検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 医学域 > 医科学部門 > 外科系 > 脳神経外科学 >
徳島大学 > 医科学教育部 > 医学専攻 > 情報統合医学講座 >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 脳·神経·精神科 > 脳神経外科 >
徳島大学 > 医学部 > 医学科 > 情報統合医学講座 > 脳神経外科学分野 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1.K Komatsu, Yasushi Takagi, T Kikuchi, Y Yamao, Y Fushimi, J Grinstead, S Ahn and S Miyamoto :
Ruptured intranidal aneurysm of an arteriovenous malformation diagnosed by delay alternating with nutation for tailored excitation (DANTE)-prepared contrast-enhanced magnetic resonance imaging,
Acta Neurochirurgica, Vol.160, No.12, 2435-2438, 2018.
(DOI: 10.1007/s00701-018-3713-7,   PubMed: 30367252,   Elsevier: Scopus)
2.Toshiyuki Okazaki, H Nakagawa, Hideo Mure, Kenji Yagi, H Hayase, Yasushi Takagi and K Saito :
Microdiscectomy and Foraminotomy in Cervical Spondylotic Myelopathy and Radiculopathy,
Neurologia Medico-Chirurgica, Vol.58, No.11, 468-476, 2018.
(DOI: 10.2176/nmc.oa.2018-0077,   PubMed: 30298831)
3.溝渕 佳史, 髙木 康志, 永廣 信治 :
脳震盪の病態と最近の話題,
Clinical Neuroscience, Vol.36, No.10, 1128-1131, 2018年.
4.N Enomoto, Hideo Mure, Toshiyuki Okazaki, M Azumi, S Okita, Shinji Nagahiro and Yasushi Takagi :
Posttraumatic Cerebrospinal Fluid Leak Associated with an Upper Cervical Meningeal Diverticulum,
World Neurosurgery, Vol.116, 50-55, 2018.
(DOI: 10.1016/j.wneu.2018.05.061,   PubMed: 29777885,   Elsevier: Scopus)
5.高麗 雅章, 溝渕 佳史, 髙木 康志, 永廣 信治 :
スポーツ頭部外傷の基礎知識,
作業療法ジャーナル, Vol.52, No.7, 646-650, 2018年.
(DOI: 10.11477/mf.5001201344)
6.高麗 雅章, 里見 淳一郎, 髙木 康志 :
硬膜動静脈瘻に対する直達術,
脳神経外科速報, Vol.28, No.7, 678-683, 2018年.
7.Yasuhisa Kanematsu, Junichiro Satomi, Masaaki Korai, Toshiyuki Okazaki, Idumi Yamaguchi, Yoshiteru Tada, Masaaki Uno, Shinji Nagahiro and Yasushi Takagi :
Flow Alteration Therapy for Ruptured Vertebral Artery Dissecting Aneurysms Involving the Posterior Inferior Cerebellar Artery,
Neurologia Medico-Chirurgica, Vol.58, 341-349, 2018.
(DOI: 10.2176/nmc.oa.2018-0076,   PubMed: 29998934,   Elsevier: Scopus)
8.Toshitaka Fujihara, Yoshifumi Mizobuchi, Kohhei Nakajima, Teruyoshi Kageji, Kazuhito Matsuzaki, KT Kitazato, Ryotaro Otsuka, Keijiro Hara, Hideo Mure, Toshiyuki Okazaki, Kazuyuki Kuwayama, Shinji Nagahiro and Yasushi Takagi :
Down-regulation of MDR1 by Ad-DKK3 via Akt/NFB pathways augments the anti-tumor effect of temozolomide in glioblastoma cells and a murine xenograft model,
Journal of Neuro-Oncology, Vol.139, No.2, 323-332, 2018.
(DOI: 10.1007/s11060-018-2894-5,   PubMed: 29779087,   Elsevier: Scopus)
9.Yuki Yamamoto, Nobuaki Yamamoto, Junichiro Satomi, Idumi Yamaguchi, Masaaki Korai, Yasuhisa Kanematsu, Yasushi Takagi and Ryuji Kaji :
Dural arteriovenous fistula in the superior orbital fissure,
Surgical Neurology International, Vol.9, No.1, 95, 2018.
