.7, 3634-3642, 2013.
(DOI: 10.1021/ic302006x,   PubMed: 23496290)
21. S. Horike, Y. Kamitsubo, Munehiro Inukai, T. Fukushima, D. Umeyama, T. Itakura and S. Kitagawa :
Postsynthesis modification of a porous coordination polymer by LiCl To enhance H+ transport,
Journal of the American Chemical Society, Vol.135, No.12, 4612-4615, 2013.
(DOI: 10.1021/ja3122872,   PubMed: 23485151)
22. Satoshi Horike, Masayuki Sugimoto, Kanokwan Kongpatpanich, Yuh Hijikata, Munehiro Inukai, Daiki Umeyama, Shinji Kitao, Makoto Seto and Susumu Kitagawa :
Fe2+-based layered porous coordination polymers and soft encapsulation of guests via redox activity,
Journal of Materials Chemistry. A, Materials for Energy and Sustainability, Vol.1, No.11, 3675-3679, 2013.
(DOI: 10.1039/C3TA01414B)
23. S. Noro, Y. Hijikata, Munehiro Inukai, T. Fukushima, S. Horike, M. Higuchi, S. Kitagawa, T. Akutagawa and T. Nakamura :
Highly selective CO2 adsorption accompanied with low-energy regeneration in a two-dimensional Cu(II) porous coordination polymer with inorganic fluorinated PF6(-) anions,
Inorganic Chemistry, Vol.52, No.1, 280-285, 2013.
(DOI: 10.1021/ic301823j,   PubMed: 23249245)
24. Munehiro Inukai, S. Horike, D. Umeyama, Y. Hijikata and S. Kitagawa :
Investigation of post-grafted groups of a porous coordination polymer and its proton conduction behavior,
Dalton Transactions, Vol.41, No.43, 13261-13263, 2012.
(DOI: 10.1039/c2dt31836a,   PubMed: 23007863)
25. D. Umeyama, S. Horike, Munehiro Inukai, T. Itakura and S. Kitagawa :
Inherent proton conduction in a 2D coordination framework,
Journal of the American Chemical Society, Vol.134, No.30, 12780-12785, 2012.
(DOI: 10.1021/ja304693r,   PubMed: 22783808)
26. S. Horike, K. Kishida, Y. Watanabe, Y. Inubushi, D. Umeyama, M. Sugimoto, T. Fukushima, Munehiro Inukai and S. Kitagawa :
Dense coordination network capable of selective CO2 capture from C1 and C2 hydrocarbons,
Journal of the American Chemical Society, Vol.134, No.24, 9852-9855, 2012.
(DOI: 10.1021/ja302043u,   PubMed: 22667323)
27. S. Horike, D. Umeyama, Munehiro Inukai, T. Itakura and S. Kitagawa :
Coordination-network-based ionic plastic crystal for anhydrous proton conductivity,
Journal of the American Chemical Society, Vol.134, No.18, 7612-7615, 2012.
(DOI: 10.1021/ja301875x,   PubMed: 22512400)
28. D. Umeyama, S. Horike, Munehiro Inukai, Y. Hijikata and S. Kitagawa :
Confinement of mobile histamine in coordination nanochannels for fast proton transfer,
Angewandte Chemie International Edition, Vol.50, No.49, 11706-11709, 2011.
(DOI: 10.1002/anie.201102997,   PubMed: 21989965,   Elsevier: Scopus)
29. Munehiro Inukai, Y. Noda and K. Takeda :
Nondestructive high-resolution solid-state NMR of rotating thin films at the magic-angle,
Journal of Magnetic Resonance, Vol.213, No.1, 192-195, 2011.
(DOI: 10.1016/j.jmr.2011.09.013,   PubMed: 21958755)
30. Munehiro Inukai and K. Takeda :
Double-resonance magic angle coil spinning,
Journal of Magnetic Resonance, Vol.202, No.2, 274-278, 2010.
(DOI: 10.1016/j.jmr.2009.10.011,   PubMed: 19926320)
31. M. Fukuchi, Munehiro Inukai, K. Takeda and K. Takegoshi :
Double-acquisition: utilization of discarded coherences in a 2D separation experiment using the States method,
Journal of Magnetic Resonance, Vol.194, No.2, 300-302, 2008.
(DOI: 10.1016/j.jmr.2008.07.004,   PubMed: 18667347)
32. Munehiro Inukai and Kazuyuki Takeda :
Studies on multiple-quantum magic-angle-spinning NMR of half-integer quadrupolar nuclei under strong rf pulses with a microcoil,
Concepts in Magnetic Resonance. Part B, Magnetic Resonance Engineering, Vol.33B, No.2, 115-123, 2008.
(DOI: 10.1002/cmr.b.20110,   Elsevier: Scopus)

総説・解説:

1. 犬飼 宗弘 :
固体NMRによるCP/MOFの静的・動的構造解析,
NMRによる有機材料分析とその試料前処理, 639-647, 2021年9月.
2. 犬飼 宗弘 :
錯体結晶の固体NMR,
Bull. Nuc. Magn. Reson. Soc. Jpn., Vol.10, 108-112, 2019年11月.

