検索:
徳島大学 > 大学院医歯薬学研究部 > 医学域 > 医科学部門 > 内科系 > 腎臓内科学 >
徳島大学 > 病院 > 中央診療施設等 > 検査部 >
徳島大学 > 病院 > 診療科 > 内科 > 腎臓内科 >
徳島大学 > 医学部 > 医学科 > 病態情報医学講座 > 腎臓内科学分野 >
(researchmapへのインポート用CSV) [PDF解説]

研究活動

専門分野

研究テーマ

著書・論文

学術論文(審査論文):

1.Taichi Murakami, Masanori Tamaki, Seiji Kishi, Kojiro Nagai, Hideharu Abe, Yoshimi Bando, Yuko Toyoda, Hirokazu Ogino, Yasuhiko Nishioka, Sayo Ueda, Toshio Doi and Motokazu Matsuura :
Systemic Sarcoidosis Presenting with Renal Involvement Caused by Various Sarcoidosis-associated Pathophysiological Conditions,
Internal Medicine, Vol.58, No.5, 679-684, 2019.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.1558-18,   PubMed: 30449791,   Elsevier: Scopus)
2.Fumiaki Obata, Hideharu Abe, Taichi Murakami, Sayo Ueda, Taizo Inagaki, Masanori Minato, Hiroyuki Ono, Kenji Nishimura, Eriko Shibata, Masanori Tamaki, Fumi Kishi, Seiji Kishi, Kojiro Nagai and Toshio Doi :
Direct oral anticoagulant successfully used to treat an adult nephrotic patient complicated with portal vein thrombosis.,
CEN Case Reports, Vol.8, No.2, 134-138, 2019.
(DOI: 10.1007/s13730-019-00381-9,   PubMed: 30721455)
3.Masanori Tamaki, Tatsuya Tominaga, Yui Fujita, Yasuhiko Koezuka, Go Ichien, Taichi Murakami, Seiji Kishi, Keiichi Yamamoto, Hideharu Abe, Kojiro Nagai and Toshio Doi :
All-trans retinoic acid suppresses bone morphogenetic protein 4 in mouse diabetic nephropathy through a unique retinoic acid response element.,
American Journal of Physiology, Endocrinology and Metabolism, Vol.316, No.3, E418-E431, 2019.
(DOI: 10.1152/ajpendo.00218.2018,   PubMed: 30601699)
4.Eriko Shibata, Kojiro Nagai, Sayo Ueda, Hiroyuki Ono, Kenji Nishimura, Taizo Inagaki, Masanori Minato, Fumi Kishi, Masanori Tamaki, Taichi Murakami, Seiji Kishi, Hideharu Abe, Narushi Yokota, Jun Minakuchi and Toshio Doi :
The utility and limitation of inferior vena cava diameter as a dry weight marker.,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.66, No.1.2, 172-177, 2019.
(DOI: 10.2152/jmi.66.172,   PubMed: 31064933)
5.Hideharu Abe, Akiko Sakurai, Hiroyuki Ono, Sanae Hayashi, Sakiya Yoshimoto, Arisa Ochi, Sayo Ueda, Kenji Nishimura, Eriko Shibata, Masanori Tamaki, Fumi Kishi, Seiji Kishi, Taichi Murakami, Kojiro Nagai and Toshio Doi :
Urinary Exosomal mRNA of WT1 as Diagnostic and Prognostic Biomarker for Diabetic Nephropathy,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.65, No.3.4, 208-215, 2018.
(DOI: 10.2152/jmi.65.208,   PubMed: 30282862,   Elsevier: Scopus)
6.Hideharu Abe, Akiko Sakurai, Hiroyuki Ono, Hayashi Sanae, Sakiya Yoshimoto, Ochi Arisa, Ueda Sayo, Kenji Nishimura, Eriko Shibata, Masanori Tamaki, Fumi Kishi, Seiji Kishi, Taichi Murakami, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Urinary Exosomal mRNA of WT1 as Diagnostic and Prognostic Biomarker for Diabetic Nephropathy,
The Journal of Medical Investigation : JMI, Vol.65, No.3.4, 208-215, 2018.
(DOI: 10.2152/jmi.65.208,   PubMed: 30282862,   Elsevier: Scopus)
7.Hiroyuki Ono, Hideharu Abe, Akiko Sakurai, Arisa Ochi, Tatsuya Tominaga, Masanori Tamaki, Seiji Kishi, Taichi Murakami, Kojiro Nagai, Masayuki Kohashi and Toshio Doi :
Novel Interplay Between Smad1 and Smad3 Phosphorylation via AGE Regulates the Progression of Diabetic Nephropathy.,
Scientific Reports, Vol.8, No.1, 2018.