(DOI: 10.4103/sni.sni_46_18,   PubMed: 29888029)
10.Y Helmanto, T Sunohara, A Faried, Yasushi Takagi, J Takahashi, T Maki and S Miyamoto :
Transplantation of feeder-free human induced pluripotent stem cell-derived cortical neuron progenitors in adult male Wistar rats with focal brain ischemia,
Journal of Neuroscience Research, Vol.96, No.5, 863-874, 2018.
(DOI: 10.1002/jnr.24197,   PubMed: 29110329,   Elsevier: Scopus)
11.Yasushi Takagi, H Hadeishi, Y Mineharu, K Yoshida, K Ogasawara, A Ogawa and S Miyamamoto :
Initially Missed or Delayed Diagnosis of Subarachnoid Hemorrhage: A Nationwide Survey of Contributing Factors and Outcomes in Japan.,
Journal of Stroke & Cerebrovascular Diseases, Vol.27, No.4, 871-877, 2018.
(DOI: 10.1016/j.jstrokecerebrovasdis.2017.10.024,   PubMed: 29217366,   Elsevier: Scopus)
12.Takaaki Morimoto, Jun-ichiro Enmi, Yorito Hattori, Satoshi Iguchi, Satoshi Saito, Kouji H. Harada, Hiroko Okuda, Yohei Mineharu, Yasushi Takagi, Shohab Youssefian, Hidehiro Iida, Susumu Miyamoto, Masafumi Ihara, Hatasu Kobayashi and Akio Koizumi :
Dysregulation of RNF213 promotes cerebral hypoperfusion.,
Scientific Reports, Vol.8, No.1, 3607, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112440,   DOI: 10.1038/s41598-018-22064-8,   PubMed: 29483617,   Elsevier: Scopus)
13.牟礼 英生, 森垣 龍馬, 宮本 亮介, 中瀧 理仁, 岡久 哲也, 加藤 真介, 梶 龍兒, 髙木 康志, 永廣 信治, 後藤 惠 :
ジストニアDBS治療における多職種連携,
機能的脳神経外科, Vol.57, 35-39, 2018年.
14.Takayuki Kikuchi, Akira Ishii, Hideo Chihara, Daisuke Arai, Mitsushige Ando, Yohei Takenobu, Tomohisa Okada, Yasushi Takagi and Susumu Miyamoto :
Occlusion Status on Magnetic Resonance Angiography Is Associated with Risk of Delayed Ischemic Events in Cerebral Aneurysms Treated with Stent-Assisted Coiling.,
World Neurosurgery, Vol.107, 226-232, 2017.
(DOI: 10.1016/j.wneu.2017.07.161,   PubMed: 28826708,   Elsevier: Scopus)
15.Yoshio Araki, Yasushi Takagi, Yohei Mineharu, Hatasu Kobayashi, Susumu Miyamoto and Toshihiko Wakabayashi :
Rapid contralateral progression of focal cerebral arteriopathy distinguished from RNF213-related moyamoya disease and fibromuscular dysplasia.,
Child's Nervous System, Vol.33, No.8, 1405-1409, 2017.
(DOI: 10.1007/s00381-017-3451-9,   PubMed: 28497183,   Elsevier: Scopus)
16.Yoshiko Matsuda, Yohei Mineharu, Mitsuru Kimura, Yasushi Takagi, Hatasu Kobayashi, Toshiaki Hitomi, Kouji H. Harada, Yoshito Uchihashi, Takeshi Funaki, Susumu Miyamoto and Akio Koizumi :
RNF213 p.R4810K Variant and Intracranial Arterial Stenosis or Occlusion in Relatives of Patients with Moyamoya Disease.,
Journal of Stroke & Cerebrovascular Diseases, Vol.26, No.8, 1841-1847, 2017.
(DOI: 10.1016/j.jstrokecerebrovasdis.2017.04.019,   PubMed: 28506590,   Elsevier: Scopus)
17.Takaaki Morimoto, Yohei Mineharu, Koh Ono, Masahiro Nakatochi, Sahoko Ichihara, Risako Kabata, Yasushi Takagi, Yang Cao, Lanying Zhao, Hatasu Kobayashi, Kouji H. Harada, Katsunobu Takenaka, Takeshi Funaki, Mitsuhiro Yokota, Tatsuaki Matsubara, Ken Yamamoto, Hideo Izawa, Takeshi Kimura, Susumu Miyamoto and Akio Koizumi :
Significant association of RNF213 p.R4810K, a moyamoya susceptibility variant, with coronary artery disease.,
PLoS ONE, Vol.12, No.4, e0175649, 2017.