国際会議:

1. Haruki Sato, Koichiro Miyanishi, Makoto Negoro, Akinori Kagawa, Koichi Nakamura and Munehiro Inukai :
Hyperpolarized NMR for cocrystals at room temperature using photoexcited triplet-states electron spins,
The 8th International Forum on Advanced Technologies 2022, Mar. 2022.
2. Munehiro Inukai, Yusuke Nishiyama, Susumu Kitagawa and Satoshi Horike :
Glass-phase coordination polymer displaying proton conductivity and guest-accessible porosity,
1st International symposium Hydrogenomics, Jan. 2020.
3. Munehiro Inukai, Takuya Kurihara, Yasuto Noda and Koichi Nakamura :
Dynamics of carbon dioxides in a metal-organic framework under high pressure,
EUROISMAR 2019, Aug. 2019.

国内講演発表:

1. 安部 聖竜, 佐藤 晴紀, 宮西 孝一郎, 根来 誠, 香川 晃徳, 中村 浩一, 犬飼 宗弘 :
室温核スピン超偏極を可能とする共晶の構造解析,
日本化学会第102回春季年会, 2022年7月.
2. 犬飼 宗弘 :
共晶・混晶のトリプレットDNP,
DNP研究会, 2022年7月.
3. 佐藤 晴紀, 宮西 孝一郎, 根来 誠, 香川 晃徳, 中村 浩一, 犬飼 宗弘 :
光励起三重項状態の電子スピンを用いた混晶の室温核スピン超偏極,
日本化学会第102回春季年会, 2022年3月.
4. 田中 康照, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広, 河村 純一, 中村 浩一 :
チタン酸リチウムのミリングにともなう電気伝導挙動の変化,
第47回固体イオニクス討論会講演要旨集, 156-157, 2021年12月.
5. 中村 浩一, 富本 健介, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広 :
チタン酸ナトリウムの局所構造とイオン運動におけるミリング効果,
日本物理学会2021年秋季大会 講演概要集, 2021年9月.
6. 中村 浩一, 富本 健介, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広 :
チタン酸ナトリウムの局所構造と電気伝導におけるミリング効果,
日本物理学会第76回年次大会 講演概要集, 2021年3月.
7. 富本 健介, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広, 河村 純一, 中村 浩一 :
Na2Ti3O7の局所構造と伝導挙動におけるミリング効果と置換効果,
第46回固体イオニクス討論会講演要旨集, 126-127, 2020年12月.
8. Munehiro Inukai :
Rotation of pillar ligands of MOFs and solid-state NMR analyses,
錯体化学会第70回討論会, Sep. 2020.
9. 富本 健介, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広, 桑田 直明, 河村 純一, 中村 浩一 :
チタン酸ナトリウムの結晶構造と伝導挙動におけるリチウム置換とミリングの効果,
日本物理学会2020年秋季大会 講演概要集, 2020年9月.
10. 中村 浩一, 田中 康照, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広, 桑田 直明, 河村 純一 :
チタン酸リチウムの局所構造とLi+イオン運動におけるミリング効果,
日本物理学会第75回年次大会 講演概要集, 2020年3月.
11. 犬飼 宗弘 :
ガラス状プロトン伝導性配位高分子の合成と NMR 解析,
第66回 固体NMR・材料フォーラム, 2019年12月.
12. 中村 浩一, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広, 桑田 直明, 河村 純一 :
Li-Ti系酸化物の局所構造変化とLi+イオンの運動状態,
第45回固体イオニクス討論会講演要旨集, 2-3, 2019年11月.
13. 犬飼 宗弘, 栗原 拓也, 野田 泰斗, 中村 浩一 :
高圧環境下における配位高分子内部の二酸化炭素の運動,
第58回 NMR討論会, 2019年11月.
14. 犬飼 宗弘 :
錯体結晶の固体NMR,
第58回 NMR討論会, 2019年11月.
15. 中村 浩一, 富本 健介, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広, 桑田 直明, 河村 純一 :
チタン酸リチウムにおける局所的な構造擾乱とリチウムイオンの運動状態,
日本物理学会2019年秋季大会 講演概要集, 2019年9月.