(DOI: 10.1038/s41598-018-28439-1,   PubMed: 30002389)
8.Seiji Kishi, 小幡 史明, Hirokazu Miki, Motokazu Matsuura, Masanori Tamaki, Fumi Kishi, 西村 賢二, Taichi Murakami, Hideharu Abe, Kojiro Nagai, Masahiro Abe and Toshio Doi :
A case of Lambda Light Chain Noncrystalline Proximal Tubulopathy with IgD lambda myeloma,
Internal Medicine, 2018.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.1323-18,   PubMed: 30101939)
9.Kojiro Nagai, Hiroyuki Ono, Motokazu Matsuura, Michael Hann, Sayo Ueda, Sakiya Yoshimoto, Masanori Tamaki, Taichi Murakami, Hideharu Abe, Hisashi Ishikura and Toshio Doi :
Progressive renal insufficiency related to ALK inhibitor, alectinib.,
Oxford Medical Case Reports, Vol.2018, No.4, 2018.
(DOI: 10.1093/omcr/omy009,   PubMed: 29713488)
10.Fumi Kishi, Kojiro Nagai, Norimichi Takamatsu, Tatsuya Tominaga, Masanori Tamaki, E. Shibata, Taichi Murakami, Seiji Kishi, Hideharu Abe, Y Koezuka, N Minagawa, G Ichien and Toshio Doi :
Urinary type IV collagen excretion is involved in the decline in estimated glomerular filtration rate in the Japanese general population without diabetes: A 5-year observational study.,
PLoS ONE, Vol.13, No.4, e0195523, 2018.
(徳島大学機関リポジトリ: 112361,   DOI: 10.1371/journal.pone.0195523,   PubMed: 29624611)
11.Seiji Kishi, Atsuro Saijo, Masanori Tamaki, Taichi Murakami, Kojiro Nagai, Hideharu Abe, Yasuhiko Nishioka and Toshio Doi :
A Case of IgA Nephropathy after Nivolumab Therapy for Postoperative Recurrence of Lung Squamous Cell Carcinoma,
Internal Medicine, Vol.Intern Med. 2017 Dec 27. doi: 10.2169/internalmedicine., 9814-9817, 2017.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.9814-17)
12.Hiroyuki Ono, Kojiro Nagai, Eriko Shibata, Motokazu Matsuura, Seiji Kishi, Taizo Inagaki, Masanori Minato, Sakiya Yoshimoto, Sayo Ueda, Fumiaki Obata, Kenji Nishimura, Masanori Tamaki, Fumi Kishi, Taichi Murakami, Hideharu Abe, Yukiko Kinoshita, Maki Urushihara, Shoji Kagami and Toshio Doi :
Re-recognition of Age-dependent Reference Range for the Serum Creatinine Level in Teenagers - A Case of Slowly Progressive Tubulointerstitial Nephritis which Occurred in an Adolescent.,
Internal Medicine, Vol.56, No.16, 2187-2193, 2017.
(DOI: 10.2169/internalmedicine.8599-16,   PubMed: 28781321)
13.Hiroyuki Ono, Taichi Murakami, Akira Mima, Eriko Shibata, Masanori Tamaki, Sakiya Yoshimoto, Sayo Ueda, Fumi Kishi, Seiji Kishi, Takashi Kawanaka, Motokazu Matsuura, Kojiro Nagai, Hideharu Abe, Masashi Harada and Toshio Doi :
Successful treatment of highly advanced immunoglobulin G4-related kidney disease presenting renal mass-like regions with end-stage kidney failure: a case study.,
BMC Nephrology, Vol.18, No.1, 261, 2017.
(DOI: 10.1186/s12882-017-0676-5,   PubMed: 28774276)
14.Fumiaki Obata, Taichi Murakami, Junko Miyagi, Sayo Ueda, Taizo Inagaki, Masanori Minato, Hiroyuki Ono, Kenji Nishimura, Eriko Shibata, Masanori Tamaki, Sakiya Yoshimoto, Fumi Kishi, Seiji Kishi, Motokazu Matsuura, Kojiro Nagai, Hideharu Abe and Toshio Doi :
A case of rapid amelioration of hepatitis C virus-associated cryoglobulinemic membranoproliferative glomerulonephritis treated by interferon-free directly acting antivirals for HCV in the absence of immunosuppressant.,
CEN Case Reports, Vol.6, No.1, 55-60, 2016.
(DOI: 10.1007/s13730-016-0244-z,   PubMed: 28509128)