(徳島大学機関リポジトリ: 112364,   DOI: 10.1371/journal.pone.0175649,   PubMed: 28414759,   Elsevier: Scopus)
18.Toshinari Kawasaki, Kazumichi Yoshida, Takayuki Kikuchi, Akira Ishii, Yasushi Takagi and Susumu Miyamoto :
Ruptured Aneurysms of the Occipital Artery Associated with Congenital Occipital Bone Defect.,
World Neurosurgery, Vol.97, 759.e13-759.e15, 2017.
(DOI: 10.1016/j.wneu.2016.09.116,   PubMed: 27742510,   Elsevier: Scopus)
19.Yoichi Nakayama, Yohei Mineharu, Yoshiki Arawaka, Sei Nishida, Hirofumi Tsuji, Hidehiko Miyake, Maki Yamaguchi, Sachiko Minamiguchi, Yasushi Takagi and Susumu Miyamoto :
Cerebral amyloid angiopathy in a young man with a history of traumatic brain injury: a case report and review of the literature.,
Acta Neurochirurgica, Vol.159, No.1, 15-18, 2017.
(DOI: 10.1007/s00701-016-3004-0,   PubMed: 27812816,   Elsevier: Scopus)

総説・解説:

1.髙木 康志 :
AVMに対する治療選択と外科治療の実際(解説/特集),
脳神経外科ジャーナル, Vol.26, No.2, 117-124, 2017年.
(DOI: 10.7887/jcns.26.117)
2.髙木 康志 :
【中枢神経系の血管奇形-最新情報】 脳動静脈奇形(AVM) AVMの分類と治療方針(解説/特集),
Clinical Neuroscience, Vol.35, No.10, 1172-1175, 2017年.
3.髙木 康志 :
【動脈・静脈の疾患(下)-最新の診断・治療動向-】 動脈・静脈の疾患(臓器別) 脳血管疾患 もやもや病 診断(解説/特集),
日本臨牀, Vol.75, 691-698, 2017年.

国際会議:

1.Eiji Shikata, Tetsuya Tamura, Kiyohito Shinnno, N Shinohara, Y Okayama, Yasuhisa Kanematsu and Yasushi Takagi :
Separate management of water-electrolyte balance using maintenance fluid and salt leads to a favorable prognosis after aneurysmal subarachnoid hemorrhage,
11th World Stroke Congress 2018, Oct. 2018.
2.Kyoko Nishi, Yasushi Takagi, Yasuhisa Kanematsu, Ryuji Kaji, Y Hamada, T Takagi, S Katoh and Shinji Nagahiro :
Development and future prospects of Tokushima University Hospital stroke care unit (SCU),
11th World Stroke Congress 2018, Montreal, Oct. 2018.
3.山口 泉, 四方 英二, 高麗 雅章, 兼松 康久, 里見 淳一郎, 北里 慶子, 永廣 信治, 髙木 康志 :
Retrospective study of patients with in-hospital stroke,
11th World Stroke Congress 2018, モントリオール, 2018年10月.
4.Tadashi Yamaguchi, Takeshi Miyamoto, Masaaki Korai, Kenji Shimada, Yoshiteru Tada, Yasuhisa Kanematsu, Junichiro Satomi, Shinji Nagahiro and Yasushi Takagi :
Estrogen deficiency activates inflammasome in a rat model of intracranial aneurysms,
11th World Stroke Congress 2018, Montreal, Oct. 2018.
5.Masaaki Korai, Yasuhisa Kanematsu, Idumi Yamaguchi, Nobuaki Yamamoto, Yuki Yamamoto, Junichiro Satomi and Yasushi Takagi :
Treatment strategy and outcom of ruptured vertebral artry dissecting aneurysms,
World Live Neurovascular Conference 2018, 神戸市, Apr. 2018.