16. 中村 浩一, 富本 健介, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広, 桑田 直明, 河村 純一 :
遷移金属酸化物における局所構造の乱れとリチウムイオン拡散,
第22回超イオン導電体物性研究会講演要旨集, 97-102, 2019年5月.
17. 犬飼 宗弘, 栗原 拓也, 野田 泰斗, 吉川 輝, 中村 浩一 :
高圧ガス雰囲気下のその場高分解能固体NMR,
日本化学会 第99春季年会, 2019年3月.
18. 中村 浩一, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広, 桑田 直明, 河村 純一 :
ミリングによるLi4Ti5O12の結晶構造と電気伝導挙動の変化,
日本物理学会第74回年次大会 講演概要集, 2019年3月.
19. 中村 浩一, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広 :
Li4Ti5O12の局所構造の擾乱と伝導挙動の変化,
第44回固体イオニクス討論会講演要旨集, 100-101, 2018年12月.
20. 犬飼 宗弘, 堀毛 悟史, 西山 裕介 :
プロトン伝導経路とゲスト分子吸着サイトを両立する配位高分子,
第44回固体イオニクス討論会, 2018年12月.
21. 犬飼 宗弘, 堀毛 悟史, 西山 裕介 :
プロトン伝導経路とゲスト分子吸着サイトを両立する配位高分子の合成と構造解析,
第57回NMR討論会, 2018年9月.
22. 中村 浩一, 竹内 智史, 犬飼 宗弘, 川崎 祐, 森賀 俊広, 桑田 直明, 河村 純一 :
Na系遷移金属酸化物における電気伝導のNa組成依存性,
日本物理学会第73回年次大会 講演概要集, 2018年3月.
23. Munehiro Inukai, 田村 優実, 堀毛 悟史, 樋口 雅一, 北川 進 and Koichi Nakamura :
Storage and dynamics of CO2 into porous coordination polymer controlled by ligand dynamics,
日本化学会第98春季年会, Mar. 2018.
24. 犬飼 宗弘, 高木 翼, 中村 浩一 :
構造欠陥を利用したプロトン伝導性配位高分子,
第43回固体イオニクス討論会, 2017年12月.
25. 竹内 智史, 中村 浩一, 犬飼 宗弘, 川崎 祐, 森賀 俊広, 桑田 直明, 河村 純一 :
NaxMO2(M=Co,Cr)の電気伝導と局所構造変化,
第43回固体イオニクス討論会, 4-5, 2017年12月.
26. 犬飼 宗弘 :
配位高分子の固体NMR,
第62回固体NMR・材料フォーラム, 2017年10月.
27. 中村 浩一, 竹内 智史, 犬飼 宗弘, 川崎 祐, 森賀 俊広 :
Na系遷移金属酸化物における局所構造とNa+イオンの運動状態,
日本物理学会2017年秋季大会 講演概要集, 2017年9月.
28. 中村 浩一, 井藤 弘章, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広, 岩井 良樹, 桑田 直明, 河村 純一 :
LiMPO4(M=Fe,Mn)におけるLi+イオン運動と局所構造の変化,
第20回超イオン導電体物性研究会講演要旨集, 71-74, 2017年7月.
29. 犬飼 宗弘 :
配位高分子のダイナミクスとプロトン伝導能,
第1 回有機・バイオイオニクス研究会・第67 回固体イオニクス研究会, 2017年3月.
30. 竹内 智史, 犬飼 宗弘, 川崎 祐, 森賀 俊広, 中村 浩一 :
NaxCoO2の電気伝導と局所構造変化,
日本物理学会第72回年次大会 講演概要集, 2017年3月.
31. 犬飼 宗弘 :
固体NMRによる多孔性配位高分子のダイナミクス解析と機能発現,
1. 環境調和セラミック材料研究会 名工大-FS調査共同研究支援事業 共同研究 講演会, 2017年1月.
32. 井藤 弘章, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広, 岩井 良樹, 桑田 直明, 河村 純一, 中村 浩一 :
LiMPO4(M=Fe, Mn, Co)における高温でのイオン運動と局所構造の変化,
第42回固体イオニクス討論会, 100-101, 2016年12月.
33. 犬飼 宗弘 :
多孔性配位高分子の多核NMR,
16-2 NMR 研究会 最新の多核NMR, 2016年12月.
34. 田村 優実, 犬飼 宗弘, 中村 浩一 :
多孔性配位高分子の空隙に物理吸着させた気体分子のダイナミクス,
第55回 NMR討論会, 2016年11月.
35. 犬飼 宗弘, 田村 優実, 中村 浩一 :
多孔性配位高分子内部の架橋配位子と二酸化炭素のダイナミクス,
第60回 固体NMR・材料フォーラム, 2016年10月.
36. 中村 浩一, 竹内 智史, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広 :
NaCoO2のNa組成とNaサイト周辺の局所構造,
日本物理学会2016年秋季大会 講演概要集, 2016年9月.
37. 中村 浩一, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広, 岩井 良樹, 桑田 直明, 河村 純一 :
局所構造の擾乱にともなうニオブ酸ナトリウムのイオン伝導挙動の変化,
第19回超イオン導電体物性研究会講演要旨集, 79-82, 2016年6月.
38. 犬飼 宗弘, 田村 優実, 中村 浩一 :