国際会議:

1.Masanori Tamaki, Taizo Inagaki, Masanori Minato, Fumi Kishi, Seiji Kishi, Taichi Murakami, Kojiro Nagai, Hideharu Abe and Toshio Doi :
A case of Helicobacter cinaedi-induced PD-related peritonitis detected by blood culture,
APCM-ISPD2019, Sep. 2019.
2.岸 誠司, 西村 賢二, 小野 広幸, 田蒔 昌憲, 岸 史, 村上 太一, 安部 秀斉, 長井 幸二郎 :
ENHANCED KIDNEY FIBROSIS AND AGING AFTER UUO IN ENOS/APOE DOUBLE KNOCKOUT MOUSE,
56th ERA-EDTA Congress, 2019年6月.
3.Maho Iwaki, Seiji Kishi, Masanori Minato, Masanori Tamaki, Fumi Kishi, Taichi Murakami, Hideharu Abe and Kojiro Nagai :
Glomerular Injury Related to Immune Related Adverse Events: IgA Nephropathy After Nivolumab Therapy for Postoperative Recurrence of Lung Cancer,
ASN Kidney week 2018, San Diego, Oct. 2018.
4.Masanori Tamaki, Tatsuya Tominaga, Yui Fujita, Seiji Kishi, Taichi Murakami, Kojiro Nagai, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Mesangial Matrix Expansion Attenuated by All-Trans Retinoic Acid Through Direct Suppression of Bone Morphogenetic Protein 4 in Mouse Diabetic Nephropathy,
KIDNEY WEEK 2018 American Society of Nephrology, Oct. 2018.
5.Yui Fujita, Tatsuya Tominaga, Masanori Tamaki, Taichi Murakami, Seiji Kishi, Kojiro Nagai, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Palovarotene, Selective Retinoic Receptor- Agonist, Inhibited Both BMP4 and TGF- Signaling Pathways in Diabetic Nephropathy,
KIDNEY WEEK 2017 American Society of Nephrology, Nov. 2017.
6.Masanori Tamaki, Tatsuya Tominaga, Yui Fujita, Seiji Kishi, Taichi Murakami, Kojiro Nagai, Hideharu Abe and Toshio Doi :
Glomerulosclerosis Attenuated by Retinoic Acid through Bone Morphogenetic Protein 4 Suppression in Mice with Streptozotocin-Induced Diabetes,
KIDNEY WEEK 2017 American Society of Nephrology, Nov. 2017.

国内講演発表:

1.岸田 盛吾, 田蒔 昌憲, 稲垣 太造, 湊 将典, 岸 史, 岸 誠司, 村上 太一, 安部 秀斉, 長井 幸二郎 :
血液培養でHelicobacter cinaediを同定した排液培養陰性腹膜透析関連腹膜炎の一例,
第259回徳島医学会学術集会, 2019年8月.
2.黒澤 すみれ, 清水 郁子, 稲垣 太造, 湊 将典, 岩城 真帆, 山口 純代, 上田 紗代, 西村 賢二, 小野 広幸, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 安部 秀斉, 早渕 修, 長井 幸二郎 :
B型肝炎治療薬によって緩徐に腎機能悪化をみとめた一例,
第259回徳島医学会学術集会, 2019年8月.
3.西村 賢二, 岸 誠司, 小野 広幸, 岸 史, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 安部 秀斉, 長井 幸二郎 :
生活習慣病リスク増加は腎臓の線維化と老化を加速する,
第62回日本腎臓学会学術総会, 2019年6月.
4.小野 広幸, 安部 秀斉, 田蒔 昌憲, 冨永 辰也, 岸 史, 岸 誠司, 村上 太一, 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
Smad1とSmad3の新規相互リン酸化制御機構による糖尿病性腎症の病態解析,
第62回日本腎臓学会学術総会, 2019年6月.
5.西村 賢二, 村上 太一, 小野 広幸, 上田 紗代, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
血中HDLアポ蛋白ApoL1はインスリンシグナルに制御され2型糖尿病における糸球体濾過量と相関する,
第62回日本腎臓学会学術総会, 2019年6月.
6.村上 太一, 小野 広幸, 島 久登, 田代 学, 井上 朋子, 田蒔 昌憲, 川原 和彦, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 水口 潤, 土井 俊夫 :
ADPKDにおけるトルバプタン治療反応性と臨床的特徴についての検討,
第62回日本腎臓学会学術総会, 2019年6月.
7.荒瀬 美晴, 長井 幸二郎, 稲垣 太造, 柴田 恵理子, 岸 史, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 岸 誠司, 安部 秀斉, 松浦 元一 :
尿蛋白減少にシクロスポリンが有効であったアルポート症候群の1例,
日本内科学会第119回四国地方会, 2018年12月.
8.村上 太一, 岸 史, 田蒔 昌憲, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 岸 誠司, 湊 将典, 上田 紗代 :
Fanconi症候群を合併したTubulointerstitial nephritis with IgM-positive plasma cellsの一例,
第119回四国地方会, 2018年12月.
9.田蒔 昌憲 :
よくわかるPD合併症の予防と対策,
第24回日本腹膜透析医学会学術集会・総会, 2018年10月.
10.岡田 衣世, 田蒔 昌憲, 稲垣 太造, 湊 将典, 岸 史, 岸 誠司, 村上 太一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
血液培養でHelicobacter cinaediを同定した廃液培養陰性PD関連腹膜炎の一例,
第24回日本腹膜透析医学会学術集会・総会, 2018年10月.
11.西村 賢二, 田蒔 昌憲, 岸 史, 村上 太一, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
適切な腹膜透析廃液培養が早期診断・治療により有用であった真菌性腹膜炎の1例,
第24回日本腹膜透析医学会学術集会・総会, 2018年10月.
12.田蒔 昌憲, 湊 将典, 稲垣 太造, 村上 太一, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
腎盂腎炎と鑑別困難であった化膿性脊椎炎に感染後腎炎の合併が疑われた1例,
第48回日本腎臓学会西部学術大会, 2018年9月.
13.小野 広幸, 長井 幸二郎, 松浦 元一, 稲垣 太造, 湊 将典, 上田 紗代, 西村 賢二, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 岸 史, 村上 太一, 岸 誠司, 水口 潤, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
ALK阻害薬関連の進行性腎障害を呈した1例,
第48回日本腎臓学会西部学術大会, 2018年9月.
14.村上 太一, 岸 史, 田蒔 昌憲, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 安部 秀斉 :
多彩な腎病変を合併し細胞表面マーカー染色により肉芽腫性間質性腎炎を診断しえた腎サルコイドーシスの一例,
第48回日本腎臓学会西部学術集会, 2018年9月.
15.村上 太一, 岸 史, 田蒔 昌憲, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 安部 秀斉 :