6.Kenji Shono, Izumi Yamaguchi, Toshitaka Fujihara, Keiko Kitazato, Kohhei Nakajima, Yoshifumi Mizobuchi, Hideo Mure, Kohhei Nakajima, Junichiro Satomi, Shinji Nagahiro and Yasushi Takagi :
Celecoxib inhibits proliferation and induces apoptosis in glioma stem cells and an animal model of glioblastoma.,
22ND ANNUAL SCIENTIFIC MEETING AND EDUCATION DAY OF THE SOCIETY FOR NEURO-ONCOLOGY, San Francisco, Nov. 2017.

国内講演発表:

1.松元 友暉, 金澤 裕樹, 金城 祐奎, 原田 雅史, 阿部 考志, 兼松 康久, 髙木 康志 :
頸動脈狭窄の定量評価を目的とした4D-flow流体解析,
第1回 4D FLOW研究会, 2019年9月.
2.筑後 桃子, 西 麻希, 菊井 聡子, 松村 晃子, 兼本 ひろみ, 岩野 朝香, 高野 栄之, 佐藤 紀, 加藤 真介, 西 京子, 山本 伸昭, 兼松 康久, 髙木 康志, 濵田 康弘 :
当院脳卒中センター(SCU)入院患者における栄養管理―栄養サポートチーム(NST)の取り組み―,
日本脳卒中学会2019, 2019年3月.
3.西 京子, 兼松 康久, 高麗 雅章, 岡﨑 敏之, 島田 健司, 山本 伸昭, 高野 栄之, 加藤 真介, 髙木 康志 :
徳島大学病院脳卒中センター (SCU)の 多職種連携による医療人育成,
日本脳卒中学会2019, 2019年3月.
4.中島 公平, 藤原 敏孝, 溝渕 佳史, 髙木 康志 :
中枢神経原発性悪性リンパ腫に対する大量メトトレキサート維持療法の治療成績,
第36回日本脳腫瘍学会学術集会, 2018年12月.
5.高麗 雅章, 里見 淳一郎, 山本 雄貴, 山本 伸昭, 岡﨑 敏之, 島田 健司, 兼松 康久, 髙木 康志 :
Borden type 1横・S状静脈洞部硬膜動静脈瘻に対するバルーン支援下選択的経静脈塞栓術,
第34回日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2018年11月.
6.島田 健司, 大谷 誠, 兼松 康久, 髙木 康志 :
DPCを用いた疫学的調査による我が国の硬膜動静脈瘻の現状,
第34回日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2018年11月.
7.中島 公平, 藤原 敏孝, 溝渕 佳史, 髙木 康志 :
穿刺様頭痛で発見された中枢神経アスペルギルス症の1例,
第46回日本頭痛学会総会, 2018年11月.
8.髙木 康志 :
脳動静脈奇形手術における出血コントロールの重要性,
第77回日本脳神経外科学会総会, 2018年10月.
9.髙木 康志 :
脳動静脈奇形に対する治療の最前線,
第77回日本脳神経外科学会総会, 2018年10月.
10.島田 健司, 佐藤 裕一, 羽星 辰哉, 花岡 真実, 仁木 均, 松﨑 和仁, 佐藤 浩一, 三宅 一, 髙木 康志 :
急性期脳梗塞に対するstent retrieverと吸引カテーテルを併用した血栓回収療法―従来の治療法との比較検討―,
日本脳神経外科学会第77回学術総会, 2018年10月.
11.高麗 雅章, 里見 淳一郎, 兼松 康久, 牟礼 英生, 島田 健司, 岡﨑 敏之, 髙木 康志 :
硬膜動静脈瘻に対する直達術,
日本脳神経外科学会第77回学術総会, 2018年10月.
12.四方 英二, 田村 哲也, 新野 清人, 篠原 直樹, 兼松 康久, 髙木 康志 :
くも膜下出血術後管理のTips 水―ナトリウムバランスを少量投与で個別管理する重要性,
日本脳神経外科学会第77回学術総会, 2018年10月.
13.牟礼 英生, 宮本 亮介, 大北 真哉, 梶 龍兒, 後藤 惠, 永廣 信治, 髙木 康志 :
小児期ジストニアに対する脳深部刺激療法の適応と予後について,
日本脳神経外科学会第77回学術総会, 2018年10月.