第14回ホスト・ゲスト化学シンポジウム HGCS2016, 2016年6月.
39. 犬飼 宗弘, 田村 優実, 中村 浩一 :
規則性ナノ空間に閉じ込められた二酸化炭素の特異的なダイナミクス,
第59回 固体NMR・材料フォーラム, 2016年5月.
40. 中村 浩一, 井藤 弘章, 犬飼 宗弘, 川崎 祐, 森賀 俊広, 桑田 直明, 岩井 良樹, 河村 純一 :
オリビン型LiMPO4(M=Fe, Mn)におけるLi+イオンの運動状態の変化,
日本物理学会第71回年次大会 講演概要集, 2016年3月.
41. 中村 浩一, 井藤 弘章, 田村 優実, 犬飼 宗弘, 川崎 祐, 森賀 俊広, 岩井 良樹, 桑田 直明, 河村 純一 :
LiMPO4(M=Fe, Mn)における局所構造とLi+イオンの運動状態,
第41回固体イオニクス討論会, 16-17, 2015年11月.
42. 犬飼 宗弘, 板倉 智也, 堀毛 悟史, 北川 進 :
構造欠陥を利用したプロトン伝導性配位高分子,
第41回固体イオニクス討論会講演要旨集, 2015年11月.
43. 中村 浩一, 井藤 弘章, 田村 優実, 犬飼 宗弘, 川崎 祐, 森賀 俊広, 桑田 直明, 岩井 良樹, 河村 純一 :
オリビン系リチウム遷移金属酸化物における高温でのリチウムイオンの運動状態,
日本物理学会2015年秋季大会 講演概要集, 2015年9月.
44. 中村 浩一, 村上 明, 犬飼 宗弘 :
非線形超音波共鳴を用いた緩和現象の間接的観測,
第18回超イオン導電体物性研究会講演要旨集, 45-48, 2015年7月.
45. 犬飼 宗弘, 板倉 智也, 堀毛 悟史, 北川 進 :
構造欠陥を利用した多孔性配位高分子のプロトン伝導能の向上,
第18回超イオン導電体物性研究会講演要旨集, 9-12, 2015年7月.
46. 中村 浩一, 藤次 和磨, 田村 優実, 村上 明, 犬飼 宗弘, 森賀 俊広, 川崎 祐, 岩井 良樹, 桑田 直明, 河村 純一 :
オリビン系リチウム遷移金属酸化物の局所構造とリチウムイオンの運動状態,
日本物理学会第70回年次大会(2015 年)概要集, 1541, 2015年3月.

その他・研究会:

1. 犬飼 宗弘 :
ゲスト分子吸着能を示すガラス状プロトン伝導性配位高分子,
金沢固体NMRセミナー2019, 2020年1月.
2. Munehiro Inukai :
Storage and dynamics of gas molecules into porous coordination polymer,
1. 1st India-Japan NMR workshop, Jun. 2018.
3. 犬飼 宗弘 :
多孔性配位高分子に吸着させた気体分子の固体NMR解析,
NIMS微細構造解析プラットフォーム 2017年度 地域セミナー, 2018年2月.

報告書:

1. 中村 浩一, 犬飼 宗弘, 河村 純一 :
多核NMR による酸化物の局所構造変化とイオン拡散挙動に関する研究,
物質・デバイス領域共同研究拠点研究成果報告書(平成27年度), 大阪, 2016年3月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 機能性材料を対象とした室温超高感度NMR (研究課題/領域番号: 21H01965 )
  • 柔軟性分子ロータから組み上がる動的ナノ空間による二酸化炭素貯蔵 (研究課題/領域番号: 19K22233 )
  • 高温・高圧環境下における活性水素の高分解能NMR計測 (研究課題/領域番号: 19H05060 )
  • 遷移金属酸化物における局所構造の乱れとマルチキャリアダイナミクス (研究課題/領域番号: 19K05003 )
  • 気体のダイナミクスを自在に制御するナノ空間の構築と機能発現 (研究課題/領域番号: 17H03043 )
  • 多孔性配位高分子の空隙を利用したガス分子超高感度NMR (研究課題/領域番号: 15K17902 )
  • 200度を超える中温域で高いプロトン伝導能を有する配位高分子の創成 (研究課題/領域番号: 25810047 )
  • 一方向にのみイオン伝導を示す超異方的錯体フレームワークの開発 (研究課題/領域番号: 25620043 )
  • 研究者番号(60537124)による検索