血栓性微小血管症による急性腎障害で末期腎不全に至ったクリオグロブリン血管炎の一例,
第48回日本腎臓学会西部学術集会, 2018年9月.
16.宮上 慎司, 小野 広幸, 岸 誠司, 近藤 英司, 内藤 伸仁, 稲垣 太造, 湊 将典, 上田 紗代, 西村 賢二, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 岸 史, 村上 太一, 安部 秀斉, 西岡 安彦, 長井 幸二郎 :
ANCA関連血管炎との鑑別を要したIgG4関連疾患の1例,
第257回徳島医学会学術集会, 2018年8月.
17.岸 史, 長井 幸二郎, 冨永 辰也, 田蒔 昌憲, 柴田 恵理子, 村上 太一, 岸 誠司, 肥塚 靖彦, 皆川 直人, 一圓 剛, 高松 典通, 土井 俊夫 :
尿中IV型コラーゲンは非糖尿病一般住民における糸球体濾過率低下に関与する,
第61回日本腎臓学会学術総会, 2018年6月.
18.田蒔 昌憲, 冨永 辰也, 藤田 結衣, 岸 史, 岸 誠司, 村上 太一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
レチノイン酸はBmp4遺伝子発現を直接制御して糖尿病マウスの糸球体硬化を改善する,
第61回日本腎臓学会学術総会, 2018年6月.
19.西村 賢二, 岸 誠司, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
血液透析導入期に発症した左心系感染性心内膜炎の1例,
第48回徳島透析療法研究会, 2017年11月.
20.小野 広幸, 安部 秀斉, 上田 紗代, 西村 賢二, 田蒔 昌憲, 村上 太一, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 土井 俊夫 :
糖尿病性腎症の糸球体硬化抑制過程におけるSmad1の新規リン酸化部位の同定と解析,
第255回徳島医学会学術集会, 2017年8月.
21.村上 太一, 稲垣 太造, 湊 将典, 柴田 恵理子, 西村 賢二, 小野 広幸, 上田 紗代, 田蒔 昌憲, 岸 史, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
過粘稠症候群に血漿交換が奏功した原発性マクログロブリン血症の一例,
第62回日本透析医学会学術集会, 2017年6月.
22.小野 広幸, 村上 太一, 稲垣 太造, 上田 紗代, 柴田 恵理子, 田蒔 昌憲, 岸 史, 松浦 元一, 岸 誠司, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
クリオグロブリン血栓性血管炎に続発した二次性血栓性微少血管症(TMA)に対して血漿交換,血液透析,ステロイド治療で救命しえた一例,
第62回日本透析医学会学術集会, 2017年6月.
23.小野 広幸, 平野 隆弘, 櫻井 明子, 新井 美存, 上田 紗代, 柴田 恵理子, 吉本 咲耶, 田蒔 昌憲, 松浦 元一, 村上 太一, 長井 幸二郎, 土井 俊夫, 安部 秀斉 :
E2A新規結合分子FLASHによるTNFα-p21制御と細胞増殖・老化の調整による腎炎の修復機構,
第6回分子腎臓フォーラム, 2015年9月.
24.村上 太一, 長井 幸二郎, 松浦 元一, 田蒔 昌憲, 柴田 恵理子, 吉本 咲耶, 小野 広幸, 上田 紗代, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
Trophoblast glycoprotein:ポドサイト障害における発現・機能解析および尿中マーカーとしての検討,
第58回日本腎臓学会学術総会, 2015年6月.
25.小野 広幸, 平野 隆弘, 櫻井 明子, 新井 美存, 上田 紗代, 柴田 恵理子, 吉本 咲耶, 田蒔 昌憲, 松浦 元一, 村上 太一, 長井 幸二郎, 土井 俊夫, 安部 秀斉 :
E2A新規結合因子FLASHによるTNFα-P21制御と細胞増殖・老化の調整による腎炎の修復機構,
第58回日本腎臓学会学術総会, 2015年6月.
26.吉本 咲耶, 長井 幸二郎, 小野 広幸, 柴田 恵理子, 上田 紗代, 田蒔 昌憲, 安部 尚子, 村上 太一, 美馬 晶, 松浦 元一, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
サルコイドーシス,高カルシウム血症により間質障害を呈した一例,
第44回日本腎臓学会西部学術大会, 2014年10月.
27.小野 広幸, 村上 太一, 松浦 元一, 美馬 晶, 吉本 咲耶, 上田 紗代, 田蒔 昌憲, 柴田 恵理子, 長井 幸二郎, 安部 秀斉, 土井 俊夫 :
ループス腎炎との鑑別を要したIgG4関連腎症の1例,
第44回日本腎臓学会西部学術大会, 2014年10月.

科学研究費補助金 (KAKEN Grants Database @ NII.ac.jp)

  • 糖尿病性糸球体硬化のChip-Seq解析と核内受容体を標的とした効率的治療 (研究課題/領域番号: 16K19490 )
  • 腎筋連関のエピゲノム解析とホルモンを用いた最適治療によるCKD患者の身体能力改善 (研究課題/領域番号: 26860644 )
  • エピゲノムの観点からの骨格筋加齢解析と心血管ホルモンによるミトコンドリアセラピー (研究課題/領域番号: 26460920 )
  • 研究者番号(90528902)による検索