14.兼松 康久, 島田 健司, 高麗 雅章, 岡﨑 敏之, 多田 恵曜, 里見 淳一郎, 永廣 信治, 髙木 康志 :
当院における高齢者(80歳以上)くも膜下出血の治療成績と予後の検討,
日本脳神経外科学会第77回学術総会, 2018年10月.
15.岡﨑 敏之, 兼松 康久, 島田 健司, 高麗 雅章, 里見 淳一郎, 宇野 昌明, 髙木 康志 :
当院におけるhemashield patchを使用した頸動脈内膜剥離術の長期成績の検討,
日本脳神経外科学会第77回学術総会, 2018年10月.
16.里見 淳一郎, 吉岡 正太郎, 宮本 健志, 成石 浩司, 北里 慶子, 多田 恵曜, 原田 雅史, 髙木 康志, 永廣 信治 :
脳動脈瘤と歯周病との関連,
日本脳神経外科学会第77回学術総会, 2018年10月.
17.髙木 康志 :
脳神経外科手術における出血コントロールの重要性,
日本脳神経外科学会第77回学術総会, 2018年10月.
18.多田 恵曜, 藤原 敏孝, 中島 公平, 森 健治, 髙木 康志 :
高齢発症てんかんの臨床的特徴,新規抗てんかん薬の効果,
日本脳神経外科学会第77回学術総会, 2018年10月.
19.藤原 敏孝, 溝渕 佳史, 中島 公平, 岡﨑 敏之, 牟礼 英生, 髙木 康志 :
膠芽腫におけるDKK3遺伝子導入による薬剤排泄ポンプの発現抑制の意義,
日本脳神経外科学会第77回学術総会, 2018年10月.
20.鹿草 宏, 溝渕 佳史, 藤原 敏孝, 中島 公平, 髙木 康志 :
慢性硬膜下血腫の手術方法の検討,
日本脳神経外科学会第77回学術総会, 2018年10月.
21.中島 公平, 藤原 敏孝, 溝渕 佳史, 髙木 康志 :
当院における中枢神経原発悪性リンパ腫に対する大量メトトレキサート維持療法の治療成績,
日本脳神経外科学会第77回学術総会, 2018年10月.
22.溝渕 佳史, 中島 公平, 藤原 敏孝, 永廣 信治, 髙木 康志 :
顔面痙攣に対する手術手技 "shelter method" の有効性と長期予後,
日本脳神経外科学会第77回学術総会, 2018年10月.
23.畠田 昇一, 小山 広士, 藤原 敏孝, 中島 公平, 溝渕 佳史, 髙木 康志 :
短期間で出血を繰り返した多発脳病変の1例,
第32回中国四国脳腫瘍研究会, 2018年9月.
24.高麗 雅章, 羽星 辰哉, 山本 雄貴, 山本 伸昭, 岡﨑 敏之, 島田 健司, 兼松 康久, 髙木 康志 :
脳腫瘍との鑑別を要した海綿静脈胴部硬膜動静脈瘻の一例,
脳血管内治療ブラッシュアップセミナー2018, 2018年9月.
25.筑後 桃子, 松村 晃子, 西 京子, 髙木 康志, 濵田 康弘 :
当院SCU入院患者における栄養管理―NSTの取り組み―,
第10回日本静脈経腸栄養学会四国支部会学術集会, 2018年9月.
26.筑後 桃子, 松村 晃子, 西 京子, 髙木 康志, 濵田 康弘 :
当院SCU入院患者における栄養管理―NST及び地域とのかかわりについて―,
第2回徳島県地域包括ケアシステム学会, 2018年8月.
27.牟礼 英生, 岡﨑 敏之, 髙木 康志 :
パーキンソン病患者の腰痛に対する脊髄刺激療法の長期成績,
第33回日本脊髄外科学会, 2018年6月.
28.髙木 康志 :
脳動脈奇形治療のエビデンスとリアルワールド,
第38回日本脳神経外科コングレス総会, 2018年5月.
29.髙木 康志 :
脳動静脈奇形の基礎研究と外科的治療,
第94回日本脳神経外科学会中部支部学術集会ランチョンセミナー, 2018年4月.
30.羽星 辰哉, 高麗 雅章, 牟礼 英生, 兼松 康久, 里見 淳一郎, 髙木 康志 :
頭蓋内出血で発症した蝶形骨小翼部硬膜動静脈瘻の1例,
第85回日本脳神経外科学会中国四国支部学術集会, 2018年4月.
31.髙木 康志 :
脳動静脈奇形の基礎研究と外科的治療の現状,
第47回日本脳卒中の外科学会 ランチョンセミナー, 2018年3月.
32.四方 英二, 髙木 康志, 兼松 康久, 田村 哲也, 新野 清人, 篠原 直樹 :
くも膜下出血の術後管理24症例の検討,
第43回日本脳卒中学会学術集会, 2018年3月.
33.高麗 雅章, 山口 泉, 多田 恵曜, 兼松 康久, 里見 淳一郎, 山本 伸昭, 山本 雄貴, 髙木 康志 :
地方国立大学病院における院内発症脳卒中症例の特徴,
第43回日本脳卒中学会学術集会, 2018年3月.
34.高麗 雅章, 里見 淳一郎, 山口 泉, 兼松 康久, 山本 伸昭, 山本 雄貴, 髙木 康志 :
病型別にみた急性期脳主幹動脈閉塞に対する再開通療法,
第47回日本脳卒中の外科学会学術集会, 2018年3月.
35.兼松 康久, 高麗 雅章, 宇野 昌明, 永廣 信治, 髙木 康志 :
PICA involved type の破裂椎骨動脈解離に対し,解離部の盲端化を行った4症例の検討,
第47回日本脳卒中の外科学会学術集会, 2018年3月.
36.髙木 康志 :
Spetzler-Martin grade 2,3脳動静脈奇形に対する外科治療,
第47回日本脳卒中の外科学会学術集会, 2018年3月.
37.庄野 健児, 里見 淳一郎, 多田 恵曜, 兼松 康久, 山本 伸昭, 和泉 唯信, 梶 龍兒, 原田 雅史, 永廣 信治, 髙木 康志 :
Optimal timing of DWI to avoid false-negative findings in patients with TIA,
第41回日本脳神経CI学会総会, 2018年3月.
38.Yasushi Takagi :
Microvascular anastomosis for moyamoya disease,
4th Winter Seminar on Cerebrovascular Diseases(CVD), Feb. 2018.
39.Yasushi Takagi :
Current status of surgical treatment against brain arteriovenous malformations,
4th Winter Seminar on Cerebrovascular Diseases(CVD), Feb. 2018.
40.牟礼 英生, 森垣 龍馬, 宮本 亮介, 中瀧 理仁, 髙木 康志, 梶 龍兒, 永廣 信治, 後藤 惠 :
ジストニアDBS治療における多職種連携.,
第57回日本定位・機能神経外科学会, 2018年1月.
41.牟礼 英生, 森垣 龍馬, 宮本 亮介, 中瀧 理仁, 岡久 哲也, 髙木 康志, 梶 龍兒, 永廣 信治, 後藤 惠 :
ジストニアDBS治療における多職種連携,
第57回日本定位・機能神経外科学会, 2018年1月.
42.多田 恵曜, 藤原 敏孝, 郷司 彩, 森 達夫, 東田 好広, 森 健治, 飯田 幸治, 里見 淳一郎, 髙木 康志 :
術前精査中にバルブロ酸の追加が著効したrolandic crtical dysplasiaに1例,
第41回日本てんかん外科学会, 2018年1月.
43.羽星 辰哉, 髙木 康志 :
急性硬膜下血腫で発症した中大脳動脈瘤の一例,
第29回石打カンファレンス, 2018年1月.
44.髙木 康志 :
Spetzler-Martin Grade Ⅰ-Ⅱの脳動静脈奇形に対する外科治療,
第29回石打カンファレンス, 2018年1月.
45.高麗 雅章, 山本 雄貴, 山口 泉, 山本 伸昭, 兼松 康久, 髙木 康志 :
当院の急性期主幹動脈閉塞に対する再開通療法の治療成績 -病型分類別にみた特徴-,
第33回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会, 2017年11月.
46.高麗 雅章, 里見 淳一郎, 木内 智也, 山本 雄貴, 山口 泉, 山本 伸昭, 兼松 康久, 髙木 康志 :
病型別にみた急性期脳動脈閉塞に対する再開通療法の治療成績,
日本脳神経外科学会第76回学術総会, 2017年10月.
47.髙木 康志, 西 秀久, 田中 浩基, 南角 学, 高橋 由紀, 菊池 隆幸, 武信 洋平, 荒川 芳輝, 吉田 和道, 宮本 享 :
HALを用いた治療の現状と今後の展開,
第8回ニューロリハビリテーション学会, 2017年4月.

その他・研究会:

1.髙木 康志 :
脳動静脈奇形に対する外科治療の現状,
第23回関西脳神経外科手術研究会, 2018年12月.
2.髙木 康志 :
出血型脳血管障害の基礎研究と外科的治療-めまいとの関連も含めて-,
第24回広島県めまい研究会, 2018年12月.
3.鹿草 (名), 松田 拓, 石原 学, 高麗 雅章, 岡﨑 敏之, 島田 健司, 兼松 康久, 髙木 康志 :
くも膜下出血で発症した,前方循環系の動脈解離,
第44回徳島脳神経外科談話会, 2018年12月.
4.髙木 康志 :
脳動静脈奇形の基礎研究と外科的治療,
札幌脳機能画像講演会2018, 2018年11月.
5.髙木 康志 :
脳動静脈奇形に対する外科治療の現状,
第8回Takamatsu-Kyoto Friendship Conference, 2018年11月.
6.髙木 康志 :
脳動静脈奇形の基礎研究と外科的治療,
第12回大阪CVD研究会, 2018年11月.
7.髙木 康志 :
徳島大学脳神経外科の新展開,
Nara-Kyoto Friendship Conference, 2018年11月.
8.髙木 康志 :
脳血管障害に対する外科治療の現状と未来,
第269回名西郡・徳島西医師会学術講演会, 2018年8月.
9.髙木 康志 :
脳卒中を防ぐために,
善通寺市民健康講座, 2018年7月.
10.髙木 康志 :
脳動静脈奇形の基礎研究と外科的治療,
第38回CVD-TRAK Meeting, 2018年7月.
11.髙木 康志 :
脳血管障害に対する外科治療の現状と未来,
ストップ!NO卒中エリア会議in米子, 2018年7月.
12.髙木 康志 :
脳血管障害に対する外科治療の現状と未来,
Stroke Conference∼急性期から回復期を考える∼, 2018年7月.
13.髙木 康志 :
脳神経外科領域における術中画像の有用性,
第10回徳島Vascular Imaging研究会, 2018年7月.
14.髙木 康志 :
脳神経外科領域における術中画像の有用性,
第10回徳島Vascular Imaging研究会, 2018年7月.
15.髙木 康志 :
脳卒中を防ぐには,
名西郡医師会町民健康講座, 2018年7月.
16.髙木 康志 :
脳動脈奇形に対する外科治療の現状,
第5回脳神経外科フロンティアミーティング, 2018年6月.
17.髙木 康志 :
脳動静脈奇形の基礎研究と外科的治療,
第11回瀬戸内脳神経外科研究会, 2018年6月.
18.髙木 康志 :
脳虚血における神経幹細胞研究の歴史と現状,
第13回脳卒中エキスパートミーティング, 2018年4月.
19.高麗 雅章, 里見 淳一郎, 山本 雄貴, 山本 伸昭, 兼松 康久, 髙木 康志 :
二期的に治療した海綿静脈胴部硬膜動静脈瘻の1例,
第7回脳血管内治療四国遍路塾, 2018年3月.
20.高麗 雅章, 里見 淳一郎, 山本 雄貴, 山口 泉, 山本 伸昭, 兼松 康久, 髙木 康志 :
頸動脈ステント留置術後10日目に過灌流による脳出血を来した1例,
第5回徳島脳疾患談話会, 2018年3月.
21.高麗 雅章, 里見 淳一郎, 山本 雄貴, 山口 泉, 山本 伸昭, 兼松 康久, 髙木 康志 :
頸動脈ステント留置術後10日目に過灌流による脳出血を来した1例,
第5回徳島脳疾患談話会, 2018年3月.
22.髙木 康志 :
脳血管障害に対する外科治療の現状と未来,
徳島県脳卒中研究会, 2018年2月.
23.髙木 康志 :
脳虚血における神経幹細胞研究の歴史と現状,
第20回徳島脳卒中研究会, 2018年2月.
24.筑後 桃子, 松村 晃子, 西 京子, 髙木 康志, 濵田 康弘 :
当院SCU入院患者における栄養管理 ―NST及びチーム医療の取り組み―,
第20回脳卒中研究会, 2018年2月.
25.髙木 康志 :
京都から徳島へ 徳島大学脳神経外科の展望,
京都大学脳神経外科同門会, 2018年2月.
26.髙木 康志 :
脳虚血における神経幹細胞研究の歴史と現状,
第177回宮城県脳卒中治療研究会, 2018年1月.
27.髙木 康志 :
脳血管障害に対する外科治療の現状と未来,
徳島県臨床内科医会, 2018年1月.
28.髙木 康志 :
脳動脈奇形の基礎研究と外科的治療,
脳血管障害セミナー, 2018年1月.
29.髙木 康志 :
脳動静脈奇形に対する外科的治療の現状/脳卒中後遺症に対するHALによる機能再生,
Stroke Conference in Fukuoka, 2017, 2017年12月.
30.羽星 辰哉, 多田 恵曜, 藤原 敏孝, 亘 雄也, 中島 公平, 髙木 康志 :
前方脳梁離断術を施行した成人難治性てんかんの2例,
第43回徳島脳神経外科談話会, 2017年12月.
31.鹿草 宏, 兼松 康久, 山本 雄貴, 高麗 雅章, 山本 伸昭, 里見 淳一郎, 髙木 康志 :
急性期血行再建術後に腎不全をきたした1例,
第43回徳島脳神経外科談話会, 2017年12月.
32.高麗 雅章, 牟礼 英生, 佐藤 裕一, 兼松 康久, 里見 淳一郎, 髙木 康志 :
蝶形頭頂静脈洞近傍にシャントを有し頭蓋内出血で発症した硬膜動静脈瘻の1例,
第43回徳島脳神経外科談話会, 2017年12月.
33.髙木 康志 :
京都から徳島へ 徳島大学脳神経外科の展望,
第43回徳島脳神経外科談話会, 2017年12月.
34.髙木 康志 :
HALを用いた治療の現状と今後の展開,
北海道HAL研究会, 2017年11月.
35.髙木 康志 :
京都大学におけるHALを用いた治療の現状と今後の展開,
HAL特別セミナー, 2017年2月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 血管狭窄因子RNF213の修飾因子特定とそれに基づく疾患モデルと新規治療法の確立 (研究課題/領域番号: 16H05437 )
  • 小児もやもや病の多施設コホート研究:成人後のQOLの解明と関連要因の探索 (研究課題/領域番号: 26861147 )
  • もやもや病の分子病態の解明とその成果に基づく予防・創薬事業 (研究課題/領域番号: 25253047 )
  • 多能性幹細胞(iPS細胞)を利用した脳梗塞に対する再生医療の開発 (研究課題/領域番号: 25293308 )
  • 動脈硬化性巣における新規血管新生調節因子バソヒビンの発現様式と病的意義の解明 (研究課題/領域番号: 24592125 )
  • 頭蓋内主幹動脈閉塞性疾患における分子メカニズムの解明 (研究課題/領域番号: 24390343 )
  • 胚性幹細胞および骨髄間質細胞より誘導した神経幹細胞を利用した脳梗塞治療の開発 (研究課題/領域番号: 20390382 )
  • 霊長類胚性幹細胞由来神経幹細胞を利用した脳梗塞に対する神経再生治療 (研究課題/領域番号: 18591588 )
  • 虚血性神経細胞障害におけるMAPK情報伝達系の関わりについて (研究課題/領域番号: 17390398 )
  • 霊長類ES細胞由来神経細胞を利用した脳梗塞の治療 (研究課題/領域番号: 15790766 )
  • 実験的脳動脈瘤における遺伝子発現 (研究課題/領域番号: 15659335 )
  • 虚血耐性を応用した脳梗塞治療の開発のための基礎研究 (研究課題/領域番号: 15390437 )
  • 研究者番号(40312227)による検索